会員登録はこちら
サンスポ賞フローラS G2   日程:2019年4月21日() 15:45 東京/芝2000m

レース結果

サンスポ賞フローラS G2

2019年4月21日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:5,200万 2,100万 1,300万 780万 520万


レコード:1分56秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 2 4

ウィクトーリア

牝3 54.0 戸崎圭太  小島茂之 466(-4) 1.59.5 6.7 3
2 1 2

シャドウディーヴァ

牝3 54.0 岩田康誠  斎藤誠 464(-2) 1.59.5 ハナ 5.4 2
3 5 9

ジョディー

牝3 54.0 武藤雅  戸田博文 478(+6) 1.59.6 1/2 28.3 9
ラップタイム 12.9 - 11.4 - 11.6 - 12.2 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 11.7 - 11.0 - 11.5
前半 12.9 - 24.3 - 35.9 - 48.1 - 60.6
後半 58.9 - 46.5 - 34.2 - 22.5 - 11.5

■払戻金

単勝 4 670円 3番人気
複勝 4 270円 4番人気
2 180円 1番人気
9 540円 9番人気
枠連 1-2 1,210円 1番人気
馬連 2-4 1,690円 2番人気
ワイド 2-4 670円 3番人気
4-9 2,580円 33番人気
2-9 1,840円 22番人気
馬単 4-2 3,480円 7番人気
3連複 2-4-9 13,580円 40番人気
3連単 4-2-9 57,340円 169番人気

サンスポ賞フローラSのニュース&コラム

【次は買い】フローラS2着・シャドウディーヴァ
★サンスポ賞フローラS・ 2番人気2着 《レース》(2)番枠を最大限に生かして、中団のインでじっくり末脚を温存。直線では先行馬が壁になって抜け出すまで手間取ったが、残り50メートルで先頭に。外からウィクトーリアに差し込まれてハナ差屈したが、勝ちに等しい内容だった。 《次走ポイント》やはり東京は走る。「手応えはあったので、スムーズに前が開いていれば…。悔しいけど2400メートルになるのはいい」と、岩田康騎手はオークスに向け期待していた。ハーツクライ産駒にとってはベストの舞台で、息の長い末脚を生かしたい。(東京サンスポ・片岡)
2019年4月22日(月) 10:36

 671

【フローラS】豪脚ウィクトーリア、レースレコードタイで樫切符!
 オークストライアルのサンケイスポーツ賞フローラSが21日、東京競馬場でフルゲート18頭によって争われ、戸崎騎乗の3番人気ウィクトーリアが戦前の逃げ宣言から一転、中団から鋭く脚を伸ばすレース内容で重賞初制覇を飾った。タイムはレースレコードタイの1分59秒5(良)。ハナ差2着のシャドウディーヴァとともにオークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)への優先出走権を獲得した。 想定外の出負けが、新しい引き出しを生み出した。逃げ宣言をしていたウィクトーリアが、ファンもどよめく中団の位置取りから大逆転劇を披露。戸崎騎手が直線でジワジワ外へ持ち出すと、メンバー最速となる上がり3ハロン33秒2の末脚を繰り出して、インから抜け出したシャドウディーヴァをハナ差捕らえた。 「作戦は逃げということでしたが、スタートで出遅れてしまって。それでも最後にすごい脚で来てくれた。他の馬もいたので(勝ったかどうか)分かりませんでしたが、素晴らしい伸びでした」 作戦通りにいかず苦笑いの戸崎騎手だったが、初コンビで見事に重賞初制覇へ導いた。 それまでの2勝はともに逃げ切りで、中団に控える競馬では5、7着と好結果が出ず“ハナがベスト”が陣営の見解だった。 今回の位置取りには「僕は駄目だと思った」と小島調教師をはじめ、半ば諦めムードが漂ったというが、まさにひょうたんから駒。蓋をあければ、昨年のサトノワルキューレと並ぶ1分59秒5のレースレコードVで「ジョッキーが臨機応変に対応してくれたし、馬も良くなっていたということでしょう」とトレーナー。うれしい誤算だった。 2勝目の後に大きな反動が出た経緯があるだけに、今後については状態を見てから決められるが、体調さえ問題なければもちろん、オークスに向かう可能性はある。戸崎騎手は「これだけのパフォーマンスを見せてくれたし、良血馬でもありますから」と3歳牝馬路線の新パートナーに大きな期待を寄せる。 母は2008年の秋華賞を11番人気で制したブラックエンブレム。秋には母子制覇という快挙もかかるが、『ローマ神話の勝利の女神』と名付けられた少女が、新緑の府中でもう一度ビッグサプライズを起こすかもしれない。 (板津雄志)ウィクトーリア 父ヴィクトワールピサ、母ブラックエンブレム、母の父ウォーエンブレム。鹿毛の牝3歳。美浦・小島茂之厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績5戦3勝。獲得賞金6847万4000円。重賞は初勝利。サンスポ賞フローラSは小島茂之調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。馬名は父名からの連想で「勝利(ラテン語)、ローマ神話の勝利の女神」。★21日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2019年4月22日(月) 05:06

 1,108

【フローラS】菜七子悔しい…ヴィエナブロー16着
 13度目のJRA重賞騎乗となった藤田菜七子騎乗のヴィエナブローは中団の外めでレースを進めたが、直線で伸びずに16着。「前めが取りたくて出していったのですが、あの位置になりました。先行力はあるけど、今日はかみ合いませんでした」と菜七子は悔しさをにじませていた。★21日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2019年4月22日(月) 05:05

 475

【フローラS】レースを終えて…関係者談話
 ◆武藤騎手(ジョディー3着)「最後は(2着馬に)内をこじあけられてしまった。2000メートルでこの馬の競馬ができたのはよかった」 ◆石橋騎手(パッシングスルー4着)「いいポジションで我慢でき、最後も脚を伸ばして力は見せてくれた」 ◆和田騎手(フェアリーポルカ5着)「自分から動かないといけない展開だったし、外枠で内にもぐり込むことができなかった」 ◆奥村武師(ペレ6着)「1コーナーで、ゴチャついて押し込められたのが痛かった」 ◆松岡騎手(ウインゼノビア7着)「いいポジションで競馬ができた。ここを使ってよくなれば」 ◆三浦騎手(アモレッタ8着)「気持ちのコントロールがつけば、いいパフォーマンスが見せられると思う」 ◆秋山騎手(クラサーヴィツァ9着)「権利を取りにいく競馬をしたが、最後で苦しくなった。力強さが増してくれば」 ◆M・デムーロ騎手(エアジーン10着)「ヨーイドンの競馬になってしまったね。今回は展開が厳しかった」 ◆田辺騎手(フォークテイル11着)「馬はすごくいいので、もう少し体がしっかりしてくれば…」★21日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2019年4月22日(月) 05:05

 989

サンスポ賞フローラSのニュースをもっと見る >

【フローラS】エアジーン活気十分
 2000メートルのミモザ賞を勝ったエアジーンは、美浦Wコースでクルミネイトを1馬身追走。馬なりで内から並びかけて最後はクビ先着した。 時折若さをのぞかせたが、活気十分の動き。森助手は「休み明けだった前々走は力んで走っていたが、前走はしっかりと折り合って強い競馬だった。今回は重賞でコースも東京に替わるけど、素質は高いので好勝負を期待したい」と、タイトル奪取へ手応え十分だ。(夕刊フジ)★サンスポ賞フローラSの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 11:41

 881

【フローラS】厩舎の話
 アモレッタ・藤原英調教師「小技を使えない面はあるが、能力は高い」 イノセントミューズ・笹田調教師「リフレッシュ。長く脚を使える」 ヴィエナブロー・林調教師「いい動き。牡馬にもまれた経験が生きる」 ウィクトーリア・戸崎騎手「背中の感じや雰囲気から走りそう」 ウインゼノビア・松岡騎手「距離は長い恐れがあるが総合力の高さで」 エトワール・内田騎手「反応はいいし乗りやすい。いいリズムで」 クラサーヴィツァ・武井調教師「体がしっかりした。軽い芝でいいか」 グランデストラーダ・友道調教師「距離はもっとあってもいいくらい」 シャドウディーヴァ・相田助手「良化。東京は合うし、勝って本番へ」 ジョディー・武藤騎手「調教では折り合い面も問題ない。距離もOK」 セラピア・藤岡調教師「能力は高いと思っていた。重賞でもやれる」 ネリッサ・勢司調教師「前走は外々を回った。東京では勝っている」 パッシングスルー・黒岩調教師「動きを確かめる程度。いい状態だ」 フェアリーポルカ・西村調教師「長い距離はいい。どこからでも」 フォークテイル・中川調教師「追って伸びた。距離もこなすはず」 ペレ・奥村武調教師「半マイルからは予定どおり。舞台もベスト」 レオンドーロ・伊藤大調教師「福島後の中1週で軽め。使って上向き」 ローズテソーロ・金成調教師「いい意味で変わりない。流れが向けば」(夕刊フジ)★サンスポ賞フローラSの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 11:38

 1,475

【フローラS】パッシング2馬身先着!W5ハロン67秒4
 シンザン記念4着から巻き返しへ、パッシングスルーがWコースで躍動した。重賞ウイナー・ミュゼエイリアン(OP)との併せ馬で、一杯に追われた“先輩”に、ラストに仕掛けた程度で2馬身先着。手応え優勢で5ハロン67秒4-12秒8をマークし、調教評価は最高の『S』となった。 「先週まで攻め込んだので、動きを確かめる程度。メリハリが利いていたし、いい状態。じっくり時間をかけて良くなっている」と、黒岩調教師は3カ月半の休み明けでも仕上がりに満足げな表情を浮かべた。 1戦1勝で重賞初挑戦した前走は伸びを欠いたが、デビュー戦は東京マイルを上がり最速で差し切り。2ハロンの距離延長にも「じっくり乗れば、最後はしっかり脚を使う」と、トレーナーは末脚に期待をかけている。★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 05:07

 734

【フローラS】逃魂魅せる!ウィクトーリア、爆走予感
 オークストライアルのサンケイスポーツ賞フローラSの追い切りが17日、東西トレセンで行われた。2月の中山競馬で2勝目を挙げたウィクトーリアは、Wコースで戸崎騎手が騎乗して抜群の手応えを披露。体調は万全で、小島調教師からは逃げ宣言が飛び出した。シンザン記念4着のパッシングスルーが調教評価で最高の『S』となった。 引っ張りきりの手応えは、抜群の推進力の証しだ。新パートナーの戸崎騎手を背にしたウィクトーリアが、Wコースの3頭併せの最後方から待ちきれないとばかりにグイグイと前に出る。馬なりでラスト1ハロン12秒7(4ハロン53秒6)をマークし、中シゲルコハク(未勝利)、外コンダクトレス(500万下)をそれぞれ2馬身置き去りにした。 「並びかけていく感じ、加速していく感じが良かった。手応えがあるので何もせずにギアが上がっていく。乗りやすく、速い脚もある。期待を持って臨めます」 戸崎騎手が感触の良さに笑みを浮かべる。たった1回の騎乗で、素材の良さを感じ取った。 昨夏の函館で2歳レコード圧勝という華々しいデビュー。その後は札幌2歳S7着、赤松賞5着と低調なパフォーマンスが続いたが、新馬戦を思い出させるような逃げを打った前走で一変。メンバー2位となる3ハロン34秒6の末脚でまとめて2馬身差のVと、直線でさらに後続を引き離した。 小島調教師は「どんな競馬でもできそうな馬だけど、控える競馬をした2戦がともに駄目だった。だから前走は“ハナに”とお願いしたらあの走り」と明かす。過去に手掛けた馬で似た馬がいたという。それがクィーンスプマンテだ。 「あの馬も“逃げなくても…”とみんなに言われていたけど、結局逃げでしか勝っていない。何かしら気分のいいところがあるのでしょうね」。絶対逃げてくれ、と指示した2009年エリザベス女王杯での11番人気Vは衝撃的だった。 「新馬と前走で2回とも強い競馬をしているのに、ハナ以外の選択肢はない。逃げしか勝つシーンがわかない。結果を残すには行くべき」 トレーナーは力強く逃げを宣言。08年秋華賞馬の母ブラックエンブレムから受け継いだ良質なスピードを、スタートから出し惜しみなく生かすつもりだ。 (板津雄志)★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 05:07

 771

サンスポ賞フローラSの直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


サンスポ賞フローラSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月21日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv113 
670円 67,000円
Lv110 

13,580円
3,480円
170,600円
Lv109 
1,690円 16,900円
Lv108 
1,690円 50,700円
Lv108 
1,690円 8,450円

的中情報をもっと見る >

サンスポ賞フローラS過去10年の結果

2018年4月22日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2017年4月23日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年4月24日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 チェッキーノ C.ルメール 1:59.7 5.7倍 95.7
2着 パールコード 川田将雅 5.3倍 92.7
3着 アウェイク 吉田豊 1/2 63.4倍 92.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

サンスポ賞フローラSのデータ分析とレース傾向

コース図東京芝2000m

かつては関東エリアでの直近牝馬限定重賞であるフラワーC出走からのローテが好相性であったが、2010年にサンテミリオンが1着となって以降は未勝利。翌年からは2着2回、3着2回にとどまっており、深追いは避けたい。近年は前走500万下出走馬が好成績で、特に2012年以降5頭が出走している阪神の君子蘭賞連対馬が、2勝、2着2回、3着1回と活躍している。該当馬がいれば、こちらから入りたい。舞台となる東京芝2000mは1コーナー奥のポケットにゲートが置かれ、スタート後すぐにコーナーに入るレイアウト。大回りかつコース幅の広い東京芝のなかでは珍しくゴチャつきやすいコースである。しかもこのレースは、2008年以降は、1頭取り消しで15頭立てとなった2010年を除き16頭立て以上。18頭立てでの施行も7回とあって、人気に推されたキャリアの浅い良血馬が自分の競馬ができずに敗退するパターンが目立つ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

サンスポ賞フローラSの歴史と概要


2017年の優勝馬モズカッチャン

本番より400mより距離が短い東京芝2000mで開催されるオークストライアル。第21回(1986年)のメジロラモーヌ、第22回(1987年)のマックスビューティ、第45回(2010年)のサンテミリオンなど、このレースと本番を連勝した馬は数えるほどしかいないが、2着に以下に敗れた馬も含め、この組からは多くのオークス好走馬が誕生している。第52回(2017年)の勝ち馬モズカッチャンオークスでは惜しくも2着に敗れたが、秋になってさらに力を付け、古馬初対戦となったエリザベス女王杯を制してG1ホースとなった。

歴史と概要をもっと見る >

サンスポ賞フローラSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年6月30日(
CBC賞  G3
ラジオNIKKEI賞  G3

競馬番組表

2019年6月29日(
1回函館5日目
2回福島1日目
3回中京1日目
2019年6月30日(
1回函館6日目
2回福島2日目
3回中京2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 ロジャーバローズ 牡3
26,876万円
3 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンファンタジー 牝3
18,337万円
6 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
7 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
8 ヴェロックス 牡3
16,304万円
9 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
10 ニシノデイジー 牡3
11,910万円
» もっと見る