レッドジェネシス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レッドジェネシス
レッドジェネシス
レッドジェネシス
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2018年3月17日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績10戦[3-1-2-4]
総賞金9,637万円
収得賞金4,700万円
英字表記Red Genesis
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
リュズキナ
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
Lucky
兄弟 レッドヴェルティス
前走 2021/10/24 菊花賞 G1
次走予定

レッドジェネシスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
21/10/24 阪神 11 菊花賞 G1 芝3000 18353.9113** 牡3 57.0 川田将雅友道康夫 494
(+4)
3.06.3 1.735.1⑰⑰⑰⑯タイトルホルダー
21/09/26 中京 11 神戸新聞杯 G2 芝2200 107726.552** 牡3 56.0 藤岡康太友道康夫 490
(0)
2.18.0 0.035.9⑦⑧⑦⑥ステラヴェローチェ
21/05/30 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 172457.01311** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫 490
(+2)
2.23.6 1.133.7⑰⑰⑰⑰シャフリヤール
21/05/08 中京 11 京都新聞杯 G2 芝2200 118104.331** 牡3 56.0 川田将雅友道康夫 488
(0)
2.11.2 -0.135.3⑧⑧⑧⑤ルペルカーリア
21/03/13 阪神 9 ゆきやなぎ賞 1勝クラス 芝2400 11792.811** 牡3 56.0 川田将雅友道康夫 488
(0)
2.27.9 -0.736.0⑪⑪リーブルミノル
21/02/20 東京 9 フリージア賞 1勝クラス 芝2000 147125.226** 牡3 56.0 川田将雅友道康夫 488
(+6)
2.00.8 0.535.5レインフロムヘヴン
20/12/05 阪神 4 2歳未勝利 芝1800 11791.711** 牡2 55.0 川田将雅友道康夫 482
(-2)
1.47.5 -0.034.0⑤⑥イッツマイドリーム
20/11/22 阪神 4 2歳未勝利 芝1800 137103.914** 牡2 55.0 川田将雅友道康夫 484
(+12)
1.47.0 0.233.6⑨⑨エイカイファントム
20/08/22 小倉 2 2歳未勝利 芝1800 16362.113** 牡2 54.0 福永祐一友道康夫 472
(-4)
1.48.4 0.836.0⑫⑫⑭⑬サウンドウォリアー
20/07/19 阪神 5 2歳新馬 芝2000 12331.713** 牡2 54.0 福永祐一友道康夫 476
(--)
2.04.8 0.736.1⑧⑦⑨④ラーゴム

レッドジェネシスの関連ニュース

 ★マイルCS13着グレナディアガーズ(栗・中内田、牡3)は阪神C(25日、阪神、GII、芝1400メートル)で巻き返しを図る。京阪杯6着シヴァージ(栗・野中、牡6)も同レースへ。

 ★菊花賞13着レッドジェネシス(栗・友道、牡3)は京都記念(2月13日、阪神、GII、芝2200メートル)から始動。

 ★アルゼンチン共和国杯4着レクセランス(栗・池添学、牡4)は万葉S(1月5日、中京、OP、芝3000メートル)に向かう。

 ★福島記念13着ディアンドル(栗・奥村豊、牝5)は京都金杯(1月5日、中京、GIII、芝1600メートル)を予定。

 ★日本ダービー17着アドマイヤハダル(栗・大久保、牡3)はディセンバーS(19日、中山、L、芝1800メートル)へ。

 ★信越S5着デュープロセス(栗・安田隆、牡5)はリゲルS(11日、阪神、L、芝1600メートル)に向かう。

 ★新潟牝馬S5着カセドラルベル(栗・西村、牝5)は愛知杯(1月15日、中京、GIII、芝2000メートル)へ。

【ROBOTIPの勝率予測】天皇賞(秋)2021 騎手重視の劉備の推奨は3強の一角からあの1頭! 2021年10月30日() 12:00

こんにちは。ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの劉備です。
サンスポ関東版日曜日掲載の『予想ロボットROBOTIP(ロボティップ)の勝率予測』からスピンオフした本企画。日曜日に行われるG1天皇賞(秋)は、わたくし劉備が担当させていただきます。

先週担当した菊花賞の推奨馬はレッドジェネシスでしたが、スタートから最後まで後方のままでまったくいいところがありませんでした。わたくしの馬券もレース中は応援する間もなく終始無言のまま終了と相成りました…。前走の疲れが十分に癒えておらず本調子ではなかったのかもしれませんね。▶菊花賞の記事はこちら

3週連続的中とはいきませんでしたが、今週も的中を目指して予想を始めさせていただきます。

わたくし劉備ROBOTIP設定は騎手を重視しますので「競走馬」30%、「騎手」70%を基本ベースとしています。適性については、レース条件に応じて、騎手の「距離」、「トラック」、「周回方向」、「G前の坂の有無」の各適性を配合していきます。補正は、レース条件に関係なく「斤量」「調教評価」の2点を補正ONにします。
これが劉備のROBOTIP設定の基本方針となります。

さて、今回の天皇賞(秋)の舞台である東京芝2000mですが、1コーナー奥のポケットがスタート地点で最初のコーナーまでが短い特殊なコース。ここはそんなトリッキーな舞台を考慮して、騎手適性を周回方向60%、距離20%、G前の坂の有無20%のセッティングといたしました。

この設定によって算出された勝率予測は以下の通りとなります。

劉備ROBOTIPが弾き出した天皇賞(秋)全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑨グランアレグリア  16.72%
2 ①コントレイル    11.07%
3 ⑤エフフォーリア   9.58%
4 ④ポタジェ      8.23%
5 ⑯ユーキャンスマイル 8.14%
6 ⑩カイザーミノル   7.17%
7 ⑫ラストドラフト   5.36%
8 ③モズベッロ     5.15%
9 ⑬ペルシアンナイト  4.89%
10 ⑭カレンブーケドール 4.56%
11 ⑦ワールドプレミア  4.38%
12 ⑥トーセンスーリヤ  3.78%
13 ②カデナ       3.21%
14 ⑮ヒシイグアス    2.99%
15 ⑧サンレイポケット  2.58%
16 ⑪ムイトオブリガード 2.19%

ROBOTIPの基本的な考え方は、平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象としますので、今回の天皇賞(秋)では上位6頭までが対象馬となります。

1位⑨グランアレグリアが勝率16.72%と2位①コントレイルに5.65%の差をつけて抜けたトップ評価となりました。勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

⑨>>①>⑤>④⑯⑩

3強の一角ですがここは素直にトップ評価プラス東京芝の勝率31.1%のC.ルメール騎手を信じて⑨グランアレグリアを軸に、以下の馬単、3連単の合計10,000円(22点)で勝負いたします。

【劉備の天皇賞(秋)勝負馬券】

馬単ながし
⑨→①⑤
2点×各3,000円=6,000円

3連単1着ながし
⑨→①④⑤⑩⑯
20点×各200円=4,000円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【菊花賞】“アッ逃”言わせた5馬身差!横山武タイトルホルダー会心V 2021年10月25日(月) 05:00

 クラシック最終戦の菊花賞が24日、阪神競馬場で18頭によって争われ、横山武騎乗で4番人気のタイトルホルダーがGI初勝利。1998年のセイウンスカイ以来の逃げ切りで、8月に天へ旅立った2冠馬父ドゥラメンテにGI初タイトルをもたらした。2着は3番人気のオーソクレース、3着は牝馬で6番人気のディヴァインラヴ。1番人気のレッドジェネシスは13着だった。

 ライバルたちがもがき苦しむなか、余裕すら感じさせる逃げ切りだった。タイトルホルダーがラスト1冠で、欲していたGI勝利をつかんだ。会心のレースに横山武騎手は目尻を下げた。

 「前走がひどい競馬だったので、そのぶんのリベンジといいますか、より一層勝ちたいという思いがあったので、良かったです」

 (3)番枠から発馬を決めてハナを主張。最内のワールドリバイバルがついてきたが、譲らない。ペースを落とさずに前半1000メートル通過は60秒ちょうど。続く1000メートルを65秒4で運んで息を入れ、勝負どころでスパートしてもうひと伸び。後続に5馬身差をつける快逃劇で、皐月賞2着、日本ダービー6着の悔しさを3冠目で晴らした。

 1番人気の前走セントライト記念は好位に控え、直線でスムーズさを欠いて13着。名誉挽回を期した大一番には、明確なVイメージがあった。セイウンスカイが父・典弘騎手の手綱で逃げ切った1998年の菊花賞だ。「映像は何回も見ていました。スローに落とすぐらいだったら、セイウンスカイのように淡々と刻む競馬の方がいい。時代は少し違うが、参考のひとつにしていました」。菊の舞台ではそれ以来の逃げ切りを決め、ゴール後は父と同じように、左手人差し指を天に差すポーズを披露した。

 今年は京都競馬場が改修工事中のため、79年以来42年ぶりの阪神競馬場での開催。内回りコースで直線が短く、急坂を2回越えるため、先行力と持久力が例年以上に求められた。その2つを兼ね備えた相棒の持ち味を存分に引き出す戦法で、皐月賞エフフォーリア)に続くクラシック2冠も達成した。

 栗田調教師にとっては開業11年目で待望のJRA・GI勝利。「(母メーヴェは)父(義父の栗田博憲元調教師)の厩舎にいた牝馬で、オーナーと一緒に競りで見て。父からの贈り物なのかなという思いがあって、こみあげてくるものがあります」とかみしめた。次走は未定だが、今後は年長勢との戦いになる。トレーナーは「厩舎一丸となっていい結果を出せるようにやっていきたい」と力強く結んだ。

 2冠馬の亡き父ドゥラメンテの血を受け継いだタイトルホルダー菊花賞馬の称号を背負い、さらなる勲章を取りにいく。 (増本隆一朗)

 ■タイトルホルダー 父ドゥラメンテ、母メーヴェ、母の父モティヴェイター。鹿毛の牡3歳。美浦・栗田徹厩舎所属。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬。馬主は山田弘氏。戦績8戦3勝。獲得賞金2億8745万9000円。重賞は2021年GII弥生賞ディープインパクト記念に次いで2勝目。菊花賞栗田徹調教師、横山武史騎手ともに初勝利。馬名は「選手権保持者。父、母父、二代母父がダービー馬なので」。

 ◆1998年にセイウンスカイで逃げ切った父の横山典弘騎手 「父親として良かった。おめでとう。(自身のレースと似ていると)いろんな人にいわれるけど、馬も場所も違うからね」

 ◆横山武史騎手…初騎乗で初制覇。JRA・GIは皐月賞エフフォーリア)に続く今年2勝目で通算も2勝目。複数の馬で同一年のクラシック2勝以上は2019年ルメール騎手(皐月賞サートゥルナーリア、桜花賞グランアレグリア)以来2年ぶり21回目。複数の牡馬で同一年クラシックVは、1961年の野平好男元騎手以来、60年ぶり2回目。

 ◆騎手の親子制覇…横山武史騎手の父・典弘騎手は98年にセイウンスカイで勝利。武邦彦(73年タケホープなど3勝)&豊(88年スーパークリークなど5勝)&幸四郎(06年ソングオブウインド)、福永洋一(71年ニホンピロムーテー)&祐一(13年エピファネイアなど2勝)以来、史上4組目の親子制覇。

 ◆栗田徹調教師…管理馬初出走で初勝利。JRA・GIは延べ12頭目の出走で初勝利。JRA重賞は本馬による弥生賞ディープインパクト記念に続く今年2勝目、通算4勝目。

 ◆父子3代クラシック制覇…祖父キングカメハメハ(04年ダービー)、父ドゥラメンテ(15年皐月賞、ダービー)がクラシックを制しており、史上初の父子3代クラシック制覇。

 ◆5世代連続でのGI級制覇…本馬は4代母ダイナカール(83年オークス)、3代母エアグルーヴ(96年オークスなど)、祖母アドマイヤグルーヴ(03年エリザベス女王杯など)、父ドゥラメンテ(15年ダービーなど)で、史上初の親子5代JRA・GI級制覇となった。

 ◆岡田スタツド…生産馬2頭目の出走で初勝利。前回は19年(メロディーレーン)の5着。JRA・GIは16年チャンピオンズC以来で、通算3勝目。

 ◆売り上げ、入場者数…菊花賞の売り上げは175億406万8700円。前年比82・4%の大幅減となった。入場人員は4798人(うち有料入場4286人)だった。

★24日阪神11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】レースを終えて…関係者談話 2021年10月25日(月) 04:55

 ◆吉田隼騎手(ステラヴェローチェ4着)「イメージとは展開が違いました。デキが良くないなかでよく頑張ってくれたと思います。格好はつけてくれたと思いますし、この後、きょうのダメージが残らなければ」

 ◆武豊騎手(ディープモンスター5着)「思った通りのレースができました。この距離をこなしてくれましたし、これからが楽しみ」

 ◆幸騎手(ヴェローチェオロ6着)「3、4コーナーでついていけなくなりましたが、直線でまたハミを取って伸びてくれました。少しもったいない競馬になりました」

 ◆M・デムーロ騎手(アリーヴォ7着)「レース内容自体は完璧だった。最後の坂から苦しくなって、そこからフォームがバラバラになってしまった」

 ◆藤岡佑騎手(エアサージュ8着)「行く馬を行かせてインのポケットに構えました。勝負どころで動けるようになれば、来年良くなってくると思います」

 ◆田辺騎手(アサマノイタズラ9着)「ラストは内を突きながら反応してくれています。道中で少し力んだぶんはあったと思いますが、展開の助けがほしかったですね」

 ◆池添騎手(ヴィクティファルス10着)「返し馬は本当に良かった。このデキの良さで距離がもってくれればと思いましたが、さすがに3000メートルは長かったです」

 ◆鮫島駿騎手(セファーラジエル11着)「他の馬が動かないタイミングを狙ってポジションを上げ、持久力勝負に持ち込みたかった。前半のペースが流れてくれていたら違っていたかも」

 ◆丹内騎手(ロードトゥフェイム12着)「折り合いは問題ありませんでした。もう少し脚を使えるかと思ったのですが…」

 ◆川田騎手(レッドジェネシス13着)「道中はリズムよく走ってくれましたが、勝負どころから動いていけませんでした。苦しさを感じさせる返し馬だったので、調教のときには感じなかった前走の疲れが出たのかなという印象です」

 ◆横山和騎手(モンテディオ14着)「イメージ通りに乗れていい競馬でした。タイトルホルダーが、あの位置で止まってくれたらチャンスだと思いましたが、先にこっちの手が動いてしまいました」

 ◆松山騎手(グラティアス15着)「自分の形で競馬はできました。3000メートルでしたが、よく頑張ってくれました」

 ◆丸山騎手(ヴァイスメテオール16着)「2着馬の後ろにつけて、3000メートルでも我慢してくれました。馬場がもう少し軟らかい方が良かったかな。最後はバテました」

 ◆和田竜騎手(ノースザワールド17着)「我慢がよく利いていたけど、仕掛けられなかった。仕掛けどころが難しい馬ですね。適距離なら走れる馬です」

 ◆津村騎手(ワールドリバイバル18着)「少し力むところはありましたね。3000メートルは少し長いかなと思います。距離を縮めて改めて」

★24日阪神11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【菊花賞】大逃げV!タイトルホルダーがクラシック最後の一冠制す 2021年10月24日() 15:52

 10月24日の阪神11Rで行われた第82回菊花賞(3歳オープン、牡・牝、GI、芝・3000メートル、馬齢、18頭立て、1着賞金=1億2000万円)は、横山武史騎手騎乗の4番人気タイトルホルダー(牡、美浦・栗田徹厩舎)がゲートを出ると一気にハナに立ち、そのまま逃げ切って勝利。春2冠の優勝馬が不在のなか、42年ぶりに阪神競馬場で行われた3歳牡馬クラシック最終戦を制し、GI初制覇。皐月賞2着、日本ダービー6着、秋初戦セントライト記念13着大敗からの巻き返しに成功した。タイムは3分04秒6(良)。



 5馬身差の2着にはオーソクレース(3番人気)、さらにアタマ差遅れた3着に紅一点のディヴァインラヴ(6番人気)が入った。なお、1番人気のレッドジェネシスは13着、春2冠3着のステラヴェローチェは4着に敗れた。



 ◆横山武史騎手「前走がひどい競馬になってしまったのでリベンジという意味でも勝ちたいと思って挑みました。個人的にはこの馬には距離が長いと思っていたのですが、終わってみたら完勝でした。馬を信じてあげられなった自分が恥ずかしいです。(最後は余裕もあったのでは?)馬は余裕だったかもしれませんが、ジョッキーはまったく余裕はなかったです(笑)(今後は?)まじめすぎるところが長所でもあり短所でもある馬なので、関係者と一緒にうまく歩んでいけたらと思います」



 菊花賞を勝ったタイトルホルダーは、父ドゥラメンテ、母メーヴェ、母の父Motivatorという血統。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬で、馬主は山田弘氏。通算成績は8戦3勝。重賞は今年の弥生賞ディープインパクト記念(GII)に次いで2勝目。菊花賞は管理する栗田徹調教師、騎乗した横山武史騎手ともに初勝利。



★【菊花賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】菊花賞2021 カンニング竹山さん、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2021年10月24日() 05:30


※当欄では菊花賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【カンニング竹山】
◎⑧エアサージュ
単勝

3連単1着軸流し
⑧→②③⑤⑦⑩⑪⑭⑯⑰⑱

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②アサマノイタズラ
単勝


【徳光和夫】
3連複ボックス
タイトルホルダー
ロードトゥフェイム
レッドジェネシス
ヴェローチェオロ
モンテディオ
オーソクレース
ワイド流し
ディヴァインラヴ-③④⑤⑧⑨⑩⑭⑰

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑭ステラヴェローチェ
○⑯グラティアス
▲⑮ヴァイスメテオール
△②アサマノイタズラ
△③タイトルホルダー

【キャプテン渡辺】
◎①ワールドリバイバル
単勝

馬連流し・ワイド流し
①-③⑭
3連単
③→⑭→⑤
③→⑭→④
③→⑭→⑪
③→⑭→⑫

【DAIGO】
◎⑱オーソクレース
ワイド
②-⑱
⑤-⑱
②-⑤

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑨ヴェローチェオロ
○⑱オーソクレース
▲⑭ステラヴェローチェ
△③タイトルホルダー
△⑮ヴァイスメテオール
△⑧エアサージュ
△⑰ヴィクティファルス
3連単1頭軸流しマルチ
⑨→③⑧⑭⑮⑰⑱

【杉本清】
◎⑤レッドジェネシス
○⑭ステラヴェローチェ
▲⑱オーソクレース
☆⑧エアサージュ
△②アサマノイタズラ
△③タイトルホルダー
△⑬アリーヴォ
△⑯グラティアス

【田中将大(マー君・東北楽天ゴールデンイーグルス投手)】
◎⑭ステラヴェローチェ

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑪ディヴァインラヴ

【レッド吉田(TIM)】
◎⑧エアサージュ

【松田丈志(オリンピック競泳メダリスト)】
◎⑪ディヴァインラヴ

【林修】
注目馬
ステラヴェローチェ

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑭ステラヴェローチェ

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑭ステラヴェローチェ

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑭ステラヴェローチェ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑤レッドジェネシス
○⑭ステラヴェローチェ
▲⑱オーソクレース
△⑮ヴァイスメテオール
△⑰ヴィクティファルス
△⑪ディヴァインラヴ
△③タイトルホルダー

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ヴィクティファルス
レッドジェネシス
オーソクレース

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑭ステラヴェローチェ

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑭ステラヴェローチェ

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑭ステラヴェローチェ

【橋本マナミ】
◎⑤レッドジェネシス
○⑭ステラヴェローチェ
▲⑪ディヴァインラヴ
△⑩モンテディオ
△②アサマノイタズラ
△③タイトルホルダー
△⑮ヴァイスメテオール
△⑱オーソクレース

【横山ルリカ】
◎⑤レッドジェネシス

【田中道子】
◎③タイトルホルダー
馬連
③-⑪ディヴァインラヴ
3連単フォーメーション
③⑪→③⑤⑨⑪→②③⑤⑧⑨⑩⑪⑭⑮⑱

【黒澤ゆりか】
◎⑱オーソクレース
○⑭ステラヴェローチェ
▲⑩モンテディオ
△⑤レッドジェネシス
△⑧エアサージュ

【神部美咲】
◎⑤レッドジェネシス
単勝

3連複1頭軸流し
⑤-②③⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑰⑱

【旭堂南鷹】
◎⑨ヴェローチェオロ
○⑰ヴィクティファルス
▲⑯グラティアス
△⑭ステラヴェローチェ
△⑱オーソクレース

【松木安太郎】
◎⑤レッドジェネシス

【嵐(横浜銀蝿)】
◎⑤レッドジェネシス

【稲富菜穂】
◎③タイトルホルダー
○⑰ヴィクティファルス
▲⑤レッドジェネシス
△⑭ステラヴェローチェ
△⑱オーソクレース
△⑯グラティアス
△⑨ヴェローチェオロ

【やべきょうすけ】
◎⑮ヴァイスメテオール
○⑭ステラヴェローチェ
▲⑱オーソクレース
△③タイトルホルダー
△⑦ディープモンスター
△⑪ディヴァインラヴ
△⑬アリーヴォ

【小木茂光】
◎⑮ヴァイスメテオール
3連単フォーメーション
⑦⑪⑮→②③⑤⑦⑩⑪⑭⑮⑰⑱→⑦⑪⑮

【津田麻莉奈】
◎⑤レッドジェネシス

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑯グラティアス
○⑤レッドジェネシス
▲⑱オーソクレース
△②アサマノイタズラ
△⑭ステラヴェローチェ
△⑮ヴァイスメテオール
△⑰ヴィクティファルス

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑤レッドジェネシス
○⑰ヴィクティファルス
▲⑦ディープモンスター
☆⑱オーソクレース
△③タイトルホルダー
△⑪ディヴァインラヴ
△⑭ステラヴェローチェ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎②アサマノイタズラ
○⑭ステラヴェローチェ
▲③タイトルホルダー
△⑤レッドジェネシス
△⑩モンテディオ
△⑮ヴァイスメテオール
△⑱オーソクレース

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎③タイトルホルダー
馬単流し
③→②⑦⑨⑩⑪⑮⑰
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑨→②④⑤⑦⑩⑪⑭⑮⑰⑱
③→⑰→②④⑤⑦⑨⑩⑪⑭⑮⑱

【ギャロップ林】
◎②アサマノイタズラ
3連複2頭軸流し
②-③-⑤⑨⑩⑬⑭⑮
②-⑤-③⑨⑩⑬⑭⑮

【こいで(シャンプーハット)】
◎③タイトルホルダー
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑱→①⑤⑥⑧⑪⑫⑬⑭

【てつじ(シャンプーハット)】
◎②アサマノイタズラ
馬単流し
②→⑤⑭⑮
3連単1頭軸流しマルチ
②→③⑤⑩⑭⑮⑱

【浅越ゴエ】
◎②アサマノイタズラ
ワイド
②-⑤レッドジェネシス
3連単1頭軸流しマルチ
②→③⑤⑥⑨⑩⑰

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑮ヴァイスメテオール
馬単流しマルチ
⑮→③⑭
3連単フォーメーション
⑮→③⑭→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑯⑰⑱
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑧エアサージュ
3連単1着軸流し
⑧→②③⑤⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑱
3連複1頭軸流し
⑧-②③⑤⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑱

【下田真生(コウテイ)】
◎⑤レッドジェネシス
3連単
⑤→⑭→⑨

【九条ジョー(コウテイ)】
◎③タイトルホルダー
複勝


【岡野陽一】
◎⑨ヴェローチェオロ
○⑭ステラヴェローチェ
▲⑪ディヴァインラヴ
△②アサマノイタズラ
△③タイトルホルダー
△⑤レッドジェネシス
△⑩モンテディオ

【船山陽司】
◎⑩モンテディオ

【上村彩子】
◎⑱オーソクレース

【篠原梨菜】
◎⑭ステラヴェローチェ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑭ステラヴェローチェ

【大島麻衣】
◎⑤レッドジェネシス

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑤レッドジェネシス
○⑬アリーヴォ
▲⑭ステラヴェローチェ
△①ワールドリバイバル
△⑩モンテディオ
△⑱オーソクレース

【高見奈央】
◎⑤レッドジェネシス
○⑭ステラヴェローチェ
▲⑱オーソクレース
△②アサマノイタズラ
☆⑨ヴェローチェオロ

【皆藤愛子】
◎④ロードトゥフェイム

【高田秋】
◎⑱オーソクレース

【原奈津子】
◎⑱オーソクレース
○⑰ヴィクティファルス
▲③タイトルホルダー

【神谷由香】
◎⑭ステラヴェローチェ
○③タイトルホルダー
▲⑱オーソクレース
△⑮ヴァイスメテオール
☆⑤レッドジェネシス

【ほのか】
◎⑩モンテディオ
○⑱オーソクレース
▲⑭ステラヴェローチェ
☆⑪ディヴァインラヴ
△②アサマノイタズラ
△⑦ディープモンスター
△⑨ヴェローチェオロ
△⑫ノースザワールド

【守永真彩】
◎⑭ステラヴェローチェ
3連複1頭軸流し
⑭-③⑤⑥⑪⑮⑱

【天童なこ】
◎⑱オーソクレース
○⑪ディヴァインラヴ
▲⑨ヴェローチェオロ
☆⑮ヴァイスメテオール
△②アサマノイタズラ
△③タイトルホルダー
△⑤レッドジェネシス
△⑩モンテディオ
△⑭ステラヴェローチェ
△⑰ヴィクティファルス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドジェネシスの関連コラム

閲覧 1,974ビュー コメント 0 ナイス 2



秋華賞ソダシが断然の支持を集めたが、同じ勝負服のアカイトリノムスメが直線外から差し切り勝ち。桜花賞オークスと涙を飲んで来た脇役が、ラスト1冠で主役の座を射止めた。期待されたソダシは2番手追走も直線は全く反応せず10着。

敗因はいろいろ言われているが、ビッグレースの人気馬は何か理由を言わなければいけないという宿命もある。雨でも降っていればこう言っちゃアレだが道悪のせいにでもしておけば無難なのだが、晴れていて、見た目上不利も受けていないのだからなかなか難しかった。結果的に歯にトラブルがあったとか、メンタルであったとかいろいろ言われることになるわけだが、上記のような人気馬故の背景も考えればそれすら後付けのようなもので、敗因は自分なりに各々が探せば良い。もちろん、母ブチコもゲートでいろいろあった馬だけに、そこら辺が出て来たとすれば今後も気掛かりではある。

個人的にはそもそも札幌記念のメンバーレベルがあまり高くなく、阪神2000mで受けて立てるほど力が抜けていなかったのではないかとも思えた。これまでもエイシンヒテンが粘る展開のときはだいたい2番手の馬は失速しているように、逃げ馬の後ろは案外難しい。

~10月に入って調子が悪いので対処法を考える

ココからは少し個人的な話になるが、調子よく来ていた9月を終えて、10月に入ってからは一転して流れが悪い。自身の配信予想の中で「勝負レース」というものを毎週1~2レースお届けしているのだが、9月は小倉2歳Sの◎アネゴハダや、セントライト記念の◎アサマノイタズラオールカマーの◎ウインキートスなど6戦5好走とそれなりに安定して走れていた。

ところが10月に入ると5レース全敗。それも先週の◎エイシンヒテンも含め5レース中4レースで4着という悔しい結果が続いている。競馬の1年は長く、トータルで見れば好調期不調期あって当然だが、不調期はできるだけ短い方が良い。

不調期を脱する方法は2つ。1つは何もしないこと。というのも競馬は特に穴党であれば10連敗くらいは普通にあるので、たまたま今は上手くいっていないと割り切ることも大事だ。運が悪いだけにも関わらず下手にいろいろ動くと本来当たるべきレースまで当たらなくなり、泥沼にハマって行く。

一方、もう1つは具体的に策を講じることだ。今さら予想手法を変えることはしないが、それでも競馬は毎週止めどなく続いていくだけに、少しのズレがチリも積もれば…で大きくなることがある。

馬柱と向き合う時の考え方は合っているのか、馬券の買い方は凝り固まっていないか、過去の成功体験にとらわれていないか、などたまには振り返る必要がある。競馬はギャンブルとはいえ、長くやっていると正しい取り組みは基本的に報われるし、逆もまた然りである。例えば、週末は前の日の晩に予想をするのか、あるいは早めに寝て当日の朝起きてから予想をするのかなど、どちらの方が予想をする環境として良いのかといった具体的な生活に根差した対応方法も考える必要がある。もちろん競馬以外の生活もある人が大半だろうから、収支を良くするにはその中で(予想時間を確保できない時は少額に留めるなどの)ルール作りも大事になる。

個人的に先週の予想で気づいたこと、失敗したことがあったので、今週末は少し生活方法を変えて週末に臨みたいと考えている。競馬予想も仕事も、良い準備が長期的に見れば確実に良い結果に繋がる。ただ印をつけてお金を投じる遊びではないので、本稿は月曜段階で書いているが、平日の過ごし方から改めて考えて行く1週間にしたい。

菊花賞の注目馬

さて、今週末はいよいよクラシック最終戦・菊花賞。昨年は無敗で3冠に挑むコントレイルという圧倒的な存在がいたが、今年は一転して混戦模様。ダービー馬シャフリヤール皐月賞エフフォーリア不在の菊の舞台となるが、ココではいつも通り注目馬を一頭挙げてみたい。

レッドジェネシス(川田騎手)

前走の神戸新聞杯は雨で悪化した馬場をものともせず、内からしぶとく伸びて来て差のない2着に迫った。ディープインパクト産駒ながら母系はスタミナ色が濃い重厚な馬で、長丁場に不安はない。ダービーは惨敗とはいえ東京芝2400mの決め手比べは全く合わず、内枠も不利だった。追える川田騎手とも手が合うタイプで、阪神開催の今年は本馬のスタミナ豊富な末脚が生きるレースになるとみる。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2021年10月21日(木) 11:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 菊花賞2021 
閲覧 1,342ビュー コメント 0 ナイス 2



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


10月24日(日) 阪神11R 第82回菊花賞(3歳G1・芝3000m)

【登録頭数:24頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

アサマノイタズラ(B)中4週
前走時は、乗り込み量は豊富も、時計はかかり気味で動きも物足りない印象だったが、パドックでは太め感はなくレースでも終いしっかり伸びての勝利だった。この中間もしっかり乗り込まれて時計は前走時以上に良化。1週前はまだ伸びきれていなかったものの、上積みは感じられた。

オーソクレース(C)中4週
この中間は1週前に南Wで併せて先着しているが時計は平凡。前走で、調教内容の割にレースで走り過ぎてしまった反動がありそうで恐い。

ステラヴェローチェ(A)中3週
この中間は2週前、1週前としっかり追われ、1週前追い切りでは軽く仕掛けられただけでスッと伸びてみせた。上積みが窺える。

モンテディオ(B)中3週
使われつつ馬体が減ってきていて、前走時のパドックでは好馬体ではあるもののトモが寂しく映った。これ以上馬体が減るのは良くないだろう。この中間は、馬なりでの調整となっている。ただ、1週前追い切りでは力強さこそ感じないものの素軽い動きで、状態は引き続き良さそう。

レッドジェネシス(C)中3週
休み明けの前走時は、首の高い走りこそ気になったが、乗り込み量も多く出来自体は良くみせていた。道悪も向いていたようで勝ち馬と差のない競馬。この中間は1週前にCWで追い切られているが、やや物足りない動きで前走時の疲れがあるかもしれない。


<賞金上位馬>

タイトルホルダー(C)中4週
前走時には南Wでかなり良い時計が出ていたが、パドックではトモが寂しく力強さに欠ける印象を受けた。この中間も1週前には南Wを単走で追われて好時計は出ているが、スピードが勝った感じで終いの踏ん張りに不安が残る。関西圏への輸送も初めてで馬体面での不安も気になる。

ヴィクティファルス(C)中4週
前走時の追い切りでは好時計が出ていたが、力みがありリラックスして走れていない感じだった。パドックでもトモは寂しく映った。この中間もCWで速い時計が出ているが、こちらも気が勝った印象の動きで、距離延長に不安は残る。

ヴァイスメテオール(C)3ヶ月半
休み明けで乗り込み豊富も、1週前の動きを見ると鈍重さが拭えず、伸び脚が物足りない。

グラティアス(A)中4週
前走時のパドックでは2人引きで気合い乗り抜群たったが、ややイレ込み気味でもあった。この中間、1週前追い切りでは重心が低い走りで力強く伸びていて上積みがありそう。

ディープモンスター(C)5ヶ月
休み明けで2週前追い切りでは併せ馬で遅れ、1週前追い切りではズブさはある感じも何とか先着。長い距離は向きそうだがまだ重さが残る感じ。

ワールドリバイバル(B)中4週
前走時のパドックではまだ緩さが窺え、追い切りの動きも重かった。この中間は2週前、1週前と追われて、1週前追い切りでは重心が低い走りを披露。動きが良くなった印象で、長距離も向きそう。

セファーラジエル(D)中4週
1週前追い切りでは坂路で追われて時計は詰らず。かなり大きな馬で力強さはあるが、まだ絞れそう。

アリーヴォ(B)中9週
前走から間隔に余裕があり、2週前、1週前と長めから好時計が出ていて引き続き出来良好。

ヴェローチェオロ(B)中1週
この中間は前走から中1週で軽めの調整。前走時のパドックではまだ馬体に余裕があったので、間隔が詰まっていても上積みはありそう。

エアサージュ(A)中8週
前走時のパドックではまだまだ緩さがあったが、逃げてしぶとく粘り込んだ。この中間は、2週前、1週前と長めから追われていて、1週前の動きからは力強さが十分感じられた。伸び脚は抜群に良く、前走からの上積みが期待できそう。

ディヴァインラヴ(A)中4週
中4週でも2週前、1週前と長めから併せ馬で追われてともに先着。1週前の動きを見ると併走相手の2頭の手が激しく動くなか、持ったまま楽に先着していて出来は前走以上。

ロードトゥフェイム(A)中3週
九十九里特別を勝っての中3週。1週前は抑えたまま楽に先着。輸送もあるため一杯に追われた日曜には、好時計をマークしてきていて仕上りは良さそう。

シュヴァリエローズ(B)中2週
休み明けの前走時は好時計を連発していたが、レースではエンジンがかかるのが遅かった。中2週の今回、1週前追い切りでは良い伸び脚をみせていて上積みを感じさせる。


<除外対象馬>

テーオーロイヤル(C)中2週
前走で馬体が大きく増えていたが、この中間は軽めの調整。速い時計はなく疲れがまだ抜けていない可能性あり。

ノースザワールド(B)中2週
能力のある馬だがなかなか勝ち切れない。使い詰めで上積みまではどうか。

ハギノピリナ(B)中5週
乗り込み豊富。1週前の動きを見ると終い力強く伸びていて上積みはありそう。

マカオンドール(B)中4週
前走時は併せ馬で遅れていたが、この中間は1週前追い切りで先着。叩き3戦目での上積みが窺える。

ワイドエンペラー(C)中4週
1週前は坂路で好時計をマークしてきたが、時計ほど終いの伸び脚は目立たず。

トーホウバロン(E)中4週
1週前は3頭併せで伸びきれず出来はイマイチ。


※このコラムからの推奨馬はステラヴェローチェエアサージュグラティアスディヴァインラヴロードトゥフェイムの5頭をあげておきます。



◇今回は、菊花賞編でした。
今年の菊花賞は、皐月賞馬、ダービー馬の参戦がなくおまけに42年ぶりの阪神での開催ということも手伝って混戦模様。
神戸新聞杯を勝ったステラヴェローチェが主役となりそうですが、前走時+18キロでパドックでも明らかに余裕のある馬体だったことを考えると上積みが期待できる反面、反動が出て2走ボケの可能性も考えられます。セントライト記念のコラムでは、「今年は上り馬の活躍がありそう」と書きましたが、本番の菊花賞でも様々な路線からの上がり馬が登録してきているばかりか、それぞれの馬たちが出来も良さそうな印象を受けます。調教面からは、上がり馬のどれかの馬を狙ってみたい状況です。
いずれにしても、これだけ混戦となると、血統、指数、騎手、出目などいろいろな角度から予想が楽しめそう。皆さん得意な分野があると思いますので、こだわりの予想を最大限に活用して、今年の菊花賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。


菊花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2021年10月17日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年10月17日号】特選重賞データ分析編(276)~2021年菊花賞
閲覧 2,236ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 菊花賞 2021年10月24日(日) 阪神芝3000m内


<ピックアップデータ>

【“同年4月以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において“着順が4着以内、かつ4コーナー通過順が10番手以内”となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [7-7-6-47](3着内率29.9%)
×なし [1-1-2-73](3着内率5.2%)

 ここ半年あまりの戦績がポイント。皐月賞以降のG1やG2で上位に食い込んでいない馬は苦戦していました。大敗が続いている馬はもちろん、G3やオープン特別、条件クラスのレースを主戦場としてきた馬も過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→タイトルホルダーモンテディオレッドジェネシス
主な「×」該当馬→ヴァイスメテオールヴィクティファルスグラティアス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が3着以内」だった馬は2013年以降[8-7-7-57](3着内率27.8%)
主な該当馬→ヴァイスメテオールモンテディオレッドジェネシス

[もっと見る]

2021年10月1日(金) 10:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/25~9/26) ジャンヌプロ10開催日連続プラスで5週連続V! 週間回収率トップは真田理プロ
閲覧 301ビュー コメント 0 ナイス 1



26(日)に行われたG2オールカマー、G2神戸新聞杯ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →ジャンヌプロ
26(日)G2オールカマーG2神戸新聞杯を的中。そのほか、先週は25(土)中京1R2歳未勝利中京7R3歳以上1勝クラス、26(日)中京7R3歳以上1勝クラス中京8R3歳以上1勝クラスなどでも活躍を披露しました。週末2日間トータルでは、回収率140%、収支15万2690円の大幅プラスを達成。これで、5週連続週末プラス、8/29(日)から続く開催日連続プラスを10まで伸ばしています。
 
☆☆☆注目プロ →にしのけいごプロ
26(日)のG2神戸新聞杯では、○ステラヴェローチェレッドジェネシス馬連本線的中を披露。他にも、勝負予想中山12R3歳以上2勝クラスなどの的中をマークし、週末トータルでは回収率123%を記録。こちらも5週連続週末プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
25(土)は、勝負予想中山4R3歳以上1勝クラス、同中京11R長篠Sなどの的中を披露。26(日)は、中山9R木更津特別的中に加え、G2神戸新聞杯G2オールカマーのW的中で締め括り。週末トータル回収率219%、収支18万4490円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →真田理プロ
先週は、狙いすました5Rのうち3Rを仕留め、全予想家中トップの週末トータル回収率344%をマーク。26(日)中京3R2歳未勝利G2神戸新聞杯などで収支10万600円の大幅プラスを達成しています。
 
 
 
この他にも、金子京介プロ(165%)、豚ミンCプロ(154%←2週連続週末プラス)、岡村信将プロ(141%)、馬侑迦プロ(129%)、シムーンプロ(115%←4週連続週末プラス)、霧プロ(101%←2週連続週末プラス)が回収率100%超をマークしています。
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2021年9月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】騎手次第で馬は変わる/神戸新聞杯展望
閲覧 1,695ビュー コメント 0 ナイス 4



月曜日のセントライト記念はアサマノイタズラが大外一気の差し切り勝ち。個人的にも唯一の勝負レースに指定し、◎アサマノイタズラで勝負して馬券を取ることができた。当初はタイトルホルダーが本命だったのだが、枠の並びを見て変更したことが功を奏した形だ。

……的な自慢話はどうでもいいと思うので、早速本編へ。馬は騎手次第で変わるということである。

~田辺騎手向きだったアサマノイタズラ

アサマノイタズラはデビュー以来嶋田騎手とコンビを組んで来た。嶋田騎手は直線競馬ではたびたび好判断で上位を賑わしているが、芝の中距離での経験は浅く、実際上手いとは言い難いジョッキーだ。アサマノイタズラとのコンビでも力を出せておらず、好走したスプリングSの2着ですら仕掛けが早い印象を持っていた。

それが今回は田辺騎手に乗り替わり。これは一変の予感がした。

実際、田辺騎手は脚を溜めるのが上手い。これまでもたびたび溜めての末脚一気を決めており、特に中山芝中長距離でワンテンポ仕掛けを待つのが得意パターン。シャケトラでの日経賞は鮮やかだったし、京成杯でもたびたび好走、脚質は違えどジェネラーレウーノでの皐月賞好走や、ウインカーネリアンでのあわやの皐月賞4着、中山芝2200mでいえばヴェルデグリーンでのオールカマーAJCC両レースの差し切りも印象深い。

いずれにしても、騎手次第で馬の走りはこれほどまでにガラリと変わるのである。○○騎手はヘタクソ、××騎手はリーディング上位、のような単純化された騎手評は実はあまり意味がなく、いかに馬との呼吸を合わせられるか、馬のタイプに合う騎手が乗るか、馬のポテンシャルを引き出せるスタイルで騎乗できるか…といったことが大事になる。

神戸新聞杯の注目馬

さて、今週末も菊花賞トライアル・神戸新聞杯が行われる。ダービー馬も始動する一戦だが、ココではいつも通り注目馬を一頭挙げておきたい。

レッドジェネシス藤岡康太騎手)

春は京都新聞杯を制して日本ダービーに挑むも、直線一瞬伸び欠けたものの見せ場を作れずに終わった。もっともダービーデーのインの芝はかなり不利で、直線の進路取りを考えればノーカウントとして良い一戦だろう。差しが届く中京芝2200m、しかも少頭数ならば見直し可能。ダービー上位組はもちろん強いが、一角に食い込む末脚に期待したい。

神戸新聞杯の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2021年9月22日(水) 19:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 神戸新聞杯2021
閲覧 1,000ビュー コメント 0 ナイス 3



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月26日(日)中京11R 第69回神戸新聞杯(3歳G2・芝2200m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)


<賞金上位馬>

シャフリヤール(A)4ヶ月
ダービーからの休み明けで乗り込み量も多く、2週前、1週前と長めからしっかり時計を出してきている。動きに関しても手応え抜群で、1週前の段階でほぼ仕上がっている印象。かなり良い状態で出走できそう。

ワンダフルタウン(A)4ヶ月
ダービー以来の休み明けで、この馬も乗り込み豊富。3週前には坂路で好時計が出ていて、2週前、1週前には和田騎手騎乗で長めから好時計で先着。同じ休み明けでも、青葉賞の時とは全然違って仕上がりはかなり良い。

レッドジェネシス(C)4ヶ月
こちらも、ダービー以来の休み明けで十分な乗り込み量。ただ、1週前追い切りの動きを見ると、楽な手応えの併走相手に終い追いつかれて伸びきれなかった。春も追い出されてから首が高くなる走りをする馬だったので、そのあたりが変わってくればもうひと伸びできそうだが。

ステラヴェローチェ(B)4ヶ月
もう1頭の須貝厩舎の馬とは違い、こちらは1ヶ月以上乗り込まれていて調整は順調。ダービー前と比べると、追い出されてからの伸び脚にまだ物足りないところがあるが、勝負どころからスッと楽に上がって行く脚はしっかりしている。仕上りはかなり良さそう。

キングストンボーイ(C)5ヶ月
休み明けで乗り込まれているが、全体的に不満の残る時計が多い。南Wは自動計測になったので、もう少し時計が詰まっていても良さそうだが。

セファーラジエル(B)4ヶ月
大型馬の休み明けとなるが、乗り込み量もあり、この中間の坂路での時計と1週前のCWと速い時計が出ていて、仕上りは悪くなさそう。

イクスプロージョン(C)中4週
休み明けの前走を一度使われての叩き2戦目。1週前には3頭併せで先着。時計はもう少し出ても良さそうだが、前走時のパドックではお腹のあたりが緩く見えたので、馬体が締ってくれば変わり身も期待できそう。

ヴェローチェオロ(E)4ヶ月半
休み明けで乗り込み本数が少なすぎる。本数を乗られて出走してくる須貝厩舎なので、普通なら使ってこないシーンか。

シゲルソウサイ(D)中2週
休み明けの前走時しっかり乗り込まれていての叩き2戦目だが、1週前の坂路での時計が平凡で変わり身が感じられない。

モンテディオ(B)中3週
休み明け2戦目の前走時はパドックでは気合いが乗って、毛艶も冴え馬が良くなっていた。この中間も1週前にはCWを長めから一杯に追われ好時計をマークと、叩き3戦目でさらに上積みがありそう。

テイエムタツマキ(C)中2週
夏に3戦しての中2週。この中間も、1週前には芝コースを併せ馬で強めの追われていて疲れはなさそうだが、なかなか時計が詰まってこない。


※このコラムからの推奨馬はシャフリヤールワンダフルタウンステラヴェローチェの3頭をあげておきます。



◇今回は、神戸新聞杯編でした。
混戦のセントライト記念と比べ、神戸新聞杯は過去10年でダービー馬が5勝と、休み明けのレースでこれだけ実力馬が好成績を残しているレースもなかなかないのではないかと思うくらいのレース。
近年は、2歳時から間隔を十分に空けて牧場でしっかり仕上げて狙ったレースを使っていくという馬が多く、2歳のG1馬がトライアルを使わずに桜花賞皐月賞を勝ってしまうのも珍しくなくなっています。
馬が成長している2歳時や3歳春に無理してレースを使い込まれていないためレースでの疲れも溜まりにくく、オークス、ダービーのあとに放牧に出せば回復も昔に比べると早いのでしょう。そして、秋に向けての準備も早い段階からできるようになるため、実力馬が秋初戦をしっかり乗り込まれて良い状態で使ってくることができているのではないかと思います。
今年のダービー馬も、今回が5戦目でこの中間の馬の動きを見るとまだまだ走り足りないといった感じで、ここからさらに強くなりそうです。

神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドジェネシスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 192ビュー コメント 0 ナイス 8

ホンマにこの時期が来ると毎年思う。
もう有馬記念かぁ、一年早いなぁと。

有馬記念!最後くらいはね

で今年は2頭に人気が集まると思いますが、
正直興味ありません。

今年私にとって一番注目してるのは、
横山典弘こと横山パパである。

多分こんな人に注目してるんは、
かなりの少数派だと理解しています。

正直横山パパは好きではなかった。
むしろ嫌いであった!

そう嫌いであるから嫌いであったに変わった。

というのもこの人のイメージはやはり"ポツン"
せっかく買った馬をポツンされたら、
またやりやがった。

このやる気の無いヘボ騎手がぁ

なんて思ってました。

でもこのポツンには理由がある!
ってのを知ったんです

ズバリ、パパがポツンする意味は、
普通にのっても能力的にキツイから、
わざとこんな乗り方をしてるんだと。

つまり買った馬をポツンされて、怒るんではなく、
そんな弱い馬を買った自分の見立てがヘボなんだと。

いわば、横山パパがポツンした馬=弱い
って教えてくれてるんだと。

菊花賞でなかなか人気して惨敗した
レッドジェネシス。

この馬実はダービーで横山パパがポツンしてるんよね

まさにG1では足りませんよって教えてくれてた。

そんな横山パパが今回の有馬記念で乗るのが、
シャドウディーヴァって言う馬。

前走のジャパンCで初めて騎乗したんやけど、
前々走の府中牝馬Sで福永が騎乗し
大外一気を決めて久々の勝利をあげました。

でジャパンCも意外と面白いかも。
お得意のポツンで展開ハマったらって思って買いました。

ジャパンCのレースを観れる人は観て欲しいんですが、
まさかのスタートして外から気合をつけて先行。

え〜なんで先行なん?
そんなん来るわけないやん!って

しかし前々走と全く違うレースをされた
シャドウディーヴァ。直線一瞬伸びてきたんよね
さすがに外の馬に差されたけど7着は悪くない。

でここで考えたんです。
何で先行させたん?って。

さっき書いたように、能力的に足りませんよ
っておもってるんなら、ポツンしたはずなんです。

それを先行させたのは理由がある?

実際に右回りより左回りを求めて、
エリザベス女王杯ではなく、ジャパンCを使う
って言うてたのに、まさかの有馬記念出走。

しかも横山パパが連続騎乗。
中間も念入りに追い切りに騎乗してるみたい。

実にきなくさい。

これも本人が行ってたんやけど、
どっかで一発あると思ってる馬がいて
ワザと意識的に鞭を使わなかったと。

でここぞって時に鞭を使ったと。
そんな長期的な戦略で競馬してるん?って。

そういう考えで乗ってる騎手が、
ワザと先行させたり、不向きと思われてる右回りに
連続騎乗して、調教までつけてると。

もう怪しさしかない。

って熱く語っておいて、ポツンされて
全く見せ場なしって現実を突きつけらる…

笑うしかない。

でもめちゃくちゃ人気ないやろうし、
この妄想通り何かを企んでるんなら。

ドリームレース

あなたの夢は?私の夢は!

横山は横山でも横山パパ!ならんかなw

 ゼファー 2021年12月16日(木) 22:05
第66回有馬記念GⅠ(先出し)
閲覧 405ビュー コメント 0 ナイス 12

<レース 評価>

第41回ジャパンカップGⅠ
残り1200mからは、暴走キセキのみのラップで、スローペースの決脚比べレース
前走の反動が有り本調子では無いシャフリヤールを、
叩いて本調子に戻ったコントレイルが究極の仕上がりで突き放した戦い
オーソリティは、天才クリストフ ルメール騎手が展開を読み切り2着させた
有馬記念にはリンクしない戦い
シャドウディーヴァ:2500mは長いし東京以外では狙い辛い
アリストテレス:逃げて慣れない競馬、この組から変り身を狙えるなら、この馬か?
キセキ:菊花賞から本格化し、4・5歳がピークで、もう7歳では狙い辛い
ユーキャンスマイル:3000m超のタフな競馬こそ、中山の小回りも狙い辛い
モズベッロ:第65回大阪杯GⅠの後遺症で調子が戻らない、休ませて下さい

第164回天皇賞(秋)GⅠ
スピード対応力とラスト3ハロンの決脚勝負戦
上位3頭の馬力(搭載エンジン)が際立ったレース
有馬記念にはリンクしない戦い
エフフォーリア:56kgの恩恵は有ったが、早目に動いて押し切った内容は強い!!
ペルシアンナイト:
後ろ過ぎて勝負にならず、次走の第72回チャレンジカップGⅢも同様で不完全燃焼
第57回札幌記念GⅡの3着で力落ちは無く、クリスチャン デムーロ騎手で魅力が大きい

第82回菊花賞GⅠ
3000mとは思えない前半の速いペースと残り800mからのロングスパート
時計が重い阪神の内回りで優秀な決着時計で、レベルが高い底力戦
有馬記念にリンクする戦い
タイトルホルダー:自分でレースも創れて強い、強い3歳世代の長距離王子、狙いたい!
ステラヴェローチェ:第69回神戸新聞杯GⅡからの疲れが残っていそう
アサマノイタズラ:最後方から届かずだが、中山で田辺 裕信騎手が極端な戦法を継続すれば有る

第46回エリザベス女王杯GⅠ
時計の重いかなり負荷が掛かる馬場だが決着時計はなかなか優秀
レイパパレも含めて前が潰れたタフな消耗戦だった
有馬記念がハイペースになればリンクする戦い
アカイイト:展開も向いたが終始「外」回して、早目に動いて完勝、狙いたい!!
ウインキートス:ハイペースに苦戦、有馬記念も前が強力なので狙い辛い

<反動 レース>

クロノジェネシス
ディープボンド
凱旋門賞(G1)が良馬場なら面白かったのに・・・
重馬場というより、あまりにも時計が掛かる馬場に惨敗で反動が心配

〜時計が掛かる馬場で、本気で走って反動が有ったレース〜

第65回大阪杯GⅠ:重馬場
レイパパレ:4連敗中
コントレイル:疲れで宝塚記念回避、第164回天皇賞(秋)GⅠにも後遺症が少々
グランアレグリア:第71回安田記念GⅠが反動で本来の走り出来ず
サリオス:香港も合わせて3連敗

第69回神戸新聞杯GⅡ:不良馬場
第82回菊花賞GⅠ時のコメント
ステラヴェローチェ:4着(2番人気)
正直今の状態を考えれば頑張ったと思います。
稽古でもこれほど動けないのかという感じでしたが力がありますね。
レッドジェネシス:13着(1番人気)
道中はリズム良く走ってくれていましたが勝負どころで全く動くことができず、
レース前から苦しさを感じる返し馬でしたので、調整段階で感じなかった前走の
疲れが競馬場に来て出てしまったのかなという印象です

シャフリヤール:第41回ジャパンカップGⅠが本来の走りに見えなかった・・・反動か

前哨戦を使わず、狙いのレースに全集中で戦う現代の競馬
全集中だけに反動が大きい!
クロノジェネシス
ディープボンド
ステラヴェローチェ
好きな3頭は狙えないのか・・・

[もっと見る]

 nomareni 2021年12月8日(水) 01:21
横山パパのインタビュー記事
閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 9

「関係者にとって、俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」

自分でポツン言っちゃった。
無謀と言われても、馬の調子に合わせて自分のポリシーで走るノリさん。
意外と好きなんですよね~!

でもダービーの父兄参観ポツンはいくらレッドジェネシスが前走の疲れでいっぱいいっぱいでも、武史くんガン見で応援しすぎでしょ!
…とあの時思ったのでなんとも言えない気持ちになりましたが、そこは騎手も人間。人の子人の親。
ノリさん昔はもっと硬派な親子関係だと思ってたのにあの時武史くんにデレデレだったな…

関係者や馬券購入した人にはたまったものじゃないだろうけど、やっぱり競馬界に必要な憎めないお人だと私は思います。
馬券買って外れても私は怒りません。選ぶのは自分だもの♪

なかなか面白い記事でした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドジェネシスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年12月5日() 08:33:35
夢、強い
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年7月18日() 23:18:55
jp青、◉印、能力高い

レッドジェネシスの写真

レッドジェネシス
レッドジェネシス
レッドジェネシス

レッドジェネシスの厩舎情報 VIP

2021年10月24日菊花賞 G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドジェネシスの取材メモ VIP

2021年10月24日 菊花賞 G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。