キングオブコージ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2016年3月26日生
調教師安田翔伍(栗東)
馬主増田 和啓
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地新冠町
戦績 4戦[0-1-0-3]
総賞金270万円
収得賞金0万円
英字表記King of Koji
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
ファイノメナ
血統 ][ 産駒 ]
Galileo
Caumshinaun
兄弟
前走 2019/02/10 3歳未勝利
次走予定

キングオブコージの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/10 京都 5 3歳未勝利 芝1600 164812.362** 牡3 56.0 岩田康誠安田翔伍482(+6)1.36.1 0.236.2⑪⑫マルモネオフォース
18/12/02 阪神 2 2歳未勝利 ダ1400 13452.516** 牡2 55.0 川田将雅安田翔伍476(-6)1.27.2 1.039.2④⑥オースミヌーベル
18/11/11 京都 1 2歳未勝利 ダ1200 14337.756** 牡2 55.0 M.デムー安田翔伍482(-4)1.13.9 0.836.6⑭⑭モズエロイコ
18/10/21 東京 4 2歳新馬 芝1400 18117.445** 牡2 55.0 石川裕紀安田翔伍486(--)1.24.3 0.434.6ロカマドール

キングオブコージの関連ニュース

 ダート王を決めるチャンピオンズカップ(12月2日、中京、GI、ダ1800メートル)の追い切りが28日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。連覇を狙うゴールドドリームが出走回避と風雲急を告げるなか、JBCクラシック2着から臨むオメガパフューム(栗東・安田翔伍厩舎、牡3歳)は、坂路で力強い動きを披露。中間はデビュー以来で最も厳しいトレーニングを積んで、悲願のビッグタイトル奪取を狙っている。29日に枠順が確定、馬券は12月1日から発売される。

 遅れはしたが、態勢は万全だ。GI2着2回のオメガパフュームが、パワフルな脚どりで登坂。ダート王に向けて、上昇をアピールした。

 「競馬モードに入っていますし、刺激を与えず併せて気持ちを整える程度。思い描いた調整ができています」

 悲願のビッグタイトルへ、安田翔調教師がうなずいた。キングオブコージ(2歳未勝利)を半馬身追走してスタート。力強い脚取りで徐々にラップを上げ、残り1ハロンで内から僚馬に並びかける。最後は1馬身遅れたものの、手綱は抑えたまま。全体は4ハロン52秒8(ラスト1ハロン13秒3)と上々の時計でまとめた。

 1週前の22日には自己ベストまで0秒1差に迫る同52秒3で登坂。2週連続で52秒台をマークするのはデビュー以来初めてのことだ。中4週だった前走時(1週前が55秒2、当週が52秒7)よりも、中3週と間隔の短い今回の方が“濃密トレ”を行ってきた。

 「これまであまり体に変化がなかった馬ですが、前回よりも丸みがあるように見えます。1回使っての丸みは、すごくプラス材料だと思います」とトレーナー。強い調教を課しても、へこたれるどころか、むしろ成長を遂げている。

 「負荷がかからないと前走以上は求められないし、前走で目いっぱいの競馬をした効果が大きかった。調教では、馬がいつでも合図に加速する準備ができています」と、師は“戦闘態勢”に入ったことを明かした。

 昨年の覇者でGI4勝の古豪ゴールドドリームの回避で、Vのチャンスがアップ。ジャパンダートダービー(2着)で先着を許した同世代のGI3勝馬ルヴァンスレーヴが注目を集めるが、ダート1800メートルは3戦無敗で、素質は決して見劣らない。

 「(中京は初めてだが)今までも初めての舞台で、能力を出せているのは強み。手応えが直結するか分かりませんが、まずはこの馬の走りができる状態で送り出すだけです」と指揮官は締めくくった。

 一戦ごとの伸びしろが大きい3歳馬オメガパフューム。史上4頭目の3歳馬Vへ-。並みいる強豪を撃破し、砂の頂点へと上り詰める。 (斉藤弘樹)

★今年の3歳勢は高レベル

 今年の3歳世代はレベルが高く、JRAの古馬混合GIで連勝している。マイルCSをステルヴィオ(牡)、ジャパンCをアーモンドアイ(牝)がV。2着にはスプリンターズSでラブカンプー(牝)、JBCクラシックでオメガパフューム(牡)が入っている。交流GIでは南部杯をルヴァンスレーヴがV。3歳馬のレース史上初勝利を挙げた。

★今年開業の安田翔師、7人目初年度GI制覇だ

 オメガパフュームを管理する安田翔伍調教師(36)=栗東=は、今年3月に厩舎を開業したばかり。3月4日に初勝利を挙げた馬がオメガパフュームだった。開業初年度のGI勝利は、これまで森秀行(開業2カ月、1993年ジャパンCのレガシーワールド)、南井克巳(同9カ月、2000年ジャパンCダートのウイングアロー)、鹿戸雄一(同9カ月、08年ジャパンCのスクリーンヒーロー)ら6人が挙げている。

★鞍上はCデムーロ

 オメガパフュームとコンビを組むクリスチャン・デムーロ騎手(26)=イタリア出身=は、ミルコ・デムーロ騎手(39)の弟で、普段はフランスを拠点に騎乗している。今年は仏5位の100勝を挙げて、GIは仏2000ギニーを優勝。短期免許では何度も日本にきており、JRA通算137勝で重賞9勝。GIは2013年の桜花賞をアユサンで勝っている。

★【斉藤がミタ】さらに馬体膨らみ状態万全

 決して派手さはないが、中身の濃さがひしひしと伝わってくる調整過程だ。1週前に強め程度で4ハロン52秒3を計時し、今週は馬なりで同52秒8。もともと攻め駆けするタイプではないが、余力十分にマークしたものだけに価値は高い。いつでもはじけそうな手応えで、追い出していればさらに好時計が出ていただろう。

 前走で目いっぱいの競馬をしたダメージどころか、さらに馬体も膨らんで上昇を遂げている。状態面に関しては申し分なさそうだ。



★チャンピオンズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【チャンピオン】オメガパフューム上積み十分 2018年11月28日(水) 11:44

 シリウスSで古馬勢を撃破したオメガパフュームは、前走のJBCクラシックでも追い込んで2着。JDDでルヴァンスレーヴの2着になった実力を示してきた。

 栗東坂路でキングオブコージと馬体を合わせてスムーズに動いたが、ラスト1Fは手応えがなくなったのか、抑える感じで13秒3。クビ遅れた。

 とはいえ陣営は前向きで、「けいこは目立つタイプではないから。ここへきて背丈が伸びて、体つきが良くなってきた」と安楽厩務員。安田翔調教師も、「前走でこれまで経験したことがないペースを走り、課題が分かった。この中間は体に丸みが出て、馬が変化している。上積みがありそうだ」と力を込めた。(夕刊フジ)

★チャンピオンズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

キングオブコージの関連コラム

関連コラムはありません。

キングオブコージの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

キングオブコージの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

キングオブコージの写真

投稿写真はありません。

キングオブコージの厩舎情報 VIP

2019年2月10日3歳未勝利2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キングオブコージの取材メモ VIP

2019年2月10日 3歳未勝利 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。