会員登録はこちら
産経賞オールカマー G2   日程:2019年9月22日() 15:45 中山/芝2200m

レース結果

産経賞オールカマー G2

2019年9月22日() 中山/芝2200m/10頭

本賞金:6,700万 2,700万 1,700万 1,000万 670万


レコード:2分10秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 9

スティッフェリオ

牡5 56.0 丸山元気  音無秀孝 442(0) 2.12.0 11.2 4
2 1 1

ミッキースワロー

牡5 56.0 菊沢一樹  菊沢隆徳 476(-2) 2.12.3 1 3/4 4.9 3
3 4 4

グレイル

牡4 56.0 戸崎圭太  野中賢二 494(-16) 2.12.4 1/2 21.4 6
ラップタイム 12.6 - 11.2 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 11.2 - 11.0 - 11.8
前半 12.6 - 23.8 - 36.6 - 49.2 - 61.8
後半 58.0 - 45.8 - 34.0 - 22.8 - 11.8

■払戻金

単勝 9 1,120円 4番人気
複勝 9 320円 5番人気
1 200円 3番人気
4 370円 6番人気
枠連 1-8 1,980円 6番人気
馬連 1-9 2,240円 10番人気
ワイド 1-9 730円 10番人気
4-9 1,780円 18番人気
1-4 1,000円 12番人気
馬単 9-1 4,660円 18番人気
3連複 1-4-9 8,450円 26番人気
3連単 9-1-4 54,310円 141番人気

産経賞オールカマーのニュース&コラム

【古馬次走報】メイショウショウブ、秋華賞へ
 ★神戸新聞杯を制したサートゥルナーリア(栗・角居、牡3)は、天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)かジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)に駒を進める。2着ヴェロックス(栗・中内田、牡3)、4着レッドジェニアル(栗・高橋忠、牡3)、5着ユニコーンライオン(栗・矢作、牡3)は、菊花賞(10月20日、京都、GI、芝3000メートル)へ。同レースには、セントライト記念11着メイショウテンゲン(栗・池添兼、牡3)も参戦する。 ★産経賞オールカマー2着のミッキースワロー(美・菊沢、牡5)は27日、福島・ノーザンファーム天栄へ短期放牧。天皇賞・秋は使わず、福島記念(11月10日、福島、GIII、芝2000メートル)などが候補。 ★栗東・音無厩舎勢の動向は以下の通り。日本テレビ盃で無傷の5連勝を達成したクリソベリル(牡3)は、放牧をはさんでチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)を目指す。産経賞オールカマーを制したスティッフェリオ(牡5)は、天皇賞・秋に挑む。大スポ杯を勝ってOP入りしたビックリシタナモー(牡5)は、グリーンチャンネルC(10月6日、東京、L、ダ1400メートル)へ。 ★ローズS5着メイショウショウブ(栗・池添兼、牝3)は、秋華賞(10月13日、京都、GI、芝2000メートル)に向かう。 ★ヴィクトリアマイル18着から休養しているカンタービレ(栗・角居、牝4)は、府中牝馬S(10月14日、東京、GII、芝1800メートル)で始動する。 ★ながつきS4着シュウジ(栗・須貝、牡6)は、室町S(10月19日、京都、OP、ダ1200メートル)へ。 ★内房Sを勝ってオープン入りしたデザートスネーク(美・武井、セン5)は、放牧を挟んで師走S(12月7日、中山、L、ダ1800メートル)へ。
2019年9月26日(木) 05:01

 673

【オールカマー】スティッフェリオ、“アッ逃”いわせた
 産経賞オールカマーが22日、中山競馬場で10頭によって行われ、丸山騎乗の4番人気スティッフェリオが逃げ切って重賞3勝目をマークした。優先出走権を獲得した天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)でも、展開の鍵を握るだけに大いに注目される。3番人気ミッキースワローが1馬身3/4差の2着で、昨年の覇者で1番人気レイデオロは4着に終わった。 順当に収まった神戸新聞杯から10分後。中山の産経賞オールカマーは対照的に波乱の決着となった。4番人気で単勝11・2倍のスティッフェリオがGI馬2頭を退けて逃げ切り、天皇賞・秋に名乗りを上げた。 「やりました! この強いメンバーでどんな競馬ができるか、と思っていましたが、作戦がうまくいきました」 殊勲の丸山騎手が破顔一笑。スタートとしてすぐにハナを主張し、1000メートル通過61秒8のスローにペースダウン。後続につつかれることもなく、直線に向くまでマイペースに持ち込み、ゴールまで脚いろが鈍ることはなかった。 「リズムよく運べたし、4コーナーの手応えもよかった。素直で乗りやすいので、どんな競馬でもできますね」と、ジョッキーは今後にも期待を寄せる。 「逃げ切りもあるのかな、とは思っていた。前回もこういう競馬をしたくて、できなかったからね」と振り返る音無調教師。「これで堂々と天皇賞に行けますね。距離が200メートル短くなるから、やってみないと分からないけど、馬自身も成長しています」と、大舞台での走りに期待する。 丸山騎手も「小回りで結果を出しているけど、広いコースでも楽しみ。GIで結果を出したい」と意欲満々だ。 アーモンドアイなど一線級がそろう天皇賞・秋まで1カ月余り。展開の鍵を握るスティッフェリオから目が離せない。 (柴田章利)★22日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちらスティッフェリオ 父ステイゴールド、母シリアスアティテュード、母の父ムトト。鹿毛の牡5歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績23戦8勝。獲得賞金2億5320万5000円。重賞は2018年GIII福島記念、19年GIII小倉大賞典に次いで3勝目。産経賞オールカマーは音無秀孝調教師、丸山元気騎手ともに初勝利。馬名は「オペラ作品名。近年発見され蘇った名作でシリアスな内容」。
2019年9月23日(月) 05:05

 732

【オールカマー】レイデオロ、行きっぷり悪く4着
 1番人気レイデオロは中団の後ろに位置したが、直線で仕掛けてからの反応が鈍く、4着と不本意な結果に終わった。福永騎手は「スタートは出てくれたが、そこから進まない感じ。せっかく騎乗依頼をいただいたのに、いい結果を出せなくて申し訳ありません」と語り、藤沢和調教師も「休み明けで行きっぷりがよくなかった」と言葉少なかった。天皇賞・秋(10月27日、東京、2000メートル)、ジャパンC(11月24日、東京、芝2400メートル)、有馬記念(12月22日、中山、芝2500メートル)のGI3レース中、2レースに出走予定だが、どこになるかは流動的だ。★22日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら
2019年9月23日(月) 05:04

 635

【オールカマー】ミッキースワロー、直線外から鋭伸2着 
 後方2番手にいた3番人気ミッキースワローが直線で馬群の外から鋭く伸びて2着に入った。逃げたスティッフェリオには1馬身3/4差及ばなかったが、これで中山芝2200メートルは【2・2・0・0】と相性のよさをアピール。「流れが向かなかったけど、上がり勝負のなかでもしっかりと脚を使っていますからね」と菊沢騎手は納得の表情だった。★22日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら
2019年9月23日(月) 05:04

 357

産経賞オールカマーのニュースをもっと見る >

【産経賞オールカマー&神戸新聞杯】レースの注目点
★連覇を狙うレイデオロが始動 帰国初戦となるウインブライトも登録/産経賞オールカマー 2017年のダービー馬レイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、産経賞オールカマー連覇を狙う。同馬は、昨年秋にはオールカマー→天皇賞・秋を連勝し、有馬記念では2着に入った。レイデオロは、今年に入ってからドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着と白星がないが、昨年に続きオールカマーを制して、秋のGI戦線へ向け弾みをつけることができるだろうか。なお、同馬には“テン乗り”となる福永祐一騎手が騎乗予定。 また、香港のクイーンエリザベス2世Cを制し、GI初制覇を海外で遂げたウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)は、オールカマーが帰国初戦となる。ウインブライトは中山で8戦5勝、2着2回(勝率.625、連対率875)という好成績を残しているが、海外GIを制した実力を日本のファンに示すことができるか。なお、同馬には引き続き松岡正海騎手が騎乗予定となっている。★JRA重賞通算50勝まであと「1」の内田博幸騎手はクレッシェンドラヴに騎乗予定/産経賞オールカマー 内田博幸騎手は9月17日現在、JRAで重賞49勝を挙げており、史上33人目のJRA重賞通算50勝まであと1勝に迫っている。内田騎手はオールカマーでクレッシェンドラヴ(牡5歳、美浦・林徹厩舎)に騎乗予定だが、節目の重賞勝利を挙げることができるか。Vなら、同馬を管理する林調教師は、開業2年目でJRA重賞初制覇となる。 なお、内田騎手は過去5年の中山芝2200m戦における騎手別勝利数でトップタイの6勝を挙げており、クレッシェンドラヴとのコンビでは前走の七夕賞で2着に入るなど、通算9戦4勝、2着3回(勝率.444、連対率.778)という成績を残してる。 また、今年のオールカマーには、クレッシェンドラヴの他にウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、ショウナンバッハ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)と計4頭のステイゴールド産駒が登録している。ステイゴールドは、過去5年の中山芝2200m戦における種牡馬別勝利数でトップの13勝を挙げているが、4頭の産駒が登録するオールカマーでも好成績を挙げることができるだろうか。★皐月賞馬のサートゥルナーリアが登場! 兄エピファネイアは2013年の優勝馬/神戸新聞杯 皐月賞馬サートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)は、神戸新聞杯が秋初戦となる。同馬は、デビューから無敗で皐月賞を制し、ダービーでも単勝支持率49.6%と高い支持を集めたが、4着に終わり、初の敗戦を喫した。皐月賞馬は神戸新聞杯で14戦6勝、2着3回(勝率.429、連対率.643)の成績を残しているが、サートゥルナーリアは皐月賞馬の実力を示し、秋のGI戦線へ向け好スタートを切ることができるか。同馬には神戸新聞杯で3戦全勝のC.ルメール騎手が騎乗する予定。 また、サートゥルナーリアは父ロードカナロア、母シーザリオという血統で、2013年の神戸新聞杯優勝馬エピファネイアの弟にあたる。Vなら、母オリエンタルアート産駒のドリームジャーニー(2007年優勝)、オルフェーヴル(2011年優勝)以来、2組目の神戸新聞杯きょうだい制覇となる。★皐月賞2着&タービー3着のヴェロックスがサートゥルナーリアと3度目の対戦/神戸新聞杯 16日に実施された菊花賞トライアル・セントライト記念は、ダービー15着のリオンリオンが勝ち、皐月賞14着、ダービー17着のサトノルークスが2着に入って、“春のクラシック出走馬”がワンツーフィニッシュを決めた。神戸新聞杯には皐月賞馬のサートゥルナーリア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)を筆頭に、皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックス(牡、栗東・中内田充正厩舎)、ダービー8着のレッドジェニアル(牡、栗東・高橋義忠厩舎)、ダービー14着のヴィント(牡、栗東・千田輝彦厩舎)が登録してるが、今週も“春のクラシック出走馬”は菊花賞トライアルを制すことができるか。なお、“春のクラシック出走馬”は過去10年の神戸新聞杯で8勝を挙げている。 また、サートゥルナーリアとヴェロックスは、今回が3度目の対戦。皐月賞ではサートゥルナーリアがアタマ差先着し、ダービーではヴェロックスが半馬身先着したが、今回はどちらに軍配があがるのか。なお、ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手は、今年のJRA重賞で自己最多の13勝。騎手のJRA重賞年間最多勝記録は武豊騎手が2005年に記録した23勝だが、川田騎手はこの記録にどこまで迫れるか注目だ。★4年連続で神戸新聞杯優勝馬の産駒がV 今年はワールドプレミアなど3頭が登録/神戸新聞杯 神戸新聞杯は、2015年のリアファル(父ゼンノロブロイ)から昨年のワグネリアン(父ディープインパクト)まで、神戸新聞杯優勝馬の産駒が4年連続で勝っている。今年は、2004年優勝馬キングカメハメハ産駒のレッドジェニアル(牡、栗東・高橋義忠厩舎)、2005年優勝馬ディープインパクト産駒のワールドプレミア(牡、栗東・友道康夫厩舎)、2010年優勝馬口ーズキングダム産駒のジョウショームード(牡、栗東・服部利之厩舎)が登録しているが、今年も神戸新聞杯の父子制覇となるだろうか。なお、ジョウショームードが勝てば、祖父キングカメハメハ、父口ーズキングダムに続く父子3代神戸新聞杯制覇となる。 また、ワールドプレミアはここまで4戦2勝という成績で、レース史上最少キャリアでの優勝がかかる。同馬は2016年のセレクトセール(当歳)において、2億4000万円(税抜)という高額で落札されたが、神戸新聞杯で重賞初制覇を飾り、GI戦線に名乗りをあげることができるだろうか。★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★神戸新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 11:21

 2,540

【オールカマー】レイデオロ連覇へ楽々併入
 昨年と同様、ここが秋の始動戦となるレイデオロは、美浦Wコースでゴーフォザサミットと併せ馬。1馬身ほど追走して直線で内に入ると、馬なりのままラスト1F12秒2で併入した。 美浦に駆けつけて騎乗した福永騎手は、「難しいイメージがあったけど、ベテランになって改善されているみたい。きょうは楽に走っていた」と好感触。藤沢和調教師も「動きはいいね。2歳からずっと走ってきているけど、もうひと働きしてもらわないとな」と連覇に意欲を見せていた。(夕刊フジ)★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 10:45

 874

【オールカマー】ミッキースワロー一気の先着
 七夕賞でセントライト記念に続く重賞2勝目を飾ったミッキースワローは、美浦Wコースで僚馬2頭を大きく追走。直線入口で追いつくと馬なりのまま一気に突き抜け、ダノンハイパワーに2馬身、トーセンコパンに4馬身先着した。 「感触を確かめる程度だったが、気分良さそうに走っていたし、終わってからもケロッとしていた」と、併走馬の背中から動きを見届けた菊沢調教師は満足げ。「余計なことをしなくなり、背腰もしっかりしてきた。GI馬の胸を借りるつもりで」と挑戦状を叩きつける。(夕刊フジ)★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 10:44

 982

【オールカマー】厩舎の話
 ウインブライト・松岡騎手「馬体がたくましくなり、完成の域。去年とは比べものにならない」 エンジニア・牧調教師「前走は加速し始めたところで前が詰まった。力を出し切れば差はない」 グレイル・野中調教師「間に合った感のある前走よりデキはいい。中山もいいイメージがある」 クレッシェンドラヴ・金子助手「動きはいいと思う。抜群には切れないが、パワーを備える」 スティッフェリオ・音無調教師「動きはいい。使いながら良くなるタイプでメンバーも強い」 トニーファイブ・高野助手「状態は変わらない。相手は強いが、この距離で新しい面を」(夕刊フジ)★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月19日(木) 10:43

 1,187

産経賞オールカマーの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


産経賞オールカマーの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月22日 15:56更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv129 
1,780円 44,500円
Lv116 
1,000円 20,000円
Lv115 
4,660円 32,620円
Lv115 
320円 22,400円
Lv114 
1,120円 7,840円

的中情報をもっと見る >

産経賞オールカマー過去10年の結果

2018年9月23日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 レイデオロ C.ルメール 2:11.2 2.0倍 101.0
2着 アルアイン 北村友一 クビ 5.0倍 101.0
3着 ダンビュライト 武豊 3.8倍 98.4
2017年9月24日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2016年9月25日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

産経賞オールカマーのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2200m

ビッグレースを目標とするG1級の有力馬が多く出走するレースで、前走のレースの格が結果に反映されやすい。近年はその傾向が特に顕著で、2008年以降の連対馬22頭中14頭を前走G1組が占めている。なかでも、宝塚記念9着以内からの臨戦馬は、3勝を含む7連対という高値安定の成績。該当馬が1番人気に支持された場合は【1.3.1.0】と、信頼度はさらにアップする。加えて、連対馬22頭のうち21頭に重賞連対実績があった。重賞実績のない馬は、よほどのコース巧者でなければ勝ち負け争いに加われない。レースが行われる中山芝2200mは外回りコースを使用。瞬発力よりも持続力に長けた馬が幅を利かせやすい形態である。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

産経賞オールカマーの歴史と概要


2017年の優勝馬ルージュバック

その名の通り、競走馬の品種や所属などを問わず、出走馬に広く門戸を開放したレースとして創設され、現在は秋のG1戦線へとつながる重要なステップレースとなっている。有力馬が出走しやすい負担重量規定を貫いてきたことから、かねてより大物の参戦も多く、第35回(1989年)をオグリキャップが、第40回(1994年)をビワハヤヒデが、第42回(1996年)をサクラローレルが、それぞれ制している。第53~55回(2007~2009年)は中山巧者のマツリダゴッホが3連覇。近年は牝馬の活躍が顕著で、第61回(2015年)はショウナンパンドラが、第63回(2017年)はルージュバックが、勝ち馬欄にその名を刻んだ。

歴史と概要をもっと見る >

産経賞オールカマーの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年11月23日(
ラジオN杯京都2歳S  G3
2019年11月24日(
ジャパンカップ  G1
京阪杯  G3

競馬番組表

2019年11月23日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2019年11月24日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 レイデオロ 牡5
88,155万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 ヴェロックス 牡3
21,907万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
8 グランアレグリア 牝3
19,878万円
9 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
10 リオンリオン 牡3
13,748万円
» もっと見る