会員登録はこちら
秋華賞 G1   日程:2019年10月13日()  京都/芝2000m

秋華賞のニュース&コラム

【3歳次走報】フィリアプーラ、秋華賞が目標
 ★オークス6着シャドウディーヴァ(美・斎藤誠、牝)は、放牧へ。トライアルを使って秋華賞(10月13日、京都、GI、芝2000メートル)に向かう。10着フィリアプーラ(美・菊沢、牝)も秋華賞が目標。
2019年5月23日(木) 05:00

 306

【3歳次走報】トイガー、八王子特別へ
 ★オークス2着カレンブーケドール(美・国枝、牝)は1週間ほど様子を見てから宮城・山元トレセンへ放牧に出る。秋は紫苑S(9月7日、中山、GIII、芝2000メートル)かローズS(同15日、阪神、GII、芝1800メートル)のどちらかをステップに秋華賞(10月13日、京都、GI、芝2000メートル)へ。3着クロノジェネシス(栗・斉藤崇、牝)は近日中に放牧に出て、秋華賞を目標にローテーションを組む。4着ウィクトーリア(美・小島、牝)、11着エールヴォア(栗・橋口、牝)、16着フェアリーポルカ(栗・西村、牝)も放牧を挟んで同レースが目標。 ★カーネーションCを勝ったランペドゥーザ(美・高市、牝)は22日に放牧へ。トライアルなどを1戦して秋華賞を目指す。 ★18日東京の500万下(ダ2100メートル)を勝ったトイガー(美・高市、牡)は八王子特別(6月8日、東京、3歳上2勝クラス、ダ2100メートル)へ。 ★18日東京の未勝利戦(芝1600メートル)を逃げ切ったロザムール(美・上原、牝)は22日に放牧へ出る。「今後が楽しみな馬」と上原師。
2019年5月22日(水) 05:00

 299

【ヴィクトリア】レースの注目点
★巻き返しなるか!ラッキーライラック約1年半ぶりのGI制覇狙う ラッキーライラック(4歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、デビューから3連勝で阪神ジュベナイルFを制し、JRA賞最優秀2歳牝馬を受賞。3歳の昨年は、チューリップ賞を制したものの、牝馬三冠レースでは、桜花賞2着、オークス3着、秋華賞9着という成績に終わった。そして、4歳を迎えた今年は中山記念で2着に入り、1番人気に支持された前走の阪神牝馬Sでは8着に敗れた。 ラッキーライラックには秋華賞を除き石橋脩騎手が騎乗しており、今回も同騎手が騎乗予定となっているが、前走から巻き返して約1年半ぶりのGI制覇を果たすことができるだろうか。 また、ラッキーライラックを管理する松永幹夫調教師は、騎手時代も含め、牝馬で数々のビッグタイトルを獲得している。同調教師は騎手時代に桜花賞、オークス、秋華賞、エリザべス女王杯、調教師になってから阪神JFを制しており、騎手・調教師の合計ではあるが、ヴィクトリアマイルを勝てば牝馬限定GI完全制覇となる。★帰国初戦のアエロリット、NHKマイルC以来のGI2勝目なるか アエロリット(5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)は、2017年NHKマイルC以来のGI2勝目を狙う。同馬は昨年のヴィクトリアマイルでは4着で、続く安田記念では牡馬の強豪を相手に2着と好走。秋は毎日王冠1着、マイルCS12着という成績を残した。 アエロリットは1月にアメリカへ遠征し、ペガサスワールドCターフに出走したが9着に敗れており、今回は帰国初戦となる。同馬には昨年の中山記念2着以来、6戦ぶりに横山典弘騎手が騎乗する予定となっているが、2つ目のGIタイトルを手にすることができるだろうか。Vなら、海外遠征から帰国初戦となる馬のヴィクトリアマイル制覇は、2010年のブエナビスタ以来、9年ぶり3頭目となる。★4年連続参戦レッツゴードンキ、桜花賞以来約4年ぶりのGI制覇なるか! 2015年の桜花賞馬レッツゴードンキ(7歳、栗東・梅田智之厩舎)には、4年1力月ぶりのGI制覇がかかっている。同馬は、桜花賞優勝以降も数多くのGIレースに挑戦しており、グレード制が導入された1984年以降、牝馬ではトップのJRA・GI出走回数(17回)を記録している。 レッツゴードンキは4年連続のヴィクトリアマイル参戦となるが、桜花賞以来のGIタイトルを手にすることができるだろうか。Vなら、グレード制が導入された1984年以降で最長間隔(4年0力月29日)でのGI勝利となる。なお、レッツゴードンキには引き続き岩田康誠騎手が騎乗する予定となっている。★武豊騎手と新コンビ!3度目のGI制覇目指すソウルスターリング 登録馬中、唯一のGI2勝馬ソウルスターリング(5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、3度目のGI制覇を目指す。同馬は、デビューから3連勝で阪神JFを制し、JRA賞最優秀2歳牝馬を受賞。牝馬クラシックでは、無敗のまま挑んだ桜花賞こそ3着に敗れたが、続くオークスで桜花賞の雪辱を果たし、2つ目のGIタイトルを手にした。 ソウルスターリングは3歳秋以降未勝利で、前走の府中牝馬Sでは10着に敗れているが、オークス以来の勝利を挙げることができるだろうか。なお、ソウルスターリングには今回、テン乗りとなる武豊騎手が騎乗する予定となっている。★福島牝馬Sで約3年6力月ぶりVデンコウアンジュ 柴田善は約5年ぶりGI制覇狙う デンコウアンジュ(6歳、栗東・荒川義之厩舎)は、2歳時、アルテミスSで後のGI2勝馬メジャーエンブレムを破り、重賞初制覇を飾った後は長く勝利から遠ざかっていたが、前走の福島牝馬Sで実に約3年6力月ぶりとなる勝利を挙げた。 同馬は3年連続のヴィクトリアマイル参戦で、2017年には11番人気で2着に入っているが、三度目の正直でヴィクトリアマイルを制すことができるだろうか。Vなら、福島牝馬S優勝馬のヴィクトリアマイル制覇は史上初となる。 また、デンコウアンジュに騎乗予定の柴田善臣騎手には、2014年の安田記念(ジャスタウェイ)以来、約5年ぶりのGI制覇がかかっている。同騎手のヴィクトリアマイル当日の年齢は52歳9力月13日で、Vなら、グレード制が導入された1984年以降のJRA・GI年長優勝記録で、岡部幸雄元騎手(2002年天皇賞・秋:53歳11カ月27日)に次ぐ2位となる。なお、柴田善臣騎手はJRA・GI通算9勝を挙げているが、過半数にあたる5勝を東京競馬場で挙げている。★今年重賞5勝の中内田師×川田騎手 阪神牝馬S制したミッキーチャーム ミッキーチャーム(4歳、栗東・中内田充正厩舎)は、GI初挑戦となった昨年の秋華賞で、アーモンドアイから1馬身半差の2着に入った。同馬は今年初戦の中山牝馬Sでは最下位の14着に敗れたが、初めてのマイル戦出走となった前走の阪神牝馬Sでは、1着から最下位までが0.6秒差という接戦を制して、重賞初制覇を飾っている。 ミッキーチャームを管理する中内田充正調教師と、同馬に騎乗予定の川田将雅騎手のコンビは今年のJRA重賞で5勝を挙げているが、ヴィクトリアマイルでも勝利を挙げることができるだろうか。 また、ミッキーチャームの生産牧場・三嶋牧場には、JRA・GI初制覇がかかっている。同牧場は今年のJRA重賞で3勝を挙げており、ヴィクトリアマイルには、ミッキーチャームの他にもカンタービレ(4歳、栗東・角居勝彦厩舎)、メイショウオワラ(5歳、栗東・岡田稲男厩舎)と計3頭の生産馬が登録している。★エリモピクシー産駒初のGI制覇なるか!東京では3着以内率100%のレッドオルガ レッドオルガ(5歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、父ディープインパクト、母エリモピクシーという血統で、1歳上の姉に昨年のヴィクトリアマイル3着のレッドアヴァンセを持ち、また、兄にはリディル、クラレントなど4頭の重賞ウイナーがいる。きょうだいはGI制覇には手が届かなかったが、レッドオルガはエリモピクシー産駒初のGI制覇を遂げることができるだろうか。 レッドオルガは、東京では5回出走してすべて馬券対象の3着以内に入っており、東京新聞杯では牡馬を相手に2着と好走している。なお、同馬を管理する藤原英昭調教師はヴィクトリアマイルで歴代トップの3勝を挙げている。
2019年5月7日(火) 16:35

 3,165

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

秋華賞過去10年の結果

2018年10月14日() 京都競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 アーモンドアイ C.ルメール 1:58.5 1.3倍 98.6
2着 ミッキーチャーム 川田将雅 1 1/2 15.6倍 97.4
3着 カンタービレ 武豊 14.0倍 96.2
2017年10月15日() 京都競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ディアドラ C.ルメール 2:00.2 6.3倍 99.5
2着 リスグラシュー 武豊 1 1/4 7.0倍 98.3
3着 モズカッチャン M.デムーロ ハナ 8.6倍 98.3
2016年10月16日() 京都競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ヴィブロス 福永祐一 1:58.6 6.3倍 96.0
2着 パールコード 川田将雅 1/2 13.7倍 95.4
3着 カイザーバル 四位洋文 1/2 21.2倍 94.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

秋華賞のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2000m

“牝馬三冠”の最終戦。ゆえに、順調に使われている馬が強く、2007年以降オークスからの直行馬は、史上最強クラスの評価を得てている2018年1着のアーモンドアイを除きことごとく凡走しており、同馬以外の複勝圏内は皆無。2007年には、宝塚記念以来で約4カ月ぶりの実戦となったウオッカも敗れており(1番人気3着)、春シーズン以来の休養明けは大きなマイナス材料となる。主要ステップは2007年以降、数多くの好走馬を輩出しているローズSで、その大半はローズSで掲示板を確保している。重賞に格上げされた紫苑S組が2016年にワンツーフィニッシュを決めた一方、ローズS3着のカイザーバルが8番人気の低評価を覆して3着に食い込んでおり、今後もローズSが最重要ステップの役割を担うことは間違いない。舞台となる京都芝2000mはトリッキーなコースとして有名で、予想外の波乱が起こるケースもある。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

秋華賞ステップレース

2019年9月15日() 阪神競馬場/芝1800m
2019年9月7日() 中山競馬場/芝2000m
2019年7月28日() 札幌競馬場/芝1800m
あと12日

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

秋華賞の歴史と概要


2012年の優勝馬 ジェンティルドンナ

牝馬三冠の最終戦。これまでにスティルインラブ(第8回)、アパパネ(第15回)、ジェンティルドンナ(第17回)の3頭が、2着馬との接戦を制し三冠牝馬に輝いている。第7回は、4戦4勝の無敗馬ファインモーションが、持ったままで2着馬を3馬身半ちぎる大楽勝。史上最強牝馬の誕生を予感させた。一方、気まぐれな3歳牝馬同士の戦いなだけに「荒れるG1」としても名高い。記念すべき第1回は、圧倒的な1番人気を背負ったオークス馬・エアグルーヴが馬群に沈み、5カ月の休み明けだったファビラスラフインが勝って馬連万馬券の決着。第13回はダート馬と見られていた16番人気プロヴィナージュが3着に逃げ粘り、3連単1,098万2,020円の大波乱を演出。京都競馬場を静まり返らせた。

▼2008年の秋華賞は16番人気プロヴィナージュが逃げ粘り大波乱に

歴史と概要をもっと見る >

秋華賞昨年のBIGヒット予想家

去年の秋華賞を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年10月14日(日) 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 88 
2,360円 236,000円
Lv 82 
5,600円 140,000円
Lv 85 

5,600円
5,600円
112,000円
Lv 93 
2,360円 94,400円
Lv 93 

1,500円
340円
92,000円
Lv 107 
5,600円 89,600円
Lv 97 
5,600円 89,600円
Lv 83 
880円 88,000円
Lv 91 

5,600円
2,360円
79,600円
Lv 105 

1,000円
880円
75,900円
Lv 96 
710円 71,000円
Lv 101 
2,360円 70,800円
Lv 99 

5,600円
5,600円
67,200円
Lv 91 

5,600円
1,000円
66,000円
Lv 119 

880円
420円
65,000円
Lv 114 

5,600円
1,000円
61,000円
Lv 103 
2,360円 59,000円
Lv 87 

5,600円
1,500円
56,200円
Lv 103 
5,600円 56,000円
Lv 91 
5,600円 56,000円

秋華賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年7月21日(
トヨタ賞中京記念  G3
函館2歳ステークス  G3

競馬番組表

2019年7月20日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2019年7月21日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る