2021年3月28日()メイダン競馬場 芝1800m

レース結果 ~ドバイターフ 2021~

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果



馬名 性齢 負担重量
(kg)
騎手 調教師 オッズ 人気
1 10 10    ロードノース セ5 57.0 L.デットーリ J.ゴスデン 2.3 1
2 12 5    ヴァンドギャルド 牡5 57.0 M.バルザローナ 藤原英昭 7.5 4
3 5 13    フェリックス セ5 57.0 O.マーフィー M.ボッティ 19.2 6
4 3 9    エピックヒーロー セ5 57.0 P.コスグレイヴ S.クリスフォード 61.3 10
5 8 2    ランドオブレジェンズ セ5 57.0 C.スミヨン S.ビン・スルール 32.1 7
6 9 4    ロードグリッターズ セ8 57.0 D.タドホープ D.オメーラ 5.6 3
7 4 12    エクティラーン セ7 57.0 J.クローリー A.アル・ライヒ 13.3 5
8 2 11    コートハウス セ6 57.0 D.イーガン S.クリスフォード 34.8 8
9 7 8    グレンフォース 牡4 57.0 A.デフリース F.ナス 48.4 9
10 6 3    ファーストコンタクト セ6 57.0 T.オシェア S.シーマー 88.3 12
11 13 1    ザインホム セ7 57.0 A.フレス M.アル・メイリ 77.7 11
12 1 6    アルスハイル 牡4 57.0 W.ビュイック C.アップルビー 3.8 2
取消 11 7    リーガルリアリティ セ6 57.0 R.ムーア M.スタウト

■払戻金

単勝10 230円
複勝10 120円
12 220円
5 340円
馬連10-12 1,230円
ワイド10-12 500円
5-10 920円
5-12 1,890円
馬単10-12 1,940円
3連複5-10-12 5,890円
3連単10-12-5 20,560円

予想一覧を見る

会員登録(無料)すると予想を登録して予想コロシアム(予想大会)に参加できます。

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

最新出走予定馬情報 ~ドバイターフ 2021~

 ドバイターフは最有力候補ロードノース(英=J・ゴスデン、セン5、父ドバウィ)が、後方からレースの上がり3ハロンより1秒13速い33秒67の脚で追い込んで圧勝。13戦7勝、プリンスオブウェルーズSに次ぐGI2勝目となった。日本馬のヴァンドギャルド(栗・藤原英、牡5)は中団の内で脚をため、直線で内めから抜け出して2着。世界の強豪相手に健闘した。

 ◆バルザローナ騎手(ヴァンドギャルド2着)「手応えもポジションも良く、パーフェクトなレース運びでしたが、直線ではスペースがなかなかあかなかった」

 ◆藤原英師「惜しかった。(選出されている香港GI・チャンピオンズマイルには向かわず、今後は)帰国して体調を整えてから」

【ドバイターフ】ロードノース圧勝!2着にヴァンドギャルド03月28日() 00:46

 アラブ首長国連邦・メイダン競馬場で3月27日(現地時間)に行われたドバイ国際諸競走の7Rドバイターフ(GI、芝・左1800メートル、1着賞金232万ドル=約2億5288万円、12頭立て)は後方の外目を追走したL.デットーリ騎手騎乗のロードノース(セン5歳、英国・J.ゴスデン厩舎)が直線に入って追い出されると一気に突き抜け、圧勝した。勝ちタイムは1分46秒46(良)。



 日本から参戦したM.バルザローナ騎手騎乗のヴァンドギャルド(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)は同レースが海外レース初挑戦だったが3馬身差の2着に健闘。中団のインに位置して、直線馬群がばらけたところを抜け出したが、勝ち馬の決め手に屈した。さらに1馬身差の3着にはフェリックス(英国)が入った。

[もっと見る]

【ドバイターフ】日本馬の近況(3/24)03月25日(木) 00:44

現地時間3月27日(土曜)にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイターフに出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

ヴァンドギャルド
○本日の調教状況
芝コース 追い切り
北村 友一騎手騎乗

○藤原 和男調教助手のコメント
息遣いも良く、順調です。明日はパドックでのスクーリングのみで、金曜日の調教はM.バルザローナ騎手が騎乗予定です。

○北村 友一騎手のコメント
直線だけ身体を使わせてほしいという指示でした。馬はとてもリラックスしていると思います。とても素直で能力のある馬なので、ゴーサインを出したら反応は良かったです。道中も入れ込んだり力むところもないですし、良い雰囲気でした。

(JRA発表)

[もっと見る]

【ドバイターフ】出走予定馬(3/19)03月20日() 13:45

現地時間3月27日(土曜)にメイダン競馬場で行われるドバイターフ(G1・芝1800m)の出走予定馬は次の通り。

アルスハイル(牡4・UAE・C.アップルビー厩舎)
アートデュヴァル(セ5・UAE・C.アップルビー厩舎)
エクティラーン(セ7・UAE・A.アル・ライヒ厩舎)
エピックヒーロー(セ5・イギリス・S.クリスフォード厩舎)
グレンフォース(牡4・バーレーン・F.ナス厩舎)
コートハウス(セ6・イギリス・S.クリスフォード厩舎)
ティルシット(牡4・イギリス・C.ヒルズ厩舎)
ファーストコンタクト(セ6・UAE・S.シーマー厩舎)
フェリックス(セ5・イギリス・M.ボッティ厩舎)
ランドオブレジェンズ(セ5・UAE・S.ビン・スルール厩舎)
リーガルリアリティ(セ6・イギリス・M.スタウト厩舎)
ロードグリッターズ(セ8・イギリス・D.オメーラ厩舎)
ロードノース(セ5・イギリス・J.ゴスデン厩舎)
ヴァンドギャルド(牡5・日本・藤原英昭厩舎)

(JRA発表)

[もっと見る]

ドバイターフ参戦のヴァンドギャルドは鞍上バルザローナ03月18日(木) 04:40

 ドバイターフ(27日、メイダン、GI、芝1800メートル)に出走予定のヴァンドギャルド(栗・藤原英、牡5)の鞍上が、M・バルザローナ騎手(29)=フランス=になることが17日、分かった。所有する社台サラブレッドクラブが、ホームページで発表した。当初騎乗を予定していたC・デムーロ騎手がドバイへの渡航を控えることになったため。

ヴァンドギャルドの競走成績はこちら

[もっと見る]

ヴァンドギャルドがC・デムーロ騎手とのコンビでドバイターフへ03月03日(水) 16:27

 ヴァンドギャルド(栗・藤原英、牡5)が、C・デムーロ騎手とのコンビで、ドバイターフ(27日、メイダン、GI、芝1800メートル)に向かうことが3日、分かった。同馬を所有する社台サラブレッドクラブがホームページで発表した。2018年のGI・ホープフルS6着以来の再タッグになる。

ヴァンドギャルドの競走成績はこちら

[もっと見る]

サリオスは招待されたドバイターフを辞退し大阪杯へ02月20日() 04:47

 昨年の皐月賞日本ダービー2着馬で、マイルCS5着後に休養していたサリオス(美・堀、牡4)は、招待されたドバイターフを辞退して大阪杯(4月4日、阪神、GI、芝2000メートル)を目指す。所有するシルクホースクラブが19日、ホームページで発表した。放牧中のノーザンファームしがらき(滋賀県)から来週中にも帰厩する見込み。

サリオスの競走成績はこちら

[もっと見る]

ヴァンドギャルドがドバイターフに招待~出否は未定02月19日(金) 04:50

 東京新聞杯4着のヴァンドギャルド(栗・藤原英、牡5)が、予備登録しているドバイターフ(3月27日、メイダン、GI、芝1800メートル)に招待されたことが18日、分かった。前走後は在厩で調整しているが、招待を受諾するかは未定。



ヴァンドギャルドの競走成績はこちら

[もっと見る]

過去10年の結果 ~ドバイターフ 2021~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2019/03/30 アーモンドアイ 牝4 日本 1.46.78 C.ルメール 国枝栄
2018/03/31 ベンバトル 牡4 UAE 1.46.02 O.マーフィー S.ビン・スルール
2017/03/25 ヴィブロス 牝4 日本 1.50.20 J.モレイラ 友道康夫
2016/03/26 リアルスティール 牡4 日本 1.47.17 R.ムーア 矢作芳人
2015/03/28 ソロウ セ5 フランス 1.47.76 M.ギュイヨン F.ヘッド
2014/03/29 ジャスタウェイ 牡5 日本 1.45.52 福永祐一 須貝尚介
2013/03/30 サッジャー 牝6 UAE 1.47.93 S.デソウサ S.ビン・スルール
2012/03/31 シティスケープ 牡6 イギリス 1.48.65 J.ドイル R.チャールトン
2011/03/26 プレスヴィス セ7 イギリス 1.50.21 R.ムーア L.クマーニ

歴史・概要 ~ドバイターフ 2021~

ドバイターフは1996年に創設、ナド・アルシバ競馬場にてダート2000mで施行されたのが始まり。当時はまだドバイワールドカップデー(ドバイミーティング)も形成されていなかった。1999年に国際GIIIに認定され、翌2000年芝1800mに変更。2001年には国際GIに昇格し、翌2002年からは施行距離を芝1777mに短縮したが、2010年にメイダン競馬場に施行場が移されたのを機に芝1800mに再び戻している。2015年より名称がドバイターフへと変更になっている。
1着賞金は320万ドル。競走馬の出走条件は北半球産馬4歳以上、南半球産馬は3歳以上となっている。
2007年には日本生産調教馬として武豊騎乗のアドマイヤムーンが優勝し、2014年には福永祐一騎乗のジャスタウェイが後続を大きく離す圧巻の内容で快勝(コースレコード)。また、同レース後にジャスタウェイは世界レーティング1位を獲得した。
過去の優勝馬にはデビッドジュニア、アドマイヤムーン、ジェイペグ、グラディアトラス、アルシェマーリ、プレスヴィス、シティスケープ、サッジャー、ジャスタウェイリアルスティールヴィブロスアーモンドアイらが名を連ねる。

挑戦した日本馬 ~ドバイターフ 2021~

ジャスタウェイ 1着(2014年)
血統
父:ハーツクライ
母:シビル(Machiavellian)
成績
22戦6勝
5億9569万円+300万USドル
主な勝ち鞍
ドバイデューティフリー(GI)
天皇賞秋(GI)
安田記念(GI)
世界レーティング1位を獲得したケタ違いの末脚

 ドバイデューティフリー、天皇賞(秋)、安田記念とGI3勝を挙げ、世界レーティング1位の最高評価を受けたハーツクライ産駒の傑作、ジャスタウェイ。しかし、その栄光までの道のりは決して平坦ではなかった。
新潟競馬場でデビュー戦を勝利すると2戦目で新潟2歳ステークスに出走。1番人気に推されるも2着に惜敗した。続く東京スポーツ杯2歳ステークスGIIIでは4着、翌年のきさらぎ賞GIIIで4着となった後に挑んだGIIIアーリントンカップでは道中最後方から直線でごぼう抜きという豪快な競馬で完勝。初の重賞制覇となった。
続くGI NHKマイルカップ、GI日本ダービーに挑戦したものの、結果は奮わず、それ以降も重賞ではGII毎日王冠2着(2012年)、GIIIエプソムカップ2着、GIII関屋記念2着、GII毎日王冠2着(2013年)と2着が続き、アーリントンカップ以降勝利から遠のいていた。
そして迎えた天皇賞(秋)ではトウケイヘイローが作ったハイペースの中、道中脚を溜めると直線では矢のような末脚でごぼう抜き。今まで勝ちあぐねていたのが嘘のような圧勝で初GI制覇を飾った。その後の中山記念を内から突き抜けて連勝するとドバイデューティフリー(現ドバイターフ)に出走を表明。迎えたレースではじっと後方で待機し、迎えた直線で外に持ち出されると他馬が止まって見えるほどの末脚で一気に先頭に立つと後続を突き放し、6馬身差の圧勝。従来のレコードを2秒以上更新する超抜レコードを記録し、日本馬史上初となる世界レーティング1位の評価を受けた。
鞍上の福永騎手はレース後に『強かったですね。4コーナーでの手応えも良く、天皇賞の時のようでした。これは勝てる!と思っていました。』と語った。その後は安田記念の1勝に留まったが、ドバイデューティフリーで見せた圧巻のパフォーマンスは“世界のジャスタウェイ”として日本ファンに刻まれている。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2001年イーグルカフェ牡4武豊小島太9着
2006年ハットトリック牡5O.ペリエ角居勝彦12着
アサクサデンエン牡7武豊河野通文16着
2007年アドマイヤムーン牡4武豊松田博資1着
ダイワメジャー牡6安藤勝己上原博之3着
2008年ウオッカ牝4武豊角居勝彦4着
アドマイヤオーラ牡4安藤勝己松田博資9着
2009年ウオッカ牝5武豊角居勝彦7着
2012年ダークシャドウ牡5福永祐一堀宣行9着
2014年ジャスタウェイ牡5福永祐一須貝尚介1着
ロゴタイプ牡4C.デムーロ田中剛6着
トウケイヘイロー牡5武豊清水久詞7着
2016年リアルスティール牡4R.ムーア矢作芳人1着
2017年ヴィブロス牡4J.モレイラ友道康夫1着
2018年ヴィブロス牝5C.デムーロ友道康夫2着
リアルスティール牡6M.バルザローナ矢作芳人3着
ディアドラ牝4C.ルメール橋田満3着
クロコスミア牝5岩田康誠西浦勝一7着
ネオリアリズム牡7J.モレイラ堀宣行8着
2019年アーモンドアイ牝4C.ルメール国枝栄1着
ヴィブロス牝6M.バルザローナ友道康夫2着
ディアドラ牝5J.モレイラ橋田満4着