今週の重賞レース

2021年12月4日( ステイヤーズS G2 チャレンジカップ G3
2021年12月5日( チャンピオンズカップ G1

ジャパンカップ G1

日程:2021年11月28日() 15:40 東京/芝2400m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 1 2

コントレイル

牡4 57.0 福永祐一  矢作芳人 456(-8) 2.24.7 1.6 1 33.7 ⑧⑦⑧⑧
2 4 7

オーソリティ

牡4 57.0 C.ルメー  木村哲也 520(+2) 2.25.0 7.1 3 34.4 ⑤④⑤②
3 2 4

シャフリヤール

牡3 55.0 川田将雅  藤原英昭 446(-6) 2.25.2 1 1/2 3.7 2 34.4 ⑤⑤⑥⑤
4 6 12

サンレイポケット

牡6 57.0 鮫島克駿  高橋義忠 474(+2) 2.25.4 3/4 70.5 10 34.5 ④⑥⑥⑦
5 3 6

グランドグローリー

牝5 55.0 C.デムー  G.ビエト 466(--) 2.25.5 3/4 56.6 8 34.2 ⑨⑨⑨⑨
6 7 14

ユーバーレーベン

牝3 53.0 M.デムー  手塚貴久 472(+8) 2.25.5 クビ 25.5 5 34.2 ⑦⑧⑨⑨
7 6 11

シャドウディーヴァ

牝5 55.0 横山典弘  斎藤誠 478(-4) 2.25.6 1/2 76.4 11 34.8 ③②③⑤
8 8 18

ジャパン

牡5 57.0 武豊  A.オブラ 482(--) 2.25.7 クビ 59.3 9 34.3 ⑪⑫⑪⑫
9 5 9

アリストテレス

牡4 57.0 横山武史  音無秀孝 480(+8) 2.25.8 20.5 4 35.3 ①①②②
10 3 5

キセキ

牡7 57.0 和田竜二  辻野泰之 512(+6) 2.26.0 37.4 7 36.6 ⑱⑭①①
11 2 3

ブルーム

牡5 57.0 R.ムーア  A.オブラ 464(--) 2.26.1 1/2 29.0 6 34.8 ⑭⑪⑪⑨
12 8 16

ユーキャンスマイル

牡6 57.0 藤岡佑介  友道康夫 506(+6) 2.26.2 240.1 14 34.7 ⑬⑭⑬⑫
13 7 13

モズベッロ

牡5 57.0 池添謙一  森田直行 488(+6) 2.26.5 1 1/2 278.8 16 34.8 ⑭⑭⑯⑮
14 7 15

マカヒキ

牡8 57.0 藤岡康太  友道康夫 508(+2) 2.26.5 クビ 76.9 12 34.9 ⑫⑭⑯⑮
15 5 10

ロードマイウェイ

牡5 57.0 三浦皇成  杉山晴紀 474(+4) 2.27.0 397.5 18 35.5 ⑯⑫⑬⑫
16 1 1

ムイトオブリガード

牡7 57.0 柴田善臣  角田晃一 490(-2) B 2.27.0 クビ 258.8 15 35.1 ⑯⑱⑱⑱
17 4 8

ウインドジャマー

セ4 57.0 北村宏司  藤沢和雄 508(-2) B 2.27.0 アタマ 311.5 17 35.4 ⑨⑨⑮⑮
18 8 17

ワグネリアン

牡6 57.0 戸崎圭太  友道康夫 464(-2) 2.27.1 クビ 94.6 13 36.6 ②②③②
ラップタイム 12.7 - 11.5 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.3 - 11.6 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.5 - 12.2
前半 12.7 - 24.2 - 37.0 - 49.6 - 62.2
後半 58.6 - 47.0 - 35.3 - 23.7 - 12.2

■払戻金

単勝 2 160円 1番人気
複勝 2 110円 1番人気
7 140円 3番人気
4 120円 2番人気
枠連 1-4 530円 2番人気
馬連 2-7 530円 2番人気
ワイド 2-7 210円 2番人気
2-4 150円 1番人気
4-7 330円 3番人気
馬単 2-7 670円 3番人気
3連複 2-4-7 510円 1番人気
3連単 2-7-4 1,780円 2番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:324,586人(12月03日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【ジャパンカップ2021予想】過度の外枠依存は禁物!道中で内~中をソツなく立ち回る馬が有利!

【ジャパンカップ2021予想】過度の外枠依存は禁物!道中で内~中をソツなく立ち回る馬が有利!

土曜日の東京芝のレース結果、近年のジャパンカップの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は月曜日から火曜日にかけて15.5ミリの雨量を記録。その後は雨が降らなかったものの、水曜日から金曜日にかけて散水作業を実施。夜間の気温低下も相まって、土曜日の芝コースは良馬場(JRA発表)ながらも、含水多めの馬場状態だった。

レース結果を振り返ると、枠順における有利不利が少ない印象。外めの枠がガンガン来ているようにも映るが、これは進路取り(馬場の中~内めが中心)によるものが大きく、過度の外枠依存は危険かと思われる。脚質についても同様で、終始外を回らされた馬や展開不向きの後方勢を除けば、おおむね公平なコンディションだったといえよう。

日曜日開催中の予報は晴れ。突発的な雨でもない限り、脚質面については土曜日の傾向を踏襲する公算が高い。よほどの力量差または適性差でもなければ、道中外、直線も外という待機勢は苦戦を強いられることが予想される。

枠順に関しては判断に悩ましい。ロング開催の終盤ということもあって、内ラチ沿いよりも馬場の3~5分どころが伸びるようになりつつあるのは確か。反面、内寄りもそれなりに我慢が利いており、馬場の乾きが進んで時計が速くなるようなら、優位性が増す可能性も十分に考えられる。

いずれにせよ、道中で内~中をソツなく回りつつ脚をためる馬が有利という捉え方がベター。枠順ベースで選ぶのであれば、少し構えを広くして内~中の1~5枠あたりが適当ではないか。

血統的には過去5年のジャパンカップを検証すると、父サンデーサイレンス系や父キングカメハメハ系、父ロベルト系の実績馬が順当に結果を残している印象。この3系統で3着以内延べ15頭すべてを占めている。該当する馬を中心に馬券を組み立てるのが筋だろう。

もう少し掘り下げると、過去5年いずれもレース全体のラスト1ハロンタイムは12秒台。中盤のラップが緩まず、淀みのない流れになりやすいこともあってか、最後の1ハロンはほぼ平坦にもかかわらず時計を要している。

水準以上の持久力を求められるがゆえに、牝馬なら確かな能力の証左ともいえるG1勝利経験のある5歳以下、牡馬の場合は2400m以上のG1で連対歴を持つ5歳以下の馬が強い。過去10年の優勝馬はいずれも該当。条件を満たす馬は高く評価してしかるべきだ。

今年の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(1~5枠)の要点をともにクリアしているのは、②コントレイル、④シャフリヤール、⑨アリストテレス。よって当欄では、この3頭を軸馬候補として推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
コントレイル ④シャフリヤール ⑨アリストテレス
プロ
予想

【ジャパンカップ2021予想】三冠王「小林弘明」×「スガダイ」が徹底討論!

【ジャパンカップ2021予想】三冠王「小林弘明」×「スガダイ」が徹底討論!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」と三冠王「小林弘明」のジャパンカップ注目馬を大公開!トッププロ予想家のハイレベルG1トークをお届けいたします!

出演:スガダイ(ウマニティ公認予想家) 小林弘明(三冠王) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

調教
予想

【ジャパンカップ2021予想】唯一のA判定、コントレイルがトップ評価!-追い切りチェック(最終版)

【ジャパンカップ2021予想】唯一のA判定、コントレイルがトップ評価!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われるジャパンカップの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①ムイトオブリガード【C】
栗東CW併走。高齢のキャリア馬特有のズルい面が出てきたのか、所々で集中を欠く場面も。ステッキが入ってからの伸び脚は悪くないのだが、やはり好調時の走りに比べると見劣りする。善戦の域を超えるイメージは浮かんでこない。

②コントレイル【
栗東坂路単走。ほぼ馬任せの内容ながらも、中盤あたりで手前を替えると瞬時に加速。躍動感あふれる走りを披露した。前回より素軽さが増しており、折り合いにも無理がない。悔いのない仕上げで大一番に臨めそうだ。

③ブルーム【B】
白井ダ併走。加速がつくまでに少し時間を要している印象を受けるが、欧州馬にありがちな重苦しさは感じない。低い重心を保ちつつ、身体を大きく使って悠々と進むさまは見映えがする。動ける態勢にあるとジャッジしたい。

④シャフリヤール【B】
栗東坂路併走。少し促しつつの進出ではあるものの、脚さばきに硬さはなく、身体も柔らかく使えている。体勢不利のフィニッシュとなったが、折り合い重視の調整なので、深刻に捉える必要はない。合格点のデキにある。

⑤キセキ【B】
栗東CW単走。直線を向いてから手前を替えた際に重心が高くなったことは減点材料。一方で、この馬らしい伸びやかな走りが戻りつつあり、折り合いもスムーズ。むしろ前回の最終追い切り時よりも、全体的な雰囲気は良く映る。及第点の仕上がりと判断したい。

⑥グランドグローリー【B】
白井ダ単走。直線を左手前1本で進み、ゴール後に手前を右に替えてクールダウンという内容。右手前での動きを確認できなかったのは残念だが、道中の前肢を効果的に使った力強い走りは目を引くものがあった。完全無視は禁物の1頭だ。

⑦オーソリティ【B】
美浦南W併走。頭の位置が高いものの、それは前回の中間も同様。振り幅こそ安定しないが、首はしっかり使えているし、四肢の可動域も広い。実戦を1度使ったことで、いい意味の前向きさが出てきた様子。少なくとも、前回のデキを下回るということはない。

⑧ウインドジャマー【C】
美浦南W併走。適度に活気があって脚元の動きも悪くないのだが、首の可動域が狭く推進力がうまく前に伝わっていないように映る。そのため、手ごたえの割に伸びを欠いている印象。相手関係を考えると、期待よりも不安のほうが先立つ。

⑨アリストテレス【B】
栗東CW併走。直線を向いてから手前の切り替えにモタついた点はマイナス材料も、その後の力強い踏み込み、首を効果的に使った走りは見どころがあった。もう少し四肢のさばきに柔らかさがあれば言うことなしだが、気配は決して悪くない。侮れない存在だ。

⑩ロードマイウェイ【D】
栗東坂路単走。四肢のさばきが硬く、前後のバランスも今ひとつ。そのうえ首の可動域も狭く、鞍上のアクションに見合った動きができていない。前回から良い意味で変わったところはうかがえず、今回は様子見が賢明だろう。

⑪シャドウディーヴァ【C】
美浦坂路併走。逆手前ながらも中盤までは活気良く登坂していたが、重心が高いせいもあってか、しまいの伸びは今ひとつ。軽めの調整とはいえ、1週前追い切りの動きが良かっただけに、物足りなさを覚えてしまう。積極的には手が出ない。

⑫サンレイポケット【B】
栗東坂路併走。僚馬の後ろで折り合いをつけ、中盤あたりから徐々に進出する内容。相手がしぶとく、抜け出せないままゴールを迎えたが、手ごたえに見合った動きはできている。この馬なりに順調だろう。

⑬モズベッロ【C】
栗東坂路単走。いかにも体重がありそうな助手を背に、最後まで気勢を失うことなく走り抜いた点は評価できる。ただ、追われてジリッぽく、キレを欠くあたりは相変わらず。府中のG1で上位争いに加わるには、展開や馬場など何らかの恩恵がないと厳しいか。

⑭ユーバーレーベン【C】
美浦南W併走。低い姿勢を保っている一方で、四肢のさばきが硬く、前肢の出も窮屈に映る。もともと完歩の大きな馬ではないことを考慮しても、全体的に動きが小さく見えるのは気がかり。本調子には足りないように思える。

⑮マカヒキ【C】
栗東坂路単走。軽めの調整とはいえ、重心の高さが目につき、躍動感という面では今一歩。最後のほうで一瞬いい反応を示すも、結局弾けずに終わってしまった。上昇度に乏しく、状態維持が精一杯の印象。G1で過度の期待はかけにくい。

⑯ユーキャンスマイル【C】
栗東芝併走。それなりのラップを刻んだものの、後肢が甘く振り幅も小さい。首と前肢の動きは悪くないので、調子を取り戻しつつあるのは確かだが、今回の舞台で勝ち負けに持ち込むには、もう一段階上の変わり身が欲しい。

⑰ワグネリアン【C】
栗東CW併走。まとまりのあるフォームで、気負いなく走れていることは評価できる。その反面、好調時と比較すると少し鋭さが足りないような気も。このひと追いでどこまで変われるか、といったところか。

⑱ジャパン【C】
白井ダ併走。ブルームを前に置き、そのままの形でゴールした。追走遅れはともかく、頭の位置が高いうえに、こぢんまりとした走りに映るのは気になるところ。流す程度の調整とはいえ、心許ない動きであるのは事実。評価は上げづらい。

【調教予想からの注目馬】
唯一のA判定、②コントレイルがトップ評価となる。前走の11日後に初時計を出し、そこから順調にメニューを消化。CWで行われた1週前追い切りでは、長めから好タイムをマーク。総仕上げとなる今週の坂路追い切りでも上々の動きを披露した。とりわけ、素軽い四肢のさばき、それでいて柔軟性に富んだフットワークが印象的。デキに不足はなく、あとは鞍上の手腕に託すだけだろう。

<注目馬>
コントレイル

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:324,586人(12月03日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【ジャパンカップ2021予想】コントレイル「前走もすごく良かったが、同様にいい状態」 シャフリヤール「動きは予想どおりのもの」

【ジャパンカップ2021予想】コントレイル「前走もすごく良かったが、同様にいい状態」 シャフリヤール「動きは予想どおりのもの」

 アリストテレス・音無調教師「短期放牧に出して早めに帰厩し、しっかり調教を消化。自分の力は発揮できる仕上がり」

 ウインドジャマー・藤沢和調教師「動きは良かった。古馬になってしっかりと走れている」

 オーソリティ・木村調教師「へこたれることなく、元気にリカバリーしてくれた。いい意味でいつもどおりにきている」

 キセキ・辻野調教師「前走はいつもより休み明け感が強かった。いきなり動いた反動もなく、使って上向いてきた」

 グランドグローリー・デュモン助手「カイバをよく食べていて、輸送での疲れも取れた様子。騎乗した感触もいい」

 コントレイル・福永騎手「追い切ったあとの息づかいもケロッとしていた。前走もすごく良かったが、同様にいい状態」

 サンレイポケット・鵜木助手「前走で一線級と差のない競馬ができた。この距離もこなせる」

 シャドウディーヴァ斎藤誠調教師「心と体はできているので調整程度。ここにきてだいぶ動けるようになってきた」

 ジャパン・キーティング助手「ブルーム同様、とても元気。レースに向けての調整過程に手応えを感じている」

 シャフリヤール・藤原英調教師「動きは予想どおりのもの。ジョッキーも『春よりしっかりしている』と言っていた」

 ブルーム・キーティング助手「元気だし、カイバをいつも完食。ジャパンともども動きが良く、手応えを感じている」

 マカヒキ・友道調教師「体に張りがある。デキは上向きだし、前走のような消耗戦なら」

 ムイトオブリガード・角田調教師「上積みはどうかだが、状態はいい。得意の距離でどこまで」

 モズベッロ・森田調教師「フラットワークを取り入れて乗り込んだ。距離が延びるのもいい」

 ユーキャンスマイル・友道調教師「札幌記念から使ったことで調整はしやすい。舞台はベスト」

 ユーバーレーベン・手塚調教師「十分合格点をあげられる動き。馬体に張りが出てきたし、使った上積みは見込める」

 ロードマイウェイ・杉山晴調教師「テンに行けなくなっている。距離はこれぐらいがいい」

 ワグネリアン・友道調教師「マイルを使って前向きさが出てくるはず。それでも掛かることを心配せず、早めの競馬を」

(夕刊フジ)

ジャパンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【ジャパンカップ2021予想】コントレイル、アリストテレス、シャフリヤール、オーソリティの4頭が中心

【馬齢】

2011年以降の3着以内馬延べ30頭の馬齢をみると、3歳から7歳までの範囲で収まっている。ただし、6歳以上の最高着順は3着止まり。2着連対圏に届きそうで届かない状況が続いている。

(減点対象馬)
①ムイトオブリガード ⑤キセキ ⑫サンレイポケット ⑮マカヒキ ⑯ユーキャンスマイル ⑰ワグネリアン

【所属】

2011年以降の所属別成績は、美浦【2.2.2.32】、栗東【8.8.8.72】、外国【0.0.0.29】。なお美浦所属馬の2着連対圏入りは、前走が2着以内だった馬に限られる。前走3着以下の関東馬は強調しづらい。

(減点対象馬)
③ブルーム ⑥グランドグローリー ⑭ユーバーレーベン ⑱ジャパン

【前走クラス】

2011年以降の1~3着馬延べ30頭の前走をクラス(レース格)で分けると、G1、G2の2パターンに限定される。これ以外のステップで臨んだ馬は、複勝圏に達していない。

(減点対象馬)
⑧ウインドジャマー

【前走着順】

前走の着順については、G1ならば12着、G2の場合は4着が最低ライン。2011年以降、この条件を満たしていなかった馬は、いずれも4着以下に敗れている。

(減点対象馬)
⑩ロードマイウェイ ⑬モズベッロ ⑭ユーバーレーベン ⑰ワグネリアン

【距離実績】

2011年以降の3着以内馬延べ30頭すべてに、芝2000m以上での重賞V歴または芝2000m以上のG1で連対経験があった。このレースで勝ち負けに加わるには、高いレベルの中~長距離実績が必要といえよう。

(減点対象馬)
⑧ウインドジャマー ⑪シャドウディーヴァ

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、②コントレイル、④シャフリヤール、⑦オーソリティ、⑨アリストテレスの4頭。最上位には②コントレイルを推す。2011年以降、芝のG1を3勝以上していた馬は【5.4.2.3】という上々の成績。そのうち、同年の天皇賞(秋)で単勝1番人気の高支持を集めていた馬は【3.1.1.0】と抜群の安定感を示している。ここは牡馬クラシック三冠馬の底力に期待したい。

サンプル数こそ少ないが、前走が京都大賞典で単勝1番人気かつ3着以内だった馬は【2.0.0.0】と活躍。それに該当する⑨アリストテレスを2番手に。同年の日本ダービー優勝馬は【0.2.0.1】の成績を残していることから、④シャフリヤールにも要注目。【3.1.0.0】の東京芝実績を誇る、⑦オーソリティもぞんざいには扱えないだろう。

<注目馬>
コントレイル ⑨アリストテレス ④シャフリヤール ⑦オーソリティ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【ジャパンカップ2021予想】実績最上位で1位のコントレイルを軸の最有力候補に指名!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

まずはU指数の算出されない初来日の外国馬について評価していく。今年参戦する3頭は例年よりも実績上位の骨っぽい面子だが、評判倒れに終わった例も枚挙にいとまがないので、「来たらあきらめる」のスタンスで臨むのがベター。指数予想では、未知なる存在には手を出しづらい。今年も馬券の対象は日本馬に絞って考えるべきだろう。

取捨を判断する際は、古馬と3歳馬を分けて扱うのが効率的。古馬については、3着以内に入るのがほとんど5位以内なので、6位以下を割り引くのが基本といえる。一方の3歳馬、とくに古馬初対戦となるケースは指数が出にくいので、人気に注目すればOK。古馬と対等に戦えるとみなされている馬は軒並み上位人気に支持され、過去5年間で馬券対象となった3歳馬はすべて5番人気以内という点で共通する。人気薄の3歳馬はノーマークで構わない。

これらの好走条件を満たすなかで推奨したいのは、昨年の三冠馬で1位の②コントレイル(103.2)、3年前のこのレースの2着馬で常に一発の魅力を秘める2位の⑤キセキ(100.8)、穴っぽいどころでは東京巧者で前走天皇賞(秋)4着に好走した4位の⑫サンレイポケット(99.6)、上位人気必至の3歳馬で11位の④シャフリヤール(96.0)の4頭。なかでも2位に2.4の指数差を付けて“淒馬”になっているコントレイルが軸の最有力候補だ。

【U指数予想からの注目馬】
コントレイル ⑤キセキ ⑫サンレイポケット ④シャフリヤール

出走予定馬のU指数をチェックする

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:324,586人(12月03日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【ジャパンカップ2021予想】最多タイとなる3勝を挙げるディープインパクト、トニービンの血を引く古豪も奮闘

【ジャパンカップ2021予想】最多タイとなる3勝を挙げるディープインパクト、トニービンの血を引く古豪も奮闘

東京優駿(日本ダービー)の勝ち馬4頭が会することでも話題となっている今年のジャパンカップ。いずれもディープインパクト産駒となるが、同種牡馬は「3-4-2-20」という成績を残しており、12・13年にはジェンティルドンナが史上初となる2連覇を達成してみせた。なお、種牡馬としての3勝はサンデーサイレンスと並ぶ最多勝タイ記録でもある。

また、ジャパンカップはトニービンの血を引く古豪も気を吐いており、ハーツクライ産駒が17年シュヴァルグラン、19年スワーヴリチャードと別馬で2勝。ジャングルポケット産駒も11年3着ジャガーメイル(14番人気)、13年3着トーセンジョーダン(11番人気)が二桁人気で健闘している。ほか、08年スクリーンヒーロー(父グラスワンダー)、09年ウオッカ(父タニノギムレット)、14年エピファネイア(父シンボリクリスエス)といったRobertoの直系も底力を発揮してきたように、大一番でこそ強さを見せる血脈にも気を配りたい。

コントレイルは、父ディープインパクト×母ロードクロサイト(母の父Unbridled's Song)。昨年は史上初となる無敗で父子三冠の偉業を達成し、ジャパンカップでも2着と好走。今年は2戦して道悪、半年ぶりの実戦とベストパフォーマンスを発揮できないなかでも善戦しているだけに、引退レースで渾身の仕上げとあれば上位争い必至だろう。なお、同じ母の父となるスワーヴリチャードは18年3着、19年1着とリピーターとして活躍している。

サンレイポケットは、父ジャングルポケット×母アドマイヤパンチ(母の父ワイルドラッシュ)。父は3歳時に東京優駿(日本ダービー)、ジャパンカップと東京芝2400mのG1を2勝。種牡馬としてはジャパンカップで勝ち馬こそ出せていないものの、先述のとおりジャガーメイルやトーセンジョーダンが二桁人気で3着以内に好走して存在感を示している。本馬は05年4着リンカーンや09年4着コンデュイットが出たファミリーでもあり、再度の大駆けがあっても驚けない。

オーソリティは、父オルフェーヴル×母ロザリンド(母の父シンボリクリスエス)。東京はいずれも芝2400m以上の重賞に出走して「3-1-0-0」、2着となった21年ダイヤモンドSにおいても勝ち馬との着差はクビ差で、当該競馬場での長距離戦は最も得意とするところ。また、本馬は14年ジャパンカップで後続に4馬身差をつける完勝劇を披露したエピファネイアの甥でもあるので、伯父同様に飛躍の4歳秋となっても何ら不思議ない魅力を感じさせる。

【血統予想からの注目馬】
コントレイル ⑫サンレイポケット ⑦オーソリティ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

乗り変わり
勝負度

【ジャパンカップ2021予想】悔しい経験のある人馬がライバル相手に大仕事を成し遂げる!

【ジャパンカップ2021予想】悔しい経験のある人馬がライバル相手に大仕事を成し遂げる!

編集部(以下、編) 土曜版でもお伝えしたように、ジャパンカップにはG1実績のある外国馬が3頭出走し、世界的名手のムーア騎手、C.デムーロ騎手が登場します。両者ともに今回は乗り替わり騎乗となりますが……。

新良(以下、新) さすがにそこは狙いません。鞍上が良くても、ヨーロッパの馬が日本の競馬に対応するのは難しいと思いますから。

編 基本的にノーマークでOKと?

新 そうですね。ガンガン騎手人気してほしいです。相対的に日本馬のオッズが美味しくなりますからね。

編 では、そんな状況下でどの日本馬を狙っていきましょう?

新 私はM.デムーロ騎手から横山武史騎手に乗り替わる⑨アリストテレスに注目しています。

編 横山武騎手はこの秋G1で2勝を挙げ、先週のマイルCSでも2着でした。まさに今が旬のジョッキーですね。

新 今回は人気馬への騎乗ではありませんが、一発のチャンスは十分にあると思っています。

編 推奨根拠を教えていただけますか?

新 アリストテレスにはこれまで、トップクラスの騎手ばかりが騎乗してきましたが、ある傾向を見いだすことができます。

編 ルメール騎手、松山弘平騎手、福永祐一騎手、M.デムーロ騎手、武豊騎手と、そうそうたる顔ぶれですね。ある傾向とはなんでしょう?

新 M.デムーロ騎手は3回騎乗して2勝、2着1回。松山騎手は2回騎乗して2着2回。この2人は一度も連を外していません。それに対し、ルメール騎手、福永騎手、武豊騎手は、着外に敗れたことがあります。

編 なんとなく、あたりの柔らかいタイプの騎手よりも、グイグイ追うタイプの騎手のほうが好成績を収めている印象が……。

新 まさにその通りです。この馬は、腕っぷしが強く、パワーで馬を御すタイプの騎手と合っているのでしょう。スマートにコンタクトをとるタイプの騎手とはおそらく相性が悪いんです。

編 確かに、過去の成績がそれを如実に表していますね。そして今回騎乗する横山武騎手は……。

新 どちらかといえばパワー寄りですよね。ムーア騎手に似た騎乗フォームで追うことのできる剛腕系で、アリストテレスと手は合うはずです。

編 M.デムーロ騎手はユーバーレーベンに乗ることになりましたが、スイッチする鞍上が横山武騎手ならなんら心配なしということですね。

新 むしろプラスと考えていいかもしれません。G1では最も頼りになる騎手の1人ですから。

編 そうなると、馬がこのメンバー相手にどこまでやれるかがポイントになりそうですね。

新 昨年の菊花賞でコントレイルを追い詰めた実力馬ですし、能力的には見劣らない、というより上位に評価できます。馬券圏内に入ってもまったく不思議はないでしょう。オルフェーヴル、エピファネイア、キタサンブラック、キセキなど、前年の菊花賞で好走した馬が活躍するレースという点も追い風ですよね。

編 スタミナの裏付けのある馬が強いわけですね。

新 メンバー的にもコース的にもタイトなレースになりやすいことが、大きく影響しているのでしょう。

編 コントレイルに対して、昨年の菊花賞のリベンジを果たすチャンスがきたと。

新 馬だけでなく、鞍上も日本ダービーで涙をのんだ借りを、シャフリヤールに返したいでしょう。

編 昨年と今年のダービー馬を同時に退けたら痛快ですね。

新 音無秀孝厩舎のバックアップ体制も万全で、すべての準備が整った印象があります。

編 人馬ともに大仕事を。

新 やってのけてもらいましょう。

【乗り変わり勝負度からの注目馬】
アリストテレス
ステップ
レース

【ジャパンカップ2021予想】前哨戦での各馬のパフォーマンス&U指数評価は?

2021年11月14日() 阪神/芝2200m
天候:晴 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 16 アカイイト 幸英明 2:12.1 64.9 10 35.7 102.9
2 5 ステラリア 松山弘平 2:12.4 25.1 7 36.1 101.3
3 2 クラヴェル 横山典弘 2:12.5 クビ 46.9 9 36.1 100.8
4 11 ソフトフルート 岩田望来 2:12.5 クビ 74.2 11 36.0 100.8
5 4 イズジョーノキセキ 和田竜二 2:12.5 ハナ 118.3 12 36.5 100.8
2021年11月7日() 東京/芝2500m
天候:晴 馬場:
アルゼンチン共和国杯2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 オーソリティ C.ルメール 2:32.4 3.0 1 33.9 101.0
2 12 マイネルウィルトス M.デムーロ 2:32.8 2 1/2 7.6 4 34.1 99.2
3 5 フライライクバード 岩田望来 2:32.9 3/4 5.2 3 34.2 98.7
4 1 レクセランス 戸崎圭太 2:32.9 ハナ 26.4 9 33.8 98.7
5 9 ディアマンミノル 荻野極 2:33.0 クビ 14.4 7 33.6 98.3
2021年10月31日() 東京/芝2000m
天候:曇 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 エフフォーリア 横山武史 1:57.9 3.4 3 33.2 107.4
2 1 コントレイル 福永祐一 1:58.0 2.5 1 33.0 106.9
3 9 グランアレグリア C.ルメール 1:58.1 クビ 2.8 2 33.8 106.3
4 8 サンレイポケット 鮫島克駿 1:58.4 1 3/4 113.5 10 33.6 104.5
5 15 ヒシイグアス 松山弘平 1:58.7 1 3/4 40.4 7 33.7 102.7
2021年10月24日() 阪神/芝3000m
天候:曇 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 3 タイトルホルダー 横山武史 3:04.6 8.0 4 35.1 100.8
2 18 オーソクレース C.ルメール 3:05.4 5.4 3 34.8 97.8
3 11 ディヴァインラヴ 福永祐一 3:05.4 アタマ 17.3 6 35.2 97.8
4 14 ステラヴェローチェ 吉田隼人 3:05.4 ハナ 4.1 2 34.7 97.8
5 7 ディープモンスター 武豊 3:05.6 1 1/2 18.1 7 34.9 97.0
2021年10月10日() 阪神/芝2400m
天候:晴 馬場:
京都大賞典2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 8 マカヒキ 藤岡康太 2:24.5 32.1 9 35.9 99.6
2 9 アリストテレス M.デムーロ 2:24.5 ハナ 3.6 1 36.1 99.6
3 11 キセキ 和田竜二 2:24.6 1/2 7.4 4 36.4 99.1
4 10 ディアマンミノル 荻野極 2:24.8 1 1/4 40.4 11 35.6 98.1
5 13 ロードマイウェイ 松山弘平 2:24.8 クビ 43.1 12 36.1 98.1
過去10年の結果

【ジャパンカップ2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年11月29日() 東京/芝2400m
天候:曇 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 2 アーモンドアイ C.ルメール 2:23.0 2.2 1 34.7 105.9
2 6 コントレイル 福永祐一 2:23.2 1 1/4 2.8 2 34.3 104.9
3 5 デアリングタクト 松山弘平 2:23.2 クビ 3.7 3 34.4 104.9
4 1 カレンブーケドール 津村明秀 2:23.2 ハナ 24.9 5 34.8 104.9
5 15 グローリーヴェイズ 川田将雅 2:23.3 クビ 17.2 4 35.2 104.4
2019年11月24日() 東京/芝2400m
天候:曇 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 スワーヴリチャード O.マーフィー 2:25.9 5.1 3 36.5 106.9
2 1 カレンブーケドール 津村明秀 2:26.0 3/4 10.5 5 36.9 106.4
3 2 ワグネリアン 川田将雅 2:26.2 1 1/2 4.3 2 36.6 105.4
4 14 マカヒキ 武豊 2:26.5 1 3/4 50.4 12 36.3 104.0
5 6 ユーキャンスマイル 岩田康誠 2:26.6 クビ 6.2 4 36.7 103.5
2018年11月25日() 東京/芝2400m
天候:晴 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 1 アーモンドアイ C.ルメール 2:20.6 1.4 1 34.1 109.0
2 8 キセキ 川田将雅 2:20.9 1 3/4 9.2 4 34.7 107.5
3 11 スワーヴリチャード M.デムーロ 2:21.5 3 1/2 6.5 2 34.7 104.5
4 9 シュヴァルグラン C.デムーロ 2:21.5 クビ 12.9 5 34.5 104.5
5 5 ミッキースワロー 横山典弘 2:21.9 62.6 8 33.9 102.6

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【ジャパンカップ2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2017年の優勝馬シュヴァルグラン
2017年の優勝馬シュヴァルグラン

日本競馬史上初の国際G1として、古くから東京競馬場を舞台に世界の強豪馬と日本代表との激闘が繰り広げられてきた。第1~3回は外国調教馬の強さに屈したが、第4回(1984年)、カツラギエースが一世一代の大逃げを打って粘り切り、日本調教馬として初制覇を果たす。連覇を成し遂げたのはジェンティルドンナただ1頭(第32、33回)。そのほかの勝利馬を見てもウオッカ(第29回)、ブエナビスタ(第31回)、ショウナンパンドラ(第35回)、アーモンドアイ(第40回)など牝馬の活躍が目立つ。第26回(2006年)は、凱旋門賞で3位入線(のちに失格)に終わり失意の秋を過ごしていたディープインパクトが復活の勝利。燻る思いを払拭し、引退レースの有馬記念へと向かった。

▼2006年はディープインパクトが復活の勝利をあげた。

歴史と概要をもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:324,586人(12月03日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

ジャパンカップ特集 バックナンバー

トップへ