今週の重賞レース

2020年10月31日( 毎日放送賞スワンS G2 アルテミスステークス G3
2020年11月1日( 天皇賞(秋) G1
安田記念 G1   日程:2020年6月7日() 15:40 東京/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 11

グランアレグリア

牝4 56.0 池添謙一  藤沢和雄 492(+6) 1.31.6 12.0 3 33.7 ⑧⑦
2 4 5

アーモンドアイ

牝5 56.0 C.ルメー  国枝栄 488(+2) 1.32.0 2 1/2 1.3 1 33.9 ⑪⑪
3 4 6

インディチャンプ

牡5 58.0 福永祐一  音無秀孝 480(+4) 1.32.1 1/2 7.0 2 34.1 ⑨⑦
4 3 3

ノームコア

牝5 56.0 横山典弘  萩原清 466(0) 1.32.1 クビ 49.9 7 33.8 ⑫⑬
5 5 8

ケイアイノーテック

牡5 58.0 津村明秀  平田修 464(-4) 1.32.3 1 1/4 177.6 11 34.3 ⑫⑦
6 6 9

アドマイヤマーズ

牡4 58.0 川田将雅  友道康夫 476(+6) 1.32.3 クビ 20.2 6 34.7 ③③
7 2 2

ダノンキングリー

牡4 58.0 戸崎圭太  萩原清 456(0) 1.32.4 3/4 12.9 5 34.6 ⑥⑤
8 8 14

ダノンスマッシュ

牡5 58.0 三浦皇成  安田隆行 476(+4) 1.32.4 ハナ 73.6 8 35.1 ①①
9 5 7

ペルシアンナイト

牡6 58.0 田辺裕信  池江泰寿 502(0) 1.32.7 1 3/4 142.4 10 34.6 ⑨⑪
10 8 13

ヴァンドギャルド

牡4 58.0 岩田望来  藤原英昭 474(0) 1.32.7 クビ 110.0 9 34.8 ⑥⑦
11 6 10

ミスターメロディ

牡5 58.0 北村友一  藤原英昭 504(+5) 1.33.2 181.9 12 35.7 ②②
12 7 12

セイウンコウセイ

牡7 58.0 内田博幸  上原博之 506(-8) 1.33.4 343.3 14 35.6 ③⑤
13 1 1

ダノンプレミアム

牡5 58.0 D.レーン  中内田充 506(--) 1.33.6 1 1/4 12.7 4 36.0 ③③
14 3 4

クルーガー

牡8 58.0 石橋脩  高野友和 532(+2) 1.33.8 1 1/4 209.3 13 35.4 ⑭⑬
ラップタイム 12.1 - 10.9 - 11.2 - 11.5 - 11.6 - 11.4 - 11.0 - 11.9
前半 12.1 - 23.0 - 34.2 - 45.7 - 57.3
後半 57.4 - 45.9 - 34.3 - 22.9 - 11.9

■払戻金

単勝 11 1,200円 3番人気
複勝 11 180円 3番人気
5 110円 1番人気
6 130円 2番人気
枠連 4-7 590円 3番人気
馬連 5-11 650円 2番人気
ワイド 5-11 260円 2番人気
6-11 590円 6番人気
5-6 170円 1番人気
馬単 11-5 2,840円 9番人気
3連複 5-6-11 840円 2番人気
3連単 11-5-6 11,240円 34番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:293,684人(10月27日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【安田記念2020予想】枠順フラット!スムーズに加速できる位置を確保した馬が優位!

土曜日の東京芝のレース結果、近年の安田記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

週前半に少量の雨があったものの、その後は天気に恵まれて、水曜日から金曜日まで雨量はゼロ。土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)で競馬が行われた。ちなみに、水曜日から散水作業を連日施している。芝・路盤ともに張り詰めた状態であることは間違いない。

ただし、土曜日の結果をみると外枠優勢。連続開催の7週目であるうえに、2回東京前半の高速決着頻発による馬場の酷使もあってか、キックバックも目につくようになっている。そのぶん、内から競馬を進める馬の優位性が薄れつつあるようだ。

土曜日施行の芝5クラのうち、4クラで7~8枠が連対。唯一、2着連対圏を逃したレースでも8枠が3着に食い込んでいる。直線で内め~中に進路をとる馬が優勢なのは確かだが、その一方で外々を回る馬の好走頻度が徐々に増していることは覚えておいたほうがいい。

日曜日午後からの降水確率はゼロ。好天の見通しだが、土曜日の18時頃から1時間弱ほど続いた雷雨、ならびに夜半まで降り続いた雨が与えたダメージは軽くないはず。緩んだ路盤が完全に回復するとは思えない。

加えて、レースが重なるにつれ、内と中~外の状態差が拡大する可能性も否定できない。雨上がりの東京=内有利が定説ではあるが、過度の内枠依存は危険のように思える。ゆえに、枠順的な有利不利の少ないフラット馬場と捉えるのが正解かもしれない。

脚質面に関しては土曜日を振り返ると、先行~好位差しがやや優位の状況。ただ、待機勢も間に合いそうな雰囲気はある。いずれにせよ、スムーズに加速できる位置を取れるかどうかのほうが重要。土曜日の結果にこだわらないほうがいいだろう。

血統面については、近年の安田記念の好走馬をみると、サンデーサイレンス内包馬が優勢。なかでも、3代内に米国ノーザンダンサー系種牡馬を併せ持つ馬が攻勢を強めている。該当馬には相応の警戒が必要だ。

また、前走が海外戦ならば1着、国内組であれば前走の上がり3ハロンが3位以内かつ前走の馬体重が470キロ以上、という馬が存在感を発揮しているのも安田記念の大きな特徴。頭に入れておきたい傾向といえよう。

今回の出走メンバーで条件を満たす馬は、⑤アーモンドアイ1頭のみ。よって当欄では、⑤アーモンドアイを注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
アーモンドアイ
調教
予想

【安田記念2020予想】アーモンドアイは文句なしのA評価!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われる安田記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

ダノンプレミアム【B】
栗東坂路単走。バランス良く動けている反面、やや迫力不足の印象。とはいえ、マイルCS2着時も似たような雰囲気だったので、杞憂に終わる可能性もある。完全無視は禁物だろう。

ダノンキングリー【C】
美浦南W併走。先着したのはいいとしても、前半は掛かり気味で、しまいにかけては惰性で走っている印象を受ける。脚元の動き自体は悪くないので、気分を損ねず運ぶことができれば、という条件付きの狙いとなろう。

ノームコア【C】
美浦南W併走。ダノンキングリーに後れをとったが、低重心から繰り出す大きなフットワークをみるに、デキ落ちはないものと思われる。ただし、前向きさに欠けるのも事実。ここに入ると、高い評価は与えづらい。

クルーガー【B】
栗東坂路単走。しまい重点の楽な内容ながら、柔らかい脚さばきで駆け上がり、シャープな伸びを見せた。少し体が右に向いているが、許容範囲の部類だろう。力を出せる態勢とみたい。

アーモンドアイA
美浦南W併走。前を走る僚馬に楽々と並び、手前を替えると瞬く間に突き放した。前回の最終追い時と比べて、前肢の出がスムーズだし、後肢の踏み込みも深くなっている。好仕上がり。

インディチャンプ【B】
栗東坂路併走。序盤から速いラップを刻み、僚馬を一蹴した。G1制覇時と比べると、やや完歩が狭いようにも映るが、そのぶんギアチェンジが楽になっていると捉えることもできる。この馬なりに順調だろう。

ペルシアンナイト【C】
栗東CW併走。3頭併せの真ん中からじわじわと脚を伸ばし、最先着を果たした。その一方で、エンジンのかかりが遅い点は相変わらず。上位争いに食い込むには、展開や馬場など何らかの助けがほしい。

ケイアイノーテック【C】
栗東坂路単走。頭の位置が高く、重心もブレ気味の走り。ラスト1ハロン11秒8を刻んだ点は評価できるものの、さらなる上積みを感じるまでには至らない。上位進出には、展開面などの恩恵が不可欠といえよう。

アドマイヤマーズ【B】
栗東CW単走。馬場の真ん中を通って、水準以上のタイムをマークした。尾に力が入っているあたりはマイナスの反面、最後まで脚勢を維持していたところは評価できる。及第点の仕上がりではないか。

ミスターメロディ【B】
栗東CW単走。半マイルからほぼ馬なりで進め、及第点のタイムをマークした。この馬にしては折り合いがスムーズだし、最後まで集中して走れている。テンションを維持できれば、面白い存在になるかもしれない。

グランアレグリア【B】
美浦南W併走。頭の位置がブレず、体の向きはまっすぐ。鞍上の指示に対しても従順で、無駄な力みはなく状態は良さそう。あとは、前回から2ハロンの距離延長、なおかつマイル戦でタメを作れるか否か。そのあたりが焦点となる。

セイウンコウセイ【C】
美浦南W単走。前半からいい行きっぷりを見せ、最後まで集中を切らすことなく駆け抜けた。ただ、四肢の着地点が安定せず、躍動感という面では今ひとつ。大きな上積みまではどうか。

ヴァンドギャルド【B】
栗東CW単走。ほぼ馬任せの格好で進め、しまいは脚勢が衰えかけたものの、鞍上が促すと手前が替わって再び加速。ゴール付近からの伸び脚は目を引くものがあった。好調維持と判断したい。

ダノンスマッシュ【C】
栗東坂路単走。ラスト2ハロン重視のセーブ気味の内容。落ち着きがあるし、鞍上の指示に対しても従順だった。その一方で、上り目はうかがえず、状態キープが精一杯の感。善戦の域を超えるイメージまでは湧いてこない。

【調教予想からの注目馬】
【調教予想からの注目馬】
メンバー唯一のA判定、⑤アーモンドアイがトップ評価となる。初の中2週ながら、28日と31日に南Wで時計を出すなど、順調にメニューを消化。3日の本追い切りでも、この馬らしい非凡な瞬発力を披露した。前走の反動は見受けられず、むしろ上げ潮ムードにある。

<注目馬>
アーモンドアイ

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

プロ
予想

【安田記念2020予想】予想神「スガダイ」と競馬プロファイラー「キムラヨウヘイ」の安田記念特注馬大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:岡田大(ウマニティ編集長) スガダイ(予想神) キムラヨウヘイ(競馬プロファイラー)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

 ウマニティの会員数:293,684人(10月27日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【安田記念2020予想】アーモンドアイ「懸念材料はありません」クルーガー「疲労を残さずフレッシュな状態」

 ◆アドマイヤマーズ・友道師 「いい時計が出ていた。休み明けを感じさせない好仕上がり」

 ◆アーモンドアイ・国枝師 「反動がなく今週の動きも良かった。懸念材料はありません」

 ◆インディチャンプ・音無師 「前回で(仕上げは)8割ぐらい。今回は10割になるように」

 ◆ヴァンドギャルド・藤原英師 「リラックスしているし、雰囲気はすごく良くなっている」

 ◆グランアレグリア・藤沢和師 「オーバーワークに注意して調整した。走り慣れた距離で」

 ◆クルーガー・高野師 「いい反応。疲労を残さずフレッシュな状態でこられました」

 ◆ケイアイノーテック・平田師 「思った以上の時計が出ていた。具合はいいんじゃないかな」

 ◆セイウンコウセイ・上原師 「中2週でマイルを考慮して調整。変わらずデキは上々です」

 ◆ダノンキングリー・戸崎騎手 「とてもいい動き。以前より心身ともにドッシリしている」

 ◆ダノンスマッシュ・安田隆師 「リラックスして走ってくれたら。ペースひとつだと思う」

 ◆ダノンプレミアム・中内田師 「先週時点で動きはよく今週は調整程度。心身ともに成長」

 ◆ノームコア・萩原師 「(体の)回復が早く、追い切りを消化できたのはよかった」

 ◆ペルシアンナイト・池江師 「動きは上々で順調に乗り込めたが、馬体に余裕がある感じ」

 ◆ミスターメロディ・北村友騎手 「(調教を)やるごとに脚どりがシャープになってきた」

安田記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【安田記念2020予想】減点ナシは4頭!トップ評価はアーモンドアイ!

【牝馬】

2010年以降、3着以内に入った牝馬は2頭(延べ3回)。ともに牡馬混合のG1で勝利経験があった。牡馬混合のG1勝ちがない牝馬は疑ってかかるべきだろう。

【前走馬体重】

近年は馬格のある馬が優勢。2010年以降、前走(国内のレースに限る)の馬体重が470キロ未満だった馬で複勝圏に入ったのは、2013年3着のダノンシャーク(前走452キロ)1頭のみ。該当馬に手を出すのはリスクが高い。

【近走使用距離】

2010年以降、近3走とも1400m以下のレースに出走していた馬の連対例は、2013年の優勝馬ロードカナロア1頭だけ。同馬はG1 3勝の実績を有していた。相応の実績がないと、1400m以下を主戦場としている馬が勝ち負け争いに食い込むのは難しい。

【近走成績】

ここ2戦連続で芝のG2以下のレースに出走し、ともに斤量57キロ未満で3着以下敗退馬の連対例は皆無。また、近3走とも同年のレース(芝・ダ不問)に出走し、いずれも3着以下に敗れていた馬の連対例はゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。

【東京芝実績】

2010年以降の3着以内延べ30頭のうち、東京芝コースに2回以上出走し、勝利経験がなかった馬の好走例は4頭。ただし、いずれも3着止まり。2着連対圏に届きそうで届かない状況が続いている。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、アドマイヤマーズアーモンドアイインディチャンプダノンプレミアムの4頭。

最上位にはアーモンドアイを推す。2010年以降、G1を複数回勝っている日本調教馬は【3.4.1.7】、なおかつ前走G1優勝馬に絞ると【2.1.1.1】の好パフォーマンスを示している。ここはG1 7勝の実績を素直に信頼したい。

近10年【1.1.1.1】の前走海外G1勝ち馬である、アドマイヤマーズも要警戒の存在。昨年の春秋マイル王インディチャンプや、G1好走歴が豊富なダノンプレミアムも侮れず、面白いレースが期待できそうだ。

<注目馬>
アーモンドアイ アドマイヤマーズ インディチャンプ ダノンプレミアム

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【安田記念2020予想】U指数のハマりやすいレース!指数上位の人気薄が穴を開けるケースも

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。
ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。

U指数上位馬はコンスタントに好走

毎年のように荒れる、つかみどころのないレースという印象を受けるが、U指数上位馬はコンスタントに走っている。しかも、人気薄で穴をあけるケースが多い。まさに、U指数がハマるレース。指数1〜6位の単勝回収率205.4%、複勝回収率159.0%。

3着荒れを狙った馬券に妙味アリ

指数1〜6位の上位占有率は高く、3着に穴馬が激走して高配当演出というパターンが頻出している。馬連、馬単よりも、3着荒れを狙ったワイド、3連複、3連単に妙味アリ。指数1〜6位のボックス買いをした際の回収率は、ワイド185.5%、3連複207.2%、3連単225.4%。

取捨の目安は指数99.0

取捨のひとつの目安は指数99.0。これ未満の成績は【0.1.2.36】。馬券絡みに至ったのは、17頭立てながら指数100超えが2頭のみという超低レベルの一戦だった2015年(2着ヴァンセンヌ、3着クラレント)と、実績断然のアーモンドアイが3着に入った2019年。例年のレベルなら、99.0未満は積極的に消去すべき。

※データは2012年以降の傾向

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:293,684人(10月27日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【安田記念2020予想】3年連続でStorm Catの血を引く馬が上がり3F最速を記録

2019年アーモンドアイ(1人気3着)、2018年モズアスコット(9人気1着)、2017年サトノアラジン(7人気1着)、直近3年は3代以内にStorm Catの血を引く馬が上がり3F最速となる末脚を駆使しており、そのうち2頭は勝ち馬となっている。また、2018年に上がり3F最速タイを記録していたサトノアレス(7人気4着)は、2代母Prawn CocktailがStorm Catの叔母にあたる血統だ。昨年は1分30秒9のレースレコードを記録していたように、年々速くなる勝ちタイムからもStorm Catの高速馬場適性は評価すべきだろう。

アーモンドアイは、父ロードカナロア×母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)。父は2013年安田記念の勝ち馬で、自身も昨年は不利がありながらも上がり3F32秒4という驚異的な末脚を繰り出して3着は確保。今年、Storm Catの血を引く馬は特別登録の段階で4頭いるが、末脚勝負でアーモンドアイの右に出る馬はいないだろう。Storm Catの差しが嵌る展開であれば最有力とみて間違いない。

アドマイヤマーズは、父ダイワメジャー×母ヴィアメディチ(母の父Medicean)。父は2007年安田記念の勝ち馬で、自身も全6勝(そのうちG1を3勝)を芝1600mで挙げているマイラー。母はアサクサデンエン(2005年1着、2006年2着)を逆さまにしたような血統構成でもあり、ロゴタイプ(父ローエングリン)やモーリス(母の父カーネギー)のイメージからも、少し時計の掛かる持続力勝負になれば面白い存在だ。

インディチャンプは、父ステイゴールド×母ウィルパワー(母の父キングカメハメハ)。リアルインパクトやネオリアリズムの甥にあたる血統で、前者は2011年に3歳にして安田記念を制する史上初の快挙を達成している。自身も昨年は春秋マイルG1を制覇しており、今年はディフェンディングチャンピオンとして臨む立場。血統背景は申し分ないが、ソラを使う癖があるだけに目標となる強い先行馬がいて欲しい。

ダノンプレミアムは、父ディープインパクト×母インディアナギャル(母の父Intikhab)。母の父は1998年にクイーンアンS-英G2を制するなど、欧州のマイル路線で活躍。古馬G1ではワンパンチ足りない結果の連続だが、母のオセアニアっぽい字面の並びを見るに、前傾ラップで流れた時に真価を発揮する可能性を残している。そう考えると不利を受けた昨年の安田記念で全く脚を使えていなかったことにも合点がいく。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ステップ
レース

【安田記念2020予想】前哨戦での各馬のパフォーマンス&U指数評価は?

2020年5月17日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 12 アーモンドアイ C.ルメール 1:30.6 1.4 1 32.9 106.7
2 18 サウンドキアラ 松山弘平 1:31.3 12.9 4 33.8 101.4
3 16 ノームコア 横山典弘 1:31.3 クビ 17.4 5 33.2 101.4
4 13 トロワゼトワル 三浦皇成 1:31.4 1/2 123.8 12 34.7 100.6
5 7 ダノンファンタジー 川田将雅 1:31.5 1/2 18.4 6 33.5 99.9
2020年5月16日() 東京/芝1400m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 13 ダノンスマッシュ D.レーン 1:19.8 4.9 2 33.1 104.9
2 12 ステルヴィオ 川田将雅 1:20.0 1 1/4 6.7 4 33.0 103.1
3 2 グルーヴィット M.デムーロ 1:20.1 3/4 4.9 3 33.1 102.2
4 1 ラヴィングアンサー 吉田豊 1:20.1 アタマ 47.9 12 32.4 102.2
5 9 セイウンコウセイ 内田博幸 1:20.1 クビ 15.3 7 33.3 102.2
2020年4月26日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 インディチャンプ 福永祐一 1:32.4 1.6 1 33.0 105.2
2 5 ベステンダンク 藤岡佑介 1:32.7 57.3 7 34.1 102.9
3 7 ヴァンドギャルド 岩田望来 1:32.9 1 1/2 3.9 2 32.7 101.4
4 6 ロードクエスト 松若風馬 1:33.0 1/2 96.7 8 33.0 100.6
5 10 ヴァルディゼール 北村友一 1:33.2 1 1/4 5.9 3 33.4 99.1
2020年4月4日() 中山/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 4 クルーガー 石橋脩 1:32.8 10.2 4 35.2 103.2
2 5 ボンセルヴィーソ 木幡巧也 1:33.1 51.6 13 35.4 100.9
3 6 レイエンダ 丸山元気 1:33.1 ハナ 11.8 5 35.2 100.9
4 11 ケイアイノーテック 津村明秀 1:33.2 1/2 13.0 6 34.9 100.1
5 7 プリモシーン M.デムーロ 1:33.3 1/2 2.4 1 35.2 99.4
過去10年の結果

【安田記念2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年6月2日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 インディチャンプ 福永祐一 1:30.9 19.2 4 32.9 106.5
2 2 アエロリット 戸崎圭太 1:30.9 クビ 12.5 3 33.9 106.5
3 14 アーモンドアイ C.ルメール 1:30.9 ハナ 1.7 1 32.4 106.5
4 6 グァンチャーレ 松岡正海 1:31.1 1 1/2 103.3 13 33.9 105.0
5 4 サングレーザー 岩田康誠 1:31.1 ハナ 26.9 6 32.9 105.0
2018年6月3日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 モズアスコット C.ルメール 1:31.3 15.7 9 33.3 107.1
2 4 アエロリット 戸崎圭太 1:31.3 クビ 10.7 5 34.0 107.1
3 1 スワーヴリチャード M.デムーロ 1:31.4 3/4 2.8 1 33.9 106.3
4 2 サトノアレス 蛯名正義 1:31.5 1/2 14.5 7 33.3 105.6
5 15 サングレーザー 福永祐一 1:31.5 クビ 6.4 3 33.7 105.6
2017年6月4日() 東京/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 14 サトノアラジン 川田将雅 1:31.5 12.4 7 33.5 105.0
2 16 ロゴタイプ 田辺裕信 1:31.5 クビ 14.6 8 34.4 105.0
3 6 レッドファルクス M.デムーロ 1:31.6 クビ 7.9 3 33.7 104.2
4 7 グレーターロンドン 福永祐一 1:31.6 クビ 11.8 6 33.9 104.2
5 8 エアスピネル 武豊 1:31.7 クビ 5.9 2 33.6 103.4

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【安田記念2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2015年の優勝馬モーリス

春シーズンのマイル王決定戦。1984年のG1格付け後しばらくは4歳以上(旧5歳以上)のみで争われていたが、1996年より3歳(旧4歳)の出走が認められるようになり、世代を問わずその時点における真のチャンピオンを決める一戦となった。第35回(1985年)はこのレースを含めマイルG1 3勝の実績を残したニホンピロウイナーが快勝。第40回(1990年)は稀代のアイドルホース・オグリキャップが、武豊を背に馬なりのレコードタイムで圧勝劇を演じた。第42~43回(1992~1993年)はヤマニンゼファーが、第58~59回(2008~2009年)はウオッカが、それぞれ連覇を達成。第61回(2011年)はリアルインパクトが3歳馬として初めて勝利を飾った。また、第45回(1995年)のハートレイク、第50回(2000年)のフェアリーキングプローン、第56回(2006年)のブリッシュラックと、3頭の外国調教馬が勝利を収めている。それ以外にも、タイキシャトルロードカナロアモーリスなど歴史的名馬クラスの優勝多数。

▼1993年はヤマニンゼファーが連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る

安田記念特集 バックナンバー