今週の重賞レース

2024年7月28日() クイーンS G3 アイビスSD G3

エプソムC G3

日程:2024年6月9日() 15:45 東京/芝1800m
ウマニティ会員登録(無料)



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 B タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 3 6

レーベンスティール

牡4 59.0 C.ルメー  田中博康 482(-4) 1.44.7 3.6 1 33.7 ⑤⑦⑦
2 8 17

ニシノスーベニア

牡5 57.0 田辺裕信  上原博之 524(-8) 1.45.0 19.3 9 34.1 ③⑥⑤
3 5 10

シルトホルン

牡4 57.0 吉田豊  新開幸一 470(-6) 1.45.3 12.0 7 34.9 ②②②
4 6 11

サイルーン

セ5 57.0 岩田望来  堀宣行 472(+2) 1.45.3 アタマ 5.5 2 34.1 ⑧⑨⑨
5 7 15

アルナシーム

牡5 57.0 横山典弘  橋口慎介 440(-6) 1.45.3 アタマ 9.5 4 34.6 ⑦③③
6 8 16

グランディア

セ5 57.0 三浦皇成  中内田充 482(+2) 1.45.3 ハナ 9.9 5 34.1 ⑩⑩⑨
7 8 18

セルバーグ

牡5 58.0 丸山元気  鈴木孝志 438(-4) 1.45.4 1/2 45.4 12 35.3 ①①①
8 6 12

グランスラムアスク

牝5 55.0 御神本訓  矢作芳人 466(+4) B 1.45.4 クビ 223.7 17 33.7 ⑫⑯⑮
9 2 4

ヴェルトライゼンデ

牡7 58.0 戸崎圭太  池江泰寿 492(-6) 1.45.4 アタマ 7.2 3 34.4 ⑧⑧⑦
10 1 1

トゥデイイズザデイ

牡5 57.0 津村明秀  池江泰寿 468(0) 1.45.5 1/2 10.5 6 34.8 ④④③
11 2 3

ルージュリナージュ

牝5 55.0 丸田恭介  宗像義忠 446(-2) 1.45.5 ハナ 12.5 8 34.0 ⑫⑭⑬
12 7 14

カレンシュトラウス

牡7 57.0 北村宏司  平田修 522(+4) B 1.45.6 クビ 119.5 16 34.2 ⑫⑩⑪
13 4 7

マイネルケレリウス

牡4 57.0 石川裕紀  奥村武 422(-6) 1.45.6 ハナ 26.0 10 33.8 ⑰⑰⑰
14 1 2

ノースザワールド

牡6 57.0 菅原明良  斎藤誠 490(0) 1.45.8 63.2 14 34.5 ⑩⑩⑪
15 3 5

タイムトゥヘヴン

牡6 57.0 北村友一  戸田博文 484(-4) 1.45.9 1 1/4 42.4 11 34.4 ⑰⑬⑬
16 4 8

ワールドウインズ

セ7 57.0 内田博幸  笹田和秀 458(+2) B 1.46.0 1/2 267.5 18 34.1 ⑮⑰⑱
17 5 9

レッドランメルト

牡5 57.0 T.オシェ  国枝栄 520(+2) 1.46.1 クビ 107.0 15 34.5 ⑮⑭⑮
18 7 13

ラケマーダ

牡4 57.0 石橋脩  千田輝彦 492(+2) 1.46.1 クビ 50.7 13 35.3 ⑤④⑤
ラップタイム 12.8 - 11.1 - 11.3 - 11.5 - 11.6 - 11.8 - 11.5 - 11.5 - 11.6
前半 12.8 - 23.9 - 35.2 - 46.7 - 58.3
後半 58.0 - 46.4 - 34.6 - 23.1 - 11.6

■払戻金

単勝 6 360円 1番人気
複勝 6 180円 1番人気
17 510円 9番人気
10 360円 8番人気
枠連 3-8 1,150円 3番人気
馬連 6-17 4,220円 18番人気
ワイド 6-17 1,650円 22番人気
6-10 1,160円 12番人気
10-17 3,160円 36番人気
馬単 6-17 5,860円 19番人気
3連複 6-10-17 13,880円 48番人気
3連単 6-17-10 62,310円 205番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:370,426人(07月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

馬場
予想

【エプソムC2024特集】土曜日は中~外枠が優勢!ある程度は前づけの戦法がベター!

【エプソムC2024特集】土曜日は中~外枠が優勢!ある程度は前づけの戦法がベター!

土曜日の東京芝のレース結果、近年のエプソムCの結果をもとに、馬場のバイアスなどを考察していきます。予想の際にお役立てください。

東京競馬場はこの中間、月曜日から火曜日にかけて18ミリの降水を観測。水曜日から金曜日のあいだも雲の多い天気が続いたが、なんとか持ちこたえて、芝コースは良(JRA発表)に回復。土曜日も好天に恵まれ、終日良馬場(JRA発表)での開催となった。

土曜日に行われた芝平地競走5鞍を振り返ると、内ラチ寄りからロスを抑えつつ運んだ馬たちが、もうひと伸びや踏ん張りを欠くシーンが続出。見た目以上に馬場の内側の傷みが進んでいるせいなのか、最後の直線で3分どころに進路を取る馬の優位性が増してきている。

その一方で、勝ち馬の4角通過順は、4、5、3、3、9番手。差し、追い込みがバンバン決まっているわけではない。内寄りの伸びが衰えているとはいえ、前の組が外に張り出してくれば、待機勢も振られて致命的なロスを被るケースも出てくる。ゆえに、差し・追い込み有利と決め付けるのは早計だろう。

枠順に関しては、内めの枠が劣勢。1~3枠の勝ち星はなく、3着以内馬15頭中12頭が4枠より外。中~外枠が恵まれやすい状況と化している。要は、距離ロスなく走れるメリットよりも、傷み始めた内寄りを通ることに伴う、体力消耗などのデメリットのほうが大きいということだ。

日曜日の天気予報は曇のち雨(9日7時の時点)。前日夕方の時点では、雲が多い天気ながらも開催中の降雨はなし、という予報だったが、現時点(執筆段階)での雨雲の動きや、東京競馬場近辺の空を視認すると、降り出しが少々早まりそうな気配ではある。

開催中にまとまった雨が降るようなら、前日よりも重めのコンディションになる可能性が高く、高速上がりを武器とする待機組には辛い状況となりそうだ。雨が少量または降雨がなければ、それはそれで土曜日に近い傾向となることもおおいに考えられる。

いずれにせよ、4角過ぎから外をブン回す後方待機勢が上位を独占するような様相にはならないだろう。それゆえ、ある程度の位置から比較的状態の良い部分を立ち回る馬が優位とみるべき。枠順についても同様で、引き続き中~外(4~8枠あたり)に対する意識を強めたほうがいいのではないか。

なお、近年のエプソムCは、前走の最終4角通過順が8番手以内だった馬が堅調。直近5年の1~2着馬10頭中9頭が該当する。位置取りという要素は、前日の傾向や先述した想定にもつながることから、軸馬を選定する際に活用したいデータといえよう。

また、重賞や東京芝における実績も大事なファクター。直近5年の1~2着馬10頭は、芝の重賞において5着以内の入線歴かつ、東京芝での1着経験を有していた点で共通する。今年も当てはまる馬には、相応の評価をすべきだろう。

今年のエプソムCの出走メンバーで、先述した要点(4~8枠+前走位置取り+過去実績)を満たしているのは、⑩シルトホルン、⑭カレンシュトラウス、⑰ニシノスーベニア。従って当欄では、これら3頭を注目株として推奨したい。

【馬場予想からの注目馬】
シルトホルン ⑭カレンシュトラウス ⑰ニシノスーベニア
プロ予想
(動画)

【エプソムC2024特集】ダービー&安田記念連勝!3週連続的中へ「スガダイ」×万券ハンター「ヒノくん」のエプソムカップ注目馬大公開!

【エプソムC2024特集】ダービー&安田記念連勝!3週連続的中へ「スガダイ」×万券ハンター「ヒノくん」のエプソムカップ注目馬大公開!

プロ予想MAXが誇る予想神「スガダイ」×万券ハンター「ヒノくん」がエプソムカップを大展望!トッププロ予想家のハイレベルトークをお届けいたします!

出演:スガダイ(予想神) ヒノくん(万券ハンター) MC:岡田大(ウマニティ編集長)

スガダイなどプロ予想家の予想を見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:370,426人(07月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

調教
予想

【エプソムC2024特集】筆頭はサイルーン!僅差でアルナシーム グランディアが続く!-追い切りチェック(最終版)

【エプソムC2024特集】筆頭はサイルーン!僅差でアルナシーム グランディアが続く!-追い切りチェック(最終版)

日曜日に行われるエプソムCの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

①トゥデイイズザデイ【B】
栗東坂路単走(5日)。しまい重点の内容。四肢の可動域はそれほど広くないが、脚さばきや身のこなしに硬さはなく、全体的に見ればきびきびとした動き。フォームも比較的安定している。もう少し後肢に力強さがあれば、といったところだが、雰囲気は決して悪くない。ひとまず順調とみてよさそうだ。

②ノースザワールド【C】
美浦W併走(5日)。直線を向いたあたりまでは手ごたえよく進んでいた。だが、先導馬に取り付いて間もなく抜け出そうとするも、なかなかギアが上がらず、相手にアオられてしまう。それでもバッタリ止まることなく、脚を伸ばして食らいついた点は評価できるのだが……。良くも悪くも平行線、といったところか。

③ルージュリナージュ【B】
美浦W併走(5日)。強い前進気勢を見せながらも、それなり我慢がきいていたし、鞍上の合図に対する反応も悪くない。併せ馬のかたちにならなかった前走の当該週に比べると、多少なりとも操縦性が良くなったように思える。激走後の反動やデキ落ちはなさそうなので、あとは実戦で気持ちの高ぶりをコントロールできるかどうか。それがいちばんの焦点となろう。

④ヴェルトライゼンデ【B】
栗東坂路併走(5日)。僚馬を前に置いた直線中盤あたりまでは、少しふわふわする場面もあったが、外へ出て追い出されると、この馬らしい安定感のあるフォームに。四肢のさばきも力感じゅうぶんだった。今回と同じく長休明けだった鳴尾記念の中間時に比べると、動きの質は若干落ちるが、大きく割り引くほどでもない。及第点の仕上がりだろう。

⑤タイムトゥヘヴン【B】
美浦W併走(5日)。コーナーでは気持ち力みが見られたが、直線に入ってからは安定感のあるフォームに。きちんと馬場をつかんで走れているし、体の使い方もなめらか。僚馬をパスする際の反応や、ラストの伸びも悪くなかった。いつも稽古は良く見せるタイプなので過度の評価はしづらいが、デキ落ちや疲れの心配はなさそうだ。

⑥レーベンスティール【B】
美浦W併走(6日)。前に1勝クラス、後方にレモンポップという隊列から、直線では2頭の間に割って入る併せ馬。抜群の手ごたえかつ、力強い脚さばきで進んでいたが、途中で誘導役が頭を上げてしまい減速。それをレーベンスティールはパスすることもできたが、レモンポップを置いていくわけにもいかず、最後まで手綱を抑えられたまま。相手に気を遣って、自分のリズムで運び切れなかった点がもったいなく思える。

⑦マイネルケレリウス【B】
美浦W併走(5日)。コンパクトな馬体だが、これでも以前と比べれば首回りが太くなり、各パーツの筋肉量も増した。トビこそ若干低めに映るものの、体幹はしっかりしており、着地も力強い。1週前に見られた反応の鈍さも解消されつつある。このひと追いでさらに上向くようであれば、面白い存在になるかもしれない。

⑧ワールドウインズ【C】
栗東坂路併走(5日)。まっすぐ前を向いて登坂できているのはいいとしても、トビが低く映るし、脚元の力感も薄め。いいときと比べて、完歩が小さく見えるのも気がかり。ラストは鞍上の仕掛けに応じて、それなりに脚を伸ばしたものの、もっと上の走りがある馬。その点を踏まえると評価は上げづらい。

⑨レッドランメルト【B】
美浦W併走(5日)。掛かり気味ではあるが、四肢のさばき自体は力強く、完歩も大きい。気勢が下がりかけたところで、鞍上の肩ムチに応じて脚を伸ばしていた点も評価できる。惜しむらくは、気持ちが先走っていたせいなのか、直線入り口からゴールするまで逆手前だったこと。まともに切り替えていれば、優にA判定の内容だった。

⑩シルトホルン【B】
美浦W併走(5日)。余力残しの内容。トビこそ若干低く映るものの、脚さばきはじつにシャープ。ラストまで集中を切らすことなく駆け抜けた。今年5走目で、なおかつ前走から間隔が詰まるが、この稽古の動きを確認する限り、疲れや調子落ちの様子はうかがえない。ぞんざいには扱えないだろう。

⑪サイルーン【A
美浦坂路併走(5日)。感触を確かめる程度の内容ゆえ地味に映るが、全身を柔らかく使えているし、脚どりもしっかりしている。スムーズに加速することができており、最後まで集中力も途切れていない。好内容だった1週前(当時はW)の気配を上手に維持している印象。状態は良く見える。あとは重賞級との力関係だけ。

⑫グランスラムアスク【F】
栗東坂路単走(5日・映像なし)。帰厩後、しっかりと時計を出したのが1週前のCW1本だけ。今週は上がり重点で反応を確かめる程度の内容だった様子。動きを映像で確認できないため、調教判定はFとするが、中間過程的に急仕上げの印象が強く、好勝負に持ち込める態勢にあるかといえば疑問符が付く。

⑬ラケマーダ【C】
栗東CW単走(5日)。上がり重点の調整。折り合い良く、フォームも安定している。その一方、前進気勢が薄く、推進力を欠き気味の走り。しまい重視のわりに、鞍上の手ごたえにさほど余裕は感じられず、追って弾けそうな雰囲気はない。なにかしら物足りなさを覚えてしまう内容。善戦を超えるイメージまでは浮かんでこない。

⑭カレンシュトラウス【F】
栗東坂路併走(5日・映像なし)。28日にCWで速い全体時計を刻み、今週は坂路で3勝クラス相手に3馬身半先着と、字面の中間過程だけを切り取れば、実戦を使いつつ良くなるタイプらしく、状態は上向きにある様子。それだけに動きを映像で確認できないのは残念な限り。今回はF判定とさせていただきたい。

⑮アルナシーム【A
栗東CW単走(6日)。長距離輸送を控える今週は軽めの調整。テンポ良く走れているし、首の使い方も上手。四肢のさばきは柔らかく、そのうえ力感もある。気難しい面を見せず、きちんと折り合いがついていることも好印象。このまま順調なら、いい雰囲気でレースに臨めそうだ。

⑯グランディア【A
栗東CW単走(5日)。頭の位置が高めで、不器用なコーナリングだが、もともとそういう馬。脚さばき自体は素軽く、完歩も大きい。それでいて力感もある。とりわけ、ゴール前のダイナミックな走りは見ごたえがあった。気性的に表裏一体の部分があるのは否めないが、直線での動きの質は高く、状態面の不安はなさそう。実戦で折り合うことを前提に高評価してみたい。

⑰ニシノスーベニア【B】
美浦坂路単走(5日)。しまいを軽く伸ばす程度の内容。重厚感のあるパワフルな走り。旺盛な前進気勢を出しながらも、折り合いを欠くことなく、比較的スムーズに登坂できている。厳しく見れば、もう少し四肢のさばきに柔らかさがほしいところだが、デキが悪いという印象はない。侮れない1頭だ。

⑱セルバーグ【B】
栗東坂路単走(5日)。軽めの調整ゆえ迫力こそないが、1週前(当時はCW)と比べてフォームの軸ブレがそれほど出ていないのは良い傾向。この馬とすればラストの走りも安定している。あと少し脚元の動きに力強さがほしいが、さほど強く追っていないことを考慮すれば悪くない内容。この馬なりに順調だろう。

【調教予想からの注目馬】
A判定は3頭。筆頭は、⑪サイルーンとしたい。1週前追い切りでは鋭い伸び脚を披露。確認する程度の内容でとどめた、当該週の動きも上々だった。デキの良さを活かせるようなら、ここでも出番があっていい。

爽快な走りが目を引く、⑮アルナシームを僅差の2番手評価。ゴール前のダイナミックな動きが印象深い、⑯グランディアも要注目の1頭だ。

<注目馬>
サイルーン ⑮アルナシーム ⑯グランディア

追い切りニュース

追い切りニュースをもっと見る

厩舎
の話

【エプソムC2024特集】ヴェルトライゼンデ「衰えはない」 サイルーン「ここを目標に仕上がった」

【エプソムC2024特集】ヴェルトライゼンデ「衰えはない」 サイルーン「ここを目標に仕上がった」

アルナシーム・橋口師「オーバーワークにならない程度に。ゴールした後の雰囲気もよかった」

ヴェルトライゼンデ・池江師「屈腱炎明けだが、帰厩後は順調。衰えはないですよ」

カレンシュトラウス・平田師「前走はブリンカーが利いた。府中は合うし、体調もいい」

グランスラムアスク・岡助手「昇級後は壁に当たっているが、左回り1800メートルはベスト」

グランディア・福永助手「前走のように騎手が馬の良さを出してくれれば、重賞でも楽しみ」

サイルーン・堀師「ここを目標に仕上がった。調教後の馬体重は477キロでカイバ食い、健康状態は良好」

シルトホルン・新開師「動きは上々。前走を使って良くなると思っていたが、その通りにこられた」

セルバーグ・鈴木孝師「前走は1歩目でつまずいたので参考外。状態はいいし、スムーズな競馬ができれば」

タイムトゥヘヴン・上野騎手「ソラを使う面があるので抜け出してからも肩ムチを入れた。馬はリラックスしているし、反応もいい」

トゥデイイズザデイ・池江師「前走は距離が短かった。1800メートルがベストで能力は重賞級。いい走りを期待」

ニシノスーベニア・上原博師「少し間はあいたが、ここを目標に納得いく仕上がり。1ハロン延ばすが、安定味が出た今なら大丈夫」

ノースザワールド・田中助手「短期放牧でリフレッシュできたし、動きもいい」

マイネルケレリウス奥村武師「(追い切りは)単走でプレッシャーをかけたくなかったが、他馬に絡まれてしまった。それでも馬自身は冷静に走れていた」

ラケマーダ・千田師「東京では負けていないし、速い時計も持っている。相手は強くなるが、どこまでやれるか」

ルージュリナージュ・宗像師「動きはよかった。ゲートが鍵になるが、東京はいいし、1800メートルもよく走っている」

レッドランメルト・国枝師「少し重いかな。最近は調教でもガツンといってしまうので、ペースが流れてほしい」

ワールドウインズ・笹田師「馬場の悪い時間帯でもしっかり動けていた。状態は良さそう」

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

データ
予想

【エプソムC2024特集】レーベンスティール、シルトホルンなど計4頭が減点無し

【馬齢】

2014年以降(過去10年)の1~3着馬延べ30頭の馬齢を確認すると、4歳から7歳までの範囲となっている。ただし、7歳馬の最高着順は3着どまり。まずは、4~6歳馬を重視したいところだ。

(減点対象馬)
④ヴェルトライゼンデ ⑧ワールドウインズ ⑭カレンシュトラウス

【前走距離】

2014年以降の1~3着馬延べ30頭の前走使用距離を検証すると、芝1400m、芝1600m、芝1800m、芝2000mの4組に集約される。なお、芝1400m・芝1600m組の好走(3着以内)は、グレード競走からの参戦馬のみ。その点には注意したい。

(減点対象馬)
①トゥデイイズザデイ ⑪サイルーン ⑬ラケマーダ

【前走人気】

2014年以降の1~2着馬20頭のうち、19頭は前走で単勝6番人気以内に支持されていた。例外は香港・チャンピオンズマイルから参戦した、2014年の2着馬マイネルラクリマだけ。国内戦で低評価を受けていた馬は、疑ってかかったほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
②ノースザワールド ③ルージュリナージュ ⑤タイムトゥヘヴン ⑦マイネルケレリウス ⑧ワールドウインズ ⑨レッドランメルト ⑫グランスラムアスク ⑭カレンシュトラウス ⑱セルバーグ

【前走馬体重】

2014年以降の2着以内馬20頭中17頭は、前走の馬体重が500キロ以内。500キロを超えていた3頭はいずれも、OPクラスの芝1800m戦で1着歴、なおかつ東京芝のレースでの1着経験があった。相応の実績がない大型馬は、連対(2着以内)候補として狙いづらい印象を受ける。

(減点対象馬)
⑨レッドランメルト ⑰ニシノスーベニア

【オープン実績】

2014年以降の1~3着馬延べ30頭はいずれも、OPクラスの芝1600~2200m戦で5着以内の入線経験があった。掲示板外から巻き返して複勝圏入りを果たした馬が12頭に至る、前走の着順に寛容なレースではあるが、先述した程度の実績は必要と考えたい。

(減点対象馬)
⑪サイルーン ⑬ラケマーダ

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、⑥レーベンスティール、⑩シルトホルン、⑮アルナシーム、⑯グランディアの4頭。

連軸候補のトップには、⑥レーベンスティールを挙げたい。2014年以降、美浦所属の4歳馬は【3.3.2.11】。そのなかでも、1800m以上の重賞において勝利歴を持つ馬は【1.1.1.2】と、高確率で馬券(3着以内)に絡んでいる。前走大敗からガラリ一変があっても、なんら不思議はない。

同じく美浦所属の4歳馬に該当する、⑩シルトホルンを次位評価。残る2頭、⑮アルナシーム、⑯グランディアにも相応の警戒が必要だろう。

<注目馬>
レーベンスティール ⑩シルトホルン ⑮アルナシーム ⑯グランディア

このレースの傾向やデータをもっと見る

ウマニティ会員 ウマニティの会員数:370,426人(07月25日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

U指数
予想

【エプソムC2024特集】人気を集めないシチュエーションの“淒馬”のここが買い時と判断!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

マイルG1(安田記念)と中距離G1(宝塚記念)の谷間に組まれている千八のG3ということもあってか、このエプソムCは実力拮抗の大混戦になりやすく、上位と下位の指数差が出にくい傾向にある。よって、U指数二桁順位の激走も頻繁に見られる。ただしそういった馬は数値的に上位勢と大差はなく、なおかつ上位人気に支持されているというパターンが大半。レース自体は大荒れよりもちょい荒れ程度の決着が多いので、U指数の数値と人気をうまく勘案しながら有力馬を絞り込んでいきたいところだ。

まず推奨するのは、U指数1位にランクされている④ヴェルトライゼンデ(98.9)。重賞2勝、日本ダービー3着の実績は他を大きくリードしており、2位以下に2.0以上の指数差を付けて“淒馬”の評価を得ている。完全に格上の存在だ。屈腱炎により1年以上の長期休養明けになるが、同じ屈腱炎かつ似たようなレース間隔で重賞を勝った経験があるので、心配には及ばない。過剰人気しない今回は絶好の狙い目になるだろう。

指数的に2番手以下は大激戦だが、そのなかから、戦績的に派手さはないものの千八での走りが安定している2位⑮アルナシーム(96.9)、同じく千八での堅実ぶりが光る4位タイ①トゥデイイズザデイ(96.0)、古馬との対戦経験が少なく指数は伸びていないが地力が高いことは明らかな8位⑥レーベンスティール(95.1)の3頭をピックアップする。

出走予定馬のU指数をチェックする

血統
予想

【エプソムC2024特集】道悪でKingmamboが躍進、Sadler’s WellsやNureyevが主軸を担う

【エプソムC2024特集】道悪でKingmamboが躍進、Sadler’s WellsやNureyevが主軸を担う

梅雨時の施行とあって道悪馬場になることも珍しくないが、タフな馬場で欧州の大種牡馬Sadler's Wellsやその叔父Nureyevのパワーや底力が活きやすい。とくに重または不良時にはKingmambo(=母の父Nureyev)の血脈を持つ人気薄の激走が目立ち、2020年1着ダイワキャグニー(父キングカメハメハ・9番人気)、2020年3着トーラスジェミニ(父キングズベスト・18番人気)、2022年2着ガロアクリーク(母の父Kingmambo・8番人気)などが該当馬として挙げられる。

ほか、ディープインパクトも種牡馬として最多の4勝を誇り、2015年には直仔で1~3着、2021年には直系で1~3着を独占。後継種牡馬のトーセンラーも2021年1着ザダルを出すなどの活躍を見せているが、同種牡馬はSadler's Wells内包馬であることも考慮すべきだろう。

サイルーンは、父ディープインパクト×母ハウオリ(母の父キングカメハメハ)。父、母の父、ともにレース傾向から強調しやすい血統だが、本馬と同じ「父×母の父」の組み合わせからは18年3着グリュイエールが出ている。本馬は2代母がG1を2勝したノースフライト、全兄姉4頭がいずれもJRAの芝戦で2勝以上と優秀な血筋。東京は去勢明け初戦を除けば連対を外しておらず、血統背景を鑑みれば重賞でも期待できる資質の持ち主だろう。

ルージュリナージュは、父スピルバーグ×母パンツァネッラ(母の父ルーラーシップ)。父はディープインパクトの直仔で、現役時代は14年天皇賞(秋)など全6勝を東京芝1800~2000mで挙げた東京巧者でもあった。また、トーセンラーの全弟であることも特筆に値し、ディープインパクト系種牡馬のなかでもSadler’s Wellsを内包する血統構成を評価しやすい。本馬自身も父を彷彿させる戦歴なので、この舞台ではノーマークにできない存在だ。

アルナシームは、父モーリス×母ジュベルアリ(母の父ディープインパクト)。同産駒からは22年の勝ち馬ノースブリッジが出ており、昨年も3着にマテンロウスカイが好走。また、直近2年はモーリス、エピファネイアとRobertoの直系かつSadler’s Wellsの血を引く種牡馬が勝ち馬を出している流れもある。本馬は叔父2頭がクラシックウィナーという良血。4勝を挙げる得意の1800mとあれば重賞初制覇のチャンスはじゅうぶんにあるだろう。

【血統予想からの注目馬】
サイルーン ③ルージュリナージュ ⑮アルナシーム

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【エプソムC2024特集】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2023年6月11日() 東京/芝1800m
天候:曇 馬場:稍重
エプソムカップ2023
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 15 ジャスティンカフェ 横山和生 1:45.5 3.2 1 34.3 101.4
2 17 ルージュエヴァイユ 石川裕紀人 1:45.7 1 1/4 15.3 7 35.3 100.0
3 2 マテンロウスカイ 横山典弘 1:45.7 クビ 6.2 4 35.1 100.0
4 14 レクセランス 木幡巧也 1:45.8 クビ 250.8 16 34.4 99.3
5 1 エアロロノア 田辺裕信 1:45.8 クビ 9.6 5 34.4 99.3
2022年6月12日() 東京/芝1800m
天候:晴 馬場:
エプソムカップ2022
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 6 ノースブリッジ 岩田康誠 1:46.7 7.3 4 34.6 98.3
2 8 ガロアクリーク 石橋脩 1:46.7 クビ 26.9 8 34.2 98.3
3 5 ダーリントンホール C.ルメール 1:46.8 クビ 3.7 2 34.4 97.6
4 11 ジャスティンカフェ 横山典弘 1:46.8 クビ 3.2 1 33.5 97.6
5 2 タイムトゥヘヴン 戸崎圭太 1:46.9 アタマ 9.4 5 33.9 96.9
2021年6月13日() 東京/芝1800m
天候:曇 馬場:
エプソムカップ2021
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 15 ザダル 石橋脩 1:45.1 6.8 3 34.4 100.4
2 13 サトノフラッグ 戸崎圭太 1:45.2 クビ 11.8 6 34.3 99.8
3 7 ファルコニア 川田将雅 1:45.4 1 1/4 6.5 2 34.8 98.4
4 3 ヴェロックス 浜中俊 1:45.4 クビ 14.3 8 34.7 98.4
5 18 アトミックフォース 武藤雅 1:45.5 クビ 49.7 13 35.3 97.7

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【エプソムC2024特集】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2023年の優勝馬ジャスティンカフェ
2023年の優勝馬ジャスティンカフェ

東京競馬場とイギリスのエプソム競馬場が姉妹提携したのを機に設けられた中距離重賞。第8回(1991年)のプレクラスニー、第13回(1996年)のマーベラスサンデー、第24回(2007年)のエイシンデピュティ、第32回(2015年)のエイシンヒカリなど、このレースで重賞初制覇を達成し、のちにG1ホースへと上り詰めていった馬は多い。第16~17回(1999~2000年)はアメリカンボスが、第20~21回(2003~2004年)はマイネルアムンゼンが、それぞれ2連覇を記録。第33回(2016年)はルージュバックが牝馬として22年ぶり、別定戦となってからは初となる勝利を2馬身半差の圧勝で飾っている。

歴史と概要をもっと見る

エプソムC特集 バックナンバー

トップへ