会員登録はこちら
エプソムカップ G3   日程:2018年6月10日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

エプソムカップ G3

2018年6月10日() 東京/芝1800m/16頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 16

サトノアーサー

牡4 56.0 戸崎圭太  池江泰寿 480(0) 1.47.4 5.6 2
2 3 6

ハクサンルドルフ

牡5 56.0 川田将雅  西園正都 464(+2) 1.47.5 1/2 7.0 4
3 3 5

グリュイエール

牡6 56.0 福永祐一  藤原英昭 486(0) 1.47.6 3/4 7.9 5
ラップタイム 12.8-11.1-11.5-12.3-11.9-11.9-11.6-11.8-12.5
前半 12.8-23.9-35.4-47.7-59.6
後半 59.7-47.8-35.9-24.3-12.5

■払戻金

単勝 16 560円 2番人気
複勝 16 200円 2番人気
6 240円 4番人気
5 250円 5番人気
枠連 3-8 1,030円 4番人気
馬連 6-16 2,240円 8番人気
ワイド 6-16 870円 8番人気
5-16 850円 7番人気
5-6 1,250円 13番人気
馬単 16-6 3,830円 13番人気
3連複 5-6-16 6,380円 17番人気
3連単 16-6-5 28,020円 73番人気

エプソムカップのニュース&コラム

【古馬次走報】トーセンビクトリー、クイーンSを視野
 ★マーメイドS2着ワンブレスアウェイ(美・古賀慎、牝5)、6着レイホーロマンス(栗・橋田、牝5)は七夕賞(7月8日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。3着ミエノサクシード(栗・高橋亮、牝5)は中京記念(7月22日、中京、GIII、芝1600メートル)を視野に。15着トーセンビクトリー(栗・角居、牝6)は、クイーンS(7月29日、札幌、GIII、芝1800メートル)を視野。 ★京都新聞杯10着フランツ(栗・音無、牡3)は、内田騎手との新コンビでラジオNIKKEI賞(7月1日、福島、GIII、芝1800メートル)へ。 ★エプソムC7着ゴールドサーベラス(美・清水英、牡6)は、函館記念(7月15日、函館、GIII、芝2000メートル)へ。 ★エプソムC14着ダイワキャグニー(美・菊沢、牡4)は、近日中に山元トレセンに移動。秋は毎日王冠(10月7日、東京、GII、芝1800メートル)を予定。 ★アハルテケS2着サンライズメジャー(栗・浜田、牡9)は、マリーンS(7月8日、函館、OP、ダ1700メートル)。 ★加古川特別を勝ったオメガパフューム(栗・安田翔、牡3)は、ジャパンダートダービー(7月11日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に駒を進める。 
2018年6月14日(木) 05:00

 195

【エプソムC】2億円馬アーサー、やっと届いた初勲章!
 第35回エプソムカップ(10日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走16頭)戸崎圭太騎乗で2番人気のサトノアーサーが重馬場を克服して差し切り勝ち。待望の重賞初制覇を果たした。タイム1分47秒4(重)。池江泰寿調教師は鳴尾記念(ストロングタイタン)に続く2週連続の重賞Vとなった。大外から伸びた4番人気ハクサンルドルフが1/2馬身差の2着。1番人気ダイワキャグニーは伸びを欠いて14着に敗れた。 強い雨が降りしきる府中のターフを、パワフルに駆け抜けた。サトノアーサーが6度目の重賞挑戦で悲願の初タイトルを奪取。初コンビの戸崎騎手が満面の笑みで振り返った。 「中団につけたいイメージでしたが、思ったよりスタートも良く、前で競馬ができました。終始手応えも良かったです」 絶好のスタートから、5、6番手につける形。手応え良く直線に向かって外へ持ち出すと、力強い末脚で抜け出す。鞍上のムチに呼応し、もうひと伸び。2着馬の猛追を半馬身、振り切った。 2015年のセレクトセール1歳部門で、2億1060万円(税込み)で取引された良血馬がついに覚醒した。ダービー(10着)、菊花賞(11着)では厚い壁にはね返され、重賞でもきさらぎ賞、毎日杯と2着2回。歯がゆい競馬が続いてきたが、ここ3戦はオープン特別で地道に力をつけ、4歳の夏を迎えて素質が開花した。 「トモ(後肢)に力がついて、そのあたりがゲートの出につながったと思います。一本芯が通り、しっかりしてきました」 自身11度目の2週連続重賞Vを飾った池江調教師も愛馬の成長ぶりに目を細める。「マイルから2000メートルくらいがいいので、秋はさらにGIで飛躍を」と大舞台を見据えた。今後はもう1レース使うか、放牧に出されるか、オーナーとの協議の上で決められる。 15年の勝ち馬エイシンヒカリ(イスパーン賞、香港C)など、のちの活躍馬が多くいる出世レースで重賞初Vを飾ったサトノアーサー。本格化のときを迎えた2億円ホースが、さらなる飛躍へ突き進む。(山川洋暁)★10日東京11R「エプソムC」の着順&払戻金はこちらサトノアーサー 父ディープインパクト、母キングスローズ、母の父リダウツチョイス。青鹿毛の牡4歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)サトミホースカンパニー。戦績11戦4勝。獲得賞金1億3958万1000円。重賞初勝利。エプソムCは池江泰寿調教師が2012年トーセンレーヴに次いで2勝目。戸崎圭太騎手は16年ルージュバックに次いで2勝目。馬名は「冠名+人名より」。
2018年6月11日(月) 05:07

 1,322

【エプソムC】レースを終えて…関係者談話
 ◆ルメール騎手(サーブルオール4着) 「オープンの経験が少なく、馬場状態も少し影響していたなかで、よく頑張っている」 ◆藤岡佑騎手(エアアンセム5着) 「目標にした馬が思った以上に進んで行かなかった。脚をためたぶん、しっかりと伸びているが…」 ◆石橋騎手(ベルキャニオン6着) 「馬場は重かったが、以前よりも我慢できるようになって上手に走れていた」 ◆大野騎手(ゴールドサーベラス7着) 「馬場のいいところを選んで、最後はジリジリ伸びている」 ◆三浦騎手(バーディーイーグル8着) 「道中は前回よりも手応えよく進んでいた。頑張っています」 ◆柴田大騎手(マイネルフロスト9着) 「(9カ月の)ブランク明けだったが、スムーズな競馬はできた」 ◆石川騎手(ブラックスピネル10着) 「いい位置で運べたが、最後は伸び切れなかった」 ◆丹内騎手(マイネルミラノ11着) 「出ムチを入れても行けず、(58キロの)斤量も厳しかった」 ◆武豊騎手(スマートオーディン12着) 「イレ込みは以前よりましだったが、(久々で)途中から随分気負って走っていた。それでもバタバタにならず、能力は感じた」 ◆柴田善騎手(トーセンマタコイヤ13着) 「ノメって余計なところで力が入ってしまい、直線で脚が使えなかった」 ◆北村宏騎手(アデイインザライフ15着) 「もう少し来てもいいかと思ったが、最後は離された」 ◆勝浦騎手(シャイニープリンス16着) 「こんな(重い)馬場は良くない」★10日東京11R「エプソムC」の着順&払戻金はこちら
2018年6月11日(月) 05:06

 1,052

【エプソムC】ハクサン、上がり最速も2着
 第35回エプソムカップ(10日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走16頭)4番人気のハクサンルドルフが2着。後方から重馬場も苦にせず、上がり3ハロンはメンバー最速の34秒7の脚を使ったが、半馬身届かなかった。川田騎手は「返し馬から、こういう馬場でも大丈夫そうだと思いました。直線もしっかり脚を使ってくれましたし、精いっぱい頑張ってくれました」と健闘をたたえていた。★10日東京11R「エプソムC」の着順&払戻金はこちら
2018年6月11日(月) 05:06

 544

エプソムカップのニュースをもっと見る >

【エプソムC】厩舎の話
 アデイインザライフ・萩原調教師「距離を延ばして良さが出れば」 エアアンセム・藤岡佑騎手「前走で重賞でもやれる感触をつかめた」 ゴールドサーベラス・坂口助手「状態は前走よりいい。展開が向けば」 サトノアーサー・池江調教師「上積みは明らか。トモの蹴っぱりから全然違う。東京は合う」 サーブルオール・萩原調教師「前走後も順調。東京のこの距離もいい」 シャイニープリンス・栗田博調教師「動きは上々。この時季は走る」 スマートオーディン・池江調教師「体に余裕はあるが、脚元は安定」 ダイワキャグニー・菊沢調教師「気合が乗っていたので単走でやった。中2週でも元気がある」 トーセンマタコイヤ・柴田善騎手「前走より動きは軽い。噛み合えば」 ハクサンルドルフ・西園助手「先週しっかり追っている。距離も合う」 バーディーイーグル・国枝調教師「条件は合うが、斤量増が気になる」 ブラックスピネル・音無調教師「追い切りで遅れた。距離もどうか」 ベルキャニオン・森助手「距離は守備範囲。いい勝負ができると思う」 マイネルフロスト・高木調教師「久々もいいころの感じに仕上がった」 マイネルミラノ・相沢調教師「動きは良かった。ただ、58キロは…」(夕刊フジ)★エプソムカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月7日(木) 11:42

 1,406

【ズバッと!言いたい放題】エプソムC&マーメイドS
 しの いよいよ梅雨入りね。今週末も微妙よ。 大王 とはいえ、どんな天気でも人気はダイワキャグニーだろう。東京で全5勝、今回と同舞台の前走・メイSも快勝だ。昨年の毎日王冠でもリアルスティールに0秒2差4着だし、力は上だ。 東京サンスポ・片岡 追い切りも良かったな。単走でも、前の馬をずっと追いかける形で負荷は結構かかっていた。 大王 メイS3着のサトノアーサーは、3歳時の毎日杯で皐月賞馬アルアインの半馬身差2着になった実績がある。 水谷 池江さんは「休み明けを使って上積みがある。トモの蹴っぱりが違う」やて。 しの 安田記念は4歳が上位を独占。今週もダイワ&サトノが有力ね。 東京サンスポ・山川 ベテラン7歳勢も侮れない。アデイインザライフは今週、坂路で4F51秒7の一番時計。先週もWコースで5F65秒7と動いた。状態アップ。 大王 トーセンマタコイヤは新潟大賞典で脚を余して5着。3勝している東京に替わるし、叩かれた上積みも大きい。 山川 けいこで乗った柴田善騎手も「前走と比べると軽くなっている。反応は変わってきそう」と好感触でした。 片岡 ベルキャニオンは「力を出せる仕上がりで、1F延長も気にならない」と森助手。 水谷 エアアンセムも吉村さんが、「道悪は速い馬場よりはいい」と言っとったな。 山川 雨予報といえば、期待はハクサンルドルフかな。不良馬場だった同じ舞台の甲斐路Sを勝っています。 しの 道悪の経験はないけど、サーブルオールも血統的にこなせそう。東京も好相性ね。 しの 阪神も天候は崩れるかも。 水谷 キンショーユキヒメの中村さんは、「想像以上に切れるのであまり大雨が降ってグチャグチャにはなってほしくない」と気にしとったな。 大王 福島牝馬Sで重賞初勝ちだけど、本質的には阪神のほうがいい。ハンデ55キロでも信頼だ。 山川 ミリッサが不気味。半姉のリラヴァティは一昨年の覇者で、オークス馬シンハライトも阪神は【2・1・0・0】と得意でした。成長期の4歳だし、ハンデ53キロなら。 大阪サンスポ・長田 僕はトーセンビクトリーを推します。CWコースの軽いストライドが好印象。浜中騎手も「元気が良さそうだし、オンとオフがしっかりしているね」とほめていました。 大王 確かに力は認めるけど、ハンデ56キロが影響しないかな。それなら愛知杯2着のハンデ52キロレイホーロマンスか。 長田 それも気になります。坂路で気合をつけられてラスト1F12秒7の切れ味を見せました。水分をたっぷり含んだ重い馬場でも、いいフォームでしたね。 片岡 ほかにも軽ハンデはおるで。52キロアルジャンテ、50キロルネイションあたりも面白いわ。 しの ハンデ0・1トンの水谷さん、また無印と◎で馬プレ成功ね。 水谷 ふん。そのうち言わしたるわ。 しの 遠慮なく、今週どうぞ(^-^)(夕刊フジ)★エプソムカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★マーメイドステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月7日(木) 11:37

 1,709

【エプソムC】キーマンズトーク・藤原英昭調教師
 サマーシリーズ、または秋の王道路線を狙い、「第35回エプソムC」には楽しみな存在がエントリーしてきた。なかでも2年1カ月ぶりの前走を勝ったグリュイエールは、名門期待の素質馬。藤原英昭調教師(52)も期待感十分だ。 --前走は2年1カ月の長休明け。それでも3番人気に推され、3F33秒7の末脚で抜け出した 藤原英昭調教師「正直すごいなと思ったし、驚いたよ。潜在能力は高いし、センスもあるのは分かっていたけど、いきなり走ってくれるとはね」 --6日の坂路で跨がった福永騎手は「反動はない」と好感触 「さすがに前走を使った反動を心配していたけど、馬体を見る限り、大丈夫のようだ。数字的に変わりはないけど、休んでいる間に中身は成長した感じがするね」 --引き続きの東京コースで1800メートル。前走から200メートル短くなる 「広い東京コースは走りやすい。前走でも少し力みが見られたので、距離が短くなるのはいいんじゃないかな」 --ディープインパクト×キングカメハメハの好素材。重賞はキタサンブラックVの3年前のセントライト記念(9着)以来だが、好結果を出せば視界が一気に開ける 「大きな故障で休んでいた馬だし、一戦一戦が勝負だと思っているよ」(夕刊フジ)★エプソムカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月7日(木) 11:34

 900

【エプソムC】キャグニー、びっしりデモ12秒8
 エプソムCの追い切りが6日、東西トレセンで行われた。美浦では8戦5勝と東京を得意にしているダイワキャグニーが好調をアピール。しまい重点に追われてシャープな脚さばきを見せた。重賞初制覇に向けて視界良好だ。美浦の坂路で一番時計をマークしたアデイインザライフがサンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。 降ったりやんだりの空模様とは対照的に、充実期を迎えた4歳馬ダイワキャグニーの視界は明るい。重賞初制覇へ向け、力感十分の脚取りでWコースで6ハロン85秒3、3ハロン39秒8-12秒8をマーク。単走ながら直線では肩ムチを一発、ゴール後も意欲的に伸ばされた。 「併せ馬をしようと思っていたけど、けっこう気合がいいので単走にした。メリハリをつけてのしまい重点。中2週でも元気があるね」 菊沢調教師が納得の表情でうなずく。トレーナーは別の馬で離れて先導し、迫り来る蹄音、ゴール後に並びかけてきたキャグニーの勢いに具合の良さを感じたようだ。 2015年のセレクトセール1歳で1億1340万円(税込み)で落札された逸材。3歳時は素質だけで走り、中身が伴っていなかったダービー(14着)はもちろん、古馬初対戦で4着に健闘した毎日王冠のときも、「下見所でリアルスティール(当時5歳=1着)とかの馬体を見たら『こりゃかなわない』と思ったよ」とトレーナーは明かす。だが、4歳を迎えて馬体はたくましく成長し、「ようやく中身が良くなってきた」。 前走のメイSは中団から差し切り、今までの先行押し切りのイメージを一新。戦法の引き出しが増えたのは収穫だった。引き続き【5・0・1・2】と得意の東京コースで好レースは必至だ。不安点は週末の雨予報だが、「道悪は経験がないから不確定要素。ただ、すごくうまいかもしれない」と菊沢師は対応する可能性も示唆する。 「ここでいい競馬をして、秋は大舞台を歩ませたいよね」 3年前の覇者エイシンヒカリはその後、世界までその名をとどろかせた。ダイワキャグニーも古馬の登竜門を制し、満を持して秋のGIロードに挑む。(板津雄志)★エプソムカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年6月7日(木) 05:06

 958

エプソムカップの直前追い切り情報をもっと見る >

エプソムカップの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月10日 20:03更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv113 
560円 5,600円
Lv109 
28,020円 56,040円
Lv108 
28,020円 28,020円
Lv105 
200円 20,000円
Lv105 
560円 5,600円

的中情報をもっと見る >

エプソムカップ過去10年の結果

2017年6月11日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2016年6月12日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ルージュバック 戸崎圭太 1:46.2 2.8倍 101.3
2着 フルーキー M.デムーロ 2 1/2 5.0倍 98.6
3着 マイネルミラノ 柴田大知 クビ 16.5倍 98.6
2015年6月14日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 エイシンヒカリ 武豊 1:45.4 3.0倍 100.9
2着 サトノアラジン C.ルメール クビ 2.1倍 100.9
3着 ディサイファ 四位洋文 クビ 7.1倍 100.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

エプソムカップのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝1800m

2008年以降の年齢別成績では4歳馬が7勝、2着6回、3着2回と、圧倒的強さを見せている。特に関西馬は5勝、2着4回、3着1回と優勢で、2013年は4歳の関西馬が上位3着までを独占した。対する5歳以上は出走数のわりに苦戦しているが、コース巧者のリピーターの活躍は多い。2008年12番人気3着のグラスボンバー、2014年8番人気3着のダークシャドウなど、過去にこのレースで3着以内に入った経験のある馬の再好走が2008年以降だけで5度記録されている。性別で見ると、牝馬で好走したのは2016年1着のルージュバックのみで、ヴィクトリアマイル2着から転戦した2017年デンコウアンジュは8着に敗れている。舞台となる東京芝1800mは1~2コーナーにあるポケットからスタートし、緩やかなカーブを経て3コーナーまで750m近くある変則形のコース。同じように長いバックストレッチを走る新潟大賞典(新潟芝外回り2000m)や、京都芝1600m・1800mからの転戦馬が良績を残す傾向にある。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

エプソムカップの歴史と概要


2016年の優勝馬ルージュバック

東京競馬場とイギリスのエプソム競馬場が姉妹提携したのを機に設けられた中距離重賞。第8回(1991年)のプレクラスニー、第13回(1996年)のマーベラスサンデー、第24回(2007年)のエイシンデピュティ、第32回(2015年)のエイシンヒカリなど、このレースで重賞初制覇を達成し、のちにG1ホースへと上り詰めていった馬は多い。第16~17回(1999~2000年)はアメリカンボスが、第20~21回(2003~2004年)はマイネルアムンゼンが、それぞれ連覇を記録。第33回(2016年)は牝馬のルージュバックが、牡馬勢を蹴散らして2馬身半差で圧勝した。

歴史と概要をもっと見る >

エプソムカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る