カテドラル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
カテドラル
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2016年2月9日生
調教師池添学(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[2-0-0-1]
総賞金2,314万円
収得賞金1,200万円
英字表記Catedral
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
アビラ
血統 ][ 産駒 ]
Rock of Gibraltar
Animatrice
兄弟 ジェベルムーサアルカサル
前走 2018/11/17 東京スポーツ杯2歳S G3
次走予定

カテドラルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/11/17 東京 11 東スポ2歳S G3 芝1800 16236.8311** 牡2 55.0 福永祐一池添学468(-6)1.47.5 0.935.1④⑥⑤ニシノデイジー
18/09/15 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 6223.621** 牡2 54.0 福永祐一池添学474(+10)1.48.1 -0.134.1ヴェロックス
18/07/08 中京 5 2歳新馬 芝2000 10227.341** 牡2 54.0 福永祐一池添学464(--)2.06.1 -0.434.3トーセンカンビーナ

カテドラルの関連ニュース

 ◆C・デムーロ騎手(ヴァンドギャルド3着) 「まだ若さはあるが、リラックスして折り合いも良かった。いい馬です」

 ◆ルメール騎手(ヴェロックス4着) 「まだ子供っぽいね。直線でぶつけられたが、それでも最後はいい脚を使っていた」

 ◆福永騎手(カテドラル11着) 「まだ経験も浅いし、きょうの一戦では何ともいえない」

【東スポ2歳S】カテドラルは11着 福永「思っていたより伸びなかった」2018年11月17日() 18:38

 11月17日の東京11Rで行われた第23回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝1800メートル、馬齢、16頭立て、1着賞金=3300万円)は、勝浦正樹騎手騎乗の8番人気ニシノデイジー(牡、美浦・高木登厩舎)が札幌2歳Sからの重賞連勝を決めた。タイムは1分46秒6(良)。



 新馬戦→野路菊Sとデビュー2連勝中だったカテドラル(3番人気)は、好スタートからスムーズに先行集団を追走したものの、最後の直線で持ち前の粘りを発揮することができずズルズルと後退。11着に大敗し、無傷の3連勝とはならなかった。



 福永祐一騎手「いい形で競馬ができましたし、直線もいい感じで前があきましたが、思っていたより伸びませんでした」



★【東スポ杯2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【重賞データ分析】東京スポーツ杯2歳S 速い上がりの対応力が必須要素!軸は4番人気以内から!2018年11月17日() 10:15

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、東京スポーツ杯2歳Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【人気】
近年は3着にヒモ穴が来ることがあるものの、おおむね4番人気以内の決着
※10時00分現在の1~4番人気

カテドラル
ヴァンドギャルド
ヴェロックス
ルヴォルグ

【脚質】
速い上がりに対応できれば脚質不問(2008年以降)

カテドラル
ヴェロックス
ダノンラスター
ホウオウサーベル
ルヴォルグ

※近走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
1枠が好成績(2010年以降)

ハクサンタイヨウ
ニシノデイジー

近年は6~8枠がマズマズの成績

ナイママ
ホウオウサーベル
メイスンハナフブキ
アドマイヤスコール
ルヴォルグ
ゴータイミング

【血統】
サンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が圧倒(2008年以降)

ハクサンタイヨウ
ニシノデイジー
カテドラル
アガラス
ヴァンドギャルド
トーラスジェミニ
ヴェロックス
トーセンギムレット
ダノンラスター
ナイママ
ホウオウサーベル
アドマイヤスコール
ルヴォルグ
ゴータイミング


【3項目以上該当馬】
ルヴォルグ(4項目)
カテドラル(3項目)
ヴェロックス(3項目)
ホウオウサーベル(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】東京スポーツ杯2歳S 野路菊Sの雪辱を果たすべくアノ馬が好ラップを連発!前走圧勝のアノ馬も好戦可能の態勢!2018年11月17日() 09:36


東京スポーツ杯2歳Sの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。




ハクサンタイヨウ
この中間は南W主体に調整されているが、特筆できる点は見受けられない。今週の追い切りもジョッキー騎乗でビッシリと追われた割に、全体時計は平凡。終いも失速気味という冴えない内容。上り目は感じられない。

ニシノデイジー
美浦入厩後は坂路と南Wを併用して入念な乗り込み。1週前に攻め巧者のドウカンヤマを一蹴。今週の追い切りではアナザートゥルースをアオる絶好のパフォーマンスを示した。頭の高い走りではあるが、四肢の力強い動きをみるに、さしたる問題ではなさそう。上々の仕上がり。

カテドラル
2週前、1週前と続けて栗東CWで好ラップを計時。栗東坂路で行われた今週の追い切りでは、キレイな加速ラップを記録した。ただし、1週前の併走遅れと前捌きの硬さは気になるところ。上位争いを見込めるデキにある一方で、追い比べとなった際に劣勢(勝ち切れない)となるシーンも想定しておいたほうがいいかもしれない。

アガラス
坂路と南Wを交えて調教本数を重ねているが、1週前までの内容に目立つ点は見られない。南Wで行われた今週の追い切りでは、それなりの時計を刻んできたものの、追われてからの反応が今ひとつ。このひと追いでどこまで変われるか、という印象は否めず、今回はマイナス評価としたい。

ヴァンドギャルド
栗東CWで行われた1週前追い切りでは、ラストまでしっかりと負荷をかけて、マズマズのラップを記録。同じくCWで実施した今週の追い切りでも好時計を記録した。2週前に時計を出していない点が気になる半面、ひと追いごとに良くなっているのも事実。上位を狙える仕上がり具合とみる。

トーラスジェミニ
中1週続きということもあってか、1週前は時計を出さずに軽めの調整。今週は南Wで併せ馬を行うも、緩めの控えめな内容。動き自体は悪くないものの、馬場の真ん中あたりを回ったにしては、ラップの踏み方が物足りない。上昇は感じられず、今回は苦しい戦いになるのではないか。

ヴェロックス
栗東坂路と栗東CWを交えて、帰厩後の攻め量は十分。毎週のように好ラップを計測し、CWで行われた今週の追い切りでも、切れ味鋭い伸び脚を披露した。少し完歩が乱れるシーンもあるが、2歳戦であれば許容範囲の部類。上位争いを意識できる状態とみる。

トーセンギムレット
今週の追い切りは南Wで併せ馬を実施。約1秒のビハインドを詰めて併入に持ち込んでいるのだから、決して調子は悪くない。とはいえ、追い出してから加速がつくまでにかなり時間を要している印象。前回より頭数増+相手強化の重賞では割引が必要だろう。

ダノンラスター
今週の南Wで行われた併せ馬の内容はイマイチ。鞍上の仕掛けに対する反応が悪く、なかなか加速できずに追い通し。気性的に問題があるのか、単純に調子が悪いのか、理由は定かではないが、とにかく見映えが悪い。典型的な実戦型の可能性もあるが、今回は見た目をそのまま受け取って、評価を下げたい。

クリノガウディー
この中間は栗東坂路主体の調整。今週の追い切りでは、4F51秒9、ラスト2F24秒4-12秒1の好ラップを記録した。ハロー直後で時計の出やすい馬場状態を考慮すると過大評価はできないが、最後まで緩むことなく、しっかりとした加速ラップを刻んでいる点については好感が持てる。力を出せる状態とみていいだろう。

ナイママ
最終追い切りは小向(川崎競馬練習馬場)で実施。4F50秒1の好タイムをマークした。鞍上の合図に対する反応も鋭く、醸し出す雰囲気は上々。30日にはガリバルディと併せて同入を果たしているように、中間の内容については申し分がない。あとは、府中の軽い芝に対応できるか否か。その1点に尽きる。

ホウオウサーベル
美浦帰厩後は南W主体に丹念に乗り込まれて、1週前に及第点のラップを記録。今週の追い切りでは1週前のラップをさらに縮めてきた。ハミの収まりが少し落ち着かないような印象を受ける半面、四肢のリズミカルな動きには目を見張るものがある。このひと追いで気持ちが入ってくるようであれば、侮れない1頭になるかもしれない。

メイスンハナフブキ
小柄な馬体と上がりやすいテンション面を考慮してか、この中間は馬なりの調整に終始。南Pで行われた最終追い切りも流す程度の内容で、コレといったプラス材料は見出せない。この馬なりに順調なのかもしれないが、大きな上積みまではどうか。今回は静観が妥当とみる。

アドマイヤスコール
今週追い切りは南Wで3頭併せを実施。少し置かれ気味になりながら、ゴール地点では1頭に先着、もう1頭にも追いつき、ゴール後まもなく追い抜いた。少しズブい面が目につくが、加速がついてからの機敏な身のこなしはなかなかのもの。勝ち切るまでには至らないかもしれないが、2~3着争いがもつれるようならチャンスが出てこよう。

ルヴォルグ
中2週と間隔が詰まることもあり、この中間は軽めの内容。とはいえ、鞍上が2回ほど促してから見せた加速はかなりのもの。加速がついたあとの、重心の低いフォームから繰り出すフットワークも見ごたえ十分だった。強い調教こそ行っていないが、気配は悪くない。重賞のここでも好戦可能とみる。

ゴータイミング
栗東坂路と栗東CWの併用でみっちりと乗り込まれて、調教量は十分すぎるほど。最終追い切りでは、ラスト1F11秒台半ばの好ラップを計測した。大きなストライドで駆け抜けるさまは目を引くものがある。軽んじて扱えない1頭と言えよう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】東京スポーツ杯2歳S 競馬好きとして知られる芸能人、著名人の予想を紹介!爆問・田中さんなどの見解は!?2018年11月17日() 09:28

※当欄では東京スポーツ杯2歳Sについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑭アドマイヤスコール
○⑮ルヴォルグ
▲⑫ホウオウサーベル
△③カテドラル
△⑤ヴァンドギャルド
△⑦ヴェロックス
△⑩クリノガウディー
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑭→③⑤⑦⑩⑫⑮

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑨ダノンラスター

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑮ルヴォルグ

【目黒貴子】
◎⑮ルヴォルグ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【斬って捨てる!】東京スポーツ杯2歳S キャリア4戦以上の連対ゼロ!前走の単勝人気も要チェック!2018年11月17日() 09:15

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、東京スポーツ杯2歳Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
牝馬の好走例は皆無(2008年以降)

メイスンハナフブキ

前走5着以下敗退馬の好走例は皆無(2008年以降)

ハクサンタイヨウ
トーセンギムレット

初勝利がデビュー3戦目以降だった馬の連対例はなし(2008年以降)

ハクサンタイヨウ
トーラスジェミニ
メイスンハナフブキ

キャリア4戦以上馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ハクサンタイヨウ
トーラスジェミニ
トーセンギムレット
ナイママ

デビュー戦で5着以下に敗れていた馬の連対例はみられない(2008年以降)

ハクサンタイヨウ
トーラスジェミニ

【人気】
前走の単勝人気が4番人気以下だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

ハクサンタイヨウ
ニシノデイジー
トーラスジェミニ
トーセンギムレット
クリノガウディー
ナイママ
メイスンハナフブキ
ゴータイミング

【脚質】
前走(JRAのレースに限る)の4角通過順が1番手だった馬の好走例は皆無(2008年以降)

カテドラル
アガラス
トーラスジェミニ
ナイママ

【枠順】
馬番枠12番の好走例はゼロ(2008年以降)

ホウオウサーベル

馬番枠4番、11番の連対例は皆無(2008年以降)

アガラス
ナイママ

【血統】
持ち込み馬を除くと、父ノーザンダンサー系の好走例は皆無(2008年以降)

ニシノデイジー

外国産馬や持ち込み馬を除くと、サンデーサイレンス非内包馬の連対例はゼロ(2008年以降)

メイスンハナフブキ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ヴァンドギャルド
ヴェロックス
ダノンラスター
アドマイヤスコール
ルヴォルグ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

カテドラルの関連コラム

閲覧 711ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



11月17日(土) 東京11R 第23回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳、G3、芝1800m)

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)


ニシノデイジー(B)
前走時は調教もパドックでの出来もかなり良かった。この中間は美浦に戻っての調整。乗り込み量は多く、水準以上の時計は出ているので調子落ちなくレースを迎えられるハズ。

カテドラル(B)
この中間もこれまで通り2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で乗られていて乗り込み量は豊富。1週前追い切りでの遅れはやや気になるが、速い時計は出ているのであとは最終追い切りの動きを見ての判断となる。

トーラスジェミニ(E)
中1週での出走が続き、調教で特に良い時計が出る馬でもなく、さすがに厳しそう。

アガラス(D)
休み明けでこの中間は大きな馬の割に強めに追われることがなく、物足りない内容。

アドマイヤスコール(C)
前走未勝利勝ちで、その前走時と比べれば2週前、1週前と先着していて良いほうだと思うが、新馬戦時の時計と比べると物足りない感じもする。

ヴァンドギャルド(C)
この中間は間隔に余裕がある割に2週前に速い時計を出していない。1週前にビシッと追って好時計は出ているものの、急仕上げな感を受ける。

ヴェロックス(A)
デビューからの2戦はともにパドックでは少しうるさい面を見せていたが、前走時は特にうるさくその辺りはレース内容に影響していると思う。この中間は、CWを長めだけでも3本好時計をマークしており調教内容はかなり良い。

クリノガウディー(D)
前走のデビュー戦はかなり乗り込んでの出走で◎(1着)。この中間は乗り込み量が少なく、変わった印象はなく物足りなく映る。

ゴータイミング(C)
前走時は坂路を中心に乗り込まれ、特に目立つ時計が出ていた訳ではないが人気薄で1着。この中間はCW中心に2週前、1週前と併せて先着も、坂路での時計はまだ物足りない。上積みはありそうでも能力的に一線級とは差があるか。

ダノンラスター(B)
前走時は特に抜けて良い時計が出ていた訳ではないが、終いはしっかりと伸びていた調教内容だった。この中間も同じような内容で大きく変わった感じこそないが、悪くはないという印象。

トーセンギムレット(D)
休み明けの前走時は、マイナス体重もまだお腹のあたりが緩い感じに見えた。レースもスローの前残りで後方からではかなり厳しい展開。自力で勝ち切るには厳しそうだが、叩き2戦目での上積みと展開が向いて掲示板ぐらいまでなら。

ハクサンタイヨウ(F)
休み明けの前走は+14kgもトモは寂しく、パドックでも小走りが多く馬体の成長分はナシ。この中間も時計平凡で上積みもなさそう。

ホウオウサーベル(B)
前走のデビュー戦は調教では特に目立つ時計が出ていた訳ではなくパドックでもまだ緩そうな余裕のある馬体だったものの、レースでは圧勝と能力の違いを見せた。この中間は休み明けになるがしっかりと乗り込まれて、時計は前走時よりも少しずつ良化。ガラッと変わった感じはないが、状態面での上積みは期待できそう。

メイスンハナフブキ(D)
少し間隔が空いた前走の+10kgは、馬体が戻った分。パドックでは好馬体で仕上がっていた印象で、うるさい面も覗かせていた。この中間に関しては、速い時計は出ておらず、そこからの上積みは期待できない内容。

ラバストーン(F)
出走してくれば連闘となるが、馬体重が減り続けていて使ってきても上積みは期待できなさそう。

ルヴォルグ(B)
前走のデビュー戦ではパドックに入ってきた時にうるさい面を見せていたが、その後はおさまり周回。好馬体で気合い乗りも良く、レースでは好位追走から楽に先頭に立って危なげない競馬と能力は高そう。ただ今回はムーア騎手騎乗だが、中2週で最初からここを使う予定ならルメール騎手が乗ってくるだろうし、ここはもともとは予定になかった参戦か。この中間も軽め1本と上積みはどうかといった感はある。


<地方馬所属馬>

ナイママ(B)
札幌での2戦はパドックでは細く見えるくらいの馬体で、仕上りは良かったと思われる。その後川崎に転厩して調整されていて、輸送面に関しても距離的に短くなるのは良さそう。先週は元中央ガリバルディと併せて併入と、仕上がりも悪くなさそう。



◇今回は東京スポーツ杯2歳S編でした。
毎週2歳重賞が続きますが、東京スポーツ杯2歳Sには先週、先々週の重賞よりも頭数が揃いました。12月の2歳G1や、来年のクラシックを目指すにはローテーション的に一番良いということもあってか、実際に昨年は今年のダービー馬ワグネリアンが勝っていますし、過去10年の勝ち馬の顔ぶれを見ても10頭中7頭が後のG1ホースという所謂出世レースとなっていますね。今年もなかなかの素質馬が揃っているので、今年の勝ち馬からも後のG1ホースが誕生しそうな予感がしています。そういった意味でも楽しみで見逃せないレースになりそうです。

それでは次回ジャパンカップ&京都2歳S編(予定)でお会いしましょう。


※東京スポーツ杯2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年7月3日(火) 16:25 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第6回 未出走の有力馬をピックアップ~
閲覧 2,150ビュー コメント 0 ナイス 4

 早いもので通算6シーズン目となる「ウマニティPOG 2018」の開幕からおよそ1か月が経過しました。先週までにJRAのレースでデビューした2歳馬は396頭。そのうち39頭が既に勝ち上がりを果たしています。7月22日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。シーズン最初の山場と言っていいでしょう。

 ただ、私が繰り返し強調している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはまだまだ先。しかも、スペシャルワールドを除く各ワールドはこれから仮想オーナー募集枠が順次開放されていくため、入札に勝てばまだどの馬も獲得が可能です。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるようなルールになっていますので、ご興味を持った方はぜひ入札に参加してみてください。

 今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月2日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月2日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは第1回入札前の時点における「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」で100位以内に入っていた馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

●ワールドウォッチ(牡 父Iffraaj/母Baldovina 厩舎未登録) ※100位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
テンペスタージ(牡 父オルフェーヴル/母ディラローシェ 戸田博文厩舎) ※95位
シェドゥーヴル(牡 父オルフェーヴル/母ヒルダズパッション 木村哲也厩舎) ※25位
アルママ(牡 父オルフェーヴル/母ホエールキャプチャ 畠山吉宏厩舎) ※73位
ブラヴァス(牡 父キングカメハメハ/母ヴィルシーナ 友道康夫厩舎) ※3位
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
レッドエンヴィー(牡 父ジャスタウェイ/母スタイルリスティック 須貝尚介厩舎) ※23位
ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位
アメリカンウェイク(牝 父ハーツクライ/母アナアメリカーナ 斉藤崇史厩舎) ※34位
カテドラル(牡 父ハーツクライ/母アビラ 池添学厩舎) ※49位
グロリアーナ(牝 父ハーツクライ/母ベネンシアドール 木村哲也厩舎) ※82位
バイキングクラップ(牡 父ハーツクライ/母マジックストーム 堀宣行厩舎) ※22位
キタサンバルカン(牡 父ルーラーシップ/母ウィズザフロウ 奥村武厩舎) ※91位
ウラノメトリア(牡 父ルーラーシップ/母ミクロコスモス 矢作芳人厩舎) ※29位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位

 例年もこの時期にほぼ同様のルールで一覧を作成していますが、昨年はジェネラーレウーノワグネリアンが、一昨年はソウルスターリングダンビュライトがいました。秋にデビューするのが“王道”と言われた時代は完全に過ぎ去り、この時期からの始動がクラシック戦線を目指す馬の“セオリー”になった印象すらあります。
 なお、報道によると、注目POG馬ランキング3位のブラヴァスヴィルシーナの2016)は7月8日に中京芝2000mの2歳新馬で、同11位のプランドラー(プラウドスペルの2016)は7月22日に中京芝2000mの2歳新馬でデビュー予定とのこと。どちらも面白いレースになるんじゃないでしょうか。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 やはり気になるのはディープインパクト産駒。該当馬は下記の通りでした。

ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
ベルヴォワ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングボイス 矢作芳人厩舎) ※198位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
マジックリアリズム(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 尾関知人厩舎) ※250位
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ダノンキングリー(牡 父ディープインパクト/母マイグッドネス 萩原清厩舎) ※164位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
サトノエルドール(牡 父ディープインパクト/母ミゼリコルデ 国枝栄厩舎) ※331位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
●メイショウテンゲン(牡 父ディープインパクト/母メイショウベルーガ 厩舎未登録) ※653位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位

 該当馬の大半はいわゆる“POG本”などでも大きく取り上げられていましたが、注目POG馬ランキングがそれほど高くない馬もいますから、ひと通りチェックしておきたいところです。

 ノーザンファームの生産馬は93頭もいたので、その中から注目POG馬ランキングが101~500位だった馬をピックアップしてみました。穴っぽい種牡馬の産駒を含め、こちらもそれぞれ期待できるのではないかと思います。

ウィクトーリア(牝 父ヴィクトワールピサ/母ブラックエンブレム 小島茂之厩舎) ※204位
シャルマント(牝 父エンパイアメーカー/母ライツェント 鹿戸雄一厩舎) ※300位
アスカリ(牡 父キングカメハメハ/母フィロンルージュ 西園正都厩舎) ※112位
スコッチリール(牝 父ジャスタウェイ/母ストラスペイ 林徹厩舎) ※387位
●ヴェロックス(牡 父ジャスタウェイ/母セルキス 厩舎未登録) ※229位
ディキシーナイト(牡 父ダイワメジャー/母カメリアローズ 国枝栄厩舎) ※249位
ミトロジー(牡 父ダイワメジャー/母リードストーリー 尾関知人厩舎) ※378位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
バンクショット(牡 父トーセンジョーダン/母バプティスタ 池添学厩舎) ※283位
アルテヴェルト(牡 父ハーツクライ/母アルテリテ 庄野靖志厩舎) ※253位
コパカティ(牝 父ハービンジャー/母アロマティコ 佐々木晶三厩舎) ※196位
マジストラル(牡 父ハービンジャー/母アンブロワーズ 高野友和厩舎) ※203位
ピサノメタルシティ(牡 父ハービンジャー/母グレイトフルデッド 武幸四郎厩舎) ※431位
ストームリッパー(牡 父ハービンジャー/母スピードリッパー 鹿戸雄一厩舎) ※404位
フィリアプーラ(牝 父ハービンジャー/母プリンセスカメリア 菊沢隆徳厩舎) ※266位
チェサピークベイ(牡 父ハービンジャー/母フロールデセレッソ 戸田博文厩舎) ※364位
ウレキサイト(牡 父ブラックタイド/母ラフィントレイル 松永幹夫厩舎) ※462位
イベリスリーフ(牝 父ヘニーヒューズ/母クローバーリーフ 中舘英二厩舎) ※273位
ドラウプニル(牡 父ルーラーシップ/母ヴェルザンディ 斉藤崇史厩舎) ※262位
ディアンドル(牝 父ルーラーシップ/母グリューネワルト 奥村豊厩舎) ※252位
スイートウィスパー(牝 父ルーラーシップ/母ケアレスウィスパー 萩原清厩舎) ※340位
ゲインスプレマシー(牡 父ルーラーシップ/母スカーレットレディ 高柳瑞樹厩舎) ※214位
レッドシルヴァーナ(牝 父ロードカナロア/母シルバーフォックス 松田国英厩舎) ※146位
ニューポート(牡 父ロードカナロア/母ハッピーパレード 石坂正厩舎) ※356位
エスタジ(牝 父ロードカナロア/母マリーシャンタル 木村哲也厩舎) ※115位
セイクリッドキング(牡 父ロードカナロア/母モアザンセイクリッド 加藤征弘厩舎) ※457位
ヴィアロマーナ(牡 父ロードカナロア/母ローマンエンプレス 久保田貴士厩舎) ※237位
ローザジルベルト(牡 父ワークフォース/母ローズバド 橋口慎介厩舎) ※230位

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みです。

池江泰寿調教師>
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位

中内田充正調教師>
デュアラブル(牝 父Curlin/母ハリケーンフラッグ 中内田充正厩舎) ※209位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ピンクブロッサム(牝 父ハービンジャー/母ルナレガーロ 中内田充正厩舎) ※846位
メイショウハート(牡 父メイショウボーラー/母デビルインマインド 中内田充正厩舎)

角居勝彦調教師>
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
エルモンストロ(牡 父ルーラーシップ/母ミンティエアー 角居勝彦厩舎)

音無秀孝調教師>
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ジョニーズララバイ(牡 父マンハッタンカフェ/母メジロアリス 音無秀孝厩舎) ※241位

浅見秀一調教師>
ブラボーフェスタ(牡 父ナカヤマフェスタ/母スギノエスペランザ 浅見秀一厩舎)

藤原英昭調教師>
ラピタ(牡 父エイシンフラッシュ/母パイタ 藤原英昭厩舎) ※200位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
ロードアブソルート(牡 父キングカメハメハ/母パーフェクトトリビュート 藤原英昭厩舎)
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位
エイカイキャロル(牝 父ロードカナロア/母ラフェクレール 藤原英昭厩舎)

 当然ながらこのあたりも将来のスター候補ですし、意外と注目されていない馬もいるので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

カテドラルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 64ビュー コメント 4 ナイス 33

写真は、先週出走したPOG馬(ダノンチェイサーとスイープセレリタス)の応援馬券です

土曜日

★中京競馬場10Rこうやまき賞500万下(芝1,600)にダノンチェイサー・牡・池江泰寿(栗東)が出走、鞍上は津村明秀騎手、出走頭数は9頭

※1着でした・・・見事勝ってくれました

★中京競馬場10Rこうやまき賞500万下(芝1,600)にスイープセレリタス・メス・藤沢和雄厩舎(美浦)筆頭オーナーが出走、鞍上は池添謙一騎手、出走頭数は9頭

※3着でした・・あともう少しで、POG馬のワンツー・・




myPOG馬の今後の出走予定

今後の出走予定馬
・阪神12/15 新馬(芝1,600)・レーヴドゥラメール(メス)
・中山12/16 GⅠ朝日杯FS(芝1,600)・グランアレグリア(メス)2戦2勝
・中山12/28 GⅠホープフルS(芝2,000)・アドマイヤジャスタ(牡)3戦2勝
・中山12/28 GⅠホープフルS(芝2,000)・サートゥルナーリア(牡)2戦2勝
・中山01/14 GⅢ京成杯(芝2,000)・ホウオウサーベル(牡)2戦1勝


今の所、今週末の出走が無いのがさびしいですね・・・


在厩中・次走未定
・ダノンチェイサー(牡)4戦2勝
・ダンスディライト(牡)未出走
・スイープセレリタス(メス)3戦1勝
・パロネラ(メス)未出走



放牧中・次走未定
・カテドラル(牡)3戦2勝
・カントル(牡)2戦1勝
・シハーブ(牡)1戦1勝
・バニュルス(牡)2戦0勝
・プランドラー(牡)3戦1勝
・アウィルアウェイ(メス)3戦2勝
・アメリカンウェイク(メス)1戦0勝
・サトノルミナス(メス)1戦0勝
・マジックリアリズム(メス)3戦1勝
・ミディオーサ(メス)4戦1勝
・レーヴドカナロア(メス)2戦1勝





今シーズンのPOGの目標
G1ワールドに昇格したので、今シーズンはG1ワールド残留を目指します

先週は1勝しましたが、現在G1ワールドで、16位/104人中です(前の週より2つ順位を上げました)


下位の50人がG2ワールドに降格
★今シーズン54位以上で残留なので、この順位を目指します!!

 清瀬のよっちゃん 2018年11月19日(月) 12:04
★先週のmyPOG馬・・未勝利戦でプランドラーが勝ちました... 
閲覧 51ビュー コメント 2 ナイス 24

写真は、先週出走したPOG馬(プランドラー)の応援馬券です・・残りの3頭は外れてしまいました


土曜日

★東京競馬場11RGⅢ東京スポーツ杯2歳ステークス(芝1,800)にカテドラル・牡・池添学厩舎(栗東)が出走、鞍上は福永祐一騎手、出走頭数は18頭

※11着でした・・・残念

★東京競馬場11RGⅢ東京ポーツ杯2歳ステークス(芝1,800)にホウオウサーベル(牡)奥村武厩舎(美浦)が出走、鞍上はM・デムーロ騎手、出走頭数は18頭

※6着でした・・あともう少しで掲示板・・


日曜日

★京都競馬場2R未勝利(芝2,000)にプランドラー・牡・池江泰寿厩舎(栗東)・筆頭オーナーが出走、鞍上はR・ムーア騎手、出走頭数は10頭

※1着、3戦目で未勝利戦を勝つ事ができました、5着→2着での勝利、筆頭オーナー馬なので嬉しいですね


★東京競馬場9R500万下赤松賞(芝1,600)にミディオーサ・メス・堀亘行厩舎(美浦)が出走、鞍上は磐田康誠騎手、出走頭数は12頭

※6着、直線で脚が伸びず・・・



myPOG馬の今後の出走予定

今後の出走予定馬
・中京12/01 500万下こうやまき賞(芝1,600)・スイープセレリタス(メス)2戦1勝
・中京12/01 500万下こうやまき賞(芝1,600)・ダノンチェイサー(牡)3戦1勝
・阪神12/09 GⅠ阪神JF(芝1,600)・アウィルアウェイ(メス)3戦2勝
・阪神12/15 新馬(芝1,600)・レーヴドゥラメール(メス)
・中山12/16 GⅠ朝日杯FS(芝1,600)・グランアレグリア(メス)2戦2勝
・中山12/28 GⅠホープフルS(芝2,000)・アドマイヤジャスタ(牡)3戦2勝
・中山12/28 GⅠホープフルS(芝2,000)・サートゥルナーリア(牡)2戦2勝

今の所、今週末の出走が無いのがさびしいですね・・・


在厩中・次走未定
・カテドラル(牡)3戦2勝
・ダンスディライト(牡)未出走(ダンスインザムードの2016)松永幹夫厩舎に(栗東)入厩
・プランドラー(牡)3戦1勝
・ホウオウサーベル(牡)2戦1勝
・ミディオーサ(メス)4戦1勝


放牧中・次走未定
・カントル(牡)2戦1勝
・シハーブ(牡)1戦1勝
・バニュルス(牡)2戦0勝
・アメリカンウェイク(メス)1戦0勝
・サトノルミナス(メス)1戦0勝
・パロネラ(メス)未出走
・マジックリアリズム(メス)3戦1勝
・レーヴドカナロア(メス)2戦1勝





今シーズンのPOGの目標
G1ワールドに昇格したので、今シーズンはG1ワールド残留を目指します

先週は1勝しましたが、現在G1ワールドで、14位/104人中です(前の週より2つ順位を落としてしまいました)


下位の50人がG2ワールドに降格
★今シーズン54位以上で残留なので、この順位を目指します!!

[もっと見る]

 清瀬のよっちゃん 2018年11月18日() 17:25
★・・今週の予想結果とmyPOG馬の結果・・★ 
閲覧 60ビュー コメント 3 ナイス 26

写真は、ビンゴを達成した今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です!!



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


福島11R フルーツラインカップ 1000万下 芝2,600

 ◎ ③ショウナンラーゼン    6着(1番人気)
 ○ ⑥マスターコード      4着(2番人気)
 ▲ ①ミルトプレスト      2着(5番人気)
 △ ⑪ハウエバー        7着(11番人気)
1着・ゴールドフラッグを外し当り無し

ビンゴ馬:③ショウナンラーゼン  6着(1番人気)6着①マスを塗りつぶし・・・2つ目のビンゴ達成!!



東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス GⅢ 芝1,800

 ◎ ③カテドラル       11着(3番人気)
 ○ ⑮ルヴォルグ        9着(1番人気)
 ▲ ⑤ヴァンドギャルド     3着(4番人気)
 △ ⑫ホウオウサーベル     6着(5番人気)
1着・ニシノデイジーを外し当り無し

ビンゴ馬:③カテドラル     11着(3番人気)塗りつぶし無し



京都11R アンドロメダステークス オープン 芝2,000

 ◎ ⑧ドレットノータス     1着(2番人気)
 ○ ⑭サーブルオール      2着(1番人気)
 ▲ ⑪ショウナンバッハ    11着(3番人気)
 △ ⑤トーセンマタコイヤ   12着(10番人気)
単勝(380円)馬単(1,170円)が当たり

ビンゴ馬:⑭サーブルオール    2着(1番人気)2着②マスを塗りつぶし




日曜メインレースの予想結果です


福島11R 福島民友カップ オープン ダート1,700

 ◎ ⑭ヒラボクラターシュ   1着(1番人気)
 ○ ⑩コスモカナディアン   3着(2番人気)
 ▲ ⑮ジュンヴァルカン   12着(3番人気)
 △ ②ハーベストムーン   10着(5番人気)
単勝(190円)が当たり

ビンゴ馬:エポック       4着(4番人気)塗りつぶし無し



東京11R 霜月ステークス オープン ダート1,400

 ◎ ⑫ダンツゴウユウ     8着(1番人気)
 ○ ⑨アードラー       7着(3番人気)
 ▲ ⑥サクセスエナジー    5着(2番人気)
 △ ③ブラゾンドゥリス   14着(8番人気)
1着・サトノファンタシーを外し当り無し

ビンゴ馬:⑫ダンツゴウユウ   8着(1番人気)8着マスを塗りつぶし・・リーチ



京都11R マイルチャンピオンシップ GⅠ 芝1,600

 ◎ ②ペルシアンナイト    2着(3番人気)
 ○ ⑧モズアスコット    13着(1番人気)
 ▲ ①ステルヴィオ      1着(5番人気)
 △ ⑭エアスピネル     10着(7番人気)
馬単(6,350円)が当たり

ビンゴ馬:カツジ        4着(16番人気)塗りつぶし無し





★メインレースの予想は、単勝が2レースと馬単が2レースで当たりました、GⅠを当てられたのが嬉しいです!



★競馬でビンゴは、3マスを塗りつぶせ、2つ目のビンゴを達成、あとリーチも1つ出来ました!!



★POG馬の出走結果


土曜日

東京競馬場11RGⅢ東京スポーツ杯2歳ステークス(芝1,800)にカテドラル・牡・池添学厩舎(栗東)が出走→11着


東京競馬場11RGⅢ東京ポーツ杯2歳ステークス(芝1,800)にホウオウサーベル(牡)奥村武厩舎(美浦)が出走→6着

※このレースは残念な結果でした・・


日曜日

京都競馬場2R未勝利(芝2,000)にプランドラー・牡・池江泰寿厩舎(栗東)・筆頭オーナーが出走→1着

※やっと勝てました、筆頭オーナー馬なので嬉しいです!!


東京競馬場9R500万下赤松賞(芝1,600)にミディオーサ・メス・堀亘行厩舎(美浦)が出走→6着

※脚が伸びなかったですね・・・




※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=7548770965&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

⇒もっと見る

カテドラルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ウマい馬には乗るな   フォロワー:0人 2018年7月8日() 16:21:31
デビュー当週でも入札者が一人しかいなかったので、余裕で落札できると思ってたのに、今週から募集枠が1枠に減っていたんですよね。
そうとは知らず、募集価格で入札し、落札ならず。
逃がした魚は大きかったようで・・・。

カテドラルの写真

カテドラル

カテドラルの厩舎情報 VIP

2018年11月17日東京スポーツ杯2歳S G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カテドラルの取材メモ VIP

2018年11月17日 東京スポーツ杯2歳S G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。