ヴェロックス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ヴェロックス
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2016年3月4日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[3-1-0-1]
総賞金5,884万円
収得賞金2,800万円
英字表記Velox
血統 ジャスタウェイ
血統 ][ 産駒 ]
ハーツクライ
シビル
セルキス
血統 ][ 産駒 ]
Monsun
Schwarzach
兄弟 ブショウメジャースターダム
前走 2019/03/16 若葉ステークス OP
次走予定

ヴェロックスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/16 阪神 11 若葉S OP 芝2000 10781.511** 牡3 56.0 川田将雅中内田充482(-8)2.02.1 -0.535.1ワールドプレミア
19/01/19 京都 10 若駒S OP 芝2000 8772.621** 牡3 56.0 川田将雅中内田充490(+8)2.00.7 -0.334.2④④サトノウィザード
18/11/17 東京 11 東スポ2歳S G3 芝1800 16473.724** 牡2 55.0 C.ルメー中内田充482(-6)1.46.6 0.034.1⑦⑥⑦ニシノデイジー
18/09/15 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 6331.412** 牡2 54.0 浜中俊中内田充488(-4)1.48.2 0.134.1カテドラル
18/08/05 小倉 5 2歳新馬 芝1800 168151.911** 牡2 54.0 浜中俊中内田充492(--)1.48.7 -1.334.2④④プラネットアース

ヴェロックスの関連ニュース

 若葉Sを制したヴェロックス(栗・中内田、牡3)は、引き続き川田騎手で皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)に向かう。

【毎日杯】レース展望 2019年3月18日(月) 17:45

 阪神では土曜メインに毎日杯(23日、GIII、芝1800)が行われる。ここを勝って出世した馬が多く、過去10年でも2010年ダノンシャンティ(NHKマイルC)、13年キズナ(ダービー)、17年アルアイン(皐月賞)、18年ブラストワンピース(有馬記念)がその後飛躍している。

 血統的にも注目度が高いのが、ダービー馬マカヒキの全弟ウーリリ(栗東・友道康夫厩舎、牡)。昨秋のデビュー戦はスローペースのなか、好位からラストまでしっかりと伸び、ミッキーブリランテ(その後シンザン記念で3着)との競り合いをクビ差で制した。今回はそれ以来4カ月ぶりのレースになるが、1週前の時点で上々の仕上がりを見せている。今年はシンザン記念をヴァルディゼール、京成杯をラストドラフトとキャリア1戦の馬が優勝。ウーリリもキャリアの浅さがネックになることはないはずだ。

 ヴァンドギャルド(栗東・藤原英昭厩舎、牡)は新馬戦勝ち後は東京スポーツ杯2歳S3着、ホープフルS6着、きさらぎ賞4着と今ひとつだが、東スポ杯4着のヴェロックスが若駒S、若葉Sとリステッドレースを連勝しているだけに巻き返しても不思議ではない。

 マイネルフラップ(栗東・梅田智之厩舎、牡)は千両賞を11番人気で制し、シンザン記念が10番人気で2着。もうさすがに穴馬扱いはできない。特にシンザン記念は直線で右に左にとふらついて勝ち馬とクビ差。真っすぐ走っていたら差し切っていた可能性もある。まだ粗削りなぶん、伸びしろも大きそうだ。

 新潟2歳S勝ちのケイデンスコール(栗東・安田隆行厩舎、牡)は朝日杯フューチュリティSで13着と大敗したが、出遅れが影響しただけに評価を下げる必要はない。

 1番人気だったシンザン記念で8着に終わったアントリューズ(美浦・栗田徹厩舎、牡)も当時は不利があったので参考外。安定感があるランスオブプラーナ(栗東・本田優厩舎、牡)、阪神芝1800メートルの新馬戦を快勝した実績があるルモンド(栗東・中内田充正厩舎、牡)も争覇圏内。愛知競馬から挑戦するアンタエウス(川西毅厩舎、牡)は初の芝だが、3連勝中(通算8戦6勝)と勢いがあるだけに、レースぶりが興味深い。



★毎日杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【若葉S】ヴェロックス皐月切符!圧巻の3馬身差V 2019年3月17日() 05:07

 皐月賞トライアル・若葉Sが16日、阪神競馬場で10頭によって行われ、川田騎乗で単勝オッズ1・5倍と断然の1番人気に支持されたヴェロックス(父ジャスタウェイ)が3馬身差で快勝。2番人気で2着のワールドプレミアとともに、皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 仁川から、皐月賞への道がつながった。素質馬ヴェロックスが断然の人気に応えて、3馬身差の楽勝。相棒をクラシック路線に乗せた川田騎手が力強くうなずいた。

 「無事にクリアすることができました。いい雰囲気でしたし、リズム良く、何も問題がなかったですね」

 前半はうまくなだめながら、3番手を追走。手応え良く4コーナーを回ると、ラスト1ハロン過ぎに先頭に立って、後続を突き放した。余力十分に、メンバー最速の上がり3ハロン35秒1をマーク。圧巻のレースぶりだった。「まだもうちょっと動ききれないところがあるので、次に向けていい刺激になってくれればと思います」と鞍上は先を見据える。

 中内田調教師も「リズム重視できょうは走ってくれて、次につながるかな、と思います。ここを使って皐月賞に行く予定でしたからね。いい形で行けるかな」と納得の表情。続けて「間隔をあけて使っているので、一戦ごとに良くなってくれています」と目を細めた。

 これでリステッドレースを連勝。勢いに乗ってGIのステージに立つ。「全体的に素晴らしい馬です。無事に本番を迎えられれば、と思います」と川田騎手の期待は大きい。2歳女王で桜花賞の最有力候補となっているダノンファンタジーと同じ中内田厩舎と川田騎手のコンビが、クラシックを席巻する。 (山口大輝)

[もっと見る]

【若葉S】1番人気ヴェロックスが楽々抜け出し皐月TRを快勝! 2019年3月16日() 15:42

 3月16日の阪神11Rで行われた若葉ステークス(リステッド、3歳オープン、芝2000メートル、10頭立て、1着賞金=2000万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ヴェロックス(牡、栗東・中内田充正厩舎)が、道中3番手から直線に入ると危なげなく抜け出して快勝した。タイムは2分02秒1(稍重)。

 3馬身差の2着には武豊騎乗で2番人気のワールドプレミアが入り、この上位2頭が皐月賞(4月14日、中山競馬場、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 2着馬からさらに3/4馬身差遅れた3着はシフルマン(3番人気)。

 若葉Sを勝ったヴェロックスは、父ジャスタウェイ、母セルキス、母の父モンズンという血統。通算成績は5戦3勝。

 ◆川田将雅騎手(1着 ヴェロックス)「無事にクリアすることができました。いい雰囲気でしたし、リズムよく、なにも問題がなかったですね。無事に本番を迎えられれば、と思います」



★【若葉ステークス】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【若葉ステークス】入線速報(阪神競馬場)2019年3月16日() 15:38

阪神11R・若葉ステークス(1回阪神7日目 阪神競馬場  芝・右2000m サラ系3歳オープン)は、1番手8番ヴェロックス(単勝1.5倍/1番人気)、2番手4番ワールドプレミア(単勝3.2倍/2番人気)、3番手6番シフルマン(単勝12.5倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連4-8(2.0倍) 馬単8-4(2.8倍) 3連複4-6-8(5.3倍) 3連単8-4-6(10.2倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019031609010711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】スプリングS 大幅鞍上強化で臨むこのコンビで権利獲得へ! 2019年3月15日(金) 15:15

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2015年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) 今週は土日合わせて4重賞が組まれています。注目レースがめじろ押しですね。

新良(以下、新) アプローチの方法は平場のレースとなんら変わりませんが、やはり的中させたときの反響が違いますので、いい情報をご提供できるように頑張りたいです。先週の結果がイマイチだったこともありますので……。

編 その前までは良かったわけですから、小休止と考えましょう。今週はまずどのレースから?

新 土曜日のフラワーCからいきます。注目しているのは、川田将雅騎手からM.デムーロ騎手に乗り替わる⑦エールヴォアです。

編 また贅沢なジョッキーのバトンタッチで。

新 そうですね。川田騎手の継続騎乗が理想的だったんですが、若葉Sのヴェロックスを優先する事情はわかるので、ここは仕方がないところ。とはいえ、乗り替わったのがM.デムーロ騎手ですから、マイナス要素にはならないでしょう。川田騎手の前走(阪神芝2000m)のコース勝率は、2015~2017年が17.5%、2018年以降が29.6%。対するM.デムーロ騎手の今回(中山芝1800m)のコース勝率は、2015~2017年が41.2%、2018年以降が42.9%。

編 コース実績的には、むしろ鞍上強化になった感もありますね。

新 まさにその通りで、終わってみたら「乗り替わってよかった」となる可能性も十分にあります。スイッチする騎手の質に妥協しないところも、陣営のこの馬に対する高い評価の表れでしょう。

編 確かに。

新 馬自身は千八以上で2戦2勝。中距離に実績のあるヴィクトワールピサ産駒ですし、マイルよりはこのくらい距離があったほうがいいでしょう。

編 期待できそうですね。

新 人気でも逆らえません。軸候補です。

編 わかりました。では、次なる狙い目を教えてください。

新 日曜日の中山メイン、スプリングSの⑮ロジャーバローズですね。

編 松山弘平騎手から川田将雅騎手への乗り替わり。イメージ通り、鞍上強化で戦力アップというふうに考えていいということでしょうか?

新 強化も強化。超が付くレベルです。松山騎手の前走(京都芝2000m)のコース勝率は、2015~2017年が3.4%、2018年以降が2.4%。このコースでまったく乗れていません。

編 にもかかわらず勝利を収めているということは……。

新 馬の能力が高いということです。そして、乗り替わる川田騎手の今回(中山芝1800m)のコース勝率は、2015~2017年が20.0%、2018年以降が50.0%。

編 その差は歴然。というか、天と地ほどの開きが……。

新 パフォーマンスアップは必至でしょうね。ジェンティルドンナの近親かつ血統構成もほぼ同じですので、重賞の壁にぶち当たるとは思えません。権利を獲れる可能性はおおいにあるとみています。

編 人気も手ごろで、妙味がありそうですね。期待しましょう!


★その他の注目乗り替わり★
土曜阪神9R ③トゥザフロンティア荻野極川田将雅
日曜中京9R スラッシュメタル岩田康誠北村友一


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
20歳を過ぎたころに競馬を覚え、40代半ばまでは負け組人生を送っていたが、データベースソフト『TARGET』と『ウマニティ』のU指数に出会い、データ馬券に開眼。騎手と種牡馬をメインにした斬新なデータ活用術と馬券購入テクニックを武器に、コンスタントに好配当馬券を的中させる“勝ち逃げ馬券師”へと変貌を遂げる。15年秋に雑誌『競馬最強の法則』でデビューし、翌16年春には単行本『毎週コツコツ勝ち逃げリーマン最強馬券術』(ベストセラーズ)を上梓。現在もデータ馬券研究の日々を送る。昨年10月1に新創刊された『競馬の天才!』(メディアボーイ)で連載をスタート!
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェロックスの関連コラム

閲覧 987ビュー コメント 0 ナイス 3

先週も東西各地で春G1に続く重要なトライアルレースが行われた。

土曜日のフラワーCを制したのは、ディープインパクト産駒のコントラチェック。好スタートから先手を取ると、後続に影を踏ませぬ鮮やかな逃げ切りだった。ダノンファンタジークロノジェネシスなどと同様に、人気を集めた素質馬がクラシックへ名乗りを上げたわけだが、どうやらこの後はオークスに直行する模様だ。今やクラシックは直行ローテが主流になりつつあることを改めて感じさせる一報だった。いずれにしても、牝馬戦線はハッキリと勢力図が見えて来た。

日曜日のスプリングSは伏兵エメラルファイトが中団から差し切り、2着にファンタジスト、3着にディキシーナイトが入り、ココまでが本番への切符を手にした。当方の予想でも◎エメラルファイトを推奨したのだが、ファンタジストが無印で抜けるというなんとも情けない結果になってしまった。

スプリングS自体はそこまでレベルが高いとは思えなかったが、今年は京成杯きさらぎ賞~弥生賞という一連の重賞がいずれも低レベルなだけに、スプリングS組にもチャンスが訪れそうだ。もっとも本番へ向けてという意味では、土曜日の若葉Sを制したヴェロックスの方によりチャンスがあるかもしれない。

いずれにしても牡馬戦線は混戦模様、恐らく1番人気になるであろうサートゥルナーリアを含め、直行組が多数いるという点でも難解なレースとなりそうだ。


~過去のスプリントG1における2強対決の結末は?

さて、今週末からいよいよ春のG1戦線が本格化する。その第一弾が、今週末の中京で行われるスプリント戦・高松宮記念だ。

前述通りクラシックでは直行ローテが主流になりつつあるが、高松宮記念に関して言えば、旧来通りステップを踏んでココに臨んで来た馬が大多数。人気を分け合うであろうダノンスマッシュモズスーパーフレアの両馬ともに、当レースへの重要トライアル戦を勝ち上がっての参戦となる。

もっとも、両雄並び立たずと言われることも多い競馬における2強対決。実際に近年のスプリントG1戦線においてはどうなのかを振り返ってみたい。

過去10年のスプリンターズS&高松宮記念を振り返ると、実は2強オッズに近かったのが、昨年のスプリンターズSだ。人気と着順はご覧の通り。

2.8倍 ファインニードル 1着
3.4倍 ナックビーナス 7着

3番人気のワンスインナムーンは10倍台という完全な2強対決だったが、結果的には片方が崩れている。

5年前、2014年の高松宮記念も2強対決に近いオッズ構成だったが、結果は以下の通り。

2.8倍 ハクサンムーン 13着
3.6倍 ストレイトガール 2着

3番人気コパノリチャードは8.8倍という離された人気で完全な2強対決ムードだったが、勝ったのは13番人気、今年も出走しているスノードラゴンだった。

2012年の高松宮記念も同様に、

2.4倍 ロードカナロア 3着
3.9倍 カレンチャン 1着

ともに3倍台以内に収まる2強対決ムードだったが、キレイなワンツー決着とはならず。

スプリントG1における”2強っぽい”オッズですんなり決まったのは、上記のレースの半年後、2012年のスプリンターズSだろうか。

2.5倍 カレンチャン 2着
4.4倍 ロードカナロア 1着

2番人気は4倍台と2強というには…という気もするが、馬連510円の低配当を見てもすんなり決まったと言えるかもしれない。

逆に言えば、それなりに2強対決がクローズアップされながらも、意外なほどその2頭で収まる確率は高くなく、過去10年の中ではこの一度だけが2強決着で、その他は共倒れこそないものの、いずれかが崩れている。


~2強対決は2強で決まらない、を実践する買い方

以上のことから考えると、今年はダノンスマッシュモズスーパーフレアのいずれを買うにしても、

「2強のどちらかから」

「それ以外の馬」

という組み合わせに魅力を感じる。2頭の組み合わせがダントツに売れる可能性が高いだけに、馬連や馬単であってもそれなりにつきそうだし、3連系で片方の馬が飛べば、相応の配当になりそうだ。

そう都合良く行くか、今年はさすがに…と思われるかもしれないが、少なくともスプリントG1過去10年の歴史はその方が正解に近いことを物語っている。

当方は恐らく近走内容が秀逸、かつレースセンスも高く崩れる心配の少ない、◎ダノンスマッシュで行くことになると思うが、その場合の相手本線はモズスーパーフレア以外の中から、と考えている。

高松宮記念の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年3月15日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2019年03月15日
閲覧 679ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年3月16日()の凄馬!>
極凄馬
中山3R 3歳未勝利
ケイアイビリジアン(+4.8)

極凄馬
阪神5R 3歳未勝利
メイショウオウギ(+4.8)

超凄馬
中京2R 3歳未勝利
メイショウウチデ(+3.6)

超凄馬
阪神6R 3歳500万以下
タガノカルラ(+3.2)

超凄馬
中山11R フラワーカップ G3
コントラチェック(+2.9)

超凄馬
中京9R 4歳以上500万以下
グランセノーテ(+2.8)

超凄馬
阪神11R 若葉ステークス
ヴェロックス(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年3月17日、集計数:34,439レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2018年11月16日(金) 10:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018東京スポーツ杯2歳S編
閲覧 819ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



11月17日(土) 東京11R 第23回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳、G3、芝1800m)

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)


ニシノデイジー(B)
前走時は調教もパドックでの出来もかなり良かった。この中間は美浦に戻っての調整。乗り込み量は多く、水準以上の時計は出ているので調子落ちなくレースを迎えられるハズ。

カテドラル(B)
この中間もこれまで通り2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で乗られていて乗り込み量は豊富。1週前追い切りでの遅れはやや気になるが、速い時計は出ているのであとは最終追い切りの動きを見ての判断となる。

トーラスジェミニ(E)
中1週での出走が続き、調教で特に良い時計が出る馬でもなく、さすがに厳しそう。

アガラス(D)
休み明けでこの中間は大きな馬の割に強めに追われることがなく、物足りない内容。

アドマイヤスコール(C)
前走未勝利勝ちで、その前走時と比べれば2週前、1週前と先着していて良いほうだと思うが、新馬戦時の時計と比べると物足りない感じもする。

ヴァンドギャルド(C)
この中間は間隔に余裕がある割に2週前に速い時計を出していない。1週前にビシッと追って好時計は出ているものの、急仕上げな感を受ける。

ヴェロックス(A)
デビューからの2戦はともにパドックでは少しうるさい面を見せていたが、前走時は特にうるさくその辺りはレース内容に影響していると思う。この中間は、CWを長めだけでも3本好時計をマークしており調教内容はかなり良い。

クリノガウディー(D)
前走のデビュー戦はかなり乗り込んでの出走で◎(1着)。この中間は乗り込み量が少なく、変わった印象はなく物足りなく映る。

ゴータイミング(C)
前走時は坂路を中心に乗り込まれ、特に目立つ時計が出ていた訳ではないが人気薄で1着。この中間はCW中心に2週前、1週前と併せて先着も、坂路での時計はまだ物足りない。上積みはありそうでも能力的に一線級とは差があるか。

ダノンラスター(B)
前走時は特に抜けて良い時計が出ていた訳ではないが、終いはしっかりと伸びていた調教内容だった。この中間も同じような内容で大きく変わった感じこそないが、悪くはないという印象。

トーセンギムレット(D)
休み明けの前走時は、マイナス体重もまだお腹のあたりが緩い感じに見えた。レースもスローの前残りで後方からではかなり厳しい展開。自力で勝ち切るには厳しそうだが、叩き2戦目での上積みと展開が向いて掲示板ぐらいまでなら。

ハクサンタイヨウ(F)
休み明けの前走は+14kgもトモは寂しく、パドックでも小走りが多く馬体の成長分はナシ。この中間も時計平凡で上積みもなさそう。

ホウオウサーベル(B)
前走のデビュー戦は調教では特に目立つ時計が出ていた訳ではなくパドックでもまだ緩そうな余裕のある馬体だったものの、レースでは圧勝と能力の違いを見せた。この中間は休み明けになるがしっかりと乗り込まれて、時計は前走時よりも少しずつ良化。ガラッと変わった感じはないが、状態面での上積みは期待できそう。

メイスンハナフブキ(D)
少し間隔が空いた前走の+10kgは、馬体が戻った分。パドックでは好馬体で仕上がっていた印象で、うるさい面も覗かせていた。この中間に関しては、速い時計は出ておらず、そこからの上積みは期待できない内容。

ラバストーン(F)
出走してくれば連闘となるが、馬体重が減り続けていて使ってきても上積みは期待できなさそう。

ルヴォルグ(B)
前走のデビュー戦ではパドックに入ってきた時にうるさい面を見せていたが、その後はおさまり周回。好馬体で気合い乗りも良く、レースでは好位追走から楽に先頭に立って危なげない競馬と能力は高そう。ただ今回はムーア騎手騎乗だが、中2週で最初からここを使う予定ならルメール騎手が乗ってくるだろうし、ここはもともとは予定になかった参戦か。この中間も軽め1本と上積みはどうかといった感はある。


<地方馬所属馬>

ナイママ(B)
札幌での2戦はパドックでは細く見えるくらいの馬体で、仕上りは良かったと思われる。その後川崎に転厩して調整されていて、輸送面に関しても距離的に短くなるのは良さそう。先週は元中央ガリバルディと併せて併入と、仕上がりも悪くなさそう。



◇今回は東京スポーツ杯2歳S編でした。
毎週2歳重賞が続きますが、東京スポーツ杯2歳Sには先週、先々週の重賞よりも頭数が揃いました。12月の2歳G1や、来年のクラシックを目指すにはローテーション的に一番良いということもあってか、実際に昨年は今年のダービー馬ワグネリアンが勝っていますし、過去10年の勝ち馬の顔ぶれを見ても10頭中7頭が後のG1ホースという所謂出世レースとなっていますね。今年もなかなかの素質馬が揃っているので、今年の勝ち馬からも後のG1ホースが誕生しそうな予感がしています。そういった意味でも楽しみで見逃せないレースになりそうです。

それでは次回ジャパンカップ&京都2歳S編(予定)でお会いしましょう。


※東京スポーツ杯2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

ヴェロックスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 19

写真は今週の競馬でビンゴの結果です




今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


中京11R ファルコンテークス GⅢ 芝1,400

 ◎ ⑩ヴァッシュモン     6着(1番人気)
 ○ ⑪ドゴール       11着(5番人気)
 ▲ ④ローゼンクリーガー   3着(2番人気)
 △ ⑬グルーヴィット     2着(3番人気)
1着・ハッピーアワーを外し当り無し

ビンゴ馬:⑦シングルアップ  10着(10番人気)塗り潰し無し



阪神11R 若葉ステークス(L) オープン 芝2,000

 ◎ ⑧ヴェロックス      1着(1番人気)
 ○ ④ワールドプレミアム   2着(2番人気)
 ▲ ⑥シフルマン       3着(3番人気)
 △ ①ジャスパージャック   9着(8番人気)
単勝(150円)、馬単(280円)、3連単(1、020円)が当たり

ビンゴ馬:⑧ヴェロックス    1着(1番人気)1着①マスを塗り潰し



中山11R フラワーカップ GⅢ 芝1,800

 ◎ ④コントラチェック    1着(2番人気)
 ○ ⑦エールヴァア      2着(1番人気)
 ▲ ⑩ランブリングアレー   3着(5番人気)
 △ ②シャドウディーヴァ   4着(3番人気)
単勝(280円)、馬単(700円)、3連単(4、850円)が当たり

ビンゴ馬:⑧ジョディー     5着(8番人気)5着②マスを塗り潰し




日曜メインレースの予想結果です  


中京11R 小牧特別 1000万下 芝2,000

 ◎ ⑫アロハリリー      1着(1番人気)
 ○ ⑩コーカス        5着(6番人気)
 ▲ ②ファスナハト      9着(8番人気)
 △ ①ウインガナドル     4着(3番人気)
単勝(230円)が当たり

ビンゴ馬:⑫アロハリリー    1着(1番人気)1着②マスを塗り潰し



阪神11R 阪神大賞典 GⅡ 芝3,000

 ◎ ⑩シャケトラ       1着(1番人気)
 ○ ②リッジマン       6着(2番人気)
 ▲ ⑨アドマイヤエイカン   5着(4番人気)
 △ ⑧ヴォージュ       8着(5番人気)
単勝(220円)が当たり

ビンゴ馬:②リッジマン     6着(2番人気)6着①マスを塗り潰し・・・リーチ!



中山11R フジTV杯スプリングステークス GⅡ 芝1,800

 ◎ ②クリノガウディー    6着(4番人気)
 ○ ⑫タガノディアマンテ   4着(9番人気)
 ▲ ⑮ロジャーバローズ    7着(2番人気)
 △ ①ファンタジスト     2着(1番人気)
1着・エメラルファイトを外し当り無し

ビンゴ馬:⑯フィデリオグリーン12着(16番人気)12着マスを塗り潰し





★メインレースは、2レースで単勝・馬単・3連単が当たり。2レースで単勝が当たる


★競馬でビンゴは、5マス塗りつぶし。りーちが1つ出来ました!






※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=59fad79ce8&owner_id=2ec1608dab

 正義の魂 2019年3月17日() 16:57
今日マイナスも今週プラス
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 4

今日3月17日(日)、私の買った馬券は、
ファンタジストの複勝でなく単勝に
してしまったこと、シャケトラの単勝でなく
リッジマンとのワイドにしてしまったこと等、
面白いように裏目に出た。

中山最終にしても、枠連3-7にするか
枠連4-7にするか迷い、枠連3-7本線に
してしまった(枠連4-7も押さえには買ったが)。

ただ、昨日土曜日の大幅プラス分が
あったので、今週はトータルでなんとか
プラスを守ることができた。

今日をもって、皐月賞トライアルレースが、
終了したわけであるが、皐月賞を勝つのは、
当然ヴェロックスであるが、2着以下は
混戦であるという感じである。

世界最強の騎手は、少しでも着順を
上げたいのであれば、ワールドプレミアを捨て、
今日2着であったファンタジスト、または
クラージュゲリエに騎乗すべきである。

とにかく、今年の春のクラシック4レースは、
川田騎手-中内田師のパーフェクトウィンが
見られることになるであろう。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2019年3月16日() 22:51
☆やはりズブさが出たかぁ☆
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 8

今日の若葉S~(*^^*)

人気通りにヴェロックスが快勝しましたね~☆

MY POG馬だったワールドプレミアは2着~~

やはり言われていたズブさが出てしまいました(´・ω・`)

直線は伸びるんですけどね~

皐月賞よりダービー向きかな!?

でも応援し続けます~(*^^*)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェロックスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヴェロックスの写真

ヴェロックス

ヴェロックスの厩舎情報 VIP

2019年3月16日若葉ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴェロックスの取材メモ VIP

2019年3月16日 若葉ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。