アブレイズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アブレイズ
アブレイズ
アブレイズ
アブレイズ
写真一覧
現役 牝5 青鹿毛 2017年4月18日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主前田 幸貴
生産者株式会社 ノースヒルズ
生産地新冠町
戦績14戦[3-1-0-10]
総賞金8,636万円
収得賞金4,100万円
英字表記Ablaze
血統 キズナ
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
キャットクイル
エディン
血統 ][ 産駒 ]
ジャングルポケット
ナインミューズ
兄弟 カリマブライエス
市場価格
前走 2022/05/15 ヴィクトリアマイル G1
次走予定

アブレイズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1859154.1177** 牝5 55.0 菅原明良池江泰寿 490
(-4)
1.32.8 0.632.9⑮⑮ソダシ
22/04/23 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 166125.519** 牝5 54.0 菅原明良池江泰寿 494
(+6)
1.47.7 0.735.9⑩⑨⑧⑤アナザーリリック
22/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1671429.2122** 牝5 56.0 菅原明良池江泰寿 488
(-14)
1.46.9 0.134.6⑥⑥⑦⑤クリノプレミアム
21/10/16 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 1861130.01113** 牝4 54.0 横山武史池江泰寿 502
(+8)
1.46.4 0.834.3⑧⑦⑦シャドウディーヴァ
21/06/20 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 161213.796** 牝4 56.0 浜中俊池江泰寿 494
(+10)
2.01.1 0.735.6④⑤シャムロックヒル
21/05/22 東京 11 メイS OP 芝1800 14464.721** 牝4 54.0 大野拓弥池江泰寿 484
(+2)
1.46.3 -0.033.8⑤⑥フランツ
21/04/24 新潟 11 福島牝馬S G3 芝1800 165918.986** 牝4 54.0 藤井勘一池江泰寿 482
(-4)
1.47.1 0.233.5⑩⑨ディアンドル
21/03/13 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 163618.31012** 牝4 54.0 藤井勘一池江泰寿 486
(+2)
1.56.4 1.640.1⑫⑬⑮⑯ランブリングアレー
21/01/16 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 1871362.8144** 牝4 53.0 藤井勘一池江泰寿 484
(-10)
1.59.2 0.535.5⑭⑭⑮⑮マジックキャッスル
20/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18818253.71711** 牝3 55.0 藤井勘一池江泰寿 494
(-2)
2.02.2 1.637.2⑨⑨⑪⑰デアリングタクト
20/09/20 中京 11 ローズS G2 芝2000 1851017.6612** 牝3 54.0 藤井勘一池江泰寿 496
(+18)
2.01.1 1.235.4リアアメリア
20/05/24 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 182351.11117** 牝3 55.0 藤井勘一池江泰寿 478
(-2)
2.26.1 1.735.7デアリングタクト
20/03/20 中山 11 フラワーC G3 芝1800 1481379.3121** 牝3 54.0 藤井勘一池江泰寿 480
(+4)
1.48.2 -0.136.7レッドルレーヴ
20/02/02 京都 6 3歳新馬 芝2000 14459.061** 牝3 54.0 藤井勘一池江泰寿 476
(--)
2.05.8 -0.135.6⑤⑤⑥コンフィテーロ

アブレイズの関連ニュース

ヴィクトリアマイルの◎ファインルージュは2着。スタート、道中と完璧だったものの、直線半ばの〝さあこれから〟というときにバランスを崩してしまった。レイパパレが外に行き、押し出されたクリノプレミアムと接触。惨敗も覚悟するシーンだったが、そこから強靭な精神力で盛り返しを見せて連を確保したのだから驚かされた。

あれがなければ勝っていたとまでは言えないまでも、ソダシとの一騎打ちに持ち込めていた可能性大。ただしスタート直後に落馬寸前のアクシデントがあったレイパパレ同様、これも競馬の一部と納得するしかない。

上位陣の好勝負は今後も続くだろうが、初のマイルでオッと思わせたのが7着アブレイズ。直線でのゴボウ抜きは見事で、(牝)重賞でまた穴を開けるかもしれない。(夕刊フジ)

【ヴィクトリア】レースを終えて…関係者談話 2022年5月16日(月) 04:53

◆横山武騎手(レシステンシア3着)「この距離は長いかと思いましたが、この馬の根性に救われましたね。リズム優先で走らせて折り合いもついたし、よく粘ってくれました」

◆田中勝騎手(ローザノワール4着)「押してハナを主張して、ペースを落とし過ぎないように運んだ。行き切ればマイルでもやれるね」=次走はクイーンS(7月31日、札幌、GⅢ、芝1800メートル)を視野に。

◆池添騎手(ソングライン5着)「ゲートは普通に出たのですが、ゴチャつきそうだったので、スムーズさを優先で引いて、位置取りが悪くなったのが敗因です。直線は伸びてくれましたが、うまく乗れなかったのが申し訳ないです」

◆菅原明騎手(アブレイズ7着)「スタート後に少しせまくなって後ろから。最後はいい脚を使ってくれたので、少しもったいない競馬になりました」

◆幸騎手(アカイイト8着)「テンは少し忙しい感じでしたが、きょうの走りならマイルでもやれる感じはありますね」

◆坂井騎手(シャドウディーヴァ9着)「しまいに懸ける競馬で、ラストは脚を使ってくれました」

◆M・デムーロ騎手(ミスニューヨーク10着)「いい感じで追走ができましたが、直線は思ったほどの瞬発力が使えず、ジリジリという感じでした」

武豊騎手(ディヴィーナ11着)「外から押されてポジションを下げる不利があったが、いずれは重賞でもやれる力はある」

◆レーン騎手(テルツェット13着)「ゲートが開く瞬間に頭を振ってタイミングが合わなかった。それでも、最後の400メートルはいい脚を見せてくれた」

◆福永騎手(アンドヴァラナウト14着)「完璧に乗れなかった。本来はスタートを決めてレイパパレの後ろを取りたかったが、外を回る形になってしまいました」

◆藤岡康騎手(デゼル15着)「具合は良かったが、きょうの展開では脚がたまり切らなかったです」

◆松岡騎手(クリノプレミアム16着)「力は出せたがコース形態が合わなかった。コーナーが4つの舞台なら違ったと思う」

◆戸崎騎手(マジックキャッスル17着)「追走はスムーズでしたが、コーナーで手前を替えたときにトモが入ってこなかった」

◆鮫島駿騎手(メイショウミモザ18着)「長距離輸送があり、GⅠで雰囲気も違いましたからね。繊細な馬なので目に見えない部分が影響した感じです」

[もっと見る]

【ヴィクトリア】前走後の談話 2022年5月15日() 04:50

デアリングタクト「敗因はちょっと分からないが、勝った馬が強かった」(21年QEⅡC3着=松山騎手)

メイショウミモザ「少し狭くなるところがあったが、勝負根性を見せてくれた」(サンスポ杯阪神牝馬S1着=鮫島駿騎手)

マジックキャッスル「手前ばかり替えていた」(サンスポ杯阪神牝馬S5着=浜中騎手)

ソダシ「馬場や枠に助けられた部分はある。水を含んだ軽い馬場は良かった」(フェブラリーS3着=吉田隼騎手)

ディヴィーナ「良馬場ならもっと突き抜けていたと思う」(豊橋S1着=吉田隼騎手)

レシステンシア「道中はスムーズだったが、直線へ向いたときから手応えがなかった」(高松宮記念6着=横山武騎手)

クリノプレミアム「結果的にワンテンポ早かったかもしれない」(福島牝馬S2着=松岡騎手)

アブレイズ「周りを気にして伸びていかなかった」(福島牝馬S9着=菅原明騎手)

ローザノワール「自分の形で運べていれば違ったと思う」(中山牝馬S9着=田中勝騎手)

ファインルージュ「直線はスペースができるとスッと抜けて、最後はいい脚を使った」(東京新聞杯2着=ルメール騎手)

ミスニューヨーク「馬場の悪い内からでも伸びた」(中山牝馬S3着=Mデムーロ騎手)

レイパパレ「勝ちにいってこの馬らしい競馬をしてくれたし、最後まで辛抱してくれました」(大阪杯2着=川田騎手)

アカイイト「3、4コーナーで思ったように動けなかったし、直線でもはじけなかった」(大阪杯10着=幸騎手)

アンドヴァラナウト「思った通りマイルはいいが、最後はいい走りではなかった」(サンスポ杯阪神牝馬S2着=福永騎手)

デゼル「内容は去年よりはるかにいい走りができています」(サンスポ杯阪神牝馬S3着=川田騎手)

シャドウディーヴァ「スタートが良く、ポジションも良かったけど、伸びなかった」(金鯱賞12着=福永騎手)

テルツェット「斤量(56・5キロ)が響いているのか、道中の手応えがもうひとつ」(中山牝馬S5着=田辺騎手)

[もっと見る]

【重賞データ分析】ヴィクトリアマイル2022 トップ評価レイパパレを含む全6頭が減点なし 2022年5月14日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はヴィクトリアマイル・データ分析をお届けします!


【前走使用距離】
主要ステップレースの阪神牝馬Sが1600m施行となった、2016年以降の2着以内馬の前走使用距離を検証すると、いずれも芝の1600m以上。まずは、芝マイル以上からの臨戦馬を重視したいところだ。

(減点対象馬)
ソングライン ⑤ソダシ ⑦レシステンシア

【キャリア】
2016年以降の2着以内馬12頭中11頭がキャリア17戦以内。例外は2016年の1着馬ストレイトガールのみ(キャリア30戦)。同馬はヴィクトリアマイルで2014年3着→2015年1着のリピーター。当レースで3着以内の好走歴がない、キャリア18戦以上の馬は強調しづらい感を持つ。

(減点対象馬)
メイショウミモザ ⑧クリノプレミアム ⑩ローザノワール ⑫ミスニューヨーク ⑭アカイイト ⑰シャドウディーヴァ

【前走成績】
2016年以降の1~2着全馬が前走1ケタ着順だった。なお、前走がG1以外で2着以下、かつ1位入線馬とのタイム差が0秒5以上だった馬の好走(3着以内)は、先述したリピーターホース・ストレイトガール(2016年1着)の1例のみ。その点には注意を払いたい。

(減点対象馬)
アブレイズ ⑭アカイイト ⑰シャドウディーヴァ

【近走成績】
2016年以降、過去のヴィクトリアマイルで3着以内の好走歴があった馬を除くと、近2走とも5着以下に敗れていた馬が2着連対圏に入ったケースはゼロ。舞台実績に乏しく、勢いも欠く馬は「あって3着まで」の扱いが妥当だろう。

(減点対象馬)
シャドウディーヴァ ⑱テルツェット

【東京芝出走歴】
2016年以降の1~2着馬12頭のうち11頭に東京芝コースの出走歴があった。例外の1頭は左回りの重賞2着以内経験馬。左回りでの重賞連対歴がないうえに、ヴィクトリアマイルが東京芝初出走という馬は劣勢を強いられている。

(減点対象馬)
メイショウミモザ ⑥ディヴィーナ

【重賞実績】
2016年以降の2着以内馬12頭中10頭が芝1600m以上の重賞ウイナー。残りの2頭には、芝マイルG1で5着以内に入った経験があった。芝1600m以上の重賞未勝利、かつ芝マイルG1において善戦・好走歴がない馬の過信は禁物だ。

(減点対象馬)
ディヴィーナ ⑩ローザノワール


【データ予想からの注目馬】
上記6項目で減点がないのは、①デアリングタクト、④マジックキャッスル、⑪ファインルージュ、⑬レイパパレ、⑮アンドヴァラナウト、⑯デゼルの6頭。

最上位には⑬レイパパレを挙げたい。2016年以降、前年以降に牡馬混合の古馬G1を勝っていた馬は【3.0.1.0】という、抜群の安定感を見せている。引き続き要警戒の存在だ。

過去6年、複勝圏入り延べ10頭の前走阪神牝馬S組に該当する④マジックキャッスル、⑮アンドヴァラナウト、⑯デゼルらも上位グループに位置する。当レースと比較的相性がいい、桜花賞3着以内経験馬の①デアリングタクトと⑪ファインルージュも差はない。

<注目馬>
レイパパレ ④マジックキャッスル ⑮アンドヴァラナウト ⑯デゼル ①デアリングタクト ⑪ファインルージュ

[もっと見る]

【ROBOTIPの勝率予測】ヴィクトリアマイル2022 稀に見る血統指数的横一線戦況、的中のカギは○○○!? 2022年5月14日() 12:00



こんにちは!ウマニティのROBOTIP開発プロジェクトメンバーの孫権です。
本日は15(日)に行われるG1ヴィクトリアマイルを予想していきたいと思います。


まず、孫権のROBOTIP設定は「血統」の能力指数を100%重視しています。レース条件に応じて、必要な場合には他の能力指数(競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者)を配合しますが、基本的には「血統」指数オンリーで展開します。
そして、適性については、血統の「距離適性」「トラック適性」「周回方向適性」「G前の坂の有無適性」を配合します。
以上が、私孫権のROBOTIP設定の基本方針です。


今週のヴィクトリアマイルも、引き続きドンピシャ条件(当該施行条件だけにROBOTIP設定をアジャストすることができる)以外セッティングで行われるレースということで、「トラック適性」のみに振り(100%)、補正については定量戦でもあり全OFFで臨みたいと思います。
これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。


孫権ROBOTIPが弾き出したヴィクトリアマイル全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)

1 ⑯デゼル        7.41%
2 ④マジックキャッスル  6.94%
3 ⑮アンドヴァラナウト  6.92%
4 ⑰シャドウディーヴァ  6.91%
5 ⑦レシステンシア    6.62%
6 ⑩ローザノワール    6.53%
7 ⑱テルツェット     6.18%
8 ⑬レイパパレ      6.01%
9 ⑪ファインルージュ   5.86%

10 ⑩クリノプレミアム   5.49%
11 ②ソングライン     5.43%
12 ⑭アカイイト      5.43%
13 ⑫ミスニューヨーク   4.81%
14 ③メイショウミモザ   4.79%
15 ⑥ディヴィーナ     4.43%
16 ⑨アブレイズ      4.28%
17 ①デアリングタクト   3.02%
18 ⑤ソダシ        2.93%


ROBOTIPの基本的な考え方として、平均勝率(18頭立ての場合は5.55%)を上回る馬のみを馬券対象にしますので、今回のヴィクトリアマイルでは上位9頭までが馬券の対象ということに。
勝率の差で隊列を組むと以下の並びになります。

 ⑯④⑮⑰⑦⑩⑱⑬⑪

……って、隊列にもなっていない。そして、トップで勝率7.41%(低っ)、2.0ポイント差内に12頭までが入ってきてしまうという、まあ大拮抗の算出結果^^;
いいでしょう、もうこうなったらゴール前もその9頭で“隊列の組めない隊列”のままに団子状態で飛び込んで大番狂わせを演じてもらいましょう。幸いなのは、この何があっても驚けぬ勝率差なのに、人気馬ばかり買うことになっていない点でしょうか(特に、今の府中芝を鑑みると、内枠の人気馬に偏ったりしていないことはまだ救いかも ※金曜本稿執筆時点)。
ということで、今回は、以下の馬連計9,800円(62点)で挑むこととします。
買い足し的なフォーメーションは、1位⑯デゼルのことも含め、今回のカギを握る『外差し』がハマった時用という感じで(府中の直線内半分上空だけ雨よ降り続け~)。


【孫権のヴィクトリアマイル勝負馬券】


馬連ボックス
④⑦⑩⑪⑬⑮⑯⑰⑱
36点×200円=7,200円

馬連フォーメーション
⑮⑯⑰⑱-④⑦⑩⑪⑬⑮⑯⑰⑱
26点×100円=2,600円

**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

[もっと見る]

【ヴィクトリア】枠順の明暗 2022年5月14日() 04:50

〈栗東トレセン〉

1年1カ月ぶりの実戦となる2020年の3冠牝馬デアリングタクトは、最内の❶枠①番に決定。杉山晴調教師は「枠はあまり関係ないです。自分の競馬に徹するだけです」と話した。

サンスポ杯阪神牝馬Sの勝ち馬メイショウミモザは❷枠③番に決定。「内のほうがいいと思っていたので良かった」と池添兼調教師。関西馬でただ一頭、金曜輸送で東京競馬場へ向かった。

白毛のソダシは、❸枠⑤番となった。15年にストレイトガールが勝ち、17年には厩舎の先輩アドマイヤリードが栄光をつかんだ馬番だ。須貝調教師は「リードも勝っているし、いいんじゃないですか。外枠でもなく、ここなら周りの動きを見ながら競馬ができる」と歓迎した。13日は栗東坂路を4ハロン61秒8-13秒4で駆け上がったあとゲート練習。テンションが上がりすぎることもなく、気配良好だ。調教後の馬体重はプラス4キロの480キロで、「想定内の数字だね。練習ではゲートもおとなしい」と納得の表情だった。

ディヴィーナは最多タイの3勝を挙げる❸枠⑥番から、母子制覇を目指す。「枠はどこでもよかった。そんなにテンションが上がる馬ではないので輸送は大丈夫だと思う」と友道調教師。

19年の最優秀2歳牝馬レシステンシアは❹枠⑦番。昨年は大外枠で6着だった。金濱厩務員は「外過ぎないし、ちょうどいい枠じゃないですか。状態も変わりなくきていますよ」と語った。

20年フラワーC勝ち馬アブレイズは、過去に2着2回が最高着順の❺枠⑨番。兼武助手は「他馬を気にする面があって、内でゴチャつきたくないので良かった」と前向きに話した。

ローザノワールは勝ち星こそないものの、16、17年と2年連続で2着になった❺枠⑩番に決定。西園正調教師は「ど真ん中の偶数枠。いい枠だね。何が何でも行く!」と逃げ宣言。

昨年のターコイズSを勝ったミスニューヨークは、過去に2勝を挙げる❻枠⑫番。杉山晴調教師は「偶数の外めがいいと思っていたので良かったです」と笑顔を見せた。

大阪杯2着馬レイパパレは16年にストレイトガールが勝った外めの❼枠⑬番。「(川田)騎手に委ねます。競馬でのこの馬に関しては僕の100倍知っていますから」と高野調教師。

昨年のエリザベス女王杯勝ち馬アカイイトは、14年にヴィルシーナが連覇を果たした❼枠⑭番。「偶数だしちょうどいい枠だと思います。順調にきていますよ」と柴田助手。

昨年のローズSを勝ったアンドヴァラナウトは❼枠⑮番。山田助手は「枠は気にしていません。具合はいいですし、馬場が渋ってもこなせると思う」と期待を寄せた。

デゼルは11年にアパパネが勝っている❽枠⑯番。友道調教師は「ディヴィーナもそうですが、駐立に問題ないので奇数、偶数も含め、枠はどこでも良かった」と外枠にも泰然自若。

〈美浦トレセン〉

重賞2勝のキズナ産駒ソングラインは❶枠②番をゲット。「前走は②番ゲートでしたし、富士Sも❶枠①番。結果が出ている縁起のいい枠だと思います」と林調教師は歓迎した。

昨年の3着馬マジックキャッスルは❷枠④番。過去最多3勝の吉兆枠に「お、いいじゃん」と国枝調教師は歓迎。「ディープの子だから馬場は乾いてほしいね」と天気を気にしていた。

GⅠ初挑戦となる中山牝馬S勝ち馬クリノプレミアムは❹枠⑧番。「いい枠じゃないの。スタートがよくてどこからでも力を発揮できるので、ポジションは出た格好で」と伊藤伸調教師。

秋華賞2着のファインルージュ紫苑Sを勝ったときと同じ❻枠⑪番。「枠は真ん中あたりでちょうどいいところ。ゲート練習もしていますし、何とか五分のスタートを」と太田助手。

8度目のGⅠ挑戦となるシャドウディーヴァは❽枠⑰番。過去に3着以内のない枠順だが「新たな歴史を作りましょう。内を見ながら行けると前向きにとらえます」と相田助手。

メンバー中最多のマイル4勝馬テルツェットは大外❽枠⑱番。「東京の1600メートルで外は厳しいですよね。ある程度の位置につけてほしい」と和田郎調教師。きょう14日に府中入りする。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アブレイズの関連コラム

閲覧 2,006ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2022年05月15日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2017年以降)】
×12頭以下 [0-0-1-18](3着内率5.3%)
○13頭以上 [5-5-4-54](3着内率20.6%)

 少頭数のレースを経由してきた馬は過信禁物。前走の出走頭数が12頭以下だった馬は期待を裏切りがちでした。今年は主要な前哨戦と位置付けられている阪神牝馬ステークスが11頭立てだったので、別路線組を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→アカイイトアブレイズレイパパレレシステンシア
主な「×」該当馬→デアリングタクトメイショウミモザ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が13戦以内」の馬は2017年以降[5-3-3-33](3着内率25.0%)
主な該当馬→アブレイズデアリングタクトレイパパレ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年10月16日(金) 21:20 覆面ドクター・英
秋華賞・2020
閲覧 3,209ビュー コメント 0 ナイス 13

まずは前回のG1回顧から。土曜段階で、逃げ不利、外差し馬場となっていてモズスーパーフレア向きでないとは感じていたのですが(実際予想コメントにも記載)、グランアレグリアに変更して失敗したら後悔するかな――と思い返し、結局逃げ粘りに期待した今年のスプリンターズS。散々ごねて発走を遅らせた挙句に、執拗に絡んできた最下位ビアンフェの一件もあり、最悪な展開となってしまいました。
若い頃は「変更しないで失敗すると後悔する」と思ってたのですが、歳をとると保守的になってくるのか、「変更して失敗したら後悔する」と思うようになってしまいました(笑) 流れを読んで、大胆にいかないとなりませんね・・・。


<全頭診断>
1番人気想定 デアリングタクト:無敗の二冠馬で、ぶっつけとなったが調教の動きは鋭く、ある程度位置をとる競馬も可能とみる。小回り云々を言われているが、無敗での三冠は濃厚では。

2番人気想定 リアアメリア:昨秋アルテミスSで強い勝ち方をみせて以降は、やや低迷気味だったが、前哨戦のローズSでは再びの横綱相撲。成長力に乏しいと揶揄されることのある中内田厩舎の痩せ気味仕上げではあるが、この馬に関してはそういうわけでもなさそう。ただ、前哨戦がやたら強い厩舎とも言える(笑)

3番人気想定 ウインマリリン:春はフローラS勝ち、オークスでも2着と活躍したが、秋になり肝心の動きがいまひとつに感じる。

4番人気想定 マルターズディオサチューリップ賞を勝つも桜花賞オークスはイマイチ。調教の動きなど、それほど良くは見せていなかった中で紫苑Sを勝ち、動きが良くなってきたここは楽しみ。

5番人気想定 ウインマイティー:忘れな草賞を勝ち、オークスでも13番人気ながら3着と激走した。秋初戦の紫苑Sは、展開向かず追い込んできての6着止まりでここを迎える。ただ、立ち回りの巧さを求められるここでなく、広々して距離がもっとある舞台が活躍の場では。

6番人気想定 クラヴァシュドール:2歳時はサウジアラビアロイヤルC2着、阪神JF3着と世代トップレベルだったが、3歳になってチューリップ賞2着以降は馬券にならず。ひと叩きで良くなるだろうが、ものすごく変わった感じもしない。

7番人気想定 ミヤマザクラ:母ミスパスカリの晩成型兄弟の多いディープインパクト産駒で、秋になり成長が見込める血統。ただ、厩舎的にも人気になりやすく妙味はあまり無いか。

8番人気想定 マジックキャッスルディープインパクト×ソーマジックといういかにもPOGなどで人気になりそうな馬だが、馬体が小さく成長力いまひとつか。

9番人気想定:パラスアテナ:春は桜花賞オークスに参戦できなかったが、紫苑S2着とじわじわ力をつけてきて、再度上位入線のある馬では。

10番人気以下想定
ホウオウピースフルブラストワンピースの下だが気難しいようで戦意喪失しやすく、紫苑Sも13着と惨敗。フローラSで2着好走させたレーン騎手あたりが乗れるのであれば買いたいがそうもいかず……。

ソフトフルート:前走2勝クラスを4馬身で完勝してきた。ディープインパクト産駒でゴドルフィン軍団らしく母も良血馬。ここも通用の能力はある。

サンクテュエール:昨年の今頃はアルテミスSでリアアメリアの2着、年明けのシンザン記念を勝ったところまでは良かったのだが、桜花賞6着、オークス13着と尻すぼみな結果。今回の距離短縮はいいのだろうが、2000mでも長いかも。

ミスニューヨーク:キングズベスト産駒らしく重馬場や、瞬発力を問われないほうがいいタイプ。今回は要らないのでは。

アブレイズ:3月のフラワーCは藤井騎手が激走させて12番人気で勝利するも、オークス17着、ローズS12着と実力が足りない。

オーマイダーリン:連闘でローズS3着と権利は取ったが、鞍上が硬さをコメントしていた。ただ調教の動きはよく、案外やれそうな穴候補。

フィオリキアリ:ローズSでの7番人気8着を見るに、トップグループとは少し差がある印象。

ムジカ:ローズSは14番人気ながら2着と秋山騎手らしい激走を見せた。ただ乗り難しいようだし、勢いよく追い込んできて最後止まるという使える脚の短さも抱える。二重の難しさがあっては、連続好走は難しいのでは。

ダンツエリーゼ:ダート実績しかない馬だが、前走は最後方近くからものすごい脚での追い込み勝利で、血統もキズナ×アグネスデジタルで芝でやれていい配合と、穴馬として面白い。ただ横山典騎手から太宰騎手というのは……。


<まとめ>
有力:デアリングタクト

ヒモに:リアアメリアマルターズディオサオーマイダーリン

穴で:ダンツエリーゼソフトフルートパラスアテナ

[もっと見る]

2020年9月17日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020ローズステークス
閲覧 1,333ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月20日(日) 第38回関西テレビ放送賞ローズステークス(3歳牝馬G2・芝2000m)


【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

<賞金上位馬>

エレナアヴァンティ(D)4ヶ月
時計の出し始めが9月に入ってからというように乗り込み量は少なく、時計も目立つものはない。

アブレイズ(A)4ヶ月
2週前、1週前と坂路で好時計が出ており、併せ馬でもともに先着していて出来は良さそう。

クラヴァシュドール(A)4ヶ月
1ヶ月ほど乗り込まれて1週前にはデムーロ騎手騎乗で楽に大きく先着。春の疲れも取れて仕上りが良さそう。

ウーマンズハート(B)4ヶ月
この中間は、休み明けで乗り込み量豊富だが、気性的に気になる部分も。1週前追い切りは、馬の後ろで押さえるのに苦労している感じだった。

リアアメリア(A)4ヶ月
乗り込み豊富でこの中間はすべて馬なりで調整と、休み明けでも仕上がりは良さそうな調教内容。

デゼル(B)4ヶ月
休み明けで乗り込み豊富。1週前追い切りの動きを見ると春のようなフラつくようなところもなく、走りがしっかりしてきた印象。仕上りも良さそう。

フィオリキアリ(B)中2週
この中間も1週前には坂路で強めに追われていて、休み明けの小倉を一度使われた上積みがありそうな感じ。

アカイイト(B)中4週
この中間も坂路で乗り込まれている。1週前追い切りでは終いの時計が出るようになっており、上積みはありそう。

オーマイダーリン(D)連闘
調教では併せ馬で遅れることが多く、先週のパドックでは馬体に余裕がある感じでもなかったので、連闘もプラスになるような印象は受けない

シャムロックヒル(B)中6週
前走未勝利勝ちで1週前追い切りでは強めに追われて好時計。使われつつ良くなってきている感じ。

シャレード(D)中7週
新潟を一度使われてこの中間間隔もあって乗り込みは豊富。ただ、追い切りの時計は物足りず、1週前追い切りでも併せ馬で遅れていて上積みはあまり感じられない。

セウラサーリ(C)3ヶ月
坂路で一杯に追われている割にそれほど目立つ時計は出ていないこの中間。3ヶ月の休み明けでも、大きな変わり身はなさそう。

ソフトフルート(C)3ヶ月
この厩舎としては乗り込み量が少ない割に、1週前追い切りでは強めに追われている。その点、今回は急仕上げの感あり。

フアナ(C)中4週
前走の休み明けを使われての叩き2戦目で、この中間も乗り込み量は豊富。ただ、1週前には併せ馬で遅れていて、一度使われたことでの上積みは感じられない。

ラインオブダンス(C)中2週
長期休み明けを2回使われての中2週となる今回だが、この中間は追い切りでこの馬としては終いの時計がかかっていて少し物足りない。

リリーピュアハート(B)4ヶ月
休み明けで乗り込み量豊富。1週前追い切りでは併せ馬で先着していて、仕上がりは良さそう。


<抽選対象馬(2/3)>

チャイカ(D)中4週
前走未勝利勝ちしてこの中間も乗り込まれているが、もともと坂路では好時計の出ていた馬。近走の追い切り内容を見ると、全体的に物足りない印象が残る。

ムジカ(D)中3週
休み明けを一度使われての今回だが、この中間は追い切りの時計がかかっていて叩き2戦目の割に物足りなさが残る。

ヤマニンプティパ(E)中1週
調教では目立つ時計のない馬で、この中間も札幌からの中1週で1週前追い切りはなく、ここでは前走以上の力を出すのは厳しそう。


このコラムからの推奨馬はアブレイズクラヴァシュドールの2頭を上げておきます。



◇今回はローズS編でした。
このコラムでも何度も登場している昨年の第4回ウマニティ杯くりーく賞の勝ち馬シャドウアロング号が先日の新潟競馬で待望のJRA初勝利。JRA復帰後3戦目でオーナーの地元新潟での勝利と、前回このコラムで取り上げた内容通りの結果で、同着ではありましたが人気薄での嬉しい勝利となりました。馬に関しては、調教内容も芝での走りもまだまだ頼りない面はあり、クラスが上がると厳しいところはあると思いますが、まだまだ良くなる余地は十分なはず。上を目指して今後の活躍に期待したいと思っています。

それでは次回、神戸新聞杯(予定)編でお会いしましょう。


※ローズS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年9月13日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年09月13日号】特選重賞データ分析編(219)~2020年関西テレビ放送賞ローズステークス~
閲覧 2,112ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 ローズステークス 2020年09月20日(日) 中京芝2000m


<ピックアップデータ>

【“中山・中京・阪神、かつ1600m以上のレース”において1着となった経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [7-4-7-42](3着内率30.0%)
×なし [0-3-0-49](3着内率5.8%)

 ゴール前の直線に急坂があるコースへの適性を重視したい一戦。東京・京都のレースや中京を除くローカル場のレースでしか勝ち切ったことのない馬は苦戦していました。今年は変則開催の影響で施行コースが中京芝2000mに変更されるものの、この傾向が覆る可能性は低いんじゃないでしょうか。

主な「○」該当馬→アブレイズデゼルフアナ
主な「×」該当馬→ウーマンズハートシャレードリリーピュアハート


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1600m以上、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2013年以降[5-3-4-30](3着内率28.6%)
主な該当馬→アブレイズウーマンズハートフアナ

[もっと見る]

2020年5月22日(金) 11:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020オークス(優駿牝馬)
閲覧 2,713ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月24日(日) 東京11R 第81回優駿牝馬オークス) (3歳G1・牝馬・芝2400m)

【登録頭数:25頭】(フルゲート:18頭)

【優先出走馬】

ウインマリリン(B)中3週
1週前追い切りはモヤで終いしか見ることはできなかったが、しっかり伸びて疲れはなさそうな走り。乗り込み量も多く、引き続き良い状態をキープできている感じ。

クラヴァシュドール(C)中5週
この中間も、2週前に坂路、1週前にCWを長めから併せ馬。1週前の動きを見ると多少首が高く、強く追われることはなかった。輸送を考慮し、大きく馬体を減らしたくないという意図が見え隠れする内容。

スマイルカナ(B)中5週
この中間は乗り込み量豊富で、2週前には馬なりで速い時計。1週前にはモヤで時計は計測されていないものの、映像を見るに強めにビッシリと追ってきた印象で状態は良さそう

デアリングタクト(A)中5週
この中間は輸送を考慮してか、1週前に単走で強めに追われて好時計。毛艶が良く、ガッチリ押さえたまま好時計が出ている。やや硬い感じには映るものの、前走時よりは良くなっているように見えた。

デゼル(B)中2週
未勝利、前走とかなり入念な乗り込みの馬。今回はというと、中2週と間隔が詰まっているが、日曜日にCWを長めから併せて好時計&先着と、調子落ちはなさそう。前走時のパドックで絞れていた馬体は、これ以上大きく減ってしまうとどうかといった印象。再度の東京への輸送があり、その辺りが気になるところ。

ホウオウピースフル(C)中3週
中3週も乗り込み豊富。1週前追い切りは、終いもうひと伸びほしい動きにも見せているが、前走でも似たような感じだったので、それほど大きな変化はなさそう。

ミヤマザクラ(C)中5週
これまで1週前は併せ馬で追い切られてきたが、今回は単走での追い切り。時計は出ているが、これまでとの比較では乗り込み量が少なく、前走時の疲れを取れるのに時間がかかったのかもしれない。


【賞金上位馬】

マルターズディオサ(A)中5週
この中間は美浦での調整に戻り南W、坂路と乗り込み量豊富。1週前追い切りではインターミッションには遅れたものの、ワーケアには先着を果たし、動き良く好時計をマーク。状態は良さそう。

サンクテュエール(C)中5週
前走時は速い時計がかなり出ていてトレセンでの乗り込み本数も多かった馬。この中間は、牧場で調整されてトレセンではそれほど速い時計は出していない。1週前追い切りもモヤで時計は記録されていないが、動き自体はしっかりとした脚取りに映り、出来は悪くなさそう。

アブレイズ(A)中8週
2戦2勝でフラワーカップからの参戦。乗り込み量は豊富で、2週前、1週前とジョッキー騎乗で併せ馬を消化し、ともに好時計で先着。これまでは坂路中心で追い切られてきていたが、この中間はCWでの追い切りに変えてきている。距離を意識した感じのメニューもしっかりと消化し、状態は良さそう。

ウインマイティー(A)中5週
この中間は、前走時以上にしっかりと乗り込まれて2週前、1週前と併せ先着。1週前追い切りでは、大外を回って力強く僚馬をパス。状態は前走時以上に良さそう。

ウーマンズハート(C)中5週
馬体重の増減が激しい馬で、輸送もあるのでこの中間は坂路を馬なりでの調整。1週前追い切りも、これまではCWを併せ馬で追い切られていたが、今回は坂路単走。あまり速くならないように押さえての内容となっていて、気性的な不安を意識しての調整に感じる。

リアアメリア(A)中5週
前走時は、馬体も絞れていて仕上りは良さそうだった。この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りは坂路で素軽い動きを披露。休み明けを一度使われての上積みがありそう。

マジックキャッスル(D)中5週
前走時は速い時計が多く出ていたが、この中間は軽めの調整が多い。1週前追い切りも、併走相手と比べると走りに勢いがない感じ。小柄な馬なので、これ以上馬体を減らしたくないのかもしれない。

インターミッション(A)中5週
この中間は乗り込み豊富で、1週前追い切りでは南W3頭併せで大外を先行してワーケアマルターズディオサに抜かせない好内容。出来はかなり良さそう。

チェーンオブラブ(D)中5週
この中間は美浦に戻っての調整。乗り込み量は少なく、1週前追い切りでは先着したもののフラフラするようなところもあり、疲れが抜けるのに時間が掛かったような印象。


【抽選対象馬(2/8)】

フィオリキアリ(E)中5週
今回は1週前追い切りがCWだったが、併せ先着したものの伸び脚が物足りず。

リリーピュアハート(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、モタモタしたところがあり全体に動きが重い感じ。



◇今回はオークス編でした。
先週土曜、5/16 高知12R ファイナルレースで、1週前に10ヶ月休養から復帰の別府真衣騎手が久しぶりの勝利。通算700勝以上と、日本人女性騎手の中でも名古屋の宮下瞳騎手と並びトップクラスの実力をもつ同騎手の復活は、高知競馬にとっても地方競馬にとっても明るいニュースとなりそうです。地方競馬ではたくさんの女性騎手が各地の競馬場で頑張っていますし、JRAではご存知藤田菜七子騎手が女性騎手1人で頑張っています。
その菜七子騎手の師匠である根本調教師と昨年お話をする機会があり、菜七子騎手についてこんなことを語っていました。「たくさん騎乗依頼を頂いて勝てない時期が続くと精神的な疲れが溜まっていく。だから極力、競馬以外の仕事は受けないようにして、競馬に集中させてあげたいんだ」――と。
勝負の世界は男女関係なく、また基本的に負けることが多く、観ている側からでは分からない大変さはあると思いますし、精神的にも苦しい時はあると思います。それでも華やかで夢のある世界であり、多くの人たちを勇気づけたり感動させてくれる存在であることは間違いありません。
今週はオークスが行われますが、中央・地方関係なく、実力のある女性騎手が、桜花賞オークスに騎乗してきて、レースがより一層華やかになる時代というのも見てみたいものです。

それでは次回、東京優駿日本ダービー)編でお会いしましょう。


オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2020年5月22日(金) 10:00 覆面ドクター・英
オークス・2020
閲覧 2,487ビュー コメント 0 ナイス 9


ヴィクトリアマイルも的中で今春は乗ってきました。穴で期待のセラピアは取り消しとなってしまいましたが、アーモンドアイはやはり圧倒的に強いし、2着3着もズバリで稼がせてもらいました。
以前は早さが大事かと思って、前週の日曜段階でほぼ仕上げていましたが、意外に(それが普通か・・・)読まれる方の多くは週の後半のようなので、水曜の追い切りまでみてからの原稿のほうが予想精度が上がり、良いようです。
北海道は引き続きコロナの件で、仕事はまだまだ大変ですが、終息したら予想コメントを各レースで入れられるよう頑張ります。


<全頭診断>
1番人気想定 デアリングタクト桜花賞でもレシステンシアをズバッと差し切っての3戦3勝と、全勝のままオークス参戦となる。マイルよりは中距離が元々良さそうなタイプで、ここも当然最有力。エピファネイア産駒は、シンボリクリスエスシーザリオから高い能力を引き継ぎ、また前進気勢を持つためか、思った以上にやれているという印象。正直もっとズブい感じの怠け者が多いのかと思っていたのだが、闘争心豊富で観ていて楽しい(エピファネイア自身は、福永騎手が折り合いを気にするあまり、下げ過ぎて現役時代を終わってしまったが、怯え逃げでなくボス逃げのタイプで、もっと前に行っていれば更に結果残せていたのではと、私自身は考えている馬)。能力が一枚上なので、負けなしでの二冠達成も十分期待できるのでは。

2番人気想定 デゼル:2戦2勝で、ディープインパクト×母がフランスのオークス馬という良血で、かつこの距離に強いトップ厩舎・友道厩舎ということもあるのだが、さすがにちょっと人気先行では、との印象。前走スイートピーSも後方から余裕の差し切りだったとはいえ、相手が正直かなり弱かった。先々楽しみではあるが、この段階でこの人気で、上りの速さに飛びつくのはちょっと早計では。

3番人気想定 クラヴァシュドール:阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞4着と世代上位の力はあるが、成長力がいまひとつな感じもあるし、ハーツクライ産駒だからといって距離延長がそう良さそうにも思えず。この人気だと妙味はなく、微妙な扱いの馬か。

4番人気想定 ミヤマザクラ:京都2歳Sで2着、クイーンC勝ち、桜花賞は5着止まりだったが、ポポカテペトルマウントロブソンの下のおなじみの芦毛馬。距離延長は当然良さそうなのだが、晩成血統で完成は先か。春時点だと、まだ物足りない走りのままかも。

5番人気想定 サンクテュエール:アルテミスS2着、シンザン記念勝ちの実績。前走の桜花賞6着は藤沢和厩舎の苦手な道悪ととることもできるが、この厩舎らしくマイル以下ベストと思われる。桜花賞でも終い止まっただけに、オークス向きとは感じない。

6番人気想定 リアアメリア:昨秋はアルテミスSを勝ったが阪神JF6着、桜花賞10着と成績は下降気味。アルテミスS勝ちの頃は世代トップレベル評価だったが、気難しさを増してきており、掛かる面もあってこの距離は向かない。

7番人気想定 ウインマリリン:4戦3勝で前走はフローラSを勝っての参戦。スクリーンヒーロー×フサイチペガサスと、地味だが能力を秘めそうな配合で、距離延長もそう苦にしないのでは。3勝すべてをあげている横山武騎手が騎乗停止で、父に乗り替わるのもいまやマイナスに思えるが・・・・・・。

8番人気想定 マルターズディオサ:阪神JF2着、チューリップ賞勝ちと人気以上に走ったが桜花賞は8着止まり。思っていた以上にスタミナ型に出ることが多いキズナ産駒だけに、この距離延長はプラスに出る可能性があり、穴にはいいのでは。

9番人気想定 ホウオウピースフルブラストワンピースの半妹で、フローラS2着とようやく上昇してきた。距離をこなす力もありそうで、穴で楽しみ。

10番人気以下想定
スマイルカナ:フェアリーS勝ち、桜花賞でも道悪で差しにくい馬場状態を生かして3着と粘り込んだ。ただ、東京の長い直線を粘り込めるだけの力はなさそう。

リリーピュアハート:早い時期から福永騎手がこの馬でオークスに行きたいと言っていたように、母父ガリレオでもあり距離適性十分。同じ東京2400mのゆりかもめ賞勝ちもあり、前走の忘れな草賞3着は距離不足か(笑) 前走で権利をとれずだが、抽選を通って出てくるようならヒモで買いたい馬。(→出走確定)

アブレイズ:2戦2勝でフラワーC勝ち。約2ヶ月空いたキズナ×ジャングルポケットのスタミナ配合で、状態さえ良ければ穴で狙えるか。

マジックキャッスルディープインパクト×ソーマジックという、それなりの活躍は手堅い血統だが……。ファンタジーS2着、クイーンC2着と頑張ってきたが、桜花賞は12着とトップレベルとは少し差がある感じ。デビュー戦が福島1200mだったように、2400m向きではない。

ウインマイティーゴールドシップ産駒らしく距離延長の忘れな草賞を勝ち、重馬場巧者であることも示した。この距離は更に良さそう。道悪での穴候補か。

ウーマンズハート:昨夏の新潟2歳S勝ちの頃は期待されていたのだが、阪神JF4着、チューリップ賞6着、桜花賞16着とトップとは離される一方。晩成と思われているハーツクライ産駒でも、早い時期から活躍する反面、やる気を無くしてしまう(気性の問題で尻すぼみになる)、結果的には早熟に映る馬も結構いて、そのタイプに思える。

チェーンオブラブ:フェアリーS2着がオープンでは最高着順で、チューリップ賞9着、桜花賞14着と厳しそう。

フィオリキアリ桜花賞でのめりながらも最後方から7着まで押し上げてきて、キズナ産駒らしくこの距離になるのはいいのかも。

インターミッション:アネモネS勝ちで臨んだ桜花賞が13番人気14着と、まだ上とは差がある状況。



<まとめ>
最有力:デアリングタクト

ヒモに:ミヤマザクラウインマリリン

穴で:マルターズディオサリリーピュアハートアブレイズホウオウピースフル

[もっと見る]

アブレイズの口コミ


口コミ一覧

河童

 グラニースミス 2022年6月19日() 00:25

閲覧 192ビュー コメント 4 ナイス 32

「かっぱ」をググると
河童よりもかっぱ寿司が上に出てくる
夢がないよなぁ

今週の重賞はマーメイドS、ユニコーンS
どちらも人間の姿をした怪しい生命体
どちらも申し合わせたような第27回
日程変更で、昨年から「怪しい重賞」ウィークになった
この原因は京都改修? (知らんけど)

昨年マーメイドS
1着 シャムロックヒル 1枠
2着 クラヴェル 7枠

6着 アブレイズ 1枠
11着 サンクテュエール7枠

3冠牝馬の2冠目のオークス
1着 デアリングタクト 2枠
2着 ウインマリリン 8枠

13着 サンクテュエール 8枠
17着 アブレイズ 2枠

アブレイズ、サンクテュエール
この2頭は昨年の府中牝馬Sで6枠同居でした

今年の4枠7番 ウインマイティー 
オークスの時も4枠7番 そして和田騎手
牝馬限定から牝馬限定へ?(笑)

そして東京のユニコーンS
ゴドルフィンのコンバスチョンも悩むけれど
もう1頭の57kg経験馬
4枠7番リメイク

土曜のメインはすべて5枠絡みなので
競馬では、空想と妄想を大切にしているので4枠7番に注視してみようと思う

では

 へたれ紳士 2022年5月16日(月) 23:29
へたれとは、へこたれないの略である
閲覧 111ビュー コメント 0 ナイス 6

注目していたキズナ産駒はヴィクトリアマイルでファインルージュが二着したのみだった。
とは言え、京王杯SCは三着がロードカナロア産駒。本命にしたワールドバローズも八番人気五着と頑張ったし、ヴィクトリアマイルでもアブレイズが十七番人気で七着、二着からは0、3差なら頑張ったと言えるだろう。
結果的にはストームキャットというかノーザンダンサーがよく来たと言えるのだが、ノーザンダンサー系という括りは数が多過ぎて馬券的に狙うには現実的ではない。
やはり多少のリスクは負ってでも絞らなければいけないので、これにへこたれず引き続き来週もストームキャットの血に注目してみる。

[もっと見る]

 ken1 2022年5月15日() 17:27
Vマイルは桜5着以内と東京マイル適性最重要、、BSイレブ...
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 3

★Vマイル 近10年のデータから

※A……ZI値3位以内が3着以内8/10年
⇒○1位1デアリングタクト、7レシステンシア、15アンドヴァラナウト

★★B……3着以内馬は、前走重賞3着以内14/30、前々走重賞3着以内7/30
あるいは前走重賞3人気以内2/30、前々走重賞3人気以内1/30
残り6頭の内3頭はリピーターで、3頭はマイルOP以上勝ち2頭と府中牝馬S1あり
⇒◎1,2ソングライン、3メイショウミモザ、5ソダシ、8クリノプレミアム、
11ファインルージュ、12ミスニューヨーク、13レイパパレ、15番、16デゼル
○7番、9アブレイズ、14アカイイト、
▲18テルツェット

★※C……単オッズ別成績:10倍未満(5/4/2/27)10~19.9(4/2/6/19)20倍以上
(1/4/2/101)※10倍台が3着以内9/10年
⇒▲7,15番

★D……斤量前走比別成績:マイナス(3/3/3/12)±0(4/3/2/48)プラス(3/4/5/87)
⇒○1,18番
 △3,4,8,9,10,17番

★E……近5年キャリア15走以内(5/4/3/41)16走以上(0/1/2/31)
⇒○1,2,4,5,6,7,9,11,13,15,16,18番

★★F……勝ち馬の9/10頭は、前年に芝マイルG1(特に安田、桜花賞、Vマイル)
で5着以内実績あり、かつ前走5人気以内(例外19年ノームコアは未出走)
⇒◎2番(NHKマイル2、前走外国でオッズ無しで2走前1人気)
4マジックキャッスル(Vマイル3、4人気)5番(桜花賞、4人気)
11番(桜花賞3、1人気)

★G……前走阪神牝馬S、福島牝馬S、京都牝馬S、中山牝馬S以外のローテで
当日10番人気以下(0-0-0-26)
⇒×6、14、17番

★H……単勝オッズ100倍以上(0-0-1-39)
⇒×9,10番

★I……1枠(0-0-4-16)
⇒△1,2番

★J……前走10番人気以下且つ0.3秒以上負け(0-0-0-17)
⇒×10番

★K……前走OP特別/条件戦(0-0-0-12)
⇒×6番

L……間隔4週以内(0-0-0-11)※福島牝馬S除く
⇒×なし

★M……・当日8番人気以内を除く関西所属騎手騎乗馬(0-0-0-43)
⇒×3,6,14,16,17番

★N……前走3番人気以内、前走重、不良馬場、当日1番人気、
前年のヴィクトリアマイル勝ち馬、以上の該当馬を除く前走6着以下(0-0-0-45)
⇒×10、14、17番

※O……千四→マイルに変更後の16年から阪神牝馬S組が台頭、3人ー0.8差9着、
1-0.0差2,3-0.3差2,4-0.3差3,5-0.2差5,1-0.0差3,11-0.0差2,6-0.1差5
2-1,2-0.0差2=3人気以内か0.3差以内馬が毎年3着以内
1着馬(0/1/0/5)2着馬(1/1/2/2)ディープインパクト産駒(1/2/3/12)
※SS系以外の種牡馬で3着以内無し
⇒○15番1-0.1差2(非SS系),16番2-0.2差3(ディープ産駒)
 △3メイショウミモザ9-1(SS系)、4番4-0.4差5(ディープ産駒)

★P……近10年で10人気以下3着以内馬で重賞勝ちは6/7頭(例外の15年
ミナレットは逃げ粘りの展開利あり)
⇒×6,10番
 ◎1番(桜)2番(NHKマイル2)4番(21年3)5番(桜)7番(桜2、阪神
JF1、NHKマイル2)11番(桜3)

★★Q……桜花賞5着以内実績ありが3着以内に7/10年
⇒○1番(桜1)5番(桜1)7番(3)11番(3)

R……勝ち馬条件
   aG1で5着以内
★⇒○1,2,4,5,7,11,12,13,14,15,17番
   b500k未満
※⇒×7,11,14番
   c前走阪神6頭、中山3頭、中京1頭
※⇒×1,2,5,8,9,11番
   d前走負け
★⇒×3,6番
   e上がり3F33秒台以下で勝ち
★⇒○1,2,3,5,6,7,9,13,14,15,16,17,18番
   fローテ中8週以内
※⇒×1,2,5,10,11,12,17,18番
   g前走マイル以上
※⇒△7番
   h千八以上勝ちか重賞5着以内
★⇒○1,4,5,6,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18
   i4,5才馬
★⇒△10,17番


牡牝混合古馬G1勝ちのあった単オッズ1倍台の1人気馬が20,21年と連勝したが、
6連勝で大阪杯勝ちのある13番がそれ以降未勝利で、今回も朝一オッズ1人気も
4倍台と信用されきれていない
13年ヴィルシーナの様に3倍台で勝っているが、4倍台では18年リスグラシュー
の2着くらいで頭からは買えない

一方、桜花賞好走馬の1番は1年ぶり、5番も休み明け、更に7番はスプリンター指向
11番も休み明けと減点材料があって買い被れない
上位人気では2番も1枠がマイナス

となると頼りはステップレースとして重要な阪神牝馬S組から15番
更に昨年3着のリピーター期待で4番が狙い目

穴で近走重賞好走の12番や18番が外人騎乗で妙味有り

馬連15→4,三百円 (4,15)→1,2,5,7,13各二百円計11点
三連複(4,15)1頭軸=(5,7,13)ー1,2,12,18各二百円37点
三連単(4,15)→(4,5,7,13)→(1,2,4,5,7,12,13,18)
フォーメーション各百円56点
複勝勝負は、超難解すぎて絞れず見送り
≫≫5-11-7
東京マイル適性だと2(NHKマイル2)、4(クイーン2),
5(アルテミス1),7(NHKマイル2),11(東京新聞杯2)番だったが、
2番が1枠でマイナスの分と4才が上だったのか5-11の順で後を7番、、2番
で4番は後方のママ
後傾ラップで好位より前にいないと勝負にならなかった
項目F,Qと東京マイル実績が最重要と再認識


★BSイレブン賞

★A……ZI値3位以内が毎年連対、3着以内に2頭が3年連続
⇒1位6,2位5,14

★B……前走2勝級勝ちが3年連続連対
⇒5,12,14

★C……前走勝ちか3勝級1.0差11/12頭
⇒4,5,6,7,9,12,14,15

※D……前走東京が毎年連対
⇒9,16

★E……2人気以内が毎年連対
⇒1人6,2人5

★F……連対馬は前走千四~マイル、千八は3着2回
⇒3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,14,15,16

★G……4,5才のみ
⇒×1,4,8,15,16

★H……54K以下が3/4年、56K以上が3/4年3着以内
⇒1,2,3,6,8,9,10,11,13,14
 56k7、15番


≫≫5-12-7

[もっと見る]

⇒もっと見る

アブレイズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年9月20日() 02:00:39
十郎、能力◉、骨折明け成長、押し切る競馬、オークス時点で骨折していた?
3:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年9月18日(金) 21:50:56
瀧、走る
2:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年9月18日(金) 13:25:59
関係、調教超絶、抑え必須、時計○、

⇒もっと見る

アブレイズの写真

アブレイズの厩舎情報 VIP

2022年5月15日ヴィクトリアマイル G17着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アブレイズの取材メモ VIP

2022年5月15日 ヴィクトリアマイル G1 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。