クルゼイロドスル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
クルゼイロドスル
クルゼイロドスル
写真一覧
現役 牡3 栗毛 2020年5月8日生
調教師高橋義忠(栗東)
馬主ゴドルフィン
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績 4戦[2-1-0-1]
総賞金3,211万円
収得賞金1,600万円
英字表記Cruzeiro do Sul
血統 ファインニードル
血統 ][ 産駒 ]
アドマイヤムーン
ニードルクラフト
スタリア
血統 ][ 産駒 ]
アルカセット
ダイアゴネル
兄弟 エオリアハートウォーミング
市場価格
前走 2023/05/07 NHKマイルカップ G1
次走予定

クルゼイロドスルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/05/07 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18612----** 牡3 57.0 M.デムー高橋義忠 ---- ------シャンパンカラー
23/01/05 中山 10 ジュニアC (L) 芝1600 138133.521** 牡3 56.0 M.デムー高橋義忠 474
(+6)
1.33.7 -0.735.6ニシノライコウ
22/11/12 阪神 11 デイリー2S G2 芝1600 10783.825** 牡2 55.0 和田竜二高橋義忠 468
(+2)
1.33.7 0.534.5オールパルフェ
22/10/23 東京 2 2歳未勝利 芝1600 158152.511** 牡2 55.0 M.デムー高橋義忠 466
(+6)
1.33.5 -0.233.8⑧⑧アサクサヴィーナス
22/07/30 新潟 5 2歳新馬 芝1600 1271031.072** 牡2 54.0 幸英明高橋義忠 460
(--)
1.36.3 0.532.4リバティアイランド

クルゼイロドスルの関連ニュース

5月7日の東京11Rで行われた第28回NHKマイルカップ(3歳オープン、牡・牝、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て=クルゼイロドスルが出走取消、1着賞金=1億3000万円)は、内田博幸騎手の9番人気シャンパンカラー(牡、美浦・田中剛厩舎)が後方追走から直線で力強く抜け出し3歳マイル王に輝いた。タイムは1分33秒8(稍重)。

ウンブライル(8番人気)は、2017年のアエロリット以来となる牝馬Vならずも2着に健闘した。後方2番手追走から直線で大外に持ち出すと、メンバー上がり最速34秒0の末脚で追い上げたが、シャンパンカラーにわずかアタマ差届かなかった。

横山武史騎手「以前に乗せてもらったときから走ると思っていました。信じた通りよく走ってくれました。前回からブリンカーを着けてくれたのも良かったと思います。最後の爆発力はすごかったけど、結果だけが残念でした」

【NHKマイル】アーリントンC覇者オオバンブルマイは3着 武豊騎手「〝勝ったかな〟と思ったが…」 2023年5月7日() 18:09

5月7日の東京11Rで行われた第28回NHKマイルカップ(3歳オープン、牡・牝、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て=クルゼイロドスルが出走取消、1着賞金=1億3000万円)は、内田博幸騎手の9番人気シャンパンカラー(牡、美浦・田中剛厩舎)が後方追走から直線で力強く抜け出し3歳マイル王に輝いた。タイムは1分33秒8(稍重)。

アーリントンCの覇者オオバンブルマイ(3番人気)は、上々のスタートも後方3番手まで位置を下げると、勝負どころから動き始めたシャンパンカラーを追うように進出。長い直線で426キロの小柄な馬体を感じさせない力強い走りを見せたが届かず、勝ち馬からアタマ+1馬身1/4差の3着に終わった。

武豊騎手「直線に向いてスムーズに外へ出して〝勝ったかな〟と思ったが、スムーズにいきすぎたぶん、最後はいっぱいになってしまいました」




[もっと見る]

【NHKマイル】1番人気カルロヴェローチェは5着 D・レーン騎手「勝負どころで馬場を気にした」 2023年5月7日() 18:09

5月7日の東京11Rで行われた第28回NHKマイルカップ(3歳オープン、牡・牝、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て=クルゼイロドスルが出走取消、1着賞金=1億3000万円)は、内田博幸騎手の9番人気シャンパンカラー(牡、美浦・田中剛厩舎)が後方追走から直線で力強く抜け出し3歳マイル王に輝いた。タイムは1分33秒8(稍重)。

1番人気のカルロヴェローチェは、中団馬群でしっかりと折り合いがつき、直線で満を持して追い出されたが、稍重の馬場が影響したのかスピードに乗らず、最後は追い上げたものの5着までだった。

◆D・レーン騎手「外枠からリズム良く走って直線に向いたが、最後の勝負どころで馬場を気にした感じでした」

[もっと見る]

【NHKマイル】エエヤンはイン突きも伸びず9着 戸崎圭太騎手「落ち着いたところで折り合いが…」 2023年5月7日() 18:09

5月7日の東京11Rで行われた第28回NHKマイルカップ(3歳オープン、牡・牝、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て=クルゼイロドスルが出走取消、1着賞金=1億3000万円)は、内田博幸騎手の9番人気シャンパンカラー(牡、美浦・田中剛厩舎)が後方追走から直線で力強く抜け出し3歳マイル王に輝いた。タイムは1分33秒8(稍重)。

未勝利、1勝クラス、ニュージーランドTと芝1600メートル戦を3連勝中だったエエヤン(2番人気)は、行きたがる場面が見られ、鞍上がなだめながらの追走。直線では馬群のインを突いたものの伸び切れず、9着に敗れた。

戸崎圭太騎手「東京でペースが落ち着いたところで折り合いがどうかと思っていましたが、そこを上手に乗れなかったです。直線がスムーズでなかったのもありますが、そこでエネルギーを消耗したのが影響したのかもしれません」

[もっと見る]

【NHKマイル】2歳マイル王ドルチェモアは12着大敗 三浦皇成騎手「結果を出せずに申し訳ないです」 2023年5月7日() 18:09

5月7日の東京11Rで行われた第28回NHKマイルカップ(3歳オープン、牡・牝、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て=クルゼイロドスルが出走取消、1着賞金=1億3000万円)は、内田博幸騎手の9番人気シャンパンカラー(牡、美浦・田中剛厩舎)が後方追走から直線で力強く抜け出し3歳マイル王に輝いた。タイムは1分33秒8(稍重)。

昨年の朝日杯FSを制し2歳マイ王に輝いたドルチェモア(4番人気)は、終始、行きっぷりが悪く、鞍上が押しながらの追走となると、直線では余力なく12着に大敗した。

三浦皇成騎手「きょうの馬場を考慮して、ゲートを出てリズム重視で運びました。ただ、馬場の割にペースが収まらなかったので、後ろからの馬で決まりました。最初のポジションでそのあたりの読みが甘かったと思います。結果を出せずに申し訳ないです」




[もっと見る]

【NHKマイル】シャンパンカラーが力強く抜け出し3歳マイル王! 2023年5月7日() 17:55

5月7日の東京11Rで行われた第28回NHKマイルカップ(3歳オープン、牡・牝、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て=クルゼイロドスルが出走取消、1着賞金=1億3000万円)は、内田博幸騎手の9番人気シャンパンカラー(牡、美浦・田中剛厩舎)が後方追走から直線で力強く抜け出し優勝。3歳マイル王決定戦を制し、初のGⅠタイトルを手にした。52歳の内田博幸騎手は、2018年フェブラリーSノンコノユメ)以来、約5年3カ月ぶりのJRA・GⅠ制覇。タイムは1分33秒8(稍重)。

アタマ差の2着にはウンブライル(8番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着にオオバンブルマイ(3番人気)が入った。なお、1番人気のカルロヴェローチェは5着、2番人気のエエヤンは9着に敗れた。

内田博幸騎手(1着 シャンパンカラー)「(5年ぶりのGⅠ勝利)なかなか大きなレースに乗る機会が少なくなってきて、今年はフェブラリーSも乗せてもらって、GⅠの感覚、感じを味わったのでそれもひとつステップになって今回につながったと思います。4コーナーくらいから手応えが良かったので早めに抜け出さないように周りを見ながらという感じで追い出しを待ちました。あとはゴールを1着で駆け抜けてくれ、という気持ちで追っていました。周りに飛ばす馬がいたので、楽に5、6番手に行ければそれがベストかなと思ったのですが、けっこう主張する馬もいました。雨が降って馬場も重くなっていたことですし、だったら馬に負担をかけないでしまい生かそうかなと乗りました。(このレースは2007年ピンクカメオでV)すごく昔の話になってしまいますが、改めてこのレースを勝てたことが本当に幸せですし、田中剛調教師やオーナー、この馬の関係者のみなさんにはすごく感謝しています。僕を乗せてくれたということを本当にありがたく思います。(シャンパンカラーは東京3戦3勝)こないだ(ニュージーランドT3着)は休み明けでもきっちり優先出走権を取ってくれました。東京の広いコースの方が合っていると思いますし、これくらいの競馬ができれば、この先もうひとつ力をつけて実りのある馬になっていくと思います」

NHKマイルCを勝ったシャンパンカラーは、父ドゥラメンテ、母メモリアルライフ、母の父Reckless Abandonという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は青山洋一氏。通算成績は5戦3勝。重賞は初勝利。田中剛調教師はNHKマイルC初勝利、内田博幸騎手は2007年ピンクカメオに次いで2勝目。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クルゼイロドスルの関連コラム

閲覧 1,415ビュー コメント 1 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月7日(日)東京11R 第28回NHKマイルC(3歳G1・芝1600m)



【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)


<前走:ニュージーランドT出走馬>(中3週)

エエヤン(1着、482kg(-10kg))<D><優先出走馬>
前走大きく馬体が減っていてこの中間も軽めの調整が続き、上積みがある感じの調整過程ではない。

ウンブライル(2着、472kg(-6kg))<B><優先出走馬>
この中間も追い切りでは好時計が出ていて1週前追い切りでも3頭併せの外を手応え良く伸びていた。引き続き出来は良さそう。

シャンパンカラー(3着、504kg(+2kg))<C><優先出走馬>
休み明け2戦目で1週前追い切りでは好時計が出ているが、走りが硬く伸び脚平凡で、発汗も目立っていた。

モリアーナ(4着、468kg(-6kg))<A>
阪神JF以外滞在の札幌と関東圏でのレースでは大崩れのない馬。この中間1週前追い切りでも抑えたまま楽に先着していて出来良好に見える。

ミシシッピテソーロ(5着、412kg(-6kg))<C>
速い時計は出ているが、もともと小柄な馬が使われるごと馬体重が減ってきている現状。前走時、この中間と強めに追われていない。馬体を維持するのが精一杯といったところだろう。

ドルチェモア(7着、482kg(+8kg))<C>
前走のパドックでは、馬体は増えていたが緩い感じもなく毛艶も良く見せ、出来自体はそれほど悪くはなかった印象。ただ、1週前追い切りの動きを見ると引っ張たままの併走相手にあっさり遅れていて、どこかスッキリしない感じあり。




<前走:アーリントンC出走馬>(中2週)

オオバンブルマイ(1着、426kg(-2kg))<C><優先出走馬>
休み明けの前走時は、乗り込み量も多く好時計も出ていて叩き台というよりはしっかり仕上げてきている感じだった。小柄な馬で坂路での動きを見ても非力な印象、パドックでも硬さありと、まだまだ馬体がしっかりしていない。それで好走しているので、今回は余力が残っているか心配。

セッション(2着、510kg(-2kg))<A><優先出走馬>
前走でも◎にした馬だが、大きな馬で使われつつ良くなっているところで、この中間も先週金曜日に速い時計をマークし、さらに上積み期待の様相。

ショーモン(3着、504kg(-8kg))<C><優先出走馬>
これまで1週前は長めから速い時計を出していた馬だが、この中間は間隔も詰まっているので軽めの調整。関東への輸送もあり調整に余裕があまりない。

トーホウガレオン(4着、506kg(+6kg))<C>【抽選対象馬1/3】
休み明けの前走時CW、坂路と好時計が出ていて、大きな馬でも太めを感じさせないパドックで仕上がりは良かった。ただこの中間、1週前が軽めの調整で今度は関東への輸送もあるので疲れが抜け切れていないようだと厳しい。

ナヴォーナ(7着、488kg(+12kg))<B>【抽選対象馬1/3】
休み明けの前走時は、馬体も増えていてパドックではまだ余裕がある馬体だった。間隔が詰まるこの中間だが、先週金曜日には坂路で追われて終い好時計マークと、叩き2戦目での上積みが窺える。

ユリーシャ(11着、448kg(+2kg))<C>
休み明けの前走は、追い切りでは好時計が出ていて出来は良さそうに感じていたが、パドックでは毛艶が冴えず覇気もなかった。この中間も軽めの調整で、あの前走時の出来だと変わり身に期待するのはどうか。




<前走:ファルコンS出走馬>(中6週)

タマモブラックタイ(1着、524kg(+2kg))<C>
短距離戦を使われている時は坂路で調整されていた馬だが、前走からの距離延長でこの中間はCWでの調整に。1週前追い切りでは好時計が出ているが、重さを感じる走りで動きは今ひとつ。

カルロヴェローチェ(2着、498kg(-10kg))<C>
2週前、1週前と3頭併せで連続遅れ。大きな馬で重め残りがあるのか速い時計を出さない日曜にも坂路で速い時計を出してきていて、どこまで絞れてきているかも含め最終追い切りでの動きに要注目。




<前走:その他のレース出走馬>

シングザットソング桜花賞:7着、432kg(-4kg)中3週)<D>
好走時は坂路で終い好時計の出る馬だが、この中間は平凡な時計。小柄な馬で使い詰めもあり、お釣りはそれほどなさそう。

ダノンタッチダウン皐月賞:18着、540kg(+4kg)中2週)<B>
これまでは1週前にコースで長めから強めに追われていたが、今回は中2週での出走で1週前は坂路で強めに追われて好時計。かなり大きな馬で、休み明けを一度叩かれての上積みが窺える。

オールパルフェ(スプリングS:7着、488kg(+4kg)中6週)<A>
休み明け2戦目で乗り込み量も豊富。2週前、1週前と強めに追われ好時計が出ており、動きを見てもバネのある走りで上積みあり。

クルゼイロドスル(ジュニアC:1着、474kg(+6kg)4ヶ月)<C>
休み明けで乗り込み豊富。1週前追い切りでは終い離されそうになりながらもしぶとく食い下がり、勝負根性を見せた。ただ休み明けの影響かモタモタしたところがあり、一度使われてからのほうが良さそう。

フロムダスク(サウジダービー:9着(前走海外)中9週)<C>
もともと坂路で速い時計の出る馬だが、今回の1週前追い切りでは終い甘くなって伸び脚も平凡という内容。

サトノヴィレ(フローラルウォークS:5着、496kg(-4kg)中6週)<D>【抽選対象馬1/3】
今回も中6週で、中間の乗り込み量は豊富も平凡な時計が多く上積みは薄い。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、セッションオールパルフェモリアーナの3頭をあげておきます。



◇今回は、NHKマイルC編でした。
今週も、NHKマイルC過去5年の連対馬について、追い切り内容を調べてみました。
最終追い切り「馬なり」だった馬が6頭、「強め」の馬が4頭となっているのですが、「強め」だった4頭の内3頭は直線だけ強めという内容で本当に目一杯に追われていた馬は1頭のみでした。「馬なり」勢は6頭中4頭が1週前に強めに追われていて、2頭が馬なりと全体的にみて追い切り内容に偏りは感じられませんでした。
桜花賞皐月賞と違ってNHKマイルCはステップレースが中3週、中2週と間隔が詰まっているため、中間の状態よりも直前の内容を重視したほうが良いのかもしれませんが、間隔を空けて使ってくる馬に関しては1週前に強めに追われて直前は馬なりという馬が多く、間隔が詰まっている馬は1週前はまだ回復待ちで最終追いで調整という馬が多くなっている傾向は認められます。逆に言うと、間隔が詰まっていても1週前に強めに追われて直前馬なりで調整できている馬は、かなり上積みが期待できると判断しても良いのかもしれません。







そして、今回のコラムでは今年プロデビューした新人プロ(中央、地方)の方々に、1週前の段階でのNHKマイルCの注目馬、見解について伺っていますのでぜひ参考にしてみて下さい。


~~~【単勝・連軸研究プロ】~~~
※出走表が確定していないのでイメージしにくいのですがNHKマイルCの注目馬を挙げてみます。
 
セッション:着内も着外も好内容続きで期待大
オールパルフェ:前走売れ過ぎに感じたが今回は手が出しやすい。マイルに戻るのもよさそう
トーホウガレオンアーリントンC上位3頭とあまり差がなさそうだが明らかに売れない気がする

ダノンタッチダウン皐月賞であれだけ崩れた馬がマイルに戻るという理由である程度売れるとすると手が出にくい


~~~【Curry1996プロ】~~~
【アピールポイント】
予想は自分なりに展開、調教、厩舎コメントなどを総合的にオーソドックスに予想を立ています。自分でも理由は分からないのですが昔から芝の短距離レースが良く当たる傾向にあります。

【NHKマイルCの注目馬】
ドルチェモア:前走は少し負け過ぎの気もしますが、休養明け、騎手乗り替りから見限るのは早計かと思います。
ダノンタッチダウン:1600m朝日杯FS2着の実力馬で皐月賞2000mは現時点では長く、距離短縮で再考と考えています。


~~~【世紀末覇者 券王プロ】~~~
<NHKマイルCの見解>
メンバー見渡すと大混戦で、何があっても驚けないと思っています。
(記憶違いがあったら申し訳ないのですが、)マイネルホウオウケイアイノーテックジョーカプチーノカレンブラックヒル......と、G1未勝利の騎手(柴田大知J、藤岡兄弟J、秋山Jなど)も来た一筋縄ではいかないレースでもあります。
その中で注目しているのは、モリアーナ
マイルの適性があるように思え、新馬戦(府中1600m)では上がり33.0で1着。
その後2走前クイーンC(府中1600m)で3着も一番強い競馬をしていました。
次走NZT4着で人気が下がるなら絶好の狙い目に。鞍上もG1なら信頼おけるノリさんに強化。後は私が重視するのは馬場なので、当日までこちらでいくかはまだ不透明なところを残しつつ......という感じです。現段階では、人気が何故か上がってこないようなので(それも見越して)注目馬とさせてもらいます。

<新人プロとしての抱負>
昨今都合の良い言葉で指数など理由づけに使われますが、指数などあてにしません。
指数が高い=人気馬ゆえ、馬場や天候、枠、騎手、アドバンテージなど、アナログ的な要素を重視して予想しております。100%とは言いませんが、大半は実際に馬券購入していますから自分が破産するような丁か半かホームランか三振か、累計赤字数千万みたいな予想はしていません(そもそもプロとして恥ずかしくてできません)。死に物狂いでやっているへんこな親父です。皆さん、よろしくお願い致します。


~~~【パンチ定食プロ】~~~
<NHKマイルCの注目馬>
カルロヴェローチェ:前走直線で相当な不利があったにもかかわらず、勝ち馬とハナ差で勝ちに等しい内容だったと思います。前が開いた瞬間の加速力と勝負根性は魅力的です。東京の広い直線はプラス。前々走は1600mで勝利しており、距離延長もプラス。
クルゼイロドスル:前走のジュニアCは逃げて強い勝ち方で、馬体の成長も見られた。デビュー2戦目は差しで勝利していて、どんな競馬にも対応できそう。直線で内によれていたので、東京左回りのほうがよさそうなのとマイルで鞍上M.デムーロ騎手なら、期待大。


~~~【雅夢。プロ】~~~
NHKマイルカップの私の注目馬です。
ダノンタッチダウン:今年の出走メンバーを見渡してもどの馬にも勝つチャンスがあるように思える難解な一戦。その中から私の注目馬は馬券圏内率の一番高いと思えるダノンタッチダウンです。前走の皐月賞では大差の最下位入着となりましたが、もとよりこの馬には2000mの距離は長いと考えていましたし、久しぶりのレースの影響か返し馬の段階で結構入れ込んでいました。レースでもあれだけ前々で進めては結果も頷けます。結果的に終いも流すだけの競馬となり馬の疲労もないとのことですし、今回はしっかりと中団で脚を溜めて長い直線を一気に駆け抜けてくれるでしょう。昨年の同レースの勝ち馬ダノンスコーピオンの師弟コンビ、川田騎手と安田隆行厩舎での連覇を楽しみにしています。
ウンブライル
シングザットソング


~~~【automnenoceプロ】~~~
NHKマイルCはPOGで選んでいて期待している馬がいるのでそこからいこうと思っています。
カルロヴェローチェ
この馬の新馬戦は例年ハイレベルの宝塚記念デー。2017年からこの日の「阪神新馬戦」はPOG期間中重賞で馬券になっている馬が出ています。
2017年
ダノンプレミアム1着→サウジRC1着(G3)報知杯弥生賞1着(G2)朝日杯FS1着(G1)
2018年
ブレイキングドーン1着→報知弥生賞3着(G2)
アドマイヤジャスタ2着→ホープフルS2着(G1)
2019年
レッドベルジュール1着→デイリー2S1着(G2)
2020年
ダノンザキッド1着→東スポ2歳S1着(G3)ディープ記念1着(G2)ホープフル1着(G1)、ワンダフルタウン2着→京都2歳S1着(G3)青葉賞1着(G2)
2021年
レッドベルアーム1着→シンザン記念3着(G3)
キラーアビリティ5着→ホープフル1着(G1)
2022年
カルロヴェローチェ1着→ファルコンS2着(G3)
ドゥラエレーデ5着→UAダービー2着(G2)ホープフルS1着(G1)
デルマソトガケ6着→サウジダービー3着(G3)UAダービー1着(G2)全日本2歳優駿(Jpn1)1着

前置きが長くなりましたが、カルロヴェローチェの新馬組は近年最多となる重賞好走馬3頭輩出(5/4現在)の一戦です。2着馬チャンスザローゼスも重賞こそ勝ち切れていませんが、次走の未勝利戦、アイビーSと連勝中。3着馬ゴッドファーザーは、次走の未勝利戦で2着馬と10馬身差での圧勝。4,8,10着馬も未勝利を勝ち抜けており、12頭中8頭が未勝利以上を突破しているハイレベル組です。
その中でも期待値が一番高いカルロヴェローチェですが、2走目の野路菊Sは負け方からみてもソエの影響があったと思うので度外視で、白梅賞では初の逃げで逃げ切り勝ち、前走のファルコンSはハナ差2着も距離延長なら勝っていたとみている内容。現時点、追い切りからは不安な感じもしていますが、ハイレベル新馬勝ち馬の距離延長ローテに期待したいと思っています。


~~~【皿屋敷プロ】~~~
中央G1は記念参加レベルですが、どうぞよろしくお願いします!私の本命はカルロヴェローチェモリアーナです。特に根拠はありませんが、見たい組み合わせなので。笑


登録済みの方はこちらからログイン

クルゼイロドスルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 2

★NHKマイルC

※A……ZI値3位以内が毎年連対
⇒○1位6エエヤン、2位15カルロヴェローチェ、3位4ショーモン

★B……3着以内馬は、前2走でaG1で3着以内2/30、bG2で3着以内6/30
cG3で3着以内14/30、dOPで勝ち2/30、e重賞で3人気以内2/30
f1勝級勝ちと交流ダート重賞勝ち2/30※例外の15年クラリティスカイは
朝日杯3,と19年ケイデンスコールは新潟2歳S1
⇒○a13ドルチェモア、18ダノンタッチダウン
  ★b3ウンンブライル、5シングザットソング、6番、11シャンパンカラー
  ★c2モリアーナ、4番、8セッション、10オオバンブルマイ、
   15番、16タマモブラックタイ、
  d12クルゼイロドスル、14ユリーチェ
  e9ナヴォーナ
  fなし
★★★⇒⇒クリアの馬で東京実績13番(サウジアラビア1)3番(新馬1)
2番(クイーン3)10番(京王杯2)11番(新馬、1勝級1)9番(新馬1)

★※C……3人気以内が連対9/10年
⇒○15,10、6番

★※D……前走千九以上(3/1/2/12)千八以下(7/9/8/138)※複勝率20%以上のレースは
桜花賞、アーリントンC、毎日杯の阪神外回りコース重賞
⇒○18番
 ▲4,5,8,9,10,14番

※E……前走1人気(5/4/2/15)2人以下(5/6/8/135)
⇒○13、14,15番

★F……近6年馬番1~9番(0/3/3/48)10~16番(6/3/3/42)

※G……勝ち馬条件近6年a前走単オッズ6人気以内、b前走勝つか0.4差以内、
c馬番11~18番、近10年d前走までに中山東京コース出走、e馬体重500K未満
⇒◎a×5,11,16,17,18番
 ★ b2,3,4,6,8,9,10,11,12,15,16番
  ★c11~18
  ★d1,2,3,6,7,8,9,10,11,12,13,17,18番
  ※e1,2,3,5,6,7,9,10,12,13,14,15,17番

★H……前2走で負けてもG1で2.1差以内、G2、3で1.0差以内、OP勝ち3/4か
負けても0.2差以内1/4,前々走条件戦以下なら1人気で勝ち
⇒○2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,15,16,
 ×1、14,17,18

※I……前走NZTで6人気以下(0/0/0/22)
⇒×11、17番

★J……千四以下実績ある馬が穴=13年6人気インパルスヒーロー(ファルコンS1)
8人フルムドグロワール(新馬1)14年17人タガノブルグ(橘S1)
15年4人アルビアーノ(五百万1)17年2人アエロリット(新馬1)
13人リエノテソーロ(すずらん1)6人ボンセルヴィーソ(ファルコン2)
20年9人ラウダシオン(ファルコン2)1人レシステンシア(ファンタジー1)
6人ギルデッドミラー(1勝級1)21年7人ソングライン(紅梅1)
1人グレナディアガーズ(ファルコン2)22年3人マテンロウオリオン(1勝級1)
18人カワキタレヴリー(新馬1)
※条件戦以下勝ちかOP以上連対
⇒▲1フロムダスク(京王杯2歳2)3ウンブライル(もみじ1)5番(フィリーズ1)
10番(京王杯2歳1)15番(ファルコン2)16番(ファルコン1)
17ミシシッピテソーロ(ダリア賞1)

★※K……連対馬は重賞勝ち12/20(千六8頭、千四1,千八1)、
OP勝ち15/20(千六2,千四1,千二1)例外の5頭も重賞2着有り
(千六2,千四1,千八1,二千1)
⇒◎5番(フィリーズ1)6番(NZT1)7番(デイリー杯1)
10番(アーリントン1)13番(朝日杯1,サウジアラビア1)
16番(ファルコン1)
 ○2番(コスモス1)3番(ダリア賞1)14番(エルフィン1)
17番(ダリア賞1)
 ▲1番(京王杯2)8番(アーリントン2)15番(ファルコン2)
18番(朝日杯2、デイリー杯2)

★※L……3人気以内の軸馬9/10年は、14年1人ミッキーアイル(シンザン記念1)
15年3人クラリティスカイ(OPいちょうS1)16年1人メジャーエンブレム
(阪神JF1)17年2人アエロリット(クイーンC2)18年ギベオン(毎日杯2)
19年2人アドマイヤマーズ(朝日杯1)20年1人レシステンシア(阪神JF1)
21年2人シュネルマイスター(弥生賞2)22年3人マテンロウオリオン
(シンザン記念)
※千六~二千重賞連対かマイルOP1
⇒◎3,6,7,8,10,12,13,14,18番
のうち3人気以内は、10,13,18番

★M……前走重賞で負け着差0.1秒以内以上の該当馬を除く当日10番人気以下(0-0-0-25)
⇒10人気以下なら×4,6,8,10,15,16番

※N……当日2番人気以内か前走2番人気以内か関東馬で関西所属騎手騎乗
以上の該当馬を除くキャリア4戦以内(0-0-0-23)
⇒×9、11
3人気以下なら×10,18

★O……×関東馬で単勝オッズ50倍以上(0-0-0-23)
⇒×7,17番

△前走OP特別・1勝クラス(0-2-0-21)
⇒△なし

★△前走10着以下(0-1-3-31)
⇒△14、18番

★△前走10番人気以下
(1-0-2-27)
⇒△5,17,18番

★×前走1400m以下で3番人気以下
(0-0-0-24)
⇒×16番

×前走1400m以下で3着以下
(0-0-0-12)
⇒×なし

P……6人気以下が連対7/10年、3着以内9/10年

Q……2桁馬番が連対8/10年、毎年3着以内、2頭以上6/10年、1桁無し1/10年


単オッズが割れる軸馬不在の群雄割拠状態のため、6,10,13,15番が
ほぼ拮抗で3人気以内が固定不能だが、6番は中山マイル3戦3勝とコース適性が
ありすぎてデータ的には消したくなる存在だが、ZI値1位で押さえはする
近年毎年の様に3着以内に入っているアーリントンC組では勝ち馬の10番が有力
朝日杯勝ちでサウジアラビアロイヤルC勝ちもある13番は、中山では逃げて
脆さを見せただけに東京マイルで巻き返せる
15番はレーン起用で1人気に押し出されているが、元々ファルコン2着と
短距離指向でもありあくまでZI値2位の為の次位的扱いで
朝日杯とデイリー杯で2着の18番は、やはり皐月賞ではHペースを先行して
惨敗だけに改めて東京コースで見直す

アーリントン2着だが1勝馬の8番は押さえまで
差してNZT2着の3番も押さえ
アーリントン組の4番もZI値3位で押さえ
2番はクイーンCでクビハナ差3着で、1,2着馬は桜花賞4,5着なら
持ち時計1位なだけにここでも通用しそうではある

馬連(10,13、18)BOX各五百円
三連複(10,13,18)=(2,3,4,6,8、15)各二百円19点
三連単(10,13)→(10,13,18)
→(2,3,4,6,8,10,13,15、18)
フォーメーション各百円28点
複勝勝負は、超難解で絞れず見送り
≫≫11-3-10
1番がハナ切り先行好位勢殺到テン3F34.3とHペース
13番は押して好位取るも道悪でか行きっぷり悪く失速
直線後方から追い込んだ3頭で決着
データ的には11番がコース2戦2勝、3番が新馬東京千四圧勝、10番が
京王杯勝ちとコース適性と展開に嵌まった
特に11番は前走NZT3着と項目Bはクリア
3、10番もBをクリアして、項目Jもクリアだった(2頭とも千四で2勝)
どんぐり背比べの拮抗メンバーならコース適性と展開、前走がより重要度
マシマシだったという事か
逃げ先行馬多く差し有利なら13番重視は筋悪だったか、格に拘りすぎた

 とらきち社長 2023年5月6日() 23:33
5/7東京11R・NHKマイルCの勝負予想
閲覧 133ビュー コメント 0 ナイス 4

月曜には競馬日記でレース傾向と注目馬を記載しました。
その中で触れたのはクラシック王道路線の上がり勝負経験馬、もしくは1400質適性馬が優位になりやすいということ。
しかし、今年は雨馬場が想定され水捌けの良い東京競馬場でも日曜朝から止むタイミングのないこの雨は少なからずレースに影響するはず。そうなれば高速馬場で一定のペースを持続力を活かして走ることでアドバンテージを取りたい1400質適性馬は不利になります。
ただ、これも月曜の競馬日記に書いたようにクラシック王道路線の上がり勝負から好走してきた馬も今年は不在。
そんなこんなでかなり迷いましたがここは大穴オールパルフェの一発に期待したいと思います。オールパルフェが制したデイリー杯2歳ステークスは2着のダノンタッチダウンが朝日杯FSで2着、3着のショーモンがアーリントンC3着、5着のクルゼイロドスルがジュニアCを制するなど好メンバーが揃った一戦。この馬の勝因は前半4F中3度12秒台を刻んで比較的楽逃げができたことにあると思います。対して近2走は朝日杯は12秒台が最初の1Fだけで後は10.4-11.3-11.6とG1らしい締まったペースでの逃げ、スプリングSもグラニットが飛ばした逃げで4番手のこの馬も十分な負荷がかかった展開でした。今回はユリーシャがどこまでのペースで逃げるかは分からないものの東京ならここ2走の前傾ラップから消耗戦になるような流れではなく上がりも求められ前走で控える競馬も経験したことが活きてくるはず。実力は足りているし、このオッズなら期待値的にも評価したいところです。

[もっと見る]

  2023年5月6日() 11:35
NHKマイルCの出馬画像 
閲覧 223ビュー コメント 0 ナイス 6

続けて皆さんこんにちは!

こちらにはNHKマイルCの出馬画像載せてみます

12番クルゼイロドスルが取り消しなっておりますが
取り消し前に作成してる分ですので
順番など見て判断してもらえれば

アテならんかもしれませんが
参考程度に目安程度になりゃいいなと

良けりゃ見てやってください!

では皆さん良き競馬デーを!

[もっと見る]

⇒もっと見る

クルゼイロドスルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  海外にいても競馬はやめられない   フォロワー:8人 2022年10月23日() 12:36:42
サウジカップ勝ち時計同等

クルゼイロドスルの写真

クルゼイロドスル
クルゼイロドスル

クルゼイロドスルの厩舎情報 VIP

2023年5月7日NHKマイルカップ G10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クルゼイロドスルの取材メモ VIP

2023年1月5日 ジュニアカップ (L) 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。