イクイノックス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
イクイノックス
写真一覧
現役 牡4 青鹿毛 2019年3月23日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 8戦[6-2-0-0]
総賞金103,029万円
収得賞金73,240万円
英字表記Equinox
血統 キタサンブラック
血統 ][ 産駒 ]
ブラックタイド
シュガーハート
シャトーブランシュ
血統 ][ 産駒 ]
キングヘイロー
ブランシェリー
兄弟 ヴァイスメテオールミスビアンカ
市場価格
前走 2023/06/25 宝塚記念 G1
次走予定

イクイノックスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/06/25 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 17351.311** 牡4 58.0 C.ルメー木村哲也 492
(--)
2.11.2 -0.034.8⑯⑯⑬⑨スルーセブンシーズ
23/03/25 アラ 8 ドバイシーマ G1 芝2410 10--------1** 牡4 56.5 C.ルメー木村哲也 --2.25.6 ------ウエストオーバー
22/12/25 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 16592.311** 牡3 55.0 C.ルメー木村哲也 492
(+4)
2.32.4 -0.435.4⑧⑨⑥ボルドグフーシュ
22/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 15472.611** 牡3 56.0 C.ルメー木村哲也 488
(+4)
1.57.5 -0.132.7⑩⑩⑨パンサラッサ
22/05/29 東京 11 東京優駿 G1 芝2400 188183.822** 牡3 57.0 C.ルメー木村哲也 484
(-8)
2.21.9 0.033.6⑯⑯⑯⑭ドウデュース
22/04/17 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 188185.732** 牡3 57.0 C.ルメー木村哲也 492
(+10)
1.59.8 0.134.6⑦⑤④ジオグリフ
21/11/20 東京 11 東スポ2歳S G2 芝1800 12112.611** 牡2 55.0 C.ルメー木村哲也 482
(+8)
1.46.2 -0.432.9⑨⑩⑧アサヒ
21/08/28 新潟 5 2歳新馬 芝1800 15224.621** 牡2 54.0 C.ルメー岩戸孝樹 474
(--)
1.47.4 -1.034.5メンアットワーク

イクイノックスの関連ニュース

★日本馬初の制覇なるか 今年はスルーセブンシーズが参戦予定

10月1日、フランスのパリロンシャン競馬場で第102回凱旋門賞(芝2400メートル)が実施される。今年の凱旋門賞には、スルーセブンシーズ(牝5歳、美浦・尾関知人厩舎)が出走を予定している。同馬は今年、初富士S中山牝馬Sを連勝し、続く宝塚記念では勝ったイクイノックスにクビ差まで迫る2着と好走した。スルーセブンシーズはデビュー13戦目で初の海外遠征となるが、日本馬初の凱旋門賞制覇を遂げることができるだろうか。

★初のGIタイトル獲得なるか 日本から参戦する5歳牝馬スルーセブンシーズ

凱旋門賞には、日本馬初出走となった1969年スピードシンボリ(着外)以降、延べ33頭の日本馬が挑戦してきたが、99年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、12、13年のオルフェーヴルによる2着が最高成績となっている。また、牝馬の出走は14年ハープスター(6着)、20年ディアドラ(8着)、21年クロノジェネシス(7着)の3回で、スルーセブンシーズ(牝5歳、美浦・尾関知人厩舎)は、日本牝馬4頭目の挑戦となる。同馬は日本ではGⅠ未勝利だが、初のGIタイトルを凱旋門賞で獲得することができるだろうか。なお、スルーセブンシーズにはクリストフ・ルメール騎手が騎乗予定で、ルメール騎手とのコンビは3戦3勝という成績を残している。

ちなみに、凱旋門賞では5歳牝馬の優勝が長らく途絶えていたが、昨年はイギリスの5歳牝馬アルピニスタが勝ち、1937年のコリーダ以来85年ぶり2頭目の5歳牝馬による制覇を成し遂げた。

★キングジョージから直行で参戦 GI2勝馬のフクム、ウエストオーバー

キングジョージ6世&クイーンエリザベスSでGI2勝目を挙げたフクム(牡6歳、英・O・バローズ厩舎)は、同レース以来約2カ月ぶり(中63日)の出走となる。フクムは昨年のコロネーションC、今年のブリガディアジェラードS、キングジョージと現在3連勝中ですが、連勝を伸ばして凱旋門賞でGI3勝目を挙げることができるだろうか。なお、6歳馬が勝てば、102回目を迎える凱旋門賞で史上初めてのこととなる。

また、ウエストオーバー(牡4歳、英・R・ベケット厩舎)は、今年初戦のドバイシーマクラシックで日本のイクイノックスから3馬身半差の2着となり、その後コロネーションC2着、サンクルー大賞では前年の愛ダービー以来となるGI2勝目を挙げ、前走のキングジョージ2着と、今年は4戦連続でGIレースに出走を続け、すべてで連対している。ウエストオーバーは昨年の凱旋門賞では6着に敗れているが、前年以上のパフォーマンスを見せることができるだろうか。

★無敗の仏ダービー馬エースインパクト パリ大賞勝ち馬フィードザフレームにも注目

今年の仏ダービー馬エースインパクト(牡3歳、仏・JC・ルジェ厩舎)には、2013年トレヴ以来の無敗での凱旋門賞制覇がかかる。エースインパクトはデビューから4連勝で仏ダービーを制し、前走のギヨームドルナーノ賞も勝ってデビューからの通算成績を5戦5勝とした。仏ダービー馬が同年の凱旋門賞を勝てば、2003年ダラカニ以来20年ぶりとなるが、エースインパクトはデビューからの連勝を伸ばすことができるだろうか。勝てば、管理するJC・ルジェ調教師、エースインパクトへの騎乗が予想されるクリスチャン・デムーロ騎手ともに20年ソットサス以来3年ぶり2回目の制覇となる。

また、今年の仏ダービーで4着だったフィードザフレーム(牡3歳、仏・P・バリー厩舎)は、続くパリ大賞でGI初制覇を遂げ、前走のニエル賞では2着に入ったフィードザフレームは凱旋門賞が実施されるパリロンシャン競馬場で4戦3勝、2着1回という成績を残しているが、仏ダービーで敗れたエースインパクトとの再戦はどちらに軍配があがるだろうか。

★英セントレジャー勝ち馬は追加登録で参戦予定 日本産のハーツクライ産駒コンティニュアス

凱旋門賞に追加登録料を支払っての参戦予定の英セントレジャー勝ち馬コンティニュアス(牡3歳、愛・A・オブライエン厩舎)は、ハーツクライ産駒の日本産馬だ。コンティニュアスには、日本から参戦するスルーセブンシーズ(牝5歳、美浦・尾関知人厩舎)とともに日本産馬初の凱旋門賞制覇、並びに史上初となる同年の英セントレジャー勝ち馬による凱旋門賞制覇がかかるが、歴史的な勝利を挙げることができるだろうか。なお、コンティニュアスが勝てば、同馬を管理するA・オブライエン調教師は2007年ディラントーマス、16年ファウンドに続く7年ぶり3回目の凱旋門賞制覇となる。

ミカエル・ミシェル騎手が昨年に続きJRA通年騎手免許試験のために来日 2023年9月26日(火) 10:50

フランス人の女性ジョッキーで、現在はアメリカを拠点に騎乗しているミカエル・ミシェル騎手(28)が26日早朝、翌27日に控えるJRA通年騎手免許試験の1次試験を受験するために来日した。

米・ロサンゼルスから約11時間かけて午前4時21分に羽田空港に到着。ロビーに現れると長旅の疲れを見せず、明るい笑みを浮かべた。

「オハヨウゴザイマス。やっぱり日本がホームだと感じますね。緊張というよりはエキサイティングな気持ちです」

昨年に続く2度目の受験。昨年は1次の筆記試験で不合格となったが、「絶対にJRAのジョッキーになりたい。それが私の夢」と思いはより一層強まった。「この1年は毎日最低2時間は勉強しました。昨年の経験を踏まえて、法規や馬体の知識などいろいろな分野の勉強をしてきました」と努力の日々を語る。昨年の5月にアメリカに拠点を移したのも、英語で出題されるJRA通年騎手免許の1次試験対策として、英語力を向上させることが大きな理由だ。「昨年は英文を頭の中でフランス語に置き換えて考えていました。でも今は英語力もかなり上がり、そのストレスはなくなりました。もちろん日本語の勉強もしています」と話した。

この1年間、アメリカで騎乗するかたわら日本のレースもしっかりチェックしており、「イクイノックスリバティアイランドは印象に残っています」とスターホースの名を挙げた。

JRAでは現在、藤田菜七子騎手(26)や今村聖奈騎手(19)ら6名の女性騎手が所属している。「聖奈騎手の騎乗はベリーグッドすね。頑張っていてすごくうれしい」と活躍に目を細める。

1次試験の結果は10月5日に発表され、合格すれば来年の1月24日に2次の日本語による口頭試験が行われる。これを通過すれば、JRA史上初となる通年の外国人女性ジョッキー誕生となる。まずは第一関門の突破へ。「この1年間、本当に頑張りましたし、昨年とは違う自分をお見せしたい。昨年よりもっともっと自信があります」と力強く意気込んだ。




[もっと見る]

【凱旋門賞】5歳で急成長のスルーセブンシーズ ノーザンFの経験参考に「ごつくない牝馬」で日本から唯一参戦 2023年9月26日(火) 08:30

今週末の目玉はスプリンターズSだけではない。フランスのパリロンシャン競馬場で10月1日、欧州最高峰のGⅠ凱旋門賞(芝2400メートル)が行われ、日本のスルーセブンシーズ(美・尾関、牝5)が参戦。国内でも馬券発売が実施される。日本競馬の悲願ともいえる凱旋門賞制覇への意気込みや参戦の狙いを、尾関知人調教師(51)が明かした。

馬名の意味は『7つの海を越えて』。世界中での活躍を願って名付けられたスルーセブンシーズが、それを体現するかのように世界へ挑戦する。尾関調教師は驚きを交えつつ、心境を語った。

「今年に入ったところで凱旋門賞に行くことになるとは思いもしなかった。とんとん拍子にきて、宝塚記念で2着に走ってくれて(凱旋門賞挑戦を)自ら力でつかみ取ってくれた。馬名も海外遠征にぴったりですね」

年が明けた段階ではまだ3勝クラスの身だったが、初富士S中山牝馬Sを連勝。前走の宝塚記念では直線で進路が狭くなって切り返すロスがありながら、レーティング世界一のイクイノックスにクビ差まで迫った。「直線のコース取りで厳しくなりながら、最後まで食らいついてくれた。本当に馬が充実している」と感心する。

凱旋門賞のプランは中山牝馬Sで重賞初制覇を飾った後に持ち上がった。次走の協議の流れでオーナーサイドから「凱旋門賞の選択肢も作りませんか。チャレンジできるような結果が宝塚記念で出れば考えましょう」と提案があった。実際に素晴らしい走りを見せたことで、遠征の話は進展していった。

生産牧場のノーザンファームはこの10年、グループとして世界最高峰の壁に何度も挑んできた。実績面では他にも優れた生産馬はいるが、なぜスルーに白羽の矢を立てたのか。尾関師が明かす。

「ノーザンファームさんの経験で『日本で走っている(馬格が)しっかりした男馬をつれていってなかなか結果が出ない中、(欧州馬は)そこまでゴツくない牝馬が結果を出していた』と」

確かに2011年Vのデインドリーム(ジャパンC時426キロ)、12年Vのソレミア(同438キロ)は小柄だった。450キロ前後のスルーセブンシーズはそのイメージと合致するわけだ。

尾関師自身は13年にキズナの帯同馬ステラウインド(フォワ賞5着、ドラール賞7着)で仏遠征を経験し、トレヴが圧勝(オルフェーヴル2着、4着キズナ)したレースを生観戦している。

「あのレースを見て参加してみたいという思いはありました。今回、自分の管理馬で出走できるのはすごく光栄です」

スルーセブンシーズは15日にフランスへ到着。シャンティイのニコラ・クレマン厩舎に入厩した。1頭での遠征でも順調そのものだ。1969年の初挑戦(スピードシンボリ着外)から半世紀以上届いていない日本競馬の悲願へ突き進む。(板津雄志)

★最大の敵は無敗Vを狙うエースインパクト

スルーセブンシーズの最大のライバルとなりそうなのが、今年のフランスダービー馬エースインパクト(仏=JC・ルジェ、牡3)だ。デビュー4連勝でダービーを制すると、前走のGⅡも着差以上の内容で勝利。2013年トレヴ以来の無敗Vを狙っている。

1年の骨折休養から復帰2戦目でキングジョージⅥ&クイーンエリザベスSを勝ったフクム(英=O・バローズ、牡6)も強力。今回と同舞台のGⅠパリ大賞を制したフィードザフレーム(仏=P・バリー、牡3)、英セントレジャーを制し、追加登録で参戦するハーツクライ産駒コンティニュアス(愛=A・オブライエン、牡3)も有力視されている。




[もっと見る]

【凱旋門賞】エースインパクトが無敗V狙う スルーセブンシーズもチャンス 2023年9月25日(月) 16:18

今年もフランスのGI凱旋門賞(10月1日、パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)の季節がやってきた。JRAは、主催者からの情報をもとに15頭の馬を出走見込みとして発表しているが、この中にはすでに回避を明言している馬が数頭いる。追加登録料を支払って参戦する馬が登場する可能性もあるが、近年には珍しい少頭数でのレースとなりそうだ。

主役と目されるのは地元フランスのエースインパクト(ジャン=クロード・ルジェ厩舎、牡3歳)。5戦全勝の戦績を誇る今年の仏ダービー(ジョッキークラブ賞)勝ち馬だ。8月中旬のGⅡギョームドルナノ賞を使っての臨戦過程は異例で、距離も未知数だが、底を見せていない戦績は魅力。日本でもおなじみクリスチャン・デムーロ騎手は、同じルジェ厩舎の管理馬だったソットサス以来、3年ぶり2度目のVを狙う。

欧州ブックメーカーで主要各社がいずれも2番人気のオッズを提示しているのがイギリスのフクム(オーウェン・バローズ厩舎、牡6歳)。2歳時に2戦、3歳時に3戦と大事に使われて徐々に才能が開花すると、昨年のコロネーションCでGI初制覇を果たした。その後は休養したが、今季は2戦2勝。前走のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSでもしぶとく勝ち星を挙げ、3連勝でここに挑む。6歳馬が勝てないという凱旋門賞の歴史を打破できるか、注目される存在だ。

同じくイギリスのウエストオーバー(ラルフ・ベケット厩舎、牡4歳)は、前走の〝キングジョージ〟でフクムに惜敗。しかし、今年はドバイシーマクラシック2着(勝ち馬イクイノックス)に始まり、4戦全て連対と安定感は随一だ。昨年の凱旋門賞は6着に敗れたが、リベンジを狙って参戦する。

ロンジンワールドベストレースホースランキングで1位にランクされているのがイクイノックスである以上、そのイクイノックス宝塚記念でクビ差まで迫ったスルーセブンシーズ(美浦・尾関知人厩舎、牝5歳)も当然、有力といっていい。重賞実績という点での見劣りは否めないが、宝塚記念では一旦、ブレーキを踏む場面があった。勝負ごとに〝たられば〟は禁物ながら、もしスムーズなら大金星を挙げていた可能性もある。クリストフ・ルメール騎手とのコンビでは3戦3勝という点も大きな強調材料だ。

アイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎所属で、ハーツクライを父に持つ日本産馬コンティニュアス(牡3歳)の動向も注目される。前走の英クラシック最終戦、セントレジャーでGI初制覇。仏ダービーではエースインパクトの前に8着と完敗を喫したが、ここにきて着実に成長している。日本でいうところの〝中1週〟というローテーションだけに、追加登録料を支払って参戦するようなら力を出せるとみての決断だろう。

他では、地元フランス勢が上位争いに加わってきそうだ。フィードザフレーム(パスカリ・バリー厩舎、牡3歳)、プラスデュキャルゼル(アンドレ・ファーブル厩舎、牝4歳)がともに前哨戦で及第点の走りを披露しているほか、昨年のジャパンC(15着)以外は抜群の安定感を誇るシムカミル(ステファン・ワッテル厩舎、牡4歳)も侮れない。

また、ドイツのミスターハリウッド(ヘンク・グレヴェ厩舎、牡3歳)も出走予定と報じられている。前走の独GIバーデン大賞では初めての古馬との対戦ながらクビ差2着と奮闘。キャリアは浅いものの通算5戦5連対と底を見せていない。1週前の時点ではレース前後に好天の予報が出ているが、得意の道悪になれば浮上の余地が出てきそうだ。

[もっと見る]

【凱旋門賞】スルーセブンシーズ出陣!日本悲願の初制覇へ好感触 2023年9月25日(月) 09:42

スプリンターズSの興奮も冷めやらぬ10月1日の深夜、フランスのパリロンシャン競馬場で世界最高峰のGI凱旋門賞(芝2400メートル)が行われる。日本からはスルーセブンシーズが出陣。日本の悲願である初制覇を果たし、ロンシャンに日の丸を掲げられるか。



スルーセブンシーズは、サマーグランプリ宝塚記念でメンバー最速となる上がり3ハロン34秒6で伸び、〝世界ナンバー1ホース〟イクイノックスとクビ差の2着に肉薄した。今回が海外初遠征で、21日には仏シャンティイ・エーグル調教場の芝直線コースでトレーニング。「ストライドも大きく、いい走りができていた。馬の息づかいも上がり、ここまでいい状態で来ている」と、尾関調教師は好感触を得ている。

欧州各国の代表馬が顔をそろえ、デビュー5連勝中の仏ダービー馬エースインパクトが人気を集める。〝キングジョージ〟を制したフクムも有力。今年限りでの引退を表明している世界的名手L・デットーリはフリーウインドとコンビを組むプランが浮上している。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【オールカマー】勢い増す前年の覇者!ジェラルディーナ全幅の信頼 2023年9月23日() 10:48

過去3年で3連勝を含む5連対と牝馬が圧倒。昨年の覇者ジェラルディーナが前走・宝塚記念で4着に入り、5歳になっても勢いを保っているなら迷う必要はない。

「追い切りでも道中のバランスや後肢の入りは良くなっています。夏から秋にかけて体調がアップする馬で、毛ヅヤもいいですよ」

斉藤崇調教師の言葉どおり、夏場に調子を上げて秋へ勢いを増していく。3歳時に条件戦3連勝を飾ったのも、オールカマーエリザベス女王杯を連勝したのもこの時季。冬毛が伸びて見栄えが落ちる寒い時季とは明らかに違い、毛ヅヤがピカピカで雰囲気がいい。

春の大阪杯、香港QEⅡCでの6着は、出遅れから3着まで挽回した有馬記念のダメージが残っていたか。強気のまくりでイクイノックスの0秒2差に粘った宝塚は不安を払拭する走りだった。枠も内めの偶数⑥番なら文句なし。ここは全幅の信頼を置いてOKだ。

究極の3連単はジェラルディーナを1着に固定し、ガイアフォースタイトルホルダーを2着に据えた12点で勝負!(夕刊フジ)

[もっと見る]

⇒もっと見る

イクイノックスの関連コラム

閲覧 1,125ビュー コメント 0 ナイス 2


春のグランプリ、宝塚記念イクイノックスが大外から豪快に差し切って勝利。単勝1.3倍の断然の支持に応えた。

正直なところ人気を見たときにはさすがに少々被りすぎだなと感じたが、終わってみれば期待に違わぬ貫禄の勝利。広い東京コースの決め手比べでも、2500mや2200mのロングスパートでもキッチリと差し切るのだから真のチャンピオンといって間違いない。

惜しかったのは2着スルーセブンシーズ。完璧な運びで直線に向いたが、最後切り替えたところが惜しかった。それでも好騎乗があってこその2着。池添騎手は阪神芝2200mの仕掛けどころを心得ている。3着ジャスティンパレスは少しズブさを見せたあたり久々の中距離のペースに戸惑った印象もあったが、底力で伸びて来た。4着のジェラルディーナは早仕掛けでラストは脚が上がったが、それでも地力の高さを見せた。

上位勢はそれぞれ能力の高さを示した好レースだった。

イクイノックスは恐らく国内専念となりジャパンカップが大目標になりそう。一方、タフな馬場も馬群も苦にせず、精神力も強いスルーセブンシーズには、是非凱旋門賞を目指してほしい。エルコンドルパサーナカヤマフェスタオルフェーヴルが掴み損ねた栄光を、今度こそ手にするチャンスがあるかもしれない。

それでは最後に先週からの狙い馬と、今週末の注目馬を。

【次走狙い馬】ジューンオレンジ 6/25(日)函館10R 1番人気5着

完全な先行イン有利競馬の立ち回り戦になってしまい道中外を回した組や外枠勢には出番がなかった。その中でもラストはよく伸びて地力の高さは示した。順調なら次走はさらに開催が進んだ函館か、あるいはコーナーをゆったり回れる札幌になる可能性が高く条件好転、巻き返し濃厚。

~今週末の注目馬~

今週はラジオNIKKEI賞から。

グラニット嶋田純次騎手)

注目はグラニット嶋田純次騎手。
基本的には小回り向きのスピードと立ち回りが生きるレースで、過去5年のうち4年で逃げた伏兵馬が馬券圏内に好走中。となれば、やはり狙いはグラニット。同じ小回り1800mのスプリングS4着の実績は上位。最終週で距離も長かった皐月賞は度外視し、巻き返しを狙いたい。


※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

2023年6月22日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 宝塚記念2023
閲覧 1,508ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


6月25日(日)阪神11R 第64回宝塚記念(3歳以上G1・芝2200m)


【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)

<休み明けでの出走>

イクイノックス(ドバイSC:1着(海外)3ヶ月)<B> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間は早めに栗東へ移動して滞在での調整。右回りでの追い切りもあるが、この馬としては力みがあり終いの伸び脚が物足りなくも見える。

ヴェラアズール(ドバイWC:13着(海外)3ヶ月)<C> <優先出走馬(ファン投票)>
海外帰りの休み明け。この中間乗り込み量は豊富も、1週前追い切りを見ると良い時のような前進気勢があまり感じられない。時計は出ているが終いの伸び脚は平凡。

ジオグリフ(ドバイWC:11着(海外)3ヶ月)<B>
この馬も早めに栗東へ移動しての調整で、CW、坂路と好時計が出ていて順調な仕上がり。1週前の動きを見ると、重め感はないがもう少し気合乗りがほしい感じ。

スルーセブンシーズ(中山牝馬S:1着、448kg(+4kg)3ヶ月半)<A>
中山牝馬Sからの休み明けで、こちらも栗東に移動しての調整。デビューから休み休み使われ、馬体も増えてきている馬だが、1週前は強めに追われて力強い動きを披露と、ここも仕上がりは良さそう。


<前走:天皇賞(春)出走馬>(中7週)

ジャスティンパレス(1着、472kg(±0kg))<C> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間もこれまでと同じように1週前に併せ馬で強めに追われた。ただ、持ったままの併走相手に追って追って何とか先着という内容で、もともとスッと反応できる馬ではないものの今回はズブさが目立ち、重め感あり。

ディープボンド(2着、504kg(-10kg))<A> <優先出走馬(ファン投票)>
前走は10キロ減で仕上がりが良かったがパドックではかなりうるさかった。この中間は、1週前までに坂路、CWで強め3本と昨年とほぼ同様の内容だが、さらに動きが良化し前走以上のデキで臨めそう。

ブレークアップ(4着、496kg(+2kg))<C>
土曜追いの厩舎で、3週連続CWで速いタイムを計時。ただ、前走時と比べると坂路での時計が平凡。

アスクビクターモア(11着、482kg(±0kg))<A> <優先出走馬(ファン投票)>
この春3戦目となるが、この中間は南Wでの追い切りプラス2歳時以来のプール調教も取り入れられての入念な乗り込み。1週前追い切りでは前走時のような前半手控えた内容ではなく、気分良く走らせて直線もかなりハードに追うという、迷いなく思い切りの良さを感じさせるスパーリングを敢行している。


<前走:香港QE2世C出走馬>(中7週)

ダノンザキッド(5着(海外))<C> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間は坂路での時計が平凡。CWでの追い切りの動きを見ても、前半は首が上がってしまい走る気持ちが伝わってこない。

ジェラルディーナ(6着(海外))<C> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間は1週前に強めに追われて本来の調整内容。ただ動きを見ると、重心が高めでやや力みがある点で、良い時と比べると少々物足りない。


<前走:鳴尾記念出走馬>(中2週)

ボッケリーニ(1着、468kg(+2kg))<C>
前走時は追い切りの動きも良く好仕上がりだったが、今回はあまり実績のない中2週での出走。日曜に坂路で時計が出ているが軽めの調整で、上積みまではどうか。

モズベッロ(6着、496kg(+4kg))<B>
3年前に3着の好走実績があり、中2週のこの中間も軽めの調整ではあるものの良い時の動きに近づいてきている。近走は詰めてレースを使えていることからも、出来の良さが感じられる。

カラテ(9着、538kg(+4kg))<C> <優先出走馬(ファン投票)>
この中間も坂路での調整でガラッと良くなった感じはないが、大きな馬で力強さはあり調子落ちはなさそう。


<前走:その他のレース出走馬>

ユニコーンライオン(豪州QES:5着(海外)中10週)<D>
前走からの乗り込み量は少ない。1週前の動きを見ても、好調時のような鞍上がハミにぶら下がる感じがなく、長手綱で押しても伸びきれず重い動き。

ドゥラエレーデ日本ダービー:中止、512kg 中3週)<B> <優先出走馬(ファン投票)>
前走落馬競走中止のためここに出走してきた。中3週になるが、休み明けの前走を使われて1週前には日曜、水曜とかなり良い時計をマーク。出来自体は良さそう。

プラダリア目黒記念:5着、464kg(+4kg)中3週)<D>
休み明けの前走時は、パドックでは緩さが残っているように見せていた。この中間も坂路では速い時計が出ておらず、変わり身はあまり感じられない。

ライラック目黒記念:9着、438kg(+4kg)中3週)<B> <優先出走馬(ファン投票)>
1週前は、前走時よりも手応えに余裕が窺え、終いの動きも好反応だった。

ウインマイティーブローザホーンミクソロジーの3頭は出走回避の予定。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、アスクビクターモアディープボンドスルーセブンシーズの3頭をあげておきます。


◇今回は宝塚記念編でした。
早いものでJRA春G1も最終戦の宝塚記念を迎えることになります。今年はこのコラムで推奨した馬たち(日本ダービータスティエーラオークスハーパードゥーラ/天皇賞春:ディープボンドシルヴァーソニック......)が好成績を残していて、少しでも的中のヒントとして参考になっていたら嬉しい限りです。
このコラムで推奨した馬たちが好走するということは、1週前までにどれだけ状態を仕上げられているかが重要になっていることの表れでもあると思っています。JRAでもレースの週になれば、参考レースや調教VTRなどを提供していますが1週前追い切りの映像などは探しにいかなければなかなか見られない状況にあります。そのあたり、当コラムの役割であり価値ととらえ、これからも皆さまの参考となるよう心掛けてやっていきますので、どうぞよろしくお願いします。


宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2023年6月18日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2023年06月18日号】特選重賞データ分析編(363)~2023年宝塚記念
閲覧 1,929ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 宝塚記念 2023年06月25日(日) 阪神芝2200m内


<ピックアップデータ>

【“阪神の、G1のレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2019年以降)】
○あり [4-2-3-7](3着内率56.3%)
×なし [0-2-1-41](3着内率6.8%)

 近年は阪神のG1で優勝を争ったことのある馬が優勢。なお“阪神の、G1のレース”において2着以内となった経験がない、かつ“同年の、中山・阪神の、出走頭数が14頭以上のレース”において“着順が4着以内、かつ4コーナー通過順が5番手以下”となった経験のない馬は2019年以降[0-0-0-34](3着内率0.0%)と苦戦していました。阪神のG1で連対を果たしたことがない馬のうち「勢いに乗っている中山・阪神向きの差し馬」とも言い難い馬は、評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ジェラルディーナディープボンド
主な「×」該当馬→イクイノックスヴェラアズールジオグリフボッケリーニ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が22戦以内」の馬は2019年以降[4-4-4-30](3着内率28.6%)
主な該当馬→イクイノックスジェラルディーナジオグリフディープボンド

[もっと見る]

2023年3月25日() 12:00 甘粕代三
【ドバイワールドカップデー2023】レース展望④ドバイシーマクラシック・ドバイワールドカップ
閲覧 1,825ビュー コメント 0 ナイス 2

ドバイワールドカップデー展望第3回を公開した直後、ドバイターフの大本命に推したドウデュースが突如出走を取り消しました。その速報が伝えられたドバイのプレスルームは騒然。それもそうです。友道調教師とは夜明け前にメイダン競馬場で会ってドウデュースに自信満々のコメントを聞いていたのですから。取消発表の後、友道調教師とは会っていませんが、JRAの発表によれば左肢に跛行が原因。大本命に推していただけに残念でなりませんが、前途ある馬だけに出走取消を決めた友道調教師の決断を支持せざるを得ません。

気を取り直して残る2レースを展望します。最後の1回に2レース、字数も限られているため急ぎ足になってしまうことをお許し下さい。


ドバイシーマクラシック(芝2410m)
僅か10頭立てと寂しい顔ぶれとなってしまいましたが、これは昨年の年度代表馬イクイノックス(牡4・木村哲也)と昨年の覇者シャフリヤール(牡4・藤原英明)2頭が名乗りを上げたためではないでしょうか。当地21日、イクイノックスドバイワールドカップ出走の厩友ジオグリフの最終追い切りを終えた木村調教師は自信満々に語りました。
イクイノックスはいい動き、追い切りは上手く行った。美浦にいる時と同じくいい状態で、厩舎の仕上げは計画通りに出来た。ドバイの芝への適性は未知数だが、昨日午後雨が降って、その後も相当散水している。馬場も押し固めているようだ。気候、環境ともドバイは日本よりも良好。馬場の心配はしていない」
単勝2倍を確実に切る人気を背負うことになるでしょうが、この馬を抜きにこのレースを考えることはできません。

相手一番手も昨年の覇者シャフリヤールをおいてありません。追い切りに騎乗したかつての主戦、合格したばかりの福永祐一調教師に今朝(24日)シャフリヤールの状態を確認したところ、連覇に自信満々との由。イクイノックスシャフリヤール2頭を軸に考えれば、勝負馬券は3連単以外にありません。

もう一席も日本勢を中心にせざるを得ません。昨年12月香港ヴァーズを勝ってG1女王となったウインマリリン(牝6・手塚貴久)は世界一高速馬場の日本では時計半分足りないものの、日本よりも時計半分から一つ重い香港シャティンの芝で本懐を遂げたように、シャティン芝に極めて近いメイダンへの適性はイクイノックスシャフリヤールよりも上。逆転の可能性を否定することはできません。

ドバイの経済低迷から不振をかこつゴドルフィンですが、この舞台に取って置きの切り札を送り込んできました。レベルスロマンス(英・セ5・C.アップルビー)です。一昨年のUAEダービー勝ち馬が昨年6月から芝、それも2400mの選手権距離を使い始めるとリステッドレースからブリーダーズカップターフまで破竹の5連勝で芝ダート兼用のG1ホースに上り詰めました。芝も重い欧州、軽い北米と兼用、メイダンの芝に一転の心配もありません。純正のゴドルフィン生産馬とし上記日本馬を一気に交わす爆発力があることに留意しなければなりません。日本勢が人気を集める日本で人気薄になるようであれば、単勝の妙味に千両以上の魅力を感じています。

上記4頭に迫る可能性を唯一持つのは昨年のアイルランドダービー馬ウエストオーバー(愛・牡4・R.ベケット)までと見ています。この5頭をどう3連単に組み立てるか、このレースの焦点はこの一点に絞られます。


ドバイワールドカップ(ダート2000m)
日本勢が出走15頭の過半数となる8頭を占めました。ダート馬天国の北米勢に圧倒されてきたドバイワールドカップの歴史を振り返ると正に隔世の感があります、日本馬でここで凱歌を上げられたのは、ヴィクトワールピサ。2011年東日本大震災のあの年まで遡らなくてはなりません。

さて字数も尽きつつあるので、まずは私の本命から手短に書かせて下さい。サウジカップからここの連覇を狙うパンサラッサ(牡6・矢作芳人)です。当地22日夜、枠順抽選会からホテルへの帰途、担当の池田厩務員と同じバス、それも隣席に乗り合わせました。昨年ドバイターフで長い写真判定をパドックの中で待ち、同着となって共に歓喜の涙を流して以来、一年ぶりに言葉を交わしました。サウジからの転戦で疲労が心配ではないか、と訊ねました。
「ドバイは厩舎の周りが静か。日本では車の僅かなエンジン音、鳥の声にも敏感で煩くなるパンサラッサがドバイでは落ち着きはらって状態は更によくなっているよ。何なら明日(23日)朝、パンサラッサを触らせてあげようか?」

余裕綽々の笑顔でした。しかし、枠順は逃げ馬には致命的な大外枠。これを今朝(24日)、朝食で一緒になった矢作調教師にぶつけました。
「中途半端な競馬はしない。何が何でもハナに立たせる。それでも保つのがパンサラッサですから」
ときっぱり。パンサラッサはハナ切れなければ後はどこにもいないという一介の逃げ馬ではありません。この馬を抜きに馬券を組み立てることはできない、と2人の談話から結論を得ました。

さて、パンサラッサを脅かす一番手はサウジカップ直線で日本勢上位独占の夢を打ち砕いたカントリーグラマー(米・牡6・B.バファート)。今回パンサが大外を引いてしまった分は前回の着差を詰めてくることでしょう。この2頭のほかにはカフェファラオ(牡6・堀宣行)、ジオグリフ(牡4・木村哲也)、クラウンプライド(牡4・新谷功一)のサウジカップ上位馬にダートでは底を見せていないウシュバテソーロ(牡6・高木登)、昨年のサウジカップ覇者エンブレムロード(サウジ・牡5・M.アルムロワ)までを相手に馬券を組み立てたいと考えています。明日25日(土)の予想公開をお楽しみに!

★”日本と香港を股にかけて活躍する”海外プロ甘粕代三プロが、海外馬券販売レースのドバイWCデー4レースの予想提供をいたします。当日の予想にご期待ください。


甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。
中国留学中に香港競馬を初観戦、94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を日本から香港に。
香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、テレビの競馬番組にも出演。現在、香港アップルデイリー日本特約記者、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。

[もっと見る]

2022年12月27日(火) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】最終週を迎え荒れて来た中山芝/ホープフルS展望
閲覧 2,089ビュー コメント 0 ナイス 3


有馬記念はルメール騎手騎乗のイクイノックスが勝利。道中から抑え切れない手応えで進出し、直線は突き放すワンサイドゲームだった。2着にはボルドグフーシュ、3着には連勝中のジェラルディーナ。上位勢はすべて差し馬で、4週目を迎え荒れて来た馬場状態も上位勢には味方したように思えた。

先週の中山芝11レースにおける馬場傾向を見ても、その傾向は顕著だ。

初角先頭(0-2-0-9)
初角10番手以下(4-4-3-59)

ご覧の通り最初のコーナーを先頭で通過した組は2連対があるだけで、勝ち切れていない。この11頭の中にはもちろん有馬記念で逃げて失速したタイトルホルダーも含まれている。一方、最初のコーナーを10番手以下で通過した組は、4勝2着4回3着3回。

通常芝はどんな状況でも逃げ先行馬が強く差し馬は不利になるが、開催の進捗とともに差し馬の活躍が目立ち始めている。

参考までに今開催の開幕週の芝10レースで同様のデータを見ると以下のようになる。

初角先頭(4-0-1-5)
初角10番手以下(2-4-2-48)

ご覧の通り開幕週は逃げ馬の活躍が目立っていた。着実に馬場が荒れてきているとみて間違いない。

今週は年末ということで、中2日空けての変則開催。9日目のAコースとなるホープフルS当日も同様の傾向が続きそうだ。

~今週末の注目馬~

では、いつも通り今回も週末の注目馬で締めたい。明日はホープフルSが行われる。注目馬はコチラ。

トップナイフ横山典弘騎手)

今回の注目はトップナイフ

初勝利を挙げるまでに3戦を要したが、その後は着実に力をつけ、前走の京都2歳Sでは4コーナーで不利を受けながら最後グリューネグリーンにアタマ差まで迫る2着と健闘した。流れ次第で逃げ差し自在なセンスの良さも頭数が揃った今年のホープフルSにおいては大きな武器になりそうだ。現在の3歳世代でもマテンロウオリオンマテンロウレオなどで沸かせた昆厩舎と横山典騎手のタッグ。一発に期待してみたい。

というわけで、本年もコラムをお読みいただきありがとうございました。来年は金杯翌日の1/6(金)が初回になる予定です。良いお年を。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。

[もっと見る]

2022年12月21日(水) 16:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック有馬記念2022+17名のプロ予想家の有馬記念見解
閲覧 2,619ビュー コメント 0 ナイス 21



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


12月25日(日) 中山11R 第67回有馬記念(3歳以上G1・芝2500m)

【登録頭数:16頭】(フルゲート:16頭)


<前走:凱旋門賞出走馬>(3ヶ月)

タイトルホルダー(11着、※宝塚記念出走時476kg)<B>
乗り込み量は豊富で、南Wを長めから好時計もマークしてきているこの中間だが、もともと速い時計が出る馬でいつも通り。とはいえ、1週前までに強めにビシッと追われていない点は気になる。

ディープボンド(18着、※宝塚記念出走時502kg)<B>
今年も昨年同様、凱旋門賞からの出走となるが、3週連続強めに追われ時計も優秀。ただ1週前追い切り映像を見ると、昨年のほうが気合い乗りが良かった。当時と比べると、今年は動きに重さがある。




<前走:菊花賞出走馬>(中8週)

ボルドグフーシュ(2着、496kg(±0kg))<A>
菊花賞から中8週でこの中間も乗り込み豊富。頭が高い走りで、見た目にはズブそうな走りに見せるがエンジンがかかると力強いこの馬。この中間、1週前追い切りではここ2戦同様にCWでの併せ馬を敢行してきている。ただ今回は伸び脚が柔らかく首が前に出る感じの走りに変わっており、前2走よりも断然良い。

ジャスティンパレス(3着、452kg(±0kg))<B>
菊花賞から中8週で余裕のあるローテーションも、乗り込み本数は少なめ。それでも1週前追い切りでは長く良い脚を使って上々の伸びを披露している。




<前走:天皇賞(秋)出走馬>(中7週)

イクイノックス(1着、488kg(+4kg))<A>
この中間も坂路・南Wで乗り込まれ、1週前はルメール騎手が騎乗して併せ馬を行った。やや重さの残る動きだったが、その辺りは日曜日に坂路で一杯に追われているのでカバーできているハズ。

ポタジェ(13着、468kg(+2kg))<C>
前走から間隔も空いて乗り込み量も豊富。1週前追い切りでは仕掛けられてからの反応が良かったが、併走した格下馬に差し返されてしまった。良化してきているものの、まだまだ戻り切れていない感じ。




<前走:エリザベス女王杯出走馬>(中5週)

ジェラルディーナ(1着、470kg(+6kg))<B>
4戦連続馬体重が増えていて、走りに力強さが感じられるようになっている。1週前追い切りでは終い前に首が伸び、好状態キープを伝える内容だった。

アカイイト(4着、524kg(-4kg))<B>
この中間は、2週前、1週前と強めに追われており、状態が良い証拠だろう。ただ、1週前追い切りでは終い甘くなるところがあり、最終追い切りでどこまで変われるか。

イズジョーノキセキ(10着、470kg(+4kg))<B>
前走時も追い切りの動きは良かったが、この中間も2週前の坂路、1週前のCWと時計優秀。

ウインマイティー(16着、494kg(+8kg))<C>
この中間もDPコースで乗り込まれ時計は優秀だったが、このくらいの時計は前走時も出ていた。




<前走:ジャパンカップ出走馬>(中3週)

ヴェラアズール(1着、518kg(±0kg))<B>
1週前追い切りでは引き続き好時計をアピールしてきたが、前走時に見せた押さえきれないといった感じの手応えまではない。

ボッケリーニ(17着、458kg(-14kg))<B>
ここ2戦は1週前追い切りで遅れていたが、今回は一杯に追われて先着。1週間内容の良化は感じ取れたので、あとは前走大幅減の馬体がこれ以上減らなければ。




<前走:その他のレース出走馬>

ブレークアップアルゼンチン共和国杯:1着、500kg(+2kg)中6週)<B>
前走時は坂路での調整に変えていたが、この中間は本来の南Wでの調教に戻してきた。1週前追い切りでは、重心の低い走りを披露していて状態は良好に映る。

ラストドラフトアルゼンチン共和国杯:5着、468kg(±0kg)中6週)<A>
前走時も追い切りの動きがかなり良かったが、この中間も1週前追い切りで手応え良く大外を回って好時計をマークしてきた。上積みが期待出来そう。

エフフォーリア宝塚記念:6着、520kg(-2kg)6ヵ月)<C>
大きな馬の休み明けで、この中間は水、日以外も時計を出してきていることからも、まだ絞り切れていないところがあるのだろう。1週前追い切りは、終い先着も終始手応えに余裕がなく、残りの時間でどこまで変われるかとの印象はぬぐえず。

アリストテレス京都大賞典:11着、478kg(-10kg)中10週)<E>
京都大賞典から中10週あるが乗り込み量は多くない。2週前、1週前と終いの時計が甘く、変わり身は感じられず。




※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ボルドグフーシュイクイノックスラストドラフトの3頭をあげておきます。


◇今回は、有馬記念編でした。
有馬記念過去10年における、連対馬の調教内容について調べてみると、最終追い切りを強め、一杯で追われていた馬は15頭、馬なりでの調整だった馬が5頭。1週前追い切りでは、強め、一杯が10頭、馬なりでの調整は10頭という結果となっており、これまでこのコラムで紹介してきた他のレースと比べると明らか傾向が違うことが分かります。
特に勝ち馬の最終追い切りに関しては、強めに追ってきている馬が過去10年で8勝しているという状況で、これまで紹介してきたレースとは真逆の結果となっている点には驚きです。
有馬記念は寒い時期に行われるレースなので、馬体を絞り難いということがありそうですし、前走が秋の第一目標で、そこからもう1度仕上げ直しての有馬記念という馬が多いこともあると思います。メンバーも強くなり中途半端な仕上げでは勝ち負けできないため、勝負仕上げで臨んでくる陣営が多く、それらが実際に好走しているのではないでしょうか。
ちなみに、過去10年で前走海外レース出走から臨み有馬記念で連対した馬は、2013年1着のオルフェーヴル凱旋門賞)、2019年1着のリスグラシューコックスプレート)、昨年2着のディープボンド凱旋門賞)の3頭ですが、いずれも1週前、最終追い切りと強めに追われていました。

有馬記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


そして、今回のコラムでは『有馬記念特別編』として、中央、地方、香港競馬などで活躍されているプロ予想家17名の方々に、1週前段階での注目馬の見解について伺っていますのでぜひ参考にしてみて下さい。
※あくまでも1週前時点での注目馬ですので変更の可能性があります。最終結論は、レース当日の各予想家のページで確認して下さい。


~~~~~【豚ミンCプロ】~~~~~

ジェラルディーナ
エリザベス女王杯は、外枠有利な日になり外枠に入ってその恩恵を受けて勝っただけだと思っていた。ところが2着だったウインマリリンが香港で勝ったことにより、どう評価していいかわからなくなってしまった。
そう言った意味でどこまでやれるか、注目している馬です。(◎は全く別の馬に打つ予定)

~~~~~【イレコンデルパサープロ】~~~~~

イクイノックス
天皇賞は難しい競馬になったが、勝ち切ったところに成長がうかがえた。消耗度と順調度など加味しても、今回は中心視。


~~~~~【Umavishプロ(地方競馬プロ)】~~~~~

馬券圏内に飛び込んでくれる穴馬を探すコンセプトで……。
近年の混合レースは斤量有利な牝馬、今年は特に好調な3歳世代に注目です。
3歳馬からジャスティンパレス。春のクラシックは輸送続きで馬体維持に苦労していた印象ですが、夏を越して精神面で成長してきたようで、秋2戦は好内容の走り。非根幹距離の重賞勝ちもあり、有馬記念ディープインパクト産駒は母系ノーザンダンサー系が大方を占めており、期待しています。

もう一頭、3歳馬からボルドグフーシュ菊花賞は、もう一完歩で勝利かという内容。比較的相性が良いロベルト系。追い込み脚質はどうかですが、そこはラスト有馬の福永騎手がエスコートしてくれるかと。

牝馬では人気を落としているアカイイトを。昨年は勝ったエリ女がピークのようでしたが、今年は前走から調子が上って来ているとの陣営コメント。こちらも非根幹距離は走るキズナ産駒でロベルト持ち。捲る競馬を期待してます。

有馬記念はリピーターレースでもあるので、ディープボンドも気になります。


~~~~~【にしのけいごプロ】~~~~~

ジャスティンパレス
菊花賞は勝負どころで詰まってブレーキの不利が痛かった。神戸新聞杯以降の内容が良く、マーカンド騎手への乗り替わりも魅力的。

ポタジェ
上がりかかったほうがよさそうで、天皇賞(秋)は適性外か? 人気がないのであれば抑えておきたい。

ディープボンド
去年の2着馬。渋い脚を使うので川田騎手は相当合いそう。宝塚記念は高速馬場で合わなかったが、大崩れしなかった。


~~~~~【回収率予報官プロ】~~~~~

有馬記念の注目馬>
タイトルホルダーディープボンド

現時点で評価可能なファクターで回収率を予測すると、タイトルホルダーエフフォーリアディープボンドが高評価となった。中でもディープボンドは、天皇賞、宝塚記念タイトルホルダーに敗れていることから、過小評価になりやすいと想定される。
1番人気になると目されるイクイノックスは、回収率の予測では低評価。馬の能力で言えばトップかもしれないが、過剰評価になると予測する。
以上から、確実性ならタイトルホルダー、回収率がもっとも期待できるのはディープボンドとなった。(最終的な回収率予測は、ファクターが出揃うレース前日深夜となります。)


~~~~~【覆面ドクター・英プロ(地方競馬、香港競馬プロ)】~~~~~

注目馬は、イクイノックスです(人気になるでしょうが)。
秋の天皇賞で本命を打って(ダービーも◎打って惜敗)勝ってくれましたが、正直、菊花賞を使って欲しかったなあと思ってしまうこの馬(←古い感覚なのかもしれませんが(笑))。 天皇賞(秋)は来年以降に何度でもチャンスありそうなのに比べて菊花賞は一回限りなので……。
キタサンブラック産駒だけに、ブラックタイド×サクラバクシンオーというのが距離の面で気にされやすいのかもしれませんが、キタサンブラック自身も問題なかったように忙しい距離のほうがむしろ良くないのではないのではないでしょうか。
母父キングヘイローというのも(現役時代は、福永騎手が若い頃御せなくてずいぶん叩かれたりもありましたね(引退は寂しいですが、いい調教師になると思います))、世界的名血だけあり母父でいい成績を残しています。能力を伝え、母母父トニービンでこの距離でも十分やれそう。後方になりやすい馬ではあるものの、4角まくり先頭くらいの競馬ができれば今年の相手なら勝てるのでは。


~~~~~【山口吉野プロ】~~~~~

<山口吉野式スピード指数(近5走)>
101 タイトルホルダー(芝22)
97 エフフォーリア(芝25)
96 イクイノックス(芝20)
95 ヴェラアズール(芝24)、ディープボンド(芝22・芝25)
94 ジャスティンパレス(芝30)
93 ポタジェ(芝20)
92 ジェラルディーナ(芝22)、ボッケリーニ(芝24)
91 ボルドグフーシュ(芝30)
90 ラストドラフト(芝25)
89 アリストテレス(芝24)、ウインマイティー(芝20)
88 アカイイト(芝16・芝20)、イズジョーノキセキ(芝18)
85 ブレークアップ(芝25)

<前走回顧コメント>
アカイイト エリザベス女王杯 4着
1馬身出遅れ。殿から外に出してそれなりに伸びた。距離延長が良かったし、不器用なので内荒れ馬場の外枠という状況もマッチした。距離短縮ローテで時計や上がりが速い状況になるとマイナス。

アリストテレス 京都大賞典 11着
押してやや掛かって好位。4角で被されて馬群を突いて伸びず。久々で完調ではなかった。揉まれ弱く掛かりやすいので注文が多い馬。時計が速過ぎない馬場の少頭数でハイペースが理想。

イクイノックス 天皇賞(秋) 1着
スローペース後ろ寄り外から鋭く伸びた。2番手以降は緩い流れになったので距離短縮ローテの2000mにも対応できたし、馬場を考慮するとかなり遅い時計の決着になったのも良かった。大トビで広いコースが合うが、距離は2400mのほうが良さそう。

イズジョーノキセキ エリザベス女王杯 10着
スタンド前で狭くなって後退の不利。後ろ寄り馬群から伸びず。荒れた内を通る。良馬場のほうが良さそう。

ウインマイティー エリザベス女王杯 16着
ハイペース先行外で失速。荒れた内を通る。直線右にモタレ気味。距離短縮ローテで速い流れを追走する形になったのが響いた。

エフフォーリア 宝塚記念 6着
1馬身出遅れ。押して中団インから3角で馬群に入れて伸びきれず。直線右にモタレ気味。向こう正面でヒシイグアスの後ろにいたので、そのまま内を通ればもっとやれた。距離延長ローテは良かったが、もっと緩い流れやタフ馬場のほうが合う。ブリンカーの効果はあまりなさそうだし、少し衰えもありそう。

ジェラルディーナ エリザベス女王杯 1着
後ろ寄り外からよく伸びた。内荒れ馬場になったのが良かったし、大外枠でも壁を作って折り合えた。忙しい状況が合わない馬なので、距離短縮ローテや小回りの多頭数でごちゃつく形になるとマイナス。

ジャスティンパレス 菊花賞 3着
ハイペース中団馬群。4角で前が下がってきて後退の不利があったがよく伸びた。外枠でも馬群に入れて折り合えたし、スタミナ面で3000mをこなせたのは収穫。スタートや折り合いに進境を見せて安定感が増している。

タイトルホルダー 宝塚記念 1着(前々走)
押してハイペース単独2番手でロスなく運んでよく伸びた。高速馬場の2200mでやれたのは収穫。直線が長いコースで上がりが速い状況になると良くないが、自分で競馬を作れるので崩れにくい。

ディープボンド 宝塚記念 4着(前々走)
押してハイペース先行で踏ん張る。高速馬場の2200mでやれたのは収穫。スタミナ勝負や急坂が合う。もっとタフ馬場が理想。上がりが速い状況になるとマイナス。

ブレークアップ アルゼンチン共和国杯 1着
前と離れたスローペースインの3番手でロスなく運び、直線前の馬を避けるロスがあったが伸びた。不利を受けた馬が多く、展開も向いたので過信禁物。

ボッケリーニ ジャパンカップ 17着
好位4頭分外でかなりロスがあり失速。外枠が響いた。もっとタフ馬場や内枠のほうが合う。

ボルドグフーシュ 菊花賞 2着
1馬身出遅れ。ハイペース後方から馬群を徐々に進出し、4角で強引に外に出してロスがありながらもよく伸びた。出遅れやすく前に行けないので、少頭数や直線が長いコースのほうが安全だが、長距離やハイペースが良かった。距離短縮ローテで緩い流れになるとマイナス。

ポタジェ 天皇賞(秋) 13着
スローペース後ろ寄りインから馬群を突いてあまり伸びず。東京で上がりが速い状況は合わない。もっとタフ馬場で上がりが掛かる状況向き。

ラストドラフト アルゼンチン共和国杯 5着
スローペース後ろ寄りインから4角で外に出し、直線寄られる不利があったが伸びた。叩いて良化し、距離延長も良かったが展開不向き。

ヴェラアズール ジャパンカップ 1着
1馬身出遅れ。中団馬群で直線仕掛けが遅れたがよく伸びた。内枠が良かったし、壁を作って折り合えたのは収穫。スタートが課題。


~~~~~【世紀末覇者 券王プロ(地方競馬プロ)】~~~~

中山2500mで求められる適性を考えるとタイトルホルダーが一番勝利に近いように感じますが、この馬とジェラルディーナは激走の反動がどうか?
イクイノックスは外せないが脚質、人気を考えると積極的にはなれない。
注目馬はブレークアップ
人気なく妙味十分、血統面でもサンプルが少ないようだが、中山2500mは125%の圏内率のようだし、何より本格化を感じる走りを見せている。一角崩しがあっても驚けないと思われる。鞍上も戸崎騎手なら期待出来る。


~~~~~【菊池竜将プロ(地方競馬プロ)】~~~~~

ボルドグフーシュ
菊花賞で勝ち負けに持ち込めば、有馬記念で波乱を演出するのはこの馬だとの思いもあり▲単穴指定しましたが、引退を控える福永騎手への乗り替わり、勝ち負けしたことで注目度が急上昇しオッズ妙味が想定外に低くなりそう。不安要素を含めて再検討の結果、有馬記念では押さえ程度もしくは消しで、勝負は春の盾まで持ち越しとしたい。


~~~~~【龍馬勝負予想プロ(地方競馬プロ)】~~~~~

タイトルホルダー
馬券圏内という観点から、まず外せない1頭ではないでしょうか。
実績はもちろん、脚質も崩れにくい先行策を得意とする馬。距離も他の馬にマイナスこそあれど、この馬にとってはプラスに働きそう。激走後の疲れや騎手の信頼性に疑問を持たれていますが、現役屈指の馬とみてます。当然内目の枠を引きたいところ。


~~~~~【ユーマキングオープロ(地方競馬プロ)】~~~~~

非根幹距離で相対的に指数を上げている馬に注目してみました。

イズジョーノキセキ
エフフォーリア
ジェラルディーナ
ボッケリーニ
ボルドグフーシュ
ポタジェ  以上の6頭です。

枠順が決まって、この中から買えそうな馬がいれば軸にする予定です。


~~~~~【夢月プロ】~~~~~

ディープボンド
昨年の有馬記念は、内をロスなく立ち回って直線もスムーズに抜け出す完璧な競馬ではあったが、差してきた4着以内の馬はどれもハイレベルだったし、素直に強かったと言える内容。
今回は有力馬に東京向きの馬が多く、昨年の覇者エフフォーリアも今のところ状態面は怪しい。前評判は今年も人気がなさそうなので注目しておきたい。


~~~~~【蒼馬久一郎プロ】~~~~~

イクイノックス
一歩抜けている 連ははずさないだろう。
☆面白いのはジャスティンパレス
Mデムーロ騎手は、スタートが抑え気味で2戦続けて惨敗したが、鮫島克騎手の積極的競馬で復活。マーカント騎手に乗り替わり、一発の可能性あり。


~~~~~【馬侑迦プロ】~~~~~

上位人気馬がそれぞれの秋GⅠに照準を合わせて結果を残してきた中で、春の不振からここ一本に照準を合わせてきたエフフォーリアで大勝負します。
サラブレッドにとって、どこに調子を合わせるか? は昨今の競馬では重要。天皇賞、JC、凱旋門と一度調子をピークに仕上げた人気馬より余力満点。また、同一コース同一距離の勝利経験がある馬のアドバンテージは非常に大きく、昨年の有馬記念タイトルホルダー以下を破った中山2500mなら負けないとみています。
但し、その昔のマヤノトップガンの+16kgなどのような大幅馬体増なら小勝負とします。相手は当日発送直前まで吟味します。


~~~~~【シムーンプロ】~~~~~

ブレークアップ
貴重なブランドフォード系の父ノヴェリストは今のところ種牡馬失敗だが、このブレークアップに頑張ってもらって評価を上げてほしい! 先行力と器用さを兼ね備えた馬なので舞台はあっていると思う。連勝の勢いのままにここでも健闘を。


~~~~~【サウスプロ(地方競馬、香港競馬プロ) 】~~~~~

はじめに12月19日(月)現在の注目馬であることをお断りしておきます。枠順確定前、最終追い切り前です。
有馬記念を予想するポイントとしては、ローテーション的に余力がどれだけ残っているか、3歳世代をどう評価するかの2点は重要だと考えております。
昔のようなトライアルから秋の天皇賞→JC→有馬記念のような馬は皆無になりましたが、海外挑戦する馬が増えたぶんローテーションは多彩になっています。
春の実績組のタイトルホルダーディープボンドはともに凱旋門賞から直行、意外と馬券になっているローテーションです。
最終追い切りを見てからになりますが、特に展開が有利に働きそうなタイトルホルダーは有力馬の一角の評価を与えたいです。

3歳勢、菊花賞からもしくは秋の天皇賞から直行の3歳馬はローテーションにも余裕があります。
そして、特に3歳勢はあと1週間経てば4歳になる有馬記念で古馬に対して2キロ貰い、これは大きなアドバンテージです。
昨年の覇者エフフォーリアと同じダービー2着→秋の天皇賞1着のイクイノックスは現時点での本命候補です。
ジャスティンパレスボルドグフーシュも伏兵として外せないと見ます。

他ではようやくG1制覇をし勢いに乗るジェラルディーナ、母と比較するのは酷だが母ジェンティルドンナがこの有馬記念を制しているのもポイントとして挙げておきます。
あとは、長期休養明けのエフフォーリアとJCを制したヴェラアズール
エフフォーリアに関しては春の競馬は見どころなしに終わりましたが、一気の復活はどうか? ヴェラアズールはムーア騎手からの乗り替わりと中山コース、そして中3週の競馬。この2頭は最終追い切りまで見てみたいです。

もちろん他の馬も最終追い切り、枠順まで確認して最終予想となりますが、
最大注目 イクイノックス
要注目 タイトルホルダー(強気に乗れば)
伏兵注目 ボルドグフーシュ(一発強襲)、ジェラルディーナ(イン突き出来る枠で)

現時点ではイクイノックスと心中する気でいます(笑)
券種は考えますが、単勝・複勝・馬連の軸・三連単マルチの軸、三連複の軸かな?
※現時点ですw


~~~~~【プロ】~~~~~

能力、展開面からタイトルホルダー優位と見る声が多いのは明らか。とはいえ、それだけでは面白味に欠けるので、ここではそれ以外の注目馬を挙げています。

ディープボンド
年初の時点では昨年よりも能力が一枚落ちているように思われたが、適性外と思えた高速決着の宝塚記念での好走を逆に評価したい。
馬場傾向や距離に関しては今回のほうが明らかに向いているし、追い切りの動きもいい意味で昨年と大きく変わらない印象。
相当に追わせるタイプなので、川田騎手との相性も良さそうに映る。

エフフォーリア
一度躓くと上向きづらい血統で、今年の戦績で手を出すのは勇気が要るのは確かだが、昨年と今年のパフォーマンス差があまりにも大きいだけに、単純に能力落ちで片付けて良いのか半信半疑なのが正直なところ。
少なくとも調教におけるフォームは春の時点よりも良くなっているように映るし、状態上向きにも関わらず人気下降となるなら、美味しい存在と見ることも出来るかもしれない。

ボルドグフーシュ
今年の菊花賞はかなりのハイレベル決着と見ており、同3着のジャスティンパレスも注目はしているが、1週前追い切りの時点での印象はこちらが上。
脚質やレースの運び方から中山に向くイメージは薄いものの、上向き出すと止まらず、且つ年末の中山の馬場に合いそうな父系でもあるため、どのようなレースを見せるのか楽しみな存在。


※そして、最後に『ウマニティのエース』スガダイプロの注目馬については、YouTubeのウマニティチャンネル等でご確認ください※

[もっと見る]

⇒もっと見る

イクイノックスの口コミ


口コミ一覧

勝手にG1予想

 キタクロ 2023年9月21日(木) 12:34

閲覧 196ビュー コメント 0 ナイス 5

来月から秋G1開幕ということで
秋の2歳G1以外を予想してみました

スプリンターズS ナムラクレア

秋華賞 リバティアイランド

菊花賞 ソールオリエンス

天皇賞秋 イクイノックス

エリ女 ジェラルディーナ

マイルCS シュネルマイスター

ジャパンC  ドウデュース

チャンピオンズC クラウンプライド

有馬記念 イクイノックス

JCはイクイノックスというより
陣営が入れ込んで2着とかになりそう
それでおかわり有馬の予想

イクイノックスが出なかったら
ソールオリエンスかと

それでJCはリバティと言いたいが
2400の川田何だよなー

でるなら57のシャフリヤールに一発
58だと走らない57ならなんとか
希望でしかないけれど

ということでひとまずドウデュース


この時期が一番楽しいよね

 吉岡 ゆきみ 2023年9月16日() 11:30
おしっこモレイラたのまい♥ 
閲覧 376ビュー コメント 5 ナイス 28

最近よく三連単が当たってるのに、あんましほめてくれないから
ムカついています。。。

ローズステークスを予想するうえで真っ先にしなくちゃいけないのは、
武豊と藤岡を消すことです( ・`д・´)。
こやつらはイクイノックスにハンデ48キロで出走になっても絶対に買わないと決めたので最初からいなかった事にします。。。
なので、ローズSは15頭だてです( ・`д・´)。。。

で、口座に35000円あるから、
5番のブレイディウェーグか、14番のコンクシェルのどっちかを1着にして、三連単全部買おうと考えてたけど、、、
どっちにしよか迷うし、、、、
10月のスプリンターステークスにメイケイエールがでるからお金を27200円か分かんないけどとっとかないけないし、、、、

で考えまくったら、、、

久々の三連単2頭軸マルチ相手全部になりました( ・`д・´)。。

おしっこモレイラは月曜日のセントライト記念で本命だから日曜日のは
なんか嫌な予感がするけど、、、

とりまルメールとおしっこモレイラの在日コンビ頑張ってね♥

迷った時は外人です( ・`д・´)

当たるます( ・`д・´)

[もっと見る]

 競馬戦略研究所所長 2023年9月5日(火) 23:19
重賞回顧 新潟記念
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 1

2023年09月03日 新潟 11R新潟記念(G3)

◎:8枠 13番 プラダリア
◯:8枠 14番 マイネルウィルトス
△:1枠 1番 サリエラ
△:4枠 5番 イクスプロージョン
△:7枠 11番 バラジ


完全な馬場の読みと展開を間違えたレースになってしまいました。ダービー以来となったノッキングポイントは斤量差はあったとはいえ、着差以上の強い勝ち方。秋に向けて順調な成長を見せてくれました。この後は菊を狙うかJCか。化け物イクイノックスに向かっていって欲しいです。
 2着は新潟巧者のユーキャンスマイル。年齢で人気を落としていましたが、さすが友道きゅう舎。きっちり仕上げて結果を出しました。
 3着インプレスは菅原騎手が好騎乗。人気がなかったとはいえ馬場を見切った後方待機のレースはお見事。展開の助けも必要ですが世代レベルの高さを見せました。
 所長◎プラダリアは勝負所で内に刺さり本領を発揮できなかったようです。(最後の直線コースで内側に斜行したことについて戒告。(被害馬:6番))強敵相手に戦ってきた疲労があったかもしれません。

[もっと見る]

⇒もっと見る

イクイノックスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  TERAMAGAZINE   フォロワー:68人 2022年10月30日() 15:49:19
戦績 4戦[2-2-0-0]
3:
  🍁 PDCA式🍁    フォロワー:81人 2021年11月22日(月) 10:36:51
今後の活躍に期待しています!
2:
  ウナガッパ   フォロワー:0人 2021年9月3日(金) 06:59:25
私もこの僚馬の活躍に期待しています‼️

⇒もっと見る

イクイノックスの写真

イクイノックスの厩舎情報 VIP

2023年6月25日宝塚記念 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イクイノックスの取材メモ VIP

2023年6月25日 宝塚記念 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。