ステイフーリッシュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2015年2月22日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績18戦[2-4-5-7]
総賞金21,490万円
収得賞金7,200万円
英字表記Stay Foolish
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
カウアイレーン
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
シルバーレーン
兄弟 リバーシブルレーンジッパーレーン
前走 2020/02/16 京都記念 G2
次走予定

ステイフーリッシュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/02/16 京都 11 京都記念 G2 芝2200 10554.333** 牡5 56.0 岩田康誠矢作芳人466(+8)2.17.1 0.736.7クロノジェネシス
20/01/26 中山 11 AJCC G2 芝2200 127108.052** 牡5 56.0 C.ルメー矢作芳人458(-2)2.15.2 0.236.5ブラストワンピース
19/11/30 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 12797.3410** 牡4 56.0 中谷雄太矢作芳人460(+14)1.59.7 0.634.6⑥⑦⑥④ロードマイウェイ
19/11/10 福島 11 福島記念 G3 芝2000 165912.962** 牡4 57.5 中谷雄太矢作芳人446(-10)1.59.7 0.235.7⑧⑧⑥クレッシェンドラヴ
19/08/18 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 143332.989** 牡4 57.0 中谷雄太矢作芳人456(+2)2.01.0 0.936.4⑥⑤④⑥ブラストワンピース
19/07/14 函館 11 函館記念 G3 芝2000 165106.433** 牡4 57.5 中谷雄太矢作芳人454(-4)1.59.9 0.335.3④④④マイスタイル
19/06/01 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 9664.843** 牡4 56.0 藤岡佑介矢作芳人458(+4)1.59.8 0.235.2④④④メールドグラース
19/03/31 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1461094.81213** 牡4 57.0 藤岡康太矢作芳人454(-6)2.02.4 1.436.1⑪⑩⑪⑪アルアイン
19/02/10 京都 11 京都記念 G2 芝2200 127103.412** 牡4 56.0 藤岡佑介矢作芳人460(+4)2.14.8 0.034.8④⑤④ダンビュライト
19/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1681511.072** 牡4 56.0 藤岡佑介矢作芳人456(+6)1.59.3 0.135.4⑫⑫ウインブライト
18/12/01 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 1271018.253** 牡3 56.0 藤岡佑介矢作芳人450(-2)1.59.0 0.734.2⑦⑥⑥⑥エアウィンザー
18/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 1881670.21111** 牡3 57.0 藤岡佑介矢作芳人452(-2)3.07.5 1.434.8⑭⑭⑭⑭フィエールマン
18/09/23 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 104411.945** 牡3 56.0 川田将雅矢作芳人454(+2)2.26.4 0.835.2ワグネリアン
18/05/27 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1851039.81010** 牡3 57.0 横山典弘矢作芳人452(-2)2.24.2 0.634.3⑧⑩⑪⑪ワグネリアン
18/05/05 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 1771312.871** 牡3 56.0 藤岡佑介矢作芳人454(+16)2.11.0 -0.334.6アドマイヤアルバ
18/02/11 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 12795.7210** 牡3 56.0 中谷雄太矢作芳人438(-12)1.48.5 1.134.1⑩⑩⑩オウケンムーン
17/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 1771322.983** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人450(0)2.01.6 0.235.9⑬⑬⑪⑧タイムフライヤー
17/12/10 中京 5 2歳新馬 芝2000 9555.231** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人450(--)2.03.7 -0.433.8④⑤アイスバブル

ステイフーリッシュの関連ニュース

 ★京都記念3着ステイフーリッシュ(栗・矢作、牡5)は、シドニーカップ(4月11日、豪州・ランドウイック、GI、芝3200メートル)の招待状が届いているが思案中。遠征をしない場合は日経賞(3月28日、中山、GII、芝2500メートル)か大阪杯(4月5日、阪神、GI、芝2000メートル)あたり。僚馬で8着ドレッドノータス(セン7)は、日経賞阪神大賞典(3月22日、阪神、GII、芝3000メートル)が視野。

 ★松籟Sを勝ちオープン入りしたトーセンカンビーナ(栗・角居、牡4)は、阪神大賞典へ。

 ★雲雀S快勝でオープン入りしたベストアクター(美・鹿戸、騙6)は阪急杯(3月1日、阪神、GIII、芝1400メートル)へ向かう。

 ★佐賀記念4着ラインカリーナ(美・武藤、牝4)はエンプレス杯(3月5日、川崎、交流GII、ダ2100メートル)へ。

 ★ラピスラズリS2着ハウメア(美・藤沢和、牝6)は夕刊フジ賞オーシャンS(3月7日、中山、GIII、芝1200メートル)を目指す。

【京都記念】ステイフーリッシュ、瞬発力の差3着 2020年2月17日(月) 05:08

 3番人気のステイフーリッシュは、2番手から積極的な運びをした。いい感じで道中を進めていったものの、直線半ばで上位馬に抜かれて3着に敗れた。「自分の競馬をして、直線に向いたときは『これなら!』と思ったが、相手が瞬発力で一枚上だった」と岩田康騎手は4歳牝馬の強さに脱帽した。

★「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都記念】昨年2着のステイフーリッシュは先行粘るも3着 岩田「相手が瞬発力で一枚上でした」 2020年2月16日() 19:51

 2月16日の京都11Rで行われた第113回京都記念(GII、4歳以上オープン、芝・外2200メートル、別定、9頭立て=クラージュゲリエが出走取消、1着賞金=6200万円)は、北村友一騎手騎乗の1番人気クロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が3番手追走から直線外を伸びて完勝した。



 昨年2着に敗れた雪辱と近走惜敗続きからの脱却を狙って出走した3番人気ステイフーリッシュ岩田康誠騎手を背に、道中離れた2番手を追走し、直線で外から伸びる勝ち馬と併せるように先頭に立ち押し切りを図ったが、優勝馬に突き放され、追い込んできた2着馬にも交わされて3着。しぶとく粘ったが、3歳時に初タイトルを獲得した得意舞台で久々となる重賞2勝目を挙げることはできなかった。



 岩田康誠騎手「自分の競馬をして、直線へ向いたときは“これなら”と思いましたが、相手が瞬発力で一枚上でした」



★「京都記念」払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都記念】クロノジェネシスが先行抜け出し完勝~牝馬のワンツー 2020年2月16日() 15:49

 2月16日の京都11Rで行われた第113回京都記念(GII、4歳以上オープン、芝・外2200メートル、別定、9頭立て、1着賞金=6200万円)は、北村友一騎手騎乗の1番人気クロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が3番手追走から直線外を伸びて完勝した。タイムは2分16秒4(重)。

 2馬身半差の2着には後方2番手追走から外めを追い込んだカレンブーケドール(2番人気)。ともに明け4歳の牝馬、昨年の秋華賞1、2着馬のワンツーフィニッシュとなった。牝馬による京都記念の優勝は2010年ブエナビスタ以来10年ぶり12頭目。牝馬のワンツーは63年ぶり4回目。

 さらに1馬身3/4差遅れた3着には2番手追走から粘り込んだステイフーリッシュ(3番人気)。

 京都記念を勝ったクロノジェネシスは、父バゴ、母クロノロジスト、母の父クロフネという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は9戦5勝。重賞は2019年クイーンC・GIII、秋華賞・GIに次いで3勝目。

 ◆北村友一騎手(1着 クロノジェネシス)「強かったです。道中のリズムもよかったし、4コーナーを回るときの手応えも十分感じました。手応え通り最後まで脚を使ってくれました。またがるときに先生から『装鞍所から落ち着いている』と言ってもらいましたし、返し馬もゲート裏も落ち着いていました。そういうところがレースの折り合いにつながったと思います。体重が示す通り、馬に幅が出てパワーアップしました。2200メートルでしっかり勝ち切ってくれましたし、選択肢が広がりました。どの競馬場でもどのレースでも、いいパフォーマンスを見せたいです」



★【京都記念】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都記念】入線速報(京都競馬場) 2020年2月16日() 15:39

京都11R・京都記念(2回京都6日目 京都競馬場  芝・右外2200m サラ系4歳以上オープン)は、1番手7番クロノジェネシス(単勝2.7倍/2番人気)、2番手1番カレンブーケドール(単勝2.8倍/3番人気)、3番手5番ステイフーリッシュ(単勝4.3倍/4番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連1-7(4.0倍) 馬単7-1(7.8倍) 3連複1-5-7(4.0倍) 3連単7-1-5(17.7倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020021608020611
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】京都記念2020 道中外、直線も外という待機勢には厳しいコンディション!狙いは内め~中を立ち回る非根幹巧者!  2020年2月16日() 10:00

1~2回京都開催ならびに土曜日の京都芝のレース結果、近年の京都記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。


水曜日から木曜日にかけて降った雨の影響、そこに朝露も重なり、土曜日の芝コースは稍重(JRA発表)の力を要するコンディションでスタート。馬場の重さがこたえたのか、終始外を回るかたちになった馬や内めを進んだ逃げ馬が直線で脚を無くす場面が続出。好位~中団で立ち回る馬に有利な状況と化した。

だが、馬場が乾くにつれ、内め~中を通る馬、先行~好位差しの好走例が増加。メインの洛陽S(芝外回り1600m)では4角6番手以内の馬が上位を独占している。それゆえ、外差し優位の傾向が出始めていた先週とは異なる馬場状態と捉えたほうがいいかもしれない。

日曜日はあいにくの雨模様。さらにタフなコンディションになることは疑いようがない。となれば、道中外から追走、直線も外、という差し・追い込みタイプは展開利や力量差がないと体力的に不利。走りやすい部分を先んじてキープする馬の優位性が増してくるはずだ。

よって、内め(傷みが少ない部分)~中を回り、なおかつスムーズに加速可能な位置を確保できそうな馬を優先してチョイスすべき。真ん中~内めの枠(1~5枠あたり)から、そうした競馬ができれば言うことはない。

血統面については、1~2回京都開催における芝2200mの結果を検証すると、ディープインパクトの血脈を持つ馬とステイゴールドの系統産駒が好調。ともに3勝を含む5連対の好成績を残しており、該当馬は積極的に狙っていく価値がある。

一方、近5年の京都記念の好走馬を振り返ると、キングカメハメハディープインパクトの両産駒が堅調。父にスタミナ型サンデーサイレンス系を配する馬や、父あるいは母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬も攻勢を強めている。いずれにせよ、持続力やパワーに富んだ馬の台頭が特徴的。そのあたりには十分な注意が必要だ。

直近の京都開催と近年の当レースの傾向をまとめると、直近開催の傾向に沿うのが効率的か。そのなかでも、近5年の優勝馬すべてに共通する非根幹距離重賞で好走経験のある馬を重視したい。

今回の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向(1~5枠)の要点を満たしているのは、⑤ステイフーリッシュ1頭のみ。従って当欄では、⑤ステイフーリッシュを注目株として推奨する。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイフーリッシュの関連コラム

閲覧 1,855ビュー コメント 0 ナイス 1



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 農林水産省賞典 京都記念 2020年02月16日(日) 京都芝2200m外


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2012年以降)】
○23戦以内 [7-8-8-37](3着内率38.3%)
×24戦以上 [1-0-0-29](3着内率3.3%)

 キャリアの浅い馬を重視したい一戦。2012年以降の3着以内馬24頭中、2014年1着のデスペラードを除く23頭は、出走数が23戦以内でした。ちなみに、この2014年は、キャリア24戦以上だった馬の割合(50%)が2012年以降でもっとも高かった年です。

主な「○」該当馬→クラージュゲリエクロノジェネシスステイフーリッシュ
主な「×」該当馬→アルメリアブルームドレッドノータスノーブルマーズ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2012年以降[8-8-8-28](3着内率46.2%)
主な該当馬→クロノジェネシスノーブルマーズ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年1月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬場読みのポイント~今週末は天候悪化の可能性大~
閲覧 864ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は東で京成杯が、西では日経新春杯が行われた。

京成杯は新馬戦を圧勝した牝馬スカイグルーヴに注目が集まったが、そのスカイグルーヴを差し切ったのは同じ1戦1勝のクリスタルブラック。道中は後方待機策となったが、直線鋭く伸びて差し切り勝ち。スローペースになったことでキャリアよりも決め手が生きた形だが、現状はまだ粗削りな面があり派手なパフォーマンスの一方で課題も多そうだ。このあとは皐月賞へ直行となるようだが、キャリアの浅さや多頭数競馬をどう克服するか。恐らく目標はダービーとなるだろうし、現時点では危険な人気馬になる予感がする。

一方、日経新春杯はまだ条件馬の身ながら強気に参戦してきたモズベッロが、直線鮮やかに抜け出して勝利。最後は後続に2馬身半差をつける完勝だった。今回はG2としてはかなり手薄な相手関係や内枠、またハンデに恵まれた面もあり大一番で戦うには課題も多いだろうが、明け4歳ということでさらなる成長に期待したい。


~決め打ちがハマった開幕週の愛知杯

さて、たまには馬券の話を。先週の当コラムで、「開幕週は特に馬場傾向の読みが重要となる」というお話をしたが、その開幕週となった小倉競馬の初日に行われた愛知杯は、馬場読みと展開読みが見事にハマってくれた。

当日の小倉競馬場では昼前から雨が降り始めたが、前半の競馬を見ても極端ではないにせよインの馬場状態が良く、ひと雨程度で極端に変化する状況ではなかった。そこで狙ったのは愛知杯の◎アルメリアブルーム。6番枠と内寄りの絶好枠で、上手く脚を溜められるという判断だった。

レースでは◎アルメリアブルームが上手くインで溜めて伸びて来た。穴で2列目に組み込んでいた5番枠デンコウアンジュ、さらに押さえで入れていた3番枠の11番人気レイホーロマンスが突っ込んで来てくれたおかげで、3連複は9万馬券。年明けから小さな的中こそあれどもイマイチ爆発しない状況が続いていたが、ようやく2020年最初のホームランとなった。



小回りのローカル競馬で多頭数ともなれば、ちょっとしたことで能力が無意味になるようなバイアスが生じる。今回の愛知杯はまさにそういった結果で、馬群を捌ける差し馬が上位を独占した。

ちなみに馬場を読む上での目安になるのは、ひとつは同じ芝レースの結果や伸びどころを見ること。これは当然として、もう一つは芝の塊がどれだけ飛び散っているかが目安になる。冬の小倉初日でいえば、一昨年の最初の芝レースと今年の最初の芝レースを見比べると、今年の方が特に4コーナーでの芝の塊の飛び散る量が多いように見て取れた。そう考えると同じイン有利でも一昨年は超イン有利、今年はややイン有利くらいだったのは納得の結果だ。先週、そして今週の雨の影響があれば2週目以降の小倉芝はむしろタフな差し馬場になる可能性がある。

いずれにしても、特にローカル競馬において馬場を読むことの重要性が伝われば幸いである。

~今の馬場なら田辺スタイルがハマりそうなニシノデイジー

さて、今週末は東西でG1へと続くG2レースが行われる。

東海ステークスは昨年の覇者でフェブラリーSも制したインティが連覇を目指して出走してくる。もっともその他にもなかなかのメンバーが揃った印象だ。一応能力上位はインティだろうが、今開催の京都ダートは週によってかなり傾向が異なっており、今週末のダートの傾向をまずは見たい。具体的には2週目の3日間開催の1~2日は極端に外が良く、先週末に関しては京都らしく先行インも残る馬場になっていた。今週末はどのような馬場になるか? 現状雨予報も出ており、いつも以上に馬場には注意を払いたい。

一方東のAJCCは、凱旋門賞以来となるブラストワンピース、この路線の常連といえるミッキースワローステイフーリッシュなどが出走する。こちらの注目はニシノデイジー。今回は田辺騎手が初騎乗となるが、本馬に関していえば結果こそ出ていないが中山は合うはずで、週末の雨予報で馬場が悪化すればいわゆる”田辺流”の追い出しを待つスタイルがハマるのではないか。出して行くような指示が出ていると良くないが、田辺スタイルで自由に乗ることができるようなら、近走のうっ憤を晴らす走りを見ることができそうだ。

いずれにしても今週末はかなり天気が悪くなりそうなので、小倉も含めて3場の天気&馬場状態について、いつも以上に気に掛けておきたい。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年1月19日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年01月19日号】特選重賞データ分析編(186)~2020年アメリカジョッキークラブカップ~
閲覧 2,455ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アメリカジョッキークラブカップ 2020年01月26日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2015年以降)】
○6着以内 [5-5-3-30](3着内率30.2%)
×7着以下 [0-0-2-27](3着内率6.9%)

 前走好走馬を重視したい一戦。2015年以降の連対馬延べ10頭は、いずれも前走の着順が6着以内でした。たとえ実績上位でも、大敗直後の馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→サトノクロニクルミッキースワローラストドラフト
主な「×」該当馬→ステイフーリッシュニシノデイジーブラストワンピース


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の条件が“G1のレース”以外、かつ前走の4コーナー通過順が5番手以内」だった馬は2015年以降[3-3-3-18](3着内率33.3%)
主な該当馬→サトノクロニクルステイフーリッシュ

[もっと見る]

2019年8月16日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】異色の穴男・藤岡康太騎手の狙いどころ/札幌記念展望
閲覧 1,651ビュー コメント 0 ナイス 6

先週末は新潟で関屋記念、札幌ではエルムSが行われた。

関屋記念は久々をものともせず、今季初戦となったミッキーグローリーが人気に応えて完勝。外から上がり32秒2という強烈な末脚を繰り出し、豪快に差し切りを決めた。ディープ産駒としてはシュッとした脚を使うタイプではないだけに、恐らく最大目標となるマイルCSは馬場状態もポイントになりそうだ。あまり立ち回りを問われる流れになると昨年同様によく伸びてはいても届かず…という結末になりそうなので、外差しが決まる馬場や流れになってほしいところだろう。過去の名馬を例にするならば、多少ギアが重い末脚タイプ、ハットトリック型だ。

一方、エルムSは先週当コラムでも触れた通り先行争いが激化した。結果として人気を集めたグリムも速い流れに戸惑ったのか直線は伸び切れず、じっくり後方で構えたモズアトラクションが鮮やかに抜け出し、重賞初制覇を飾った。

モズアトラクションはデビューから10戦目まで芝を使われたが鳴かず飛ばず、半ばヤケクソのような形で未勝利の身で挑んだ1000万条件で4着と好走すると、そこから出世の階段を上り始めた。もしあの時ダートを使われていなければ、今のモズアトラクションはなかったかもしれない。何がキャリア好転のキッカケになるかわからないからこそ、同じ条件ばかりではなく様々なチャレンジをしてみることは重要だと教えてくれた好例だろう。


~差し馬での期待値が高い藤岡康太騎手

さて、そのモズアトラクションで今年初の重賞制覇を成し遂げたのが、藤岡康太騎手だ。藤岡康太騎手は先週終了時点で39勝と、キャリアを考えれば可もなく不可もなく…というところだが、ジョッキーとしては比較的特徴がわかりやすいタイプだ。

その狙いどころはズバリ、差し馬。同騎手は昔から馬をリラックスさせて走らせることには定評があり、脚を溜めるのが非常に上手い。最近は川田騎手が積極策を持ち味に勝ち星を重ねているが、藤岡康太騎手は真逆のタイプだ。

実際、今年になって10番人気以下の超人気薄を8頭馬券圏内に持ってきているが、その中に逃げ馬は一頭もいないどころか、先行策で穴をあけたのも2頭だけ。普通は、「人気薄の逃げ馬」と言われるように前に行く馬が有利なのが競馬の常だが、藤岡康太騎手については真逆のイメージで良い。

モズアトラクションはそういう意味で非常に手が合っている印象だ。実際平安Sではモズアトラクションと初コンビを組み、12番人気の低評価を覆し2着と好走、今回の重賞制覇にもつながった。

また記憶に新しいところでは、17番人気という超人気薄ながら3着に持ってきた高松宮記念ショウナンアンセムも、やはり馬群でじっくり溜めて末脚を伸ばしてきた。いわゆる積極性のあるタイプではないだけに、特徴をわからず狙うと無気力さを感じることもあるかもしれない。だが、それを補って余りある一撃差しの魅力がある。

藤岡康太騎手のような、いわゆる”ゆるふわ系騎乗”を得意とするタイプは、大穴も多く、またテン乗りも苦にしない傾向がある。本来なら不利とされる外枠でも好走率が落ちず狙いどころは比較的明確なので、覚えておけば今後も穴で狙える機会が多いはずだ。先週もお伝えしたが、騎手については変な期待をするよりも、理解することが大事だ。

なお、今週末は北九州記念アンヴァルに騎乗する。タイプ的には合っていると思うので、人気がないようなら狙ってみても面白そうだ。


~夏競馬最大の大一番・札幌記念展望

さて、いよいよ夏競馬最大のレースともいうべき札幌記念が行われる。今年は凱旋門賞を見据えてフィエールマンブラストワンピースらが出走するほか、昨年の覇者サングレーザー、昨年のダービー馬ワグネリアンなど、例年にも増して豪華メンバーが揃った印象だ。

当然これらの馬たちをめぐる争いになりそうだが、一つ気掛かりなことがあるとすれば逃げ先行馬が少ないことだろう。人気を集めるだろうフィエールマンはさほど積極的に行くタイプではなく、まして前走は3200m戦、しかも先を見据えるとなれば控える手だろう。ブラストワンピースは川田騎手に乗り替わることである程度前に行くかもしれないが、その他を見てもサングレーザーは差し馬、ワグネリアンもどちらかといえば末脚が武器の馬である。

したがって、もし伏兵の好走があるとすれば前で勝負できる組ではないだろうか。その中でも注目は、ゴーフォザサミットステイフーリッシュの2頭。ゴーフォザサミットは近走やや行きたがる面を見せており、距離短縮はプラスになりそう。持ち味を生かせない競馬が続いているが、もともとダービー路線でもそれなりに注目を集めた馬で、人気が落ちそうな今回は狙いどころではないか。

ステイフーリッシュは一連の重賞で安定して走れている割には人気も落ち着きそう。派手さはないが、先行してキッチリ伸びて来るレースぶりには安定感がある。函館記念も57.5キロの斤量やコース取りを考えれば上位2頭をよく追い詰めていた。先行できる強みを生かせれば、上位勢の一角を崩すシーンもありそうだ。

今年は凱旋門賞まで続くかもしれない札幌記念。個人的にはフィエールマンには今回の結果にかかわらず、是非ともフランスの大舞台に挑んでほしいと思っている。国内の秋G1に向けても重要な一戦になるので、好勝負を期待したい。

札幌記念の最終結論は、『TAROの競馬』にて無料公開します。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

2019年8月14日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019札幌記念
閲覧 1,364ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


8月18日(日)札幌11R 第55回札幌記念(3歳以上G2・芝2000m)

【登録頭数:15頭】(フルゲート:16頭)


ブラストワンピース(AA)3ヶ月
前走目黒記念時は、いつもよりトレセンでの追い切りが1本少なく、動きも重い感じに見せていた。この中間は函館での調整で、1週前追い切りは芝コースでの追い切りだったが、いつものような首が高いところがなく、前にグッと伸びていてこれまでで一番良い動きに見えた。力のいる洋芝も向きそう。

フィエールマン(C)3ヶ月半
この中間は函館入りしての調整で、これまでのように2週前には併せ馬で追い切られて先着。ただ1週前は、ルメール騎手が騎乗しての追い切りではあったが、デビュー以来初めて1週前追い切りで併せ馬を行わなかった。牧場で仕上げてきているとは思うが、1週前にいつもと違う調整を行っていることは状態面で何かがあるのかもしれないので、その点は気になるところ。

ワグネリアン(B)4ヶ月半
この中間もこれまで同様に1ヶ月半ほどトレセンで乗り込まれてきていて、3週前、2週前とCWを長めから併せ馬で追い切られて先着。その後、北海道に移動しての調整となっていて、1週前は時計を出していないが2週前時点で仕上がっている感じ。あとは輸送後の最終追い切りでどんな動きを見せるかに注目したい。

ペルシアンナイト(B)中10週
この中間は札幌競馬場での調整。2週前、1週前と単走で一杯に追い切られていて順調に調整されている印象。右回りのコーナー4つのコースは良い。

サングレーザー(D)中10週
昨年の勝ち馬。日曜、水曜と追い切られているが、昨年は2本とも併せ馬だった。今年は2本とも単走での追い切りで、1週前の動きを見るとモタモタした感じで終いの伸び脚が物足りない。

クロコスミア(B)3ヶ月半
昨年と同じように1ヶ月前から札幌競馬場で週2本時計を出していて、4週連続の好時計をマーク。昨年よりも終いの時計が速く、出来自体昨年よりも良さそう。

クルーガー(D)4ヵ月
海外遠征後の休み明け。1週前に芝コースで追い切られていて、それほど目立つ時計ではないものの、終いは伸びていて出来は悪くなさそう。牧場で仕上げてきているのだろうが、余裕があればもう少し早く入厩していると思うのでその点がどうか。

サクラアンプルール(B)中10週
2年前(◎)の勝ち馬。昨年も内容的には悪くなくこのコースは相性が良い。今年は函館記念を使わずのぶっつけ本番で、美浦での調整はなく函館での調整。追い切り本数は少ないが、1週前追い切りでは併せ馬で一杯に追われて先着と、状態は悪くなさそう。

ステイフーリッシュ(A)中4週
この中間も函館競馬場で調整中。1週前追い切りではWコースを馬なりで好時計が出ていて、走りも力強く調子が良さそうな感じ。テンションが高くなる馬なので、馬なりで気分よく追い切れるくらい仕上がっている点も良い。

サトノティターン(D)連闘
エルムSからの連闘になるが、休み明けの前走時は乗り込み量も豊富でしっかり調教もされていたので反動はなさそう。かなり大きな馬だが、パドックでは太め感は見せない馬で先週も太くは映らなかったので+10キロが敗因ではないと思う。中京で1度芝のレースを使われているが、使うレースもないのでもう一度芝を試してみたいといったところか。その中京芝での走りを見ると、ダートの方が良さそうで、芝のG1馬たち相手ではかなり厳しそう。

ランフォザローゼス(F)3ヶ月
ダービー以来の出走となるが、藤沢厩舎の馬なので勝ちにきているならもっと早めに函館か札幌に入厩して調整されていると思う。牧場で仕上げてきているとは思うが、1週前追い切りは木曜で、芝コースでの時計もかなりかかっており、この厩舎の馬としては調整内容に余裕がない。

ナイトオブナイツ(D)中4週
昨年も出走していて、展開も向いて上位入線馬たちと同じような位置でのレースをしていたものの伸びきれず、G1馬たちとは力の差が出てしまった。今年も函館で2戦しての参戦だが、勝ち鞍もなく大きく成長した感じはない。

ゴーフォザサミット(F)3ヶ月
昨年と似たようなローテーションも、昨年は1ヶ月前には札幌に入厩して追い切られていた。今年は(牧場で調整されているのかもしれないが、)1週前の時点で追い切り時計がなく、これで勝てるほど相手は弱くない。

ロードヴァンドール(E)中1週
2走前の七夕賞時(○)は入念に乗り込まれていてパドックでの状態も力強く、かなり良く見えた。それが前走時は追い切りの内容が物足りず、パドックでは細く見せ首も上がり気味と、疲れがあるように映った。そして迎えたこの中間は速い時計を出しておらず、状態面での不安が残る。

エイシンティンクル(E)中2週
前走時は栗東で調整されていたが札幌に入厩してから速い時計を出さず、最終追い切りも行わないままの出走だった。この中間も中2週となるが速い時計を出しておらず、普通に調整されていない時点で大きなマイナスとなる。


◇今回は札幌記念編でした。
先週、現在勤めている会社の先輩でウマフレでもあるバナナーb4さんが定年のため退職されました。勤続40年8ヶ月。昭和、平成、令和と時代が様々に変化していく中で、これだけの長い時間健康で働き続けるということは簡単には真似できることではありません。最後の挨拶での言葉には40年の重みがあり、とても感動して目頭が熱くなりました。
みんなに祝福されて笑顔で去っていく景色というのが、こんなにも素敵なものだったなんて、と思わされてしまいました。
<https://youtu.be/4lBcfleDI98>

そんなバナナーb4さんとよく話をするようになったのも、やはり競馬がキッカケでした。私がプロ予想家になる以前もなってからも、いろいろと話を聞いてくれてアドバイスもして頂いて、私にとってバナナーb4さんに出会えたことは大きな財産です。
今後も一緒に競馬場に行く機会もあると思いますし、ウマニティではまた新しいウマフレさんとの出会いなんかもあると思いますので、とにかく、健康に気をつけてバナナーb4さんの新しい人生を楽しんでいって頂きたいと思っています。
まだまだ旅は続いていきますよ。
<https://youtu.be/TjXTe8NIz1E>


競馬の世界では、ディープインパクトキングカメハメハと日本の競馬を変えた2頭が亡くなりました。
2頭がそれぞれ圧倒的な強さを見せた日本ダービーを、目の前で観戦でき、その場所に居られたことは、大きな宝物として私の記憶の中に刻み込まれています。

第71回 東京優駿日本ダービー

第72回 東京優駿日本ダービー


今後この2頭のような強い馬はなかなか出てこないかもしれませんが、競馬が続く限り可能性はある訳で、そんな記憶に残るような景色をまた目の前で見てみたいものです。

それでは次回、新潟2歳S編でお会いしましょう。


札幌記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年7月19日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬場を考える騎手、考えない騎手/中京記念展望
閲覧 2,037ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の函館記念は完全なる逃げ先行イン有利の競馬。内枠有利のレースがどのような構造で出来上がるかという意味では、「教科書に載せたい」レベルのキレイな隊列だった。

結果、逃げたマイスタイルが文字通り自分の形に持ち込み逃げ切り勝ち。以前より再三お伝えしているように、展開を考える上で重要なのは字面のペースではなく、馬場であり、何より隊列である。函館記念は逃げのマイスタイルが内枠、先行勢も軒並み内枠に入ったことで鮮やかな逃げ切りが決まり、2着以下の上位勢もほぼ内枠先行勢が独占した。

先週の当コラムでは、

「巴賞敗戦組からドレッドノータスマイネルファンロンあたりが面白そう」

と書いたが、当方の最終結論は◎ドレッドノータス。残念ながらこちらは伸び切れず4着止まりと本線での的中を逃してしまった。

それにしても面白いのはオッズだ。自身の本命馬が3着だったら…などというちょっとした負け惜しみの遊びを日曜の夕方にしていたのだが、函館記念の3連複の最終オッズをご覧いただきたい。

マイスタイルマイネルファンロンステイフーリッシュ → 102.4倍
マイスタイルマイネルファンロンドレッドノータス → 99.7倍

なんと、ドレッドノータスが3着パターンの方が安いのである。ステイフーリッシュは単勝3番人気、ドレッドノータスは単勝7番人気なのだから、本来であれば当然ステイフーリッシュが3着のケースの方が安くなるはずなのだが、3連単にしてもやはりドレッドノータスの方が安かった。現代競馬のファンは、「この馬が来たらこの馬が来る」といった組み合わせを考えて馬券を買っているということなのだ。いやはや、恐ろしい時代が来たもので…。

これでサマー2000シリーズは2戦が終了したが、七夕賞は典型的な外差し競馬、函館記念は典型的な内枠先行競馬と実に対照的な決着となった。このことは今後の馬券に生かす意味でも頭に入れておきたい。「競馬は記憶のギャンブル」でもあるのだ。


~福島の芝傾向をよく見ていた松岡騎手

明確な傾向が出たという意味では、先週の福島芝も見逃せない。Bコース替わりでどのような変化があるかと考えて土曜は見ていたのだが、1レースを見たときにすぐにピンと来た。

「引き続き内が良くない」

前週の馬場の状況、また週半ばから後半までの天候など、様々な要素が絡み合いBコース替わりでも内が悪い馬場が生み出された。

土曜午前段階で割とスンナリ馬場は読めたので、筆者の配信・TAROの競馬ノートにおいても先週は福島芝を中心に配信した。結果的に日曜はさらに外有利が加速し、馬券的には非常に買いやすい状況だった。

そして極端な傾向が出ると、如実に表れるのが騎手の意識の差である。例えば戸崎騎手などは、タフな馬場でものめらせない技術やフィジカルの強さ、またどんな状況でもポジティブにレースに挑めるメンタルの安定がある一方で、馬場を深く考えるタイプではない。少々遠回しに表現するが、”ヘッドワーク”で馬を持ってくるタイプではないことは先週の競馬をよく見ていてもわかる。

一方で、実によく傾向を見て考えて乗っているように思えたのが松岡騎手だ。先週日曜の3レース、2歳未勝利戦は結果だけ見れば1倍台の断然人気馬・ウイングレイテストを普通に勝たせただけだが、内が厳しい馬場状態を読んで、不利な枠からの巧みな立ち回りが目立った。

そして、返す刀で5レースの2歳新馬戦。ココでも松岡騎手はやはり内枠に入ってしまったマイネルテナシャスを上手く外に促してゴール前の伸びに繋げ、10番人気の低評価を覆す勝利を飾った。

このレースは筆者も◎コスモビートイットから買おうと決めていて相手は外を中心に遊び程度に…と考えたのだが、内枠の中で唯一拾ったのがマイネルテナシャスだった。それはアンライバルド産駒が今の馬場に合っているだろうという経験から来る考えがベースにはあったが、何より松岡騎手が馬場をよく見ていることを感じ取れたことが大きかった。



やはり、競馬は馬場である。そんなことを強く感じた週末だった。


中京記念が行われる中京芝は例年以上に内が良い

さて、今週末は中京で中京記念、そして函館では世代最初の重賞・函館2歳ステークスが行われる。馬場的に特に注目なのは中京記念だろう。

中京記念が行われる中京の芝コースは最終週となるが、かつてのような差し馬場にはなりづらくなっている点に注意。実際、3週目の先週はむしろ内が良く伸びていて、特に日曜日はインが断然有利だった。かつては外差しが断然有利のレースだったが、近年は一昨年のウインガニオンのように好位・内枠勢の活躍も目立つようになっている。今週末は雨予報も出ているので、最終週の馬場の傾向はいつも以上に確認しておきたい。

以上の状況から馬場次第とはいえ、現時点では3歳のクリノガウディーに期待している。NHKマイルC当日は外が伸びる馬場で、最後は失速したとはいえ馬場や枠順を考えれば着順ほど悪くない内容だった。いずれにしても、今年は信頼できる人気馬は皆無。かなり波乱含みの一戦とみている。下手に守りに入るよりは、バットを長く持って思い切って攻めてみたい。

※重賞の最終結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開しますので、是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイフーリッシュの口コミ


口コミ一覧
閲覧 189ビュー コメント 0 ナイス 1

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

陽春の候、花粉症の季節到来でしょうか?
現在、世間一般的には新型コロナウイルス感染症かもしれませんが、
今年も花粉以外のPM 2.5も飛散している状況みたいなので、ご注意ください!

我が懐からは、福沢諭吉がどんどん飛散?悲惨な状況です。 (>_

 ちびざる 2020年2月20日(木) 00:50
【雑感】地方の予想コロシアムについて
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 27

先週の日曜のメインから京都記念を回顧。
勝ったのは、クロノジェネシスでした。
好スタートから早めに3番手を確保。
じっくり好位からレースを進め、坂の下りで前との差を詰め
直線へ。直線では、先に前に出たステイフーリッシュをあっさり交わし
カレンブーケドールの追撃を許さず
2馬身半の差を付けての完勝でした。
馬体重がプラス12キロでしたが、太目感もなく、むしろパワーアップした感さえありました。
秋華賞を勝った時が452キロ。5着に敗れたエリザベス女王杯が448キロだったことを考えると
450キロ台くらいがベスト体重かもしれませんね。
次走がそれくらいの馬体重で出てくるのか注目したいですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、地方の予想コロシアムについて。
先に述べておきますが、地方は南関東とダートグレート重賞のみの参戦です。
今年は全くの絶不調で、1月終了時点で予想家レベル6ダウン。(>_

[もっと見る]

 DEEB 2020年2月16日() 18:17
恥ずかしい馬予想2020.02.16[結果]
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 3

東京10R バレンタインステークス 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 3 ラプタス…8着
○16 ブルベアイリーデ…5着
▲ 2 ジャスパープリンス…中止
△14 ロードグラディオ…7着
× 8 ☆ショーム…1着
[結果:アタリ△ 複勝 8 280円]

東京11R 共同通信杯 GⅢ 3歳オープン(国際)(特指)
◎ 6 ダーリントンホール…1着
○ 8 マイラプソディ…4着
▲ 1 エン…7着
[結果:ハズレ×]

京都 4R 障害4歳以上オープン(混合)
◎ 6 メイショウオトコギ…11着
○ 4 ミュートエアー…10着
× 5 ☆セイウンフォーカス…7着
[結果:ハズレ×]

京都 6R メイクデビュー京都 3歳新馬(混合)[指定]
◎ 5 スマートクラージュ…2着
○13 サンライズルーカス…8着
×15 ☆ハナテ…9着
[結果:ハズレ×]

京都11R 京都記念 GⅡ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 5 ステイフーリッシュ…3着
○ 9 ノーブルマーズ…4着
▲ 7 クロノジェネシス…1着
[結果:ハズレ×]

小倉10R 玄海特別 4歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 5 ダディーズトリップ…2着
○13 ナリス…14着
× 8 ☆ルックスマート…5着
×12 ☆ジャーミネイト…9着
[結果:ハズレ×]

小倉11R 北九州短距離ステークス 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎10 メイショウキョウジ…2着
○12 エンゲルヘン…15着
▲ 8 シヴァージ…1着
△17 ミラアイトーン…7着
× 6 メイソンジュニア…12着
×15 アルマエルナト…6着
[結果:アタリ○ 馬連 8-10 1,000円]

今日は、淀に行こうかなと思っていますが、天気がね…。
どうしようかな。

[今日の結果:7戦1勝5敗1分]
とりあえず、淀に行きました。
1Rだけ勝負しました。
負けました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイフーリッシュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ステイフーリッシュの写真

ステイフーリッシュの厩舎情報 VIP

2020年2月16日京都記念 G23着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ステイフーリッシュの取材メモ VIP

2020年2月16日 京都記念 G2 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。