会員登録はこちら
日刊スポシンザン記念 G3   日程:2021年1月10日() 15:45 中京/芝1600m

日刊スポシンザン記念の歴史と概要


2014年の優勝馬ミッキーアイル

新春の淀のマイルで3歳のトップホースが相まみえる伝統の一戦。ここでの勝利を機に、クラシック戦線で活躍する馬も少なくない。第31回(1997年)のシーキングザパール、第36回(2002年)のタニノギムレット、第48回(2014年)のミッキーアイルなど、のちにG1ホースとなった馬も多数。第46回(2012年)の勝ち馬ジェンティルドンナは、牝馬三冠をはじめ、ジャパンカップ連覇、ドバイシーマクラシック有馬記念などG1を7勝する活躍を見せた。また、勝ち馬以外では第45回(2011年)2着のオルフェーヴルの名前が光る。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第55回
2021年1月10日
中京 芝1600m
ピクシーナイト 牡3 1:33.3 福永祐一 音無秀孝 全着順を
見る
第54回
2020年1月12日
京都 芝1600m
サンクテュエール 牝3 1:35.9 C.ルメール 藤沢和雄 全着順を
見る
第53回
2019年1月6日
京都 芝1600m
ヴァルディゼール 牡3 1:35.7 北村友一 渡辺薫彦 全着順を
見る
第52回
2018年1月8日
京都 芝1600m
アーモンドアイ 牝3 1:37.1 戸崎圭太 国枝栄 全着順を
見る
第51回
2017年1月8日
京都 芝1600m
キョウヘイ 牡3 1:37.6 高倉稜 宮本博 全着順を
見る
第50回
2016年1月10日
京都 芝1600m
ロジクライ 牡3 1:34.1 浜中俊 須貝尚介 全着順を
見る
第49回
2015年1月11日
京都 芝1600m
グァンチャーレ 牡3 1:34.8 武豊 北出成人 全着順を
見る
第48回
2014年1月12日
京都 芝1600m
ミッキーアイル 牡3 1:33.8 浜中俊 音無秀孝 全着順を
見る
第47回
2013年1月6日
京都 芝1600m
エーシントップ 牡3 1:34.3 浜中俊 西園正都 全着順を
見る
第46回
2012年1月8日
京都 芝1600m
ジェンティルドンナ 牝3 1:34.3 C.ルメール 石坂正 全着順を
見る
第45回
2011年1月9日
京都 芝1600m
レッドデイヴィス セ3 1:34.0 浜中俊 音無秀孝 全着順を
見る
第44回
2010年1月10日
京都 芝1600m
ガルボ 牡3 1:34.3 池添謙一 清水英克 全着順を
見る
第43回
2009年1月11日
京都 芝1600m
アントニオバローズ 牡3 1:35.3 角田晃一 武田博 全着順を
見る
第42回
2008年1月13日
京都 芝1600m
ドリームシグナル 牡3 1:35.4 岩田康誠 西園正都 全着順を
見る
第41回
2007年1月8日
京都 芝1600m
アドマイヤオーラ 牡3 1:35.1 岩田康誠 松田博資 全着順を
見る
第40回
2006年1月9日
京都 芝1600m
ゴウゴウキリシマ 牡3 1:34.4 石橋守 梅田康雄 全着順を
見る
第39回
2005年1月10日
京都 芝1600m
ペールギュント 牡3 1:35.7 武豊 橋口弘次 全着順を
見る
第38回
2004年1月12日
京都 芝1600m
グレイトジャーニー 牡3 1:35.4 武豊 池江泰郎 全着順を
見る
第37回
2003年1月12日
京都 芝1600m
サイレントディール 牡3 1:34.8 武豊 池江泰郎 全着順を
見る
第36回
2002年1月14日
京都 芝1600m
タニノギムレット 牡3 1:34.8 武豊 松田国英 全着順を
見る
第35回
2001年1月8日
京都 芝1600m
ダービーレグノ 牡3 1:35.4 幸英明 高橋成忠 全着順を
見る
第34回
2000年1月9日
京都 芝1600m
ダイタクリーヴァ 牡3 1:35.4 高橋亮 橋口弘次 全着順を
見る
第33回
1999年1月17日
京都 芝1600m
フサイチエアデール 牝3 1:34.6 武豊 松田国英 全着順を
見る
第32回
1998年1月18日
京都 芝1600m
ダンツシリウス 牝3 1:36.8 四位洋文 山内研二 全着順を
見る
第31回
1997年1月15日
京都 芝1600m
シーキングザパール 牝3 1:34.6 武豊 佐々木晶 全着順を
見る
第30回
1996年1月14日
京都 芝1600m
ゼネラリスト 牡3 1:34.5 松永幹夫 山本正司 全着順を
見る
第29回
1995年1月15日
京都 芝1600m
メイショウテゾロ 牡3 1:34.5 上籠勝仁 星川薫 全着順を
見る
第28回
1994年1月16日
阪神 芝1600m
ナムラコクオー 牡3 1:36.8 上村洋行 野村彰彦 全着順を
見る
第27回
1993年1月17日
京都 芝1600m
アンバーライオン 牡3 1:35.9 田所秀孝 鹿戸幸治 全着順を
見る
第26回
1992年1月19日
京都 芝1600m
マヤノペトリュース 牡3 1:35.8 田原成貴 坂口正大 全着順を
見る
第25回
1991年1月13日
京都 芝1600m
ミルフォードスルー 牝3 1:35.7 河内洋 田中耕太 全着順を
見る
第24回
1990年1月14日
京都 芝1600m
ニチドウサンダー 牡3 1:36.0 増井裕 白井寿昭 全着順を
見る
第23回
1989年1月15日
京都 芝1600m
ファンドリポポ 牝3 1:37.4 西浦勝一 夏村辰男 全着順を
見る
第22回
1988年1月10日
京都 芝1600m
ラガーブラック 牡3 1:37.2 村本善之 大久保正 全着順を
見る
第21回
1987年1月11日
京都 芝1600m
ヤマニンアーデン 牡3 1:38.4 田島信行 池江泰郎 全着順を
見る
第20回
1986年1月12日
京都 芝1600m
フレッシュボイス 牡3 1:37.3 古小路重男 境直行 全着順を
見る

歴史と位置付け

1964年に我が国2頭目の三冠馬となったシンザンの功績をたたえ、1967年に創設された。JRA発表の正式な競走名には「シンザン記念」の前に「日刊スポーツ賞」が付く。1984年のグレード制導入時にG3に格付け。1月の京都開催を代表する重賞として存在感を放っており、冒頭でも触れたように数多くの名馬を輩出している。第14回(1980年)と第28回(1994年)の2回は阪神芝1600mで開催された。

開催時期

レース創設から現在に至るまで、一貫して1月初旬~中旬に行われており、開催時期の変更や移動は一度もない。

競走条件

3歳馬が出走可能(ただし、未勝利馬・未出走馬は出走不可)。負担重量規定は別定。馬齢重量(牡馬56kg、牝馬54kg)をベースに、日本馬は収得賞金1,800円以上の馬に1kg、外国調教馬は重賞勝ち馬に1kgを加算する。コースは京都芝1600m外回り。外国産馬は1995年から、地方競馬所属馬は1996年から、外国調教馬は2009年から、それぞれ出走できるようになった。

年表

1967年レース創設。京都芝1600m(外)で第1回施行
1980年阪神芝1600mで施行
1984年グレード制導入。G3に格付け
1994年阪神芝1600mで施行
1995年混合競走となり外国産馬が出走可能に
1996年指定交流競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
2009年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に
2021年中京芝1600mで施行
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2021年6月20日(
マーメイドステークス  G3
ユニコーンステークス  G3

競馬番組表

2021年6月19日(
1回札幌3日目
3回東京5日目
3回阪神1日目
2021年6月20日(
1回札幌4日目
3回東京6日目
3回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 グランアレグリア 牝5
90,189万円
2 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
3 コントレイル 牡4
83,051万円
4 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 インディチャンプ 牡6
59,504万円
7 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
8 ブラストワンピース 牡6
58,242万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 シャフリヤール 牡3
28,209万円
2 エフフォーリア 牡3
27,992万円
3 ソダシ 牝3
26,623万円
4 ユーバーレーベン 牝3
19,636万円
5 シュネルマイスター 牡3
18,181万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
15,816万円
7 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
8 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
9 グレナディアガーズ 牡3
12,152万円
10 アカイトリノムスメ 牝3
11,932万円
» もっと見る