会員登録はこちら

オールカマー G2

日程:2023年9月24日()  中山/芝2200m

オールカマーの歴史と概要

2017年の優勝馬ルージュバック
2017年の優勝馬ルージュバック

その名の通り、競走馬の品種や所属などを問わず、出走馬に広く門戸を開放したレースとして創設され、現在は秋のG1戦線へとつながる重要なステップレースとなっている。有力馬が出走しやすい負担重量規定を貫いてきたことから、かねてより大物の参戦も多く、第35回(1989年)をオグリキャップが、第40回(1994年)をビワハヤヒデが、第42回(1996年)をサクラローレルが、それぞれ制している。第53~55回(2007~2009年)は中山巧者のマツリダゴッホが3連覇。近年は牝馬の活躍が顕著で、第61回(2015年)はショウナンパンドラが、第63回(2017年)はルージュバックが、勝ち馬欄にその名を刻んだ。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第68回
動画無し
2022年9月25日
中山 芝2200m
オールカマー2022
ジェラルディーナ 牝4 2:12.7 横山武史 斉藤崇史 全着順を
見る
第67回
動画無し
2021年9月26日
中山 芝2200m
オールカマー2021
ウインマリリン 牝4 2:11.9 横山武史 手塚貴久 全着順を
見る
第66回
動画無し
2020年9月27日
中山 芝2200m
オールカマー2020
センテリュオ 牝5 2:15.5 戸崎圭太 高野友和 全着順を
見る
第65回
動画無し
2019年9月22日
中山 芝2200m
オールカマー2019
スティッフェリオ 牡5 2:12.0 丸山元気 音無秀孝 全着順を
見る
第64回
動画無し
2018年9月23日
中山 芝2200m
オールカマー2018
レイデオロ 牡4 2:11.2 C.ルメール 藤沢和雄 全着順を
見る
第63回
動画無し
2017年9月24日
中山 芝2200m
オールカマー2017
ルージュバック 牝5 2:13.8 北村宏司 大竹正博 全着順を
見る
第62回
動画無し
2016年9月25日
中山 芝2200m
オールカマー2016
ゴールドアクター 牡5 2:11.9 吉田隼人 中川公成 全着順を
見る
第61回
動画無し
2015年9月27日
中山 芝2200m
オールカマー2015
ショウナンパンドラ 牝4 2:11.9 池添謙一 高野友和 全着順を
見る
第60回
動画無し
2014年9月28日
新潟 芝2200m
オールカマー2014
マイネルラクリマ 牡6 2:12.2 戸崎圭太 上原博之 全着順を
見る
第59回
動画無し
2013年9月22日
中山 芝2200m
オールカマー2013
ヴェルデグリーン 牡5 2:12.0 田辺裕信 相沢郁 全着順を
見る
第58回
動画無し
2012年9月23日
中山 芝2200m
オールカマー2012
ナカヤマナイト 牡4 2:15.5 柴田善臣 二ノ宮敬 全着順を
見る
第57回
動画無し
2011年9月25日
中山 芝2200m
オールカマー2011
アーネストリー 牡6 2:11.2 佐藤哲三 佐々木晶 全着順を
見る
第56回
動画無し
2010年9月26日
中山 芝2200m
オールカマー2010
シンゲン 牡7 2:11.4 藤田伸二 戸田博文 全着順を
見る
第55回
動画無し
2009年9月27日
中山 芝2200m
オールカマー2009
マツリダゴッホ 牡6 2:11.4 横山典弘 国枝栄 全着順を
見る
第54回
動画無し
2008年9月28日
中山 芝2200m
オールカマー2008
マツリダゴッホ 牡5 2:12.0 蛯名正義 国枝栄 全着順を
見る
第53回
動画無し
2007年9月23日
中山 芝2200m
オールカマー2007
マツリダゴッホ 牡4 2:12.5 蛯名正義 国枝栄 全着順を
見る
第52回
動画無し
2006年9月24日
中山 芝2200m
オールカマー2006
バランスオブゲーム 牡7 2:12.1 田中勝春 宗像義忠 全着順を
見る
第51回
動画無し
2005年9月25日
中山 芝2200m
オールカマー2005
ホオキパウェーブ 牡4 2:16.7 後藤浩輝 二ノ宮敬 全着順を
見る
第50回
動画無し
2004年9月26日
中山 芝2200m
オールカマー2004
トーセンダンディ 牡6 2:13.4 勝浦正樹 森秀行 全着順を
見る
第49回
動画無し
2003年9月28日
中山 芝2200m
オールカマー2003
エアエミネム 牡5 2:14.4 蛯名正義 伊藤雄二 全着順を
見る
第48回
動画無し
2002年9月22日
新潟 芝2200m
オールカマー2002
ロサード 牡6 2:11.7 後藤浩輝 橋口弘次 全着順を
見る
第47回
動画無し
2001年9月23日
中山 芝2200m
オールカマー2001
エアスマップ 牡6 2:13.9 柴田善臣 藤沢和雄 全着順を
見る
第46回
動画無し
2000年9月24日
中山 芝2200m
オールカマー2000
メイショウドトウ 牡4 2:15.8 的場均 安田伊佐 全着順を
見る
第45回
動画無し
1999年9月19日
中山 芝2200m
オールカマー1999
ホッカイルソー 牡7 2:12.0 江田照男 田中清隆 全着順を
見る
第44回
動画無し
1998年9月20日
中山 芝2200m
オールカマー1998
ダイワテキサス 牡5 2:13.6 武豊 増沢末夫 全着順を
見る
第43回
動画無し
1997年9月14日
中山 芝2200m
オールカマー1997
メジロドーベル 牝3 2:16.6 吉田豊 大久保洋 全着順を
見る
第42回
動画無し
1996年9月15日
中山 芝2200m
オールカマー1996
サクラローレル 牡5 2:16.7 横山典弘 境勝太郎 全着順を
見る
第41回
動画無し
1995年9月18日
中山 芝2200m
オールカマー1995
ヒシアマゾン 牝4 2:16.3 中舘英二 中野隆良 全着順を
見る
第40回
動画無し
1994年9月18日
中山 芝2200m
オールカマー1994
ビワハヤヒデ 牡4 2:14.5 岡部幸雄 浜田光正 全着順を
見る
第39回
動画無し
1993年9月19日
中山 芝2200m
オールカマー1993
ツインターボ 牡5 2:12.6 中舘英二 笹倉武久 全着順を
見る
第38回
動画無し
1992年9月20日
中山 芝2200m
オールカマー1992
イクノディクタス 牝5 2:12.1 村本善之 福島信晴 全着順を
見る
第37回
動画無し
1991年9月15日
中山 芝2200m
オールカマー1991
ジョージモナーク 牡6 2:12.4 早田秀治 赤間清松 全着順を
見る
第36回
動画無し
1990年9月16日
中山 芝2200m
オールカマー1990
ラケットボール 牡5 2:13.3 坂井千明 松山康久 全着順を
見る
第35回
動画無し
1989年9月17日
中山 芝2200m
オールカマー1989
オグリキャップ 牡4 2:12.4 南井克巳 瀬戸口勉 全着順を
見る
第34回
動画無し
1988年9月18日
新潟 芝2200m
オールカマー1988
スズパレード 牡7 2:12.3 蛯沢誠治 富田六郎 全着順を
見る
第33回
動画無し
1987年9月20日
中山 芝2200m
オールカマー1987
ダイナフェアリー 牝4 2:14.5 増沢末夫 鈴木康弘 全着順を
見る
第32回
動画無し
1986年9月21日
中山 芝2200m
オールカマー1986
ジュサブロー 牡4 2:15.2 鈴木純児 安達小八 全着順を
見る

歴史と位置付け

出走馬に広く門戸を開いたレースとして1955年に創設された重賞競走。当初はハンデ戦として施行されていたが、幾度か負担重量規定が変更され、現在は別定戦となっている。1984年のグレード制導入時にG3に格付け。指定交流競走が幅広く浸透する以前は地方競馬所属馬が出走できる数少ないレースであり、第32回(1986年)を愛知競馬のジュサブロー、第37回(1991年)を大井競馬のジョージモナークが勝っている。1995年にG2に格上げ。秋のG1タイトル奪取を狙う有力馬が、このレースを下半期の始動戦に選択するケースが多い。

開催時期

第1~26回は10月中旬(一部、9、11月)、第27回以降は9月中旬に開催。

競走条件

3歳以上馬が出走可能(ただし、未出走馬・未勝利馬は出走不可)。負担重量規定は、第1~26回がハンデキャップ、第27~31回ならびに第41回以降が別定、第32~40回が馬齢重量。斤量は3歳53kg、4歳以上56kg(それぞれ牝馬は2kg減)。2023年より負担重量の変更が行われ、基礎重量が1kg引き上げられた(4歳以上57kg、牝馬2kg減)。コースは第1~29回が中山芝2000mもしくは東京芝2000m、第30回以降が中山芝2200m(第34、48、60回は新潟芝2200m)。外国産馬は1978年から、地方競馬所属馬は1986年から、外国調教馬は1995年から、それぞれ出走可能に。2014年より優勝馬(地方競馬所属馬は2着馬まで)に対し天皇賞(秋)の優先出走権が与えられるようになった。

年表

1955年レース創設。中山芝2000mで第1回施行
1978年混合競走となり外国産馬の出走が可能に
1984年グレード制導入。G3に格付け
1986年地方競馬招待競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
1988年新潟芝2200mで施行
1995年G2に昇格。負担重量規定を馬齢重量から別定に変更。地方競馬招待を廃止し、指定交流競走に変更。国際競走となり外国調教馬の出走が可能に
2002年新潟芝2200mで施行
2014年新潟芝2200mで施行。優勝馬(地方競馬所属は2着馬まで)に天皇賞(秋)の優先出走権が付与されるように
2020年COVID-19の流行により無観客競馬として開催
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2023年2月5日(
東京新聞杯  G3
きさらぎ賞  G3

競馬番組表

2023年2月4日(
1回東京3日目
1回中京11日目
1回小倉7日目
2023年2月5日(
1回東京4日目
1回中京12日目
1回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 イクイノックス 牡4
80,660万円
2 タイトルホルダー 牡5
79,311万円
3 エフフォーリア 牡5
77,664万円
4 デアリングタクト 牝6
61,092万円
5 ソダシ 牝5
57,624万円
6 ヴェラアズール 牡6
54,968万円
7 シャフリヤール 牡5
54,685万円
8 ディープボンド 牡6
54,083万円
9 レシステンシア 牝6
44,953万円
10 ジェラルディーナ 牝5
39,945万円
» もっと見る

3歳
1 ドルチェモア 牡3
11,154万円
2 リバティアイランド 牝3
8,543万円
3 ドゥラエレーデ 牡3
8,497万円
4 キタウイング 牝3
7,528万円
5 トップナイフ 牡3
6,757万円
6 ブトンドール 牝3
5,059万円
7 ダノンタッチダウン 牡3
5,045万円
8 ソールオリエンス 牡3
4,732万円
9 ライトクオンタム 牝3
4,731万円
10 オールパルフェ 牡3
4,636万円
» もっと見る