グロリアムンディ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
グロリアムンディ
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2018年3月13日生
調教師大久保龍志(栗東)
馬主吉田 和美
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績20戦[7-4-1-8]
総賞金14,729万円
収得賞金10,080万円
英字表記Gloria Mundi
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ベットーレ
血統 ][ 産駒 ]
Blu Air Force
Happy Sue
兄弟 ナイントゥファイブプリモカリーナ
市場価格
前走 2023/12/29 東京大賞典 G1
次走予定

グロリアムンディの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/12/29 大井 9 東京大賞典 G1 ダ2000 9--------6** 牡5 57.0 T.マーカ大久保龍 490
(--)
2.08.3 1.0----ウシュバテソーロ
23/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 154618.9813** 牡5 58.0 C.ルメー大久保龍B 506
(-6)
1.52.1 1.538.3④⑦⑦⑦レモンポップ
23/09/10 韓国 8 コリアカップ G3 ダ1800 14--------2** 牡5 57.0 坂井瑠星大久保龍 512
(--)
1.53.2 1.7----クラウンプライド
23/05/20 京都 11 平安S G3 ダ1900 16122.811** 牡5 58.0 川田将雅大久保龍B 510
(+9)
1.59.8 -0.439.4ハギノアレグリアス
23/03/15 船橋 11 ダイオライト G2 ダ2400 14--------1** 牡5 56.0 川田将雅大久保龍 501
(--)
2.37.2 -1.8----テリオスベル
22/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 16117.7212** 牡4 57.0 R.ムーア大久保龍B 504
(+8)
1.53.0 1.137.1⑪⑩⑫⑬ジュンライトボルト
22/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 18816142.31312** 牡4 58.0 福永祐一大久保龍B 496
(0)
2.11.9 2.237.1⑭⑭⑬⑬タイトルホルダー
22/04/17 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 167133.612** 牡4 56.0 坂井瑠星大久保龍B 496
(-8)
1.50.6 0.136.9⑤④④④オメガパフューム
22/03/21 中京 11 名古屋城S OP ダ1800 167131.911** 牡4 57.0 福永祐一大久保龍B 504
(+2)
1.51.8 -0.337.0⑤⑤④④メイショウドヒョウ
22/01/10 中京 10 雅ステークス 3勝クラス ダ1800 10774.321** 牡4 56.0 C.デムー大久保龍B 502
(+8)
1.50.9 -0.137.1⑦⑦④④ハヤブサナンデクン
21/12/18 中山 10 香取特別 2勝クラス ダ2400 167133.521** 牡3 54.0 M.デムー大久保龍B 494
(-8)
2.34.3 -0.038.5ダノンラスター
21/12/04 阪神 8 3歳以上1勝クラス ダ2000 11784.521** 牡3 56.0 福永祐一大久保龍B 502
(+12)
2.06.7 -0.738.4④④ショウナンアーチー
21/10/17 阪神 6 3歳以上1勝クラス 芝2000 8113.826** 牡3 55.0 福永祐一大久保龍 490
(+6)
2.03.9 1.036.9④④ダノンドリーマー
21/06/27 阪神 7 3歳以上1勝クラス 芝2200 11783.422** 牡3 53.0 福永祐一大久保龍B 484
(-2)
2.13.4 0.134.9⑥⑥⑥⑤プリュムドール
21/06/12 中京 9 春日井特別 1勝クラス 芝2200 8442.416** 牡3 53.0 福永祐一大久保龍 486
(+10)
2.12.9 1.035.3⑦⑦⑦⑦イクスプロージョン
21/04/03 阪神 9 アザレア賞 1勝クラス 芝2400 8221.714** 牡3 56.0 福永祐一大久保龍 476
(-4)
2.26.8 0.534.3⑧⑧⑧⑧リーブルミノル
21/02/28 阪神 10 すみれS (L) 芝2200 8335.122** 牡3 56.0 福永祐一大久保龍 480
(-6)
2.12.8 0.434.8⑧⑧⑧⑦ディープモンスター
21/01/23 中京 10 若駒S (L) 芝2000 7772.113** 牡3 56.0 福永祐一大久保龍 486
(+4)
2.04.3 0.537.9④④ウインアグライア
20/11/28 阪神 11 京都2歳S G3 芝2000 10553.814** 牡2 55.0 福永祐一大久保龍 482
(+6)
2.02.0 0.435.1⑧⑦⑨⑨ワンダフルタウン
20/10/18 京都 5 2歳新馬 芝2000 11332.911** 牡2 55.0 福永祐一大久保龍 476
(--)
2.05.8 -0.235.1⑦⑥⑦⑧ダノンハイファイブ

グロリアムンディの関連ニュース

2月16日(金)の栗東トレセンでは、3歳馬10頭がゲート試験に合格。デビューへの関門を突破した。

サンライズフランツ(母デイジーメーカー、牡、小林真)

スノーソフィー(母スノーピアサー、牝、荒川義)

ゼットホウライ(母レディナデシコ、牡、吉田直)

パラソル(母ベットーレ、牝、杉山晴)=半兄グロリアムンディは2023年平安S・GⅢなど重賞2勝

ミスズクライ(母スズカクイーン、牝、谷潔

メイショウコナン(母ケイティーズミスト、牡、荒川義)

メイショウツバメ(母メイショウルイーズ、牝、荒川義)

ラファミリア(母アイムユアーズ、牡、矢作芳)=母は2012年フィリーズレビュー・GⅡなど重賞4勝

グローバルフェイムの2021(牝、牧田和)

Cover Songの2021(牝、杉山晴)=母は2016年オータムミスS・北米GⅢの勝ち馬

【東京大賞典】ZBAT!ブロードキャスターズは高配当狙い 板津◎⑦グロリアムンディ&なぎさ◎⑨ウィルソンテソーロ 2023年12月29日(金) 05:00

2023年最後のGⅠで、ZBAT!ブロードキャスターズが勝負に出る。年末恒例の大一番、東京大賞典が29日に大井競馬場で行われる。当日にフジテレビ系で解説を務める板津雄志記者(44)は◎⑦グロリアムンディを推す。外枠からの先行策が現在の大井の馬場に合うとみた。一方、三浦凪沙(なぎさ)記者(26)は◎⑨ウィルソンテソーロをプッシュ。2頭はともに人気薄で、9頭立ての少頭数でも高配当が望めそうだ。

〝外枠から先行〟が砂入れ替えたコースにマッチ

10月末に白い砂に替わった大井のダート。JBC諸競走で砂の影響を敗因に挙げるジョッキーが少なくなかったように、入れ替え後の変化は想像以上だった。個人的な考えだが、今の大井の印象は次の通り。

❶インが伸びない

❷基本的には前残り

❸キックバックを受けない競馬が理想

❹外枠が有利

❺ピッチ気味の走法の方が砂を捕えやすい

前が残るとはいえ、インが伸びにくいから逃げ馬は不振。多少ロスがあっても、砂をかぶらないほうがいいから外枠有利。豪快なアクションをする馬は道中でスタミナを消耗しやすい…はず。

普通なら、同じ馬場でJBCクラシックを圧勝した▲キングズソードが一番信頼できる馬だろう。ただ外枠の前回とは違い、今回は最内枠。岩田望騎手もこの馬で勝ったときが鮮やかなイン突きで、ロスなく内を回ってきそうなのがどうか。

ドバイで世界を制した○ウシュバテソーロも当然V候補。川田騎手なら日本テレビ盃(1着)同様にそつのない競馬をしそうだが、基本的には末脚タイプで、砂をかぶる競馬になるはず。何より11月の米国遠征(BCクラシック5着)から帰国し、どれだけ体調が戻っているのかも気になる。

さて、どうしようかと思ったところ、穴馬グロリアムンディに行き着いた。前走はチャンピオンズCで13着だったが、JBCクラシックで5着と苦戦したウィルソンテソーロチャンピオンズCで2着に激走。その逆があってもいい。

もまれ弱い馬にとって、少頭数の外枠は大きなプラス。ピッチ気味の走法も良く、今の大井でウイニングポジションといえる2、3番手の外が取れそうな脚質もいい。休み休み使われてきた馬が、久々にレース間隔を詰めてきた点も強調したい。中1~3週のときは芝も含めて【2・2・0・0】。コリアC2着からの帰国初戦を叩いての激変があっていい。

私は、きょうの東京大賞典で仕事納め。年末年始は死んだように眠ります。皆さん、良いお年を。(板津雄志)

前走価値ある2着 大井経験もプラス

有馬記念ホープフルSも終わりましたが、やはりこの東京大賞典を見ないと一年が終わりませんね。どれだけ負けても、毎日どこかで競馬はやっている。ありがたいことです。

ということで、◎はウィルソンテソーロに託します。前走のチャンピオンズCは12番人気ながら0秒2差2着に激走。出遅れてしまい、これまでと違って後方で脚をためる形になりましたが、上がり3ハロンはただ一頭36秒台。前残りの決着の中で価値がある追い込みでした。2走前のJBCクラシックで本命を打ったのに、前走で△に下げたことを大いに反省しました。

2走前に5着に敗れた舞台ですが、小手川調教師は「JBCでは替わったばかりの砂に対応できなかったけど、今回は対策ができるし、経験を生かしていきたい」と気合十分。活気にあふれた動きを見せているのも好印象で、GⅠ奪取のチャンスとみます。(三浦凪沙)




◆10月から大井は白い砂 より安全な馬場での開催を目指すため、大井競馬場のコースは10月29日の開催からオーストラリア産の白い砂に入れ替えられた。以前より決着タイムは約2~3秒遅くなり、展開次第で差しが決まる場面もあるものの、全体的に逃げ、先行馬の活躍が目立つ。

東京大賞典 中央競馬の有馬記念が芝レースの総決算なのに対し、ダート競走の総決算に位置づけられる。1955年に「秋の鞍」の名称で創設され、第1回は10月16日に大井競馬場のダート2600メートルで施行。64年に現在の名称に変更された。95年から地方競馬、中央競馬所属馬の交流競走となり、ダート統一グレードが導入された97年にGIに格付け。2011年からは地方競馬で初となる国際GIに格上げとなり、現在は国際競走として開催されている。距離は98年から2000メートルに定着。施行日は99年から12月29日に固定された。

[もっと見る]

【レースV職人 豚ミンCの爆穴はコレ!】カペラS2023 先週ドゥラエレーデ9番人気3着! 大混戦のダート重賞で期待したい2頭とは? 2023年12月6日(水) 17:00


これまで幾度となく大穴を本命にし、的中を重ねてきたレースV職人・豚ミンCプロが週末重賞の爆穴候補を推奨する当連載! 先週のチャンピオンズCは、推奨馬ドゥラエレーデが9番人気3着へ好走しました! 今週のカペラSにもぜひご注目ください。それでは早速、豚ミンCプロから届いた先週の振り返りと今週の見解を確認しましょう。


チャンピオンズCの振り返り】
人気馬に距離不安や脚質不安などがあり、微妙に人気が割れていましたが、勝ったのは今年のフェブラリーSも制した1番人気のレモンポップでした。成績的にも多くの人が距離不安を挙げていたと思いますが、前回のコラムでも書いたとおり、血統的にも問題なく、フェブラリーSであの競馬ができるのであればやはり簡単に負けることはなかったというところでしょう。というか父と母父を見れば中距離は大丈夫なはずで、ドバイですが1200mではあっさり負け、距離が延びたマイルの南部杯では圧勝。そもそもですが、マイル以上のほうが元々いいのでは? という話のような気もします。今日は鞍上も最後は脚が上がったとコメントしていましたし、「2000mだとさすがに無理だろう」となりそうですが、長い距離を使ってきた馬たちも今日は最後に止まっていたので関係ないかも(坂井Jは後ろの馬たちは見えていないので分からなかったはず)。そのことから、次走どこか分かりませんが、多少距離が延びても楽しみですね。あと忘れてはいけないのが坂井Jの立ち回り。8枠は不利だったと思いますが、行くと思われていたケイアイシェルビーはそこまで行き脚もなく、ドゥラエレーデも逃げなくていいやというような競馬を選んだので、ほぼ消耗なく先手を取ることに成功しました。それもあって勝ちに繋がったのは間違いないと思いますが、JRAのインタビューでも「事前に準備する」と言っていたように、色々想定していたのでしょう。こういう騎手は馬券を買う側からしたら心強いので積極的に本命にしたくなりますよね。ジョッキーカメラを見ても、声を掛けながらの競馬。馬に乗っていたときの私も、いつも「ホォーホォー」とか「大丈夫、大丈夫」と常に声を出しながら乗っていたので、親しみを感じました。ま、私の場合は下手だったので、自分に向けて言っていたようなものですけどね(笑)。去年は年間100勝まであと少しでした。今年は来週にでも決めてくれるでしょう!

対して2番人気のセラフィックコールはみなさんの想像どおりの結果に……。スタートはクリアし、最初のコーナーをロスなく回ったところまではよかったのですが、結果的に終始ロスなく乗った馬が上位に来ており、3角から外を回ったこの馬には厳しいレースになりました。ただ、「セラフィックコールって、いつも同じ競馬ばかり」と思われがちですが、八王子特別では多少周りに馬がいる競馬も実はしているんですよね。もしかしたらその時乗っていたレーンJなら、結果は違っていたかもしれませんね。あと個人的な話ですが、デムーロJは9レースと10レースで本命にしていてひどい競馬だったので、メインで勝たないでくれてよかったです(笑)。

続いて3番人気のクラウンプライドは……、まぁ最初のコーナーで終了でしたよね。敗因はほかにもあるのでしょうけど、1コーナーであの入りをして、3コーナーからも外を回ってとなると馬券には基本来ないです。おそらく無難にと、この馬を本命にした人は多かったと思いますが、どうであれうまく乗られないと競馬は当たらないので、仕方ないといったところでしょうか。4番人気のテーオーケインズは逆に文句の言いようがない最高の立ち回りをしての4着。以前なら最低でも馬券にはなっていたでしょう。これも前回のコラムで書いたとおり、間隔を空けて強い競馬をしていた馬が最近は勝ちきれなくなったということで落ち目だったはず。完璧に乗られて馬券圏外だったので消しで正解でした。

そしてそして、振り返らなければならない注目馬2頭。マイルCSでもジャスティンカフェダノンザキッドを挙げて馬券圏外のほうを本命。今回もグロリアムンディドゥラエレーデを挙げて、来なかったほうを本命といつもどおりでした(笑)。ドゥラエレーデに関しては伊達にダート連対率100%ではなかったですね。たぶんムルザバエフJもいいイメージがあったはずで、馬もそれに応えているように見えました。その分の粘って3着だったと思います。それとちょっと気になったのが前売りの人気。前売りから売れるとは思っていなく、しばらく単勝10倍前後だったのでビックリでした。ただ、3連系を見ると上位にはなく、最終的にある程度付くというのは容易に分かりましたよね。でもメイクアリープと同じくらいのところ、結果的にはそれなりには売れています。本来は50倍近くあってもいいと思いました。

あ、ちょうどオッズのことに触れたので、ここでちょっとその辺りのオッズの見方というか、判断の仕方について認めておきたいと思います。まずSNS等で「○○さん」が本命にしたらオッズが動くとかよく見かけますが、たしかに票数が少ない時は動くかもしれませんが、影響があったと判断するのは最終的に締め切ったオッズ。そこで本来より売れているのかそれとも普通なのかを見るのですが、前日や数分前は30倍だったのに、締め切ったら10倍。なので「○○さんが言ったから影響あった!」ではないですよ(笑)。私たちが単勝や複勝のオッズを判断する時は必ず3連系を見ます。そこで3連系では上位人気にいないのに単勝は上位人気、となっていたら売れていると判断します。例えば今回のチャンピオンズCで言うと、私が本命にしたグロリアムンディ。3連復の人気を見ると6番が出てくるのは8番人気のところ。その人気の前に出てくる数字を見ると2番・4番・9番・11番・12番・15番。細かい説明は省きますが、ざっくり言うとその次辺りの単勝オッズになるのが妥当ということになります。なので最終的な単勝・複勝を見ると、何も影響がない普通のオッズだったということになりますよね。たしか前日に20倍~30倍くらいあったと思いますが、そこのあなた、それより下がったので売れたと思っていません? それだと競馬初心者の部類に入ってしまいますよ。3連系を見て、前日からその辺りにあったからだいたいこれくらいになるだろうと判断できるようになっておきましょう。この判断ができるようになれば、「あれ? 新聞にいっぱい印は打たれているのに10倍付いてるからおいしい」と思って買い、締め切ったら3倍や5倍で、何もおいしくなく買って失敗でした、みたいなことはなくなります。なぜなら最終的に人気する馬は3連系では最初からしっかり上位にありますので。私らは当たり前のようにいつもこういうのを見ていますが、SNS等を見ていると意外とこういうことを知っている人は少なそう……。「○○さんが言ったからオッズが下がってしまいましたよ」なんてしょっちゅう見かけますのでね。そのレベルからひとつ上がって、競馬で勝てるように近づけたらと思います。というか、そもそもG1では影響しません(笑)。ちなみに最近たまたま見た動画でも(けっこう有名らしい)、締め切り前○倍だったのに○倍まで下がったって驚いているのを見かけて、何も分かってないんだなぁって思いました(^_^;)。

とまぁ脱線しましたが、もう1頭挙げたグロリアムンディに話を戻すとこの馬、中京コースでは呪われているんですかね。去年はどうしようもなく、雅Sは勝ったものの不利を受けていて、今回も2角で内からぶつけられその後も終始包まれてと……。さっきも書きましたが、9レースも10レースも私の本命がひどいことになっていたので、私のせいもありましたかね……。なんかすみませんm(_ _)m。あとクラウンプライドと共にもしかしたら韓国帰りは厳しかったりしたのかもしれません。ただ、これで終わる馬ではないはず。今後巻き返しに期待しています。


カペラSの見解】
今週は『直撃~最速予想』がありますので、G1ではなくカペラSを取り上げてみました。さてカペラSですが、オープンの中山ダート1200m。もう想像するだけでも差しが決まるだろうと思ってしまいますよね。過去の結果を見てもそのとおりで、普通に差しが決まるレースです。しかし前に行く馬もまったく来ないわけではなく、ただスピードがありますという馬は最後止まってしまいますが、前に行って多少溜めが利く馬はもう一踏ん張りする感じです。先行して勝ったダンシングプリンスジャスティンダノンレジェンドなんかは皆そうですよね。とは言っても、展開が非常に重要な1戦であることには違いないので、しっかり脚質は確認したいところですね。

それでは、いつもどおり人気と思われる馬から少し考えていきたいと思います。まずはリュウノユキナ。このレース2年連続2着の馬です。今年もずっと堅実に上位に入り、ここ3年間はほぼ馬券圏内に入っていてすごい馬ですよね。中央に来てダートを使ってからは、砂を被ってダメだったり、1400mでは暴走したりと、力はあるけどそれが発揮できずにいてもどかしい馬だったんですけどね。よく本命にしていたので懐かしいです。そんな馬が急に内で我慢できるようになって力を発揮できる馬に変身したのでビックリしたものです。で、今回はどうなの? というところですが、2年連続でちょっとうまく行きすぎなところはあるんですよね。去年はNSP(ノー・ストレス・ポジション)発動で、一昨年も一瞬発動しているんですよね。そのことから、外々を回されたりした時はちょっと怪しい気がするので、外枠に入ったら無印も考えています。まさかまた1番に入らないですよね……。

で、次の人気は……。ちょっと分からないですね。割れそうなので一応、前走勝っているアイスリアンに触れておきます。前走は西村Jだから勝ったような競馬でした。外目の枠でしたが、3角前に内が開き、そこへスッと入れてロスなく回ってと。しかも微妙にNSPも発動で恵まれもしました。あんな完璧に乗られて勝ってはレース内容での上積みがないので、次走買うのは難しくなる競馬でしたが、混戦になりそうなカペラSを考えると、あの競馬はプラスになるはず。2走前の中山で勝ったレースを見ても、3勝クラスではありますが好位から堂々の押し切り。あと何メートル走っても抜かれそうになく、今充実しているのは間違いないですね。これらのことから人気次第では押さえたほうがいい1頭になりそうです。

ほか、登録しているメンバーを見ても混戦そうでさらにこの舞台。荒れそうなのでなんとか当てたいところですが、また逆の選択をしそうで怖いです(>_<)。


以上、先週の振り返りとレース見解でした。先週はドゥラエレーデが9番人気3着、お見事でしたね! オッズの話も参考になるのではないでしょうか。さて、カペラSはなかなかの混戦模様。それでは、豚ミンCプロのカペラSの注目馬を発表します!


※以下、注目馬は出走確定前に選定している為、当日上位人気になる可能性、出走取り消しの可能性がございます。又、枠が確定してから見直す場合もある為、注目馬に挙げていない人気薄をプロ予想MAXで本命にする可能性もございます。


■注目馬①ベルダーイメル
そこまで人気するキャラではないはずなので挙げましたが、さすがに前走好走してしまったので穴にはならないですかね。ほとんどのレースで先行して揉まれない競馬を選択して、それで好走したり負けたりのこの馬ですが、去年勝った福島民友Cと2走前穴をあけたグリーンCCではどちらも内で我慢する競馬で、乗っていたのは我らが柴田善臣Jでした。これってなにかリュウノユキナに近いものがあって、柴田Jの力なんですかね。舞台的にも距離短縮馬はいいはずで、前走マイルを走っていたこの馬にはプラスのはず。2年前3着したオメガレインボーも距離短縮で本命にして馬券になってくれたので、この馬にも期待したいところです。あとは枠ですね……。

■注目馬②オメガレインボー
先ほど書いとおり2年前の3着馬です。前走の室町Sでは、直線に入って外に出そうとしましたが出せずに内を選択。それが裏目に出、今度は前が壁となり、けっきょくほとんど追えずに終わってしまいました。それでも伸びていたので、直線捌けていれば馬券圏内でもおかしくなかったというレースでした。去年も出走して5着でしたが、しまいはしっかり脚を使っていたので舞台としては悪くないはず。同じように乗って終始スムーズなら、でしょう。あとはこの馬もどの程度の人気になるか、ちょっと分からないのでオッズ次第で。


以上、豚ミンCプロの注目馬とコメントをお届けしました。今週は2頭推奨でしたね。枠とオッズ次第ではじゅうぶん期待できそうですね。それでは、また来週お会いしましょう。


(文・垣本大樹)

ーーーーー【豚ミンC・的中ハイライト】ーーーーー


【プロ出馬表ハイライト】
■3(日)中山4R 2歳新馬

グラスブランシュ(6人気12.1倍⇒1着)○サンリコリス(3人気8.0倍⇒3着)▲スマイルアクセス(5人気10.4倍⇒2着) 印3頭決着 「血統と兄姉を見て印は内枠から順に付けただけですが、◎だけは良さそうな馬に付けてあります」


豚ミンCプロのプロ出馬表「有利不利プロファイル」は豚ミンCプロのレースコメント、ひと言コメントに加え、すべての馬の過去走を含めた有利不利メモが閲覧できます。またプロ予想MAXではオッズの関係で非公開となっているレースもプロ出馬表で特別公開されています!「レースVTRを見たいけどチェックする時間がない」「レースVTRをどう見たらいいか分からない」そんなあなたに打ってつけの出馬表です!



【プロ予想MAXハイライト】
■3(日)中京7R 3歳以上1勝クラス

8番人気◎シャドウアイルの単勝60.8倍を600円、複勝5.4倍を1,100円で、42,420円の払い戻し! 回収率2,121%!

■3(日)阪神8R 3歳以上2勝クラス
3番人気◎ゼットレヨンの単勝10.4倍を1,600円で、1番人気ディキシーガンナーとの馬連9.3倍を500円、馬単25.3倍を200円で26,350円の払い戻し! 回収率878%!


自分で予想する時間がない!という方には豚ミンCプロの最終結論が1レースごとに購入できるプロ予想MAXがおすすめです!毎年当たり前のように年間プラスを達成する豚ミンCプロの予想精度をご体感ください!(出馬表確定前は前週ページに遷移します。)




豚ミンCプロフィール】
ウマニティ公認プロ予想家。毎年当たり前のように年間プラスを達成する圧巻の予想精度を誇る。レースリプレイを見直し、各馬の基本能力を見抜く。そのうえで、条件が合い、妙味のある馬を狙い撃つ。具体的には、馬場状態・展開・騎手を見て自分が思っているよりオッズが付くようなら「買い」と判断し、その馬の馬券を買うというスタンスで、特に騎手に関してはかなり重点をおいている。

[もっと見る]

【チャンピオンズC】レースを終えて…関係者談話 2023年12月4日(月) 04:55

◆松山騎手(テーオーケインズ4着)「理想的なこの馬のパターンの競馬ができました。最後は苦しくなりましたが、精いっぱい走ってくれました。勝てなくて悔しいです」

◆浜中騎手(メイショウハリオ5着)「ポジションはもう少し取りたかった。最後は伸びていますが、勝った馬は総合力が高かったですね」

◆岩田望騎手(ハギノアレグリアス6着)「理想のポジションが取れました。最後まで頑張ってくれましたが、外を回った分もあったかもしれません」

◆幸騎手(メイクアリープ7着)「競馬が上手で最後も伸びていた。控える競馬もできてきているので、これからが楽しみです」

◆松若騎手(ノットゥルノ8着)「ゲートで脚を滑らせました。もう少し前で競馬をしたかったです」

◆横山武騎手(アーテルアストレア9着)「馬のリズムを優先して乗りました。思ったより前が止まらなかったですね。能力は出し切ってくれました」

◆川田騎手(クラウンプライド11着)「パドックを出てから、気持ちが後ろ向きな瞬間が多く、いつもと全く違う競馬になりました。気持ちが入らないままレースが終わってしまいました」

◆藤懸騎手(ケイアイシェルビー12着)「思い描いたレースはできました。勝ち馬と同じ位置で頑張ってはいるんですが、力の差を感じました」

◆ルメール騎手(グロリアムンディ13着)「いいポジションだったけど、3、4コーナーで手応えがなくなってしまった」

◆モレイラ騎手(アイコンテーラー14着)「初めて砂をかぶる経験をして、やる気をなくしてしまった。力を出し切れなかった」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】チャンピオンズC2023 大久保先生、ジャンポケ・斉藤さん、徳光和夫さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2023年12月3日() 05:30


※当欄ではチャンピオンズCについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑮レモンポップ
○⑨クラウンプライド
▲④テーオーケインズ
△⑧アーテルアストレア
△⑭アイコンテーラー

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑪ハギノアレグリアス
単勝


【徳光和夫】
◎⑮レモンポップ
3連単1頭軸流しマルチ
⑮→①④⑥⑨⑩
ワイド流し
⑮-④⑧

【DAIGO】
注目馬
レモンポップ

【林修】
注目馬
レモンポップ

【あの】
注目馬
レモンポップ

【クールポコ。】
注目馬
アイコンテーラー

【篠原梨菜】
◎④テーオーケインズ

【小沢光葵】
◎⑭アイコンテーラー

【佐野瑞樹】
注目馬
レモンポップ

【キャプテン渡辺】
◎②メイショウハリオ
単勝

馬連・ワイド
②-⑮レモンポップ
3連複2頭軸流し
②-④-①⑦⑧⑬

【お兄ちゃん(ビタミンS)】
◎⑨クラウンプライド
3連単フォーメーション
⑨→④⑪⑭→①④⑥⑧⑪⑫⑭⑮
⑨→①④⑥⑧⑪⑫⑭⑮→④⑪⑭

【林健(ギャロップ)】
◎⑮レモンポップ
3連単フォーメーション
⑮→⑨⑫→②⑤⑨⑪⑫⑭
⑨⑫→⑮→⑨⑫

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑪ハギノアレグリアス
3連単2頭軸流しマルチ
⑪→⑮→①②④⑤⑥⑨⑫⑭

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑤ドゥラエレーデ
馬連
⑤-⑨クラウンプライド
3連単2頭軸流しマルチ
⑤→⑨→①②④⑥⑪⑫⑭⑮

【浅越ゴエ】
◎⑨クラウンプライド
馬連
⑨-⑪ハギノアレグリアス
馬単流し
⑨→⑤⑥
ワイド流し
⑨-⑤⑥⑪
3連単1頭軸流しマルチ
⑨→②④⑤⑥⑪

【月亭八光】
◎⑨クラウンプライド
3連複
④-⑨-⑪

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎④テーオーケインズ
ワイド流し
④-⑨⑪

【西代洋(ミサイルマン)】
◎①メイクアリープ
3連単2頭軸流しマルチ
①→⑨→②④⑥⑧⑪⑫⑭⑮

【浜田順平(カベポスター)】
◎⑨クラウンプライド
馬連フォーメーション
④⑨⑪-①②④⑥⑨⑪⑫⑭⑮
3連複フォーメーション
⑨-②④⑪-①②③④⑥⑦⑧⑪⑫⑭⑮

【永見大吾(カベポスター)】
◎⑪ハギノアレグリアス
馬連流し
⑪-②④⑮

【長岡一也】
◎⑪ハギノアレグリアス
○⑨クラウンプライド
▲⑫セラフィックコール
△②メイショウハリオ
△④テーオーケインズ
△⑭アイコンテーラー
△⑮レモンポップ

【原奈津子】
◎⑨クラウンプライド
○⑮レモンポップ
▲②メイショウハリオ

【鈴木淑子】
◎⑫セラフィックコール
馬連BOX
クラウンプライド
セラフィックコール
アイコンテーラー
レモンポップ
複勝
ドゥラエレーデ

【舩山陽司】
◎⑨クラウンプライド
3連単フォーメーション
⑨→②④⑪⑭→①②④⑥⑧⑪⑫⑭⑮

【皆藤愛子】
◎⑭アイコンテーラー

【高田秋】
◎④テーオーケインズ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑨クラウンプライド
ワイド
③-⑨
①-⑨
⑦-⑨
⑧-⑨
⑨-⑪

【レッド吉田(TIM)】
◎⑫セラフィックコール
単勝・複勝


【杉本清】
◎⑮レモンポップ

【土屋伸之(ナイツ)】
注目馬
ドゥラエレーデ

【小木茂光】
◎⑨クラウンプライド
3連単フォーメーション
②④⑨→①②④⑥⑨⑪⑫⑭⑮→②④⑨

【守永真彩】
◎⑤ドゥラエレーデ
単勝

馬連BOX
テーオーケインズ
ドゥラエレーデ
グロリアムンディ
ハギノアレグリアス
レモンポップ

【福原直英】
注目馬
ジオグリフ

【三代目 中村福之助】
◎⑪ハギノアレグリアス

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑪ハギノアレグリアス

【吉田稔(元地方競馬騎手)】
◎⑨クラウンプライド

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑨クラウンプライド

【細江純子(元JRA騎手)】
◎⑪ハギノアレグリアス

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑫セラフィックコール

【大西直宏(元JRA騎手)】
◎⑮レモンポップ

【橋本マナミ】
◎⑫セラフィックコール

【酒井一圭(純烈)】
◎⑫セラフィックコール

【成瀬琴】
注目馬
レモンポップ

【旭堂南鷹】
◎⑧アーテルアストレア

【やべきょうすけ】
◎⑫セラフィックコール
○⑮レモンポップ
▲⑪ハギノアレグリアス
△④テーオーケインズ
△⑤ドゥラエレーデ
△⑥グロリアムンディ
△⑭アイコンテーラー

【稲富菜穂】
◎④テーオーケインズ

【川島明(麒麟)】
注目馬
セラフィックコール

【津田麻莉奈】
◎④テーオーケインズ

【ノブ(千鳥)】
注目馬
クラウンプライド

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑨クラウンプライド
○⑭アイコンテーラー
▲④テーオーケインズ
△②メイショウハリオ
△⑪ハギノアレグリアス
△⑫セラフィックコール
△⑮レモンポップ

【Lynn(声優)】
注目馬
セラフィックコール

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑨クラウンプライド
○⑪ハギノアレグリアス
▲④テーオーケインズ
△⑥グロリアムンディ
△⑦ウィルソンテソーロ
△⑧アーテルアストレア
△⑫セラフィックコール

【中野雷太】
◎⑨クラウンプライド

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑮レモンポップ
○⑨クラウンプライド
▲②メイショウハリオ
△①メイクアリープ
△④テーオーケインズ
△⑪ハギノアレグリアス
△⑫セラフィックコール

【清水久嗣】
◎⑧アーテルアストレア

【岡野陽一】
◎⑮レモンポップ
○②メイショウハリオ
▲④テーオーケインズ
△③ジオグリフ
△⑨クラウンプライド
△⑪ハギノアレグリアス
△⑫セラフィックコール

【小塚歩】
注目馬
◎⑨クラウンプライド

【米田元気】
◎⑨クラウンプライド

【藤原菜々花】
注目馬
レモンポップ
ジオグリフ

【三谷紬】
注目馬
メイクアリープ
ウィルソンテソーロ

【小泉恵未】
注目馬
ドゥラエレーデ
クラウンプライド

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤ドゥラエレーデ

【大島麻衣】
◎⑮レモンポップ

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑨クラウンプライド

【栗林さみ】
注目馬
グロリアムンディ
クラウンプライド

【ほのか】
◎⑪ハギノアレグリアス

【目黒貴子】
◎⑫セラフィックコール

【天童なこ】
◎⑨クラウンプライド
○⑮レモンポップ
▲④テーオーケインズ
☆⑪ハギノアレグリアス
△⑤ドゥラエレーデ
△⑥グロリアムンディ
△⑫セラフィックコール
△⑭アイコンテーラー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】チャンピオンズC2023 騎手重視予測からは上位3頭拮抗の構図。劉備の結論は? 2023年12月2日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
日曜重賞のチャンピオンズC(G1)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回のチャンピオンズCの舞台となる中京ダート1800mはコーナーを4つ回り最後の直線に坂のあるコース。ここはそんな舞台を考慮して、距離適性40%、トラック適性40%、G前の坂の有無適性20%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出したチャンピオンズC全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑮レモンポップ    13.76%
2 ⑭アイコンテーラー  12.42%
3 ⑨クラウンプライド  12.23%
4 ⑥グロリアムンディ  10.00%
5 ⑫セラフィックコール 7.72%
6 ④テーオーケインズ  7.40%
7 ②メイショウハリオ  6.96%
8 ⑪ハギノアレグリアス 5.77%
9 ⑩ノットゥルノ    5.48%
10 ③ジオグリフ     4.81%
11 ①メイクアリープ   3.40%
12 ⑧アーテルアストレア 3.24%
13 ⑤ドゥラエレーデ   2.95%
14 ⑬ケイアイシェルビー 2.80%
15 ⑦ウィルソンテソーロ 1.06%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(15頭立ての場合は6.67%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回のチャンピオンズCでは上位7頭までが対象馬となります。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑮>⑭⑨>⑥>⑫④②

ご覧の通り騎手重視予測からはレモンポップ坂井瑠星)が1位評価となりましたが、アイコンテーラー(モレイラ)、クラウンプライド川田将雅)との差はわずか。上位3頭拮抗の構図と相成りました。馬券は上位3頭の決着と見立て、馬連ボックスを中心に、残り馬券対象馬4頭への計9,600円(15点)で勝負いたします。

【劉備のチャンピオンズC勝負馬券】
馬連ボックス
⑨⑭⑮
3点×各2,000円=6,000円

馬連フォーメーション
⑨⑭⑮-②④⑥⑫
12点×各300円=3,600円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

グロリアムンディの関連コラム

閲覧 2,046ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<伊吹雅也より>

 おかげさまで、当連載「伊吹雅也のピックアップ競馬データ」は、毎週日曜公開の「特選重賞データ分析編」、毎週水曜公開の「週末メイン『1点』分析EXTRA編」、毎週木曜公開の「コース別『マストバイデータ』分析編」を合計すると、本稿で通算1000回に到達致しました。長年に渡りご愛顧いただいているウマニティ会員の皆様へ、改めて御礼申し上げます。今後もより良いコンテンツをお届けできるよう精進してまいりますので、どうぞご期待ください。


<次週の特選重賞>

G1 チャンピオンズカップ 2022年12月04日(日) 中京ダ1800m


<ピックアップデータ>

【前走のコース別成績(2016年以降)】
×JRA [0-2-4-52](3着内率10.3%)
○地方 [6-4-2-21](3着内率36.4%)
×外国 [0-0-0-2](3着内率0.0%)

 臨戦過程がポイント。地方のダートグレード競走を経由してきた馬は比較的堅実でした。一方、前走のコースがJRA、かつ“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において“着順が3着以内、かつ4コーナー通過順が1番手”となった経験のない馬は2016年以降[0-1-0-48](3着内率2.0%)。実績ある逃げ馬でない限り、JRAの前哨戦を使って臨む馬は強調できません。

主な「○」該当馬→オーヴェルニュテーオーケインズノットゥルノ
主な「×」該当馬→グロリアムンディサンライズホープジュンライトボルト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「生産者がノーザンファーム」の馬は2016年以降[3-4-0-9](3着内率43.8%)
主な該当馬→グロリアムンディジュンライトボルト

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2022年6月23日(木) 13:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 宝塚記念2022  
閲覧 2,751ビュー コメント 0 ナイス 11



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



6月26日(日)阪神11R 第63回宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)


【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)


<前走:大阪杯出走馬>(3ヶ月)
ポタジェ(1着、468kg(+2kg))<C>【優先出走馬(ファン投票4位)】
休み明けで乗り込み豊富。1週前追い切りの動きを見ると力強い走りで迫力もあるが、終い重心が高くなり伸びきれず。

アリーヴォ(3着、500kg(-2kg))<C>【優先出走馬(ファン投票26位)】
この中間はこれまでの追い切りと比べると時計がかかっている感じあり。大きな馬で太め残りが心配。

ヒシイグアス(4着、494kg(+9kg))<A>【優先出走馬(ファン投票23位)】
この中間は3週連続レーン騎手が騎乗しての調整。動きも素軽く終いの伸びも良好で、出来は前走以上。

アフリカンゴールド(7着、468kg(±0kg))<C>【賞金上位馬④】
この中間もCWで前走時と変わらない時計が出ていて調子は良さそうだが、元々硬さのある動きをする馬で先行勢も揃っていて、これまで以上の出来でないと厳しい。

エフフォーリア(9着、522kg(+6kg))<C>【優先出走馬(ファン投票2位)】
この中間は、日曜日に坂路で追っていたところを南Wに変え、乗り込み不足を解消する内容に変えてきた。ただ、左にモタれたり手応えもイマイチで、何よりも迫力が感じられない。

キングオブコージ(11着、506kg(+10kg))<B>【賞金上位馬③】
前走時も乗り込まれていたが、馬体を絞れず太め残り。乗り込み量は今回も豊富で、併せ馬の本数を増やしてきた。1週前追い切りでは、坂路馬なり調整で時計平凡も、重め感なく、動きも素軽く仕上りは良さそう。

ウインマリリン(16着、462kg(-10kg))<B>【賞金上位馬②】
前走時は休み明けでも馬体が減っていて、パドックではトモが寂しく元気もなかった。この中間も南Wでの調整だが、動きも良くなり終いの伸びにも良化が窺え、上積みが感じられる。





<前走:天皇賞(春)出走馬>(中7週)
タイトルホルダー(1着、474kg(-2kg))<A>【優先出走馬(ファン投票1位)】
今年3戦目で、この中間も南Wで好時計をマーク。1週前追い切りの映像からも、左回りということもあってコーナリングもスムーズで、集中した走りで順調ムードが漂う。

ディープボンド(2着、504kg(-6kg))<AA>【優先出走馬(ファン投票8位)】
大きな馬の叩き3戦目で、この中間も乗り込み豊富で坂路、CWと好時計を連発。1週前追い切りの動きを見ても、直線に向く時の手応えが抜群で、追われてからの伸び脚も重め感がなく素軽くなった印象を受ける。それでいて重心は高くならず力強さを伝えていて、近走の中ではベストの状態で出走できそう。

ヒートオンビート(4着、478kg(-2kg))<B>【除外対象馬】
この中間は2週前、1週前と好時計が出ており、併せ馬でも先着をはたすなど前走時よりも好印象。除外対象馬だが仕上がりは良く、出来は前走以上。

アイアンバローズ(5着、496kg(-2kg))<B>【賞金上位馬⑧】
前走時はCWでの時計は特に変わらなかったものの、坂路での時計がかかっていた。この中間は日曜日の坂路での時計もしっかり出ていて、好走時の出来に近い内容だった。

マイネルファンロン(6着、478kg(-12kg))<B>【賞金上位馬⑤】
休み明けの前走時は、追われて終い伸びる追い切り内容だったが、今回の1週前追い切りでは自分から走っていくスピード感があった。気持ちの面での変わり身が感じられる内容。

メロディーレーン(9着、352kg(+6kg))<B>【優先出走馬(ファン投票17位)】
かなり小柄な牝馬で、これまであまり高評価を与えたことのない馬。ただこの中間は、CW、坂路とこれまで見たことのないような好時計が出ていて、一変の状況。1週前追い切りでも、ジョッキー騎乗とはいえ終いしっかり伸びて先着していて、前走とは明らかに出来が異なる。他馬との比較では水準に近づいたくらいの評価だが、この馬自身としては近走では一番の出来に近い。





<前走:その他のレース>
デアリングタクトヴィクトリアマイル:6着、486kg(+22kg)中5週)<C>【優先出走馬(ファン投票7位)】
休み明けの前走時は+22キロ。中間の追い切りの動きは予想以上に良いものだったが、パドックではお腹のあたりに余分な肉がだいぶ残っている感じに映った。この中間は2週前(坂路)と1週前(CW)の動きを見るに、足先だけで走っている感じで力強さや迫力が感じられない。反動が出ているのか、ガラッと良くなった感じがない。

パンサラッサドバイターフ:1着、3ヶ月)<B>【優先出走馬(ファン投票15位)】
距離を意識してなのか、1週前はCWを長めからの追い切り。有馬記念の時も同じような追い切りだったが、今回のほうが走りに余裕があり終いの伸びも良かった。連勝しているだけあって、馬も成長している感じ。

オーソリティドバイシーマクラシック:3着、3ヶ月)<B>【優先出走馬(ファン投票25位)】
1週前追い切りはやや気追い気味にも見える動きだったが、坂路、南Wと好時計が出ていて出来は良さそう。あとは関西への輸送と右回りでの競馬を克服できるか。

ステイフーリッシュ(ドバイゴールドカップ:1着、3ヶ月)<D>【賞金上位馬①】
海外で2連勝しての帰国初戦。この中間の乗り込み量は少なく、1週前追い切りでは同様に海外帰りのパンサラッサと併せて直線で離されてしまった。出来自体に不安あり。

グロリアムンディ(アンタレスS:2着、496kg(-8kg)中9週)<C>【賞金上位馬⑦】
調教駆けする馬で、この中間も好時計で先着していて動きも良く出来は良さそう。ただ、芝では1勝クラスを勝てなかった馬で決め手もなく、一気の相手強化に対応できるかは疑問。

ギベオン鳴尾記念:4着、508kg(+4kg)中2週)<B>【賞金上位馬⑥】
休み明けの前走時は、追い切りでの動きも良く、パドックでもスッキリした感じで太め感はなく好仕上りだった。この中間は間隔が詰まっているが、先週CWで好時計をマークするなど叩き2戦目での上積みも期待できそう。

サンレイポケット鳴尾記念:3着、480kg(±0kg)中2週)<B>【除外対象馬】
除外対象馬だが、休み明けの前走時に坂路で良い動きを見せていて、この中間も1週前に好時計と上積みが窺える。





※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ディープボンドタイトルホルダーヒシイグアスの3頭をあげておきます。



◇今回は、宝塚記念編でした。
宝塚記念というと、出走予定だったスーパークリークが回避して1強になったオグリキャップオサイチジョージに敗れた第31回。なかなかG1を勝てなかったメジロライアンが、同期のメジロマックイーンを負かしてG1初勝利を飾った第32回。天皇賞(春)3連覇をライスシャワーに阻止されたメジロマックイーンが、キッチリ人気に応えて強い競馬を見せた第34回。スペシャルウィークステイゴールドを、直線並ぶ間もなく突き放し圧倒的な強さでグラスワンダーが制した第40回あたりが印象に残っています。
昔の宝塚記念は頭数もそれほど揃わず、断然人気馬が強い競馬を見せるか、2強、3強対決というレースが多かった印象がありますが、近年は頭数、海外遠征明けでの出走、牝馬の活躍なども増え、昔とは様相がだいぶ変わった感じがします。その一方で、春の天皇賞から参戦してくる王道組に元気がないようなところもあり、その路線から確固たる主役級が出てくると宝塚記念はもっと盛り上がるのではないかと思います。今年は菊花賞天皇賞(春)の勝ち馬が海外出走組を迎え撃つ形になりますので、面白いレースになりそうです。




🎤あなたの夢はエフフォーリアタイトルホルダーかそれともデアリングタクトか。私の夢は・・・です。


宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年4月2日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2021年04月02日
閲覧 2,102ビュー コメント 0 ナイス 3

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2021年4月3日()の凄馬!>
極凄馬
中山4R 3歳未勝利
スズジャッカル(+5.5)

極凄馬
阪神9R アザレア賞
グロリアムンディ(+4.4)

超凄馬
阪神3R 3歳未勝利
アルーリングギフト(+2.9)

超凄馬
阪神4R 3歳未勝利
ヘアケイリー(+2.6)

超凄馬
中山3R 3歳未勝利
ショウナンカホウ(+2.5)

超凄馬
阪神10R ラジオ関西賞仲春特別
リアンティサージュ(+2.1)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2021年4月4日、集計数:40,952レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

[もっと見る]

グロリアムンディの口コミ


口コミ一覧

東京大賞典 おおざっぱ予想

 赤萬坊 2023年12月29日(金) 11:51

閲覧 266ビュー コメント 0 ナイス 4

◎ノットゥルノ
◯キングズソード
▲ウシュバテソーロ
△テンカハル
△ドゥラエレーデ
△グロリアムンディ

単勝2
三連単1.2.5→1.2.5→1.2.3.5.6.7

ホープフルSはゴンバデカーブースの回避により
馬連が激安配当になってしまったけど
単勝と馬連で一応プラスに

有馬記念とホープフルSを連勝中で
なんとか三連勝で今年を締めたい

最後なので
有馬記念でお世話になった武豊様をもう一度
相手は強いけどまぁ頑張ってちょーだい٩( 'ω' )وファイトー

 ゴッドキング 2023年12月29日(金) 06:27
東京大賞典
閲覧 252ビュー コメント 0 ナイス 1

去年は的中してお年玉ゲットしましたが、今年もお年玉貰えるよう三連複6頭BOXで勝負!
①キングズソード②ノットゥルノ③テンカハル⑤ウシュバテソーロ⑥ドゥラエレーデ⑦グロリアムンディ
以上で勝負‼

[もっと見る]

 ゼファー 2023年12月28日(木) 21:12
第69回 東京大賞典GI
閲覧 387ビュー コメント 0 ナイス 5

28日の中央競馬は気持ちが掛かって全敗・・・
さて、▲1110を、地方競馬の9頭立てのレースで取り戻しますよ
えっと、その前に、2023年も競馬が出来た平和な日本に感謝!ありがとうございます!!

< 馬券ポイント >
高配当を狙うなら、断然1番人気のウシュバテソーロを、海外帰りを理由に馬券から外す事が
分かり易いが、これまでの経験からそういった安易な馬券は、十中八九的中しません(泣
なので、ウシュバテソーロを基本的に馬券の中心にして、配当に合わせて張る事にする

ウシュバテソーロを外す馬券も買いますが、積極的にでは無く押えるイメージで

< 最終馬券 >
印は以下の通りでしたが・・・9頭立てでは配当がつかない(泣
馬券は絞る!!

本線:3連単:ウシュバテソーロ → キングズソード → テンカハル :20投入

大穴:3連単:キングズソード → テンカハル → グロリアムンディ

基本:3連単:ウシュバテソーロ ・ キングズソード ・ テンカハル BOX
基本:3連単:ウシュバテソーロ ・ キングズソード ・ グロリアムンディ BOX

後、ウシュバテソーロが無い馬券を少々。

< 印 >
○:キングズソード:JBCクラシックJpnIはモレイラ騎手の力が大きいかも、少し疑いのある○印
△:ノットゥルノ:ハナを主張して武 豊騎手がレースを創れば、ギリ馬券内に残れるかも
☆:テンカハル:前走は案外だが、日本テレビ盃(G2)とブラジルカップが魅力、3着で面白い
消:マンガン:コメント無し
◎:ウシュバテソーロ:地方で無双の川田 将雅騎手だし逆らえない
▲:ドゥラエレーデ:チャンピオンズカップGⅠ3着の粘りは強い、馬場は未知だが、逃げれば金星も!!
★:グロリアムンディ:チャンピオンズカップGⅠは何故か走らないので度外視、大穴はこれ!!
△:ミックファイア:いつもなら「消」ですが、なんだか気になる。穴馬との馬券を検討してみる
消:ウィルソンテソーロ:チャンピオンズカップGⅠ2着だが、最後だけに注力し展開の恩恵大だった

[もっと見る]

⇒もっと見る

グロリアムンディの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:69人 2023年5月21日() 02:05:50
TERAMAGAZINE 2023年5月20日(土) 19:57:54 (削除)
第30回 平安ステークス G3

1番人気→2番人気→3番人気

人気通りの着順で決まった
京都ダート1900mG3

タイセイドレフォン
早熟だったのか?

重賞連対は3歳限定G3ユニコーン2着だけ
4歳では今回のクビ差4着だけ

ギリギリ健闘だけど
近くて遠い壁


3連複/940円
馬単より僅か90円だけ高い配当

中距離ダートは
実力/実績通りに決まる
特に
1:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年12月4日() 15:43:27
ムーアが惨敗したのは大久保厩舎の全責任。親のお陰の調教師はムーアを使っても仕上げが悪いのでどうしようもない。大久保は似非調教師!

グロリアムンディの写真

グロリアムンディの厩舎情報 VIP

2023年12月3日チャンピオンズカップ G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グロリアムンディの取材メモ VIP

2023年12月3日 チャンピオンズカップ G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。