マリアエレーナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マリアエレーナ
マリアエレーナ
マリアエレーナ
写真一覧
現役 牝4 芦毛 2018年4月6日生
調教師吉田直弘(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者日高大洋牧場
生産地日高町
戦績16戦[5-4-2-5]
総賞金14,413万円
収得賞金6,350万円
英字表記Maria Elena
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
テンダリーヴォイス
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ミスアンコール
兄弟 チュラーダサンポーニャ
市場価格
前走 2022/10/30 天皇賞(秋) G1
次走予定

マリアエレーナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 151120.967** 牝4 56.0 松山弘平吉田直弘 426
(+2)
1.58.2 0.733.5④⑤⑦イクイノックス
22/08/14 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 16125.021** 牝4 54.0 松山弘平吉田直弘 424
(-2)
1.57.4 -0.834.6⑤④ヒンドゥタイムズ
22/06/19 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 166128.542** 牝4 55.0 坂井瑠星吉田直弘 426
(+2)
1.58.6 0.335.0⑤⑤⑤⑤ウインマイティー
22/02/13 阪神 11 京都記念 G2 芝2200 13227.658** 牝4 53.0 坂井瑠星吉田直弘 424
(+2)
2.12.4 0.534.8アフリカンゴールド
22/01/15 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 16247.032** 牝4 53.0 坂井瑠星吉田直弘 422
(0)
2.01.0 0.034.5ルビーカサブランカ
21/10/24 新潟 11 新潟牝馬S OP 芝2200 7332.611** 牝3 51.0 坂井瑠星吉田直弘 422
(+2)
2.15.3 -0.235.1④④④④ソフトフルート
21/09/18 中京 11 ケフェウスS OP 芝2000 13453.513** 牝3 48.0 酒井学吉田直弘 420
(+2)
2.01.4 0.234.0⑦⑦⑧⑧アラタ
21/07/18 小倉 9 高千穂特別 2勝クラス 芝2000 14333.311** 牝3 52.0 松山弘平吉田直弘 418
(+2)
1.58.9 -0.134.2ソニックベガ
21/06/12 中京 8 3歳以上1勝クラス 芝2000 7112.721** 牝3 52.0 松山弘平吉田直弘 416
(+4)
2.01.4 -0.033.3⑦⑦⑥⑤ホウオウプリンセス
21/05/16 中京 6 3歳1勝クラス 芝1600 8772.812** 牝3 54.0 川島信二吉田直弘 412
(+2)
1.37.2 0.133.0ナギサ
21/03/27 阪神 9 君子蘭賞 1勝クラス 芝1800 10895.143** 牝3 54.0 岩田康誠吉田直弘 410
(0)
1.47.7 0.133.7ニーナドレス
21/02/06 中京 10 エルフィンS (L) 芝1600 12677.244** 牝3 54.0 松山弘平吉田直弘 410
(-6)
1.36.1 0.133.5⑨⑨⑩サルファーコスモス
21/01/10 中京 11 シンザン記念 G3 芝1600 151138.6117** 牝3 54.0 川島信二吉田直弘 416
(+4)
1.34.1 0.834.6⑭⑬⑭ピクシーナイト
20/12/13 中京 6 2歳未勝利 芝1600 167145.211** 牝2 54.0 川島信二吉田直弘 412
(0)
1.34.7 -0.635.1⑬⑫⑪ミッキーハロー
20/10/24 京都 2 2歳未勝利 芝1600 128124.834** 牝2 54.0 松若風馬吉田直弘 412
(+6)
1.37.7 0.436.8⑤⑤ヴィジュネル
20/10/04 中京 5 2歳新馬 芝1600 1661224.082** 牝2 54.0 吉田隼人吉田直弘 406
(--)
1.36.2 0.034.7⑪⑪⑫レアシャンパーニュ

マリアエレーナの関連ニュース

◆藤岡佑騎手(ジャックドール4着)「前とかなり離れて難しい展開でしたが、直線は馬場のいいところに持ち出しました。上がり目があると思うので、また頑張りたいです」

◆C・デムーロ騎手(シャフリヤール5着)「いい位置で運べました。直線は休み明けのぶん、反応がジリジリだったが、使って次は良くなりそう」

◆菅原明騎手(カラテ6着)「2番手以下は思ったほどペースが流れず、自分が思い描いた位置取りではありませんでした」

◆松山騎手(マリアエレーナ7着)「最初のコーナーで不利はありましたが、立て直して最後まで一生懸命に走ってくれました」

◆M・デムーロ騎手(ユーバーレーベン8着)「周りが速くて後方からになったが、4コーナーで上がっていく感じは良かった」

◆福永騎手(ジオグリフ9着)「直線は前が開いていたが、頭を上げて割っていくことができませんでした」

◆マーカンド騎手(アブレイズ10着)「もう少し前の位置を取りたかったが、よく頑張っている」

◆岩田康騎手(ノースブリッジ11着)「少し強引に位置を取りましたが、力みなく運べました。これからの成長に期待です」

◆三浦騎手(カデナ12着)「後ろの混戦の中では差がなくゴールできました。馬場が少し渋ってくれれば良かったですが」

◆吉田隼騎手(ポタジェ13着)「一歩目をジャンプするように出て、うまくスピードに乗れませんでした。コーナー4つのコースの方が良さそうです」

◆横山和騎手(レッドガラン14着)「この馬なりに脚を使っていますが、上がりが速すぎました」

◆浜田師(バビット15着)「道中はリラックスしてスムーズに走っていました」

岩田康誠騎手が天皇賞・秋で斜行 開催2日間の騎乗停止でエ女王杯は騎乗できず 2022年10月30日() 17:58

岩田康誠騎手(48)=栗東・フリー=は、東京11R(天皇賞・秋)でノースブリッジに騎乗した際、2コーナーで内側に斜行。マリアエレーナの進路を狭くしたため、11月12、13日の開催2日間、騎乗停止となった。13日に阪神競馬場で行われるGIエリザベス女王杯では府中牝馬Sを制したイズジョーノキセキに騎乗する予定だったが、不可能となった。

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】天皇賞(秋)2022 徳光和夫さん、山本昌さんなど多士済々!競馬大好き芸能人・著名人がファイナルジャッジ! 2022年10月30日() 05:30


※当欄では天皇賞(秋)について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【徳光和夫】
3連複ボックス
マリアエレーナ
パンサラッサ
ダノンベルーガ
イクイノックス
ジャックドール
ユーバーレーベン
ワイド流し
⑦-②④⑥⑧⑩⑫⑬⑭

【山本昌(山本昌広・元プロ野球選手)】
◎⑧シャフリヤール
単勝

馬単
⑧→⑦イクイノックス
3連単フォーメーション
⑧→②⑩→①②③④⑥⑦⑨⑩
⑧→①②③④⑥⑦⑨⑩→②⑩

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑨ジャックドール
○⑦イクイノックス
▲③パンサラッサ
△⑤ダノンベルーガ
△⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎②カラテ
複勝


【キャプテン渡辺】
◎⑧シャフリヤール
馬単・馬連
⑧→⑦イクイノックス
3連単フォーメーション
⑦⑧→⑦⑧→⑤
⑧→⑦→④⑩

【DAIGO】
◎⑧シャフリヤール
ワイド
⑧-⑨
③-⑧

【林修】
注目馬
イクイノックス

【長岡一也】
◎⑦イクイノックス
○⑨ジャックドール
▲⑤ダノンベルーガ
△③パンサラッサ
△⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール
△⑩ノースブリッジ

【神部美咲】
◎⑧シャフリヤール
馬連
⑧-⑦イクイノックス
馬連流し
⑧-①④⑤⑥⑨

【原奈津子】
◎⑧シャフリヤール
○⑤ダノンベルーガ
▲⑥ジオグリフ

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑧シャフリヤール
3連単フォーメーション
⑧→⑤⑥⑦→①④⑤⑥⑦⑨
⑤⑥⑦→⑧→①④⑤⑥⑦⑨

【ギャロップ林】
◎⑩ノースブリッジ
単勝

馬連流し
⑩-①②③⑤⑥⑦⑧⑨
3連単2頭軸流しマルチ
⑩→⑤→①②③⑥⑦⑧⑨

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑨ジャックドール
3連単フォーメーション
⑨→①③⑦⑧→①②③④⑤⑥⑦⑧
①③⑦⑧→⑨→①②③④⑤⑥⑦⑧

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑨ジャックドール
馬単
⑨→⑧シャフリヤール
3連単
⑨→⑧→⑤
3連単1着軸流し
⑨→③⑤⑥⑦⑧

【浅越ゴエ】
◎⑦イクイノックス
3連単フォーメーション
⑦→⑤⑥⑧→①⑤⑥⑧⑩

【月亭八光】
◎⑧シャフリヤール
3連単フォーメーション
⑧→⑤⑦⑭→①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮
⑤⑦⑭→⑧→①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑥ジオグリフ
馬単
⑥→⑦イクイノックス
⑦→⑥
3連単フォーメーション
⑥⑦→⑤⑧⑨⑩→⑥⑦
⑤⑧⑨⑩→⑥⑦→⑥⑦
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑨ジャックドール
3連単フォーメーション
⑨→⑤→①②③④⑥⑦⑧⑩
⑨→①②③④⑥⑦⑧⑩→⑤

【下田真生(コウテイ)】
◎⑧シャフリヤール
3連単
⑧→①→⑥
⑧→⑦→⑤

【九条ジョー(コウテイ)】
◎③パンサラッサ
複勝


【篠原梨菜】
◎⑦イクイノックス

【杉本清】
◎⑦イクイノックス
○③パンサラッサ
▲⑨ジャックドール
☆⑧シャフリヤール
△⑥ジオグリフ
△⑩ノースブリッジ

【粗品(霜降り明星)】
◎⑨ジャックドール
馬連流し
⑨-③⑤⑥⑦⑧

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑩ノースブリッジ
ワイド流し
⑩-③④⑧⑨⑫
シャフリヤール-②③④⑨⑫

【船山陽司】
◎⑩ノースブリッジ

【皆藤愛子】
◎①マリアエレーナ

【高田秋】
◎⑧シャフリヤール

【小木茂光】
◎⑥ジオグリフ
3連単フォーメーション
⑥⑧⑨→①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩→⑥⑧⑨

【守永真彩】
◎⑦イクイノックス
3連複フォーメーション
⑦-⑧⑨-②③④⑤⑥⑧⑨

【田中裕二(爆笑問題)】
◎③パンサラッサ
○⑨ジャックドール
▲⑦イクイノックス
△⑧シャフリヤール
△⑥ジオグリフ
△②カラテ
△⑫バビット
3連単1頭軸流しマルチ
③→②⑥⑦⑧⑨⑫

【田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)】
◎⑤ダノンベルーガ

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑦イクイノックス
○⑧シャフリヤール
▲⑨ジャックドール
☆①マリアエレーナ
△②カラテ
△⑤ダノンベルーガ
△⑥ジオグリフ

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
マリアエレーナ
ジャックドール
ダノンベルーガ
イクイノックス
カラテ
ノースブリッジ

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑦イクイノックス
○⑧シャフリヤール
▲⑨ジャックドール
△⑤ダノンベルーガ
△⑩ノースブリッジ
△②カラテ
△⑥ジオグリフ

【橋本マナミ】
◎⑦イクイノックス
○⑥ジオグリフ
▲⑤ダノンベルーガ
☆⑧シャフリヤール
△①マリアエレーナ
△③パンサラッサ
△④ポタジェ
△⑨ジャックドール

【酒井一圭(純烈)】
◎⑦イクイノックス

【田中道子】
◎⑦イクイノックス

【黒澤ゆりか】
◎⑧シャフリヤール
○⑦イクイノックス
▲⑨ジャックドール
△③パンサラッサ
△④ポタジェ

【旭堂南鷹】
◎⑩ノースブリッジ
○⑨ジャックドール
▲⑧シャフリヤール
△③パンサラッサ
△⑤ダノンベルーガ

【やべきょうすけ】
◎⑦イクイノックス
○⑧シャフリヤール
▲⑥ジオグリフ
△③パンサラッサ
△④ポタジェ
△⑤ダノンベルーガ
△⑨ジャックドール

【稲富菜穂】
◎⑦イクイノックス
○⑨ジャックドール
▲⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール
△④ポタジェ
△⑤ダノンベルーガ
△①マリアエレーナ

【津田麻莉奈】
◎⑦イクイノックス

【土屋伸之(ナイツ)】
◎⑥ジオグリフ

【安田和博(デンジャラス)】
◎②カラテ
○⑨ジャックドール
▲⑦イクイノックス
△③パンサラッサ
△⑤ダノンベルーガ
△⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール

【駒場孝(ミルクボーイ)】
◎②カラテ

【内海崇(ミルクボーイ)】
◎⑧シャフリヤール

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑤ダノンベルーガ
○①マリアエレーナ
▲⑦イクイノックス
☆②カラテ
△⑥ジオグリフ
△⑧シャフリヤール
△⑨ジャックドール

【じゅんいちダビッドソン】
◎③パンサラッサ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑨ジャックドール
○⑦イクイノックス
▲④ポタジェ
△②カラテ
△③パンサラッサ
△⑤ダノンベルーガ
△⑧シャフリヤール

【中野雷太】
◎⑧シャフリヤール

【福原直英】
◎⑨ジャックドール

【清水久嗣】
◎⑧シャフリヤール

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤ダノンベルーガ

【大島麻衣】
◎⑨ジャックドール

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧シャフリヤール
○⑥ジオグリフ
▲⑨ジャックドール
△①マリアエレーナ
△④ポタジェ
△⑦イクイノックス
△②カラテ

【高見奈央】
◎⑨ジャックドール
○⑧シャフリヤール
▲⑦イクイノックス
△⑤ダノンベルーガ
△③パンサラッサ

【雪平莉左】
◎⑦イクイノックス

【西脇彩華】
◎⑨ジャックドール
○⑧シャフリヤール
▲⑦イクイノックス
△⑥ジオグリフ
☆③パンサラッサ
☆②カラテ

【ほのか】
◎⑧シャフリヤール
○⑦イクイノックス
▲④ポタジェ
☆⑨ジャックドール
△③パンサラッサ
△⑭ユーバーレーベン

【熊切あさ美】
◎⑨ジャックドール
○⑦イクイノックス
▲⑤ダノンベルーガ
☆③パンサラッサ
△①マリアエレーナ
△②カラテ

【天童なこ】
◎⑦イクイノックス
○⑥ジオグリフ
▲①マリアエレーナ
☆⑧シャフリヤール
△⑤ダノンベルーガ
△②カラテ
△⑨ジャックドール
△⑩ノースブリッジ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【天皇賞・秋】ZBAT!イチ推し 2022年10月30日() 04:46

❹枠⑥番ジオグリフ

さらなる高みを目指してビルドアップは完了。皐月賞ジオグリフは決戦前日、美浦北Cコースをハッキングで2周して調整を終えた。5カ月ぶりの実戦を前に、中間は坂路とWコースでコンスタントに併せ馬を重ねたが気負った様子はなく馬体の張りも目を引く。

「今回は少し調教のやり方も変えていろいろチャレンジさせてもらってますが、負担になっている様子はありません。夏を越して馬体も増えているけど、太いということもない。ざっくりした言い方になりますが〝いい〟ですよ」と木村調教師も仕上がりに満足げな口ぶり。トレーナー自ら「うちの厩舎のエース」と信頼を寄せるクラシックホースが、得意距離での年長馬撃破へ万全の構えだ。

❶枠①番マリアエレーナ

初めてGⅠに挑む4歳牝馬は、午後3時57分に到着。「前走は直線でラチ沿いをぶれずに走り、体幹の強さや松山騎手の技術を感じました。本当に強い馬は一気に強くなる。一流の馬になったと思います」と吉田調教師。

❷枠③番パンサラッサ

札幌記念2着の5歳牡馬は、午後3時48分に現地入りした。「(発馬後の)2、3歩目が遅いが、折り合いがつくようになってきたことと関係する。マイナスに捉えてはいない。自分の形で走ってほしい」と矢作調教師。

❸枠④番ポタジェ

大阪杯以来のGⅠ2勝目を狙って午後3時43分に決戦の地に入った。「宝塚記念は暑さもあってひと息のデキでした。(調教後馬体重も)予定通りです。ここを目標に調整をしてきて、いいと思います」と友道調教師。

❸枠⑤番ダノンベルーガ

美浦坂路をキャンターで1本駆け上がった(4ハロン65秒3)。フットワークは素軽い。「馬体に張りも出て、調教の量もちょうどいい形で終えられた。国内のGⅠではこの舞台が一番適性を感じます」と堀調教師。

❹枠⑦番イクイノックス

僚馬ジオグリフとそろって馬場入りし、北Cコースをハッキングで2周。馬体はすっきり仕上がる。「けさも両方の手前でバランス良く走れたし、懸念材料はありません。上昇曲線を描きつつ向かえます」と木村調教師。

❺枠⑧番シャフリヤール

GⅠ3勝目が懸かる昨年の日本ダービー馬は、午後4時8分に到着した。「馬体にも精神面にもたくましさを感じるあたり、海外のレースを経験したことが大きいと思う。状態も申し分ないよ」と藤原調教師。

❺枠⑨番ジャックドール

札幌記念Vで勢いに乗るモーリス産駒は、午後4時9分に東京競馬場に到着した。「何事もなく、順調にここまできた。当日の馬体重は輸送を考慮して510キロくらいになるんじゃないかと思う」と藤岡調教師。

[もっと見る]

【天皇賞・秋】前走後の談話 2022年10月30日() 04:45

マリアエレーナ「スタートをしっかり出てくれたし、取りたいポジションを取ることができた」(松山騎手=小倉記念1着)

カラテ「本当に素晴らしい走りをしてくれた。距離がもつのか不安だったが、もつと信じて乗った」(菅原明騎手=新潟記念1着)

パンサラッサ「ここのところは出脚、二の脚が遅くて行き切るまでに苦労してしまう」(吉田豊騎手=札幌記念2着)

ポタジェ「4コーナーの手応えが一番悪かったのが少し物足りない。違う条件の方がいいのかもしれない」(吉田隼騎手=毎日王冠6着)

ダノンベルーガ「リズム良く競馬ができて、直線もスペースができて、あとは伸び勝つだけだったのですが…」(川田騎手=日本ダービー4着)

ジオグリフ「距離はタメが利けばこなせると思うし、きょうの結果だけで結論づけるのは早いと思う」(福永騎手=日本ダービー7着)

イクイノックス「3、4コーナーもリズム良く、直線でドウデュースの外に出したときは勝つと思った」(ルメール騎手=日本ダービー2着)

シャフリヤール「ドバイのときとは馬が違った。道中のバランスが良くなかった」(Cデムーロ騎手=プリンスオブウェールズS4着)

ジャックドール「思っていた以上に折り合ってくれていたので、それが一番の勝因」(藤岡佑騎手=札幌記念1着)

ノースブリッジ「ゲートの一瞬でこういうレースになってしまった」(岩田康騎手=毎日王冠5着)

バビット「好調時をほうふつさせるいい走りだった」(浜田師=産経賞オールカマー4着)

アブレイズ「いいポジションが取れたし、一瞬〝もらったかな〟と思った」(大野騎手=府中牝馬S5着)

ユーバーレーベン「休み明けのせいか、気持ちがなかった」(Mデムーロ騎手=札幌記念11着)

カデナ「(4コーナーでのロスは)馬は悪くなく、人間の責任だと思う」(今村騎手=小倉記念7着)

[もっと見る]

【重賞データ分析】天皇賞(秋)2022 5項目から絞られた複勝圏候補は、イクイノックス、ジャックドール、パンサラッサ、ポタジェの4頭 2022年10月29日() 12:00


ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!天皇賞(秋)・データ分析 をお届けします!


【馬齢】
2012年以降の3着以内馬延べ30頭の馬齢をみると、3歳から6歳の間で収まっている。ただし、6歳の好走(3着以内)は前年の天皇賞(秋)優勝馬のみ。3歳の複勝圏入りは日本ダービーで2着以内の連対経験があった馬に限られる。その点には注意が必要だろう。

(減点対象馬)
カラテ ⑤ダノンベルーガ ⑥ジオグリフ ⑪レッドガラン ⑮カデナ

【性別】
2012年以降の性別成績は、牡・せん馬【8.8.7.123】、牝馬【2.2.3.7】。好走(3着以内)率の面では後者が優勢を誇っている。一方で、牡牝混合G1戦の優勝経験がない牝馬が、当レースで複勝圏入りしたケースはゼロ。牡牝混合G1未勝利の牝馬は苦戦必至と考えたい。

(減点対象馬)
マリアエレーナ ⑬アブレイズ ⑭ユーバーレーベン

【前走ステップ】
2012年以降の1~3着馬延べ30頭は、いずれも前走で国内の牡牝混合G1戦または国内の牡牝混合G2戦に出走していた。これ以外のステップで臨んだ馬は、ことごとく複勝圏外に敗れている。

(減点対象馬)
マリアエレーナ ②カラテ ⑧シャフリヤール ⑬アブレイズ ⑮カデナ

【前走着順】
2012年以降の3着以内馬延べ30頭のうち22頭は前走の着順が3着以内。残りの8頭には、例外なく過去の牡牝混合G1レースにおいて3着以内の好走歴があった。前走4着以下敗退馬を狙うのであれば、過去のG1成績をしっかりチェックしておきたいところだ。

(減点対象馬)
ダノンベルーガ ⑩ノースブリッジ ⑪レッドガラン ⑫バビット ⑬アブレイズ ⑭ユーバーレーベン ⑮カデナ

【前走人気】
2012年以降、前走の単勝人気が8番人気以下だった馬が、天皇賞(秋)で3着以内に入った例は皆無。レースの格に関係なく、前走で低評価を受けていた馬は劣勢の傾向にある。

(減点対象馬)
カラテ ⑪レッドガラン ⑫バビット ⑮カデナ


【データ予想からの注目馬】
上記5項目オールクリアは、③パンサラッサ、④ポタジェ、⑦イクイノックス、⑨ジャックドールの4頭。

最上位には⑦イクイノックスを推す。2012年以降、同年の日本ダービー連対(2着以内)馬は【1.1.1.0】と崩れていない。ひと夏越しての成長度合い次第では、古馬を撃破してのG1タイトル獲得も十分にあり得る。

金鯱賞レコード勝ちの実績、および当該コースでの持ち時計が出走メンバー中トップという点を踏まえて、⑨ジャックドールを2番手評価。以下、③パンサラッサ、④ポタジェらが続く。

<注目馬>
イクイノックス ⑨ジャックドール ③パンサラッサ ④ポタジェ

[もっと見る]

⇒もっと見る

マリアエレーナの関連コラム

閲覧 2,770ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



10月30日(日)東京11R 第166回天皇賞(秋)(3歳以上G1・芝2000m)

【登録頭数:15頭】(フルゲート:18頭)


<前走:日本ダービー出走馬>(5ヶ月)

イクイノックス(2着、484kg(-8kg))<B>
前走のダービー時以外は間隔をジックリとって使われてきた馬で、今回も5ヶ月ぶりで実戦を迎える。調教内容はこれまでから大きく変化していないが、1週前の動きを見ると多少重い感じに見えた。2週前の坂路では終い強めに追われていたが、そのあたりが関係しているのかもしれない。

ダノンベルーガ(4着、494kg(-10kg))<C>
こちらもダービー以来の休み明けとなり乗り込み量は豊富。ただ、2週前、1週前と2週連続強めに追われ、日曜日も坂路で時計になるところをやっている。1週前も併走馬相手にモタモタして何とか先着できたという動きだったので、この馬もまだ素軽さに欠ける印象。

ジオグリフ(7着、492kg(-4kg))<A>
ダービー以来の休み明けでも、乗り込み豊富で南Wと坂路で好時計。1週前追い切りでは、乗り慣れていない北村宏騎手が騎乗しての追い切りでかなり持ってかれる感じになっていたが、手応えは抜群。伸び脚もしっかりしていて出来はかなり良さそう。直前はテンションを上げないような控えめな追い切りができれば理想的。




<前走:札幌記念出走馬>(中9週)

ジャックドール(1着、516kg(+8kg))<C>
札幌記念からの休み明け。ただ大きな馬の割に乗り込み量はそれほど多くはない。1週前追い切りでは好時計で先着するも、まだ重さを残しているように映った。

パンサラッサ(2着、470kg(-6kg))<C>
これまでも1週前には強めに追うことが多かった馬で、この中間も1週前は併せ馬で強めに追われている。速い時計は出ているが、やや首が上がり気味で終いの伸びが甘い動きだった。

ユーバーレーベン(11着、498kg(前々走海外))<B>
この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りでは遅れはしたものの動きは上々。前走時の最終追い切り時のような、ササり気味になるところもなくスムーズな走りで前走時からの上積みがありそう。




<前走:小倉記念出走馬>(中10週)

マリアエレーナ(1着、424kg(-2kg))<A>
この中間も追い切りでは好時計を連発。1週前追い切りでは素軽さが窺え、仕上がり良好。東京は初めてだが、左回りの2000m以上のレースでは4戦2勝ですべて3着以内と向く条件。

カデナ(7着、478kg(±0kg))<C>
この中間も坂路での調整。走りやすそうな馬場だった1週前追い切りだが、終い脚が上がり気味で物足りない動き。




<前走:その他のレース>

シャフリヤールプリンスオブウェールズS:4着、前走海外)4ヶ月半)<B>
前走が海外で休み明けでの出走とあって乗り込み量は豊富。追い切りには3週連続福永騎手が騎乗(レースはCデムーロ騎手が騎乗予定)しての調整となっていて、追われるごと時計を詰めている。終いの伸びも良く仕上りは良さそう。

ノースブリッジ毎日王冠:5着、494kg(+2kg)中2週)<B>
休み明けを使われての叩き2戦目。前走時のパドックでは、太め感はなかったがテンションが高めだった。この中間、1週前は軽めの調整で力みもなく、動きは素軽かった。日曜にも長めから速い時計を出していて、調子落ちは感じられない。

ポタジェ毎日王冠:6着、466kg(+2kg)中2週)<D>
休み明けの前走時、パドックでは+2kgの数字以上に緩さがある印象を受けた。この中間も軽めの調整で強めに追われていないので、大きな変わり身はなさそう。

カラテ新潟記念:1着、532kg(-8kg)中7週)<C>
坂路中心で追い切られることが多い馬だが、この中間は2週前、1週前とCWでの併せ馬。1週前映像からは、力強さは伝わってきたが首が高く追われてからの反応が鈍く伸び脚も物足りなかった。かなり大きな馬なので、まだ太めが残っている様子。

バビットオールカマー:4着、474kg(+14kg)中4週)<C>
休み明けの前走時は、追い切りでは良い動きだったが、さすがに馬体に余裕を感じるパドック。この中間も乗り込まれているが、1週前追い切りではまだ重さを残す走りだった。

アブレイズ(府中牝馬S:5着、498kg(+8kg)中1週)<B>
坂路で速い時計が出る馬で、前走時も追い切りで好時計をマークし、レースでも一瞬見せ場という内容だった。今回は中1週となるため、速い時計は出していないが使ってくるからには出来落ちはなさそう。

レッドガラン京都大賞典:9着、514kg(+4kg)中2週)<C>
坂路で好時計が出るタイプで、前走時も坂路で好タイムをマークしていた。ただ、大きな馬でパドックでは硬さが感じられた。中2週のこの中間は、先週金曜日に坂路で追われ終い好時計を計時していて、出来自体は悪くない印象を受ける。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ジオグリフマリアエレーナシャフリヤールの3頭をあげておきます。


◇今回は、天皇賞(秋)編でした。
天皇賞(秋)連対馬の最終追い切り内容を分析してみると、過去10年の連対馬20頭のうち13頭がWコースで追い切られています。ちなみに、1週前追い切りに関しても14頭がWコースでの追い切り。1週前、最終追い切りともに坂路で追い切られていた馬は、5頭(関東1、関西4)となっていました。これを過去5年までに絞ってみると、連対馬10頭のうち8頭がWコースでの追い切りで、1週前に関しても9頭がWコースでの追い切りとその比率は上がります。やはり、天皇賞(秋)に関しても、「Wコース追い」が近年優勢との傾向が出ているようです。
特に関東馬は、坂路調教で連対した馬はスピルバーグのみでそれも8年前。関東馬で坂路仕上げというパターンは、軽視していいと考えています。一方で、関西馬は、坂路オンリー調整での連対例こそ同様に少なくなってきていますが、輸送を控えることから1週前にCWで強めに追い、最終追い切りは坂路で息を整える内容というパターンも十分考えられます。そうした背景から、関東馬ほど軽視する必要はないでしょう。
先週の菊花賞、今週の天皇賞(秋)と、連対馬の調教内容について綴ってきていますが、その他のレースに関しても近年はWコースで追い切られた馬のほうが、頭数も多く成績も良いように感じます。そのあたりは、外厩で調整する馬が多くなってきていることも影響しているのではないかと考えています。
私が競馬の予想で調教内容を重視するようになったきっかけは、フジキセキサイレンススズカのようにデビュー前から栗東坂路を破格の時計で駆け上がってくる馬に影響を受けたからであり、近年坂路調教馬たちの元気が感じられないというのはどこか寂しいものです。ただそれも時代の流れ。仕方ないことといえばそうなのかもしれませんし、その時代その時代で取り残されないように予想をしていかなくてはなりませんね。


※天皇賞(秋)出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年8月19日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ハービンジャー産駒を動かす外国人騎手/札幌記念展望
閲覧 1,291ビュー コメント 0 ナイス 3

先週の小倉記念は2番人気のマリアエレーナが突き抜けて完勝。最後は5馬身差をつける圧勝劇だった。もっとも、馬券的なポイントは2着のヒンドゥタイムズだろう。

ヒンドゥタイムズに騎乗したホー騎手が当初手綱を任される予定だったのは3歳馬ピースオブエイト。しかし、ピースオブエイトが53キロのハンデに決まったことで騎乗できなくなり、急遽手が回ってきた、そんな経緯や、今回が年明け初戦という臨戦過程もあり12番人気と低評価になっていたが、それを覆す大激走だった。

しかし、今になって思えば、ヒンドゥタイムズとホー騎手は手が合っていたのかもしれない。というのも、ヒンドゥタイムズの父はハービンジャー。このハービンジャーの産駒は外国人騎手によって素質が花開くケースが多い。

国内における同産駒のG1制覇は以下の5度。そのうち実に4度までが外国人騎手の手綱によるものである。

2017年秋華賞 ディアドラ(ルメール騎手)
2017年エリザベス女王杯 モズカッチャン(Mデムーロ騎手)
2017年マイルCS ペルシアンナイト(Mデムーロ騎手)
2018年有馬記念 ブラストワンピース(池添騎手)
2019年ヴィクトリアマイル ノームコア(レーン騎手)

もちろん、もともと国内G1では外国人騎手の活躍が多く、とりわけコロナ禍になる以前は特に顕著だったのだが、それを差し引いてもハービンジャー産駒は外国人騎手と手が合うケースが多い。

その理由を細かく書くと長くなるので割愛するが、超ザックリまとめてしまうと、

日本人騎手=決め手を引き出すのが得意
外国人騎手=持久力やスタミナを引き出すのが得意

ということ。自身がキングジョージ勝ち馬でもあるハービンジャーはその産駒も持久力型が多く、外国人騎手と手が合う。また、ホー騎手自身も騎乗スタイルを見ていると外国人騎手らしい持久力を引き出すタイプで、まさに同産駒のヒンドゥタイムズとは手が合っていたということだろう。

…といろいろ書いたところで結局馬券を当てていなくては仕方ないのだが、ホー騎手はまだ日本で騎乗を続けるし、今週末はWASJの開催で札幌には多くの外国人騎手が参戦するし、さらにいえばコロナがあければまた以前のように短期免許の騎手が増える可能性も高い。

ハービンジャー産駒に限らず、持久力血統に関しては外国人騎手の騎乗がスイッチになりやすいということは覚えておいて損はない。もちろん、その逆のケース(外国人騎手がマイナスのスイッチになる)も多々あるのだが、それはまた別の機会に…。

札幌記念展望

では、いつも通り最後は週末の注目馬で締めたい。今週末は札幌競馬場で札幌記念が行われる。注目馬はコチラ。

アラタ横山武史騎手)

札幌芝での活躍が目立つ横山武史騎手騎乗のアラタに注目したい。前走は上手くインに入れることができず、ロスの大きな競馬に。荒れてきた馬場は問題ないので、鞍上の手腕に期待したい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年6月24日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】馬に適性があるように騎手にも適性がある/宝塚記念展望
閲覧 2,463ビュー コメント 0 ナイス 6



先週のマーメイドSは◎ウインマイティーが勝利。好位インに上手く入れて、直線抜け出し、久々の快走だった。当初は本コラムにも記した通りマリアエレーナが本命予定だったが、今回は枠順と馬場状態を見て変更。和田騎手ならば積極策からインを突いてくれる…と期待してのものだった。

我々ファンはいつも勝手な願望を騎手に押し付けてしまうもので、実際のところその期待通りに乗ってくれることなどほぼない。それが悪いわけではなく、あんなに大きな生き物が群れを成して走るのが競馬なのだから思い通りにいかないのが当たり前。そんな中でウインマイティー=和田騎手は本当に年に数回あるかないかレベルの、こちらの描いていた理想通りの騎乗だった。

2着のマリアエレーナ坂井瑠星騎手もソツなく先行してしぶとく脚を伸ばした。決して派手なタイプではないが、常に馬の力を引き出してくれるという点において、若手の中では一枚抜きん出た存在になりつつある。3着のソフトフルート=川田騎手は阪神芝二千での信頼度が高いジョッキー。これは覚えておくと今後も何度も使えるはず。幸いにして京都改修工事の完了はまだ先。阪神芝二千の大舞台も数多く行われるので、その際は川田騎手のことを思い出したい。

繰り返しになるが、騎手を馬券に生かす上で大事なのは上手いか下手かではなく特徴を知るという意識。馬にも適性があるように騎手にも適性があるということは、常に心得ておきたい。

なお、先週の阪神芝では和田騎手が4勝。馬場のインが良く、さらに急坂コースなので、インにこだわる上にガッツがある和田騎手に現在の馬場は合っている。ディープボンドとのコンビでもきっとラチにこだわる騎乗をしてくれるはずだ。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭。

【次走狙い馬】メイショウフウジン(日曜阪神10レース・オークランドRCT/1着)

今回は何が何でも行く姿勢を見せての逃げ切りで、これで逃げれば馬券圏内パーフェクト。テンのスピードが課題だっただけに距離短縮の1800mで逃げられたこと自体が収穫で、今回の内容ならばオープンでも通用しそう。血統的にも伸びしろがありそうなので、引き続き1800m以上を使ってくれば好勝負になる。

宝塚記念展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。今週末はいよいよ春のグランプリ・宝塚記念が行われる。例年にも増して好メンバーが揃ったが、その中で注目したいのは…

ヒシイグアス(レーン騎手)

注目はヒシイグアス&ダミアン・レーン騎手。前走の大阪杯は外を回すロスがありながらも最後までしぶとく脚を使えていた。香港遠征の予定が中止になった影響もあり陣営も多少急仕上げを認めていたが、その中での好走はG1でも好勝負できる能力を証明したといえそう。ズブさのあるタイプなので距離延長は歓迎。何より今回は追えるレーン騎手が乗れるのは大きなプラス材料。過去に騎乗経験があり、その時も直線力強く抜け出して勝利。距離延長&鞍上強化で、前走からさらに前進があるとみて狙いたい。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年2月6日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年02月06日号】特選重賞データ分析編(292)~2022年京都記念
閲覧 1,694ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 農林水産省賞典 京都記念 2022年02月13日(日) 阪神芝2200m内


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
○あり [6-6-5-14](3着内率54.8%)
×なし [0-0-1-35](3着内率2.8%)

 実績馬が圧倒的に優勢。なお“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がない馬も2016年以降[0-0-1-39](3着内率2.5%)と苦戦していました。格の高いレースを主戦場としてこなかった馬は、基本的に過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→ユーバーレーベンレッドジェネシス
主な「×」該当馬→サンレイポケットマリアエレーナラーゴムレッドガラン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」の馬は2016年以降[6-4-4-17](3着内率45.2%)
主な該当馬→マリアエレーナユーバーレーベンラーゴムレッドジェネシス

[もっと見る]

2021年9月12日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年09月12日号】特選重賞データ分析編(271)~2021年ローズS
閲覧 2,000ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 関西テレビ放送賞 ローズステークス 2021年09月19日(日) 中京芝2000m


<ピックアップデータ>

【“中山・中京・阪神、かつ1400m超のレース”において1着となった経験の有無別成績(2017年以降)】
○あり [4-3-4-25](3着内率30.6%)
×なし [0-1-0-26](3着内率3.7%)

 ゴール前の直線に急坂のあるコースを得意としている馬が中心。2016年以前を含め“中山・中京・阪神、かつ1400m超のレース”を勝ったことがない馬は苦戦していました。今年も該当馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→スパークルタガノパッションマリアエレーナ
主な「×」該当馬→アールドヴィーヴルクールキャットストゥーティ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1400m超、かつ重賞のレース”において5着以内となった経験がある」馬は2017年以降[3-3-4-23](3着内率30.3%)
主な該当馬→アールドヴィーヴルクールキャットストゥーティタガノパッション

[もっと見る]

マリアエレーナの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2022.10.30[結果]

 DEEB 2022年10月30日() 17:04

閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 5

東京10R ペルセウスステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎13 レモンポップ…1着
○10 タイセイサムソン…2着
× 6 ☆ケイアイターコイズ…7着
☆ 4 ショーム…9着
☆12 スズカフェスタ…15着
[結果:アタリ△ 馬連 10-13 310円、ワイド 10-13 190円]

東京11R 天皇賞(秋) GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 7 イクイノックス…1着
○ 8 シャフリヤール…5着
▲ 4 ポタジェ…13着
△ 6 ジオグリフ…9着
× 1 ☆マリアエレーナ…7着
☆14 ユーバーレーベン…8着
[結果:ハズレ×]

東京12R 秋嶺ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 イグザルト…10着
○12 レッドゲイル…1着
▲13 レーヴリアン…2着
☆16 ビップエレナ…4着
[結果:アタリ○ 馬連 12-13 2,920円]

阪神 2R 2歳未勝利牝
◎ 4 ゼットスティール…1着
○ 2 ダイメイセブン…5着
× 1 ☆ウイニンググレイス…4着
[結果:ハズレ×]

阪神11R カシオペアステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 プログノーシス…2着
○ 1 エアファンディタ…4着
▲ 4 ソリタリオ…9着
△15 ワールドバローズ…3着
×11 ☆エンデュミオン…6着
☆ 5 ワンダフルタウン…12着
[結果:ハズレ×]

新潟 4R 障害3歳以上未勝利
◎ 3 アナンダライト…5着
○ 8 レザネフォール…1着
▲ 1 カイトレッド…3着
△10 ☆クリノオウジャ…4着
× 4 ブルメンダール…2着
[結果:ハズレ×]

新潟10R 鳥屋野特別 3歳以上2勝クラス(混合)
◎15 ロスコフ…4着
○ 8 ゴールドブリーズ…12着
☆ 4 カムカム…2着
[結果:アタリ○ 複勝 4 1,500円]

新潟11R ルミエールオータムダッシュ (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 2 ロードベイリーフ…11着
○ 9 ☆ビリーバー…4着
▲ 4 シンシティ…15着
△ 5 マウンテンムスメ…2着
×11 ショウナンバニラ…13着
×18 ジュニパーベリー…5着
☆ 6 アルピニズム…17着
[結果:ハズレ×]

[今日の結果:8戦2勝5敗1分]
次の土日も、何とか競馬ができそうです。

 エスプレッソ 2022年10月30日() 13:29
天皇賞 ディープ産駒が勝てない理由
閲覧 107ビュー コメント 0 ナイス 3

ディープ産駒は過去10年で僅か1勝、その理由として多くの強いディープ産駒は早熟で3歳秋頃がピークな為、古馬になったこの時期にはすでにピークアウトしている事がほとんどです。
特に皐月、ダービーで成績を残したディープ産駒は古馬になって尻すぼみな成績になっています。
唯一ディープ産駒で秋天を勝ち切ったスピルバーグはダービー出場も14着と大敗、まだピークには程遠い成長期だったのでしょう、
その一年半後ジェンティルドンナを差し切って見事に天皇賞優勝。
牡馬は特にそういう傾向が強いと思われます。


それを踏まえて
本命◎ イクイノックス
不安材料は母父がイマイチ勝ち切れない事があるノーザダンサー系
しかし、上がりは速く東京向きだと思います。

対抗◯ ジャックドール
不安材料は基本的に逃げ馬だという点と母父が成績イマイチなミスプロ系である。
ただ手堅い戦績から対抗。


ダノンベルーガ
血統的にも良いと思いますし、上がりも速く東京向きだと思いますが、イクイノックスが2度先着している事から▲止まり。


パンサラッサ
いい形で逃げた時の粘りは中々です。


× マリアエレーナ
順調さと、調教も良いらしい、枠も良いですね。


まだ押さえるか迷うのは
ジオグリフ
ノーザダンサー系が過去10年で連対したのは不良馬場で2着のサトノクラウンだけでこの馬は道悪は鬼でした。


消そうと思うのは
シャフリヤール
馬体重も結構増えてそうですし、ここは単なる叩き台な気がします。
それにダービーを勝ったディープ産駒なので消します。
全兄アルアインも古馬になってからの成績は振るいませんでした。

[もっと見る]

 ブラリアンズタイム 2022年10月30日() 10:13
天皇賞予想変更 
閲覧 120ビュー コメント 0 ナイス 3

金曜日に早めの予想をしたが、やはり日曜日になって気持ちが変わってきた。
イクイノックスが馬券の軸であることは変わらないが、頭で買うことに不安が出てきた。追込み脚質はいいのだが、高速決着(勉強不足であった)が見込まれる状況ではやはり厳しいだろうと。2着もしくは3着付けが正解かなと。そうなれば、前目の位置づけができる馬を中心に買わないといけないだろう。
そこで、ジャックドール大阪杯の負けでG1では足りないと思っていたが、あれはレース間隔が原因だと聞いた。それを信じるなら、今回1か月以上空いたローテーションで臨めるのは、見直す余地ありだ。シャフリヤールをさしおいて2番人気という高い支持も力がある証ととらえたい。

2番手に考えていたマリアエレーナの評価も怪しくなってきた。現在7番人気で、6番人気もあり得る位置だ。本命にしている人もけっこういる。馬連1-7が24倍くらいでちょっと売れすぎの感がある。ここは40倍くらいあってほしいのだが。。大分妙味がなくなってきた。抑え程度に。

人気薄ではカラテが気になる。イクイノックスとの馬連は62倍くらいで以外に売れている(あくまで私の感覚だが)。万馬券であってほしかった。この組み合わせは答えではない感じ。一方、ジャックドールに付けると110倍ある。これはいい。とりあえず馬連だけは買っておこう。

最終的に、馬券はジャックドール頭の三連単を買おうと思っている。今回は、あまり人気薄の入り込む余地はない気がするので、相手も上位人気馬を中心に買うつもりである。

やっぱり、当初の予想を大きく変えてしまいました。これって、あるあるですかね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マリアエレーナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:0人 2021年3月27日() 14:32:31
よく走っているけど、結局ルメールがワザと負けてくれたお陰での3着。
もういい加減に引退すれば良いのに、、、?(みらいが跡継ぎならもう充分だろ!)

マリアエレーナの写真

マリアエレーナ
マリアエレーナ
マリアエレーナ

マリアエレーナの厩舎情報 VIP

2022年10月30日天皇賞(秋) G17着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マリアエレーナの取材メモ VIP

2022年10月30日 天皇賞(秋) G1 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。