リアアメリア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
リアアメリア
リアアメリア
写真一覧
現役 牝4 黒鹿毛 2017年2月21日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[3-0-0-9]
総賞金10,659万円
収得賞金4,600万円
英字表記Ria Amelia
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
リアアントニア
血統 ][ 産駒 ]
Rockport Harbor
Beer Baroness
兄弟 リアグラシアリアオリヴィア
前走 2021/09/05 新潟記念 G3
次走予定

リアアメリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/09/05 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 173511.369** 牝4 55.0 川田将雅中内田充 496
(+10)
1.59.0 0.634.8マイネルファンロン
21/05/16 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1881657.0813** 牝4 55.0 福永祐一中内田充 486
(-6)
1.32.4 1.433.2⑰⑰グランアレグリア
21/04/10 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 12684.539** 牝4 55.0 福永祐一中内田充 492
(+2)
1.32.6 0.632.9⑩⑩デゼル
21/03/13 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 16128.537** 牝4 55.0 福永祐一中内田充 490
(+8)
1.55.6 0.840.3⑥⑥④⑤ランブリングアレー
20/11/15 阪神 11 エリザベス杯 G1 芝2200 183516.377** 牝3 54.0 川田将雅中内田充 482
(-2)
2.10.9 0.634.9ラッキーライラック
20/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18126.7213** 牝3 55.0 川田将雅中内田充 484
(-4)
2.02.4 1.837.8⑤⑤⑤デアリングタクト
20/09/20 中京 11 ローズS G2 芝2000 18115.131** 牝3 54.0 川田将雅中内田充 488
(+14)
1.59.9 -0.334.4ムジカ
20/05/24 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 183630.884** 牝3 55.0 川田将雅中内田充 474
(-4)
2.24.7 0.333.7⑪⑪⑪⑩デアリングタクト
20/04/12 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 18487.7410** 牝3 55.0 川田将雅中内田充 478
(-4)
1.37.3 1.238.0⑩⑨デアリングタクト
19/12/08 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 168151.816** 牝2 54.0 川田将雅中内田充 482
(0)
1.34.2 1.535.7⑭⑭レシステンシア
19/10/26 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 9891.311** 牝2 54.0 川田将雅中内田充 482
(+20)
1.34.3 -0.133.0⑦⑧サンクテュエール
19/06/01 阪神 5 2歳新馬 芝1600 7331.211** 牝2 54.0 川田将雅中内田充 462
(--)
1.36.5 -1.334.4⑤④ラルゲッツァ

リアアメリアの関連ニュース

 ★新潟記念9着リアアメリア(栗・中内田、牝4)は府中牝馬S(10月16日、東京、GII、芝1800メートル)で丸山騎手と新コンビを組むことが決まった。

 ★白山大賞典6着ヒストリーメイカー(栗・新谷、牡7)は南部杯(10月11日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)に登録する。

【古馬次走報】リアアメリアは府中牝馬Sが目標 2021年9月19日() 04:47

 ★新潟記念9着リアアメリア(栗・中内田、牝4)は府中牝馬S(10月16日、東京、GII、芝1800メートル)が目標。

 ★日本ダービー9着バジオウ(美・田中博、牡3)は来週帰厩し、甲斐路S(10月24日、東京、3勝クラス、芝2000メートル)で復帰する。

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】ローズS2021 陣営が期待する乗り替わりで勝ち負けに持ち込む! 2021年9月18日() 12:00



当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2018年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 今週は3日間開催です。折り返しとなる日曜日は、どのレースに注目でしょうか?

新良(以下、新) 日曜日は重賞が組まれていますので、ローズSを取り上げたいと思います。

編 わかりました。早速ですが、注目馬を教えてください。

新 はい。注目しているのは、武豊騎手からルメール騎手に乗り替わる、⑤クールキャットです。

編 今年のフローラSを勝った馬ですね。

新 そうですね。ローズSも、先週の紫苑Sと同様に考えていいと思っています。終わってみれば夏の上がり馬より、春の段階で実績を残していた馬のほうが強いんですよ。

編 そうでした!新良さんのおっしゃっていたとおり、先週の紫苑Sはオークス出走馬のワンツーでしたね。

新 昨年のローズSはリアアメリア、一昨年はダノンファンタジー、3年前はカンタービレが勝利していますが、いずれも前走はオークスでした。最低限、これを意識したうえで、狙いを定めないといけないレースなんですよ。

編 確かに、これは重要なポイントになりますね。

新 前走がオークスだったクールキャットは、2走前のフローラSでルメール騎手が手綱を取っていました。前走で武豊騎手へ乗り替わり、今回再びルメール騎手の手に戻ってきています。ルメール騎手と武豊騎手は同じエージェントですから、ルメール騎手としては手放したくない馬だった、ということでしょう。

編 前走はルメール騎手の代打を、武豊騎手が務めた形なんですね。

新 そういうことになります。今回は人気の一角になりますよね。トライアルであれば勝負になる。そういった馬は手放さない。こういった立ち回りも、ルメール騎手の強さです。

編 確かに。クールキャットは、ルメール騎手が騎乗すると2戦2勝となっています。

新 今回も陣営は、勝ち負けになると見込んでいるのでしょう。クールキャット奥村武厩舎は、そういったタイミングでルメール騎手に依頼することが多いんです。

編 ルメール騎手といえば国枝厩舎とのコンビのイメージが強いですが……。

新 わかります。ただ、ルメール騎手とのコンビ成績は、奥村武厩舎が国枝厩舎を上回っているんです。国枝厩舎の馬では勝率34.6%に対し、奥村武厩舎の馬だと勝率は35.3%になります。

編 あまり印象になかったのですが、凄い成績ですね!

新 国枝厩舎に比べると知名度は少し下がりますからね。そこに妙味も生まれるんです。ルメール騎手とのコンビなのに、奥村武厩舎の馬は単回率が136%もあります。これを芝に限定すると、勝率は39.1%、単回率は153%までアップし、複勝率では7割に迫る成績を残しているんです。

編 これは今回のローズS以外でも活用したいデータですね!

新 そうですよね。毎週チェックするくらいの気持ちでいいと思います。あとは、いつも通りのデータも見ておきましょう。中京芝2000mにおけるルメール騎手は勝率が26.1%で、複勝率は60.9%とハイアベレージをマークしています。

編 この成績だと、大崩れは考えにくいですね。

新 そう思っていただいて問題ないでしょう。クールキャットはフローラSで2000mの実績もありますし、左回りで結果も出ている。秋華賞への出走は確実な状況ではありますが、本番での相手関係を考えると、ここを勝ちに来てもおかしくないと思っています。

編 フローラSの再現がありそうですね。

新 はい。ルメール騎手と奥村武厩舎の馬は、しっかりと勝ち切るのがポイントです。連軸としても優秀ですが、アタマを意識した馬券も有効になってくると思いますよ。

編 1着固定で好配当も狙ってみたいですね。期待しています!


★その他の注目乗り替わり★
中京7R ⑬ドリアード (団野大成川田将雅)
中山7R ⑬トーセンメラニー (原優介戸崎圭太)
中山11R ⑤イーグルバローズ (岩田望来石橋脩)


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中

[もっと見る]

【血統アナリシス】ローズS2021 昨年は父または母の父にディープインパクトの血を引く馬が上位を独占 2021年9月18日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はローズS2021・血統予想をお届けします!


今年は京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、昨年に引き続きローズSは中京芝2000mにて行われる。直近3年以内の同コースにおける種牡馬成績(牝駒限定)は12勝を挙げるディープインパクトがトップとなり、次点で10勝のハーツクライが続き、この2頭の種牡馬が一線を画した成績を残している。

代替開催された昨年はディープインパクト産駒の3番人気リアアメリアが勝ち、3着にも同産駒の11番人気オーマイダーリンが入線。なお、14番人気、単勝103.9倍の人気薄ながら2着に好走したムジカ(父エピファネイア)においても母の父にディープインパクトの血を引いていたことは気に留めておきたい。

オヌールは、父ディープインパクト×母アヴニールセルタン(母の父Le Havre)。21年阪神牝馬Sを勝ったデゼルの全妹で、母アヴニールセルタンは14年のフランスの牝馬クラシック二冠馬。本馬の全姉デゼルは昨年のローズSで上がり3F最速となる末脚を駆使しており、3着馬とはタイム差のない4着で入線していた。その全姉も夏を越えて馬体の幼さが抜けていたので、本馬も同様に成長した姿を見せられれば重賞でも勝ち負けとなっていいだけの下地は整っている。

アールドヴィーヴルは、父キングカメハメハ×母イサベル(母の父ディープインパクト)。父キングカメハメハ、母の父ディープインパクトと日本競馬を牽引してきた二大種牡馬の掛け合わせとなるが、この父と母の父を入れ替えた配合から13年の勝ち馬デニムアンドルビーが出ている。本馬は内前有利かつ後傾ラップを差し切った新馬の内容が秀逸で、桜花賞5着、オークス5着と牝馬クラシック戦線でも素質の片鱗を示してきた。一方、春先は使われるごとに馬体重が減っていたので、そのあたりのチェックは怠らないようにしたい。

アンドヴァラナウトは、父キングカメハメハ×母グルヴェイグ(母の父ディープインパクト)。こちらも父キングカメハメハ、母の父ディープインパクトとなる配合馬で、エアグルーヴダイナカールへと遡る名牝系の出身。母グルヴェイグも重賞初制覇は4歳のマーメイドSと遅かったように、どちらかと言えば晩成傾向にある血統とも言えるだろう。近年のローズSは夏に成長してきた馬が台頭しやすく、昨年も1勝クラスからの上がり馬が波乱の立役者となっていた。そういった側面にも本馬の血統背景は当てはまっている。


【血統予想からの注目馬】
オヌール ⑭アールドヴィーヴル ⑫アンドヴァラナウト

[もっと見る]

【新潟記念】レースを終えて…関係者談話 2021年9月6日(月) 04:56

 ◆横山典騎手(クラヴェル3着)「しまいは伸びているし、頑張っている」

 ◆菅原明騎手(ヤシャマル4着)「折り合っていたし、ジワジワ伸びてくれた」

 ◆津村騎手(ラインベック5着)「番手からのプランもあったし、直線はオッと思うところもあった」

 ◆柴田善騎手(プレシャスブルー6着)「体は減っていたけど、しまいは来ている」

 ◆石川騎手(サトノアーサー7着)「1600メートルを使っていたので残り200メートルぐらいで止まったけど、いい馬です」

 ◆木幡巧騎手(エフェクトオン8着)「自分のリズムで運んだが、追って渋い。でもこういう舞台でもやれそう」

 ◆川田騎手(リアアメリア9着)「前半はとてもいい内容。最後もしっかり頑張ってくれている中での結果なので、今できる精いっぱいの走りはしてくれました」

 ◆杉原騎手(レッドサイオン10着)「壁をつくって脚をためて、最後もひと踏ん張りしてくれた」

 ◆横山武騎手(パルティアーモ11着)「癖なのか分からないが、左にモタれるところがあった」

 ◆池添騎手(ラーゴム12着)「最後方でいいから控えていってほしい、といわれていたが、収まりかけたところで勝ち馬と接触して力んでしまった」

 ◆三浦騎手(アドマイヤポラリス15着)「直線で早めに脚を使わされる形になって苦しくなった」

 ◆柴田大騎手(マイネルサーパス16着)「前向きさが出てきたし、条件がかみ合えばまだやれそう」

★5日新潟11R「新潟記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

サンスポ連載企画『予想ロボットROBOTIP(ロボティップ)の勝率予測』<新潟記念2021> 2021年9月5日() 12:00

毎週日曜のサンケイスポーツ(関東版)競馬面で展開中のウマニティとのタイアップ企画『予想ロボットROBOTIP(ロボティップ)の勝率予測』。今週は新潟記念推奨馬券が掲載されています。

それでは早速、掲載内容をご覧いただきましょう。

夏競馬最終日の本日は、ROBOTIPで新潟記念の予想を行います。能力指数は、決め手だけではなく、ハイレベルな持久力も必要な新潟芝2000m外ゆえに、血統面における適性が求められることを加味し、競走馬70%、血統30%に設定。適性は、直線の長い左回りコースであることを重視し、トラック適性を50%、周回方向適性を50%に設定。ハンデ戦ゆえに、斤量の補正をオンにします。

この設定によって算出された勝率予測の上位5頭は掲載の通り。大混戦ながらも若干抜けた勝率をマークしている1位②を軸に、出走馬の平均勝率5.90%を上回る7位の③(6.00%)までの2~7位を相手にした馬連・3連複流し②→①③④⑧⑬⑰を推奨します。

ROBOTIPは、ウマニティに会員登録【無料】するだけでご利用いただけます!
(ウマニティ編集長・岡田大)

ROBOTIPが算出した新潟記念全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)
1 ②ザダル  11.81%
2 ⑬クラヴェル  9.00%
3 ①サトノアーサー  8.20%
4 ④レッドサイオン  7.73%
5 ⑰トーセンスーリヤ  7.00%
6 ⑧ギベオン  6.82%
7 ③ショウナンバルディ  6.00%
8 ⑮プレシャスブルー  5.76%
9 ⑯マイネルファンロン  5.64%
10 ⑩ラーゴム  5.43%
11 ⑪ラインベック  5.13%
12 ⑥パルティアーモ  4.82%
13 ⑫ヤシャマル  4.41%
14 ⑭エフェクトオン  4.30%
15 ⑦マイネルサーパス  3.25%
16 ⑤リアアメリア  2.55%
17 ⑨アドマイヤポラリス  2.15%


◆ROBOTIPとは
6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボット。表内の数値はROBOTIPが算出したもの。
===================
  今すぐROBOTIPを使ってみる
===================

[もっと見る]

⇒もっと見る

リアアメリアの関連コラム

閲覧 2,418ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2021年05月16日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2017年以降)】
○13戦以内 [4-3-2-25](3着内率26.5%)
×14戦以上 [0-1-2-32](3着内率8.6%)

 キャリアの浅い馬が優勢。出走数が14戦以上だった馬はあまり上位に食い込めていません。古牝馬限定のレースですし、今年も比較的若い馬を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→スマイルカナデゼルテルツェットリアアメリア
主な「×」該当馬→イベリスサウンドキアラ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年の阪神牝馬ステークス”において7着以内となった経験がある」馬は2017年以降[2-3-3-11](3着内率42.1%)
主な該当馬→イベリスデゼル

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2021年4月7日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年04月07日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(248)
閲覧 2,035ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、阪神牝馬ステークス・ニュージーランドトロフィー・忘れな草賞・大阪-ハンブルクカップ・春雷ステークス・桜花賞の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年04月10日(土) 阪神11R サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス
【血統別成績(2016年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [5-5-5-38](3着内率28.3%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-0-0-19](3着内率0.0%)
→サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が優勢。特別登録を行った馬のうち、父がサンデーサイレンス系種牡馬なのは、エーポスギルデッドミラーデゼルマジックキャッスルメイショウショウブリアアメリアの6頭だけです。


▼2021年04月10日(土) 中山11R ニュージーランドトロフィー
【前走の4コーナー通過順別成績(2016年以降)】
●1番手 [0-0-0-10](3着内率0.0%)
●2~8番手 [5-5-5-38](3着内率28.3%)
●9番手以下 [0-0-0-14](3着内率0.0%)
→脚質に注目したい一戦。極端な競馬をした直後の馬は上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中山芝1600m外×スクリーンヒーロー×前走馬体重460kg以上
→3着内率37.1%、複勝回収率170%


▼2021年04月11日(日) 阪神09R 忘れな草賞

[もっと見る]

2020年11月14日() 08:30 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2020
閲覧 2,955ビュー コメント 0 ナイス 10

前回の当コラムでは、フィエールマンアーモンドアイクロノジェネシスの3頭を推奨。その通りの3頭で決まったわけですが、あとはフィエールマンアーモンドアイを差し切って帯封ゲットとなるはずも、結果はご存知の通り......。そう甘くはないですね(笑) ただ、勝てたこと自体は良かったので、今週こそはガチっと稼ぎたいものです(北海道はコロナがまた増えてきていて、結構大変な状況です)。


<全頭診断>
1番人気想定 ラッキーライラック:昨年のこのレースの勝ち馬でもあり、G1 3勝していて、春には牡馬相手に大阪杯勝ちもあり当然有力。調教の動きも鋭く、ここも当然有力。ただ札幌記念を見ると、若干力が落ちてきているのでは(落ち目のペルシアンナイトに1馬身半も負けるのはちょっと......。)。

2番人気想定 ノームコア:昨年のヴィクトリアマイル勝ちもあり、夏の札幌記念ではラッキーライラックにも先着し勝利。半妹のクロノジェネシスも秋の天皇賞で3着と活躍を示し、血統的にも勢いがある。実績がややマイル寄りであることと、関西への輸送で結果が出ていないあたりが問題か。

3番人気想定 ラヴズオンリーユー:昨年のオークス馬で、昨年のこのレースでも1番人気(結果は3着)に推された。今年は、正直合うところを使えず距離不足で結果を出せていない状況が続いている印象。ここに向けては、調教万全で、本番にあわせてくる矢作厩舎の力量はさすが。この人気なら頭を期待したいくらい。

4番人気想定 センテリュオ:昨年このレースで4着以降はいまひとつだったが、前走のオールカマーで久々の勝利。ただ今年は全て渋った馬場でのレースばかりで、評価は正直難しい馬。

5番人気想定 サラキア毎日王冠を圧勝したサリオスの半姉で、府中牝馬Sで3馬身差の圧勝をみせての参戦。血統的にもこの時期が良い可能性もあり、楽しみ。

6番人気想定 リアアメリア:ローズSは強い勝ち方だったが、ある程度予測された使って2戦目の秋華賞を惨敗(2番人気13着)して迎える。能力の高さと脆さがあり、この距離もそう向かなそうで妙味はあまりない。

7番人気想定 ソフトフルート:当コラム(秋華賞編)でも、2勝クラス圧勝を高評価した1頭で、当日の9番人気は意外だった。今年の3歳世代はトップ以外は弱いと言われており、斤量差を生かしてどこまでやれるか......。

8番人気想定 エスポワール:牝馬重賞で今年3戦全戦1番人気に推されているように期待されているのだろうが、3着、12着、2着と実態はオープン勝ちがないのに人気先行感の強い馬。強い相手のほうがいい走りをする可能性もあるが、妙味はあまりないか。

9番人気想定 ウラヌスチャーム:前走新潟2200mの新潟牝馬S勝ちでの参戦となる。長めの距離で実績を残しているルーラーシップ産駒だが、阪神2200mの今年は損している側では。

10番人気以下想定
ウインマリリン:春は絶好調でオークスでも2着したが、秋は体調が整わず、ぶっつけの秋華賞でも15着と予想通りの凡走。ここもまだ良化途上に見えて、要らないのでは。

ウインマイティー:春は忘れな草賞を勝って臨んだオークスでも3着と好走したが、秋は紫苑Sも秋華賞も人気で凡走している(6着と9着)。叩いて上昇してきており、同じウインでも買えるのはこちらか。

ミスニューヨーク:紫苑S5着、秋華賞5着とそれなりの結果の今秋だが、弱いと言われている3歳世代にあって瞬発力のないキングズベスト産駒だけに、馬券的には要らないのでは。

サトノガーネット小倉記念で2着と激走したが、展開的にはまった部分もあり、ここは追い込みが通用しない舞台。

シャドウディーヴァ:府中牝馬Sで2着と、人気はないが穴では面白い馬では。

サムシングジャスト:府中牝馬Sで3着まで来たが、渋った馬場で瞬発力不足を補えたヴィクトワールピサ産駒で、ここでの激走は期待薄。

ロサグラウカ:昨年12月に3勝クラスを勝ちオープン入りしたがその後はさっぱり。前走の新潟牝馬S7着も惜しくない結果で狙えない。

リュヌルージュ:6月はマーメイドSで3着と好走したが、七夕賞8着からのぶっつけは厳しい。

カーロバンビーナ:3勝クラスですら凡走している現状では厳しい。


<まとめ>
有力:ラヴズオンリーユーラッキーライラック

ヒモに:ノームコアサラキアソフトフルート

穴で:シャドウディーヴァ

[もっと見る]

2020年10月16日(金) 21:20 覆面ドクター・英
秋華賞・2020
閲覧 3,054ビュー コメント 0 ナイス 13

まずは前回のG1回顧から。土曜段階で、逃げ不利、外差し馬場となっていてモズスーパーフレア向きでないとは感じていたのですが(実際予想コメントにも記載)、グランアレグリアに変更して失敗したら後悔するかな――と思い返し、結局逃げ粘りに期待した今年のスプリンターズS。散々ごねて発走を遅らせた挙句に、執拗に絡んできた最下位ビアンフェの一件もあり、最悪な展開となってしまいました。
若い頃は「変更しないで失敗すると後悔する」と思ってたのですが、歳をとると保守的になってくるのか、「変更して失敗したら後悔する」と思うようになってしまいました(笑) 流れを読んで、大胆にいかないとなりませんね・・・。


<全頭診断>
1番人気想定 デアリングタクト:無敗の二冠馬で、ぶっつけとなったが調教の動きは鋭く、ある程度位置をとる競馬も可能とみる。小回り云々を言われているが、無敗での三冠は濃厚では。

2番人気想定 リアアメリア:昨秋アルテミスSで強い勝ち方をみせて以降は、やや低迷気味だったが、前哨戦のローズSでは再びの横綱相撲。成長力に乏しいと揶揄されることのある中内田厩舎の痩せ気味仕上げではあるが、この馬に関してはそういうわけでもなさそう。ただ、前哨戦がやたら強い厩舎とも言える(笑)

3番人気想定 ウインマリリン:春はフローラS勝ち、オークスでも2着と活躍したが、秋になり肝心の動きがいまひとつに感じる。

4番人気想定 マルターズディオサチューリップ賞を勝つも桜花賞オークスはイマイチ。調教の動きなど、それほど良くは見せていなかった中で紫苑Sを勝ち、動きが良くなってきたここは楽しみ。

5番人気想定 ウインマイティー:忘れな草賞を勝ち、オークスでも13番人気ながら3着と激走した。秋初戦の紫苑Sは、展開向かず追い込んできての6着止まりでここを迎える。ただ、立ち回りの巧さを求められるここでなく、広々して距離がもっとある舞台が活躍の場では。

6番人気想定 クラヴァシュドール:2歳時はサウジアラビアロイヤルC2着、阪神JF3着と世代トップレベルだったが、3歳になってチューリップ賞2着以降は馬券にならず。ひと叩きで良くなるだろうが、ものすごく変わった感じもしない。

7番人気想定 ミヤマザクラ:母ミスパスカリの晩成型兄弟の多いディープインパクト産駒で、秋になり成長が見込める血統。ただ、厩舎的にも人気になりやすく妙味はあまり無いか。

8番人気想定 マジックキャッスルディープインパクト×ソーマジックといういかにもPOGなどで人気になりそうな馬だが、馬体が小さく成長力いまひとつか。

9番人気想定:パラスアテナ:春は桜花賞オークスに参戦できなかったが、紫苑S2着とじわじわ力をつけてきて、再度上位入線のある馬では。

10番人気以下想定
ホウオウピースフルブラストワンピースの下だが気難しいようで戦意喪失しやすく、紫苑Sも13着と惨敗。フローラSで2着好走させたレーン騎手あたりが乗れるのであれば買いたいがそうもいかず……。

ソフトフルート:前走2勝クラスを4馬身で完勝してきた。ディープインパクト産駒でゴドルフィン軍団らしく母も良血馬。ここも通用の能力はある。

サンクテュエール:昨年の今頃はアルテミスSでリアアメリアの2着、年明けのシンザン記念を勝ったところまでは良かったのだが、桜花賞6着、オークス13着と尻すぼみな結果。今回の距離短縮はいいのだろうが、2000mでも長いかも。

ミスニューヨーク:キングズベスト産駒らしく重馬場や、瞬発力を問われないほうがいいタイプ。今回は要らないのでは。

アブレイズ:3月のフラワーCは藤井騎手が激走させて12番人気で勝利するも、オークス17着、ローズS12着と実力が足りない。

オーマイダーリン:連闘でローズS3着と権利は取ったが、鞍上が硬さをコメントしていた。ただ調教の動きはよく、案外やれそうな穴候補。

フィオリキアリ:ローズSでの7番人気8着を見るに、トップグループとは少し差がある印象。

ムジカ:ローズSは14番人気ながら2着と秋山騎手らしい激走を見せた。ただ乗り難しいようだし、勢いよく追い込んできて最後止まるという使える脚の短さも抱える。二重の難しさがあっては、連続好走は難しいのでは。

ダンツエリーゼ:ダート実績しかない馬だが、前走は最後方近くからものすごい脚での追い込み勝利で、血統もキズナ×アグネスデジタルで芝でやれていい配合と、穴馬として面白い。ただ横山典騎手から太宰騎手というのは……。


<まとめ>
有力:デアリングタクト

ヒモに:リアアメリアマルターズディオサオーマイダーリン

穴で:ダンツエリーゼソフトフルートパラスアテナ

[もっと見る]

2020年10月11日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年10月11日号】特選重賞データ分析編(223)~2020年秋華賞~
閲覧 2,203ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 秋華賞 2020年10月18日(日) 京都芝2000m内


<ピックアップデータ>

【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2016年以降)】
○3位以内 [3-2-2-19](3着内率26.9%)
×4位以下 [1-2-2-39](3着内率11.4%)

 基本的には前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬が優勢。一方、前走の上がり3ハロンタイム順位が4位以下、かつ馬番が6~18番だった馬は2016年以降[0-1-0-30](3着内率3.2%)と苦戦していました。大敗直後の馬や先行力の高さを活かしたいタイプのうち、内寄りの枠を引けなかった馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→デアリングタクトマジックキャッスルレイパパレ
主な「×」該当馬→ウインマリリンマルターズディオサリアアメリア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“東京・京都、かつ芝1600m以上のレース”において1着となった経験がある」馬は2016年以降[4-3-3-27](3着内率27.0%)
主な該当馬→ウインマリリンデアリングタクトリアアメリアレイパパレ

[もっと見る]

2020年9月25日(金) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/19~9/21) スガダイプロ 土曜中京10R的中などの活躍で6週連続プラスを達成!
閲覧 614ビュー コメント 0 ナイス 4



20(日)のG2ローズS、21(月)のG2セントライト記念ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
19(土)は中京10R大府特別での◎アールロッソ的中などでプラス収支を決めると、翌20(日)には中京7R3歳以上1勝クラス中山9R鋸山特別中京12R3歳以上2勝クラス等の活躍で2日連続のプラス収支を達成。21(祝月)にも中京7R3歳以上1勝クラスなどの好調予想を披露した先週は、3日間トータル回収率112%で終え、これで6週連続の週末プラス達成としています
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
19(土)を、中山11Rレインボーでの10万7220円払戻しなどでプラスとすると、3日間開催最終日には中京11RJRAアニバーサリーSで◎△的中計21万4470円払戻しを披露! 20(日)のG2ローズSでも、「素晴らしい仕上がり」と評した◎リアアメリアで的中を収め週間トータル回収率145%、収支トップの16万1800円プラスの好成績を記録。3週連続の週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
19(土)の中山4R2歳未勝利では、「発馬速く、良馬場で変わり身がありそう」とした◎コスモチョコラトル(単勝285.9倍)を狙い打ち、馬連&3連複計19万3140円(4292%回収)の一撃を披露! 他にも先週は、20(日)勝負予想中山8R3歳以上1勝クラスでの◎○的中、21(月)中京5R2歳新馬での▲◎△的中などの活躍をみせています。週間トータル回収率124%をマークし、2週連続プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
19(土)の勝負予想中山10R松戸特別で◎○から本線的中、20(日)中山9R鋸山特別での◎▲△16万オーバーで、連日のプラス収支を計上。21(月)にも中山9R浦安特別できっちりと回収を果たすと、3日間トータル回収率トップの208%を記録しました。
 
 
 
この他にも、織本一極プロ(188%)、伊吹雅也プロ(173%)、マカロニスタンダーズプロ(137%)、ジョアプロ(117%←2週連続週末プラス)、にしのけいごプロ(114%)、馬侑迦プロ(107%)、イレコンデルパサープロ(107%←3週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(101%)、山崎エリカプロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

リアアメリアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 341ビュー コメント 9 ナイス 106

薔薇の花言葉は「愛」
アイフルTVCM「凛とした女将」シリーズ
決め台詞は「今野ッ!! そこに愛はあるんか?」
なぜかいつも怖めなキャラの大地真央さん
なぜかいつも怒られ気味な今野浩喜さん
借りる先に、愛はあるんだろうかぁ

ローズSの注目馬
https://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2021/0919_1/horse.html

昨年どこかのサイトで
過去10年480kg以上の大型馬は不振て書かれた
でも結果は、488kgのリアアメリアが1着だった
過去10年っていうけれど、2006年以来の中京開催
あとはすべて阪神開催 
乱暴というか愛がないなぁ~と思った

今年も中京開催のローズステークス
2006年 1着 アドマイヤキッス
2020年 1着 リアアメリア
どちらも オークス4着馬だった
ということは タガノパッション なんだろうかぁ?

でもタガノパッション ≒ アドマイヤキッス・リアアメリア
タガノパッションは桜花賞に出走していません
オークスのタガノパッション同枠馬パープルレディーは
今回登録がありません

じゃ対角馬アールドヴィーヴル 
オークス5着
桜花賞5着
今野 貞一厩舎だったりする
今野です(笑)


では

 たぶお統括本部長 2021年9月6日(月) 18:46
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 4

《今週の推奨馬》

★土曜日・中京9R・日進特別(3歳以上2勝クラス・ダート1800m)
・ケイアイロベージ
前走は6月にGⅢユニコーンSに挑戦して3着に好走。
前々走までに2連勝していて、3走前の未勝利戦が7馬身差、前々走の1勝クラスが3馬身差と圧勝続きで、しかも後方からのレースで圧勝してるくらいだから力が違った。
中京では新馬戦を3着で、2連勝が共に右回りの阪神だったのは気になるがダート適性は相当高いので自己条件なら勝ち負け必至。

★日曜日・中京9R・長久手特別(3歳以上2勝クラス芝2000m)
・ロバートソンキー
前走は1月に3ヶ月ぶりで中京芝2200mの1勝クラス平場戦をクビ差ながら勝利して昇級してきた。
まだ1勝クラスを勝ったばかりだが、3走前はGⅡ神戸新聞杯3着、前々走はGⅠ菊花賞を6着した実力馬である。
今回は7ヶ月半ぶりになるが、休み明けは実績があるし2勝クラスでは抜けた存在な事から勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・新潟10R・赤倉特別
3着トゥルーヴィル
複勝110円

★日曜日・新潟10R・両津湾特別
1着ゴールドレガシー
単勝160円
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[29.11.11.33]
勝率・0.345
連対率・0.476
複勝率・0.607

単複回収率(84戦)
単勝・87.8%(7380円)
複勝・82.2%(6910円)
総合・85.0%

《先週の重賞レース◎成績》

★札幌2歳S(GⅢ)
5着トップキャスト

★小倉2歳S(GⅢ)
5着インプロバイザー

★新潟記念(GⅢ)
9着リアアメリア

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔18.20.6.43〕
勝率・0.206
連対率・0.436
複勝率・0.505

単複回収率(87戦)
単勝・71.0%(6180円)
複勝・74.3%(6470円)
総合・72.7%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★テレQ杯
3着ダノンシティ
複勝200円

★古町S
2着ゴールドパラディン
複勝150円

★丹頂S
1着カウディーリョ
単勝280円
複勝120円

成績・[23.15.15.60]
勝率・0.203
連対率・0.336
複勝率・0.469

単複回収率(113戦)
単勝・72.5%(8200円)
複勝・77.3%(8740円)
総合・74.9%

[もっと見る]

 ken1 2021年9月5日() 16:38
新潟記念はますます特殊な外伸び馬場になっていくのか
閲覧 111ビュー コメント 0 ナイス 5

★新潟記念

過去10年のデータから

★A……前走4人気以内(7/8/3/42)5人気以下(3/2/7/91)
⇒○2サダル、3ショウナンバルディ、6パルティアーモ、11ラインベック、
17トーセンスーリヤ

★B……3着以内馬の馬体重は470K以上(8/9/9/84)470K未満(2/1/1/49)
⇒○1サトノアーサー、2,5リアアメリア、6,7マイネルサーパス、
8ギベオン、9アドマイヤポラリス、10ラーゴム、11,12ヤシャマル、
16マイネルファンロン、17番

※C……過去5年、5才以下(5/5/3/29)6才以上(0/0/2/40)
⇒○2,3,4,5,6,7,9,10,11,12,13,14番

※D……前走上がり5位以内(4/4/5/37)6位以下(1/1/0/32)
⇒○1,2,3,5,6,11,13,14,15,17番

E……近5年の勝ち馬は前走距離二千以上、480k以上、5才以下
⇒◎6番、9番、10番

★F……7歳で斤量56kg以外[0-0-2-23]
⇒△1,15番

※G……関西馬で54K以内(0/2/3/18)53K以下(0/0/0/10)
⇒×10番、13番
 △11番

※H……斤量53kgの関東馬[0-0-2-15] 斤量57.5kgの関東馬[0-0-0-4]
⇒△4番、14番
 ×2番、17番

★I……前走マイル(0/0/1/11)※3着1頭は11年セイクリッドバレーは同条件
新潟大賞典勝ち馬
⇒×1,5番(ただしローズS二千重賞勝ち),8番(ただし中日新聞杯、金鯱賞勝ち)

※J……牝馬(1/0/0/15)※勝った13年コスモネモシンは11年新潟施行の福島牝馬S
重賞2着馬
⇒×5番(ローズS勝ち)、6番、13番

K……ノーザンファーム生産馬6勝2着4回3着3回
⇒○1,4,5,6,10,11,13番

L……ノーザンファームか社台系でディープインパクト系産駒が毎年連対
⇒◎1,5,8,10,11,13,14番

※M……6人気以下で13番より外枠(0-0-0-28)
⇒○13番3人気、17番2人気
 ×14番13人気、15番15人気、16番11人気

★N……ZI値4位以内が9/10年連対
⇒○1位17番、2位2番、3位6パルティアーモ、13クラヴェル

★O……連対馬の18/20頭が重賞3着以内実績有り
⇒○1、2,3,5,7,8,10,11,13,15,16,17番

★P……×3歳~6歳馬でハンデ53kg以下の牡馬(0-0-0-19)
⇒×4,10,14番

★Q……×前走10着以下だった馬で斤量減(0-0-0-18)
⇒×4,7,10番

★R……×前走10番人気以下だった馬で斤量減(0-0-0-18)
⇒×8番

★S……×前走1700m以下または前走2100m以上だった馬で当日6番人気以下(0-0-0-24)
⇒×1,4,5,8,9,10番

★T……母が重賞連対馬の産駒に要注意(16年1,3着馬、19年1,2着、20年
1,2着)
⇒○11番(アパパネ)13番(ディアデラマドレ=愛知杯、府中牝馬、マーメイド1)


良馬場なら中団以前から上がり33秒台の末脚を繰り出せる馬が狙い目
左回りでコーナー2つと東京コースに相似だが直線は平坦でより先行馬に有利

ハンデで言えば、年明けのG3以上の実績で単純にハンデはつけられ(年齢は考慮)
トップハンデ57.5kの3頭では、8番は重馬場の少頭数金鯱賞で逃げ切りと展開に
恵まれたもので厳しい
函館記念勝ち17番は、新潟大賞典でサンレイポケットに0.1差負けだが、3番は
鳴尾記念2着で、6着サンレイポケットに先着
エプソムC勝ちの2番も5着毎日王冠では3着サンレイポケットに負けている

57Kの1,5(牝馬)番、56K7番は近走不振
55Kは上記3番以外に9、16番だが重賞では辛い
勝ち馬が出ているのは55K以上までなのでこの中では3番が優位

54K以下が逆に有力馬多く、11番は東スポ杯3着あり、先行して33秒台の末脚出せる
し、近10年で4勝している友道厩舎というのも心強い
51,52Kで重賞を連続で最速上がり勝ち負けして好調な13番

展開的には飛ばして行くタイプが皆無で折り合いつけながら先行する馬と内枠有利
夏は牝馬という好走例が少ないので頭からはリスク高いので3番と、ディープ×ノーザン
×友道ラインの11番の先行組を軸にZI値上位組へ

馬連(3,11)→2,5,6,13,17各三百円11点
三連複(3.11)=(2,6,13,17)ー5各二百円25点
三連単3→(2,5,6,11,13,17)2,3着BOX各百円25点
複勝勝負は、ハンデ戦だけに見送り
≫≫16-17-13
6着までが全て2桁馬番というより番手マークの11番以外は全て4角2桁順位通過
という追い込む展開
35.3-47.5-60.0-46.2-34.4=1.58.4
とSペースでも上がり早く好時計、直線で馬場の中どころから外ラチへ全馬寄せていった
中で外ラチに近い8枠のワンツーという特異な結果
18年から追い込みの結果となっていたが、ますます馬場の良い外ラチが伸びて
外枠優位となっていくのか
元々デムーロは(1/3/0/1)と得意なレースで、それが17番枠で嵌まったといえる
3番こそ内ラチ沿い逃げていたが、番手の11番はラチから3頭分位離して進んで
いたのが功を奏したか

[もっと見る]

⇒もっと見る

リアアメリアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
11:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月12日(木) 02:27:40
スガダ、前走度外視、ゆったり流れると粘れてしまう、前残り穴、
キムユウ、3歳弱い、評価していない、ローズは
展開がタマタマ、叩き良化しない、
10:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年11月11日(水) 01:16:53
関係、2歳時素質期待馬、早熟では無かった、強さが戻っている、前走ノーカウント、今後の路線の資金石
9:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年9月20日() 02:01:02
十郎、抑え、距離短縮、

⇒もっと見る

リアアメリアの写真

リアアメリア
リアアメリア

リアアメリアの厩舎情報 VIP

2021年9月5日新潟記念 G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

リアアメリアの取材メモ VIP

2021年9月5日 新潟記念 G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。