エピファニー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エピファニー
エピファニー
エピファニー
エピファニー
エピファニー
写真一覧
現役 牡5 青鹿毛 2019年1月30日生
調教師宮田敬介(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績15戦[6-1-2-6]
総賞金13,516万円
収得賞金5,750万円
英字表記Epiphany
血統 エピファネイア
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
ルールブリタニア
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ミュージカルウェイ
兄弟 マテンロウゴールドフォレスタドーロ
市場価格
前走 2024/03/31 大阪杯 G1
次走予定

エピファニーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/03/31 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1671457.01310** 牡5 58.0 杉原誠人宮田敬介 498
(-6)
1.58.9 0.734.6⑭⑮⑪⑫ベラジオオペラ
24/02/18 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 166125.831** 牡5 57.0 杉原誠人宮田敬介 504
(-2)
1.45.1 -0.234.6⑦⑦⑥④ロングラン
24/01/06 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 17244.1111** 牡5 57.0 R.ピーヒ宮田敬介 506
(-6)
1.59.5 0.635.1⑥④④④リカンカブール
23/12/02 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 13687.544** 牡4 57.0 C.ルメー宮田敬介 512
(+12)
1.59.0 0.234.7⑧⑩⑩⑤ベラジオオペラ
23/09/16 阪神 11 ケフェウスS OP 芝2000 10114.021** 牡4 56.0 C.ルメー宮田敬介 500
(-6)
1.57.2 -0.135.0⑥⑤⑦⑥スタッドリー
23/07/29 新潟 11 関越S OP 芝1800 185105.738** 牡4 57.0 戸崎圭太宮田敬介 506
(-6)
1.45.1 0.734.1⑤⑤ストーリア
23/05/20 東京 11 メイS OP 芝1800 187154.533** 牡4 56.0 C.ルメー宮田敬介 512
(-2)
1.45.2 0.534.2⑨⑦⑤サクラトゥジュール
23/03/12 中山 10 東風S (L) 芝1600 118102.224** 牡4 57.0 C.ルメー宮田敬介 514
(0)
1.33.4 0.433.5⑥⑥⑦ラインベック
23/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 147115.8211** 牡4 56.0 戸崎圭太宮田敬介 514
(0)
2.15.4 1.936.7④⑥ノースブリッジ
22/11/05 東京 10 ノベンバーS 3勝クラス 芝1800 10443.121** 牡3 55.0 戸崎圭太宮田敬介 514
(0)
1.45.4 -0.133.3ノースザワールド
22/09/11 中山 9 白井特別 2勝クラス 芝1800 9662.011** 牡3 54.0 戸崎圭太宮田敬介 514
(-2)
1.47.8 -0.434.6④④ミトロジー
22/05/15 東京 5 3歳1勝クラス 芝1800 7441.611** 牡3 56.0 D.レーン宮田敬介 516
(-4)
1.46.4 -0.134.1レッドランメルト
22/03/05 中山 6 3歳未勝利 芝1800 16481.511** 牡3 56.0 戸崎圭太宮田敬介 520
(0)
1.49.9 -0.134.7イルモンド
21/11/27 東京 3 2歳未勝利 芝1800 12111.713** 牡2 55.0 C.ルメー宮田敬介 520
(+10)
1.49.2 0.835.3⑤④④サンストックトン
21/10/16 東京 5 2歳新馬 芝1800 18362.922** 牡2 55.0 C.ルメー宮田敬介 510
(--)
1.50.3 0.233.5⑩⑨⑨ライラック

エピファニーの関連ニュース

J・モレイラ(40)=ブラジル=騎乗で2番人気のステレンボッシュが鋭い末脚で差し切り、GⅠ初制覇。昨年の阪神JF2着から逆転し、桜の女王に輝いた。鞍上は2018年エリザベス女王杯リスグラシュー)以来JRA・GⅠ2勝目、国枝栄調教師(68)=美=は現役調教師では最多の桜花賞3勝目。2着は1番人気のアスコリピチェーノ、3着は7番人気のライトバックが入った。

8年ぶりに満開の桜のもと行われた桜花賞。末脚を爆発させたステレンボッシュが、鮮やかに咲き誇った。阪神JF2着の雪辱を晴らす戴冠。見事なエスコートを披露したモレイラ騎手が、ファンの声援に右手を突き上げ応えた。

「直線に入っても手応えが良く、素晴らしい脚を使ってくれましたね。先頭に立っても余裕があり、強い勝ち方でした」

スタートはひと息も、すぐさまリカバリーして中団を確保。馬群の中でジッと脚をため、4コーナーで外に持ち出しながらスパートを開始した。鋭い反応で、前との差を一気に詰めると、ラスト1ハロンを過ぎて先頭に立ち、そのまま押し切り。阪神JFで敗れたアスコリピチェーノに¾差をつけ、リベンジを果たした。

モレイラ騎手は、前日のサンスポ杯阪神牝馬Sマスクトディーヴァ)に続き、阪神でメインジャック。2018年のエリザベス女王杯リスグラシュー)以来となるJRA・GⅠ制覇、日本のクラシックレース初制覇に、「勝てたはずのレースもあったでしょうし、さらにもっと勝ちたい。非常にうれしいです」と白い歯をこぼした。

2014年に初来日。今回は初めて春シーズンの来日となった。咲き誇る桜の美しさも堪能し、「日本の3歳馬の強さを確認することができますし、GⅠにつながることもあると思う。特別さを感じています」とクラシックシーズンでのさらなる飛躍も誓った。

管理する国枝調教師は、10年のアパパネ、18年のアーモンドアイに次ぐ桜花賞3勝目。逆転Vに指揮官は「馬体の張りが出て、筋肉のつきが良くなってきた」と目を細める。次に見据えるオークスは一気の距離延長となるが、「馬体を見ても落ち着いた様子をみても、2400メートルは問題ないと思います」と力強くうなずいた。

同厩舎の桜花賞馬2頭は、ともに牝馬3冠を達成。トレーナーは「その2頭と比べても、手応えとして感じるものは同等のものがあります。あとは無事にいってくれれば」と力を込めた。

〝マジックマン〟とともにつかんだ〝桜冠〟。春の仁川から牝馬3冠ロードがつながっていく。(山口大輝)

ステレンボッシュ 父エピファネイア、母ブルークランズ、母の父ルーラーシップ。鹿毛の牝3歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は吉田勝己氏。戦績5戦3勝。獲得賞金2億1546万8000円。重賞は初勝利。桜花賞はジョアン・モレイラ騎手が初勝利、国枝栄調教師は2010年アパパネ、18年アーモンドアイに次いで3勝目。馬名は「南アフリカの都市名」。

■ジョアン・モレイラ(Joao・Moreira) 1983年9月26日生まれ、40歳。ブラジル出身。2000年に母国で騎手デビュー。09年にシンガポール、13年からは香港に拠点を移した。主戦場とする国だけにとどまらず、世界各国で大レースを制し、数々の記録を打ち立てている。日本での初騎乗は14年。7日現在、JRA通算533戦163勝で重賞は11勝。GIは18年エリザベス女王杯リスグラシュー)、24年桜花賞(ステレンボッシュ)。

★アラカルト

◆モレイラ騎手 初騎乗で勝利。JRA・GⅠは2018年エリザベス女王杯リスグラシュー)以来で2勝目。重賞は6日のサンスポ杯阪神牝馬Sマスクトディーヴァ)に次ぐ今年2勝目で通算11勝目。

◆国枝調教師 10年アパパネ、18年アーモンドアイに次ぐ3勝目で現役最多。JRA・GⅠは21年阪神JFサークルオブライフ)以来で通算22勝目。重賞は今年のダービー卿CT(パラレルヴィジョン)以来の今年3勝目で通算67勝目。

エピファネイア産駒 20年デアリングタクト以来、4年ぶり2勝目。JRA・GⅠは21年有馬記念エフフォーリア)以来で通算8勝目。重賞は小倉大賞典エピファニー)以来の今年6勝目で通算20勝目。

◆馬主・吉田勝己氏 11頭目の出走で初勝利。JRA・GⅠは17年チャンピオンズCゴールドドリーム)以来で通算7勝目。重賞は23年アイビスSDオールアットワンス)以来で通算36勝目。

◆生産者・ノーザンファーム 23年リバティアイランドに次ぐ2年連続Vで通算10勝目。JRA・GⅠは23年ホープフルSレガレイラ)以来で通算203勝目(他にJ・GⅠを3勝)。重賞は6日のニュージーランドTエコロブルーム)に次ぐ今年12勝目。通算823勝目。

◆単勝2番人気の勝利 18頭立てとなった1987年以降では21年ソダシ以来で3年ぶり9回目。

◆馬番⑫の勝利 87年以降で初。

◆関東馬の勝利 22年スターズオンアース以来2年ぶり31回目。

★売り上げ、入場人員

桜花賞の売り上げは179億9912万1200円で前年比95・9%。7日の阪神競馬場の入場人員は3万4233人で同127・1%だった。

【阪神牝馬S2024】豚ミンCの爆穴はコレ!好走馬に共通する傾向とは?立ち回りひとつで期待できる2頭を発表! 2024年4月2日(火) 16:44

ウマニティ『プロ予想MAX』の№1予想家・豚ミンCプロが週末重賞の爆穴候補を推奨します! 今週の阪神牝馬Sにもぜひご注目ください。それでは早速、豚ミンCプロから届いた先週の振り返りと今週の見解を確認しましょう。

大阪杯の振り返り】
去年のジャパンC有馬記念の上位勢がドバイを選択したため、世間ではレースレベルを疑問視する声が挙がっていたようです。ただ、タスティエーラ有馬記念で不利がなければ上位ですし、ローシャムパークタイトルホルダーには勝っているので、個人的にはそこまでレベルが低いと思いませんでした。その2頭と、クラシックで見せ場を作っていたベラジオオペラが人気の中心でしたが、勝ったのは2番人気のベラジオオペラでした。

先週からBコースに替わり、当日はやはりロスなく乗った馬が有利。同じ距離の8レースも、芝の10レースも差してくる馬が馬券になっていましたが、いずれも道中外々を回っている馬はおらず、その傾向からベラジオオペラもいかに距離のロスを抑えられるかがポイントでした。6枠11番なのでまずはスタートが大事だったと思いますが、そこをなんなくクリアしてあっさりと好位を確保。2000mということもあり、鞍上も折り合いに関しては余裕を持って望めている雰囲気もあり、あとは不利なく回ってくるだけでした。ところが、このレース最大のポイントとも言えるのがローシャムパークの動き。べラジオオペラはどうするかの判断を思いもよらず急に迫られましたが、鞍上の判断は譲らずにポジションを確保!結果、その判断が最後のクビ差の勝利につながりました。もしあそこで譲っていたら、ローシャムパークはその分距離のロスが抑えられ、逆にベラジオオペラは外を回ることになるため、距離のロスが生じてしまいます(譲っても意外と後ろとの間隔はあったので、埒沿いを取れた可能性もありますが、詰まるリスクも含めてそこはなんとも微妙)。ハナ差、クビ差など当たり前の競馬で、いかに距離のロスを抑えるのが大事か、よく分かるレースになりました。横山和Jは去年のダノンザキッドも3着に持ってきていて、(本命候補でしたが、枠で無理と判断……)この舞台は得意なんですかね?来年も乗っていればちょっと注目したいと思うので忘れないようにしたいです。

2着のローシャムパークは絶好枠だったと思いますが、理想の好位の内が取れず……。後ろから捲っていく形になりましたが、先ほども書いたように、捲りきれなかったのが痛かったですね。あのまま後ろから外々を回っては見せ場なく終わっていた可能性があったので、戸崎Jの強気な判断は悪くなかったと思います。1番強い競馬をしての2着なので、今後また期待したいですね。3着のルージュエヴァイユは外枠で厳しいと思いましたが、内からの進出に成功。これがすべてでした。菅原Jは10レースでも同じような競馬をして2着に来ていたので、同じ乗り方をしてくるのも予想はできましたが、「そんなうまくいかないでしょ」とも思っており、こちらとしてはどうしようもなかったです(笑)。この人気なら「もしかしたらうまくいくかも」のほうに賭けてみてもよかったかもしれませんがね……。

あとは注目馬に挙げた2頭。エピファニーは外枠の時点で無印にしちゃいました。これでまた注目馬が外枠に(笑)。と言っても、そこまで悪い立ち回りではなく「もう少し来てほしかったかな」というのが正直な気持ちです。この馬の最大の力を発揮することを考えれば、できればマイルを使ってほしいなって思っています。もう1頭のプラダリアはまず人気しすぎ……。多少人気するのは分かっていましたが、まさかソールオリエンスより人気するとは思っていませんでした。そしてやはり池添Jはこの馬をうまく乗る。埒沿いの追走から直線は外に出し、ほぼパーフェクトに乗ってきました。あの立ち回りで6着ならG1では少し足りないですかね。まぁ元々それくらいの力とは思っているので、またG2のどこかで頑張ってくれるのかなという感じでしょうか。

そう言えば1番人気だったタスティエーラ。この馬もかなりいい位置で競馬ができましたが、アレ?という感じ。こんな感じで負ける馬ではないので、何か見えないところに悪い部分があったか、一気に萎んでしまったのかのどちらかでしょう。おそらく前者だとは思うので、今後の巻き返しに期待したいですね。

阪神牝馬Sの見解】
毎年基本的にロスなく乗られた馬が来ますよね。2021年のデゼルが比較的外を回って差し切りましたが、それ以外は外々を回って馬券になった馬はいないと言っていいレースです(2019年のミエノサクシードも好位外を回ったが3着まで)。毎週同じことを言っているような気もしますが、内枠に入った馬は人気薄でも注目となります。馬場がよくなったのは馬にとっていいことなのですが、昔みたいに外からの差しばかりで決まるレースなどが激減してしまい、競馬が面白くなくなってしまったのは残念ですよね……。夏の小倉の後半などは、今より多くの馬が外埒近くを走りながら差しを決めており、1番好きな時期でした。

では人気するだろう馬を少し見ていきたいと思います。まずは前走東京新聞杯で断然の1番人気を裏切ってしまったマスクトディーヴァ。今回は鞍上モレイラJ?もう勝ちということでいいですか?(笑)。ま、一応前走を振り返ると、最初にゲートですよね……。ゲートの影響により、ロスなくが有利な馬場で外々を回る形になってしまいましたから、あれでは難しいです。ゲートに関してはそこまで多い事象ではないので今回は大丈夫かと思いますが、たまに1回で出遅れ癖が付いてしまう馬もいますからね。モレイラJでも出遅れれば厳しいと思うので、発馬五分が絶対条件かもしれません。力は上なので、そこをクリアできれば勝ち負けでしょう。それにしてもJRAはあれからゲートに関しては何か対策しているんですかね。こっちはあんな出遅れまで予想するのは不可能ですよ。ゲートが同じタイミングで開いての出遅れは、仕方なくこちらも納得して馬券を買っているんだから、どうであれせめて開くタイミングはどの馬も一緒にしてほしいものですよね。それが公平で公正な競馬ってものでしょ?

2頭目はドゥアイズ。2歳からクラシックにかけて何回も本命にしたので、個人的には思い入れの深い馬です。秋華賞後はマイルで2戦しましたが、どちらもしっかりした走り。3歳のG1では馬券に絡めませんでしたが、元々相手なりに走る馬。ここでも無視は危険となりそうです。3頭目はモリアーナ大阪杯にも名前があり「舞台は合いそうだし、内枠に入れば面白そうな1頭だな」と思っていたのですがね。一瞬の切れ味が武器でさんざん内回りの直線が短いコースの方が力は発揮できると書いてきたので、この舞台は合わない部類に入るのですが、それも乗り方1つ。内でロスなく乗って直線途中まで持ったままで来れたときは、上位に争いしてもおかしくないと思っています。

最後にともう1頭くらい書きたいところですが、あとは同じような人気になってくると思うので、注目馬に移りたいと思います。

以上、先週の振り返りとレース見解でした。べラジオオペラとローシャムパークの攻防は面白いですね。タスティエーラは少し心配です。さて、阪神牝馬Sの好走馬には明確な傾向を見て取れるようです。爆穴馬に指名されるのはどの馬でしょう。

※以下、注目馬は出走確定前に選定している為、当日上位人気になる可能性、出走取り消しの可能性がございます。又、枠が確定してから見直す場合もある為、注目馬に挙げていない人気薄をプロ予想MAXで本命にする可能性もございます。

■注目馬①シングザットソング
一連のレース内容からは1400mベストで距離を変えてもマイルよりは1200mの方がいいと思う馬ですが、この舞台で鮫島Jが乗るなら話は別。2年前のメイショウミモザも似たようなものだし、去年のコスタボニータも内をロスなくで3着。内目の枠なら馬券になってもいい馬だと思っています。が、コラムの特性上、外枠希望と書いておきます(笑)。

■注目馬②サブライムアンセム
前走はダートで度外視でいいでしょう。2走前は池添Jで外枠……。この難しい馬に池添Jでは御せるわけないじゃんと思って見ていたのですが、3角で前の馬に反応して頭が上がってしまったの以外は比較的うまく乗っていました。ただ、外枠だったのでそもそも無理でした。去年の2着馬でこの馬は道中埒沿いを走ってくれば、好走することが多い馬。3走前同じ舞台でそれが叶いましたが、道中の折り合いが付くのが遅かったのが響いた印象。今回も内枠に入って早めに折り合うことができればと思っています。騎乗予定の北村友Jとも合うはずです!

以上、豚ミンCプロの注目馬とコメントをお届けしました。今週はシングザットソングサブライムアンセム2頭の推奨でした。両馬とも枠運に恵まれてほしいものです。それでは、また来週お会いしましょう。

[もっと見る]

【大阪杯】レースを終えて…関係者談話 2024年4月1日(月) 04:44

◆酒井騎手(ステラヴェローチェ4着)「もう少し前めで考えていましたが、思ったよりテンに進みませんでした。直線に向いてからしっかり反応して、改めて力があるのは分かりました」

◆北村宏騎手(ジオグリフ5着)「精神面を含めてコンディションの良さを感じました。最後まで集中力を切らさずに立ち向かってくれました」

◆池添騎手(プラダリア6着)「忙しくてポジションを取れませんでした。折り合い良く運んで直線に向きましたが、最後は脚いろが一緒になりました」

◆横山武騎手(ソールオリエンス7着)「ブリンカーを着けたことでまたがったときからいつもよりピリピリして、競馬にいいスパイスになりました。相変わらずゲートは得意ではありませんが、まくる競馬も頭に入れていましたし、やりたかった競馬はできました」

◆西村淳騎手(スタニングローズ8着)「あの子のリズムでハナに立つ競馬をしました。折り合い良く脚もたまっていましたが、最後は疲れました。次はいいと思います」

◆藤岡康騎手(カテドラル9着)「この枠なのでスタートの出方次第と思っていましたが、一歩目が速くなくて内々に切り替えました。最後は脚を使っていますが、できれば内枠でもう少しいい位置がほしかったです」

◆杉原騎手(エピファニー10着)「すごくいい状態で迎えられましたが、そのぶん気が入って、スタートで後手に回ったのが最後まで響きました」

◆幸騎手(ハヤヤッコ12着)「後ろから運ぶ馬ですし、やっぱり展開の助けは必要ですね。伸びていないことはないので、もっとやれると思います」

◆岩田望騎手(ハーパー13着)「調子は良かったけど、思った以上に馬場がタフでこなせませんでした。牝馬同士のGⅠならやれると思います」

◆M・デムーロ騎手(ミッキーゴージャス14着)「気が悪くて分からないですね。集中していませんでした」

◆北村友騎手(キラーアビリティ15着)「もっと前で競馬をしたかったけど、スッと行くも行かないもうまくコントロールができませんでした。ちょっとやりたいレースはできませんでした」

◆津村騎手(リカンカブール16着)「初めての大歓声で高ぶって、レースに行くまで発汗して消耗してしまいました。いい経験になったと思います」

[もっと見る]

【大阪杯2024】有名人の予想に乗ろう! 徳光和夫さん、鈴木淑子さん、霜降り明星・粗品さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2024年3月31日() 05:30


※当欄では大阪杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
◎②ローシャムパーク
3連単1頭軸流しマルチ
②→⑤⑥⑩⑪⑬⑭
ワイド流し
②-⑦⑮

【鈴木淑子】
◎②ローシャムパーク
馬連流し
②-③④⑦⑩⑪

【粗品(霜降り明星)】
◎③タスティエーラ
3連単フォーメーション
③→②⑦⑧⑨→①②⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪

【DAIGO】
◎⑪ベラジオオペラ

【林修】
注目馬
ローシャムパーク

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎③タスティエーラ
○⑩ソールオリエンス
▲⑪ベラジオオペラ
△②ローシャムパーク
△⑦ハーパー
△⑬ルージュエヴァイユ
△⑭エピファニー
3連複1頭軸流し
③-②⑦⑩⑪⑬⑭

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑦ハーパー
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑦ハーパー
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑦-②③
3連単フォーメーション
⑦⑨→⑦⑨→②③
⑦→②③→②③
⑦→②③⑨→⑫
②③⑨→⑦→⑫

【細江純子(元JRA騎手)】
◎③タスティエーラ

【お兄ちゃん(ビタミンS)】
◎⑧プラダリア

【林健(ギャロップ)】
◎⑮リカンカブール

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑪ベラジオオペラ

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑦ハーパー

【浅越ゴエ】
◎⑪ベラジオオペラ

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎③タスティエーラ

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑪ベラジオオペラ

【浜田順平(カベポスター)】
◎⑬ルージュエヴァイユ

【永見大吾(カベポスター)】
◎⑥ジオグリフ

【安藤勝己(元騎手)】
◎②ローシャムパーク
○⑩ソールオリエンス
▲③タスティエーラ
☆①ミッキーゴージャス
△⑦ハーパー
△⑪ベラジオオペラ
△⑤スタニングローズ
△⑬ルージュエヴァイユ

【篠原梨菜】
◎⑧プラダリア

【小沢光葵】
◎①ミッキーゴージャス

【長岡一也】
◎⑪ベラジオオペラ
○②ローシャムパーク
▲③タスティエーラ
△①ミッキーゴージャス
△⑧プラダリア
△⑨ステラヴェローチェ
△⑩ソールオリエンス

【原奈津子】
◎①ミッキーゴージャス
○⑪ベラジオオペラ
▲③タスティエーラ

【中村愛】
注目馬
ジオグリフ

【舩山陽司】
◎①ミッキーゴージャス
単勝

3連複フォーメーション
①-③⑥⑨-②③⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑭

【皆藤愛子】
◎④ハヤヤッコ
単勝・複勝

ワイドBOX
ローシャムパーク
タスティエーラ
ハヤヤッコ
ソールオリエンス

【高田秋】
◎⑤スタニングローズ
単勝

馬連流し
⑤-①③⑥⑧⑩

【川島明(麒麟)】
注目馬
ローシャムパーク

【ノブ(千鳥)】
注目馬
エピファニー

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑭エピファニー
ワイドBOX・馬連BOX
タスティエーラ
プラダリア
ステラヴェローチェ
エピファニー
リカンカブール

【レッド吉田(TIM)】
◎③タスティエーラ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑪ベラジオオペラ
3連単フォーメーション
③⑤⑪→②③④⑤⑪⑮→②③④⑤⑪⑮

【三谷紬】
注目馬
スタニングローズ
ローシャムパーク
ジオグリフ
エピファニー

【天童なこ】
◎⑥ジオグリフ
○⑪ベラジオオペラ
▲⑬ルージュエヴァイユ
☆⑦ハーパー
△①ミッキーゴージャス
△②ローシャムパーク
△⑧プラダリア
△③タスティエーラ
△⑩ソールオリエンス

【小木茂光】
◎⑧プラダリア
3連単フォーメーション
②⑧⑪→②③⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫→②⑧⑪

【守永真彩】
◎⑧プラダリア
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑧-②③

【福原直英】
注目馬
エピファニー

【杉本清】
◎③タスティエーラ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎③タスティエーラ

【三代目 中村福之助】
◎②ローシャムパーク

【田中裕二(爆笑問題)】
◎①ミッキーゴージャス

【やべきょうすけ】
◎③タスティエーラ
○⑩ソールオリエンス
▲⑪ベラジオオペラ
△①ミッキーゴージャス
△②ローシャムパーク
△⑦ハーパー
△⑨ステラヴェローチェ

【中村均(元JRA調教師)】
◎③タスティエーラ

【大西直宏(元JRA騎手)】
◎②ローシャムパーク

【熊沢重文(元JRA騎手)】
◎③タスティエーラ

【橋本マナミ】
◎③タスティエーラ

【酒井一圭(純烈)】
◎⑧プラダリア

【旭堂南鷹】
◎⑤スタニングローズ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑧プラダリア
○⑪ベラジオオペラ
▲②ローシャムパーク
△①ミッキーゴージャス
△⑥ジオグリフ
△⑦ハーパー
△⑬ルージュエヴァイユ

【稲富菜穂】
◎⑪ベラジオオペラ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑩ソールオリエンス
○②ローシャムパーク
▲⑪ベラジオオペラ
△①ミッキーゴージャス
△⑥ジオグリフ
△⑧プラダリア
△⑮リカンカブール

【Lynn(声優)】
◎⑪ベラジオオペラ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑪ベラジオオペラ
○⑧プラダリア
▲②ローシャムパーク
△①ミッキーゴージャス
△③タスティエーラ
△⑨ステラヴェローチェ
△⑩ソールオリエンス

【清水久嗣】
◎⑦ハーパー

【岡野陽一】
◎②ローシャムパーク
○③タスティエーラ
▲⑦ハーパー
△①ミッキーゴージャス
△⑧プラダリア
△⑪ベラジオオペラ
△⑮リカンカブール

【小泉恵未】
◎③タスティエーラ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑩ソールオリエンス

【栗林さみ】
注目馬
タスティエーラ
ステラヴェローチェ

【大島麻衣】
◎③タスティエーラ

【目黒貴子】
◎②ローシャムパーク

【藤原菜々花】
◎②ローシャムパーク

【大関隼】
注目馬
プラダリア

【三浦拓実】
注目馬
プラダリア

【山本直】
◎②ローシャムパーク

【中野雷太】
◎⑦ハーパー

※順不同

[もっと見る]

【大阪杯】前走後の談話 2024年3月31日() 04:49

ミッキーゴージャス「今回は何より勝ち切ることが大事でしたし、先生と重賞を勝てたことがうれしいです」(川田騎手=愛知杯1着)

ローシャムパーク「残念ながら出遅れて、位置取りが後ろすぎた」(レーン騎手=香港C8着)

タスティエーラ「4コーナーから直線までがスムーズではなかった」(ムーア騎手=有馬記念6着)

ハヤヤッコ「中京ではきっちり走るし、まだやれそうです」(幸騎手=金鯱賞4着)

スタニングローズ「行き脚がつかず後手に回ったぶん、この馬の持ち味を生かせなかった」(坂井騎手=ヴィクトリアマイル12着)

ジオグリフ「具合は良さそうだった。こういう馬場でもすいすい走ってくれた」(戸崎騎手=中山記念3着)

ハーパー「やりたいレースはできた」(岩田望騎手=有馬記念9着)

プラダリア「前回はGⅠの壁にはね返されたが、この感じならまた挑んでいけると思える内容だった」(池添騎手=京都記念1着)

ステラヴェローチェ「きょうは返し馬から落ち着いていたし、レースでも折り合い重視で進めることができた」(酒井騎手=大阪城S1着)

ソールオリエンス「ペースが落ち着かなくて、行き脚もつかず追走も忙しかった」(田辺騎手=中山記念4着)

ベラジオオペラ「(直線で)抜けかかったが、相手も強かった」(横山和騎手=京都記念2着)

キラーアビリティ「直線に向いたときはいい勝負になると思える手応えだったが…」(佐藤悠師=ネオムターフC2着)

ルージュエヴァイユ「勝負どころで動き切れず、離されてしまった」(松山騎手=京都記念8着)

エピファニー「今回はコース形態、展開や馬の状態がマッチした」(杉原騎手=小倉大賞典1着)

リカンカブール「こちらの期待通り、先頭に立ってからもしっかり走れていた」(津村騎手=中山金杯1着)

[もっと見る]

【大阪杯2024】ROBOTIPの勝率予測 競走馬能力重視予測はソールオリエンスを首位評価 2024年3月30日() 12:00

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は大阪杯 G1です。同じ週にドバイG1が開催されるため、出走していれば面白そうな何頭かが不在なのは寂しいところですが、馬券的には予想のやりがいがあるメンバー構成となりましたね。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した大阪杯全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)
ソールオリエンス  12.69%
タスティエーラ   11.45%
ローシャムパーク  10.87%
ジオグリフ     10.25%
ハヤヤッコ     9.00%
ベラジオオペラ   7.45%
プラダリア     6.43%

ルージュエヴァイユ 6.12%
ステラヴェローチェ 5.20%
カテドラル     5.04%
エピファニー    4.22%
ミッキーゴージャス 2.99%
キラーアビリティ  2.62%
リカンカブール   2.22%
ハーパー      2.00%
スタニングローズ  1.47%

人気が予想される4歳馬2頭が上位評価となりましたが、僅差で⑩ソールオリエンスが③タスティエーラを上回っています。平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位 7頭がその対象です。

上位7頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。
  ⑩③②⑥④ > ⑪⑧

馬券は⑩ソールオリエンスから対象馬への馬連、強弱をつけて合計10,000円で勝負します。

馬連(ながし)
⑩-②⑧⑩⑪ 各2,000円
⑩-④⑥ 各1,000円

合計10,000円

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピファニーの関連コラム

閲覧 2,464ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アメリカジョッキークラブカップ 2023年01月22日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【前走のコースが国内だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2018年以降)】
×2番手以内 [2-0-1-15](3着内率16.7%)
○3~9番手 [2-5-4-21](3着内率34.4%)
×10番手以下 [0-0-0-14](3着内率0.0%)

 脚質が明暗を分けそう。2018年以降の3着以内馬15頭中11頭は、前走のコースが国内、かつ前走の4コーナー通過順が3~9番手でした。極端に先行力が低い馬はもちろん、積極的な競馬をした直後の馬も過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→エヒトノースブリッジ
主な「×」該当馬→アリストテレスエピファニーシャムロックヒルバビット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1800m超、かつ出走頭数が12頭以上、かつ重賞のレース”において1着となった経験がある」馬は2018年以降[3-4-5-17](3着内率41.4%)
主な該当馬→アリストテレスエヒトシャムロックヒルバビット

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2021年10月6日(水) 17:45 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第8回注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 4,400ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

エピファニーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 69ビュー コメント 0 ナイス 3

★大阪杯 ※17年からG1(~16年はG2)

近10年のデータから

★★A……ZI値5位以内が連対9/10年、毎年3位以内が3着以内
⇒○1位2ローシャムパーク、2位11ベラジオオペラ、3位1ミッキーゴージャス
4位15リカンカブール、5位8プラダリア

B……3着以内馬は、前2走のaG1で3着以内14/30、bG2で3着以内10/30
cG3で3着以内2/30、dG2以上で3人気以内2/30、
残り2頭は14年トウカイパラダイス(13年0.4差4着、中日新聞杯3)
と21年モズベッロ(20年宝塚記念3着)
⇒○★a3タスティエーラ、7ハーパー、13ルージュエヴァイユ
  ★★b2番、6ジオグリフ、8プラダリア、11番、12キラーアビリティ
  c4ハヤヤッコ、14エピファニー、15番
  d5スタニングローズ、10ソールオリエンス



C……近6年、4才(2/2/5/19)5才(4/3/1/23)6才(0/1/0/15)※2着17年
ステファノスは秋天2,香港G1で2着、 7才以上全滅
⇒★★○5才2,5,6,8,12,13,14,15番
 ×4,16番

D……             勝率  連対率 複勝率
   牡・せん 5-4-7-73 5.6% 10.1% 18.0%
   牝 2-3-0-7     16.7% 41.7% 41.7%※4人気以内(2/3/0/2)
⇒★○1番、5番、7番、13番
 ◎なし

E……前走と同じ騎手 6-5-4-34 12.2% 22.4% 30.6%
   乗り替わり 1-2-3-46 1.9% 5.8% 11.5%
⇒★○4,7,8,9,11,14,15番

F……×関東馬で当日2番人気以下(0-0-0-29)
⇒○3番
 ※×4,6,10,13,14番

★G……×前走6番人気以下(0-0-0-24)※2017年以降
⇒×16カテドラル、5スタニングローズ、7ハーパー、4ハヤヤッコ

★H……・当日2番人気以内、またはG1勝ち実績馬以上の該当馬を除く
前走から距離延長(0-0-0-32)
⇒×9,10,14,16番

★I……当日6番人気以内または前走2番人気以内
以上の該当馬を除く間隔中3週以上(0-0-0-39)
⇒×1,5,6,9,12,14,15,16番

関東馬は超劣勢で、近10年で3着以内なのは1人気2頭のみ
ここも1人気の3番以外の関東馬は消える
圏内は、3,7,8,11番
3番は、皐月と菊が2着のダービー馬で準3冠馬だが、阪神コースは初出走で
買い被れない
そこで馬券は4頭に絞ってBOX馬券中心で

馬連(3,7,8,11)BOX各四百円6点
三連複(3,7,8,11)BOX各二百円4点
三連単(3,7,8,11)BOX各百円24点
複勝勝負は、やはり難解で絞れず見送り
≫≫5番が逃げて遅めMペース、11番が番手マーク
10番が、連れて2番も向こう正面動いてラップが上がる、
4角から直線向いて11番が逃げ馬交わして外目2番も迫るが押し切り
13番が後方から切れて追い込み
データ的には関西馬が勝つも2,3着は関東馬が想定外も
項目A2頭ワンツー、Bのabの3頭決着なら順当だった訳で猛反省
関西馬圧倒に拘りすぎた、そこだけが盲点

 プラス1 2024年3月31日() 05:34
+1計画(ちょいぷらぷらーん)(2024/03/31(日)) 
閲覧 93ビュー コメント 0 ナイス 1

予想プログラム的に

大阪杯GⅠは



◎3 タスティエーラ           

○10 ソールオリエンス          

▲2 ローシャムパーク          

△11 ベラジオオペラ           

穴8 プラダリア             

7 ハーパー              

4 ハヤヤッコ             

14 エピファニー            

という感じで ◎○▲で決まったりするのかも知れませんが、ハヤヤッコあたりからいってみるか思案中です




その他は↓で良さそうな馬がいれば と思ってます


中山4R
6 ヒルノダカール           


中山5R
16 ウェイトゥザドーン         


中山6R
2 メイショウヨゾラ          



中山8R
11 マイネルラッシュ          


中山9R
6 ホウオウサンデー          


中山10R
7 クレメダンジュ           


阪神4R
4 ルージュセレスト          


阪神5R
9 マイネルティグレ          

阪神7R
9 シゲルソロソロ           


阪神9R
7 エートラックス           


阪神10R
2 ジョウショーホープ         



阪神12R
5 ナムラフランク           



[もっと見る]

 プラス1 2024年3月30日() 20:16
自作プログラム予想(2024/03/31(日)) 
閲覧 108ビュー コメント 0 ナイス 1

今日のウマコロも まぁまぁひどかったですね


少額で正解 という屈辱・・


まぁ 明日が 本番ですしね(?)



大阪杯GⅠは 今のところ 穴としては

スタニングローズ          
エピファニー            

あたり? みたいな感じですけど 明日の 予想評価が出たら 真面目に考えるということで



JRAウルトラプレミアム
キタサンブラックカップは 3勝クラス 芝1400 ということですけど

予想プログラム的に 1番人気の
ジョウショーホープ 推し っぽいので どうかですね・・


まぁ プレミアムって 何がプレミアム? って感じもするので あまり気にしないでおきましょうか




海外競馬は無視しようと思いつつ UMACAで

ドバイゴールデンシャヒーン

を買ってしまってましたけど

PATで

ドバイシーマクラシック も買ってしまいました・・


いや、 結局 何か よく分からんレースじゃないですか

でも 日本馬が出てると JRAのオッズ的には 日本馬が人気する・・

ならば あまり日本馬が勝ててないレースで 適当に 大穴狙ってみるのも一興ではと・・


買わないで!

来てしまったら!

買っときゃ良かった苦悶式になる!

ならば 買って 自ら Zかい(自暴自棄?)





中山①
2サノノゴールド           ,10カマクラバクフ           ,8サンロレンツォ           
中山②
13ノブノリッキー           ,12リンクスクードボル         ,14ノーブルゲイル           
中山③
12ダイオジェナイト          ,3スオードカット           ,11シグムンド             
中山④
11ブラビオ              ,6ヒルノダカール           ,7サンマルグレイト          
中山⑤
7キットハナガサク          ,16ウェイトゥザドーン         ,14ルーベンス             
中山⑥
2メイショウヨゾラ          ,7ガジュノリ             ,1ベストオブユー           
中山⑦
10レゲエビーチ            ,6アムールドパリ           ,3ピュアキアン            
中山⑧
3レッドロスタム           ,1セリオーソ             ,12クイーンオブソウル         
中山⑨
6ホウオウサンデー          ,5マイネルメサイア          ,1アドマイヤサジー          
中山⑩
4フラッパールック          ,11クインズミモザ           ,12ヘニータイフーン          
中山⑪
12ヴェールランス           ,6ハウゼ               ,9コスモフリーゲン          
中山⑫
14クラウンブラヴォー         ,7ニットウバジル           ,16アイファースキャン         
阪神①
11ベレニーチェ            ,8ナムラリーナ            ,7ヒロインズクレスト         
阪神②
15アストラカ             ,8ドナアフロディテ          ,9クリノキングマン          
阪神③
3アンドゥーラ            ,7ブーヤカ              ,6スズノアイスマン          
阪神④
7メイクユーマイン          ,2マテンロウマルス          ,4ルージュセレスト          
阪神⑤
5ブルーミンデザイン         ,6テラメリタ             ,9マイネルティグレ          
阪神⑥
7メイショウクーガー         ,2セレクティオ            ,5アヘッド              
阪神⑦
14トモジャケーヤ           ,9シゲルソロソロ           ,10ベンダバリラビア          
阪神⑧
8ルクスビッグスター         ,3マイネルメモリー          ,12ラレーヌデリス           
阪神⑨
5ネグレスコ             ,2ロードフォアエース         ,8メイショウミシガン         
阪神⑩
2ジョウショーホープ         ,12イティネラートル          ,5テーオーダヴィンチ         
阪神⑪
10ソールオリエンス          ,14エピファニー            ,5スタニングローズ          
阪神⑫
9カネコメシスター          ,10グットディール           ,15カフジエニアゴン          



ここしばらく優駿買ってたんですけどね、4月号はどうっすかなぁ~ って アマゾンで見てたら


何か 優駿が 売り切れてるんですよ・・


えっ、優駿って そんな売り切れするようなものなの・・?


ある意味 JRAの機関紙みたいなもんで 無限に在庫あるのかと思ってました・・


へぇ・・

最近は 電子版が安いかと思って そっちを買ってましたけど プレミアつくなら紙版もいいのかも・・?(つかんか)

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピファニーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  YASUの小心馬券   フォロワー:36人 2024年1月3日(水) 10:34:32
中山金杯2024
前走のチャレンジC④着をどうみるかだが、直線外から突き抜ける勢いも残り100Mで脚色鈍っていたことや、2000M戦では、
2-0-0-2に対し、1800Mが4-1-2-1と、この距離は若干長いかもしれません。
GⅢは勝てる能力あると思うが、人気を考えると強くは推せない。
ノーマークにはできないが、現状連対圏評価まで。

エピファニーの写真

エピファニーの厩舎情報 VIP

2024年3月31日大阪杯 G110着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エピファニーの取材メモ VIP

2024年3月31日 大阪杯 G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。