2019年12月8日()シャティン競馬場 芝2400m

レース結果 ~香港ヴァーズ 2019~

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果



馬名 性齢 負担重量
(kg)
騎手 調教師 オッズ 人気
1 2 7    グローリーヴェイズ 牡4 57.0 J.モレイラ 尾関知人 5.5 3
2 11 1    ラッキーライラック 牝4 55.5 C.スミヨン 松永幹夫 5.3 2
3 1 14    エグザルタント セ5 57.0 Z.パートン A.クルーズ 2.0 1
4 10 2    ディアドラ 牝5 55.5 O.マーフィー 橋田満 6.1 4
5 6 4    コールドトゥザバー セ5 57.0 M.ギュイヨン P.ブラント 126.4 10
6 9 5    ホーホーカーン 牡5 57.0 C.ホー D.ホール 187.2 13
7 12 6    トゥルーセルフ 牝6 55.5 K.マカヴォィ W.マリンズ 188.2 14
8 4 9    サザンレジェンド セ7 57.0 A.サナ C.ファウンズ 74.4 7
9 5 10    ヤングラスカル セ4 57.0 L.デットーリ W.ハガス 93.5 9
10 8 3    イーグルウェイ セ7 57.0 J.マクドナルド J.ムーア 176.5 12
11 7 8    プリンスオブアラン セ6 57.0 Mウォーカー C.フェローズ 76.4 8
12 13 12    アンソニーヴァンダイク 牡3 55.0 R.ムーア A.オブライエン 7.0 5
13 3 11    アスペター セ4 57.0 J.ワトソン R.チャールトン 46.8 6
14 14 13    マウントエベレスト 牡3 55.0 W.ローダン A.オブライエン 155.3 11

■払戻金

単勝2 550円
複勝2 150円
11 160円
1 110円
馬連2-11 1,820円
ワイド2-11 670円
1-2 330円
1-11 280円
馬単2-11 3,100円
3連複1-2-11 1,640円
3連単2-11-1 10,120円

予想一覧を見る

会員登録(無料)すると予想を登録して予想コロシアム(予想大会)に参加できます。

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

最新出走予定馬情報 ~香港ヴァーズ 2019~

 【香港8日=山口大輝】香港国際競走がシャティン競馬場で行われ、香港マイルに出走したアドマイヤマーズ(栗・友道、牡3)が快勝。11月17日に亡くなった馬主の近藤利一氏に捧げる弔いVとなった。香港カップウインブライト(美・畠山、牡5)、香港ヴァーズグローリーヴェイズ(美・尾関、牡4)が制覇。日本馬が3勝したのは2001年以来だった。

【香港国際競走】日本馬3勝!マーズ、香港マイルで復活V12月09日(月) 05:05

 【香港8日=山口大輝】香港国際競走がシャティン競馬場で行われ、香港マイルに出走したアドマイヤマーズ(栗・友道、牡3)が快勝。11月17日に亡くなった馬主の近藤利一氏に捧げる弔いVとなった。香港カップウインブライト(美・畠山、牡5)、香港ヴァーズグローリーヴェイズ(美・尾関、牡4)が制覇。同競走で日本馬が3勝するのは2001年以来の快挙となった。

 異国の地で、弔いVだ。3歳馬アドマイヤマーズが、海外初挑戦で快勝。先月17日に亡くなった近藤利一オーナーに、勝利を届けた。

 「ひと言でうれしいです。オーナーがこのレースのために新調していたスーツを仕立て直して着ていたので。一緒に見ている感覚で、ゴール前は興奮していました」

 レース直後は大号泣。マーズが朝日杯FSを制したときに近藤オーナーが使用したネクタイも着用した友道調教師は、真っ赤に目を腫らしながら喜びをかみしめた。

 道中は中団でリズムよく追走。直線はスミヨン騎手のアクションに応えるように末脚を伸ばし、2着馬ワイククに半馬身差をつけた。スミヨン騎手は「ワイククに迫られたときにもうひと頑張りしてくれました、本当によくはしってくれたね」と笑みを浮かべた。

 これで、GI3勝目をマーク。「来年以降も良くなると思います。これからも世界を目指していきたい」と指揮官は力を込めた。世界一のマイラーへ。天国のオーナーとともに、さらなる高みを目指していく。

★18年ぶり2度目

 日本馬が香港国際競走を3勝したのは、2001年以来2度目。当時は、引退レースのステイゴールド香港ヴァーズエイシンプレストン香港マイルアグネスデジタル香港カップを優勝した。エイシンプレストンは02、03年も香港のクイーンエリザベスIICを連覇した。

★売り上げ

 香港4レースの日本国内での馬券売り上げの合計は、30億5679万5500円だった。

[もっと見る]

【香港ヴァーズ】グローリー、初の海外で初戴冠12月09日(月) 05:04

 グローリーヴェイズが、初めての海外遠征でGI初制覇。3馬身半差の快勝で“日本馬旋風”の口火を切った。

 「すごく落ち着いていましたね。馬がよく応えてくれました」

 引き揚げてきたモレイラ騎手は相棒の首筋にキスをし、喜びを爆発させた。道中は中団前めのインでじっくりと脚をため直線へ。馬場のきれいな内めにこだわり、力強い末脚で突き抜けた。

 前日7日に作戦会議を開き、一致団結。尾関調教師は「プラン通りにあのジョッキーに乗ってもらうと、『こんなに強いのか』と驚きました」と最敬礼。次走は未定で、今後の動向が注目だ。

 ◆スミヨン騎手(ラッキーライラック2着)「いい競馬をしてくれましたが、自分よりも強い馬が1頭いましたね」

 ◆マーフィー騎手(ディアドラ4着)「リラックスして走れていましたが、この馬にとって難しいペースになってしまいました」

[もっと見る]

【香港ヴァーズ】グローリーヴェイズがGI初制覇12月08日() 15:08

 12月8日の香港国際競走、4Rで行われた第26回香港ヴァーズ(シャティン競馬場、GI、芝・右2400メートル、3歳以上定量、1着賞金1140万香港ドル=約1億5960万円、14頭立て)は、J.モレイラ騎手騎乗のグローリーヴェイズ(牡4歳、美浦・尾関知人厩舎)がGI初制覇。好位追走から直線は内めを伸びて2着に3馬身半差をつけて完勝した。タイムは2分24秒77(良)。

 2着は外から差してきたラッキーライラック(牝4歳、栗東・松永幹夫厩舎)、さらにアタマ差遅れた3着に逃げ粘った昨年優勝の香港馬エグザルタント。ディアドラ(牝5歳、栗東・橋田満厩舎)は最後方追走から大外を追い込み4着。

 日本馬による香港ヴァーズ優勝は2001年ステイゴールド、2016年サトノクラウンに次いで3頭目。

 ◆J.モレイラ騎手(1着 グローリーヴェイズ)「馬混みがタフな状況でしたが、馬はとてもリラックスしてレースをしていました。前があいたら、素晴らしい反応を見せ、いい末脚を使ってくれました」

 ◆C.スミヨン騎手(2着 ラッキーライラック)「馬はいい競馬をしてくれました。きょうは自分のより強い馬がいました」

 ◆O.マーフィー騎手(4着 ディアドラ)「きょうは馬が落ち着いていましたし、最後も伸びてくれました。ヨーロッパで戦ってきた馬たちに先着してくれました。ディアドラの末脚が素晴らしいのはわかっていたので、ラッキーライラックが上がっていったときにもあえてまだゴーサインは出しませんでした。今年一年、本当に頑張ってくれました。少し休んで、また来年頑張ってほしいです」

グローリーヴェイズの競走成績はこちら

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】香港ヴァーズ2019 五カ国から猛者が集結!競馬通として知られる芸能人・著名人の見解を紹介!12月08日() 10:10


※当欄では香港ヴァーズについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑪ラッキーライラック

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑪ラッキーライラック

【キャプテン渡辺】
◎①エグザルタント

【船山陽司】
◎⑬アンソニーヴァンダイク



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【香港ヴァーズ】アンソニーの成長力12月08日() 05:06

 英ダービー馬アンソニーヴァンダイクのGI2勝目を期待する。前走のBCターフは直線の不利が大きかった。中間の調整ぶりをみても落ち着いた様子で、良馬場で行われそうな点もプラス。3歳馬ならではの成長力も見逃せない。

 (2)グローリーヴェイズは、角馬場からAWコースへ向かい、落ち着いた様子で約1周。好気配を漂わせた。尾関調教師は「しっかりと整っています。いい状態をキープしています」と胸を張る。

 (10)ディアドラは、角馬場での運動。軽めの調整で決戦前日を過ごした。「角馬場で1時間程度の運動を。キャンターもやりました」と橋田調教師。3度目の香港遠征で悲願成就を目指す。

 (11)ラッキーライラックは、AWコースを軽やかなフットワークで1周半駆け抜けた。3日に跛行の疑いが持たれた馬体検査も無事クリア。出走へのゴーサインが出され、松永幹調教師は「馬の様子は変わらずにいい状態です」とホッとした表情だった。

[もっと見る]

【香港ヴァーズ】陣営の思惑12月08日() 05:05

(1)エグザルタント=Z・パートン騎手「調教師も自信を持っているし、昨シーズンより馬は良くなっている。メンタルも強い」

(2)グローリーヴェイズ=尾関師「2000~2400メートルが一番競馬をしやすいと思います」

(10)ディアドラ=込山助手「春は残念でしたが、ここでリベンジしたい。追い切りは行きたがったみたいだけど、動きは良かった」

(11)ラッキーライラック=丸内助手「そわそわしていたのが、日に日に慣れて、順調にきました。ジョッキーも2回目の騎乗ですし、分かってくれていると思います」

(13)アンソニーヴァンダイク=P・キーティング遠征主任「追い切りは完璧。しまいにペースを上げ、思い通りの内容」

[もっと見る]

【栗原純一ジャッジ】香港ヴァーズ12月08日() 05:05

○(1)エグザルタント 昨年の覇者。安定感十分で前走の勝ちっぷりも上々

●(=二重△)(2)グローリーヴェイズ もうワンパンチ欲しい成績だが、鞍上は魅力

▲(3)アスペター GI初制覇となった前走のレベルは疑問だが、高速決着は得意。シャティンは向きそう

 (4)サザンレジェンド 二千超は初。全11勝の内訳は千八1勝で残りは千~千六

 (5)ヤングラスカル GIは昨年の英ダービー1戦のみで大差の7着。GIII級

 (6)コールドトゥザバー 欧州の本格的ステイヤー。平坦コースの二四は短い

 (7)プリンスオブアラン 安定感が出てきたが、平坦コース二四のGIでは距離不足を感じさせる成績

 (8)イーグルウェイ 一昨年8着から昨年4着と着順を上げたが、以後不振。不利があった前走も負けすぎ

 (9)ホーホーカーン GレースはGIII1勝のみ。GIでは分が悪い。ニュージーランドから移籍後初B着

◎(10)ディアドラ 二千超は3戦してオークスの4着が最高だが、タフな英愛の10ハロンGIで好勝負しただけに平坦の二四なら問題ない。ここ3戦より2・5キロ以上軽い斤量も有利

△(11)ラッキーライラック 1ハロン延長がポイント

 (12)トゥルーセルフ 二千のリステッド勝ちがあるが、本格的な長距離向き

 (13)アンソニーヴァンダイク 香港競馬史上、英ダービー馬初出走になるが、左回りの方が良さそうな成績

 (14)マウントエベレスト 出遅れたBCターフで2馬身1/2差6着なら悪くない

[もっと見る]

【香港国際競走】馬場状態は良の見込み12月08日() 05:04

 8日のシャティン競馬場周辺の天気は「晴れ」の予報で、快晴の土曜日はGOOD(JRAの発表は良)。先週まで最内から12・2メートル地点に設置されていた柵が外され、約1カ月ぶりに最内に柵を置くAコースが使用される。芝丈は約15センチで、路盤は硬そうだ。S・ヒギンズ馬場管理責任者は「散水など調整はしますが、(昨年より)少し時計は速くなるかもしれません。芝自体は、欧州よりも日本に近いと思います。非常にいい状態であることは間違いありません」と胸を張った。

[もっと見る]

【香港ヴァーズ】ディアドラ海外GI2勝目だ12月07日() 11:32

 昨年の覇者、香港最強のエグザルタントが満を持して出走する。昨年の優勝以降はGI3勝を含む【5・1・1・0】と本格化し、前哨戦の香港ジョッキークラブカップも完勝した。「いい追い切りができたし、普段どおり」と、A・クルーズ調教師も自信満々だ。

 日本からは強豪牝馬が参戦する。ディアドラは8月の英GIナッソーSでV。その後も愛チャンピオンS4着、英チャンピオンS3着と欧州のトップホースと好勝負してきた。4日に芝で追い切り、「この馬場、コースはいい。2400メートルはノープロブレム」とマーフィー騎手。

 エリザベス女王杯で復活Vを飾ったラッキーライラックは「状態はいい。芝も弾力があって走りやすい」と丸内助手。牡馬では天皇賞・春2着とスタミナ十分のグローリーヴェイズが「いい状態で競馬を迎えられる」と尾関調教師。(夕刊フジ)

[もっと見る]

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~香港ヴァーズ 2019~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2018/12/09 エグザルタント セ4 香港 2.26.56 Z.パートン A.クルーズ
2017/12/10 ハイランドリール 牡5 アイルランド 2:26.23 R.ムーア A.オブライエン
2016/12/11 サトノクラウン 牡4 日本 2:26.2 J.モレイラ 堀宣行
2015/12/13 ハイランドリール 牝3 アイルランド 2:28.43 R.ムーア A.オブライエン
2014/12/14 フリントシャー 牡4 フランス 2:29.83 M.ギュイヨン A.ファーブル
2013/12/08 ドミナント 牡5 香港 2:27.29 Z.パートン J.ムーア
2012/12/09 レッドカドー セン6 イギリス 2:28.73 G.モッセ E.ダンロップ
2011/12/11 ドゥーナデン 牡5 フランス 2:27.50 C.ウィリアムズ M.デルザングル
2010/12/12 マスタリー 牡4 UAE 2:27.69 L.デットーリ S.ビン・スルール
2009/12/13 ダリヤカナ 牝3 フランス 2:27.51 G.モッセ A.ド・ロワイエ=デュプレ

歴史・概要 ~香港ヴァーズ 2019~

香港ヴァーズは香港競馬年度シーズンの最初の中長距離路線のGI競走。香港では2000m以上の競走があまり日程に組み込まれていないため、ヨーロッパなど他地区の競走馬が地元勢を圧倒する事が多く見られる。1994年に国際リステッドとして【香港国際ヴァーズ】の名称で創設され、2000年に【香港ヴァーズ】に改称された。
開催時期の影響もあり、一線級の日本調教馬は、ほとんど有馬記念香港カップへ向かう傾向にあり、賞金などの理由で有馬記念に出走できない馬の挑戦が多い。日本馬では2001年にステイゴールドが、2016年にはサトノクラウンが優勝している。

挑戦した日本馬 ~香港ヴァーズ 2019~

ステイゴールド 1着/香港ヴァーズ(2001年)
>>全競走成績を見る
血統
父:サンデーサイレンス
母:ゴールデンサッシュ
成績
50戦7勝
7億6299万+120万USドル+800万香港ドル
主な勝ち鞍
香港ヴァーズ(GI)
ドバイシーマクラシック(GII)
目黒記念(GII)
日経新春杯(GII)
引退レースで掴んだ金メダル

 現在は3冠馬オルフェーヴルを輩出するなどトップサイアーとして活躍しているステイゴールド、その現役時代は決して平坦な道のりではなかった。2歳の12月にデビューし、5戦目で初勝利。その後2勝を条件戦で挙げるも京都新聞杯、菊花賞では見せ場なく敗退した。しかし、年が明けるとステイゴールドのその秘めた素質が徐々に花開く。天皇賞春(GI)で10番人気の低評価ながら2着に入ると宝塚記念(GI)2着、天皇賞秋(GI)2着、有馬記念(GI)3着、その翌年も宝塚記念(GI)3着、天皇賞秋(GI)3着と第一線で活躍。
 その実力は誰もが認めていたが、GIIでも勝ちきれない善戦マンという印象が強く、池江泰郎調教師は主戦の熊沢騎手から武豊騎手へ乗り代わりの決断を下し、目黒記念(GII)へ出走。2年9ヶ月ぶりの勝利を飾った。レース後、武豊騎手は「クラシック並の大拍手だった」と語るほど多くのファンが歓喜したレースであった。その翌年、日経新春杯(GII)で重賞2勝目を挙げたステイゴールドはドバイシーマクラシック(GII)に出走。12番人気の低評価であったが、前年のワールドシリーズ王者ファンタスティックライトを競り落とし、大金星を挙げた。
 その後も国内レースに出走するも勝ちきれず、迎えた引退戦、香港ヴァーズ。これまで49戦し、GI未勝利のステイゴールドがついに報われる。レースでは後方でじっと脚を溜め、直線勝負へ。残り200mの時点で先頭馬と5馬身以上あり、厳しい展開であったが、1完歩ごとに差を詰め、「まるで背中に羽が生えたようだった」と武豊が語る鬼脚で初GI制覇を引退戦で飾った。同レースは競馬史に残るドラマチックレースに数えられ、多くのファンの語り草になっている。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2017年トーセンバジル牡5J.モレイラ藤原英昭3着
キセキ牡3M.デムーロ角居勝彦9着
2016年サトノクラウン牡4J.モレイラ堀宣行1着
ヌーヴォレコルト牝5岩田康誠斎藤誠4着
スマートレイアー牝6武豊大久保龍志5着
2014年カレンミロティックセン6池添謙一平田修5着
2013年アスカクリチャン牡6岩田康誠須貝尚介7着
2012年ジャガーメイル牡8D.ホワイト堀宣行2着