会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   日程:2018年10月28日()  東京/芝2000m

天皇賞(秋)データ分析

コース図東京芝2000m

位置付けは秋の中距離王決定戦。だが近年は、レースの性格が変化してきている。というのも、このレースが目標の馬だけでなく、ここをステップにジャパンCや有馬記念、あるいは香港へ向かう実績馬が出走してくるからだ。セオリーとしては秋に一度実戦を使われたこのレース目標の馬を狙うべきだが、休み明けで目標が先であっても能力でカバーしてしまう馬も珍しくなくない。それゆえ予想にあたっては、能力や適性、さらに仕上がりなどを総合的に評価する必要がある。これに加えて予想を難しくさせているのが、舞台となる東京芝2000mコースだ。2003年のコース改修で以前に比べればマシになったものの、1コーナー奥のポケットにゲートが置かれ、2コーナーまでは100m強しかない。外枠の先行馬にとっては大きな不利となるほか、スタート直後にゴチャつきやすいコース設計であることには変わりない。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
1位入線失格となった1991年メジロマックイーンを含め、1988年から1番人気が12連敗したこともあったが、近10年では5勝。しかも2011年ブエナビスタ(4着)を除いて3着以内を確保しており、軸としては信頼できる。ちなみに、1番人気で敗れた5頭はウオッカ(2009年3着)、ジェンティルドンナ(2013年2着)とブエナビスタが“牝馬”、フェノーメノ(2012年2着)とイスラボニータ(2014年3着)が“3歳馬”であり、この2点でフィルターをかけるのが有効な策になり得よう。他には2012年からエイシンフラッシュ、ジャスタウェイ、スピルバーグと3連勝するなど、2009年以降で5番人気が4勝。その全4頭が前走毎日王冠を叩いてのローテであった。なお、10番人気以下で2着連対したのは2015年2着のステファノス(10番人気)しかいない。同馬は2走前に香港・クイーンエリザベス2世Cで2着に入っており、評価が低すぎた感もある。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 9-4-2-5 45.0% 65.0% 75.0% 132.0% 100.5%
2番人気 0-6-4-10 0.0% 30.0% 50.0% 0.0% 89.5%
3番人気 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0% 32.5% 25.0%
4番人気 3-2-1-14 15.0% 25.0% 30.0% 169.0% 85.5%
5番人気 4-1-3-12 20.0% 25.0% 40.0% 273.0% 122.0%
6~9番人気 2-4-5-69 2.5% 7.5% 13.8% 94.6% 72.9%
10番人気以下 1-3-3-149 0.6% 2.6% 4.5% 48.6% 37.0%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
2.0~2.9倍 5-3-2-1 45.5% 72.7% 90.9% 117.3% 114.5%
3.0~4.9倍 4-5-5-11 16.0% 36.0% 56.0% 54.0% 86.0%
5.0~7.9倍 3-2-2-23 10.0% 16.7% 23.3% 67.7% 55.7%
8.0~14.9倍 2-3-5-29 5.1% 12.8% 25.6% 57.7% 73.3%
15.0~19.9倍 2-2-1-14 10.5% 21.1% 26.3% 168.9% 100.0%
20.0~49.9倍 3-4-3-80 3.3% 7.8% 11.1% 106.3% 73.6%
50.0倍以上 1-1-2-117 0.8% 1.7% 3.3% 62.6% 29.7%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 3,330円 220円 1,029円
複勝 850円 110円 264円
枠連 6,730円 520円 1,693円
馬連 16,490円 550円 4,333円
ワイド 4,620円 210円 1,267円
馬単 29,270円 1,050円 9,156円
3連複 24,850円 710円 9,096円
3連単 214,010円 3,250円 60,100円

【脚質】
東京芝コースの肝と言えばやはり最後の直線。緩やかな3~4コーナーを回ると525mの長い直線に高低差約2mの上り坂が待ち構えている。さすがにこの直線を逃げ残ることは容易ではなく、近10年で3着以内に入ったのは2008年のダイワスカーレット(2着)のみ。逃げて連勝中だった2013年トウケイヘイロー、2016年エイシンヒカリとも着外に敗れている。一方、先行勢は2012年フェノーメノ(2着)、2013年ジェンティルドンナ(2着)、2014年ジェンティルドンナ(2着)、イスラボニータ(3着)と惜敗を繰り返していたが、2015年からラブリーデイ、モーリス、キタサンブラックと3連勝。いずれもやや緩やかに流れたレースのラストで上がり3F33秒台の脚を使っての後続勢を抑え込んでの勝利だった。ただし、これはどの馬にもできる芸当ではないので、狙いの中心はやはり差し馬ということになろう。よほど位置取りが後ろでなければ、武器である瞬発力で勝ち負けになる。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 0-1-1-18 0.0% 5.0% 10.0% 0.0% 13.0%
先行 6-9-5-56 7.9% 19.7% 26.3% 82.1% 81.7%
差し 13-8-10-123 8.4% 13.6% 20.1% 132.2% 76.9%
追込 1-2-4-79 1.2% 3.5% 8.1% 7.9% 20.1%

【枠順】
スタートしてすぐにコーナーを迎えるだけに、当然ながら外枠が不利。とくに先行馬にとってはポジション取りまでの距離損が大きい。2014年1番人気のイスラボニータも7枠15番からスタートし、向正面に入るあたりまでに外目を回ったロスのぶんだけ最後に止まっての3着という印象だった。ちなみに7枠が最後に勝ったのは2008年のウオッカ、8枠は2003年のシンボリクリスエスで、どちらもハイペースを利した差し馬であった。これに対して6枠から内目は水準以上の成績を残しているが、3枠だけは2003年のコース改修後未勝利となっている。“死に目”として覚えておきたい。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 3-4-2-28 8.1% 18.9% 24.3% 218.6% 90.3%
2枠 2-2-2-32 5.3% 10.5% 15.8% 59.2% 62.4%
3枠 0-1-3-33 0.0% 2.7% 10.8% 0.0% 45.9%
4枠 4-4-4-27 10.3% 20.5% 30.8% 73.1% 83.8%
5枠 3-4-1-32 7.5% 17.5% 20.0% 132.0% 69.8%
6枠 2-0-3-35 5.0% 5.0% 12.5% 124.8% 69.8%
7枠 5-4-1-40 10.0% 18.0% 20.0% 71.0% 50.4%
8枠 1-1-4-49 1.8% 3.6% 10.9% 4.9% 23.1%

【血統】
ディープインパクトを筆頭にサンデーサイレンス系が優勢の東京芝2000m。だがこのレースに関しては、ディープインパクトが1勝2着4回と取りこぼしが目立っている。ディープ以外では、2013年にハーツクライ産駒のジャスタウェイが1着となったほか、フジキセキ、ステイゴールド、ゼンノロブロイなどの産駒が活躍しているものの散発の感が強い。またラブリーデイ(父キングカメハメハ)、エイシンフラッシュ(父キングズベスト)とキングマンボ系が近年2勝も、強く推せるほどではない。ならば注視したいのがトニービンの内包馬。2009年カンパニー(父ミラクルアドマイヤ)、2011年トーセンジョーダン(父ジャングルポケット)と父系で2勝しているほか、ラブリーデイ、ジャスタウェイ、2012年3着ルーラーシップ、2010年3着アーネストリーは母系に関して該当している。

◆同コース種牡馬別成績(東京競馬場/芝/2000m/過去5年)集計期間:2013/06/17~2018/06/17

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ディープインパクト 30-32-24-161 12.1% 25.1% 34.8% 38.7% 70.5%
2 ステイゴールド 24-21-19-170 10.3% 19.2% 27.4% 52.4% 87.8%
3 キングカメハメハ 19-14-7-87 15.0% 26.0% 31.5% 45.4% 48.8%
4 ハーツクライ 14-21-13-116 8.5% 21.3% 29.3% 58.1% 70.6%
5 ハービンジャー 9-6-10-57 11.0% 18.3% 30.5% 87.0% 97.0%
6 ゼンノロブロイ 9-5-3-65 11.0% 17.1% 20.7% 55.0% 48.8%
7 マンハッタンカフェ 8-6-5-67 9.3% 16.3% 22.1% 137.2% 60.1%
8 ネオユニヴァース 7-5-3-55 10.0% 17.1% 21.4% 70.7% 56.3%
9 ジャングルポケット 5-5-4-50 7.8% 15.6% 21.9% 33.4% 60.8%
10 ダイワメジャー 5-2-4-34 11.1% 15.6% 24.4% 186.2% 102.7%
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月22日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年7月21日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2018年7月22日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る