ヴァンドギャルド(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヴァンドギャルド
ヴァンドギャルド
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2016年2月20日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績13戦[5-0-3-5]
総賞金14,696万円
収得賞金5,350万円
英字表記Vin de Garde
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
スキア
血統 ][ 産駒 ]
Motivator
Light Quest
兄弟 アルベルティーヌフォティノース
前走 2020/10/24 富士ステークス G2
次走予定

ヴァンドギャルドの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/24 東京 11 富士S G2 芝1600 12556.251** 牡4 56.0 福永祐一藤原英昭468(-6)1.33.4 -0.234.6⑥⑧ラウダシオン
20/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 14813110.0910** 牡4 58.0 岩田望来藤原英昭474(0)1.32.7 1.134.8⑥⑦グランアレグリア
20/04/26 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 12673.923** 牡4 56.0 岩田望来藤原英昭474(-2)1.32.9 0.532.7⑩⑩インディチャンプ
20/02/09 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 16123.826** 牡4 56.0 福永祐一藤原英昭476(0)1.33.2 0.233.6⑧⑧プリモシーン
19/11/24 東京 10 ウェルカムS 3勝クラス 芝1800 15584.811** 牡3 55.0 岩田望来藤原英昭476(-2)1.48.3 -0.135.7⑤⑤④プレミオテーラー
19/10/13 京都 10 三年坂特別 2勝クラス 芝1600 13691.711** 牡3 55.0 福永祐一藤原英昭478(+8)1.33.7 -0.434.3④④シベリアンタイガー
19/09/07 阪神 12 3歳以上1勝クラス 芝1600 13571.411** 牡3 55.0 福永祐一藤原英昭470(+8)1.33.2 -0.333.6⑧⑧キングオブコージ
19/04/13 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 186124.639** 牡3 56.0 M.デムー藤原英昭462(-2)1.34.6 0.434.5イベリス
19/03/23 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 138133.213** 牡3 56.0 C.ルメー藤原英昭464(-8)1.47.4 0.233.9⑫⑩ランスオブプラーナ
19/02/03 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 8332.014** 牡3 56.0 M.デムー藤原英昭472(+6)1.49.4 0.435.1ダノンチェイサー
18/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 1371110.456** 牡2 55.0 C.デムー藤原英昭466(+6)2.02.2 0.635.4⑫⑪⑩⑦サートゥルナーリア
18/11/17 東京 11 東スポ2歳S G3 芝1800 16357.943** 牡2 55.0 C.デムー藤原英昭460(0)1.46.6 0.033.9⑧⑩⑨ニシノデイジー
18/09/22 阪神 5 2歳新馬 芝1600 12112.111** 牡2 54.0 北村友一藤原英昭460(--)1.36.8 -0.233.9⑦⑦オメガハートクィン

ヴァンドギャルドの関連ニュース

 ★富士S1着ヴァンドギャルド(栗・藤原英、牡4)、2着ラウダシオン(栗・斉藤崇、牡3)、4着ペルシアンナイト(栗・池江、牡6)、5着タイセイビジョン(栗・西村、牡3)はマイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かう。

 ★新潟牝馬Sを圧勝したウラヌスチャーム(美・斎藤誠、牝5)は斎藤騎手と新コンビを組んでエリザベス女王杯(11月15日、阪神、GI、芝2200メートル)へ。

 ★白山大賞典1着マスターフェンサー(栗・角田、牡4)は、名古屋GP(12月10日、名古屋、交流GII、ダ2500メートル)に進む。

 ★エルムS14着ヒラボクラターシュ(栗・大久保、牡5)は、浦和記念(11月25日、浦和、交流GII、ダ2000メートル)かカノープスS(11月29日、阪神、OP、ダ2000メートル)へ。

 ★ルミエールADを快勝したヒロイックアゲン(美・加藤和、牝6)はラピスラズリS(12月6日、中山、L、芝1200メートル)が視野に。14着ミキノドラマー(美・南田、牡7)は近日中に登録を抹消し、来春から北海道・浦河のダイヤモンドファームで種牡馬生活に入る。

 ★菊花賞9着ガロアクリーク(美・上原、牡3)はきょう28日、放牧に出る。次走は検討中。

 ★府中牝馬S7着シゲルピンクダイヤ(栗・渡辺、牝4)は、愛知杯(1月16日、中京、GIII、芝2000メートル)を目標にする。

 ★神無月S1着オメガレインボー(栗・安田翔、牡4)、僚馬で南部杯5着ワンダーリーデル(牡7)は武蔵野S(11月14日、東京、GIII、ダ1600メートル)を使う。

 ★ブラジルC9着アポロテネシー(美・鈴木伸、牡5)はディセンバーS(12月20日、中山、L、芝1800メートル)へ。

 ★東京HJ1着メイショウダッサイ(栗・飯田祐、牡7)は、中山大障害(12月26日、中山、J・GI、芝4100メートル)へ。

【富士S】9度目挑戦でヴァンドギャルドが重賞初V 2020年10月25日() 04:42

 今年からGIIに昇格した富士Sが24日、東京競馬場で12頭によって争われ、5番人気のヴァンドギャルドが鮮やかに差し切って重賞初制覇。福永騎手はコントレイルで3冠制覇に挑むきょうの菊花賞に弾みをつけた。今後は優先出走権を獲得したマイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かう予定。今年のNHKマイルCの覇者ラウダシオンが2着だった。

 爽快な秋晴れの下、馬場のど真ん中を豪快に突き抜けた。GIホース3頭を従え、記念すべきGII昇格初年度を制したのはヴァンドギャルド。9度目の重賞挑戦で念願の美酒をものにした。

 「懸念のスタートを上手に出てくれました。返し馬から感触が非常に良かったですし、手応え通りに伸びてくれれば勝てると思っていました」

 冷静な口調で福永騎手が振り返る。スマイルカナシーズンズギフトが競り合う形で後続を大きく引き離す中、「自分のリズムを守って走らせたかった」と中団馬群の後方で末脚を温存。直線で外に進路を取ると、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒6で鮮やかに先行勢を抜き去った。

 GII40勝目の鞍上はコントレイルで3冠に挑むきょうの菊花賞に同じディープインパクト産駒で最高の弾みをつけた。本人は「あすはあす、きょうはきょう」と平静だったが、藤原英調教師は「100点の騎乗。でも、あす(菊花賞)があるから98点か」と笑顔でエールを送っていた。

 ヴァンドギャルドは東スポ杯2歳Sでタイム差なしの3着に入るなど早くから将来を嘱望されてきたが、気性の難しさが出世を妨げてきた。指揮官は「きょうも馬場に先出しで汗びっしょりだったけど、それでも以前よりましになった」と精神面の成長を口にする。長期熟成によって美味を増すワインからネーミングされた馬名通り、4歳秋にして“飲みごろ”を迎えたようだ。

 次走は優先出走権を獲得したマイルCSを予定。日本最高峰の名を頂いた一戦を制した勢いで、今度はマイル界の頂上を狙う。 (漆山貴禎)

★24日東京11R「富士S」の着順&払戻金はこちら

 ■ヴァンドギャルド 父ディープインパクト、母スキア、母の父モティヴェイター。鹿毛の牡4歳。栗東・藤原英昭厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は(有)社台レースホース。戦績13戦5勝。獲得賞金1億4696万5000円。重賞は初勝利。富士S藤原英昭調教師が2014年ステファノスに次いで2勝目。福永祐一騎手は初勝利。馬名は「長期熟成しておいしくなるワイン(フランス語)」。

[もっと見る]

【富士S】秋初戦のラウダシオンは2着惜敗 M.デムーロ「3歳馬でこれからが楽しみ」 2020年10月24日() 19:09

 10月24日の東京11Rで行われた第23回富士ステークス(3歳以上オープン、GII、芝1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=5900万円)は、福永祐一騎手騎乗の5番人気ヴァンドギャルド(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が差し切り勝ち。騎乗した福永騎手は菊花賞前日に重賞勝利を飾った。タイムは1分33秒4(良)。



 3歳マイル王の座を射止めたNHKマイルC以来の復帰戦となったラウダシオン(3番人気)は、ハイペースで先行した2頭から大きく離れた3番手を追走する積極策。直線で一度は先頭に立ったものの、一気に抜け出してきた勝ち馬に抵抗することができず2着惜敗となった。



 ◆M.デムーロ騎手「ゲートの中でじっとしていられるようになりましたね。ただ、この馬はラチに近い方が真っすぐ走れます。NHKマイルCのときと違って、馬場の真ん中を走ったので、周りを気にしてフラフラしていました。でも、最後は他馬が来たら伸びてくれました。3歳馬でこれからが楽しみですし、叩いて状態も良くなると思います」



★【富士S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【富士S】ケイアイノーテックが復調気配の3着 津村「次は良くなりそう」 2020年10月24日() 19:08

 10月24日の東京11Rで行われた第23回富士ステークス(3歳以上オープン、GII、芝1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=5900万円)は、福永祐一騎手騎乗の5番人気ヴァンドギャルド(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が差し切り勝ち。騎乗した福永騎手は菊花賞前日に重賞勝利を飾った。タイムは1分33秒4(良)。



 2018年のNHKマイルC覇者ながら、その後は最高4着と苦戦が続いていたケイアイノーテック(6番人気)が、後方2番手から勝ち馬に次ぐ上がり3ハロン34秒7の脚で追い込み3着に善戦。久々の馬券絡みで、復調を印象づけた。



 ◆津村明秀騎手「久々だったせいか、返し馬からいいときの走りができていなかったです。3コーナー過ぎでも本来のグンとくる感じではなくて、内にモタれつつになりました。それでも3着に来るのですから力はあります。次は良くなりそうです」



★【富士S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【富士S】実績馬ペルシアンナイトは4着まで 大野「リズム良く走れた」 2020年10月24日() 19:07

 10月24日の東京11Rで行われた第23回富士ステークス(3歳以上オープン、GII、芝1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=5900万円)は、福永祐一騎手騎乗の5番人気ヴァンドギャルド(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が差し切り勝ち。騎乗した福永騎手は菊花賞前日に重賞勝利を飾った。タイムは1分33秒4(良)。



 2017年にマイルCSを制した実績があり、前走の札幌記念でも2着に好走していたペルシアンナイト(9番人気)は、距離短縮を苦にすることなく流れに乗ると、直線に向いても懸命に脚を伸ばして4着。3年ぶりの勝利とはならなかったものの、健在ぶりを見せる形になった。



 ◆大野拓弥騎手「デキがいいと聞いていましたが、返し馬でその感じが伝わってきました。リズム良く走れましたし、次につながると思います」



★【富士S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【富士S】タイセイビジョンは好位から伸び切れず5着 石橋「外へ持ち出すのは避けたが…」 2020年10月24日() 19:07

 10月24日の東京11Rで行われた第23回富士ステークス(3歳以上オープン、GII、芝1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=5900万円)は、福永祐一騎手騎乗の5番人気ヴァンドギャルド(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)が差し切り勝ち。騎乗した福永騎手は菊花賞前日に重賞勝利を飾った。タイムは1分33秒4(良)。



 京王杯2歳SアーリントンCと2つの重賞勝ちがあり、前走のNHKマイルCでも2番人気(4着)に支持されていたタイセイビジョン(4番人気)。道中は先行した2頭から大きく離れた好位集団で競馬を進めたものの、最後の直線で伸び切れずに5着止まり。古馬との初対戦は、不完全燃焼に終わった。



 ◆石橋脩騎手「折り合いを大事にしようと思っていましたが、ペースが速かったこともあって、うまく運べました。馬場が乾いてきたと思ったので、変に外へ持ち出すのは避けたのですが、上位馬は外めから脚を使っていましたね。結果的にその差が出たのかもしれません」



★【富士S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴァンドギャルドの関連コラム

閲覧 991ビュー コメント 0 ナイス 5

 8月9日をもって2回新潟と1回札幌が終了し、8月15日からは3回新潟・2回小倉・2回札幌がスタート。2020年の夏季競馬もいよいよ終盤戦です。
 今夏は京都競馬場の整備工事や(開催予定だった)東京2020オリンピック・パラリンピックの影響もあって、開催日程が変則的。2歳のレースもいくつかの面で影響を受けています。現時点で施行されたオープンクラスのレースは、7月18日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)のみ。ご存知の通り、リンゴアメ(マイネデセールの2018)が単勝オッズ47.3倍(10番人気)の低評価を覆して優勝しました。
 今後は8月30日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)、9月5日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)、9月6日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)や、その前哨戦と位置付けられているオープン特別が立て続けに施行される予定。各ワールドのランキングにも大きめの動きが出てくるんじゃないでしょうか。

 現在もスペシャル以外の各ワールドでは仮想オーナー募集枠の解放が順次行われており、既出走馬を含むすべての2歳馬が指名可能。まだまだすべてのプレイヤーに優勝のチャンスが残されています。
 そこで今回は、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。追加指名の参考にしていただければと思いますし、既に仮想オーナー枠が埋まっているという方も、予想のヒントとしてご活用いただければ幸いです。

 まずは単純なU指数トップ10をご覧ください(8月2日終了時点。以下同)。

●07月12日 阪神01R 芝1200m内 2歳未勝利 モントライゼ 94.5
●07月19日 阪神02R 芝1400m内 2歳未勝利 マイネルジェロディ 89.3
●07月18日 阪神01R ダ1200m 2歳未勝利 ヨッシーフェイス 88.7
●07月18日 函館11R 芝1200m 函館2歳S リンゴアメ 88.5
●07月18日 函館11R 芝1200m 函館2歳S ルーチェドーロ 88.5
●08月01日 新潟02R 芝1600m外 2歳未勝利 キャロライナリーパ 87.5
●08月01日 新潟02R 芝1600m外 2歳未勝利 フォティノース 87.5
●07月18日 函館11R 芝1200m 函館2歳S フォドラ 87.4
●07月18日 函館11R 芝1200m 函館2歳S ラヴケリー 87.4
●07月12日 福島03R ダ1150m 2歳未勝利 ニシノミズカゼ 87.2

 基本的にU指数は上位のクラスほど高い数字が出やすいもの。しかし、現時点におけるトップ3は、いずれも函館2歳ステークスの出走馬ではありません。
 頭ひとつ抜けた数字をマークしていたのが、7月12日の阪神01R(2歳未勝利・芝1200m内)を勝ったモントライゼ(ムーングロウの2018)。デビュー戦こそ2着に敗れたものの、約1か月後の2戦目で驚異的なパフォーマンスを披露しました。現在は放牧に出ていますが、復帰を楽しみに待ちましょう。
 2位のマイネルジェロディ(マイネエレーナの2018)は、デビュー3戦目となった7月19日の阪神02R(2歳未勝利・芝1400m内)を完勝。半兄に2019年シンザン記念2着のマイネルフラップがいます。勝ち上がりに時間がかかったとはいえ、マイネルフラップもレースを使いながら良化したわけですし、今後が非常に楽しみです。
 3位のヨッシーフェイス(ホワイトカーニバルの2018)は、デビュー2戦目となった7月18日の阪神01R(2歳未勝利・ダ1200m)を勝利。半姉サンビスタは2015年チャンピオンズカップなどを制しました。父がサウスヴィグラスということもあり、芝のレースを使ってくる可能性は低いかもしれませんが、地方のダートグレード競走を席捲できる器かもしれません。

 U指数は新馬のレースだと高い数値が出づらいため、新馬に限定したランキングもご紹介しましょう。

●06月20日 函館05R 芝1200m 2歳新馬 モンファボリ 86.2
●07月04日 阪神05R 芝1400m内 2歳新馬 ジャカランダレーン 82.8
●06月27日 函館06R ダ1000m 2歳新馬 ルーチェドーロ 82.8
●06月21日 函館05R 芝1200m 2歳新馬 ブルースピリット 82.2
●06月27日 函館05R 芝1200m 2歳新馬 フォドラ 82.1
●07月04日 福島06R ダ1150m 2歳新馬 ミスズグランドオー 81.8
●06月28日 阪神05R 芝1800m外 2歳新馬 ダノンザキッド 81.2
●06月07日 阪神05R 芝1400m内 2歳新馬 アスコルターレ 80.6
●07月18日 福島06R ダ1150m 2歳新馬 キモンブラウン 80.4
●06月13日 東京05R 芝1400m 2歳新馬 ノックオンウッド 80.4
●06月13日 東京05R 芝1400m 2歳新馬 レオテソーロ 80.4

 トップのモンファボリ(フォエヴァーダーリングの2018)は、先日の函館2歳ステークスで13着に敗退。もっとも、このレースは枠順や展開に恵まれなかった印象ですし、どこかで巻き返してくる可能性は低くないと思います。
 2位のジャカランダレーンウリウリの2018)は7月4日の阪神05R(2歳新馬・芝1400m内)を快勝。当時の2着馬も既に勝ち上がりを果たしました。8月8日のダリア賞(2歳オープン・芝1400m内)は3着どまりだったものの、成長力のある血統なので将来が楽しみです。
 3位のルーチェドーロ(アラフネの2018)は函館2歳ステークスで2着に好走。芝替わりをまったく問題にしなかった点は高く評価すべきでしょう。
 4位のブルースピリット(Jasmine Blueの2018)は、出走予定と見られていた函館2歳ステークスを回避。注目度が下がっている分、入札においては狙い目かもしれません。

 なお、未勝利に限定したランキングは下記の通りとなっております。

●07月12日 阪神01R 芝1200m内 2歳未勝利 モントライゼ 94.5
●07月19日 阪神02R 芝1400m内 2歳未勝利 マイネルジェロディ 89.3
●07月18日 阪神01R ダ1200m 2歳未勝利 ヨッシーフェイス 88.7
●08月01日 新潟02R 芝1600m外 2歳未勝利 キャロライナリーパ 87.5
●08月01日 新潟02R 芝1600m外 2歳未勝利 フォティノース 87.5
●07月12日 福島03R ダ1150m 2歳未勝利 ニシノミズカゼ 87.2
●07月12日 函館01R ダ1000m 2歳未勝利 スイートアリエス 85.1
●07月19日 福島01R 芝1200m 2歳未勝利 セイウンダイモス 84.9
●08月01日 新潟01R ダ1200m 2歳未勝利 クールシャワー 84.5
●08月01日 新潟01R ダ1200m 2歳未勝利 バクシン 84.5

 4位タイのキャロライナリーパ(スネガエクスプレスの2018)、フォティノース(スキアの2018)は、8月1日の新潟02R(2歳未勝利・芝1600m外)でハナ差の優勝争いを繰り広げた2頭。勝ったフォティノースの半兄ヴァンドギャルドは2020年マイラーズカップ3着などの実績がある馬ですし、敗れたキャロライナリーパにはまた未勝利でポイントを獲得するチャンスが残ったわけですから、それぞれ入札を検討する価値がありそうです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年6月6日() 07:00 覆面ドクター・英
安田記念・2020
閲覧 3,695ビュー コメント 0 ナイス 12

ダービーは、馬券的にはメインである3連単がダメで稼げませんでしたが、見ごたえのあるいいレースだったと思います。断然人気とはいえ、勝ったコントレイルへの「相当な不利など無ければ、この相手にまず負けない、サリオスは善戦するも逆転はない」というところまでは良かった当コラム内容。が、しかし3着ヴェルトライゼンデが10番人気(執筆時点5番人気想定)なら、買っておけば良かったなあという結果に。ヴェルトライゼンデは、皐月賞コラムの際に「スミヨン騎手が、『道悪は良くない』とコメントしていた」ということに触れましたが、今回その通り、良馬場で巻き返してきました。やはり、スミヨン騎手レベルになると言っていることはきっと正しいのでしょうね。皐月賞の走りががっかりで、巻き返しよりは人気で消して妙味かと思ったのですが……。3番人気8着のワーケアや、4番人気11着のサトノフラッグの評価を下げられていただけに、惜しい結果となってしまいました。まあこればかりは仕方がないですかね、コロナで辛い日々が続きますが、5月はWIN5の分も含めて月間過去最高くらいに稼げたので、切り替えて安田記念で頑張ります(WIN5は、3週連続「4」止まりで、もうちょとやれたのではと正直思っていますが)。


今年の安田記念はフルゲート割れの14頭立てとなったが、なかなかの好メンバー。
ただアーモンドアイインディチャンプは強く、馬券的には3着で穴を狙う程度か。

<全頭診断>
1番人気想定 アーモンドアイヴィクトリアマイルが楽勝だったので、間隔は詰まるがここを使ってきた。中2週でも前走のダメージは、ほとんど無いだろうから、さっさと稼いで休ませるのが確かに正解かも。秋も、天皇賞とJCの東京限定の2戦というのが作戦的に一番良いのでは。安田記念は、ヴィクトリアマイルよりは重い斤量56kgを背負って、厳しいペースでの粘り合いとなる一戦。昨年のコラムでも書いたように、本質的にはアーモンドアイにとって適性はいまひとつなレースだが、マイル戦にも慣れが見込め、今年のメンバーならそう苦労しないで勝ってしまうのではとみる。昨年も1800mなら楽勝、というか1620mでも差し切っていた感じで(笑)、G1での勝ち星をもう一つ積むチャンス。

2番人気想定 インディチャンプ:昨年の東京新聞杯勝ち、安田記念勝ち、マイルCS勝ち、今年は読売マイラーズCで圧勝と、現役マイラーの最強クラスにはいる馬。前走マイラーズCは2馬身差の楽勝で、唯一アーモンドアイを逆転する可能性があるとすればこの馬か(とはいえ、逆転は厳しそうだが)。崩れるのは考えにくい、充実期間に入っている。

3番人気想定 ダノンキングリー:昨年は皐月賞3着、ダービー2着と活躍し、秋も毎日王冠勝ち、今年も中山記念勝ち、大阪杯3着と1600~2000mあたりでは大崩れなく走っている。前走大阪杯は逃げて3着だったが、それなりにはやれそう。いつも力通りには走るタイプで、大物喰いの激走はあまりないタイプでは。

4番人気想定 グランアレグリア:昨年の桜花賞馬で、前走の高松宮記念で2着したが、東京マイルは昨年のNHKマイルCで1番人気5着止まりだったように、あまり適性は感じない。ただ、もまれず気分よく走りさえすれば激走はあるタイプで(頭もあるが大凡走もあるタイプ)、枠や展開次第の側面も大きそう。もまれ弱いだけに、今回フルゲートとならないのは良いのでは。

5番人気想定 ダノンプレミアム:昨秋のマイルCSではインディチャンプに1馬身半負けた。ちょっと長いであろう豪クイーンエリザベスS3着と地味な結果だったが、日本の高速マイルは向いている印象。巻き返しはあり得る存在で、ここは妙味もありそう。

6番人気想定 アドマイヤマーズ:私と相性の悪い馬で、グランアレグリアに寄せてのラフプレー気味の朝日杯FS勝ちにしろ、人気のグランアレグリアがヨレて降着となったNHKマイルC勝ちにしろ、昨秋の同舞台富士Sで1番人気9着だったように、全く強いと思ったことのない馬。だが、今年は香港でG1を勝ってきた。日本でイマイチながら香港で強かったエイシンプレストンのように、時計の遅い決着が向くのかもしれない。「並ぶと耳を絞ってもうひと頑張りする」とM.デムーロ騎手が言っており、勝ち馬に並ぶと頑張るのかもしれないが、今の時計の速い東京で買おうとは今回も思わないし、アーモンドアイにラフプレー気味に寄せていくのは、日本国中誰も見たくないのではないだろうか。

7番人気想定 ノームコア:昨年のヴィクトリアマイルを勝ち、昨秋の富士Sも勝ち、今年のヴィクトリアマイルも3着と、東京マイルは最適舞台。アーモンドアイは強いにしても、好走が期待できる。

8番人気想定 ダノンスマッシュ:NHKマイルC以来の1400m以上戦だった前走の京王杯SCを逃げて勝ってきた。ただ、更に200m延びて、逃げの上手くない三浦騎手(内枠の逃げはそれなりの数値を出ているようだが、馬の力より下の騎乗ばかりと私自身は思っている)だけに、ちょっと厳しいのでは。ここまでそれなりにチャンスのある馬にも乗ってのG1での全敗は、偶然でなく必然という状況だけに、何でこの騎手指名?という印象

9番人気想定 ミスターメロディ:昨年の高松宮記念はかなり巧く乗ってのラッキーパンチ的な勝利ではあったものの、芝ダート兼用の馬で、以降いろいろと稼ぎどころはあるかと思ったが……。芝でもダートでもさっぱり。東京マイル向きではなく、激走は期待薄。

10番人気以下想定
ペルシアンナイト:昨秋のマイルCSはマーフィー騎手の力で3着にねじこんできたが、以前より力が落ちており、ここでの激走は厳しいか。

ヴァンドギャルド:前走のマイラーズCはゲートは悪かったが3着まで差してはきた。ただ爆発力のあるタイプではなさそうで、ここで上位は難しいとみる。

クルーガー:前走のダービー卿CTは、8歳ながら4番人気の支持を集め、2馬身差をつけて1着と激走を果たした。芝ダート兼用馬で、ここにきての充実で穴馬にはいいのでは。

ケイアイノーテック:前走京王杯SCはやれるのではと期待したが、8番人気6着とイマイチ。大外をまわして差し届く馬場にはならなそうで、期待できない。

セイウンコウセイ:加齢でズブくなってきても、芝マイル以上実績ゼロでの激走は期待できない。


<まとめ>
最有力:アーモンドアイ

有力:インディチャンプ

ヒモに:ダノンキングリーダノンプレミアムノームコア

[もっと見る]

2020年5月31日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年05月31日号】特選重賞データ分析編(204)~2020年安田記念~
閲覧 2,514ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 農林水産省賞典 安田記念 2020年06月07日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【血統別成績(2016年以降)】
×父がサンデーサイレンス系種牡馬 [2-0-2-29](3着内率12.1%)
○父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [2-4-2-21](3着内率27.6%)

 サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は基本的に過信禁物。なお、父がサンデーサイレンス系種牡馬、かつ“前年以降、かつ東京、かつ重賞のレース”において1着となった経験のない馬は2016年以降[0-0-1-23](3着内率4.2%)でした。該当馬は思い切って評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→アーモンドアイダノンスマッシュノームコア
主な「×」該当馬→ヴァンドギャルドグランアレグリアダノンプレミアム


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2016年以降[4-4-4-35](3着内率25.5%)
主な該当馬→アーモンドアイグランアレグリアダノンスマッシュ

[もっと見る]

2020年2月7日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】短距離レースにおける決め打ちの重要性
閲覧 1,411ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は東京で根岸S、京都でシルクロードSが行われた。

根岸Sコパノキッキングの連覇が有力視されたが、直線早め先頭もラストで脚が上がってしまい、最後はモズアスコットの強襲に屈した。そのモズアスコットは6歳にして初のダート挑戦だったが、出遅れながらすぐに中団にとりつき、直線も力強い伸びを見せて差し切り。フェブラリーSに向けて、遅咲きの新星が誕生した。なお、2着のコパノキッキングはこの後フェブラリーSはスキップする模様。改めて1200m路線を歩むようだ。

一方、波乱の結末となったのが西のシルクロードS。人気を集めたのは内枠のレッドアンシェルモズスーパーフレアといった組だったが、6番人気馬までが単勝オッズひと桁台に収まる大混戦模様で戦前から波乱の香りが漂っていた。そんなレースを制したのは、道中は後方待機となった3番人気のアウィルアウェイ

アウィルアウェイはスタートで今回も後手を踏み後方からの追走となったが、連続開催で荒れて来た馬場も味方につけ、直線では鋭く伸びた。その後をなぞるように伸びて来た四位騎手のエイティーンガール、さらに大外を回した丸田騎手のナランフレグとともに、1200m重賞としては珍しい追い込み馬のワンツースリー決着だった。上位勢はこの後高松宮記念を目指すことになるだろうが、今回のレースのバイアスは頭に入れておきたい。


~Bコース替わりでも逃げ先行馬には厳しかった京都芝

さて、先週の当コラムではシルクロードSの注目馬をカラクレナイとしたが、その後枠順を確認し、また週末の馬場を確認した段階で大きく予想を変更した。というのも、土曜日からBコース替わりとなった京都芝だが、相変わらず…というよりもAコース使用時以上に外の伸びがよく、カラクレナイの2番枠、また近走先行力が出て来ている点はかなり不利に思えたためだ。

というわけで同馬は最終的に7番手まで印を落とし、本命には◎アウィルアウェイを抜擢、対抗に○エイティーンガールを据えた。有料配信・競馬ノートでお送りしている予想の中では今年初の勝負度【B】という自信ありの勝負となった。

レースは4コーナー付近の段階でまだモズスーパーフレアの余力があり、一方購入している馬たちは軒並み後方だったために、

「終わった…」

というのが偽らざる心境だったが、直線の入り口で上手く馬群を捌いて◎アウィルアウェイが外に出したのを見て、

「もしからしたら…」

という淡い期待に変わり、その後ラスト1Fあたりで加速がついたところで、一気に歓喜のゴールが見えてきた……と、こんな自慢話は面白くないと思うので本題に入るが、このようにとりわけ芝でもダートでも短距離重賞は極端な傾向が出る場合はまとめて来ることが多い。そしてそのようなケースではある程度決め打ちが重要になる。差しが届くなら差し追い込み、逃げが決まりそうなら逃げ先行といったように、馬場や枠順によって狙う馬が変わるのは当然として、狙う軸馬が変わればヒモもそれに応じて変わってくる。カラクレナイを本命候補→7番手という極端な評価変更を敢行した理由の大半も馬場と枠順によるもので、改めて短距離戦における決め打ちの重要性を感じさせられるレースだった。ちなみになぜ短距離戦は特にそうなりやすいのかということは長くなるので別の機会にしたいが、端的に言えば枠に準じたコース取りになりやすく、スタート後のコース取り補正がしづらい、またはコース取り補正をするとそのロスが大きくなり、いずれにしてもロスが致命的になる。出たなりで追走できるか、出た後に進路を変える、あるいは控えて外に出すか、といったこの差は極めて大きい。

だから、仮に内枠先行決着になるような馬場だったらモズスーパーフレアが逃げ切りカラクレナイは2~3着…というような結末だった可能性もある。いずれにしても特に短距離戦においては守りに入り当てに行くよりも、どういうレースになるかというストーリーを頭の中で思い描いて、それに準じて思い切って印を打つのが大きな的中を生み出すコツになる。今回勝負度を今年一番高くしたのは、当たるかどうかというよりは脳内でストーリーを描くことができ、馬場とメンバー構成の中でそれが再現される可能性が高いと考えたからである。

なお、このようなことを日々自らの配信で書いていたら、最近は私自身よりも読者の方が馬券が上手くなってしまっているのが現実である。つまり、心がけ次第で予想力も買い方もすぐ上げて行けるので、私の有料媒体を無理に読む必要はない(一応末尾にリンクがある)が、当コラムにて是非今回のような考え方は参考にして身に着けて頂きたい。

↓優秀な読者の馬券例


それと余談ではあるが、シルクロードSに関しては騎手の力も大きかった。川田騎手が上手いのは今さら言うまでもなく、四位騎手が差し追い込みで技量を発揮するのは広く知られたところだが、何よりナランフレグの丸田騎手は”らしさ”を存分に発揮した騎乗だった。

丸田騎手のらしさといえば、スタートからレースの流れよりもリズムを重視し、馬の気分に任せて追走し末脚を引き出す技術の高さだろう。ナランフレグの前走や、最近の勝利でいえば昨年11月の福島ダート1150mのシルバーストーン、昨年3月中京のエミーリオなどで見せてくれた丸田スペシャルともいえる騎乗だ。こちらも今後まだまだ穴を量産してくれるはずなので、馬券検討の際には騎手の特徴として頭に叩き込んでおきたい。


~前走不利な馬場でも伸びたヴァンドギャルドは有力

さて、今週末は東西できさらぎ賞東京新聞杯が行われる。

馬券的に面白そうなのは東京新聞杯。昨年はココを制したインディチャンプがその後春秋マイルG1制覇を達成したが、今年も各路線からメンバーの層は厚くないながらも素質馬が揃った。

もしココを制するようなら今後一気に注目が集まるという意味では、3連勝中のディープインパクト産駒・ヴァンドギャルドだろう。前走のウェルカムSは昨年のジャパンカップ前の10レースだったが、ご記憶の方も多いと思うがジャパンカップ当日は道悪だったが、馬場の伸びどころはインが断然有利。ジャパンカップではスワーヴリチャードが内を伸びて勝ったように、その他のレースでも軒並みインが優勢だった。

そのような状況下でただ一頭外から伸びて差し切ったのがヴァンドギャルド。もともと重賞でも人気を集めていた素質馬だけに、改めての重賞挑戦でもクラスの壁はないだろう。

ただ、馬券的な妙味を考えると面白い馬は他にいる。特に注目しているのはクリノガウディー。近走はイマイチ結果を出せていないが、もともと重賞戦線でも好勝負を繰り広げていた実力馬でマイルCSでも7着健闘を見せた。その前の京成杯AH~富士Sはいずれも不利を受けており、スムーズなら今回は十分勝負になりそうだ。テン乗りとなる横山典騎手の手綱にも注目したい。

あとは大穴となるが、スウィングビートにも少しだけ注目。タピット産駒の芝初挑戦など常識的に考えれば買いたくはないが、走り自体は素軽く、芝でも…と思わせる。近走は1800mでやや掛かり気味なだけにマイルへの短縮はプラスだろうし、今年は相手関係を見渡してもメンバーレベルはそこまで高くないので、どのみち人気もないだろうし一枚押さえておいても面白いかもしれない。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年9月6日(金) 17:00 ウマニティU指数攻略チーム
【U指数で斬る今週のひと鞍】土曜阪神12R 別格の雰囲気漂う3歳馬のアタマ固定で勝負!
閲覧 1,381ビュー コメント 0 ナイス 2

皆さん、こんにちは。ウマニティU指数攻略チームです。『予想力・回収率UP大作戦!』との連動企画コラム『U指数で斬る今週のひと鞍』をお送りします。U指数が持つ圧倒的なポテンシャルにご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムは『凄馬』のように推奨馬を個々に挙げるのではなく、期待値の高い連勝馬券の組み合わせを推奨するもの。過去データから導き出された回収率の高いパターンに合致するU指数配列のレースに注目し、当週土日に行われるレースのなかからオススメのひと鞍をピックアップします。丸ノリするもよし。アレンジするもよし。馬券購入の際の参考になさってください。
※データは2016年以降の結果をもとに集計。今年については前週までが対象
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【今週の推奨レース】
■7日(土)阪神12R 3歳以上1勝クラス

秋競馬の開幕週は、初日の阪神最終レースを狙ってみます。芝1600mの3歳以上1勝クラスの一戦。この条件はU指数1位の破壊力が満点で、過去に何度もオイシイ配当を提供してくれています。集計期間内の成績は、勝率33.3%、連対率44.4%、複勝率50.0%、単回率208.9%、複回率91.7%。コンスタントに上位に来るというよりは、来るときはアタマまで突き抜けてくれる感がありますので、単系馬券で一発を狙ってみたくなるパターンです。しかも、昨秋から確変モードに入っており、【4.1.0.1】(今年に入ってからは2戦2勝)と勢いが止まりません。まずは1位の単勝。これがセオリーになります。

1位のヴァンドギャルドは古馬初対戦の3歳馬ながら高指数を獲得しており、潜在能力が高いことは間違いなし。戦ってきた相手も強いですし、自己条件なら負けていられないといったところでしょう。今回は馬連やワイドではなく、強気に馬単で攻めたいと思います。点数を絞るのなら、相手を2~7位に絞った6点流しですが、ヒモが狂って高配当というケースもよくありますので、総流しという手もアリです。2~7位への6点流しなら的中率22.2%、回収率116.2%。総流しなら的中率33.3%、回収率163.1%。どちらで勝負しても、かなり期待できそうですね。まずはヴァンドギャルドにしっかり勝ってもらいましょう。


1位 ⑦ヴァンドギャルド  91.3
2位 ①ミッキースピリット 89.9
3位 ⑥ハッピーゴラッキー 89.5
4位 ⑩カワイアラ     88.7
5位 ⑪セイイーグル    88.6
6位 ⑬アスタービーナス  87.2
7位 ②キングオブコージ  86.4


★結論★
単勝⑦
馬単流し⑦→①②⑥⑩⑪⑬(6点)
※もしくは馬単⑦からの総流し


○重賞レースの『U指数』は無料会員向けで開放中!無料会員登録はコチラからどうぞ

○『U指数』掲載のネット新聞『U指数新聞』(PC版)のダウンロードはコチラ
(U指数新聞サンプル)


○『U指数』を全レース、フルに活用したいという方はウマニティVIPクラブへご入会ください

-------------------------------------------------------------------
ウマニティVIPクラブには『U指数』見放題以外にも特典が盛りだくさん!

(その他特典例)
予想に役立つ競馬エイトGallopの取材情報が手に入り・・・
      +
「プロ予想MAX」で活躍する予想家による、VIP会員限定コラム(VIP会員先行公開コラム)などが読めて・・・
      +
「予想コロシアム」に登録したあなたの予想を自動分析してくれる人気機能「分析データ」をフルで利用可能
・・・etc

以上のようなメリットがある、1開催日あたり約120円でウマニティサイトをフル活用頂ける“ワンランク上”のサービスです。(月額1,008円)⇒入会はこちら(全特典について詳しくはこちら
-------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

2019年4月12日(金) 11:30
濃霧注意報DX~皐月賞(2019年)展望~
閲覧 1,549ビュー コメント 0 ナイス 12



 ご無沙汰しております。ウマニティ公認コラムライター兼プロ予想家の霧です。
 G1シーズンになるとひょっこりと顔を出す当コラム・濃霧注意報DX。ありがたい事に、この春シーズンも出番をいただくことができました。
 わくわくして待ち切れない大レースが続くこの時期、発走の瞬間までの暇を少しでも潰せるような内容でお届けできるよう頑張りますので、またしばらくお付き合い下さい。
 それでは早速、2019年春シーズン一発目のお題……皐月賞展望、まいります。



 3年連続で波乱と言える結果となり、”クセが強いレース”という印象が更に強固になった感のある皐月賞。特にここ2年は絶妙に狙いにくい中位~下位人気の馬が1~3着を独占しており、いったい何を信じて予想すればいいのか途方に暮れている方も多いはず(勿論私もですが)。
 しかも追い討ちをかけるように、今年は人気を集めるであろう”世代の核”的な存在の馬達が、最重要ステップである弥生賞やスプリングSを経由していない上、この両レースの勝ち馬が共に下位人気だったというオマケ付き。各馬の力関係の比較が難しい、非常にふわふわとした印象を抱えたまま本番を迎えることになりそうです。

 そんな中でも一際抜けた人気を集めそうなのが、無敗のままホープフルSを制したサートゥルナーリア。血統面、戦績面の両方で注目を集める、正に今回の主役と言うべき存在です。
 母がオークスシーザリオ、半兄にもエピファネイアリオンディーズといったG1ウイナーがいるように、母系からして最高クラスの質を持つ本馬ですが、父のロードカナロアはこうした牝系の良さを殺すことなく、けれども高い能力はしっかり伝えるという、いい意味で自己主張をしない種牡馬。本馬のレースぶりが父のようなスプリント色を感じさせないのは、しっかりと父の血が牝系の良さを生かしているからなのでしょう。レースに行っての気性の激しさも半兄達に比べると随分マシな印象で、距離や舞台の不安といった要素はあまり見当たりません。
 敢えていくつか弱点を探すならば、ぶっつけのローテであるという点がまず一つ。……ですが、外厩制をはじめとしたここ数年の調整技術の進歩は想像を絶するほど。
 先週の桜花賞グランアレグリアが前哨戦を使わずに本番を楽勝したのは記憶に新しいですし、他の有名どころではアーモンドアイが同様のローテで牝馬三冠、果てはドバイターフまでも制しています。一昔前ならばともかく、現在においてはローテだけでは評価を落とせないように感じます。
 では他に不安要素は……となると、ホープフルS組のレベルが怪しいという点でしょうか。
 確かに本馬以外の同組のその後を見てみると、勝ち星を挙げた馬は何と1頭もおらず、ブレイキングドーンヴァンドギャルドが重賞で3着、アドマイヤジャスタがOP特別のすみれSで2着したのが目立つくらいで、相手に恵まれていたのは確かな様子。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴァンドギャルドの口コミ


口コミ一覧
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 2

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

昨年の今頃、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」が行われいた。
あの頃が、懐かしいのはコロナのせいでしょうか!?

朝夕冷え込むようになりましたね!?
寒暖差で体調不良になりそうです。

わが懐は、すでに真冬…地球温暖化のはずですが?何か!?

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇)
金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 途中経過】
第10期(10月10日~11月01日)8日間(サウジアラビアRC~天皇賞秋)10戦

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G2富士ステークスでは、2番タイセイビジョン軸で勝負!
馬連(2-4,5,9,10,11)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「富士ステークス」の軸馬タイセイビジョン、先行4、5番手追走直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、5着入線! 優勝ヴァンドギャルド(5人気)、2着ラウダシオン(3人気)。反省点として、またまた軸馬選択の失敗!? 5着以内入線馬が軸馬含めた6頭内5頭から…残念。


日曜、G1菊花賞では、3番コントレイル軸で勝負!
3連複(3=6-7,9,10,13,14) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「菊花賞」の軸馬コントレイル、中団でレースを進め、直線で先頭に立って、外から並んできたアリストテレス(4人気)をクビ差退けて優勝!! 3着サトノフラッグ(5人気)が入線! もう1頭の軸馬ヴェルトライゼンデ、直線での伸び脚無く7着。反省点として、軸馬2頭選択の失敗!? 1頭軸から6頭ボックス15点買いを惜しみ、買い目を5点まで絞り込んで失敗。苦肉の策だったはずが裏目に…残念。

週末、2戦2敗。 競馬って、こんなに難しいかったでしょうか!? 当たる気が、まったくしなくなってきた。今期も全敗の流れですが、最後まで諦めません。倍返し、いや1000倍返し!?



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
【着別度数】単勝回収率/複勝回収率
アルテミスS=東京(芝)1600=【2-2-0-2】61%/88%
スワンS=京都(芝)1400=【3-2-1-4】85%/81%
天皇賞秋=東京(芝)2000=【5-2-1-2】139%/107%

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G1菊花賞 (タイム3分05秒5)の回顧>
LAP(前半3F 36.8)
LAP(後半3F 35.6)
コントレイル(1着)福永騎手のコメント(一部割愛)「思っていた以上に接戦になりましたし、相手(2着のアリストテレス)の脚いろもよかったですが、何とかしのいでくれて、馬が応えてくれた。最後まで馬が抜かせなかった。改めて、すごい馬だと思いました。無敗の3冠馬は、ディープインパクトが達成して以来、その息子が達成したということは、世界でも類をみないこと、すごいことだと思います。」

<重賞ラップ分析実戦篇>
天皇賞秋 東京(芝)2000㍍(3歳OP)
<傾 向>
中距離国内最高峰のレース
<ポイント>
中盤スローから急加速の上がりタイム上位馬優勢
<注目馬>
アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄)
昨年の本レースなど、これまで国内外で芝GIを7勝。過去最多タイのGI勝利数をあげている。前走の安田記念は断然の人気に支持されるも2着。昨年圧勝した舞台で巻き返し、金字塔を打ち立てることができるか!?

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(アルテミスS)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数6~7位"

ただし、指数値55~54 かつ 両方共に出現のみ。
ちなみに、的中率71%/回収率244%
近3年連続、指数値が片方のみ出現で該当せず。
今年は、出走予定馬が多いため、期待大!!

(スワンS)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数7位=指数値53"

過去10年内(0-1-2-2/5)回収率222%
近5年内 (0-0-2-2/4)回収率195%

昨年、ハズレれているだけに、今年は期待大!!

(天皇賞秋)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数5~6位"

複勝2点買いになる。
過去10年内(0-2-5-13/20)
勝率0%/連対率10%/複勝率35%/回収率100%
近5年内 (0-1-4-5/10)
勝率0%/連対率10%/複勝率50%/回収率142%

本命戦の傾向が強く、回収率が低い。
昨年5位(3着)が出現しているだけに、今年は指数6位に期待!!


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 組合長 2020年10月28日(水) 17:41
重賞回顧 富士S
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 7

大混戦となったこのレースですが、終わってみれば安田記念後はここ目標にシッカリ調整し、日曜日のコントレイルがいるにも関わらず、藤原先生との義理を果たして騎乗した福永騎手のヴァンドギャルドが優勝。この路線のG1には競合が目白押しで、取れるところをしっかり取る、藤原先生はお見事。ヴァンドギャルドも重賞初制覇で今後の成長に期待です。

 2着はNHKマイル馬のラウダシオン。16キロの馬体増のほとんどが成長分のような走りでした。500キロを超える大型馬はやはりMデムーロ騎手はうまい。まだ3歳馬。次走が試金石ですが、完全なワンツーパターンの馬。そこは注意をして取捨を決めたいところです。

 3着は所長◎のケイアイノーテック。6番人気と低評価でしたが、やはり、このコースは走ります。マイルもピッタリで、この距離なら今後も大崩れは考えられない馬で、馬券には常に入れたい馬です。

 3歳牝馬の2頭が暴ペースで飛ばし3番手のラウダシオンが2着に残るレース。本番に毎年つながるレースですが、今年は他の路線に注目したほうがよさそうです。

[もっと見る]

 グラニースミス 2020年10月26日(月) 09:42
ノースヒルズ ~先週の競馬~ 
閲覧 229ビュー コメント 6 ナイス 75

菊花賞は、ノースヒルズのコントレイルが無事に三冠馬になった。
ゴールの直前まで、ディープボンド3着で複雑な気持ち(結果は4着)
ディープボンド 実はPOG返却馬なんです

菊花賞は、JRAのHP紹介で1枠の3頭の決着でした。
菊花賞直後の新潟12R鳥屋野特別
1枠のプエルタデルソル が取消返還になった。
この馬、生産者はノースヒルズだった。(偶然?かなぁ)

先週、POGの入替をしました。
前 マインジャラン 前田葉子オーナー、清水久詞 (栗東)
新 サナティオ   前田晋二オーナー、清水久詞 (栗東)
そんな事もあってPOG 2戦2勝
ゴドルフィン ・・・ ライフサイエンス
ノースヒルズ ・・・ サナティオ

富士S1着初重賞制覇 ヴァンドギャルド  元POG馬  
鳴滝特別2着      オールザワールド 前POG馬  
前でも元でも気になるPOG馬
コントレイルを指名していた方、おめでとうございます。

~富士S~
GⅡ昇格になったマイルCSの指定戦
1着ヴァンドギャルド・2着ラウダシオン 共に〇優を獲得したことのない馬だった。
2着と3着は、いずれもNHKマイルCの覇者でもあり、同場同距離のレースは注意ですねぇ。
ちなみに賞金加算した1・2着馬は、旧条件戦を走っていない馬でした。
競馬の世代交代ってことでしょうかぁ。

~菊花賞~
今年の菊花賞トライアルは、東西芝2,200戦だった。
菊花賞の1~3着馬は、前走2,200m戦の連対馬だった。
特に5枠は、同居していたので、ヴェルトライゼンデを2着候補にしたのは失敗だった。
枠順って大切です。

これで、今年の3歳限定戦は終了しました。
今年の3歳馬は、令和元年デビュー組です。
ノースヒルズ会長 前田幸治さんの誕生日は、2月23日(天皇誕生日)
令和新時代ですねぇ


では

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴァンドギャルドの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年10月22日(木) 21:35:02
関係、休明けも抜群、調教師が安田で強気

ヴァンドギャルドの写真

ヴァンドギャルド
ヴァンドギャルド

ヴァンドギャルドの厩舎情報 VIP

2020年10月24日富士ステークス G21着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴァンドギャルドの取材メモ VIP

2020年10月24日 富士ステークス G2 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。