今週の重賞レース

2020年10月24日( 富士ステークス G2
2020年10月25日( 菊花賞 G1
小倉2歳ステークス G3   日程:2020年9月6日() 15:35 小倉/芝1200m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 7 8

メイケイエール

牝2 54.0 武豊  武英智 460(-2) 1.09.6 6.3 2 35.1 ⑤④
2 8 9

モントライゼ

牡2 54.0 川田将雅  松永幹夫 482(0) 1.09.8 1 1/4 1.8 1 35.7 ②②
3 2 2

フォドラ

牝2 54.0 北村友一  牧浦充徳 402(-6) 1.10.5 11.1 5 36.0 ⑤④
4 7 7

ルクシオン

牝2 54.0 松山弘平  河内洋 426(0) 1.10.8 21.6 7 35.9 ⑧⑧
5 8 10

フリード

牝2 54.0 和田竜二  西園正都 482(+6) 1.10.8 ハナ 7.8 3 36.9 ①①
6 5 5

アールラプチャー

牝2 54.0 太宰啓介  千田輝彦 454(-4) 1.11.2 2 1/2 16.5 6 37.0 ③③
7 1 1

ラマルセイエーズ

牝2 54.0 幸英明  森田直行 456(+4) 1.11.3 クビ 84.2 10 36.3 ⑨⑧
8 6 6

セレッソフレイム

牝2 54.0 小牧太  服部利之 432(-2) 1.11.4 3/4 8.6 4 36.9 ⑤④
9 4 4

リサコーハク

牝2 54.0 松若風馬  川村禎彦 428(+2) 1.11.5 クビ 67.6 8 37.2 ④④
10 3 3

カシノレオ

牡2 54.0 酒井学  鈴木孝志 492(+6) 1.12.1 3 1/2 82.7 9 37.1 ⑨⑩
ラップタイム 11.7 - 10.6 - 11.6 - 11.8 - 12.1 - 11.8
前半 11.7 - 22.3 - 33.9 - 45.7 - 57.8
後半 57.9 - 47.3 - 35.7 - 23.9 - 11.8

■払戻金

単勝 8 630円 2番人気
複勝 8 160円 3番人気
9 110円 1番人気
2 210円 5番人気
枠連 7-8 320円 1番人気
馬連 8-9 470円 1番人気
ワイド 8-9 240円 1番人気
2-8 680円 10番人気
2-9 330円 4番人気
馬単 8-9 1,330円 5番人気
3連複 2-8-9 1,080円 3番人気
3連単 8-9-2 6,280円 20番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:293,576人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【小倉2歳ステークス2020予想】内めを進む先行勢有利と決め付けるのは早計!中~外からスムーズに運べそうな馬を重視!

土曜日の小倉芝のレース結果、近年の小倉2歳ステークスの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間の降雨は水曜日の2ミリだけ。土曜日の朝に少量の雨が降ったものの、開催中はなんとか持ちこたえ、芝コースは終日良馬場(JRA発表)で施行された。

土曜日の結果を見直すと、枠順における大きな偏りがみられない一方で、後方待機勢が伸びを欠くシーンが続出。うまく立ち回った先行~好位差しの活躍が目を引いた。

ただし、内・前有利というわけではない。展開利のあった馬を除けば、内に進路をとった逃げ・先行勢は劣勢。中~外めからスムーズに運んだ馬や、内から中~外めへスイッチした馬の上位入線度が増している。その点はしっかり頭に入れておいたほうがいいだろう。

日曜日の12~18時の降水確率は40%。本格的に降り始めるのがいつなのか定かではないため、判断に悩ましいところではある。とはいえ、開催中の降雨の有無にかかわらず、内めを進む馬が大きなアドバンテージを得る馬場に変化することは考えづらい。

加えて、レースが重なるにつれ、馬場の内めの劣化が進む可能性もある。となれば、中~外を通る馬の優位性が増してくるはず。枠順についても同様で、真ん中より外(5~8枠あたり)が幅を利かせやすい馬場に移行していくのではないだろうか。

血統面については、近年の小倉2歳ステークスを振り返ると、5代内にストームバードを持つ馬の活躍が目立ち、2016年から4年連続で2着連対圏入りを果たしている。条件を満たす馬は高く評価してしかるべきだ。

ただ、今回のメンバーと照らし合わせてみると、出走頭数の割に該当馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、近5年の3着以内全馬に共通する、芝戦の複勝率が100%の馬に的を絞りたい。

今回の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向(5~8枠)の要点を満たしているのは、⑥セレッソフレイム、⑨モントライゼ。よって当欄では、この2頭を狙いどころとして推奨する。

【馬場予想からの注目馬】
セレッソフレイム モントライゼ
プロ
予想

【小倉2歳ステークス2020予想】カリスマブロガー「TARO」と予想神「スガダイ」の注目馬大公開!

13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!
完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!

出演:スガダイ(予想神) TARO(カリスマブロガー) 岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

 ウマニティの会員数:293,576人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【小倉2歳ステークス2020予想】モントライゼ「上々の仕上がりで臨める」ルクシオン「上積みがありそう」

 ◆カシノレオ・喜入助手 「連闘でもバテることなく、順調です。雨が降って時計がかかりそうなのはいいですね」

 ◆フォドラ・牧浦師 「ラストを軽く伸ばして反応できていた。馬場が悪いのをそこまで気にしない」

 ◆フリード・西園師 「上がりだけしっかり伸ばした。スピードを生かしたいので馬場がしぶるのは良くない」

 ◆メイケイエール・武英師 「フットワークが素晴らしくて、総合点が高い。瞬発力に加えて持続力もある」

 ◆モントライゼ・松永幹師 「気が入っていた前回よりいい雰囲気。高速馬場より馬場はしぶった方がいい」

 ◆ラマルセイエーズ・森田師 「前走はラストでいい脚。外差しが決まる馬場になれば」

 ◆リサコーハク・江口助手 「滞在調整で変わりなくきています。馬場がしぶるのはいいと思います」

 ◆ルクシオン・河内師 「今週は輸送もあるのでこれくらいで十分。1回使った上積みは十分ある。馬場が悪くなるのはいいんじゃないかな」



小倉2歳Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【小倉2歳ステークス2020予想】減点ナシは4頭!トップ評価はモントライゼ!

【キャリア】

6月に東京・阪神で新馬戦が行われるようになった、2012年以降の3着以内馬のキャリアをみると、1~3戦の範囲で収まっている。キャリア4戦以上の馬は、上位争いに食い込めていない。

【前走人気】

前走の単勝人気に着目すると、4番人気が最低ライン。2012年以降の3着以内全馬が共通する。また、未勝利戦を経由して3着以内に入った馬は、いずれも前走で1番人気の支持を集めていた。押さえておきたい傾向だ。

【芝戦敗退歴】

2012年以降の3着以内馬は、いずれも芝戦の複勝率が100%だった。芝のレースで4着以下の敗退歴がある馬は割引が必要となる。

【データ予想からの注目馬】
上記3項目でマイナス面がないのは、セレッソフレイムメイケイエールモントライゼルクシオンの4頭。トップにはモントライゼを推す。2012年以降、前走が小倉以外の芝でタイム差0秒5以上の1着、なおかつ中4週以上の間隔で臨んだ馬は【1.1.0.1】という上々の成績を残している。前走圧勝の内容を素直に評価したい。

ほぼ持ったままで初戦を制した、メイケイエールを2番手に。中1週の再輸送となるが、新馬快勝の勢いで、あっさりクリアする可能性も十分に考えられる。セレッソフレイムルクシオンも要警戒の存在。立ち回りひとつで首位争いを演じる力はある。

<注目馬>
モントライゼ メイケイエール セレッソフレイム ルクシオン

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【小倉2歳ステークス2020予想】人気必至かつ指数断然のモントライゼが不動の中心!

指数の伸びしろの大きい1戦1勝馬が多く参戦してくるこの時期の2歳重賞の結末を読み解くのは非常に大変だが、この小倉2歳Sはそのなかでも比較的攻略しやすい部類に入る。過去5年の1着馬が「3番人気以内かつ6位以内」という点で共通するからだ。能力の裏付けがあり、なおかつ下馬評も高い馬が勝つ。そんな傾向を踏まえると、自ずと1位で“凄馬”のモントライゼ(88.6)に不動の中心という評価を与えることができよう。


加えて今年はキャリア1戦の馬が3頭と例年よりも少ないため、指数の信頼度は高いと考えられる。よって順当に、2位のフォドラ(85.2)、3位のフリード(83.0)の名前を挙げておきたい。登録時点で11頭ということからも、大荒れになる可能性は低そうなので、新馬戦を単勝1倍台の1番人気で圧勝した7位のメイケイエール(80.0)もしっかりマークしておく。

それに対し、ヨカヨカの活躍で勢いを増す九州産馬のルクシオンは、最下位の11位で指数値も69.8と他馬より飛び抜けて低い。そこそこ人気を集めそうだが、こちらは過信禁物と覚えておこう。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:293,576人(10月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【小倉2歳ステークス2020予想】Storm Catの血を引く馬が4年連続で連対中、同牝系となる血統にも要注意

昨年は2着にShamardal産駒のトリプルエース、3着に2代母の父Cat Thiefのラウダシオンが入選していたが、Storm Catの血を引く馬が4年連続で連対している勢いがある。なお、14年に単勝万馬券となる120.2倍の15人気で制したオーミアリスにおいては、母の父ロイヤルアカデミーがStorm Catの叔父にあたる血統だ。

ほか、フジキセキも好相性を示しており、15年には孫世代となるキンシャサノキセキ産駒のシュウジとサイモンゼーレが1・2着、母の父としても18年アズマヘリテージが13人気で2着に激走するなど存在感を放つ。

フリードは、父No Nay Nevera×母Arctic Freedom(母の父War Chant)。2代母Polar Birdは89年デビュータントS-愛G3の勝ち馬で、ブラストワンピースやアルナスラインが出たBambolaに遡る牝系。父がStorm Cat直系であることを強調しやすく、同じヨハネスブルグ系には13年の勝ち馬ホウライアキコを挙げられる。なお、本馬は芝1200mのレコードを更新している点でも通ずるものがありそうだ。

モントライゼは、父ダイワメジャー×母ムーングロウ(母の父Nayef)。11年にロッキンジS-英G1、エクリプスS-英G1を制したMediceanの甥にあたる血統で、Caroなどが出たChambordに遡る牝系。父の産駒は11年エピセアローム、16年レーヌミノルと2勝を挙げる活躍を見せているが、牡駒は本質的にはスプリンターとは言い難いだけに、馬場は少し渋った方が狙いやすいかもしれない。

メイケイエールは、父ミッキーアイル×母シロインジャー(母の父ハービンジャー)。母のいとこに白毛馬として史上初のJRA重賞制覇(19年レパードS-G3)を飾ったハヤヤッコがいる血統で、2代母ユキチャンは08年関東オークス-Jpn2など地方交流重賞を3勝。父の産駒は現時点での4勝すべてが1200mで、うち3勝を小倉芝1200mで挙げている。本馬は時計面においての課題が残るので、台風の影響で馬場がタフになっていれば。

(文・シンヤカズヒロ)

【血統予想からの注目馬】
フリード モントライゼ メイケイエール

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【小倉2歳ステークス2020予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2019年9月1日() 小倉/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 マイネルグリット 国分優作 1:10.5 6.2 3 36.2 89.1
2 5 トリプルエース 和田竜二 1:10.5 クビ 4.5 2 35.9 89.1
3 3 ラウダシオン 武豊 1:10.6 1/2 8.5 4 35.9 88.1
4 13 ゼンノジャスタ 田中健 1:10.7 1/2 29.0 8 36.2 87.0
5 7 カイルアコナ 川田将雅 1:10.8 クビ 2.8 1 36.7 86.0
2018年9月2日() 小倉/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 ファンタジスト 武豊 1:08.9 5.2 3 35.4 87.0
2 9 アズマヘリテージ 荻野極 1:09.2 1 3/4 114.5 13 35.3 83.9
3 8 ミヤジシルフィード 和田竜二 1:09.2 クビ 29.3 9 35.3 83.9
4 10 アーデントリー 太宰啓介 1:09.3 クビ 112.7 12 35.2 82.8
5 1 チュウワフライヤー 川又賢治 1:09.3 クビ 18.7 7 35.9 82.8
2017年9月3日() 小倉/芝1200m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 17 アサクサゲンキ 武豊 1:09.1 7.0 3 35.7 90.0
2 14 アイアンクロー 浜中俊 1:09.3 1 1/4 12.6 5 35.6 87.9
3 10 バーニングペスカ 川須栄彦 1:09.3 クビ 20.2 7 35.4 87.9
4 9 ヴァイザー 北村友一 1:09.4 クビ 5.6 2 35.3 86.9
5 2 イイコトズクシ 荻野極 1:09.4 クビ 62.0 12 35.2 86.9

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【小倉2歳ステークス2020予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2016年の優勝馬レーヌミノル

夏の小倉開催のラストを締めくくるレースとして定着している2歳重賞。早熟タイプのスプリンターが活躍する傾向にあるが、時に大物を輩出することも。第21回(2001年)を制したタムロチェリーは同年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ち、第23回(2003年)の勝ち馬メイショウボーラーは古馬になってダート重賞路線で大活躍した。第26回(2006年)の覇者アストンマーチャンは、翌年のスプリンターズステークスを制覇。第36回(2016年)を勝ったレーヌミノルは、翌年の桜花賞馬に輝いた。

歴史と概要をもっと見る

小倉2歳ステークス特集 バックナンバー