オルフェーヴル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
オルフェーヴル
写真一覧
抹消  栗毛 2008年5月14日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績21戦[12-6-1-2]
総賞金134,408万円
収得賞金54,085万円
英字表記Orfevre
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート
血統 ][ 産駒 ]
メジロマックイーン
エレクトロアート
兄弟 ドリームジャーニーリヤンドファミユ
市場価格
前走 2013/12/22 有馬記念 G1
次走予定

オルフェーヴルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/12/22 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16361.611** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿 466
(--)
2.32.3 -1.336.0⑬⑬⑫ウインバリアシオン
13/10/06 フラ 5 凱旋門賞 G1 芝2400 17--------2** 牡5 59.5 C.スミヨ池江泰寿 --0000 ------TREVE
13/09/15 フラ 6 フォワ賞 G2 芝2400 9--------1** 牡5 58.0 C.スミヨ池江泰寿 --2.41.4 ------VERY NICE NAME
13/03/31 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 14451.211** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿 464
(+6)
1.59.0 -0.133.0⑩⑪⑨⑥ショウナンマイティ
12/11/25 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 178172.012** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿 458
(--)
2.23.1 0.032.9⑫⑬⑩ジェンティルドンナ
12/10/07 フラ 6 凱旋門賞 G1 芝2400 18--------2** 牡4 59.5 C.スミヨ池江泰寿 --0000 ------SOLEMIA
12/09/16 フラ 3 フォワ賞 G2 芝2400 5--------1** 牡4 58.0 C.スミヨ池江泰寿 --2.34.2 ------MEANDRE
12/06/24 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 166113.211** 牡4 58.0 池添謙一池江泰寿 456
(-4)
2.10.9 -0.334.7⑪⑪⑫⑫ルーラーシップ
12/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 188181.3111** 牡4 58.0 池添謙一池江泰寿 460
(-2)
3.15.6 1.834.0⑯⑯⑰⑭ビートブラック
12/03/18 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 128121.112** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿 462
(0)
3.11.9 0.136.7⑨⑥ギュスターヴクライ
11/12/25 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 14692.211** 牡3 55.0 池添謙一池江泰寿 462
(-4)
2.36.0 -0.133.3⑪⑩⑧⑤エイシンフラッシュ
11/10/23 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 187141.411** 牡3 57.0 池添謙一池江泰寿 466
(+6)
3.02.8 -0.434.6⑩⑩⑥ウインバリアシオン
11/09/25 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 12671.711** 牡3 56.0 池添謙一池江泰寿 460
(+16)
2.28.3 -0.432.8⑤⑤⑤⑤ウインバリアシオン
11/05/29 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 18353.011** 牡3 57.0 池添謙一池江泰寿 444
(+4)
2.30.5 -0.334.8⑭⑭⑭⑫ウインバリアシオン
11/04/24 東京 11 皐月賞 G1 芝2000 1861210.841** 牡3 57.0 池添謙一池江泰寿 440
(-4)
2.00.6 -0.534.2⑫⑪⑪サダムパテック
11/03/26 阪神 11 スプリングS G2 芝1800 18364.711** 牡3 56.0 池添謙一池江泰寿 444
(-6)
1.46.4 -0.134.3⑪⑨ベルシャザール
11/02/06 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 127102.923** 牡3 56.0 池添謙一池江泰寿 450
(-6)
1.47.8 0.233.2⑨⑦トーセンラー
11/01/09 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 161110.732** 牡3 56.0 池添謙一池江泰寿 456
(+2)
1.34.2 0.233.5⑩⑧レッドデイヴィス
10/11/13 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 15473.3110** 牡2 55.0 池添謙一池江泰寿 454
(+4)
1.22.6 0.833.8⑪⑫グランプリボス
10/10/03 中山 9 芙蓉S OP 芝1600 8332.112** 牡2 55.0 池添謙一池江泰寿 450
(+2)
1.35.3 0.034.5⑥⑤⑤ホエールキャプチャ

⇒もっと見る


オルフェーヴルの関連ニュース


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はダイヤモンドS2024・血統予想をお届けします!


近年はキングカメハメハステイゴールドハーツクライの直系で三つ巴状態にあり、2020年に最低人気となる単勝325.5倍のオッズをつけて勝利したミライヘノツバサ(父ドリームジャーニー)もステイゴールドの直系だった。ステイゴールドに所縁ある馬の好走例は多く、2016年に直仔トゥインクルが勝利するほか、2023年にはオルフェーヴル産駒のミクソロジーヒュミドールの2頭でワンツー決着。2014~2015、2018年と同一重賞3勝の偉業を果たしたフェイムゲーム(父ハーツクライ)も、その母がステイゴールドの従姉であることを気に留めておきたい。

また、2022年は2着に11番人気のランフォザローゼスが入線して高配当を演出していたが、同馬は伯父に2010年ダイヤモンドステークスの勝ち馬フォゲッタブルがおり、同じく伯父にあたるルーラーシップも種牡馬として2021年1着グロンディオーズを出している勢いがあった。ハーツクライを筆頭にトニービンの血を引く馬が活躍する傾向にあることを鑑みても、3頭は名牝エアグルーヴを介して同血脈を保持することに重きを置くことができるだろう。

ヒュミドールは、父オルフェーヴル×母アヴェクトワ(母の父チチカステナンゴ)。今年のメンバーでは唯一のステイゴールドに所縁ある血統で、本馬自身も21年5着、23年2着と過去に出走した2回とも掲示板に載る活躍をみせている。その昨年は12番人気という低評価を覆す激走だったが、鞍上のエスコートが巧みだったとはいえ、レコード決着で勝ち馬とクビ差は誇れるもの。セン馬は高齢ほど活躍していることを鑑みても軽視はできない。

ハーツイストワールは、父ハーツクライ×母レツィーナ(母の父キャプテンスティーヴ)。同産駒は通算で3勝を挙げたフェイムゲームの功績が大きいものの、13年1着アドマイヤラクティ、直近では21年3着ポンデザールなど実頭数で5頭が好走。長距離での瞬発力勝負に定評があるため、東京芝3400mに良績が集まることにも頷ける。本馬自身も全5勝のうち3勝が東京であり、今回は長欠明け3走目、コース替わりで見直す余地がありそうだ。


【血統予想からの注目馬】
ヒュミドール ⑦ハーツイストワール

【血統アナリシス】中山金杯2024 人気薄の上位入線が続くオルフェーヴル、RobertoやHis Majestyの底力にも注目 2024年1月5日(金) 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は日刊スポーツ賞中山金杯2024・血統予想をお届けします!


京都金杯と距離区分で差別化が図られた2000年以降、別馬で複数頭の勝ち馬を出している種牡馬は、3勝のステイゴールドとサンデーサイレンス、2勝のブライアンズタイムとキングカメハメハとなる。また、母の父も含めればダンスインザダークの血を引く馬の好走が目立ち、2013年タッチミーノット、2015年ラブリーデイ、2020年トリオンフと3頭の勝ち馬が該当。なお、2012年1着フェデラリスト、2022年1着レッドガランといったダンスインザダークの近親も幅を利かせている。

ほか、タフな冬の中山で施行されることからグラスワンダーやブライアンズタイムといったRobertoとGraustark=His Majesty全兄弟を併せ持つ血脈も有力で、総じてスタミナや持続力に秀でた底力のあるタイプを評価しやすい。

クリノプレミアムは、父オルフェーヴル×母ダンシングクイーン(母の父Giant's Causeway)。本馬は昨年の2着馬となるため適性については証明済みとなるが、同産駒からは22年4着タガノディアマンテが出るなど、人気薄が上位入線するケースが続いている。なお、父系祖父ステイゴールドの産駒が好相性を示していたことも念頭に置くべきだろう。本馬自身は22年中山牝馬Sの勝ち馬であり、右回りの芝1800~2000mでは「2-2-1-0-1-0」と堅実だ。

リカンカブールは、父シルバーステート×母アンブラッセモワ(母の父Zoffany)。父はRoberto直仔のSilver Hawkを内包する種牡馬となるが、16年1着ヤマカツエースや19年2着ステイフーリッシュ、23年1着ラーグルフなどが同血脈を保持する馬として好走。本馬においては母系のデインヒルを介してHis Majestyの血を引くことも強調しやすい。中山巧者を多く出す一族でもあり、得意の2000mであれば重賞制覇のチャンスは充分にある。

マテンロウレオは、父ハーツクライ×母サラトガヴィーナス(母の父ブライアンズタイム)。同産駒からは21年の勝ち馬ヒシイグアスが出ており、22年にはスカーフェイスが7番人気2着と人気薄で善戦。本馬自身も昨年は5着と上位争いを繰り広げていたが、勝負所で進路を確保できない不利が応える結果でもあった。父としても母の父としても勝ち馬を出したブライアンズタイムの血を引くことも心強く、昨年の雪辱を果たしたいところだろう。


【血統予想からの注目馬】
クリノプレミアム ③リカンカブール ⑩マテンロウレオ

[もっと見る]

【有馬記念の注目点】グランプリにふさわしい豪華な顔ぶれ クリスマスイブ決戦を制するのはどの馬か 2023年12月21日(木) 11:30

★今年も豪華メンバーが集結! GI馬9頭含む20頭が登録

12月24日、中山競馬場では有馬記念が実施される。今年は、ファン投票3位のジャスティンパレス(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)、4位タイトルホルダー(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)、5位ソールオリエンス(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)、6位タスティエーラ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)、7位ドウデュース(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)、9位ディープボンド(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎)とファン投票トップ10に入った6頭を含む20頭が登録しており、そのうちGI馬(JRA、海外)は9頭と今年も豪華なメンバーが顔を揃えたが、年末の大一番を制すのはどの馬だろうか。なお、ファン投票1位イクイノックス、2位リバティアイランド有馬記念に出走しないが、ファン投票1、2位がどちらも出走しないのは創設以来初めてのこととなる。

杉山晴紀調教師バースデーVなるか 友道康夫調教師は3頭出しで参戦

ジャスティンパレス(牡4歳)を管理する杉山晴紀調教師(栗東)は、12月18日現在、今年のJRA競走で53勝を挙げており、調教師リーディングのトップに立っている。杉山晴調教師は有馬記念当日の12月24日が42歳の誕生日となるが、自らのバースデーを祝うグランプリ制覇を遂げることができるだろうか。なお、レース当日に誕生日を迎えた調教師がJRA・GIを勝てば、2008年スプリンターズSスリープレスナイトで制した橋口弘次郎元調教師以来15年ぶりで、グレード制を導入した1984年以降2人目となる。

また、友道康夫調教師(栗東)は、今年の有馬記念ドウデュース(牡4歳)、ハーパー(牝3歳)、ヒートオンビート(牡6歳)の3頭を出走させる予定だ。友道調教師はこれまで有馬記念に延べ15頭の管理馬を出走させてきたが、3度の3着が最高成績となっている。友道師の有馬記念3頭出しは19年以来2回目となるが、初勝利を挙げることができるだろうか。

★今年、躍進を遂げた上村洋行調教師 有馬記念にはアイアンバローズを登録

開業5年目の上村洋行調教師(栗東)が、有馬記念でGI初制覇を目指す。上村調教師は今年のフジテレビ賞スプリングSでJRA重賞初勝利を挙げ、12月2日にはステイヤーズSチャレンジCを制して1日2重賞制覇を遂げるなど、今年のJRA競走でキャリアハイとなる38勝を挙げている(※12月18日現在)。上村師は有馬記念ステイヤーズSを制したアイアンバローズ(牡6歳)を出走させる予定だが、初のビッグタイトルを獲得することができるかどうか。なお、アイアンバローズには石橋脩騎手が騎乗を予定している。

アイアンバローズは父オルフェーヴル、母パレスルーマーという血統で、今年の天皇賞・春勝ち馬で有馬記念に登録しているジャスティンパレス(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎:父ディープインパクト)の半兄にあたる。アイアンバローズジャスティンパレスはこれまでに2回対戦していずれもジャスティンパレスが先着しているが、今回はどのような結果になるだろうか。

★歴代単独トップのJRA・GI72勝目なるか ディープインパクト産駒は4頭登録

グレード制を導入した1984年以降、種牡馬のJRA・GI最多勝記録は、サンデーサイレンスとディープインパクトの71勝だ。ディープインパクト産駒は今年、サンデーサイレンスが持っていた種牡馬のJRA競走最多勝記録(2749勝)を更新したが、JRA・GI勝利数でも単独トップに立つことができるだろうか。なお、ディープインパクト産駒は有馬記念ジャスティンパレス(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)、シャフリヤール(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)、ディアスティマ(牡6歳、栗東・高野友和厩舎)、プラダリア(牡4歳、栗東・池添学厩舎)の4頭が登録している。

ディープインパクトは2006年の有馬記念優勝馬で、産駒には同レースの父子制覇がかかる。今年は歴代の優勝馬の産駒が多く登録しており、05年優勝のハーツクライ産駒が3頭、11、13年優勝のオルフェーヴル産駒が2頭、09年優勝のドリームジャーニー産駒、17年優勝のキタサンブラック産駒が各1頭登録している。

★リーディングサイヤーを争う2頭の種牡馬 ロードカナロアドゥラメンテ産駒に注目

12月18日現在のJRAリーディングサイヤーの順位を見ると、1位ロードカナロアと2位ドゥラメンテの差が約1億1000万円と接戦となっており、3位キズナは1位のロードカナロアと約7億6000万円の差がついている。1着賞金5億円の有馬記念ロードカナロア産駒は福島記念を制したホウオウエミーズ(牝6歳、美浦・池上昌和厩舎)、ドゥラメンテ産駒はスターズオンアース(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)、タイトルホルダー(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)、ドゥラエレーデ(牡3歳、栗東・池添学厩舎)の3頭が登録しているが、今年のJRAリーディングサイヤーに輝くのはどの種牡馬だろうか。なお、JRAリーディングサイヤーは2012年から昨年まで11年連続でディープインパクトが獲得しているが、同馬は12月18日現在、首位ロードカナロアと約7億9400万円差の4位となっている。

スターズオンアースは今年未勝利だが、大阪杯2着、ヴィクトリアマイル3着、ジャパンC3着とGIで好走している。同馬にはイクイノックスとのコンビで昨年の有馬記念を制したクリストフ・ルメール騎手が騎乗する予定だが、昨年のオークス以来の勝利を挙げることができるだろうか。

★今年は4世代の牝馬が出走予定 3年ぶりに牝馬の有馬記念制覇なるか

今年の有馬記念には、6歳のウインマリリン(美浦・手塚貴久厩舎)、ホウオウエミーズ(美浦・池上昌和厩舎)、5歳のスルーセブンシーズ(美浦・尾関知人厩舎)、4歳のスターズオンアース(美浦・高柳瑞樹厩舎)、ライラック(美浦・相沢郁厩舎)、3歳のハーパー(栗東・友道康夫厩舎)と4世代の牝馬6頭が登録している。有馬記念に4世代の牝馬が出走すれば1996年以来27年ぶり2回目となるが、2020年クロノジェネシス以来3年ぶりに牝馬のグランプリホースが生まれるのだろうか。なお、ウインマリリンホウオウエミーズには、6歳牝馬初の制覇がかかる。ウインマリリンには初騎乗となるルーク・モリス騎手、ホウオウエミーズには田辺裕信騎手が騎乗する予定だが、牡牝の強豪が集う有馬記念で勝利を挙げることができるだろうか。

★阪神が優勝した年は1番人気馬が好成績 6年ぶりのクリスマスイブ決戦を制すのは?

今年の有馬記念は、6年ぶりにクリスマスイブの12月24日に実施される。これまでクリスマスイブに実施された有馬記念は7回あるが、そのうち6回の勝ち馬は同年にGI級競走を制していた。登録している20頭のうち今年GIを制しているのは、皐月賞ソールオリエンス(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)、日本ダービータスティエーラ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)、天皇賞・春勝ち馬のジャスティンパレス(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)の3頭だが、有馬記念で今年2度目のGI制覇を遂げることができるだろうか。

また、今年のプロ野球では、阪神タイガースが18年ぶりにセントラル・リーグで優勝し、日本シリーズも制して1985年以来38年ぶり2回目の日本一となった。阪神がリーグ優勝した有馬記念の結果を見ると、5回中4回で1番人気馬が連対しており、4歳馬が4連勝中となっている。前回、阪神が日本一となった85年は1番人気シンボリルドルフが1着、2番人気ミホシンザンが2着で、同年の枠連②-⑥160円は現在でも有馬記念の枠連最低払戻金となっているが、今年はどのような結果になるだろうか。なお、有馬記念では2020年のクロノジェネシスから1番人気馬が3連勝している。

[もっと見る]

【有馬記念】タスティエーラ&スルーセブンシーズの二頭を送り込むキャロットファーム・秋田博章代表インタビュー 2023年12月20日(水) 22:40

今年もグランプリは〝クリスマスカラー〟の勝負服に注目だ。有馬記念で過去2勝を挙げる馬主の(有)キャロットファームは、今年も日本ダービータスティエーラ(美浦・堀宣行厩舎、牡3歳)、凱旋門賞4着のスルーセブンシーズ(美浦・尾関知人厩舎、牝5歳)と強力なラインアップで挑む。同ファーム代表取締役社長の秋田博章氏(75)に手応えを聞いた。(取材構成・内海裕介)

――まず日本ダービー馬のタスティエーラから。母パルティトゥーラ、祖母フォルテピアノもキャロット所属で活躍した馬だった

「配合に関しては私はタッチしていませんが、(父の)サトノクラウンの初年度ということで期待している馬を配合させたところはあったかと思います。タスティエーラは気性的に非常に扱いやすい。ジョッキーはコントロールしやすいと思いますよ」

――持ち味を発揮したダービーで、キャロット所属馬として2017年レイデオロ以来の栄冠

レイデオロのときは(ルメール騎手の)マジックのような勝ち方でしたが、タスティエーラはゴールを知っているんじゃないかというレースでしたね。皐月賞(2着)ではパドックでもイレ込んでいましたが、ダービーでは非常に落ち着いていましたね。当週の追い切りが素晴らしかったこともあり、ダービーは自信がありました」

――秋は菊花賞に直行して2着

「デビュー戦からダービーまでの6カ月に5戦したことで、ダービー後はさすがに疲れが出ましたね。回復を優先したことでトライアルはパスし、菊花賞へ直行することになりました。そういった経緯からも、ようやく間に合ったというのが素直なところだと思いますよ」

――今回は秋2戦目

「そう、だから感覚としてはトライアルを使って有馬記念というイメージです。調整にも前走より余裕を持って臨めるのではないでしょうか」

――ダービー馬が同年の有馬記念を勝てば11年オルフェーヴル以来

「私もいつ以来かなと考えていました。古馬でも秋3戦というのは大変ですし、そういう意味でもいい状態で使えると思います。コースも問わないですし、楽しみです」

――もう1頭のスルーセブンシーズは5歳の今年、本格化を迎えた

「一番の要因は精神面の成長でしょう。父がドリームジャーニーで若いころはコントロールしにくい面がありました。今年に入って精神面、肉体面がやっと本物になった。去年とは違う馬です」

――中山牝馬Sで重賞初制覇を果たし、宝塚記念でも2着。その後、凱旋門賞挑戦が決まった

「中山牝馬を勝ったときに、今年の最大目標は有馬記念と思いました。中山が得意ですから。そう思っていたら(尾関)厩舎や牧場スタッフからまさかの凱旋門賞挑戦という話が出て、検討の結果、行くことになりまして」

――世界の晴れ舞台で4着

「正直、もう少しやれた、最低でも2着はあったのではないかと今でも思います。勝ったエースインパクトが強いことはわかっていたので、その前にいないといけなかったのが、諸々の要因が重なった結果、後ろの位置取りになってしまい…。それでもあの馬群を縫ってくる脚は見ていて爽快というか、強烈なインパクトを与えたと思います」

――帰国初戦になる

「いつもトレセンでイレ込むくらいの馬が、凱旋門賞では環境が良かったことで落ち着いていて、カイバ食いも良く、もう少し絞りたいなってところでレースだったんです。帰国した今は、いつもの体になってきた感じですね」

――6歳となる来年の春は繁殖入りが予定される。

「クラブの規約上、6歳3月が引退の期限になります。今後どうするかは、有馬記念の結果やレース後の状態をみて判断することになりますが、ここまでレース数をそう使ってないこともあり、場合によってはもう一戦ということも視野に入るかもしれません」

――勝てばドリームジャーニー(09年優勝)との父子制覇

「父ドリームジャーニー、そしてその全弟オルフェーヴルは池添騎手が自信満々に乗って有馬記念を勝利しました。今回も同様のレースを期待しています。これまでの凱旋門賞帰りは馬場が悪かったことで消耗してしまい、結果を残せなかったかもしれませんが、今年は割といい馬場でやれたので、そういう心配もないと思います」

■秋田 博章(あきた・ひろあき) 1948(昭和23)年2月25日生まれ。75歳。北海道新冠町出身。80年に獣医師として旧・社台ファームに入社。93年にノーザンファーム場長に就任し、2013年に顧問。15年から(株)キャロットクラブの取締役となり、18年に(有)キャロットファームの代表取締役社長に就任した。

[もっと見る]

【有馬記念】歴代最多4勝の池添謙一騎手がスルーセブンシーズで「堂々」挑む 2023年12月20日(水) 05:00

今週は2023年の中央競馬を締めくくる有馬記念が中山競馬場で行われる。暮れのグランプリで歴代最多の4勝をマークするのが池添謙一騎手(44)=栗東・フリー=だ。今年はファン投票19位のスルーセブンシーズ(美浦・尾関知人厩舎、牝5歳)とのコンビで挑む。有馬記念を制した父ドリームジャーニーの背中を知る鞍上が、大一番を前に胸の内を語った。



有馬記念といえば池添謙一。歴代最多4勝を挙げる暮れのグランプリに宝塚記念(2着)以来、2度目のタッグとなるスルーセブンシーズで挑む。「クリストフ(・ルメール)が迫ってきているから離さないとね。並ばれたら言われなくなっちゃう」と笑いつつ、大一番への思いを語った。

「雰囲気がめちゃくちゃある。年末の風物詩というか。やっぱり独特なレースですし、乗っているジョッキーも気合が入りますよ。特別なレースなのかなと思います」

2009年ドリームジャーニー、11&13年オルフェーヴル、18年ブラストワンピースでV。今回の相棒であるスルーセブンシーズは、ドリームジャーニーの産駒だ。「ジャーニーの子供も、もうほとんどいない。親子制覇というのは、自分の中でも強く思います。依頼を受けてありがたいですし、結果で返すしかないです」と腕をぶす。

ただ、父娘とはいえ特長はかなり違う。「走り方は全然違います。ジャーニーはピッチ走法で、スルーは大きいストライドで走る。サイズも体形も違いますけど、長く脚を使えるのは似ていますね」と比較した。

スルーは宝塚記念で、ジャパンCを最後に引退した〝世界最強馬〟イクイノックスにクビ差2着と迫った。「4コーナーで狭くなって、進路を切り替えるロスがあった。スムーズだったら、もっと際どいレースになったんじゃないか」と悔しがる。その後は凱旋門賞に挑んで4着。今年1月にオープン入りしたばかりの5歳牝馬は、急激に力をつけた。「勢いはあると思う。そこで実績のある馬たちにぶつかっていければ」と力を込める。

ところで、有馬記念を勝つコツのようなものはあるのだろうか? 「最初のコーナーの入り方じゃないですかね。あそこをいかにリズムよく入っていけるか。リラックスして、スーッと入っていけるかだと思います」。その中山コースでスルーは【4・1・2・0】と馬券圏内を外したことがない。「コースはすごくいい。あとは(未経験の)2500メートルと枠順じゃないですかね。有馬記念って枠順がすごく大きい。まずはそこがひと勝負です」と21日に決まる枠順をポイントに挙げた。

昨年の有馬記念は腰を骨折して騎乗できなかった。ゲストとして訪問した中山競馬場で「来年こそ、この舞台に戻ってきたい」と強く思った。

「(スルーは)実績では見劣るけど、向かっていける勢いがある。堂々と勝負に挑んでもいいと思う。そんな馬の依頼があって、乗れることに対して、すごく感謝の思いが強い。その中で勝てれば最高だと思います」

競馬界屈指の勝負強い男は暮れのグランプリ5勝目をマークし、スルーセブンシーズをGⅠ馬へとエスコートする。(長田良三)

★ジャーニーとは「必ず勝つ」

池添騎手は有馬記念初勝利となった2009年を「『必ず勝つ』と強く思って乗ったレースだった」と振り返る。ドリームジャーニーとは前年からコンビを組んで、宝塚記念も勝っていた。迎えた有馬記念は、同年の2冠牝馬ブエナビスタなどがライバル。「(他の馬は)乗り替わりが結構あったんですよ。乗り替わりの人に負けたくなかった。ずっと乗っている方が強いということを見せたいと思って乗りました」。絆の強さを証明した、初Vだった。

★池江調教師が語る池添騎手のすごさ

池添騎手とのコンビで有馬記念を勝ったドリームジャーニーオルフェーヴルを管理し、2016年サトノダイヤモンドを含めてトレーナーとして最多4勝を挙げる池江泰寿調教師(54)=栗東=は鞍上の勝負強さについて「馬へのあたりが柔らかいし、思い切りもいい。肝が据わっているね」と分析する。プライベートで忘れられないシーンがある。十年ほど前の年末、ハワイで池添騎手と偶然会い、一緒にイルカショーを観賞した。「体験イベントで、彼はいきなりイルカの鼻の上に立ったんだ。他のお客さんはできなかったけど、イルカが泳いでも、何メートルか立ったまま進んで行ったよ」と驚きのシーンを振り返る。「それだけ体幹が強いし、生き物の動きに合わせるバランス感覚やコミュニケーションの取り方が、騎乗にもつながっているんだろうね」と抜群の身体能力を明かした。

■池添 謙一(いけぞえ・けんいち)1979(昭和54)年7月23日生まれ、44歳。滋賀県出身。父・兼雄はJRAの元騎手、調教師。弟・学はJRA調教師。98年3月に栗東・鶴留明雄厩舎からデビュー。2002年桜花賞アローキャリー)でGⅠ初勝利。11年はオルフェーヴルとのコンビでクラシック3冠を制覇。19日現在、JRA通算1万4636戦1363勝。重賞96勝のうちGⅠで27勝と大一番での勝負強さに定評がある。162センチ、50キロ。




[もっと見る]

【ステイヤーズS】重賞初Vアイアンバローズの大逃走劇に場内どよめく 上村師は同日2重賞制覇 2023年12月3日() 04:42

石橋脩(39)=美・フリー=騎乗で8番人気のアイアンバローズが、大逃げから一旦後続を引きつけ、直線でもう一度突き放して重賞初制覇。管理する上村洋行調教師(50)=栗=は阪神のチャレンジCも制しており、過去10年で6例目となる同日2重賞制覇を成し遂げた。



すがすがしい冬空の下、平地最長距離のマラソンレースを制したのはアイアンバローズ。あっと驚く逃走劇で重賞初制覇を決め、石橋騎手は息を切らしながら喜びを語った。

「よく頑張ってくれました。また(騎乗を)頼んでもらえたので、今回は重賞を勝ててよかったです」

スタート後しばらくは2番手を追走していたが、1周目の3コーナーで「(ペースを)遅くしたくなかった。自分のペースでいこう」と単騎先頭へ。場内がどよめくほどの大逃げで持久力比べに持ち込み、最後まで先頭を譲らなかった。オルフェーヴル産駒は、昨年のシルヴァーソニックに続く連覇でこのレース3勝目だ。

「こういう持久力戦に持ち込むと強いですね。脩(石橋騎手)にも『持久力を生かした競馬をしてくれ』と言っていたので、その通りの競馬をしてくれました」

2022年5月8日の安田隆調教師(新潟大賞典レッドガランNHKマイルC=ダノンスコーピオン)以来の同日ダブル重賞制覇となった上村調教師は笑みが絶えない。次走は未定だが、師走名物を制したスタミナ自慢は、さらなる大舞台を見据えていく。(山口遥暉)

アイアンバローズ 父オルフェーヴル、母パレスルーマー、母の父ロイヤルアンセム。鹿毛の牡6歳。栗東・上村洋行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は猪熊広次氏。戦績27戦5勝。獲得賞金2億1512万5000円。重賞は初勝利。ステイヤーズS石橋脩騎手、上村洋行調教師ともに初勝利。馬名は「鉄+冠名」。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オルフェーヴルの関連コラム

閲覧 1,622ビュー コメント 0 ナイス 6

 先週からJRAは夏季競馬に突入し、新シーズン「ウマニティPOG 2023」も本格始動。開幕週の新馬を制したのは、テラメリタテラノヴァの2021)・シュトラウスブルーメンブラットの2021)・アトロルーベンス(キングスローズの2021)・ボンドガール(コーステッドの2021)・バスターコール(デグラーティアの2021)でした。獲得していた仮想オーナーの皆様、おめでとうございます。
 ちなみに、この5頭はいずれも単勝2番人気以内・単勝オッズ4倍未満の支持を集めていた馬。東京競馬場で施行された3レースすべてをD.レーン騎手の騎乗馬が勝ち切っている点も興味深いところです。

 今回は、進行中の第2回入札や来週以降の入札に向けた指針とすべく、第1回入札の結果やその周辺情報を分析してみました。
 本稿の末尾には、注目POG馬ランキング(「2023/06/07 00:00更新」分)トップ100にランクインした馬と、該当馬の性・種牡馬・生産者・調教師をまとめてあります。なお、種牡馬別・生産者別・調教師別の頭数ランキング上位は下記の通りです。

【種牡馬別頭数ランキング】
ドゥラメンテ 11頭
ハーツクライ 9頭
レイデオロ 9頭
ブリックスアンドモルタル 8頭
モーリス 8頭
キズナ 6頭
キタサンブラック 5頭
ルーラーシップ 5頭
エピファネイア 4頭
サトノダイヤモンド 4頭
スワーヴリチャード 4頭
ロードカナロア 4頭
Frankel 3頭
オルフェーヴル 3頭
ハービンジャー 3頭
リアルスティール 3頭

【生産者別頭数ランキング】
ノーザンファーム 78頭
社台ファーム 5頭
社台C白老ファーム 4頭
下河辺牧場 3頭

【調教師別頭数ランキング】
木村哲也 7頭
矢作芳人 6頭
手塚貴久 5頭
須貝尚介 5頭
中内田充正 5頭
堀宣行 4頭
宮田敬介 3頭
高野友和 3頭
国枝栄 3頭
友道康夫 3頭

 調教師別頭数ランキングはJRA所属馬として登録済みの馬のみを対象としておりますのでご了承ください。

 種牡馬別頭数ランキングはドゥラメンテが単独トップ。キングカメハメハディープインパクトの直仔が完全にいなくなったこの世代のPOGでかなりの支持を集めた点は高く評価するべきでしょう。評判の良い産駒はもちろん、現時点ではあまり話題になっていない、手頃な価格で落札できそうな産駒にも注目しておいた方が良いかもしれません。
 あとはブリックスアンドモルタルやレイデオロといった新種牡馬の産駒が人気を集めている点も見逃せないポイント。2023年の日本ダービーを制したタスティエーラサトノクラウンの初年度産駒でしたし、キャリアの浅い種牡馬に対する期待が高まっているように思います。
 生産者別頭数ランキングはノーザンファームの“一強”状態でした。種牡馬の勢力図がどう変わっていくか不透明な分、実績あるブリーダー=ノーザンファームの生産馬が例年以上に信頼されている印象。ここまで人気が集中するなら、過小評価されている他のブリーダーを狙ってみるのもひとつの手ですね。
 調教師別頭数ランキングで首位に立っていたのは木村哲也調教師。第1回で指摘した通り、POG期間の序盤~中盤における勝ち馬率の高さは頭ひとつ抜けていますから、管理予定馬はひと通りチェックしておいた方が良いかもしれません。あとは須貝尚介調教師・手塚貴久調教師・中内田充正調教師・堀宣行調教師・矢作芳人調教師あたりも、重視しているプレイヤーはかなり多い模様。意外な管理予定馬が争奪戦になる可能性もありますので、注意しましょう。

 注目POG馬ランキング(「2023/06/07 00:00更新」分)でトップに君臨しているアイムユアーズの2021は、矢作芳人調教師が管理するノーザンファーム生産馬で、レイデオロ産駒の牡馬。スペシャルワールドで獲得に成功したのはヤクルト一筋さんですが、落札価格は1億0100万PPと、案外お手頃な水準でした。他のワールドも似たような状況でしたから、たとえ予算が心許なくても、入札に参加するだけの価値はあると思います。
 注目POG馬ランキング(「2023/06/07 00:00更新」分)2位はフォースタークルックの2021、3位はドバイマジェスティの2021です。この2頭はいずれもノーザンファーム生産馬のドゥラメンテ産駒。スペシャルワールドにおいては、どちらも昨年のスペシャルワールドで2位となった実績のある四白流星タイテエムさんが落札していました。どのワールドもアイムユアーズの2021よりハイレベルな入札合戦となっていましたし、ノーザンファーム生産馬やドゥラメンテ産駒の注目度を考えても、おそらく実質的な“一番人気”はこの2頭のどちらか。これから獲得を目指すのであれば、入札の金額やタイミングをひと工夫するべきでしょう。

【注目POG馬ランキング(「2023/06/07 00:00更新」分)トップ100】
●順位 馬(性/種牡馬/生産者/調教師)
●1位 アイムユアーズの2021(牡/レイデオロ/ノーザンファーム/矢作芳人
●2位 フォースタークルックの2021(牡/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/矢作芳人
●3位 ドバイマジェスティの2021(牡/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/※未登録)
●4位 サロミナの2021(牝/ハーツクライ/ノーザンファーム/池添学
●5位 リスグラシューの2021(牡/モーリス/ノーザンファーム/※未登録)
●6位 ヤンキーローズの2021(牡/ロードカナロア/ノーザンファーム/※未登録)
●7位 ルールブリタニアの2021(牡/レイデオロ/ノーザンファーム/中内田充正
●8位 イスパニダの2021(牝/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/杉山晴紀
●9位 アエロリットの2021(牡/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/菊沢隆徳
●10位 チェッキーノの2021(牝/ハービンジャー/ノーザンファーム/木村哲也
●11位 シャトーブランシュの2021(牝/キズナ/ノーザンファーム/木村哲也
●12位 ラルケットの2021(牡/レイデオロ/ノーザンファーム/須貝尚介
●13位 マニーズオンシャーロットの2021(牝/キタサンブラック/ノーザンファーム/武幸四郎
●14位 モシーンの2021(牡/モーリス/ノーザンファーム/堀宣行
●15位 サンクボヌールの2021(牡/キタサンブラック/社台C白老ファーム/須貝尚介
●16位 コーステッドの2021(牝/ダイワメジャー/ノーザンファーム/手塚貴久
●17位 ブルーメンブラットの2021(牡/モーリス/ノーザンファーム/武井亮
●18位 ヒストリックスターの2021(牡/レイデオロ/ノーザンファーム/友道康夫
●19位 セルキスの2021(牡/キズナ/ノーザンファーム/※未登録)
●20位 ウェイヴェルアベニューの2021(牝/キズナ/ノーザンファーム/中内田充正
●21位 サンブルエミューズの2021(牝/エピファネイア/ノーザンファーム/※未登録)
●22位 ジンジャーパンチの2021(牡/スワーヴリチャード/ノーザンファーム/萩原清
●23位 ロカの2021(牝/スワーヴリチャード/ノーザンファーム/木村哲也
●24位 アウェイクの2021(牡/エピファネイア/ノーザンファーム/池江泰寿
●25位 ブリッツフィナーレの2021(牝/ブリックスアンドモルタル/下河辺牧場/中内田充正
●26位 プリンセスロックの2021(牡/モーリス/ノーザンファーム/斉藤崇史
●27位 テラノヴァの2021(牝/ブリックスアンドモルタル/社台ファーム/須貝尚介
●28位 スキアの2021(牡/キズナ/社台ファーム/※未登録)
●29位 ソウルスターリングの2021(牝/ブリックスアンドモルタル/社台ファーム/※未登録)
●30位 エスキモーキセスの2021(牡/ハーツクライ/社台ファーム/※未登録)
●31位 フォエヴァーダーリングの2021(牡/リアルスティール/ノーザンファーム/矢作芳人
●32位 ローザブランカの2021(牡/ルーラーシップ/ノーザンファーム/高野友和
●33位 ユードントラヴミーの2021(牡/オルフェーヴル/ノーザンファーム/杉山晴紀
●34位 ブチコの2021(牡/モーリス/ノーザンファーム/須貝尚介
●35位 コールバックの2021(牡/Frankel/ノーザンファーム/※未登録)
●36位 ラヴズオンリーミーの2021(牡/ハーツクライ/ノーザンファーム/矢作芳人
●37位 シーズアタイガーの2021(牝/ハーツクライ/ノーザンファーム/※未登録)
●38位 ジェンティルドンナの2021(牝/モーリス/ノーザンファーム/※未登録)
●39位 ルミナスパレードの2021(牡/リアルインパクト/ノーザンファーム/木村哲也
●40位 ハルーワスウィートの2021(牝/スワーヴリチャード/ノーザンファーム/友道康夫
●41位 インクルードベティの2021(牡/ハーツクライ/ノーザンファーム/※未登録)
●42位 カーミングエフェクトの2021(牡/Frankel/ノーザンファーム/木村哲也
●43位 メチャコルタの2021(牝/モーリス/ノーザンファーム/宮田敬介
●44位 セリエンホルデの2021(牝/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/※未登録)
●45位 デグラーティアの2021(牡/ルーラーシップ/ノーザンファーム/田村康仁
●46位 キューティゴールドの2021(牡/サトノダイヤモンド/社台C白老ファーム/※未登録)
●47位 アッフィラートの2021(牡/ブリックスアンドモルタル/社台C白老ファーム/堀宣行
●48位 ウィキッドリーパーフェクトの2021(牡/サトノダイヤモンド/ノーザンファーム/池江泰寿
●49位 リッスンの2021(牡/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/※未登録)
●50位 サマーハの2021(牡/リアルスティール/ノーザンファーム/※未登録)
●51位 カンデラの2021(牡/レイデオロ/ノーザンファーム/手塚貴久
●52位 Starlet's Sisterの2021(牡/Siyouni/※外国産馬/矢作芳人
●53位 Waldjagdの2021(牡/Kingman/※外国産馬/矢作芳人
●54位 Stacelitaの2021(牡/Frankel/※外国産馬/※未登録)
●55位 マウレアの2021(牡/レイデオロ/下河辺牧場/手塚貴久
●56位 アールブリュットの2021(牡/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/※未登録)
●57位 シーウィルレインの2021(牝/サトノダイヤモンド/ノーザンファーム/※未登録)
●58位 ナスノシベリウスの2021(牡/ブリックスアンドモルタル/ハシモトフアーム/武井亮
●59位 シャンブルドットの2021(牝/スワーヴリチャード/ノーザンファーム/庄野靖志
●60位 ユキチャンの2021(牡/ヘニーヒューズ/ノーザンファーム/宮田敬介
●61位 トータルヒートの2021(牡/ハーツクライ/社台C白老ファーム/※未登録)
●62位 キングスローズの2021(牝/リアルスティール/ノーザンファーム/高野友和
●63位 Impedeの2021(牡/Kingman/※外国産馬/※未登録)
●64位 ロベルタの2021(牡/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/寺島良
●65位 シャルマントの2021(牡/レイデオロ/ノーザンファーム/※未登録)
●66位 シュガーハートの2021(牡/ドゥラメンテ/ヤナガワ牧場/※未登録)
●67位 アロマドゥルセの2021(牡/ハービンジャー/ノーザンファーム/渡辺薫彦
●68位 レキシールーの2021(牡/ロードカナロア/ケイアイファーム/中内田充正
●69位 リビアーモの2021(牝/エピファネイア/ノーザンファーム/木村哲也
●70位 クロノロジストの2021(牝/レイデオロ/ノーザンファーム/※未登録)
●71位 ミスエーニョの2021(牝/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/※未登録)
●72位 グリューネワルトの2021(牝/ロードカナロア/ノーザンファーム/※未登録)
●73位 ボンジュールココロの2021(牡/ルーラーシップ/ノーザンファーム/高柳大輔
●74位 クリスプの2021(牡/ハーツクライ/ノーザンファーム/※未登録)
●75位 アパパネの2021(牡/ブラックタイド/ノーザンファーム/※未登録)
●76位 ウイングステルスの2021(牡/サトノダイヤモンド/ノーザンファーム/※未登録)
●77位 レッドラヴィータの2021(牡/ブリックスアンドモルタル/ノーザンファーム/手塚貴久
●78位 ベルダムの2021(牡/エピファネイア/ノーザンファーム/音無秀孝
●79位 アニメイトバイオの2021(牝/ブリックスアンドモルタル/ノーザンファーム/須貝尚介
●80位 サトノジュピターの2021(牝/ブリックスアンドモルタル/ノーザンファーム/堀宣行
●81位 チェリーコレクトの2021(牝/キズナ/ノーザンファーム/中内田充正
●82位 デルフィニア2の2021(牝/No Nay Never/ノーザンファーム/国枝栄
●83位 コスモアクセスの2021(牡/キタサンブラック/コスモヴューファーム/畠山吉宏
●84位 スピードリッパーの2021(牡/ルーラーシップ/ノーザンファーム/堀宣行
●85位 カリンバの2021(牝/ハービンジャー/ノーザンファーム/松下武士
●86位 ヴィルジニアの2021(牡/キタサンブラック/ノーザンファーム/※未登録)
●87位 リュズキナの2021(牝/ハーツクライ/ノーザンファーム/国枝栄
●88位 シェリールの2021(牡/ルーラーシップ/ノーザンファーム/稲垣幸雄
●89位 シャンパンルームの2021(牡/キズナ/ノーザンファーム/武幸四郎
●90位 リリサイドの2021(牡/ハーツクライ/ノーザンファーム/※未登録)
●91位 タイキオードリーの2021(牡/キタサンブラック/下河辺牧場/清水久詞
●92位 マイミスリリーの2021(牝/ロードカナロア/レイクヴィラファーム/手塚貴久
●93位 ハニージェイドの2021(牝/ダイワメジャー/追分ファーム/斎藤誠
●94位 ミセスワタナベの2021(牡/オルフェーヴル/ノーザンファーム/木村哲也
●95位 リンフォルツァンドの2021(牡/レイデオロ/ノーザンファーム/松下武士
●96位 ケイティーズハートの2021(牝/サトノクラウン/ノーザンファーム/※未登録)
●97位 ヴァシリカの2021(牡/ドゥラメンテ/ノーザンファーム/国枝栄
●98位 キャレモンショコラの2021(牝/ミッキーアイル/ノーザンファーム/宮田敬介
●99位 オータムフラワーの2021(牡/オルフェーヴル/社台ファーム/友道康夫
●100位 アドマイヤローザの2021(牡/モーリス/ノーザンファーム/高野友和


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』において「データ分析」のコーナーを担当しているほか、JRAのレーシングプログラム、TCKホームページ、グリーンチャンネル、ニコニコチャンネルなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2023-2024』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)など。2023年03月28日には最新刊『血統&ジョッキー偏差値2023-2024 ~儲かる種牡馬・騎手ランキング~』(ガイドワークス)をリリース。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年6月28日(火) 17:07 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2022) ~第6回デビュー前の有力馬~
閲覧 6,040ビュー コメント 0 ナイス 5

 今週末から2回福島と3回小倉がスタートし、本格的な“夏競馬”のシーズンに突入します。今年6月の3回東京・3回阪神・4回中京・1回函館(6日目まで)では計29レースの2歳戦が施行され、29頭の2歳馬が勝ち上がりを果たしました。
 現時点で強調しておきたいのはエピファネイア産駒の健闘ぶり。種牡馬別成績を見ると、出走数(14回)、1着数(4回)、2着以内数(7回)、3着以内数(7回)はいずれも単独トップです。しかも、単勝回収率は292%、複勝回収率は120%。単純に成績が良いだけでなく、配当的な妙味も申し分ありません。今週以降の2歳新馬でも引き続きマークしておきましょう。

 今回は、まだ仮想オーナー枠に余裕があるプレイヤーの参考にしていただくべく、デビュー間近が近そうな未出走馬の中から、有力と思しき馬をピックアップしてみました。
 本稿の収録対象としたのは、6月27日時点におけるJRA-VANのデータで確認することができた「6月27日時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニング・センターにおいて過去1か月(5月31日から6月27日まで)の期間中に坂路・ウッドチップで調教を行った未出走の2歳馬」です。この条件に従って抽出した2歳馬963頭の中から、注目すべきファクターにも該当している馬をまとめています。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは、2022年06月03日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で100位以内だった該当馬をご覧いただきましょう。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング」の順位、並び順は父名順→母名順です。

アヘッド(牝 父Frankel/母Blanc Bonheur 中竹和也厩舎) ※38位
マキシ(牡 父エピファネイア/母ラキシス 辻野泰之厩舎) ※23位
ヤングローゼス(牡 父エピファネイア/母ローザフェリーチェ 手塚貴久厩舎) ※9位
シリンガバルガリス(牡 父オルフェーヴル/母ライラックスアンドレース 松永幹夫厩舎) ※48位
●コナコースト(牝 父キタサンブラック/母コナブリュワーズ 清水久詞厩舎) ※95位
ラヴェル(牝 父キタサンブラック/母サンブルエミューズ 矢作芳人厩舎) ※13位
シュバルツガイスト(牡 父キタサンブラック/母フリーティングスピリット 国枝栄厩舎) ※18位
ミラクルキャッツ(牝 父キンシャサノキセキ/母ランニングボブキャッツ 堀宣行厩舎) ※91位
エコロジョイアー(牡 父サトノアラジン/母パシオンルージュ 加藤征弘厩舎) ※86位
ルクスグローリア(牡 父サトノダイヤモンド/母ヒカルアモーレ 宮田敬介厩舎) ※75位
ジェイパームス(牡 父ジャスタウェイ/母キラーグレイシス 堀宣行厩舎) ※97位
オープンファイア(牡 父ディープインパクト/母ゴーマギーゴー 斉藤崇史厩舎) ※28位
ネアセリーニ(牡 父ハーツクライ/母スウィートリーズン 高野友和厩舎) ※52位
ジャスティンレオン(牡 父ハーツクライ/母ダイワパッション 杉山晴紀厩舎) ※98位
●バロッサヴァレー(牝 父ハーツクライ/母ピラミマ 高野友和厩舎) ※60位
ブラストウェーブ(牡 父ハービンジャー/母ツルマルワンピース 大竹正博厩舎) ※17位
ディオファントス(牡 父モーリス/母ディオジェーヌ 斉藤崇史厩舎) ※14位
アップトゥミー(牝 父モーリス/母ムードインディゴ 国枝栄厩舎) ※92位
マンデヴィラ(牝 父リアルスティール/母マンデラ 友道康夫厩舎) ※50位
キングズレイン(牡 父ルーラーシップ/母タッチングスピーチ 手塚貴久厩舎) ※90位
ヴァレンティヌス(牡 父レッドファルクス/母サザンスピード 辻野泰之厩舎) ※77位
シャザーン(牡 父ロードカナロア/母クイーンズリング 友道康夫厩舎) ※39位
スワッグチェーン(牡 父ロードカナロア/母メジャーエンブレム 田村康仁厩舎) ※44位

 2022年06月03日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で9位だったヤングローゼス(ローザフェリーチェの2020)は、一部報道によると7月16日の福島5R(2歳新馬・芝1800m)でデビューする予定となっている模様。2021年のセレクトセールで1億2100万円の値が付いたうえ、馬主の藤田晋氏にも注目が集まっていますから、今後の入札でも激しい争奪戦が繰り広げられるのではないかと思います。

 第1回の「POG的データ分析」で強調したハーツクライ産駒と、本稿の冒頭で取り上げたエピファネイア産駒は下記の通り。

ミヤジシャルマン(牡 父エピファネイア/母アナザーワールド 川村禎彦厩舎)
ジュンフシナ(牡 父エピファネイア/母アルフィルク 中舘英二厩舎)
ベルオブピース(牡 父エピファネイア/母イェーガーオレンジ 矢作芳人厩舎)
ナイツオブラウンド(牡 父エピファネイア/母ウェストレー 小崎憲厩舎)
ネクストブレイク(牡 父エピファネイア/母ウェディングフジコ 戸田博文厩舎)
●コチョウラン(牝 父エピファネイア/母ヴェルザンディ 蛯名正義厩舎) ※130位
シゲルノヴァ(牝 父エピファネイア/母ウタヒメ 谷潔厩舎)
ブランディー(牝 父エピファネイア/母オートロンシャン 和田雄二厩舎)
エナジーチャイム(牝 父エピファネイア/母カリンバ 手塚貴久厩舎)
ホウオウヒショウ(牝 父エピファネイア/母キャリコ 奥村武厩舎)
ルミノメテオール(牝 父エピファネイア/母クイーンナイサー 金成貴史厩舎)
クリノコマンダー(牡 父エピファネイア/母グランプリソフィ 藤岡健一厩舎)
ルクスフロンティア(牡 父エピファネイア/母サトノアイリ 松永幹夫厩舎)
サトノキャサリン(牝 父エピファネイア/母サトノエカテリーナ 吉村圭司厩舎)
メモリーズオブユー(牡 父エピファネイア/母サンエルピス 高橋義忠厩舎)
シビッククール(牝 父エピファネイア/母シビックハート 高柳大輔厩舎)
ショウナンガチャ(牡 父エピファネイア/母ショウナンラヴィ 嘉藤貴行厩舎)
マロンアルジャン(牝 父エピファネイア/母シルヴァースプーン 牧田和弥厩舎)
スマッシュキング(牡 父エピファネイア/母スマッシュ 奥村武厩舎)
ダンツセリカ(牡 父エピファネイア/母ツクバエルドラド 谷潔厩舎)
ジュンブライト(牝 父エピファネイア/母ナイアガラロール 高柳瑞樹厩舎)
サンティーテソーロ(牝 父エピファネイア/母ナガラフラワー 栗田徹厩舎)
デインバランス(牝 父エピファネイア/母ナッシングバットドリームズ 杉山晴紀厩舎)
ウインオーディン(牡 父エピファネイア/母ピエナビーナス 鹿戸雄一厩舎)
ビップピュアエース(牝 父エピファネイア/母ビップピュアレディ 高柳瑞樹厩舎)
●アスターフラッペ(牝 父エピファネイア/母ピュアノアール)
サクラトップクリス(牝 父エピファネイア/母ブルーブラッド 田村康仁厩舎)
ロッククリーク(牡 父エピファネイア/母フロールデセレッソ 栗田徹厩舎)
●マロンアイス(牡 父エピファネイア/母マロンブーケ 池上昌和厩舎)
マキシ(牡 父エピファネイア/母ラキシス 辻野泰之厩舎) ※23位
●シテ(牡 父エピファネイア/母ラクアミ 石坂公一厩舎)
ヴェンチュラムーン(牡 父エピファネイア/母ラスヴェンチュラス 小島茂之厩舎)
ネーブル(牝 父エピファネイア/母リンターバル 平田修厩舎)
ゴールドシーン(牡 父エピファネイア/母ローガンサファイア 林徹厩舎)
ヤングローゼス(牡 父エピファネイア/母ローザフェリーチェ 手塚貴久厩舎) ※9位
サンライズサラー(牡 父エピファネイア/母ロジナン 庄野靖志厩舎)
●キャラメルシフォン(牝 父ハーツクライ/母アルアリングスター 林徹厩舎)
イッツオンリーユー(牝 父ハーツクライ/母イッツオンリーアクティングダッド 手塚貴久厩舎)
●メインクーン(牝 父ハーツクライ/母イマーキュレイトキャット 林徹厩舎)
コトブキヘスペラス(牡 父ハーツクライ/母エーシンベロシティ 金成貴史厩舎)
フェザーモチーフ(牡 父ハーツクライ/母オーサムフェザー 武井亮厩舎)
ファンネルマーク(牡 父ハーツクライ/母クルージンミジー 古賀慎明厩舎)
ココリイト(牝 父ハーツクライ/母サンドグロース 古賀慎明厩舎)
ダノントルネード(牡 父ハーツクライ/母シーウィルレイン 中内田充正厩舎) ※121位
テルテ(牝 父ハーツクライ/母ジェニサ 手塚貴久厩舎) ※182位
ネアセリーニ(牡 父ハーツクライ/母スウィートリーズン 高野友和厩舎) ※52位
●ダノンクロム(牡 父ハーツクライ/母セデュイール2 音無秀孝厩舎)
ジャスティンレオン(牡 父ハーツクライ/母ダイワパッション 杉山晴紀厩舎) ※98位
ルフレーヴ(牡 父ハーツクライ/母タミーザトルピード 杉山晴紀厩舎)
バースクライ(牝 父ハーツクライ/母ティップトップ 千田輝彦厩舎)
プロトカルチャー(牡 父ハーツクライ/母テスタオクローチェ 新開幸一厩舎)
●ハーツコンチェルト(牡 父ハーツクライ/母ナスノシベリウス 武井亮厩舎)
アスクエピソード(牡 父ハーツクライ/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※195位
●バロッサヴァレー(牝 父ハーツクライ/母ピラミマ 高野友和厩舎) ※60位
ノエマ(牡 父ハーツクライ/母ホームタイム 平田修厩舎)
レイジングウェイブ(牡 父ハーツクライ/母ホットスウェル 牧田和弥厩舎)
●ダノンソレイユ(牝 父ハーツクライ/母マイグッドネス 尾関知人厩舎)
●モリーダーリン(牝 父ハーツクライ/母マルケサ)
ミタマ(牝 父ハーツクライ/母モナリザ 上村洋行厩舎)
エメイヴェイモン(牝 父ハーツクライ/母ルシュクル 中竹和也厩舎) ※126位

 2022年06月03日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」でも52位に食い込んでいたネアセリーニ(スウィートリーズンの2020)は、所属するサンデーサラブレッドクラブによると、7月17日の小倉5R(2歳新馬・芝2000m)でデビューする予定となっている模様。ハーツクライ産駒もこれまでの2歳新馬で10頭中5頭が3着以内に好走していますから、そろそろ勢いに乗ってくるかもしれません。

 生産者がノーザンファーム、かつ2022年06月03日01:00更新分の「注目POG馬ランキング」で200位以内の支持を集めていた馬はこちら。

●コチョウラン(牝 父エピファネイア/母ヴェルザンディ 蛯名正義厩舎) ※130位
マキシ(牡 父エピファネイア/母ラキシス 辻野泰之厩舎) ※23位
ヤングローゼス(牡 父エピファネイア/母ローザフェリーチェ 手塚貴久厩舎) ※9位
シリンガバルガリス(牡 父オルフェーヴル/母ライラックスアンドレース 松永幹夫厩舎) ※48位
ロジザキア(牝 父キズナ/母ザキア 国枝栄厩舎) ※174位
クロスライセンス(牡 父キズナ/母トップライセンス 鹿戸雄一厩舎) ※138位
セントマーガレット(牝 父キタサンブラック/母カレドニアレディ 金成貴史厩舎) ※179位
●コナコースト(牝 父キタサンブラック/母コナブリュワーズ 清水久詞厩舎) ※95位
ラヴェル(牝 父キタサンブラック/母サンブルエミューズ 矢作芳人厩舎) ※13位
シュバルツガイスト(牡 父キタサンブラック/母フリーティングスピリット 国枝栄厩舎) ※18位
リードブロー(牡 父キンシャサノキセキ/母ユードントラヴミー 安田翔伍厩舎) ※153位
ミラクルキャッツ(牝 父キンシャサノキセキ/母ランニングボブキャッツ 堀宣行厩舎) ※91位
エコロジョイアー(牡 父サトノアラジン/母パシオンルージュ 加藤征弘厩舎) ※86位
カズボニファシオ(牡 父サトノダイヤモンド/母ティッカーコード 安田翔伍厩舎) ※110位
マテンロウウェイ(牝 父ジャスタウェイ/母ギモーヴ 中内田充正厩舎) ※151位
ジェイパームス(牡 父ジャスタウェイ/母キラーグレイシス 堀宣行厩舎) ※97位
エンパイアブーケ(牝 父ダイワメジャー/母キャッチータイトル 木村哲也厩舎) ※172位
オープンファイア(牡 父ディープインパクト/母ゴーマギーゴー 斉藤崇史厩舎) ※28位
パルピターレ(牝 父ドゥラメンテ/母カヴァートラブ 国枝栄厩舎) ※102位
アラモードジェンヌ(牝 父ドレフォン/母グルーヴァー 高橋義忠厩舎) ※171位
ダノントルネード(牡 父ハーツクライ/母シーウィルレイン 中内田充正厩舎) ※121位
ネアセリーニ(牡 父ハーツクライ/母スウィートリーズン 高野友和厩舎) ※52位
●バロッサヴァレー(牝 父ハーツクライ/母ピラミマ 高野友和厩舎) ※60位
ブリスキー(牡 父ハービンジャー/母サンデースマイル2 堀宣行厩舎) ※146位
ブラストウェーブ(牡 父ハービンジャー/母ツルマルワンピース 大竹正博厩舎) ※17位
ディオファントス(牡 父モーリス/母ディオジェーヌ 斉藤崇史厩舎) ※14位
アップトゥミー(牝 父モーリス/母ムードインディゴ 国枝栄厩舎) ※92位
マンデヴィラ(牝 父リアルスティール/母マンデラ 友道康夫厩舎) ※50位
キングズレイン(牡 父ルーラーシップ/母タッチングスピーチ 手塚貴久厩舎) ※90位
ヴァレンティヌス(牡 父レッドファルクス/母サザンスピード 辻野泰之厩舎) ※77位
マヴォロンテ(牝 父ロードカナロア/母スターアイル 松永幹夫厩舎) ※185位
イストロス(牡 父ロードカナロア/母ドナブリーニ 音無秀孝厩舎) ※117位
スワッグチェーン(牡 父ロードカナロア/母メジャーエンブレム 田村康仁厩舎) ※44位

 ディープインパクトのラストクロップとして注目を集めているオープンファイア(ゴーマギーゴーの2020)は、6月17日のゲート試験に合格したものの、現在は放牧に出ているようです。最新の動向も踏まえたうえで入札を検討しましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2020年11月13日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬場傾向を予想に反映しやすいのは短距離戦/エリザベス女王杯展望
閲覧 1,680ビュー コメント 0 ナイス 2



先週はG1ひと休みとなったが、アルゼンチン共和国杯では大外枠のオーソリティが好位から抜け出し、休養を挟んでの重賞連勝。先々が楽しみになる好内容だった。

オーソリティオルフェーヴル産駒。同産駒らしく気性的にはなかなか難しい面があるものの、レースでは非常に器用な立ち回りを見せる馬。まだ古馬一線級との対戦実績はないだけにいきなりG1で通用するかはわからないが、オルフェーヴル産駒はラッキーライラックに見られるような成長力もあるだけに、いつかは大きなところを狙えるかもしれない。

また、同馬にとっては大外枠も追い風だった。先々週あたりから東京芝は外が有利。その傾向を上手く生かせた。

~外枠が断然有利だった芝千四の京王杯2歳S

外有利が顕著に出たのは、土曜日に行われた京王杯2歳ステークス。勝ったモントライゼこそ6番枠からの抜け出しだったが、2~8着までは2ケタ馬番の馬たちが上位を占めた。当方が本命にしたのも16番枠のユングヴィ。同馬は1400mの未勝利戦の内容が良かった上に、鞍上は外を回す傾向の強い「外出しオジサン」の柴田善騎手。

予想の際に、

「現状の東京芝は外からの差しも届く状況で、柴田善騎手なら16番枠からジワっと好位~中団くらいにつけて追い出す形が濃厚。1200m重賞組や、決してレベル高くない新潟2歳S組、気性難馬などが人気の相手関係ならば、前走内容だけ走ればココでも通用するはず」

と書いたが、その期待通りの騎乗だった。(宣伝になってしまい恐縮だが、騎手の特徴については『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を参考にしていただきたい。JRAの全騎手の騎乗パターンをアナログの視点から解き明かしている)

▽外枠にヤマを張った3連複馬券



基本的に馬場傾向を利用して予想しやすいのは長距離よりは短距離戦。なぜかというと枠なりの競馬になりやすいためだ。長丁場のレースになると道中での進路取り変更が可能で、内枠の馬が控えて外を回すというような芸当も可能になる。アルゼンチン共和国杯でいえば2着に突っ込んできたラストドラフトの戸崎騎手がまさにそういう競馬をしていた。

しかし短距離だと、そうこうしているうちにレースは終わってしまうし、進路変更のロスも大きくなる。ゆえに、短距離では馬場&枠の有利不利が素直に反映されるわけだ。

今週末の東京芝もBコースが続くので、引き続き同様の狙いを定めて行きたい。

エリザベス女王杯の注目馬

さて、今週末はエリザベス女王杯。例年とは異なる阪神での開催となる。

阪神開催となること自体よりも、阪神の2週目開催となることが予想をする上ではポイントになりそう。開幕週を見る限り阪神の馬場状態は良好。今週末の気象状況をみても恐らく崩れる確率は低そうなので、先週同様の状況での開催となりそうだ。

もっとも差しが届かないわけではなく、ファンタジーSでは前が流れたとはいえ先行勢には厳しい流れになり直線は差し馬が届いていた。ココでは注目馬を2頭挙げておく。

センテリュオ

オールカマーは牡馬相手に外から差し切り勝ち。近走のレースぶりを見ると2000mでも短いくらいで、パワーも問われる阪神の2200mはベストに近い条件。人気はラッキーライラックラヴズオンリーユーに譲る可能性もあるが、この舞台なら互角以上の戦いができておかしくない。

サトノガーネット

牝馬ながら長くいい脚を使えるスタミナタイプで、バテないので急坂の阪神は合う。昨年は流れに乗れず9着に敗れたが、重賞を制し力をつけてきた今年は、舞台替わりも追い風にして昨年より前進がありそう。

※週末の重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年12月27日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】名馬でも噛み合わなければ勝てないのが競馬、負けてなおアーモンドアイの果敢な挑戦を称えたい
閲覧 1,681ビュー コメント 0 ナイス 1

アーモンドアイ他豪華メンバーが揃った先週の有馬記念は、終わってみればリスグラシューの圧勝で幕を閉じた。4コーナーの手応えからして他の15頭とはまるで違っており、直線は少し追われるとあとは突き放す一方。5馬身差の着差通り、いや着差以上の異次元の強さだった。

一方、最終的には1.5倍の断然人気を集めたアーモンドアイは9着と大敗を喫した。キャリア初の馬券圏外となったが、正面スタンドから掛かり気味でスタミナを損耗。厳しい流れを追い掛けた上に折り合いがつかなかったことを考えればやむを得ない敗戦と言えそうだ。

競馬は展開や適性が合わなければ、あるいは折り合いなどちょっとしたことで名馬でも案外あっさり負けてしまうもの。2006年の凱旋門賞ディープインパクトが伸びあぐねたシーン、あるいは2011年の天皇賞(春)オルフェーヴルがまるで見せ場を作れず敗れたシーン、あるいは2017年の宝塚記念、やはり断然人気のキタサンブラックが力なく失速したシーンなど、過去の名馬が断然人気を集めながらも散って行ったシーンが脳裏を巡った。

奇しくも上記の3頭はいずれも次走で巻き返し、G1を制している。したがって、弱かったのではない。ただかみ合わなかっただけなのである。アーモンドアイもこの敗戦を恥じることはない。むしろ果敢に挑戦した姿勢こそが称えられるべきである。同時に次走、改めて強いアーモンドアイを観たいという思いが強くなった。


~ホープフルS&東京大賞典の展望

さて、今週末はラストG1となるホープフルS、さらには大井競馬場では東京大賞典が控えている。

まずホープフルSだが、コチラには2戦2勝のコントレイルが登場。さらに同じく2戦2勝の注目馬ワーケアヴェルトライゼンデオーソリティ、そして札幌2歳Sの覇者ブラックホールなどが出走、朝日杯FSに負けず劣らず注目の一戦となる。

正直なところどの馬も甲乙つけがたい面があるが、個人的に注目したいのはゴールドシップ産駒のブラックホール。デビュー戦ではオーソリティに首差敗れたとはいえ、明らかに差し遅れた一戦。ゴールドシップ産駒らしい長くいい脚を使えるのが武器で、距離が延びるのもプラスだろう。

ただ立ち回りという点では一抹の不安があるので、その点で有利なのはオーソリティブラックホールを退けたデビュー戦、そして2戦目といずれも安定した立ち回りを見せており、オルフェーヴル産駒としてはエポカドーロのような操縦性の高さがある。この舞台はいかにも会いそうだ。

もちろん、好時計で出世レースの東京スポーツ杯2歳Sを制したコントレイルにも注目。今回の内容次第では来春のクラシックも見えてきそうだ。ただ、福永騎手乗り替わりで初の中山コース、そして恐らく1番人気となると、馬券的にはアタマ勝負よりも2~3着あたりにちょい負けする方に賭けてみたい気もする。

一方、翌日の東京大賞典には昨年の覇者・オメガパフューム、2着ゴールドドリームが今年も順調に出走してきた。無敗でチャンピオンズカップを制したクリソベリルの名前がないのは残念だが、その他にも浦和記念で復活勝利を挙げたケイティプレイブ、好メンバーが揃った勝島王冠を完勝したモジアナフレイバーなどが主力を形成しそうだ。

こちらは現時点での注目はオメガパフュームチャンピオンズカップでは伸び切れずに終わったが、やはり1800mだとやや距離不足の感が否めない内容だった。大井のダート2000mでは安定しており、今年も順当に有力とみる。

もっとも、目下の充実ぶりならば純・南関東馬のモジアナフレイバーの激走に期待してみたくなる。折り合いの面がカギにはなるが、内寄りの枠を引けたのはプラス材料。末脚の鋭さなら引けを取らないだけに、久々に地方馬が強力JRA勢を一蹴するシーンが見られるかもしれない。

というわけで、当コラムも今年はこれにて終了。できれば馬券を当てて、皆様良いお年をお過ごしください。

※ホープフルSの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年12月25日(水) 16:45 覆面ドクター・英
ホープフルS・2019
閲覧 2,988ビュー コメント 0 ナイス 8

まずは先週の回顧から。有馬記念は、全くの裏目にでました。リスグラシューが、本格化して手が付けられない強さだったジャスタウェイのように強過ぎたのと、アーモンドアイは距離が長かったことだったり、ハイペースを追いかけたこと、外目追走で掛かったことだったりで最後に力尽きました。あそこまで止まるとは......(ただ、正直やはり中山向きではないんでしょうが)。

気を取り直して今週末のホープフルSは、段々クラシックを意識した陣営が、使ってくるようになってきたので、出走馬の質が年々上がってきているように思われます。昨年のこのレースの勝ち馬であるサートゥルナーリアが、その後、皐月賞を勝ち先週の有馬記念でも2着に来たように、ここから先の中山G1での活躍を占うレースなのかもしれません。

では恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:2戦2勝のディープインパクト産駒(母父アンブライドルズソング)で、いかにも早い時期に活躍しそうな配合で、前走の東スポ杯2歳Sで断然1番人気に応えて、5馬身差でレコードのおまけもついて楽勝してきた。この世代の牡馬トップクラスなのは間違いなく中山でも問題ないだろう。ノースヒルズ生産なのが、よくいるタイプ(要はノーザンF生産)と少し違うくらいか。菊花賞はともかく、ダービーまでは主役を張れるのでは。リスグラシューが引退してすぐ、新星が輝くのは矢作厩舎の層の厚さか。

2番人気想定 ワーケア:これまた2戦2勝のハーツクライ産駒で、アイビーSでは阪神JF8着だった牝馬のそれなりの強豪クリスティを相手に3馬身差の楽勝をしてきた。ハーツクライ産駒らしく、まだまだ完成途上な印象でも能力を感じさせるあたり、鞍上コメントからしても先々も楽しみな馬のよう。ただ、新馬戦から半年経ったアイビーSで、ほとんど馬体が増えてこなかったのは残念。

3番人気想定 オーソリティ:こちらも2戦2勝で、オルフェーヴル産駒の一頭。初戦の函館1800mでは札幌2歳Sを勝つブラックホールを退け、2戦目の芙蓉Sでも少頭数で時計は速くないが2馬身半きっちり差をつけて完勝している。母母シーザリオの良血で、オルフェーヴル産駒特有の打率は低いがホームランのパターンか。

4番人気想定 ラインベックディープインパクト×アパパネの良血馬だが、ややズブめなようで、前走の東スポ杯2歳Sでは、ここで本命視されるコントレイルに9馬身もちぎられた3着。ただ、鞍上ビュイックが2400m向きとコメントしているように、菊花賞あたりでは好勝負に持ち込めるのかも。

5番人気想定 ヴェルトライゼンデワールドエースワールドプレミアの下で、この馬は父がドリームジャーニーとなった。父自身が小さかったのもあり、産駒もわりと小さいケースが多いが、この馬は馬格もあって、今後ゆっくり強くなっていくのではとみる。

6番人気想定 ブラックホール:例年に比べると低レベルだった札幌2歳S勝ち馬。ゴールドシップ産駒のワンツーという結果で、今回は雨が降るなどスピード競馬要素が薄れてくれないと厳しいのではないだろうか。

7番人気想定 ブルーミングスカイ:角居厩舎のディープインパクト産駒だが末脚が甘く、1勝クラスでも2着、4着と勝ち切れていないように大駆けは期待薄。

8番人気想定 ゼノヴァース:藤沢和厩舎のディープインパクト産駒で人気はあるが3戦目でやっと未勝利を勝ち上がったように、実力はいまひとつ。

9番人気想定 ラグビーボーイ:低レベルな未勝利戦をようやく勝ち上がっただけで、全く通用しないだろう。

10番人気以下想定
ハギノエスペラントキズナ産駒らしく長くいい末脚を繰り出すが、4戦目でようやく未勝利を脱出したように、力が落ちる。

ディアマンミノル:新馬戦のみの1戦1勝馬だが、母母イソノルーブルで兄達もトラストワン5勝、モンストール3勝と走っており、潜在能力的にはそこそこやれるのかも。

ワスカランテソーロ:4戦目で低レベルな未勝利戦をようやく勝っただけで、母母マザートウショウはバカ速い馬だったが、この馬はそういう感じもなく、要らなそう。

パンサラッサ:ロードカナリア×モンジュー牝馬という配合で、スピード、スタミナ、瞬発力ともにどっちつかずな感じか。

ナリノモンターニュ:母母がアイリッシュダンスハーツクライの母でもある)で、血統的にはもっと伸びていく素材なのだろうが、まだ新馬戦で2着した後の未勝利勝ちのみで、特にインパクトある勝ち方ではなかった。成長待ちか。

ガロアクリークキンシャサノキセキ産駒にしては珍しく2000mの新馬戦を使ってきて快勝したが、まだここでは厳しそう。

ディアセオリー:7月の福島での新馬勝ちの後は札幌2歳S、葉牡丹賞と割と相手が強く結果こそ伴わなかったが、内容はそう悪くなく、じわじわ力をつけてきてはいるのでは。

クリノブレーヴ:種牡馬オーシャンブルー(父ステイゴールド)の初勝利をあげて父親孝行な馬だが、未勝利勝ちも楽勝でなく、まだここでは荷が重い。


<まとめ>
有力:コントレイルワーケア

ヒモに:オーソリティラインベック

穴で:ディアマンミノルディアセオリー

[もっと見る]

2019年11月14日(木) 14:20 覆面ドクター・英
マイルCS・2019
閲覧 2,946ビュー コメント 0 ナイス 10

エリザベス女王杯は、ある程度予測してはいましたが、乗り替わったスミヨン騎手がラッキーライラックの能力をしっかり引き出して、最内をついて突き抜け、圧勝という結果でした。スノーフェアリーでムーア騎手に二度やられたように、何で内を掬うのが有利な京都で最内ズコーンとやられるのかなあ?と正直思ってしまいますが、それをきっちりやってのけるのが世界トップレベルの騎手たちということなんでしょうね。父オルフェーヴルの評価が下がっている状況下、ラッキーライラックの頑張りは親孝行だし、凱旋門賞オルフェーヴルで勝ち切れなかったスミヨン騎手も嬉しそうでしたね。


それでは恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 ダノンプレミアム安田記念は脚元がゴトゴトしての最下位に終わり、その後休み明けの天皇賞・秋の走りを見てからここで狙おうと思っていたのですが......。秋初戦からいきなり走っちゃいましたね。ただ、得意のマイルで、調教の動きからも順調で当然最有力。

2番人気想定 ダノンキングリー皐月賞3着、ダービーで2着、秋初戦の毎日王冠では複数の古馬G1馬相手に最後方からずばっと差し切り勝ちと、斤量差は減るがまだまだ伸び盛り。昔は、高額な良血馬を次々落札するも、不発弾ばかりつかまされてきた印象(笑)のダノン軍団だが、最近は好成績の馬が多くなり、同馬主同士での争いも更に増えていくのだろう。

3番人気想定 インディチャンプ安田記念を制した春のマイル王は、毎日王冠をそれなりの3着と叩いての参戦。安田記念は色々うまく行き過ぎての戴冠(要は福永騎手の好騎乗)でもあり、実力上位グループに居るがそう突き抜けた強さではない。

4番人気想定 アルアイン:大外だったり、速い時計での決着だったり向かない材料はあったにせよ、物足りない秋の天皇賞14着。昨年のこのレースは惜しい3着だったが、ちょっと力が落ちてきている印象で、堅実だった馬が崩れ出すとなかなか立ち直らないもの

5番人気想定 ダイアトニック:前哨戦のスワンSで1番人気に応えて鋭く差し切ったが、1400mベストな感があり、引き続きスミヨン騎手の騎乗で人気になりそうなだけに悩ましいところ。

6番人気想定 ペルシアンナイト:昨年のこのレースでの2着以降は馬券圏内無しで、ピークを過ぎており、今回は相手が特に弱くないので引き続き買わない予定(というか、衰えたと指摘して私自身も買わずにここまで来れている以上、恐らく引退までもう買わない)。

7番人気想定 レイエンダ新潟記念を使ったのは正直イマイチかと思ったが、母父シンボリクリスエスだけに叩いて上昇するロベルト系というあたりを意識してのローテなのかもしれない。また、前走レース後のスミヨン騎手はもう1Fあった方がいいというコメント出しているが、この数十年、何でもマイラーに作ってくる感のある藤沢和厩舎だけに、ここら辺りがストライクゾーンで、激走あるかも。

8番人気想定 モズアスコット:昨年は連闘で安田記念を制覇したり、1番人気でマイルCS惨敗したりと激動の一年。明け5歳となった今年正直パッとしない状況で、調子を崩したフランケル産駒は狙いにくいというのが定説となってしまっているところも、この馬に関してはあり。ただ、前走のスワンSは瞬発力負けであり、今回瞬発力頼りでない鞍上・和田騎手に乗り替わってくるようなので、やれる可能性は十分ある。

9番人気想定 プリモシーン:鋭い末脚で活躍してきたが、秋初戦の府中牝馬Sで1番人気でブービー15着と大凡走。過去最高馬体重もあったが、闘争心が失せ、もう繁殖入りしたい心境なのでは。これまでの実績から、ガラリ一変ももちろんあっておかしくないのだが、牝馬の不可解な負け方の後というのは、巻き返しをあまり期待できないもの。

10番人気以下想定
マイスタイル:田中勝騎手と函館記念を楽逃げで制し、距離短縮のスワンSでも3着と好走した。ただG1でこの騎手を買おうとは全く思わない。私が競馬を始めた30年前くらいは、岡部ラインの「乗れる若手」だったのだが(笑)

グァンチャーレ:オープン特別が主戦場で長く活躍してきていて、たまに重賞で2着や3着に来るキャラ。前走は不利があったとはいえ、G1では要らない。

カテドラル:3歳馬でアーリントンC2着、NHKマイルC3着とこの世代のマイル路線では、頑張っているのだが、相手に恵まれた感もあり、激走はあまり期待できない。

クリノガウディー:朝日杯FSでアドマイヤマーズの2着、今夏の中京記念でも2着とそれなりの力はあるようだが、安定感が無く凡走も多い。ただ調教の動きは良く、いい波が来ているのかもしれない。

レッドオルガ:母エリモピクシーだけに春のヴィクトリアマイルでは血統から3番人気となったが11着と惨敗し、まあそんなものかなと思ったら、秋になり富士S3着とやはり東京マイルが向く血統であることを示した。ただ、京都マイル向きかというとそうでもないのでは。

フィアーノロマーノ:春はダービー卿CT勝ちの巨漢馬。瞬発力は劣るが、京都で内枠でも引いて先行できたらしぶといかも。

エメラルファイト:3歳馬で春には10番人気でスプリングSを勝ってしまったが、ダービー12着、秋になり富士S7着と、まだこれから強くなっていく馬で現時点では厳しいのでは

タイムトリップ:古馬になってからはオープン実績ゼロで、距離ももっと短いほうが良い。


<まとめ>
有力:ダノンプレミアムダノンキングリーレイエンダ

ヒモに:インディチャンプモズアスコットダイアトニック

穴で:クリノガウディーフィアーノロマーノ

[もっと見る]

⇒もっと見る

オルフェーヴルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 420ビュー コメント 2 ナイス 11

【👑有馬記念🏆過去13年のレース結果】

👑有馬記念2022
第67回 有馬記念 G1
2022年12月25日(日)
中山11R 芝2500m
1着:⑨イクイノックス
   C.ルメール 2.3倍①
2着:③ボルドグフーシュ
   福永祐一   14.1倍⑥
3着:⑤ジェラルディーナ
   C.デムーロ 7.4倍④

👑有馬記念2021
第66回 有馬記念 G1
2021年12月26日(日)
中山11R 芝2500m
1着:⑩エフフォーリア
   横山武史   2.1倍①
2着:⑤ディープボンド
   和田竜二   20.9倍⑤
3着:⑦クロノジェネシス
   C.ルメール 2.9倍②

👑有馬記念2020
第65回 有馬記念 G1
2020年12月27日(日)
中山11R 芝2500m
1着:⑨クロノジェネシス
   北村友一  2.5倍①
2着:⑭サラキア
   松山弘平  74.9倍⑪
3着:⑬フィエールマン
   C.ルメール 3.5倍②

👑有馬記念2019
第64回 有馬記念 G1
2019年12月22日(日)
中山11R 芝2500m
1着:⑥リスグラシュー
   D.レーン  6.7倍②
2着:⑩サートゥルナーリア
   C.スミヨン 7.8倍③
3着:⑦ワールドプレミア
   武豊     13.4倍④

👑有馬記念2018
第63回 有馬記念 G1
2018年12月23日(日)
中山11R 芝2500m
1着:⑧ブラストワンピース
   池添謙一   8.9倍③
2着:⑫レイデオロ
   C.ルメール 2.2倍①
3着:⑮シュヴァルグラン
   H.ボウマン 22.7倍⑨

👑有馬記念2017
第62回 有馬記念 G1
2017年12月24日(日)
中山11R 芝2500m
1着:②キタサンブラック
   武豊     1.9倍①
2着:③クイーンズリング
   C.ルメール 33.1倍⑧
3着:⑩シュヴァルグラン
   H.ボウマン 6.7倍③

👑有馬記念2016
第61回 有馬記念 G1
2016年12月25日(日)
中山10R 芝2500m
1着:⑪サトノダイヤモンド
   C.ルメール 2.6倍①
2着:①キタサンブラック
   武豊     2.7倍②
3着:②ゴールドアクター
   吉田隼人   7.9倍③

👑有馬記念2015
第60回 有馬記念 G1
2015年12月27日(日)
中山10R 芝2500m
1着:⑦ゴールドアクター
   吉田隼人   17.0倍⑧
2着:⑨サウンズオブアース
   M.デムーロ 9.9倍⑤
3着:⑪キタサンブラック
   横山典弘   8.4倍④

👑有馬記念2014
第59回 有馬記念 G1
2014年12月28日(日)
中山10R 芝2500m
1着:④ジェンティルドンナ
   戸崎圭太    8.7倍④
2着:⑥トゥザワールド
   W.ビュイック 31.2倍⑨
3着:⑭ゴールドシップ
   岩田康誠    3.5倍①

👑有馬記念2013
第58回 有馬記念 G1
2013年12月22日(日)
中山10R 芝2500m
1着:⑥オルフェーヴル
   池添謙一  1.6倍①
2着:④ウインバリアシオン
   岩田康誠  16.1倍④
3着:⑭ゴールドシップ
   R.ムーア 4.4倍②

👑有馬記念2012
第57回 有馬記念 G1
2012年12月23日(日)
中山10R 芝2500m
1着:⑬ゴールドシップ
   内田博   2.7倍①
2着:⑥オーシャンブルー
   ルメール  27.6倍⑩
3着:⑨ルーラーシップ
   ウィリアム 3.7倍②

👑有馬記念2011
第56回 有馬記念 G1
2011年12月25日(日)
中山10R 芝2500m
1着:⑨オルフェーヴル
   池添    2.2倍①
2着:⑤エイシンフラッシュ
   ルメール  26.8倍⑦
3着:⑦トゥザグローリー
   福永    47.1倍⑨

👑有馬記念2010
第55回 有馬記念 G1
2010年12月26日(日)
中山10R 芝2500m
1着:①ヴィクトワールピサ
   デムーロ    8.4倍②
2着:⑦ブエナビスタ
   スミヨン    1.7倍①
3着:⑪トゥザグローリー
   ウィリアム   75.9倍⑭
   
🐴💬
え~コレで何がわかるのかと言うと・・・
(一)1番人気の1着は
  3年連続すると途切れる。
  2020~2022年まで
  3年連続1番人気1着だったから
  今年2023年の1番人気の1着は
  無いかも知れません。
  (4年連続1番人気1着なら🙇)

(二)3年連続
  有馬記念1~3着に
  入着した騎手は
  4年目には着外。
  ルメール騎手を例にすると
 ☑2023年スターズオンアース❔
  2022年イクイノックス  1着
  2021年クロノジェネシス 3着
  2020年フィエールマン  3着
 ☑2019年アーモンドアイ  9着
  1.5倍(1番人気)でしたけど~😅💦
  2018年レイデオロ    2着
  2017年クイーンズリング 2着
  2016年サトノダイヤモンド1着
 ☑2015年リアファル    16着
  5.6倍(3番人気)でしたけど~😅💦
  2020~2022年までに
  既に3年連続入着してますね~。
  ルメール騎手。
  今年2023年ルメール騎手騎乗予定の
  ⑯スターズオンアースは危うい❔
  1~3着ぐらい入着しそうな
  安定感は有りそうだけど
  この法則性が崩れるかな❔
  2019年時のアーモンドアイが
  9着とかマジ呪い並みの法則やし~😅
🆕💬有馬記念で不利とされる
   外枠確定した
   ⑯スターズオンアース・・・
   ・・・呪い👻の前兆発動❔

(三)奇数年は馬番⑩
  入着するかも❔
 2021年
 1着:⑩エフフォーリア
 2019年
 2着:⑩サートゥルナーリア
 2017年
 3着:⑩シュヴァルグラン
 💬2023年の馬番⑩狙い目❔
  2019年にサートゥルナー「リア」、
  2021年にエフフォー「リア」、
  2023年はプラダ「リア」が
  馬番⑩GETしたら驚くわ~😲
🆕💬⑩ジャスティンパレスでした~🙋

(四)2年連続で馬番⑤
  入着してるので
  3年目も期待❔
 2022年
 3着:⑤ジェラルディーナ
 2021年
 2着:⑤ディープボンド
 💬2023年の馬番⑤狙い目❔
  2021年「デ」ィープボンド
  2022年「ジ」ェラルディーナ
  2023年「タ」イトルホルダーか
     「タ」スティエーラが
  馬番⑤GETしたら
  『デジタ(ル)』サイン馬券が
  完成しそうでちょっと期待~(笑)
🆕💬⑤ドウデュースでした~🙋

2023年
12月24日(日)
中山11R
👑有馬記念🏆
3歳以上オープン
定量
芝2500m 
【出走馬16頭】
https://umanity.jp/sp/racedata/race_8.php?code=2023122406050811
①ソールオリエンス (美浦)
 川田将雅
②シャフリヤール  (栗東)
 松山弘平
③ホウオウエミーズ (美浦)
 田辺裕信
④タイトルホルダー (美浦)
 横山和生
⑤ドウデュース   (栗東)
 武豊
⑥ディープボンド  (栗東)
 T.マーカンド
⑦アイアンバローズ (栗東)
 石橋脩
⑧ライラック    (美浦)
 戸崎圭太
⑨ヒートオンビート (栗東)
 坂井瑠星
⑩ジャスティンパレス(栗東)
 横山武史
⑪ハーパー     (栗東)
 岩田望来
⑫ウインマリリン  (美浦)
 L.モリス
⑬タスティエーラ  (美浦)
 R.ムーア
⑭プラダリア    (栗東)
 B.ムルザバエフ
⑮スルーセブンシーズ(美浦)
 池添謙一
⑯スターズオンアース(美浦)
 C.ルメール

💬今年(2023年)の
 ⑤ドウデュース&
 ⑩ジャスティンパレスに
 注目&期待~🙋


【関連日記📝】
2023年有馬記念サイン馬券(予告)~👍https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=8dfb0a5396&owner_id=35f92588d5

2023年有馬記念(前走データ)
https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=83d9f5f5bb&owner_id=35f92588d5

当たれば超能力者並~😁
有馬記念出走前出目予想~👍https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=4f14160644&owner_id=35f92588d5

2023年有馬記念サイン馬券予想~👍
https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=f4f75aa4db&owner_id=35f92588d5
   

 覆面ドクター・英 2023年12月6日(水) 21:23
覆面ドクター 英 の  阪神ジュベナイルフィリーズ 2023
閲覧 703ビュー コメント 0 ナイス 13

まずは先週の回顧から。いや~。100円持ってた三連単が190万ついて、ホント良かったです。レモンポップは最終的に1番人気に戻ってて、あ~距離不安で2番人気になってラッキーと思ってたのに・・・、という感じでした。競馬の最後は追って伸びているようで実はバテあいなので、距離不安とか言っても、200Mくらいは、互いにバテるので、もつんですよね(笑)20kmのびるわけじゃないので。あとはこの日記でも書いたように、母母がデインヒルの全妹というかなりの良血だったり、そのダンチヒ系が距離延びても案外ワンペースながら走り切っちゃうんですよね。先々月のWIN5どかんと当たった時は住宅ローンの口座に入れましたが、今回は株(5%くらいもらえるリート)に置き換えました。あと2着に持ってきた原騎手、立派でした。まだG1では荷が重いんじゃないか、と書いてすいませんでした(笑)アンカツさんも褒めてたようにデムーロ騎手についていかないで溜めたのは立派でしたね。正直、若いとG1で、ついつい慌てて早仕掛けになったりするんじゃないかと思っていましたが・・。(個人的には、全レースで、早仕掛け大歓迎で差されてもいいから早く仕掛けろ、くらいにいつも思ってますし、逃げれるんだったら逃げろと思っています)

次に今週の阪神JFの話へ。人気もボンドガール(→出走回避となりました)一強みたいな報道もあれば、実際は割れるのかもしれないレースで、今年後半のG1戦線は強い馬が強いレースを見せてきたが、今回は、確たる軸となる存在が居ない印象で、思い切った穴狙いも可能なレースでは。コース的には阪神のマイルなので末脚の鋭い馬が好走しやすく、昭和のおむすび型の阪神コースじゃないので、力を発揮しやすい舞台設定にはなっている。

それでは恒例の全頭診断へ
<全頭診断>
1番人気想定 ボンドガール→出走回避となりました:ダイワメジャー産駒らしく早い時期から完成度高く、新馬勝ち、2戦目のサウジアラビアRCでも1番人気に推されたが、牡馬の強豪ゴンバデカーブースには差されたが、2着を確保。ダノンベルーガの半妹だけにセレクトセールで2.3億の高額馬で結構強いが、前走の末脚はちょっと物足りなく、抜けて強いというほどでもなく、断然の一強みたいな報道もあるが、やや人気先行タイプでは。調教の動きは1週前しっかりやって今週は軽めで悪くない。

2番人気想定 コラソンビート:初戦の新馬戦は今回1番人気になりそうなボンドガールに敗れるも、そこから3連勝で前走の京王杯2歳Sでも鋭く差しきった。スワーヴリチャード×オルフェーヴル牝馬というサンデーサイレンスの3×4も持つ、いかにも最近な配合。ここで早くも5戦目になるが使って順調に強くなっており来春はどうかわからないが現段階では結構強い。調教の動きもかなり鋭く絶好の動き。

3番人気想定 サフィラ:G1戦線でかなり活躍したサリオスの全妹(父ハーツクライ)でやや人気先行な感じもあるが2戦目で未勝利勝ち、3戦目の前走アルテミスSで2着と順調にはきている。ここまでは少し物足りないが良血でもあり大一番で血が騒いでの戴冠もあるかも。調教の動きも良く、ここに合わせて鋭さ増してきている。

4番人気想定 ステレンボッシュ:エピファネイア産駒で母母はディープインパクトの半妹でもある良血馬。3戦2勝で前走も赤松賞できっちり勝ち切った。ただ負かした相手は正直それほど強くなかった。それなりにやれそうな力あり。調教の動きも良い。

5番人気想定 アスコリピチェーノ:ダイワメジャー産駒で、母母は名牝といえるリッスンという良血馬。新馬と新潟2歳Sを連勝しての参戦。昔と違って、さっさと賞金積んで、本番まで鍛錬というのが現代のスタイルでは。ノーザンF生産のサンデーレーシングの馬できっちり仕上げてくるはず。調教の動きも先週今週と良くパワーアップ成功していそう。

6番人気想定 ルシフェル:ハーツクライ産駒でノーザンF生産のキャロットの馬で新馬戦は取りこぼしたが、その後は未勝利とリステッドの萩Sを連勝してきた。しかも3戦ともに単勝2倍を切るものすごい人気。ただ前走はリステッド競走とは名ばかりで実質1勝クラスレベルの相手で、人気しやすく妙味ないタイプか。調教の動きは引き続き良い。

7番人気想定 キャットファイト:名前からも想像のつくディスクリートキャット産駒で地味な分(しかも騎手も地味な大野騎手)、人気になりにくそうだがゴドルフィンの馬だけに母系もしっかりした血統で、一見ダート血統っぽくも見えるが、前走のアスター賞はなかなかに強い勝ち方。先週のレモンポップ同様ゴドルフィンの馬が今週も激走あるのでは。人気そうでもないがかなり楽しみな一頭。初戦の新馬戦でここでも人気のボンドガールに負けているが、今の充実ぶりなら今度は逆転可能では。調教も絶好で鋭い末脚繰り出せそうなデキ。

8番人気想定 ナナオ:ロードカナロア×オルフェーヴル牝馬という配合だが、デビューから3戦1200Mを使ってきたように父寄りなのだろう。前走初の1400MのもみじSは逃げ切り勝ちで結果を出したが阪神マイル向きではない印象。調教の動きは普通。

9番人気想定 アトリウムチャペル:1戦1勝馬でドレフォン×ヴィクトワールピサという配合の社台F生産の馬。木村哲厩舎だけに、いい馬なのだろうが抽選通過しても、力的にいきなり好走するのはまだ難しいのでは。調教の動きは普通。

10番人気想定 
タガノエルピーダ:これまた1戦1勝馬でキズナ×キングカメハメハという配合。それなりにいい馬だろうが、G1でいきなり好走するほどではない印象。調教の動きは良い。

ドナベティ:4戦2勝のリアルスティール産駒で、前走のファンタジーSでも2着した。勝ったのが1200Mふたつだけに、人気になりにくそうだが、前走のような差し競馬できればマイルでもやれそうな印象。矢作厩舎でけに本番に照準合わせて距離克服にむけての調整してくるはず。調教の動きも引き続き良い。

カルチャーデイ:新馬とファンタジーSを連勝してきての参戦。ファインニードル×マイネルラヴ牝馬というといかにもスプリンターなのかとイメージしやすいが、血統表みるとダルシャーンやニジンスキー、ダンスインザダークやグルームダンサーなどスタミナ血統が配合されており、重賞勝ち馬でもあり人気にならないだろうがヒモ穴には是非加えたい一頭。調教の動きも良い。

シカゴスティング:ロゴタイプ×スクリーンヒーロー牝馬という血統の馬なのでフェニックス賞勝ちとはいえ、単純なスプリンターではなさそうで、前走のファンタジーSも差して3着まで上がってきた。地味だが社台F生産馬でもあり、母母マルバイユだけに、マルセリーナやグランデッツァの姪にあたる隠れ良血とも言え、底力あるのでは。これまたヒモ穴に良いのでは。調教の動きも良い。

ビーグラッド:エピファネイア×ディープインパクト牝馬という一口馬主が喜びそうな配合で、新馬で逃げ切り勝ち、前走の萩Sでも逃げて2着と粘った。ただ逃げ粘りタイプは阪神マイルのG1では向かない。調教の動きは普通。

スプリングノヴァ:カリフォルニアクローム産駒と地味めな血統だけにセプテンバーセールで616万という安い価格ながら新馬と1勝クラスを連勝してきた。ただここでどうこういうタイプでなく早めに仕上がりの良さを生かして稼ぐタイプでは。調教の動きは良い。

スウィープフィート:好調のスワーヴリチャード産駒だが2戦目の未勝利戦勝ちのみで前走は1勝クラス2着と上位陣とは力差がある印象。調教の動きは良い。

プシプシーナ:エピファネイア×フジキセキ牝馬の2戦2勝馬だが1勝クラス勝ちの2週後には無理して使ってこないのでは、と思ったら使ってくるようです。負かしてきた相手弱く、好走は難しそうだが。調教は間隔詰まってるので軽めだが悪くない。

クイックバイオ:父は新種牡馬のブリックスアンドモルタルで母は重賞でもかなり好走したアニメイトバイオというノーザンF生産の良血馬。初戦は取りこぼしたが、未勝利とききょうSを連勝した。前走のファンタジーSは出遅れてしまい追い込んできて7着止まりだったが、末脚はしっかりしており、こういうタイプは阪神マイルでもそこそこやれるかもしれない。調教の動きは良い。

メイショウゴーフル:まだ居たんだ(笑)というブラックタイド産駒で。新馬勝ち、野路菊S2着とまだキャリア浅いのと前走は逃げ粘りなので、このタイプは要らないのでは。調教の動きは普通。

コスモディナー:ビッグレッド軍団のダノンバラード産駒で早い時期に稼ぐタイプと思われ、夏に新馬勝ち、コスモス賞2着、クローバー賞勝ちと、さっさと稼いだ。ただあまり伸びしろなさそうで、ここでは要らない。調教の動きは良い。

ラヴァンダ:2戦1勝のシルバーステート産駒で、前走それなりに好内容ではあるが、中1週だし抽選だし出番でないのでは。調教は軽めだが悪くない。

ミライテーラー:オルフェーヴル産駒だが、新馬勝ちがダート1200Mで、前走オキザリス賞もダート1400Mで3着と、抽選での出走も厳しいが初の芝というのも厳しい。調教の動きは良い。

ニュージェネラル:1戦1勝のニューイヤーズデイ産駒だが、そのデビュー戦が不良馬場での先行しての接戦を制してのもので、早い時計に対応できないのでは。調教の動きは良い。

テリオスルル:ノーザンF生産のアルアイン産駒で新馬勝ちは良かったが1勝クラスで3着、前走の東スポ杯2歳Sは10着とトップレベルの馬達とはまだまだ実力差ありそう。調教の動きは良い。

<まとめ>
有力:キャットファイト、コラソンビート、ボンドガール、アスコリピチェーノ

ヒモに:サフィラ、ステレンボッシュ

穴で:クイックバイオ、シカゴスティング、カルチャーデイ、ドナベティ

[もっと見る]

 ネアルコとハイペリオ 2023年12月2日() 11:55
ステイヤーズステークスは毎年オルフェーヴル祭り 
閲覧 101ビュー コメント 0 ナイス 3

今年も好走してくれよ!オルフェーヴル産駒3頭、ヒュミドール、アイアンバローズ、メロディーレーンの単勝、馬単ボックス、三連単ボックスじゃあ!

[もっと見る]

⇒もっと見る

オルフェーヴルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
退会ユーザー 2019年6月25日(火) 20:46:10
このコメントは削除されました(投稿者退会による)

オルフェーヴルの写真

オルフェーヴル

オルフェーヴルの厩舎情報 VIP

2013年12月22日有馬記念 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オルフェーヴルの取材メモ VIP

2013年12月22日 有馬記念 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。