パラレルヴィジョン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
パラレルヴィジョン
パラレルヴィジョン
パラレルヴィジョン
パラレルヴィジョン
パラレルヴィジョン
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2019年2月4日生
調教師国枝栄(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[6-1-3-4]
総賞金13,588万円
収得賞金5,850万円
英字表記Parallel Vision
血統 キズナ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
キャットクイル
アールブリュット
血統 ][ 産駒 ]
Makfi
イグジビットワン
兄弟 アンフォルメル
市場価格
前走 2024/06/02 安田記念 G1
次走予定

パラレルヴィジョンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 185915.4613** 牡5 58.0 C.ルメー国枝栄 492
(+6)
1.33.3 1.034.1⑧⑨ロマンチックウォリ
24/03/30 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 16126.121** 牡5 57.0 戸崎圭太国枝栄 486
(-16)
1.32.9 -0.134.0エエヤン
24/01/13 中山 11 ニューイヤー (L) 芝1600 16484.931** 牡5 57.0 C.ルメー国枝栄 502
(+6)
1.32.3 -0.234.3グラティアス
23/11/19 東京 11 霜月S OP ダ1400 16475.5212** 牡4 57.0 T.マーカ国枝栄 496
(+4)
1.24.2 1.536.0⑬⑬アルファマム
23/10/08 東京 10 JRAアプリ 3勝クラス ダ1600 16233.211** 牡4 57.0 C.ルメー国枝栄 492
(-8)
1.36.7 -0.036.8⑧⑦スノーグレース
23/07/30 新潟 10 佐渡S 3勝クラス 芝1800 18124.624** 牡4 58.0 北村宏司国枝栄B 500
(+12)
1.45.3 0.333.5トゥデイイズザデイ
23/06/17 阪神 10 垂水S 3勝クラス 芝1800 10441.713** 牡4 57.0 川田将雅国枝栄 488
(-4)
1.44.8 0.133.6⑤⑤アルナシーム
23/04/29 東京 10 府中S 3勝クラス 芝2000 11661.813** 牡4 58.0 C.ルメー国枝栄 492
(+2)
1.58.1 0.334.0レインフロムヘヴン
23/03/11 阪神 10 難波S 3勝クラス 芝1800 127101.912** 牡4 58.0 池添謙一国枝栄 490
(-12)
1.45.1 0.233.3マテンロウスカイ
23/01/21 中山 11 初富士S 3勝クラス 芝2000 14691.513** 牡4 56.0 C.ルメー国枝栄 502
(+4)
2.01.2 0.235.5⑤⑤⑤⑥スルーセブンシーズ
22/11/05 東京 12 3歳以上2勝クラス 芝2000 10111.511** 牡3 55.0 C.ルメー国枝栄 498
(-12)
1.59.5 -0.633.1マイネルクリソーラ
22/09/25 中京 11 神戸新聞杯 G2 芝2200 176112.917** 牡3 56.0 C.ルメー国枝栄 510
(+4)
2.12.2 1.135.0⑩⑩⑬⑪ジャスティンパレス
22/06/19 東京 8 3歳以上1勝クラス 芝2000 9882.011** 牡3 54.0 C.ルメー国枝栄 506
(+12)
1.58.0 -0.533.5⑧⑧⑧エイカイマッケンロ
22/04/09 中山 5 3歳未勝利 芝2000 187132.511** 牡3 56.0 C.ルメー国枝栄 494
(--)
2.00.8 -0.435.8⑨⑨⑧アクロビンジャー

パラレルヴィジョンの関連ニュース

◆川田騎手(セリフォス5着)「素晴らしい具合でレースを迎えられました。どうしても(馬場が)しぶるのは苦手なのでね。それでも、よくここまで来てくれたなと思います」

◆北村宏騎手(ジオグリフ6着)「気配はとても良かった。直線でもう少し早く進路があいてくれればよかったのですが、馬は頑張ってくれました」

◆坂井騎手(フィアスプライド7着)「欲しかったポジションが取れて道中の感じも良かったです。牡馬の一線級は強かったですが、力は出してくれた」

◆西村淳騎手(エルトンバローズ8着)「(前走から)タイトな過程でしたが、厩舎がよくここまで立て直してくれました。馬も頑張ってくれた」

◆須貝師(ステラヴェローチェ9着)「ロスのある外枠で、前にも壁を置いて運べなかったぶんラストははじけなかった」

◆幸騎手(エアロロノア10着)「この馬なりに最後は来ていますが、展開が向かなかったですね」

◆横山和騎手(レッドモンレーヴ11着)「この馬にとって走りづらい馬場や流れになってしまいました。改めて期待したいです」

◆岩田康騎手(コレペティトール12着)「(スタートで)立ち遅れたが、それでもこの馬の脚は使って頑張ってくれました」

◆ルメール騎手(パラレルヴィジョン13着)「ペースが上がってから馬場を気にして、最後は苦しくなった」

◆三浦騎手(ウインカーネリアン14着)「いつものようなスタートを切れなかったが、二の脚で2番手へ。上手に走れていたが、この馬には難しい展開になってしまいましたね」

◆戸崎騎手(ダノンスコーピオン15着)「外枠で前に壁が作りづらかった。もっとリラックスできればよかったのですが…」

◆斎藤騎手(カテドラル16着)「道中がある程度ついていって、最後も脚は使っているのですが…」

◆パートン騎手(ヴォイッジバブル17着)「ロマンチックウォリアーの外といういい位置取りでしたが、直線ではあまり伸びませんでした。左回りは向かないのかもしれません」

◆菱田騎手(ドーブネ18着)「やりたいレースはできました」

【安田記念2024】有名人の予想に乗ろう! 徳光和夫さん、大久保先生、霜降り明星・粗品さんなどズラリ!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2024年6月2日() 05:00


【徳光和夫】
◎⑩ソウルラッシュ
3連単1頭軸流しマルチ
⑩→②③④⑤⑨⑬
ワイド流し
⑩-⑯⑱

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑩ソウルラッシュ
○⑪ウインカーネリアン
▲⑨パラレルヴィジョン
△⑤ナミュール
△⑦ロマンチックウォリアー
△⑫フィアスプライド
△⑮ヴォイッジバブル
△⑰セリフォス

【粗品(霜降り明星)】
◎⑩ソウルラッシュ
3連単フォーメーション
⑦⑩→⑦⑩→②③④⑤⑨⑪⑬⑮⑯⑰

【DAIGO】
注目馬
セリフォス

【林修】
注目馬
ロマンチックウォリアー

【あの】
注目馬
コレペティトール

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②ガイアフォース
単勝

馬連・ワイド
②-⑩ソウルラッシュ

【キャプテン渡辺】
◎⑮ヴォイッジバブル
単勝

馬連・ワイド
⑮-⑦ロマンチックウォリアー
3連単フォーメーション
⑦⑮→⑦⑮→⑩

【お兄ちゃん(ビタミンS)】
◎⑬ステラヴェローチェ

【林健(ギャロップ)】
◎⑧エアロロノア

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑰セリフォス

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑪ウインカーネリアン

【浅越ゴエ】
◎⑯エルトンバローズ

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑩ソウルラッシュ

【西代洋(ミサイルマン)】
◎③レッドモンレーヴ

【浜田順平(カベポスター)】
◎⑭コレペティトール

【永見大吾(カベポスター)】
◎②ガイアフォース

【安藤勝己(元騎手)】
◎⑩ソウルラッシュ
○⑦ロマンチックウォリアー
▲⑰セリフォス
☆②ガイアフォース
△⑮ヴォイッジバブル
△⑤ナミュール
△⑨パラレルヴィジョン
△⑬ステラヴェローチェ

【佐野瑞樹】
注目馬
ヴォイッジバブル

【篠原梨菜】
◎⑰セリフォス

【鈴木淑子】
◎⑤ナミュール
○③レッドモンレーヴ
単勝
③⑤
馬連BOX
レッドモンレーヴ
ナミュール
ロマンチックウォリアー
ソウルラッシュ
フィアスプライド

【長岡一也】
◎⑰セリフォス
○⑤ナミュール
▲⑦ロマンチックウォリアー
△⑥ドーブネ
△⑨パラレルヴィジョン
△⑩ソウルラッシュ
△⑮ヴォイッジバブル

【原奈津子】
◎⑰セリフォス
○⑨パラレルヴィジョン
▲⑮ヴォイッジバブル

【中村愛】
注目馬
ダノンスコーピオン

【舩山陽司】
◎⑮ヴォイッジバブル
3連単2頭軸流しマルチ
⑮→⑦→②③⑤⑩⑬⑰

【皆藤愛子】
◎②ガイアフォース
単勝・複勝

ワイド流し
②-⑦⑬⑰⑱

【高田秋】
◎⑤ナミュール
単勝・複勝

馬連流し
⑤-⑦⑬⑮⑰

【川島明(麒麟)】
注目馬
ソウルラッシュ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑪ウインカーネリアン

【レッド吉田(TIM)】
注目馬
ロマンチックウォリアー
ソウルラッシュ

【川島壮雄】
注目馬
ステラヴェローチェ

【三谷紬】
注目馬
フィアスプライド
ロマンチックウォリアー

【天童なこ】
◎⑱ダノンスコーピオン

【土屋伸之(ナイツ)】
注目馬
ヴォイッジバブル

【小木茂光】
◎⑰セリフォス
3連単フォーメーション
⑪⑬⑰→②⑤⑦⑨⑩⑪⑬⑮⑰→⑪⑬⑰

【守永真彩】
◎②ガイアフォース
3連複フォーメーション
②-⑦⑩-③④⑤⑥⑦⑨⑩⑮⑰

【福原直英】
注目馬
セリフォス

【横山ルリカ】
注目馬
ガイアフォース

【杉本清】
注目馬
ロマンチックウォリアー
ヴォイッジバブル

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑦ロマンチックウォリアー

【三代目 中村福之助】
◎⑰セリフォス

【田中裕二(爆笑問題)】
◎②ガイアフォース

【安田章大(SUPER EIGHT)】
◎⑮ヴォイッジバブル

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑰セリフォス

【安田隆行(元JRA調教師)】
注目馬
ソウルラッシュ
ロマンチックウォリアー

【大西直宏(元JRA騎手)】
◎⑨パラレルヴィジョン

【熊沢重文(元JRA騎手)】
◎⑦ロマンチックウォリアー

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ソウルラッシュ

【酒井一圭(純烈)】
◎⑩ソウルラッシュ

【橋本マナミ】
◎⑦ロマンチックウォリアー

【やべきょうすけ】
◎⑦ロマンチックウォリアー

【稲富菜穂】
◎⑩ソウルラッシュ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑰セリフォス

【Lynn(声優)】
注目馬
セリフォス

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑬ステラヴェローチェ

【清水久嗣】
◎⑤ナミュール

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑩ソウルラッシュ

【小泉恵未】
◎⑦ロマンチックウォリアー

【岡野陽一】
◎⑩ソウルラッシュ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑩ソウルラッシュ

【大島麻衣】
◎⑩ソウルラッシュ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑩ソウルラッシュ

【栗林さみ】
注目馬
ロマンチックウォリアー
ヴォイッジバブル
ステラヴェローチェ
ダノンスコーピオン

【雪平莉左】
◎⑩ソウルラッシュ

【目黒貴子】
◎⑦ロマンチックウォリアー

【米田元気】
◎②ガイアフォース

【藤原菜々花】
◎⑤ナミュール

【中野雷太】
◎⑦ロマンチックウォリアー

※順不同

[もっと見る]

【安田記念】前走後の談話 2024年6月2日() 04:42

カテドラル「できれば内枠で、もう少しいい位置が欲しかった」(藤岡康騎手=大阪杯9着)

ガイアフォース「前が流れてリズム良く走れて、最後もいい脚を使ってくれた」(長岡騎手=フェブラリーS2着)

レッドモンレーヴ「前回の負けを引きずらずに走れたのは良かった」(横山和騎手=京王杯SC2着)

ジオグリフ「最後まで集中力を切らさずに立ち向かってくれた」(北村宏騎手=大阪杯5着)

ナミュール「追い出してから切れる脚を使えなかった。本来の決め手が出なかった」(武豊騎手=ヴィクトリアマイル8着)

ドーブネ「もう少しパンパンの馬場の方が良かった」(吉田隼騎手=中山記念2着)

ロマンチックウォリアー「信じられなくて言葉にならない。彼のような馬には乗ったことがない」(マクドナルド騎手=クイーンエリザベスⅡC1着)

エアロロノア「1回使って次は良くなると思います」(幸騎手=マイラーズC4着)

パラレルヴィジョン「マイルも十分対応できているし、ここにきて精神的に落ち着きも出た」(戸崎騎手=ダービー卿CT1着)

ソウルラッシュ「最後にソラを使うところがあると聞いていたが、そういったところもなく強かった」(団野騎手=マイラーズC1着)

ウインカーネリアン「初のスプリント戦でよく走ってくれた」(三浦騎手=高松宮記念4着)

フィアスプライド「初めてのGⅠ挑戦でベストパフォーマンスはしてくれた」(ルメール騎手=ヴィクトリアマイル2着)

ステラヴェローチェ「直線に向いてからしっかり反応して、改めて力があるのは分かった」(酒井騎手=大阪杯4着)

コレペティトール「落ち着いてレースはできたが、メンバーが強かった」(岩田康騎手=マイラーズC8着)

ヴォイッジバブル「いい走りだった。よく頑張っている」(マクドナルド騎手=チャンピオンズマイル3着)

エルトンバローズ「初めての遠征だったが、環境に戸惑うことなく頑張ってくれた」(西村淳騎手=チャンピオンズマイル8着)

セリフォス「今のこの具合でよくここまで走れたと思います。さすがGⅠ馬だなと思います」(川田騎手=マイラーズC2着)

ダノンスコーピオン「これを使って状態が一段階上がるような感じもする」(戸崎騎手=京王杯SC4着)

[もっと見る]

【安田記念2024】前日オッズ ロマンチックウォリアーが4.1倍で1番人気 2024年6月1日() 18:00

6月2日に東京競馬場で行われる安田記念(G1・芝1600m)の18時時点での前日単勝オッズは以下の通り。

単勝オッズ1番人気に支持されたのは、オーストラリア・香港で中距離G1 4連勝中の外国馬ロマンチックウォリアー(セ6・C.シャム厩舎)で4.1倍。続く2番人気は前走マイラーズC勝ち馬のソウルラッシュ(牡6・池江泰寿厩舎)で5.0倍、3番人気は同マイラーズC2着のセリフォス(牡5・中内田充厩舎)で7.2倍となっている。

<馬番・馬名・単勝オッズ>
ロマンチックウォリアー 4.1
ソウルラッシュ 5.0
セリフォス 7.2
ナミュール 8.4
ガイアフォース 11.7
パラレルヴィジョン 12.1
ステラヴェローチェ 16.6
ヴォイッジバブル 17.9
ウインカーネリアン 19.8
レッドモンレーヴ 23.3
ダノンスコーピオン 23.6
ジオグリフ 29.9
ドーブネ 39.9
フィアスプライド 41.2
エルトンバローズ 44.8
エアロロノア 84.5
コレペティトール 90.8
カテドラル 119.9

※成績・払戻金・オッズなど正確な情報につきましては、JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。

[もっと見る]

【安田記念2024】ROBOTIPの勝率予測 騎手重視予測からは1頭抜けた数値を叩き出したソウルラッシュから 2024年6月1日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
日曜重賞の安田記念(G1)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回の舞台となる東京芝1600mは、2コーナーからスタートするコース形態。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性40%、トラック適性40%、周回方向適性10%、G前の坂の有無適性10%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出した安田記念全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑩ソウルラッシュ     18.90%
2 ⑨パラレルヴィジョン   11.53%
3 ⑰セリフォス       11.45%
4 ⑬ステラヴェローチェ   7.99%
5 ⑤ナミュール       6.40%
6 ⑱ダノンスコーピオン   5.86%
7 ④ジオグリフ       4.36%
8 ⑫フィアスプライド    3.88%
9 ⑦ロマンチックウォリアー 3.85%
9 ⑮ヴォイッジバブル    3.85%
11 ②ガイアフォース     3.32%
12 ⑭コレペティトール    3.17%
13 ⑪ウインカーネリアン   3.11%
14 ③レッドモンレーヴ    2.78%
15 ⑯エルトンバローズ    2.65%
16 ⑥ドーブネ        2.45%
17 ⑧エアロロノア      2.28%
18 ①カテドラル       2.16%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(18頭立ての場合は5.56%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回の安田記念では上位6頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑩>>>>⑨⑰>>⑬>⑤⑱

ご覧の通りソウルラッシュ(J.モレイラ)が2位に7.37差と1頭抜けた数値を叩き出してトップ評価と相成りました。これだけの数値差ですからここは素直にソウルラッシュを軸馬候補としたいと思います。馬券は馬券対象馬5頭へと流した馬単の合計9,000円(5点)で勝負いたします。
なお、外国馬2頭は予想のベースとなるU指数がないため、勝率から馬券対象外となっていますが、『ロボットが自分に代わってレースを予想する』コンセプトの当企画になりますので対象外としています。ご了承ください。

【劉備の安田記念勝負馬券】
馬単ながし
⑩-⑨⑰
2点×各3,000円=6,000円
⑩-⑤⑬⑱
3点×各1,000円=3,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【安田記念2024】血統アナリシス ディープインパクトの直系が4連覇中、Storm Cat内包馬も人気不問で上位を賑わす 2024年6月1日() 12:00

2023年にはキズナ産駒のソングラインがレース史上4頭目となる2連覇を達成。同馬の父系祖父ディープインパクトは、2011年1着リアルインパクトを皮切りに種牡馬として安田記念を4勝と好相性を示すが、2020年1着グランアレグリア、2021年1着ダノンキングリーなど、晩年の勢いにも目を見張るものがあった。

ほか、近年の血統傾向としてはStorm Catの血を引く馬が上位を賑わせており、前述したソングラインも父キズナを介して同血脈を保持。2017年サトノアラジン(7番人気)、2018年モズアスコット(9番人気)、2021年ダノンキングリー(8番人気)など、人気薄で勝利をつかんだ勝ち馬の多くが、母の父にStorm Cat系種牡馬を配されていることもポイントといえるだろう。

パラレルヴィジョンは、父キズナ×母アールブリュット(母の父マクフィ)。同一馬によるものとはいえ、目下2連覇中と勢いのあるキズナ産駒。22年にはファインルージュも5着に好走しており、同産駒は延べ3頭が出走して掲示板外に敗れていない。ディープインパクトとStorm Catを併せ持つ配合は、17年1着サトノアラジンや21年1着ダノンキングリーも引き合いに出しやすく、マイルで3戦3勝の実績からも真打ち登場となりそうだ。

ドーブネは、父ディープインパクト×母プレミアステップス(母の父Footstepsinthesand)。父は種牡馬として安田記念で最多となる4勝を誇り、「ディープインパクト系」としても目下4連覇中と異彩を放つ。一方、本馬は母の父がStorm Cat系種牡馬であることも評価に値し、過去の勝ち馬では13年ロードカナロア、17年サトノアラジン、18年モズアスコット、21年ダノンキングリーなどが該当。レースメイクできる強みを活かせれば侮れない。

ロマンチックウォリアーは、父Acclamation×母Folk Melody(母の父Street Cry)。本馬は2代母の父に配されたSingspielの血脈が興味深く、同種牡馬は05年1着&06年2着アサクサデンエンや16年1着&17年2着ロゴタイプが直系として人気薄で勝利&リピート好走を果たした。とくに前者はMachiavellianとの組み合わせが、本馬の母の配合に通じるものがある。00年、06年と香港調教馬は2勝しており、久々の勝利なるかにも注目だろう。


【血統予想からの注目馬】
パラレルヴィジョン ⑥ドーブネ ⑦ロマンチックウォリアー

[もっと見る]

⇒もっと見る

パラレルヴィジョンの関連コラム

閲覧 1,629ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月25日(日) 中京11R 第70回神戸新聞杯(3歳G2・芝2200m)


【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)


<前走:日本ダービー出走馬>(4ヶ月)

プラダリア(5着、458kg(+2kg))<C>
これまでもトレセンではあまり多く乗り込まずにレースを使われてきている馬だが、この中間もダービーからの休み明けにしては少なめ。1週前の併せ馬では併走相手に手応えで見劣り、まだ重さの残る感じの走りだった。

ジャスティンパレス(9着、448kg(-10kg))<B>
休み明けで乗り込み豊富。CWでは速い時計が出ているが、坂路での時計が平凡。1週前の追い切りもビッシリと追っている割にスパッと伸びきれていない。ただ、このひと追いで馬が変わってきそうな気配は感じられた。

ビーアストニッシド(10着、462kg(-6kg))<C>
休み明けで、1週前追い切りでは走りが硬い印象を受けた。日曜日にもCWを長めから一杯に追われ、これで絞れてくるのが理想的。パドックでテンションが高くなるところがあるので、直前は馬なりで控えめに調整してくることが出来れば。

アスクワイルドモア(4着、464kg(+2kg))<D>
ダービーからの休み明けとしては、乗り込み量が少なく、CW、坂路での終いの時計が良い時ほどのレベルにない。




<前走:青葉賞、ラジオNIKKEI賞出走馬>

レヴァンジル青葉賞:5着、478kg(+2kg)5ヵ月)<D>
休み明けで、3週前から南Wで追われているが時計平凡。1週前の映像を見ても、前走時のような抑えきれないくらいの手応えはなく、好調時とは別馬のような動きだった。

サトノヘリオス(ラジオNIKKEI賞:3着、460kg(-12kg)3ヶ月)<A>
追い切りでは終い甘くなるところのある馬で、1週前追い切りでもラストは息が上がる感じ。ただ、直線に向くまでの走りに力強さと迫力があって、良い頃の動きに近く、残り1週でさらに良くなってきそう。




<前走:その他のレース>

ヴェローナシチー(白百合S:2着、498kg(-2kg)4ヶ月)<C>
休み明けで乗り込み豊富も、1週前追い切りでは終い伸びきれずに併走遅れと物足りない動き。

ボルドグフーシュ(一宮特別:1着、490kg(+6kg)3ヶ月半)<A>
休み明け。乗り込み入念で、坂路、CWで好時計。1週前追い切りは、馬体に余裕がありズブそうな印象は残しつつも、力強い走りで余力を感じさせながら先着をはたしている。

ジュンブロッサム(出雲崎特別:1着、460kg(-6kg)中7週)<A>
夏場に一度使われていることもあり、馬体がスッキリしている。1週前追い切りでは反応が良く、終いしっかり伸びていた。

パラレルヴィジョン(1勝クラス:1着、506kg(+12kg)3ヶ月半)<A>
2戦2勝の素質馬。乗り込み豊富で、南Wでの時計も前2戦の時と同じような好時計が出ていて終いの伸びも良い。休み明けも好仕上り。

メイショウラナキラ(WJ第4戦:3着、452kg(±0kg)中3週)<D>
夏場3戦を使われていて、この中間栗東へ戻っての時計が物足りない状況。状態面で下がることはあっても、上がることはなさそう。

ヤマニンゼスト(藻岩山特別:4着、506kg(+2kg)中5週)<C>
この中間は栗東に戻っての調整。2週前にCWを長めから馬なりで好時計こそマークしているものの、大きな馬の割に強めに追われておらず、疲れが残っているのかも。

リカンカブール(足立山特別:1着、488kg(±0kg)中4週)<B>
休み明けを一度使われ、この中間も乗り込み豊富。前走時のパドックでは多少緩さが残る印象だったので、馬体が締まってくれば叩き2戦目での上積みかありそう。

アイキャンドウイッ(1勝クラス:6着、452kg(±0kg)中9週)<B>
休み明けの前走時は、追い切りでは好時計が出ていたがパドックでは馬体に余裕があった。この中間も、引き続き好時計をマークし、2週前、1週前には併せ馬で先着と上積みが感じられる。

コントゥラット(未勝利:1着、482kg(-4kg)6ヶ月)<E>
未勝利勝ちから半年の休み明け。乗り込み量はあるが、時計が平凡でまだ状態面での不安あり。

サンセットクラウド(未勝利:1着、438kg(-10kg)中10週)<C>
前走未勝利勝ちも、10キロ体重が減っていてトモの筋肉が寂しく映った。矢作厩舎の馬でこの中間の乗り込み量は少ないが、前走時の馬体を鑑みるにビシビシと乗り込めそうにもない。上積み期待は酷か。

ミスターホワイト(国東特別:4着、506kg(±0kg)3ヶ月)<C>
前走4着も、勝ち馬からは大きく離される。大型馬でこの中間乗り込み量は多く、上積みこそ窺えるが、一歩で大きな変わり身まではどうか。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、サトノヘリオスボルドグフーシュジュンブロッサムパラレルヴィジョンの4頭をあげておきます。


◇今回は、神戸新聞杯編でした。
去る9月16日は競馬の日。昭和29年のこの日に日本中央競馬会が発足しました。それまでは農林省蓄産部が運営する国営競馬でしたが、これにより民営競馬がスタートしました。19日の開催はJRAアニバーサリーデーとして開催され、記念のレースも行われました。そんな今年の競馬の日に耳にしたひとつの出来事を紹介します。
私の住む静岡県のK-mixというFM局で、シンガーソングライターの小椋佳さんが毎週金曜日に番組をされています。その小椋さんですが、銀行員時代に支店長をされていたのが浜松だったり、「ウナギパイ」の歌を作っていたり、k-mixも本社が同市だったりと、何かと浜松には縁があるようです。そんな小椋さんが、たまたま競馬の日と重なった9月16日、もう何十年も続いているその番組の中で競馬の話をされていました。
馬主をされていることは前から知ってはいたのですが、本人の口から競馬の話というのはこれまで聞いたことがなかったので少し驚きでした。聞けば、会話の冒頭本人が「あまり競馬の話をしないでくださいとスタッフに言われますが、実は競馬歴50年の歴史があります」と言うように、これまで本人の口から語られることはほとんどなかったのでしょう。それなのに、なぜこれまで何十年もの沈黙を破ってのこの日の告白だったのか。
私も、35年近くの競馬歴がありますし、長く競馬に関わっている人たちなら小椋さんの気持ちもなんとなく分かるような気がしています。それだけ、競馬のイメージが良くなってきていることもありますし、好きで続けていることなのでいつか話したかったのではないかと思います。会話の最後には、今年デビューする愛馬の話をされていて、その馬の曲も作ったとのこと。馬名はサンセットブライトで申請しているようで、愛馬の話をされるその声からは、孫の成長を楽しみにしているような優しさが伝わってきました。小椋佳さんも今年で歌手を引退されるようですが、これからも競馬を愛しずっと楽しんでいってもらいたいです。


神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年10月6日(水) 17:45 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第8回注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 4,498ビュー コメント 0 ナイス 3

 秋季競馬の開幕戦にあたる4回中山・5回中京が先週いっぱいで幕を閉じ、今週末からは4回東京・4回阪神・5回新潟がスタート。ちなみに、阪神競馬はここから11月6日開幕の5回阪神、12月4日開幕の6回阪神と、3か月連続で開催されます。6回阪神では12月12日に阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)が、12月19日に朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)が施行される予定。連続開催でダメージを受けた馬場への適性もポイントになりそうです。
 例年と同じく、9月中旬から10月中旬までの間に施行されるJRAの2歳重賞は、今週末10月9日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳G3・東京芝1600m)のみ。G1シーズンのスタートと重なっていることもあり、一時的にPOGへの関心を失っている方も少なくないでしょう。しかし、スペシャル以外の各ワールドでは今後も仮想オーナー募集枠が順次解放される予定。現状のラインナップを見直し、改めて手駒を揃えるのにはちょうど良いタイミングかもしれません。

 今回は、2歳戦が開幕する直前の時点における注目POG馬ランキング(2021/06/05 01:00更新)の上位100頭を対象として、各馬の近況をまとめてみました。今後の入札を検討するうえでの参考資料としてご活用ください。

 既にJRAのレースで勝ち上がりを果たしている馬は32頭。ちなみに、注目POG馬ランキングでベスト10入りを果たしていた馬は3頭だけです。まだまだ序盤戦の最中とはいえ、早期勝ち上がりの難しさを改めて実感しますね。

●2位 コマンドライン(コンドコマンドの2019) 1戦1勝
●3位 ダンテスヴュー(クロウキャニオンの2019) 2戦1勝
●6位 レッドベルアーム(レッドファンタジアの2019) 1戦1勝
●14位 ベルクレスタ(ベルアリュール2の2019) 2戦1勝
●21位 フィデル(ラッキートゥビーミーの2019) 1戦1勝
●22位 リアグラシア(リアアントニアの2019) 3戦1勝
●24位 ハイアムズビーチ(ユキチャンの2019) 2戦1勝
●25位 トゥデイイズザデイ(キトゥンズクイーンの2019) 1戦1勝
●26位 ソネットフレーズ(ボージェストの2019) 1戦1勝
●29位 キラーアビリティ(キラーグレイシスの2019) 2戦1勝
●32位 アライバル(クルミナルの2019) 2戦1勝
●35位 ブラックボイス(ソングライティングの2019) 2戦1勝
●36位 ホウオウプレミア(アドマイヤテンバの2019) 1戦1勝
●39位 クレイドル(オーマイベイビーの2019) 2戦1勝
●44位 リューベック(ライツェントの2019) 2戦1勝
●50位 グランディアディアデラノビアの2019) 2戦1勝
●51位 サトノヘリオス(エアマグダラの2019) 2戦1勝
●53位 メリトクラシー(メリオーラの2019) 2戦1勝
●55位 スタニングローズ(ローザブランカの2019) 3戦1勝
●59位 プルパレイ(マイジェンの2019) 3戦2勝
●61位 ヴァーンフリート(ロスヴァイセの2019) 1戦1勝
●64位 アバンチュリエ(パンデイアの2019) 1戦1勝
●66位 ステルナティーア(ラルケットの2019) 1戦1勝
●67位 モンゴリアンキング(Minoretteの2019) 1戦1勝
●69位 セリフォス(シーフロントの2019) 2戦2勝
●73位 スリーパーダ(シンハリーズの2019) 2戦1勝
●74位 ロムネヤ(ヤンキーローズの2019) 1戦1勝
●78位 ルージュラテール(レッドメデューサの2019) 2戦1勝
●84位 グランアプロウソ(Fiduciaの2019) 1戦1勝
●87位 ミント(ビートマッチの2019) 1戦1勝
●89位 フェズカズマ(シナジーウィスパーの2019) 2戦1勝
●100位 コラリン(モルジアナの2019) 3戦2勝

 本賞金額はセリフォス(シーフロントの2019)が3800万円で単独トップ。2220万円のコラリン(モルジアナの2019)が単独2位、1900万円のスリーパーダ(シンハリーズの2019)とアライバル(クルミナルの2019)が3位タイでした。4頭ともデビュー当初からそれなり注目を集めていましたが、人気の中心と言えるほどではなかったので、今後の入札においては面白い存在となりそう。伸びしろがありそうで、なおかつ実績のわりに手頃な価格で落札できそうな雰囲気なら、積極的に狙っていくべきかもしれません。

 デビュー済み、かつ未勝利の馬は35頭。デビュー戦で期待を裏切ってしまった評判馬など、入札における人気が急落した馬もいるので、あえてこの辺りを狙ってみるのもひとつの手でしょう。

●1位 コリエンテス(イスパニダの2019) 1戦0勝
●4位 アグリ(オールドタイムワルツの2019) 1戦0勝
●5位 レディナビゲーター(レディスキッパーの2019) 2戦0勝
●9位 グットディール(マリアヴァレリアの2019) 1戦0勝
●11位 ラクスバラディー(リッチダンサーの2019) 3戦0勝
●13位 スパイダーバローズ(マラコスタムブラダの2019) 1戦0勝
●15位 マイシンフォニー(テディーズプロミスの2019) 3戦0勝
●17位 アドマイヤラヴィ(アドマイヤミヤビの2019) 1戦0勝
●18位 ソクラテス(ブルーダイアモンドの2019) 1戦0勝
●23位 プルサティーラ(カヴァートラブの2019) 2戦0勝
●31位 フォーグッド(ウィキッドリーパーフェクトの2019) 1戦0勝
●38位 ママコチャ(ブチコの2019) 2戦0勝
●40位 ダノンアーリー(ファイネストシティの2019) 2戦0勝
●41位 メトセラ(ドナブリーニの2019) 1戦0勝
●42位 アカデミー(イサベルの2019) 1戦0勝
●45位 ダノンフォーナイン(タミーザトルピードの2019) 1戦0勝
●47位 ヴァラダムドラー(バラダセールの2019) 1戦0勝
●48位 サトノアヴァロン(サトノシュテルンの2019) 1戦0勝
●49位 セレブレイトガイズ(ライフフォーセールの2019) 1戦0勝
●58位 ティーガーデン(ルミナスパレードの2019) 1戦0勝
●60位 エルバリオ(インナーアージの2019) 3戦0勝
●62位 ローマンネイチャー(キューティゴールドの2019) 1戦0勝
●72位 ウラヤ(Wadiの2019) 1戦0勝
●75位 ナインティゴット(フルマークスの2019) 3戦0勝
●76位 ショウナンハクラク(Shonan Adelaの2019) 2戦0勝
●77位 グールドベルト(アナンジュパスの2019) 1戦0勝
●79位 ライラスターハープスターの2019) 1戦0勝
●81位 インプレス(ベアトリス2の2019) 1戦0勝
●88位 ソリダリティ(ミュージカルロマンスの2019) 1戦0勝
●91位 フォアランナー(ジュモーの2019) 1戦0勝
●92位 プレミアムスマイル(ジンジャーパンチの2019) 1戦0勝
●93位 アンジーニョ(ポルケテスエーニョの2019) 2戦0勝
●95位 ロジマギーゴー(ゴーマギーゴーの2019) 3戦0勝
●98位 ダグザ(タリサの2019) 2戦0勝
●99位 フェニックスループマルセリーナの2019) 1戦0勝

 残る32頭は現時点で未出走。もっとも、JRA-VANによると下記の13頭は10月5日時点で入厩済みとなっていました。おそらく近日中にデビューするでしょうし、ひと通りチェックしておいた方が良さそうです。

●8位 アルファヒディ(ドバイマジェスティの2019) 0戦0勝
●16位 スタニングスター(Stacelitaの2019) 0戦0勝
●19位 ショウナンアデイブ(シーヴの2019) 0戦0勝
●20位 サンセットクラウド(ロードクロサイトの2019) 0戦0勝
●27位 リアド(タイタンクイーンの2019) 0戦0勝
●30位 エリカヴィータ(マルシアーノの2019) 0戦0勝
●46位 チェルノボーグ(コンテスティッドの2019) 0戦0勝
●56位 ラスール(サマーハの2019) 0戦0勝
●65位 ダノンギャラクシー(ベネンシアドールの2019) 0戦0勝
●82位 エピファニー(ルールブリタニアの2019) 0戦0勝
●83位 グルアガッハ(マネーキャントバイミーラヴの2019) 0戦0勝
●90位 アートハウス(パールコードの2019) 0戦0勝
●96位 レイフル(シェルズレイの2019) 0戦0勝

 未出走、かつまだ入厩していない注目POG馬ランキング上位馬は下記の通り。

●7位 パラレルヴィジョン(アールブリュットの2019) 0戦0勝
●10位 ディーンズリスター(ラヴズオンリーミーの2019) 0戦0勝
●12位 アストロフィライト(ウェイヴェルアベニューの2019) 0戦0勝
●28位 ピエドラデルーナスイープトウショウの2019) 0戦0勝
●33位 サリエラ(サロミナの2019) 0戦0勝
●34位 カラパナブラック(ウリウリの2019) 0戦0勝
●37位 フィアレスデザイア(ヒルダズパッションの2019) 0戦0勝
●43位 ブレスク(パララサルーの2019) 0戦0勝
●52位 マリーナドンナジェンティルドンナの2019) 0戦0勝
●54位 サンドレス(ツルマルワンピースの2019) 0戦0勝
●57位 ヴァンガーズハート(ケイティーズハートの2019) 0戦0勝
●63位 ライラックワイン(ライラックスアンドレースの2019) 0戦0勝
●68位 ショショローザ(マンデラの2019) 0戦0勝
●70位 ダノンマイソウル(フォエヴァーダーリングの2019) 0戦0勝
●71位 ミッキーキング(ミッキークイーンの2019) 0戦0勝
●80位 デアリングオウカ(デアリングバードの2019) 0戦0勝
●85位 グラヴィタス(ヴィルシーナの2019) 0戦0勝
●86位 ルージュエクレール(マーブルケーキの2019) 0戦0勝
●94位 サラビ(ザズーの2019) 0戦0勝
●97位 アドマイヤカーム(アドマイヤシーマの2019) 0戦0勝

 このうちグラヴィタス(ヴィルシーナの2019)は残念ながら既にJRAの登録を抹消されているのでご注意ください。
 早い時期から注目を集めていたとはいえ、さすがに現時点で初陣のメドが立っていないとなると、入札を決断する心理的ハードルはだいぶ高いはず。その分、意外と手頃な価格で落札できるのではないかと思います。気になる馬は今のうちに確保しておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2021年6月30日(水) 15:54 【ウマニティ】
伊吹雅也のPOG分析室 (2021) ~第6回デビュー前の有力馬~
閲覧 5,774ビュー コメント 0 ナイス 4

 先週末で3回東京・3回阪神・1回札幌が終了し、今週末からは1回福島・3回小倉・1回函館がスタート。現2歳世代にとっては初めてのJRA重賞となる7月17日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)を皮切りに、今後は2歳オープンのレースも少しずつ増えてきます。まだ序盤も序盤ですが、既に手応えを感じているプレイヤーもいらっしゃるでしょうし、そうでない方はそろそろ巻き返しに向けた作戦を練っておきたいところです。

 今回は、仮想オーナー枠に余裕がある皆様の参考にしていただくべく、デビュー間近と思われる未出走馬のうち、有力と思しき馬をピックアップしてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「6月30日時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニング・センターで6月1日から6月30日までの期間中に坂路調教を行った未登録の2歳馬」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をまとめています。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 最初に、2021年06月05日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で100位以内だった該当馬をご覧いただきましょう。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング」の順位、並び順は父名順→母名順です。

ウラヤ(牡 父New Approach/母Wadi 野中賢二厩舎) ※72位
ソネットフレーズ(牝 父エピファネイア/母ボージェスト 手塚貴久厩舎) ※26位
パラレルヴィジョン(牡 父キズナ/母アールブリュット 国枝栄厩舎) ※7位
インプレス(牡 父キズナ/母ベアトリス2 佐々木晶三厩舎) ※81位
ラスール(牝 父キタサンブラック/母サマーハ 藤沢和雄厩舎) ※56位
●メトセラ(牡 父キタサンブラック/母ドナブリーニ 矢作芳人厩舎) ※41位
エリカヴィータ(牝 父キングカメハメハ/母マルシアーノ 国枝栄厩舎) ※30位
ヴァラダムドラー(牝 父ジャスタウェイ/母バラダセール 松下武士厩舎) ※47位
コリエンテス(牡 父ディープインパクト/母イスパニダ 堀宣行厩舎) ※1位
フォーグッド(牡 父ディープインパクト/母ウィキッドリーパーフェクト 国枝栄厩舎) ※31位
チェルノボーグ(牡 父ディープインパクト/母コンテスティッド 藤原英昭厩舎) ※46位
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ダノンマイソウル(牡 父ディープインパクト/母フォエヴァーダーリング 矢作芳人厩舎) ※70位
アカデミー(牝 父ドゥラメンテ/母イサベル 吉岡辰弥厩舎) ※42位
レイフル(牝 父ドゥラメンテ/母シェルズレイ 木村哲也厩舎) ※96位
ソクラテス(牡 父ドゥラメンテ/母ブルーダイアモンド 音無秀孝厩舎) ※18位
スパイダーバローズ(牡 父ハーツクライ/母マラコスタムブラダ 中内田充正厩舎) ※13位
フィデル(牡 父ハーツクライ/母ラッキートゥビーミー 友道康夫厩舎) ※21位
ヴァンガーズハート(牡 父ハービンジャー/母ケイティーズハート 鹿戸雄一厩舎) ※57位
フォアランナー(牡 父ハービンジャー/母ジュモー 西村真幸厩舎) ※91位
サンドレス(牝 父ハービンジャー/母ツルマルワンピース 手塚貴久厩舎) ※54位
グランディア(牡 父ハービンジャー/母ディアデラノビア 中内田充正厩舎) ※50位
リューベック(牡 父ハービンジャー/母ライツェント 須貝尚介厩舎) ※44位
ブラックボイス(牡 父ブラックタイド/母ソングライティング 宮田敬介厩舎) ※35位
スリーパーダ(牝 父ミッキーアイル/母シンハリーズ 斉藤崇史厩舎) ※73位
アンジーニョ(牝 父ミッキーアイル/母ポルケテスエーニョ 高橋義忠厩舎) ※93位
ブレスク(牡 父ルーラーシップ/母パララサルー 国枝栄厩舎) ※43位
ライラスター(牡 父ロードカナロア/母ハープスター 木村哲也厩舎) ※79位

 2021年06月05日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で1位だったコリエンテス(イスパニダの2019)は、所属するシルクホースクラブのホームページによると、7月10日の福島05R(2歳新馬・芝1800m)を当面の目標としている模様。今後も各ワールドで活発な入札が繰り広げられるのではないかと思います。

 第1回の「POG的データ分析」で強調したディープインパクト産駒は下記の通り。

コリエンテス(牡 父ディープインパクト/母イスパニダ 堀宣行厩舎) ※1位
フォーグッド(牡 父ディープインパクト/母ウィキッドリーパーフェクト 国枝栄厩舎) ※31位
●ルヴェルディ(牡 父ディープインパクト/母エクセレンス2 木村哲也厩舎)
ロードレゼル(牡 父ディープインパクト/母エンジェルフェイス 中内田充正厩舎)
アスクオンディープ(牡 父ディープインパクト/母カラズマッチポイント 藤原英昭厩舎)
●ウィズグレイス(牝 父ディープインパクト/母カラライナ 国枝栄厩舎)
●サトノゼノビア(牝 父ディープインパクト/母クイーンカトリーン 国枝栄厩舎)
レッドランメルト(牡 父ディープインパクト/母クイーンズアドヴァイス 国枝栄厩舎)
フォーブス(牝 父ディープインパクト/母ゴーイントゥザウィンドウ 藤原英昭厩舎)
ダノンブリザード(牡 父ディープインパクト/母コンクエストハーラネイト 池江泰寿厩舎)
チェルノボーグ(牡 父ディープインパクト/母コンテスティッド 藤原英昭厩舎) ※46位
ジュエルラビシア(牝 父ディープインパクト/母サファリミス 藤沢和雄厩舎)
●グランスラムアスク(牝 父ディープインパクト/母ジェニサ 矢作芳人厩舎)
ディープグラビティ(牡 父ディープインパクト/母スターシップトラッフルズ 菊沢隆徳厩舎)
マジカルキュート(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 音無秀孝厩舎)
ティズグロリアス(牝 父ディープインパクト/母ティズトレメンダス 木村哲也厩舎)
ルージュスティリア(牝 父ディープインパクト/母ドライヴンスノー 藤原英昭厩舎)
パーソナルハイ(牝 父ディープインパクト/母パーソナルダイアリー 矢作芳人厩舎)
ジャスティンパレス(牡 父ディープインパクト/母パレスルーマー 杉山晴紀厩舎)
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ウェストファリア(牝 父ディープインパクト/母フィオドラ 手塚貴久厩舎)
ダノンマイソウル(牡 父ディープインパクト/母フォエヴァーダーリング 矢作芳人厩舎) ※70位
レッドラディエンス(牡 父ディープインパクト/母ペルフォルマーダ 藤沢和雄厩舎)

 現2歳のディープインパクト産駒は現時点で6頭がJRAの新馬を使ったものの、勝ち上がったのは今のところコマンドライン(コンドコマンドの2019)のみ。“出遅れ”が気になっている方は多いかもしれません。さすがにそのうち巻き返してくると思いますけど、巻き返しのタイミング次第では入札の人気に影響してくる可能性もありそう。今後も動向を見守っていきたいところです。
 ちなみに、今シーズンの私は「ディープインパクト産駒を一頭も指名しない」という作戦で臨んでいます。活躍馬が出ないと見ているわけではなく、どう考えても例年より人気になりそうだからという理由で回避を選択したわけですが、果たしてどうなるでしょうか。

 比較的成績の良い厩舎に所属している馬はこちら。

ポイズンアロウ(牡 父Arrogate/母Crosswinds 藤沢和雄厩舎)
ソネットフレーズ(牝 父エピファネイア/母ボージェスト 手塚貴久厩舎) ※26位
サトノドルチェ(牡 父オルフェーヴル/母ラッドルチェンド 池江泰寿厩舎)
ラスール(牝 父キタサンブラック/母サマーハ 藤沢和雄厩舎) ※56位
リチュアル(牡 父キングカメハメハ/母メイデイローズ 藤沢和雄厩舎)
ソーブラック(牝 父キンシャサノキセキ/母ピーチブローフィズ 手塚貴久厩舎)
ウェルカムニュース(牡 父サトノアラジン/母レジェンドトレイル 池江泰寿厩舎)
ロードレゼル(牡 父ディープインパクト/母エンジェルフェイス 中内田充正厩舎)
ダノンブリザード(牡 父ディープインパクト/母コンクエストハーラネイト 池江泰寿厩舎)
ジュエルラビシア(牝 父ディープインパクト/母サファリミス 藤沢和雄厩舎)
フィアレスデザイア(牡 父ディープインパクト/母ヒルダズパッション 藤沢和雄厩舎) ※37位
ウェストファリア(牝 父ディープインパクト/母フィオドラ 手塚貴久厩舎)
レッドラディエンス(牡 父ディープインパクト/母ペルフォルマーダ 藤沢和雄厩舎)
オールユアーズ(牝 父ドゥラメンテ/母アイムユアーズ 手塚貴久厩舎)
ポルテーニャ(牝 父ドゥラメンテ/母サンタエヴィータ 西村真幸厩舎)
●マリトッツォ(牝 父ドゥラメンテ/母ポリリズム 友道康夫厩舎)
ヴァランシエンヌ(牝 父ドレフォン/母メリーウィドウ 西村真幸厩舎)
ドウデュース(牡 父ハーツクライ/母ダストアンドダイヤモンズ 友道康夫厩舎)
ファイナルアンサー(牝 父ハーツクライ/母ファイナルディシジョン 手塚貴久厩舎)
スパイダーバローズ(牡 父ハーツクライ/母マラコスタムブラダ 中内田充正厩舎) ※13位
フィデル(牡 父ハーツクライ/母ラッキートゥビーミー 友道康夫厩舎) ※21位
フォアランナー(牡 父ハービンジャー/母ジュモー 西村真幸厩舎) ※91位
サンドレス(牝 父ハービンジャー/母ツルマルワンピース 手塚貴久厩舎) ※54位
グランディア(牡 父ハービンジャー/母ディアデラノビア 中内田充正厩舎) ※50位
ナンヨーアゼリア(牝 父ハービンジャー/母パンデリング 手塚貴久厩舎)
コンフリクト(牡 父ビッグアーサー/母カルナヴァレ 西村真幸厩舎)
ラフシー(牡 父ブラックタイド/母ティップトップ 手塚貴久厩舎)
リンクスルーファス(牝 父ヘニーヒューズ/母ランニングボブキャッツ 手塚貴久厩舎)
ロマンドブリエ(牡 父モーリス/母レーヌドブリエ 池江泰寿厩舎)
ヴィルティス(牝 父ラブリーデイ/母リアリティー 友道康夫厩舎)
アドマイヤジェイ(牡 父ロードカナロア/母ライラプス 友道康夫厩舎)

 第1回の「POG的データ分析」では、友道康夫調教師や中内田充正調教師を特に強調しました。まだまだ面白そうな馬がデビューを控えておりますので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

パラレルヴィジョンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 125ビュー コメント 0 ナイス 4

東京11R安田記念(G1)
◎:8枠 17番 セリフォス
◯:5枠 10番 ソウルラッシュ
△:3枠 5番 ナミュール
△:5枠 9番 パラレルヴィジョン
△:7枠 13番 ステラヴェローチェ


香港の最強馬ロマンチックウォリアが実力を見せつけたレースでした。所長も◎にするか迷いましたが、◎にしない以上無印という大英断。それをあざ笑うかのように好位に取りつくと、外からのプレッシャーも何のその。直線中程で進路を見つけるとあとはゴールに向かって一直線。差してくるライバルに半馬身差を付けて優勝。スタート前から降った雨も味方してという方もいますが、着差以上の勝ち方。宝塚記念出走プランもあるようで、楽しみになってきました。

 2着にはナミュール。前回◎を打ちましたが中2週が気になり押さえに。直線では勝つ勢いもありましたがソウルラッシュを抑えるのが一杯でした。それでもG1ホースの底力を見せてくれました。

 3着にはソウルラッシュ。府中コース不得手を言われてましたが、メイチに仕上げてきて勝ちに行っての3着。評価をして良いと思います。ただ現在6歳。秋にG1制覇の勝負をかけてがんばって欲しいです。

 所長◎のセリフォスは位置取りが後ろすぎました。せめてナミュールの位置に居れば、際どい競馬になったかもしれませんが、これも競馬です。

 たぶお統括本部長 2024年6月3日(月) 13:02
今週の推奨馬+先頭の◎成績
閲覧 170ビュー コメント 0 ナイス 3


《今週の推奨馬》

★土曜日・京都10R・長浜特別(3歳以上2勝クラス・ダート1400m)
・テイエムリステット
前走は4月に今回と同じ舞台で3歳1勝クラス・ダート1400mを4馬身差で圧勝して昇級してきた3歳馬。
勝ちタイム1.23.5は、前日の古馬2勝クラスより1.1秒も速い優秀な時計であった。
これでダート1400mは〔2.0.1.0〕の複勝率100%で、3歳馬だから斤量的に有利なのに加えて時計的に充分通用するので勝ち負け必至。

★日曜日・函館10R・津軽海峡特別(3歳以上2勝クラス・ダート1700m)
・クリノグローリー
前走は5月に昇級初戦の京都ダート1800m平場戦を2着に好走。
これでダート成績は〔2.4.2.3〕だが、今回の1700mに限ると〔2.2.2.1〕と全2勝を挙げて着外は1回だけだ。
その唯一の着外も4着だから凡走ってのは無い。
函館は初めてだが、未勝利戦を同じ北海道の札幌で勝っているくらいだから問題ない。
クラス2戦目でベストのローカル1700mなら勝ち負け必至。

★日曜日・東京10R・夏至S(3歳以上3勝クラス・ダート1600m)
・サルヴァトーレ
(前々走に続いて2度目の推奨)
前走は5月に今回と同じ東京ダート1600mのディープインパクトカップを2着に好走。
これで昇級してから3着→2着と右肩上がりで、東京ダート1600mは〔2.2.1.0〕の複勝率100%となった。
前走は勝ち馬のドゥラレジリエントが強過ぎたが、3着を1馬身1/4差離していた事から現級で実力上位は明らか。
クラス3戦目の今回は当然勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・京都8R・聖護院特別
2着ミエスペランサ
複勝150円

★日曜日・東京10R・タイキシャトルカップ
13着ハードワイヤード

これで今年の推奨馬成績は
成績・〔12.15.6.15]
勝率・0.250
連対率・0.562
複勝率・0.687

単複回収率(48戰)
単勝・79.5%(3820円)
複勝・95.6%(4590円)
総合・87.6%

《先週の重賞レース◎成績》

★鳴尾記念(GⅢ)
競走除外ロードデルレイ

★安田記念(GⅠ)
13着パラレルヴィジョン

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔15.15.5.27〕
勝率・0.241
連対率・0.483
複勝率・0.564

単複回収率(62戦)
単勝・87.7%(5440円)
複勝・87.9%(5450円)
総合・87.8%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★アハルテケS
10着ユティタム

★松風月S
1着ジレトール
単勝510円
複勝180円

成績・[12.10.5.36]
勝率・0.187
連対率・0.343
複勝率・0.421

単複回収率(64戦)
単勝・60.4%(3870円)
複勝・68.4%(4380円)
総合・64.4%


[もっと見る]

 ken1 2024年6月2日() 17:30
安田記念は馬塲とペースを読み間違えた
閲覧 126ビュー コメント 0 ナイス 1

★安田記念 過去10年のデータから

A……ZI値3位以内が9/10年連対、3着以内10/10年
⇒★○1位10ソウルラッシュ、2位17セリフォス、3位3レッドモンレーヴ

B……3人気以内が連対8/10年、毎年3着以内
⇒★○1人7ロマンチックウォリアー、2人10番、3人17番

C……3着以内馬は、前2走において,aG1で3着以内13/30、bG2で3着以内
6/30、cG3で3着以内4/30、dG1で3人気以内2/30、
eG2で3人気以内3/30、fG3で3人気以内1/30、
残り1頭は15年クラレント(12年NHKマイル3、富士S1,東京新聞杯1)
※マイルG1で3着以内、マイル重賞勝ちあり
前走G3、OPなら3着以下は消し、条件戦なら勝ち
⇒○★★a5ナミュール、7番、12フィアスプライド、15ヴォイッジバブル
  ★b3レッドモンレーヴ、4ジオグリフ、6ドーブネ、10番、17番
  c9パラレルヴィジョン、11ウインカーネリアン、14コレペティトール、
  dなし
  e16エルトンバローズ、
  f2ガイアフォース、
  ※1カテドラル(NHKマイル3)13ステラヴェローチェ(朝日杯2)
18ダノンスコーピオン(NHKマイル1)
  ×なし

D……連対馬は、a前2走でマイルG1連対5/20、残りはbリピーター4頭、
c芝マイル重賞連対5頭、d前走G1連対2頭、eG2で1人気かG1で3人気以内4頭
⇒○a12番
  b17番
★★★c1,2,3,5,7,8,9,10,11,12,13,14,15,17,18番
  dなし
★★e5,10,15番

★E……近5年の勝ち馬は、東京芝千六~千八重賞勝ちある4,5才馬
⇒○5番(富士S)11番(東京新聞杯)13番(サウジアラビア)16番(毎日王冠)
17番(富士S)18番(NHKマイル)

※F……毎日王冠3着以内馬が3着以内好走傾向(14年ジャスタウェイ、18年アエロリット、
20年アーモンドアイ、21年ダノンキングリー、22年シュネルマイスター、サリオス
⇒○16エルトンバローズ1

G……前走人気 成績      勝率  連対率 複勝率
4番人気以内 9-5-8-58 11.3% 17.5% 27.5%◎
5番人気以下 0-2-1-58 0% 3.3% 4.9%△
 ※3着以内3頭はリピーター2頭(グランプリボス、ロゴタイプ)と15年クラレント(項目C参照)
前走が海外 1-3-1-14 5.3% 21.1% 26.3%
⇒★★◎3,5,9,10,12,14,17番
 △1,2,4,6,8,11,13,16、18番
(▲1,5,13,18)※マイルG1で3着以内あり
 ★外7,15番
 
H……前3走で芝マイルG1出走  成績      勝率  連対率 複勝率
          あり 6-9-5-50 8.6% 21.4% 28.6%○
          なし 4-1-5-80 4.4% 5.6% 11.1%
※マイルG1での最高着順が10着以下(0/0/0/10)
⇒★★○3,5,10,11,12,15,16,17番
 ×18番

I……年齢別成績
3歳馬 【0.0.1.4】
4歳馬 【5.3.2.28】◎
5歳馬 【3.4.3.38】○
6歳馬 【2.2.3.37】▲
7歳以上【0.1.1.23】※2頭は16年フィエロ(マイルCS2着2回)17年ロゴタイプは
リピーター
×7歳以上で当日10番人気以下
(0-0-0-19)
×7歳以上で単勝オッズ30倍以上
(0-0-0-20)
★⇒×1番(NHKマイル3のみ)8番、11番、

J……連対馬は、a芝G1連対あり15/20頭、残り4/5頭はキャリア12走以下で、
b3/5頭は前2走で重賞を含むOP以上連続連対、c後の19年インディチャンプ
(2走前G3勝ち→前走G20.2差4着)
dキャリア24走の17年サトノアラジン(16年0.2差4着惜敗、マイルCS0.2差4着、0.3差5着あり)
⇒★★★○a4ジオグリフ、5,7,10,12,13,15,17,18番
  b(9番13走)
  cなし
  d2ガイアフォース(23年0.2差4着、マイラーズ2,前走フェブラリーS2)

★K……10番人気以下では(0-1-2-67)3着以内3頭で2頭はリピーターと15年クラレント(項目C参照)
⇒×10人気以下4,6,8,11,14,16番
 ▲1番(NHK3)12番(Vマイル2)18番(NHK1)
 
★L……消しのデータ
a関東馬で当日10番人気以下(0-0-0-24)
⇒×4,11,12番
b前走3番人気以内や前走海外、以上の該当馬を除く関西所属騎手騎乗馬(0-0-0-31)
⇒×1,2,6,8,12,14番
c半年以上の休み明け、以上の該当馬を除く、単勝オッズ50倍以上(0-0-0-57)
⇒×1,8,14番

★M……1枠(0-1-1-15)※1~4枠から3着以内に入った10頭はすべて上位5番人気以内
   2枠(0-2-0-15)
   3枠(2-0-1-16)
   4枠(0-2-1-16)
   5枠(3-1-0-16)※5~8枠が8勝で外枠優位、
   6枠(0-2-2-16) 3着以内の6人気以下の穴馬は全て外枠
   7枠(4-1-3-15)
   8枠(1-1-2-21)
⇒×1,3,4,6,8番


項目Cで抜擢した中から、他項目の消しのデータで取捨し、更に項目D,Jで軸を探る
G1実績のある5,7,10,13,15,17,18番
問題は香港馬だが、7番にしても15番でもマイル1分34秒前後の持ち時計しか無く
1分31秒台の高速馬場に対応出来るか疑問、富士Sを1.31.4で勝てる5番が1.34.5しか
出せない香港の時計の掛かる馬場であるだけに、逆の立場の香港馬は厳しいと考えたい
ただし当日は降雨が予想され、雨量次第では稍重から重へと時計の掛かる馬場に悪化すれば
話は別で、その場合は一転して香港馬優位となるだろう
東京9Rの走破時計など直前まで馬場状態を見て判断したい

良馬場から稍重までならば、例年通りMペースから後傾ラップで上がり勝負を想定して
末脚が切れる馬を上位に取りたい
ならばやはり5、10、17,18番だが、10番はマイルCSでは5番にクビ差迫る
能力がありながら、安田記念では22,23年とも末脚不発が続き相性が良くない
となると項目Cから5か17番だが、馬場も含め不確定要素が多く2頭軸に
更に芝に戻ってマイル戦2連勝と伸びしろ十分の9番が、近6年連続で3着以内に
騎乗馬を持ってきているルメールに手戻りして狙い目

良~稍重前提で買い目を出すと、5,9,17番の2頭軸で
重馬場まで悪化なら香港馬2頭に道悪大得意の13番の2頭軸で

東京3R時点で稍重勝ち時計1.21.6とまずまず早い時計なので一応良~稍重馬場想定で
馬連(5,17、9)BOX各三百円 (5,9,17)→16,18各百円計9点
三連複(5,9,17)2頭軸=(2,10,12,13,16,18)各二百円19点
三連単(5,9,17)→(5,9,17)→(2,5,9,10,12,13,16,17,18)
フォーメーション各百円42点
複勝勝負は、超難解で絞れず見送り
≫≫7-5-10
ハナは6番、番手に11番で例年通りの後傾ラップ、3番手12番が好位4番が直線伸びず
半ばで抜け出した7番が押し切り、中団から5番が10番を交わして2着、内から2番が
切れ負け17番は後方から外を追い込んで来るも届かず
34.5-46.4-58.4-45.9-33.9=1.32.3
1分32秒切れず7番にとってはあつらえ向きの馬場時計になったか、パンパン馬場ならなあ
データ的には、全てのデータに厳密に選択すれば5,7,10,15,17番だったので
この5頭で1,2,3,5着とデータ通りだったわけで
馬場適性と勝ち時計と展開で例年より内枠優位にシフトし位置取りが結果を分けた
鞍上マクドナルドがスタート後さっと良い位置を付けられたのが勝因で好騎乗が光ったな

[もっと見る]

⇒もっと見る

パラレルヴィジョンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:69人 2022年9月24日() 17:14:05
ウーム
1:
  🟦 自由 🟦   フォロワー:99人 2021年6月22日(火) 17:48:51
ルメール騎手で!
今週出走!
するかも?

パラレルヴィジョンの写真

パラレルヴィジョンの厩舎情報 VIP

2024年6月2日安田記念 G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

パラレルヴィジョンの取材メモ VIP

2024年6月2日 安田記念 G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。