会員登録はこちら
産経賞オールカマー G2   日程:2019年9月22日()  中山/芝2200m

産経賞オールカマーのニュース&コラム

【オールカマー】ウインブライト、松岡騎乗で気配上昇
 香港のクイーンエリザベス2世C制覇以来、5カ月ぶりのウインブライトは17日、美浦Aコースをキャンターで流し、翌日の追い切りに備えた。 海外GI制覇の“ご褒美”で前走後は放牧で完全休養。7月20日に美浦に帰厩して緩んだ状態から調教を開始したが、馬場改修工事の影響でWコースが使えない試練に直面した。 「こっちで一から立ち上げて仕上げるなんて、もう何年もやっていなかったことだし、8月末に坂路で追った(4ハロン53秒5=29日)時点では“足りるのかな”と心配だった」と畠山調教師。しかし、松岡騎手を背に新しくなったWコースで併せ馬を行ったここ2週で気配は急激に良化。「馬も分かっているのか、松岡が乗るとグンとハミを取って動きが全然違う。馬体も490キロ台前半くらいで筋肉もだいぶ戻ってきた」と、トレーナーの表情にも明るさが戻ってきた。舞台は【5・2・0・1】と抜群の相性を誇る中山。叩き上げの王者が貫禄を示す準備は整いつつある。(内海裕介)
2019年9月18日(水) 05:03 NEW!

 250

【オールカマー】レース展望
 中山では日曜メインに産経賞オールカマー(22日、GII、芝2200メートル)が行われる。1着馬に天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦。登録馬は10頭と少ないが、レベルの高いメンバー構成となった。 実績最上位はレイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡5歳)だ。一昨年のダービー馬で、昨年はここを勝って天皇賞・秋も制覇し、最優秀4歳以上牡馬に選出された。今年前半はドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着と振るわなかったが、昨年、京都記念3着、ドバイシーマクラシック4着と低調だった上半期とは違い、秋は目覚ましい活躍を見せただけに今年も同様の期待がかけられる。宝塚記念後は8月末から時計を出し始め、このレースに向けて順調に乗り込まれている。負担重量の58キロも天皇賞で克服済みだ。 ウインブライト(美浦・畠山吉宏厩舎、牡5歳)は香港のクイーンエリザベス2世CでGI初制覇を飾り、今回はそれ以来4カ月ぶりのレースになるが、入念に乗り込まれて上々の動きを見せている。国内での重賞5勝中4勝が中山でのレース。いずれも内回りのレースで、今回は外回りになるが、問題ないはず。58キロもハンデ戦の中山金杯で勝っているので、十分力を発揮できそうだ。 ミッキースワロー(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡5歳)も中山芝2200メートルでは3戦して未勝利、セントライト記念を勝ち、アメリカジョッキークラブC2着とコース適性は上々。前走の七夕賞で重賞2勝目を飾った後も順調で、GI馬2頭よりも2キロ軽い56キロで出走できるのも好材料だ。 クレッシェンドラヴ(美浦・林徹厩舎、牡5歳)は七夕賞でミッキースワローの3/4馬身差の2着。最近は大崩れしなくなっているので、引き続き上位争いが見込める。 福島記念、小倉大賞典とGIIIハンデ重賞を勝っているスティッフェリオ(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)も争覇圏内。青葉賞優勝馬ゴーフォザサミット(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳)、京都2歳Sを勝っているグレイル(栗東・野中賢二厩舎、牡4歳)はともに伸び悩んでいるが、まだ見限れない。★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月17日(火) 15:48

 1,071

【オールカマー】レイデオロ、令和も“主役の秋”
 今週末の日曜には、秋の古馬GI路線の重要な前哨戦、産経賞オールカマーが行われる。主役を務めるのは、昨年と同様にレイデオロだ。一昨年の日本ダービー馬は、昨年はこのレースの勝利をステップに天皇賞・秋でGI2勝目を飾った。縁起のいいレースで連覇を決め、今秋も注目の的となる。 今年もここから頂点に立つ。昨秋に天皇賞を制し、有馬記念でも2着だったレイデオロが、産経賞オールカマー連覇から快進撃を開始する。 「宝塚記念(5着)は内で包まれて動けなかったからね。去年もここから始動したけど、今年も同じくらい、いい雰囲気できています」 藤沢和調教師の表情は明るい。春はドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着と結果が出なかったが、これも京都記念3着、ドバイシーマクラシック4着だった昨年の上半期と似た成績。秋になって巻き返すのがパターンになりつつある。 前走の宝塚記念は中団に位置したが、前残りのレースになったうえに、馬場の悪い内を通らされて加速できないままと、不完全燃焼。その後は福島県のノーザンファーム天栄に放牧へ。走り切っていないぶん元気が有り余っている様子で、しっかりと乗り込んでから帰厩した。 11日の1週前追い切りはWコース5ハロン70秒0。ラスト1ハロンは12秒3と鋭く反応した。藤沢和師は「Wコースが(改修直後で)固まっていないし、スピードが出過ぎちゃうのでサラッと。動き自体はいいし、馬はリフレッシュしているぞ」と力を出せる状態が整いつつあることに笑みをみせた。 「この秋もどこかGIを2つ使う予定。まずはいいスタートを決めたいね」 今後の路線は未定だが、昨年勝った天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)でも、一昨年2着のジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)でも、主役を譲る気はない。まず産経賞オールカマーを勝って、豊かな秋へ弾みをつける。スペイン語で「黄金の王」を意味するレイデオロは、まだまだ輝き続ける。 (柴田章利)★ 産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月17日(火) 05:08

 1,079

【オールカマー】ブライトVSレイデオロ
 香港GI・クイーンエリザベスIICを勝ったウインブライトと、昨年の最優秀4歳以上牡馬レイデオロの一騎打ちムードだ。特に前者は1週前にWコースで5ハロン64秒8の好時計を出し、態勢は万全。国内での重賞5勝のうち4勝が中山というコース巧者で、充実期の今なら主役を演じる。 昨年の覇者レイデオロは、GI以外で負けたのは折り合いを欠いた昨年の京都記念(3着)だけ。地力はメンバー最上位だ。前走から1・5キロの斤量減となるミッキースワローが、2頭に割って入れるか。★ 産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月17日(火) 05:07

 1,466

産経賞オールカマーのニュースをもっと見る >

【オールカマー】ウインブライト、松岡騎乗で気配上昇
 香港のクイーンエリザベス2世C制覇以来、5カ月ぶりのウインブライトは17日、美浦Aコースをキャンターで流し、翌日の追い切りに備えた。 海外GI制覇の“ご褒美”で前走後は放牧で完全休養。7月20日に美浦に帰厩して緩んだ状態から調教を開始したが、馬場改修工事の影響でWコースが使えない試練に直面した。 「こっちで一から立ち上げて仕上げるなんて、もう何年もやっていなかったことだし、8月末に坂路で追った(4ハロン53秒5=29日)時点では“足りるのかな”と心配だった」と畠山調教師。しかし、松岡騎手を背に新しくなったWコースで併せ馬を行ったここ2週で気配は急激に良化。「馬も分かっているのか、松岡が乗るとグンとハミを取って動きが全然違う。馬体も490キロ台前半くらいで筋肉もだいぶ戻ってきた」と、トレーナーの表情にも明るさが戻ってきた。舞台は【5・2・0・1】と抜群の相性を誇る中山。叩き上げの王者が貫禄を示す準備は整いつつある。(内海裕介)
2019年9月18日(水) 05:03 NEW!

 250

【オールカマー】ウインブライト、4馬身先着
 《美浦》香港GI・QEIIC1着以来のウインブライト(畠山、牡5)は、Wコース5ハロン64秒8-12秒0を馬なりでマーク。内の3歳1勝クラスに4馬身先着した。騎乗した松岡騎手は「先週は緩かったけど、1本やって腰回りの緩さが取れた。春よりもまた一段レベルが上がっている」と順調ぶりを伝えた。
2019年9月13日(金) 05:04

 878

【オールカマー】レイデオロ、Wラスト12秒3
 《美浦》宝塚記念5着以来のレイデオロ(藤沢和、牡5)はWコースでゴーフォザサミット(OP)の内に併せて、馬なりで5ハロン70秒0-12秒3をマークして併入。「サラッと。フレッシュな状態だし、動き自体はいいよ」と藤沢和調教師。 七夕賞1着ミッキースワロー(菊沢、牡5)はWコース6ハロン84秒5-13秒0。3頭併せの最内を馬なりで併入した。騎乗した菊沢騎手は「手応えは楽でしたし、1週前としてはいい負荷がかかったと思います。前回より、体もメンタル面もすごくいい」と上昇ぶりに笑顔を見せた。
2019年9月12日(木) 05:04

 609

産経賞オールカマーと同条件を得意とするプロ予想家

中山・芝・長距離の過去5シーズンを集計


産経賞オールカマー過去10年の結果

2018年9月23日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
1着 レイデオロ C.ルメール 2:11.2 2.0倍 101.0
2着 アルアイン 北村友一 クビ 5.0倍 101.0
3着 ダンビュライト 武豊 3.8倍 98.4
2017年9月24日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:
2016年9月25日() 中山競馬場/芝2200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

産経賞オールカマーのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2200m

ビッグレースを目標とするG1級の有力馬が多く出走するレースで、前走のレースの格が結果に反映されやすい。近年はその傾向が特に顕著で、2008年以降の連対馬22頭中14頭を前走G1組が占めている。なかでも、宝塚記念9着以内からの臨戦馬は、3勝を含む7連対という高値安定の成績。該当馬が1番人気に支持された場合は【1.3.1.0】と、信頼度はさらにアップする。加えて、連対馬22頭のうち21頭に重賞連対実績があった。重賞実績のない馬は、よほどのコース巧者でなければ勝ち負け争いに加われない。レースが行われる中山芝2200mは外回りコースを使用。瞬発力よりも持続力に長けた馬が幅を利かせやすい形態である。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

産経賞オールカマーの歴史と概要


2017年の優勝馬ルージュバック

その名の通り、競走馬の品種や所属などを問わず、出走馬に広く門戸を開放したレースとして創設され、現在は秋のG1戦線へとつながる重要なステップレースとなっている。有力馬が出走しやすい負担重量規定を貫いてきたことから、かねてより大物の参戦も多く、第35回(1989年)をオグリキャップが、第40回(1994年)をビワハヤヒデが、第42回(1996年)をサクラローレルが、それぞれ制している。第53~55回(2007~2009年)は中山巧者のマツリダゴッホが3連覇。近年は牝馬の活躍が顕著で、第61回(2015年)はショウナンパンドラが、第63回(2017年)はルージュバックが、勝ち馬欄にその名を刻んだ。

歴史と概要をもっと見る >

産経賞オールカマー昨年のBIGヒット予想家

去年の産経賞オールカマーを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年09月23日(日) 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 83 
1,640円 164,000円
Lv 102 
1,640円 82,000円
Lv 94 

1,640円
490円
55,600円
Lv 102 
1,640円 49,200円
Lv 102 
490円 49,000円
Lv 99 
490円 49,000円
Lv 96 
490円 49,000円
Lv 84 
490円 49,000円
Lv 82 
490円 49,000円
Lv 94 
490円 49,000円
Lv 88 
490円 49,000円
Lv 87 
490円 49,000円
Lv 89 
490円 49,000円
Lv 105 
490円 49,000円
Lv 102 
490円 44,100円
Lv 98 
1,640円 41,000円
Lv 93 
490円 39,200円
Lv 97 
490円 39,200円
Lv 89 

490円
290円
37,000円
Lv 95 
690円 34,500円

産経賞オールカマーの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る