2018年4月1日()メイダン競馬場 芝1800m

レース結果 ~ドバイターフ 2018~

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果



馬名 性齢 負担重量
(kg)
騎手 調教師 オッズ 人気
1 5 5    ベンバトル 牡4 57.0 O.マーフィー S.ビン・スルール 4.5 2
2 7 7    ヴィブロス 牝5 55.0 C.デムーロ 友道康夫 8.0 4
3 8 8    リアルスティール 牡6 57.0 M.バルザローナ 矢作芳人 3.4 1
3 13 13    ディアドラ 牝4 55.0 C.ルメール 橋田満 16.6 7
5 3 3    プロミシングラン 牝5 55.0 P.コスグレイヴ S.ビン・スルール 79.3 13
6 14 14    レシュラー 牡4 57.0 C.スミヨン S.ビン・スルール 143.9 14
7 11 11    クロコスミア 牝5 55.0 岩田康誠 西浦勝一 19.1 9
8 2 2    ネオリアリズム 牡7 57.0 J.モレイラ 堀宣行 5.7 3
9 10 10    ウォーディクリー 牡4 57.0 S.ヘファナン A.オブライエン 201.1 15
10 15 15    ブレアハウス セ5 57.0 W.ビュイック C.アップルビー 11.5 6
11 12 12    ランカスターボンバー 牡4 57.0 R.ムーア A.オブライエン 10.9 5
12 6 6    ジャヌービ 牡4 57.0 J.クローリー M.デコック 46.7 11
13 4 4    トレスフリュオース 牡4 57.0 V.シュミノー A.ファーブル 26.1 10
14 9 9    モナークスグレン セ4 57.0 L.デットーリ J.ゴスデン 17.7 8
15 1 1    チャンピオンシップ セ7 57.0 S.デソウサ A.ビン・ハルマシュ 72.1 12

■払戻金

単勝5 450円
複勝5 120円
7 190円
8 120円
13 290円
馬連5-7 2,350円
ワイド5-7 460円
5-8 220円
5-13 1,030円
7-8 320円
7-13 1,010円
馬単5-7 3,870円
3連複5-7-8 1,260円
5-7-13 6,580円
3連単5-7-8 7,280円
5-7-13 27,700円

予想一覧を見る

会員登録(無料)すると予想を登録して予想コロシアム(予想大会)に参加できます。

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

最新出走予定馬情報 ~ドバイターフ 2018~

 『2018年ドバイワールドカップデー諸競走』(3月31日、UAE・メイダン競馬場)は日本馬が出走する4つのGIレースが海外馬券発売対象レースとなった。

 その2鞍目、7Rの第23回ドバイターフ(GI、北半球4歳以上・南半球3歳以上、芝・左1800メートル、優勝賞金360万米ドル=約3億8250万円、15頭立て)は、O.マーフィー騎手騎乗のベンバトル(牡4歳、UAE・S.ビン=スルール厩舎)が好位追走から直線早めに抜け出し、日本馬3頭を突き放してGI初制覇。勝ちタイムは1分46秒02(良)。

 3馬身1/4差の2着には外から追い込んだ昨年の優勝馬ヴィブロス(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎、C.デムーロ騎手)。

 さらにクビ差遅れた3着は日本馬2頭が同着。最内を伸びた一昨年の優勝馬リアルスティール(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎、M.バルザローナ騎手)と、3頭の真ん中を伸びたディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎、C.ルメール騎手)。

 クロコスミア(牝5歳、栗東・西浦勝一厩舎、岩田康誠騎手)は好位追走から流れ込んで7着。ネオリアリズム(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎、J.モレイラ騎手)は先行したものの包まれる厳しい展開で8着に終わった。

 ◆2着 ヴィブロス

 クリスチャン・デムーロ騎手「ここ最近は力を発揮できていなかったと聞いていましたが、今日はリラックスできていました。後ろからの競馬は指示通り。勝った馬が強かったです」

 ◆3着同着 リアルスティール

 矢作芳人調教師「何の不利もなく競馬ができたし、休み明けでよく頑張ったと思う。勝った馬は強かったけど、もう少しついていきたかったね。でも、最後に根性を見せてくれた」

 ◆3着同着 ディアドラ

 クリストフ・ルメール騎手「ペースが忙しくなくて、ちょうどよかった。コースが合うね」

 ◆7着 クロコスミア

 岩田康誠騎手「行く馬が行って、自分のペースで行けました。折り合いはついたし、バタッと止まってはいません。力は出せたと思います」

 ◆8着 ネオリアリズム

 ジョアン・モレイラ騎手「レース前からテンションが高くて、最初の600メートルでリラックスできなかった。それが響いて伸び切れなかった」

【ドバイシーマC&ドバイターフ】Cデムーロトーク03月31日() 05:04

 --シーマクラシックのモズカッチャンは初騎乗

 「(1)番ゲートがどうかだけど、いいスタートを切って逃げ馬の後ろにつける競馬ができれば。道中で脚をためられれば、直線は馬群がばらけると思うから、最後で脚を見せられると思う」

 --ターフはヴィブロスと新馬戦(2着)以来のコンビ

 「当時はまだ幼くて『本当に良くなるのは先』と思ったけど、その通りの成長を見せてGIも勝った。昨秋のエリザベス女王杯は2200メートルが長かった感じだね。昨年のこのレースを見ても、ドバイの1800メートルはベストじゃないかな」

 --ライバルは

 「ターフは力関係が拮抗している感じ。シーマクラシックはクロスオブスターズが強いね。ヨーロッパで強い競馬をしている。日本馬も強い。いつも日本馬は気になる存在だよ」

[もっと見る]

【ドバイターフ】日本馬直前情報03月31日() 05:03

★(8)リアルスティール ポイントは装鞍

 一昨年の覇者はダートでのキャンター調整後、連日行っているスクーリングを徹底。矢作調教師は「柔らかくて弾んでいた。リラックスしているし、何もいうことはない」と満足いく仕上がりをアピールした。ポイントは装鞍だ。「毎日、装鞍所で鞍を置く練習をして問題もないし、やることはやっているけど、こればかりは当日にならないと」。お祭りムードの中でスムーズに装鞍できるかが好走の鍵を握る。

★(7)ヴィブロス 連覇へ状態万全

 史上初の連覇に挑む5歳牝馬は、ダートを気分良く周回。友道調教師は「すごく軽快に走っていたし、前向きさも出ている。体も回復して気になるところはない」と状態面に自信を見せる。

 引き揚げてきた愛馬の顔をなでた佐々木主浩オーナーは「スイッチが入ったなという感じ。(レース前夜は)昨年行ったイタリアンの同じ席で食事をします。木曜も昨年と同じようにしました。やれることはやりますよ。あとはゴール前でまた叫べれば」と験を担いで応援する。

★(2)ネオリアリズム 落ち着き気合十分

 僚馬サトノクラウンとともに、入念なスクーリングを行った後、芝コースでキャンター半周の調整を終えた。堀調教師は「気合が入って緊張しすぎるところはありますが、いつもよりリラックスして、いいと思います」とコメント。ベストの距離と、手の合う鞍上(モレイラ騎手)で、昨年の香港クイーンエリザベス2世Cに続く2度目の海外GI制覇を狙う。

★(11)クロコスミア 馬体減は回復!!

 レース前日は角馬場で調整。コースには入らなかった。「輸送で減った馬体はジワジワと回復してきたし、あまり数字も気にしていない。大事なのはリラックスできているかどうか。馬はハッピーな状態です」と北添助手。

★(13)ディアドラ 順調に前日調整

 昨年の秋華賞馬は、ヴィブロスとともに馬場入り。ダートで力強いキャンターを披露し、前日調整を終えた。「追い切り後もクタッときていないし、こちらに来てからは毛づやもいい。まだマックスまで来てはいないけど、ずいぶんとしっかりして具合も上がってきています」と竹之下助手。

[もっと見る]

【ドバイターフ】“魔神”佐々木オーナー、ヴィブロス7番「ヨシッ」03月30日(金) 05:02

 ドバイに“魔神”が帰ってきた。ヴィブロスの佐々木主浩オーナーが、ドバイターフ連覇を目指す愛馬を応援するために現地入り。友道調教師らと朝食会に現れた。

 「ドバイに着いてから枠順を確認して『ヨシッ』と思った。外だけは嫌だったけど、真ん中のいいところ」。開口一番、決まった[7]番の枠順への喜びを口にした。

 雨の多かった昨年(稍重)も勝ちはしたが、本来は良馬場向き。「今年は本当に得意な状況で走れると思う。それに、この馬は暑いときの方が得意なのかもしれない。毛づやが全然違うみたいだから」と、前走の中山記念8着からの巻き返しに自信をのぞかせる。

 最後に「ドバイの挑戦はこれがラスト」と来年の繁殖入りも示唆。日曜の大阪杯に出走する兄シュヴァルグランと連日でドバイ・日本GI制覇の快挙なるか注目だ。

★ヴィブロスの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ドバイターフ】ヴィブロス友道師は安堵「真ん中で良かった」03月29日(木) 10:57

 31日(日本時間同日深夜)にUAEドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドCデー・GI競走の枠順が28日に決定した。

 大挙5頭の日本馬が登録したターフでは、やはり昨年の覇者ヴィブロス(栗東・友道厩舎)への注目度が高い。7番枠に決まって、「極端な枠じゃなく真ん中で良かった」と、友道調教師は安堵の表情を見せた。

 この日の追い切りは芝コースのラスト1Fで軽く仕掛けられ11秒9(5F70秒8)と切れ、「しまいだけ。具合は良さそうだ。昨年は半信半疑だったけど、今年は実績もあるしパワーアップもしている」とトレーナー。C・デムーロ騎手は調教には乗れないが、「新馬戦(2着)で乗っているから問題ないでしょう」と、欧州トップクラスの手腕を信頼していた。

 ◇

 シーマクラシックに挑戦するダービー馬レイデオロ(美浦・藤沢和厩舎)は3番に決まり、「スタートはそれほど速いタイプではないので、枠にこだわりはなかったが、3番ならいいんじゃないかな」と、ルメール騎手は満足そう。

 この日の朝には芝コース馬なりで6F84秒8、3F40秒5-12秒5をマークし、「とても良かった。ドバイの芝もちょうどいい。少し馬場が軟らかかったが、フットワークはいいし、難しいコースでもないから心配ないよ」。自身としては06年ハーツクライに続くシーマC制覇へ、「馬はすごくいい状態だし自信がある」と力強くまとめた。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【ドバイターフ】リアルスティール肩ムチで12秒103月29日(木) 05:06

 リアルスティールはダートで4ハロン53秒8-39秒0-12秒1をマーク。直線では肩ムチで気合を入れつつ最後は手綱を抑える形でゴールした。矢作調教師は「とてもいいんじゃないですか。手前の替え方、走り方、息の入りも良かった。放牧帰りでどこまで仕上げられるかだったけど、心肺のデータもめちゃくちゃいいし、見た目もいい」と5カ月ぶりでも上々の仕上がりを強調した。

[もっと見る]

【ドバイターフ】ヴィブロス連覇へ11秒9!03月29日(木) 05:06

 連覇への総仕上げは昨年同様に芝コース。ヴィブロスがゴール前で軽く仕掛けられてラスト1ハロン11秒9(5ハロン70秒8)と好反応を見せた。

 見守った友道調教師は「予定通りしまいだけ。動きを見ても具合は良さそうだね。昨年は半信半疑だったけど、今年は実績もあるし、パワーアップもしている」と自信の口ぶり。芝状態にも言及し、「(蹄)音からして違う。雨が多かった昨年はバシャバシャだったのが今年はカポカポ。パンパンの馬場の方が日本の馬には合うからね」と馬場状態も味方しそうだ。

[もっと見る]

【ドバイターフ】リアル、落ち着きも充分03月28日(水) 04:05

 天皇賞・秋4着以来となるリアルスティールは、ダートでのキャンター後にスクーリングを行った。矢作調教師は「落ち着いているね。順調に来ているのは何より。うまやが快適だから馬の機嫌がいい。体重は515キロで今年はいいと思う。メンタル的にもおとなしくなりすぎないように、微妙な緊張感を保てている」と一昨年に続くドバイターフ2勝目へ向け、好ムードを伝えた。

★リアルスティールの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ドバイターフ】ヴィブロス軽めの調整03月28日(水) 04:05

 ドバイターフ連覇を狙うヴィブロスはダートで軽めの調整。ゲートの確認なども行い、最終追い切りに備えた。安田助手は「こちらに来たら、落ち着いていてカイバもよく食べる。1回来ているので馬も慣れているし、人間もイメージがわきやすい」と好ムードを口にする。始動戦の中山記念こそ8着だったが、ドバイでは史上初の偉業へいたって順調だ。

★ヴィブロスの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ドバイターフ】リアルスティールはバルザローナ騎手03月26日(月) 14:21

 ドバイターフ2度目のVに挑むリアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎、牡6歳)は、ミカエル・バルザローナ騎手(26)=フランス=とコンビを組むことが決まった。26日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。

 当初騎乗予定だったランフランコ・デットーリ騎手が他馬に騎乗することになったため、陣営では新たな鞍上を模索していた。

リアルスティールの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~ドバイターフ 2018~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2017/03/26 ヴィブロス 牝4 日本 1:50.20 J.モレイラ 友道康夫
2016/03/26 リアルスティール 牡4 日本 1:47.1 R.ムーア 矢作芳人
2015/03/28 ソロウ セ5 フランス 1.47.8 M.ギュイヨン F.ヘッド
2014/03/29 ジャスタウェイ 牡5 日本 1.45.5 福永祐一 須貝尚介
2013/03/30 サッジャー 牝6 UAE 1.47.9 S.デソウサ S.ビン・スルール
2012/03/31 シティスケープ 牡6 イギリス 1.48.6 J.ドイル R.チャールトン
2011/03/26 プレスヴィス セ7 イギリス 1.50.2 R.ムーア L.クマーニ
2010/03/27 アルシェマーリ 牡6 イギリス 1.50.8 R.フレンチ A.アル・ライヒ
2009/03/28 グラディアトラス 牡4 UAE 1.46.9 A.アジテビ M.ビン・シャフヤ
2008/03/29 ジェイペグ 牡4 南アフリカ 1.46.2 A.マーカス H.ブラウン

歴史・概要 ~ドバイターフ 2018~

ドバイターフは1996年に創設、ナド・アルシバ競馬場にてダート2000mで施行されたのが始まり。当時はまだドバイワールドカップデー(ドバイミーティング)も形成されていなかった。1999年に国際GIIIに認定され、翌2000年芝1800mに変更。2001年には国際GIに昇格し、翌2002年からは施行距離を芝1777mに短縮したが、2010年にメイダン競馬場に施行場が移されたのを機に芝1800mに再び戻している。2015年より名称がドバイターフへと変更になっている。
1着賞金は320万ドル。競走馬の出走条件は北半球産馬4歳以上、南半球産馬は3歳以上となっている。
2007年には日本生産調教馬として武豊騎乗のアドマイヤムーンが優勝し、2014年には福永祐一騎乗のジャスタウェイが後続を大きく離す圧巻の内容で快勝(コースレコード)。また、同レース後にジャスタウェイは世界レーティング1位を獲得した。
過去の優勝馬にはデビッドジュニア、アドマイヤムーン、ジェイペグ、グラディアトラス、アルシェマーリ、プレスヴィス、シティスケープ、サッジャー、ジャスタウェイヴィブロスらが名を連ねる。

挑戦した日本馬 ~ドバイターフ 2018~

ジャスタウェイ 1着(2014年)
血統
父:ハーツクライ
母:シビル(Machiavellian)
成績
22戦6勝
5億9569万円+300万USドル
主な勝ち鞍
ドバイデューティフリー(GI)
天皇賞秋(GI)
安田記念(GI)
世界レーティング1位を獲得したケタ違いの末脚

 ドバイデューティフリー、天皇賞(秋)、安田記念とGI3勝を挙げ、世界レーティング1位の最高評価を受けたハーツクライ産駒の傑作、ジャスタウェイ。しかし、その栄光までの道のりは決して平坦ではなかった。
新潟競馬場でデビュー戦を勝利すると2戦目で新潟2歳ステークスに出走。1番人気に推されるも2着に惜敗した。続く東京スポーツ杯2歳ステークスGIIIでは4着、翌年のきさらぎ賞GIIIで4着となった後に挑んだGIIIアーリントンカップでは道中最後方から直線でごぼう抜きという豪快な競馬で完勝。初の重賞制覇となった。
続くGI NHKマイルカップ、GI日本ダービーに挑戦したものの、結果は奮わず、それ以降も重賞ではGII毎日王冠2着(2012年)、GIIIエプソムカップ2着、GIII関屋記念2着、GII毎日王冠2着(2013年)と2着が続き、アーリントンカップ以降勝利から遠のいていた。
そして迎えた天皇賞(秋)ではトウケイヘイローが作ったハイペースの中、道中脚を溜めると直線では矢のような末脚でごぼう抜き。今まで勝ちあぐねていたのが嘘のような圧勝で初GI制覇を飾った。その後の中山記念を内から突き抜けて連勝するとドバイデューティフリー(現ドバイターフ)に出走を表明。迎えたレースではじっと後方で待機し、迎えた直線で外に持ち出されると他馬が止まって見えるほどの末脚で一気に先頭に立つと後続を突き放し、6馬身差の圧勝。従来のレコードを2秒以上更新する超抜レコードを記録し、日本馬史上初となる世界レーティング1位の評価を受けた。
鞍上の福永騎手はレース後に『強かったですね。4コーナーでの手応えも良く、天皇賞の時のようでした。これは勝てる!と思っていました。』と語った。その後は安田記念の1勝に留まったが、ドバイデューティフリーで見せた圧巻のパフォーマンスは“世界のジャスタウェイ”として日本ファンに刻まれている。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2001年イーグルカフェ牡4武豊小島太9着
2006年ハットトリック牡5O.ペリエ角居勝彦12着
アサクサデンエン牡7武豊河野通文16着
2007年アドマイヤムーン牡4武豊松田博資1着
ダイワメジャー牡6安藤勝己上原博之3着
2008年ウオッカ牝4武豊角居勝彦4着
アドマイヤオーラ牡4安藤勝己松田博資9着
2009年ウオッカ牝5武豊角居勝彦7着
2012年ダークシャドウ牡5福永祐一堀宣行9着
2014年ジャスタウェイ牡5福永祐一須貝尚介1着
ロゴタイプ牡4C.デムーロ田中剛6着
トウケイヘイロー牡5武豊清水久詞7着
2016年リアルスティール牡4R.ムーア矢作芳人1着
2017年ヴィブロス牡4J.モレイラ友道康夫1着
会員登録(無料)でできること

今週の海外競馬G1

4月29日(
QE2世C G1

特集
バックナンバー