イズジョーノキセキ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2017年2月16日生
調教師石坂公一(栗東)
馬主泉 一郎
生産者沖田 哲夫
生産地新ひだか町
戦績 8戦[1-2-0-5]
総賞金2,736万円
収得賞金400万円
英字表記Izu Jo no Kiseki
血統 エピファネイア
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
キングダンサー
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
メインタイトル
兄弟 アイスブラストスガノブリランテ
前走 2020/07/12 3歳以上1勝クラス
次走予定

イズジョーノキセキの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/07/12 阪神 8 3歳以上1勝クラス 芝1800 9551.612** 牝3 52.0 川田将雅石坂公一434(-6)1.48.2 0.035.8ターキッシュパレス
20/05/16 京都 9 あずさ賞 1勝クラス 芝2000 10552.114** 牝3 54.0 坂井瑠星石坂公一440(-2)2.04.0 0.235.7④⑤⑤ソニックベガ
20/04/12 阪神 9 忘れな草賞 (L) 芝2000 10784.922** 牝3 54.0 岩田康誠石坂公一442(+2)2.03.8 0.234.8⑤⑥⑥⑤ウインマイティー
20/03/07 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 1469107.1104** 牝3 54.0 岩田康誠石坂公一440(0)1.33.6 0.333.1⑬⑬マルターズディオサ
19/11/17 東京 9 赤松賞 1勝クラス 芝1600 12334.425** 牝2 54.0 岩田康誠石坂公一440(-8)1.34.6 0.234.1シャインガーネット
19/09/29 中山 9 サフラン賞 1勝クラス 芝1600 9668.755** 牝2 54.0 岩田康誠石坂公一448(+14)1.34.7 0.434.3⑥⑤④マルターズディオサ
19/09/08 阪神 2 2歳未勝利 芝1600 1281230.961** 牝2 54.0 岩田康誠石坂公一434(-2)1.33.8 -0.333.4⑨⑧マドルガーダ
19/06/30 中京 5 2歳新馬 芝1600 116645.996** 牝2 53☆ 森裕太朗石坂公一436(--)1.38.0 0.835.2⑦⑦⑨ヤマニンエルモサ

イズジョーノキセキの関連ニュース

 ★オークス(5月24日、東京、GI、芝2400メートル)に出走予定のミヤマザクラ(栗・藤原英、牝)は武豊騎手、僚馬リリーピュアハート(牝)は福永騎手とのコンビが決まった。僚馬でNHKマイルC(5月10日、東京、GI、芝1600メートル)に登録しているストーンリッジ(牡)は、松田騎手との新コンビで臨む。

 ★忘れな草賞2着イズジョーノキセキ(栗・石坂公、牝)は、オークスに直行する。

 ★毎日杯2着アルジャンナ(栗・池江、牡)は、日本ダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)を目標に調整している。

 ★サンスポ賞フローラS7着レッドルレーヴ(美・藤沢和、牝)は白百合S(5月31日、京都、L、芝1800メートル)を視野に。僚馬オーロラフラッシュ(牝)は登録のあるスイートピーSを見送り、NHKマイルCへ。

 ★26日東京の1勝クラス(ダ1600メートル)を勝ったフルデプスリーダー(美・斎藤誠、牡)は、引き続きM・デムーロ騎手とのコンビで青竜S(5月17日、東京、OP、ダ1600メートル)を予定。

 

【忘れな草賞】ウインマイティーが馬群割り抜け出す 2020年4月12日() 14:39

 4月12日の阪神9R・忘れな草賞(リステッド、3歳オープン、芝2000メートル、牝馬限定、10頭立て)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気ウインマイティー(牝3歳、栗東・五十嵐忠男厩舎)が中団追走から直線は内から3頭目を馬群を割って抜け出し完勝。タイムは2分3秒6(稍重)。

 1馬身差の2着には外めを追い込んだイズジョーノキセキ(2番人気)、さらにクビ差遅れた3着に2着馬の内から伸びたリリーピュアハート(1番人気)。

 忘れな草を勝ったウインマイティーは、父ゴールドシップ、母アオバコリン、母の父カコイーシーズという血統。通算成績は6戦3勝。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 ウインマイティー)「具合が良かったし、この馬場も上手で流れも良かった。直線でも手応えがあったので、あとはスペースがあくのを待つだけでした。いい瞬発力がありますね」

 次走予定はオークス(5月24日、東京、GI、芝2400メートル)。



★12日阪神9R「忘れな草賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【桜花賞】特別登録馬 2020年3月31日(火) 17:30

[もっと見る]

【3歳次走報】サトノフラッグ、皐月賞へ 2020年3月11日(水) 05:00

 ★弥生賞ディープインパクト記念を制したサトノフラッグ(美・国枝、牡)は皐月賞(4月19日、中山、GI、芝2000メートル)へ。鞍上は未定。僚馬でジュニアC勝ちのサクセッション(牡)はルメール騎手でスプリングS(22日、中山、GII、芝1800メートル)へ。

 ★チューリップ賞を勝ったマルターズディオサ(美・手塚、牝)は、栗東トレセンで調整されて桜花賞(4月12日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。3着レシステンシア(栗・松下、牝)も同レースへ。4着イズジョーノキセキ(栗・石坂公、牝)は桜花賞に登録し、除外なら忘れな草賞(4月12日、阪神、L、芝2000メートル)に向かう。6着ウーマンズハート(栗・西浦、牝)も桜花賞に駒を進める。

 ★昇竜Sを制したテイエムサウスダン(栗・飯田雄、牡)は端午S(5月3日、京都、OP、ダ1400メートル)に進む。3着サダムスキャット(栗・中尾、牝)、7着ファシネートゼット(栗・平田、牝)も同レースへ。

 ★2月23日東京の1勝クラス(芝1600メートル)を勝ったオーロラフラッシュ(美・藤沢和、牝)はニュージーランドT(4月11日、中山、GII、芝1600メートル)に向かう。

 ★1月13日中山の未勝利戦(芝2000メートル)勝ちのレッドルレーヴ(美・藤沢和、牝)、若竹賞5着ウインマリリン(美・手塚、牝)はミモザ賞(29日、中山、1勝クラス、芝2000メートル)へ。

 ★8日中山の新馬戦(ダ1200メートル)を勝ったコーリングローリー(美・小野、牡)は29日中山の1勝クラス(ダ1200メートル)へ。

[もっと見る]

【チューリップ】レースを終えて…関係者談話 2020年3月8日() 05:04

 ◆岩田康騎手(イズジョーノキセキ4着)「前半リラックスしてくれたし、最後も脚を使った。力はある」

 ◆幸騎手(スマートリアン5着)「ゲートをうまく出せずポジションが悪くなった。最後はきているだけに、もったいなかった」

 ◆藤岡康騎手(ウーマンズハート6着)「少しタメを利かせて控えるオーダー。道中のリズムは良かったけど、追い出してから脚いろが一緒になった」

 ◆石橋脩騎手(チェーンオブラブ9着)「雰囲気は良かったし、タメも利いていた。でも伸びなかった」

 ◆坂井騎手(メデタシメデタシ10着)「ペースが流れてほしかった」



★7日阪神11R「チューリップ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【斬って捨てる!】チューリップ賞2020 前走1秒以上敗退馬の巻き返しは見込み薄!社台グループ生産馬の連対は人気サイドのみ! 2020年3月7日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、チューリップ賞の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走で芝マイル重賞に出走していた馬を除くと、前走3着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

メデタシメデタシ
スマートリアン
モズアーントモー
イズジョーノキセキ

オープンクラスで2着以内の経験がある馬を除くと、前走5着以下敗退馬の連対例はみられない(2009年以降)

モズアーントモー
イズジョーノキセキ
シャンドフルール
フルートフルデイズ

前走9着以下敗退馬の好走例はゼロ(2009年以降)

モズアーントモー

前走1秒0以上敗退馬の好走例は皆無(2009年以降)

メデタシメデタシ
スマートリアン
ウーマンズハート
モズアーントモー
フルートフルデイズ

【人気】
8番人気以下の美浦所属馬の好走例はゼロ(2009年以降)
※10時00分現在の8番人気以下の美浦所属馬

ピーエムピンコ

10番人気以下の連対例はみられない(2009年以降)
※10時00分現在の10番人気以下

メデタシメデタシ
スマートリアン
モズアーントモー
イズジョーノキセキ
フルートフルデイズ

【脚質】
前走の初角通過順が1番手だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

メデタシメデタシ
レシステンシア
スマイルカナ

【枠順】
2枠の連対例はなし(阪神競馬場リニューアルの2007年以降)

メデタシメデタシ

5番人気以下、かつ8枠馬の連対例はゼロ(2007年以降)
※10時00分現在の5番人気以下、かつ8枠の馬

マルターズディオサ
ピーエムピンコ

馬番枠6番の連対例は皆無(2007年以降)

ショウリュウハル

【血統】
5番人気以下、かつ社台グループ生産馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※10時00分現在の5番人気以下、かつ社台グループ生産馬

メデタシメデタシ
ショウリュウハル
ピーエムピンコ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
クラヴァシュドール
チェーンオブラブ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

イズジョーノキセキの関連コラム

閲覧 2,679ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2020年5月16日()の凄馬!>
極凄馬
新潟2R 3歳未勝利
ゼツエイ(+4.9)

極凄馬
東京7R 3歳500万以下
アオイクレアトール(+4.6)

超凄馬
京都9R あずさ賞
イズジョーノキセキ(+3.2)

超凄馬
新潟6R 3歳未勝利
レオハイセンス(+2.9)

超凄馬
京都5R 3歳未勝利
ヴィクトリーレーン(+2.9)

超凄馬
新潟12R 赤倉特別
コーカス(+2.8)

超凄馬
新潟1R 3歳未勝利
ヴェルテックス(+2.7)

超凄馬
東京1R 3歳未勝利
デルマクリスタル(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2020年5月17日、集計数:38,234レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は、ウマニティ会員登録(無料) することで受信できます。
凄馬メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<凄馬メール受信設定の仕方>
こちら から、ウマニティ会員登録を行ってください。
仮登録メール受信→確認リンク押下→登録完了メール受信、の手順で会員登録は完了です。
②ウマニティにログインし、各種メール設定 より、凄馬メール受信をオンに設定する。

日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!


登録済みの方はこちらからログイン

2020年4月9日(木) 14:15 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020桜花賞 
閲覧 1,622ビュー コメント 0 ナイス 7



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月12日(日)阪神11R 第80回桜花賞(3歳牝馬G1、芝1600m)

【登録頭数:23頭】(フルゲート:18頭)

【以下、8頭は優先出走馬】

インターミッション(C)中3週
早めに栗東へ移動しての調整。1週前はCWを馬なりで併せて時計もしっかり出ていて、好調はキープできている感じ。ただかなり小柄な馬なので、これ以上馬体は減らしたくないはずで、馬体の維持が優先になりそう。

エーポス(C)中3週
前走から中3週で、1週前の金曜には速い時計を出し、終いもしっかりと伸びて好内容をアピール。ただ、使われる毎に馬体が減っていて前走時のパドックを見てもトモの筋肉が寂しく映り、この馬もこれ以上馬体を減らしたくない感じ。

クラヴァシュドール(B)中4週
前走時は乗り込み豊富だったが、すべて馬なりでの調整だったにもかかわらず当日は馬体減で出てきていた。パドックでこれまでで最もうるさかったあたりが影響したものかもしれない。この中間は1週前にCWを併せ馬で強めに追われて好時計と、調整は順調。ただここ2戦で見せているそのうるさい面が課題。当日落ち着いて周回できているかどうかが鍵になるか。

ナイントゥファイブ(C)中3週
休み明けの前走を使われての叩き2戦目。間隔が詰まっているので、1週前は坂路で軽めの調整。パドックではゴツゴツした感じに見えるが、坂路では速い時計の出る馬。これまでの調教内容を見ていると、短距離馬という印象が強い。

フィオリキアリ(D)中3週
関西馬だがほとんど関東でのレースに出走してきていて、前走も中山を使われている。馬体が大きく減ってパドックではかなりイレ込んでいた。この中間は、1週前に坂路で強めに追われているが時計は物足りない。今回は関西圏での競馬だが、前走で大きく馬体が減っていることから、最終追い切りを強めに追われたりすると当日のイレ込みが心配になってくる。

マルターズディオサ(A)中4週
前2走、阪神への輸送を経験していて、その2戦も特に大きく馬体が減ることもなくイレ込むこともなく、阪神でのレースは問題ない。前走時は馬体重の増減はなかったものの、まだ緩さのある馬体で本番へ向けての叩き台といった仕上げに見えた。この中間は、早めに栗東に移動しての調整で、1週前にはCWを長めから併せて好時計と前走以上の状態が期待できそう。

ヤマカツマーメイド(A)中3週
休み明けの前走時はしっかりと乗り込まれていて、パドックでも緩さはなく賞金的にもここに出走するために十分に仕上がって出てきていた印象。この中間も1週前、日曜と速い時計が出ていて、反動よりも上積みを期待できそうな調教内容で状態は良さそう。

レシステンシア(D)中4週
坂路で好時計の出る馬で、この中間は2週前に速い時計が出ていてこのあたりは順調そうだった。ただ、1週前追い切りがジョッキー騎乗で馬なりで追い切られたが、この馬にしてはかなり遅い時計だった。あまり見たことのない調整過程で何かあったのか、なかったとしても、プラスになるような調教内容ではないので、不安が残る。


【以下、15頭は収得賞金順】

サンクテュエール(B)3ヶ月
これまでは併せ馬での調教が多かった馬だが、この中間は1週前追い切りだけ併せ馬で追われて、それ以外は単走で速い時計と、ここで調教内容を変えてきた。1週前追い切りの動きを見ると、馬なりでもスパーリング相手に併せる感じの内容で、休み明けでも仕上がりはしっかりしている感じ。

ミヤマザクラ(A)中7週
前走のクイーンCでは、京都2歳S当時よりもパドックでかなり良い出来に見せた。この中間も、乗り込み量豊富、3週前から1週前まで好時計が並びと、引き続き状態は良さそう。

スマイルカナ(C)中4週
前走は初関西輸送で馬体が減ってしまった。小柄な馬なので、再度の阪神輸送は馬体重の関係であまりプラスにはなりそうもない。それでもこの中間は、1週前に南Wで強めに追われて好時計で先着とここまで順調な過程。2走前のようにパドックでイレ込むこともある馬なので、無観客競馬という点もこの馬には良い。

ウーマンズハート(B)中4週
休み明けの前走は、馬体も絞れて出来は良かったと思う。この中間もしっかり乗り込まれて、1週前には併せ馬で先着と変わり身も十分期待できそう。

リアアメリア(C)4ヶ月
阪神JFからの休み明けで、この中間は新馬戦時以来となる1週前追い切りでの併せ馬敢行。動きを見ると、終い伸びて先着も全体的に重さが残る。

マジックキャッスル(A)中7週
前走時も追い切りでは良い時計は出ていたが、この中間も1週前に強めに併せ馬で追い切られて好内容。内を回ったとはいえかなり速い時計で、併せ馬にならなかったくらい動いた。小柄な馬で阪神への輸送を考えても理想的な調教内容で、順調そう。

ケープコッド(E)中3週
この中間は芝コースで追い切られて速い時計は出ているが、短距離戦を使われてきた馬。だからこその、距離延長を意識しての調教内容の変更だとは思うが、これで距離がもつようになるということはなかなかない。

デアリングタクト(C)中8週
エルフィンSからの中8週。2週前、1週前と追い切られているが、時計が物足りない。ただ、1週前追い切りの動きを見ると、押さえたまま相手に併せる感じでそれほど悪くはないか。

ヒルノマリブ(D)3ヶ月
坂路では速い時計の出る馬だが、この中間はこの馬としては物足りない時計で久々のレースというのもマイナス材料。

チェーンオブラブ(C)中4週
この中間は早めに栗東に移動しての調整。1週前にはCWを単走で追われて、やや硬くは見えたものの動き自体は悪くなかった。

ウインマイティー(C)中5週
この中間は2週前、1週前と長めから好時計が出ていて順調そう。

ギルデッドミラー(C)中4週
1週前追い切りでは坂路で併せてしぶとく先着。もう少しスピード感がほしい感じ。

イズジョーノキセキ(D)中4週
1週前追い切りではCWで先着も、この馬としては時計面で物足りない。

カイトレッド(D)中3週
1週前追い切りはPコースでやや控えめな内容。単走で軽く仕掛けられるもそれほどの時計は出ておらず、輸送も考慮してといったところか。

ジェラペッシュ(B)中3週
1週前追い切りでは南Wを併せ馬で追い切られてなかなかの好時計。状態は良さそうだが。


◇今回は桜花賞編でした。
今週は桜花賞が行われますが、牝馬のレースとは相性が良く私の歴代の高額配当的中レースを見てみると牝馬4頭で決着した2018年雷光特別2009年フィリーズレビュー2011年オークスをはじめ、今年のクイーンC昨年の桜花賞など、予想以上に多いことに驚きます。
思えば乗馬をやっている時も牝馬に乗せてもらうことがかなり多かったように思います。牝馬というのは個性が強く、繊細なのでよく言われる通り「あたりが柔らかい人」に向いていて(他にもいろいろありますが)、力だけで何とかしようという人には乗りこなせません。たまたま自分の予想スタイルが牝馬のレースに向いていて、性格が牝馬に騎乗する時の感覚が合うタイプということでこのような結果になっているのだと思っていますが、データに気付かされた面白い側面です。ウマニティで予想をしていると、予想したレース数が多ければ多いほど、それぞれの向き・不向きなどデータに表れてくる部分があったりします。皆さんも、自分自身の予想データを分析して得意な分野を突き詰めていけば、競馬の予想がもっと楽しくなるのではないかと思います。

それでは次回、皐月賞編でお会いしましょう。



桜花賞出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年4月9日(木) 13:30 覆面ドクター・英
桜花賞・2020
閲覧 1,773ビュー コメント 0 ナイス 7



先週の大阪杯は、WIN5の4つ目まで的中で(4つ目まで1番人気4戦全敗だったので)高配当の期待が膨らむリーチのかかった状況で迎えました。WIN5の買い目はブラストワンピース1点だったのですが、スタート直後に前をカットされて流れに乗れず、後方から外々を回って直線も相変わらず末脚は切れないので、先行勢をつかまえられるはずもなく4つ止まり・・・・・・。
もうとっくに、牝馬の時代になっているんでしょうね。育成とか斤量差とか、フケもホルモン剤の注射でずらすことのできる時代となり、なかなか牡牝混合のG1で牝馬を軸にはしにくいのですがもうそれは古いんでしょうね。ウオッカのダービーも、指数的には頭をとれる存在だけど、本命は打てずに後悔したのですが、13年経っても牝馬に本命を打てない保守的?な自分にがっかりです。マイルまでなら、シンコウラブリイとかノースフライトとかニシノフラワーとか、本命を打てたんですが中距離以降はなかなか......。
いつもはプライベートが大変な時には、100万馬券など大きい馬券が当たる傾向にあったのですが、いつも以上に働かなくてはならない状況なのに今回は、今のところかすってもさっぱり当たらず(実馬券を買えていない香港競馬では、時折大きいの当たるんですが)。ここのところコロナの影響で東京から応援の出張医は来れない、非常勤医師も学校がなく子供のこともあり更なる時短シフトもしくは休んでもらうなどの異常事態で、腰痛はひどくなるわ、湿布を貼ると蕁麻疹が出るわ......。競馬が開催続行されているだけで幸せなのですが、いい加減これからなのでは(大きいの当たってくれるのでは)と期待しているところです。
今週も、兼務している看護学校長としての入学式業務を遂行し、バタバタではありますが、しっかり食べて寝不足にならず、余分に出歩かずに元気さを保って、この状況を乗り切っていきたいと思っています(入学式も、競馬の“無観客”みたいな特殊開催でした)。そして、桜花賞を当てて気分よく過ごしましょう。


<全頭診断>
1番人気想定 レシステンシア:阪神JFでの5馬身差圧勝からチューリップ賞は1番人気に推されたが、掛かり気味に逃げて3着と休み明けという部分を加味しても微妙な内容に終わった。能力は高いが流れ次第か。先々は1200m~1400mなのだろうが、栗東坂路で武豊騎手が騎乗して49秒台の猛時計と脚力あり。武豊騎手への乗り替わりで、あえて競りかけてくる騎手は不在とみられ、阪神JF再現の圧勝もあるか。

2番人気想定 リアアメリア:新馬戦を8馬身差の圧勝、2戦目のG3アルテミスSも差は小さくとも単勝1.3倍の断然人気に応える重賞勝ち。2戦2勝で臨んだ3戦目、ここも1番人気の支持を集めた阪神JFだったが、後方から差を詰めるも6着と冴えず、気性的に難しい感じを垣間見せた。能力は高いのだろうが、もまれて激しい競馬になりやすい桜花賞向きではないか。普段は安定感のある川田騎手も、G1では案外なことが多い。

3番人気想定 デアリングタクト:新馬勝ちで臨んだエルフィンSは4馬身差の楽勝で、着差もすごいが松山騎手が「着差以上に強い」とコメントしているように、ここまであまり大物を出していないエピファネイア産駒の代表産駒となりうる存在かもしれない。母母デアリングハートは、SS×ダンジグ牝馬でG1では好走止まりだったものの、重賞を複数勝っている(ちなみに、同馬は同門の先輩医師(今も馬産地で活躍されている)が社台RHで一口持っていて「いいなあ」と話していた馬。いつのまにかその孫の世代ですか……、時間が過ぎるの早いものだなあ^^;)。そして、地味ながら、今、日本で最も馬のポテンシャル以上に走らせている、松山騎手の力量込みで戴冠まであるのでは。

4番人気想定 サンクテュエール:新馬勝ち、アルテミスSではリアアメリアに完敗も、シンザン記念を勝ち、藤沢和厩舎でルメールが乗ってくれば人気になりそう。ただ、それなりにやれそうでも突き抜けた強さもないか。

5番人気想定 マルターズディオサ:新馬戦は逃げてウーマンズハートにつかまったが、未勝利戦、500万下と勝って、阪神JFも2着まで来た。さらにチューリップ賞では、阪神JFで負けたレシステンシアや競り合ったクラヴァシュドールも下して勝利。キズナ産駒らしくスタミナがあり、追って味があり、ここはもちろんのことオークスも当然楽しみ。思ったより人気にならなそうで、馬券的にも楽しみ。

6番人気想定 クラヴァシュドール:新馬勝ち後のサウジアラビアRCでは、後に朝日杯FS制覇を果たす強豪牡馬サリオスに敗れ、阪神JFでは3着、チューリップ賞ではハナ差2着と惜敗が続く。ただ実力はトップレベルと遜色なく、妙味たっぷり。

7番人気想定 ミヤマザクラ:ハワイ関連の命名の多い金子さんの馬らしからぬ和風馬名で地味に感じるが(実はハワイ関連なのかもしれないが)、藤原英厩舎だし、上にマウントロブソンポポカテペトルボスジラなどがいる良血ディープインパクト産駒。前走は底力を問われる東京マイルのクイーンCを勝っており、人気よりやれるタイプと思われる。

8番人気想定 マジックキャッスル:新馬勝ちの後は、500万下でマルターズディオサの2着、ファンタジーSではレシステンシアの2着、クイーンCはミヤマザクラの2着と、1勝止まりだが強い相手に毎回善戦しており、ここも通用する器の良血馬という印象。

9番人気想定 ヤマカツマーメイド:フィリーズRではエーポスの2着だったが、阪神JF5着時からの成長力はいまひとつな感じで、激走期待できず。

10番人気以下想定
ウーマンズハート:新潟2歳S勝ち後は期待されていた馬だが、阪神JFでは2番人気4着、チューリップ賞では3番人気6着と、どんどんトップとは差が開いてきている現況。能力というより気性面や、完成が先ということなのかもしれないが、ここで激走という感じではない。

エーポス:フィリーズRは5番人気ながら豪快に道中10番手から差し切ったが、この相手だと厳しそう。

スマイルカナ:フェアリーSを逃げ切ったが、ディープインパクト産駒にしては追って伸びるタイプではなく身体も410kg台と小柄。ここのところさっぱりの柴田大騎手も含め、厳しそう。

フィオリキアリキズナ産駒らしい末脚で、地味な前哨戦のアネモネSで2着とはいえ良い末脚を見せた。母系の印象から1400m~1600mばかり使っているがもっと距離が延びての馬か。

チェーンオブラブチューリップ賞で6番人気9着とトップレベルとは差がありそう。

インターミッション:3戦2勝のディープインパクト産駒だが、使う毎に体重が減って前走アネモネS勝ちの際には400kgと使い減りするタイプ。調教で強く追えない状況で、能力は高いのかもしれないがここでは厳しいタイプ。

ナイントゥファイブ:フィリーズRで3着だが5戦使ってもそう上向く感じはなく、能力的に激走は厳しそう。

イズジョーノキセキチューリップ賞では4着まで来たが、1勝クラスでさえ勝ち切れないように能力が足りない。

ウインマイティー:中山1800mで2勝目をあげてきたように、ゴールドシップ×カコイーシーズの血統の通り、阪神マイルでの瞬発力比べ向きではないか。

ケープコッド:6戦3勝馬だが3勝全てを1200mであげていて、1400mのファンタジーSとフィリーズRをともに惨敗しており、さらに距離が延びるここは向かない。

ヒルノマリブ:前走の紅梅Sは松山騎手の好騎乗もあり勝ったが、オープン勝ちとはいえ1勝クラスでも負けていたように今回のメンバー相手ではきついのでは。


<まとめ>
有力:デアリングタクトレシステンシア

ヒモに:クラヴァシュドールマルターズディオサミヤマザクラリアアメリアマジックキャッスル

[もっと見る]

2019年9月13日(金) 12:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/7~9/8)はははふほほほプロが京成杯AH◎ジャンダルム、セントウルS◎ファンタジスト、日曜中山6R◎アルマスティングなど披露!
閲覧 765ビュー コメント 0 ナイス 4


 
7(土)、8(日)にそれぞれ行われたG3紫苑S、G3京成杯オータムハンデ、G2産経賞セントウルステークスほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
8(日)G3京成杯オータムハンデを「休み明けの前走は0秒5差6着。まだ結果は出ていないが復調気配が見えてきた。発馬を決めて先行~好位の競馬。今回も55kgで穴になるならこの馬」とのジャッジで◎ジャンダルム、勝負予想指定のG2産経賞セントウルステークスでは、「出遅れて後方をついて回った前走は、直線は脚を使ったが位置取りが悪すぎた。好位で流れに乗れれば勝ち負けする力はある」と評した◎ファンタジストで的中と好調予想を披露。他にも先週は、7(土)中山8R3歳以上1勝クラススズカユース、8(日)中山6R3歳以上1勝クラスアルマスティング、同阪神10Rムーンライトハンデキャップインビジブルレイズなど、随所にヒットを記録した先週は、トータル回収率122%、収支10万8850円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
先週は8(日)中山4R3歳以上1勝クラスでの◎△○的中42万500円払戻しマーク、さらには阪神12R3歳以上2勝クラスで◎○△的中22万4600円払戻しを披露!全予想家中トップの週末トータル回収率134%、収支16万5100円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
先週は8(日)中山9R習志野特別などの高精度予想を披露し、土日トータルで的中率54%、回収率132%を達成し、4週連続の週末プラスマークとなっています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
7(土)中山2R2歳未勝利ラファームソルティ、8(日)勝負予想指定の阪神6R3歳以上1勝クラスや、阪神9R瀬戸内海特別での的中などの予想を披露し、土日2日間トータル回収率129%を記録しています
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
8(日)の勝負予想阪神2R2歳未勝利では、◎イズジョーノキセキマドルガーダの本線的中を披露し計13万3580円払戻しのスマッシュヒット。阪神7R3歳以上1勝クラスの◎サマーセント単勝1点勝負的中を含め、週末トータル回収率128%の好成績を収めています。
 
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(124%←3週連続週末プラス)、岡村信将プロ(120%←2週連続週末プラス)、ジョアプロ(106%)、馬侑迦プロ(104%←5週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(103%←3週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(100%←3週連続週末プラス)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

イズジョーノキセキの口コミ


口コミ一覧

3連複軸馬の結果

 Mr.A- 2020年7月12日() 22:11

閲覧 88ビュー コメント 0 ナイス 6

阪神 1R 5 モントライゼ 1
阪神 5R 6 ヨーホーレイク 1
阪神 8R 5 イズジョーノキセキ 2
阪神 12R 14 サトノウィザード 3

福島 5R 11 ガトーバスク 8
福島 6R 1 ナムラアダーラ 10
福島 8R 6 ルヴェルソー 10
福島 10R 5 ダノンファスト 1

 DEEB 2020年7月12日() 18:35
恥ずかしい馬予想2020.07.12[結果]
閲覧 122ビュー コメント 0 ナイス 8

福島11R 七夕賞 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎14 オセアグレイト…12着
○11 ヒンドゥタイムズ…4着
▲13 ブラヴァス…2着
△ 3 クレッシェンドラヴ…1着
× 6 ジナンボー…9着
[結果:ハズレ×]

福島12R 彦星賞 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 3 ダンシングプリンス…1着
○11 メディクス…2着
▲ 9 コウギョウブライト…6着
△12 メールデゾレ…15着
×15 ☆イナズママンボ…3着
[結果:アタリ○ 複勝 15 290円、馬連 3-11 440円]

阪神 7R 3歳以上1勝クラス[指定]
◎12 オースミムテキ…1着
☆11 ハニエル…6着
[結果:ハズレ×]

阪神 8R 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 5 イズジョーノキセキ…2着
○ 7 ハギノベルエキプ…4着
× 3 ☆メイショウカクウン…6着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R タイランドカップ  3歳以上1勝クラス(特指)
◎ 4 ★ダンシングリッチー…1着
○ 9 タイセイモンストル…3着
▲ 8 ☆プレイリードリーム…8着
[結果:アタリ△ 単勝 4 390円、複勝 4 130円]

阪神10R フィリピントロフィー 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 ダノンスプレンダー…1着
×14 ☆キタサンタイドー…11着
[結果:ハズレ×]

阪神11R プロキオンステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎14 サクセスエナジー…10着
○ 9 スマートダンディー…7着
▲ 5 レッドルゼル…8着
△12 ☆トップウイナー…5着
× 4 ミッキーワイルド…13着
[結果:ハズレ×]

函館11R デルマーサラブレッドクラブ賞マリーンステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 9 リアンヴェリテ…13着
○14 ゴライアス…10着
▲ 7 ケイアイパープル…4着
× 8 ☆タイムフライヤー…1着
[結果:アタリ△ 複勝 8 190円]

今朝は、雨が降っていないですね。
朝飲みにでも出かけますか。

[今日の結果:8戦1勝5敗2分]
すっきりしない天気のような結果でした。

[もっと見る]

 正義の魂 2020年7月12日() 16:46
よし大逆転
閲覧 135ビュー コメント 0 ナイス 7

函館最終のウィズの複勝・
阪神最終のオールイズウェルの単勝で
今週の大きなマイナス分を、ほぼ取り戻し、
福島最終のワイド3-11で逆転した。

阪神8Rのイズジョーノキセキの単勝、あるいは
阪神メインのレッドルゼルの単勝等で、
大きなマイナスになっていたが、やはり
最後に頼れるべきは、世界最強の騎手・
川田将雅騎手であった。

世界最強の騎手は、プロキオンステークスでは、
失敗してしまったが、最終レースで
必ず名誉挽回する、信頼できる騎手である。

私がいろいろなPOGで指名した、
ヨーホーレイクも、勝ってくれたことであるし、
今週はとても良い週となった。

欲を言えば、福永騎手に、七夕賞を
勝ってもらい、全場重賞制覇を
果たして欲しかったが、
まあ良しとするか。

[もっと見る]

⇒もっと見る

イズジョーノキセキの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

イズジョーノキセキの写真

投稿写真はありません。

イズジョーノキセキの厩舎情報 VIP

2020年7月12日3歳以上1勝クラス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

イズジョーノキセキの取材メモ VIP

2020年7月12日 3歳以上1勝クラス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。