会員登録はこちら
有馬記念 G1   日程:2019年12月22日()  中山/芝2500m

有馬記念のニュース&コラム

【札幌記念】ブラストワンピース復活V!GI馬3頭ねじ伏せた
 サマー2000シリーズ第4戦、札幌記念が18日、札幌競馬場で14頭によって行われ、川田騎乗で3番人気のブラストワンピースが鮮やかに差し切ってV。昨年の有馬記念以来の復活勝利を飾り、陣営は凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン、GI、芝2400メートル)挑戦を正式に表明した。同じく凱旋門賞に挑む1番人気のフィエールマンは3着。 北の大地で、世界への扉をこじ開けた。ブラストワンピースが馬群を割って、昨年の有馬記念以来となる鮮やかな復活V。初コンビの川田騎手が、息を整えながら安堵(あんど)の表情を浮かべた。 「内枠で苦しいレースになりましたが、力でねじ伏せてくれるレースをしてくれました。次を見据えての騎乗依頼でしたし、結果で応えられてホッとしています。胸を張って日本代表として凱旋門賞へ行けます」 中団よりやや後ろの内を追走し、3コーナー手前から徐々に進出開始。直線では先に抜け出したサングレーザーと、外から動いたワグネリアンの間で進路が狭くなったがひるまずに伸びた。メンバー最速タイの上がり(3ハロン34秒9)を駆使して、粘る2着馬をゴール寸前でクビ差かわした。 「ゲートは出たけど、進んで行かなかった。ただ、馬同士のスペースができていたのがよかった。スペースがあれば自ら動いて勢いをつけられる。力の要る馬場も味方してくれた」と大竹調教師は目を細める。 59キロを背負った前走の目黒記念は、レコード決着の高速馬場にも泣いて8着。万全を期す今回は、7月25日に函館入り。カイバも普段以上に食べさせながら、馬体重は2キロ減の536キロ。涼しい気候もプラスに働いた。「(美浦トレセンと)調教施設が変わってもうまく調整できたし、収穫はありました」と師は次につながる手応えを感じていた。 本番でも可能性を感じさせるレース内容に、オーナーのシルクレーシング・米本昌史代表は満面の笑み。「チャレンジしたいと思います。ジョッキーともそういう話はしているし、素晴らしいレースを見せてくれました。距離はもっと延びてよさそう」と期待を寄せた。 いざ凱旋門賞へ。1969年のスピードシンボリに始まり、これまで延べ23頭の日本馬が挑戦してはね返されてきた大きな壁に堂々と挑む。 (渡部陽之助)ブラストワンピース 父ハービンジャー、母ツルマルワンピース、母の父キングカメハメハ。鹿毛の牡4歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績10戦6勝。獲得賞金5億950万2000円。重賞は2018年GIII毎日杯、GIII新潟記念、GI有馬記念に次いで4勝目。札幌記念は大竹正博調教師が初勝利、川田将雅騎手は14年ハープスターに次いで2勝目。馬名は「突風+母名の一部」。★18日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら
2019年8月19日(月) 05:07

 1,597

【ズバリ!調教診断】札幌記念 春の盾を制したアノ馬が及第点以上の仕上がり!雰囲気は前回以上の有馬記念馬!
日曜日に行われる札幌記念の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。 ①ブラストワンピース 1週前に函館芝でビシッと攻め、追走先着。今週のW追いでは、コーナーで前をいく僚馬に取りつくと、そのまま抜け出すのを我慢。最後はキッチリと突き放した。ゴーサインを出したあと、頭が高くなる点は変わらないが、ラストにかけての力強い伸び脚は目を見張るものがある。雰囲気だけなら前回以上。いい仕上がり具合ではないか。 ②クルーガー 1週前に札幌芝でしっかりと攻め、マズマズのタイムを記録。同じく本馬場で行われた今週の追い切りでは、序盤からリズム良く駆け出し、最後まで脚いろを落とすことなく走り抜けた。約4カ月ぶりの割に攻め量は少なめだが、均整のとれたフォームは見映えがする。この馬なりに順調とみていいだろう。 ③ステイフーリッシュ 最終追いは函館芝で併せ馬を実施。大きく前を行く僚馬に外から詰め寄り、最後はキッチリと抜け出した。促された際の反応が素早く、身のこなしも軽い。なによりもテンションが上がることなく、集中して走れている点は好感が持てる。デキ落ちは見られず、このままテンションを維持できれば、伏兵以上の評価が必要になるかもしれない。 ④ナイトオブナイツ 今週の本追い切りは札幌芝で単走。序盤からピッチを上げ、及第点以上のタイムを記録した。ただ、やればやるほど時計が出るタイプ。脚いろを落とすことなく、フィニッシュしたあたりは評価できる反面、上積みを見込めるかどうかについては疑問符が付く。強豪が集うスーパーG2で好走は容易ではないだろう。 ⑤ロードヴァンドール 中1週と間隔が詰まることもあって、最終追いは札幌ダで4Fから。追い出されると、この馬らしい活気ある動きを見せた。ただ、前肢を高く上げている一方で、後肢がついてきていないように映る。その点を踏まえると、本調子とは言い難い。変わり身を見込めるだけの根拠に乏しく、今回は様子見が正解とみる。 ⑥ランフォザローゼス 札幌入りしてから併せ馬を3本消化しているが、速い時計は最終追いの1本だけ。それも1勝クラスに歩調を合わせる格好の先行同入。締まった体をみるに、それなりのデキにはあるのだろうが、ダービー以来の実戦に臨むことを考えると、調整過程がやや物足りない。ここは次戦以降に向けた叩き台か。 ⑦エイシンティンクル 前回と同様、最終追いは札幌芝でラスト1Fを流す程度の内容。ただ、前回は札幌入厩前に栗東でしっかり時計を出していた。今回は中間に速い攻めを行っておらず、そのあたりは不安が残る。ソフト調整が合うタイプとはいえ、調教過程を確認する限り上昇度に乏しい印象。牡馬混合の定量G2では手が出ない。 ⑧ゴーフォザサミット 7日に札幌へ入厩。最終追いは、芝コースでタワーオブロンドンと併せ馬を実施。及第点のタイムを記録し、併入に持ち込んだ。とはいえ、ハミ受けが悪く、僚馬に詰められても伸び返す気配がない。加えて、中間の攻めはこの1本のみ。質、量ともに物足りない感が否めない。今回は割引が必要だろう。 ⑨フィエールマン 最終追いは函館Wで併せ馬を実施。僚馬が早々に脱落すると、大きく先にいた他厩舎のカルリーノをロックオン。ほぼフリーハンドのまま追い詰め、同入に持ち込んだ。ラストは少しフワッとしたため促したものの、前肢をしっかりと伸ばしたフォームは躍動感十分。お釣り残しではあるが、前哨戦とすれば及第点以上の状態にある。 ⑩サングレーザー 今週の本追い切りは札幌芝で単走。序盤はゆったり進め、終いだけビシッと伸ばす内容だったが、好反応を示し、躍動感に満ちた走りを披露した。1週前追いの平凡な気配や、この中間に併せ馬を行っていない点は割引材料だが、それを差し引いても最終追いの活気ある動きは目を引くものがあった。動ける態勢とみる。 ⑪ペルシアンナイト 2週前、1週前とダートコースで一杯追いを消化。時計は地味ながら、息をつくるという意味では評価できる。芝コースで行われた今週の3頭追いは、僚馬にやや劣勢のかたちでゴール。見映えは悪いが、ほぼ鞍上の指示どおりに動いているし、ゴール後もしっかりと脚を伸ばしているので、過度に気にする必要はない。仕上がり順調。 ⑫ワグネリアン 栗東で乗り込んだあと、輸送のリスクを減らす目的で、天栄を中継したのち札幌へ移動した。それゆえ、1週前追いを行っていないことを不安視する必要はない。札幌芝で実施した今週の本追い切りでは、軽快な走りを披露。ガツガツしながらハミを噛む悪癖が出ていないあたり、メンタル面の成長が窺えるし、変則輸送もクリアできたものと推察される。及第点の仕上がりとみたい。 ⑬サクラアンプルール 1週前に函館Wで併せ馬を行い、キッチリと追走先着。今週のW追いでは後れをとったが、相応の気勢を感じる走りを見せた。ただ、中10週の割に調教本数は少なめ。一昨年の札幌記念(1着)、昨年の函館記念(2着)は、ともにしっかりと乗り込んでいた。そのあたりを勘案すると、勝ち負けになるイメージは湧いてこない。3着争いに絡めば、といったところか。 ⑭クロコスミア 約1カ月前から札幌のダートコースで丹念な乗り込み。例年と比べて時計が出やすいコンディションではあるが、攻め駆けしないタイプにしては速いタイムを毎週のように刻んでいる。最終追いは確認程度の内容ながら、キビキビとした走りを披露。緩めの調整とはいえ、推進力がキレイに前を向いている点は好感が持てる。少なくとも昨年(8着)より状態はいい。 ウマニティ重賞攻略チーム
2019年8月17日() 13:30

 5,668

【札幌記念】ブラストワンピース逆襲!川田も好感触
 GI馬4頭を含む豪華メンバーがそろった札幌記念の追い切りが14日、札幌、函館両競馬場で行われた。函館では、昨年の有馬記念勝ち馬ブラストワンピースが芝コース5ハロン64秒9-11秒3の好時計で1馬身先着。調教評価は最高の『S』となった。結果次第で凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン、GI、芝2400メートル)挑戦も見据えるグランプリホースが、きっちり照準を合わせてきた。 雲が低く垂れ込める空の下、昨年の有馬記念覇者ブラストワンピースが、力強い脚さばきを披露した。牧場関係者も見守る中、芝コースで5ハロン64秒9の好時計。調教評価は最高の『S』だ。 「2週前(1日)も調教に乗せてもらいましたが、きょうの方がレースに向けて整った印象ですね。ここまで順調に歩を進められて、何よりだと思います」 騎乗した川田騎手も好感触を伝えた。角馬場で入念に体をほぐした後、ダートコースをキャンターで1周。芝コースに移動し、ロジシルキー(2勝クラス)を3馬身ほど追いかける形でスタートした。手綱は持ったまま、直線で楽な手応えで内から並びかける。ゴール前で軽く仕掛けられると、ラスト1ハロン11秒3と鋭く伸びて1馬身先着した。一杯に追ってラスト12秒2だった1週前追い(芝5ハロン65秒3)から一変の動き。大竹調教師は「先週の重さも感じませんでしたし、しっかりやって時計も出ましたね。抜け出した後も伸びていました」と目を細めた。 目黒記念はレコード決着の高速馬場と斤量59キロ、自己最高体重だった538キロの馬体重も影響し、8着に終わった。前走後は福島県・ノーザンファーム天栄でリフレッシュし、7月25日に函館入り。気候が良く「6、7キロは絞れている」と岩藤助手。トレーナーも「体がフィットしている。前走は絞るのに意識した調整だったので、いい傾向ですね」と笑みを浮かべた。 川田騎手は今回初コンビ。トップスピードに乗るまで時間がかかるブラストの特徴をつかむ意味もあり、これまで2回調教に騎乗した。「十分理解してくれたと思う」と大竹調教師が言えば、鞍上も「2週前と変化があった部分など、自分なりに感じることができました」と不安はない。 次に凱旋門賞挑戦を視野に入れているだけに、結果は喉から手が出るほど欲しいはず。初の札幌芝2000メートルは「やってみないと分かりません」(大竹師)と未知数だが、「位置取りやコーナーの立ち回りが大事だと思う。克服してほしい」。フランス行きを決定付ける復活Vへ。指揮官の願いが届くか。 (渡部陽之助)★札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月15日(木) 05:08

 1,759

【札幌記念&北九州記念】レースの注目点
★札幌記念に豪華メンバー集結!フィエールマンなどGI馬4頭が登録 今年の札幌記念には、昨年の菊花賞馬で、今年の天皇賞・春を制したフィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)、昨年のダービー馬ワグネリアン(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)、昨年の有馬記念優勝馬ブラストワンピース(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎)、一昨年のマイルCS優勝馬ぺルシアンナイト(牡5歳、栗東・池江泰寿毎舎)と4頭のGI馬が登録している。札幌記念に4頭のGI馬が出走すれば、桜花賞馬のハープスターがゴールドシップなどを破り勝利を挙げた2014年以来5年ぶりとなる。豪華メンバーが集まった今年の札幌記念はどんな結果になるだろうか。★札幌記念連覇を目指すサングレーザー 昨年Vの福永祐一騎手はワグネリアンに騎乗予定 昨年の札幌記念を制したサングレーザー(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎)が、史上4頭目の同レース連覇を目指す。同馬はマカヒキ、モズカッチャン、ネオリアリズムと国内外のGI馬3頭が出走した昨年の札幌記念を制し、秋には天皇賞で2着、香港C4着という成績を残した。サングレーザーには岩田康誠騎手が騎乗する予定だが、今年もGI馬が出走予定の札幌記念を連覇して、悲願のGI制覇に前進することができるだろうか。なお、同馬は昨年と同じ安田記念5着から直行でのVを目指す。 また、昨年の札幌記念でサングレーザーを勝利に導いた福永祐一騎手は、今年はダービー馬ワグネリアン(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)とのコンビで連覇を狙う。福永騎手は、8月12日現在、サマージョッキーズシリーズのポイントランキングでトップに立っており、札幌記念を勝てば、2年連続のシリーズチャンピオンに大きく前進する。ワグネリアンは大阪杯3着以来、約4カ月半ぶりの出走となるが、札幌のファンの前でダービー馬の実力を示すことができるだろうか。★キングカメハメハ産駒は3頭登録 上位独占した2017年の再現なるか 8月9日に死んだ種牡馬キングカメハメハの産駒は、札幌記念にクルーガー(牡7歳、栗東・高野友和厩舎)、サクラアンプルール(牡8歳、美浦・金成貴史厩舎)、ランフォザローゼス(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)の3頭が登録しており、天国の父に捧げる重賞勝利を挙げることができるか注目が集まる。なお、2017年の札幌記念ではキングカメハメハ産駒が1~3着を独占している。 クルーガーは今春、豪州へ遠征してドンカスターマイル4着、クイーンエリザベスS2着という成績を残し、今回が帰国初戦となる。また、サクラアンプルールは、2017年の優勝馬で、隔年での札幌記念制覇がかかる。そして、ランフォザローゼスは登録馬中、唯一の3歳馬で、2014年ハープスター以来の3歳馬による札幌記念制覇を目指す。なお、クルーガーには丸山元気騎手、サクラアンプルールには横山典弘騎手、ランフォザローゼスには藤岡佑介騎手が騎乗する予定。★北九州記念連覇がかかるアレスバローズ アンヴァルは母子3代“小倉重賞”Vに挑戦 アレスバローズ(牡7歳、栗東・角田晃一厩舎)には、史上初の北九州記念連覇がかかる。同馬は昨年、CBC賞→北九州記念を連勝し、サマースプリントシリーズのチャンピオンに輝いた。今年はシリーズ2戦目のCBC賞で2着に入り、同シリーズで4位タイにつけているが、北九州記念連覇で2年連続のシリーズチャンピオンに向け前進することができるか。なお、アレスバローズは昨年、トップハンデ(56キロ)を克服して優勝したが、今年もトップハンデの57.5キロを背負う。 また、アンヴァル(牝4歳、栗東・藤岡健一厩舎)は、祖母が1999年小倉3歳Sの覇者アルーリングアクト、母が2005年小倉2歳Sの覇者アルーリングボイスという血統。同馬には先週のエルムSを制し、自身初の2週連続JRA重賞制覇を目指す藤岡康太騎手が騎乗予定だが、母子3代“小倉重賞”制覇を遂げることができるか。★芝1200m戦で4戦4勝のミラアイトーン ディアンドルは芝1200m戦で5連勝中 北九州記念で重賞初制覇を狙うミラアイトーン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、2017年7月に初の芝1200m戦出走となった由布院特別(1000万下)を勝った後、約1年半の長期休養を挟み、今年2月に復帰。復帰後も芝1200m戦に出走を続け、紫川特別(1000万下)→淀屋橋S(1600万下)→鞍馬Sを制して、芝1200m戦での成績を4戦4勝としている。ミラアイトーンには、JRA通算1000勝まであと「1」に迫る浜中俊騎手が騎乗予定だが、同馬は連勝を伸ばして秋のGI戦線に向け名乗りをあげることができるだろうか。 また、葵Sを制したディアンドル(牝3歳、栗東・奥村豊厩舎)は、デビューからー貫して芝1200m戦に出走しており、通算6戦5勝という成績を残している。同馬は新馬戦こそ2着に敗れたが、その後は5連勝中で、今回は古馬との初対戦。ディアンドルには北村友一騎手が騎乗予定で、Vなら、3歳牝馬の北九州記念制覇は1970年オープンツバメ以来49年ぶり3頭目で、芝1200m戦となった2006年以降では初制覇となる。★JRA年問100勝が迫る川田将雅騎手 白浜雄造騎手は障害1000回騎乗まで「1」 8月12日現在、今年のJRA競走で96勝を挙げ、騎手リーディング首位の川田将雅騎手が、自身5度目のJRA年間100勝まであと4勝に迫っている。同騎手のこれまでのJRA年間100勝達成日を見ると、2016年の10月10日が最も速く、今週の開催で年間100勝を達成すればこれを大幅に上回る。川田騎手は、17日は小倉、18日は札幌での騎乗を予定しているが、今週の開催で大台の年間100勝に到達することができるか。なお、同騎手は今年のJRA重賞で10勝を挙げており、18日の札幌記念では、昨年の有馬記念優勝馬ブラストワンピース(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎)に騎乗する予定。 また、白浜雄造騎手は、8月12日現在、JRA障害競走で通算999戦110勝という成績を挙げており、史上14人目の障害通算1000回騎乗まであと1に迫っている。同騎手はデビューした1998年から障害競走に騎乗しており、障害重賞20勝は歴代最多記録となっている。★札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★北九州記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年8月14日(水) 21:06

 1,264

有馬記念のニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

有馬記念過去10年の結果

2018年12月23日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:稍重
2017年12月24日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2016年12月25日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

有馬記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2500m

年末の大一番として国民的行事にもなっている有馬記念だが、有力馬のなかにはジャパンCや香港国際競走を秋の最終目標とする馬も少なくない。加えて出走馬は秋シーズン3走目、4走目となるケースが多く、状態を上げてきたG1では足りなかった馬が穴をあけることもしばしば。実績だけでなくデキの見極めも重要となる。また、2007年マツリダゴッホ、2015年ゴールドアクターといった中山巧者の激走も目立つ。2008年は14番人気のアドマイヤモナークが2着、2014年は9番人気のトゥザワールドが2着に入っており、穴をあけたこの2頭の中山成績は【1.2.3.1】(着外は10か月ぶりの出走)と【1.2.0.0】であった。舞台となる中山芝2500mは、3コーナーの外回り部分からスタートし、小回りの内回りコースでコーナーを6回通過する、年間10レースほどしか開催されないマイナーなコース。スタートから最初のコーナーまで200mに満たないトリッキーな設計と、冬開催4週目で馬場が荒れ始めることも波乱を引き起こす要因になっている。ディープインパクトやオルフェーヴルのようなズバ抜けた馬がいればそこから入りたいが、そうでなければ少し捻って攻めたほうがおもしろいレースだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

有馬記念ステップレース

2019年11月30日() 中山競馬場/芝3600m
2019年11月24日() 東京競馬場/芝2400m
2019年11月10日() 京都競馬場/芝2200m
2019年10月27日() 東京競馬場/芝2000m
菊花賞   G1 
2019年10月20日() 京都競馬場/芝3000m

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

有馬記念の歴史と概要


2006年の優勝馬ディープインパクト

古馬王道路線を歩んできた猛者と3歳の一流どころが一堂に会す、1年の総決算。テンポイントが天敵・トウショウボーイとの死闘を制した第22回(1977年)、競走馬としての衰えを隠せず精彩を欠いていたオグリキャップが、最後の闘志を燃やして新興勢力をねじ伏せた第35回(1990年)、その絶対的な強さで人々に勇気を与え続けた英雄・ディープインパクトの完璧なラストラン(第51回・2006年)など、競馬史に残る名場面は数えきれない。第58回(2013年)は、引退レースとして臨んだ三冠馬オルフェーヴルが4コーナーで他馬をひとまくりすると、最後は2着馬に8馬身の差をつけてゴール。鞍上・池添騎手による思いのこもった勝利騎手インタビューとともに、オルフェーヴルの雄姿は熱い記憶として競馬ファンの心に刻み込まれた。

▼2013年は三冠馬オルフェーヴルが2着馬に8馬身差をつけて圧勝、引退レースに花を添えた。

歴史と概要をもっと見る >

有馬記念昨年のBIGヒット予想家

去年の有馬記念を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年12月23日(日) 15:23更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 97 
2,560円 256,000円
Lv 89 
25,340円 253,400円
Lv 101 

25,340円
2,400円
193,500円
Lv 104 

2,400円
2,400円
120,000円
Lv 89 

25,340円
25,340円
115,420円
Lv 87 

25,340円
940円
107,940円
Lv 83 
25,340円 101,360円
Lv 95 
4,910円 98,200円
Lv 111 
890円 89,000円
Lv 104 
890円 89,000円
Lv 85 
890円 89,000円
Lv 89 
890円 89,000円
Lv 118 
2,560円 76,800円
Lv 98 

25,340円
4,910円
76,070円
Lv 96 
25,340円 76,020円
Lv 94 

970円
460円
71,500円
Lv 111 

690円
130円
68,440円
Lv 104 

25,340円
4,910円
64,620円
Lv 87 
4,910円 63,830円
Lv 100 

2,400円
460円
61,800円

有馬記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年9月22日(
産経賞オールカマー  G2
神戸新聞杯  G2

競馬番組表

2019年9月21日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2019年9月22日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る