アンドヴァラナウト(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
アンドヴァラナウト
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2018年2月21日生
調教師池添学(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績17戦[3-4-2-8]
総賞金14,455万円
収得賞金4,600万円
英字表記Andvaranaut
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
グルヴェイグ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
エアグルーヴ
兄弟 ゴルトベルクヴァナヘイム
市場価格
前走 2024/01/06 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

アンドヴァラナウトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/01/06 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1851018.0910** 牝6 55.5 武豊池添学 464
(+12)
1.34.8 1.035.7⑯⑰コレペティトール
23/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 136918.776** 牝5 55.0 鮫島克駿池添学 452
(+6)
1.46.4 0.333.3④④④ディヴィーナ
23/05/14 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1624120.31311** 牝5 56.0 吉田隼人池添学 446
(-8)
1.33.0 0.833.5⑪⑬ソングライン
23/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 1271024.875** 牝5 55.0 吉田隼人池添学 454
(+2)
1.34.3 0.433.6⑩⑪サウンドビバーチェ
23/01/14 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 155818.389** 牝5 56.0 D.イーガ池添学 452
(+2)
2.04.7 1.634.8⑨⑩⑬⑭アートハウス
22/11/13 阪神 11 エリザベス杯 G1 芝2200 184816.2917** 牝4 56.0 R.ムーア池添学 450
(+2)
2.17.3 4.339.3⑪⑫⑭⑱ジェラルディーナ
22/10/15 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 15118.333** 牝4 54.0 福永祐一池添学 448
(+14)
1.44.7 0.233.8⑥⑨⑨イズジョーノキセキ
22/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1871516.4714** 牝4 55.0 福永祐一池添学 434
(-10)
1.33.1 0.933.8⑨⑧ソダシ
22/04/09 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 12223.112** 牝4 55.0 福永祐一池添学 444
(-4)
1.32.9 0.134.2メイショウミモザ
22/01/15 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 16362.9111** 牝4 55.0 松山弘平池添学 448
(+16)
2.01.6 0.635.1⑤⑤⑥⑤ルビーカサブランカ
21/10/17 阪神 11 秋華賞 G1 芝2000 16597.333** 牝3 55.0 福永祐一池添学 432
(-4)
2.01.4 0.236.1④⑤⑤⑥アカイトリノムスメ
21/09/19 中京 11 ローズS G2 芝2000 186125.841** 牝3 54.0 福永祐一池添学 436
(+2)
2.00.0 -0.233.8⑥⑥⑥⑥エイシンヒテン
21/08/01 新潟 9 出雲崎特別 1勝クラス 芝2000 18471.711** 牝3 52.0 福永祐一池添学 434
(-4)
1.58.2 -0.234.3ダノンドリーマー
21/06/05 中京 8 3歳以上1勝クラス 芝1600 16114.922** 牝3 52.0 福永祐一池添学 438
(0)
1.33.4 0.535.4プログノーシス
21/04/25 阪神 4 3歳未勝利 芝1600 186121.711** 牝3 54.0 福永祐一池添学 438
(+10)
1.33.4 -0.334.2ヘアケイリー
20/12/20 阪神 2 2歳未勝利 芝1800 166123.022** 牝2 54.0 福永祐一池添学 428
(0)
1.47.2 0.235.1④④タガノディアーナ
20/11/21 阪神 5 2歳新馬 芝1600 8773.122** 牝2 54.0 福永祐一池添学 428
(--)
1.35.7 0.233.4⑤⑤レゾンドゥスリール

アンドヴァラナウトの関連ニュース

2021年のGⅡローズSを勝ったアンドヴァラナウト(栗・池添、牝6)が11日付で競走馬登録を抹消した。通算17戦3勝。獲得賞金は1億4455万1000円。6日の京都金杯10着が最後のレースとなった。今後は北海道・安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。

2021年ローズS勝ち馬アンドヴァラナウトが引退、繁殖入り 2024年1月7日() 17:35

2021年のGⅡローズSの勝ち馬アンドヴァラナウト(栗・池添、牝6)が、京都金杯10着を最後に引退することが7日、サンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。レース後に歩様の乱れが見られ、検査の結果、球節部の種子骨に骨折線が見られると診断されたため。今後は繁殖入りする予定。通算成績17戦3勝で重賞1勝。獲得賞金は1億4455万1000円。

[もっと見る]

【京都金杯】レースを終えて…関係者談話 2024年1月7日() 04:40

◆坂井騎手(セッション2着)「ハンデも恵まれて馬場状態も合っていそうで、チャンスだと思っていたのですが…。うまくいったと思いましたが、勝ち馬にうまく内をすくわれてしまいました」

◆藤岡佑騎手(トゥードジボン3着)「ここ2走とは違う形の競馬になりましたが、我慢が利いていましたし、直線はいい反応を見せてくれました。ベストパフォーマンスを出すには馬場が軟らかかったですね。力は示してくれました。重賞でもやれます」

◆ルメートル騎手(アヴェラーレ4着)「外枠で、内に入れる機会がなかったです。最後はいい脚を使ってくれているので、枠が内だったらと思います」

◆川田騎手(フリームファクシ5着)「馬の雰囲気は良くなってきていました。これからもっと走るようになると思います」

◆浜中騎手(メイショウシンタケ6着)「勝つなら岩田(康)さんのような競馬だったと思いますが、器用に運べないタイプですからね。途中から勝ち馬の後ろにつけて、脚は使ってくれていますが、序盤の差が出ましたね」

◆幸騎手(タイムトゥヘヴン7着)「前が流れてほしかったです。脚は使っていますが、展開が向きませんでした」

◆北村友騎手(ダノンタッチダウン8着)「調教と一緒で、直線に入ってノメッて走っていて伸びませんでした。落ち着きもあって、道中も力んで走ることもなかったです。馬場が緩かったので、パンパンならノメりもなかったかもしれません」

◆秋山真騎手(ルプリュフォール9着)「頑張って走ってくれています。1600メートルだと3コーナーで力むので、距離もギリギリだったかもしれません」

武豊騎手(アンドヴァラナウト10着)「流れに乗れませんでした。馬場が緩く、走りづらそうでした。マイルは忙しいと思います」

◆鮫島駿騎手(アルナシーム11着)「スタートは出ていますが、思ったポジションが取れませんでした。外の馬が速く、内に入れたかったんですが…。枠もポジションもうまくいかず、馬場ももう少しきれいなほうがいいですね。いろいろとかみあいませんでした」

◆松若騎手(サヴァ12着)「ある程度、ポジションを取りたかったのですが、久々のぶんもあったのか、追走に余力がなかったですね。最後は伸びてくれているんですが」

◆松山騎手(セルバーグ13着)「逃げ馬みたいな競馬ができればと思っていましたが、前半から行き脚がつきませんでした」

◆吉田隼騎手(ドーブネ14着)「レベルが高かったですね。斤量も見込まれましたし、マイルで強い馬がそろってペースが流れると、力の差が出ましたね。マイルは走れないわけではないと思います」

◆西村淳騎手(ビューティフルデイ15着)「集中しきれていない感じで、馬場も緩く、ノメッていました」

◆太宰騎手(マテンロウオリオン16着)「終始、リズムが悪かったですね」

◆酒井騎手(シャイニーロック17着)「年齢のせいか、スタートは出ていますが、二の脚がつきませんでした。囲まれるような感じになって、最後は余力もなかったです」

◆団野騎手(ドルチェモア18着)「ブリンカーを付けて雰囲気はよくなっていました。おおざっぱなレースになってしまいました」

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】京都金杯2024 リニューアル後の芝マイル重賞は差し優勢!鋭い末脚を持つ馬に要注目! 2024年1月6日() 09:15

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はスポーツニッポン賞京都金杯・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


前年度第3回京都開催の芝のレース結果、京都芝1600mで施行された最近の重賞の結果をもとに、馬場のバイアスなどを考察していきます。予想の際にお役立てください。

昨年11月開催の京都開催を振り返ると、雨の影響で1週目よりも時計を要した2~3週目に対し、馬場の乾きが進んだ4週目は連続開催の最終週にもかかわらず、比較的時計の出やすい状態。ペースや展開に恵まれた馬を除けば、末脚のしっかりした馬が幅をきかせやすいコンディションだった。

この年末~年始は強い降雨がなく、31日に1ミリと4日に2.5ミリの降水が観測されただけ。土曜日開催中の天気は晴時々曇(6日7時の時点)の見通しのうえ、約1カ月のインターバルを経ている。まとまった雨さえ降らなければ、昨秋の時計が出やすい頃と大差ない馬場コンディション、状況が想定される。

なお、京都競馬場リニューアルオープン後に芝1600mで施行された重賞は3鞍。勝ち馬3頭はいずれも上がり3Fタイム順位が2位以内。3着以内馬9頭中8頭が4角5番手以下の位置取りで、うち4頭は10番手以下。重賞に限ると、当該コースは待機組優位の傾向が相当強い。

また、4角2番手以内通過馬は、まったく馬券に絡んでおらず、開催時期に関係なく内を通る逃げ・先行勢のアドバンテージは少ない様子。スムーズに運びやすく、末脚も発揮しやすい外めの枠が有利に働くこともあるくらい。事実、3競走いずれも8枠が複勝圏を確保している。

その点を踏まえると、重視すべきは末脚のしっかりしたタイプ。となれば、頼りになるのは近走でメンバー上位の上がり3Fタイムを記録している馬だろう。そのなかでも、近3走内に上がり3F最速を叩き出した経験を持つ、真ん中より外の枠(5~8枠あたり)を引いた馬に注目したい。

スポーツニッポン賞京都金杯の出走馬で、要点(5~8枠+近3走内に上がり3F最速)を満たしているのは、⑩アンドヴァラナウト、⑱アヴェラーレ。従って当欄では、この2頭を狙いどころとして推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
アンドヴァラナウト ⑱アヴェラーレ

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】京都金杯2024 年始を彩る名物レース!仕留めるのは!? 2024年1月6日() 05:30


※当欄ではスポーツニッポン賞京都金杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【長岡一也】
◎⑱アヴェラーレ
○⑮ドーブネ
▲⑪セッション
△④トゥードジボン
△⑩アンドヴァラナウト
△⑭アルナシーム
△⑰フリームファクシ

【原奈津子】
◎④トゥードジボン
○⑭アルナシーム
▲⑮ドーブネ

【鈴木淑子】
◎⑩アンドヴァラナウト
馬連BOX
アンドヴァラナウト
アルナシーム
ドーブネ
アヴェラーレ
複勝
ドルチェモア

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑭アルナシーム
ワイドBOX
メイショウシンタケ
コレペティトール
シャイニーロック
アンドヴァラナウト
セッション
アルナシーム
フリームファクシ

【キャプテン渡辺】
注目馬
セルバーグ
コレペティトール

【天童なこ】
◎④トゥードジボン
○⑰フリームファクシ
▲⑭アルナシーム
☆①メイショウシンタケ
△⑨セルバーグ
△⑪セッション
△⑬マテンロウオリオン
△⑮ドーブネ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑱アヴェラーレ

【横山ルリカ】
◎⑭アルナシーム

【田中裕二(爆笑問題)】
◎①メイショウシンタケ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎①メイショウシンタケ

【米田元気】
◎①メイショウシンタケ

【小塚歩】
◎⑰フリームファクシ

【中野雷太】
◎⑨セルバーグ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【レーティングとモノサシで考える重賞予想】京都金杯2024 減点少なくバランス良い本命馬はコレ! 2024年1月5日(金) 18:00


今年最初の重賞、1/6に西日本エリアで開催されるのはスポーツニッポン賞京都金杯。JRAのレーティング(公式格付)をベースとし、これにいくつかモノサシを組み合わせ出走各馬の真の力関係を解き明かしていく。まずはベースのモノサシ、JRAレーティングの比較から入ろう(数値は12ヶ月以内のものを採用)。

113 フリームファクシ
112 ドーブネ
111 シャイニーロック
110 マテンロウオリオン
109 セッションダノンタッチダウン
108 タイムトゥヘヴン
107 アヴェラーレコレペティトール
106 セルバーグメイショウシンタケ
105 アルナシームアンドヴァラナウトサヴァ
103 ルプリュフォール
102 ドルチェモア
98 ビューティフルデイ
(以下格付けなし)

京都金杯の例年の勝ち馬の基準は110前後。中山金杯同様、軽ハンデを利した穴馬が突っ込むケースは少なくないが、この予想はレーティング軸の予想では困難。中山同様「主力残し」で注意すべき108以上の7頭を中心におこなってみた。

第2のモノサシは道中のポジション。京都金杯が京都で行われた近5年3着以内15頭の、レースでの4角ポジションを調べてみると73.3%の11頭が7番手以内だった。中山同様ある程度の先行力が必要なレースなので上位馬7頭の直近3レースの4角ポジションを比較してみた。以下はその平均番手である。(4角通過順位が上位の馬から列記)

ドーブネ…2番手  セッション…6番手 フリームファクシ…8番手 シャイニーロック…8.33番手 マテンロウオリオン…10番手 タイムトゥヘヴン…10番手 ダノンタッチダウン…11番手

第2のモノサシ比較で明らかになったのはレーティング数値上有力な6頭がドーブネを除き、こぞって道中ポジションを確保しにくい脚質であること。更に4角平均通過順位は2番手と優秀なドーブネも今回斤量58.5kgとこれまでで最高斤量。この段階で荒れる匂いしかしない感じだ。

第3のモノサシは昨年11月に行われた、キャピタルステークスのレース結果。ここにはレーティング上位のドーブネセッションタイムトゥヘヴンが出走していたが、その着順と走破時計、斤量はそれぞれドーブネ→1.33.3 1着 57kg、セッション→1.33.8 4着 56kg、タイムトゥヘヴン→1.33.8 5着 57kg であった。
今回3頭の斤量はドーブネ→58.5kg、セッション→55kg、タイムトゥヘヴン→57kgだが、キャピタルステークスの着順、着差および今回の斤量差を考慮すると、セッションドーブネタイムトゥヘヴンという力関係の構図が予測され、タイムトゥヘヴンは割り引く必要がありそうだ。

第4のモノサシは単純に芝1600mの持ち時計比較。京都金杯が京都で開催された過去のレース結果を見る限り時計は極端に速くないが、昨秋以降の中央競馬の重賞の勝ち時計は高気温による芝の状態の影響か、従来と比べて速い傾向が強く、ここも速い持ち時計は邪魔にはならないはずなのでこの指標を持ち出してみた。結果は以下の通り。(時計は全場芝1600mの持ち時計で速い順に全馬から上位を列挙)

1位…シャイニーロック(1.31.6) 2位…マテンロウオリオンメイショウシンタケ(1.31.7) 4位…セッション(1.31.9) 5位…アヴェラーレトゥードジボン(1.32.0)

諸々の比較から本命◎はセッション。前に行ける上、斤量が有利、更に持ち時計も優秀と、バランスが非常に良い。対抗◯は難しいが穴狙いでマテンロウオリオンを抜擢し、▲には58.5kgを克服した場合のドーブネ

【モノサシ比較による注目馬】
セッション ◯マテンロウオリオン ▲ドーブネ

モノサシの正誤判定は1/6(土)だ。 


(文:のら~り)

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンドヴァラナウトの関連コラム

閲覧 1,888ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



11月13日(日)阪神11R 第47回エリザベス女王杯(3歳以上G1・牝・芝2200m)

【登録頭数:23頭】(フルゲート:18頭)


<前走:秋華賞出走馬>(中3週)

スタニングローズ(1着、488kg(±0kg))<C>
この中間も坂路での調整。走りやすそうな馬場で行われた1週前追い切りでは、硬さが見られ前走時ほどの迫力がなく、上積みまではどうか。

ナミュール(2着、446kg(+20kg))<A>
前走は+20キロと馬体が増えていて、坂路での動きもやや重かった。この中間も坂路で追い切られているが、1週前追い切りでは迫力満点で力強く坂路を駆け上がる姿をアピール。前走からの上積みはかなり大きい。

ライラック(10着、432kg(-2kg))<B>
休み明け3戦目で今回も輸送が控えるが、この中間も長めから3本好タイムを計時、1週前には強めに追われて好時計をマークした。小柄な馬でこれだけ追えているだけでも、出来が良い証。




<前走:府中牝馬S出走馬>(中3週)

イズジョーノキセキ(1着、466kg(+6kg))<A>【優先出走馬】
追い切りではやや重さが残る動きだった前走を勝利。この中間、1週前追い切りでは初コンビを組むルメール騎手が騎乗して追われることはなかったが騎乗で追われたが、持ったままで楽に先着と出来は前走以上。

アンドヴァラナウト(3着、448kg(+14kg))<C>
馬体重の増減が大きい馬で、前走+14キロも馬体が戻っただけで、パドックではトモが寂しく細く映った。この中間は、1週前追い切りはCWで強めに追われて好時計をマークしている。ただ、日曜日の坂路での追い切りがいつもよりも軽めになっているあたりからすると、ちょっと強くやり過ぎたか。

クリノプレミアム(8着、496kg(+12kg))<C>
1週前は単走で動きは悪くなかったが、ここ2戦と比べると追い切りの時計が控えめ。あまり経験のない関西への輸送があるので、いつも通りではない点がマイナスになりそう。

アカイイト(10着、528kg(+16kg))<E>
昨年の勝ち馬で府中牝馬Sからのローテーションも一緒。相当大柄な馬で、昨年も今年も府中牝馬Sではかなり太く余裕がある馬体だった。昨年と違う点は、前走後の追い切り内容。府中牝馬S後に坂路でビシビシと強めに追われて好時計を連発していた昨年に対し、今年は馬なりでの調整のみとなっている。時計も平凡な内容のみで、明らかに昨年とは調整過程が異なっている。

ローザノワール(15着、476kg(+2kg))<C>
もともと追い切りでは速い時計の出る馬だが、1週前追い切りでは坂路で一杯に追われて好時計。ただ動きのほうに目を向けると、スピードが勝ったタイプとの印象はぬぐえず、初距離の2200mは長い感じがする。




<前走:オールカマー出走馬>(中6週)

ジェラルディーナ(1着、464kg(+6kg))<B>
この中間もCWで好時計が出ていて出来は変わりなく良さそう。ただ首が高めの走りで時計ほど終いの伸びはない感じ。

ウインキートス(3着、476kg(+2kg))<D>
昨年と同じオールカマーからの参戦も、1週前追い切りではいつもは使わないPコースでの追い切り。ここにきて、いつもと違う調整過程での仕上げはプラスにならない。

デアリングタクト(6着、484kg(+4kg))<A>
休み明けの前走時は単走での調整ばかりだったが、この中間は1週前に3頭併せで追い切られ、終い抜かせない勝負根性を示して良い動きを披露していた。前走を叩いての上積みが感じられる。




<前走:クイーンS出走馬>(3ヶ月半)

テルツェット(1着、436kg(+4kg))<C>
昨年同様クイーンSを勝っての参戦。1週前追い切りでは南Wで併せ馬で追われたが、終い伸びきれておらず、物足りない動きに感じられた。

ルビーカサブランカ(4着、474kg(-2kg))<D>
追い切りでは好時計が出て、併せ馬で先着することも多い馬だが、この中間は併せ馬での遅れが多い。1週前追い切りでも、軽量の見習い騎手が騎乗しているにもかかわらず、動きが重くモタモタした感じで、良い時の状態にはなさそう。




<前走:その他のレース出走馬>

ウインマリリン札幌記念:3着、488kg(+12kg)3ヶ月)<B>
札幌記念からの参戦で、この中間はかなり乗り込まれている。時計も優秀で出来は良さそう。ただ、関西圏での競馬は実績がなく割引。

フィオリキアリ札幌記念:8着、458kg(+8kg)3ヶ月)<D>【除外対象馬】
除外対象で、間隔が空いている割に乗り込み量が少なすぎる。

ウインマイティー京都大賞典:3着、486kg(+2kg)中4週)<B>
この中間もDPコースでいつも通りの調整。叩き2戦目での上積みも期待できそう。

ピンハイ(西宮S:1着、414kg(+12kg)中3週)<C>
前走では馬体が増えていたがそれでも小柄な馬で、この中間も坂路での時計は物足りない。上積みはあまり期待できそうにない。

マジカルラグーン(ヨークシャーオークス:5着、3ヶ月)<C>【外国馬】
外国馬でこの中間は速い時計は出していない。最終追い切りを芝コースで追われ、そこで良い動きを見せてくるようなら押さえたいところだが。

ホウオウエミーズ(新潟牝馬S:1着、448kg(±0kg)中2週)<A>
関東馬で、南Wコースで追われた1週前には、大外を手応え抜群に通って、併走相手を楽に突き放してみせた。前走勝ちの勢いそのままに、ここも出来良く迎えられそう。

ソフトフルート(新潟牝馬S:7着、502kg(+18kg)中2週)<D>【除外対象馬】
前走時馬体が大きく増えていた割に、この中間は金曜に馬なりでの追い切り1本。上積みは感じられない。

シャムロックヒル(新潟牝馬S:9着、510kg(+4kg)中2週)<C>【除外対象馬】
休み明け2戦目で、1週前追い切りでは好時計マークも、追われてからの反応がまだ鈍い。

サンテローズ(関ケ原S:1着、510kg(+10kg)中5週)<B>【除外対象馬】
この中間も坂路で好時計。速い時計を出す厩舎だが、動きも力強く出来は引き続き良さそう。

コトブキテティスアルゼンチン共和国杯:12着、444kg(±0kg)連闘)<D>【除外対象馬】
先週出走で、パドックでは好馬体を見せていた。ただ軽ハンデであの結果では、ここに入っても厳しい。



※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ナミュールイズジョーノキセキデアリングタクトホウオウエミーズの4頭をあげておきます。



◇今回は、エリザベス女王杯編でした。
エリザベス女王杯過去10年の連対馬を、ローテーションから見てみると最も間隔が空いていた馬が2020年勝ち馬のラッキーライラックで3ヶ月。その他の馬たちは、中6週以内にレースを使われていて、古馬は府中牝馬S勢が中心(10頭)、オールカマーが3頭の状況。3歳馬に関しては、秋華賞経由がほとんどで5頭、鳴滝特別からが1頭という結果になっていました。春からの休み明けで使ってくる馬が多くいる天皇賞(秋)秋華賞とは違い、前哨戦を一度使われて本番に臨んでくる馬が多い菊花賞に似た感じの傾向があるレースという印象です。
調教に関しては、連対馬20頭のうち、1週前に強めに追われていた馬は11頭、馬なりでの調整は9頭。そして最終追い切りに関しては、強めに追われていた馬が6頭、馬なりでの調整が14頭という内訳に。さらに過去10年の勝ち馬のみに絞って見てみると、1週前に強めに追われていた馬5頭、馬なり5頭、最終追い切りを強めに追われていた馬2頭、馬なり8頭となっています。
この結果から見えてくる、勝ち馬に向いている理想的な調整は、1週前に強めに追われて直前は馬なりで余裕を持たせた内容、ということになりそうです。なお、過去10年の勝ち馬の中で、最終追い切りで強めに追われていたクイーンズリングアカイイトに関しては、1週前、最終追い切りともに前走時から時計がガラリと良化し、明らかに変わり身が感じられるデキとなっていました。直前で強めに追われてきている馬に関しては、前走時の調教内容を上回っていることが条件となりそうです。
そして今年は、海外調教馬が1頭出走予定ですので、過去の外国馬の調教内容に関しても少し触れておきます。調べてみるとこのレースを連覇したスノーフェアリーは、2年連続京都の芝コースで追い切られていました。ダートコースで追い切られていたその他の外国馬は見せ場なく敗れていますので、外国馬に関してはレースと同コースで好内容の調教が行われていた場合に好走可能性ありとみて良いのかもしれません。
最後に今年の出走予定馬を見てみても、過去10年同様に秋華賞、府中牝馬S、オールカマーといった前哨戦を使われて本番に臨む馬が半分以上を占めており、上記ローテーション・データに当てはまる馬の好走が期待できそうです。予想の参考の一つにしていただければと思います。

👑今年のエリザベス女王杯は、競馬を最後まで愛されていたエリザベス女王陛下も日本の空の上から楽しんで頂ける、そんなレースになるのではないかと思っています。



エリザベス女王杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

アンドヴァラナウトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 2

2024年01月06日 京都 11R スポニチ賞京都金杯(G3)
◎:5枠 10番 アンドヴァラナウト
◯:8枠 17番 フリームファクシ
△:6枠 11番 セッション
△:7枠 14番 アルナシーム
△:8枠 18番 アヴェラーレ


年明け京都は以前は内枠、先行馬有利が定説でしたが、改修後もそのままのお傾向が続く結果となりました。優勝したコンペティトールは直線で前が開くと、岩田康騎手が迷わずインを選択。これが見事に決まりました。馬体も良いときのものに戻ってきており、今年の活躍に期待です。

 2着は先行して粘ったセッション。ヤネの坂井瑠星騎手との相性も抜群で、次走も継続騎乗なら要注意です。

 3着は3連勝で重賞初制覇を狙ったトゥードジボン。最後に伸び切れなかったのは重賞の壁か。次走が試金石になりそうです。

 所長◎のアンドヴァラナウトは、故障も原因でしょうが、今回はヤネとの息が合いませんでした。

 DEEB 2024年1月6日() 17:09
恥ずかしい馬予想2024.01.06[結果]
閲覧 75ビュー コメント 0 ナイス 5

中山 9R 迎春ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 ダニーデン…6着
○ 2 ジオフロント…2着
▲ 7 サンセットクラウド…3着
[結果:ハズレ×]

中山10R ジュニアカップ (L) 3歳オープン(国際)(特指)
◎ 4 チャンネルトンネル…2着
○ 1 キャプテンシー…1着
▲ 3 ポッドテオ…3着
[結果:アタリ◎ 馬連 1-4 2,520円、ワイド 1-4 880円、3連単 1→4→3 13,920円]

中山11R 日刊スポーツ賞中山金杯 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 3 ★リカンカブール…1着
○10 マテンロウレオ…7着
▲ 7 ククナ…2着
△ 8 ボーンディスウェイ…4着
× 4 エピファニー…11着
× 9 ☆サクラトゥジュール…12着
☆ 5 マイネルファンロン…10着
[結果:アタリ○ 馬連 3-7 4,820円、ワイド 3-7 1,450円]

京都 9R 門松ステークス 4歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 モズリッキー…1着
○ 8 シアージスト…6着
▲ 5 フォーチュンテラー…3着
△12 ブレーヴジャッカル…12着
[結果:ハズレ×]

京都10R 万葉ステークス 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 8 プリュムドール…6着
○13 ウインルーティン…2着
▲10 ディナースタ…8着
△ 1 ビジン…11着
× 4 ☆メイショウブレゲ…1着
☆ 7 ワンダフルタウン…5着
☆ 9 ジャンカズマ…4着
[結果:アタリ△ 複勝 4 210円、ワイド 4-13 560円]

京都11R スポーツニッポン賞京都金杯 GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎14 アルナシーム…11着
○17 フリームファクシ…5着
▲15 ドーブネ…14着
△10 アンドヴァラナウト…10着
×11 セッション…2着
×13 ☆マテンロウオリオン…16着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:6戦2勝2敗2分]
万馬券が1本取れました。
東の金杯で乾杯できました。
幸先の良すぎるスタートです。

[もっと見る]

 赤萬坊 2024年1月6日() 10:27
中山金杯 & 京都金杯 おおざっぱ予想
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 2

【中山金杯】
◎リカンカブール
◯エピファニー
▲ マテンロウレオ
△ ボーンディスウェイ
△ マイネルクリソーラ

単勝3
馬連BOX→3.4.8.10.15
三連複BOX→3.4.8.10.15

【京都金杯】
◎セッション
◯アルナシーム
▲ アンドヴァラナウト
△ コレペティトール
△ アヴェラーレ

単勝11
馬連BOX→2.10.11.14.18
三連複BOX→2.10.11.14.18

2024年最初の予想日記です
新年明けまして…と言いたいところですが
元旦から震災や航空機事故など痛ましい現実が起き
残念ながら命の失った方々のご冥福と、怪我や避難所生活を余儀なくされている方々の1日も早い回復・復興と平穏な生活に戻れますよう深くお祈り申し上げます

神戸市済みなので震災の恐さは重々承知
日々普通に生活できる事がどれだけ幸せな事かと
改めて痛感しています

変わらず競馬を嗜める環境に感謝しつつ
皆々様のご健康と平和な日々になります事を願います

本年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m

[もっと見る]

⇒もっと見る

アンドヴァラナウトの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  YASUの小心馬券   フォロワー:34人 2024年1月5日(金) 21:42:01
京都金杯2024
2021年のローズS以降勝利から遠ざかっていて、ピークはやや過ぎた感もあるが、前走府中牝馬Sでの末脚はみどころを感じた。
6歳にして初めての京都、鞍上武豊で新味発揮すれば、まだ見限れない。

アンドヴァラナウトの写真

アンドヴァラナウトの厩舎情報 VIP

2024年1月6日スポニチ賞京都金杯 G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アンドヴァラナウトの取材メモ VIP

2024年1月6日 スポニチ賞京都金杯 G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。