エヒト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エヒト
エヒト
エヒト
エヒト
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2017年5月9日生
調教師森秀行(栗東)
馬主平井 裕
生産者白井牧場
生産地日高町
戦績24戦[5-3-3-13]
総賞金15,395万円
収得賞金5,800万円
英字表記Echt
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ヒーラ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
セントフロンティア
兄弟 ドリームビリーバーオーロール
市場価格
前走 2023/01/22 アメリカジョッキーC G2
次走予定

エヒトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
23/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 146913.652** 牡6 57.0 田中勝春森秀行 470
(+8)
2.13.6 0.134.4⑩⑩⑪⑩ノースブリッジ
22/12/03 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 143313.283** 牡5 56.0 田中勝春森秀行 462
(0)
1.57.8 0.335.3⑥⑥⑥⑤ソーヴァリアント
22/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 18598.2514** 牡5 57.0 田中勝春森秀行 462
(-2)
2.00.2 1.334.3⑩⑨カラテ
22/07/10 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 1681616.261** 牡5 54.0 田中勝春森秀行 464
(0)
1.57.8 -0.434.4⑥⑥⑤ヒートオンビート
22/02/13 阪神 11 京都記念 G2 芝2200 133348.6117** 牡5 56.0 松田大作森秀行 464
(-2)
2.12.3 0.434.2⑨⑧⑨⑦アフリカンゴールド
22/01/23 中山 11 AJCC G2 芝2200 144543.499** 牡5 56.0 北村宏司森秀行 466
(+4)
2.13.4 0.735.8⑧⑧⑦⑪キングオブコージ
21/12/26 阪神 10 サンタS 3勝クラス 芝2000 101110.361** 牡4 57.0 岩田康誠森秀行 462
(+2)
2.01.3 -0.535.1⑥⑥⑥⑥イルマタル
21/11/20 阪神 10 尼崎S 3勝クラス 芝2400 11336.038** 牡4 57.0 幸英明森秀行 460
(+10)
2.26.3 1.435.3⑩⑩⑨⑦テーオーロイヤル
21/09/11 中京 10 ムーンライト 3勝クラス 芝2200 13565.5311** 牡4 56.0 幸英明森秀行 450
(-2)
2.13.2 1.135.1⑪⑪⑩⑨フライライクバード
21/08/21 新潟 11 日本海S 3勝クラス 芝2200 10113.923** 牡4 57.0 戸崎圭太森秀行 452
(0)
2.12.2 0.335.8⑦⑦⑦⑦グレンガリー
21/06/06 中京 11 高山S 3勝クラス 芝2000 148136.945** 牡4 57.0 浜中俊森秀行 452
(-6)
2.00.1 0.335.1⑫⑫⑪⑩トーセングラン
21/05/09 中京 9 三方ヶ原S 3勝クラス 芝2200 10442.312** 牡4 55.0 岩田康誠森秀行 458
(0)
2.12.7 0.034.1⑧⑧⑤⑥ジェットモーション
21/04/10 阪神 9 千里山特別 2勝クラス 芝2200 12443.321** 牡4 57.0 幸英明森秀行 458
(+2)
2.11.3 -0.033.9⑨⑧⑧⑦カリンカ
21/03/20 阪神 9 淡路特別 2勝クラス 芝2600 14572.814** 牡4 56.0 松本大輝森秀行 456
(0)
2.36.3 0.535.6⑫⑫⑫⑩ディバインフォース
21/02/13 東京 9 箱根特別 2勝クラス 芝2400 11665.632** 牡4 56.0 戸崎圭太森秀行 456
(+4)
2.24.3 0.133.9⑦⑦⑧⑧ハーツイストワール
21/01/17 小倉 10 呼子特別 1勝クラス 芝2600 16488.541** 牡4 56.0 勝浦正樹森秀行 452
(+10)
2.39.1 -0.434.9⑪⑪⑨④マイネルコロンブス
20/12/05 阪神 11 チャレンジC G3 芝2000 1122275.299** 牡3 55.0 団野大成森秀行 442
(-2)
2.01.7 1.834.9⑨⑨⑪⑨レイパパレ
20/11/01 東京 8 本栖湖特別 2勝クラス 芝2400 81150.977** 牡3 54.0 田中勝春森秀行 444
(+4)
2.29.0 1.234.8⑦⑦⑧⑦リリーピュアハート
20/09/27 中京 8 3歳以上1勝クラス 芝2000 148147.648** 牡3 54.0 M.デムー森秀行 440
(-16)
2.01.7 1.135.9⑭⑭⑬⑬ディアスティマ
20/05/31 京都 11 白百合S (L) 芝1800 8445.856** 牡3 56.0 蛯名正義森秀行 456
(+8)
1.49.5 0.634.6⑥④ヒュッゲ

⇒もっと見る


エヒトの関連ニュース

サウジアラビアの諸競走(25日、キングアブドゥルアジーズ)に選出されている森秀行厩舎=栗東=の3頭の騎乗者を5日、森調教師が明らかにした。レッドシーターフHC(GⅢ、芝3000メートル)のエヒト(牡6歳)、サウジダービー(GⅢ、ダート1600メートル)のフロムダスク(牡3歳)は川田将雅騎手(37)=栗東・フリー、サウジダービーのエコロアレス(牡3歳)は福永祐一騎手(46)=栗東・フリー。

ドバイ国際競走の登録発表 日本馬多数エントリー 2023年2月3日(金) 19:56

ドバイレーシングクラブは3日、ドバイ国際競走(3月25日、メイダン)の登録馬を発表した。世界から延べ1609頭が各競走にエントリー。日本馬もビッグネームが多数、登録を済ませた。登録した日本馬は次の通り。

ドバイワールドカップ(GI、ダート2000メートル)

アドマイヤルプス

カフェファラオ

クラウンプライド

ジオグリフ

ハヤブサナンデクン

ジュンライトボルト

ケイアイパープル

ライトウォーリア

ニューモニュメント

パンサラッサ

サクラアリュール

ショウナンナデシコ

スマッシングハーツ

テーオーケインズ

ウシュバテソーロ

ヴェラアズール

ドバイシーマクラシック(GI、芝2410メートル)

デアリングタクト

ドウデュース

エヒト

イクイノックス

ヒシイグアス

イズジョーノキセキ

プラダリア

サンレイポケット

シャフリヤール

ユーバーレーベン

ユニコーンライオン

ウインマリリン

ワンダフルタウン

ドバイターフ(GI、芝1800メートル)

ダノンベルーガ

ダノンザキッド

ドウデュース

エヒト

イクイノックス

ヒシイグアス

イズジョーノキセキ

パンサラッサ

シュネルマイスター

セリフォス

サウンドビバーチェ

ユニコーンライオン

ヴァンドギャルド

ドバイゴールデンシャヒーン(GI、ダート1200メートル)

アドマイヤルプス

アドバンスファラオ

オーロラテソーロ

バスラットレオン

ボイラーハウス

チェイスザドリーム

クロデメニル

コパノマーキュリー

ダンシングプリンス

ディサーニング

ドンアミティエ

ドンフランキー

デュアリスト

エコロアイ

エコロアレス

フロムダスク

グットディール

ハードワイヤード

ヒロシゲゴールド

ホウオウアマゾン

インヒズアイズ

ジャスパーゴールド

ジャスパープリンス

ジャスティン

ケイアイドリー

ケイアイターコイズ

キングエルメス

レモンポップ

ラヴケリー

マニバドラ

メタマックス

ピアシック

ピンシャン

ラプタス

レッドルゼル

リメイク

リュウノユキナ

セキフウ

ウメムスビ

◎アルクォーツスプリント(GI、芝1200メートル)

アドバンスファラオ

バスラットレオン

クロデメニル

ディヴィナシオン

ドンアミティエ

エコロアイ

エコロアレス

フロムダスク

ホウオウアマゾン

ジャスパージャック

ジャスパープリンス

ジャスティン

キングエルメス

マニバドラ

ピアシック

ピンシャン

サブライムアンセム

テンハッピーローズ

ウメムスビ

◎UAEダービー(GⅡ、ダート1900メートル)

ラブミーモナコ

トーアライデン

ヨリノサファイヤ

テーオーリカード

ツーエムルーイー

デルマソトガケ

アドバンスファラオ

キュピドン

エコロアイ

エコロアレス

フロムダスク

ジャスパーワールド

ラップスター

マニバドラ

メタマックス

ソラカラノチカラ

ワインワインレッド

フリッパー

リチャ

カレンアルカンタラ

ゴライコウ

ジョウショーホープ

シャーマンロック

ドゥラエレーデ

ルクスフロンティア

オメガタキシード

エクロジャイト

ドンアミティエ

ペリエール

コンティノアール

インヒズアイズ

サンライズジーク

ハードワイヤード

ヒューゴ

◎ドバイゴールドカップ(GⅡ、芝3200メートル)

アスクワイルドモア

エヒト

メロディーレーン

プリュムドール

シルヴァーソニック

トーセンカンビーナ

ユーバーレーベン

◎ゴドルフィンマイル(GⅡ、ダート1600メートル)

アドマイヤルプス

バスラットレオン

コパノマーキュリー

ディパッセ

デルマルーヴル

ドンフランキー

ハヤブサナンデクン

ホウオウアマゾン

ジャスパーゴールド

ジャスパーグレート

ジャスパープリンス

ケイアイドリー

ケイアイパープル

ケンシンコウ

ラウダシオン

レモンポップ

ラヴケリー

ナンヨーアイボリー

ニューモニュメント

ピンシャン

サクラアリュール

セキフウ

ショウナンナデシコ

スマッシングハーツ

ソリストサンダー

サブライムアンセム

ヴァレーデラルナ

ウインカーネリアン

(ドバイレーシングクラブホームページ掲載順)

[もっと見る]

エヒトがレッドシーターフHCの選出を受諾 2023年2月1日(水) 17:33

サウジアラビアのレッドシーターフHC(25日、キングアブドゥルアジーズ、GⅢ、芝3000メートル)に選出されていたエヒト(栗・森秀、牡6)は、招待を受諾する。

[もっと見る]

【プロ予想MAX 先週の回顧~(1/21~1/22)】週間トップは豚ミンCプロ! nigeプロはAJCC○◎的中などで2週連続V 2023年1月27日(金) 10:00



当コーナーでは、好成績を収めた「プロ予想MAX」注目プロ予想家をご紹介いたします。
22(日)に行われたG2AJCCのほか様々な的中がマークされた先週を振り返っていきたいと思います。


☆☆☆注目プロ →nigeプロ
22(日)の勝負予想小倉11R豊前Sをきっちり仕留め、迎えたG2AJCC。「買いたいのは3頭だけ!」として狙いを定めた○ノースブリッジエヒトで、馬連本線的中をマークし11万8500円払戻しのスマッシュヒットを記録。週末トータル回収率200%を達成し、先週に引き続き、週間プラス収支を達成しています。

☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
21(土)は、中山2R3歳未勝利(◎○▲的中)、中山12R4歳以上1勝クラス(◎ハイエスティーム的中)などでプラス収支を達成。22(日)も、中山4R4歳以上1勝クラス小倉9R八幡特別などの的中で連日の勝利を決めています。土日トータル回収率は219%でトップ、収支は12万8150円プラスをマークしました。

☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
22(日)の中京9R西尾特別で、◎エイカイステラ(単21.7倍)から3連単ほか計3,462%回収(5万1940円払戻し)の一撃を決めるなど、連日の活躍を披露。土日2日間トータル回収率149%記録しています。


この他にも、ゼット1号プロ(137%)、蒼馬久一郎プロ(128%)、伊吹雅也プロ(126%←3週連続週末プラス)、イレコンデルパサープロ(111%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(106%)、真田理プロ(105%)、教授プロ(102%)らが週末トータル回収率100%オーバーをマークしています。
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。


執筆者:競馬プロ予想MAX

[もっと見る]

【AJCC】エヒトは猛追及ばず2着まで 田中勝騎手「お年玉が欲しかった」 2023年1月23日(月) 04:59

5番人気のエヒトは中団の後ろをじっくりと進み、4コーナー手前から一気にスパート。先に抜け出した勝ち馬に3/4馬身及ばず2着に泣いたが、昨年(9着)よりもパワーアップした姿を見せた。田中勝騎手は「追走に手間取ってフワフワとした走りだったが、それでもしまいは来ているしね。でっかいお年玉(1着)が欲しかったけど、くれねえもんなぁ~」と苦笑いを浮かべていた。

[もっと見る]

【AJCC】ユーバーレーベンはラストで脚が鈍り3着 オークス以来の復活Vはお預け 2023年1月23日(月) 04:58

3番人気のユーバーレーベンは、後方待機策から勝負どころで先行集団まで進出。直線の坂下では突き抜けそうなシーンもあったが、最後は脚いろが鈍って3着止まりだった。M・デムーロ騎手は「早めに動くと最後で止まる。直線で前をかわせそうな手応えだったが、フワッとした。エヒトが来てもう一度頑張ってくれたが…。気持ちの問題だね」とメンタル面に敗因を求めた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エヒトの関連コラム

閲覧 1,404ビュー コメント 0 ナイス 5


AJCCは岩田康誠騎手騎乗のノースブリッジが勝利。道中は内でじっくりと脚を溜めて抜け出す、ジョッキーの得意パターンだった。

岩田康誠騎手は、継続騎乗で手の内に入れていくのが最近の勝負パターン。ノースブリッジには2歳時から騎乗しており、今回も2週連続で調教にまたがっていた。まさに「満を持して」の一戦だった。ノースブリッジ自身も最近にしては珍しく2年以上放牧に出さず在厩調整を続けている。これで重賞2勝目、成長力のあるモーリス産駒だけに、今年はG1戦線でも期待できそうだ。

敗れた中ではユーバーレーベンが久々に好走。東京でG1を制したことで東京を使われる機会が多かったが、本来は上りが掛かる中山の方が合うタイプ。これをキッカケに再浮上できれば面白い。

期待した◎ラーゴムは、4コーナーで外から上がって来た際にはやったかと思ったが、あとひと伸びを欠いてしまった。昨年ほど外が伸びる馬場にはならなかった点も痛かった。

また、1倍台の支持を集めたガイアフォースは5着どまり。すっかり白くなった馬体の美しさに画面越しとはいえ目を奪われたが、同コースで行われたセントライト記念の時のような伸びが見られなかった。そんなガイアフォースに絡めて、今回は配当の話を少ししてみたい。

今回1倍台のガイアフォースが飛んだことにより、上位3頭の複勝配当は、

ノースブリッジ 300円
エヒト 380円
ユーバーレーベン 270円

ご覧の通り、人気を考えればなかなかの高配当だった。複勝オッズは1倍台の馬が4着以下に敗れると期待値以上に跳ねる傾向にあり、今回もまさにその傾向通り。

さらに象徴的だったのは、土曜小倉の3R。このレースでは単勝1.3倍という断然の支持を集めたカンフーダンスが6着に敗れる波乱が起こり、複勝が大波乱。

勝った2番人気のメタマックスは、なんと単勝340円、複勝400円という理論上は考えれない逆転現象が起こった。2着のクリーデンスも、単勝オッズ17.5倍ながら複勝配当は1,160円、3着コスモジョセフも同様に、単勝オッズ22.8倍ながら、複勝配当1,220円。

単勝1倍台の馬が4着以下に敗れると、複勝は期待値以上に跳ねるケースが多い。心情的には逆転を期待できるほかの馬の単勝を買いたくなるが、相手筆頭1番手の単勝は逆に売れ過ぎになることが多い。

様々なファン心理を反映した結果の、単複逆転現象だった。こういう配当をピンポイントで狙うのは現実的ではないかもしれないが、単勝1倍台の馬が飛ぶと、途端に他の馬の複勝は跳ねる、ということくらいはアタマに入れておけば生かせるシーンがあるはずだ。

~今週末の注目馬~

というわけで、最後は根岸Sの注目馬で締めたい。現時点での狙いはコチラ。

レモンポップ戸崎圭太騎手)

レモンポップに注目。フェブラリーSに向けて好メンバーが揃ったが、その中でも安定感ならこの馬。戦績通りレースセンスが高く抜群の安定感を誇る馬。正攻法の戸崎騎手とも手が合っており、本番のマイルよりも、前哨戦でこそのタイプだ。この舞台なら武蔵野Sで敗れたギルデッドミラーを逆転することも可能とみる。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

2023年1月15日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2023年01月15日号】特選重賞データ分析編(341)~2023年アメリカジョッキークラブカップ
閲覧 2,017ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アメリカジョッキークラブカップ 2023年01月22日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【前走のコースが国内だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(2018年以降)】
×2番手以内 [2-0-1-15](3着内率16.7%)
○3~9番手 [2-5-4-21](3着内率34.4%)
×10番手以下 [0-0-0-14](3着内率0.0%)

 脚質が明暗を分けそう。2018年以降の3着以内馬15頭中11頭は、前走のコースが国内、かつ前走の4コーナー通過順が3~9番手でした。極端に先行力が低い馬はもちろん、積極的な競馬をした直後の馬も過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→エヒトノースブリッジ
主な「×」該当馬→アリストテレスエピファニーシャムロックヒルバビット


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1800m超、かつ出走頭数が12頭以上、かつ重賞のレース”において1着となった経験がある」馬は2018年以降[3-4-5-17](3着内率41.4%)
主な該当馬→アリストテレスエヒトシャムロックヒルバビット

[もっと見る]

2022年8月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年08月28日号】特選重賞データ分析編(321)~2022年新潟記念
閲覧 1,805ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 農林水産省賞典 新潟記念 2022年09月04日(日) 新潟芝2000m外


<ピックアップデータ>

【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2016年以降)】
○5位以内 [4-5-6-45](3着内率25.0%)
×6位以下 [2-1-0-38](3着内率7.3%)

 末脚が明暗を分けそう。2016年以降の3着以内馬18頭中15頭は、前走の上がり3ハロンタイム順位が5位以内でした。先行力の高さを活かしたいタイプは信頼できません。

主な「○」該当馬→イクスプロージョンエヒトカイザーバローズスカーフェイス
主な「×」該当馬→カラテレッドジェネシス


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が13戦以内」の馬は2016年以降[4-3-2-18](3着内率33.3%)
主な該当馬→カイザーバローズレッドジェネシス

[もっと見る]

2022年8月26日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】勝ち馬も敗戦組も収穫アリの札幌記念/キーンランドカップ展望
閲覧 1,298ビュー コメント 0 ナイス 2



夏の大一番、札幌記念ジャックドールが好位から抜け出し勝利。連勝がストップした大阪杯以来の一戦だったが、最高の形でターフに戻って来た。

これまでの勝利のほとんどが逃げ切り、あるいは4コーナー先頭だったジャックドールにとって、今回は道中4番手から徐々に押し上げて4コーナー2番手という競馬。

「逃げなくても競馬はできる」

という言葉は、言うは易く行うは難し…であることが多いが、ジャックドールは見事に実戦でそれを証明してみせた。もともと使いつつキャリアを重ねるにつれて力をつけて行く傾向のあるモーリス産駒。秋に向けて楽しみが広がる一戦だった。

また、メンバーが揃った一戦だっただけに負けた中にもキラリと光るものを見せた馬がいた。特に今後に向けてという意味で注目したいのは7着のアンティシペイト。今回はCコース替わりで立ち回り優勢になった馬場と大外枠に泣かされた形になったが、それでも長くいい脚を使ってよく伸びていた。

本馬の父はルーラーシップ、そして母父はディープインパクト。この配合はベテランまで活躍したキセキや、先日の七夕賞を勝ったエヒトなどがいて、モーリス産駒同様にキャリアを重ねる中で力をつけて行くタイプが多い。アンティシペイトは現在5歳だが、今年に入ってからの充実ぶりを見るとさらなる成長に期待できそうだ。長丁場も合うので、秋から来年にかけて重賞戦線で期待したい。オールカマーアルゼンチン共和国杯あたりをぜひ使ってほしい。

なお、先週の札幌芝はCコース替わりもあり逃げ切りが頻発。14レース中8レースが逃げ切り、差し追い込み勢には相当厳しい馬場状態だった。この傾向は今後に向けても覚えておくようにしたい。

~キーランドカップ展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は札幌競馬場でキーンランドカップが行われる。注目馬はコチラ。

トウシンマカオ川田将雅騎手)

3歳馬のトウシンマカオに注目。前走のNHKマイルカップは差し馬に有利な流れ。トウシンマカオにとっては距離も長く、むしろ逃げて8着はよく頑張ったといえる内容だった。意外なことに初の1200m挑戦となるが、常に行きたがるレースぶりからも、父ビッグアーサーの血統からもむしろプラスだろう。持ち味のスピードを存分に生かしてほしい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年7月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】土日で穴連発のトゥザグローリー産駒の特徴/函館記念展望
閲覧 1,811ビュー コメント 0 ナイス 2



先週の七夕賞は丸田騎手=ロザムールの逃げに期待したが、想定した流れと真逆の競馬になってしまいかすりもせず。レースは持久力を問われた。

その中で大外枠のエヒトがスムーズに進出し抜け出し、2着にヒートオンビート、3着にアンティシペイトが入線、キングマンボ系×母父ディープインパクトのワンツースリー決着。

10分前に行われた小倉のプロキオンSも、トップウイナーが何が何でもの姿勢を見せて先行争いに加わって行ったため、ダートとしては珍しいハイペースの持久力戦に。結果、ダート中長距離実績馬が上位を独占した。

そのレースを制したのがゲンパチルシファーゲンパチルシファーの父はトゥザグローリー。決して産駒が多いわけではなくマイナー種牡馬に分類される同馬だが、これでカラテに次いでJRA重賞2勝目となった。奇しくも前日の福島メインでも同産駒のエターナルヴィテスが14番人気で2着に激走。

ゲンパチルシファーカラテエターナルヴィテスといった馬たちに共通するのは、キレないがバテないということ。カラテゲンパチルシファーはともに500キロを大きく超える超大型馬で追わせるタイプの鞍上が合うということも共通している。

ゲンパチルシファーは久々の勝利となったが、川田騎手とのコンビで2戦2勝。カラテは追わせることにおいては若手トップクラスといってもいい菅原明騎手とのコンビで活躍している。エターナルヴィテスは決め手がない弱点を早めのマクリで補って大穴をあけた。

こういった傾向は例えば種牡馬データのようなものを検索してわかるものではない。アナログで得た感覚の点と点を繋げることで初めて実感できる。マイナー種牡馬はその血統ゆえに穴になることも多いので、上手く手の内に入れて自分自身の得意血統を持っておきたい。本来であれば馬券を当てた上でこういった話をしたかったのだが、それはまた次回以降ということで。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭。

【次走狙い馬】エイシンスポッター(土曜小倉12レース・3歳上1勝クラス/1着)

どんな状況でも1200mを使われてからは確実にラスト伸びてくる。今回は詰まりつつもラスト伸びて脚余しながら勝利で、馬群も捌けるので不発は少ないはず。下り坂スタートの小倉も合うので引き続き警戒。

函館記念展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は函館ラストウィークを飾るハンデ戦・函館記念。注目馬はコチラ。

アラタ横山武史騎手)

注目はアラタ横山武史騎手。前走は逃げて失速も本来は好位で溜めたいタイプ。荒れ馬場を全く苦にせず、函館の小回りも合う。何よりこの舞台で横山武史騎手は大きなプラス材料。雨予報も朗報で、好位から抜け出す。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年5月27日(水) 17:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020日本ダービー(東京優駿)
閲覧 4,240ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月31日(日)東京11R 第87回日本ダービー東京優駿) (3歳G1・芝2400m)


【登録頭数:23頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

ヴァルコス [動きA時計A] 中3週 (新馬480キロ→前走498キロ)
青葉賞からの中3週となるが、この中間も2週前、1週前、そして間の日曜日と本数をかなり乗られている。前走の疲れを心配するどころか、前走を使われての上積みが期待できそうな内容。1週前追い切りも素軽さが出て、前走時以上に良い動きに見えた。

ウインカーネリアン [動きD時計B] 中5週 (新馬476キロ→前走484キロ)
今年に入って使い詰めできていて、今回は中5週と間隔には余裕あり。ただ、単走馬なりでの追い切りばかりで、疲れがあるかもしれない。あとは左回りでの追い切りの動きを見ると、右回りほど手応えがなく、右回りのほうが向いている馬かもしれない。

ガロアクリーク [動きB時計B] 中5週 (新馬500キロ→前走498キロ)
この中間も前走時と同じような調整内容。1週前追い切りでは、終い伸びて先着したものの、まだ動きが重い感じあり。

コントレイル [動きA時計A] 中5週 (新馬456キロ→前走462キロ)
この中間は、2週前が坂路で先着、1週前がCWを長めから終い追われて好時計で先着。休み明けの前走を使われて、反応が良くなった印象で上積みアリ。

サトノフラッグ [動きA時計C] 中5週 (新馬494キロ→前走488キロ)
この中間も南Wを中心に乗り込まれてきているが、これまでと比べると時計がかかっている。ただ、1週前の動きを見ると素軽さがあり楽に先着していて、悪い感じはない。左回りのほうが動きが良い印象を受ける。

サリオス [動きB時計B] 中5週 (新馬534キロ→前走536キロ)
これまでもトレセンでは豊富に乗り込まれて出走してきた馬。この中間も、3週前から追い切られて乗り込み量は十分。大きな馬で、前走時のパドックではお腹のあたりにまだ余裕を感じさせていたが、1週前に先行して素軽い動きを見せており、使われて良くなっている印象。ただ、これまでは併せ馬で強めに追われて遅れたことがなかった馬なので、まだ馬体に余裕があるということかもしれない。それでも、追い切りの動きからは、左回りでスムーズに走れている感じがする。

ビターエンダー [動き映像なし時計D] 中2週 (新馬466キロ→前走464キロ)
この中間は、間隔も詰っていて1週前は坂路で軽く乗られて、日曜日も南Wで馬なりというメニュー。前走時のパドックではスッキリと仕上がった馬体だったので、これ以上減らしたくないところだろう。


<賞金上位馬>

ヴェルトライゼンデ [動きC時計B] 中5週 (新馬490キロ→前走486キロ)
この中間も、追い日以外にも日曜、火曜と時計を出して入念な乗り込み。ただ1週前の映像からは、終いもうひと伸びほしい印象を受ける。

ディープボンド [動きB時計B] 中2週 (新馬486キロ→前走482キロ)
中1週、中2週、中2週と間隔が詰まったローテーションが続き、馬体も減り続けているが、1週前には坂路を軽めに乗られて日曜日にはCWで時計を出してと、疲れを感じさせない内容と動き。

サトノインプレッサ [動き映像なし時計C] 中2週 (新馬484キロ→前走482キロ)
前走時はソエを気にしていたようで、坂路での時計も物足りないものが多かった。今回、中2週と間隔も詰まり、1週前は金曜日に時計を出しているが坂路には入れず。少なからずまだソエの影響は残っている感じはある。

マイラプソディ [動きB時計B] 中5週 (新馬502キロ→前走504キロ)
皐月賞から中5週と余裕のあるローテーションで使われていて、この中間も乗り込み豊富。1週前には3頭併せの中から終い伸びて先着と、前走時と比べると良くなっている印象

コルテジア [動きA時計A] 中5週 (新馬450キロ→前走460キロ)
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。1週前追い切りでは手応え抜群で終いもしっかり伸びていて、前走からの上積みが期待できそう。

ダーリントンホール [動きB時計B] 中5週 (新馬516キロ→前走516キロ)
この中間も追い切りでは速い時計が出ているが、気合いが乗り過ぎているところがあり、もう少しリラックスして走れないと距離が延びることがマイナスになってしまう可能性もある。

ワーケア [動きD時計C] 3ヶ月 (新馬484キロ→前走494キロ)
皐月賞を使わず弥生賞からの参戦で、間隔に余裕。そのため乗り込み量は豊富だが、2週前はオークス出走組と併せて物足りない動きだった。1週前も、併走相手の手応えと比べると見劣り、終いも伸びきれず。

レクセランス [動きE時計C] 中5週 (新馬484キロ→前走482キロ)
この中間もCWを中心に乗り込まれていて、1週前追い切りでは終い伸びきれず併走遅れ。坂路では速い時計の出ない馬で、パドックでも馬体重の割にトモが寂しく映り、そのあたりが成長してこないと厳しい印象を受ける。

ブラックホール [動きC時計B] 中5週 (新馬418キロ→前走432キロ)
この中間もしっかり追い切られていて状態は良さそうだが、このメンバーの中に入ると小柄な馬で、まだ力強さが足りない印象がある。

マンオブスピリット [動きE時計D] 中2週 (新馬488キロ→前走490キロ)
この中間は、間隔も詰っているので馬なりでの調整で時計も平凡。動きに関しても力強さがなく、終い首が上がり気味で前走の疲れが抜けきれていない感じ。

アルジャンナ [動きD時計C] 中8週 (新馬460キロ→前走456キロ)
この中間も坂路での調整。1週前は伸びきれず重い感じの走りだった。


<除外対象馬>

キメラヴェリテ [動きD時計D] 中5週 (新馬512キロ→前走538キロ)
この中間は、坂路での時計がこの馬としては物足りない。

ダノンファラオ [動き映像なし時計E] 連闘 (新馬526キロ→前走520キロ)
先週京都で出走。芝のレースは走ったことがなく、先週の追い切りの時計も物足りない

ブラックマジック [動き映像なし時計D] 中4週 (新馬434キロ→前走440キロ)
連勝中も、この中間はDコース、Pコースで軽めの調整と、南Wでの調整ではなく時計も平凡。

メイショウボサツ [動きC時計C] 中3週 (新馬442キロ→前走462キロ)
今年の入っての3戦は調教で好時計が出ていたが、この中間は速い時計が出なくなっており、疲れもありそう。

エヒト [動き映像なし時計C] 中3週 (新馬470キロ→前走448キロ)
前走未勝利勝ちも、デビュー戦から大きく馬体が減っていてこれ以上減らしたくない。追い切りも金曜日まで時計を出しておらず、上積みはなさそう。



◇今回は東京優駿日本ダービー)編でした。
今年のダービーは無観客での開催となり、私にとっても第60回から毎年東京競馬場で観戦し続けてきた記録が途切れてしまう年となりました。これまで27年続けてきたことなので、残念ではありますが、2月29日から無観客での開催が始まった時点でこのようなこともあり得るとは覚悟していました。今は、気持ちを切り替えてこのように思うことにしています。
来年から、また東京競馬場で観戦できるようになれば、生きている限りあと何年、何十年か、毎年東京競馬場に観戦を続けていくことに。そう考えると、今年が自宅でテレビ観戦する最後のダービーになるかもしれない――と。
思えば、競馬を観るようになって、テレビ観戦したダービーはアイネスフウジントウカイテイオーミホノブルボンの3回のみ。だいぶ前になりますが、どの年も昨日のことのように記憶に残っています。その頃と比べれば、今は積み重ねてきたたくさんの歴史によって、ダービーの重みをさらに感じることができます。今年は、違う意味で、貴重で、記憶に残るダービーとなりそうです。皆様にとっても良いダービーになりますように!!

『ダービー@ホーム』
福永祐一騎手

D.レーン騎手


『a beautiful race』


それでは次回、宝塚記念(予定)編でお会いしましょう。

日本ダービー出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エヒトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 154ビュー コメント 0 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
いつも訪問される方々、ありがとうございます。

今週は“10年に1度と言われる最強寒波襲来”
マスコミ等に煽られて準備万端??

我が懐には、常に寒気(かんき)が居座り続けています。
何か? 

【2023週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : 今週末 土、日曜の重賞(日刊馬番コンピ指数 等)
火曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(日刊馬番コンピ指数 等)
水曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(血 統 等)
木曜日 : 先週末 土、日曜の重賞回顧(日記)等
金曜日 : 検討中??
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(当日07時ごろ更新予定)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧(当日19時ごろ更新予定)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(当日07時ごろ更新予定)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧(当日19時ごろ更新予定)

noteのアドレス: https://note.com/haya00  

宜しくお願い致します。

【重賞レース予想 第1期最終結果】
第1期(1月5日~1月22日)8日間(中山金杯~東海ステークス)9戦

最終週末競馬は、当てる事ができたのか!?

22日(日)アメリカJCC(G2)では4番ノースブリッジを推奨!
複勝(4番ノースブリッジ) 
結果は、的中!(複勝300円)

22日(日)アメリカJCC(G2)で推奨馬ノースブリッジ(4人気)は、先団の後ろで脚を溜めて、直線に入って抜け出し、追い込んだエヒト(5人気)に3/4馬身差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着にユーバーレーベン(3人気)が入り、波乱決着!?

レースは、上位3頭共に持続力型タイプばかり?? 2開催連続で施行された中山コースも、さすがに荒れていたというのが結論か!? 1人気に推されたガイアフォース(5着)は、好位の後ろから理想的な進め方も、4角で接触するアクシデントもあって直線は弾けなかった。同舞台でも馬場が軽い秋に行われるセントライト記念と力のいる冬の馬場で施行されたアメリカJCCでは、根本的に中山競馬場の馬場を把握していないと解らないポイント!?

反省点として、馬券種の選択?? ただ、先週まで連敗中だったことから、当てることに集中?? 2着エヒト、3着ユーバーレーベン共に最終候補まで残っていただけに…残念。

22日(日)東海ステークス(G2)では13番ハヤブサナンデクンを推奨!
複勝(13番ハヤブサナンデクン) 
結果は、的中!(複勝170円)

22日(日)東海ステークス(G2)で推奨馬ハヤブサナンデクン(3人気)は、スタート良く2番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、勝った馬が強く伸びてはいるが3着まで…残念。レースは、先手を取ったプロミストウォリア(2人気)がそのまま逃げ切り、追い込んだハギノアレグリアス(1人気)に2馬身差をつけ優勝し、本命決着!? 馬券は、複勝が的中!

レースは、B.ムルザバエフ騎手のプロミストウォリア継続騎乗が命運を分けた!? と言わざる得ない好騎乗。スタートもじっくりハナへ行かせ、難なく進めて1角から12.8-12.6にペースを落とし、1000m通過62秒6。残り800m12.2-12.1-11.9-12.4とじわじわ加速させ、スピードを持続させたい同馬にとって理想的だった。反面、枠順やライバルの脚質など揉まれる条件が揃えば、大敗もあるのがエーピーインディ系なので、要注意!!

反省点として、馬券種の選択?? とにかく先週まで連敗中だったので、欲を持たないように心掛けた結果…残念。例年通り、堅い決着だった為か?当てることは達成!!

【総 評】
週末、2戦2勝…両目開花みたいな感じ。やっと、当てることが出来て「ホッ」としています。ただ、遅すぎた感?? 今期の最終週とは…反省。ただ、得るものも有り来期へ繋げたい。まぁ、無理して穴馬を探すのではなく、消去法データにより絞り込み、残った馬を徹底的に検証して最終的に推奨馬を決定する!! 簡単にまとめればそんな感じ。

まずは、東西金杯から共に4着で始まり、シンザン記念では当てにいってシンガリ負けの屈辱。さらに、日経新春杯では届きそうで届かない4着と繰り返し、辿り着いた最終週でやっと3着内確保!! ”たかが競馬されど競馬”(草野仁著書)みたいな感じ?? 

とりあえずは、この勢いのまま第2期(1月28日~2月19日)6日間(根岸S~フェブラリーS)11戦を頑張ります。


【先週重賞レースの馬番コンピ 回顧篇】
(アメリカJCC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数値56"
該当馬ナシ=見送り!?

(東海ステークス)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数1位"
4番ハギノアレグリアスが該当=結果2着的中!(複勝120円)

【今週末重賞レースの馬番コンピポイント篇】

(根岸ステークス)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ指数1位”

*無条件
過去10年内(3-3-1-3/10)
勝率30%/連対率60%/複勝率70%/単勝回収値77/複勝回収値98
近5年内 (1-1-1-2/5)
勝率20%/連対率40%/複勝率60%/単勝回収値50/複勝回収値84

荒れているイメージも意外と軸は堅い!
昨年(9着)外れているだけに、今年こそは期待大!?


(シルクロードS)
注目(複勝)したのは、”日刊馬番コンピ指数2位”

*無条件
過去10年内(5-2-0-3/10)
勝率50%/連対率70%/複勝率70%/単勝回収値269/複勝回収値152
近5年内 (2-0-0-3/5)
勝率40%/連対率40%/複勝率40%/単勝回収値212/複勝回収値86

代替え開催(京都→中京)も今年まで??
2年連続出現中だけに、今年は期待薄!?


詳細は、noteまで訪問して下さい。
noteのアドレス: https://note.com/haya00  
宜しくお願い致します。

 ミヤドン 2023年1月23日(月) 14:34
AJCC的中🎯 
閲覧 191ビュー コメント 0 ナイス 25

ノースブリッジを軸に復活をかける
ユーバーレーベン、調教抜群のエヒト
相手はルメール、戸崎。
穴にバビット、スタッドリー、ラーゴムまで!
個人的にはラーゴム着て欲しかった😆
3連単三連複、馬連、ワイド
全的中三連複はボックス、ホーメ、流しで
3的中🎯2万投資で14万くらいの回収
地方やめようかと思ったのについ💦
5万マイナスに💦はらたいらにドン倍が失敗

[もっと見る]

 てぃむたむ 2023年1月23日(月) 08:23
なんでかな…
閲覧 73ビュー コメント 0 ナイス 2

エヒト田中勝春が乗って5番人気かぁ
ナカナカツキマスネ(汗

まぁ岩田買えないから当たらないけどね…

田中勝春の記事でお年玉書いてあったけどいっぱい稼いでるヤーン!

[もっと見る]

⇒もっと見る

エヒトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:1人 2022年7月10日() 15:51:52
終わったハズの鞍上が重賞勝ちとは驚き。いつまで鞍上にしがみついてるのかと思ったらこんな穴を空けるとは鞍上の技術など何の意味も持たない事の証明されただけ。(猿、唖然!

エヒトの写真

エヒトの厩舎情報 VIP

2023年1月22日アメリカジョッキーC G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エヒトの取材メモ VIP

2023年1月22日 アメリカジョッキーC G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。