コンタクト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 1996年3月12日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者白老ファーム
生産地白老町
戦績28戦[6-4-2-16]
総賞金11,298万円
収得賞金1,860万円
英字表記Contact
血統 ジェイドロバリー
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Prospector
Number
コンカロ
血統 ][ 産駒 ]
Caro
Confess
兄弟 コンクラーベコンフィデンス
前走 2002/04/13 読売マイラーズカップ G2
次走予定

コンタクトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
02/04/13 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 141155.8914** 牡6 57.0 幸英明安田隆行450(+2)1.52.5 19.954.9⑤⑨ミレニアムバイオ
02/03/31 中山 11 ダービー卿T G3 芝1600 151124.095** 牡6 54.0 蛯名正義安田隆行448(-6)1.32.9 0.534.9⑦⑩⑦グラスワールド
02/03/17 中山 10 東風S OP 芝1600 161238.787** 牡6 55.0 幸英明安田隆行454(0)1.34.6 0.434.6⑤④ミレニアムバイオ
02/02/03 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1651032.51113** 牡6 54.0 芹沢純一安田隆行454(-4)1.50.0 2.038.6⑥⑥⑤⑤タマモヒビキ
02/01/12 京都 11 淀短距離S OP 芝1200 165104.728** 牡6 55.0 武豊安田隆行458(-2)1.09.1 0.534.4⑫⑫サイキョウサンデー
02/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1571218.265** 牡6 54.0 小牧太安田隆行460(+2)1.34.4 0.635.3⑧⑪ダイタクリーヴァ
01/12/23 阪神 12 ファイナルS OP 芝1600 166118.452** 牡5 55.0 幸英明安田隆行458(+4)1.34.1 0.035.6⑪⑫⑩サイキョウサンデー
01/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1836155.11616** 牡5 57.0 和田竜二安田隆行454(+4)1.34.2 1.034.8⑥⑥ゼンノエルシド
01/11/11 東京 11 オーロカップ OP 芝1400 14588.053** 牡5 54.0 田中勝春安田隆行450(-2)1.22.8 0.535.8⑧⑧サンライズタイガー
01/10/14 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1600 98913.371** 牡5 56.5 蛯名正義安田隆行452(-4)1.34.4 -0.134.1⑦⑥マヤノアブソルート
01/10/06 京都 11 大原S 1600万下 ダ1400 127930.189** 牡5 57.0 四位洋文安田隆行456(+8)1.25.7 1.538.9スターリングローズ
01/08/05 札幌 11 札幌日刊S杯 OP 芝1200 85538.377** 牡5 55.0 中舘英二安田隆行448(+4)1.09.7 1.035.5タイキトレジャー
01/07/07 福島 11 TUF杯 1600万下 芝1200 15356.138** 牡5 57.0 蛯名正義安田隆行444(+4)1.10.2 1.036.2⑥⑦ミスタードン
01/06/16 阪神 11 水無月S 1600万下 芝1400 9887.833** 牡5 57.0 河内洋安田隆行440(+4)1.21.2 0.335.0ロードキーロフ
01/05/13 東京 10 立夏S 1600万下 ダ1400 141124.6813** 牡5 57.0 武幸四郎安田隆行436(-10)1.25.7 2.938.3⑫⑫ロードブライアン
00/12/02 阪神 11 Gスパー 1600万下 芝1400 142229.6101** 牡4 58.0 O.ペリエ安田隆行446(-2)1.21.3 -0.034.9⑦⑥クルーピアスター
00/11/26 京都 10 貴船S 1600万下 ダ1200 16597.449** 牡4 56.0 四位洋文安田隆行448(+14)1.12.3 1.636.2⑨⑧サウスヴィグラス
00/10/21 東京 10 神無月S 1600万下 ダ1200 16248.144** 牡4 56.0 武豊安田隆行434(-10)1.10.9 0.635.3⑨⑨ツルミカイウン
00/10/07 京都 11 大原S 1600万下 ダ1400 13113.7212** 牡4 56.0 四位洋文安田隆行444(+4)1.25.3 2.338.0シアトルフレーム
00/09/24 阪神 9 新涼特別 900万下 ダ1400 14452.011** 牡4 57.0 武豊安田隆行440(0)1.23.5 -0.237.0クラフティゴールド

⇒もっと見る


コンタクトの関連ニュース

 宝塚記念4着サートゥルナーリア(栗・角居、牡4)が13日、ジャパンCでの新パートナーとなる池添騎手を背に、栗東坂路で4ハロン59秒0-14秒5をマークした。初めて跨った池添騎手は「ゆったり走っているつもりでもトビが大きいので、思っていたよりも時計が出ました。楽しみで仕方がないです」と話した。

【ジャパンC】池添騎手がサートゥルナーリアと初コンタクト 2020年11月13日(金) 16:51

 宝塚記念4着サートゥルナーリア(栗・角居、牡4)が13日、ジャパンCで初コンビを組む池添騎手を背に、坂路で4ハロン59秒0-14秒5をマーク。初コンタクトを取った鞍上は「ゆったり走っているつもりでもトビが大きいので、思っていたよりも時計が出ました。今まで乗った馬とは違う感じ。いい馬だと思いますし、楽しみで仕方がないです」と話した。

[もっと見る]

【神戸新聞杯】コントレイルと福永騎手がダービー以来のコンタクト 2020年9月11日(金) 10:33

 5戦無敗で牡馬2冠を制しているコントレイル(栗・矢作、牡3)と福永騎手が11日、日本ダービー以来のコンタクトを取った。栗東トレセンの坂路をゆったりと駆け上がり、その後、ゲートの駐立を確認した。

 福永騎手は「順調に来ているのが何より。落ち着いているし、身のこなしがさらに良くなっています」と好感触を口にした。

 福永騎手は来週の1週前追い切りにもまたがり、神戸新聞杯(9月27日、中京、GII、芝2200メートル)で復帰する。

[もっと見る]

【東西現場記者走る】インディ、春秋マイル王へ5馬身ちぎった 2019年11月14日(木) 05:09

 密着取材でGI勝ち馬を探る連載『東西現場記者走る』。マイルCSを担当する東京サンスポの千葉智春記者(35)は3日目、栗東トレセンでインディチャンプの追い切りに注目した。主戦の福永騎手が騎乗停止になったため、池添騎手が代打騎乗。初コンタクトの感触や意気込み、毎日王冠3着からの巻き返しはあるのか-。陣営の手応えを探った。

 水曜はジャパンCの1週前追いもあり、さすがのにぎわい。マイルCS出走馬も坂路を次々と駆け上がる中、インディチャンプの姿を発見。ペンを持つ手に力が入った。

 春の安田記念でGI初制覇。人気馬の不利もあったが、レースレコードVは力がなければできない。主戦の福永騎手が先週土曜の東京で騎乗停止となり、注目されていた鞍上も、火曜に池添騎手と発表。追い切りで初コンタクトを取ると聞き、動きを見届けたかった。

 アメリカズカップ(5歳OP)を1馬身追走し、残り300メートルで内から併せると、鋭く加速した。ラスト1ハロンから追われ、最後は5馬身先着。1週前に自己ベストタイの4ハロン50秒3をマークしたうえで、4ハロン52秒9-12秒2と上々の時計で駆け抜けた。

 池添騎手は「指名いただき感謝しています」と謝意を示したうえ「馬場が荒れている時間でも脚取りはしっかり。最後の1ハロンもいい反応で、状態の良さを感じました」と笑顔を見せる。併せた馬に騎乗した生野助手も「抜け出す脚が速かったです。上向いていると思います」と、休み明けを使っての良化を伝えた。

 前走の毎日王冠は3着に敗れたが、実績のない9ハロンで0秒4差。音無調教師も「馬体が絞れず、距離も長く、スタートが良すぎて前めになった。それで3着やしな」と前向きだった。前走時と違い、今回は短期放牧から帰厩時で体が絞れ、「きょうで480キロ。あとは輸送で絞れそう」。前走時が自身最高馬体重の476キロで、プラス体重の次戦は【3・0・1・0】。2009年カンパニー、16年ミッキーアイルで制している音無厩舎の仕上げに抜かりはなさそうだ。

 課題として、生野助手は「久々の右回り」と挙げたが、そこは頼りになる鞍上。2003、04年デュランダル、11年エイシンアポロンで最多タイ3勝のジョッキーは「坂を下ってコーナーを迎える独特のコース。まずは流れに乗せること。早めに抜け出すとソラを使う(気を抜く)癖があるそうなので、頭に入れなければ」と見据える。

 ソラを使う癖も、池添騎手は福永騎手と意見を交換。「先輩の方から言ってくれました。本人が一番乗りたかったと思います。先輩が悔しがるような、いい結果を出したい」と意欲を燃やす。春秋マイルGI制覇へ、好ムードを感じた。 (千葉智春)



マイルCSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東西現場記者走る】グローリーを戸崎騎手絶賛! 2019年4月25日(木) 05:13

 平成最後のGI・天皇賞・春は大阪サンスポの山口大輝記者(27)がGI連載企画『東西現場記者走る』を担当する。3日目は美浦トレセンに潜入し、日経新春杯を制して臨むグローリーヴェイズをターゲットに定めた。関東馬ながら、7戦中4戦で京都を経験。初コンタクトを取った戸崎騎手も「乗りやすいですね」と好感触で、菊花賞5着のリベンジもありそうな気がしてきた。

 追い切り日は、美浦で迎えた。夜中の1時に目が覚めて2時間ほど寝付けず、寝起きは最悪。早くも疲れが出てきたのか、それとも平成最後のプレッシャーなのか。

 この日の狙いは、昨年の菊花賞馬フィエールマン…ではなく、5着のグローリーヴェイズだ。関東馬ながら全7戦中4戦を京都で走っている変わり種。騎乗予定だった川田騎手が騎乗停止となり、戸崎騎手に乗り替わり。最終追い切りで初コンタクトを取るだけに見逃すわけにいかない。

 Wコースに現れたのは、1度目のハロー掛け(整地)が終わった午前7時前。僚馬2頭とゆったり走り始めた。1~2馬身ずつ離れていたが、3コーナーから密集。直線はほぼ一団になり、真ん中のグローリーは馬なりでフィニッシュした。6ハロン83秒7-12秒4と時計は目立たないが走りは素軽く、問題ない。

 あとは陣営からどんな言葉が聞けるか。まず戸崎騎手の会見に耳を傾けた。第一声は「とても乗りやすかった」。その後も「賢い馬で、やることがわかっている感じ。レース映像を見て乗りやすい印象だったが、それ以上に乗りやすさを感じました」と操縦性の高さをひたすら絶賛していた。

 菊花賞は大外(18)番枠で外々を回らされる厳しい展開。それでも上がり最速タイ33秒9の末脚で5着まで追い上げた。今回は「内の枠を取れれば」と前置きしながら「乗りやすい分、どこからでも競馬ができる」とイメージ。名手の口ぶりから“買い”の印象を受けた。

 不安があるならスタミナ比べになった場合か。菊花賞はスローペースの上がり勝負で、長距離適性をそこまで求められる流れではなく、尾関調教師も「純然なステイヤーかというと、そう言い切れない部分もある」と認める。今回はヴォージュやロードヴァンドール、メイショウテッコンと前に行きたい馬が多く、流れがタイトになれば持久力が試されるが「菊花賞のときもそうでしたが、対応できるように長めの調教はしてきました」と胸を張る。明け4歳で「(前走が6キロ増と)馬体重も増えてトモ(後肢)はしっかりしてきた」という伸びしろで、距離適性をカバーできるかもしれない。

 寝不足には苦しんだが、今回も収穫ある“遠征”となった。栗東にトンボ帰りして、密着を継続していくとしよう。(山口大輝)

現場記者走るとは 2014年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日の日曜付の紙面。



★天皇賞・春の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリンター】レッドファルクス、極上の走り再び 2018年9月27日(木) 05:06

 スプリンターズSの追い切りが26日、東西トレセンで行われた。美浦では、JRA史上初の同一平地GI3連覇がかかるレッドファルクスが、新コンビの戸崎騎手を背に併せ馬で先着。1週前と一変の動きに名手も絶賛した。ワンスインナムーンがサンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。

 初コンタクトの鞍上に“極上”の印象を抱かせた。JRA同一平地GI3連覇がかかるレッドファルクスは、新コンビの戸崎騎手を背にWコースで4ハロン52秒5-12秒5をマークし、併せ馬で先着。史上初の快挙へ、上々の仕上がりをアピールだ。

 「またがった瞬間から違った。力があるし、筋肉の質もいいし、背中もいい。GI馬の中でも、さらに上の感触。圧倒されるような感じがあった。さすが2連覇するだけの馬ですね」

 関東のリーディングを走る名手が絶賛する。動きはこの1週間で一変。先週は追われながら僚馬トップライセンス(1000万下)に1馬身の後れをとったが、この日は同じ相手をインからあっさり1馬身引き離した。「先週の映像を見てどんな感じかと思ったけど、いい反応をして、その後のギアの入り、フットワークも良かった。こういう馬にまたがれてうれしいだけじゃなく、勝ちたい」と戸崎騎手は自信を深めた様子だ。

 7歳を迎えた今年の成績は過去2年と比べて物足りないが、近2走は行き脚がつかず競馬に参加できていない。それを解消すべく、この中間は追い切りでメンコ(耳覆い)を外し、2週前にはゲートから実戦を想定して追うなど、尾関調教師は対策を講じてきた。「メンコを外せば、ピリッとしてくるところがあるし、ジョッキーとのコンタクトを近くする意味合いもある。状態は去年と同じくらい」と復活の手応えを感じ取っている。

 唯一の誤算は主戦のM・デムーロ騎手が乗れなくなったことだが、それも「関東ナンバーワンの騎手が空いていた。レッドファルクスが勝つ前のこのレースを勝ったジョッキーですから」。王者に運は残っている。

 「前人、いや前馬未到ですかね。馬も元気。最高の結果を目指したい」とトレーナー。

 もう一度、圧巻の走りを-。大偉業を前に芦毛の王者が奮い立つ。 (板津雄志)



スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

コンタクトの関連コラム

関連コラムはありません。

コンタクトの口コミ


口コミ一覧

ななこ・にいがた〆め。

 tntn 2018年10月27日() 00:27

閲覧 321ビュー コメント 41 ナイス 298

***********************************
先週2着2回のあと、1勝した姫。
菜七番人気だったことはJRAのおシャレ?ヾ(ーー )

そのモズワッショイ。初騎乗はデビュー間もない2016年4月、3着でした。
初騎乗の馬は、特にパドックで馬とのコンタクトを。。。デビュー来心掛ける事!

。。。と、優駿「10月号」5,6ページにわたるインタビュー記事の中に!ヾ(ーー )アバウト-

その他。。。今年、コンビで2勝挙げたマルーンエンブレムの事。
新潟での2勝目の際、行きたがる馬を「まだだよー」等となだめ、(´`〃)ゞ
脚をため、最速上がりで勝利!

上手くコンタクトの取れた馬が結果をもたらすのかもしれない。。。
今日もパドックからコンタクトを計る!

あとは、姫の決め台詞!
「目標は、次の1勝」「信用を得る騎乗」
。。。みたいな事が書いてありました。(´`〃)ゞ ヾ(ーー )立読み!

さて今週は!
********************
両日新潟で、6x10『16』クラッ(/ω\*)マブッ
********************

2018年10月27日 3回新潟5日目

3R/2歳未勝利/ダ1200 。。。。シオンコタン
5R/2歳未勝利/芝1800 。。。。スパシーバ
7R/3歳上500万/ダ1800 。。。。ベルクカッツェ
8R/3歳上500万/芝1400 。。。。キュイキュイ
9R/3歳上500万/ダ1200 。。。。コパノミザール
12R/飛翔特別/芝1000 。。。。。リンシャンカイホウ

2018年10月28日 3回新潟6日目

1R/2歳未勝利/芝1400 。。。。ゴールデンゾーン
2R/2歳未勝利/ダ1200 。。。。グランエスタード
3R/3歳上500万/ダ1800 。。。。トニーハピネス
5R/2歳新馬/ダ1200 。。。。。クールティアラ
6R/3歳上500万/ダ1800 。。。。ペイシャボム
7R/3歳上500万/ダ1200 。。。。トロピカルスパート
8R/3歳上500万/芝2000 。。。。ニシノミストレス
10R/松浜特別/芝1800  。。。。ワンダーラスト
11R/ルミエAD/芝1000 。。。。ラホーヤビーチ
12R/柏崎特別/芝1600 。。。。ブライティアサイト

----------------------------------------

ベルクカッツェ。。。。。(継)前走、昇級戦を5着にまとめる
キュイキュイ。。。。。。(初)乗ってるフィエールマン厩舎。前走0.3差!
リンシャンカイホウ。。。(継)前走初騎乗で着差なしの2着!
ゴールデンゾーン。。。。(継)前走の新馬戦0.1差2着!
トニーハピネス。。。。。(継)前走同条件で逃げきり
ペイシャボム。。。。。。(初)天敵!?山田さんからの乗り替わり!
トロピカルスパート。。。(初)現級なら上位!

--------------------

期待の新馬(日曜)は、アレデバラン2産駒のクールティアラ!
ダ1200/先行一発狙っています!^^)」クルー ヾ(ーー )

今年も沸かせた「2018年の新潟」を〆る!特に日曜は10鞍!

(以下コピペ)
 
引き続き、どこで勝っても良いんです。(・・)ゞ  ぜひ勝ち鞍期待しております。(ーーメ)

*****************

スワンステークスの。。。

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=56414261dd&owner_id=4a85df85ef

************************************

 藤沢雄二 2018年7月14日() 04:07
先日の東京競馬場の花火大会に行ってきました♪
閲覧 206ビュー コメント 0 ナイス 13

壮観w https://t.co/8yP1ay6Muy

というわけで、8日の日曜日の夜は東京競馬場の花火大会に行ってきました。
ええ、もちろんクズ活の流れでw

場所取りはダービーの日の開門ダッシュのように熾烈だったという話でしたけど、こっちは便乗しまくりで夕方に顔を出せばいいという事で、昼間はパークウインズの指定席でまったり。
『18時に一品持って正門に』とLINEが入ったので、福島の最終を見届けた後で、散髪とその買い物で一度府中駅まで出てから競馬場にUターン。

で、ちょうどいい頃合いかと思って
「着いたよ」と連絡すると…

『スタンドの1階でまた連絡して』

(ということは喫煙所に誰かいるのかな?)

「1階のところに移動したよ」

『17番ゲートのところを抜けてきて』

(なんだ、もう馬場側にいるのか。っつーか、スタンドの中からはゲートの番号は見えないよ。柱の番号で言ってくれ)

「で、17番ゲートのところなんだけど…」

『15番ゲートと17番ゲートの間』

(いや、だから柱の番号で言え)

「あのさ、今いるところから何が見える?」

『大型ビジョンと…三角の青で2と書いてある標識』

(ダートの200m標識か…)
「OK、いたいた!」

と、すったもんだしてようやく合流できたと思ったその時に、その10mぐらい先の別のグループの中に見覚えのある女性がいるのに気がついた。
広い東京だから他人の空似ということはあるかもしれない。

でも、その浴衣。その髪飾り。間違いない。
何を隠そう、まさにその出で立ちの彼女と撮った写真があるからだ。

これがドラマなら、もうこの時点でなんらかのコンタクトを取っている。そうでなくては話が進まないもの。
だが、現実の世界では色々なしがらみがある。万が一、コンタクトを取ったがためにせっかくのお祭りの前に一悶着あっては台無しである。
その辺は、麻雀で役満絡みでも字牌の二鳴きは徹底する自分であるw
満貫ぐらいの点数が見込めるような手牌でも二鳴きどころか二鳴きスルーまでやりかねないので、そういうことについては慎重なのだ。
実際、後で聞いた話ではこの時も杞憂だったっぽいのだが、それでもその場は「至近距離で会わない限りは気づかないフリをする」のがベターだと判断したのであった。

とは言うものの、辺りが暗くなって花火大会が始まると、花火の打ち上がる方向に彼女が見えるだけに、人知れず落ち着かない。
そこで花火に集中すべく、初めてスマホでの動画撮影に挑戦してみた。Facebookの方にはその動画をアップしてみたのだが、改めてこの動画を編集しようなんてことになれば、やっぱりBGMはベタでもDAOKO×米津玄師の『打上花火』だよな…と思ったわけだが、よりによってこの曲がその彼女のカラオケで3曲ぐらいしかない持ちネタの1つであることを思い出して、勝手に堂々巡りにハマる(苦笑)

そんなどうでもいいような緊張感に包まれていたからか、花火大会そのものは30分間のイベントではあったのだが、コンパクトにまとまっていていいイベントでありました。
ややもすると30分というのは短いのかもしれないけど、この先学校の夏休み期間に行われるどこぞの花火大会の2時間コースはどことなく間延びする感じが否めないので、このくらいで丁度いいのでしょうね。

この感じなら来年も観に行きたいですね♪
まあ声がかかるかどうかは知らんけどw

[もっと見る]

コンタクトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

コンタクトの写真

投稿写真はありません。

コンタクトの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

コンタクトの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。