フリード(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2018年4月30日生
調教師西園正都(栗東)
馬主岡田 繁幸
生産者Lynch Bages Ltd
生産地
戦績 4戦[1-0-0-3]
総賞金820万円
収得賞金400万円
英字表記Freed
血統 No Nay Never
血統 ][ 産駒 ]
Scat Daddy
Cat's Eye Witness
Arctic Freedom
血統 ][ 産駒 ]
War Chant
Polar Bird
兄弟
前走 2020/11/07 KBSファンタジーS G3
次走予定 2021/03/14 フィリーズレビュー G2 他1レース

フリードの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/11/07 阪神 11 ファンタジー G3 芝1400 122231.1811** 牝2 54.0 和田竜二西園正都486(+4)1.21.5 1.436.2メイケイエール
20/09/06 小倉 11 小倉2歳S G3 芝1200 108107.835** 牝2 54.0 和田竜二西園正都482(+6)1.10.8 1.236.9メイケイエール
20/08/16 小倉 1 2歳未勝利 芝1200 1651016.771** 牝2 54.0 川田将雅西園正都476(0)1.07.5 -0.334.6エイシンヒテン
20/07/18 阪神 5 2歳新馬 芝1400 17611100.3148** 牝2 54.0 国分優作西園正都476(--)1.25.7 1.138.1ヴェールクレール

フリードの関連ニュース

【3歳次走報】ヨカヨカは幸騎手との新コンビでフィリーズRへ 2021年2月25日(木) 04:38

 ★朝日杯FSを制したグレナディアガーズ(栗・中内田、牡)は、24日に栗東トレセンに帰厩。ファルコンS(3月20日、中京、GIII、芝1400メートル)に向けて調整する。

 ★阪神JF5着ヨカヨカ(栗・谷、牝)は、幸騎手との新コンビでフィリーズR(3月14日、阪神、GII、芝1400メートル)へ。ファンタジーS11着フリード(栗・西園、牝)も、同レースへ参戦する。

 ★21日の阪神芝1400メートル戦で2勝目を挙げたグレイイングリーン(栗・池江、牡)は、NZT(4月10日、中山、GII、芝1600メートル)とアーリントンC(4月17日、阪神、GIII、芝1600メートル)の二択で調整される。

 ★共同通信杯6着カイザーノヴァ(栗・矢作、牡)は、毎日杯(3月27日、阪神、GIII、芝1800メートル)に進む。

 ★シンザン記念3着バスラットレオン(栗・矢作、牡)は、3月13日阪神の1勝クラス(芝1600メートル)へ。11着ダディーズビビッド(栗・千田、牡)は、毎日杯に向かう。

 ★ゆりかもめ賞2着レイオブウォーター(栗・友道、牡)は、アザレア賞(4月3日、阪神、1勝クラス、芝2400メートル)。

 ★朝日杯FS12着ジュンブルースカイ(栗・友道、牡)は、3月7日中山の1勝クラス(芝1600メートル)に向かう。

 ★20日東京の1勝クラス(ダ1400メートル)2着マイグレーション(美・水野、牡)は、1勝クラス(3月14日、阪神、ダ1400メートル)へ。

 ★7日小倉の未勝利戦(芝1800メートル)1着アイリッシュムーン(美・武井、牝)は、フラワーC(3月20日、中山、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★21日小倉の未勝利戦(芝1200メートル)1着クインズセージ(美・小島、牝)は、芝桜賞(3月6日、小倉、1勝クラス、芝1200メートル)へ。

 ★20日東京の未勝利戦(芝1600メートル)を快勝したリュクスフレンド(美・加藤士、牝)は、アネモネS(3月14日、中山、L、芝1600メートル)へ。

 ★20日東京の未勝利戦(芝1800メートル)を逃げ切ったトゥーフェイス(美・新開、牡)は、放牧を挟んで新緑賞(4月24日、東京、1勝クラス、芝2300メートル)が有力。

 ★きさらぎ賞7着ダノンジェネラル(栗・中内田、牡)は、アルメリア賞(3月7日、阪神、1勝クラス、芝1800メートル)へ。つばき賞2着タガノディアーナ(栗・長谷川、牝)も駒を進める。

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】ファンタジーS2020 西の阪神JF前哨戦!ヒキが強いのは誰!? 2020年11月7日() 06:30


※当欄ではファンタジーSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【杉本清】
◎⑩メイケイエール
○③ヨカヨカ
▲④サルビア
☆⑥オパールムーン
△②フリード
△⑤ミニーアイル
△⑦モンファボリ
△⑨ラヴケリー

【安田和博(デンジャラス)】
◎④サルビア

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎④サルビア

【目黒貴子】
◎④サルビア



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ファンタジー】厩舎の話 2020年11月6日(金) 04:57

 ◆オパールムーン・昆師「本数は乗ってきたから、今週は控えめの調教で十分」

 ◆オプティミスモ・石坂公師「前走の疲れも取れていい状態で出せそう。力試しの一戦です」

 ◆サルビア・鈴木孝師「2週連続で幸騎手に乗ってもらい、先週より感触も良かったよう」

 ◆セレッソフレイム・荒木助手「フレッシュな状態で体調は良さそう。力は出せる仕上がり」

 ◆デルマカンノン・五十嵐助手「思った以上の時計が出た。開幕週で前残りになってくれれば」

 ◆フリード・西園助手「しっかり動けて好仕上がり。レコード勝ちしているぐらいですから開幕週の時計勝負も歓迎」

 ◆ミニーアイル・南井助手「やるたびに動きも体も良くなっている」

 ◆メイケイエール・武英師「息の入りも良く、晴雨も問わない脚力もある。あとは実戦に行っての折り合いだけ」

 ◆メイショウイチヒメ・飯田祐師「新馬当時より中身ができているし距離もクリアしてほしい」

 ◆モンファボリ・須貝師「攻めも指示通り。落ち着いた状態でこの距離もこなしてほしい」

 ◆ヨカヨカ・谷師「時計は速くなったが、動きも良かった。阪神の内回りは新馬勝ちしている」

 ◆ラヴケリー・高柳大師「坂路でサラッと。課題はゲートになりますが、センスはいい馬」

ファンタジーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ファンタジー】フリード馬なり軽快!坂路52秒8 2020年11月5日(木) 04:49

 フリードは栗東坂路4ハロン52秒8-12秒2。1週前は同52秒3の自己ベストで、調教評価は最高の『S』となった。「しっかり動けて好仕上がり。小倉の芝でレコード勝ち(2走前に1分7秒5)しているぐらいですから、開幕週の時計勝負も歓迎」と西園助手。

ファンタジーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ファンタジー】レース展望 2020年11月2日(月) 16:46

 開幕を迎える阪神では、土曜メインに2歳牝馬によるGIIIファンタジーS(7日、芝1400メートル)が行われる。2年連続で勝ち馬が阪神JFを制しており、のちの牝馬クラシック戦線を占う上でも見逃せない一戦になりそうだ。今年は京都競馬場の大改修工事の影響で、阪神に舞台が変わっている点にも注意したい。

 デビュー3連勝中の九州産馬ヨカヨカ(栗東・谷潔厩舎)が主役を担う。前走のひまわり賞で2歳牝馬としては異例の57キロの斤量を背負いながらも、悠々と逃げ切って力の差を示した。同斤量で牝馬相手のここなら、持ち前のスピードを生かして4連勝で重賞制覇の可能性は十分だ。

 相手候補の筆頭は、連勝で小倉2歳Sを勝ったメイケイエール(栗東・武英智厩舎)。中団からレースを運ぶと、直線で突き放そうとするモントライゼをかわして抜け出した。重馬場にもしっかりと対応したのは好材料で、1ハロンの距離延長をこなせれば重賞連勝が見えてくる。

 サルビア(栗東・鈴木孝志厩舎)も連勝中の一頭。前走のりんどう賞は出遅れながらも、6頭立てということもあり、大きなロスはなく中団でレースを運んだ。直線で外から脚を延ばすと、そのまま突き抜けて2着に5馬身差をつけて圧勝。スタートを決めれば、重賞でも通用するだけのポテンシャルを持っている。

 クローバー賞2着のラヴケリー(栗東・高柳大輔厩舎)は2走前の函館2歳Sでも3着。ここでも侮れない存在だ。

 他には小倉2歳Sで逃げて5着のフリード(栗東・西園正都厩舎)や、新馬戦でアルテミスS2着のククナを破っているオパールムーン(栗東・昆貢厩舎)、函館2歳S13着からの巻き返しを図るモンファボリ(栗東・須貝尚介厩舎)にも注意を払いたい。

ファンタジーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

フリードの関連コラム

閲覧 411ビュー コメント 0 ナイス 0


16(日)のG3関屋記念、G3小倉記念ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
16(日)札幌1R2歳未勝利の◎アンチエイジング(単勝25.6倍)的中で好スタートを決めると、小倉1R2歳未勝利フリード(単勝16.7倍)、勝負予想指定札幌2R3歳未勝利アマデトワール(単勝35.8倍)、札幌4R3歳未勝利アバグネイル(単勝95.1倍)、小倉7R3歳以上1勝クラスダンディズム(単勝23.5倍)等の穴馬の単複を次々に的中。G3小倉記念も、◎アールスター(単勝26.3倍)の単複でしっかりと締め括ってみせた先週は、土日2日間トータル回収率138%の好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →織本一極プロ
16(日)G3関屋記念では、◎サトノアーサートロワゼトワルアンドラステで完璧に仕留め11万9570円払戻しを達成。続く、新潟12R3歳以上1勝クラスなどでも的中を披露した先週は、土日2日間トータル回収率310%、収支12万6210円プラスで総合トップに立っています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
16(日)G3小倉記念では、「軽いフットワークで小倉の馬場は合う」とした◎サトノガーネットから△◎的中を披露し馬連150.6倍ゲット。続く、G3関屋記念でも、◎サトノアーサーの単勝1万円1点勝負的中を決め重賞W的中を記録しました。週末2日間トータルでは、回収率148%をマーク。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
16(日)小倉3R3歳未勝利ハーランズハーツ(単勝31.8倍)1万円勝負的中での31万8000円のビッグヒットを筆頭に、15(土)札幌9R3歳以上1勝クラスなどの的中をマークし、週間トータル回収率100%を達成。これで連続週末プラスを「8」に伸ばしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
16(日)G3小倉記念では、「3(アールスター)と5(サトノガーネット)はかなり引き上げたい」とした2頭での○▲ワンツー的中! 馬単400円分含む、計16万6980円払戻しのスマッシュヒットを記録しています。
 
 
 
この他にも、暴君アッキープロ(121%←7週連続週末プラス)、スガダイプロ(120%)、豚ミンCプロ(113%)、いっくんプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

フリードの口コミ


口コミ一覧
閲覧 140ビュー コメント 1 ナイス 8

<馬場状態>

土曜日3R:2歳未勝利 1400mm 決着時計:1:20.4・・・速い

Aコースの内を通れる馬が有利!

<馬券>

3連複フォーメーション

1列目
フリード:★
絶好馬場を味方に、ハナ切って粘り込む。

メイケイエール:1番人気

2列目
オパールムーン:☆
前走の決め脚魅力

ヨカヨカ:2番人気

3列目
ミニーアイル
オプティミスモ
サルビア:3番人気

 山崎エリカ 2020年11月7日() 12:04
本日の見所(京王杯2歳Sなど)
閲覧 237ビュー コメント 0 ナイス 10

2020年 ファンタジーS・京王杯2歳S
_________________

●ファンタジーステークス

ファンタジーSは、阪神ジュベナイルFの前哨戦。2012年に同前哨戦のアルテミスSが創設されて以来、出走馬が分散し、小頭数で行われることがほとんど。しかし、ここ2年は ダノンファンタジー、レシステンシアと、阪神ジュベナイルFの勝ち馬を輩出しています。今年は京都芝1400mから阪神芝1400mに舞台を変えて行われますが、これにより逃げ、先行馬が苦戦するでしょう。

京都外回りの芝1400mは、スタートして約200m地点から3コーナーの急坂を上って行くコース。このため短距離戦ながら前半ペースが上がらず、後傾ラップが発生しやすいコース形態でした。しかし、阪神芝1400mは、2コーナー奥のポケット地点からスタートして、前半は平坦~下り坂となるために、前半ペースが速くなる傾向があります。

本日は阪神開幕週でクッション値10.1のやや高速馬場にせよ、小倉2歳Sで逃げたフリードや、函館芝1200mの新馬戦で逃げてレ―コ―ドタイムを記録したモンファボリが出走しているので、前半3F34秒前後の激流になっても不思議ありません。展開上有利なのは差し馬ですが、芝1400m戦ですから強い馬や前走で厳しい流れを経験している馬なら通用するでしょう。


●京王杯2歳ステークス

京王杯2歳Sは、朝日杯フーチュリティSの前哨戦。2歳戦で唯一の短距離GⅡともあって、スプリント路線の強い馬がここを目標に出走してくることも多々あります。しかし、けっして本番に全く繋がらないこともなく、2010年にはこのレースの1着馬グランプリボスと2着馬リアルインパクトが本番でワン、ツーを決めたこともありました。

ただし、本番に繋がるのは、デイリー杯2歳S勝ちなど、もともとマイル戦で実績がある馬ばかり。マイル戦での実績がないと、一昨年の優勝馬ファンタジストや昨年の優勝馬タイセイビジョンのように、本番では2~4着くらいで終わることがほとんどです。

また、京王杯2歳Sが行われる東京芝1400mの舞台は、スタートして約60mから緩やかに坂を上りながら、約350m地点で3コーナーを迎えるため、前半ペースが上がりにくいのがポイント。そのうえ京王杯2歳Sは、芝1200mで逃げて好走した馬たちが、ここで脚をタメて将来的にもっと長い距離もこなす工夫をしてくることがとても多く、過去10年では前半3Fが後半3Fよりも速くなったことがありません。つまり、平均よりも遅いペースで決着しているということです。

今回は先行馬多数出走しているものの、何が何でも逃げたい馬は不在。何が逃げてどういう隊列になるかなど、展開読みはとても難しいのですが、過去の傾向から平均よりも遅いペースが濃厚と見ました。今年も逃げ、先行馬が有利と見て、予想を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★
Twitterもよろしく!
@_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★

[もっと見る]

 浪花のクマ 2020年11月6日(金) 22:05
ファンタジーS 最終決断
閲覧 138ビュー コメント 0 ナイス 9


KBS京都賞ファンタジーステークス GⅢ

◎ ⑩ メイケイエール
〇 ② フリード
▲ ⑤ ミニーアイル
△ ③ ヨカヨカ
× ⑦ モンファボリ
☆ ⑧ メイショウイチヒメ

◎距離延長と折り合いに不安はあるが、それ以上
 に強かったメイケイエール、騎手も2度目なら
 期待が持てそう・・

3連単
⑩⇒②⑤⇒③⑦⑧

[もっと見る]

⇒もっと見る

フリードの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フリードの写真

投稿写真はありません。

フリードの厩舎情報 VIP

2020年11月7日KBSファンタジーS G311着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フリードの取材メモ VIP

2020年11月7日 KBSファンタジーS G3 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。