会員登録はこちら
愛知杯 G3   日程:2018年1月13日() 15:25 中京/芝2000m

レース結果

愛知杯 G3

2018年1月13日() 中京/芝2000m/18頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分58秒3
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 10

エテルナミノル

牝5 54.0 四位洋文  本田優 458(+8) 2.00.1 11.6 6
2 4 8

レイホーロマンス

牝5 51.0 岩崎翼  橋田満 420(+2) 2.00.2 1/2 25.1 11
3 4 7

マキシマムドパリ

牝6 56.0 藤岡佑介  松元茂樹 458(0) 2.00.4 1 1/4 4.4 1
ラップタイム 12.2 - 11.3 - 12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 12.0
前半 12.2 - 23.5 - 35.6 - 47.9 - 60.3
後半 59.8 - 47.2 - 35.1 - 23.3 - 12.0

■払戻金

単勝 10 1,160円 6番人気
複勝 10 380円 6番人気
8 610円 11番人気
7 180円 1番人気
枠連 4-5 1,000円 2番人気
馬連 8-10 13,120円 53番人気
ワイド 8-10 4,130円 56番人気
7-10 1,100円 7番人気
7-8 1,820円 20番人気
馬単 10-8 22,260円 89番人気
3連複 7-8-10 16,650円 49番人気
3連単 10-8-7 121,160円 393番人気

愛知杯のニュース&コラム

【愛知杯】エテルナミノル待望の重賞初V
 第55回愛知杯(13日、中京11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金3600万円 =出走18頭)四位洋文騎乗で6番人気のエテルナミノルが直線で抜け出して重賞初制覇を果たした。2分0秒1(良)。春の目標はヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)になる。後方から脚を伸ばした11番人気の伏兵レイホーロマンスが1/2馬身差の2着。さらに1馬身1/4差の3着が1番人気のマキシマムドパリだった。 尾張の寒風をものともせず、大舞台へとつながる道を切り開いた。エテルナミノルが9度目の挑戦で重賞初制覇。四位騎手は笑顔でパートナーをねぎらった。 「この中間は厩舎一丸になってゲート練習をしてくれて、中で落ち着いていたからしっかり流れに乗れた。馬が頑張ってくれました」 課題のスタートを決め、道中はスムーズに好位で運ぶ。最後の直線に向くとスパート開始。鞍上のアクションに応えて直線半ばで先頭に立つと、後続の猛追を半馬身差でしのぎ、待望の初タイトルをつかみ取った。 前走のターコイズSは発馬での後手が響き、追い上げ及ばず0秒1差の5着。リベンジを期すこの一戦に向けて、ゲート練習を積んできた。本田調教師は「もともと頭は悪くないからね。やることをやって、ゲートが怖くないということを教えた。前回も出遅れなければ勝ち負けと思っていたからね。しっかりしてきた」とうなずいた。 これで重賞ウイナーの仲間入り。狙うはもちろん大舞台だ。トレーナーは「少し間隔をあけて、ヴィクトリアマイルが目標になるかな」とGI取りをにらむ。5月の遅生まれで、5歳ながら伸びしろは十分。本格化ムードのエテルナミノルが、“実りの春”を迎えようとしている。 (川端亮平)★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちらエテルナミノル 父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、母の父フジキセキ。黒鹿毛の牝5歳。栗東・本田優厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は吉岡實氏。戦績19戦6勝。獲得賞金1億3106万6000円。重賞初勝利。愛知杯は、本田優調教師が2011年フミノイマージンに次いで2勝目、四位洋文騎手は初勝利。馬名は「永遠(イタリア語)+冠名」。
2018年1月14日() 05:04

 540

【愛知杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆岩崎騎手(レイホーロマンス2着) 「道中は脚がたまって、馬場のいいところに出してしっかり脚を使ってくれました」 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ3着) 「もう少し前の位置を取りたかったんですけど、1コーナーでの不利が全てですね」(次走の中山牝馬Sがラストランの予定) ◆吉田隼騎手(リカビトス4着) 「接触する場面がありながら、最後はいい脚を使ってくれました。先々が楽しみです」 ◆松若騎手(メイズオブオナー5着) 「もう少し前で競馬をしたかった。道中も少し力んでいた」 ◆北村友騎手(シャルール6着同着) 「直線で接触する不利が大きかったですね」 ◆津村騎手(ワンブレスアウェイ6着同着) 「いい感じで上手に走れていた。1800メートルがベストかもしれません」★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら
2018年1月14日() 05:03

 839

【愛知杯】6番人気のエテルナミノルが重賞初制覇
 1月13日の中京11Rで行われた第55回愛知杯(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝2000メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3600万円)は、四位洋文騎手騎乗の6番人気の54キロ、エテルナミノル(5歳、栗東・本田優厩舎)が好位追走から直線、馬場の真ん中から抜け出して重賞初制覇。タイムは2分0秒1(良)。 半馬身差の2着には外から追い込んだ51キロのレイホーロマンス(11番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外から伸びたトップハンデ56キロのマキシマムドパリ(1番人気)。 愛知杯を勝ったエテルナミノルは、父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、母の父フジキセキという血統。北海道新ひだか町・フジワラファームの生産馬で、馬主は吉岡實氏。通算成績は19戦6勝。重賞初制覇。愛知杯は、本田優調教師は2011年フミノイマージンに次いで2勝目、四位洋文騎手は初優勝。 ◆四位洋文騎手(1着 エテルナミノル)「前回はゲートが良くなくて、この中間は厩舎一丸でゲート練習を入念に。その効果で、中で落ち着いていたので好位を取って流れに乗れたのが大きい。距離もこれくらいがいいね」★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら
2018年1月13日() 15:38

 605

【愛知杯】入線速報(中京競馬場)
中京11R・愛知杯(1回中京1日目 中京競馬場 芝・左2000m サラ系4歳以上オープン)は、1番手10番エテルナミノル(単勝11.6倍/6番人気)、2番手8番レイホーロマンス(単勝25.1倍/11番人気)、3番手7番マキシマムドパリ(単勝4.4倍/1番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連8-10(131.2倍) 馬単10-8(222.6倍) 3連複7-8-10(166.5倍) 3連単10-8-7(1211.6倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018011307010111 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2018年1月13日() 15:28

 499

愛知杯のニュースをもっと見る >

【愛知杯】軽快ワンブレスアウェイ、デキ絶好
 休み明けを2度使われたワンブレスアウェイの仕上がりの良さが目立つ。サトノギャラクシー(500万下)を追いかけ、直線はインから馬体を併せてのゴール。軽快な動きで状態の良さを見せつけた。5ハロン66秒6、3ハロン37秒8-13秒3の時計に古賀慎調教師は納得の表情。「やればいくらでも速くなるが、反応が良くこれで十分。ここ2戦、ゲートのタイミングが良くなかったが、初めての2000メートルは問題ない。流れが向けばチャンスも」とヤル気をにじませた。★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月11日(木) 05:04

 1,398

【愛知杯】松元師、マキシマムドパリ「順調」
 連覇を狙うマキシマムドパリは、坂路の単走で4ハロン56秒9-12秒5。3日に4ハロン52秒7-12秒8を出しており、軽めでも心配はいらない。「全体時計は遅かったけど順調にきているし、この馬なりにいい状態をキープしている」と松元調教師は順調さを口にする。しっかりと折り合って、リラックスした走りだった。 56キロのハンデを背負うが、愛知杯、マーメイドSと重賞2勝の実績は一枚上。「2000メートルの距離はベスト。中京も合うし、この時期の力の要る馬場はなおさらいいと思います」と担当の吉田助手は期待している。★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月11日(木) 05:04

 698

【愛知杯】リカビトス、楽々と53秒0
 秋華賞10着以来のリカビトスは坂路4ハロン53秒0-13秒0を楽々とマークし、ショウナンアエラ(1000万下)と併入。奥村武調教師は「あれくらいの時計は余裕で出せるし、輸送もあるのでこの程度でいい。昔みたいに歩様を乱したり、体がガレたりすることが少しずつなくなってきた」と着実な体質強化をアピールした。★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月11日(木) 05:04

 1,086

【愛知杯】追って一言
 ◆アンドリエッテ・牧田師 「短期放牧明けだが、具合はいい。52キロだし、この馬の持ち味が生きる展開になれば」 ◆キンショーユキヒメ・中村師 「完璧だね。(先週まで)3週しっかりやってきているので、しまい重点でやった。使うたびによくなっている」 ◆クィーンチャーム・池江師 「動きはよかった。もう少しクラス慣れは必要かもしれないけど、馬場は少し渋っても大丈夫そう」 ◆ゲッカコウ・高橋博師 「馬場状態が合ったのか、満足いく動きだった。中京は初めてだが、前走のように折り合えれば問題ない」 ◆コパノマリーン・斎藤誠師 「間隔をあけた方がよく、うまく仕上げられた」 ◆シャルール・松永幹師 「無理せずにいい時計が出たし、動きもよかった。リラックスしていい雰囲気」 ◆ハッピーユニバンス・池添騎手 「しまいをしっかりやって、動きはよかった。ラストの脚はしっかりしているので、展開が向けば」 ◆ブラックオニキス・加藤和師 「先週までにしっかり攻めてきているし、今週は調整程度だが、中身はよくなってきている」 ◆メイズオブオナー・藤原英師 「前走はうまく勝ってくれた。状態はいい。経験と体ができるのを待ちながら、いい曲線を描いている」 ◆ロッカフラベイビー・鹿戸雄師 「調教駆けする馬と併せた。10キロほど前走より重いが、これでよくなる」★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月11日(木) 05:03

 1,262

愛知杯の直前追い切り情報をもっと見る >

愛知杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月13日 16:06更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 
1,100円 16,500円
Lv109 
1,100円 27,500円
Lv106 
1,160円 5,800円
Lv104 
1,100円 31,900円
Lv104 
16,650円 83,250円

的中情報をもっと見る >

愛知杯過去10年の結果

2017年1月14日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
2016年1月16日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 バウンスシャッセ 田辺裕信 1:58.8 21.9倍 101.2
2着 リーサルウェポン 川島信二 1 1/4 13.8倍 100.0
3着 アースライズ 川須栄彦 アタマ 7.0倍 100.0
2014年12月20日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

愛知杯のデータ分析とレース傾向

コース図中京芝2000m

2016年から1月に開催時期が移された愛知杯だが、中京芝2000mで行われる牝馬限定のハンデ戦という基本条件は変わっていない。2007年以降のハンデ別成績は、55.5キロ以上の複勝率が50%超と、重いハンデを課せられた馬の好走が多い。それ以外の好走例の大半は53キロ以下。54~55キロは苦戦傾向にある。つまり、手ごろなハンデと言われる馬を狙うのは得策ではないということ。事実、55.5キロ以上が不在の2017年は53キロ以下が上位を独占した。覚えておきたい傾向だ。レースが行われる中京2000mは、高低差約3.5mのタフなコース。直線が約412mと長いうえに急坂もあるため、激しい追い比べになりやすい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

愛知杯の歴史と概要


2014年の優勝馬ディアデラマドレ

かつて存在した砂コース(中京砂2000m)から歴史が始まったレースで、施行条件や時期が目まぐるしく変わっている。現行の牝馬限定戦になって以降は、第44回(2006年)のアドマイヤキッス、第45回(2007年)のディアデラノビア、第47回(2009年)のリトルアマポーラなど、G1で上位を争える面々が勝ち馬欄に名を連ねるようになったが、ここ最近はビッグネームの出走は減った感がある。冬場のハンデ重賞らしく、毎年大混戦の様相を呈している。

歴史と概要をもっと見る >

愛知杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る