今週の重賞レース

2021年3月13日( 中山牝馬ステークス G3
2021年3月14日( 金鯱賞 G2 フィリーズレビュー G2
愛知杯 G3   日程:2021年1月16日() 15:35 中京/芝2000m



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり
3F
通過順
1 8 18

マジックキャッスル

牝4 54.0 戸崎圭太  国枝栄 444(+12) 1.58.7 6.3 2 35.4 ⑪⑪⑩⑧
2 7 14

ランブリングアレー

牝5 54.0 福永祐一  友道康夫 480(+10) 1.58.7 クビ 10.1 6 35.4 ⑧⑨⑨⑧
3 2 4

ウラヌスチャーム

牝6 54.0 岩田康誠  斎藤誠 504(+6) 1.59.2 14.8 8 35.2 ⑰⑰⑰⑱
4 7 13

アブレイズ

牝4 53.0 藤井勘一  池江泰寿 484(-10) 1.59.2 ハナ 62.8 14 35.5 ⑭⑭⑮⑮
5 4 7

サトノガーネット

牝6 55.0 坂井瑠星  矢作芳人 444(+2) 1.59.5 20.6 10 35.7 ⑱⑰⑰⑯
6 6 11

デンコウアンジュ

牝8 56.0 柴田善臣  荒川義之 478(+6) 1.59.5 ハナ 38.9 11 36.0 ⑯⑮⑫⑪
7 5 10

サトノダムゼル

牝5 53.0 川田将雅  堀宣行 462(-8) 1.59.6 1/2 7.6 3 36.7 ④④④④
8 5 9

カセドラルベル

牝5 53.0 松山弘平  西村真幸 552(-12) 1.59.6 アタマ 14.3 7 36.1 ⑩⑩⑩⑪
9 7 15

シゲルピンクダイヤ

牝5 54.0 和田竜二  渡辺薫彦 480(+2) 2.00.0 2 1/2 8.1 4 37.0 ⑤⑤⑤⑤
10 2 3

ディアンドル

牝5 54.0 池添謙一  奥村豊 504(+12) 2.00.0 クビ 118.2 18 37.7 ①①①①
11 3 5

センテリュオ

牝6 56.0 C.ルメー  高野友和 486(+10) 2.00.1 クビ 4.0 1 36.3 ⑭⑮⑮⑯
12 6 12

レッドアステル

牝5 53.0 武豊  国枝栄 444(-6) 2.00.2 1/2 8.2 5 36.7 ⑬⑬⑫⑪
13 1 1

ドナウデルタ

牝5 54.0 岩田望来  石坂正 446(-2) 2.00.2 クビ 53.0 12 36.7 ⑫⑫⑫⑪
14 1 2

ウインマイティー

牝4 53.0 松若風馬  五十嵐忠 472(-8) 2.00.4 16.6 9 37.2 ⑥⑥⑤⑧
15 8 16

リンディーホップ

牝6 52.0 武藤雅  金成貴史 468(+2) 2.00.4 ハナ 72.1 16 37.3 ⑧⑥⑤⑤
16 4 8

サマーセント

牝5 52.0 幸英明  斉藤崇史 470(+10) 2.01.1 55.9 13 38.0 ⑥⑥⑤⑤
17 8 17

ナルハヤ

牝7 52.0 藤田菜七  梅田智之 516(+6) 2.02.4 71.5 15 39.9 ②②②②
18 3 6

タガノアスワド

牝7 52.0 北村友一  五十嵐忠 518(0) 2.02.4 アタマ 108.1 17 39.9 ③②③②
ラップタイム 12.3 - 10.2 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.8 - 12.6 - 12.3 - 12.0 - 12.1
前半 12.3 - 22.5 - 34.3 - 46.3 - 57.9
後半 60.8 - 49.0 - 36.4 - 24.1 - 12.1

■払戻金

単勝 18 630円 2番人気
複勝 18 230円 2番人気
14 310円 6番人気
4 470円 8番人気
枠連 7-8 990円 2番人気
馬連 14-18 3,470円 12番人気
ワイド 14-18 1,380円 14番人気
4-18 1,890円 19番人気
4-14 2,380円 31番人気
馬単 18-14 6,170円 20番人気
3連複 4-14-18 19,070円 67番人気
3連単 18-14-4 79,590円 216番人気

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:306,495人(03月09日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

厩舎
の話

【愛知杯2021予想】センテリュオ「時計を求められないレースの方がいい」 マジックキャッスル「ボリュームが出て、成長感じる」

 ◆アブレイズ・兼武助手「気持ちの面で難しいところが。他の馬を気にする面がどうかですが、能力は秘めています」

 ◆ウインマイティー・五十嵐師「最近は自分から走るのをやめるのでブリンカーをつける。きっかけをつかんでほしい」

 ◆ウラヌスチャーム斎藤誠師「追い切りでは最後までしぶとさを見せていた。前走くらいの状態にはあると思う」

 ◆カセドラルベル・西村師「左回りの2000メートル戦はいい。早めに押し切る競馬がしたい」

 ◆サトノガーネット・宮内助手「放牧帰りでもバリバリ乗り込めた。ハンデは背負うが流れひとつで巻き返していい」

 ◆サトノダムゼル・堀師「息遣いがさらに良くなっています。今後のためにも何とか賞金を加算してほしい」

 ◆サマーセント・斉藤崇師「まだ良くなりそう。牝馬同士のハンデ戦ですし、頑張ってほしい」

 ◆センテリュオ・高野師「状態は安定しています。時計を求められないレースの方がいい」

 ◆タガノアスワド・五十嵐師「使って良くなっている。今の中京は前残りする馬場だし、自分の型に持ち込む競馬なら」

 ◆ディアンドル奥村豊師「体調はいい。順調ですよ。中京コースに問題はありません。距離に慣れてくれれば」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手「前走は(脚を余す)少しもったいない競馬。コースはどこでも構いません。展開がはまるかどうかです」

 ◆ドナウデルタ石坂正師「順調です。前走は位置取りが悪かった。距離に関してはやってみないと分かりません」

 ◆ナルハヤ・梅田師「しまいを伸ばして、しっかり動けていた。いい感じで仕上がった。荒れ馬場も気にならない」

 ◆マジックキャッスル・戸崎騎手「ボリュームが出て、成長を感じた。レースが上手でどんな競馬にも対応できる」

 ◆ランブリングアレー・友道師「前回はマイル戦の外枠が響いた。距離延長しますし、条件はこれくらいの方がいい」

 ◆リンディーホップ・金成師「中京は勝ち切っているコース。ここ目標に仕上がったし、ハンデもいい」

 ◆レッドアステル・国枝師「いい状態をキープ。切れる脚があるのでできればいい馬場で走らせたい」



愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

 ウマニティの会員数:306,495人(03月09日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

データ
予想

【愛知杯2021予想】5項目チェックからウラヌスチャーム、レッドアステル、リンディーホップの3頭が浮上

【馬齢】

1回中京で行われた近4回(2016~2019年)の1~2着馬8頭の馬齢をみると、4~6歳の間で収まっている。ただし、4歳の2着連対は重賞勝利歴があった馬のみ。重賞未勝利の4歳馬は、ことごとく3着以下に敗れている。

【所属】

1回中京で行われた近4回の所属別成績は、美浦【2.2.1.17】、栗東【2.2.3.36】。勝率、連対率ともに前者が上回っている。また、後者の好走は前走5着以内の馬に限られるので、そのあたりには注意を払いたい。

【ハンデ】

1回中京で行われた近4回の3着以内延べ12頭の負担重量を検証すると、50キロから56キロの間で収まっている。いかに軽量とはいえ、50キロ未満馬の過大評価は避けたいところだ。

【近走成績】

1回中京で行われた近4回の3着以内延べ12頭のうち6頭が近2走内に1着経験、残りの6頭には近2走内にG1またはJpn2の出走歴(着順不問)があった。近2走ともG3/Jpn3より下のクラスで敗れていた馬は、複勝圏に達していない。

【距離実績】

1回中京で行われた近4回の2着以内8頭には、例外なく芝の1800mで勝利経験があった。芝2000mの重賞でありながら、芝1800mの適性をも問われるレースといえよう。

【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、ウラヌスチャームリンディーホップレッドアステルの3頭。最上位にはウラヌスチャームを推す。1回中京施行の近4回、近2走内にG1出走歴がある馬は、4勝を含む5連対と活躍。本馬自身、左回りの芝で【5.1.0.5】という上々の成績を残していることも好感が持てる。

キャリア8戦と使い減りしておらず、左回りの芝で2戦2勝の良績を挙げているレッドアステルを2番手に。当該コースで勝利経験があるリンディーホップも、ぞんざいには扱えないだろう。

<注目馬>
ウラヌスチャーム レッドアステル リンディーホップ

このレースの傾向やデータをもっと見る

U指数
予想

【愛知杯2021予想】人気、U指数ともに波乱含みの一戦だが中心は指数上位勢でOK!

U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。
---------------------

牝馬限定のハンデ重賞。その字面から伝わるイメージ通り、一筋縄ではおさまらない難解なレースになっている。二桁人気の激走が多いのはもちろん、U指数に関しても波乱含みで、2016年は二桁順位がワンツー、2018年と2020年は二桁順位が2位に食い込むなど、なんでもありの状態だ。

しかしその一方、1~3位の指数上位勢も意地を見せており、2017~2019年はそれぞれ2頭、2020年は1頭が、しっかり馬券絡みを果たしている。U指数で1~3着をパーフェクトに当てるのは至難の業だが、軸馬選びには有効に機能してくれると考えていい。今回も上位勢を中心に馬券を組み立てるスタンスで臨うむといいだろう。

1~3位が安定している傾向を踏まえ、同じ舞台の中日新聞杯勝ちの実績がある1位のサトノガーネット(98.0)、ディフェンディングチャンピオンで2位のデンコウアンジュ(97.9)、左回りで安定している3位のウラヌスチャーム(97.6)の3頭は真っ先に押さえておく。ここにもう1頭、前走の中日新聞杯2着で復活の兆しを見せた6位のシゲルピンクダイヤ(96.8)を加えたい。

出走予定馬のU指数をチェックする

 ウマニティの会員数:306,495人(03月09日現在)

ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。

血統
予想

【愛知杯2021予想】人気を当てにしづらいディープインパクト、サンデーサイレンス直系は非主流血統が活躍

昨年は小倉芝2000mで代替開催されたため、2年ぶりに中京芝2000mにて施行されることになるが、一昨年はゼンノロブロイの姪にあたるワンブレスアウェイが8番人気の低評価を覆す走りで重賞初制覇を飾っていた。17年には同牝系となるクインズミラーグロが6番人気3着、16年にもゼンノロブロイ産駒のバウンスシャッセが8番人気で勝利するなど、ゼンノロブロイに所縁ある血統馬が出走した際には人気を問わず気を配るべきだろう。

一方で、人気を当てにしづらいのがディープインパクト。12月開催時には12年ピクシープリンセス、13年スマートレイアーと2年連続で1番人気が6着に敗れたかと思えば、13年キャトルフィーユは14番人気2着と激走し、1月移設後も16年リーサルウェポンが5番人気2着と健闘している。とはいえ、サンデーサイレンスの直系は非主流血統の活躍が目立つので、基本的には疑って掛かる必要がありそうだ。

サマーセントは、父ハービンジャー×母プリムローズレーン(母の父サンデーサイレンス)。05年にプリンセスエリザベスS-英G3とカーディナルH-米G3を制し、04年英1000ギニー-英G1・2着の実績を持つサンドロップの姪。本馬は2走前のマーメイドS-G3で上位人気と目されるセンテリュオを負かしており、前走においては馬場も展開も不向きで度外視できる。今回は有力所に差し馬が集まるメンバー構成となりそうなので、マイペースで運べれば2走前の再現があっても驚けない。父の産駒は昨年の代替開催含めて3年連続で好走している勢いもある。

ウインマイティーは、父ゴールドシップ×母アオバコリン(母の父カコイーシーズ)。ヘヴンリーロマンスやサウスアトランテイツクが出たArkadinaに遡る牝系で、母は南関東の所属馬として03年にTCK女王盃・3着、マリーンC・3着、東京大賞典・5着とダートグレード競走で活躍。この血統らしくタフな馬場や急坂コースでは堅実で、近3走においては展開的な不利があったことも否めない。本来は先行してしぶとく脚を使えるタイプなので、G3のハンデ戦であれば見直せるだろう。

フィリアプーラは、父ハービンジャー×母プリンセスカメリア(母の父サンデーサイレンス)。11年朝日杯フューチュリティS-G1を制したアルフレードの半妹で、2代母ラトラヴィアータはサクラバクシンオーの全妹にあたる血統。父の産駒は18年レイホーロマンス、19年ノームコアと距離短縮で臨む馬が人気を問わず2着に好走しており、本馬も不得手な道悪を除けば堅実に脚を使う魅力がある。特別登録段階では除外対象となるが、出走が叶った際には注目しておきたい。

(文・シンヤカズヒロ)

【血統予想からの注目馬】
サマーセント ウインマイティー フィリアプーラ

出走馬の最新ニュース

最新ニュースをもっと見る

過去10年の結果

【愛知杯2021予想】過去のレース結果と結果U指数をチェック!

2020年1月18日() 小倉/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 デンコウアンジュ 柴田善臣 2:01.1 24.6 9 36.1 101.0
2 6 アルメリアブルーム 武豊 2:01.1 クビ 11.9 5 36.4 101.0
3 3 レイホーロマンス 酒井学 2:01.2 クビ 40.4 11 36.5 100.4
4 14 フェアリーポルカ 和田竜二 2:01.3 3/4 16.3 6 36.4 99.8
5 2 センテリュオ C.ルメール 2:02.0 2.9 1 36.7 95.7
2019年1月26日() 中京/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 5 ワンブレスアウェイ 津村明秀 2:00.0 31.8 8 33.9 100.2
2 11 ノームコア C.ルメール 2:00.1 1/2 3.0 1 33.5 99.6
3 8 ランドネ 戸崎圭太 2:00.1 クビ 7.7 4 34.4 99.6
4 9 ウラヌスチャーム 北村友一 2:00.2 1/2 5.9 3 33.9 99.0
5 4 コルコバード 丸山元気 2:00.2 アタマ 11.4 6 33.8 99.0
2018年1月13日() 中京/芝2000m
天候: 馬場:
着順 馬番 馬名 騎手 タイム 着差 オッズ 人気 上3F U指数
1 10 エテルナミノル 四位洋文 2:00.1 11.6 6 34.7 101.5
2 8 レイホーロマンス 岩崎翼 2:00.2 1/2 25.1 11 34.0 100.9
3 7 マキシマムドパリ 藤岡佑介 2:00.4 1 1/4 4.4 1 34.4 99.8
4 4 リカビトス 吉田隼人 2:00.5 1/2 7.3 3 34.1 99.2
5 3 メイズオブオナー 松若風馬 2:00.6 3/4 9.8 5 34.7 98.6

過去10年の結果をもっと見る

歴史と
概要

【愛知杯2021予想】レースの歴史や競走条件、歴代優勝馬は?

2014年の優勝馬ディアデラマドレ

かつて存在した砂コース(中京砂2000m)から歴史が始まったレースで、施行条件や時期が目まぐるしく変わっている。現行の牝馬限定戦になって以降は、第44回(2006年)のアドマイヤキッス、第45回(2007年)のディアデラノビア、第47回(2009年)のリトルアマポーラなど、G1で上位を争える面々が勝ち馬欄に名を連ねるようになったが、ここ最近はビッグネームの出走は減った感がある。冬場のハンデ重賞らしく、毎年大混戦の様相を呈している。

歴史と概要をもっと見る

愛知杯特集 バックナンバー