サトノガーネット(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サトノガーネット
サトノガーネット
写真一覧
現役 牝5 黒鹿毛 2015年1月28日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主株式会社 サトミホースカンパニー
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績18戦[5-2-1-10]
総賞金10,092万円
収得賞金4,450万円
英字表記Satono Garnet
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ビートリックスキッド
血統 ][ 産駒 ]
Victory Note
Laquifan
兄弟 ショウナンダイチヴェルジョワーズ
前走 2020/03/15 金鯱賞 G2
次走予定 2020/04/11 サンスポ杯阪神牝馬S G2

サトノガーネットの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/03/15 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 125524.2511** 牝5 54.0 岩田望来矢作芳人438(-2)2.02.9 1.333.9⑫⑫⑩⑩サートゥルナーリア
20/01/19 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 1471114.376** 牝5 55.0 坂井瑠星矢作芳人440(0)2.27.6 0.734.8⑪⑪⑨⑩モズベッロ
19/12/07 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 162414.081** 牝4 53.0 坂井瑠星矢作芳人440(-2)1.59.2 -0.033.3⑭⑭⑬⑭ラストドラフト
19/11/10 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1871384.0129** 牝4 56.0 坂井瑠星矢作芳人442(+2)2.14.9 0.833.2⑨⑩⑬⑬ラッキーライラック
19/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 164746.9138** 牝4 54.0 坂井瑠星矢作芳人440(+10)1.45.4 0.933.7⑮⑮⑮スカーレットカラー
19/07/28 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 14116.636** 牝4 55.0 C.ルメー矢作芳人430(+2)1.47.4 0.433.5⑪⑫⑬⑬ミッキーチャーム
19/07/06 函館 11 五稜郭S 3勝クラス 芝2000 166113.711** 牝4 55.0 C.ルメー矢作芳人428(-6)2.02.0 -0.034.4⑩⑩⑩⑩カリビアンゴールド
19/06/09 阪神 9 三田特別 2勝クラス 芝2400 14227.041** 牝4 54.0 坂井瑠星矢作芳人434(+6)2.26.2 -0.135.5⑨⑨⑨⑤ヴィッセン
19/05/18 京都 12 オーストラT 1000万下 芝1800 8775.722** 牝4 55.0 坂井瑠星矢作芳人428(-4)1.49.2 0.032.9⑦⑦フォックスクリーク
19/04/28 京都 8 糺の森特別 1000万下 芝1800 11445.027** 牝4 55.0 坂井瑠星矢作芳人432(+8)1.46.4 0.634.1⑤⑤シャイントレイル
18/12/28 阪神 10 フォーチュン 1000万下 芝1800 11667.046** 牝3 54.0 坂井瑠星矢作芳人424(-8)1.47.5 0.634.6⑪⑩シンギュラリティ
18/11/03 京都 9 近江特別 1000万下 芝1800 158145.223** 牝3 51.0 酒井学矢作芳人432(-2)1.45.9 0.233.8⑬⑪ジークカイザー
18/10/14 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1859254.31510** 牝3 55.0 浜中俊矢作芳人434(-4)1.59.4 0.934.3⑯⑰⑮⑫アーモンドアイ
18/10/02 阪神 7 3歳以上500万下 芝1800 183610.031** 牝3 52.0 藤岡康太矢作芳人438(+22)1.47.0 -0.434.6プルンクザール
18/06/09 阪神 12 3歳以上500万下 芝1800 9116.434** 牝3 52.0 川島信二矢作芳人416(-8)1.47.4 0.733.4⑦⑦ドミナートゥス
18/05/20 京都 3 3歳未勝利 芝1800 188183.121** 牝3 53☆ 坂井瑠星矢作芳人424(-4)1.49.3 -0.135.0⑩⑫バイオスパーク
18/05/06 京都 3 3歳未勝利 芝1800 14584.222** 牝3 54.0 四位洋文矢作芳人428(-6)1.47.8 0.235.2⑩⑪プルンクザール
18/04/14 阪神 4 3歳未勝利 芝2000 162415.856** 牝3 54.0 松山弘平矢作芳人434(--)2.02.6 0.834.9⑤⑤⑤⑤アドラータ

サトノガーネットの関連ニュース

【古馬次走報】ユーキャンスマイル、天皇賞・春へ 2020年3月25日(水) 05:00

 ★阪神大賞典で重賞3勝目を挙げたユーキャンスマイル(栗・友道、牡5)は在厩調整のまま天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)へ。同レースには、4着ムイトオブリガード(栗・角田、牡6)も引き続き藤岡佑騎手とのコンビで向かう。

 ★千葉Sを勝ったジャスティン(栗・矢作、牡4)は、東京スプリント(4月8日、大井、交流GIII、ダ1200メートル)へ。僚馬で、阪神大賞典6着タイセイトレイル(牡5)はメトロポリタンS(5月9日、東京、L、芝2400メートル)に向かう。同じく僚馬で金鯱賞11着サトノガーネット(牝5)は、サンスポ杯阪神牝馬S(4月11日、阪神、GII、芝1600メートル)と福島牝馬S(4月25日、福島、GIII、芝1800メートル)の両にらみ。

 ★黒船賞を勝ったラプタス(栗・松永昌、セン4)は、かきつばた記念(5月4日、名古屋、交流GIII、ダ1400メートル)に参戦する。千葉S4着ショーム(美・鈴木伸、牡5)も同レースへ。

ユーキャンスマイルの競走馬情報はこちら

[もっと見る]

4・26香港チャンピオンズデー、アーモンドなど日本馬27頭登録 2020年3月20日(金) 05:01

 JRAは19日、4月26日に香港のシャティン競馬場で行われる香港チャンピオンズデー3競走に登録した日本馬27頭を発表した。QはクイーンエリザベスIIC(GI、芝2000メートル)=18頭、Mはチャンピオンズマイル(GI、芝1600メートル)=10頭、Sはチェアマンズスプリントプライズ(GI、芝1200メートル)=5頭。重複登録の(1)は第1希望、(2)は第2希望。

 アウィルアウェイ((1)S(2)M)、アドマイヤマーズ(M)、アーモンドアイ((1)Q(2)M)、インディチャンプ(M)、ヴァンドギャルド(M)、ウインブライト(Q)、エポカドーロ(Q)、カデナ(Q)、カレンブーケドール(Q)、ギベオン((1)Q(2)M)、クルーガー((1)M(2)Q)、グローリーヴェイズ(Q)、クロノジェネシス(Q)、サトノガーネット(Q)、サートゥルナーリア(Q)、ステイフーリッシュ(Q)、ダイアトニック(S)、ダノンスマッシュ(S)、ダノンプレミアム((1)Q(2)M)、ドレッドノータス(Q)、フィアーノロマーノ((1)M(2)S)、マカヒキ(Q)、ミスターメロディ(S)、モズアスコット(M)、ラヴズオンリーユー(Q)、レッドガラン(Q)、ワグネリアン(Q)

アーモンドアイの競走成績はこちら

[もっと見る]

【金鯱賞】レースを終えて…関係者談話 2020年3月16日(月) 05:06

 ◆内田騎手(ダイワキャグニー3着)「使って良くなっていた。サッと前に行けたし、うまく折り合って進めた」

 ◆福永騎手(ギベオン4着)「上がっていく感じは良かったが、直線で内にササッて、満足に追えなかった」

 ◆吉田隼騎手(ラストドラフト5着)「勝ち馬の後ろで進んだが、まだまだフワフワしている。経験を積めば良くなりそう」

 ◆田辺騎手(ニシノデイジー6着)「伸びてはいるが、全体の流れに左右される。前がやりあってくれる展開が欲しい」

 ◆中谷騎手(ケイデンスコール7着)「ペースは遅かったが、リズム良く運べていた」

 ◆丹内騎手(マイネルファンロン8着)「この馬なりに、いい感じに戻りつつある」

 ◆松若騎手(ブレスジャーニー9着)「一発を狙ったが、ペースが落ち着きすぎた」

 ◆川田騎手(ロードマイウェイ10着)「ゲートがうるさくて、出られない形になりました。その後も流れが向かず、残念な競馬でした」

 ◆岩田望騎手(サトノガーネット11着)「展開が向きませんでした」



★15日中京11R「金鯱賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【斬って捨てる!】金鯱賞2020 芝2000mで連対経験のない馬は劣勢!ふたケタ人気の馬も期待薄! 2020年3月15日() 07:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、金鯱賞の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走がG1で2着以内、なおかつG1勝利経験のある馬を除くと、牝馬の連対例はゼロ(2009年以降)

サトノガーネット

前走でマイル以下のレースに出走していた馬の好走例は皆無(2009年以降)

ケイデンスコール

芝2000mで2着以内の経験がない馬の連対例はゼロ(新中京開催の2012年以降)

ケイデンスコール
ニシノデイジー
ブレスジャーニー

【人気】
G1勝利経験がある馬を除くと、6番人気以下の美浦所属馬の連対例は皆無(2009年以降)
※7時00分現在の6番人気以下、かつ美浦所属のG1未勝利馬

ダイワキャグニー
サトノソルタス
マイネルファンロン

10番人気以下の連対例はみられない(2009年以降)
※7時00分現在の10番人気以下

ケイデンスコール
ジュンヴァルカン
マイネルファンロン

単勝オッズ帯15.0~19.9倍の連対例は皆無(2000年以降の同名レース)
※7時00分現在の単勝オッズ15.0~19.9倍

ニシノデイジー
ダイワキャグニー
サトノガーネット

【枠順】
馬番枠2番、8番の連対例はゼロ(2012年以降の金鯱賞中日新聞杯

ラストドラフト
サトノソルタス

【血統】
キングカメハメハを経由しない父ミスプロ系の連対例は皆無(2012年以降の金鯱賞中日新聞杯

ブレスジャーニー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サートゥルナーリア
ギベオン
ロードマイウェイ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】金鯱賞2020 徳光和夫さん、杉本清さんほか多数!競馬通の芸能人・著名人がガチ予想! 2020年3月15日() 05:30


※当欄では金鯱賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【徳光和夫】
3連単ボックス
ダイワキャグニー
サトノガーネット
サートゥルナーリア
サトノソルタス
マイネルファンロン
ワイド1頭軸流し
⑤-①②③⑥⑨⑩⑪⑫

【杉本清】
◎②ラストドラフト
○⑥サートゥルナーリア
▲⑩ロードマイウェイ
☆⑤サトノガーネット
△⑧サトノソルタス

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑦ギベオン
○②ラストドラフト
▲④ダイワキャグニー
△⑥サートゥルナーリア
△⑩ロードマイウェイ
△③ニシノデイジー
△⑨ブレスジャーニー
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
⑦→②③④⑥⑨⑩

【林修】
注目馬
ロードマイウェイ

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑥サートゥルナーリア
○⑩ロードマイウェイ
▲②ラストドラフト
△④ダイワキャグニー
△⑨ブレスジャーニー

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑥サートゥルナーリア
○⑩ロードマイウェイ

【橋本マナミ】
◎⑩ロードマイウェイ

【横山ルリカ】
◎⑥サートゥルナーリア

【小木茂光】
注目馬
サートゥルナーリア
3連単フォーメーション
⑥→①②③⑤⑦⑧⑨⑩→①⑦⑨
①⑦⑨→①②③⑤⑦⑧⑨⑩→⑥

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎③ニシノデイジー
単勝


【キャプテン渡辺】
◎④ダイワキャグニー
馬連
④-⑥サートゥルナーリア

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑥サートゥルナーリア

【船山陽司】
◎⑨ブレスジャーニー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑥サートゥルナーリア

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑤サトノガーネット
○⑥サートゥルナーリア
▲②ラストドラフト
△⑩ロードマイウェイ
△③ニシノデイジー
△⑧サトノソルタス

【目黒貴子】
◎⑥サートゥルナーリア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノガーネットの関連コラム

閲覧 747ビュー コメント 0 ナイス 3

先週末は東西でクラシックのトライアルレースが行われた。

その中でも注目を集めたのは西のチューリップ賞。昨年暮れの阪神JF上位4頭がすべて出走してきて、本番に向けても重要な一戦となった。

その中で断然の人気を集めたのは3戦3勝のレシステンシア。今回もスマイルカナが控えたためにスンナリ逃げることができたが、直線に入って突き放した前走と比べると伸び脚はイマイチ。最後は外から伸びて来たマルターズディオサ、内を突いてきたクラヴァシュドールに交わされて3着に敗れる波乱の結果となった。前走と比べると比較的ゆったりとした逃げを打った分後続に脚を使わせることができなかったのかもしれないが、それでも本番へ向けて少々不安の残る内容だった。

一方で勝ったマルターズディオサは前走に続いての好走。阪神JFでは離された2着だったが、今回は好位からしぶとく伸びて接戦を制した。前走が6番人気、今回も4番人気とあまり人気にならないタイプだがレースぶりは安定しており、順調ならば本番でも侮れない存在になりそうだ。

いずれにしても、本番さながらのメンバー構成で、チューリップ賞組は敗戦馬も含めて桜花賞まで忘れないでおきたい。レベルの低い別路線で好走した馬を狙うくらいなら、チューリップ賞で敗れた馬の方が穴馬としての魅力を感じる。


~週末の重賞展望、サートゥルナーリアに死角なし

さて、今週末は重賞が4レース、さらには阪神スプリングジャンプオジュウチョウサンvsシングンマイケルの注目対決もあるので早速展望へ。

注目はやはり金鯱賞サートゥルナーリア。有力各馬が海外遠征を選択する中で国内から始動することになったが、課題とされる左回りが果たしてどうなのか、改めて問われる一戦となる。

もっとも、結論から言えば何の問題もないだろう。ダービーと天皇賞(秋)は左右の周りの問題よりも気性面の課題が露呈したのが原因で、それでも最後差して来たダービーの内容を見ても決して左右の周りでどうこうというレベルではない。主戦のルメール騎手が改めて乗れるのも大きなプラスで、さらに言えば無観客競馬もこの馬にとっては追い風になりそうだ。というわけで、今回は普通に走れば結果はついてくるだろう。

むしろ相手が難解になるが、現時点では田辺騎手が2度目の手綱を取るニシノデイジー、前走は外を回しながらもそこそこ伸びていたサトノガーネットあたりに期待したい。

一方、阪神ではフィリーズレビューが行われる。正直なところ前述のチューリップ賞と比べるとかなりメンバーレベルは落ちる印象なので本番へ向けてという意味では微妙なところ。

ただ、馬券的な意味を抜きにすればアヌラーダプラには注目したい。能力だけなら間違いなくナンバーワン。フェアリーSでは掛かる気性がモロに出てしまったので距離短縮で見直しが可能だろう。

もっとも馬券的な意味では三浦騎手を重賞で本命にするのは少々怖い面もある。というのも昨年はついに年間100勝を達成した同騎手だが、重賞では全くといって良いほど結果を出せておらず、1~5番人気での重賞成績が(1-1-0-14)と散々だった。連対したのはともに5番人気馬騎乗時だったので、4番人気以内では一度も馬券に絡めていないことになる。

さすがにこれを偶然として片づけることはできず、それならば池添騎手が騎乗するヤマカツマーメイドの方が良いかもしれない。スケールは断然アヌラーダプラの方が上だが、レース巧者という点ではヤマカツに分がある。多頭数の競馬でもあるし、センスの良さを生かせれば逆転まであるかもしれない。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年1月13日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年01月13日号】特選重賞データ分析編(185)~2020年日経新春杯~
閲覧 2,257ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 日経新春杯 2020年01月19日(日) 京都芝2400m外


<ピックアップデータ>

【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2013年以降)】
○5位以内 [7-6-4-35](3着内率32.7%)
×6位以下 [0-1-3-48](3着内率7.7%)

 前走の末脚に注目したい一戦。2013年以降に好走を果たした馬の大半は、前走で出走メンバー中5位以内の上がり3ハロンタイムをマークしていました。極端な大敗を喫した直後の馬や、先行力の高さを活かしたいタイプは過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→アフリカンゴールドサトノガーネットメロディーレーン
主な「×」該当馬→タイセイトレイルレッドジェニアルレッドレオン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着」だった馬は2013年以降[2-4-3-6](3着内率60.0%)
主な該当馬→サトノガーネットレッドレオン

[もっと見る]

2019年12月13日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/7~12/8)KOMプロが土曜阪神10R◎メイショウタカトラ(単勝125.4倍)的中などで回収率210%のトップ!新参者プロは阪神JF◎△○的中などで2週連続プラス60万オーバー達成!
閲覧 594ビュー コメント 0 ナイス 3


 
7(土)に行われたG3中日新聞杯、8(日)G1阪神JF、G3カペラSほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
7(土)の中京8R3歳以上1勝クラスでは、△スーパーブレイクナンヨープランタン×マイネルプリンチペで3連単68万2240円馬券的中のビッグヒット!8(日)には、「自信度AA」とした勝負予想G1阪神JFを◎レシステンシアマルターズディオサクラヴァシュドールで仕留め、3連単8万6720円馬券を200円分的中するスマッシュヒットを達成。他にも、中京7R2歳未勝利中山12R3歳以上2勝クラスなどの的中を披露した先週は、回収率200%、収支トップの62万8320円プラスを記録しています。2週連続プラス、同収支60万オーバーを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
7(土)阪神10R境港特別では、単勝125.4倍の最低人気メイショウタカトラに本命◎を打ち、単勝含む計175,260円の払戻しを記録!他にも、7(土)中京3R3歳以上1勝クラス、同G3中日新聞杯サトノガーネット、8(日)中京7R2歳未勝利中京12R栄特別など随所に好配当を演出し、週末2日間のトータル回収率は全予想家中トップの210%、収支は50万1860円の大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
7(土)中京8R3歳以上1勝クラスを◎スーパーブレイク(単勝62.1倍)から的中!単勝・馬連・馬単計25万8220円払戻しのビッグヒットをマークしました。8(日)にはG3カペラSを▲コパノキッキングテーオージーニアスシュウジ中山12R3歳以上2勝クラスを×◎○で仕留めるなどの活躍を披露し、週間トータル回収率137%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
7(土)の勝負予想中山11R師走Sで▲◎○的中を披露!すると、翌8(日)には同じく勝負予想指定とした中京12R栄特別で、「中京芝2000mは、前走で京都芝1800m外のレースを使っていた馬の期待値が高いコースで、このコース替わりはプラスに働く」とした◎サンレイポケットから◎▲○的中をマーク!週末トータルでは、回収率164%とし、これで3週連続週末プラスを達成しています
 
 
 
この他にもイレコンデルパサープロ(168%)、覆面ドクター・英プロ(164%)、おかべプロ(144%←4週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(143%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(141%)、豚ミンCプロ(137%)、導師嵐山プロ(130%)、蒼馬久一郎プロ(129%←2週連続週末プラス)、セイリュウ1号プロ(129%)、ゼット1号プロ(127%←3週連続週末プラス)、シムーンプロ(122%)、エース1号プロ(118%←3週連続週末プラス)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(104%)、nigeプロ(100%←2週連続週末プラス)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年11月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】反省を生かせた武蔵野S/豪華メンバー・マイルCS展望
閲覧 1,573ビュー コメント 0 ナイス 3

先週の当コラムではエリザベス女王杯の穴馬として、マーフィー騎手のウラヌスチャーム、そして2年連続2着のクロコスミアを挙げたが、最終的な本命は◎サトノガーネット

レースは逃げたクロコスミアがスローに落とし、直線ではラッキーライラックに交わされたものの粘りに粘って3年連続の2着。一方、期待したサトノガーネットは9着と惨敗。まるで想定と異なるレース展開になってしまったこともあるが、人気を見て欲にまみれた予想をするとロクなことがないな…という意味でも反省のレースだった。どうも、秋はオッズに目がくらむ。

それにしても勝ったラッキーライラックは鮮やかだった。スローの流れをインで溜め、直線は上がり32秒8。7年前、父オルフェーヴルでは早仕掛けによりあと一歩のところで凱旋門賞制覇を逃したスミヨン騎手だったが、その娘で、今度は仕掛けを我慢して強烈な末脚を引き出したのだから、競馬はドラマである。


~ハズレをただのハズレで終わらせない

さて、エリザベス女王杯は悔しいレースだったが、収穫もあった。土曜の武蔵野Sだ。先週の当コラムで、

『ダートの差し追い込み決着は”非日常”。なかなか見られるものではないが、上手くハマれば大きな馬券を手にできる可能性がある。これから冬場を迎えるとタフなダートのレースも増えて来るので、みやこSのような差し追い込み馬が台頭する波乱のパターンは頭に入れておきたい』

と書いたが、早速その教訓を生かす機会が訪れたのだ。

本命に推奨したのは◎タイムフライヤー。ここ2走は掛かってしまい全く力を出せない競馬ながら見せ場を作っており、溜めることができれば一変の可能性ありとみた。そして今回は陣営も溜める競馬を示唆。距離も縮めて来たし、狙うならココしかないという読みだった。

あとは相手だが、差し馬の流れになる可能性があるとみて、みやこSの教訓を生かした。そこで穴で狙ったのがワンダーリーデル。直線は抜け出したタイムフライヤーワンダーリーデルが差し切り勝ち。3連系の馬券は難しすぎるとみて、馬連での波乱を狙ったのも功を奏し、馬連にして2万円台の馬券がキレイに舞い込んだ。



別に、ココで当たった自慢をしたいわけではない(多少はしたいが)。そうではなく、競馬は続いているということを言いたいのだ。ただ今週が終われば来週、来週が終わればまた再来週では教訓が生きない。頭とお金を使った渾身の予想だからこそ、的中も不的中も先に生かさなければ意味がない。外れてもタダでは転ばない、その気持ちを大事にしたい。

競馬はストーリーであり、また記憶のギャンブルでもあるのだ。


~ダノン2騎にインディチャンプ、豪華メンバーが揃うマイルCS

さて、今週末は今年の京都ラストG1・マイルチャンピオンシップ。来年の秋に京都競馬場が改装工事に入るため、京都での当レースの開催は2023年までしばしのお別れとなる。

そして今年は締め括りにふさわしい豪華メンバーが揃いそうだ。天皇賞(秋)アーモンドアイとの激戦を繰り広げたダノンプレミアム皐月賞~ダービーでは惜しくも及ばなかったものの秋初戦の毎日王冠を快勝したダノンキングリー、今年の安田記念の覇者インディチャンプなどが参戦してきた。

上位勢はいずれ劣らぬ強豪揃いだが、その中で狙ってみたいのはインディチャンプ安田記念では出遅れたアーモンドアイ、そして今回人気を集めるだろうダノンプレミアムらが後方でもがくのを尻目に、好スタートからインを捌いて抜け出しを決めた。前述の2頭よりは生粋のマイラーといったタイプで、多少折り合い面での難しさがあるだけに、毎日王冠からゆったり間隔を取って距離短縮となる今回は絶好の狙い目だろう。池添騎手の騎乗も面白そうなので、あとは内枠を引きたいところだ。

上位勢は強力だが、伏兵で怖い馬も挙げておきたい。

最大の惑星候補はクリノガウディー。まだ1勝馬の身ながら、朝日杯FSではアドマイヤマーズの2着など、重賞での実績は豊富だ。近走はイマイチの印象もあるが、2走前の京成杯AHはロスが大きく脚を余しており、前走の富士Sも不利があった。京都の外回りは合いそうだし、スムーズならチャンスがあるはずだ。

また、上がり馬のダイアトニックも侮れない。全6勝中5勝が1400mという生粋の1400m巧者だが、ロードカナロア産駒らしい器用さと自在性が武器。上手く立ち回れれば、実績上位勢にひと泡吹かすシーンもありそうだ。

マイルチャンピオンシップの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年11月8日(金) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019エリザベス女王杯
閲覧 2,023ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(日)京都11R 第44回エリザベス女王杯(3歳以上G1・牝馬・芝2200m)


<優先出走馬>

スカーレットカラー(A)中3週
デビュー前から調教では速い時計の出ていた馬。半年前までは出走取消が多かったが、ここ数戦は追い切りもしっかり消化し、レースでも安定して力を出せるようになっていて馬体がしっかりできてきたように思う。調教ではデビューから数戦レースにも騎乗していた太宰騎手(レースでは岩田騎手が騎乗予定)がしっかり調教をつけていて、このジョッキーの影の支えが大きい印象。1週前追い切りでは、その太宰騎手が騎乗して前走時よりも力強い走りで、この時点でしっかり仕上がっており良い状態で出走できそう。


<賞金上位順>

クロノジェネシス(A)中3週
前走休み明けで+20キロだったがパドックで見た感じではトモが細く見えるくらいで、太い感じにはまったく見えなかった。この中間もしっかり時計を出していて、1週前追い切りの動きを見ると走りに勢いがみられるようになり、1度使われて気合いが乗ってきているという印象。馬体を絞る必要はないと思うので、テンションを上げ過ぎない最終追い切りができればここでも勝ち負けになりそう。

ラヴズオンリーユー(C)6ヶ月
オークス以来の休み明けとなるが2週前、1週前と併せ馬で追われている。動きを見るとこれまでより強めに追われていて、いかにも休み明けと言った印象を受け、ぶっつけ本番はややマイナスとなりそう。

ラッキーライラック(C)中3週
休み明けの前走時はパドックでは胸前に余裕があるくらいだったが、追い切りは硬さがいつも以上にある感じだった。この中間も1週前にCWで強めに追われているが、硬さがまだ残っていて、動きも重い感じに見えた。

クロコスミア(B)中3週
2年連続このレース2着の好走実績あり。今年も札幌記念、府中牝馬Sをステップに使われてきて、1週前追い切りでは昨年よりも気合いの入った力強い動きを見せた。

フロンテアクイーン(C)中3週
若い頃はパドックでのイレ込みが激しいところがあった馬だが、近走は落ち着きがあり気性的に成長はしているように思う。今回は関西への輸送があるので気を使うところはあると思うが、昨年も落ち着いて周回できていたので直前でビッシリ追ってテンションを上げてしまうようなことがなければ。ただ、ちょっと距離は長いような気はする。

ポンデザール(A)中9週
4連勝中と勢いのある馬。イレ込むこともなくレースでの折り合いも問題ない。この中間もしっかり乗り込まれ、1週前追い切りの動きを見ても気負うことなくリラックスして走れていて状態も良さそう。

ウラヌスチャーム(D)中3週
前走時から栗東で調整中。ただ1週前追い切りの動きを見ると、力強さがなく伸び脚もイマイチ。

ゴージャスランチ(C)3ヶ月
前2走は坂路での調整だったが、この中間は南Wでの追い切りが中心。調教内容を変えてきたことは気になる。

サトノガーネット(B)中3週
クイーンS時は馬の動きが硬い感じがあったが前走、今回と動きが柔らかくなった感じで上積みがありそう。

センテリュオ(A)中9週
前走の新潟記念では◎にした馬だが、初の左回りとコーナー2つのコースで息が入らなかったのか直線は伸びる感じがなかった。この中間も坂路で好時計を多くマークしていて調子は良さそうで、右回りコーナー4つのコースに変わっての変り身がありそう。

サラキア(E)中2週
前走から中2週で1週前に速い時計を出していない。前走時よりも馬体を減らしたくないところはあると思う。

レッドランディーニ(E)中3週
マーメイドSで2着の実績はあるが、定量戦で一線級相手だと厳しいところはありそう。調教でも目立つ時計が出ている訳でもないので、一発がありそうな感じもない。

アルメリアブルーム(D)中3週
小柄な馬で、使うたびの馬体増減が大きい馬。デビューからよく見ている馬だが、何とかオープンまで上がってきた感じがあり、突き抜けるような強さはない。

レイホーロマンス(C)中2週
休み明けの前走時は乗り込んでいた割に速い時計が出ていなかった。この中間は坂路での時計が良くなってきていて、それでもまだこの馬としては物足りないが、少し上積みがありそう。

シャドウディーヴァ(B)中3週
この中間も栗東での調整。前走時も追い切りの動きが良く見えたが、今回も1週前追い切りでは併せ馬で一杯に追われて好時計で先着と、引き続き調子は良さそう。

ブライトムーン(B)中1週
この中間は間隔が詰まっているので1週前には速い時計は出していないが、最終追い切りでしっかり時計を出しているようなら力は出せそう。

ミスマンマミーア(C)中4週
休み明けの前走時、パドックではかなり余裕がある馬体に映った。この中間は時計を多く出してきているが、ガラッと変わってきた感じの時計が出ている訳ではない。



◇今回はエリザベス女王杯編でした。
今週4(祝月)に、浦和競馬場では初のJBCが行われました。JBC当日の1日の売得金は2016年の川崎での48億円を10億円近く上回る58億円のJBCレコード(地方競馬場での開催時のみ)。さらに、浦和競馬場単体での売得金としても、レコードを43億円以上も上回る1日あたり売得金記録を更新しました。これは地方競馬の馬券発売網の充実や宣伝効果、さらにこれまで19回積み重ねてきた関係者の努力の結果だと思います。浦和での開催で2年前(川崎)の売り上げを上回ることができたことは、今後その他の競馬場での開催(特にまだJBCを開催したことのない競馬場)検討の際の指針になりますし、大きな意義をもった今回だったように思います。地方競馬は地方競馬で、これからもそれぞれの個性を出して盛り上がって行ってもらいたいものです。

それでは次回、マイルチャンピオンシップ編(予定)でお会いしましょう。


エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年11月6日(水) 19:00 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2019
閲覧 2,285ビュー コメント 0 ナイス 15

三連休(今年はなんか多くてありがたかったのですが)+メルボルンCと競馬三昧のまま次の週末がすぐ来てくれて、11月はいい感じで来ています。メルボルンCは、前走でメールドグラースの2着だったのに52kgと斤量恵まれたヴァウアンドディクレア(C.ウィリアムズ騎手の悲願のメルボルンC勝ちに忖度じゃないかという恵量)に本命を打ち、当たったのですが、ヒモは繰り上がりあっても全部抜けで残念でした。


では恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 クロノジェネシス:悲願のG1制覇を秋華賞で成し遂げたが、もともと京都得意の北村友騎手の好騎乗もあってのもので、今回距離が延びるのは正直そう良くはないと思っている。ただ、外を回しての末脚一辺倒のような若い頃の競馬から、前走では先行して抜け出す器用なレースができるようになったところを見せた。成長した今、実力があるのは確かでやれてよい。

2番人気想定 ラヴズオンリーユー:4戦4勝のオークス馬。リアルスティールの下という良血で、春は能力だけで何となく勝ってしまった感じだった。順調に使えない馬で秋華賞はパスしたが、調教ではCWで猛時計を出しており、脚部不安は大丈夫そう。20kg以上馬体が増えているとの矢作調教師のコメントもあり、更なる成長を加味すると、能力断然で順調ならあっさりまであるか。

3番人気想定 ラッキーライラック:府中牝馬Sでは直線でやる気が失せたのか、3着と相変わらず勝ち切れず。桜花賞アーモンドアイに完敗してからは、レース終盤に投げ出すようになった。成長度合いを含め人気からすると妙味の無い馬だが、スミヨン騎手の闘魂注入で最後まで力を出し切れば、能力自体は高く巻き返しの可能性はあり。ただ、やっぱり、スミヨン人気もあって……。

4番人気想定 スカーレットカラーヴィクトワールピサ産駒らしく晩成な感じもあり、ようやく府中牝馬S勝ちで重賞制覇。母父ウォーエンブレムはスタミナがあり、決してマイラーではなくここも狙い目。

5番人気想定 クロコスミア:一昨年のこのレースで9番人気2着と和田騎手の奇襲が決まったが、前哨戦の府中牝馬Sで5着とイマイチ。ただ、距離を問わずずっと重賞でそれなりには来ており、地味ゆえに2200mで再度輝く可能性もあるが、6歳秋だけにそう上積みは無いのでは。

6番人気想定 ゴージャスランチマンハッタンカフェ産駒らしく非根幹距離が得意で準オープンを勝ってきた。引き続きの非根幹距離ではあるが、大一番での激走種牡馬ではなく、力が足りないのでは。

7番人気想定 ウラヌスチャーム:距離が長く7着だった京都大賞典からの距離短縮で、マーフィー騎手への乗り替わり。ここで一発を期待してもいいかもしれない。

8番人気想定 ポンデザール:4連勝中で前走は札幌で2600m戦を圧勝してきた。2200mに関しては、正直もっと距離があった方がいいのだろうが、ギリギリやれる距離か。

9番人気想定 センテリュオ:5月に準オープンを勝ってからは重賞の壁もあり、4着→7着と冴えないのだが、ルメール騎手を確保できたあたり、まだ伸びしろのある馬なんだろう。人気次第か。

10番人気想定 サラキア:正直、逃げるのは巧くない石橋脩騎手の逃げで3着だった前走だが、川田騎手に乗り替わっても大一番でやれる力は無いのでは。

11番人気以下想定
フロンテアクイーン:府中牝馬Sでは2着と健在ぶりをアピールしたが、重賞で好走を繰り返していた昨年でも7着止まりで、2200m適性は低そう。

シャドウディーヴァ:13番人気で4着と頑張った秋華賞だったが、若い馬が有利なレースとはいえ、ここはまだトップレベルとは差がある。

アルメリアブルーム:前走は京都巧者らしく北村友騎手が6番人気で勝たせてしまったが、ちょっとまだ力が足りないのでは。

サトノガーネット:いかにも距離が足りなかった府中牝馬Sだけに距離延長は良さそうだが、オープン実績ゼロでそもそも力不足か。

レッドランディーニ:5月に2勝クラスを勝った勢いで臨んだマーメイドSでは、51kgの恵量を生かして10番人気2着。ただ、秋初戦の府中牝馬Sでは7着とイマイチで、まだトップレベルまでは強くないか。

ミスマンマミーア:前走準オープンで3着の馬で、スタミナはあるが大仕事は無いのでは。

レッドラフェスタ:準オープン2着からの参戦だが、ちょっと力が落ちるか。

レイホーロマンス:前走10着とピークを過ぎた感じの6歳秋で要らないか。

ブライトムーン:準オープン3着からの参戦だが、大仕事するには力が足りない印象。


<まとめ>
最有力:ラヴズオンリーユー

有力:スカーレットカラークロノジェネシス

ヒモに:ウラヌスチャームポンデザール

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノガーネットの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2020.03.15[結果]

 DEEB 2020年3月15日() 17:09

閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 5

中山10R 東風ステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎12 ★ジャンダルム…10着
○14 シャイニービーム…4着
▲ 4 アストラエンブレム…2着
△10 イレイション…5着
× 9 ボンセルヴィーソ…14着
☆ 3 ミュゼエイリアン…15着
[結果:ハズレ×]

中山11R アネモネステークス (L) 3歳オープン(国際)牝(指定)
◎ 2 バルトリ…7着
○ 3 ジェラペッシュ…6着
▲ 8 フェルミスフィア…3着
△ 9 クリノプレミアム…11着
[結果:ハズレ×]

中山12R 4歳以上2勝クラス
◎ 5 アメリカンツイスト…13着
○ 1 ☆イナズママンボ…5着
▲ 2 トウカイパシオン…6着
△12 スマートマルシェ…12着
× 3 アオイサンシャイン…10着
×13 ☆ロマンチスト…15着
[結果:ハズレ×]

阪神 5R 3歳未勝利[指定]
◎10 ★ダンシングリッチー…1着
○ 7 モリンガ…6着
▲ 1 タイミングハート…2着
△ 8 ガニュメデスレイ…7着
× 3 ☆ハナテ…8着
[結果:アタリ○ 単勝 10 390円、複勝 10 150円、馬連 1-10 1,040円]

阪神 6R 3歳1勝クラス(混合)[指定]
◎ 9 サウンドプリズム…8着
○14 ファストボウラー…12着
× 8 ☆マティアス…13着
[結果:ハズレ×]

阪神 7R 3歳1勝クラス(混合)(特指)
☆12 グッドステージ …9着
[結果:ハズレ×]

阪神10R 甲南ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)[指定]
☆10 ゴールドフラッグ…13着
[結果:ハズレ×]

阪神11R 報知杯フィリーズレビュー GⅡ 3歳オープン(国際)牝(指定)
◎ 9 クーファイザナミ…14着
○14 アヌラーダプラ…9着
▲ 7 ヤマカツマーメイド…2着
△15 マテンロウディーバ…10着
× 3 フェアレストアイル…5着
×11 ケープコッド…8着
☆17 ソフィアバローズ…12着
[結果:ハズレ×]

中京11R 金鯱賞 GⅡ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 6 サートゥルナーリア…1着
○ 5 サトノガーネット…11着
▲ 2 ラストドラフト…5着
△10 ロードマイウェイ…10着
× 3 ☆ニシノデイジー…6着
☆12 マイネルファンロン…8着
[結果:ハズレ×]

今日は、どこで競馬聴こう。
飲み屋か、バスの中か、家か。

[今日の結果:9戦1勝8敗0分]
昼のレースは京橋の飲み屋で聴いて、メインは家で観ました。
結果は、ハハハ…

 uni0920 2020年3月15日() 15:24
さて
閲覧 72ビュー コメント 1 ナイス 4

フィリーズレビュー
◎7ヤマカツマーメイド
○15マテンロウディーバ
▲9クーファイザナミ

買い目は
馬単7-15、15-7
馬連7-9


金鯱賞
◎10ロードマイウェイ
○6サートゥルナーリア
▲8サトノソルタス
△5サトノガーネット

買い目は
三連単10-6-5、10-6-8、6-10-8
三連複5-8-10
ワイド5-8

[もっと見る]

 DEEB 2020年3月15日() 09:41
恥ずかしい馬予想2020.03.15
閲覧 166ビュー コメント 0 ナイス 6

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

中山10R 東風ステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎12 ★ジャンダルム
○14 シャイニービーム
▲ 4 アストラエンブレム
△10 イレイション
× 9 ボンセルヴィーソ
☆ 3 ミュゼエイリアン

中山11R アネモネステークス (L) 3歳オープン(国際)牝(指定)
◎ 2 バルトリ
○ 3 ジェラペッシュ
▲ 8 フェルミスフィア
△ 9 クリノプレミアム

中山12R 4歳以上2勝クラス
◎ 5 アメリカンツイスト
○ 1 ☆イナズママンボ
▲ 2 トウカイパシオン
△12 スマートマルシェ
× 3 アオイサンシャイン
×13 ☆ロマンチスト

阪神 5R 3歳未勝利[指定]
◎10 ★ダンシングリッチー
○ 7 モリンガ
▲ 1 タイミングハート
△ 8 ガニュメデスレイ
× 3 ☆ハナテ

阪神 6R 3歳1勝クラス(混合)[指定]
◎ 9 サウンドプリズム
○14 ファストボウラー
× 8 ☆マティアス

阪神 7R 3歳1勝クラス(混合)(特指)
☆12 グッドステージ

阪神10R 甲南ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)[指定]
☆10 ゴールドフラッグ

阪神11R 報知杯フィリーズレビュー GⅡ 3歳オープン(国際)牝(指定)
◎ 9 クーファイザナミ
○14 アヌラーダプラ
▲ 7 ヤマカツマーメイド
△15 マテンロウディーバ
× 3 フェアレストアイル
×11 ケープコッド
☆17 ソフィアバローズ

中京11R 金鯱賞 GⅡ 4歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 6 サートゥルナーリア
○ 5 サトノガーネット
▲ 2 ラストドラフト
△10 ロードマイウェイ
× 3 ☆ニシノデイジー
☆12 マイネルファンロン

今日は、どこで競馬聴こう。
飲み屋か、バスの中か、家か。

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノガーネットの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サトノガーネットの写真

サトノガーネット
サトノガーネット

サトノガーネットの厩舎情報 VIP

2020年3月15日金鯱賞 G211着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノガーネットの取材メモ VIP

2020年3月15日 金鯱賞 G2 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。