ミヤマザクラ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ミヤマザクラ
ミヤマザクラ
ミヤマザクラ
写真一覧
現役 牝3 芦毛 2017年5月2日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-1-0-1]
総賞金5,468万円
収得賞金2,750万円
英字表記Miyamazakura
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミスパスカリ
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Greeley
ブルーアヴェニュー
兄弟 ポポカテペトルマウントロブソン
前走 2020/02/15 デイリー杯クイーンC G3
次走予定

ミヤマザクラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/02/15 東京 11 クイーンC G3 芝1600 14113.821** 牝3 54.0 福永祐一藤原英昭464(+4)1.34.0 -0.034.3マジックキャッスル
19/11/23 京都 11 京都2歳S G3 芝2000 9662.822** 牝2 54.0 O.マーフ藤原英昭460(+8)2.01.8 0.336.5マイラプソディ
19/08/31 札幌 1 2歳未勝利 芝2000 16122.621** 牝2 54.0 藤岡佑介藤原英昭452(+4)2.02.1 -0.835.3⑧⑦⑦ナスノフォルテ
19/08/18 札幌 5 2歳新馬 芝1800 11332.014** 牝2 54.0 藤岡佑介藤原英昭448(--)1.54.7 0.635.4ホウオウピースフル

ミヤマザクラの関連ニュース

 ★クイーンCを勝ったミヤマザクラ(栗・藤原英、牝)は、桜花賞(4月12日、阪神、GI、芝1600メートル)を目標にする。2着マジックキャッスル(美・国枝、牝)は桜花賞に直行。フォーリー騎手の短期免許期間が24日までのため、鞍上は調整中。3着セイウンヴィーナス(美・本間、牝)はサンスポ賞フローラS(4月26日、東京、GII、芝2000メートル)からオークス(5月24日、東京、GI、芝2400メートル)を目指す。5着シャンドフルール(栗・松永幹、牝)はチューリップ賞(3月7日、阪神、GII、芝1600メートル)を視野に入れる。

ミヤマザクラの競走成績はこちら

ミヤマザクラは桜花賞を目標に 2020年2月18日(火) 13:04

 15日のクイーンCで重賞初制覇を飾ったミヤマザクラ(栗・藤原英、牝3)は、桜花賞(4月12日、阪神、GI、芝1600メートル)を目標に調整が進められる。



ミヤマザクラの競走成績はこちら

[もっと見る]

【クイーンC】ミヤマザクラ重賞初V 2020年2月16日() 05:05

 クイーンC(芝1600メートル)が15日、東京競馬場で14頭によって争われ、福永騎乗で2番人気のミヤマザクラが2番手追走から抜け出して重賞初Vを飾った。この後は桜花賞(4月12日、阪神、GI、芝1600メートル)に直行する。クビ差2着は4番人気のマジックキャッスル。1番人気ルナシオンは出遅れもあって10着に終わった。

 ミヤマザクラが2番手から力強く抜け出して重賞初V。桜戦線に名乗りを上げたが、検量室前に引き揚げてきた馬上の福永騎手からは「うまく乗れへんかった…」と反省の弁がもれた。

 「桜花賞に向けて、初めてのマイル。タメを利かせてどのくらい脚を使えるか測りたかったけど、思った以上にスタートを出てしまいました」

 大逃げを打ったインザムービーがはるか前方にいたため“逃げる”形。直線は馬場の真ん中を伸びて残り200メートルで先頭に立ち、マジックキャッスルの追撃をクビ差しのいだ。「粘り込む形で負担をかけてしまいました。不本意な騎乗でしたが馬が強かったです」。24年連続の重賞Vを決めたが、将来性を感じるゆえに反省の弁が並んだ。

 「やはり力がある。牝馬同士なら能力を証明できたのはよかった」

 同じく今年の重賞初制覇を飾った藤原英調教師にとっても会心のV。前走は牡馬相手の京都2歳Sで2着に好走しただけに、自信は大きかった。「動きも血統もいい。うまく成長してくれている」。全兄にマウントロブソンスプリングS)、近親にGI2勝のクロフネがいる良血馬が開花間近を印象づけ、期待はふくらむばかりだ。

 次は福永騎手とともに桜花賞へ。「福永と一緒に成長してくれれば、大きなものが手に入る可能性がより高まる」とトレーナー。牝馬クラシック5勝を誇る鞍上を背に、ミヤマザクラが頂点へと駆け上がる。 (千葉智春)

★15日東京11R「クイーンC」の着順&払戻金はこちら

ミヤマザクラ 父ディープインパクト、母ミスパスカリ、母の父ミスターグリーリー。芦毛の牝3歳。栗東・藤原英昭厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績4戦2勝。獲得賞金5468万円。重賞初勝利。クイーンC藤原英昭調教師が初勝利、福永祐一騎手は2004年ダイワエルシエーロに次いで2勝目。馬名は「深山桜(白い花が咲く草花)」。

[もっと見る]

【クイーンC】マジックキャッスル3戦連続2着 フォーリー「もう1ハロン長い方が良かった」 2020年2月15日() 18:44

 2月15日の東京11Rで行われた第55回クイーンカップ(GIII、3歳オープン、芝1600メートル、別定、牝馬限定、14頭立て、1着賞金=3500万円)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気ミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分34秒0(良)。



 ファンタジーS以来、3カ月半ぶりの実戦となったマジックキャッスルは、3戦連続の2着。スタートやや出遅れ後方からレースを進めると、直線大外に持ち出しメンバー上がり最速33秒4の末脚を繰り出すもクビ差届かなかった。



 S.フォーリー騎手「馬場が少し硬いせいなのか、なかなか折り合いがつかなかった。それでも最後はよく伸びているし、(距離は)もう1ハロン長い方が良かったかな」



★【クイーンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【クイーンC】12番人気セイウンヴィーナスが3着に激走 野中「うまく流れに乗れた」 2020年2月15日() 18:44

 2月15日の東京11Rで行われた第55回クイーンカップ(GIII、3歳オープン、芝1600メートル、別定、牝馬限定、14頭立て、1着賞金=3500万円)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気ミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分34秒0(良)。



 12番人気のセイウンヴィーナスが3着に激走し波乱を演出した。スタートを決め好位で難なくレースを進めると、直線で鞍上の右ムチに反応し一気に加速するも3/4馬身+クビ届かなかった。



 野中悠太郎騎手「前回はついていけなかったが、きょうはうまく流れに乗れた。直線もスッと前があくとよく伸びてくれた」



★【クイーンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【クイーンC】ホウオウピースフル無傷V3ならず6着 田辺「追い出すのが早くなった」 2020年2月15日() 18:43

 2月15日の東京11Rで行われた第55回クイーンカップ(GIII、3歳オープン、芝1600メートル、別定、牝馬限定、14頭立て、1着賞金=3500万円)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気ミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分34秒0(良)。



 無傷3連勝で重賞初Vを狙ったホウオウピースフルは中団を追走。勝負の直線にかけるも初のマイル戦&馬体重プラス12キロが影響したのか伸び切れず6着に敗れた。



 田辺裕信騎手「初のマイル戦だったし、今回は流れも違いましたからね。勝ち馬を見ながら上がっていこうと思っていたけど、余裕がなくなって、追い出すのが早くなりました。スムーズにいっていたし、もう少し追いついて欲しかったです」



★【クイーンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミヤマザクラの関連コラム

閲覧 403ビュー コメント 0 ナイス 4


 
15(土)G3クイーンC、16(日)に行われたG2京都記念、G3共同通信杯ほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
15(土)G3クイーンCを、◎ミヤマザクラから▲マジックキャッスルセイウンヴィーナスの印でパーフェクト的中!3連単11万9180円馬券を含む、計13万9680円(4,656%回収)のビッグヒットを達成しています。16(日)G3共同通信杯などの的中も披露し、週間回収率162%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
先週は16(日)に小倉2R3歳未勝利で◎アーサードライブ(単勝29.6倍)的中で好スタートを切ると、東京5R3歳未勝利セイウンノワール、勝負予想東京9R初音SG3共同通信杯などの好調予想を披露。前週に続くプラス収支を記録し、回収率183%は全体トップ成績となっています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
15(土)京都8R4歳上1勝クラスで、21万2,000円払戻しのスマッシュヒット。週間トータル回収率146%を達成し、2週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
15(土)小倉8R4歳上1勝クラスでの▲○◎的中や、16(日)京都1R3歳未勝利小倉11R北九州短距離S的中をマークして迎えた日曜2重賞2。まず、G2京都記念を○◎から3連複的中とすると、G3共同通信杯は◎ダーリントンホールビターエンダーフィリオアレグロでパーフェクト的中!週間トータルでは、回収率108%を達成しています。
 
 
 
この他にも、あおまるプロ(169%)、きいいろプロ(132%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(132%)、ろいすプロ(121%)、セイリュウ1号プロ(121%←2週連続週末プラス)、ジョアプロ(111%←2週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(109%←2週連続週末プラス)、シムーンプロ(107%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(104%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(101%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年2月14日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】京都&小倉のタフな馬場に注目したい週末
閲覧 752ビュー コメント 0 ナイス 1

先週は東で東京新聞杯、西できさらぎ賞が行われた。

東京新聞杯を制したのは牝馬のプリモシーン。近走はイマイチ弾けきれないレースが続いたが、今回は最内枠からいつもより好位を取っての抜け出し。ソツのない立ち回りが光った。

そして、ソツのない立ち回りといえば2着3着馬も同様。騎手の特徴が非常によく出たレースだった。2着・岩田騎手騎乗のシャドウディーヴァは外枠から控えてインに入れ、直線は上手く馬群を捌いて来た。先週はメイン以外でも岩田騎手の手綱が冴えていたように思う。また3着に入った横山典騎手のクリノガウディーも、先行策からインに入れて抜け出すという名手らしい好騎乗だった。テン乗りでサッと手の内に入れて難なく持ってくるあたりは相変わらず凄い。2週目でまだインの良い馬場状態だけに、ロスなく回ることに長けたベテラン2人の2~3着は納得の決着だった。

きさらぎ賞の方は断然人気に支持されたアルジャンナが伸び切れず、7番人気の伏兵コルテジアが好位から抜け出して勝利。ただクラシックに繋がる内容かといわれると微妙なところで、全体的には小粒な印象を受けた。こちらはサリオスコントレイルという核はいるが、全体としてはもうしばらく混戦模様が続きそうだ。


~今週末は雨でさらにタフ化しそうな京都&小倉芝

さて、2020年ももう1カ月半ほどが経ち、2回開催も今週末で3週目を迎える。東京コースはまだまだ馬場状態が良い印象だが、ロング開催の小倉、そして連続開催の京都は芝がかなり荒れて来ており終盤開催らしくなっている。

さらに今週末は雨予報も見られる。現在の馬場状態の上に降雨があれば、一気に悪化する可能性がある。それぞれのコースにかなりバイアスが出る可能性があるので、上手く狙えそうなところから狙っていきたい。

競馬は目の前のレース検討も大事だが、馬券で勝つためにはどのレースを選ぶか、どうやって買うかといった予想以外の要素も重要になる。わかりにくいコースよりはわかりやすいコースを狙った方が成績は上がるのは明白なので、今週末は特に”どこを狙うか”ということを考えて馬券を買っていきたい。個人的にはやはり連続開催で通算7週目となる京都の芝が面白いとみている。明らかにインが荒れて来ており、今週末あたりはちょうど良い塩梅で外が伸びる馬場になりそうだ。


~週末の重賞展望・注目の伏兵は?

今週末の重賞は3つ。その中で春のクラシックに向けても注目の重賞が2つ行われる。

土曜日のクイーンCは牝馬の芝マイル重賞。昨年はクロノジェネシスがここを制したあとクラシック戦線で活躍し秋華賞を制するなど飛躍していった。今年も素質馬が出走してきたので、先々を見据える上でも見逃せない一戦になる。

新馬戦の内容から注目したいのはルナシオン。初戦は超スローとはいえ追っての良さがあるので東京コースは合うタイプ。距離が延びて良さそうなのでマイルへの対応は課題だが、今回次第でクラシック戦線が見えて来る。

同じディープインパクト産駒のミヤマザクラもマイルというタイプではないかもしれないが先々が楽しみな好素材。こちらは逆に東京の決め手比べになった時にどうかという心配があるが、大崩れはしないタイプだろう。

日曜日の共同通信杯は昨年ダノンキングリーアドマイヤマーズの2頭がクラシック~マイル戦線で活躍した。今年の主役はマイラプソディ。デビューから3戦3勝、いずれも隙のないレースぶりで勝ち上がってきているので、ココも当然有力だろうか。ただ2000m重賞を勝ったハーツクライ産駒が東京芝1800mのスローになると少しだけ心配もある。

加えて昨年末からリアアメリアルーツドール、そして先週のアルジャンナなど2~3歳限定戦で断然人気の馬が飛ぶパターンがみられるので、今回もいかに少頭数とはいえ楽観視はできない。もしマイラプソディ以外から入るならば、安易に2頭軸などに逃げるのは避けておいた方が良いだろう。

穴で少し期待したいのがシングンバズーカ。シングンオペラ産駒は馴染みが薄いが昨年末の中山大障害ではシングンマイケルがJG1を制するなど地味ながら活躍馬を輩出している。シングンバズーカはデビュー以来マイルを使われているが、ずっと距離が延びてこそのタイプで東京芝1800mを使ってほしいと思っていただけに、少し時計が掛かるような馬場になれば面白そうだ。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年2月12日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月12日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(189)
閲覧 2,230ビュー コメント 0 ナイス 6



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、洛陽ステークス・クイーンカップ・バレンタインステークス・北九州短距離ステークス・京都記念共同通信杯の6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月15日(土) 京都11R 洛陽ステークス
【“京都芝外回り、かつオープンクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [4-5-3-18](複勝率40.0%)
●なし [5-4-6-80](複勝率15.8%)
→京都芝外回りのレースに実績がある馬は堅実。一方“京都芝外回り、かつオープンクラスのレース”において連対経験がない、かつ馬齢が6歳以上だった馬は2011年以降[0-1-0-64](3着内率1.5%)と苦戦していました。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝1600m外×ダイワメジャー×11頭立て以上
→3着内率34.2%、複勝回収率126%


▼2020年02月15日(土) 東京11R デイリー杯クイーンカップ
【生産者別成績(2016年以降)】
●ノーザンファーム [4-3-4-5](3着内率68.8%)
●ノーザンファーム以外 [0-1-0-40](3着内率2.4%)
→近年はノーザンファーム生産馬が圧倒的に優勢。特別登録を行った馬のうち、生産者がノーザンファームなのは、アカノニジュウイチアミークスホウオウピースフルミヤマザクラルナシオンの5頭だけです。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

ミヤマザクラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 4

 見事、今年の京都記念を制したのは、7枠⑦番のクロノジェネシスだった。また、今年の共同通信杯を制したのは、6枠⑥番のダーリントンホールだった。

「C」h「rono」 Gene「sis」=コロナ(「coron」a)ウイルス「死す」。どうか中国の武漢で発生したコロナウイルスの封じ込めが成功しますように…


===============================================
(おまけ)
 見事、今年のクイーンカップを制したのは、馬名の意味が<深山桜(白い花が咲く草花)>であるミヤマザクラだった。

  深山桜 =【 深山(「M」iyama )+桜(「Sa」kura)】=「MSA」協定
===============================================

〖訂正〗
 よって、今年の京都記念は、《そのMSA協定を締結した第5次》吉田茂(よ「した」゛「しけ」゛「る」)《内閣》=「シ」ュ「タルケ」騎手の騎乗する馬名の意味が<冠名のNo(=否定)ble+火星>のノーブルマーズを狙ってみたい。

 ふくちゃーん 2020年2月18日(火) 22:55
ほぼ・・・ほぼ・ほぼ・・・・・・ 
閲覧 125ビュー コメント 0 ナイス 41

仲間内POG
生き残りをかけたクイーンカップ。

レース前最下位 ふく厩舎期待のルナシオン10着
レース前ブービー さく厩舎 ミヤマザクラ 1着

終わった・・・ ( ゚Д゚)
ほぼ・・・ほぼ・ほぼ・・・
ゲス決定!! 

馬券も当たらんし・・・
旅に出ます (T_T)/~~~ (笑)

[もっと見る]

 オーチャンス11 2020年2月16日() 18:58
ミヤマザクラ
閲覧 63ビュー コメント 1 ナイス 5

最近あたたかすぎてもうサクラが咲いちゃったね。福永さんおめでとう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミヤマザクラの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ミヤマザクラの写真

ミヤマザクラ
ミヤマザクラ
ミヤマザクラ

ミヤマザクラの厩舎情報 VIP

2020年2月15日デイリー杯クイーンC G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミヤマザクラの取材メモ VIP

2020年2月15日 デイリー杯クイーンC G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。