マイネルフラップ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 黒鹿毛 2016年2月11日生
調教師梅田智之(栗東)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績 5戦[1-0-0-4]
総賞金730万円
収得賞金400万円
英字表記Meiner Flap
血統 ヴィクトワールピサ
血統 ][ 産駒 ]
ネオユニヴァース
ホワイトウォーターアフェア
マイネエレーナ
血統 ][ 産駒 ]
ロージズインメイ
ゲイリーピクシー
兄弟
前走 2018/12/01 こうやまき賞
次走予定 2018/12/15 ひいらぎ賞

マイネルフラップの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/12/01 中京 10 こうやまき賞 500万下 芝1600 93383.388** 牡2 55.0 荻野極梅田智之462(+4)1.35.4 0.734.1⑧⑥⑥ダノンチェイサー
18/11/10 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 955184.298** 牡2 55.0 和田竜二梅田智之458(+2)1.36.7 1.334.7⑥⑥アドマイヤマーズ
18/07/21 中京 9 中京2歳S OP 芝1600 71127.055** 牡2 54.0 和田竜二梅田智之456(0)1.35.7 1.036.1アドマイヤマーズ
18/07/08 中京 1 2歳未勝利 芝1600 7448.941** 牡2 54.0 和田竜二梅田智之456(-8)1.37.8 -0.236.3⑥⑤⑤ダノンシティ
18/06/24 阪神 5 2歳新馬 芝1800 108940.675** 牡2 54.0 石橋脩梅田智之464(--)1.52.2 1.735.3⑨⑧ブレイキングドーン

マイネルフラップの関連ニュース

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、デイリー杯2歳Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
前走1着馬を除くと、牝馬の好走例はみられない(2008年以降)

アズマヘリテージ

前走6着以下敗退馬の好走例はなし(2008年以降)

ヤマニンマヒア
アズマヘリテージ
スズカカナロア

前走500万条件組の好走例は皆無(2008年以降)

ヤマニンマヒア

1400m以上の勝ち鞍、あるいは重賞2着以内の経験がない馬の好走はゼロ(2007年以降)

スズカカナロア

中1週以内のローテで臨んだ馬の連対例はゼロ(2008年以降)

アズマヘリテージ
メイショウショウブ

【人気】
9番人気以下の好走例は皆無(2008年以降)
※10時00分現在の9番人気以下

マイネルフラップ

3番人気以下、かつ牝馬の好走例はみられない(2008年以降)
※10時00分現在の3番人気以下、かつ牝馬

アズマヘリテージ
メイショウショウブ

前走3番人気以下、かつ3着以下敗退馬の連対例は皆無(2008年以降)

アズマヘリテージ
マイネルフラップ
スズカカナロア

【脚質】
前走1着あるいは重賞2着以内の馬を除くと、前走の4角通過順が6番手以内だった馬の連対例は皆無(2008年以降)

ヤマニンマヒア
アズマヘリテージ
マイネルフラップ
スズカカナロア

【枠順】
前走重賞2着以内馬を除くと、2枠の連対例はゼロ(2008年以降)

アズマヘリテージ

馬番4番枠の好走例は皆無(2008年以降)

ドナウデルタ

【血統】
父、母父ともにヘイルトゥリーズン系種牡馬という馬の好走例はみられない(2008年以降)

マイネルフラップ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
アドマイヤマーズ
ダノンジャスティス
ハッピーアワー



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】デイリー杯2歳S 未勝利勝ち直後の馬が好成績!前走の上がり3F順位も重要!2018年11月10日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、デイリー杯2歳Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
未勝利勝ち直後に臨んだ馬が好成績(2007年以降)

ドナウデルタ
メイショウショウブ

1400m以上の勝ち鞍あるいは、重賞連対経験が好走の必須条件(2007年以降)

ヤマニンマヒア
アズマヘリテージ
アドマイヤマーズ
ドナウデルタ
マイネルフラップ
メイショウショウブ
ダノンジャスティス
ハッピーアワー

【人気】
1番人気が比較的強い(1998年以降)
※9時30分現在の1番人気

アドマイヤマーズ

6~9番人気、かつ単勝オッズ15.0倍以上に該当した場合の回収率が高い(1998年以降)
※9時30分現在の6~9番人気、かつ単勝オッズ15.0倍以上

アズマヘリテージ
マイネルフラップ
スズカカナロア
メイショウショウブ

【脚質】
前走の上がり3ハロン順位が3位以内だった馬が攻勢(2007年以降)

アドマイヤマーズ
ドナウデルタ
メイショウショウブ
ダノンジャスティス
ハッピーアワー

【枠順】
大きな偏りはない

※枠順の有利不利をあまり気にせずに買うのが、おそらく正解

【血統】
父もしくは母父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬が強い(2007年以降)

ヤマニンマヒア
アズマヘリテージ
アドマイヤマーズ
ドナウデルタ
マイネルフラップ
スズカカナロア
メイショウショウブ
ハッピーアワー

父もしくは母父にキングマンボ系種牡馬を持つ馬が好相性(2007年以降)

ドナウデルタ
スズカカナロア
メイショウショウブ


【4項目以上該当馬】
メイショウショウブ(6項目)
ドナウデルタ(5項目)
アドマイヤマーズ(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】デイリー杯2歳S 指数6位以内を重視!指数上位の前走2番人気以内かつ1着馬が狙い目!2018年11月10日() 09:40

デイリー杯2歳Sの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
軸馬の絞り込みで頼れるのは指数6位以内。なかでも、前走2番人気以内かつ1着だった馬の期待値が高い。

指数6位以内、かつ前走2番人気以内かつ1着

アドマイヤマーズ
ドナウデルタ
メイショウショウブ
ハッピーアワー

<ポイント②>
指数78.0未満同士のワンツー決着はゼロ。穴を狙うにしても指数78.0未満同士を組み合わせた2連勝馬券は控えめにしたほうがベター。

指数78.0未満

ヤマニンマヒア
アズマヘリテージ
マイネルフラップ
ダノンジャスティス

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は75.1。これを下回る馬の好走は難しい。

指数75.0以下

ダノンジャスティス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】デイリー杯2歳S 2戦2勝のダイワメジャー産駒が好仕上がり!未勝利勝ち直後の良血牝馬も好ムード!2018年11月10日() 09:20

デイリー杯2歳Sの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ヤマニンマヒア
栗東CWで実施した1週前追い切りでは、長めからマズマズの時計を記録。ここまでは良かったのだが、同じくCWで行われた今週の追い切りの内容は今ひとつ。先に仕掛けながら、後続の2頭に後れをとる物足りない結果に。行きたがる面も相変わらずで、コレといった進境は窺えない。ここは静観が賢明だろう。

アズマヘリテージ
中1週ながら、日曜日に栗東CWで長めから時計を出し、今週の坂路追い切りではビッシリとやれているように、少なくとも体調面の不安はない。だが、肝心の動きに関してはイマイチ。仕掛けに対する反応が鈍く、鞍上の手は追い通し。最後は完全に失速という散々な内容。上昇は感じられず、一変までは難しいかもしれない。

アドマイヤマーズ
約3カ月ぶりの実戦となるが、栗東CW主体に乗り込み量は十分。3頭併せを4回行い、すべて先着を果たしているように、質についても申し分がない。今週の追い切りは終い重点ながら、しっかりと脚を伸ばしてラスト1F11秒台の好ラップを記録。手前が決まらず、少しモタつく場面もあったが、追われてからの鋭い反応と均整のとれたフォームはなかなかのもの。好仕上がり。

ドナウデルタ
この中間は栗東坂路で調整。2週前と1週前に併せ馬を行い、目立つ時計こそ出ていないが、遅れているわけではないので、過度に不安視する必要はない。今週の追い切りでは、タフなコンディションにもかかわらず、ラスト2F25秒1-12秒4の好ラップをマーク。近2走の最終追い切り時と比べて、ラップの刻み方が良くなっている点は高く評価できる。好ムードであることは間違いない。

マイネルフラップ
帰厩後は栗東坂路で調整されているが、1週前までの内容に特筆できるところは見当たらない。今週の追い切り時計も平凡そのもの。動きについても、推進力に乏しくスムーズさを欠く印象。良い意味での変化は窺えず、仕上がり途上の感は拭えない。今回は見送りが正解ではないか。

スズカカナロア
栗東入厩後は坂路中心に入念な調整。3週続けてビッシリ追うなど、精力的にメニューを消化している。CWで行われた最終追い切りでは、ラスト1F12秒ソコソコの好ラップを記録。フットワークがバラつき気味の半面、踏み込みの力強さは目を引くものがある。力を要する馬場状態なら、面白い存在になるかもしれない。

メイショウショウブ
今週の追い切りは栗東CWで実施。それなりの時計は出ているが、ワンペースの走りで、ラストのキレを欠く印象。少し頭が高いし、脚捌きの硬さも目につく。こうした感じで結果を残している馬ではあるものの、今回の舞台で好パフォーマンスを示せるかどうかについては疑問。期待よりも不安のほうが大きい。

ダノンジャスティス
坂路とコースを交えて、帰栗後の調教量は十分すぎるほど。CWにて行われた1週前追い切りでは、先行とはいえダノンプレミアムに先着。坂路で実施した今週の追い切りでも、活気ある走りを見せ、併走馬を圧倒した。ひと追いごとの良化が顕著で、仕上がりは上々。上位を狙えるデキとみる。

ハッピーアワー
10月半ばから調教を再開。テンションが上がりやすい気性面と馬体減りを考慮し、慎重かつ丹念に乗り込まれている。その効果もあってか、栗東CWで実施した最終追い切りでは、ラスト1F12秒ソコソコの好ラップを余力残しで記録。首が立つような姿の一方で、回転力抜群の脚捌きが印象的。鞍上の合図に対する反応も悪くない。テンションを維持できるようなら、一考の価値はある。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【デイリー2S】厩舎の話2018年11月9日(金) 05:01

 ◆アズマヘリテージ・河内師 「使いつつ馬体が増えて状態はいい」

 ◆アドマイヤマーズ・友道師 「夏を越して成長。折り合いはつくし、どこからでもいける」

 ◆スズカカナロア・橋田師 「フットワークが大きいし、距離は延びた方がいい」

 ◆ダノンジャスティス・猿橋助手 「いい感じに仕上がっている。期待できそう」

 ◆ドナウデルタ・石坂正師 「母もマイル戦は走った。いいレースを期待している」

 ◆ハッピーアワー・武幸師 「馬体を戻しながら調整してきたが、いい感じになりつある」

 ◆マイネルフラップ・梅田師 「追い切りはまずまずの動きだった」

 ◆メイショウショウブ・池添兼師 「中1週だが、しっかり攻めることができている」

 ◆ヤマニンマヒア・松永幹師 「行きたがる面が出てきた。距離短縮でうまくなだめられれば」



★デイリー杯2歳Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【デイリー2S】追って一言2018年11月8日(木) 05:04

 ◆アズマヘリテージ・河内師 「使いつつ馬体が増えているし状態はいい」

 ◆アドマイヤマーズ・友道師 「動きは問題なかった。折り合いはつくし、距離延長は問題なさそう」

 ◆シャドウエンペラー・内山助手 「当週はサラッと。速い時計に対応もできるし、マイルも乗りやすい」

 ◆ダノンジャスティス・猿橋助手 「まずまずの時計。いい感じに仕上がっている」

 ◆ドナウデルタ・石坂正師 「いつも通り調教は動く。いいレースを期待している」

 ◆ハッピーアワー・武幸師 「燃えすぎないように単走にした。いい感じになりつある」

 ◆マイネルフラップ・梅田師 「しまいの反応を確かめたが、まずまずの動きだった」

 ◆ヤマニンマヒア・松永幹師 「行きたがる面が出てきた。うまくなだめられたらいいが…」



★デイリー杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルフラップの関連コラム

閲覧 546ビュー コメント 1 ナイス 6



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



11月10日(土) 京都11R 第53回 デイリー杯2歳ステークス(G2、2歳、芝、外1600m)

【登録頭数:10頭】(フルゲート:18頭)

アドマイヤマーズ(A)
新馬戦出走時はCWを中心に乗り込まれていたが、前走の中京2歳S時は間隔が詰まっていたこともあるのか坂路での調整。この2戦では、まだトモの筋肉が寂しい感じに見えたのでこの3ヶ月半でどれだけ馬体が成長しているかは気になるところ。この中間の調整内容は、新馬戦時と同じようにジックリ調整されていてCWでの併せ馬が中心。2週前(外)、1週前(内)とそれぞれ3頭併せで先着。特に1週前は、デムーロ騎手が騎乗しての好時計で数字上は順調に調整されている印象を受けた。あとは最終追い切りの映像を見て最終的な評価を決めたい。

ハッピーアワー(D)
デビューから3戦目での勝ち上がりだったが2走前。調教に関しては、デビューから間隔を詰めて使われていった割には、使われる毎に調教の時計が良くなっていた。前走のすずらん賞も滞在競馬ではあったが、レースまでに併せ馬3本ですべて先着とこれまでで一番良い調教内容だった。この中間は、乗込み量は多いものの単走での追い切りばかりで時計もそれほど目立つところはなく、ここ2戦と比べるとかなり物足りない内容に映る。

アズマヘリテージ(E)
デビューからの2戦は1着、2着だったもののパドックではボテーとのんびりした感じで決して良くは見えない馬体、動きだった馬。前走時は、間隔も空いてプラス体重ではあったものの馬体はスッキリした感じに映り、逆にうるさい感じが出ていた。この中間は間隔が詰まっていて、日曜日にCWで軽めの時計。前走時がCW中心で物足りない内容ばかりだったので、最終追い切りでかなり良い動きでないと期待はできないかもしれない。

シャドウエンペラー(C)
この馬はこれまでの2戦ともパドックでは速歩というかキビキビした動きで、特に前走時は太め感もなくスッキリした印象で出来は悪くなく見えた。調教に関しても、2戦とも◎にしたくらいのかなり好時計。この中間、これまで一杯に追われていた1週前追い切りは馬なりでの調整に変わってはいるが、和田騎手が騎乗して好時計をマークしていて本数もそれなり。調子落ちということはなさそうなので、最終追い切りでの動きは気になるところ。

スズカカナロア(E)
デビュー戦時は、栗東で好時計の出ていた馬で◎1着。ただ函館での2戦のパドックでは滞在競馬の割にチャカチャカしていて、集中力に欠ける感じだった。3ヶ月半ぶりになるこの中間は、栗東で調整されているもののデビュー前の調教時計と比べると物足りないもの。阪神までとはいえ当日輸送での競馬となり、ここ2戦以上にうるさい面が出てしまう可能性もありそう。

ダノンジャスティス(B)
デビュー戦の前走(1着)は乗り込み量豊富で時計も優秀。パドックでは多少はふっくらした感じの馬体に見えたが、気合い乗り抜群で出来はかなり良かった。3ヶ月ぶりとなるこの中間も乗り込み量は豊富で、1週前にはダノンプレミアムと併せて先着。出来に関しては一度使われての上積みが期待できそうな感じで、最終追い切りの動きもしっかり見てみたい。

ドナウデルタ(C)
新馬、未勝利と間隔が詰まっていることもあっただろうが、まだトモの筋肉が寂しく馬体もどちらかというと小柄。この中間は2週前、1週前と坂路で追われて先着しているが、時計は平凡。牧場で乗られてきているとは思うが、物足りない内容。

マイネルフラップ(D)
これまでの3戦では使われるごとに馬体は締まってきていた感じだったが、パドックで少し集中力に欠けるところを見せていた。この中間の追い切りに関しては、間隔が空いている割に乗り込み量が少なく、もともと調教で良い時計が出る馬ではないので特に良くなった印象はない。

メイショウショウブ(C)
パドックではバランスの良い馬体に見せていた馬だが、前走時は馬体重の割に細く見えてこの馬としたらギリギリの馬体だったかもしれない。この中間は、その前走から中1週ということもあり、速い時計は出ていない。上積みまでは期待できそうもない。

ヤマニンマヒア(C)
デビューから2戦のパドックではお腹からトモにかけて細く寂しい感じの馬体。前走では大きく馬体が増えていたが、全体のバランスを見てもやはりまだお腹かからトモにかけてが細い印象。調教に関してもこれまでこれといった時計が出ていない馬だが、この中間は1週前にCWで速い時計で先着。多少は変わり身を見込めるかもしれない。



◇今回はデイリー杯2歳S編でした。
ウマニティのお知らせでもあった通り、河内一秀さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
河内さんに初めて会ったのは新橋GateJ.での予想検討会に出演させてもらった時なので、約2年半前。物静かな者同士、意外と話が合ってその時には打ち上げの後も何軒も連れて行ってもらいいろいろと話をした覚えがあります。その後もオフ会やイベントで東京に行った時には必ず会って、このコラムや年末に行っているくりーく賞のことなど、何かアイデアが浮かんだら必ず最初に話をして相談に乗ってもらっていたのが河内さんでした。こちらがどんな変化球を投げても、速い球を投げてもしっかりキャッチしてくれていい球を返してくれる、私にとって競馬のキャッチボールが思いっきりできる方だったので、これからそんなキャッチボールができなくなるのはとても残念です。先日、河内さんに最期のお別れをしに行ってきましたが、横になっている本人を見てもまだ実感が涌かず、また東京に行った時には普通に会えるのではないかと思ってしまうほど、現実として受け入れられないというのが本当のところです。河内さんなくしてウマニティなし。ウマニティがなければ「くりーく」も存在せず、このような競馬の仕事をさせてもらうこともなかったと思いますし、佐藤洋一郎さんはじめ他のプロ予想家の方々に、会員の方々、ウマニティスタッフの方々と出会うキッカケも生まれなかったハズで、今の幸せな環境があるのは河内さんのおかげだと思っています。本当に感謝の気持ちしかありません。
いろいろとありがとうございました。

・・・・・・河内さ~ん、、、今年の「くりーく賞」は笠松の空の上まで観に来てくださいね。空の上の馬券発売場でも馬券を売っていると思うので、ぜひいつものように馬券を買って楽しんでください。
今年は河内さんをビックリさせてみせますよ.。.*+☆

それでは次回、東京スポーツ杯2歳S編(予定)でお会いしましょう。


※デイリー杯2歳S出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

マイネルフラップの口コミ


口コミ一覧
閲覧 86ビュー コメント 0 ナイス 2

デイリー杯2歳ステークス

アズマヘリテージ 坂路、単走、動き軽快、前向き、テンションが高い

アドマイヤマーズ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、いかにも走りそうな重厚な走り

スズカカナロア 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

ダノンジャスティス 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、突き抜ける、これまた能力は高い走り

ハッピーアワー 長め、単走、動き軽快、集中して

マイネルフラップ 坂路、単走、動き軽快、前向き

メイショウショウブ 長め、単走、動き軽快、前向き

ヤマニンマヒア 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

 ミッドナイトホーセズ 2018年11月6日(火) 05:07
競馬検討 デイリー杯2歳ステークス
閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 4

デイリー杯2歳ステークス

アズマヘリテージ ?

アドマイヤマーズ 勝ち負け

シャドウエンペラー 再度

スズカカナロア ?

ダノンジャスティス 圏内

ドナウデルタ 良血

ハッピーアワー 安定はして

マイネルフラップ ?
 
メイショウショウブ 安定はして

ヤマニンマヒア さて?

[もっと見る]

 カザフスタン 2018年7月31日(火) 01:04
注目2歳馬
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 4

グランアレグリア
12.6 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.1 - 11.3 - 11.1 - 11.2 1:33.6
高速馬場を加味してもハイレベル。前日の500万下より優秀。
内容も外目まわして余裕の手ごたえなのでよい。ただ馬券的妙味は薄い

ウィクトーリア
12.3 - 11.4 - 12.3 - 12.8 - 12.5 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 11.6 1:48.3
レコードを出したように優秀な勝ち時計。高速馬場というわけでもなく、
心肺機能がまだまだできていない2歳牝馬を考慮するとこの馬場でのこの時計は立派。
内枠の楽逃げという点を考えても強い

アフランシール
12.8 - 11.6 - 12.3 - 13.0 - 12.9 - 12.3 - 11.6 - 11.7 - 11.6 1:49.8
同じく函館の1800組。馬場はウィクトーリアの日より多少時計がかかっている。
外から差し切れるというレースぶりも含めて評価

ブレイキングドーン
13.4 - 12.3 - 12.3 - 12.6 - 12.9 - 12.6 - 11.5 - 11.1 - 11.8 1:50.5
雨の影響もあって馬場は重い。その中でこの時計、上りは強い
完封したアドマイヤジャスタやマイネルフラップが勝ちあがりも納得の時計


スピード自体は大きく成長しない。2歳で上がり3F33秒台だから、4歳で30秒出せるわけじゃない
一番変わるのは心肺機能、持続力。負荷の少ない高速馬場の1200なら2歳でも7秒台で走れるわけだし、
スプリント戦の2F目は2歳でもG1でも10秒台前半。
そういう点で考えると、まだまだ未発達の心肺機能で、この時期に時計のかかる馬場で古馬500万とか3歳未勝利の上位の水準ではしれる馬は強い評価をしていい。
とはいえグランアレグリアは高速馬場であっても超強いんだけど。

ただ馬券的なことを考えると、派手な勝ち時計はみんなが注目するわけなので期待値は低い。
ブレイキングドーンくらいの地味に強い馬、レースを見つけるのが良いと思いますが、これもアドマイヤジャスタが圧勝しちゃったので妙味無くなりそうではありますが。

まとめ
・この4頭が現時点で評価の高い2歳
・強いことと馬券的妙味は別
・とはいえ時計のかかる馬場に妙味の高い馬、レースが隠れていることが多い

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルフラップの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マイネルフラップの写真

投稿写真はありません。

マイネルフラップの厩舎情報 VIP

2018年12月1日こうやまき賞8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルフラップの取材メモ VIP

2018年11月10日 デイリー杯2歳S G2 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。