マリーナドンナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
マリーナドンナ
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2019年5月10日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 2戦[0-0-0-2]
総賞金110万円
収得賞金0万円
英字表記Marina Donna
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
ジェンティルドンナ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ドナブリーニ
兄弟 ジェラルディーナモアナアネラ
市場価格
前走 2022/07/24 3歳未勝利
次走予定

マリーナドンナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/07/24 小倉 3 3歳未勝利 芝1800 16233.928** 牝3 54.0 福永祐一安田隆行 442
(-10)
1.48.1 1.236.0⑫⑫⑪⑩ショウナンナダル
21/12/04 阪神 5 2歳新馬 芝1800 11795.934** 牝2 54.0 福永祐一安田隆行 452
(--)
1.48.2 0.935.0⑧⑦ラリュエル

マリーナドンナの関連ニュース


皆さん、こんにちは。ウマニティ編集部です。本日は【回収率予報ニュース!2022/7/24(日)版】をお届けします。

登場してもらうのは、本年プロ予想家デビューし活躍中の回収率予報官プロ。その名の通り、回収率を予測(予報)するという予想スタイルの中枢を担う「予測回収率」にまつわる「危険馬」「穴馬」の紹介を当欄では行っていただきます。


≪2022/7/24(日) 買ってはいけない 中京記念、ジュライSほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は「プロ予想MAX」提供予想の「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。
■札幌11R ダート1700m 3歳上3勝クラス 15:25 報知杯大雪ハンデ
 ⑥ 60% 10.3倍(5) タイセイシェダル
 ⑦ 60% 3.1倍(1) ブラッティーキッド

■小倉11R 芝1800m 3歳上オープン 15:35 G3トヨタ賞中京記念
 ① 60% 37.1倍(14) ベステンダンク
 ⑤ 60% 8.7倍(3) カイザーミノル
 ⑥ 60% 29.2倍(13) アーデントリー
 ⑦ 60% 39.1倍(15) スーパーフェザー
 ⑯ 60% 102.1倍(16) レインボーフラッグ

■福島11R ダート1700m 3歳上オープン 15:45 ジュライステークス
 ② 60% 4.7倍(2) ニューモニュメント
 ④ 50% 58.8倍(13) エクスパートラン
 ⑨ 60% 72.6倍(15) ミヤジコクオウ
 ⑩ 60% 67.2倍(14) デュープロセス
 ⑫ 60% 30.0倍(10) ショーム
 ⑭ 60% 19.3倍(8) バレッティ

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。

札幌01R ⑦ 50% 4.9倍(3) ニシノピウモッソ
小倉01R ① 60% 3.7倍(2) パラシュラーマ
札幌02R ③ 60% 5.1倍(2) ラブミーディザイア
小倉03R ③ 60% 3.7倍(2) マリーナドンナ
福島04R ① 60% 5.5倍(2) アイアムラベンダー
札幌07R ⑨ 60% 4.7倍(2) アスクビックスター
小倉07R ⑨ 60% 5.4倍(2) ロードラプソディ
札幌08R ② 50% 4.2倍(2) エクラノーブル
福島08R ④ 60% 6.0倍(2) ネイリッカ
札幌11R ⑦ 60% 3.1倍(1) ブラッティーキッド
福島11R ② 60% 4.7倍(2) ニューモニュメント

※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成の前日夜時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf


≪2022/7/24(日) 単勝万馬券を狙え≫

「単勝万馬券を狙え」では、予測回収率90%以上の中で最もオッズの高い馬をご紹介いたします。単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。

札幌01R ⑪ 90% 91.4倍(11) チャイボーグ

※左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。
※回収率予報の説明や使い方はこちら
 https://note.com/hrrf

【2歳新馬・阪神5R】ラリュエルが内ラチ沿いから抜け出す! 2021年12月4日() 12:47

 12月4日の阪神5R(2歳新馬、芝・外1800メートル)は、松山弘平騎手の4番人気ラリュエル(牝、栗東・矢作芳人厩舎)が前3頭を見る絶好の位置でレースを展開。直線に入ると内ラチ沿いから脚を伸ばし、そのまま押し切った。タイムは1分47秒3(良)。

 3/4馬身差の2着にはストロングウィル(1番人気)、さらに1馬身1/4遅れた3着にダノンジャッカル(2番人気)が入った。なお、2012年の牝馬3冠馬でGI7勝ジェンティルドンナを母に持つマリーナドンナは4着に敗れた。

 ラリュエルは、父ディープインパクト、母カウアイレーンで、母の父キングカメハメハという血統。半兄に京都新聞杯を勝ったステイフーリッシュ(父ステイゴールド)がいる。

 ◆松山弘平騎手(1着 ラリュエル)「スタートが良く、枠も良かったです。逃げ馬の後ろでいい形で脚をためられて、追ってからしっかり伸びてくれました。芝の走りのバランスも良かったですね。これから先、良くなってくる馬だと思いますし、これからが楽しみです」

 ◆矢作芳人調教師(同)「勝つまではどうかと思っていましたが、勝ち切ってくれましたね。兄に似ていて、距離はあったほうがいいと思う。競馬に行っていいタイプだね。今後はひと休みさせてからになると思います」

※次走は未定

★4日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【注目この新馬】マリーナドンナ 2021年12月3日(金) 04:52

 マリーナドンナは、牝馬3冠を含めGI7勝のジェンティルドンナを母に持つ。半姉ジェラルディーナも今年、3連勝でチャレンジC出走を決めており、血統背景は申し分ない。1日に栗東CWコースで6ハロン85秒5-12秒2を馬なりで出し、ダノンアーリー(2歳未勝利)と併入。「まだまだ非力で本当に良くなるのは来年だけど、乗り味はすごくいいみたい。この状態で走れば、相当な馬だと思います」と安田隆調教師は期待を寄せる。

[もっと見る]

ジェンティルドンナ娘2頭、ジェラルディーナとマリーナドンナが最終追い 2021年12月1日(水) 18:00

 7冠牝馬ジェンティルドンナの娘2頭が、今週末のレースに向けて1日、栗東トレセンで最終追いを行った。ともに福永騎手が騎乗した。

 チャレンジC(4日、阪神、GIII、芝2000メートル)のジェラルディーナ(栗・斉藤崇、父モーリス)は、CWラスト1ハロン12秒2(4ハロン54秒6)のタイムを馬なりで計時。斉藤崇調教師は「いいですね。先週の追い切り後、反応が良くなりました。心配事はありません」と話した。

 4日の阪神芝1800メートル戦でデビュー予定のマリーナドンナ(栗・安田隆、父ロードカナロア)は、CW6ハロン85秒5-12秒2の時計を余力を残してマークした。「いいフォームで走っています。器は大きいですし、先々、必ず良くなる馬です」と安田隆調教師。460キロ前後での出走が見込まれている。

[もっと見る]

“ジェンティル娘”マリーナドンナが栗東CWでラスト11秒8 2021年11月25日(木) 18:00

 牝馬3冠などGI7勝馬ジェンティルドンナの産駒マリーナドンナ(栗東・安田隆行厩舎、牝2、父ロードカナロア)が25日、栗東CWコースで6ハロン85秒3-11秒8を一杯に追われてマーク。ドゥラモット(2勝クラス)に2馬身半先着を果たした。

 見守った安田隆調教師は「まだまだこれからの馬ですよ。現状は血統などの評判が先行している感じ。ただ、1月ごろは馬体も小さかったですが、大きくなって今は460キロぐらい。良くなるのは間違いないです。奥手の馬だと思いますよ」と話した。

 厩舎は違うが、半姉ジェラルディーナ(父モーリス)は今年、3連勝でOP入り。抜群の切れ味をみせており、今後に注目が集まる1頭だ。母ジェンティルドンナは繁殖としても高いポテンシャルをみせている。

 父ロードカナロアは、安田隆厩舎所属で香港スプリント連覇などGI6勝を挙げたように、厩舎ゆかりの血統でもある。12月4日阪神芝1800メートルでデビュー予定で、両親から受け継いだ素質の高さを実戦で見せけられるか。

マリーナドンナの競走馬情報はこちら

[もっと見る]

ロードカナロア×ジェンティルドンナの娘マリーナドンナが12・4デビューへ入厩 2021年10月29日(金) 18:00

 世代屈指の良血馬マリーナドンナ(栗東・安田隆行厩舎、牝2歳)が29日、滋賀県のノーザンファームしがらきから栗東トレセンに再入厩した。安田隆調教師は「放牧先でも様子は確認していましたが、ゲート試験に合格したときよりも馬がさらに良くなっていますね。あす(30日)から馬場入りします」と話した。

 父ロードカナロアはGI6勝、母ジェンティルドンナはGI7勝を挙げた名馬。将来性十分の血統背景に加え、馬体の良さも目を引く。現段階で馬体重は490から500キロ。デビューは12月4日の阪神芝1800メートル戦。鞍上は福永騎手を予定している。

マリーナドンナのプロフィルはこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

マリーナドンナの関連コラム

閲覧 3,189ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

マリーナドンナの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

マリーナドンナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年12月4日() 12:33:29
スタート鈍かったのが痛かった。後方待機ではデビュー戦飾れなくてもやむなし。超良血もじりじり感あり。

マリーナドンナの写真

マリーナドンナ

マリーナドンナの厩舎情報 VIP

2022年7月24日3歳未勝利8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マリーナドンナの取材メモ VIP

2022年7月24日 3歳未勝利 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。