今週の重賞レース

日刊スポシンザン記念 G3   日程:2021年1月10日() 15:45 中京/芝1600m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 12

ピクシーナイト

牡3 56.0 福永祐一  音無秀孝 536(-2) 1.33.3 13.0 4 35.2 ①①①
2 2 3

ルークズネスト

牡3 56.0 幸英明  浜田多実 500(0) 1.33.5 1 1/4 20.4 8 34.8 ⑩⑨⑦
3 6 10

バスラットレオン

牡3 56.0 坂井瑠星  矢作芳人 478(0) 1.33.7 3/4 4.2 2 35.5 ②②②
4 8 15

ククナ

牝3 54.0 C.ルメー  栗田徹 450(0) 1.33.8 1/2 2.4 1 34.9 ⑩⑩⑩
5 4 6

セラフィナイト

牡3 56.0 丸山元気  宮田敬介 438(-4) 1.34.0 1 1/2 20.7 9 34.7 ⑬⑬⑫
6 2 2

ブルーシンフォニー

牡3 56.0 田辺裕信  伊藤圭三 476(+4) 1.34.1 1/2 34.2 10 35.4 ⑤⑦⑦
7 1 1

マリアエレーナ

牝3 54.0 川島信二  吉田直弘 416(+4) 1.34.1 アタマ 38.6 11 34.6 ⑭⑬⑭
8 8 14

ワザモノ

牡3 56.0 黛弘人  尾関知人 504(0) 1.34.2 クビ 97.7 13 35.2 ⑥⑩⑩
9 5 9

ルース

牝3 54.0 池添謙一  池添兼雄 494(+12) 1.34.2 クビ 124.9 14 35.0 ⑫⑫⑫
10 6 11

レゾンドゥスリール

牡3 56.0 川田将雅  須貝尚介 460(+4) 1.34.4 1 1/4 13.2 5 34.9 ⑭⑮⑭
11 3 5

ダディーズビビッド

牡3 56.0 浜中俊  千田輝彦 492(0) 1.34.5 1/2 16.6 7 36.0 ⑥⑤⑤
12 5 8

トーカイキング

牡3 56.0 和田竜二  西橋豊治 446(0) 1.34.6 1/2 176.7 15 36.2 ②④④
13 4 7

ファルヴォーレ

牡3 56.0 吉田隼人  高橋義忠 448(0) 1.35.2 3 1/2 46.8 12 36.5 ⑥⑦⑦
14 3 4

カスティーリャ

牡3 56.0 松山弘平  橋口慎介 446(+14) 1.35.4 1 1/2 13.2 6 36.8 ⑥⑤⑤
15 7 13

ロードマックス

牡3 56.0 岩田望来  藤原英昭 442(-2) 1.35.7 1 3/4 8.8 3 37.4 ②②②
ラップタイム 12.5 - 10.9 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 11.6 - 11.6 - 12.0
前半 12.5 - 23.4 - 34.7 - 46.3 - 58.1
後半 58.6 - 47.0 - 35.2 - 23.6 - 12.0

■払戻金

単勝 12 1,300円 4番人気
複勝 12 320円 5番人気
3 440円 8番人気
10 180円 2番人気
枠連 2-7 2,980円 12番人気
馬連 3-12 11,980円 39番人気
ワイド 3-12 2,920円 35番人気
10-12 1,040円 10番人気
3-10 1,070円 11番人気
馬単 12-3 21,940円 68番人気
3連複 3-10-12 13,750円 49番人気
3連単 12-3-10 118,210円 380番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:302,795人(01月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【シンザン記念2021予想】枠順の大きな偏りはなし!確かな末脚を持つ馬が優位!

前年度第3回~今年度第1回中京開催の芝のレース結果、過去のシンザン記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

7日に降水量として記録されない程度の小雪が降ったものの、その後は好天に恵まれ、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。

ちなみに、この中間は6日と7日に散水作業を実施。それでも含水率は3回中京開催時と大きな差がなく、クッション値は3回中京開幕週とほぼ同水準の数字が出ている。路盤の状態が良い、走りやすいコンディションであることに疑う余地はない。

土曜日の結果を振り返ると、内めを通る馬、中団より前に位置した馬がやや有利の状況。だが、開幕日と比較すると、枠順の偏りが小さく、脚質的な有利不利の差も縮まってきているように思える。

事実、土曜日施行の芝競走4クラのうち2クラは、4角4番手以降だった馬が1~3着を独占している。差し馬が幅を利かせる馬場に変わりつつあることは頭に入れておくべきだ。

そのあたりを踏まえると、枠順よりも鋭い決め脚を備えているかどうかのほうが重要。となれば、頼りになるのは近走で上位の上がり3ハロンタイムを記録している馬だろう。

なかでも、近2走ともに上がり3ハロン上位(3位以内)という(キャリア1戦の場合は前走で上がり3ハロン最速を記録している馬)、確かな末脚を持つ馬が優位とみる。

血統面については、前年12月以降の中京開催における芝1600mの結果を検証すると、父キングマンボ系とディープインパクトの血を引く馬が堅調。ほかでは、父または母の父にロベルト系やノーザンダンサー系の種牡馬を持つ馬の上位進出が目につく。

また、近2走内に3着内の好走歴を持ち、なおかつ前走で芝の1600m以上を使用していた馬が存在感を発揮しているのも、近年におけるシンザン記念の大きな特徴。血統面と合わせて押さえておきたいポイントだ。

今回の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(近2走ともに上がり3ハロン上位)の要点をともに満たしているのは、④カスティーリャ、⑬ロードマックス、⑮ククナ。よって当欄では、この3頭を注目株として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
カスティーリャ ロードマックス ククナ
プロ
予想

【シンザン記念2021予想】2020年◎回収率100%超達成の予想神「スガダイ」とPOGスペシャリスト「柿谷陽介」の注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」とPOGスペシャリスト「柿谷陽介」がシンザン記念、フェアリーステークスの特注馬を大公開!トッププロ予想家のハイレベルG1トークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) 柿谷陽介(POGスペシャリスト) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【シンザン記念2021予想】ロードマックス、ククナがA評価-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われるシンザン記念の出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①マリアエレーナ【C】
栗東CW単走(5日)。小柄な馬にもかかわらず、長めからしっかり追えているあたり、体調自体は悪くなさそう。だが、相手強化の重賞で勝ち負けを望める状態にあるかといえば疑問符が付く。今回は期待よりも不安のほうが大きい。

②ブルーシンフォニー【B】
美浦南W併走(6日)。調整色の濃い内容ながら、自身のリズムを保って、落ち着いて走れていた。股下に発汗が見られることや、競る気配が薄く映る点は気になるも、脚元の動き自体は悪くない。及第点のデキにはある。

③ルークズネスト【B】
栗東CW単走(6日)。他厩舎の併せ馬が気になるのか、体の向きが安定しない。とはいえ、進路が定まったあとのダイナミックなフォームは見どころがあった。急上昇とはいかないまでも、前回のデキを下回るということはない。

④カスティーリャ【B】
栗東坂路単走(6日)。力みがちではあるが、首をしっかり使えているので、走りのリズムは悪くない。キレは感じないものの、最後までしぶとく脚を伸ばしており、自身の持ち味は出している印象。いい仕上がり具合ではないか。

⑤ダディーズビビッド【B】
栗東CW単走(6日)。推進力が上に逃げ気味の反面、前肢は大きく使えており、鞍上の手ごたえに見合った走りはできている。状態は安定しており、自身の力を出せる態勢とみていい。

⑥セラフィナイト【C】
美浦南W併走(6日)。コーナーを回る際の手前が逆で、外へ張り出し気味になってしまったのは減点材料。手前が落ち着かないのは実戦でも同じ。そのあたりを踏まえると、積極的には手が出ない。

⑦ファルヴォーレ【B】
栗東坂路単走(7日)。首の上下動幅が安定しないものの、ステップは軽快で活気も十分。鞍上の指示に対する反応も悪くなく、状態は良さそう。あとは実戦でテンションを維持できるか否か。そのあたりが焦点となる。

⑧トーカイキング【C】
栗東坂路単走(7日)。暮れから順調に本数を重ねていることは評価できるが、前回時と比べると時計的に物足りない。キャリア7戦という経験値の高さでどこまでカバーできるか、といったところだろう。

⑨ルース【C】
栗東坂路単走(7日)。加速ラップを記録したものの、四肢だけで走っているような印象で、時計ほどのスピードを感じることはできなかった。牡馬混合の重賞で上位争いに加わるには、もう一段階上の変わり身がほしい。

⑩バスラットレオン【B】
栗東坂路併走(6日)。やや単調な走りだが、それは前回も同様。折り合いはついているし、鞍上のゴーサインに対する反応も悪くなかった。中2週が続くものの、デキ落ちや疲れは感じられない。好調維持とみてよさそうだ。

⑪レゾンドゥスリール【B】
栗東CW併走(7日)。パートナーの僚馬2頭に体勢不利の形でゴールしたが、折り合い重視の調整なので、深刻に捉える必要はない。それなりに競る気配は示しているし、脚どりも確か。雰囲気は決して悪くない。

⑫ピクシーナイト【B】
栗東坂路併走(6日)。手ごたえに余力を残したまま、最後は僚馬を突き放してゴール。気難しい面を随所に出していたが、制御はしっかり利いている。この馬なりに良い状態とみて差しつかえない。

⑬ロードマックス【
栗東CW併走(6日)。直線で鞍上に促されると素早く加速。前を行く僚馬をあっさりとパスした。道中のテンポ良い走りと、スピードに乗ってからの回転鋭いフットワークは目を引くものがある。好ムード。

⑭ワザモノ【C】
美浦南W併走(6日)。僚馬2頭に体勢有利の形でゴールしたものの、頭が高く首の動きも硬め。そのぶん、スピードに乗るまでに時間を要している印象を持つ。今回の舞台で好勝負を演じるには、展開や馬場など何らかの恩恵がほしい。

⑮ククナ【
美浦坂路単走(6日)。最後まで集中力を保ち、好タイムをマークした。走りやすい馬場とはいえ、低い重心から繰り出す力強いフットワークは見ごたえ十分。力を出せる仕上がりと判断したい。

【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップ評価は⑬ロードマックスとする。今週の併せ馬では中2週の間隔を感じさせない、非凡な脚力を披露した。G1出走の反動は見受けられず、むしろ上げ潮ムードにある。

ククナも差はない。美浦坂路主体に本数を積み上げ、今週の本追い切りではラスト2ハロン23秒7-11秒6の好ラップをマーク。ここ目標にキッチリと仕上げてきた印象を持つ。

<注目馬>
ロードマックス ククナ

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:302,795人(01月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【シンザン記念2021予想】ククナ「すごく弾んでいて、息も楽そう」 バスラットレオン「さらに上積みはあると思う」

 ◆カスティーリャ・橋口師「先週しっかりやっているので、馬なりでテンションを上げ過ぎないように。ひと息入れてたくましくなっています」

 ◆ククナ・栗田師「すごく弾んでいて、息も楽そうだった。中京の馬場は傷んでいる感じだけど、パワーがあるからこなせると思う」

 ◆セラフィナイト・丸山騎手「いい調教を積み重ねているし、動き自体も良かった。良馬場でやりたい」

 ◆ダディーズビビッド・千田師「気分良く走らせて、いい感じ。元気でフレッシュなぶん、引っ掛かる心配があるので折り合い次第です」

 ◆トーカイキング・西橋師「上がり重点で動きは良かった。スッといい位置につけられるのが強み。相手は強いけど、挑戦する気持ちで」

 ◆バスラットレオン・矢作師「素晴らしい動きだった。いい状態でいけると思う。全体的な能力が高くて、さらに上積みはあると思う」

 ◆ピクシーナイト・音無師「いつも通り、ラストはいい動きだった。能力は高いので(1ハロン延びる)距離が鍵だろう」

 ◆ファルヴォーレ・高橋忠師「しまいを伸ばす程度。うまく脚をためられれば切れるので、そういう競馬をしたい」

 ◆ブルーシンフォニー・伊藤圭師「前走時、イレ込みがきつかったので馬なりで。左回りのマイルが一番合う」

 ◆マリアエレーナ・高島助手「1週前に併せでやっているので、サッとやって動きは良かった。中京は合っている」

 ◆ルークズネスト・幸騎手「動きはすごく良かった。ハミ掛かりが良くなり過ぎているので、折り合いに気をつけた」

 ◆ロードマックス・岩田望騎手「いい動き。前走と同じように落ち着いています。経験している左回りで、中京の差し(有利の)馬場はいい条件だと思います」

 ◆ワザモノ・尾関師「動きはすごく良かった。経験を積んで良くなっているし、輸送も心配していない」

シンザン記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【シンザン記念2021予想】オールクリア6頭の中から、レゾンドゥスリールをトップに

【性別】

2011年以降の性別成績は、牡・せん馬【7.8.9.95】、牝馬【3.2.1.13】。連対率では後者が上回っている。一方で、牝馬の好走は前走の馬体重が450キロ超だった馬に限られる。そのあたりには配慮が必要だろう。

【前走使用距離】

2011年以降の2着以内20頭の前走使用距離をみると、1400m、1600m、1800mの3パターン。これ以外のステップでの臨んだ馬は、2着連対圏に届いていない。また、1400m組の連対は前走重賞出走馬のみ。前走が非重賞の1400m戦だった馬は、評価を控えめにしたい。

【前走人気】

前走の人気については、重賞・特別なら不問だが、それ以外であれば2番人気が最低ライン。2011年以降、この条件を満たしていなかった馬は、例外なく3着以下に敗れている。

【前走馬体重】

2011年以降の1~3着馬の前走馬体重を確認すると、430キロから540キロの範囲。430キロ未満、ならびに540キロ超だった馬は疑ってかかりたい。

【近走成績】

2011年以降の2着以内20頭のうち、12頭が前走3着以内(1着入線10着降着馬を含む)。残りの8頭はいずれも2走前に複勝圏を確保していた。近2戦続けて4着以下に敗れていた馬は、過信禁物とみるべきだろう。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、カスティーリャダディーズビビッドブルーシンフォニーレゾンドゥスリールロードマックスワザモノの6頭。最上位にはレゾンドゥスリールを推す。2011年以降、前走で芝マイルかつ牡牝混合の新馬戦に出走し、1番人気で勝っていた馬は【1.1.1.0】の好パフォーマンス。近10年、【7.1.1.7】と活躍している、ノーザンファーム生産馬に該当することも加点材料だ。

中京芝コースで2戦2連対のダディーズビビッドを2番手に。重賞2着の実績を持つ、ブルーシンフォニーロードマックスも侮れない存在だ。5日のジュニアカップを見送ってシンザン記念に挑むワザモノ、未勝利戦を好内容で勝ち上がったカスティーリャにも相応の警戒が必要だろう。

<注目馬>
レゾンドゥスリール ダディーズビビッド ブルーシンフォニー ロードマックス ワザモノ カスティーリャ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【シンザン記念2021予想】高い指数を持ちながらも評価の低い穴馬の一発を狙う!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

高い指数の出にくい1戦1勝馬を除くと、過去5年間でU指数二桁順位ながら3着以内に入ったのは、2016年1着のロジクライ(16位)のみ。これはさすがにカバーできないが、1~2位のいずれか1頭は必ず馬券に絡んでいるので、基本的にU指数上位を中心に馬券を組み立てる方針で臨めばいいだろう。2位と高い評価を受けるも11番人気に甘んじていた2016年3着のシゲルノコギリザメのような“盲点”を突いていきたい。
 
面白い存在になってくれそうなのは、3位にランクされながらも下馬評は高くないオプティミスモ(86.5)。新馬戦は12番人気で勝利、前走のファンタジーSは11番人気4着と、戦前の評価を覆す激走を続けている。フェアリーSとダブル登録ゆえに出走するかどうかは微妙だが、出てくればもう一丁があっても驚けないだろう。
 
3位以下に4.3以上の指数差を付け、抜けた評価を受けている1位のバスラットレオン(91.7)と2位のロードマックス(90.8)は当然ながら外せない。最後に1頭、8位にとどまっているが、ルメール騎手騎乗でアルテミスS2着の実績があるククナ(83.6)を押さえておきたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:302,795人(01月18日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【シンザン記念2021予想】ダイワメジャー不在で混戦模様、BMS(母の父)成績ではフレンチデピュティ系が上位を賑わす

今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、シンザン記念-G3は中京芝1600mに舞台を移して施行される。同コースにおける世代限定かつ特別戦の種牡馬成績は6勝を挙げるダイワメジャーがトップとなり、次点で2勝のディープインパクト、ハーツクライ、キングカメハメハ、ハービンジャー、チチカステナンゴが続く。一方、母の父としては4勝を挙げるフレンチデピュティ系ほか、Nureyev系やSadler's Wells系が安定した成績を残している。

バスラットレオンは、父キズナ×母バスラットアマル(母の父New Approach)。19年オールカマー-G2など重賞3勝ほか、20年天皇賞(春)-G1ではハナ差2着の惜敗となったスティッフェリオの従弟にあたる血統。本馬はズブくなりがちなキズナ産駒にもかかわらず軽快なスピードを見せており、母系に持つAhonooraやCape Crossがいい塩梅になっている印象を持つ。父ディープインパクト系×母の父Sadler's Wells系という血統構成も強調しやすく、上位人気馬のなかでは素直に評価しておきたい1頭だ。

ダディーズビビッドは、父キズナ×母ケイティーズギフト(母の父フレンチデピュティ)。ケイティープライドの半弟で、アドマイヤムーンの従弟。牝系はヒシアマゾンやスリープレスナイトが出たKatiesに遡る。本馬も母系由来のスピードが垣間見えるキズナ産駒で、むしろ気性が前向きすぎて折り合い面に課題を残しているほど。また、トモの緩さを嘆かれつつも好走を続けているので、これからの伸び代が大きい逸材でもある。中京芝1600mのコース実績も申し分なく、血統背景を踏まえれば重賞でも楽しみは大きい。

レゾンドゥスリールは、父ハーツクライ×母ローブティサージュ(母の父ウォーエンブレム)。母は12年阪神ジュベナイルフィリーズ-G1を制した2歳牝馬チャンピオンで、アサクサデンエンやヴィクトワールピサが出たMuch Too Riskyに遡る牝系。母は気性が勝ったタイプで仕上がりが早く、本馬も母の父特有の気難しさが出なければ早期から活躍できるハーツクライ産駒だろう。また、母系にMachiavellianを持つ点では16年の勝ち馬ロジクライに通ずる部分がある。父が昨年の中京芝1600mで最も勝ち星を挙げた種牡馬であることも追い風か。

(文・シンヤカズヒロ)

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【シンザン記念2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年1月12日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 サンクテュエール C.ルメール 1:35.9 4.2 2 35.5 95.7
2 6 プリンスリターン 原田和真 1:35.9 クビ 16.5 5 35.6 95.7
3 3 コルテジア 松山弘平 1:36.6 75.8 9 35.9 90.3
4 5 オーマイダーリン 武豊 1:36.7 3/4 12.0 4 35.8 89.6
5 2 ヴァルナ 福永祐一 1:36.8 クビ 36.6 7 36.6 88.8
2019年1月6日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 ヴァルディゼール 北村友一 1:35.7 6.8 4 35.3 92.1
2 1 マイネルフラップ 吉田隼人 1:35.7 クビ 32.7 10 35.0 92.1
3 10 ミッキーブリランテ 坂井瑠星 1:35.9 1 1/2 5.4 2 35.4 90.6
4 9 パッシングスルー 池添謙一 1:36.1 1 1/4 7.6 5 35.8 89.1
5 3 ハッピーアワー 秋山真一郎 1:36.1 アタマ 6.2 3 35.4 89.1
2018年1月8日() 京都/芝1600m
天候: 馬場:稍重
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 アーモンドアイ 戸崎圭太 1:37.1 2.9 1 34.4 94.0
2 7 ツヅミモン 秋山真一郎 1:37.4 1 3/4 16.7 7 35.5 91.7
3 11 カシアス 浜中俊 1:37.4 クビ 7.5 4 35.6 91.7
4 2 ファストアプローチ M.デムーロ 1:37.8 2 1/2 3.1 2 35.2 88.7
5 9 カフジバンガード 藤岡康太 1:37.9 1/2 6.6 3 35.1 87.9

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【シンザン記念2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2014年の優勝馬ミッキーアイル

新春の淀のマイルで3歳のトップホースが相まみえる伝統の一戦。ここでの勝利を機に、クラシック戦線で活躍する馬も少なくない。第31回(1997年)のシーキングザパール、第36回(2002年)のタニノギムレット、第48回(2014年)のミッキーアイルなど、のちにG1ホースとなった馬も多数。第46回(2012年)の勝ち馬ジェンティルドンナは、牝馬三冠をはじめ、ジャパンカップ連覇、ドバイシーマクラシック有馬記念などG1を7勝する活躍を見せた。また、勝ち馬以外では第45回(2011年)2着のオルフェーヴルの名前が光る。

歴史と概要をもっと見る

日刊スポシンザン記念特集 バックナンバー