会員登録はこちら
愛知杯 G3   日程:2020年1月18日() 15:25 小倉/芝2000m

レース結果

愛知杯 G3

2020年1月18日() 小倉/芝2000m/16頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分56秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

デンコウアンジュ

牝7 56.0 柴田善臣  荒川義之 466(-2) 2.01.1 24.6 9
2 3 6

アルメリアブルーム

牝6 53.0 武豊  高橋康之 438(-4) 2.01.1 クビ 11.9 5
3 2 3

レイホーロマンス

牝7 52.0 酒井学  橋田満 424(-4) 2.01.2 クビ 40.4 11
ラップタイム 12.3 - 11.1 - 11.9 - 12.6 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 12.2 - 12.4 - 12.4
前半 12.3 - 23.4 - 35.3 - 47.9 - 60.1
後半 61.0 - 49.0 - 37.0 - 24.8 - 12.4

■払戻金

単勝 5 2,460円 9番人気
複勝 5 680円 9番人気
6 360円 4番人気
3 920円 11番人気
枠連 3-3 12,440円 31番人気
馬連 5-6 12,500円 40番人気
ワイド 5-6 3,490円 41番人気
3-5 6,090円 62番人気
3-6 4,900円 51番人気
馬単 5-6 26,880円 77番人気
3連複 3-5-6 91,350円 224番人気
3連単 5-6-3 598,880円 1,291番人気

愛知杯のニュース&コラム

【愛知杯】50代騎手JRA重賞ワンツー!18年ぶり2度目
 愛知杯が18日、小倉競馬場で16頭によって争われ、柴田善臣騎手(53)=美・フリー=騎乗で9番人気のデンコウアンジュが最内を強襲してV。重賞3勝目をマークした。クビ差2着は武豊騎手(50)=栗・フリー=騎乗の5番人気アルメリアブルーム。50代騎手によるJRA重賞のワンツーは、2002年クイーンC(1着シャイニンルビー岡部幸雄53歳、2着オースミバーディー坂井千明51歳)以来、グレード制導入後2度目の快挙となった。1番人気センテリュオは5着。 ◆柴田善騎手(デンコウアンジュ1着)「返し馬の雰囲気が違って、体つきもすごく良くなっていましたね。4コーナーまで持ったままで、直線も内がうまくあいたのが良かった」 ◆武豊騎手(アルメリアブルーム2着)「思い通りのレースはできた。勝ち馬の決め手が上でした」 ◆ルメール騎手(センテリュオ5着)「道悪で進んでいけず。直線は伸びたけど、残り100メートルで疲れてしまった」★18日小倉11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちらデンコウアンジュ 父メイショウサムソン、母デンコウラッキー、母の父マリエンバード。黒鹿毛の牝7歳。栗東・荒川義之厩舎所属。北海道浦河町・磯野牧場の生産馬。馬主は田中康弘氏。戦績32戦4勝。獲得賞金2億939万円。重賞は2015年GIIIアルテミスS、19年GIII福島牝馬Sに次いで3勝目。愛知杯は荒川義之調教師、柴田善臣騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+天使(仏語)」。
2020年1月19日() 05:02

 293

【愛知杯】アルメリアブルーム2着で武豊34年連続重賞V逃す「勝ち馬の決め手が上」
 1月18日の小倉11Rで行われた第57回愛知杯(GIII、4歳以上オープン、芝2000メートル、ハンデ、牝馬限定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、柴田善臣騎手騎乗の9番人気デンコウアンジュ(7歳、栗東・荒川義之厩舎)が直線インを突いて抜け出した。タイムは2分01秒1(重)。 全5勝中4勝が芝2000メートルだったアルメリアブルームは、中団のインを追走。直線に入り、先に抜け出したレイホーロマンスめがけて末脚を伸ばすもインを突いた勝ち馬の決め手に屈して2着。鞍上の武豊騎手は34年連続重賞Vとはならなかった。 武豊騎手「思い通りのレースができて、いい感じだったのですが…。もう少しでしたが、勝ち馬の決め手が上でしたね」★【愛知杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2020年1月18日() 18:30

 672

【愛知杯】11番人気レイホーロマンスがハンデ生かして3着 酒井「よく頑張ってくれた」
 1月18日の小倉11Rで行われた第57回愛知杯(GIII、4歳以上オープン、芝2000メートル、ハンデ、牝馬限定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、柴田善臣騎手騎乗の9番人気デンコウアンジュ(7歳、栗東・荒川義之厩舎)が直線インを突いて抜け出した。タイムは2分01秒1(重)。 11番人気レイホーロマンスは、ハンデ52キロを生かして3着に激走。スタート後に鞍上に促されると、中団やや前をリズム良く追走。徐々にポジションを上げ、直線半ばで先頭に立ち押し切りをはかるもゴール前、上位2頭に交わされてしまった。 酒井学騎手「前走で長い距離に使っていて、今回は2000メートルだったので、ある程度出していこうと思っていました。内枠でいい位置が取れて、道中もうまく運べていました。直線はモタれ気味になりながらも、反応してくれました。最後は差されましたけど、ハンデ差を生かしてよく頑張ってくれました」★【愛知杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2020年1月18日() 18:29

 309

【愛知杯】1番人気センテリュオはスタート後進まず5着 ルメール「直線は伸びてくれたけど…」
 1月18日の小倉11Rで行われた第57回愛知杯(GIII、4歳以上オープン、芝2000メートル、ハンデ、牝馬限定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、柴田善臣騎手騎乗の9番人気デンコウアンジュ(7歳、栗東・荒川義之厩舎)が直線インを突いて抜け出した。タイムは2分01秒1(重)。 C.ルメール騎手騎乗で1番人気に支持されたセンテリュオは、ゲートを勢いよく出るもなかなか進んでいかず後方2番手を追走。直線追い上げるも4着のフェアリーポルカから4馬身も離された5着と完敗だった。 C.ルメール騎手「スタートしてからが、道悪で進んでいきませんでした。それでも、力はあるので直線は伸びてくれましたけど、残り100メートルで疲れてしまいました」★【愛知杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2020年1月18日() 18:29

 307

愛知杯のニュースをもっと見る >

【愛知杯】センテリュオ、引退までにタイトル強奪予感
 京都競馬場改修の影響で、今年は小倉開催となる愛知杯の追い切りが15日、栗東トレセンと小倉競馬場で行われた。エリザベス女王杯4着のセンテリュオは、栗東の坂路で4ハロン53秒2-12秒1と軽快な動きで、重賞初Vへ態勢を整えた。同6着以来のサラキアが栗東坂路で同53秒0-12秒1の鋭い加速を見せ、最高の調教評価『S』となった。 くっきり見えてきた重賞初制覇に向けて、力強く四肢を伸ばした。センテリュオが、一杯に追われて坂路の内ラチ沿いを駆け上がる。4ハロン53秒2-12秒1のフィニッシュに、高野調教師が納得の表情を浮かべた。 「動きとしては十分。無理使いしていない分、筋肉がついてきてパワフルになってきました」 午前9時過ぎに1本目をキャンターで登坂。約10分後に2本目のスタートを切ると、1ハロンごとに加速するラップを刻み、ラストも鋭く伸びた。 小倉芝2000メートルは、2018年8月の都井岬特別(1勝クラス)でV。走破時計1分57秒6は今回のメンバーではトップで、開幕週の速い馬場にも対応可能だ。 「広いコースの方がいいイメージですが、小回りでも結果を出しているので、特にマイナス要素は感じません」とトレーナーは力を込める。 初のGI挑戦となった前走のエリザベス女王杯は4着。ルメール騎手の好判断で好位につけると、直線でも踏ん張って地力の高さを証明した。前走より1キロ軽いハンデ55キロにトレーナーは「成績的には少し重いかなと思いますが、仕方ないですね」と微妙な表情だが、それも実力を認められた証しだろう。 血統も魅力だ。ディープインパクト産駒は昨年のステイヤーズS(モンドインテロ)から7週連続JRA重賞制覇中で、今週は史上初の「8週連続-」がかかっている。母系でも全兄トーセンスターダムは重賞を2勝して、オーストラリアGI・エミレーツSを制覇。おじには天皇賞・秋を制したトーセンジョーダンと、重賞ウイナーとなる下地は持っている。 「血統馬ですし、繁殖入りするまでにタイトルを取らせてあげたい。今回はチャンスだと思います」と指揮官。所属するキャロットクラブの規定で牝馬は6歳3月末で引退となっており、今年は実質的に現役ラストイヤー。小倉で、飛躍の足掛かりをつかむ。 (渡部陽之助)★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月16日(木) 05:08

 1,660

【愛知杯】パッシングスルー坂路12秒5!初小倉も適応
 関東馬パッシングスルーは、美浦Wコースで3本追い切って9日に栗東入り。この日は坂路単走で一杯に追われ、4ハロン52秒1-12秒5と鋭く伸びた。「動きは良かった。美浦である程度やって、こちらに輸送しても体は減っていないので、負荷をかけることができました」と黒岩調教師は好調ぶりを伝えた。初の小倉遠征となるが「精神的にも落ち着いていて、いい状態。環境の変化にも動じないタイプなので、しっかり適応してくれると思う」と期待を込めた。★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月16日(木) 05:07

 740

【愛知杯】追って一言
 ◆カレンシリエージョ・鈴木孝師 「前走は太めで距離も長かった。小倉は相性が良く、軽ハンデを生かせれば」 ◆サヴォワールエメ・荻野琢騎手 「スピードの乗りがよく、ハンデも51キロ。ワクワクする馬で重賞へ行けます」 ◆デンコウアンジュ・加納助手 「デキはいい意味で安定。しまいが確実になっているので、早めに動いていければ」 ◆フェアリーポルカ・菊本助手 「今週は坂路でサラッと。前走のような緩い馬場より開幕週のいい馬場は歓迎です」 ◆モルフェオルフェ・大江原師 「状態はいいが、ニューイヤーSとの両にらみ。2000メートルだと折り合いが鍵になる」 ◆ランドネ・小滝助手 「中間もバリバリ乗れて好状態。開幕週の馬場で前で運べれば」 ◆リリックドラマ・岡田師 「しっかりやって、動きも申し分なかった。開幕週の小回りは絶好の舞台」 ◆レイホーロマンス・橋田師 「感じよく来ています。長い距離を使った後でも疲れもなく、元気がある。ハンデ(52キロ)は軽いしチャンス」 ◆レッドランディーニ・石坂師 「攻めは動けていた。GIIIでハンデ52キロなら、もう少し頑張れないか」★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月16日(木) 05:07

 1,440

【愛知杯】サラキア軽快!坂路ラスト12秒1
 エリザベス女王杯6着以来となるサラキアは坂路単走。ゴール前で追われると、ラスト1ハロン12秒1(4ハロン53秒0)と鋭い加速で調教評価は最高評価の『S』となった。池添学調教師は「素軽い動きで調子は良さそう」と納得の表情を浮かべた。 これまで重賞では2着(2回)が最高。春の目標のヴィクトリアMに向けて、賞金を加算しておきたいところだけに「前走は思ったより上手な競馬をしてくれた。成長とともにスタートが安定してきたので、発馬を決めて早めに好位につけられれば」と力を込めた。★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2020年1月16日(木) 05:07

 542

愛知杯の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


愛知杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月18日 16:04更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv113 
360円 11,880円
Lv107 
360円 25,200円
Lv106 
2,460円 24,600円
Lv104 
12,500円 625,000円
Lv97 
360円 10,800円

的中情報をもっと見る >

愛知杯過去10年の結果

2019年1月26日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ワンブレスアウェイ 津村明秀 2:00.0 31.8倍 100.2
2着 ノームコア C.ルメール 1/2 3.0倍 99.6
3着 ランドネ 戸崎圭太 クビ 7.7倍 99.6
2018年1月13日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 エテルナミノル 四位洋文 2:00.1 11.6倍 101.5
2着 レイホーロマンス 岩崎翼 1/2 25.1倍 100.9
3着 マキシマムドパリ 藤岡佑介 1 1/4 4.4倍 99.8
2017年1月14日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

愛知杯のデータ分析とレース傾向

コース図小倉芝2000m

2016年から1月に開催時期が移された愛知杯だが、牝馬限定のハンデ戦という基本条件は変わっていない。2007年以降のハンデ別成績は、55.5キロ以上の複勝率が50%超と、重いハンデを課せられた馬の好走が多い。それ以外の好走例の大半は53キロ以下。54~55キロは苦戦傾向にある。つまり、手ごろなハンデと言われる馬を狙うのは得策ではないということである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)
※2020年は小倉・芝2000mで行われます

データ分析をもっと見る >

愛知杯の歴史と概要


2014年の優勝馬ディアデラマドレ

かつて存在した砂コース(中京砂2000m)から歴史が始まったレースで、施行条件や時期が目まぐるしく変わっている。現行の牝馬限定戦になって以降は、第44回(2006年)のアドマイヤキッス、第45回(2007年)のディアデラノビア、第47回(2009年)のリトルアマポーラなど、G1で上位を争える面々が勝ち馬欄に名を連ねるようになったが、ここ最近はビッグネームの出走は減った感がある。冬場のハンデ重賞らしく、毎年大混戦の様相を呈している。

歴史と概要をもっと見る >

愛知杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2020年1月26日(
アメリカジョッキーC  G2
東海テレビ杯東海S  G2

競馬番組表

2020年1月25日(
1回中山8日目
1回京都8日目
1回小倉3日目
2020年1月26日(
1回中山9日目
1回京都9日目
1回小倉4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 スワーヴリチャード 牡6
89,132万円
3 リスグラシュー 牝6
88,738万円
4 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ブラストワンピース 牡5
50,950万円
8 ワグネリアン 牡5
49,274万円
9 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
10 フィエールマン 牡5
42,004万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 サンクテュエール 牝3
5,746万円
6 マイラプソディ 牡3
5,646万円
7 マイネルグリット 牡3
5,467万円
8 ビアンフェ 牡3
5,447万円
9 プリンスリターン 牡3
5,311万円
10 スマイルカナ 牝3
5,281万円
» もっと見る