ステイフーリッシュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2015年2月22日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績20戦[2-4-6-8]
総賞金22,908万円
収得賞金7,200万円
英字表記Stay Foolish
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
カウアイレーン
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
シルバーレーン
兄弟 リバーシブルレーンジッパーレーン
前走 2020/05/31 目黒記念 G2
次走予定

ステイフーリッシュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/31 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1861113.873** 牡5 57.5 坂井瑠星矢作芳人462(-2)2.29.8 0.235.7⑤⑤⑤⑤キングオブコージ
20/04/05 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 126749.189** 牡5 57.0 岩田康誠矢作芳人464(-2)1.59.4 1.034.9⑤⑤⑤⑤ラッキーライラック
20/02/16 京都 11 京都記念 G2 芝2200 10554.333** 牡5 56.0 岩田康誠矢作芳人466(+8)2.17.1 0.736.7クロノジェネシス
20/01/26 中山 11 AJCC G2 芝2200 127108.052** 牡5 56.0 C.ルメー矢作芳人458(-2)2.15.2 0.236.5ブラストワンピース
19/11/30 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 12797.3410** 牡4 56.0 中谷雄太矢作芳人460(+14)1.59.7 0.634.6⑥⑦⑥④ロードマイウェイ
19/11/10 福島 11 福島記念 G3 芝2000 165912.962** 牡4 57.5 中谷雄太矢作芳人446(-10)1.59.7 0.235.7⑧⑧⑥クレッシェンドラヴ
19/08/18 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 143332.989** 牡4 57.0 中谷雄太矢作芳人456(+2)2.01.0 0.936.4⑥⑤④⑥ブラストワンピース
19/07/14 函館 11 函館記念 G3 芝2000 165106.433** 牡4 57.5 中谷雄太矢作芳人454(-4)1.59.9 0.335.3④④④マイスタイル
19/06/01 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 9664.843** 牡4 56.0 藤岡佑介矢作芳人458(+4)1.59.8 0.235.2④④④メールドグラース
19/03/31 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1461094.81213** 牡4 57.0 藤岡康太矢作芳人454(-6)2.02.4 1.436.1⑪⑩⑪⑪アルアイン
19/02/10 京都 11 京都記念 G2 芝2200 127103.412** 牡4 56.0 藤岡佑介矢作芳人460(+4)2.14.8 0.034.8④⑤④ダンビュライト
19/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1681511.072** 牡4 56.0 藤岡佑介矢作芳人456(+6)1.59.3 0.135.4⑫⑫ウインブライト
18/12/01 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 1271018.253** 牡3 56.0 藤岡佑介矢作芳人450(-2)1.59.0 0.734.2⑦⑥⑥⑥エアウィンザー
18/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 1881670.21111** 牡3 57.0 藤岡佑介矢作芳人452(-2)3.07.5 1.434.8⑭⑭⑭⑭フィエールマン
18/09/23 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 104411.945** 牡3 56.0 川田将雅矢作芳人454(+2)2.26.4 0.835.2ワグネリアン
18/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1851039.81010** 牡3 57.0 横山典弘矢作芳人452(-2)2.24.2 0.634.3⑧⑩⑪⑪ワグネリアン
18/05/05 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 1771312.871** 牡3 56.0 藤岡佑介矢作芳人454(+16)2.11.0 -0.334.6アドマイヤアルバ
18/02/11 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 12795.7210** 牡3 56.0 中谷雄太矢作芳人438(-12)1.48.5 1.134.1⑩⑩⑩オウケンムーン
17/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 1771322.983** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人450(0)2.01.6 0.235.9⑬⑬⑪⑧タイムフライヤー
17/12/10 中京 5 2歳新馬 芝2000 9555.231** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人450(--)2.03.7 -0.433.8④⑤アイスバブル

ステイフーリッシュの関連ニュース

 ★栗・矢作厩舎のOP馬の動向は以下の通り。目黒記念3着ステイフーリッシュ(牡5)は、夏は休養し、産経賞オールカマー(9月27日、中山、GII、芝2200メートル)から始動する予定。15着タイセイトレイル(牡5)は、札幌日経OP(8月8日、札幌、L、芝2600メートル)へ。安土城S1着エントシャイデン(牡5)は、中京記念(7月19日、阪神、GIII、芝1600メートル)に向かう。

 ★予定していたドバイのアルクオーツスプリントが中止になったため、昨年11月の京阪杯1着以降、レースを使っていないライトオンキュー(栗・昆、牡5)は、函館SS(21日、函館、GIII、芝1200メートル)を目標に調整される。鞍上は古川騎手の予定。

 ★ヴィクトリアM15着スカーレットカラー(栗・高橋亮、牝5)はクイーンS(8月2日、札幌、GIII、芝1800メートル)を視野に入れる。

 ★安土城S14着プールヴィル(栗・庄野、牝4)は、朱鷺S(8月30日、新潟、L、芝1400メートル)へ向かう。

【目黒記念】キングオブコージが4連勝で重賞初V 2020年6月1日(月) 04:53

 目黒記念(GII、芝2500メートル)が31日、東京競馬場で18頭によって争われ、ハンデ54キロの1番人気キングオブコージが、後方からメンバー最速の上がり3ハロン34秒9の脚を使って重賞初制覇を飾った。1勝クラスから横山典騎手とコンビを組み、一気の4連勝となった。6番人気のアイスバブルが昨年に続いて2着だった。

 ◇ 

 ◆横山典騎手(キングオブコージ1着)「少しずつ馬が良くなっているし、いつもいい脚を使ってくれる。オープンに昇級していきなり勝つのだから大したもの」 ◆レーン騎手(アイスバブル2着)「リラックスして走れたし、最後も勝ち馬に迫ったが、斤量の差が出てしまった」 ◆坂井騎手(ステイフーリッシュ3着)「イメージ通りの競馬はできた。上位とはハンデの差でしょう」 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ4着)「最後は前が壁になった。スムーズなら際どかった」 ◆三浦騎手(ゴールドギア5着)「外に出したかったが、スペースがなく馬場が荒れた内へ。それでも間を割ってよく伸びてくれた」 ◆ルメール騎手(オセアグレイト6着)「道中はリラックスして走ってくれましたが、残り150メートルのところで疲れてしまいました」 ◆武豊騎手(ボスジラ9着)「いい展開だと思ったけどね。ラストで伸びたが、スパッと切れる脚を使えなかった」

キングオブコージ 父ロードカナロア、母ファイノメナ、母の父ガリレオ。鹿毛の牡4歳。栗東・安田翔伍厩舎所属。北海道新冠町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は増田和啓氏。戦績13戦5勝。獲得賞金1億1035万5000円。重賞は初勝利。目黒記念安田翔伍調教師が初勝利、横山典弘騎手は2008年ホクトスルタン、11年キングトップガンに次いで3勝目。馬名は「ナンバーワン+人名より」。

[もっと見る]

【目黒記念】トップハンデのステイフーリッシュは3着 坂井瑠「イメージ通りの競馬できた」 2020年5月31日() 19:52

 5月31日の東京12Rで行われた第134回目黒記念(4歳以上オープン、GII、芝2500メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=5700万円)は、横山典弘騎手騎乗の1番人気のキングオブコージ(牡4歳、栗東・安田翔伍厩舎)が重賞初制覇。タイムは2分29秒6(良)。



 トップハンデ57・5キロを背負ったステイフーリッシュは、発馬後、押して好位をとりにいき5番手でレースを進め直線、坂を駆け上がり先頭集団が伸び悩む中、しっかりと脚を伸ばして3着に入線した。



 坂井瑠星騎手「イメージ通りの競馬はできました。道中は上手に折り合ってくれたし、ラストもジリジリと伸びてくれました。上位馬とはハンデの差でしょうね」



★【目黒記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【目黒記念】1番人気のキングオブコージが4連勝で重賞初制覇! 2020年5月31日() 17:11

 5月31日の東京12Rで行われた第134回目黒記念(4歳以上オープン、GII、芝2500メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=5700万円)は、横山典弘騎手騎乗の1番人気のキングオブコージ(牡4歳、栗東・安田翔伍厩舎)が、後方からレースを進めて直線で馬群を割って抜け出すと、後続の追い上げも封じ込めて快勝。重賞初制覇を飾った。タイムは2分29秒6(良)。



 半馬身差の2着に差し脚を伸ばして前に迫った6番人気アイスバブル、さらに半馬身遅れた3着には内めから粘り強く伸びた7番人気のステイフーリッシュが入った。



 目黒記念を勝ったキングオブコージは、父ロードカナロア、母ファイノメナ、母の父Galileoという血統。北海道新冠町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は増田和啓氏。通算成績は13戦5勝。重賞は初勝利。目黒記念は、安田翔伍調教師が初勝利、騎乗した横山典弘騎手は2008年のホクトスルタン、2011年のキングトップガンに次いで3勝目。



 ◆横山典弘騎手(1着 キンゴオブコージ)「少しずつ馬は良くなっているし、勝ててよかった。調教師も馬のことがわかっているし、馬もそれに応えてくれている。いつもいい脚を使ってくれるけど、昇級していきなり勝つんだからたいしたものですよ」



★【目黒記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】目黒記念2020 ダービーデーの締めは伝統のハンデ重賞!ヒキが強いのは誰!? 2020年5月31日() 06:30


※当欄では目黒記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【杉本清】
◎⑪ステイフーリッシュ
○⑰ボスジラ
▲⑯オセアグレイト
☆①タイセイトレイル
△②ノーブルマーズ
△⑤キングオブコージ
△⑥メートルダール
△⑱ニシノデイジー

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑯オセアグレイト
○①タイセイトレイル
▲⑱ニシノデイジー
△②ノーブルマーズ
△⑤キングオブコージ
△⑧アフリカンゴールド

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②ノーブルマーズ
単勝


【キャプテン渡辺】
◎⑮バラックパリンカ
単勝・複勝


【安田和博(デンジャラス)】
◎①タイセイトレイル

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑰ボスジラ

【目黒貴子】
◎⑯オセアグレイト



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【日本ダービー】キーマンズトーク・コントレイル福永祐一騎手 2020年5月28日(木) 11:40

 いよいよ3日後の31日、東京競馬場で「第87回日本ダービー」(GI、芝2400メートル)が行われる。今年の競馬の祭典は、皐月賞コントレイルが、父ディープインパクト以来15年ぶりとなる無敗2冠を達成できるかが焦点。手綱を取る福永祐一騎手(43)は、自信と緊張とともに大一番を迎える。

 --皐月賞で見事な無敗1冠を達成。スタート後のダッシュがつかずに意外なほど後方からになったが、サリオスとのマッチレースを制した

 福永祐一騎手「レース前日が水が浮くような馬場だったので、当日もどんな馬場コンディションになるのか気になっていた。もともとスタートは悪くないけど、内枠((1)番)でコースコンディションが悪く、二の脚がつかなかったんだ。でも、今までのレースとは違う形で、イメージしていた競馬とは違う内容で勝ち切ってくれた」

 --その時点でダービーも強く意識

 「外を回って距離のロスはあったけど、とてもいい脚を使ってくれたからね。(ダービー、菊花賞と延びていく)距離を含めて、レースぶりに幅が出たと思う」

 --追い切りは先週20日に騎乗。CWコースでステイフーリッシュ(同日の目黒記念に出走)を相手に1馬身先着した

 「動きは良かった。タイム(6F79秒9、ラスト1F12秒3)は速くなったが、無理をさせていないので、息づかいも良かった。モタれる面もなく、順調に調整できているね」

 --舞台は中山の2000メートルから、東京の2400メートルに替わる

 「2戦目の重賞(東スポ杯2歳S)で強い勝ち方をしているので、東京に替わるのはまったく問題ないと思う。最初は血統的にも、走法的にも、2000メートルが限界なんじゃないかと思っていたけど、皐月賞の前から、牧場と厩舎が連携して、フォームをいい形に変えてくれた。皐月賞の走りなら、距離に融通性が利かせられると思った」

 --どのようなフォームに

 「いい筋肉がついたことで、バランスのいいフォームになった。フォームひとつで変わるもんだね。(菊花賞の)3000メートルでもイケるんじゃないかと感じた。もう僕が迷うことはなくなった」

 --Vへ目指すレースの組み立ては

 「馬に関しては不安な点がないので、レースへの迷いもない。今の東京は馬場がいいので、馬にも戸惑いはないと思う。位置取りは決めつけていない。いいスタートから流れに乗れたなら、下げる必要はないだろう」

 --自身21回目のダービーで、一昨年のワグネリアンに続く2勝目の大きなチャンス

 「オークスでは無敗の2冠馬(デアリングタクト)が生まれた。こちらも無敗の皐月賞馬で当然1番人気。先週のレース終わりから“いよいよダービーだな”という気持ちになってきたし、ピリピリした緊張感で横隔膜が上がってくるような胸の高まりはこういう立場でないと感じられない。そういう馬でダービーを迎えられるのは名誉なこと。楽しみながら、週末まで過ごしたい」

 --ファンもテレビの前で無敗2冠の瞬間を待っている

 「たくさんのファンの方に競馬場で観ていただきたかったが、画面越しになっても、少しでも“いいレースを見ることができた”と言ってもらえるように、コントレイルといい走りがしたいね」(夕刊フジ)

 ふくなが・ゆういち 1976年12月9日生まれ。滋賀県出身。96年3月1日に栗東・北橋修二厩舎から騎手デビューし、現在はフリー。99年に桜花賞プリモディーネ)でGI初制覇を飾り、2018年のダービーをワグネリアンで制した。JRA通算2302勝、うち重賞139勝、GI26勝。父は変幻自在の騎乗で“天才”と称された福永洋一元騎手(71)。



日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイフーリッシュの関連コラム

閲覧 1,725ビュー コメント 0 ナイス 8



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


6月28日(日) 第61回 宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)


ラッキーライラック [動きB時計A] 3ヶ月
この中間も2週前、1週前とCWを長めから好時計が出ている。順調に調整されていて、引き続き調子は良さそう。

サートゥルナーリア [動きA時計A] 3ヶ月半
5月下旬からトレセンで速い時計を出し始め、乗り込み量は豊富。1週前追い切りではルメール騎手が騎乗し、迫力満点の力強い走りを披露。この時点でも、かなり良い仕上がり。

クロノジェネシス [動きB時計A] 3ヶ月
この中間もCWを長めから乗り込まれていて、1週前追い切りでは北村友騎手騎乗で力強く伸びた。前走時と同じような動きで状態は良さそう。

キセキ [動きA時計B] 中7週
この中間は日曜日の追い切りを、2回CWに変えてきているが坂路とCWで入念な乗り込み。1週前追い切りを見るとコーナーリングがスムーズで、直線の伸び脚も良く、動きに関しては前走時よりも良い印象。

ワグネリアン [動きB時計A] 3ヶ月
これまで、中間に芝コースやDPコースで追われることもあったが、この中間は追い日はCW一本でそれ以外の日は坂路と、調教内容がしっかり固まってきた感じ。それだけ馬がしっかりしてきたとみて良さそうで、動きに関しても気合いが乗って調子は良さそう。

ブラストワンピース [動きB時計A] 3ヶ月
この中間も牧場で調整されて、トレセンでは2週前、1週前と南Wで速い時計を出している。動きを見ると、左回りでの追い切りでいつもと比べると迫力に欠ける印象だが、時計はしっかり出ていて仕上りは良さそう。

スティッフェリオ [動きB時計A] 中7週
この中間も坂路で乗り込まれて1週前はCWで併せ馬と、前走時とほぼ同じ調教内容。ただこの中間のほうが速い時計が出ていていて、引き続き好状態だろう。

グローリーヴェイズ [動きB時計A] 7ヶ月
ドバイ遠征もレースが中止となり、7ヶ月ぶりのレースとなる。この中間は、2週前、1週前とレーン騎手騎乗で追い切られて遅れもなく体はできている感じ。これまでで一番間隔が空いている点はマイナスになりそうだが。

ペルシアンナイト [動き映像なし時計D] 中2週
久しぶりの中2週での競馬で、1週前は軽めの調整。近走は間隔を空けて使ってきていた馬で、今回の中2週ローテがプラスになるような感じはない。

ダンビュライト [動きB時計C] 中7週
この中間は2週前、1週前と併せて先着を果たすも終いの時計は掛かっている。動きは悪くないが、走りやすそうな馬場でこの時計は物足りない。

モズベッロ [動きC時計B] 中7週
前走時の最終追い切りでは、使い詰めでの疲れがあるような動きに映った馬。今回は、中7週と間隔が空いているが、1週前の動きを見るとまだ重たい印象でガラッと良くなった感じはない。

カデナ [動き映像なし時計C] 3ヶ月
この中間も坂路で乗り込まれて2週前、1週前と速い時計を出している。映像がなく動きは判断できないが、終いを要していて、小倉大賞典時の好時計までは至らず。大きな上積みはなさそう。

トーセンスーリヤ [動きC時計B] 中6週
連勝中と勢いがあり、追い切りでも速い時計の出る馬。それでも、1週前の動きを見ると力みがあり特に凄く良い動きという印象は受けない。

トーセンカンビーナ [動き映像なし時計B] 中7週
天皇賞(春)からの中7週で、この中間も入念な乗り込みと引き続き状態は良さそう。人気は落ちそうだが出来は悪くない。

メイショウテンゲン [動き映像なし時計B] 中7週
この中間は、中7週と間隔が空いている割に1週前までは馬なりでの追い切りのみで、強めに追われていない点が気がかり。

アフリカンゴールド [動きE時計D] 中3週
目黒記念から中3週で、この中間に速い時計を出したのは1週前のCWのみ。動きも硬く前に伸びない感じで、あまり良い動きには見えなかった。

レッドジェニアル [動きB時計B] 中2週
鳴尾記念からの中2週と間隔が詰まっているが、1週前に速い時計を出せており状態は良さそう。ここ2戦は無観客でパドックでも落ち着きがあり、今回も力を出せる環境は整っている感じ。

アドマイヤアルバ [動きA時計B] 中6週
乗り込み豊富で1週前追い切りの動きを見ても、併走相手を楽に突き放し出来自体は良さそう。近走の成績を見ると大きなことは言えないが、京都新聞杯ではステイフーリッシュの2着、グローリーヴェイズには先着している馬なので、キッカケを掴めばもっと走っても良さそうだが。



☆コラムからの推奨馬は、サートゥルナーリアキセキワグネリアンスティッフェリオの4頭と、穴でレッドジェニアルアドマイヤアルバの2頭を挙げておきます。


◇今回は宝塚記念編でした。
2020年の競馬も半年が過ぎようとしていますが、今年は無観客での競馬が3ヶ月も続いていて、これまでにない不思議な感覚で時間が過ぎてきた感じがします。移動制限が解除されて地方競馬の一部の場外馬券発売場では発売も再開されてきていますが、競馬場に観客を入れての開催はいつになるのか、まだ先が見えない部分もあります。
それでも、ここ3ヶ月、競馬関係者、そして競馬ファンが一丸となって努力してきたことで、競馬が無事に開催されてきたわけですから、きっとこの先も、皆で協力して競馬を盛り上げていけると思います。今後は検温だったり、マスク着用でないと競馬場には入場できなくなるのかもしれませんが、だいぶ近づいてきたその日までもう少し我慢して、テレビやラジオの前で競馬を楽しみましょう。

それでは次回、函館2歳S(予定)編でお会いしましょう。


宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年6月5日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(5/30~5/31) 新参者プロが週間回収率348%、収支119万2020円プラスを達成
閲覧 760ビュー コメント 0 ナイス 6


 
31(日)のG1日本ダ-ビー、G2目黒記念、30(土)葵Sほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →新参者プロ
30(土)京都5R3歳1勝クラスで、3連単的中34万5080円払戻しを記録。31(日)には、京都2R3歳未勝利での3連単的中738,380円払戻しを筆頭に、東京5R3歳1勝クラス京都8R4歳以上2勝クラスなど的中を量産。週末トータル的中率27%、回収率348%、収支119万2020円プラスの文句なしの総合トップに立っています。2週連続週末プラスとしています。
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
31(日)G2目黒記念を、「アルゼンチン共和国杯より流れやすい目黒記念で想定するペースなら期待できる」とした◎アイスバブルと「短期間で成長を感じる走りを見せた」○キングオブコージで本線的中。11万1120円払戻しのスマッシュヒット。勝負予想京都9R與杼特別などの的中と合わせて大幅プラスを達成。週末2日間トータルでは、回収率173%とし、2週連続週末プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
30(土)京都12R4歳以上2勝クラスでの◎ヨハン、31(日)京都5R3歳1勝クラスでの◎△○6万3970円(2,558%回収)などの好調予想を披露。さらに、重賞では、30(土)Sワンスカイ、31(日)G2目黒記念キングオブコージステイフーリッシュを仕留めています。土日2日間トータルでは、回収率247%のハイパフォーマンスをマーク!
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
30(土)東京11R欅S京都12R4歳以上2勝クラス、31(日)東京8R青嵐賞京都11R白百合Rと、先週も好調をがっちりキープ。週間トータル成績は、的中率40%、回収率100%とし、3週連続週末プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →暴君アッキープロ
30(土)勝負予想東京10R葉山特別での◎○▲パーフェクト的中のほか、G1日本ダ-ビー◎○馬単1点的中などの活躍を披露。土日ともプラス収支達成の先週は、トータル回収率133%とし、4週連続週末プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、ジョアプロ(134%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、山崎エリカプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年4月2日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020大阪杯
閲覧 1,310ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年3月30日(月) 18:00 覆面ドクター・英
大阪杯・2020
閲覧 1,645ビュー コメント 0 ナイス 9

高松宮記念は難しかったですね...。降着のクリノガウディーはG1になると張り切るんでしょうか。雨の後の内から乾くパターンともなると、栗東坂路48秒台という猛時計仕上げのモズスーパーフレアあたりも怖いなぁとは感じていましたが、コラムで要らないと記した手前もあって思い切れませんでした。まあ、常に逃げ馬というのは激走する可能性が高いわけで....。前にも書いたように、もし自分が騎手だったら、最短距離をある程度主導権を握って走れるので、逃げられる限り逃げの手を選ぶと思いますしね。

さて、大阪杯はフルゲートとならなそうですがG1馬が多数と上り馬が加わり楽しみな一戦です。阪神の内回り2000mというのはアンカツ騎手が得意としていたように、勝ちに行くと勝てないという難しいコースで、騎手の力量も結果にかなり関わってきそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンキングリー:8戦5勝で前走の中山記念も快勝してきた。勝つ時はかなり強く見える勝ち方をするので、人気になりやすいタイプ。距離はもっと短い方が良いと思われ、前走でのその見た目のアピール度十分な勝ちっぷりを披露してしまっているぶん妙味は無く、ヒモ扱いが良いのではと考えている。

2番人気想定 ブラストワンピース新潟記念は相手が弱かったので大外というか外ラチ沿いをズコーンと差してきたが、基本的には直線は長くないほうが良い様子。距離的にもこのくらいが絶好の舞台では。メンタル的に海外は向かないと最初から思っていたので、凱旋門賞の惨敗はノーカウント。前走のAJCCも快勝したし、主役を張れる存在だろう。

3番人気想定 ラッキーライラック:昨秋はスミヨン騎手に乗り替わって迎えたエリザベス女王杯で、チューリップ賞以来となる勝ち星をあげた。香港でも2着して、中山記念でも2着と早熟というわけでなく、能力を高く維持し、好調を保ち続けてきているここまで。やや渋り気味な馬場も味方しそうで、好走は十分可能。

4番人気想定 クロノジェネシス:前走は相手がそれほどでなかったとはいえ、2馬身半差の完勝でまだまだ強くなってきている感じはある。馬場が渋っても平気で、ここもやれるのでは。

5番人気想定 ワグネリアン:昨秋のJCで3着と、本来長いであろう距離を友道厩舎の育成力でこなして好走した。距離はここの方が断然良く、5歳春という充実期間で頭まであるとみている一頭。

6番人気想定 ヴェロックス:昨年はクラシックで2着、3着、3着と好走したが、世代の王道路線の馬が、前走で小倉のハンデ戦G3小倉大賞典を使ってきたあたりで私としては「???」。そしてそこで1番人気9着と敗れ、成長力、状態に問題がある現状ではないだろうか。→回避予定のよう

7番人気想定 ロードマイウェイ:5連勝で昨年11月末のチャレンジCを制したが、休み明けの金鯱賞は2番人気10着と惨敗した。ひと叩きしたからといってここで通用はしないだろう。

8番人気想定 マカヒキ:3年前も昨年もこのレースでは4着と、そこそこやれる下地あるのだが……。瞬発力を生かす東京でも差し切れない現状で、7歳という年齢だけに上積みも期待できず、要らないとみる。

9番人気想定 ステイフーリッシュ:瞬発力は無いが先行してしぶといタイプで、G1の厳しい流れはいいのかもしれない。前に行って、もたせるのが得意なオーストラリア仕込みの坂井騎手が、自厩舎の馬で張り切って頑張るシーンに期待も。

10番人気以下想定
カデナ:前走の小倉大賞典での勝利が約3年ぶりとなるが、完勝でここに来ての本格化もあり得る。穴で狙う価値はありそう。5戦3勝で弥生賞を制したように、当時は世代トップレベルと目されていた馬の復活で、色々とかみ合わずに低迷が続いたが、ここでもやれるだけの器だと思うのだが。

サトノソルタス:ゆっくり強くなってきて昨秋に準オープン勝ち、前走金鯱賞サートゥルナーリアの2着と頑張っている。ただ2馬身差をつけられたように、まだトップレベルとは差があるのでは。

レッドジェニアル:昨春の京都新聞杯勝ちの後は結果を出せていないように、ここで激走というタイプではないか。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという良血馬だが、まだ小倉大賞典で3着止まりというように力が足りないだろう。

クレッシェンドラヴ:もう6歳で、G3の福島ならやれるが、という馬でG1でどうこういう感じではないのでは。


<まとめ>
有力:ブラストワンピース

ヒモに:ダノンキングリーラッキーライラック

穴で:ステイフーリッシュカデナ

[もっと見る]

2020年2月9日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月09日号】特選重賞データ分析編(189)~2020年京都記念~
閲覧 2,031ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 農林水産省賞典 京都記念 2020年02月16日(日) 京都芝2200m外


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2012年以降)】
○23戦以内 [7-8-8-37](3着内率38.3%)
×24戦以上 [1-0-0-29](3着内率3.3%)

 キャリアの浅い馬を重視したい一戦。2012年以降の3着以内馬24頭中、2014年1着のデスペラードを除く23頭は、出走数が23戦以内でした。ちなみに、この2014年は、キャリア24戦以上だった馬の割合(50%)が2012年以降でもっとも高かった年です。

主な「○」該当馬→クラージュゲリエクロノジェネシスステイフーリッシュ
主な「×」該当馬→アルメリアブルームドレッドノータスノーブルマーズ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2012年以降[8-8-8-28](3着内率46.2%)
主な該当馬→クロノジェネシスノーブルマーズ

[もっと見る]

2020年1月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬場読みのポイント~今週末は天候悪化の可能性大~
閲覧 991ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は東で京成杯が、西では日経新春杯が行われた。

京成杯は新馬戦を圧勝した牝馬スカイグルーヴに注目が集まったが、そのスカイグルーヴを差し切ったのは同じ1戦1勝のクリスタルブラック。道中は後方待機策となったが、直線鋭く伸びて差し切り勝ち。スローペースになったことでキャリアよりも決め手が生きた形だが、現状はまだ粗削りな面があり派手なパフォーマンスの一方で課題も多そうだ。このあとは皐月賞へ直行となるようだが、キャリアの浅さや多頭数競馬をどう克服するか。恐らく目標はダービーとなるだろうし、現時点では危険な人気馬になる予感がする。

一方、日経新春杯はまだ条件馬の身ながら強気に参戦してきたモズベッロが、直線鮮やかに抜け出して勝利。最後は後続に2馬身半差をつける完勝だった。今回はG2としてはかなり手薄な相手関係や内枠、またハンデに恵まれた面もあり大一番で戦うには課題も多いだろうが、明け4歳ということでさらなる成長に期待したい。


~決め打ちがハマった開幕週の愛知杯

さて、たまには馬券の話を。先週の当コラムで、「開幕週は特に馬場傾向の読みが重要となる」というお話をしたが、その開幕週となった小倉競馬の初日に行われた愛知杯は、馬場読みと展開読みが見事にハマってくれた。

当日の小倉競馬場では昼前から雨が降り始めたが、前半の競馬を見ても極端ではないにせよインの馬場状態が良く、ひと雨程度で極端に変化する状況ではなかった。そこで狙ったのは愛知杯の◎アルメリアブルーム。6番枠と内寄りの絶好枠で、上手く脚を溜められるという判断だった。

レースでは◎アルメリアブルームが上手くインで溜めて伸びて来た。穴で2列目に組み込んでいた5番枠デンコウアンジュ、さらに押さえで入れていた3番枠の11番人気レイホーロマンスが突っ込んで来てくれたおかげで、3連複は9万馬券。年明けから小さな的中こそあれどもイマイチ爆発しない状況が続いていたが、ようやく2020年最初のホームランとなった。



小回りのローカル競馬で多頭数ともなれば、ちょっとしたことで能力が無意味になるようなバイアスが生じる。今回の愛知杯はまさにそういった結果で、馬群を捌ける差し馬が上位を独占した。

ちなみに馬場を読む上での目安になるのは、ひとつは同じ芝レースの結果や伸びどころを見ること。これは当然として、もう一つは芝の塊がどれだけ飛び散っているかが目安になる。冬の小倉初日でいえば、一昨年の最初の芝レースと今年の最初の芝レースを見比べると、今年の方が特に4コーナーでの芝の塊の飛び散る量が多いように見て取れた。そう考えると同じイン有利でも一昨年は超イン有利、今年はややイン有利くらいだったのは納得の結果だ。先週、そして今週の雨の影響があれば2週目以降の小倉芝はむしろタフな差し馬場になる可能性がある。

いずれにしても、特にローカル競馬において馬場を読むことの重要性が伝われば幸いである。

~今の馬場なら田辺スタイルがハマりそうなニシノデイジー

さて、今週末は東西でG1へと続くG2レースが行われる。

東海ステークスは昨年の覇者でフェブラリーSも制したインティが連覇を目指して出走してくる。もっともその他にもなかなかのメンバーが揃った印象だ。一応能力上位はインティだろうが、今開催の京都ダートは週によってかなり傾向が異なっており、今週末のダートの傾向をまずは見たい。具体的には2週目の3日間開催の1~2日は極端に外が良く、先週末に関しては京都らしく先行インも残る馬場になっていた。今週末はどのような馬場になるか? 現状雨予報も出ており、いつも以上に馬場には注意を払いたい。

一方東のAJCCは、凱旋門賞以来となるブラストワンピース、この路線の常連といえるミッキースワローステイフーリッシュなどが出走する。こちらの注目はニシノデイジー。今回は田辺騎手が初騎乗となるが、本馬に関していえば結果こそ出ていないが中山は合うはずで、週末の雨予報で馬場が悪化すればいわゆる”田辺流”の追い出しを待つスタイルがハマるのではないか。出して行くような指示が出ていると良くないが、田辺スタイルで自由に乗ることができるようなら、近走のうっ憤を晴らす走りを見ることができそうだ。

いずれにしても今週末はかなり天気が悪くなりそうなので、小倉も含めて3場の天気&馬場状態について、いつも以上に気に掛けておきたい。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイフーリッシュの口コミ


口コミ一覧
閲覧 991ビュー コメント 6 ナイス 100

先日、東スポ紙面で、巨匠 林家ぺー師匠の記事があった。

河井 案里 1973年9月23日生
渡部 建  1972年9月23日生

黒川 弘務 1957年2月8日生
佐々木 希 1988年2月8日生

ヒェーーー!! 話題のときめく人って、誕生日も似るんだなぁ・・・
プロはすげぇッーなぁ


昨年、第60回宝塚記念 12頭立て
1着 リスグラシュー 8枠 表12 裏1
2着 キセキ     1枠 表1 裏12
昨年の結果は、表裏一体のゾロ目でした。

昨年の有馬記念(16頭立て)から、面白いことが続いています。
1着 リスグラシュー   3枠 表6 裏11
2着 サートゥルナーリア  5枠 表10 裏7
3着 ワールドプレミア   4枠 表7 裏10

【仮説】記念競走は、表裏 6 ・ 7 ・ 10 ・ 11 じゃねぇーの?

シンザン記念
1着 サンクテュエール  裏10
2着 プリンスリターン  表6
                    
京都記念
1着 クロノジェネシス  表7
2着 カレンブーケドール 裏10
3着 ステイフーリッシュ 裏6

共同通信杯 (トキノミノル記念)    
1着 ダーリントンホール 表6
3着 フィリオアレグロ 表7

中山記念                        
1着 ダノンキングリー  裏7
2着 ラッキーライラック 表7
3着 ソウルスターリング 裏6

ディープインパクト記念弥生賞           
1着 サトノフラッグ    裏11
3着 オーソリティ     表10

高松宮記念
2着 グランアレグリア 裏11

目黒記念                        
3着 ステイフーリッシュ  表11

安田記念
1着 グランアレグリア 表11
2着 アーモンドアイ 裏10

巨匠ほどの精度はないけれど、まずまずかなぁ~と
初日はこんなもんです


では

 b5cfa953ce 2020年6月6日() 01:57
POG20/21シーズンスタート 第1回落札後 筆頭仮想オーナー編
閲覧 83ビュー コメント 0 ナイス 7

1.カウアイレーンの2018 父:オルフェーヴル
半兄にステイフーリッシュ(牡 2015 鹿毛 ステイゴールド)2勝
1着 - 京都新聞杯(G2)
2着 - 京都記念(G2)、アメリカジョッキーC(G2)、日刊スポ賞中山金杯(G3)、福島記念(G3)
3着 - ホープフルS(G1)、京都記念(G2)、目黒記念(G2)、チャレンジC(G3)、鳴尾記念(G3)、函館記念(G3)
叔父母にピンクカメオ、ブラックホークがいる血統。

2.エーシンヴァーゴウの2018 父:エイシンヒカリ
母のエーシンヴァーゴウ(牝 2007 栗毛 ファルブラヴ)7勝
1着 - セントウルS(G2)、アイビスサマーD(G3)
3着 - スプリンターズS(G1)、TV西日本北九州記念(G3)、アイビスサマーD(G3)
の実績を持つ栄進の夢を乗せた血統。

3.センティナリーの2018 父:スピルバーグ
半兄に20'あやめ賞(1勝クラス)を勝ったグランスピード (牡 2017 鹿毛 キズナ) 2勝
叔父母にアドマイヤジュピタがいる血統。

3頭もの筆頭になれたのは幸運といったところか、ホープフル皐月ダービー出走を狙えるカウアイレーンの2018を筆頭にできたのは大きい。
エーシンヴァーゴウの2018は父の逃げに母の快速快速先行力が加わって短距離から2000mぐらいのレースを先行で押し切ってほしい!
センティナリーの2018は隠し玉、半兄のグランスピードが故障なので上手くレース選択できない中2勝を挙げたのを見るに万全なら皐月賞かNHKマイルでも上位にいけたはず。父親がスピルバーグに代わり2000m前後で活躍に期待したい。

[もっと見る]

 Haya 2020年6月4日(木) 07:00
【~術はある~】(2020.6.4.)(鳴尾記念、安田記念) 
閲覧 323ビュー コメント 0 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

さわやかな初夏の季節、6月ですね?
梅雨は、春から夏へと移るための大切な季節。
梅雨入り当初は、比較的しとしととした雨が連続することが多いみたい?
梅雨の半ばには一旦天気が回復する期間が出現することもあり、
この期間のことを梅雨の中休み。

我が懐は、長い中休み状態?早く目覚めたい!?

<「梅雨入り」と「入梅」の違い?>
「梅雨入り」と似た言葉に「入梅」(にゅうばい)がありますが、いわゆる「梅雨入り」は気象用語で、実際に梅雨の期間に入ることを表しています。「梅雨明け」も同様です。

一方、「入梅」は梅雨入りを意味する言葉ですが、歳時記を記したカレンダーには毎年6月11日頃に「入梅」と記してあります。この「入梅」は雑節(季節の移り変わりを把握するためのもので、「節分」「彼岸」「八十八夜」などもそうです)のひとつで、あらかじめ日付が決まっています。

現在は太陽の黄経が80度に達した日が「入梅」ですが、以前は立春から数えて135日目、さらに昔の暦では芒種のあとの最初の壬(みずのえ)の日とされていました。こうした日付は実際の梅雨入りとは異なりますが、農作業の目安として重要視されていました。ちなみに、「梅雨明け」のことは「出梅」(しゅつばい)といいます。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第5期最終結果】
第5期(4月25日~5月31日)12日間(福島牝馬S~目黒記念:全15戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、重賞 葵ステークスでは、16番ビップウインク軸で勝負!
ワイド( 16 ⇒ 4,5,10,11,13 )
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「葵ステークス」の軸馬ビップウインク、出足が悪く後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが、伸び足もなく馬群に沈み9着惨敗…。反省点として、軸馬選択の失敗!? わかっていたことで、内枠先行有利が基本的な狙い方!? なのに大外枠の馬で勝負するのは”笑止千万” 参考になるのは、ハイブリッド新聞推定前半トップの馬(今年は優勝馬ビアンフェ)から推定前半5位以内の馬へ流せば馬連(6380円)・馬単(9040円)馬券なら各4点で獲れていた。


日曜、G1東京優駿~日本ダービーでは、5番コントレイル軸で勝負!
馬連( 5 - 3,6,10,11,17 )
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「東京優駿~日本ダービー」の軸馬コントレイル、先行追走から直線に入り弾けて優勝!! 7262頭の頂点に降臨!! 15年ぶり無敗のダービー馬誕生!! 3馬身差2着サリオス、1.3/4馬身3着ヴェルトライゼンデ馬券は馬連なので、1-3着でハズレ…(ノД`)・゜・。反省点として、馬券種の選択に失敗!? 過去のデータを検証すると、1-2番人気馬で決まったのは05年ディープインパクト-インティライミ以来15年振りの出来事!? それだけに、頭からサリオスの2着を否定?? 3連複馬券(2480円)5点で狙うべきだった…反省。


日曜、G2目黒記念では、12番ゴールドギア軸で勝負!
ワイド( 12 - 1,6,15,16,18 )
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「目黒記念」の軸馬ゴールドギア、後方追走から直線で内を突いて弾けて優勝…のはずが、伸びているが5着入線まで…残念(ノД`)・゜・。反省点として、軸馬選択の失敗!? 頭から波乱決着と思い、人気薄狙い?? こんな時こそ、ハイブリッド新聞を信頼して、推定後半上位組から選択すべきだった。ちなみに、今年は推定後半トップが優勝馬キングオブコージで推定後半5位アイスバブルで決まり、馬連(4630円)・馬単(6300円)でした。3着ステイフーリッシュは推定前半トップだけに要注意!!


【総 論】
何を言っても、言い訳にしかならない最低の結果!? 特に、最終週の3レース(葵S、日本ダービー、目黒記念)は、1レースでも当てていたら…残念。とは言っても、今期が何故!? ここまで落ち込んだのか!? 昨年(2019)の成績を検証すると、一目瞭然!! 肝心のG1レースを当てていない。一昨年(2018)もほぼ当てていない…。個人的には、春のG1レースが苦手みたい…何てね!?



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
鳴尾記念=阪神(芝)2000=B(74)内枠有利
安田記念=東京(芝)1600=B(76)内枠の先行馬に注意

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<重賞 葵ステークス (タイム1分08秒1)の回顧>
LAP(前半3F 33.5)
LAP(後半3F 34.6)

ビップウインク(9着)
出足が悪く後方追走から直線でも、伸び足なく馬群に沈み9着惨敗…。

<重賞ラップ分析実戦篇>
鳴尾記念 阪神(芝)右2000㍍
<傾 向>
阪神芝2000㍍は、スタート直後に上り坂があるため、あまりペースは速くならない。従って、基本的には先行有利のコース!!
<ポイント>
4~5歳馬×重賞好走歴のある6~7歳馬
<注目馬>
ドミナートゥス(牡5、栗東・宮本博)
2走前(白富士S 11着)以外、全9戦8連対中!! 先行から抜け出す脚が優秀で、良馬場なら常に上位(3位以内)の決め手を繰り出す。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(鳴尾記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数値53"

近5年内【1-1-1-2/5】
勝率20%/連対率40%/複勝率60%
複勝 回収率144% 複勝で狙う!!

(安田記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数8位"

条件として指数値53~51 かつ 馬番10以降ふたケタ

過去10年【5-0-1-4/10】
勝率50%/連対率50%/複勝率60%
上記の条件だと
過去10年内6回出現4回的中(66.6%)
回収率 単勝1188%/複勝328%
単勝・複勝の2点で狙う!?


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイフーリッシュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ステイフーリッシュの写真

ステイフーリッシュの厩舎情報 VIP

2020年5月31日目黒記念 G23着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ステイフーリッシュの取材メモ VIP

2020年5月31日 目黒記念 G2 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。