ディアセオリー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ディアセオリー
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2017年3月28日生
調教師高木登(美浦)
馬主ディアレストクラブ 株式会社
生産者ディアレストクラブ
生産地浦河町
戦績 7戦[1-0-1-5]
総賞金1,353万円
収得賞金400万円
英字表記Dear Theory
血統 サムライハート
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エアグルーヴ
サイレントベッド
血統 ][ 産駒 ]
ソウルオブザマター
ビストロドゥパリ
兄弟 ディアコンチェルトアンルーリー
前走 2020/05/09 プリンシパルS (L)
次走 2020/06/06 国分寺特別

ディアセオリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/06/06 東京 9 国分寺特別 1勝クラス 芝1800 -- 13686.8----** 牡3 54.0 三浦皇成高木登-- --------
20/05/09 東京 11 プリンシパル (L) 芝2000 1133103.8103** 牡3 56.0 大野拓弥高木登484(0)2.00.2 0.434.0ビターエンダー
20/04/11 福島 10 ひめさゆり賞 1勝クラス 芝2000 15587.634** 牡3 56.0 丸田恭介高木登484(+4)2.01.4 0.735.4⑪⑩⑩⑨ベレヌス
20/01/12 中山 9 黒竹賞 1勝クラス ダ1800 137116.247** 牡3 56.0 丸山元気高木登480(-2)1.56.4 2.141.7⑤⑤デルマオニキス
19/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 13710157.2118** 牡2 55.0 三浦皇成高木登482(+2)2.02.9 1.536.9⑩⑧⑨⑨コントレイル
19/11/30 中山 9 葉牡丹賞 1勝クラス 芝2000 126828.066** 牡2 55.0 大野拓弥高木登480(+6)1.59.4 0.535.8⑩⑩⑧⑦グランデマーレ
19/08/31 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 127938.268** 牡2 54.0 藤岡佑介高木登474(-4)1.52.0 1.638.6ブラックホール
19/07/13 福島 5 2歳新馬 芝1800 167142.811** 牡2 54.0 江田照男高木登478(--)1.50.6 -0.235.4④④ココロノトウダイ

ディアセオリーの関連ニュース

 ◆武豊騎手(ポタジェ2着) 「うまく流れに乗れたが、直線入り口で少し前に離されたのが最後に響いた。未完成でもここまでやれたし、能力は高い」

 ◆大野騎手(ディアセオリー3着) 「スタートが決まったのが大きい。最高の形で運べた」

 ◆江田照騎手(ウシュバテソーロ4着) 「難しいところがあるけど、うまくコントロールが利いた」

 ◆レーン騎手(サトノフウジン5着) 「まだ折り合い面などに課題がある。能力はあるので、時間をかけていけば良くなると思う」



★9日東京11R「プリンシパルS」の着順&払戻金はこちら

【プリンシパル】2番人気ビターエンダーが直線しっかり伸びてV! 2020年5月9日() 16:06

 5月9日の東京11R・プリンシパルステークス(リステッド、3歳オープン、芝2000メートル、ダービートライアル=1着馬に優先出走権、11頭立て)は、津村明秀騎手騎乗の2番人気ビターエンダー(牡、美浦・相沢郁厩舎)が好位3番手から直線でしっかりと脚を伸ばし、ゴール前急追したポタジェ(3番人気)をクビ差退けてGIへの切符を獲得した。タイムは1分59秒8(良)。

 クビ+2馬身半差遅れた3着にディアセオリー(10番人気)が続き、1番人気のサトノフウジンは直線一度は先頭に立ったが伸びず5着に敗れた。

 プリンシパルSを勝ったビターエンダーは、父オルフェーヴル、母ビタースウィート、母の父アフリートアレックスという血統。通算成績は6戦2勝。

 ◆津村明秀騎手(1着 ビターエンダー)「いつも引っ掛からないけど、少し気合が乗るようになったのか、出していったら力むところがあった。それでも直線に向いての手応えは十分だったし、ゴーサインを出したらすぐに反応してくれた。先頭に立ってフワッとしたけど、最後はよくしのいでくれました」

★9日東京11R「プリンシパルS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【プリンシパルステークス】入線速報(東京競馬場) 2020年5月9日() 15:48

東京11R・プリンシパルステークス(2回東京5日目 東京競馬場  芝・左2000m サラ系3歳オープン)は、1番手1番ビターエンダー(単勝3.9倍/2番人気)、2番手2番ポタジェ(単勝5.4倍/3番人気)、3番手3番ディアセオリー(単勝103.8倍/10番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連1-2(13.2倍) 馬単1-2(23.6倍) 3連複1-2-3(188.0倍) 3連単1-2-3(645.4倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020050905020511
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【ホープフルS】レースを終えて…関係者談話 2019年12月29日() 05:04

 ◆岩田康騎手(ラインベック4着)「3コーナーで少しもたつき、最後はダラダラとした脚になってしまった」

 ◆池添騎手(オーソリティ5着)「スタートして挟まれ、ポジションを取れなかったのが痛かった」

 ◆坂井騎手(パンサラッサ6着)「切れ味勝負では分が悪いので、意識的に早めに踏んでいった。早めにかわされたが、頑張っています」

 ◆田辺騎手(ブルーミングスカイ7着)「ペースが速くなり、もたつく面があった」

 ◆三浦騎手(ディアセオリー8着)「右にモタれたり、まだ体の使い方を覚えていない」

 ◆石川騎手(ブラックホール9着)「意識的にポジションを取りにいったが、前で競馬をするのが初めてで戸惑ったのかも」

 ◆北村宏騎手(ラグビーボーイ10着)「道中は冷静に走れていた。今回の競馬がいい経験になれば」

 ◆丸山騎手(ガロアクリーク11着)「ペースが速くなると気持ちに体がついてこない感じ」

 ◆M・デムーロ騎手(ナリノモンターニュ12着)「ちょっとイレ込みすぎ。スタートは良かったが、その後がわがままだった」

 ◆斎藤騎手(クリノブレーヴ13着)「メンバーが強かった。人馬ともに初めてGIだったので、きょうの経験を今後につなげたいです」



★「ホープフルS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【斬って捨てる!】ホープフルS2019 大外馬番は大苦戦!6番人気以下の関西馬は一枚割り引き! 2019年12月28日() 09:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、ホープフルSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走東京スポーツ杯2歳S組の連対例は皆無(中山で行われた2008年以降の同名レース)

コントレイル
ラインベック

前走阪神組の好走例はみられない(中山で行われた2008年以降の同名レース)

パンサラッサ

前走で未勝利戦に出走、かつタイム差なしの1着だった馬の好走例はゼロ(中山で行われた2008年以降の同名レース)

クリノブレーヴ
ラグビーボーイ

前走の馬体重が430キロ未満だった馬の好走例はなし(中山で行われた2008年以降の同名レース)

ブラックホール

【人気】
6番人気以下、かつ栗東所属馬の連対例は皆無(中山で行われた2008年以降の同名レース)
※9時00分現在の6番人気以下、かつ栗東所属馬

ブルーミングスカイ
クリノブレーヴ
パンサラッサ
ラインベック

11番人気以下の連対例はゼロ(中山で行われた2008年以降の同名レース)
※9時00分現在の11番人気以下

クリノブレーヴ
パンサラッサ
ディアセオリー

デビュー戦で2ケタ人気以下だった馬の好走例は皆無(中山で行われた2008年以降の同名レース)

クリノブレーヴ

【脚質】
前走の上がり3ハロン順位が4位以下だった馬の好走例はゼロ(ラジオNIKKEI杯2歳Sとして阪神で開催された2008~2013年、中山に移行した2014年以降)

ブルーミングスカイ
ナリノモンターニュ
パンサラッサ
ラインベック

【枠順】
馬番枠12番の連対例は皆無(中山で行われた1988年以降の同名レース)

ラグビーボーイ

出走馬が9頭未満の年を除くと、大外馬番の連対例はゼロ(中山で行われた1988年以降の同名レース)

ラインベック

【血統】
キングカメハメハを経由しない父ミスプロ系の好走例はみられない(中山で行われた2008年以降の同名レース)

ラグビーボーイ

社台グループ生産馬を除くと、前走新馬戦出走馬の好走例は皆無(中山で行われた2008年以降の同名レース)

ガロアクリーク


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ヴェルトライゼンデ
ワーケア
オーソリティ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】ホープフルS2019 社台グループ生産馬が攻勢!前走上がり3F順位も重要なポイント! 2019年12月28日() 08:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、ホープフルSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【人気】
早くからこのレースを目標に調整されてきた休み明けの馬や、2歳戦のレベルが上がる秋の東京・京都開催以降に結果を出した1番人気馬は信用できる(2014年以降)
※8時00分現在の1番人気、かつ該当馬

コントレイル

【脚質】
2014年以降の勝ち馬はすべて前走の上がり3Fが2位以内

ブラックホール
コントレイル
ガロアクリーク
ヴェルトライゼンデ
ワーケア
クリノブレーヴ
ディアセオリー
オーソリティ

【枠順】
内枠(1~3枠)やや有利(中山で行われた2008年以降の同名レース)

ブラックホール
コントレイル
ブルーミングスカイ

【血統】
ディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒が好調(中山で行われた2010年以降の同名レース)

コントレイル
ブルーミングスカイ
ラインベック

父あるいは母父にシンボリクリスエスを配している馬を要チェック(近年の傾向)

オーソリティ

社台グループ生産馬が優勢(2014年以降)

ブルーミングスカイ
ヴェルトライゼンデ
ナリノモンターニュ
ワーケア
オーソリティ
ラグビーボーイ(レイクヴィラファーム生産=ノーザンファームと提携)
ラインベック


【2項目以上該当馬】
コントレイル(4項目)
ブルーミングスカイ(3項目)
オーソリティ(3項目)
ブラックホール(2項目)
ヴェルトライゼンデ(2項目)
ワーケア(2項目)
ラインベック(2項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアセオリーの関連コラム

閲覧 1,591ビュー コメント 2 ナイス 12



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。

12月28日(土) 中山11R 第36回ホープフルステークス(2歳G1・牡牝・芝2000m)


コントレイル<B>(中5週)
新馬、前走とパドックではかなり良く見せる馬で、2戦とも無駄肉もなくかなり良い仕上がりだった。この中間も1週前にCWを長めから強めに追われて順調に調整されており、最終追い切りは坂路で終い伸びていれば前走時と同じような仕上がりで出走できそう。

ブラックホール<B>(4ヶ月)
4ヶ月ぶりの休み明け。1週前はモヤで時計が計測されなかったが2週前、1週前と強めに追われて調整は順調。調教では遅れることの多い馬だが、毎回調教には石川騎手が騎乗していて息のあった走りが見られそう。

ヴェルトライゼンデ<A>(中8週)
この中間も1週前にCWで追われて先着。これまで併せ馬では遅れたことのない馬で、順調な仕上がり。

ワーケア<B>(中9週)
乗り込み豊富。速い時計はあまり出ていないが、これまでも併せ馬で遅れたりしていて乗り込み量が豊富なら問題なさそう。

オーソリティ<A>(3ヶ月)
3ヶ月ぶりのレースとなるがトレセンに戻ってからすぐに坂路で速い時計が出ていて、牧場でかなり仕上げてきている感じ。久しぶりでもかなり良い仕上がり。

ラインベック<C>(中5週)
この中間はCWと坂路での調整に変えてきた。1週前追い切りでは追われて伸びきれない感じで、やや重い感じに見えた。

ガロアクリーク<B>(中5週)
この中間、1週前はモヤで時計が計測できなかったが、2週前に併せ馬で先着している。新馬戦の時から併せ馬では遅れていないので、良い状態はキープできている感じ。

クリノブレーヴ<B>(中3週)
前走時から坂路で速い時計が出るようになっており、この中間も1週前に坂路で好時計。上積みがありそうな感じ。

ゼノヴァース(中1週)※回避予定

ディアセオリー<A>(中3週)
休み明けの前走を使われ、1週前追い切りでは終い力強く伸びて上積みがありそうな感じ。

ディアマンミノル(中5週)※回避予定

ナリノモンターニュ<D>(中5週)
この中間は2週前、1週前と追われているが、時計は平凡で物足りない内容。

ハギノエスペラント(中3週)※回避予定

パンサラッサ<D>(中2週)
この中間は間隔が詰まっていて1週前は軽めの調整。時計も平凡で上積みはなさそう。

ブルーミングスカイ<A>(中6週)
これまで追い切りでは遅れることが多かった馬。ただ、1週前追い切りは一杯に追われて併走相手を突き放してみせており、状態は前走以上。

ラグビーボーイ<E>(中10週)
少し間隔が空いていているが、馬なりばかりの調整で時計も平凡と物足りない。

ワスカランテソーロ<B>(3ヶ月)
休み明けでも、1週前追い切りではビッシリ追われて好時計と、仕上りは良さそう。


◇今回はホープフルS編でした。
今年もウマニティ会員の方々には大変お世話になりました。いろいろとありがとうございました。毎年のことながら各所に出かけていき、この2019年もウマニティの会員さんとお話しする機会が多くありました。そして、みんな競馬が好きで熱いものをもっており、たくさん刺激を受けることができました。
そんなウマニティ会員の皆さんに楽しんで頂けるようにと、もう4度目となりますが来る12月30日に笠松競馬場で『第4回ウマニティ杯くりーく賞』(12月30日笠松4R)を開催させてもらいます。
昨年同様少しでも多くの方にゲーム感覚で参戦して頂きたく思い、『第4回ウマニティ杯くりーく賞』予想大会開催をと考えています。応募者(※応募方法は後述)の中から、『第4回ウマニティ杯くりーく賞』予想の払戻額で最上位となった方には、昨年行われた『第3回ウマニティ杯くりーく賞』の優勝騎手(岡部誠騎手)のサイン入り記念ゼッケンをプレゼントしたいと思います。その他にも払戻額順に関係なく、開催を記念して笠松競馬記念グッズを2名の方にプレゼントさせていただきますので、ご興味の方はぜひご参加ください。たくさんの方のご参加を心よりお待ちしております。
そして、こちらも昨年同様に『第2回河内一秀記念』(12月30日笠松2R)を同日開催いたします。私の好きな三谷幸喜さんが、40歳で亡くなった同じ劇団員で俳優の伊藤俊人さんの葬儀でこのようなことを言っていました。「人間は2回死ぬと言います。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」今年もレースを開催することで河内さんのことを思い出し、みんなで語り合ってもらえたらと思います。それから、ウマニティ杯くりーく賞というサークルを作りましたので、もし写真が趣味の方などいらっしゃいましたら、そちらも「くりーく賞」、「河内一秀記念」の写真(レース名入りの馬券や競馬場の写真など)など自由投稿の場としてご活用いただけたらと思います。


<応募方法>
『第4回ウマニティ杯くりーく賞』予想大会への応募には、まずウマニティの地方競馬予想コロシアムに「予想を登録」(12月30日笠松第4Rです)して頂くようお願いいたします。
そのうえで、メッセージにて直接『くりーく』まで『第4回ウマニティ杯くりーく賞』予想大会参加希望の旨を、送って下さい。
その際ご意見、ご感想、苦情、馬券自慢などなど、何でも良いのでコメントを入れて頂けたらうれしいです。締め切りは1月10日着信分までとさせて頂きます。
なので、とりあえす予想登録→的中したから記念に応募、でも十分間に合いますよ。
たくさんのご応募をお持ちしています。また、皆さんから頂いたコメントや感想は、今後の予想、コラムの参考とさせて頂きます。


次回、きさらぎ賞編でお会いしましょう。


ホープフルステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年12月25日(水) 16:45 覆面ドクター・英
ホープフルS・2019
閲覧 2,392ビュー コメント 0 ナイス 8

まずは先週の回顧から。有馬記念は、全くの裏目にでました。リスグラシューが、本格化して手が付けられない強さだったジャスタウェイのように強過ぎたのと、アーモンドアイは距離が長かったことだったり、ハイペースを追いかけたこと、外目追走で掛かったことだったりで最後に力尽きました。あそこまで止まるとは......(ただ、正直やはり中山向きではないんでしょうが)。

気を取り直して今週末のホープフルSは、段々クラシックを意識した陣営が、使ってくるようになってきたので、出走馬の質が年々上がってきているように思われます。昨年のこのレースの勝ち馬であるサートゥルナーリアが、その後、皐月賞を勝ち先週の有馬記念でも2着に来たように、ここから先の中山G1での活躍を占うレースなのかもしれません。

では恒例の全頭診断へ。


<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:2戦2勝のディープインパクト産駒(母父アンブライドルズソング)で、いかにも早い時期に活躍しそうな配合で、前走の東スポ杯2歳Sで断然1番人気に応えて、5馬身差でレコードのおまけもついて楽勝してきた。この世代の牡馬トップクラスなのは間違いなく中山でも問題ないだろう。ノースヒルズ生産なのが、よくいるタイプ(要はノーザンF生産)と少し違うくらいか。菊花賞はともかく、ダービーまでは主役を張れるのでは。リスグラシューが引退してすぐ、新星が輝くのは矢作厩舎の層の厚さか。

2番人気想定 ワーケア:これまた2戦2勝のハーツクライ産駒で、アイビーSでは阪神JF8着だった牝馬のそれなりの強豪クリスティを相手に3馬身差の楽勝をしてきた。ハーツクライ産駒らしく、まだまだ完成途上な印象でも能力を感じさせるあたり、鞍上コメントからしても先々も楽しみな馬のよう。ただ、新馬戦から半年経ったアイビーSで、ほとんど馬体が増えてこなかったのは残念。

3番人気想定 オーソリティ:こちらも2戦2勝で、オルフェーヴル産駒の一頭。初戦の函館1800mでは札幌2歳Sを勝つブラックホールを退け、2戦目の芙蓉Sでも少頭数で時計は速くないが2馬身半きっちり差をつけて完勝している。母母シーザリオの良血で、オルフェーヴル産駒特有の打率は低いがホームランのパターンか。

4番人気想定 ラインベックディープインパクト×アパパネの良血馬だが、ややズブめなようで、前走の東スポ杯2歳Sでは、ここで本命視されるコントレイルに9馬身もちぎられた3着。ただ、鞍上ビュイックが2400m向きとコメントしているように、菊花賞あたりでは好勝負に持ち込めるのかも。

5番人気想定 ヴェルトライゼンデワールドエースワールドプレミアの下で、この馬は父がドリームジャーニーとなった。父自身が小さかったのもあり、産駒もわりと小さいケースが多いが、この馬は馬格もあって、今後ゆっくり強くなっていくのではとみる。

6番人気想定 ブラックホール:例年に比べると低レベルだった札幌2歳S勝ち馬。ゴールドシップ産駒のワンツーという結果で、今回は雨が降るなどスピード競馬要素が薄れてくれないと厳しいのではないだろうか。

7番人気想定 ブルーミングスカイ:角居厩舎のディープインパクト産駒だが末脚が甘く、1勝クラスでも2着、4着と勝ち切れていないように大駆けは期待薄。

8番人気想定 ゼノヴァース:藤沢和厩舎のディープインパクト産駒で人気はあるが3戦目でやっと未勝利を勝ち上がったように、実力はいまひとつ。

9番人気想定 ラグビーボーイ:低レベルな未勝利戦をようやく勝ち上がっただけで、全く通用しないだろう。

10番人気以下想定
ハギノエスペラントキズナ産駒らしく長くいい末脚を繰り出すが、4戦目でようやく未勝利を脱出したように、力が落ちる。

ディアマンミノル:新馬戦のみの1戦1勝馬だが、母母イソノルーブルで兄達もトラストワン5勝、モンストール3勝と走っており、潜在能力的にはそこそこやれるのかも。

ワスカランテソーロ:4戦目で低レベルな未勝利戦をようやく勝っただけで、母母マザートウショウはバカ速い馬だったが、この馬はそういう感じもなく、要らなそう。

パンサラッサ:ロードカナリア×モンジュー牝馬という配合で、スピード、スタミナ、瞬発力ともにどっちつかずな感じか。

ナリノモンターニュ:母母がアイリッシュダンスハーツクライの母でもある)で、血統的にはもっと伸びていく素材なのだろうが、まだ新馬戦で2着した後の未勝利勝ちのみで、特にインパクトある勝ち方ではなかった。成長待ちか。

ガロアクリークキンシャサノキセキ産駒にしては珍しく2000mの新馬戦を使ってきて快勝したが、まだここでは厳しそう。

ディアセオリー:7月の福島での新馬勝ちの後は札幌2歳S、葉牡丹賞と割と相手が強く結果こそ伴わなかったが、内容はそう悪くなく、じわじわ力をつけてきてはいるのでは。

クリノブレーヴ:種牡馬オーシャンブルー(父ステイゴールド)の初勝利をあげて父親孝行な馬だが、未勝利勝ちも楽勝でなく、まだここでは荷が重い。


<まとめ>
有力:コントレイルワーケア

ヒモに:オーソリティラインベック

穴で:ディアマンミノルディアセオリー

[もっと見る]

ディアセオリーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 210ビュー コメント 0 ナイス 15

こんばんは。回収率予報官です。
回収率予報をお知らせします。
「予想コロシアム」には全レース(障害除く)の全出走馬の予測回収率があります。

予測ロジックを若干改良したので、結果をちょっと期待してます...

《買ってはいけない》メインレース

■新潟11R 芝1600m 4歳上オープン 15:25 谷川岳ステークス
 *4 50% ・ 49.4倍(15) ボールライトニング
 *5 60% ・ 35.9倍(14) トウショウドラフタ

■京都11R 芝2200m 3歳オープン 15:35 [G2]京都新聞杯
 *9 60% ・ 243.8倍(13) イロゴトシ

■東京11R 芝2000m 3歳オープン 15:45 プリンシパルS
 *2 70% ▲ 5.5倍(3) ポタジェ
 *3 70% ・ 101.3倍(10) ディアセオリー
 *7 70% ・ 18.4倍(6) スレプトン
 10 70% × 9.3倍(5) アリストテレス

《買ってはいけない》単勝オッズ10.0以下で予測回収率60%以下

東京 02R *1 60% ▲ 8.0倍(2) クーレクー
東京 04R *5 60% × 9.4倍(5) アルファジップ
新潟 05R *3 50% ▲ 3.8倍(2) ロードクラージュ
東京 05R *7 60% ・ 9.1倍(4) フジコウキ
新潟 07R *3 60% ○ 6.3倍(2) メイショウゼッケイ
東京 07R *5 60% ○ 2.3倍(1) グルファクシー
京都 08R *3 60% × 7.8倍(6) タニノマイカ
東京 09R *7 60% ・ 8.8倍(3) トラストロン

表は左から、レース、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、人気順、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年5月8日(金) 21:56
5/9 単複王 No. 49 京都新聞杯
閲覧 164ビュー コメント 0 ナイス 4

こんばんは明日5/9単複王です
No.302 京都 9レース 鴨川特別(2勝クラス) 栗東限定 芝 2000m ◎ マイネルウィルトス ◯ パトリック
No.303 京都 10レース 錦ステークス(3勝クラス) 栗東限定 芝 1600m ◎ ブルスクーロ ◯ ブルーメンクローネ
No.304 京都 11レース 京都新聞杯(G2)  芝 2200m ◎ アドマイヤビルゴ ◯ シルヴェリオ
No.305 東京 9レース 立夏S(3勝クラス) 美浦限定 ダート 1600m ◎ バンブトンハート ◯ フィールザファラオ
No.306 東京 10レース メトロポリタンS(L)  芝 2400m ◎ アフリカンゴールド ◯ バレリオ
No.307 東京 11レース プリンシパルS(L)  芝 2000m ◎ ビターエンダー ◯ サトノフウジン
No.308 新潟 10レース はやぶさ賞(1勝クラス)  芝 1000m ◎ ラフィンクロンヌ ◯ シャイニールミナス
No.309 新潟 11レース 谷川岳S(L)  芝 1600m ◎ サーブルオール ◯ モズダディー
No.310 新潟 12レース 春日山特別(1勝クラス)  芝 2000m ◎ エリスライト ◯ ヒドゥンパラメータ
続いて
No.49 京都新聞杯 ◎ アドマイヤビルゴ ○ シルヴェリオ ▲ メイショウダジン ☆ ディープボンド キッズアガチャー
明日5/9のメインレースは
京都新聞杯(G2) 芝 2200m
プリンシパルS(L) 芝 2000m
谷川岳S(L) 芝 1600m
です
京都新聞杯(G2) ◎ アドマイヤビルゴ ○ シルヴェリオ ▲ メイショウダジン ☆ ディープボンド キッズアガチャー
プリンシパルS(L) ◎ ビターエンダー ○ サトノフウジン ▲ ポタジェ ☆ スマートクラージュ ディアセオリー
谷川岳S(L) ◎ サーブルオール ○ モズダディー ▲ スウィングビート ☆ アストラエンブレム ミラアイトーン
https://youtu.be/RC1PxEZiOCY
よろしくお願いします

[もっと見る]

 競馬が大好き(複勝男 2020年5月7日(木) 01:29
プリンシパルSと京都新聞杯
閲覧 169ビュー コメント 0 ナイス 10

プリンシパルS(L)

東京競馬場 (L) 芝2000M 3歳

サンデーサイレンス系    6-6-4
ミスタープロスペクター系  3-0-5 
ノーザンダンサー系     1-0-1
ナスルーラ系        0-3-1
ヘイルトゥリーズン系    0-1-0

1着のみなので登録馬は京都新聞杯両睨みもいる

登録馬の個人的な評価

サトノフウジン
(間隔空いているのでどうかはあるが前走と同じ距離コースで信頼度はある。総合力も高そうでレーン騎手で力も引き出せそう)

アリストテレス
(多分こっちに出ると思うが、成績は堅実で3戦連続2着でなかなか勝てない現状。力はあるが乗り方が難しいので安定感はあるが、今回輸送もあるので)

ビターエンダー
(皐月賞後なので状態がカギで気になるところ。経験値は上位で今回相手弱化しているので崩れることはないが、前走の大敗を引きづってなければいいんですが)

ポタジェ
(今年初戦で半年ぶりで状態と成長力が気になるところ。広いコースになるのでこの馬に向いていればあっさり勝利もあるのかなと)

スレプトン
(相手強化ですが東京コースでいい瞬発力を使えそうで期待したい。血統的にもルメール騎手でも面白い馬だと思う)

マイネルブラシウス
(間隔少し空いているのでどうか?瞬発力では血統的にしんどいそうだから、先行したいところ)

スマートクラージュ
(逃げ馬なので輸送で逃げれるかどうか?距離延長でスタミナ面でもどうかというところ、楽な展開に出来るかどうかもあるが)

キングオブドラゴン
(どちらに出るかわからないが重賞で5着はあるのでここ2戦が微妙な成績なのが気になるところ、距離短縮で期待しているのかも)

ヒシタイザン
(芝に戻すが少し成績的にしんどいかなと東京コースは3着していて合っている感じですね)

ディアセオリー
(叩き2走目で前進に期待したいが相手強化になっているので、瞬発力勝負美辛いかなと)

京都新聞杯

芝2200M GⅡ 3歳 京都競馬場

サンデーサイレンス系    7-8-8
ヘイルトゥリーズン系    2-0-0
ミスタープロスペクター系  1-0-2
ノーザンダンサー系     0-1-0
ナスルーラ系        0-1-0

サンデーサイレンス系が強いし3着まで独占もある。最近はサンデーサイレンス系2頭と他系統で決まっている
意外とここからダービー制覇が出てきているので見逃せないレースにはなっている

登録馬の個人的な評価

アドマイヤビルゴ
(前走が強すぎる内容なのでここも通過点と思うんだけど、乗り替わりだけが気になるところ)

マンオブスピリット
(連勝中で今回も京都コースで実績はある、間隔空いて良馬場だと血統的に瞬発力勝負に特化したレースになると辛い気もするがどうか)

ディープボンド
(前走の皐月賞はそれなりに健闘はした今回もしんどいと思うが、相手は弱化はしているので見せ場はあっても)

シルヴェリオ
(期待されている割には結果がどうかといったところ、今回間隔開けて馬場が良くなって巻き返せるかどうか)

ファルコニア
(前走重賞4着で悪くないと思う。今回広い京都に戻って期待したいが瞬発力勝負になった時がまだ辛い感じなので)

サペラヴィ
(両睨みだが騎手はこっちに決まっているので、実績は劣るけどずっと小回りのコース、今回広い京都コースで変わり身があるかどうか?ただ輸送があるので、更に瞬発力勝負になった時に血統的に不安はある)

プレシオーソ
(ダートで2戦2勝、いきなりの芝重賞で辛い感じですね。走ってみないとわからない部分が多いけど全くダメっていう血統でもないと思うし期待値は高そう)

メイショウダジン
(前走初芝でも入着できたので今回もそれなりに出来そうだが、京都の馬場が高速だと血統的にしんどくなりそう前走は稍重だったのもあるので)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディアセオリーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ディアセオリーの写真

ディアセオリー

ディアセオリーの厩舎情報 VIP

2020年6月6日国分寺特別
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディアセオリーの取材メモ VIP

2020年5月9日 プリンシパルS (L) 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。