会員登録はこちら
安田記念 G1   日程:2020年6月7日()  東京/芝1600m

安田記念のニュース&コラム

【阪神カップ】レース展望
 土曜の阪神競馬場では今年最後の当地重賞となる阪神カップ(21日、GII、芝1400メートル)が行われる。過去の傾向からは、前年の上位馬が2年連続で活躍しがちな、いわゆる『リピーター』が強いレースだが、今年は前年で3着以内に入った馬の登録はなし。新たな冬の阪神7ハロンGIIのスペシャリストが生まれるのか…。 最も注目を集めるのは、今年の桜花賞馬グランアレグリア(美浦・藤沢和雄厩舎、牝3歳)だ。短距離路線も視野に入れたこの秋は予定していたスプリンターズSを蹄の不安で回避したが、じっくり立て直してレース1カ月前の11月20日に美浦トレセンへ再入厩。Wコースと坂路で3週連続、軽々と好タイムをマークするあたりはたぐいまれなスピードと仕上がりの良さの表れだ。あとはこの馬にとって、朝日杯フューチュリティS3着、NHKマイルC5着(4位入線降着)と鬼門になっている牡馬との対戦がポイントになる。 古馬勢ではマイスタイル(栗東・昆貢厩舎、牡5歳)の充実ぶりが光る。今年は夏の函館記念を勝ったが、そこからマイル路線へ舵をとり、スワンS3着、マイルチャンピオンシップ4着とGII、GIで見せ場たっぷりの走りを披露。5歳になってメキメキと力をつけている。逃げ、差し自在の立ち回りも身につけ、今や抜群の安定感を誇る。 グァンチャーレ(栗東・北出成人厩舎、牡7歳)も年が明けたら8歳になる高齢馬だが、今年は春のマイラーズC2着、そして安田記念でも4着と、キャリアの中で最盛期と思える走りを見せてきた。秋はスワンS5着、マイルCS8着に終わっているが、もともと叩き良化型。そろそろ状態のピークを迎えそうだ。 フィアーノロマーノ(栗東・高野友和厩舎、牡5歳)も侮れない。安田記念14着、マイルCS13着と一線級との戦いで壁にぶつかっている印象だが、直線に急坂がある右回りのコースである阪神、中山ではGIIIダービー卿チャレンジTを含め4戦4勝のパーフェクト。得意舞台に戻っての反撃に警戒だ。 同舞台で行われた春の阪急杯を最後方からの大外一気で制したスマートオーディン(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)も12キロ増で余裕残しの体つきだった休み明けのスワンS9着を使われて馬体が引き締まってくれば、巻き返しが十分にある。 アーリントンCの覇者イベリス(栗東・角田晃一厩舎、牝3歳)、2016年の優勝馬シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)、同舞台のフィリーズレビューを制しているノーワン(栗東・笹田和秀厩舎、牝3歳)なども上位争いを演じても不思議はない。 レース当日に阪神競馬場で引退式を予定している4年前の桜花賞馬レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝7歳)も2走前のスプリンターズSで5着と健闘しており、出走してくれば侮れない。★阪神Cの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年12月16日(月) 19:11

 2,507

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

安田記念過去10年の結果

2019年6月2日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 インディチャンプ 福永祐一 1:30.9 19.2倍 106.5
2着 アエロリット 戸崎圭太 クビ 12.5倍 106.5
3着 アーモンドアイ C.ルメール ハナ 1.7倍 106.5
2018年6月3日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2017年6月4日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 サトノアラジン 川田将雅 1:31.5 12.4倍 105.0
2着 ロゴタイプ 田辺裕信 クビ 14.6倍 105.0
3着 レッドファルクス M.デムーロ クビ 7.9倍 104.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

安田記念のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1600m

春のマイル王者決定戦として、東京G1連続開催のトリを飾る安田記念。ステップ別では、前走G1組(海外含む)の好走率が高く、2008年以降は5勝を含む10連対という高値安定の成績を誇る。なかでも、当日1番人気に推された馬は【3.1.2.1】。軸馬の最有力候補となる。ただし、ヴィクトリアマイルを経由してきた馬は不振で、好走例は2008~2009年に連覇を果たしたウオッカと、2018~2019年と2年連続2着のアエロリットの2頭しかいない。前者は牝馬でありながらダービーを制した傑出馬であり、後者は牡馬相手に同舞台のNHKマイルカップを勝ったことのある断然の実績馬。これらはレアケースととらえたほうが賢明で、牝馬限定戦をステップに臨んだ馬は、基本的に割り引いて然るべきだろう。レースが行われる東京1600mは、最初のコーナーまでの距離が500m以上と長く、ポジション争いはそれほど激しくならない。ゆえに、展開的な紛れの少ないコース形態と言えよう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

安田記念ステップレース

2020年5月17日() 東京競馬場/芝1600m
2020年5月16日() 東京競馬場/芝1400m
2020年4月26日() 京都競馬場/芝1600m
2020年4月4日() 中山競馬場/芝1600m

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

安田記念の歴史と概要


2015年の優勝馬モーリス

春シーズンのマイル王決定戦。1984年のG1格付け後しばらくは4歳以上(旧5歳以上)のみで争われていたが、1996年より3歳(旧4歳)の出走が認められるようになり、世代を問わずその時点における真のチャンピオンを決める一戦となった。第35回(1985年)はこのレースを含めマイルG1 3勝の実績を残したニホンピロウイナーが快勝。第40回(1990年)は稀代のアイドルホース・オグリキャップが、武豊を背に馬なりのレコードタイムで圧勝劇を演じた。第42~43回(1992~1993年)はヤマニンゼファーが、第58~59回(2008~2009年)はウオッカが、それぞれ連覇を達成。第61回(2011年)はリアルインパクトが3歳馬として初めて勝利を飾った。また、第45回(1995年)のハートレイク、第50回(2000年)のフェアリーキングプローン、第56回(2006年)のブリッシュラックと、3頭の外国調教馬が勝利を収めている。それ以外にも、タイキシャトルロードカナロアモーリスなど歴史的名馬クラスの優勝多数。

▼1993年はヤマニンゼファーが連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

安田記念昨年のBIGヒット予想家

去年の安田記念を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2019年06月02日(日) 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 100 
43,720円 1,093,000円
Lv 90 
4,010円 200,500円
Lv 103 
1,920円 192,000円
Lv 102 
1,920円 192,000円
Lv 98 
1,920円 192,000円
Lv 103 

43,720円
5,670円
177,960円
Lv 91 

43,720円
1,460円
176,810円
Lv 98 

43,720円
43,720円
142,230円
Lv 94 
13,660円 136,600円
Lv 81 

43,720円
43,720円
131,160円
Lv 100 
43,720円 131,160円
Lv 100 

13,660円
5,670円
104,460円
Lv 103 

43,720円
3,690円
102,200円
Lv 98 

43,720円
3,690円
102,200円
 

43,720円
5,670円
100,420円
Lv 104 
1,920円 96,000円
Lv 101 
13,660円 95,620円
Lv 81 

1,920円
290円
94,200円
Lv 99 

43,720円
13,660円
88,560円
Lv 95 
43,720円 87,440円

安田記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年2月2日(
根岸ステークス  G3
シルクロードS  G3

競馬番組表

2020年2月1日(
1回東京1日目
2回京都1日目
1回小倉5日目
2020年2月2日(
1回東京2日目
2回京都2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
49,274万円
8 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る