会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   日程:2018年10月28日() 15:40 東京/芝2000m

レース結果

天皇賞(秋) G1

2018年10月28日() 東京/芝2000m/13頭

本賞金:15,000万 6,000万 3,800万 2,300万 1,500万


レコード:1分56秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 4

レイデオロ

牡4 58.0 C.ルメー  藤沢和雄 482(-2) 1.56.8 3.1 2
2 6 9

サングレーザー

牡4 58.0 J.モレイ  浅見秀一 476(-12) 1.57.0 1 1/4 9.6 4
3 7 10

キセキ

牡4 58.0 川田将雅  中竹和也 496(-8) 1.57.0 ハナ 12.8 6
ラップタイム 12.9 - 11.5 - 11.8 - 11.5 - 11.7 - 11.6 - 11.3 - 10.9 - 11.6 - 12.0
前半 12.9 - 24.4 - 36.2 - 47.7 - 59.4
後半 57.4 - 45.8 - 34.5 - 23.6 - 12.0

■払戻金

単勝 4 310円 2番人気
複勝 4 150円 2番人気
9 310円 6番人気
10 300円 5番人気
枠連 4-6 720円 4番人気
馬連 4-9 1,520円 5番人気
ワイド 4-9 640円 9番人気
4-10 690円 10番人気
9-10 1,630円 19番人気
馬単 4-9 2,370円 6番人気
3連複 4-9-10 6,420円 24番人気
3連単 4-9-10 24,230円 80番人気

天皇賞(秋)のニュース&コラム

【古馬次走報】スワーヴリチャード、ジャパンCへ
 ★1番人気の天皇賞・秋で10着に敗れたスワーヴリチャード(栗・庄野、牡4)はジャパンC(11月25日、東京、GI、芝2400メートル)へ。「馬に問題はありません。在厩して調整していきます」と庄野師。5着ミッキーロケット(栗・音無、牡5)も同レースへ。9着ステファノス(栗・藤原英、牡7)は登録している香港カップ(12月9日、シャティン、GI、芝2000メートル)を目標にする。 ★天皇賞・秋を快勝したレイデオロ(美・藤沢和、牡4)は一両日中に福島・ノーザンファーム天栄に移動する。次走は検討中で「しばらく様子、状態を見て決めたい」と藤沢和師。6着サクラアンプルール(美・金成、牡7)は有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を目指す。★スワーヴリチャードの競走成績はこちら
2018年10月31日(水) 05:00

 1,903

天皇賞・秋Vから一夜明け…レイデオロ、次戦「一段階上へ」
 天皇賞・秋で2度目のGI制覇を果たしたレイデオロ(美・藤沢和、牡4)は、一夜明けた29日、美浦トレセンの自厩舎で静養した。前夜は21時ごろに帰厩。「夜のカイバも食べてくれましたし、普段のレース後と変わらない様子です」と津曲助手は無事を伝えた。 次走はまだ決まっていないが、「ジョッキーが馬のことを把握してくれているし、ああやって好位で競馬できるようになれば、もう一段階上のステージへ行けると思います」と同助手はさらなる飛躍を見込んだ。復権したダービー馬の動向に注目が集まる。★レイデオロの競走成績はこちら
2018年10月30日(火) 05:02

 739

【天皇賞・秋】レイデオロ復活の秋!ルメールはGI3週連続V
 第158回天皇賞・秋(28日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億5000万円=出走12頭)クリストフ・ルメール騎乗で2番人気のレイデオロが中団追走から差し切って快勝。昨年のダービー以来、2度目のGI制覇を成し遂げた。タイム1分56秒8(良)。今後は有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)が視野に入っている。1馬身1/4差の2着は4番人気のサングレーザー。1番人気スワーヴリチャードは出遅れが響いて10着に敗れた。 これがダービー馬の底力だ。直線で力強く抜け出したレイデオロに、9万6691人の歓声が降り注ぐ。完全復活を印象づける1馬身1/4差の完勝劇に、ルメール騎手が声を弾ませた。 「強かったですね。長くいい脚を使って頑張ってくれた。天皇賞は初めて勝つことができたのでうれしいです」 好スタートから中団前めの好位置へ。しっかりと折り合いスムーズに追走すると、4コーナーで追い出しを開始。グングン加速し、あっさりと勝負をつけた。 また、また、ルメールだ。2週前に秋華賞のアーモンドアイで牝馬3冠を達成。菊花賞ではキャリア4戦目の7番人気フィエールマンを勝利に導いた。今月の重賞は8戦オール連対。昨春のヴィクトリアマイル→オークス→ダービー以来、自身2度目(歴代3例目)の3週連続GI制覇だ。 「“天皇賞”というのは日本だけです。特別なレース。絶対に勝ちたかった」 2015年のJRA騎手免許取得前から、短期免許で何度も来日。日本の風土や文化を愛してきた。それだけに春4度、秋9度目の挑戦で、ようやくつかんだタイトルに感慨深げだ。 “厩舎力”も光った。3歳以降は『春秋2戦ずつ』のローテーションを守ってきたが、今秋は9月の産経賞オールカマー(1着)で始動すると、中4週でここに参戦。2歳時以来の短いレース間隔を選んだことについて藤沢和調教師は「ここのところ、気合乗りが悪いところが多かった。『短い間隔でやらせてほしい』とオーナーと話してね。きょうはいつになく(馬が)やる気十分でした」と明かし、してやったりの表情を浮かべた。 17日の1週前追い切りでは深い馬場に脚を取られ、鞍上が下馬するアクシデント。それでも21日に坂路で時計を出して運動量を補い、24日の最終追い切りでは絶好の動きを見せた。現役最多の天皇賞・秋6勝目は、厩舎の技術力のたまものだ。 次走は「オーナーと相談して。(今年中にもう1戦?)そう思います。オーナーはもう1年走ることに前向きでもあったので」と指揮官。レースは未定だが、鞍上が「特別な馬」と語るアーモンドアイがジャパンCに参戦するなら、こちらは有馬記念を選ぶ可能性もある。GI馬7頭による大決戦を制し、完全に誇りを取り戻した第84代ダービー馬。“黄金の王”が、現役最強馬の称号をつかむ日は、目の前だ。 (山口大輝)★28日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら★連続最多連対は「10」 ルメール騎手はJRA重賞で8戦連続連対を継続中。JRAでは、戸崎騎手が2016年に7月3日(ラジオNIKKEI賞=ゼーヴィント1着)から9月18日(セントライト記念=ゼーヴィント2着)まで10戦連続連対を記録している。★アラカルト ◆クリストフ・ルメール騎手 JRA・GIは20勝目で歴代10位。年間GI6勝は最多タイ。 ◆藤沢和雄調教師 天皇賞・秋6勝目で、7勝の尾形藤吉元調教師に次ぐ史上2位。JRA・GIは歴代1位の27勝目。 ◆ダービー馬の天皇賞・秋 2000メートルになってから、1984年ミスターシービー、99年スペシャルウィーク、2007年メイショウサムソン、08年ウオッカ、12年エイシンフラッシュに次ぐ6勝目。なお、前哨戦の産経賞オールカマー優勝馬のVは初めて。★入場&売り上げ 悪天候だった昨年と違って秋晴れとなった28日の東京競馬場の入場人員は9万6691人で、前年比151・5%と大幅にアップした。一方、天皇賞・秋の売り上げは183億4111万1700円で同94・7%とダウン。ダンビュライトの競走除外による返還金(7億8721万9100円)がなかったとしても98・8%にとどまり、出走頭数が例年より少なかった影響があったようだ。今年の平地GIは16レースが終了したが、フェブラリーS、大阪杯、皐月賞、天皇賞・春、宝塚記念に次ぐ6レース目の売り上げダウンとなった。
2018年10月29日(月) 05:08

 1,377

【天皇賞・秋】キャロットF・高橋代表「レース運びは完璧」
 第158回天皇賞・秋(28日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億5000万円=出走12頭)クリストフ・ルメール騎乗で2番人気のレイデオロが中団追走から差し切って快勝。昨年のダービー以来、2度目のGI制覇を成し遂げた。タイム1分56秒8(良)。今後は有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)が視野に入っている。 レイデオロの完勝劇を見届けたクラブ法人キャロットファームの高橋二次矢代表はレース後、当然とばかりに口を開いた。「パドックでの気合の入り方、雰囲気から安心して見ていられました。レース運びは完璧でしたね」。生産者であるノーザンファームの元場長でキャロットクラブの秋田博章取締役も、「伸びやかな走りで体の使い方が非常に良い。ディープインパクトと同じ血筋(母系)で、やはり血は争えません」と振り返った。 母ラドラーダはレイデオロと同じキングカメハメハを受胎(来年2月1日出産予定)している。当歳(父キングカメハメハ、牡)と1歳馬(父ダイワメジャー、牡)の弟2頭も、藤沢和厩舎に入厩する予定だ。★28日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら
2018年10月29日(月) 05:07

 763

天皇賞(秋)のニュースをもっと見る >

【ズバッと!言いたい放題】天皇賞・秋
 しの 今年は登録の時点でフルゲート割れ。01年以来17年ぶりの13頭立てとなりそうです。 大王 今週もデムーロvsルメール? ミルコのスワーヴリチャードは東京【2・2・1・0】。安田記念は初のマイル戦ながら0秒1差の3着で、コース適性の高さと底力を見せた。 しの CWコースではかなり速い時計を出してるみたいですね。初戦から動ける状態ならやはり中心でしょう。 水谷 ミルコも「左回りの2000メートルはいい。自信を持って乗りたい」と。一昨年、昨年とも2着で悔しい思いをしたから今年こそって感じやろな。 大王 ルメールのレイデオロは産経賞オールカマーを使った強みがある。 東京サンスポ・内海 1週前の調教で下馬する誤算はあったけど、前走時も1週前は軽かったから影響は少ないか。アーモンドアイほど反応は速くないらしいが、最後は同じように「切れる」とルメール。 大王 オールカマー2着のアルアインは距離短縮がプラスだけど、初めて背負う58キロが気になる。 水谷 池江調教師は「距離はベストだが、直線が長いのがカギ」やて。ただ、「前走と比べ動きが全然違ってきた」と上積みは強調しとったで。 大王 サングレーザーは札幌記念で2000メートルを克服。モレイラなら一発あるかも。 水谷 「以前は7Fやマイルで折り合いを欠いていた。前走が大きな収穫」と川上助手も言っとったな。 しの 小回りでの5F通過59秒1の前傾ラップに助けられたような。その点、今回は逃げ馬不在。モレイラがどう乗るのか気になるところです。 水谷 マカヒキは盾男・武豊騎手と初コンビ。友道調教師が「前々から武豊騎手が合っていると思っていた」と。 しの 馬場が悪かった去年もゴール前で末脚が目立っていました。良馬場で今年のメンバーなら馬券圏内はあるかもしれません。 水谷 馬場で見直せるのは宝塚記念馬ミッキーロケットも。「去年(12着)も楽しみにしていたが、馬場が悪くて競馬にならなかった。動きはいいし、雰囲気が変わってきた」と和田騎手。 大阪サンスポ・山口 宝塚の勝ちでひと皮むけたかなという動きを見せてますね。あとはキセキ。500キロ超の馬体をさらに大きく見せて豪快なフットワーク。本来はこれぐらいの距離がベストのはずですから。 東京サンスポ・片岡 サクラアンプルールは結構なクセモノだから札幌記念は直前の乗り替わりが痛かった。これも良馬場がいいタイプ。 内海 田辺騎手も「具合はいいんじゃないですか」とまずまずだ。 しの 紅一点のヴィブロスは左回りで【2・2・0・0】です。10年ブエナビスタ以来の牝馬優勝となるかどうか。 大王 牝馬ながら56キロを背負い慣れているのも強みだね。 水谷 ところで、天皇賞当日の東京競馬場ではテレビCMでやってる“ウマ耳キャップ”が当たるらしいで。 しの まさか、ほしいんですか? 水谷 教えてあげただけやけど。 しの ワンサイズのみ。水谷さんには小さいですね。残念でした。 水谷 別にいらんし…。(夕刊フジ)★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月25日(木) 11:05

 4,774

【天皇賞・秋】スワーヴ春秋GI制圧へ 庄野師「追い切るごとに良い」
 GIホース7頭が顔をそろえた「第158回天皇賞・秋」は、充実期を迎えた4歳勢が中心となりそうだ。皐月賞馬アルアイン、ダービー馬レイデオロ、菊花賞馬キセキのクラシックホース3頭を向こうに回して主役を張るのがスワーヴリチャード。昨年のキタサンブラックに続き、春秋2000メートルGI制圧なるか。庄野靖志調教師(48)の胸の内に迫った。(夕刊フジ) --ロングスパートでねじ伏せた大阪杯でGI初制覇。続く前走の安田記念では3着だった 庄野靖志調教師「大阪杯は自分からレースを作っていき、他の馬に脚を使わせるような競馬だった。安田記念は初のマイルでGI。どれぐらいやれるか期待していたが、レコードに0秒1差。よく頑張ってくれたと思う」 --その安田記念から直接ここへ 「宝塚記念を見送ったのは暑い時季があまり好きではないから。夏場にしっかり休養できたおかげで、栗東へ帰ってきたときもリフレッシュした感じだったよ」 --帰厩後の調整は 「9月13日に帰ってきた当初は緩さがあったし、体にも余裕が感じられたが、そこからは順調な調整過程をたどっている。追い切るごとにどんどん良くなってきたね」 --1週前はCWコースで4馬身先着。馬なりで6F78秒8、1F11秒9の好時計だった 「目標を前に置きながら道中では動きたがるところがあったが、ジョッキー(ミルコ・デムーロ騎手)にはしっかりやってもらったし、時計も出た」 --最終追い切りは先週に続いてデムーロ騎手が手綱を取り、2頭を前に置く形 「先週の追い切りが今週につながっている。前を行く2頭に速くならないようにペースを作ってもらった。先週より折り合い面は良かったし、3角から4角にかけての走りはダイナミックだった。遅れたけど、外を回っていたから気にしていない。当週としてはこれで十分だ」 --東京の2000メートルが舞台 「デビューからの走りを見ていると左回りのほうがいいイメージがあるし、実際に東京コースとは好相性。それに2000メートルは得意の距離だからね」 --昨年のキタサンブラックに続き、春秋の2000メートルGI制覇がかかる 「秋の天皇賞は格の重み、という点からも是非ともほしいレース。それに、ここからはこの馬の将来のために一戦一戦、大事なレースばかりだからね」 --府中の2000メートルは枠順もポイント 「まだゲートには少し不安があるので、包まれる可能性がある内より、真ん中あたりから好位を取るレースが理想だろうね」 --同期のクラシック3冠を勝った馬たちがすべて出てくる 「去年、クラシックで対戦してきたメンバーと戦えるのはうれしい。そんな強いメンバーのなかで、どれだけ強い競馬をしてくれるか楽しみにしている」■庄野靖志(しょうの・やすし) 1970年3月2日生まれ。北海道出身。厩務員、調教助手を経て2006年に調教師免許を取得し、07年に開業。同年6月2日に東京5Rハリーコマンドで初勝利。18年大阪杯でGI初制覇を飾った。先週まで重賞9勝を含むJRA通算205勝。交流GIはJBCスプリントを10年サマーウインド、17年ニシケンモノノフで制している。★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月25日(木) 11:01

 1,368

【天皇賞・秋】ミルコ、ルメールに闘志メラッ!?「勝ちたい」
 今年こそ、そして今週こそ負けられない。スワーヴリチャードとコンビを組むミルコ・デムーロ騎手(39)は6年前にエイシンフラッシュで秋の盾を制したが、ここ2年は2着(リアルスティール→サトノクラウン)と涙を飲んでいる。「悔しかったね。ボクの気持ちはその2年と変わらない。負けたくないだけ」 エタリオウの手綱を取った先週の菊花賞では、ルメール騎乗のフィエールマンにハナ差かわされて2着。今年GI5勝と勝ちまくるルメールに対し、いまだスワーヴの大阪杯だけとファイターはGIに飢えている。「勝ちたいね。スワーヴは能力が高く、左回りの2000メートルは合っている。自信を持って乗る」 信頼するパートナーで盾制覇へ。ここ一番に強い男がいつも以上に闘志を燃やしている。(夕刊フジ)★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月25日(木) 10:59

 1,783

【天皇賞・秋】厩舎の話
 アクションスター・佐々木助手「相手は強いが叩いた上積みはある」 アルアイン・池江調教師「先週やっているのでサラッと。大型馬だし、上積みは大きい」 ヴィブロス・友道調教師「いい感じでスイッチが入った。左回りのワンターンの舞台は合う」 キセキ・辻野助手「ひと叩きで精神面がピリッとしてきた。3歳秋のころに戻ってきた感じ」 サクラアンプルール・金成調教師「札幌記念はそんなに負けていない。この馬らしい競馬で」 サングレーザー・川上助手「いつもどおりの内容。2000メートルを克服してくれたのは大収穫だ」 ステファノス・藤原英調教師「使った上積みはありそう。7歳のベテランで経験値に期待する」 スワーヴリチャード・庄野調教師「東京と相性はいいし、2000メートルも得意。格と重みのあるタイトルを獲りたい」 ダンビュライト・生野助手「テンションが高くならないように調整。使って状態は良くなった」 ブラックムーン・西浦調教師「乗り込みは順調。2000メートルをこなしてくれると思って使う」 マカヒキ・友道調教師「息を整える程度の追い切り。ようやくいいときのデキに戻りつつある」 ミッキーロケット・和田騎手「オーバーワークにならないように気をつけた。力を出せれば」 レイデオロ・ルメール騎手「追い切りでは馬が落ち着いていた。柔らかく走って手前もきちんと替えたし、すごくいい」(夕刊フジ)★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月25日(木) 10:59

 1,852

天皇賞(秋)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(秋)の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月28日 15:41更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 

24,230円
2,370円
27,060円
Lv107 
150円 15,000円
Lv106 
6,420円 6,420円
Lv106 
24,230円 24,230円
Lv104 

24,230円
1,630円
56,830円

的中情報をもっと見る >

天皇賞(秋)過去10年の結果

2017年10月29日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:不良
1着 キタサンブラック 武豊 2:08.3 3.1倍 108.9
2着 サトノクラウン M.デムーロ クビ 4.0倍 108.9
3着 レインボーライン 岩田康誠 2 1/2 59.6倍 106.5
2016年10月30日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 モーリス R.ムーア 1:59.3 3.6倍 105.0
2着 リアルスティール M.デムーロ 1 1/2 13.0倍 103.9
3着 ステファノス 川田将雅 1 1/4 11.2倍 102.7
2015年11月1日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ラブリーデイ 浜中俊 1:58.4 3.4倍 104.2
2着 ステファノス 戸崎圭太 1/2 34.3倍 103.6
3着 イスラボニータ 蛯名正義 3/4 11.7倍 103.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(秋)のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝2000m

位置付けは秋の中距離王決定戦。だが近年は、レースの性格が変化してきている。というのも、このレースが目標の馬だけでなく、ここをステップにジャパンCや有馬記念、あるいは香港へ向かう実績馬が出走してくるからだ。セオリーとしては秋に一度実戦を使われたこのレース目標の馬を狙うべきだが、休み明けで目標が先であっても能力でカバーしてしまう馬も珍しくなくない。それゆえ予想にあたっては、能力や適性、さらに仕上がりなどを総合的に評価する必要がある。これに加えて予想を難しくさせているのが、舞台となる東京芝2000mコースだ。2003年のコース改修で以前に比べればマシになったものの、1コーナー奥のポケットにゲートが置かれ、2コーナーまでは100m強しかない。外枠の先行馬にとっては大きな不利となるほか、スタート直後にゴチャつきやすいコース設計であることには変わりない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

天皇賞(秋)ステップレース

2018年10月8日() 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 2 サトノダイヤモンド 川田将雅 2:25.4 2.3倍 100.5
2着 4 レッドジェノヴァ 池添謙一 1/2 12.9倍 100.0
3着 5 アルバート J.モレイラ 1 3/4 12.7倍 98.5
4着 8 シュヴァルグラン 福永祐一 2.2倍 97.5
5着 3 ブレスジャーニー 和田竜二 3/4 26.1倍 97.0
2018年10月7日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 9 アエロリット J.モレイラ 1:44.5 2.3倍 103.7
2着 5 ステルヴィオ C.ルメール 1 1/4 5.3倍 102.4
3着 1 キセキ 川田将雅 クビ 15.8倍 102.4
4着 3 ステファノス 福永祐一 ハナ 38.4倍 102.4
5着 2 ケイアイノーテック 藤岡佑介 7.5倍 101.0
2018年9月23日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 7 レイデオロ C.ルメール 2:11.2 2.0倍 101.0
2着 1 アルアイン 北村友一 クビ 5.0倍 101.0
3着 2 ダンビュライト 武豊 3.8倍 98.4
4着 11 エアアンセム 田辺裕信 クビ 17.0倍 97.8
5着 6 ショウナンバッハ 三浦皇成 アタマ 108.7倍⑨ 97.8
2018年8月19日() 札幌競馬場/芝2000m
天候: 馬場:稍重
1着 2 サングレーザー 福永祐一 2:01.1 5.2倍 103.5
2着 5 マカヒキ C.ルメール ハナ 4.3倍 103.5
3着 15 モズカッチャン M.デムーロ アタマ 6.9倍 103.5
4着 12 サウンズオブアース 藤岡佑介 3/4 70.4倍 102.9
5着 10 スティッフェリオ 丸山元気 1 3/4 57.5倍 101.2

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(秋)の歴史と概要


2016年の優勝馬 モーリス

秋の中距離王決定戦。中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。逃げるダイワスカーレットウオッカがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。第154回(2016年)は最強マイラー・モーリスが2000mの舞台でもその強さを見せつけた。天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのはタマモクロス(第98回・1988年)、スペシャルウィーク(第120回・1999年)、テイエムオペラオー(第122回・2000年)、メイショウサムソン(第136回・2007年)の4頭。第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したメジロマックイーンが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。

▼1991年はメジロマックイーンが2コーナーで斜行、G1レース初の降着となった

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(秋)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る