ヴェルトライゼンデ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ヴェルトライゼンデ
ヴェルトライゼンデ
ヴェルトライゼンデ
ヴェルトライゼンデ
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2017年2月8日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-2-0-0]
総賞金7,463万円
収得賞金3,700万円
英字表記Weltreisende
血統 ドリームジャーニー
血統 ][ 産駒 ]
ステイゴールド
オリエンタルアート
マンデラ
血統 ][ 産駒 ]
Acatenango
Mandellicht
兄弟 ワールドプレミアワールドエース
前走 2020/03/22 フジTVスプリングS G2
次走予定 W

ヴェルトライゼンデの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/03/22 中山 11 スプリングS G2 芝1800 10331.712** 牡3 56.0 池添謙一池江泰寿490(-2)1.50.0 0.234.2⑤⑤④④ガロアクリーク
19/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 13456.932** 牡2 55.0 O.マーフ池江泰寿492(+2)2.01.6 0.235.8⑥⑥⑤④コントレイル
19/10/26 京都 9 萩ステークス (L) 芝1800 7442.211** 牡2 55.0 C.スミヨ池江泰寿490(0)1.50.8 -0.134.5シリアスフール
19/09/01 小倉 5 2歳新馬 芝1800 12562.211** 牡2 54.0 川田将雅池江泰寿490(--)1.51.6 -0.536.8ダンシングリッチー

ヴェルトライゼンデの関連ニュース

 ★スプリングSを制したガロアクリーク(美・上原、牡)は引き続きヒューイットソン騎手で皐月賞(4月19日、中山、GI、芝2000メートル)に臨む。結果次第で、その後は日本ダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)、NHKマイルC(同10日、東京、GI、芝1600メートル)が視野に。3着サクセッション(美・国枝、牡)は流動的だが、皐月賞NHKマイルCが視野に。

 ★フラワーCを勝ったアブレイズ(栗・池江、牝)は、桜花賞(4月12日、阪神、GI、芝1600メートル)に登録。出走は状態をみて決められる。僚馬でスプリングS2着ヴェルトライゼンデ(牡)は、皐月賞へ。

 ★さわらび賞を勝ったカバジェーロ(栗・橋口、牡)は葵S(5月30日、京都、重賞、芝1200メートル)へ。僚馬で京成杯7着ロールオブサンダー(牡)は、京都新聞杯(5月9日、京都、GII、芝2200メートル)。

 ★7日阪神の1勝クラス(芝1400メートル)を勝ったギルデッドミラー(栗・松永幹、牝)は桜花賞に登録。除外なら、アーリントンC(4月18日、阪神、GIII、芝1600メートル)へ。

 ★フラワーC8着キングスタイル(栗・矢作、牝)は、忘れな草賞(4月12日、阪神、L、芝2000メートル)へ。僚馬で22日阪神の未勝利戦(芝2000メートル)を勝ったプリマヴィスタ(牡)は、ひめさゆり賞(4月11日、福島、1勝クラス、芝2000メートル)へ。

アブレイズの競走成績はこちら

【スプリングS】ガロアクリーク豪脚!皐月切符獲得 2020年3月23日(月) 05:07

 皐月賞の最終トライアル・スプリングSが22日、中山競馬場で10頭によって争われ、6番人気のガロアクリークが中団から鋭く伸び、2着ヴェルトライゼンデに1馬身1/4差をつけて重賞初制覇を飾った。コンビを組んだライル・ヒューイットソン騎手(22)=南ア=は日本の重賞初勝利。3着サクセッションまでが皐月賞(4月19日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

 クラシック戦線の新星は、強い南風と南アフリカの若き名手に導かれてやってきた。4コーナー手前からのまくり合戦を制したのは6番人気の伏兵ガロアクリーク。ヒューイットソン騎手は、無人のスタンドに向かって左手を突き上げた。

 「強敵がそろっていましたが、追い切りの感触がすごく良かったので自信を持って乗りました。日本のGIIを勝つことができて光栄です」

 すでに本国で2度のリーディングを獲得している22歳は、日本での重賞初Vに端正なマスクをほころばせた。勝負どころでは人気を集めたヴェルトライゼンデサクセッションの間を割るように進出。残り1ハロンで先頭に立ってからも末脚は衰えず、鞍上の左ステッキに導かれてゴールに飛び込んだ。

 新馬勝ちの後はホープフルS11着、水仙賞4着と苦戦続き。それでも上原調教師には確信があった。

 「体が柔らかくて、能力は結構あると思っていたからね。ジョッキーには『(優先出走権のある)3着は外すな』ときつく言っておいたんだ」

 2004年にはこのレースで11番人気ながら3着だったダイワメジャー皐月賞を制した実績があり、「同じように人気のないスプリングSで走ったから次のレースも楽しみ」と16年前の再現に意欲を示していた。

 本番でも引き続き手綱を取る鞍上は「2000メートルが限界だと思うが、うまく能力でこなしてくれれば。一緒に大きいところで頑張りたい」と次なるターゲットに闘志を燃やす。馬名はカナダの金鉱山に由来するが、南アもダイヤモンドの産地として有名。このコンビ、さらなるお宝を運んでくれそうだ。 (漆山貴禎)

ガロアクリーク 父キンシャサノキセキ、母ゴールドレリック、母の父キングマンボ。鹿毛の牡3歳。美浦・上原博之厩舎所属。北海道浦河町・笠松牧場の生産馬。馬主は水上行雄氏。戦績4戦2勝。獲得賞金6322万8000円。重賞は初勝利。スプリングS上原博之調教師、ライル・ヒューイットソン騎手ともに初勝利。馬名は「カナダの金鉱山より」。

ライル・ヒューイットソン(Lyle Hewitson) 1997年10月30日生まれ、22歳。南アフリカ出身。南アで17/18、18/19シーズンにリーディングを獲得。2016年にデビュー。GIはガーデンプロヴィンスS連覇など6勝。日本では通算49戦8勝。短期免許期間は5月4日まで。

★22日中山11R「スプリングS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】1番人気ヴェルトライゼンデ2着 2020年3月23日(月) 05:06

 断然の1番人気だったヴェルトライゼンデは2着。勝負どころでの反応が鈍く、直線で必死にガロアクリークに食らいついたが、1馬身1/4差及ばなかった。皐月賞の優先出走権を確保して賞金も加算できたが、前走のホープフルS2着と比較すると、物足りない内容だった。

 池添騎手は「休み明けでもここはしっかりと勝っておきたかったのですが…」と悔しさをにじませる。続けて「距離は千八よりも二千の方がいいし、本番(皐月賞)では状態も上がってくると思うので巻き返したい」とリベンジを誓っていた。

★22日中山11R「スプリングS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】ヴェルトライゼンデ2戦連続2着 池添謙「次は巻き返したい」 2020年3月22日() 19:26

 3月22日の中山11Rで行われた第69回フジテレビ賞スプリングS(3歳オープン、GII、芝1800メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=5400万円)は、ライル・ヒューイットソン騎手騎乗の6番人気ガロアクリーク(牡、美浦・上原博之厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分49秒8(良)。



 ホープフルS2着馬で、単勝オッズ1.7倍の断然人気に支持されたヴェルトライゼンデは、道中は5番手を追走。スローペースの中、じわじわと外を回って進出を開始し直線、勝ち馬との一騎打ちに持ち込むもゴール前さらに引き離され、前走に続き2着止まり。ワールドプレミア菊花賞)、ワールドエースきさらぎ賞マイラーズC皐月賞2着)の半弟という良血馬が重賞初制覇のチャンスを逃がした。



 池添謙一騎手「休み明けでも、ここはしっかりと勝っておきたかったのですが…。勝負どころでモタモタして、一気にまくられる形。それでも食らいついて伸び返そうとしていました。距離は1800メートルより2000メートルぐらいあった方がいいし、本番(皐月賞)では状態も上がってくると思うので、次は巻き返したいです」



★【スプリングS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【スプリングS】サクセッション3着で皐月切符ゲット 三浦「最後までよく頑張ってくれたが…」 2020年3月22日() 19:25

 3月22日の中山11Rで行われた第69回フジテレビ賞スプリングS(3歳オープン、GII、芝1800メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=5400万円)は、ライル・ヒューイットソン騎手騎乗の6番人気ガロアクリーク(牡、美浦・上原博之厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分49秒8(良)。



 アスター賞、前走のジュニアCと中山で2戦2勝だったサクセッションは、後方2、3番手でレースを進めると、勝負どころで大外を回って直線で脚を伸ばし、接戦の3着争いを制して皐月賞の優先出走権を獲得した。



 三浦皇成騎手「動くに動けない展開でしたね。1番人気(ヴェルトライゼンデ)をマークして残り600メートルから馬場のいいところへ出した。最後までよく頑張ってくれましたが、勝ち馬に1頭分外を回らされてしまったのが誤算でした」



★【スプリングS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【スプリングS】サクセッション3着で皐月切符ゲット 三浦「最後までよく頑張ってくれたが…」 2020年3月22日() 19:25

 3月22日の中山11Rで行われた第69回フジテレビ賞スプリングS(3歳オープン、GII、芝1800メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=5400万円)は、ライル・ヒューイットソン騎手騎乗の6番人気ガロアクリーク(牡、美浦・上原博之厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分49秒8(良)。



 アスター賞、前走のジュニアCと中山で2戦2勝だったサクセッションは、後方2、3番手でレースを進めると、勝負どころで大外を回って直線で脚を伸ばし、接戦の3着争いを制して皐月賞の優先出走権を獲得した。



 三浦皇成騎手「動くに動けない展開でしたね。1番人気(ヴェルトライゼンデ)をマークして残り600メートルから馬場のいいところへ出した。最後までよく頑張ってくれましたが、勝ち馬に1頭分外を回らされてしまったのが誤算でした」



★【スプリングS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェルトライゼンデの関連コラム

閲覧 1,173ビュー コメント 0 ナイス 1

先週末は東西のG2で断然人気馬が敗れる波乱があった。

スプリングSは単勝オッズ1.7倍のヴェルトライゼンデが中団からの抜け出しを図ったものの、外から勢いよくマクってきたガロアクリークに屈して2着。一方の阪神大賞典では単勝オッズ1.6倍のキセキが大出遅れからマクるも直線失速し7着。

ヴェルトライゼンデは負けたとはいえトライアルとしてはまずまずの内容だったが、キセキ有馬記念に続いての出遅れ、それも大出遅れとなってしまい、今後に向けて不安を残す内容となった。思えば父ルーラーシップも晩年はかなり出遅れが癖になっていたことを思い出す。父の場合はそれでも走っていただけにまだ良かったのだが、キセキの場合は先行して結果を出してきただけに、やはりゲートへの不安は今後もついて回りそうだ。


〜ゲートが下手過ぎるデムーロ

キセキの場合は馬の癖という点が強そうだが、実はゲートの巧拙は騎手の影響も大きい。

私事になるが、このたび、4/14(火)発売の新著『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』の執筆に伴い、JRAの全騎手を改めて徹底的に調べた。すると騎手ごとの明確な傾向が出て来る。例えば、武豊騎手や福永騎手といったトップジョッキーはやはり出遅れが少ない。また意外なところでは2019年障害界のリーディングジョッキーである森一馬騎手もゲートは非常に上手く、スタートから流れに乗れることが安定感の一因だということがよくわかった。

一方、デムーロ騎手はやはり出遅れ率が極めて高い。出遅れてもそこからのマクリで届く、先週土曜の最終レースを制したゲバラのようなケースもそれなりにあるのだが、やはりスタートの遅れは致命傷になるケースも多い。今週末は高松宮記念となるが、デムーロ騎手が騎乗するモズアスコットはもともと出遅れ癖のある馬。そこに出遅れジョッキーであるデムーロ騎手が乗るとなれば、高確率でスタートを決められない可能性が高いのではないか。


〜春G1開幕戦・高松宮記念展望

さて、前述通り今週末は高松宮記念。無観客競馬が続く中だが、いよいよ春のG1戦線がスタートする。

昨年の覇者ミスターメロディの名前こそないが、スプリンターズSの覇者・タワーオブロンドン、初のスプリント挑戦となるグランアレグリア、この路線の常連ダノンスマッシュなどなど、有力各馬が顔を揃える好メンバーとなりそうだ。

気掛かりなのは週末の天気だろうか。中京競馬場は土日ともに雨予報が出ており、その降り方によっては一気に馬場が悪化する可能性もある。ただでさえ馬場把握が難しい中京の芝であるから、やはり見られるならば土曜の傾向、あわよくば日曜の芝も見てから馬券を買いたいところだ。

前述した3頭はいずれも有力だとは思うが、一瞬の判断やコース取り、また馬場にも影響されるスプリント戦だけにカンタンなレースではない。その中で、現時点での大穴候補として期待しているのはクリノガウディー

前走は初の1400mチャレンジとなったが、それでも前半ガツンと掛かってしまい全く流れに乗れないまま終わってしまった。そのレースぶりを見る限り、初の1200mの流れは間違いなく合いそうだ。昨年のマイルCSでは勝ち馬と0秒6差の7着。一昨年の朝日杯FSではグランアレグリアに先着する2着と、能力的にはG1に入っても侮れないものがあるだけに、初距離でキッチリ折り合えればチャンスがあるのではないだろうか。

もう一頭穴候補を挙げるならば、アイラブテーラー。こちらもデビュー以来ほぼ崩れ知らず。なかなか難しいレースになりがちな1200m路線で、しかも差し馬でこれだけ安定しているのは地力がある証拠で、事実、昨年の京阪杯では道中致命的な不利を受けながらも直線盛り返して2着まで押し上げて来ていた。出遅れ率の低い武豊騎手騎乗というのも、流れに乗れるという点では有利になる。急坂、荒れ馬場など不安要素も多くあるが、それでも堅実な末脚はこの舞台でも侮れない。

上位3頭がそれなりに強いのは間違いなく、総崩れするような可能性は低い。それでも、一瞬の判断やコース取りによって結果が変わるスプリント戦だけに、一角崩しの伏兵を探ってみる価値はあると思う。


高松宮記念の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年3月27日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(3/20~3/22) 夢月プロがスプリングS○◎的中など少点数ヒット連発で3週連続プラス達成!
閲覧 336ビュー コメント 0 ナイス 3


 
20(祝金)G3フラワーC、22(日)G2スプリングS、G2阪神大賞典ほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
20(祝金)には、中山2R3歳未勝利阪神12R4歳上1勝クラスなどの的中を披露。22(日)は、阪神2R3歳未勝利◎○ワイド1点的中、中山7R4歳上1勝クラスモッズストーンドーファンでのパーフェクト的中、中山8R4歳上1勝クラス○▲◎的中と、さらなる好調アピールの展開。迎えたG2スプリングSでは○ガロアクリークヴェルトライゼンデで馬連的中とし、この日を大幅プラスで締め括り。週間トータル回収率118%をマークし、3週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
先週は、20(祝金)阪神12R4歳上1勝クラスの◎ワンダーアフィラド、21(土)阪神10R仲春特別の◎ナムラムツゴロー、22(日)阪神1R3歳未勝利の◎イーベンホルツ中山10R韓国馬事会杯の◎ロードアクシスなどの的中をマーク。G2スプリングSでは、「単勝1倍台になろうかという馬としてはやや瞬発力不足懸念もあるヴェルトライゼンデ。一応はこの馬が中心だが、むしろガロアクリークラグビーボーイに流す穴狙い馬連のほうが本線ということになるのかも知れない」との見立てで、△◎馬連的中を披露。週間3日間のトータル回収率111%とし、3週連続週末プラスを決めています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
20(祝金)阪神12R4歳上1勝クラス、21(土)中山2R3歳未勝利阪神7R3歳1勝クラス、22(日)中山10R韓国馬事会杯○◎▲的中などで連日のプラスを達成。G2スプリングSは▲◎的中とし、週間回収率139%を記録しました。これで6開催日連続プラス収支とし、3週連続週末プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(141%)、シムーンプロ(127%)、馬侑迦プロ(118%←3週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(117%)、エース2号【予想MC限定】プロ(111%)、ジョアプロ(109%←2週連続週末プラス)、暴君アッキープロ(107%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年3月19日(木) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】エーポスは岩田騎手の得意技がハマった/週末の重賞展望
閲覧 857ビュー コメント 0 ナイス 1

先週末は1年の中でもそれほど多くない4重賞の週末。

その中でも春のG1へ向けて、という意味では金鯱賞サートゥルナーリア。1.3倍の断然人気ではあったが、超スローの流れを問題なく折り合い直線は難なく抜け出して完勝、まずは今季初戦で順当なスタートを切った。

このあと、当初は香港遠征を予定していたようだが、昨今のコロナの影響で果たして次走はどうなるか。大阪杯に出走してくれば当然有力候補の一頭になる。

一方、同じ日曜日のフィリーズレビューエーポスが勝利。岩田騎手の十八番ともいえる、インに入れてズバッと差す競馬で完勝だったが、メンバーレベルはかなり低かった。ココの組は桜花賞戦線ではよほどのことがないと厳しそうだ。基本的には阪神JF組&チューリップ賞組&クイーンC組という構図だろう。

ちなみに鞍上の岩田騎手は内を突くイメージがあるが、実は2019年は1枠(白帽子)で42回騎乗したが未勝利だった。1枠だと流れに乗れず差し損ねることが多く、今回のエーポスのように極端にイン過ぎないところ(3枠5番)から内に入れてリズムを取っていくのがもっとも確率の高いパターンで、そういう意味で狙いどころでもあった。


~上位が固まってきた牝馬路線、混戦模様の牡馬路線

さて、今週末は金土日の変則開催となる。先週末は重賞×4レース、そして中4日で3日間開催というのはなかなか忙しない気がするが、桜花賞裏街道の最終切符を賭けたフラワーC、さらに阪神大賞典スプリングSと3つの重賞が行われる。

フラワーCはメンバー構成自体やや小粒な印象。ここでどれだけの内容を示してチューリップ賞組はクイーンC組に食い込んでいけるかどうかという一戦だろう。素質ならレッドルレーヴは上位に位置するが、タイプ的には桜花賞というよりはオークス路線で注目したい。

一方、牝馬より混沌としているのが牡馬路線。コントレイルサトノフラッグあたりの候補はいるが、全体にはまだ小粒でその他の路線にもチャンスがありそうだ。

スプリングS出走馬の中で面白そうなのはココロノトウダイ。クラシックというタイプではないだろうが、中山の1800mは条件的には合いそう。前走はイマイチ溜めが利かない競馬になってしまったが、今度は小回りに替わって巻き返しがあるか。

あとは人気でもヴェルトライゼンデには注目。弥生賞を見てもホープフルS組は全体的にイマイチな印象で、本馬はここでどれだけの結果を出せるか。小回りへの対応力も高いドリームジャーニー産駒で、ダービーよりは皐月賞向きと思えるだけに、今回の結果次第では本番でも期待できそうだ。

なお、3日間開催は油断しているとお金を使い過ぎてしまう(自分だけ?)ので、きちんと準備をして、狙いどころをあらかじめ定めてから臨みたい。2場での3日間なので、馬場が読めるところ、狙いやすいところから上手く絞っていきたい。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年3月18日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020フジテレビ賞スプリングS
閲覧 572ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月22日(日) 中山11R 第69回フジテレビ賞スプリングステークス(3歳G2・芝1800m)

出走:10頭(登録:12頭)

【地方馬】

エン(C)中4週
前走初めてのJRAでのレースでは、パドックでの落ち着きもありレースでも先行して直線に向くまでは良かった。ただ、道中の力みもあり前半で力を使い切ってしまった感じ。直線の坂も苦しかった印象で、今回は中山で直線の急坂は堪えそう。

ガミラスジャクソン(F)中4週
園田でも1勝のみで3走前に京都の芝を走っているが、フラフラした感じで勝負どころからのスピードについて行けないところも見せていた。中山までの長距離輸送と坂のあるコースでは、さらに厳しくなりそう。

【以下、賞金上位馬】

ヴェルトライゼンデ(A)3ヶ月
休み明けだがこの中間もCW、坂路と好時計が出ていて、2週前、1週前と3頭併せで好内容。その間の日曜坂路では、前走時と同じ水準といった時計を披露している。ただ、1週前の動きを見るとまだ首が高く力強さがない走りで、そのあたりにはまだ幼さが残る印象。

サクセッション(A)中10週
この中間は南Wで古馬と併せて好内容。時計は内を走っているのでこのくらいは出てしまうとは思うが、動きを見ると集中力のあるしっかりした走りで仕上りはかなり良さそう。

ココロノトウダイ(B)中4週
休み明けの前走時も入念に乗り込まれていたが、この中間も3週前から併せ馬で追い切られている。叩き2戦目での上積みがありそう。

ファルコニア(A)中4週
新馬戦でも◎にした馬だが、この中間も1週前にCWで併せ馬で追われ、日曜には坂路で終い伸ばしてと、ここも調子落ちはなさそう。

アオイクレアトール(B)中3週
使われるごとに南Wでの時計が出るようになってきており、この中間も1週前に南W併せ馬で好時計をマーク。良い状態をキープできている感じ。ただ、1週前の動きを見ると、首が外を向いて走りのバランスが悪くも見える。

ガロアクリーク(D)中2週
もともと抜けて良い時計の出る馬ではないが、この中間も中2週で1週前追い切りは軽めで時計自体平凡で......。

シルバーエース(B)中3週
この中間は1週前にCWを先行しての併せ馬で、時計も前走時と同じくらい出ていて、状態は良さそう。

ラグビーボーイ(E)中6週
未勝利勝ち時のような長めから好時計という調教内容が近走はなく、この中間も本数は乗られていても時計が出ていない。



◇今回はフジテレビ賞スプリングS編でした。
昨年の『第4回ウマニティ杯くりーく賞』を勝ったシャドウアロングがなかなか強そうな馬だということは、このコラム内でも以前にお伝えしました。その後も、一度の敗戦はあったものの5戦4勝(笠松通算7戦5勝)と、レースを使われるごとに強くなっている印象です。特に、ここ2戦は1600mに距離が延びて前半無理して行かなくて良いぶん、終いに余裕のある勝ち方をしています。今後、JRAに戻るのか笠松で上を目指していくのかまだ分かりませんが、距離が延びた方がさらに良さが出てきそうですし、笠松でのレースですべての手綱を握っている向山牧騎手との息もピッタリ。今後も、小さな競馬場で躍動する良血馬の活躍を、ぜひ見守っていただけたらと思います。
コロナウイルスの影響で中止になるスポーツやコンサートなどがあり、競馬の開催も中止になる国も見られ始めています。今後どのようになっていくのか、分からないなか日本では現在までのところ競馬が毎日行われていて、ネットだけでも馬券が買えることはとても幸せなことだと感じています。これだけ経済が落ち込む状況下にあっても、馬券を通じて税収を支えている競馬ファンは、日本にとって影の救世主となり得るかもしれませんね。悲しいことに競馬場でのあの興奮はしばらく味わえないのかもしれませんが、競馬ファンはネットで馬券を買って楽しんで、日本を支えていきましょう。

それでは次回、大阪杯編でお会いしましょう。



フジテレビ賞スプリングステークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年3月15日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年03月15日号】特選重賞データ分析編(194)~2020年フジテレビ賞スプリングステークス~
閲覧 1,600ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 フジテレビ賞 スプリングステークス 2020年03月22日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ1600~1800m、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験がなかった馬の、血統別成績(2014年以降)】
○父がサンデーサイレンス系種牡馬 [4-3-2-24](3着内率27.3%)
×父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-0-0-25](3着内率0.0%)

 基本的には実績馬を重視したい一戦。“JRA、かつ1600~1800m、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験がある馬は2014年以降[2-3-4-11](3着内率45.0%)と堅実でした。一方、この経験がなかったにもかかわらず3着以内となったのは、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒だけ。今年は実績馬が少ないので、出走各馬の血統をしっかりチェックしておきましょう。

主な「○」該当馬→ヴェルトライゼンデキングオブドラゴンファルコニア
主な「×」該当馬→アオイクレアトールココロノトウダイサクセッション


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が4着以内」だった馬は2014年以降[6-6-6-40](3着内率31.0%)
主な該当馬→アオイクレアトールヴェルトライゼンデ

[もっと見る]

2020年1月4日() 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/28)ホープフルS○▲◎的中の伊吹雅也プロが回収率1644%の断トツ成績でトップ! 岡村、おかべ、豚ミンC、霧、サラマッポ、nigeプロらが年間プラス達成!!
閲覧 1,025ビュー コメント 0 ナイス 8


 
28(土)に行われたG1ホープフルSほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
  
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
G1ホープフルSを○コントレイルヴェルトライゼンデワーケア的中とすると、阪神12R2019ファイナルSでは、「前走が悪くない内容。今回は枠順やメンバー構成にも恵まれた」と評した◎ショウナンタイガから▲○◎3連複389倍本線的中!62万2400円払戻しのビッグヒットで2019年のラストを飾っています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
G1ホープフルSは○コントレイルヴェルトライゼンデワーケアの印で的中、続く阪神11RベテルギウスSも○◎馬連1万円1点勝負的中で締め括り、週末トータル回収率254%を達成。4週連続週末プラスとし、年間トータル成績は103%(※4月からの途中参戦)をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
G1ホープフルSを○◎馬連1点的中で仕留めたこの日、勝負予想の中山9R2019ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山2戦では◎リョウランヒーローから25万2340円払戻しのスマッシュヒットをマーク!トータル回収率175%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
阪神8R3歳上1勝クラスでの◎リュクスポケットG1ホープフルS▲○◎的中、阪神11RベテルギウスS◎○的中などで回収率105%を達成。これで、12/8(日)から続く連続開催日プラスを「6」に伸ばし、3週連続週末プラスで締めくくっています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
中山4R2歳未勝利などの活躍で、土日2日間のトータル回収率112%をマークし、(『競馬プロ予想MAX』では)自身初の年間回収率100%超を達成しています(トータル103%、収支は全予想家中トップの86万9740円プラス!)。

☆☆☆注目プロ →おかべプロ
2019年最終日も回収率105%を記録し、7週連続負けなし、年間回収率トップの107%&2年連続年間プラスを達成しました。
 
 
 
この他にも、豚ミンCプロ、(年間回収率103%)霧プロ(年間回収率100%(2012年以来7年ぶり通算3度目))、サラマッポプロ(年間回収率100%(2年連続通算11度目))の3名が年間プラスの偉業を達成しました。
その他、週間プラスには、山崎エリカプロ(245%)、金子京介プロ(105%)、マカロニスタンダーズプロ(100%)らが名を連ねています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


2020年も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェルトライゼンデの口コミ


口コミ一覧
閲覧 243ビュー コメント 0 ナイス 1

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

一雨ごとに暖かくなり、三寒四温の繰り返し!?
季節の変わり目なのでくれぐれもご自愛ください。

先週日曜(22日)、この東海地方(名古屋)は桜(ソメイヨシノ)の開花宣言!!

相変わらず、我が懐だけ寒いのは、今でしょう?
では無く、昔からでしょう? (>_

 たぶお統括本部長 2020年3月23日(月) 19:18
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 4

《今週の推奨馬》

★土曜日・中山10R・伏竜S(3歳オープン・ダート1800m)
・ヤウガウ
前走は府中ダート1600mのオープン特別ヒヤシンスSを3着に惜敗。
これで全成績がダートばかりで[2.1.1.0]となり初めて連を外したが、右回りに限れば[2.1.0.0]の連対率100%だ。
今回の中山も前々走に1勝クラスを勝っていて問題なく、右回りに替わるなら勝ち負け必至。

★日曜日・中京10R・名古屋城S(4歳以上3勝クラス・ダート1800m)
・マッスルビーチ
(3走前に続き2度目の推奨)
前走は阪神の伊丹Sを3着に好走。
今回の中京は初めてだが、左回りダートは前々走の現級2着を含めて[1.1.0.1]と得意にしている。
現級での3戦は全て1~2番人気に支持されてる実力馬なので、得意の左回りなら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★金曜日・阪神10R・夙川特別
2着ドウドウキリシマ
複勝130円

★土曜日・中山10R・館山特別
2着サトノセシル
複勝110円

★日曜日・中山10R・韓国馬事会杯
11着ラージヒル

これで今年の推奨馬成績は
成績・[7.5.2.13]
勝率・0.259
連対率・0.444
複勝率・0.518

単複回収率(27戦)
単勝・47.7%(1290円)
複勝・59.6%(1610円)
総合・53.7%

《先週の重賞レース◎成績》

★フラワーカップ(GⅢ)
3着シーズンズギフト
複勝160円

★阪神大賞典(GⅡ)
7着キセキ

★スプリングS(GⅡ)
2着ヴェルトライゼンデ
複勝110円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔4.5.5.18〕
勝率・0.125
連対率・0.281
複勝率・0.437

単複回収率(32戦)
単勝・27.8%(890円)
複勝・55.9%(1790円)
総合・41.8%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★尼崎S
3着バラックパリンカ
複勝130円

★若葉S
1着アドマイヤビルゴ
単勝260円
複勝130円

★千葉S
6着ヒデノヴィーナス

成績・[11.3.8.16]
勝率・0.289
連対率・0.368
複勝率・0.578

単複回収率(38戦)
単勝・73.9%(2810円)
複勝・89.7%(3410円)
総合・81.8%

[もっと見る]

 ちびざる 2020年3月22日() 17:55
【GⅡ】スプリングステークスの結果
閲覧 71ビュー コメント 0 ナイス 13


1着:⑦ガロアクリーク
2着:③ヴェルトライゼンデ
3着:⑨サクセッション


私の◎にした③ヴェルトライゼンデは2着でした。
1着の⑦ガロアクリークは△
3着の⑨サクセッションは〇
でした。

買い目は
馬連フォーメーション
③⑨→④②⑦⑧

でしたので、予想は、的中しました。(´▽`) ホッ


 まずはに③ヴェルトライゼンデに関して。
スタートは五分に出ました。
ここからポジションが下がりましたが、二の脚で中団までポジションを上げていきました。
勝負所で上がっていき、直線へ。
直線では、しっかり伸びましたが、勝ち馬の決め手に屈した形になりましたね。
ホープフルステークス2着馬としては、まだ先があるとはいえ物足りない感じがしましたね。
この一叩きで変わってくるのか注目したいですね。


1着の⑦ガロアクリークについて
スタートは五分に出ました。中団やや後ろの位置取りとなりました。
偶然か狙ってかはわかりませんが
位置取りとしては、③ヴェルトライゼンデを収支マークする形になりました。
4コーナーから直線にかけて、その③ヴェルトライゼンデの外に回して
直線で差し切ったわけですから、今日のレースは強かったと思います。
ライル・ヒューイットソン騎手も上手く乗っていましたね。


3着の⑨サクセッションについて
位置取りが後ろ過ぎた感じですね。
折り合い重視からこの位置になったのかもしれませんね。
最後は脚を使っているので、距離は千八でも行けそうな感じがします。
それでもベストはマイルですかね。
次走、どこを使うのか注目したいですね。

的中された方々、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴェルトライゼンデの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヴェルトライゼンデの写真

ヴェルトライゼンデの厩舎情報 VIP

2020年3月22日フジTVスプリングS G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴェルトライゼンデの取材メモ VIP

2020年3月22日 フジTVスプリングS G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。