会員登録はこちら
安田記念 G1   日程:2018年6月3日() 15:40 東京/芝1600m

レース結果

安田記念 G1

2018年6月3日() 東京/芝1600m/16頭

本賞金:11,000万 4,400万 2,800万 1,700万 1,100万


レコード:1分31秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 10

モズアスコット

牡4 58.0 C.ルメー  矢作芳人 482(-6) 1.31.3 15.7 9
2 2 4

アエロリット

牝4 56.0 戸崎圭太  菊沢隆徳 502(-2) 1.31.3 クビ 10.7 5
3 1 1

スワーヴリチャード

牡4 58.0 M.デムー  庄野靖志 506(-10) 1.31.4 3/4 2.8 1
ラップタイム 12.2-10.8-11.2-11.3-11.3-11.4-11.4-11.7
前半 12.2-23.0-34.2-45.5-56.8
後半 57.1-45.8-34.5-23.1-11.7

■払戻金

単勝 10 1,570円 9番人気
複勝 10 410円 9番人気
4 290円 4番人気
1 160円 1番人気
枠連 2-5 4,170円 21番人気
馬連 4-10 7,370円 31番人気
ワイド 4-10 2,100円 30番人気
1-10 1,020円 11番人気
1-4 680円 4番人気
馬単 10-4 15,290円 62番人気
3連複 1-4-10 6,560円 19番人気
3連単 10-4-1 63,280円 218番人気

安田記念のニュース&コラム

【エプソムC】レース展望
 3日の安田記念で東京競馬の5週連続GI開催が終了。今週の東京では日曜メインにエプソムカップ(10日、GIII、芝1800メートル)が行われる。GIIIながら、2011年1着ダークシャドウ(11年天皇賞・秋2着)、12年2着ダノンシャーク(14年マイルチャンピオンシップ優勝)、13年2着ジャスタウェイ(13年天皇賞・秋、14年ドバイデューティフリー、同安田記念優勝)、15年1着エイシンヒカリ(15年香港カップ、16年イスパーン賞優勝)、15年2着サトノアラジン(17年安田記念優勝)と後のGIで活躍する馬が目立ち、今年も見逃せない。 過去10年で4歳馬が7勝、2着6回と活躍。今年は登録16頭中、4歳は2頭と少ないが、ともに有力候補だ。まず、ダイワキャグニー(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡)は東京で8戦して全5勝をマーク。そのうちプリンシパルS、キャピタルS、メイSとオープン特別を3勝。さらに今回と同じ東京芝1800メートルに絞れば、【3・0・0・1】で唯一の敗戦もGII毎日王冠の4着なら、中心にみていい。重賞初制覇のチャンスだ。 もう1頭のサトノアーサー(栗東・池江泰寿厩舎、牡)は、きさらぎ賞、毎日杯2着、神戸新聞杯3着と重賞で好走しており、GIIIなら十分勝つ力がある。東京コースは2戦してダービー10着、前走のメイS3着と勝っていないが、芝1800メートルでは【1・2・1・0】と安定。久々を1度使って気配は確実に上向いている。陣営は春の目標としてこのレースを公言しており、初コンビの戸崎圭太騎手がどう乗るか興味深い。 池江厩舎からは、スマートオーディン(牡5歳)も注目の参戦。屈腱炎による休養で、2年前のダービー6着以来、約2年ぶりの実戦になる。東京スポーツ杯2歳S、毎日杯、京都新聞杯と重賞3勝の実績はここなら上位。さすがに休養が長すぎる印象だが、潜在能力は明らかにGIレベルのものがあり、最終追い切りの動きが注目される。 グリュイエール(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、前走で約2年1カ月ぶりの休養明けを克服。重賞級の能力をアピールした。休養前の名古屋城S(芝2200メートル)では、日本レコードをマーク。時計が速い今の東京コースはマッチするはずだ。芝1800メートルは【0・0・0・4】と振るわないものの、すっと好位につけられるスピードがあるだけに、問題はないだろう。丹念に乗り込まれており、前走の反動はなさそう。むしろ叩かれての上積みが見込める。
2018年6月4日(月) 18:48

 1,806

【安田記念】モズアスコット、連闘V!
 第68回安田記念(3日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走16頭)連闘で挑んだクリストフ・ルメール騎乗の9番人気モズアスコットが、直線で脚を伸ばしてGI初制覇。タイム1分31秒3(良)はコースレコードタイ。連闘馬がGIを勝ったのは1998年の阪神3歳牝馬Sのスティンガー以来20年ぶり3度目となった。2着はアエロリットで1番人気のスワーヴリチャードは伸び切れず3着に敗れた。 底知れぬ根性を発揮した。中6日の連闘で臨んだモズアスコットが、ゴール前の叩き合いを制してGIで重賞初制覇。引き揚げてきたルメール騎手は、馬上から握手した矢作調教師に「おめでとうございます」。信頼の仕上げに笑顔を見せた。 「ごっつぁんです!(連闘で)心配したが、返し馬で安心。状態は良かったので、いっぱい勝つ自信があった。追い出すと反応も良く、最後まで頑張ってくれた」 好スタートも他馬と接触して中団に後退した。鞍上は冷静に「バランスを崩したくないと思って隙間ができるのを待った」。直線は前が壁になりながら追い出し、残り200メートルで進路があくと右ムチでエンジン点火。鋭く伸びて、アエロリットをクビ差かわし、1分31秒3のコースレコードタイで駆け抜けた。 「惜しい競馬で悔しい思いばかり。このレースを取りたいという思いは世界一強かった。本当にうれしい」 矢作厩舎は安田記念で2着が3度。10年スーパーホーネットが半馬身、グランプリボスでは12年クビ差、14年ハナ差。今回は3頭出しの最も人気薄で悲願を成就させた。 連闘でのGI制覇となったが、道のりは険しかった。2週前の登録段階では補欠の1番手。予定を前倒した安土城Sで2着に敗れ、自力での出走はかなわないはずだった。それが先週水曜に賞金上位馬が回避。「ラッキー。流れはうちにある」と、トレーナーは状態を見極めて出走に踏み切った。 もともと連闘はトレーナーの頭の中にあった。調教だけでは状態を上げきれなかったためで、レースを使って、疲れを取りながらピークに。「連闘したからこそ勝てた。短い間隔で使うことに関しては日本で一番うまい調教師」と自画自賛する。 今後は休養へ。この勝利で8月12日のジャックルマロワ賞、11月3日のBCマイルの優先出走権を獲得したが、「慎重に見極めたい」と矢作調教師。秋は国内戦になる可能性が高いが、12月の香港マイルについては「目標になってくると思う」と見据える。 GI10勝を含め14戦全勝の“怪物”フランケルの産駒。「もっと大きいところを取らせて、世界的な種牡馬にしたい」。昨年6月10日にデビューして1年未満。成長途上で戴冠を果たした怪物の子には、世界への飛躍が待っている。(千葉智春)★入場&売り上げアップ 3日の東京競馬場の入場人員は前年比107・1%の6万1215人で、安田記念の売り上げも同108・5%の188億8899万7300円と、ともにアップした。11レース行われた今年の平地GIのうち、売り上げが前年を上回ったのは高松宮記念、桜花賞、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、オークス、日本ダービーに次ぐ7レース目。
2018年6月4日(月) 05:08

 1,637

【安田記念】キャピタル・システム北側代表、エリザベス女王杯に次ぐGI制覇
 第68回安田記念(3日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走16頭)馬主の株式会社キャピタル・システムは、昨年のエリザベス女王杯(モズカッチャン)に次ぐGI制覇。表彰台に立った北側雅司代表(67)は、「頭が真っ白でしたわ。頑張れ、頑張れって声が出た。びっくりした」と興奮気味に喜びを語った。ちなみに冠名は出身地の堺市百舌鳥(もず)に由来する。 安田記念はグランプリボス(名義は株式会社グランプリ=現在の代表は息子の司さん)で2度の2着があり、「雪辱を果すことができた。何とかなるかと期待はしていたが、いや本当にうれしい」。グランプリボスがセントジェームズパレスSに出走(8着)した際に勝ったのが、モズアスコットの父フランケル。そんな経緯もあり、「フランケルの子が欲しかった」と米国で手に入れた。 この勝利で米GIブリーダーズCマイルと仏GIジャックルマロワ賞への優先権を付与。「矢作先生と相談しながら検討していきたいですね」と前向きに話した。★3日東京11R「安田記念」の着順&払戻金はこちら
2018年6月4日(月) 05:06

 818

【安田記念】“切れ”なくグレーザー5着
 第68回安田記念(3日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走16頭)ダービージョッキーとなった福永騎手が騎乗したサングレーザーは、普段よりも少し前でレースを運び、直線も外からジワジワと脚を伸ばしたが5着が精いっぱい。「きょうは意識的にポジションを取りにいって、イメージ通りだったが、結果的になし崩しに脚を使ってしまったかな。いつものような切れが発揮できなかった」とユーイチは唇をかんだ。★3日東京11R「安田記念」の着順&払戻金はこちら
2018年6月4日(月) 05:05

 921

安田記念のニュースをもっと見る >

【安田記念】キャンベルジュニア上々4F51秒7
 ダービー卿CT→京王杯SCと連続2着のキャンベルジュニアは美浦Wコースでサトノメサイアを1馬身追走し、直線では内へ。ともに馬なりで、歩調を合わせるかのように併入した。内めを回ったこともあるが、4F51秒7と上々のタイムをマーク。いい状態をキープして臨めそうだ。 「前走は1400メートルの高速決着にも対応できたし、負けて強しの内容。東京の1600メートルは力を出せる舞台。いい状態に持っていけるように調整したい」と森助手。11年リアルインパクト、12年ストロングリターン、15年モーリスと単独最多の3勝をあげている堀厩舎だけに要警戒だ。(夕刊フジ)★安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月31日(木) 11:52

 1,742

【安田記念】厩舎の話
 アエロリット・菊沢調教師「弾むような動きだった。前走は落鉄の不運。力を出し切れば」 ウインガニオン・西園調教師「暑い時季がいいタイプで上向き。自分の形でどこまでやれるか」 ウエスタンエクスプレス・サイズ調教師「輸送はスムーズだったし、落ち着いている。前走と同じような状態だ」 サトノアレス・藤沢和調教師「前走の反動もなく、楽に調整できている。上手にさばければ」 サングレーザー・福永騎手「いつもどおりのいい動き。前走より状態面はいいんじゃないかな」 スワーヴリチャード・庄野調教師「この距離は初めてだが、東京のマイルは合っていると思う」 ダッシングブレイズ・吉村調教師「東京マイルに適性はある。ただ時計勝負になると分が悪い」 ヒーズインラブ・藤岡調教師「レースぶりが安定。左回りも気にならないし、チャンスはある」 ブラックムーン・西浦調教師「叩き良化タイプ。自分のペースで行って決め手を生かしたい」 ペルシアンナイト・池江調教師「動きに素軽さが出てきた。道中で脚をためれば最後は弾ける」 モズアスコット・矢作調教師「先週より上昇するのではないかと思う。能力を疑う余地はない」 リアルスティール・矢作調教師「2年前は仕上げすぎが敗因。今回は下のほうから上げてきた」 リスグラシュー・矢作調教師「目標だった前走より状態は良くなっている。能力的にチャンス」 レッドファルクス・尾関調教師「動きはいい。フレッシュな状態だし、年齢的な衰えもない」 レーヌミノル・本田調教師「状態は悪くない。男馬が相手でも流れに乗れればチャンスはある」(夕刊フジ)★安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月31日(木) 11:51

 2,766

【安田記念】スワーヴ、マイル攻略仕上げ!
 春のマイル王決定戦、安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)の追い切りが30日、滋賀・栗東トレセンで行われ、大阪杯でGI初Vを決めたスワーヴリチャード(栗東・庄野靖志厩舎、牡4歳)がCWコースの一番時計をマークした。状態の良さを見せつけ、サンケイスポーツ調教評価も最高ランクの『S』。騎乗したミルコ・デムーロ騎手(39)も「バッチリの状態」と笑顔だ。GI馬7頭が出走するハイレベルの一戦で、GI2勝目を目指す。 調教開始と同時に強くなった雨を切り裂き、突き進んだ。大阪杯でGIの勲章を手にしたスワーヴリチャードが、CWコースでこの日の一番時計となる6ハロン77秒5をマーク。馬なりで楽に好時計を出したパートナーに、騎乗したM・デムーロ騎手の笑みが弾けた。 「素晴らしい追い切りでしたね。バッチリの状態。体を柔らかく使えていたし、落ち着いている。いい感じです」 人馬の呼吸を合わせるようにスタート。徐々にスピードに乗り、向こう正面で軽やかにペースを上げていった。楽な手応えで直線に向かい、鞍上の手綱はほとんど動かないまま、馬なりでラスト1ハロン12秒1。全身を使ったゆったりとしたフォームで、見た目以上の時計を叩きだした。 23日の1週前追い切りは、CWコースの併せ馬で6ハロン81秒0-11秒5をマークして3馬身先着。1週前にしっかりと負荷をかけ、当週に単走のパターンはこれまで通り。ただ、少し時計が速すぎた感も…。これには、庄野調教師は「ジョッキーには時計は気にしなくていいと話しました。しまいの反応だけ確かめてほしいと」と、オーバーワークを否定した。 「3歳のころは子供っぽさがあったけど、今は古馬のいい男になってきた」とトレーナーは成長を実感している。昨年のアルゼンチン共和国杯からコンビを組むM・デムーロ騎手も「どんどん成長しているし、大人になっている」と目を細め、初めてのマイル戦にも、「スタートはいいときと悪いときがあるけど、普通なら1600メートルでも問題ないよ」と笑みを見せた。先月以降、ゲート練習に2回騎乗しており、いいイメージを持っている。 24日の宝塚記念・ファン投票中間発表では、1万6082票でトップに立った。トレーナーは「名誉ですし、ありがたいこと」と感謝。「今週が終わってオーナーと相談したいし、まだ(出走は)決めていません」と現状は安田記念に全力投球だ。群雄割拠のマイル王決定戦を制し、絶対王者への道を切り開く。(山口大輝)★安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月31日(木) 05:08

 2,157

【安田記念】スワーヴリチャード・ミルコトーク
 --前走の大阪杯を振り返って 「最高ですね。素晴らしいレースだった。スタートはいつも通り。外枠だったから、展開も良かったですね。ペースが遅すぎたので、早めに出していった」 --レースプランは 「能力が高いので、何でもできる。アルゼンチン共和国杯ではスタミナがあるところを見せてくれたし、大阪杯もスタミナがいっぱいあることを証明した。中京での金鯱賞はすごく瞬発力を見せてくれた。いろんなレースができる」 --ファンに向けて 「今回はすごく、いっぱいいい馬が出てきます。(自分自身の)テンションが上がっているし、勝ちたいですね」★安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年5月31日(木) 05:07

 2,410

安田記念の直前追い切り情報をもっと見る >

安田記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月3日 20:31更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv129 
1,570円 157,000円
Lv120 
410円 4,100円
Lv106 
680円 17,000円
Lv105 
63,280円 63,280円
Lv104 

6,560円
680円
26,960円

的中情報をもっと見る >

安田記念過去10年の結果

2017年6月4日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 サトノアラジン 川田将雅 1:31.5 12.4倍 105.0
2着 ロゴタイプ 田辺裕信 クビ 14.6倍 105.0
3着 レッドファルクス M.デムーロ クビ 7.9倍 104.3
2016年6月5日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ロゴタイプ 田辺裕信 1:33.0 36.9倍 106.3
2着 モーリス T.ベリー 1 1/4 1.7倍 104.8
3着 フィエロ 内田博幸 ハナ 29.5倍 104.8
2015年6月7日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 モーリス 川田将雅 1:32.0 3.7倍 106.3
2着 ヴァンセンヌ 福永祐一 クビ 6.6倍 106.3
3着 クラレント 田辺裕信 1 1/4 42.7倍 104.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

安田記念のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

春のマイル王者決定戦として、東京G1連続開催のトリを飾る安田記念。ステップ別では、前走G1組(海外含む)の好走率が高く、2008年以降は5勝を含む8連対という高値安定の成績を誇る。なかでも、当日1番人気に推された馬は【3.1.0.1】。軸馬の最有力候補となる。ただし、ヴィクトリアマイルを経由してきた馬は不振で、好走例は2008~2009年に連覇を果たしたウオッカ1頭しかいない。同馬は牝馬でありながらダービーを制した傑出馬であり、レアケースととらえたほうが賢明。牝馬限定戦をステップに臨んだ馬は、割り引いて然るべきだろう。レースが行われる東京1600mは、最初のコーナーまでの距離が500m以上と長く、ポジション争いはそれほど激しくならない。ゆえに、展開的な紛れの少ないコース形態と言えよう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

安田記念ステップレース

2018年5月13日() 東京競馬場/芝1600m
天候: 馬場:稍重
1着 4 ジュールポレール 幸英明 1:32.3 19.4倍 102.9
2着 16 リスグラシュー 武豊 ハナ 4.3倍 102.9
3着 6 レッドアヴァンセ 北村友一 クビ 12.1倍 102.9
4着 10 アエロリット 戸崎圭太 1/2 5.3倍 102.1
5着 2 ミスパンテール 横山典弘 1 1/4 7.9倍 100.6
2018年5月12日() 東京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 5 ムーンクエイク C.ルメール 1:19.5 7.1倍 102.7
2着 17 キャンベルジュニア 石橋脩 アタマ 17.4倍 102.7
3着 1 サトノアレス 蛯名正義 ハナ 5.1倍 102.7
4着 6 グレーターロンドン 田辺裕信 1/2 5.5倍 101.8
5着 4 ラインスピリット 森一馬 1/2 170.3倍⑭ 100.9
2018年4月22日() 京都競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 5 サングレーザー 福永祐一 1:31.3 6.8倍 108.1
2着 9 モズアスコット C.ルメール 1 1/4 3.5倍 106.6
3着 4 エアスピネル 武豊 1/2 2.9倍 105.9
4着 2 ガリバルディ 和田竜二 152.6倍⑪ 102.1
5着 3 ベルキャニオン 藤岡佑介 クビ 113.0倍⑩ 101.3
2018年3月31日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 9 ヒーズインラブ 藤岡康太 1:32.2 6.5倍 104.2
2着 3 キャンベルジュニア 石橋脩 1/2 13.4倍 103.4
3着 15 ストーミーシー 大野拓弥 3/4 26.3倍 102.7
4着 6 テオドール 吉田隼人 1 1/4 13.3倍 101.2
5着 4 グレーターロンドン 田辺裕信 1/2 3.6倍 100.4

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

安田記念の歴史と概要


2015年の優勝馬モーリス

春シーズンのマイル王決定戦。1984年のG1格付け後しばらくは4歳以上(旧5歳以上)のみで争われていたが、1996年より3歳(旧4歳)の出走が認められるようになり、世代を問わずその時点における真のチャンピオンを決める一戦となった。第35回(1985年)はこのレースを含めマイルG1 3勝の実績を残したニホンピロウイナーが快勝。第40回(1990年)は稀代のアイドルホース・オグリキャップが、武豊を背に馬なりのレコードタイムで圧勝劇を演じた。第42~43回(1992~1993年)はヤマニンゼファーが、第58~59回(2008~2009年)はウオッカが、それぞれ連覇を達成。第61回(2011年)はリアルインパクトが3歳馬として初めて勝利を飾った。また、第45回(1995年)のハートレイク、第50回(2000年)のフェアリーキングプローン、第56回(2006年)のブリッシュラックと、3頭の外国調教馬が勝利を収めている。それ以外にも、タイキシャトルロードカナロアモーリスなど歴史的名馬クラスの優勝多数。

▼1993年はヤマニンゼファーが連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

安田記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月22日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年7月21日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2018年7月22日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る