会員登録はこちら
日刊スポシンザン記念 G3   日程:2019年1月6日() 15:45 京都/芝1600m

レース結果

日刊スポシンザン記念 G3

2019年1月6日() 京都/芝1600m/12頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分31秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 2

ヴァルディゼール

牡3 56.0 北村友一  渡辺薫彦 444(0) 1.35.7 6.8 4
2 1 1

マイネルフラップ

牡3 56.0 吉田隼人  梅田智之 470(+8) 1.35.7 クビ 32.7 10
3 7 10

ミッキーブリランテ

牡3 56.0 坂井瑠星  矢作芳人 460(+2) 1.35.9 1 1/2 5.4 2
ラップタイム 12.3 - 10.8 - 11.6 - 12.6 - 12.5 - 12.1 - 12.1 - 11.7
前半 12.3 - 23.1 - 34.7 - 47.3 - 59.8
後半 61.0 - 48.4 - 35.9 - 23.8 - 11.7

■払戻金

単勝 2 680円 4番人気
複勝 2 230円 4番人気
1 640円 10番人気
10 220円 3番人気
枠連 1-2 11,350円 25番人気
馬連 1-2 11,220円 33番人気
ワイド 1-2 2,930円 36番人気
2-10 780円 9番人気
1-10 2,420円 30番人気
馬単 2-1 17,720円 59番人気
3連複 1-2-10 16,270円 59番人気
3連単 2-1-10 112,900円 370番人気

日刊スポシンザン記念のニュース&コラム

【JRA賞】牝馬3冠&JC優勝のアーモンドアイが年度代表馬!
 2018年度の『JRA賞受賞馬選考委員会』が1月8日、東京都港区のJRA本部で開かれ、年度代表馬にはオークスなど牝馬3冠をそれぞれ危なげない勝利で飾り、ジャパンCも世界レコードで制したアーモンドアイ(牝3歳 ※馬齢表記は2018年時点、美浦・国枝栄厩舎)が276票の満票で選出された。なお同馬は最優秀3歳牝馬も満票で選出されている。授賞式は28日に都内で行われる。 アーモンドアイは、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母の父サンデーサイレンスという血統の牝馬。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は7戦6勝。重賞は2018年シンザン記念(GIII)、桜花賞(GI)、オークス(GI)、秋華賞(GI)、ジャパンC(GI)の5勝。 18年はシンザン記念、桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンCを勝ち5戦5勝の戦績を残したアーモンドアイ。牝馬3冠最終戦の秋華賞ではオークス以来となる出走で14キロ増とさらにパワーアップした姿で登場し、上がり3ハロン33秒6の豪脚で史上5頭目となる牝馬3冠制覇を達成。 続く初めて古馬相手の戦いとなったジャパンCでも、2分20秒6の世界レコードを叩き出す圧巻の走りを見せ優勝。6年ぶり史上2頭目の3歳牝馬によるジャパンC制覇を成し遂げた。年間獲得賞金は7億円を超え、12年にジェンティルドンナがマークした6億8173万8000円を更新し、3歳牝馬の年間最高獲得賞金を記録。またJRA・GI年間4勝以上は、17年のキタサンブラック以来8頭目の記録。★アーモンドアイの競走成績はこちら
2019年1月8日(火) 14:52

 578

【シンザン記念】名馬への登竜門デビュー!ヴァルディゼール2戦目V
 北村友一騎乗で4番人気のヴァルディゼールが直線インから鋭く伸びて快勝。53回目にして初めて、キャリア1戦の馬が優勝した。管理する渡辺薫彦調教師は開業4年目でうれしい重賞初勝利。タイム1分35秒7(良)。クビ差2着が10番人気マイネルフラップで、1番人気のアントリューズは8着に敗れた。 新春の夕日が映える淀のターフで、期待の新星が誕生した。ヴァルディゼールが無傷の連勝で重賞初制覇。デビュー2戦目でのシンザン記念Vは、史上初の快挙だ。 「いい枠でしたし、ゲートだけしっかり出て好位で競馬をしたいと思っていました。抜け出してからフワフワする面を見せたけれど、それも能力のある証拠。(渡辺調教師に)重賞初勝利をプレゼントできてうれしいですね」 昨年、キャリアハイのJRA年間90勝を挙げた北村友騎手が、勢いそのままに、今年最初の重賞騎乗で初笑いだ。発馬を決めて、道中は中団の内をリズム良く追走。直線で馬群が内外にばらけると最内に進路を取って一気に加速する。残り200メートル付近で先頭に立つと、一瞬気を抜いたが、最後はマイネルフラップの猛追にグイッともうひと伸び。クビ差しのいで先頭でゴールを切った。 渡辺調教師は、開業4年目、18度目の出走でうれしい重賞初勝利。「完璧に乗ってくれました。外からやられたと思ってドキドキしましたが、最後に伸びましたね」と満面の笑みを浮かべた。騎手時代はナリタトップロードの菊花賞(1999年)など重賞10勝と活躍。「あのときはわけが分かりませんでしたが、(調教師になって)ひとつ勝つことが大変だと分かりましたし、よかったです」と喜びをかみしめる。 近年、出世レースとして定着しているシンザン記念。2011年2着のオルフェーヴルが三冠馬に輝き、12年ジェンティルドンナ、昨年のアーモンドアイはここを勝って牝馬3冠、さらにはジャパンCまでも制した。そのアーモンドと同じロードカナロア産駒だけに、夢がふくらむ。 「体も気性もまだ幼いですが、伸びしろと捉えたいですね。ポテンシャルはあるので、もっともっとこれから成長していってほしい」と主戦は大きな期待を寄せた。今後は未定だが、ヴァルディゼールの視界には無限の可能性が広がっている。 (渡部陽之助)■ヴァルディゼール 父ロードカナロア、母ファーゴ、母の父ハーツクライ。鹿毛の牡3歳。栗東・渡辺薫彦厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績2戦2勝。獲得賞金4544万1000円。重賞初勝利。シンザン記念は渡辺薫彦調教師、北村友一騎手ともに初勝利。馬名は「フランスの地名でスキーリゾート地。母名より連想」。★6日京都11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら
2019年1月7日(月) 10:07

 151

【シンザン記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆池添騎手(パッシングスルー4着) 「今回はいつでも動ける位置からもたもたした。直線はまた伸び返そうとしていたので、これがいい経験になれば」 ◆秋山騎手(ハッピーアワー5着) 「前を射程圏に入れて運ぶレースだったが、そういう走りをすると止まってしまい、距離が少し長いと感じた」 ◆松山騎手(ミヤケ6着) 「いいところを通れた。直線もこの馬なりに伸びてくれました」 ◆武豊騎手(ゴータイミング7着) 「一瞬、伸びそうだったけどね。これが次につながれば」 ◆福永騎手(ドナウデルタ9着) 「スペースがなく、かわいそうなことをしてしまった。申し訳ない」 ◆藤岡康騎手(コパノマーティン10着) 「行ってくれという指示。これから力をつけてくれば」 ◆和田騎手(シャドウエンペラー11着) 「3番手で落ち着いたが、手応え通りに動けなかった」 ◆浜中騎手(ニホンピロヘンソン12着) 「いろいろ工夫して臨んでも、イレ込んだのが痛かった」★6日京都11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら
2019年1月7日(月) 10:06

 211

【シンザン記念】吉田隼「フラフラ」もフラップ強襲2着
 10番人気の低評価だったマイネルフラップが、最後方から大外を回って強襲。メンバー最速の上がり3ハロン35秒0という末脚で2着を確保し、賞金加算に成功した。それでも吉田隼騎手は「道中は進んでいかず、腹をくくってしまい勝負に徹しました。ラストはよく伸びてくれましたが、4コーナーでぶつけられたり、自身もフラフラして…」と悔しげ。収穫はあったが、今後の課題も残るレースぶりだった。★6日京都11R「シンザン記念」の着順&払戻金はこちら
2019年1月7日(月) 10:05

 128

日刊スポシンザン記念のニュースをもっと見る >

【シンザン記念】アントリューズ仕上がり良好
 連勝で波に乗るアントリューズは、美浦坂路で総仕上げ。単走で4ハロン54秒7、40秒5-12秒9を馬なりと軽めだったが、栗田徹調教師は「暮れにやっているので、これで十分」と仕上がりの良さを強調する。そのうえで「体の緩さがだいぶ解消しているので、動きが良くなってきた。京都は合うイメージだし、おとなしいので長距離輸送も問題ないはず」と期待感をにじませていた。★シンザン記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月3日(木) 05:04

 839

【シンザン記念】追って一言
 ◆パッシングスルー・黒岩師 「折り合ってしまいの反応も良かった。牝馬にしては気持ちの切り替えが上手。新馬戦の脚が使えるようなら」★シンザン記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年1月3日(木) 05:04

 1,120

【2歳次走報】マイネルフラップ、シンザン記念に登録へ
 ★千両賞を勝ったマイネルフラップ(栗・梅田、牡)はシンザン記念(1月6日、京都、GIII、芝1600メートル)とジュニアC(同、中山、OP、芝1600メートル)に登録する。11着ウルクラフト(栗・吉村、牝)は白梅賞(同12日、京都、500万下、芝1600メートル)を予定。 ★阪神ジュベナイルフィリーズ7着タニノミッション(栗・中竹、牝)はフェアリーS(1月12日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。 ★11月24日の京都新馬戦(芝1400メートル)を勝ったラフェリシテ(栗・須貝、牝)は紅梅S(1月14日、京都、OP、芝1400メートル)へ。 ★京都2歳S5着ショウリュウイクゾ(栗・佐々木、牡)は京成杯(1月14日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。 
2018年12月26日(水) 05:00

 582

プロ予想家の的中情報


日刊スポシンザン記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月6日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 
2,420円 79,860円
Lv109 

230円
220円
450円
Lv109 
17,720円 177,200円
Lv103 
780円 3,900円
Lv102 
2,420円 24,200円

的中情報をもっと見る >

日刊スポシンザン記念過去10年の結果

2018年1月8日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重
1着 アーモンドアイ 戸崎圭太 1:37.1 2.9倍 94.1
2着 ツヅミモン 秋山真一郎 1 3/4 16.7倍 91.8
3着 カシアス 浜中俊 クビ 7.5倍 91.8
2017年1月8日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2016年1月10日() 京都競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ロジクライ 浜中俊 1:34.1 22.5倍 94.1
2着 ジュエラー M.デムーロ クビ 4.1倍 94.1
3着 シゲルノコギリザメ 太宰啓介 クビ 56.8倍 93.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日刊スポシンザン記念のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝1600m

明け3歳世代にとって最初の牡馬混合重賞。ローテ面を見ると、2008年以降の3着以内馬のほとんどが中4週以内での臨戦。馬体を絞りづらい冬場ということもあって、レース間隔はある程度詰まっていたほうがいい。ステップは3勝の朝日杯FS組が最有力。朝日杯FS以外では、前走500万下出走馬の活躍が目立つ。とりわけ、阪神1600mを使われた馬が強く、2016~2017年には2年連続で8番人気馬が優勝。ほかの年でも、9番人気以下の伏兵が4頭も馬券に絡んでいる。穴党にとっては格好の標的と言えよう。舞台となる京都外回り1600mは、良馬場だと高速決着になりやすい。ゆえに、スピードと瞬発力を兼ね備えた馬が狙い目になる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

日刊スポシンザン記念の歴史と概要


2014年の優勝馬ミッキーアイル

新春の淀のマイルで3歳のトップホースが相まみえる伝統の一戦。ここでの勝利を機に、クラシック戦線で活躍する馬も少なくない。第31回(1997年)のシーキングザパール、第36回(2002年)のタニノギムレット、第48回(2014年)のミッキーアイルなど、のちにG1ホースとなった馬も多数。第46回(2012年)の勝ち馬ジェンティルドンナは、牝馬三冠をはじめ、ジャパンカップ連覇、ドバイシーマクラシック有馬記念などG1を7勝する活躍を見せた。また、勝ち馬以外では第45回(2011年)2着のオルフェーヴルの名前が光る。

歴史と概要をもっと見る >

日刊スポシンザン記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年3月23日(
日経賞  G2
毎日杯  G3
2019年3月24日(
マーチステークス  G3
高松宮記念  G1

競馬番組表

2019年3月23日(
3回中山1日目
2回中京5日目
2回阪神1日目
2019年3月24日(
3回中山2日目
2回中京6日目
2回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
60,042万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
49,910万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
9 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
10 リスグラシュー 牝5
43,142万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンファンタジー 牝3
15,637万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
14,762万円
3 ファンタジスト 牡3
11,012万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
5 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
6 クロノジェネシス 牝3
8,492万円
7 エメラルファイト 牡3
8,123万円
8 ハッピーアワー 牡3
7,799万円
9 メイショウテンゲン 牡3
6,961万円
10 プールヴィル 牝3
6,826万円
» もっと見る