会員登録はこちら
秋華賞 G1   日程:2019年10月13日() 15:40 京都/芝2000m

レース結果

秋華賞 G1

2019年10月13日() 京都/芝2000m/18頭

本賞金:10,000万 4,000万 2,500万 1,500万 1,000万


レコード:1分56秒8
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

クロノジェネシス

牝3 55.0 北村友一  斉藤崇史 452(+20) 1.59.9 6.9 4
2 4 8

カレンブーケドール

牝3 55.0 津村明秀  国枝栄 464(0) 2.00.2 5.6 2
3 7 14

シゲルピンクダイヤ

牝3 55.0 和田竜二  渡辺薫彦 464(+4) 2.00.4 1 1/2 27.0 10
ラップタイム 12.3 - 10.7 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.7 - 12.5 - 12.0 - 12.3 - 12.1
前半 12.3 - 23.0 - 34.6 - 46.4 - 58.3
後半 61.6 - 48.9 - 36.4 - 24.4 - 12.1

■払戻金

単勝 5 690円 4番人気
複勝 5 240円 3番人気
8 190円 2番人気
14 550円 10番人気
枠連 3-4 1,680円 8番人気
馬連 5-8 2,180円 6番人気
ワイド 5-8 710円 4番人気
5-14 2,120円 29番人気
8-14 2,170円 30番人気
馬単 5-8 4,950円 14番人気
3連複 5-8-14 15,170円 50番人気
3連単 5-8-14 70,970円 248番人気

秋華賞のニュース&コラム

【うわさの2歳馬】母は秋華賞2着~キョウワセイヴァー
 【京都5R】キョウワセイヴァーは、母が秋華賞2着のキョウワジャンヌ。「期待馬だし、素質が高いので、じっくりと仕上げてきた。まだ体は緩いが、けいこも動いている。先々は間違いなく走ってくるけど、現状でも満足のいく仕上がりだ」と笹田調教師。さっそく血筋の良さを見せつけるか。(夕刊フジ)
2019年10月19日() 13:06

 174

秋華賞でGI初制覇のジェネシス元気、エ女王杯めざす
 13日の秋華賞でGI初制覇を飾ったクロノジェネシス(栗・斉藤崇、牝3)は一夜明けた14日、栗東トレセンの自馬房で疲れを癒やした。斉藤崇調教師は「(14日朝も)いつものレースが終わった後と同様、変わりなく落ち着いていました。強いレースを見せてくれましたね。この後も順調なら、予定通りにエリザベス女王杯(11月10日、京都、GI、芝2200メートル)へ向かいます」と語った。
2019年10月15日(火) 05:00

 330

【秋華賞】クロノジェネシス、秋に華咲いた!
 3歳牝馬3冠の最終戦となる秋華賞が13日、京都競馬場で17頭によって争われ、4番人気のクロノジェネシスが好位から抜け出してGI初制覇。春の2冠はともに3着に敗れたが、雪辱を果たした。管理する斉藤崇史調教師もJRA・GI初勝利となった。このあとはエリザベス女王杯(11月10日、京都、GI、芝2200メートル)に向かう。 「シャーッ!」。検量室前でクロノジェネシスの馬上から降りると、北村友騎手が両手を突き上げて感情を爆発させた。牝馬3冠路線をともに歩んできたパートナーが、最後の1冠で悲願のGI初制覇。鞍上は喜びを押さえながら振り返った。 「理想的なポジションで来られました。4コーナーでは、いつでも抜け出せる手応え。自信を持って追い出しました」 少し押して、人気のダノンファンタジーを見ながら好位の内を追走。脚をため込み、直線入り口で外に持ち出されると、エンジンを一気に吹かす。前の人気馬をかわし、逃げ粘るビーチサンバを残り150メートルで捕らえきり、カレンブーケドールの追撃も余裕を持って封じた。初代秋華賞馬ファビラスラフインの1996年以来に芦毛が先頭でゴールを駆け抜けた。 デビューから7戦全て手綱を取り、GIの阪神JF2着、桜花賞、オークスはともに3着。能力を肌で感じながら、もどかしい結果に悔しさが募った。「ここで絶対に勝つんだ、という気持ちでした。ずっと乗せていただき、ようやく結果を出せて、本当に“うれしい”のひと言」。あふれる思いが、雄叫びに表れた。 「抜けてくる脚が良かったですし、残り1ハロンで勝てるかな、と。うれしかったのと、ホッとしたのと両方ですね」 開業4年目の斉藤崇調教師は静かに喜びをかみしめた。今年のクイーンCでの重賞初制覇と同じく、クロノジェネシスでGI初制覇。松永幹厩舎で調教助手だった09年には、担当のレッドディザイアで秋華賞を制した。「あの馬がいなかったら今の僕はいません。同じ(5)番。縁ですね」。史上4頭目のオークスからの直行Vにも「昨年(アーモンドアイ)勝った馬がいますから。ノーザンファームさんときっちりやってきました」と仕上がりに胸を張った。 この後はエリザベス女王杯を予定。「自分にとっても、クロノジェネシスにとっても、斉藤先生にとっても、大きな1勝。これを励みに、また頑張りたい」と北村友騎手は意気込む。クロノジェネシスが、古馬牝馬界統一へ力強く駆け出した。 (千葉智春)★ノーザンF5連覇 春の鬱憤を晴らし、GI初制覇を果たしたクロノジェネシス。生産者のノーザンファームは、2015年ミッキークイーンから5連覇となった。 「強いレースでしたね。この馬の持ち味がうまく生きた勝利でした」と同ファームの吉田勝己代表(70)。「馬体重の20キロ増は、成長分とみていいでしょう。しぶい血統で、よくここまでの子を出してくれました」と、ノームコア(ヴィクトリアマイルV、父ハービンジャー)との姉妹GI制覇に満面の笑みを浮かべた。 オーナーの(有)サンデーレーシングは、12年ジェンティルドンナ以来の優勝。吉田俊介代表(45)は「いいポジションで競馬ができていました。フレッシュな状態でレースに臨めたのも良かったと思います」と晴れやかな表情だった。 現在2歳の半妹クロトノーナ(父ルーラーシップ)は美浦・大和田成厩舎に入厩予定。1歳の牡馬(父モーリス)は、今年のセレクトセール1歳セリで金子真人オーナーが5200万円で競り落としている。当歳はおらず、母のおなかにはモーリスの子が受胎中だ。★13日京都11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら
2019年10月14日(月) 04:04

 860

【秋華賞】ブーケ、オークスに続き2着
 2番人気のカレンブーケドールはオークスに続いて2着。道中は中団でクロノジェネシスの後ろを追走。直線ではクロノと同じように馬群を割って伸びたが、かわせなかった。 津村騎手は「勝ち馬を見ながらいい位置で運べました。切れ味に負けましたが、狭いところを割る根性を見せたし、思っている以上にどんどん良くなっていますね」と今後に期待を寄せた。 次走は未定だが、国枝調教師は「あの(ハイ)ペースだから結果的に位置もよかった。こういう競馬ができて選択肢が広がった。次は長めを使いたい」と話した。★13日京都11R「秋華賞」の着順&払戻金はこちら
2019年10月14日(月) 04:03

 464

秋華賞のニュースをもっと見る >

【秋華賞】厩舎の話
 エスポワール・辻野助手「春より馬体に芯が入った。流れに合わせて競馬ができるのがいい」 カレンブーケドール・津村騎手「1度使って脚の出もスムーズになったし、好感触を得ている」 クロノジェネシス・斉藤崇調教師「オークス時に比べれば8割くらいだが、力を出せる状態」 コントラチェック・藤沢和調教師「中山で上手な競馬をしているから京都内回りは対応できる」 サトノダムゼル・上原助手「体が増えていい状態。ポテンシャルも相当で重馬場も問題ない」 シェーングランツ・藤沢和調教師「順調。春は馬体を持て余していたが、たくましくなった」 シゲルピンクダイヤ・渡辺調教師「具合は生涯最高。うなるぐらいで、逆にテンションが心配」 シャドウディーヴァ・斎藤誠調教師「使って上向いてきているし、2走目で前進してほしい」 シングフォーユー・牧調教師「乗りやすくどんな競馬でもできる。できれば良馬場でやりたい」 ダノンファンタジー・川田騎手「2000メートルはこなせると思う。内回りに適した競馬をすれば」 トゥーフラッシー・高市調教師「力をつけているし、道悪は歓迎。スムーズな競馬ができれば」 パッシングスルー・黒岩調教師「自分で競馬を作れるし、動いていけるので、この舞台は合う」 ビーチサンバ・福永騎手「コーナー4つの京都2000メートルだと、求められるものが違ってくる」 フェアリーポルカ・菊本助手「体力的に春は頼りなかったが、秋になってトモがしっかりした」 ブランノワール・須貝調教師「初の2000メートルがカギだが、決め手はGIでもヒケを取らない」 メイショウショウブ・池添兼調教師「これだけ動くのだから状態はいいのだろう。距離がカギ」 レッドアネモス・友道調教師「ここへきて動きが戻り、間に合った。前走は馬場が悪すぎた」 ローズテソーロ・金成調教師「状態は維持しているので軽めで十分。道悪にならないでほしい」(夕刊フジ)★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月10日(木) 12:00

 3,743

【東西現場記者走る】疲れなし!パッシングスルー好感触
 密着取材でGI勝ち馬を探る連載『東西現場記者走る』。秋華賞を担当する東京サンスポの千葉智春記者(35)は3日目、栗東トレセンに滞在している関東馬パッシングスルーの追い切りに注目した。ローズS勝ちのダノンファンタジーと同じく、前哨戦の紫苑Sを制して勢いに乗るが、今回はこれまでで最も短い中4週の臨戦過程。好時計Vの疲れはないか、陣営を直撃した。 追い切り日は、紫苑S勝ち馬で、栗東滞在中の関東馬パッシングスルーに狙いを定めた。紫苑S組は2016年のヴィブロス、17年のディアドラがV。2000メートルで連続連対中という戦績はその2頭と重なり、2戦ともに小回りコースで結果を残している点が魅力だ。ただ、ここまでは間隔をあけて使われてきた。疲労が気になるだけに、追い切りは要チェックだ。 栗東・坂口厩舎のデンコウハピネス(2勝クラス)の胸を借り、坂路で2馬身ほど追いかけてスタート。徐々にペースを上げるとラスト2ハロンからジワリと差を詰め、内から併入した。4ハロン54秒5-13秒1(G前強め)と時計は地味だが、動きは軽快だ。 見届けた黒岩調教師は「昨日の雨で時計がかかっていたけれど、しっかり動けていました。いい状態をキープできています」と合格点。調整役の鈴木助手も「乗った感触では紫苑Sのときと同じ感じです」。デキ落ちはなさそうだ。 昨年10月の新馬勝ち以降、今年の夏前まではシンザン記念、サンスポ賞フローラSと重賞2戦のみ。脚元の不安や疲労を考慮されたものだった。2走とも4着と一定の結果を出したが、トレーナーは「フローラSの後に馬体もパリッとして、筋肉量も増加。回復も早くなりました。気持ちのコントロールもうまくなりましたね」と胸を張る。2走前の福島戦を勝ち、続く前走も大外(15)番枠から好位に付けて追い比べを制す快勝。成長に成績が伴ってきた。 福島・ノーザンファーム天栄への短期放牧から美浦経由で3日に栗東入り。短い間隔に加え、当日輸送で臨める利点を考慮して栗東滞在を選択したが、すぐに環境に順応したという。台風の接近によって生じる長距離輸送の不安を避けられ、雨の影響が残る馬場にも「湿った(稍重の)福島でも走っていますから」と不安の色はない。運も向いてきたようだ。 「戸崎騎手も“レースに向けての振る舞いがすごくいい”と言ってくれて、全く乗り難しくないみたい。相手は強くなるけど、楽しみを持って臨めます」と黒岩師は初のGI制覇に期待を寄せる。春の実績馬を破っての下克上もありそうだ。 (千葉智春)★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月10日(木) 05:09

 2,173

【秋華賞】甘さなし!クロノジェネシス進化走
 秋華賞の追い切りが9日、東西トレセンで行われた。栗東では、桜花賞、オークスともに3着のクロノジェネシスが、北村友騎手を背にCWコースでラスト1ハロン11秒9(6ハロン83秒0)と鋭い動きを披露。最後の1冠でのGI奪取へ、好仕上がりをアピールした。坂路で好時計をマークしたメイショウショウブが最高の調教評価『S』となった。 “最後の1冠”は渡さない。クロノジェネシスが、悲願のGI初制覇に向けてCWコースを快走。またがった北村友騎手も、自信の口ぶりで好感触を伝えた。 「調教では乗りやすくなっていますね。落ち着いて走れていますし、自在に操れるようになっています」 相手を抜こうとしなかった1週前調教(2日)の内容を受けて、(1)しまいの切れの確認(2)気持ちを乗せる-とテーマを持って臨んだ最終リハ。朝日に照らされたウッドチップの上で、アメリカンウェイク(1勝クラス)を追いかけ、余裕を持って同時入線した。ラスト1ハロン11秒9(6ハロン83秒0)と、先週(一杯に追われてラスト1ハロン12秒3)と比べれば、明らかに鋭さは上。狙い通りの調整に、斉藤崇調教師が大きくうなずいた。 「最後まで伸びるような形の追い切りをしました。(先週の追い切りよりも)スピードが上がって、フォームが良くなっていましたね」 ひと夏を越して心身両面で成長。体は全体的に大きくなり、精神面ではイライラした面がなくなり、ゆったりと歩けるようになった。若き指揮官は、さらに付け加える。 「春はカイバ食いの細い面があって、体重を減らさないように調整していましたが、今は違います。しっかりと乗り込めるようになりました」 休み明けでの臨戦過程は、陣営の予定通り。そのぶん、夏場から計算して調整を施してきたという。桜花賞、オークスと連続3着。牝馬クラシックロードを戦い抜き、デビュー以来3着を外したことがない根性娘に、トレーナーも期待に胸をふくらませる。 「春のGIを戦ってきた経験は大きいと思うんです。自在に立ち回れるので内回りの舞台は問題ないでしょう。開幕2週目の芝なら、雨が降っても心配ないと思います」 あと一歩及ばなかった春の雪辱は、進化した姿で果たしてみせる。“秋の女王”の座は、目の前にある。 (宇恵英志)★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月10日(木) 05:08

 1,839

【秋華賞】無敗サトノダムゼル、好反応だ
 3戦3勝のサトノダムゼルはWコース単走で5ハロン69秒4-12秒6。馬なりで直線はいい反応を見せ、上原助手は「コンスタントに使っているので反応を確認する程度。毛づやが良く、体も増えていい状態」と伝えた。 無敗で秋華賞を勝てば2006年カワカミプリンセス以来で、キャリア3戦でのVは史上初。6月23日のデビューから113日でのVなら、史上最速記録だ。「以前よりも体質が強化したし、操作性の高さが強みでポテンシャルも相当なもの。重馬場はマイナスにならないし、底を見せていないので楽しみ」と同助手。堀厩舎初の牝馬のGI制覇へ視界は良好だ。★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月10日(木) 05:07

 1,660

秋華賞の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


秋華賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月13日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv120 
690円 34,500円
Lv111 
690円 3,450円
Lv109 

2,180円
710円
72,250円
Lv107 

710円
190円
2,420円
Lv105 
690円 69,000円

的中情報をもっと見る >

秋華賞過去10年の結果

2018年10月14日() 京都競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 アーモンドアイ C.ルメール 1:58.5 1.3倍 98.5
2着 ミッキーチャーム 川田将雅 1 1/2 15.6倍 97.3
3着 カンタービレ 武豊 14.0倍 96.2
2017年10月15日() 京都競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ディアドラ C.ルメール 2:00.2 6.3倍 99.4
2着 リスグラシュー 武豊 1 1/4 7.0倍 98.2
3着 モズカッチャン M.デムーロ ハナ 8.6倍 98.2
2016年10月16日() 京都競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ヴィブロス 福永祐一 1:58.6 6.3倍 95.9
2着 パールコード 川田将雅 1/2 13.7倍 95.3
3着 カイザーバル 四位洋文 1/2 21.2倍 94.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

秋華賞のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝2000m

“牝馬三冠”の最終戦。ゆえに、順調に使われている馬が強く、2007年以降オークスからの直行馬は、史上最強クラスの評価を得てている2018年1着のアーモンドアイを除きことごとく凡走しており、同馬以外の複勝圏内は皆無。2007年には、宝塚記念以来で約4カ月ぶりの実戦となったウオッカも敗れており(1番人気3着)、春シーズン以来の休養明けは大きなマイナス材料となる。主要ステップは2007年以降、数多くの好走馬を輩出しているローズSで、その大半はローズSで掲示板を確保している。重賞に格上げされた紫苑S組が2016年にワンツーフィニッシュを決めた一方、ローズS3着のカイザーバルが8番人気の低評価を覆して3着に食い込んでおり、今後もローズSが最重要ステップの役割を担うことは間違いない。舞台となる京都芝2000mはトリッキーなコースとして有名で、予想外の波乱が起こるケースもある。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

秋華賞ステップレース

2019年9月15日() 阪神競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 4 ダノンファンタジー 川田将雅 1:44.4 2.2倍 98.4
2着 11 ビーチサンバ 福永祐一 クビ 16.0倍 98.4
3着 8 ウィクトーリア 戸崎圭太 アタマ 4.3倍 98.4
4着 10 シゲルピンクダイヤ 和田竜二 1 1/4 6.8倍 97.0
5着 1 メイショウショウブ 池添謙一 1 3/4 29.1倍 95.0
2019年9月7日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 15 パッシングスルー 戸崎圭太 1:58.3 4.5倍 95.4
2着 6 フェアリーポルカ 三浦皇成 ハナ 12.5倍 95.4
3着 14 カレンブーケドール 津村明秀 1/2 2.8倍 94.8
4着 5 レッドベルディエス C.ルメール 1 1/4 4.8倍 93.7
5着 4 フィリアプーラ 丸山元気 3/4 29.5倍 93.1
2019年7月28日() 札幌競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 13 ミッキーチャーム 川田将雅 1:47.0 2.3倍 102.5
2着 6 スカーレットカラー 岩田康誠 クビ 8.8倍 102.5
3着 14 カリビアンゴールド 柴山雄一 アタマ 48.6倍 102.5
4着 12 ウラヌスチャーム 藤岡佑介 1 1/4 8.3倍 101.2
5着 11 エイシンティンクル 武豊 クビ 20.4倍 100.6

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

秋華賞の歴史と概要


2012年の優勝馬 ジェンティルドンナ

牝馬三冠の最終戦。これまでにスティルインラブ(第8回)、アパパネ(第15回)、ジェンティルドンナ(第17回)の3頭が、2着馬との接戦を制し三冠牝馬に輝いている。第7回は、4戦4勝の無敗馬ファインモーションが、持ったままで2着馬を3馬身半ちぎる大楽勝。史上最強牝馬の誕生を予感させた。一方、気まぐれな3歳牝馬同士の戦いなだけに「荒れるG1」としても名高い。記念すべき第1回は、圧倒的な1番人気を背負ったオークス馬・エアグルーヴが馬群に沈み、5カ月の休み明けだったファビラスラフインが勝って馬連万馬券の決着。第13回はダート馬と見られていた16番人気プロヴィナージュが3着に逃げ粘り、3連単1,098万2,020円の大波乱を演出。京都競馬場を静まり返らせた。

▼2008年の秋華賞は16番人気プロヴィナージュが逃げ粘り大波乱に

歴史と概要をもっと見る >

秋華賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年12月14日(
ターコイズステークス  G3
2019年12月15日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2019年12月14日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2019年12月15日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る