今週の重賞レース

2021年9月19日( 関西TVローズS G2
2021年9月20日( 朝日セントライト記念 G2
安田記念 G1   日程:2021年6月6日() 15:40 東京/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 11

ダノンキングリー

牡5 58.0 川田将雅  萩原清 456(+6) 1.31.7 47.6 8 33.1 ⑧⑧
2 4 5

グランアレグリア

牝5 56.0 C.ルメー  藤沢和雄 502(+4) 1.31.7 アタマ 1.5 1 32.9 ⑪⑪
3 8 13

シュネルマイスター

牡3 54.0 横山武史  手塚貴久 474(-6) 1.31.8 1/2 10.2 4 33.4 ⑤⑤
4 5 8

インディチャンプ

牡6 58.0 福永祐一  音無秀孝 484(+6) 1.31.9 クビ 7.0 2 33.5 ⑤⑤
5 6 9

トーラスジェミニ

牡5 58.0 戸崎圭太  小桧山悟 472(-4) 1.32.1 1 1/4 153.6 13 34.2 ②②
6 6 10

カデナ

牡7 58.0 武豊  中竹和也 480(-4) 1.32.2 1/2 167.9 14 33.2 ⑫⑭
7 4 6

ダノンプレミアム

牡6 58.0 池添謙一  中内田充 510(+10) 1.32.3 19.2 6 34.1 ③③
8 1 1

サリオス

牡4 58.0 松山弘平  堀宣行 536(-2) 1.32.4 クビ 7.9 3 33.7 ⑨⑧
9 2 2

ギベオン

牡6 58.0 西村淳也  藤原英昭 512(0) 1.32.6 1 1/4 100.6 11 34.2 ⑤⑤
10 7 12

ケイデンスコール

牡5 58.0 岩田康誠  安田隆行 470(0) 1.32.6 アタマ 14.7 5 33.9 ⑨⑧
11 3 3

ダイワキャグニー

セ7 58.0 石橋脩  菊沢隆徳 492(-2) 1.32.7 123.9 12 34.9 ①①
12 8 14

カテドラル

牡5 58.0 田辺裕信  池添学 488(+4) 1.32.8 アタマ 74.5 9 33.9 ⑫⑫
13 3 4

カラテ

牡5 58.0 菅原明良  高橋祥泰 526(-4) 1.33.0 1 1/4 77.5 10 34.1 ⑫⑫
14 5 7

ラウダシオン

牡4 58.0 M.デムー  斉藤崇史 516(+2) 1.34.5 27.9 7 36.3 ③③
ラップタイム 12.3 - 11.0 - 11.6 - 11.5 - 11.4 - 11.2 - 11.0 - 11.7
前半 12.3 - 23.3 - 34.9 - 46.4 - 57.8
後半 56.8 - 45.3 - 33.9 - 22.7 - 11.7

■払戻金

単勝 11 4,760円 8番人気
複勝 11 710円 9番人気
5 110円 1番人気
13 240円 4番人気
枠連 4-7 720円 4番人気
馬連 5-11 2,950円 9番人気
ワイド 5-11 1,160円 12番人気
11-13 5,460円 38番人気
5-13 400円 3番人気
馬単 11-5 12,090円 29番人気
3連複 5-11-13 8,860円 26番人気
3連単 11-5-13 110,420円 247番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:319,920人(09月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【安田記念2021予想】先行・差し互角!隊列の外を回る馬の台頭に警戒!

土曜日の東京芝のレース結果、近年の安田記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

東京競馬場周辺は金曜日に18.5ミリの雨量を記録。土曜日の芝コースは稍重(JRA発表)でスタートするも、そこは水捌けの良さでは定評が高い東京競馬場。午後には良(JRA発表)へ回復している。

土曜日の結果を振り返ると、脚質の有利不利が少ない一方で、枠順は中~外優勢。含水多めのコンディションに連続開催の7週目、高速決着頻発に伴う馬場の酷使も重なって、キックバックが目につくようになってきた。そのぶん、内めから運ぶ馬の優位性が薄れてきている。

土曜日施行の芝5クラのうち、4クラで5~8枠の馬が勝利。連対馬10頭中8頭を5~8枠の馬が占めている。直線で馬場の真ん中あたりに進路を取る馬が優位である点は前週と同じだが、隊列の外を回る馬の好走頻度が高まりつつあることは頭に入れておいたほうがいい。

日曜日の降水確率は午前が60%で午後からは10%(6日7時の時点)。なんとも判断するに悩ましい予報だが、いずれにせよ内めを通る馬が不利な状況であることに変わりはない。ゆえに、引き続き中~外め(5~8枠あたり)の馬に対する警戒を強めたほうがよさそうだ。

血統面については、近年の安田記念の好走馬を検証すると、サンデーサイレンス内包馬が優勢。なかでも、血統表の3代内にノーザンダンサー系種牡馬を併せ持つ馬が攻勢を強めている。条件を満たす馬はプラスに評価したい。

また、前走が海外戦ならば1着、国内組であれば前走の上がり3ハロンが3位以内かつ前走の馬体重が470キロ以上、という馬が存在感を発揮しているのも安田記念の大きな特徴。血統面と合わせて押さえておきたい傾向といえよう。

今回の出走メンバーで、血統面と先述した馬場傾向(5~8枠)要点をともにクリアしているのは、⑩カデナ、⑫ケイデンスコール、⑭カテドラル。3頭いずれも単勝10倍以上(6日7時の時点)の伏兵で、配当妙味は十分にある。この3頭のうち、最低1頭は馬券に絡むという前提で、フォーメーションを組んでみるのも面白いかもしれない。

【馬場予想からの注目馬】
カデナ ⑫ケイデンスコール ⑭カテドラル
プロ
予想

【安田記念2021予想】グランアレグリアで鉄板?予想神「スガダイ」と競馬プロファイラー「キムラヨウヘイ」の特注馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」と競馬プロファイラー「キムラヨウヘイ」の安田記念特注馬を大公開!トッププロ予想家のハイレベルG1トークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) キムラヨウヘイ(競馬プロファイラー) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【安田記念2021予想】素軽さが増したダノンプレミアムをトップ評価!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる安田記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①サリオス【B】
美浦南W併走。パンプアップされた馬体もあってか、前肢の出が窮屈に映るものの、四肢の運びは軽く、前後のバランスもとれている。制御もしっかり利いており、悲観的に捉える必要はない。抜群とは言えないまでも、及第点のデキにはある。

②ギベオン【
栗東CW単走。ここ数戦の最終追いと比べて、四肢の可動域が広くなり、振り幅も大きくなっているように思える。それでいて脚の運びは軽快そのもの。直線に入ってから右脚主導で楽に時計を出している点も、府中のG1へ挑むにあたり好感度が高い。優に合格点の仕上がりだろう。

③ダイワキャグニー【C】
美浦南W単走。ひと頃の硬さが目立つ走りに比べると、それなりに柔軟性が出てきた印象。ただ、体を持て余し気味で、鞍上の手ごたえの割にスピードとキレは今ひとつのように思える。このひと追いでどこまで変わってくるか。当日の気配には注意を払いたい。

④カラテ【C】
美浦坂路併走。加速ラップを刻んだものの、首の動きが硬く、四肢だけで走っている印象。少し促した程度でグンと体を沈めていた、東京新聞杯当時に比べると物足りなさを覚えてしまう。本当に良くなるのは、ここを使ってからかもしれない。

⑤グランアレグリア【B】
美浦坂路単走。前を行く僚馬2頭を目標とする実質的な3頭併せ。いつもとは異なり、手前が替わらなかったことは気になるが、四肢のさばきは力強く、ストライドも広くとれている。走りの質は高く、それなりに帳尻を合わせてきた印象。動ける態勢とみたい。

⑥ダノンプレミアム【
栗東CW単走。ここ数走の国内戦の中間時に比べると、後肢の踏み込みが深くなり、完歩も大きくなったように映る。鞍上の指示に対する反応も良く、追えば伸びそうな余力を十分に残しているのも好印象。ベストを尽くせる仕上がりと判断したい。

⑦ラウダシオン【B】
栗東CW単走。時計が遅いため、四肢の可動域が狭く映るが、それは前回の最終追いも同様。フォームにブレは少なく、脚どりもしっかりしている。レース前にテンションを上げないという意味では正解なのだろう。上積みまではどうかも、この馬なりにいい状態を維持している印象を持つ。

⑧インディチャンプ【B】
栗東坂路併走。気負い気味ではあるが、前肢を効果的に使ったかき込み鋭いフットワークは健在。僚馬がついてこれず、最後は緩む形となって、若干ラップを落としたものの、走り自体の雰囲気は決して悪くない。軽くは扱えない1頭だ。

⑨トーラスジェミニ【B】
美浦南W併走。コーナーから活気よく進み、直線に入って手前を替えると、さらにペースアップ。懸命に追われる僚馬をゴール直前でキッチリと捉えた。攻め巧者なので過度の評価はできないものの、持ち前のしぶとさを活かせるようなら、面白い存在になりそうだ。

⑩カデナ【C】
栗東坂路単走。首を上手に使い、力強く駆け上がっていた。だが、終盤で鞍上が仕掛けると、ゴール直前あたりで手前を右に戻し余力のない形に。左回りかつ直線が長い府中のG1へ臨むにあたり、心許ない内容であるのは確か。評価は上げづらい。

⑪ダノンキングリー【B】
美浦南B併走。外から僚馬をかぶせる形の調整。四肢の運びは軽く、手前の変換もスムーズ。やや力感こそ欠くものの、全体的に見ればリズム良く動けている感を受ける。あとは実戦で囲まれた際に、落ち着いて走れるかどうか。そのあたりが焦点となろう。

⑫ケイデンスコール【B】
栗東坂路単走。中盤までは集中力を欠くような走りではあったが、鞍上に促されると前を向いて鋭く加速。上々の伸び脚を披露した。遊び癖の多い点は気になるものの、フォームを大きく乱すところなく、水準以上の上がりラップを刻んだことは評価できる。順調とみていいだろう。

⑬シュネルマイスター【B】
美浦南W併走。行きたがる素振りを出したことや首筋に発汗が見られる点は気になるものの、鞍上の合図に対する反応はスムーズ。やや力を要する馬場状態を思えば、刻んだラップも悪くない。現状の力を出せる仕上がりとみる。

⑭カテドラル【C】
栗東坂路単走。中盤以降の回転鋭い脚さばきで、力強く登坂するさまは見どころがあった。その一方、重心が高く、スピードに乗るまでに時間を要する点は相変わらず。良くも悪くも平行線といった印象。自分の競馬に徹したうえで展開がハマれば、という条件付きの狙いとなる。

【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップは⑥ダノンプレミアムとする。深い踏み込み、そして弾力性に富んだフットワークが印象的。ここ数戦の国内戦の中間時より素軽さが増していることも好感が持てる。いい雰囲気でレースに臨めそうだ。

2番手は、鋭い反応と軽快な脚運びが目を引く②ギベオン。体調回復に苦心していた前回の中間に比べると、順調度の面では今回のほうがはるかに上。大駆けの場面があっても驚けない。

<注目馬>
ダノンプレミアム ②ギベオン

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:319,920人(09月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【安田記念2021予想】グランアレグリア「追い切りは調整程度」 サリオス「右トモ(後肢)が回復してから次の追い切りをするように調整してきた」

 ◆インディチャンプ・音無師「気が若いので、6歳でも老けてるとかは思わない。一発やってほしい気持ちもある」

 ◆カテドラル池添学師「東京には何度も行っているし、輸送も経験豊富。ここ2走は気の悪さを見せず、しっかり走れています」

 ◆カデナ・中竹師「マイル戦は久しぶりだけど、今の東京の馬場が魅力。力を出せれば、このメンバーでも戦えないわけじゃない」

 ◆カラテ・高橋祥師「(右前脚の)挫跖でダービー卿CTを使えずにここまで待ったが、まだ好調時の状態にない」

 ◆ギベオン・藤原英師「前走は久々のマイルでも戸惑うことなく、内容は悪くなかった。NHKマイルCで2着になったように適性はある」

 ◆グランアレグリア・藤沢和師「間隔が詰まっているので、追い切りは調整程度。体つきもちょうどいい」

 ◆ケイデンスコール・安田隆師「ここを目標に、リフレッシュを挟んで予定通り。いい上昇曲線を描いています」

 ◆サリオス・堀師「追い切り後の右トモ(後肢)がしっかり回復してから次の追い切りをするように調整してきた」

 ◆ダイワキャグニー・菊沢師「去勢して1年近くたち、走りのバランスが良くなったし、もうブリンカーも使わないでいい。気分良く走らせられれば」

 ◆ダノンキングリー・萩原師「休養が長くなっているので、(いきなり走れるかは)やってみないと分からない」

 ◆ダノンプレミアム・片山助手「今年はいい臨戦過程だし、本来なら東京のマイル戦はこの馬に合った条件だと思う」

 ◆トーラスジェミニ・小桧山師「エプソムCを予定していたが状態がいいのでGIへ。攻め馬を強化でき、体調アップ」

 ◆ラウダシオン・斉藤崇師「続けて使うとテンションが上がる馬なので、放牧に出しました。舞台は合っている」



安田記念の枠順はこちら

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【安田記念2021予想】グランアレグリアを筆頭に計5頭がオールクリア

【前走着順】

前走の着順については、G1・G2なら1ケタ、それ以外であれば2着以内が目安。2011年以降、これ以外のステップで臨んだ馬は2着連対圏に達していない。

(減点対象馬)
⑨トーラスジェミニ

【前走人気】

前走の人気に関しては、G1・G2が7番人気以内、G3は4番人気以内、非重賞ならば1番人気がひとつの基準。2011年以降の2着以内馬は、例外なくこの条件を満たしていた(海外戦については、JRA単体の勝馬投票券発売分における単勝人気順が対象)。

(減点対象馬)
③ダイワキャグニー ④カラテ ⑨トーラスジェミニ ⑩カデナ

【前走使用距離】

2011年以降の2着以内延べ20頭の前走使用距離を検証すると、1200mから2000mまで幅広い。その一方、前走が1400m未満ならびに1600m超だった馬の2着連対圏入りは、前走で複勝圏を確保していた馬に限られる。その点には注意を払いたい。

(減点対象馬)
①サリオス ⑥ダノンプレミアム ⑪ダノンキングリー

【前走馬体重】

近年は馬格のある馬が優勢。2011年以降、直近の国内戦における馬体重が470キロ未満だった馬で複勝圏入りを果たしたのは、2013年3着のダノンシャーク(前走452キロ)1頭のみ。押さえておきたいポイントのひとつといえよう。

(減点対象馬)
⑪ダノンキングリー

【東京芝実績】

2011年以降の3着以内延べ30頭のうち、東京芝コースに2回以上出走し、勝利経験がなかった馬の好走例は3頭。ただし、いずれも3着止まり。2着連対圏に届きそうで届かない状況が続いている。

(減点対象馬)
⑩カデナ ⑫ケイデンスコール ⑭カテドラル

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、②ギベオン、⑤グランアレグリア、⑦ラウダシオン、⑧インディチャンプ、⑬シュネルマイスターの5頭。最上位には⑤グランアレグリアを指名する。2011年以降、前走が重賞かつ0秒4以上のタイム差で勝利していた馬は【1.2.0.0】の好成績。前年の安田記念優勝馬が未勝利の点はネックだが、前走3着以内の前年勝ち馬に限れば【0.2.1.0】と堅実に走っている。連複の軸としての信頼度は高いと判断したい。

近10回【2.5.1.4】の牡牝混合G1 2勝以上馬に該当する、⑧インディチャンプを2番手に。東京芝マイルG1ウイナーである、⑦ラウダシオンと⑬シュネルマイスターも侮れない存在だ。対照的に②ギベオンは、近10回3着以内ゼロの前走5番人気以下かつディープインパクト産駒。ゆえに強調しづらい印象を持つ。

<注目馬>
グランアレグリア ⑧インディチャンプ ⑦ラウダシオン ⑬シュネルマイスター

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【安田記念2021予想】“凄馬”グランアレグリアが断然で2番手以下も候補は絞れる!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

U指数的にはとにかく堅いレースである。過去5年間の3着以内馬15頭のうち、14頭は指数順位が一桁で、1着馬に関してはすべて4位以内となっている。唯一の例外は2019年3着のアーモンドアイ(14位)だが、当時は国内の古馬戦出走歴が一度のみと、指数の伸びにくい状況だったため仕方がない。実績的にも、単勝1倍台の人気的にも、絶対に切るわけにはいかない存在だった。これを例外中の例外とすると、原則的に指数の低い馬は軽視して構わないということになる。軸も相手も、指数上位勢から選ぶスタンスでまったく問題ない。
 
今年、トップに立っているのは前年覇者の⑤グランアレグリア(105.4)で、2位に2.4の指数差を付け“凄馬”の評価を受けている。圧倒的な舞台実績を誇るなど死角はなきに等しく、連覇を達成する公算はかなり大きそうだ。ここは相手探しの一戦になると判断したい。
 
2年前の勝ち馬で2位の⑧インディチャンプ(103.0)にしても、3位に2.3の指数差を付けており、「不動の二番手」として評価できる。この馬も外すわけにはいかない。
 
以下、今年初戦というローテが嫌われれば、食指の動くオッズを示してくれそうな4位の⑪ダノンキングリー(100.1)、5位の⑥ダノンプレミアム(99.9)のダノン2騎を押さえておく。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:319,920人(09月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【安田記念2021予想】昨年はディープインパクトが種牡馬としての最多勝記録を更新

前夜に降った雨の影響で稍重として施行された昨年はディープインパクト産駒の3番人気グランアレグリアが勝利。ディープインパクトは種牡馬として11年リアルインパクト、17年サトノアラジン、そして20年グランアレグリアと3頭の勝ち馬を出しており、これはG1の格が付された1984年以降の安田記念では最多勝記録となる。

ほか、昨今の古馬マイル重賞ではロードカナロアを筆頭にキングカメハメハの血を引く馬も上位を賑わせており、安田記念においても19年3着&20年2着のアーモンドアイ(父ロードカナロア)、19年1着&20年3着のインディチャンプ(母の父キングカメハメハ)がリピーターとして存在感を示していた。


グランアレグリアは、父ディープインパクト×母タピッツフライ(母の父Tapit)。昨年は単勝1.3倍の断然人気に推されたアーモンドアイに2.1/2馬身差を付ける完勝。母タピッツフライも5歳時に本格化を果たしていたが、本馬も母の父Tapitを感じさせるA.P. Indy系特有の緩慢さは成長とともに薄れていき、歴代屈指のマイラーと言っても過言ではない域に達してきた。父ディープインパクト×母の父A.P. Indy系という血統構成は、先週に行われた東京優駿の勝ち馬シャフリヤールと同じで、いまの東京競馬場の馬場適性も折り紙付きと言えるだろう。

ケイデンスコールは、父ロードカナロア×母インダクティ(母の父ハーツクライ)。ロードカナロア産駒は5歳時にキャリアハイとなる成績を残す傾向が見受けられ、本馬においても近走の充実ぶりには目を見張るものがある。また、父ロードカナロア×母の父ハーツクライはJRAで延べ6頭の重賞勝ち馬を出しているが、その6勝すべてが芝1600m戦ということも強調しやすい。東京芝1600mのG1は19年NHKマイルカップで14番人気2着と大駆けしており、バランスオブゲームやフェイムゲームの甥にあたる血統背景からも、まだまだ息の長い活躍を見込めるはず。

ラウダシオンは、父リアルインパクト×母アンティフォナ(母の父Songandaprayer)。父リアルインパクトは11年安田記念の勝ち馬となるが、G1に格付けされてからは初となる3歳馬による勝利だった。そのリアルインパクトはディープインパクトの後継種牡馬というだけでなく、前記インディチャンプの叔父にあたる血統背景も注目に値する。また、ディープインパクト、Fappiano、Storm Catの血を引く血統構成は17年の勝ち馬サトノアラジンを彷彿とさせるものがあり、3勝、2着1回と好相性を示す東京競馬場であれば侮れない存在となりそうだ。

【血統予想からの注目馬】
グランアレグリア ⑫ケイデンスコール ⑦ラウダシオン

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【安田記念2021予想】人馬ともにフレッシュなコンビが強敵に立ち向かう!

編集部(以下、編) 毎年恒例となっている東京の5週連続G1は、いよいよフィナーレを迎えます。

新良(以下、新) 注目度の高いレースを当ててこそだと思いますので、しっかり締めくくりたいですね。

編 先週の日本ダービーに続き、今週の安田記念もよろしくお願いします。

新 連チャンできるように頑張ります。

編 では早速、注目の乗り替わりを伺っていきましょう。新良さんの狙い目を教えてください。

新 ルメール騎手から横山武史騎手に乗り替わる⑬シュネルマイスターです。

編 おお、唯一の3歳馬を狙いますか!

新 やはり古馬との4キロの斤量差は大きいですからね。鞍上が誰であろうと、これは大きなアドバンテージになると思います。

編 そして、なかなか決まらなかったシュネルマイスターの鞍上は、先週のダービーで2着だった若武者の横山武騎手ということになりました。

新 新馬戦を勝ったコンビが復活しましたね。これは本当に楽しみです。

編 横山武騎手はダービー僅差負けのショックを引きずっていなければいいのですが……。

新 そんなタマではないでしょう。おそらく、気持ちはしっかりリセットできているはずです。

編 新良さんは、並の若手ではないと評価しているわけですね。

新 はい。ハナ差で2着に敗れたとはいえ、ダービーでの騎乗は及第点以上の内容でした。勝負どころでレースが動いても、落ち着いてじっとしていましたからね。4コーナーから直線に向けてのコース取り。前が開けてからの追い出しのタイミング。どれも素晴らしかったと思います。

編 ただ、相手のほうが一枚上だったと……。

新 確かに、シャフリヤールとの決め手の差、福永騎手との経験の差は、それぞれあったと思います。でも、あの着差はもう運の領域ですので、横山武騎手の騎乗ぶりを悲観する必要はないでしょう。

編 むしろ、いい経験になった面もあるかもしれないということでしょうかね。

新 貴重な経験ができたと思います。これをバネに、ジョッキーとしてさらにパワーアップしてくれるはずです。横山武騎手なら、悔しい敗戦の次の週で一発かましても、まったく驚けません。

編 ただ、走るのは騎手ではなく馬です。グランアレグリアを筆頭に、ライバルは相当強力ですが……。

新 グランアレグリアの能力が抜けているのは事実ですが、ベストとは言えない中2週のローテなど、不安要素がゼロというわけではありません。あのアーモンドアイだって、アクシデントがあったとはいえ2年続けて負けているレースですからね。「よもや」や「まさか」はあると思いますよ。

編 その可能性に賭けるのならば、勝負付けが済んだ感のある古馬勢よりも、未対戦で斤量差のある3歳馬のほうが面白いということですかね。

新 まさにその通りです。「やってみなければわからない度」でいえば、シュネルマイスターが一番でしょう。昨年は、ルメール騎手のお手馬が重なり、継続騎乗のアーモンドアイが敗れ、池添騎手が代打騎乗を務めたグランアレグリアが勝利しました。

新 その再現があるかもしれませんね。

編 馬も鞍上も若い、フレッシュなコンビの大激走に期待しましょう!

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
シュネルマイスター
ステップ
レース

【安田記念2021予想】前哨戦での各馬のパフォーマンス&U指数評価は?

2021年5月16日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 グランアレグリア C.ルメール 1:31.0 1.3 1 32.6 108.5
2 8 ランブリングアレー 吉田隼人 1:31.7 75.2 10 33.2 103.2
3 1 マジックキャッスル 戸崎圭太 1:31.7 クビ 14.7 5 33.5 103.2
4 14 ディアンドル 団野大成 1:31.8 クビ 176.9 14 33.8 102.4
5 2 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 1:31.8 クビ 125.3 13 33.8 102.4
2021年5月15日() 東京/芝1400m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 ラウダシオン M.デムーロ 1:19.8 4.1 1 33.5 101.0
2 12 トゥラヴェスーラ 鮫島克駿 1:19.8 クビ 20.5 10 32.5 101.0
3 5 カイザーミノル 荻野極 1:20.0 1 1/4 15.7 8 33.5 99.3
4 11 ミッキーブリランテ 和田竜二 1:20.0 クビ 9.1 5 33.3 99.3
5 9 ビオグラフィー 三浦皇成 1:20.1 クビ 67.5 13 34.6 98.4
2021年4月25日() 阪神/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 ケイデンスコール 古川吉洋 1:31.4 5.2 2 33.8 104.8
2 6 アルジャンナ 福永祐一 1:31.6 1 1/4 5.8 3 33.7 103.2
3 4 カイザーミノル 荻野極 1:31.6 ハナ 27.6 9 34.6 103.2
4 8 ダイワキャグニー 幸英明 1:31.6 アタマ 34.7 11 34.5 103.2
5 10 エアロロノア 池添謙一 1:31.6 クビ 2.7 1 33.8 103.2
2021年4月3日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 9 テルツェット M.デムーロ 1:32.6 6.3 3 34.7 104.3
2 11 カテドラル 田辺裕信 1:32.8 7.8 4 34.2 102.8
3 2 ボンセルヴィーソ 木幡巧也 1:32.8 クビ 8.4 5 35.3 102.8
4 10 マイスタイル 横山和生 1:33.0 3/4 101.4 12 35.9 101.3
5 14 アトミックフォース 武藤雅 1:33.2 1 1/4 54.3 11 35.4 99.8
過去10年の結果

【安田記念2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年6月7日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 11 グランアレグリア 池添謙一 1:31.6 12.0 3 33.7 109.4
2 5 アーモンドアイ C.ルメール 1:32.0 2 1/2 1.3 1 33.9 106.4
3 6 インディチャンプ 福永祐一 1:32.1 1/2 7.0 2 34.1 105.6
4 3 ノームコア 横山典弘 1:32.1 クビ 49.9 7 33.8 105.6
5 8 ケイアイノーテック 津村明秀 1:32.3 1 1/4 177.6 11 34.3 104.1
2019年6月2日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 インディチャンプ 福永祐一 1:30.9 19.2 4 32.9 106.5
2 2 アエロリット 戸崎圭太 1:30.9 クビ 12.5 3 33.9 106.5
3 14 アーモンドアイ C.ルメール 1:30.9 ハナ 1.7 1 32.4 106.5
4 6 グァンチャーレ 松岡正海 1:31.1 1 1/2 103.3 13 33.9 105.0
5 4 サングレーザー 岩田康誠 1:31.1 ハナ 26.9 6 32.9 105.0
2018年6月3日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 モズアスコット C.ルメール 1:31.3 15.7 9 33.3 107.1
2 4 アエロリット 戸崎圭太 1:31.3 クビ 10.7 5 34.0 107.1
3 1 スワーヴリチャード M.デムーロ 1:31.4 3/4 2.8 1 33.9 106.3
4 2 サトノアレス 蛯名正義 1:31.5 1/2 14.5 7 33.3 105.6
5 15 サングレーザー 福永祐一 1:31.5 クビ 6.4 3 33.7 105.6

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【安田記念2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2015年の優勝馬モーリス

春シーズンのマイル王決定戦。1984年のG1格付け後しばらくは4歳以上(旧5歳以上)のみで争われていたが、1996年より3歳(旧4歳)の出走が認められるようになり、世代を問わずその時点における真のチャンピオンを決める一戦となった。第35回(1985年)はこのレースを含めマイルG1 3勝の実績を残したニホンピロウイナーが快勝。第40回(1990年)は稀代のアイドルホース・オグリキャップが、武豊を背に馬なりのレコードタイムで圧勝劇を演じた。第42~43回(1992~1993年)はヤマニンゼファーが、第58~59回(2008~2009年)はウオッカが、それぞれ連覇を達成。第61回(2011年)はリアルインパクトが3歳馬として初めて勝利を飾った。また、第45回(1995年)のハートレイク、第50回(2000年)のフェアリーキングプローン、第56回(2006年)のブリッシュラックと、3頭の外国調教馬が勝利を収めている。それ以外にも、タイキシャトルロードカナロアモーリスなど歴史的名馬クラスの優勝多数。

▼1993年はヤマニンゼファーが連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る

 ウマニティの会員数:319,920人(09月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

安田記念特集 バックナンバー