会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   日程:2019年10月27日()  東京/芝2000m

天皇賞(秋)のニュース&コラム

【オールカマー】レイデオロ満足
 産経賞オールカマーの追い切りが19日、美浦トレセンで行われた。最有力視されるレイデオロは新コンビの福永騎手を背にウッドチップコースで俊敏な走りを披露。また、重賞連勝を狙うミッキースワローも抜群の動きを見せ、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。 今年も覇権を譲るつもりはない。昨年の最優秀4歳以上牡馬レイデオロが、産経賞オールカマー連覇に向けて新コンビの福永騎手と初コンタクト。秋初戦を上々の手応えで迎える。 「難しいイメージがあったけど、馬が分かっていますね。余力はあるけど張り切る感じじゃなく、楽に走っていましたよ」 福永騎手が感心したように王者レイデオロを評した。この日はWコースで僚馬ゴーフォザサミットを1馬身ほど追走してスタート。やや頭の高い走りだったが、スピードに乗ってくるとフォームが変わった。直線は内に入れて5ハロン69秒9。“藤沢和流”の馬なり調教ながら、ラスト1ハロンは12秒3と伸びて併入した。 手綱を取った鞍上は、「乗るのをすごく楽しみにしてきた」と胸を躍らせての美浦入り。満面の笑みで「さすがGI馬の馬体ですよ。瞬発力型というより、トップスピードが長く続くイメージですね。週末の雨も、バランスを取って走れるから大丈夫。当日のパドックも返し馬も競馬も、すべて楽しみ」。レースが待ちきれない様子だ。 GI2勝、GII3勝を挙げて第一線を走り続けてきたレイデオロも、年内いっぱいで引退の予定。この秋は、夏に死んだ父キングカメハメハの弔いの戦いとなる。藤沢和調教師は「2歳から走って、ダービー馬の看板もずっと背負ってきた。昨年は天皇賞・秋も勝ってくれたからね。今年もいい感じで送り出せるし、最後にもうひと仕事してほしい」と厩舎の看板馬に期待を寄せた。 名門厩舎からの騎乗依頼には福永騎手も奮起。「藤沢厩舎の馬は競り合いに強い、苦しいときに頑張れる馬が多い。それは馬の精神状態がいいからでしょうね。藤沢先生には学ぶところが多い。誇りを持って仕事をしているから、乗り手にもプレッシャーがかかる」と気を引き締める。 昨年はこのオールカマーを勝ち、天皇賞・秋も制覇して有馬記念2着。今後の路線は未定だが、新コンビで臨むレイデオロの秋は今年も充実したものになりそうだ。(柴田章利)★産経賞オールカマーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月20日(金) 05:07 NEW!

 349

【オールカマー】レース展望
 中山では日曜メインに産経賞オールカマー(22日、GII、芝2200メートル)が行われる。1着馬に天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦。登録馬は10頭と少ないが、レベルの高いメンバー構成となった。 実績最上位はレイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡5歳)だ。一昨年のダービー馬で、昨年はここを勝って天皇賞・秋も制覇し、最優秀4歳以上牡馬に選出された。今年前半はドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着と振るわなかったが、昨年、京都記念3着、ドバイシーマクラシック4着と低調だった上半期とは違い、秋は目覚ましい活躍を見せただけに今年も同様の期待がかけられる。宝塚記念後は8月末から時計を出し始め、このレースに向けて順調に乗り込まれている。負担重量の58キロも天皇賞で克服済みだ。 ウインブライト(美浦・畠山吉宏厩舎、牡5歳)は香港のクイーンエリザベス2世CでGI初制覇を飾り、今回はそれ以来4カ月ぶりのレースになるが、入念に乗り込まれて上々の動きを見せている。国内での重賞5勝中4勝が中山でのレース。いずれも内回りのレースで、今回は外回りになるが、問題ないはず。58キロもハンデ戦の中山金杯で勝っているので、十分力を発揮できそうだ。 ミッキースワロー(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡5歳)も中山芝2200メートルでは3戦して未勝利、セントライト記念を勝ち、アメリカジョッキークラブC2着とコース適性は上々。前走の七夕賞で重賞2勝目を飾った後も順調で、GI馬2頭よりも2キロ軽い56キロで出走できるのも好材料だ。 クレッシェンドラヴ(美浦・林徹厩舎、牡5歳)は七夕賞でミッキースワローの3/4馬身差の2着。最近は大崩れしなくなっているので、引き続き上位争いが見込める。 福島記念、小倉大賞典とGIIIハンデ重賞を勝っているスティッフェリオ(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)も争覇圏内。青葉賞優勝馬ゴーフォザサミット(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳)、京都2歳Sを勝っているグレイル(栗東・野中賢二厩舎、牡4歳)はともに伸び悩んでいるが、まだ見限れない。★産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月17日(火) 15:48

 1,608

【オールカマー】レイデオロ、令和も“主役の秋”
 今週末の日曜には、秋の古馬GI路線の重要な前哨戦、産経賞オールカマーが行われる。主役を務めるのは、昨年と同様にレイデオロだ。一昨年の日本ダービー馬は、昨年はこのレースの勝利をステップに天皇賞・秋でGI2勝目を飾った。縁起のいいレースで連覇を決め、今秋も注目の的となる。 今年もここから頂点に立つ。昨秋に天皇賞を制し、有馬記念でも2着だったレイデオロが、産経賞オールカマー連覇から快進撃を開始する。 「宝塚記念(5着)は内で包まれて動けなかったからね。去年もここから始動したけど、今年も同じくらい、いい雰囲気できています」 藤沢和調教師の表情は明るい。春はドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着と結果が出なかったが、これも京都記念3着、ドバイシーマクラシック4着だった昨年の上半期と似た成績。秋になって巻き返すのがパターンになりつつある。 前走の宝塚記念は中団に位置したが、前残りのレースになったうえに、馬場の悪い内を通らされて加速できないままと、不完全燃焼。その後は福島県のノーザンファーム天栄に放牧へ。走り切っていないぶん元気が有り余っている様子で、しっかりと乗り込んでから帰厩した。 11日の1週前追い切りはWコース5ハロン70秒0。ラスト1ハロンは12秒3と鋭く反応した。藤沢和師は「Wコースが(改修直後で)固まっていないし、スピードが出過ぎちゃうのでサラッと。動き自体はいいし、馬はリフレッシュしているぞ」と力を出せる状態が整いつつあることに笑みをみせた。 「この秋もどこかGIを2つ使う予定。まずはいいスタートを決めたいね」 今後の路線は未定だが、昨年勝った天皇賞・秋(10月27日、東京、GI、芝2000メートル)でも、一昨年2着のジャパンC(11月24日、東京、GI、芝2400メートル)でも、主役を譲る気はない。まず産経賞オールカマーを勝って、豊かな秋へ弾みをつける。スペイン語で「黄金の王」を意味するレイデオロは、まだまだ輝き続ける。 (柴田章利)★ 産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月17日(火) 05:08

 1,246

福永祐一激白!ミスターメロディ、GI馬の雰囲気出てきた
 今週からいよいよ秋競馬に突入。阪神の開幕を告げるのが、サマースプリントシリーズ最終戦・産経賞セントウルS(8日、GII、芝1200メートル)だ。注目は春のスプリントGI・高松宮記念を制したミスターメロディ。鞍上の福永祐一騎手(42)がインタビューに答え、秋の始動に向けての手応えを語った。 (聞き手・斉藤弘樹) --前走の高松宮記念でGI初制覇 「以前は出していくと掛かるところもあったけど、少し出していってあの(3コーナー4番手の)位置が取れた。((3)番)枠も良かったし、『勝つにはこの競馬』というレースができた。初めての1200メートルにも対応してくれたし、大したもの。結果を出せてよかった」 --1番人気で7着に終わった阪急杯から巻き返した 「4コーナーまではすごくいい感じだったのに、内から(馬体を)当てられて結構な不利を受けた。レース後もトモ(後肢)がしびれていたし、力が入っていなかった。それが原因でGIに使えなくなることもあるし、無事に高松宮記念に出走できてよかった」 --8月28日の1週前追い切り(CWコースで一杯に追われて4ハロン51秒8-11秒8)に騎乗 「1週前なので、最後は少し負荷をかけた。いい動きだったし、息遣いも悪くなかった。気合を入れたので、これでスイッチが入ってくると思う。馬もいい感じで良くなっているし、順調にきている。動ける態勢になると思う」 --春からの成長や変化はどう感じたか 「体も良くなったけど、雰囲気が出てきた。ドッシリしてきたし、歩いているときから違う。クラスが替わると馬が変わったりするけど、馬が自信をつけている。ジャスタウェイ(注)もそうだった。GIを勝ったのは大きいと思う」 --3歳時と比較して 「もともと完成度は高い方だったけど、完成に近づいてきた。春の時点では一本調子な感じで(昨年と)そこまで大きく変わった感じはなかったけど、(今は)タメが利くようになっている。もっと硬い感じだったけど、しなりが出てきた。筋肉も違う。走りのバランスが良くなっている」 --距離適性は 「マイルはどうにかもたせていた感じだった。1400メートルがベストかもしれないけど、1200メートル寄りの1400メートルという感じ」 --馬場も問わない 「ダートも走るし、芝も走る。パワーはもともとあるし、スピードもあって、そのバランスの良さがいいところ。血統的にも、アメリカに挑戦する話も出ていたくらいだしね」 --全4勝は左回りコース。右回りはどうか 「左回りに良績は集中しているけど、右回りも問題ない。阪急杯も、4コーナーで不利を受けるまでの走りはすごく良かった」 --昨年の春秋スプリント王ファインニードルはすでに引退。堂々たる主役への期待は高まる 「馬はたくましくなっているし、この秋はそういう(主役を務める)存在になってほしい」★5日の消印有効 今週火曜から日曜まで、6日間連続で人気騎手の直筆サイン色紙を日替わりで読者2人ずつにプレゼントします。第1回は福永騎手。どしどしご応募ください。 ◆応募要項 郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号(携帯も)、ZBAT!競馬へのご意見を明記のうえ、〒556-8691 浪速郵便局私書箱113号 サンケイスポーツレース部「産経賞セントウルS・福永騎手サイン色紙係」まで。5日(木)消印まで有効。当せん者は17日(火)付の紙面で発表します。個人情報は当せん者決定以外の目的には使用しません。ジャスタウェイ 2009年3月8日生まれの牡馬。父ハーツクライ、母シビル。現役時代は栗東・須貝尚介厩舎所属。生産は北海道浦河町・(有)社台コーポレーション白老ファーム。馬主は大和屋暁氏。3歳時の12年はGIIIアーリントンCの1勝だったが、4歳時の13年にGI天皇賞・秋を勝つと14年GII中山記念、GIドバイデューティフリー、GI安田記念と4連勝。福永騎手は天皇賞・秋、ドバイなどで騎乗した。通算22戦6勝、重賞5勝(GI3勝)で種牡馬入り。主な産駒は今年の皐月賞2着ヴェロックス。★産経賞セントウルSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年9月3日(火) 05:03

 2,434

天皇賞(秋)のニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

天皇賞(秋)過去10年の結果

2018年10月28日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 レイデオロ C.ルメール 1:56.8 3.1倍 103.4
2着 サングレーザー J.モレイラ 1 1/4 9.6倍 102.2
3着 キセキ 川田将雅 ハナ 12.8倍 102.2
2017年10月29日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:不良
1着 キタサンブラック 武豊 2:08.3 3.1倍 108.9
2着 サトノクラウン M.デムーロ クビ 4.0倍 108.9
3着 レインボーライン 岩田康誠 2 1/2 59.6倍 106.5
2016年10月30日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 モーリス R.ムーア 1:59.3 3.6倍 105.0
2着 リアルスティール M.デムーロ 1 1/2 13.0倍 103.8
3着 ステファノス 川田将雅 1 1/4 11.2倍 102.6

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(秋)のデータ分析とレース傾向

コース図東京芝2000m

位置付けは秋の中距離王決定戦。だが近年は、レースの性格が変化してきている。というのも、このレースが目標の馬だけでなく、ここをステップにジャパンCや有馬記念、あるいは香港へ向かう実績馬が出走してくるからだ。セオリーとしては秋に一度実戦を使われたこのレース目標の馬を狙うべきだが、休み明けで目標が先であっても能力でカバーしてしまう馬も珍しくなくない。それゆえ予想にあたっては、能力や適性、さらに仕上がりなどを総合的に評価する必要がある。これに加えて予想を難しくさせているのが、舞台となる東京芝2000mコースだ。2003年のコース改修で以前に比べればマシになったものの、1コーナー奥のポケットにゲートが置かれ、2コーナーまでは100m強しかない。外枠の先行馬にとっては大きな不利となるほか、スタート直後にゴチャつきやすいコース設計であることには変わりない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

天皇賞(秋)ステップレース

2019年10月6日() 京都競馬場/芝2400m
あと16日
2019年10月6日() 東京競馬場/芝1800m
あと16日
2019年9月22日() 中山競馬場/芝2200m
あと2日
2019年8月18日() 札幌競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 1 ブラストワンピース 川田将雅 2:00.1 4.7倍 103.8
2着 10 サングレーザー 岩田康誠 クビ 7.8倍 103.8
3着 9 フィエールマン C.ルメール 2.3倍 102.7
4着 12 ワグネリアン 福永祐一 クビ 3.7倍 102.7
5着 11 ペルシアンナイト M.デムーロ 1/2 17.7倍 102.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(秋)の歴史と概要


2016年の優勝馬 モーリス

秋の中距離王決定戦。中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。逃げるダイワスカーレットウオッカがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。第154回(2016年)は最強マイラー・モーリスが2000mの舞台でもその強さを見せつけた。天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのはタマモクロス(第98回・1988年)、スペシャルウィーク(第120回・1999年)、テイエムオペラオー(第122回・2000年)、メイショウサムソン(第136回・2007年)の4頭。第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したメジロマックイーンが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。

▼1991年はメジロマックイーンが2コーナーで斜行、G1レース初の降着となった

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(秋)昨年のBIGヒット予想家

去年の天皇賞(秋)を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年10月28日(日) 15:41更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 124 

6,420円
310円
154,540円
Lv 91 
24,230円 121,150円
Lv 101 
24,230円 121,150円
Lv 92 
2,370円 118,500円
Lv 115 
6,420円 96,300円
Lv 105 
6,420円 96,300円
Lv 112 
1,630円 94,540円
Lv 108 

6,420円
2,370円
76,050円
Lv 88 
720円 72,000円
Lv 96 

24,230円
24,230円
64,340円
Lv 99 
6,420円 64,200円
Lv 85 
6,420円 64,200円
Lv 97 
6,420円 64,200円
Lv 90 
6,420円 64,200円
Lv 90 
640円 64,000円
Lv 106 
640円 64,000円
Lv 102 
1,630円 57,050円
Lv 95 

24,230円
1,630円
56,830円
Lv 99 

24,230円
6,420円
55,330円
Lv 86 

6,420円
6,420円
53,720円

天皇賞(秋)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る