会員登録はこちら
有馬記念 G1   日程:2018年12月23日()  中山/芝2500m

有馬記念のニュース&コラム

オジュウに仏GIオファー!10・6芝4000mカドラン賞
 2016、17年の最優秀障害馬オジュウチョウサン(美・和田郎、牡7)が、フランス競馬統括機関のフランスギャロから、伝統の長距離GIカドラン賞(10月6日、仏パリロンシャン、芝4000m)への参戦を勧誘されたことが10日、わかった。 7月7日に4年8カ月ぶりの平地戦となった開成山特別(芝2600m)を快勝。陣営は大目標に有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500m)出走を掲げており、次走は有馬記念と同じ舞台の九十九里特別(9月22日、中山、1000万下、芝2500m)に引き続き武豊騎手とのコンビで臨む予定だが、同馬の長山尚義オーナーは「大変名誉なこと。検討させていただきたい」とコメントした。 カドラン賞出走への経費補助などはないが、日本馬が出走すれば初のケース。欧州では3000m超の重賞に障害との“二刀流ホース”が参戦することも珍しくないだけに、動向が注目される。★オジュウチョウサンの競走成績はこちら
2018年8月11日() 06:00

 759

オジュウチョウサンは武豊騎手で九十九里特別へ
 2016&17年の最優秀障害馬に輝き、7月7日の開成山特別(500万下、芝2600メートル)で平地初勝利を挙げて10連勝となったオジュウチョウサン(美浦・和田正一郎厩舎、牡7歳)は7日、次走で九十九里特別(9月22日、中山、1000万下、芝2500メートル)に出走を予定していることがわかった。 現在は千葉・和田牧場で英気を養っているオジュウについて和田郎調教師は、「有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を使うなら、芝2500メートルで同じ舞台設定の九十九里特別を、引き続き武豊騎手で使おうということになりました。美浦にはお盆過ぎか、今月下旬の帰厩を予定しています」とプランを明らかにした。 オジュウチョウサンは500万下を勝ったものの、収得賞金の関係で平地では引き続き500万下に在籍。形の上では格上挑戦となるため、1000万下の馬でフルゲート(12頭)が埋まれば除外される可能性もある。ただ、九十九里特別は過去8年でフルゲートに達したのは一度しかない。名手とのコンビ継続で平地の勝ち星を積み重ね、グランプリ出走の夢をたぐり寄せる。★オジュウチョウサンの競走成績はこちら
2018年8月7日(火) 13:28

 994

障害王者オジュウ、武で平地初V!二刀流ホース誕生、夢は有馬
 開成山特別(7日、福島9R、3歳上500万下(混)(特指)、定量、芝2600メートル、1着本賞金1050万円=出走12頭)中央競馬で2016、17年と2年連続最優秀障害馬に輝いたオジュウチョウサン(美浦・和田正一郎厩舎、牡7歳)が7日、4年8カ月ぶりに臨んだ平地競走の開成山特別(500万下、芝2600メートル)を武豊騎手(49)とのコンビで快勝。福島競馬場が大フィーバーに包まれた。レース後、陣営は有馬記念(12月23日、中山競馬場、GI、芝2500メートル)挑戦プランを改めて表明。ジャンプ界のアイドルホースは、二刀流のスターホースとしての第一歩を記した。 七夕のみちのくに、でっかい夢がかなった。J・GI5勝の現役最強障害馬オジュウチョウサンが、4年8カ月ぶりの出走となった平地競走を快勝。武豊騎手を背に障害戦からの連勝を「10」と伸ばし、最高の形で“二刀流”デビューを飾った。 福島駅の競馬場行きバス乗り場には朝から長蛇の列ができ、場内の食堂では売り切れメニューが続出。本来、のどかなはずの土曜日のローカル競馬場を襲った“オジュウフィーバー”に、堂々と最高の答えを出すのだから役者が違う。抜群のスタートから折り合いをつけて好位で運び、2周目の4コーナーでは力強く先頭に立つ横綱相撲。鮮やか過ぎるほどの完勝劇だ。 「強かった。乗った感じからして、すごくいい馬だと思ったし、スタミナはあるけど、道悪(稍重)で勝った感じじゃない。良馬場なら、もっと走れそうな感じがする」 断然の単勝1番人気(200円)に支持したファンからの大歓声に、殊勲の鞍上がGIばりのガッツポーズで応える。初騎乗とは思えぬ息の合った走りは、昨年までの最強パートナー・キタサンブラックをほうふつさせたが、キタサンとはまた違う重圧も味わった。「僕のキャリアでもあまりなかったケースで、500万下では感じたことのないプレッシャーだった。無事に走れれば力が違うと思っていたけど、勝ててほっとした。きょうの走りなら、平地でも上を狙えると思います」と表情を緩めた。 今年、開場100周年を迎えた福島競馬。障害王者の平地参戦という大花火を打ち上げた“仕掛け人”長山尚義オーナー(73)からは、レース後、壮大なプランが飛び出した。 「平地を走らせようと思ったのは去年、有馬記念のファン投票でたくさんの票(1278票)を頂いたからなんです。とにかく今年は有馬記念に出したい。それでもしも勝てたりしたら、次はドバイとかね。競馬は夢とロマンですから」
2018年7月8日() 05:06

 653

シュヴァルグラン、ジャパンC&有馬記念はボウマン騎手とコンビ
 昨年のジャパンCを制し、天皇賞・春2着のシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)は、前記2戦でコンビを組んだヒュー・ボウマン騎手(37)=豪州=とジャパンC(11月25日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)に臨む。友道調教師が4日、明らかにしたもので、「両レースともボウマン騎手に乗ってもらえる予定です」と話した。なお始動戦として予定している京都大賞典(10月8日、京都、GII、芝2400メートル)の鞍上は未定。★シュヴァルグランの競走成績はこちら
2018年7月4日(水) 17:32

 753

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

有馬記念過去10年の結果

2017年12月24日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2016年12月25日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:
2015年12月27日() 中山競馬場/芝2500m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

有馬記念のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2500m

年末の大一番として国民的行事にもなっている有馬記念だが、有力馬のなかにはジャパンCや香港国際競走を秋の最終目標とする馬も少なくない。加えて出走馬は秋シーズン3走目、4走目となるケースが多く、状態を上げてきたG1では足りなかった馬が穴をあけることもしばしば。実績だけでなくデキの見極めも重要となる。また、2007年マツリダゴッホ、2015年ゴールドアクターといった中山巧者の激走も目立つ。2008年は14番人気のアドマイヤモナークが2着、2014年は9番人気のトゥザワールドが2着に入っており、穴をあけたこの2頭の中山成績は【1.2.3.1】(着外は10か月ぶりの出走)と【1.2.0.0】であった。舞台となる中山芝2500mは、3コーナーの外回り部分からスタートし、小回りの内回りコースでコーナーを6回通過する、年間10レースほどしか開催されないマイナーなコース。スタートから最初のコーナーまで200mに満たないトリッキーな設計と、冬開催4週目で馬場が荒れ始めることも波乱を引き起こす要因になっている。ディープインパクトやオルフェーヴルのようなズバ抜けた馬がいればそこから入りたいが、そうでなければ少し捻って攻めたほうがおもしろいレースだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

有馬記念ステップレース

2018年12月1日() 中山競馬場/芝3600m
2018年11月25日() 東京競馬場/芝2400m
2018年11月11日() 京都競馬場/芝2200m
2018年10月28日() 東京競馬場/芝2000m
菊花賞   G1 
2018年10月21日() 京都競馬場/芝3000m

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

有馬記念の歴史と概要


2006年の優勝馬ディープインパクト

古馬王道路線を歩んできた猛者と3歳の一流どころが一堂に会す、1年の総決算。テンポイントが天敵・トウショウボーイとの死闘を制した第22回(1977年)、競走馬としての衰えを隠せず精彩を欠いていたオグリキャップが、最後の闘志を燃やして新興勢力をねじ伏せた第35回(1990年)、その絶対的な強さで人々に勇気を与え続けた英雄・ディープインパクトの完璧なラストラン(第51回・2006年)など、競馬史に残る名場面は数えきれない。第58回(2013年)は、引退レースとして臨んだ三冠馬オルフェーヴルが4コーナーで他馬をひとまくりすると、最後は2着馬に8馬身の差をつけてゴール。鞍上・池添騎手による思いのこもった勝利騎手インタビューとともに、オルフェーヴルの雄姿は熱い記憶として競馬ファンの心に刻み込まれた。

▼2013年は三冠馬オルフェーヴルが2着馬に8馬身差をつけて圧勝、引退レースに花を添えた。

歴史と概要をもっと見る >

有馬記念昨年のBIGヒット予想家

去年の有馬記念を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2017年12月24日(日) 15:23更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 95 
25,040円 250,400円
Lv 82 

5,420円
3,810円
138,990円
Lv 107 
25,040円 125,200円
Lv 99 
5,420円 108,400円
Lv 87 

25,040円
3,170円
106,500円
Lv 92 
25,040円 100,160円
Lv 91 

5,420円
5,420円
97,150円
 

25,040円
3,170円
81,780円
Lv 100 

25,040円
190円
77,020円
Lv 80 

5,420円
3,810円
76,880円
Lv 97 
3,810円 76,200円
Lv 87 
3,810円 76,200円
Lv 106 
25,040円 75,120円
Lv 102 

25,040円
25,040円
75,120円
Lv 112 

25,040円
5,420円
68,400円
Lv 99 

25,040円
2,760円
67,240円
Lv 96 

25,040円
5,420円
62,160円
Lv 118 
3,810円 60,960円
Lv 100 

25,040円
5,420円
60,920円
Lv 99 
1,180円 59,000円

有馬記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年9月23日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2018年9月22日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2018年9月23日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
8 リリーノーブル 牝3
13,810万円
9 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
10 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
» もっと見る