ハーツクライ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ハーツクライ
ハーツクライ
写真一覧
抹消  鹿毛 2001年4月15日生
調教師橋口弘次郎(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績19戦[5-4-3-7]
総賞金55,573万円
収得賞金21,330万円
英字表記Heart's Cry
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ビユーパーダンス
兄弟 エメラルドアイルアグネスシラヌイ
前走 2006/11/26 ジャパンカップ G1
次走予定

ハーツクライの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
06/11/26 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 11115.8210** 牡5 57.0 C.ルメー橋口弘次500(--)2.27.7 2.636.4ディープインパクト
06/07/29 イギ 5 キングジョー G1 芝2400 6--------3** 牡5 60.5 C.ルメー橋口弘次--0000 ------HURRICANE RUN
06/03/25 アラ 5 ドバイシーマ G1 芝2400 14--------1** 牡5 56.0 C.ルメー橋口弘次--2.31.8 ------COLLIER HILL
05/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1651017.141** 牡4 57.0 C.ルメー橋口弘次498(+2)2.31.9 -0.135.0④④ディープインパクト
05/11/27 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 188167.222** 牡4 57.0 C.ルメー橋口弘次496(+6)2.22.1 0.034.4⑯⑯⑮⑬アルカセット
05/10/30 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 185106.726** 牡4 58.0 C.ルメー橋口弘次490(-6)2.00.4 0.332.8⑧⑩⑩ヘヴンリーロマンス
05/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 153418.332** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次496(+4)2.11.5 0.035.2⑬⑬⑬⑫スイープトウショウ
05/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1881613.785** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次492(+2)3.17.1 0.634.5⑭⑪⑬⑯スズカマンボ
05/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 9895.342** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次490(+18)1.59.2 0.234.2⑨⑨⑨⑧サンライズペガサス
04/12/26 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 153543.5109** 牡3 55.0 横山典弘橋口弘次472(-8)2.30.5 1.034.2⑮⑮⑮⑮ゼンノロブロイ
04/11/28 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 16236.5310** 牡3 55.0 武豊橋口弘次480(-12)2.25.7 1.535.2⑯⑯⑮⑭ゼンノロブロイ
04/10/24 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 185102.717** 牡3 57.0 武豊橋口弘次492(+6)3.06.2 0.535.3⑮⑮⑭⑩デルタブルース
04/09/26 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2000 8882.423** 牡3 56.0 武豊橋口弘次486(+4)1.59.4 0.433.8⑦⑦⑦⑦キングカメハメハ
04/05/30 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 183517.152** 牡3 57.0 横山典弘橋口弘次482(+6)2.23.5 0.234.3⑰⑰⑰⑰キングカメハメハ
04/05/08 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 118113.821** 牡3 56.0 安藤勝己橋口弘次476(-4)2.11.9 -0.133.4⑩⑩⑩⑩スズカマンボ
04/04/18 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1881614.0514** 牡3 57.0 安藤勝己橋口弘次480(-4)2.00.0 1.434.3⑯⑯⑫⑪ダイワメジャー
04/03/20 阪神 11 若葉S OP 芝2000 14222.621** 牡3 56.0 安藤勝己橋口弘次484(-4)2.00.2 -0.034.2⑨⑨⑩⑧スズカマンボ
04/02/15 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 145816.753** 牡3 56.0 幸英明橋口弘次488(-4)1.48.6 0.635.2⑩⑩マイネルブルック
04/01/05 京都 4 3歳新馬 芝2000 10891.711** 牡3 56.0 武豊橋口弘次492(--)2.06.0 -0.235.3ミヤタイセン

ハーツクライの関連ニュース

日曜日に行われる京都記念の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


ハートレー
父は京都記念でマズマズのパフォーマンスを見せているディープインパクト。母は現役時にダ8.5Fの米G1を勝つなど好成績を残しており、額面上の血統構成だけなら、ここで通用してもおかしくない下地はある。母父にエーピーインディ系種牡馬を擁するディープインパクト産駒という点は、昨年の2着馬アルアインと同じ。復帰後の成績は冴えないが、相応の舞台適性を有しているだけに油断は禁物。軽視できない存在だ。

ノーブルマーズ
父は持続力を持ち味とするトニービン直仔のジャングルポケット。母父はグランプリ3連覇を成し遂げたグラスワンダーの父にして、スタミナに長けたロベルト直仔のシルヴァーホーク。父と母父を見る限り、力を要する馬場かつ非根幹距離重賞に適した能力を持ち合わせているものと判断できる。決め手勝負が苦手な本馬にとって、瞬発力よりも持続力が問われる今回の舞台はピッタリの条件。互角以上の戦いを繰り広げてもおかしくはない。

アクションスター
タフなコンディション下にある現在の京都芝コースを考えると、パワーと持続力に優れたロベルト系種牡馬を母父に擁していることは悪くない。一方で、アグネスタキオン産駒の当該コース成績が芳しくない点は心配材料。母系の特長ならびに父方の機動力を活かしたいところだが、加齢に伴う衰えが顕著なうえに、不振続きの現状では厳しい印象。静観が妥当だろう。

ケントオー
ダンスインザダーク×トウカイテイオーの配合馬。持久力に優れており、少々の悪条件でもパフォーマンスが落ちないのが最大の特長。つまり、全体時計あるいは上がりを要する競馬が適しているということだ。その点を踏まえると、力を要するうえに連続開催後半となる京都コースはプラスに作用する可能性もある。勝ち切るまではともかく、連下争いなら食い込みあっても不思議はない。

ブラックバゴ
父であるバゴは力を要する芝と相性がいい欧州ナスルーラ系。母父のステイゴールドも父として当該コースで上々の成績を残している。欧州の血脈が強く反映されているため、瞬発力に欠ける面は否めないが、追ってバテない持久力はかなりのもの。母父の奥手の部分と、父方由来のしぶとさがうまく噛み合うようであれば、浮上の余地は十分にある。

ダッシングブレイズ
父のキトゥンズジョイは、昨年のドバイシーマクラシックを制したホークビルをはじめ、G1級の活躍馬を多数輩出している良質の種牡馬。その点はいいのだが、母父であるマッチェムの血筋が影響しているせいか、距離の融通性に欠けるところが大きな難点。過去の戦績が示すように、2000m未満がベターの馬。力を要する京都芝2200mの舞台が適しているとは考えづらい。苦戦必至だろう。

パフォーマプロミス
ステイゴールド産駒は当該コースで及第点以上の成績。母父タニノギムレットが属するロベルト系の京都記念におけるパフォーマンスも悪くはない。もとより本馬自身、京都外回りの日経新春杯ならびに非根幹距離のアルゼンチン共和国杯を制しているのだから、相応の舞台適性を備えているものと判断できる。やや重厚な血統構成ゆえに、時計を要するコンディションは望むところ。勝機は十分にある。

ダンビュライト
近親の活躍馬を見ると、アロンダイトやクリソライト、リアファルマリアライトなど、タフなレースにマッチしたパワー&スタミナ型ばかり。加えて、父であるルーラーシップの産駒は当該コースで及第点の成績。父キングマンボ系が1~2回京都開催の芝2200mで好パフォーマンスを示していることも評価できる。父方の特長である身体能力の高さを活かすことができれば、面白い存在になりそうだ。

カフジプリンス
父はスタミナ型サンデーサイレンス系のハーツクライ、母父はスタミナに長けたロベルト系という、持久力とパワーが強調された組み合わせ。ゆえに、高速決着や速い上がりを求められる競馬では後手を踏みやすい。そのあたりを鑑みると、上がりを要する今の京都芝コースは歓迎のクチ。長期休養明けで常識的には狙いづらいものの、状態ひとつで上位争いに絡んでくる可能性はある。

ステイフーリッシュ
ステイゴールド×キングカメハメハ×シルヴァーホークの配合をみるに、今の力を要する京都コースを耐えうるだけのスタミナを備えていると判断できる。伯父にブラックホーク、伯母にはピンクカメオを擁し、近親にも2016年のBCターフスプリント勝ち馬など、多数の活躍馬を輩出している牝系の活力と底力についてもケチのつけようがない。状態さえまともであれば、ここでも好戦可能とみる。

タイムフライヤー
トニービンの影響が濃いハーツクライに、ブライアンズタイムのパワーとスタミナを掛け合わせているのだから、秘めている持久力はかなりのもの。ゆえに、少なくともタフなコースに対する不安はない。持続力に優れたタイプが幅を利かせやすい当レース向きの血統構成と言えよう。持ち味を最大限に発揮できる馬力比べになれば、巻き返しがあっても驚けない。

マカヒキ
父は当舞台にて産駒が及第点の成績を残しているディープインパクト。ただ、スピード型の牝系を掛け合わせた配合ゆえに、スタミナ面で課題があるのは事実。その点を踏まえると、中山→京都のコース替わりと1.5Fの距離短縮が好材料と化す可能性も考えられる。札幌記念がそうであるように、G2ならば現状の能力でも十分足りるはず。見限れない1頭と言えよう。



ウマニティ重賞攻略チーム

【血統アナリシス】中山金杯 互角以上の戦いを繰り広げてもおかしくないキングカメハメハ産駒!持続力を問われる競馬になれば好勝負を期待できるステイゴールド産駒! 2019年1月4日(金) 14:00


日刊スポーツ賞中山金杯の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。




タニノフランケル
父はG1 10勝の名馬フランケル、母は日本ダービージャパンカップなどG1で7勝を挙げたウオッカという超良血馬。父が重厚なタイプのぶん、瞬発力には欠けるが、追ってバテない持久力はかなりのもの。サンデーサイレンス非内包馬の当レースにおける成績が芳しくない点は気がかりな半面、母父のロベルト系は好相性。最も得意とするパワー勝負になれば、勝ち切るまでには至らずとも、圏内に食い込む余地はある。

アドマイヤリード
母の半兄はセントレジャー勝ち馬、母父の全兄はジェイドロバリーという、中距離指向の濃い血統背景。加えて、母父の牝系はサドラーズウェルズやヌレイエフなどを輩出した名門・スペシャル系。マイルG1勝ち馬ではあるが、中山芝2000mに必要な持久力を備えているとみていい。父は当レースと好相性のステイゴールド。父の奥手の部分と、スタミナに優れた母系の血脈がうまく噛み合うようであれば、ここでもチャンスはある。

コズミックフォース
近年の当レースで産駒の好走が目立つキングカメハメハを父に持ち、母父は皐月賞馬のネオユニヴァース。その点を鑑みると、相応の舞台適性を備えているものと考えられる。相手強化の壁を突き破ることに苦労した面々が近親に並んでいる点を踏まえると、G1→G3の臨戦過程も好材料。持ち味である機動力を活かすことができれば、浮上の余地は十分にある。

ランガディア
祖母にダイナカール、おばにエアグルーヴを擁する良血馬。母であるマリーシャンタルの高齢が影響しているせいか、出世が遅れているものの、血統背景はここに入っても見劣ることはない。父であるキングカメハメハの産駒が近年の当レースで好パフォーマンスを示している点もプラス材料。父系の相性、ならびに母系の毛並みの良さを踏まえると、互角以上の戦いを繰り広げてもまったくおかしくはない。

サンマルティン
持続質勝負になりやすい当レースの傾向を踏まえると、スピードの持続力に優れたハービンジャーを父に持つことは悪くない。ただ、母は中山芝重賞で勝ち切れず、近い親族をみても中山芝重賞ウイナーはゼロ。ゆえに、東京→中山の臨戦過程がプラスに作用するとは言い難い。加えて、加齢に伴う能力減退を考慮すると、強調材料を見出すのは厳しい印象。劣勢は否めない。

エアアンセム
サンデーサイレンス×ノーザンテーストの肌馬にシンボリクリスエスを掛け合わせることで、各要素のバランスが整った総合力を実現している本馬。半面、突出したファクターに欠けるのも事実で、中央場所の重賞では最後のひと押しが利かない印象。ゆえに、福島→中山の臨戦過程でプラスαを見込めるかどうかについては疑問符が付く。善戦の域を超えるイメージまでは湧いてこない。

マイネルハニー
サンデーサイレンス系×ロベルト系の組み合わせは、近年の当レースにおける活躍配合のひとつ。本馬自身、初の中山芝2000mとなるが、相応の舞台適性を備えているものと考えられる。半面、米国色の濃い父母父と母母父の血脈が強く反映されているせいか、本馬はタメの利かないワンペース型に仕上がっており、目標にされると案外のケースも少なくない。持ち味を活かすには、自ら早めに仕掛けて我慢比べに持ち込むか、あるいは道悪など馬場の恩恵が欲しい。

マウントゴールド
父は持続力と機動力が持ち味のステイゴールド。その父にスピードとパワーを兼ね備えた米国型ナスルーラ系の肌馬を掛け合わせることで、機動力がより強調されている。ゆえに、大箱コースの決め手勝負よりも、小回りあるいは内回りの我慢比べのほうがベター。そのあたりを踏まえると、中山芝2000mの舞台は悪くない。最も得意とする持続力を問われる競馬になれば、ここでも好勝負を期待できる。

ストロングタイタン
父はフォーティナイナー系のリーガルランサム、母父はティズナウという米国色の濃い配合馬。ゆえに、スピードの持続力とパワーに優れている半面、持久力を要求される競馬で好走できるほどのスタミナは備えていない。つまり、時計を要する馬場での我慢比べは不向き。冬の中山コースとなればなおさらだ。血の良さを活かすためには、高速馬場、あるいは馬群がバラける展開など、何らかの助けが欲しい。

ヤングマンパワー
父は当レースと相性の良いスピードとパワーを兼備したノーザンダンサー系。父は全7勝を1200m以下で挙げた典型的なスプリンターだが、中距離指向が強い母系の血脈とうまく融合し、本馬はマイル以上でも対応可能のタイプに仕上がっている。とはいえ、最大の強みであるスピードと機動力の衰えが顕著なうえに、2ハロンの距離延長かつ直線急坂の中山芝2000mとなると、強調材料は無きに等しい。今回は苦しいレースになりそうだ。

ウインブライト
短距離指向の強い母に、全姉は阪神JF2着馬。加えて、近親にハクサンムーンなどがいる短距離色の濃い一族。だが、欧州型の血脈で固められている母系にステイゴールドを掛け合わせた妙から生まれたものなのか、本馬は中距離でも対応可能の仕様になっている。昨年2着の内容が示すように、母方の機動力をフルに活かせる小回りコースはベスト。巻き返しがあっても驚けない。

タイムフライヤー
サンデーサイレンス系×ロベルト系は当レースにおける好走配合のひとつ。トニービンの影響が濃いハーツクライに、ブライアンズタイムのパワーとスタミナを掛け合わせているのだから、秘めている持久力はかなりのものだ。半面、血の重厚さによるものなのか、速い上がりの決め手比べでは後塵を拝すケースが多くなる。勝ち負けに加わるには、時計を要する馬場、もしくは上がりを要する展開が不可欠と言えよう。

ナスノセイカン
父のハーツクライは、当レースで好パフォーマンスを見せている持続力型のサンデーサイレンス系。その父に、母父がスタミナに長けたホワイトマズルとなれば、少なくともタフなコースに対する不安はない。持続力に優れたタイプが幅を利かせやすい当レース向きの血統構成と言えよう。とはいえ、年齢的にピークアウトの感は否めず、相手強化の重賞で激変を期待するのは厳しい印象。上がりを要する展開になった際の、掲示板争いまでが精一杯ではないだろうか。

ブラックバゴ
父であるバゴの産駒は当該コースと好相性。母父のステイゴールドも父として及第点の成績を残している。そもそも本馬自身、中山芝2000mの重賞で幾度も上位争いを演じているのだから、高い舞台適性を備えていることは間違いない。ただし、欧州型の血が濃く反映されているため、速い上がりの決め手比べでは最後の詰めがどうしても甘くなってしまう。特長を活かすには、上がりを要する競馬、あるいは自身から早めに動く積極策が必須となる。

ステイフーリッシュ
ステイゴールド×キングカメハメハという、当レースの好走血脈同士の配合に加え、祖母の父であるシルヴァーホークも当舞台と好相性のロベルト系。このレースにマッチした血統構成と言えよう。叔父にブラックホーク、叔母にはピンクカメオの名が見られるように、秘めたスピード能力もかなりのもの。血の良さを最も活かせる体力勝負になれば、前回以上のパフォーマンスを示してもおかしくない。軽くは扱えない1頭と言えよう。

マイネルサージュ
父のハービンジャーは産駒として、中山芝2000mの重賞勝ち馬を4頭輩出。母父であるサンデーサイレンスも、BMSとして当該コースの重賞で多数の上位入線馬を送り出している。一方で、本馬の中山芝2000mにおける成績が芳しくない点は気がかり。加えて、近い親族に重賞級はおらず、中央場所の根幹重賞では活力の面でパンチが足りない。今回は厳しい戦いを強いられるのではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【有馬記念】ルメール激白!レイデオロ完璧「勝つ!勝つぞ!」 2018年12月17日(月) 13:05

 さぁ、有馬ウイーク突入!! 中央競馬の年末のグランプリ、有馬記念が23日、中山競馬場で行われる。JRA史上初の年間GI8勝、史上2人目の年間200勝達成と大暴れした今年のJRAの“顔”ともいえるクリストフ・ルメール騎手(39)を直撃。ファン投票1位のレイデオロ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡4歳)に騎乗する有馬記念への意気込みを聞いた。メモリアルイヤーの最高の締めくくりへ、まずはサンスポ読者にルメール・スマイル全開だ。



 --今年は年間200勝を達成と、特別な1年になったのでは

 「(自分自身)よくがんばったと思います。去年(199勝で)達成できなかった悔しさも大きかった。ミスをあまりしなかった結果、成績がよくなりました。大きいレースも大事ですが、未勝利戦もメイクデビュー(新馬戦)も全部、大事ですからね」

 --有馬記念は2005年にハーツクライで初制覇。一番印象に残っているのでは

 「そうですね。まだ(日本の)GIを勝っていなくて、初めてのGI勝利(同時に日本の重賞初制覇)。その前のジャパンCで直線は“勝った”と思ったけど、ハナ差で負けた。とても悔しくて、バッドドリームも見ました。なんとかリベンジをしたかった。勝てたときはうれしかった」

 --2着に負かした相手はあのディープインパクトだった

 「ビッグスターでしたからね。スターホースを倒したのもうれしかったけど、一番うれしかったのはGIを勝てたこと」

 --今回は昨年の日本ダービーレイデオロとのコンビで臨む。1週前追い切り(12日・美浦Wコース5ハロン68秒9-13秒1で併せ馬同時入線)に乗った感想は

 「ベストコンディションですね。普段は反応がちょっと遅いんだけど、楽に動くことができた。体も完ぺきです」

 --GI2勝目を挙げた天皇賞・秋と比べて

 「その前より、いいコンディションです。パワーアップしているね」

 --舞台の中山芝2500メートルについて

 「小回りでトリッキーなコース。直線も短い。4コーナーで、ある程度のポジションにいるのが大事です。スタートしてすぐに(1周目の3コーナーの)カーブがあるので、外枠はよくない。できれば内枠がいい。長い距離なので、道中でリラックスして走ることも大事になります」

 --レイデオロ自身のコース適性は

 「ベストな条件だと思います。中山で2回(GIIのホープフルS産経賞オールカマーを)勝っていますから」

 --過去に有馬記念を勝ったときの騎乗馬(2005年ハーツクライ、16年サトノダイヤモンド)と比べて、長所は

 「彼らも長くいい脚を使った。でも、あまり(反応に)シャープさはなかったから、(道中で)いいポジションを取りました。レイデオロはもう少しシャープだけど、できればいいポジションを取りたい」

 --相手関係は

 「まだわからないけど、キセキが一番のライバルになると思う。彼にとって中山はいいコースです」

 --今回への自信は

 「有馬記念は大きなチャンス。自信があります。楽しみですね」

 --色紙に添えた言葉は『Victory!!!』だった

 「ヴィクトリー。勝つ!! 勝つぞ!! だね。今年は年間200勝をできました。もっとたくさん勝ちたいですね」

 --ことしはGI年間最多勝記録も更新した

 「アーモンドアイのような強い馬に乗れたことが大きかったですね。彼女で4つ勝てた。レイデオロのコンディションもよかったので(天皇賞・秋を)勝つことができた。1年でスペシャルホースに2頭も出会えるのは珍しい。普通は(1年で)1頭ずつですからね」

 --自身の今年のベストレースは

 「ベストレースは安田記念モズアスコット=9番人気)です。アーモンドアイは強すぎ。他のジョッキーでも全部勝てる(笑)。モズは我慢して、最後だけパワーを使った。1番人気じゃなかったけど、勝つことができました」

 --人気馬と人気のない馬で、乗り方やアプローチは違うのか

 「その馬の前走は、よく見ています。馬のイメージができるので、乗ったときにミスをしなくなる。データを入れておくことは大事です」

 --ぶっちぎりでリーディングも確定

 「よかったです」

 --やはり騎手としては毎年、獲りたいものか

 「できれば獲りたいですね。でも、毎レース頑張ります。とにかくレースに勝つ、勝ちたい。来年は、そんなに素晴らしいことはできないかも(笑)」

 --ところで、休日のリラックス法は

 「たまにゴルフに行きますね。それと、家族とゆっくり過ごすことかな。いろんなところに出かけたいけど、子どもたちは平日、学校があるからね。週末はレースがあって、海外遠征もある。だから、家の中で一緒に過ごせる時間を大切にしています」

 --海外といえば、来年はアーモンドアイで海外遠征の可能性もある

 「とても楽しみですね。来年も楽しみ。たくさんGIを勝てるといいですね」

[もっと見る]

【有馬記念】ルメール直撃!レイデオロは中山2500メートルがベスト 2018年12月17日(月) 05:08

 JRA史上初の年間GI8勝、史上2人目の年間200勝達成と大暴れした今年のJRAの“顔”ともいえるクリストフ・ルメール騎手(39)を直撃。ファン投票1位のレイデオロに騎乗する有馬記念への意気込みを聞いた。 (取材構成・山口大輝)

 --有馬記念は2005年にハーツクライで初めて優勝

 「初めてのGI勝利となりました。その前のジャパンCで、直線は勝ったと思ったけど、ハナ差で負けた。とても悔しかったです。何とかリベンジをしたかった。勝てたときはうれしかった」

 --2着はディープインパクトだった

 「スターホースを倒したのもうれしかったけど、一番うれしかったのは、GIを勝てたこと」

 --中山の芝2500メートルについては

 「小回りでトリッキー。直線も短い。4コーナーで、ある程度、前のポジションにいるのが大事。スタートしてすぐにカーブがあるので外枠は良くない。できれば内枠がいい。いつもは、3コーナーでペースが上がる。長くいい脚を使える力とスタミナが要ります。(レイデオロにとっては)ベストな条件だと思います」

 --1週前追い切りに騎乗した

 「ベストコンディションですね。動きは良かったです。楽に動くことができた。体も完璧ですね。(天皇賞・秋と比べて)いいコンディションです。パワーアップしているね」

 --過去2勝(ハーツクライ、サトノダイヤモンド)と比べて

 「彼らも長くいい脚を使った。あまりシャープさはなかったから、いいポジションを取りました。レイデオロは、もう少しシャープだけど、できればいいポジションが取りたいです」

 --今回への自信は

 「有馬記念は絶対に大きなチャンスです。自信があります。楽しみです」



★有馬記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【血統アナリシス】ジャパンカップ 減点材料皆無のハーツクライ産駒!持続力を問われる競馬なら英国調教馬が面白い!2018年11月24日() 16:00

日曜日に行われるジャパンカップの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。


アーモンドアイ
父は現役時に最優秀短距離馬に選出されたロードカナロア。近親の活躍馬を見ると、マイラータイプが多い。その点だけを鑑みると、芝2000mから芝2400mへの距離延長は不安材料となる。半面、近年のジャパンカップはマイルG1で好走経験のある3歳馬の活躍が顕著。加えて、セックスアピールやスペシャルという名牝の血が強調された母系ゆえに、底力のみならず最低限のスタミナも補完されている。斤量の恩恵を最大限に活かせる軽い馬場の速力勝負であれば、互角以上の戦いを繰り広げてもまったくおかしくはない。

ハッピーグリン
父はサドラーズウェルズ系のローエングリン。その父に、スピード型サンデーサイレンス系のアグネスタキオン×持久力型ロベルト系のブライアンズタイムの配合馬を掛け合わせることで、均整のとれた好バランスを生み出している。半面、秀でた要素に欠けるのも事実で、ここに入るとパンチ不足の感は否めない。さらに、父サドラーズウェルズ系の当レースにおける成績が沈滞気味である点も不安材料。今回の舞台ではプラス要素を見出せない。

サトノダイヤモンド
父であるディープインパクトの産駒は当舞台で好成績。スピードの持続力を持ち味とする母父ダンチヒ系の相性も悪くない。母は欧州型でありながら南米の中距離G1で活躍した名牝。近親には南米のG1馬が複数並び、スピード、スタミナ、パワーの3要素をバランスよく兼ね備えた牝系と言えよう。ただでさえ、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系配合馬の活躍が目立つジャパンカップ。状態さえまともであれば、ここでも好戦可能とみる。

サトノクラウン
父のマルジュ、母のジョコンダ2ともにガチガチの欧州血統。ゆえに、キレやスピードを求められると案外で、力を要する馬場や持久力勝負でこそのタイプだ。そういった面を踏まえると、一定以上の瞬発力あるいは速力を求められる東京芝コースは不向きと言わざるを得ない。年を重ねたぶん、爆発力が衰えている点も不安材料。得意とする道悪馬場の出現でもない限りは見送りが正解だろう。

ミッキースワロー
父のトーセンホマレボシディープインパクトの直仔でありながら、瞬発力ではなくスピードの持続力を武器に京都新聞杯を日本レコード(当時)で制した珍しいタイプ。その父に、ジャングルポケット(グレイソヴリン系)×リファール系という持続力特化型の肌馬を掛け合わせているのだから、本馬が秘めているスピード持続力はかなりのもの。ゆえに、ハマッたときの破壊力はハンパではない。血の特長を存分に活かせる持久力勝負になれば、上位進出の目はある。

サンダリングブルー
ダンチヒ系×ストームバード系という組み合わせをみるに、相応のスピードを持っていると考えても差し支えない。母父はプレザントコロニー(タップダンスシチーを輩出したプレザントタップの父)の血を母系から受け継ぐフォレストリー。希少になりつつあるヒズマジェスティ(リボー系)の血脈を備えている。ゆえに、軽い芝の2400mなら、こなせるだけのスタミナがあるとみていい。近親にはトラヴァーズSなどを制したカーネルジョンがいるように、母系の底力も不足なし。持続力を問われる競馬になれば、面白い1頭になりそうだ。

サウンズオブアース
当レースで毎年のように上位入線馬を送り出しているサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系の配合馬。もとより本馬自身、2016年の2着馬なのだから高い適性を持ち合わせていることは間違いない。ただし、ハイペリオンをベースとした母方の重厚な血統構成が強く反映されているため、速い上がりを要求されると分が悪い。加えて、加齢に伴う衰えも気になるところ。それなりの走りは見せるかもしれないが、馬券圏内までには至らないのではないか。

キセキ
キングカメハメハ×エアグルーヴに、ディープインパクト直仔の肌馬を掛け合わせた良血馬。ルーラーシップ産駒は当該コースで好成績。近親にはG1戦線で活躍した馬が多数おり、母系の活力と底力についても不足はない。持続力型×スピード型牝馬の配合をみるに、長くいい脚を使える馬が幅を利かせやすい東京芝2400mの舞台は悪くないはず。近年のジャパンカップにおいて、サンデーサイレンス系×ミスプロ系の配合(逆もあり)馬の好走例が多い点も心強い。最も得意とする持久力勝負になれば、侮れない1頭と言えよう。

シュヴァルグラン
ジャパンカップは瞬発力だけでなく、ハイレベルのスピード持続力を要求される舞台。ゆえに、持続力に優れたトニービンを内包しているハーツクライを父に持つ点はプラス材料。持続力と機動力が持ち味の母父マキャベリアンの血脈も適性的にマッチする。一方で、ヘイローの3×4のクロスを内包している点は気がかり。同クロスを持つ馬は、一気にピークアウトする傾向が強く、6歳の秋であることを考慮すれば、昨年の覇者といえども過信は禁物だ。父系の相性の良さと自身の舞台適性でどこまでカバーできるかが、今回のポイントになる。

ガンコ
母父のシングスピールは1996年の勝ち馬。母の父としてもオークスシンハライトを輩出。曽祖母からも多数のG1馬が出ており、優秀な牝系ラインと言えよう。半面、父のナカヤマフェスタはやや重の宝塚記念優勝および凱旋門賞2着の実績が示すようにタフな馬場が合うタイプ。母系も欧州型で固められているため、時計の速い軽い芝は不向き。事実、本馬の芝の勝利は上がりを要する競馬に集中している。馬場悪化など、多くの馬が苦にするような状況にならないと上位進出は厳しいだろう。

スワーヴリチャード
父は持続力に優れたハーツクライ。その父に、パワーとスピードを兼備したアンブライドルズソング×ボールドルーラー系の肌馬を組み合わせることで、バランス抜群の総合力を実現している本馬。スピードの持続力を活かしたいタイプであることは間違いなく、ハイレベルの持続力を求められるこの舞台は歓迎のクチ。ハーツクライ産駒だけに、2000m→2400mの距離延長も問題にならない。コレといった減点材料は見当たらず、前走の敗戦を引きずることがなければ、チャンスはおおいにある。

カプリ
欧州を代表する名種牡馬ガリレオを父に持ち、ノーザンダンサー3×4のクロスを有している良血馬。半面、近い親族をみるとG1に届きそうで届かないタイプが大半を占める。4歳以降、G1でひと押し足りない着順が続いているが、これは母系の底力不足も要因のひとつと言えよう。加えて、愛ダービーを制したあとのG1勝利は、タフなコンディションで行われた英セントレジャー(芝約2920m)のみ。軽い芝で一変するほどのスピード能力は備えていない印象を受ける。本馬と同厩舎&同クールモアグループである昨年のアイダホ(5着)の善戦を考えると完全無視は禁物だが、突き抜けるイメージまでは湧いてこない。あっても3着、というスタンスで構えるのが正解だろう。

ノーブルマーズ
父は2001年の優勝馬であるジャングルポケット。産駒としてもオウケンブルースリトーセンジョーダンジャガーメイルといった好走馬を送り出しており、相応の舞台適性を持ち合わせているものと判断できる。半面、グレイソヴリン系×ロベルト系の配合が示すように、スタミナとパワーに偏りがちな血統構成で、速い上がりの決め手比べになると厳しい印象。持ち味を活かすためには、自ら早めに仕掛けて我慢比べに持ち込むか、もしくは道悪など馬場の恩恵が欲しい。

ウインテンダネス
父のカンパニージャパンカップと相性が良いトニービン経由のナスルーラ系。母父マジックマイルズが属するミスプロ系の当レースにおけるパフォーマンスも悪くない。ただし、父方の重厚な血が強く反映されているため、速い上がりの決め手勝負ではどうしても詰めが甘くなりがち。府中の根幹G1となればなおさらだ。上位争いに絡むには、上がりを要する消耗戦、あるいは高速馬場や道悪など極端な馬場の出現が絶対条件となる。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】京都2歳S 攻め通りなら好レースを期待できるヴィクトワールピサ産駒!前走未勝利勝ちのハーツクライ産駒も好仕上がり!2018年11月24日() 10:00

京都2歳Sの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


クラージュゲリエ
1週前に栗東CWで行われた3頭併せでは、及第点の時計を記録した一方、2歳馬2頭に後れをとる心許ない内容。同じくCWで実施した今週の追い切りも、併走した僚馬を気にする面を出すなど、集中力を欠く走りだった。ただ、踏み込みと蹴り脚の力強さをみるに相当なバネを備えているのは事実。少頭数の競馬で気分を損ねず回ってくれば、能力発揮のシーンもあるかもしれない。

ワールドプレミア
栗東坂路で行われた今週の併せ馬では、追われてからの反応が鈍く、併走遅れを喫してしまった。ただし、稽古は動かない馬。その点を踏まえると情状酌量の余地はある。1週前に坂路でメイチ追いを敢行。18日にはCWで長めから追われて追走先着を果たしているように、中間の調整はこの馬なりに順調。軽んじて扱えない1頭と言えよう。

スズカカナロア
中1週と間隔が詰まることもあってか、この中間の時計は栗東坂路で行われた最終追い切りの1本のみ。その最終追い切りについても、しっかりと追われた割に時計は平凡。登坂途中から苦しくなって、ラチ側に体が流れて行く冴えない内容だった。ひと叩きされたが良化は感じられない。今回は割引が必要だろう。

ペルソナデザイン
1週前、今週と南Wにて池添騎手を背に併せ馬を実施。今週の追い切りでは、シャープな伸び脚を披露した。まとまりのあるフォームと弾力性のあるフットワークはなかなかのもの。中間の乗り込み量も豊富で、コレといったマイナス材料は見当たらない。輸送をクリアできれば、かなりいい状態でレースに臨めるのではないか。

ミヤケ
今週の追い切りは栗東CWにて長めから3頭併せを実施。キッチリと追走先着を果たした。ただし、追われてからの伸びは今ひとつ。脚捌きこそスムーズだが、全体的にワンペースの走りで切れ味に欠ける印象。時計を要する馬場や直線急坂のコースならともかく、京都芝2000mの重賞では期待よりも不安のほうが大きい。

ブレイキングドーン
栗東CWと栗東坂路を交えて、この中間の調整はすこぶる順調。ゆえに、競争除外の影響はないものと考えても差し支えない。CWで行われた今週の併せ馬では、古馬1000万下を相手にキッチリと追走先着。最後に手前を替えた点は気がかりだが、それまでのトビの大きいダイナミックな走りは目を引くものがあった。攻め通りなら好レースを期待できそうだ。

セイカヤマノ
南Wで実施した1週前追い切りは、新馬に後れをとる不甲斐ない内容。同じく南Wで行われた今週の追い切りでは、先着を果たしたものの、大きく先行していたうえに併走相手が2歳未勝利とあっては、胸を張れるものではない。中間の内容を確認する限り、上り目に乏しい印象。今回は見送りが正解ではないか。

ミッキーブラック
7日に栗東坂路で自己ベストを叩き出したあと、平凡な内容が続いていたが、今週の坂路追い切りで一変。鞍上の仕掛けに鋭く反応し、併走相手の古馬1000万下を一蹴した。力強い脚捌きで登坂するさまはなかなかのもの。前回の中間とは異なり、CWで長めから併せ馬を行っていない点は気がかりではあるが、決して雰囲気は悪くない。上位争い可能のデキとみる。

ショウリュウイクゾ
帰厩後は栗東CWと栗東坂路を併用して調教を重ねているが、攻め巧者の本馬にしては時計が詰まってこない。栗東坂路で行われた今週の追い切りについても、ウェスタールンドを相手に先着を果たしたとはいえ、ラスト2Fのラップは25秒3-12秒7。後傾ラップをバンバン刻んでくるタイプだけに物足りない印象を受ける。視点を変えると、この状態で勝ち負けになれば、今後の見通しがかなり明るくなるのだが……。本当に良くなるのは、ここを叩いてからではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツクライの関連コラム

秋華賞2018

2018年10月10日(水) 15:00

覆面ドクター・英

閲覧 1,332ビュー コメント 0 ナイス 6

前回のスプリンターズS編。自信の本命◎ファインニードルは着差は小さくとも明らかに強い勝ち方で、何度やっても勝つんじゃないかという勝ち方でそこまでは良かったのですが......。馬場が悪くて荒れ過ぎな日で、2着、3着がダメでした。特に、好調武豊騎手が腕だけで人気薄を3着に持ってきたのには参りましたね(笑) 後付けで近年のスプリンターズSと好相性のフォーティーナイナー系とも言えるのですが。

秋華賞は、上位を形成するであろう馬たちが順調さを欠いたりでぶっつけ本番(予定通りのぶっつけ本番も)となるので、それが荒れる要因にはなりそう。断然人気となるアーモンドアイは、その当初からのここ直行ローテであり、おそらくジャパンカップあたりが最大目標での始動戦となるのでは。

それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 アーモンドアイ:予定通り、休み明け初戦での参戦だが、能力的にここも通過点か。斤量差を生かせばジャパンカップでもやれていい(昔は3歳牝馬がJCとかって論外だったのですが)、新時代を象徴する馬。内で包まれたりしなければ末脚は鋭い。

2番人気想定 ラッキーライラックアーモンドアイがいなければ、といってもしょうがないのだが例年なら2冠馬になっていてもおかしくない馬。順調さを欠き、本番前のひと叩きは叶わなかったが1週前追い切りの動きは鋭く、全く問題なさそう。オルフェーヴル譲りの成長力で更に強くなっている可能性もありそうで、アーモンドアイが差し遅れた際に勝ち切れればいいが、といったところか。

3番人気想定 カンタービレ:前哨戦のローズS勝ちで本番を迎えるが、フラワーC勝ち→オークス惨敗だったように、トライアルレースで強く本番はイマイチなタイプではと見ている。勝ち方はゆとりあったが、人気だけに評価は下げたい。

4番人気想定 サラキア:春はチューリップ賞もフローラSも4着で、桜花賞オークスも出られなかったがローズS2着で出走権。一瞬の脚はあり、本番ではカンタービレよりこっちに期待か。

5番人気想定 プリモシーン:3歳馬ながら関屋記念を51㎏で鋭く差して勝ってきたが、京都内回りの2000mはあまり向いていないのでは。

6番人気以下想定
ミッキーチャーム:3連勝で本番に臨む上り馬。前走は横山典騎手が「逃げるつもりはなかった」というが、札幌1800mを逃げて3馬身半差の圧勝。前で勝負できる強みを生かして、本番でも好走可能では。京都内回り向きの先行力があって楽しみな存在。

オールフォーラヴ:忘れな草賞勝ち馬だが、ローズSで9着だったように成長力がいまひとつか。大駆けはあまり期待できないタイプでは。

ウラヌスチャーム:父に似て序盤でもたつき終盤は追い上げてくるタイプだが、秋華賞向きではないか。

パイオニアバイオオークスは後方から詰めてきて7着。紫苑Sも後方から詰めてきて4着とこちらも序盤でもたつく馬で、器用さは無く、同様に秋華賞でというタイプではないか。

ゴージャスランチ:忘れな草賞、スイートピーSともに3着、ローズSで4着と、それなりに善戦するが足りないタイプでG1で、大駆けを期待できるタイプでない。

トーセンブレス:見栄えのする末脚で穴人気になりやすいがオークスは取り消し、ローズSで15着だったように、あまり買える要素は無い。

ランドネ:ロベルト系のマル外で瞬発力が足りないタイプ。馬格はあるので、先々はダート路線で活躍してきそうだが、ここでは足りなそう。

スカーレットカラー:フレグモーネで休んだり、ローズSでは不利を受けて惨敗したりと、流れが来ていない印象の馬で特に買う要素は無い。

サヤカチャンリーチザクラウン産駒で早い時期が良かったのかアルテミスSではラッキーライラックの2着だったが、以降は2桁着順が9戦中7戦と期待できず。

ラテュロス:昨年10月のアルテミスSラッキーライラックの3着だった馬が、トライアルのローズSでも3着してきたが、やはりトップグループには少し届かないか。

サトノガーネット:10/2の500万下を勝って中1週。間隔を詰めて使う矢作厩舎とはいえ、まだまだ将来性のありそうなこの馬を無理に使ってこないのでは。もし使ってくるようなら3着はあるかもだが。

ハーレムライン:春は3連勝でアネモネSを勝ち桜花賞にたどりつくも、馬体がだんだん減り本番ではお釣りなく14着と惨敗。秋の始動戦の紫苑Sでは10番人気5着とそこそこの好走で、馬体重を26kg増やしてきたのは好材料ではある。

リュヌルージュ:9/22の1000万下で3着してきたが、低レベルな牝馬限定戦でここでは通用は難しそう。

オスカールビー:500万下ではあるが前走(9/16中山2000m)で大逃げを打って7馬身ちぎってきたように、ハーツクライ産駒らしく晩成気味ながらも楽しみな馬。賞金的に出走ならずか。

ダンサール:2月の新馬勝ちの後は半年休んで8月から始動し、前走9/22の500万下で5馬身ちぎって勝ってきた。こちらも、ハーツクライ産駒らしく実力をつけてきていて先々は楽しみだが、ここには賞金的に間に合わなそう。

カレンシリエージョ:札幌2歳Sで3番人気に推されたように、デビュー当初は期待されていた馬。ただ、その後の成長が一息で、紫苑Sでも10着で出走自体も難しそう。

サラス紫苑Sでは3番人気に推されるも、道中でごちゃつきにも阻まれ13着と惨敗。賞金も積めず出走は難しそう。


<まとめ>
ぶっつけ本番でも上位2頭は強く崩れないだろう。
人気だけに相手を絞って勝負の予定。

本命候補:アーモンドアイラッキーライラックは強い。

ヒモ候補:サラキアミッキーチャーム


登録済みの方はこちらからログイン

2018年7月3日(火) 16:25 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2018) ~第6回 未出走の有力馬をピックアップ~
閲覧 2,490ビュー コメント 0 ナイス 4

 早いもので通算6シーズン目となる「ウマニティPOG 2018」の開幕からおよそ1か月が経過しました。先週までにJRAのレースでデビューした2歳馬は396頭。そのうち39頭が既に勝ち上がりを果たしています。7月22日には函館2歳ステークス(2歳GⅢ・函館芝1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。シーズン最初の山場と言っていいでしょう。

 ただ、私が繰り返し強調している通り、最終的な順位を左右するようなビッグレースが施行されるのはまだまだ先。しかも、スペシャルワールドを除く各ワールドはこれから仮想オーナー募集枠が順次開放されていくため、入札に勝てばまだどの馬も獲得が可能です。いまからエントリーする方でも優勝を狙えるようなルールになっていますので、ご興味を持った方はぜひ入札に参加してみてください。

 今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬をまとめてみました。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月2日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「東西のトレーニングセンターで6月1日から7月2日までの期間中に坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。今回はその中から注目すべきファクターごとに該当馬をご紹介します。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは第1回入札前の時点における「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」で100位以内に入っていた馬から。末尾に付記したのは「注目POG馬ランキング(2018/06/01 18:00更新)」の順位、並び順は父名順→母名順です。

●ワールドウォッチ(牡 父Iffraaj/母Baldovina 厩舎未登録) ※100位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
テンペスタージ(牡 父オルフェーヴル/母ディラローシェ 戸田博文厩舎) ※95位
シェドゥーヴル(牡 父オルフェーヴル/母ヒルダズパッション 木村哲也厩舎) ※25位
アルママ(牡 父オルフェーヴル/母ホエールキャプチャ 畠山吉宏厩舎) ※73位
ブラヴァス(牡 父キングカメハメハ/母ヴィルシーナ 友道康夫厩舎) ※3位
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
レッドエンヴィー(牡 父ジャスタウェイ/母スタイルリスティック 須貝尚介厩舎) ※23位
ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位
アメリカンウェイク(牝 父ハーツクライ/母アナアメリカーナ 斉藤崇史厩舎) ※34位
カテドラル(牡 父ハーツクライ/母アビラ 池添学厩舎) ※49位
グロリアーナ(牝 父ハーツクライ/母ベネンシアドール 木村哲也厩舎) ※82位
バイキングクラップ(牡 父ハーツクライ/母マジックストーム 堀宣行厩舎) ※22位
キタサンバルカン(牡 父ルーラーシップ/母ウィズザフロウ 奥村武厩舎) ※91位
ウラノメトリア(牡 父ルーラーシップ/母ミクロコスモス 矢作芳人厩舎) ※29位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位

 例年もこの時期にほぼ同様のルールで一覧を作成していますが、昨年はジェネラーレウーノワグネリアンが、一昨年はソウルスターリングダンビュライトがいました。秋にデビューするのが“王道”と言われた時代は完全に過ぎ去り、この時期からの始動がクラシック戦線を目指す馬の“セオリー”になった印象すらあります。
 なお、報道によると、注目POG馬ランキング3位のブラヴァスヴィルシーナの2016)は7月8日に中京芝2000mの2歳新馬で、同11位のプランドラー(プラウドスペルの2016)は7月22日に中京芝2000mの2歳新馬でデビュー予定とのこと。どちらも面白いレースになるんじゃないでしょうか。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「POG的データ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介していきます。
 やはり気になるのはディープインパクト産駒。該当馬は下記の通りでした。

ゲンティアナ(牝 父ディープインパクト/母アゼリ 松永幹夫厩舎) ※38位
ベルヴォワ(牝 父ディープインパクト/母アルーリングボイス 矢作芳人厩舎) ※198位
●サトノソロモン(牡 父ディープインパクト/母イルーシヴウェーヴ 厩舎未登録) ※9位
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
シェーングランツ(牝 父ディープインパクト/母スタセリタ 藤沢和雄厩舎) ※14位
マジックリアリズム(牝 父ディープインパクト/母ソーマジック 尾関知人厩舎) ※250位
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ダノンキングリー(牡 父ディープインパクト/母マイグッドネス 萩原清厩舎) ※164位
サトノジェネシス(牡 父ディープインパクト/母マルペンサ 堀宣行厩舎) ※6位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
サトノエルドール(牡 父ディープインパクト/母ミゼリコルデ 国枝栄厩舎) ※331位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
●メイショウテンゲン(牡 父ディープインパクト/母メイショウベルーガ 厩舎未登録) ※653位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位
コントラチェック(牝 父ディープインパクト/母リッチダンサー 藤沢和雄厩舎) ※63位
セントレオナード(牡 父ディープインパクト/母リリーオブザヴァレー 堀宣行厩舎) ※79位

 該当馬の大半はいわゆる“POG本”などでも大きく取り上げられていましたが、注目POG馬ランキングがそれほど高くない馬もいますから、ひと通りチェックしておきたいところです。

 ノーザンファームの生産馬は93頭もいたので、その中から注目POG馬ランキングが101~500位だった馬をピックアップしてみました。穴っぽい種牡馬の産駒を含め、こちらもそれぞれ期待できるのではないかと思います。

ウィクトーリア(牝 父ヴィクトワールピサ/母ブラックエンブレム 小島茂之厩舎) ※204位
シャルマント(牝 父エンパイアメーカー/母ライツェント 鹿戸雄一厩舎) ※300位
アスカリ(牡 父キングカメハメハ/母フィロンルージュ 西園正都厩舎) ※112位
スコッチリール(牝 父ジャスタウェイ/母ストラスペイ 林徹厩舎) ※387位
●ヴェロックス(牡 父ジャスタウェイ/母セルキス 厩舎未登録) ※229位
ディキシーナイト(牡 父ダイワメジャー/母カメリアローズ 国枝栄厩舎) ※249位
ミトロジー(牡 父ダイワメジャー/母リードストーリー 尾関知人厩舎) ※378位
メッシーナ(牝 父ディープインパクト/母シユーマ 萩原清厩舎) ※124位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ボスジラ(牡 父ディープインパクト/母ミスパスカリ 国枝栄厩舎) ※187位
バンクショット(牡 父トーセンジョーダン/母バプティスタ 池添学厩舎) ※283位
アルテヴェルト(牡 父ハーツクライ/母アルテリテ 庄野靖志厩舎) ※253位
コパカティ(牝 父ハービンジャー/母アロマティコ 佐々木晶三厩舎) ※196位
マジストラル(牡 父ハービンジャー/母アンブロワーズ 高野友和厩舎) ※203位
ピサノメタルシティ(牡 父ハービンジャー/母グレイトフルデッド 武幸四郎厩舎) ※431位
ストームリッパー(牡 父ハービンジャー/母スピードリッパー 鹿戸雄一厩舎) ※404位
フィリアプーラ(牝 父ハービンジャー/母プリンセスカメリア 菊沢隆徳厩舎) ※266位
チェサピークベイ(牡 父ハービンジャー/母フロールデセレッソ 戸田博文厩舎) ※364位
ウレキサイト(牡 父ブラックタイド/母ラフィントレイル 松永幹夫厩舎) ※462位
イベリスリーフ(牝 父ヘニーヒューズ/母クローバーリーフ 中舘英二厩舎) ※273位
ドラウプニル(牡 父ルーラーシップ/母ヴェルザンディ 斉藤崇史厩舎) ※262位
ディアンドル(牝 父ルーラーシップ/母グリューネワルト 奥村豊厩舎) ※252位
スイートウィスパー(牝 父ルーラーシップ/母ケアレスウィスパー 萩原清厩舎) ※340位
ゲインスプレマシー(牡 父ルーラーシップ/母スカーレットレディ 高柳瑞樹厩舎) ※214位
レッドシルヴァーナ(牝 父ロードカナロア/母シルバーフォックス 松田国英厩舎) ※146位
ニューポート(牡 父ロードカナロア/母ハッピーパレード 石坂正厩舎) ※356位
エスタジ(牝 父ロードカナロア/母マリーシャンタル 木村哲也厩舎) ※115位
セイクリッドキング(牡 父ロードカナロア/母モアザンセイクリッド 加藤征弘厩舎) ※457位
ヴィアロマーナ(牡 父ロードカナロア/母ローマンエンプレス 久保田貴士厩舎) ※237位
ローザジルベルト(牡 父ワークフォース/母ローズバド 橋口慎介厩舎) ※230位

 調教師別成績の上位組を見ると、下記の馬たちが入厩済みです。

池江泰寿調教師>
クラージュゲリエ(牡 父キングカメハメハ/母ジュモー 池江泰寿厩舎) ※76位
ダノンチェイサー(牡 父ディープインパクト/母サミター 池江泰寿厩舎) ※16位
プランドラー(牡 父ディープインパクト/母プラウドスペル 池江泰寿厩舎) ※11位
アイトマコト(牝 父ディープインパクト/母ラヴェリータ 池江泰寿厩舎) ※163位

中内田充正調教師>
デュアラブル(牝 父Curlin/母ハリケーンフラッグ 中内田充正厩舎) ※209位
ダノンジャスティス(牡 父Kingman/母マンビア 中内田充正厩舎) ※46位
ピンクブロッサム(牝 父ハービンジャー/母ルナレガーロ 中内田充正厩舎) ※846位
メイショウハート(牡 父メイショウボーラー/母デビルインマインド 中内田充正厩舎)

角居勝彦調教師>
トーセンカンビーナ(牡 父ディープインパクト/母カンビーナ 角居勝彦厩舎) ※158位
サターン(牡 父ディープインパクト/母シャンロッサ 角居勝彦厩舎) ※42位
エルモンストロ(牡 父ルーラーシップ/母ミンティエアー 角居勝彦厩舎)

音無秀孝調教師>
クリソベリル(牡 父ゴールドアリュール/母クリソプレーズ 音無秀孝厩舎) ※78位
ミッキーバディーラ(牝 父ディープインパクト/母バディーラ 音無秀孝厩舎) ※88位
ミッキースピリット(牡 父ディープインパクト/母フリーティングスピリット 音無秀孝厩舎) ※323位
ジョニーズララバイ(牡 父マンハッタンカフェ/母メジロアリス 音無秀孝厩舎) ※241位

浅見秀一調教師>
ブラボーフェスタ(牡 父ナカヤマフェスタ/母スギノエスペランザ 浅見秀一厩舎)

藤原英昭調教師>
ラピタ(牡 父エイシンフラッシュ/母パイタ 藤原英昭厩舎) ※200位
ラズライトノヴァ(牡 父オルフェーヴル/母アナスタシアブルー 藤原英昭厩舎) ※37位
ロードアブソルート(牡 父キングカメハメハ/母パーフェクトトリビュート 藤原英昭厩舎)
ビックピクチャー(牝 父ディープインパクト/母ネヴァーピリオド 藤原英昭厩舎) ※110位
ノーブルスコア(牝 父ディープインパクト/母ファイナルスコア 藤原英昭厩舎) ※61位
ディープサドラーズ(牡 父ディープインパクト/母メイキアシー 藤原英昭厩舎) ※165位
バニュルス(牡 父ロードカナロア/母ピーチブローフィズ 藤原英昭厩舎) ※89位
エイカイキャロル(牝 父ロードカナロア/母ラフェクレール 藤原英昭厩舎)

 当然ながらこのあたりも将来のスター候補ですし、意外と注目されていない馬もいるので、ぜひチェックしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2017秋~2018』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2018年5月15日(火) 15:15 覆面ドクター・英
オークス2018
閲覧 2,670ビュー コメント 0 ナイス 16



先週の振り返りから。ヴィクトリアマイルは、1着と3着が、トップ種付け料4000万円のディープインパクト産駒で、2着が種付け料800万円と第3位のハーツクライ産駒でした。人間でも娘は父親似が多いように((?)ウチは二人ともそうです)、牝馬は父の影響がより強い印象で、ディープインパクトが牝馬のほうが活躍馬の多いフィリーズサイアーと言われたりするのも、牝馬のほうがよりストレートに自分の能力を伝えられるからなのかもしれません。先週のコラムで推奨した馬たちの決着だったのですが(ジュールポレールは昨年同様やれてよい、リスグラシューは人気ほど抜けた実力でないが当然やれてよい、レッドアヴァンセは2週連続で激走のある血統)、軸にしたアドマイヤリードがさっぱりで……。雨の影響を考えてステイゴールド産駒を抜擢したのですが、雨は考えないほうが的中に近づいていたようです。

さて、今週はオークスがやってきました。桜花賞組対「マイルでは足りないかという、はじめからオークス狙い組」との対決になります。この時期の牝馬にとって2400mというのはどの馬にも長くてタフな条件であり、能力で距離をこなすのか、この距離に適性があるタイプが台頭するかというレースでもあります。余談ですが、5月は固定資産税の請求が毎年来る月でもあり、まずは固定資産税分くらいはG1で稼ぎたい、ついでに3軒分土地を買い建てた我が家の残り20年分のローンもWIN5で一気の完済をして、より自由な身となりたい(笑)


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 アーモンドアイ 桜花賞は豪脚繰り出して圧勝を見せており、まだまだ幼い感じがありマイルCSあたりで狙おうと思っていたのだが、いきなり結果を出してしまった。母が桜花賞2番人気14着、オークス2着、秋華賞3着、エリザベス女王杯1着だったように、むしろ距離不足が心配なタイプだったので、ロードカナロアを短距離種牡馬だと誤解している人たちを尻目にここでもしっかり評価したい。ロードカナロアはまだ今よりだいぶ若かった福永騎手じゃなかったら、マイルから1800mを中心に使っててもおかしくなかったんじゃないかと思われる。距離不安で人気落としてくれればむしろ幸い。

2番人気想定 ラッキーライラック チューリップ賞と桜花賞が全く同じ時計の1分33秒4と、自分の力は出し切っており、桜花賞は負けたが仕方なかった状況。母がフォーティーナイナー系×シアトルスルー系で距離はマイルまでなんて競馬記事も見るが、全然そんなことは無いと思っている。ハーツクライもそうだが、スタミナ種牡馬は母系がスピード系くらいがちょうど良く、日本の馬場でのこのくらいの距離は全然問題なくこなす。そもそもオークスは能力で同世代同士なら距離こなすことの多いレースで、母系から消すのはナンセンス。

3番人気 サトノワルキューレ 4戦3勝でトライアルのフローラSでもスローの流れを最後方から、上り3F33.4秒と豪脚を見せて勝ち切った。角居厩舎らしく無理使いせず、ここを目標にやってきて、当然通用の一頭。

4番人気想定 リリーノーブル 新馬、白菊賞と連勝した馬でデビューから5戦連続マイルを使ってきたが、ルーラーシップ産駒だけに距離は延びても悪くはないのでは。500kg前後の雄大な馬格もあり、特に消し要素も無い。

5番人気想定 マウレア 桜花賞馬のアユサンの下で、この馬もデビューから6戦続けてマイルを使われてきたように桜花賞を意識していたのだろう。姉はオークスで4着だったが、後に秋華賞エリザベス女王杯を制したり、ヴィクトリアマイルで2着するメイショウマンボデニムアンドルビーに負けただけで、血統的に距離が長かったとするのは早計か。ただ今年は上位馬のレベルが高く、掲示板の下の方に来ることができればといったところか。

6番人気想定 オールフォーラヴ 以前は忘れな草賞組も侮れない勢力だった時期もあったのだが、今年もレベルの高くないレースだったので、ばっさり消すのが良いのか。

7番人気想定 トーセンブレス オークスにリンクすると言われていたフラワーCの2着馬で、桜花賞では終わった頃に差してきて4着だったが、距離が延びて良さそうに見えて距離が延びてもやはり届かず、のタイプなのでは。

8番人気以下想定
カンタービレ スタミナを問われるのでオークスとリンクしそうな先述のフラワーCの勝ち馬だが、今年は特にレベルの高くないレースだったので要らなそう。

レッドサクヤ エルフィンS勝ちで、桜花賞7着とゆっくり力をつけてきている。社台F&藤原英厩舎らしく無理使いせずに上昇してきた。頭までは無さそうだがヒモには入れたい。

パイオニアバイオ 惜敗続きで勝ち上がりまでに8戦を要したが、未勝利勝ち後にいきなりフローラSで13番人気2着とルーラーシップらしいゆっくりした上昇みせている。

ゴージャスランチ 忘れな草賞もスイートピーSも3着と、強くない相手にも勝ち切れないようでは、ともにあまりレベルの高くないレースだっただけに......。2400mだから特に良さそうでもなく要らなそう。

オハナ 母母が名牝ノースフライトで、堀厩舎にオーナーは金子さんと人気要素満載なのだが、410kg台の小さな身体でビシビシ調教を積めずで、新馬、菜の花賞と連勝した後はクイーンC4着、フローラS14着と結果を出せていない。繁殖に上がってからに期待の馬か。

ロサグラウカ 母母がローズバドの良血馬でデビュー戦が2000m、2戦目が中山2200mの水仙賞を選んで連勝してきたように、スタミナに自信があるのだろう。間隔が空いたのは微妙だが、順調に成長していれば血統的にも通用しておかしくない底力を秘めているのでは。

スカーレットカラー フレグモーネのため出走回避。出走していても厳しかっただろう。

トーホウアルテミス 忘れな草賞で11着と惨敗したが、自己条件の矢車賞を8番人気ながら快勝してきた。トーホウジャッカルトーホウアマポーラの下でポテンシャルはあるのだろうし、ハーツクライ産駒だけに距離が延びるのはいいのだろうが、成長は秋以降か。

サヤカチャン アルテミスSラッキーライラックの2着したあとは低迷が続いている。種牡馬リーチザクラウン自体は母系が非常に優秀なのでこのくらいやれて全然おかしくないのだが、この馬自身は......。既に12戦使っているように、ちょっと伸び悩み。

ランドネ マル外で父はロベルト系のブレイム、母がエーピーインディ系で、500kg近い雄大な馬体からも、先々は牝馬交流重賞あたりが活躍の場となるのではないか。距離自体は良いのだろうが、東京の長い直線は向かなそう。

ウインラナキラ 未勝利勝ちしかなく、自己条件の500万下でも6着に負けているようでは望み薄。

シスターフラッグ 昨年7月にいきなり函館で新馬勝ちするも、以降結果出せず。父ルーラーシップだけに、そのうち上昇してくるのかもしれないが既に7戦使っており、ここは要らなそう。


<まとめ>人気上位馬が強い。
有力馬 アーモンドアイラッキーライラックサトノワルキューレリリーノーブル

穴馬 レッドサクヤパイオニアバイオロサグラウカ

[もっと見る]

2018年4月24日(火) 13:30 覆面ドクター・英
天皇賞・春2018
閲覧 3,148ビュー コメント 0 ナイス 17



先週土曜は大勝も、日曜は荒れ過ぎて難しかった印象でした。土日トータルでは大勝ちできて、まずは何よりです。さて、今週末の春の天皇賞は、距離的にも、高速決着になることからもかなりの特殊条件で行われるG1。似たような条件ばかりでなく多様性が日本の馬産の底上げには必要だと思っている私としては、ぜひ一部の距離短縮要望論に負けずに、これまで通りの条件で施行していって欲しいと思っているレースのひとつでもあります。数十年後には欧米でも、豪でも香港でもドバイでも、日本馬が勝ちまくりなんて時代が来てくれて、北海道の馬産地も潤っているといいなーと思っています。距離短縮論については、中距離G1の大阪杯が出来たので、もう大丈夫なのかもしれませんけどね。
本題の予想のポイントとしては、特殊条件であるが故に、やはりこの条件にいかに適性があるかというところでしょう。昔と違って阪神大賞典と直結しなくなっているのは、同じ3000m超という条件ではあっても阪神と京都でパワータイプか高速タイプかで適性が違うところではないでしょうか。ただ雨が降って道悪にでもなれば、また話は変わってきますが......。


それでは恒例の全頭診断を。

1番人気想定 シュヴァルグランキタサンブラック引退後は、JC勝ち馬でもあることから古馬最強馬として期待されつつ迎えた今年初戦、大阪杯では4番人気13着と惨敗。ただこの敗戦は陣営にとっては織り込み済みのはずで、天皇賞・春を勝つために、敢えて疲労を残さない距離不足の大阪杯を叩いて、適条件のここを勝ちに来た高速ステイヤー。当然最有力。

2番人気想定 レインボーライン阪神大賞典で強い勝ち方をしての参戦となる。NHKマイルCで3着、菊花賞サトノダイヤモンドの2着、極悪馬場の秋の天皇賞でもキタサンブラックの3着したりと、大一番でも上位に来るが勝ち切れないイメージを持たれ続けながら、一転前走の勝ちで人気となりそう。疲労の残るレースで調教も軽めで良馬場京都の高速決着になると、人気を裏切るシーンも。450kg前後の小さい馬で「58kgもきつかった」と昨年のこのレース12着後にM・デムーロ騎手のコメントもあり、押し出された上位人気な感じのある今回は評価下げるのが妥当か。ただ重馬場は鬼で、馬場次第でもあるか。

3番人気想定 クリンチャー菊花賞前のコラムで凱旋門賞向きではとコメントした馬だが、不良馬場の菊花賞で2着し、重馬場の京都記念で断然人気のレイデオロアルアインを破り、1.9倍の断然人気に押された阪神大賞典は36.6秒の上りしか使えず3着敗退。阪神で瞬発力負けしてるようでは、京都の良馬場では厳しそうで、雨乞いが必要か。ただ、仮にここを負けても凱旋門賞は向くと思うので是非行って欲しいところなのだが……。

4番人気想定 ガンコ:デビューから芝4戦を使うも勝ち上がれず、ダートをずっと使ってきたところ、芝に戻して1000万下勝ちを含め4戦3勝。日経新春杯でも3着、日経賞でG2勝ちと勢いはある。地味なナカヤマフェスタ産駒だが、ナカヤマフェスタ凱旋門賞2着(勝ち馬がワークフォースであることからもいかに日本の競馬と違う適性かわかるかと思いますが)と、高い能力示したステイゴールド系であり、良馬場もクリンチャーらよりは対応可能ではとみている。

5番人気想定 サトノクロニクル:デビューから6戦連続1番人気だったように、初めは人気先行だった。57kgを背負って1番人気で負けたラジオNIKKEI賞の後には、同世代の3歳夏にハンデ戦で7kgも斤量差あるのはいかがなものか、と川田騎手のコメントもあったが、母系はロベルト系やニジンスキーやシカンブルの名があるように長距離向きで、暮れのチャレンジCはG3でも強敵揃いの中でデニムアンドルビーに競り勝ち、前走の阪神大賞典でも2着とようやく素質が開花してきた印象。意外と人気にならなそうで、デビュー後は鋭い末脚も繰り出しており、ハーツクライ産駒らしいやや晩成な感じもあり、シュヴァルグランとのハーツクライ産駒ワンツーもあるのでは。

6番人気想定 アルバート:現役屈指のステイヤーだが、一昨年6着、昨年5着と京都の高速決着は本質的には向かないのだが、今回は相手レベルが下がって通用してもおかしくない。鞍上もずぶい牡馬の長距離戦に向かない、牝馬やマイルまでがいい福永騎手だったので乗り替わりもプラス。

7番人気想定 チェスナットコート:勝ち上がるまで6戦を要したようにハーツクライ産駒らしい晩成型で、年明けから1000万下、準オープンと連勝して日経賞でも2着と強くなってきたが、初の58kgで3200mはキツイのでは。

8番人気想定 トーセンバジル:昨年の阪神大賞典サトノダイヤモンドの3着、昨秋の京都大賞典でも2着、香港ヴァーズ(2400m)でも3着と長距離戦なら強敵相手にも食らいついていく一方、準オープン勝ち後は勝ち切れず、ヒモに入れるかどうか程度か。

9番人気想定 カレンミロティック:10歳セン馬となったが、衰えは小さく、3年前にゴールドシップの3着、2年前にキタサンブラックの2着(4つ下のシュヴァルグランがこの時3着)と京都長距離という最適条件なら、まだそこそこやれておかしくない。

10番人気以下想定
スマートレイアー:様々な条件で脚質も追い込みから逃げまで駆使して活躍してきたが、昨秋の京都大賞典1着の後は衰えてきたのか凡走続き。8歳牝馬だけにさすがに上がり目無い。

ミッキーロケット神戸新聞杯サトノダイヤモンドをひやっとさせる2着や、菊花賞後の適距離である年明けの日経新春杯勝ちした頃は期待されていたが、その後8戦は相手が強くなかった中日新聞杯メートルダールの2着が最高と伸び悩み。この距離が特に良いわけでもなく厳しそう。

ソールインパクト:人気先行型で若い時期から期待されつつ、1000万下を勝ち上がるのに3年近くかかったが、アルゼンチン共和国杯でラッキーな2着してオープン入り。ただここでどうこう言うレベルではない。

ヤマカツライデン:しぶとさを失った逃げ馬は買えない。

シホウ:オープン実績ゼロで足りない。

ピンポン:血統の字面だけ見たらいいのだが、オープン芝実績ゼロで要らない。

トミケンスラーヴァ:三流ステイヤー向きの万葉S勝ちはあるが、阪神大賞典で10着と惨敗しているように実力不足。

トウシンモンステラ:オープン特別でも掲示板に乗れるかどうかまでしか実績の無い8歳馬で、要らない。


<まとめ>
最有力 シュヴァルグラン

ヒモに ガンコサトノクロニクルアルバートカレンミロティック

ヒモ穴要員 チェスナットコートトーセンバジル

道悪でないと厳しいかもしれない人気馬 レインボーラインクリンチャー

[もっと見る]

2018年1月11日(木) 18:00 【ウマニティ】
【超満員御礼】年間トップの動員数を記録!有馬記念必勝馬券検討会レポート
閲覧 1,433ビュー コメント 0 ナイス 24

昨年末、12月22日(金)に新橋Gate J.で開催された「有馬記念必勝馬券検討会」は定員70名の会場に300名近いお客様にご来場いただき、大盛況!
Gate J.年間動員数トップに輝きました(^^)/
ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました!

それでは早速ですが、イベントの模様をお届けしたいと思います!(^^)!





司会進行はお馴染み、清水久嗣さん、ウマニティ公認サポーターの山内菜緒さん。熱気溢れる場内、いよいよイベントスタートです!今回の討論開始は注目のラストラン、キタサンブラックから!





『この馬に関してはもう語ることはありません。指数的にも抜けてますので頭固定でいいでしょう』と河内一秀プロ。そしてキタサンブラックをこれまで『恵まれすぎ』と低評価だったスガダイプロまでが『普通に1番勝つ確率が高い、枠順の並びを見ても勝ってくださいと言わんばかり(笑)』ともはや否定する人がいない状況。



そして2番目の討論馬はデムーロ騎手鞍上のスワーヴリチャード。この馬に関しては夢月プロが『皐月賞を見れば右手前でしか走れない馬の可能性が高いです。実力は現役最強クラスですが、今回はこの人気なら消しです』と力強いコメント。




そして3頭目がジャパンカップを制したシュヴァルグラン。この馬に関しては栗山求プロが『今開催の中山はとにかくハーツクライ産駒がものすごく馬券に絡んでいます、古馬になって本格化したハーツクライは安定して走ってくるはずです』と激推し!



そして何といってもファインプレーだったのが山崎エリカプロ!『内枠を引いたのが本当に大きいです。ルメール騎手ですし、出していってロスなく立ち回る競馬をしてくれれば一発あります』とクイーンズリングを推奨!

こうして完成した馬券がコチラ↓↓



見事、3連単250.4倍を的中となりました!当選された方、おめでとうございます!

今年も新橋Gate j.で『ウマニティPresents 必勝馬券検討会』の開催を予定しています。
最後にご協力いただいたプロ予想家の方々、ご来場いただいた方々ならびにご協力頂いた新橋Gate j.のスタッフの方に、心より御礼申し上げます。

ウマニティスタッフ一同

[もっと見る]

2017年11月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第315回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3
閲覧 1,061ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、タイムフライヤー1頭。
第2グループ(黄)は、ケイティクレバーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイハートビートまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、グレイルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアイトーンシスターフラッグスラッシュメタルナムラアッパレまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間に3.7ポイントの開きがみられややタイムフライヤーが抜けた格好。そして、3位→4位間にも少し差が生じているものの、その下4位以下は拮抗している状況となっています。

そんななか今回の私の本命は◎シスターフラッグとしました。重賞格上げ以降の過去3回を見ると、3回ともに少頭数の割に差しが決まっていて特に時計が掛かった年は上がり上位馬が優勢な点や、ハーツクライ産駒が好相性、といったところが目立ちます。今年だと、人気の○タイムフライヤー、▲グレイルあたりが傾向に合致してきますが、2頭ともに前走雨でぬかるんだ馬場でのレースでもあり、今回良で再び抜けた末脚を発揮できるかはまだ半信半疑。また、(いずれもしっかりと負荷のかかる調教を消化してきているようなので杞憂に終わるとは思いますが)疲労という点での心配も若干ありますので、それならばということで新馬戦のパフォーマンスを評価して◎シスターフラッグに期待しました。その新馬戦で記録した指数はメンバー中3位のもので、2戦目で臨んだ札幌2歳Sでの指数の伸びもまずまず。前走のマイルは忙し過ぎた印象で度外視可能。鞍上も岩田騎手に戻り、ルーラーシップ産駒も、このコースはハーツクライを凌ぐ複勝率を誇り条件好転。なだめて後方からになりがちで、追っ付け通しになることが濃厚なタイプから、この小頭数もこの馬にとって大きなアドバンテージになるのではないかと見ています。タフな今の差し馬場でこの馬の息の長い末脚に期待します。
そして、今回の私の馬券は、◎=○▲からの3複で勝負とします。

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
7=2,6=2,3,4,6,8(7点)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツクライの口コミ


口コミ一覧
閲覧 319ビュー コメント 0 ナイス 2

☆ホープフルSの過去1年の1着馬の傾向☆
過去5年の1着馬
2017年:1着タイムフライヤー(良)
1800mで2勝してるし、2000mの重賞2着がある馬なんで、1800m~2000mで連対実績あるといいのかな?

過去5年の1着馬5頭の前走と着順
2017年:京都2歳S 2着(良)
中距離重賞で連対してる馬がいいのかな?

過去5年の勝ち時計
2017年:2.01.4(良)
時計のかかる決着に対応できるパワーがあるといいのかな?

過去5年のレースの上がり3F
2017年:36.9(良)
上がり3Fのかかるタフな展開になっても対応できる馬がいいのかな?

過去5年の1着馬5頭の道中の位置取り
2017年:(15→16→16→9)(17頭立て・良)
上がり3Fのかかるタフな競馬になりやすいんで、道中はじっくりスタミナを温存してるような馬がいいのかな?

過去5年の1着馬5頭の上がり3F
2017年:35.5(良・メンバー中1位)
メンバー中最速の上がり3Fを出した馬が勝ってますけど、上がり3F35.5なんで切れ味はそんなに必要ないのかな?

過去5年の1着馬5頭の血統
2017年:父ハーツクライ(良)
中・長距離のGIや重賞で好走馬をよく出してる種牡馬の産駒がいいのかな?

過去5年の1着馬5頭の性別
牝馬:0頭
牡馬:1頭
上がり3Fのかかるタフな競馬になりやすいんで、牡馬の方がいいのかな?

過去5年の1着馬5頭の枠順
2017年:4枠(良)
真ん中より内がいいのかな?

過去5年の1着馬5頭の単勝人気
2017年:1番人気(良)
1番人気馬を素直に信頼していいのかな?

ホープフルSの過去1年の1着馬の傾向のまとめ
実績:1800m~2000mで連対実績あるとよさそう。
前走:京都2歳Sが1頭。
時計:2分1秒台の決着に対応できる方がよさそう。
脚質:中団よりも後方で競馬できる方がよさそう。
末脚:上がり3Fメンバー中1位の馬が1頭。
血統:ハーツクライ産駒が1頭。
性別:牡馬が0頭。牝馬が1頭。
枠順:4枠が1頭。
人気:1番人気馬が1頭。
こんなところかな。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、基本的にはこのブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」をご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
ホープフルSは、サートゥルナーリア(父ロードカナロア、母シーザリオ)が1番人気になりそうですね~。

ぼくは、シーザリオの仔に関しては毎年自動的にPOG馬にすることに決めてて、毎回応援してるので頑張ってほしいです。

まだ予想も全くしてないので本命にするかどうかはわかりませんが・・・。

 K-MAX 2018年12月25日(火) 21:25
G1レポート ホープフルS 
閲覧 310ビュー コメント 0 ナイス 14

G1レポート ホープフルS 
【上位人気馬の血統分析】


今週金曜に開催されるG1ホープフルS。

舞台は「中山芝2000m内回りコース」



このレースの前身は、阪神で開催されていた

「G3 ラジオNIKKEI杯(芝2000m)」

でございますな。



キャリアの浅い2歳馬のG1という事と、中山開催の

G2として開催されるようになって今年でまだ5年目。



G1昇格は昨年でございますれば、G1レースとしての

データは1年分しかございませぬ。



よって、ここはコースに強い血統、あるいは近親に

中山巧者ご居るようなタイプを中心視すべく、鋭意

分析を進めて参りまする。



初日の今回は上位人気が予想される

3頭の分析を進めて参ります。


予想人気は画像にてご確認下され(*_ _)


特別登録馬が13頭と、G1としては控えめな頭数。



「アーモンドアイの牡馬版」

と前評判の高いサートゥルナーリアの参戦で、

各陣営がイモを引いたのか?はたまた、

正月休みを満喫したい陣営が多かったのか?



いずれにせよ、分析する側としましては、

頭数が少ないのは助かりますなぁ・・・(*^^*)



1番人気予想 サートゥルナーリア 


血統

父   ロードカナロア(欧州キンマン系)

母父  スペシャルウイーク(Tサンデー系)

父母父 ストームキャット(米国ストームキャット系)

母母父 サドラーズウエルズ(欧州サドラーズ系)



ロードカナロア産駒の当コース実績は

【0・1・1・5】で複勝率28.6%



短距離からマイル路線を進む産駒が多い為、

データとしては足りず、アテになりませぬな。



近親

半兄(父シンボリクリスエス)の

エピファネイアは、弥生賞4着、皐月賞2着。



3/4兄のリオンディーズは、弥生賞2着、皐月賞5着



3/4兄のグローブシアターは、

G2時代のホープフルSで3着、

G2弥生賞では8着。



母シーザリオ自身の中山実績は、

寒竹賞(500万中山2000m)1着

G3フラワーカップ(中山1800m)1着



ご存知の通り、シーザリオは現役時代に

G1オークス、G1アメリカンオークスを勝ち、

桜花賞でも2着と、連対率100%のまま繁殖入りした名牝。



母父のスペシャルウイークは、自身が現役時代に

G2弥生賞優勝、G1皐月賞3着、G2AJCC優勝、

G1有馬記念2着。という戦績の持ち主でございました。



また、代表産駒のブエナビスタは、有馬記念で

2着2回、着外1回という成績でございました。



こうやってみますと、近親に中山の中長距離の

G1を勝ち切った馬が見当たらず、適性としては

「やや高め」と言う評価が正しいのかも知れませぬなぁ。



評価は▲

としておきましょう。





2番人気予想 アドマイヤジャスタ

血統

父   ジャスタウェイ(Pサンデー系)

母父  エリシオ(欧州ノーザンダンサー系)

父母父 ワイルドアゲイン(米国ニアークティック系)

母母父 カヴィアト(米国ボールドルーラー系)



ジャスタウェイ産駒は、当コース出走機会が2度のみ。

2度ともに着外でございました。



ジャスタウェイの現役時代は、安田記念、天皇賞秋を制覇。

ただ、本格化したのは古馬になってからで、好走レンジは

マイルから1800mでございました。



G2中山記念(1800m)を勝っておりますように、

中山が不向きではなさそうでございますが、やはり

東京コースに本領が有ったように感じております。



母アドマイヤテレサの現役時代は、

重賞では足りず、条件戦の1400m・1800m

という「非根幹距離巧者」という印象でございましたな。



近親

3/4兄のアドマイヤラクティ(父ハーツクライ)は、

オーストラリア芝2400mのG1で優勝。



国内重賞勝ちは、

G3ダイヤモンドS(東京3400m)の1勝のみ。



他には・・・

G2阪神大賞典(3000m)2着

G2アルゼンチン共和国杯(東京2500m)2着

G2AJCC(中山2200m)3着

G2金鯱賞(中京2000m)3着



中山2000mは、1000万クラスで1勝。



母系をたどって出て来る活躍馬は、

この兄1頭のみで、正直あまりパッとしない。

といったイメージでございますな。



ただ、オーストラリアでのものとはいえ、

一応G1ホースを輩出した牝系でございますので、

過小評価は控えると致しましょうか。



しかし、中山に高い適性を感じる血統構成では無く、

父の父ハーツクライの隔世遺伝が強く出ておれば、

今のタフな中山も合うかも知れませぬな。



評価は△としておきまする。





3番人気予想 ニシノデイジー


血統


父   ハービンジャー(欧州ダンチヒ系)

母父  アグネスタキオン(Pサンデー系)

父母父 ベーリング(欧州ネイティヴダンサー系)

母母父 セイウンスカイ(欧州ハイペリオン系)



路盤改修工事後のハービンジャー産駒は、

当コース成績【18・14・12・121】で

勝率11% 複勝率26.7%

ただし、3番人気以上に限定すると

勝率27% 複勝率55.4% に上昇。

いいですなぁ。



母父アグネスタキオンは、無敗の皐月賞馬。

弥生賞も勝っている中山2000m巧者でございますな。



母母父のセイウンスカイも皐月賞馬。



さらに、ひいばあちゃんは、

スプリンターズS他G1を3勝した名牝ニシノフラワー。



爆発力のあるリボーを、少々薄いとはいえクロスで保持。



ハービンジャー産駒の機動力と、ダンチヒのクロスによる

切れ味を兼備しているというようなイメージで、それこそが

平坦小回り&洋芝の札幌と、直線の長い東京コースの重賞を

共に制する源と言えますまいか。



さらに、札幌2歳Sはハイペースの持続型の消耗戦、

東スポ2歳Sはスローのロングスパート型の平坦戦。



求められる適性が全く異なるコース・ラップパターンの

重賞を連勝出来るようなタイプは、遠からずG1ホースに

なれる可能性が極めて高いと考えまする。



そして更に・・・

欧州ダンチヒはアップダウンのキツいコースでこそ

真の力を発揮する血統でございますれば、その血を

クロスで保持するこの馬に、中山コースは最適の舞台

と考える事が出来ましょう。



また、まことに失礼ながら、鞍上勝浦殿の

ネームバリューのお陰で、常に人気しないところも歓迎材料。



拙者の本命候補は、この馬をおいて他におりませぬ。



評価◎

としておきましょう。

[もっと見る]

 ネアルコとハイペリオ 2018年12月25日(火) 11:24
サートゥルナーリア、ヴァンドギャルド、アドマイヤジャスタ...
閲覧 292ビュー コメント 0 ナイス 13

サートゥルナーリア
父ロードカナロア母シーザリオ

シーザリオ産駒はグローブシアターがホープフルステークス3着、エピファネイアが弥生賞4着皐月賞2着、リオンディーズが弥生賞2着皐月賞5着(降着)とみんな勝ちきれないが中山2000で好走している。グローブシアターやリオンディーズの父はキングカメハメハですが、ロードカナロアの父でもあるし問題無いだろう、むしろ個人的にはキングカメハメハよりロードカナロア産駒のが優秀だと思っているので軸にするには一番無難だと思います。まあ多分一番人気だから軸にするなら点数絞るなり穴を狙わないと旨味は無いですが

ヴァンドギャルド
父ディープインパクト

ディープインパクト産駒が一番好走しているが今回唯一のディープインパクト産駒がヴァンドギャルド、Cデムーロは去年の覇者

アドマイヤジャスタ
父ジャスタウェイ

ディープインパクト産駒の次に好走しているのはハーツクライ産駒。今回ハーツクライ産駒は出ませんがジャスタウェイの父はハーツクライなのでハーツクライの孫がアドマイヤジャスタにあたります。ルメールはホープフルステークス3勝、武豊も3勝ですが勝率としてはルメールのが上

ニシノデイジー
父ハービンジャー

先週の有馬記念勝ったブラストワンピースもハービンジャー産駒なので2週連続ハービンジャーがかかっている、それだけ。実績はナンバーワンなので2、3番人気になると思うがハービンジャー産駒で人気馬で勝浦じゃ頭で買う気にはならない

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツクライの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ハーツクライの写真

ハーツクライ
ハーツクライ

ハーツクライの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ハーツクライの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。