会員登録はこちら
トヨタ賞中京記念 G3   日程:2019年7月21日() 15:35 中京/芝1600m

レース結果

トヨタ賞中京記念 G3

2019年7月21日() 中京/芝1600m/16頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分32秒3
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

グルーヴィット

牡3 52.0 松山弘平  松永幹夫 490(+2) 1.33.6 4.9 3
2 3 6

クリノガウディー

牡3 52.0 森裕太朗  藤沢則雄 480(-8) 1.33.6 ハナ 14.5 6
3 4 7

プリモシーン

牝4 55.5 福永祐一  木村哲也 494(-4) 1.33.7 クビ 2.8 1
ラップタイム 12.4 - 11.3 - 11.6 - 11.4 - 11.3 - 11.4 - 11.9 - 12.3
前半 12.4 - 23.7 - 35.3 - 46.7 - 58.0
後半 58.3 - 46.9 - 35.6 - 24.2 - 12.3

■払戻金

単勝 5 490円 3番人気
複勝 5 180円 3番人気
6 330円 5番人気
7 140円 1番人気
枠連 3-3 2,990円 13番人気
馬連 5-6 2,580円 8番人気
ワイド 5-6 850円 7番人気
5-7 390円 2番人気
6-7 870円 8番人気
馬単 5-6 4,590円 12番人気
3連複 5-6-7 3,100円 6番人気
3連単 5-6-7 15,690円 27番人気

トヨタ賞中京記念のニュース&コラム

【中京記念】激闘!グルーヴィット、重賞初制覇
 サマーマイルシリーズ第1戦・中京記念が21日、中京競馬場で16頭によって争われ、3番人気のグルーヴィットが、中団から差し切って重賞初制覇。1600メートル戦になった2012年以降、初めて3歳馬が優勝した。2着は6番人気のクリノガウディー、1番人気のプリモシーンは3着に敗れた。 中京を締めくくるマイル重賞を制したのは、3歳馬グルーヴィット。1着から4着までがハナ、クビ、クビ差という激戦を制して重賞初制覇を挙げた。初コンビで見事に勝利に導いた松山騎手が充実の表情を浮かべる。 「最後まで踏ん張ってよく頑張ってくれました。強い馬もたくさんいましたが、その中できっちりと勝ち切ってくれましたし、強い競馬だったと思います」 好スタートから4番手につけたが、道中は中団まで下がる展開。ただ鞍上は「3、4コーナーでズブくなるのは頭に入っていたので、(エンジンを)ふかしながら直線に入ることができました」と冷静に回顧。何発も右ムチを入れながら勝負どころに入り、ジリジリと脚を伸ばし続け、ゴール直前で差し切った。3歳馬の勝利は1970年のゼットアロー以来、49年ぶり。芝1600メートルで行われるようになった2012年以降では、初めての快挙だ。 デビューからダートで2連勝を飾り、初めての芝となったGIII・ファルコンSで2着。GI初挑戦のNKHマイルCでは、直線で進路がふさがる不利で10着に敗れたものの、今回、見事に巻き返してデビュー5戦目での重賞勝ち。松永幹調教師は「前走が力を出せなくて負けたというのがあったからなんとかここで勝ててよかったです」と笑みを見せた。 血統的にみると母系は、ルーラーシップやドゥラメンテなど活躍馬を多数輩出するエアグルーヴ系。「これで完成じゃないでしょうし、まだまだよくなってくると思います」とトレーナーは続ける。 このあとは放牧に出る予定で、秋の路線については未定。ただヴィクトリアマイル2着プリモシーンなどの年長馬を撃破し、賞金加算に成功したことで視野は大きく広がった。雨の影響を受け、一度も良馬場がなかった夏の中京開催だが、飛躍のきっかけをつかんだグルーヴィットの周囲は明るく輝いていた。 (山口大輝)グルーヴィット 父ロードカナロア、母スペシャルグルーヴ、母の父スペシャルウィーク。鹿毛の牡3歳。栗東・松永幹夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績5戦3勝。獲得賞金6892万8000円。重賞は初勝利。中京記念は松永幹夫調教師が2012年、13年のフラガラッハに次いで3勝目、松山弘平騎手は初勝利。馬名は「楽しむ。母名より連想」。★21日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら
2019年7月22日(月) 05:11

 859

【中京記念】プリモシーン、ハンデ差影響3着
 1番人気のプリモシーンは3着。今までより積極的な走りで、直線で一度は先頭に躍り出たが、ゴール前で急襲されハナ、クビ差で敗れた。「いいポジションで正攻法、やりたい競馬はできた。最後はハンデ差と馬場も影響したと思うが、実質(上の)トップハンデ(牝馬で55・5キロは57・5キロに相当)でよく走っています」と福永騎手は敗れたなかにも納得の表情で前を向いた。★21日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら
2019年7月22日(月) 05:10

 540

【中京記念】クリノガウディー、悔しいハナ差2着
 6番人気のクリノガウディーが、中団から鋭く伸びたがハナ差の2着に敗れた。昨秋、新馬勝ち以来の手綱となった森裕騎手は「ほんと悔しい。減っていた体(マイナス8キロ)は問題なく、むしろ動けるようになっていました。いつもより折り合いもついて、ためる競馬もできたんですが…。もう少しきれいな馬場でやりたかった」と語った。★21日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら
2019年7月22日(月) 05:10

 488

【中京記念】レースを終えて…関係者談話
 ◆川島騎手(ミエノサクシード4着)「今の中京は外差しが利かないので、外枠からでも意識して内めを通ってきた。力をつけているし、内からでもさばけるようになったのは収穫でした」 ◆和田騎手(グランドボヌール5着)「スムーズな競馬はできたし、直線もお釣りがあったので、やったかなと思ったほど。若干、距離が長いかもしれないが、よく頑張っている」 ◆藤井騎手(ジャンダルム6着)「内枠を生かしたくて積極的に出していきました。道中は引っ掛からなかったです。内を意識した分、スペースはなかったですが、馬の雰囲気はよかった」 ◆中谷騎手(エントシャイデン7着)「いい感じで回ってきたが、向こう正面でのめって…。ラストはいい脚を使っており、いい馬場でやりたかった」 ◆川田騎手(カテドラル8着)「跳びのきれいな馬で、この馬場では終始前に進めなかったですね」 ◆小崎騎手(レインボーフラッグ9着)「スタートが決まらなかったのが大きな敗因ですね。最後は伸びてくれていたんですが…」 ◆M・デムーロ騎手(ロードクエスト11着)「後ろから伸びているが、一番馬場の悪いところを通らされた。でも、馬はよくなっているし、内を通れていればまた違ったと思う」 ◆国分優騎手(コスモイグナーツ12着)「返し馬からいい感じでした。単騎で楽に行けた方がいいんですが、行ききれなかった。デキ落ちはないし、次に期待したい」 ◆城戸騎手(ツーエムマイスター13着)「直線に向くまではいい感じでリズムよく走れていたんですが…」★21日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら
2019年7月22日(月) 05:09

 1,031

トヨタ賞中京記念のニュースをもっと見る >

【中京記念】重賞初Vへ!カテドラル快走11秒9
 NHKマイルCで0秒1差3着だったカテドラルが、古馬撃破&重賞初Vを狙う。 栗東坂路を切れのいい脚さばきで上がり、3F目からペースアップ。馬なりのまま、12秒5-11秒9の快ラップをマークした。「折り合いをつけてスーッと行くようにと指示。馬なりでもラストの加速力はすごかったし、いい走り」と、池添学調教師も満足そうだ。 2走前のアーリントンC2着からマイルに切り換え上昇。「筋肉量が増えてマイル向きになり、テンション面もオンとオフを切り換えられるようになった。パワーがあって力の要る馬場もいい。外差しが利くかがポイントになるだろう」と、豪脚炸裂に期待する。(夕刊フジ)★中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年7月18日(木) 10:45

 1,218

【中京記念】ヴェネトはCW4F51秒6マーク
 ヴェネトは栗東CWコースで初タッグを組む松若騎手を背に向正面から入り、半マイルから掛かり気味に51秒6をマークした。 ●松若騎手「(時計は)速くなりました。具合は良さそうですね」(夕刊フジ)★中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年7月18日(木) 10:44

 861

【中京記念】厩舎の話
 エントシャイデン・中谷騎手「抜け出すときの反応が良かった。実が入ってパワーアップした」 キャンベルジュニア・森助手「帰厩後は順調。まだ少し動きは重いが、まずまず態勢は整った」 グランドボヌール・江藤助手「しまいをしっかりやった。中京は合う」 クリノガウディー・森裕騎手「先週一杯にやったので、やりすぎない調整。折り合いがカギ」 グルーヴィット・松山騎手「動かしてからの反応がいい。中京は合うと思うし、ハンデも軽い」 コスモイグナーツ・川口助手「動き以上にいい時計が出た。道悪も問題ないし、自分の競馬を」 ジャンダルム・池江調教師「リフレッシュして歩様が良化。当日輸送だとイレ込みがポイント」 ツーエムマイスター・古川助手「サッとやったが、これで十分だろう。ハナに行く形がいい」 ヒーズインラブ・酒井騎手「行く気になってからはいい動きだった。状態は良さそうだ」 プリモシーン・福永騎手「GIにあと一歩まできている馬。先週末よりグンと良くなっている」 ミエノサクシード・高橋亮調教師「ここ目標に順調。じっくり行くので時計がかかるのはいい」 レインボーフラッグ・影廣助手「先週で態勢は整った。馬体はいい感じに仕上がっている」 ロワアブソリュー・平田助手「ジョッキーの感触は上々。得意の左回りでどこまでやれるか」 ロードクエスト・Mデムーロ騎手「先週より良化。いつも頑張ってくれるし、結果を出したい」(夕刊フジ)★中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年7月18日(木) 10:43

 1,870

【中京記念】プリモシーン、8馬身ちぎった!
 中京記念の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。栗東では、6月末から滞在している関東馬プリモシーンが、CWコースでの併せ馬で好時計を叩き出して好仕上がりをアピール。調教評価でただ一頭、最上級の『S』を獲得した。グルーヴィットは坂路での併せ馬でパワフルな動きを披露。クリノガウディーは坂路単走で確かな伸びを見せた。 3度目の重賞制覇を意識できる仕上がりだ。プリモシーンがハロー掛け(整地)直後のCWコースを疾走。薄曇りの空を忘れさせる爽快なモーションだった。 「うなっていて、いい感じ。体のバランスが整ってきた。近2走にくらべてもいいかも」 先週12日に続いて騎乗した福永騎手が満足げな表情を浮かべる。最終追いはディロス(2勝クラス)との併せ馬。リズムを守りながら運ぶと、直線は文句なしの俊敏な反応で、ラスト1ハロン11秒9でフィニッシュ。牝馬とは思えない力感あふれる走りで僚馬を8馬身も突き放した。全体時計も6ハロン78秒2の好タイムで、調教評価は最上の『S』だ。 美浦のWコースが改修工事のため、中間は栗東に滞在して調整。到着して間もない頃は環境の変化に戸惑っていたが、「だいぶ慣れてきましたね。カイバ食いが戻りましたよ。息の方も良くなってきました」と担当の楠助手が笑顔を見せる。皮膚に張りがあり、体はフックラ。落ち着きもあり、好ムードが漂う。 前走のヴィクトリアMはクビ差2着。牝馬限定とはいえGIで勝ちに等しい内容で、ポテンシャルの高さは疑いようがない。2走前のダービー卿CTも2着と、牡馬相手にも決め手は十分に通用する。 昨年8月の関屋記念を制した夏に強い牝馬。仮に速い時計の決着になっても心配ない。近2走より0・5キロ重いハンデ55・5キロは初めて背負う斤量だが、馬体重が500キロ近くあるタイプだけに問題はないだろう。 福永騎手も「道悪は合わないけど、そこの次元は超えてほしい。(軽さが武器の)ディープの牝馬らしくないし、パワフルになっているからね」と力を込める。 昨年のフェアリーS、関屋記念勝ち馬で、今回のメンバーなら格も上。秋の大舞台を見すえるためにも、しっかりと勝ち切る。  (宇恵英志)★中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年7月18日(木) 05:09

 2,464

トヨタ賞中京記念の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


トヨタ賞中京記念の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

7月21日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv113 
140円 140円
Lv113 
490円 49,000円
Lv110 
2,580円 5,160円
Lv110 
490円 14,700円
Lv104 
330円 3,300円

的中情報をもっと見る >

トヨタ賞中京記念過去10年の結果

2018年7月22日() 中京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2017年7月23日() 中京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ウインガニオン 津村明秀 1:33.2 9.0倍 103.3
2着 グランシルク 福永祐一 2 1/2 4.9倍 100.3
3着 ブラックムーン M.デムーロ アタマ 3.8倍 100.3
2016年7月24日() 中京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ガリバルディ 福永祐一 1:33.6 11.7倍 99.7
2着 ピークトラム 小牧太 3/4 8.9倍 98.9
3着 ケントオー 和田竜二 1/2 8.0倍 98.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

トヨタ賞中京記念のデータ分析とレース傾向

コース図中京芝1600m

2012年から、芝1600mの夏のハンデ重賞に生まれ変わった中京記念。ハンデについては、「56キロ以上を背負っている実績馬」が優勢。2012年以降の連対馬14頭のうち11頭が56キロ以上。勝ち馬7頭のうち5頭が57キロ以上となっており、56キロ以上とそれ以外とでは、好走率に大きな隔たりがある。とりわけ、54キロ以下の牡馬はほぼ壊滅状態というひどい有り様。軽ハンデ馬を狙うのであれば、牝馬を選んだほうがベターだ。年齢別では、5~6歳馬が圧倒。7歳以上馬は2着が最高着順で、4歳馬は2着連対すら果たしていない。レースが行われる中京芝1600mは、直線が長いうえに急勾配の坂も存在するため、決め手のある馬が幅を利かせやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

トヨタ賞中京記念の歴史と概要


2014年の優勝馬サダムパテック

中京最古の重賞で、2012年に2000m戦からマイル戦にリニューアル。ハンデ戦ながらも、2000m戦時代からトップホースの参戦が多く見られるレースで、第38回(1990年)のオサイチジョージ、第39回(1991年)のレッツゴーターキン、第43回(1995年)のチョウカイキャロル、第47回(1999年)のエリモエクセル、第48回(2000年)のメイショウドトウ、第50回(2002年)のツルマルボーイ、第58回(2010年)のシャドウゲイトなど、G1馬やのちのG1馬による勝利は枚挙にいとまがない。マイル戦になってからは、第60~61回(2012~2013年)をフラガラッハが連覇。第62回(2014年)は、皐月賞2着、マイルチャンピオンシップ1着の実績を持つサダムパテックが制した。

歴史と概要をもっと見る >

トヨタ賞中京記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年10月19日(
富士ステークス  G3
2019年10月20日(
菊花賞  G1

競馬番組表

2019年10月19日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2019年10月20日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
2019年10月21日(月)
4回東京4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
88,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
24,993万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 グランアレグリア 牝3
19,878万円
7 ヴェロックス 牡3
18,521万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 カレンブーケドール 牝3
13,594万円
» もっと見る