ウインアグライア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝2 鹿毛 2018年2月25日生
調教師和田雄二(美浦)
馬主株式会社 ウイン
生産者コスモヴューファーム
生産地新冠町
戦績 3戦[2-0-0-1]
総賞金2,316万円
収得賞金1,000万円
英字表記Win Aglaia
血統 マツリダゴッホ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ペイパーレイン
ウインアルテミス
血統 ][ 産駒 ]
Arch
Walker's Gal
兄弟
前走 2020/10/31 アルテミスステークス G3
次走予定

ウインアグライアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/31 東京 11 アルテミスS G3 芝1600 164712.756** 牝2 54.0 横山武史和田雄二450(-10)1.35.5 0.634.4ソダシ
20/08/15 札幌 10 コスモス賞 OP 芝1800 8663.221** 牝2 54.0 横山武史和田雄二460(+12)1.50.0 -0.135.2カランドゥーラ
20/06/06 東京 5 2歳新馬 芝1600 1055109.381** 牝2 54.0 横山武史和田雄二448(--)1.37.2 -0.033.8ブエナベントゥーラ

ウインアグライアの関連ニュース

 ★アルテミスS2着ククナ(美・栗田、牝)は近日中に放牧へ。ソエ(管骨瘤)が出ており、年内休養の方向。「大事にいきたい」と栗田調教師。6着ウインアグライア(美・和田雄、牝)は阪神JF(12月13日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。8着モリノカンナチャン(美・大江原、牝)は赤松賞(22日、東京、1勝クラス、芝1600メートル)か東スポ杯2歳S(23日、東京、GIII、芝1800メートル)。

 

【アルテミスS】レースを終えて…関係者談話2020年11月1日() 04:46

 ◆ルメール騎手(ククナ2着)「ペースが遅く、向こう正面でゴチャつくトラブルでポジションが下がった。最後はいい瞬発力を見せて、いい競馬はできたけど…」

 ◆田辺騎手(テンハッピーローズ3着)「ペースが落ち着いて、勝ち馬に有利な展開になった。最後まで食らいついていたけどね。センスのいい馬だし、これから成長してくれば」

 ◆石橋騎手(ストゥーティ4着)「ゲートは上手に出てくれたし、ペースが落ち着いたぶん、内で我慢も利いた。最後も内からいい脚を使っているし、中身のある内容だった」

 ◆津村騎手(クールキャット5着)「ゴールを過ぎてからも伸びていたようにスタミナがある。距離は2000メートルぐらいまで延びてもよさそう」

 ◆和田雄師(ウインアグライア6着)「実戦で真面目に走ってくれるようになってきた。きょうは切れ味の差で負けた感じ。距離を延ばした方が持ち味が生きると思う」

 ◆大野騎手(シャドウファックス7着)「小脚を使えるので、小回りの方が持ち味が生きそう」

 ◆柴田大騎手(ユーバーレーベン9着)「向こう正面で前に入られて、思っていた競馬ができなかった」

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】アルテミスS2020 阪神JFへ向けて重要度の高いステップレース!あの人の見解は!?2020年10月31日() 09:05

※当欄ではアルテミスSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【杉本清】
◎④クールキャット
○⑭ソダシ
▲①タウゼントシェーン
☆⑦ウインアグライア
△⑤ユーバーレーベン
△⑧シャドウファックス
△⑨オレンジフィズ
△⑬テンハッピーローズ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑭ソダシ

【目黒貴子】
◎⑬テンハッピーローズ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【アルテミスS】厩舎の話 2020年10月30日(金) 04:53

 ◆ヴァーチャリティ・庄野師「動きは引き続きいい。時計的には足りると思う」

 ◆ウインアグライア・和田雄師「仕上がりが良く、集中力が出たのもいい」

 ◆オレンジフィズ・木村師「まだ毛づやが今一つだが、ひと追いごとに上向いてはいる」

 ◆ククナ・栗田師「フットワークが良くて硬さもない。重賞でどこまでやれるか」

 ◆クールキャット奥村武師「稽古は動くけど、まだ芯が入っておらず歩様も安定しない」

 ◆シャドウファックス・宮田師「走りのバランスが良化。新馬のときより状態はいい」

 ◆ストゥーティ奥村豊師「間隔をあけたが、状態は変わらない。センスの良さを生かしたい」

 ◆スライリー・相沢師「前走は掛かり気味で最後に失速。今回は余裕を持たせた仕上げで」

 ◆ソダシ・須貝師「前回、厳しい流れでも勝ったように力はある」

 ◆タウゼントシェーン・矢作師「ひと叩きして良くなっている。東京はいいと思うが、マイルは多少、忙しいかもしれない」

 ◆テンハッピーローズ・高柳大師「しまい重点でいい動きだった。広い東京は合いそう」

 ◆ニシノリース・土田師「短期放牧を挟んでいい雰囲気に仕上がった」

 ◆ハイプリーステス・星野師「順調で変わりなく元気。この相手でどこまで」

 ◆ペイシャフェスタ高橋裕師「いい動き。太めの馬体が締まり、力は引けを取らない」

 ◆ミルウ・友道師「体が減ることもなく、雰囲気はいい」

 ◆モリノカンナチャン・大江原師「折り合い面で進境がみられ、マイルでもやれていい」

 ◆ユーバーレーベン・手塚師「軽い芝でどうか」

アルテミスSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アルテミスS】追って一言 2020年10月29日(木) 04:44

 ◆ヴァーチャリティ・庄野師「動きはいい。時計的には足りる」

 ◆ウインアグライア・和田雄師「サラッと。仕上がりが良く、集中力が出たのもいい」

 ◆オレンジフィズ・木村師「まだ毛づやが今一つだが、ひと追いごとに上向いてはいる」

 ◆ククナ・栗田師「フットワークが良くて硬さもない」

 ◆クールキャット奥村武師「稽古は動くけど、まだ芯が入っておらず歩様も安定しない」

 ◆シャドウファックス・宮田師「走りのバランスが良化。新馬のときより状態はいい」

 ◆ストゥーティ奥村豊師「センスの良さを生かしたい」

 ◆スライリー・相沢師「前走は掛かり気味で最後に失速。今回は余裕を持たせた仕上げで」

 ◆タウゼントシェーン・矢作師「ひと叩きして良くなっている」

 ◆テンハッピーローズ・高柳大師「しまい重点でいい動きだった」

 ◆ニシノリース・土田師「短期放牧を挟んでいい雰囲気」

 ◆ハイプリーステス・星野師「順調で変わりなく元気」

 ◆ペイシャフェスタ高橋裕師「少し速かったがいい動き。力はひけを取らない」

 ◆ミルウ・友道師「体が減ることもなく雰囲気はいい」

 ◆モリノカンナチャン・大江原師「折り合い面で進境がみられ、マイルでもやれていい」

 ◆ユーバーレーベン・手塚師「軽い芝でどうか」

アルテミスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【重賞データ分析】アルテミスステークス2020 減点なし6頭の中からストゥーティを最上位評価 2020年10月27日(火) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はアルテミスステークス・データ予想をお届けします!


【前走着順&タイム差】
創設された2012年以降の3着以内24頭は、すべて前走で5着以内に入っていた。なお、前走が2~5着、かつ1着馬とのタイム差が0秒5以上だった馬は好走ゼロと冴えない結果に終わっている。

【前走使用距離】
2012年以降の2着以内16頭の前走使用距離を確認すると、1400m、1600m、1800mの3パターン。これ以外のステップで臨んだ馬は、2着連対圏に達していない。

【前走位置取り】
2012年以降の1~2着馬は、いずれも前走の4角通過順位が2番手以降だった。レースの格に関係なく、前走で4角1番手だった馬は苦戦の傾向にある。

【前走人気】
2012年以降の3着以内24頭のうち、21頭は前走の単勝人気が5番手以内。例外の3頭は、いずれも前走で重賞に出走していた。前走が非重賞戦で低評価だった馬は強調できない。

【休養明け】
2012年以降の3着以内24頭中23頭に8月以降の出走歴があった。唯一の例外は、2019年1着のリアアメリア。同馬は前走が1番人気1着、かつ着差が1秒以上の圧勝だった。相応のパフォーマンスを示していない、8月以降未出走の馬に手を出すのはリスクが高い。


【データ予想からの注目馬】
上記5項目でマイナス面がないのは、ウインアグライアストゥーティテンハッピーローズモリノカンナチャンユーバーレーベンヴァーチャリティの6頭。トップにはストゥーティを挙げたい。当レースと相性が良い、前走芝1600~1800m1着の関西馬であることに加え、6年連続で初勝利直後の馬が勝利を収めている点も評価ポイントだ。

同じく前走芝1600m1着の関西馬に該当する、ヴァーチャリティを2番手に。残りの4頭、ウインアグライアテンハッピーローズモリノカンナチャンユーバーレーベンも大きな差はなく、混戦が予想される。

<注目馬>
ストゥーティ ヴァーチャリティ ウインアグライア テンハッピーローズ モリノカンナチャン ユーバーレーベン

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインアグライアの関連コラム

閲覧 795ビュー コメント 0 ナイス 6

 9月7日をもっておよそ3か月に渡る夏季競馬シーズンが閉幕。先週9月12日からは4回中山・4回中京がスタートし、秋季競馬シーズンに突入しました。
 先週までに“JRA、かつ2歳のレース”は計197レース施行されており、188頭が勝ち上がり済み。7月18日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)をリンゴアメ(マイネデセールの2018)が、8月30日の新潟2歳ステークス(2歳G3・新潟芝1600m外)をショックアクション(Reset In Blueの2018)が、9月5日の札幌2歳ステークス(2歳G3・札幌芝1800m)をソダシ(ブチコの2018)が、9月6日の小倉2歳ステークス(2歳G3・小倉芝1200m)をメイケイエール(シロインジャーの2018)が制し、それぞれ重賞ウイナーの称号を手にしています。
 まだスペシャル以外の各ワールドでは仮想オーナー募集枠の解放が順次行われていますし、最終的な順位を左右するような高額賞金のレースが施行されるのはかなり先です。しかし、スタートダッシュに関する明暗がはっきりとランキングに表れているうえ、夏季競馬シーズンという最初の区切りを迎えたばかりの今は、反省や戦略の練り直しを行うちょうど良いタイミングと言えるんじゃないでしょうか。
 そこで今回は、9月13日終了時点における各ワールドの上位プレイヤーと、その指名馬をひと通りチェックしていきたいと思います。

 なお“JRA、かつ2歳のレース”における競走馬ごとの本賞金額(9月13日終了時点)トップ20は下記の通りでした。

ソダシ(ブチコの2018) 3800万円
メイケイエール(シロインジャーの2018) 3800万円
リンゴアメ(マイネデセールの2018) 3800万円
ショックアクション(Reset In Blueの2018) 3790万円
ヨカヨカ(ハニーダンサーの2018) 3700万円
カイザーノヴァ(ステラリードの2018) 2610万円
ウインアグライア(ウインアルテミスの2018) 2300万円
ブルーバード(エーシンベタラネリの2018) 2300万円
ラストリージョ(コスモマクスウェルの2018) 2300万円
ラヴケリー(ダームドゥラックの2018) 2120万円
モントライゼ(ムーングロウの2018) 1990万円
フォドラ(セイングレンドの2018) 1950万円
ブルーシンフォニー(ブルーストーンの2018) 1900万円
ユーバーレーベン(マイネテレジアの2018) 1900万円
ルーチェドーロ(アラフネの2018) 1900万円
ドゥラモンド(シーズインクルーデッドの2018) 1710万円
バスラットレオン(バスラットアマルの2018) 1480万円
フラーズダルムクーデグレイスの2018) 1480万円
ショウナンラスボス(プリンセスオブザスターズの2018) 1340万円
セレッソフレイム(ボストンサクラの2018) 1340万円

 8月15日のフェニックス賞(2歳オープン・小倉芝1200m)、8月29日のひまわり賞(2歳オープン・小倉芝1200m)を連勝したヨカヨカは、重賞ウイナー4頭と同等の賞金を獲得。デビュー前から評判になっていた九州産馬で、ひまわり賞を使うことができるという明確なアドバンテージもあったわけですから、当初から狙っていた、そして狙い通りにポイントを獲得できてほくそ笑んでいるプレイヤーが多いかもしれません。

 スペシャルワールドでトップに立っているたけぼう54さんも、ヨカヨカを指名しているプレイヤーのひとり。1頭1オーナー制という“特殊ルール”が影響しているとはいえ、スペシャルワールドではこの馬に2名しか入札しておらず、手頃なポイント(1500万PP)で獲得に成功していらっしゃいます。前評判通りに活躍した今だからこそ「絶好の狙い目だった」と言えますが、第1回入札で獲得を目指すにはそれなりの勇気が必要だったはず。やはり素晴らしい指名です。
 もっとも、たけぼう54さんはヨカヨカのみのおかげでトップに立っているわけではありません。仮想オーナー馬の全20頭中、既に18頭がデビューを果たしており、うち11頭が勝ち上がり済み。札幌2歳ステークスではバスラットレオンが3着に食い込みました。現時点で2位のよ~じさんに1億円近い差をつけているうえ、これだけ指名馬の層が厚いとなると、しばらくは“天下”が続くのではないかと思います。

 G1ワールドは1億0841万円を獲得しているGrecaleさんがトップ。こちらもヨカヨカが稼ぎ頭です。このヨカヨカを仮想オーナー募集枠が解放された第6回入札で獲得していらっしゃるように、Grecaleさんはデビュー後の指名も併用していくスタイル。まだ仮想オーナー馬の頭数は上限に達していません。2位以下との差はわずかですが、今後の指名やレース結果によっては、後続をじわじわ引き離していくような展開になるんじゃないでしょうか。

 G2ワールドで首位をキープしているフジノウェーブさんも、デビュー直前に行われた第2回入札でヨカヨカを獲得していました。さらに、札幌2歳ステークスでユーバーレーベンが2着、9月12日のアスター賞(2歳1勝クラス・中山芝1600m外)でドゥラモンドが1着となるなど、短距離路線以外の手駒も豊富。今のところ仮想オーナー馬20頭のうち12頭しかデビューしていませんから、先々まで優勝争いを引っ張っていくことになるのではないかと思います。

 G3ワールドもヨカヨカをデビュー前に指名しているダートムーアさんがトップに君臨中。ただし、こちらは新潟2歳ステークスを勝ったショックアクション、札幌2歳ステークスを勝ったソダシもいるという、素晴らしいラインナップです。ちなみに、ショックアクションソダシは、それぞれレース直前の入札で獲得に成功した模様。おそらく、メンバー構成を確認したうえでの指名だったんじゃないでしょうか。仮想オーナー募集枠が順次解放されていくスペシャル以外のワールドならば、目前に迫ったレースの予想を入札に反映させていく作戦が有効。POG経験が浅い方はぜひ参考にしてみてください。

 オープンワールドは、ヨカヨカの獲得に成功したプレイヤーたちを抑え、ウインアグライアユーバーレーベンらを指名しているずーさんが首位に立っていました。オープンワールドは1頭あたりの仮想オーナー募集枠が多く、ランキング上位勢は概ね似たようなラインナップになると思っていたのですが、今年はなかなかバラエティ豊か。どういう指名を行ったプレイヤーがここから抜け出すのか、はたまた数か月後にはランキング上位勢の顔触れがガラッと入れ替わっているのか、しっかり観察しておこうと思います。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年6月18日(木) 14:12 伊吹雅也
【伊吹雅也のPOG分析室 (2020) 】~第4回新馬勝ち馬レビューpart1~
閲覧 827ビュー コメント 0 ナイス 6

 今回と次回は、JRAの新馬で優勝を果たした馬たちのプロフィールを紹介していきます。まずは6月6日(土)、6月7日(日)、6月13日(土)の勝ち馬からご覧いただきましょう。

■2020年06月06日 阪神05R 芝1600m外
【優勝馬】ダディーズビビッド(U指数78.9)
牡 父キズナ/母ケイティーズギフト 千田輝彦厩舎
→半兄に2016年函館記念2着のケイティープライド。上水牧場の生産馬ですが、母のケイティーズギフトはもともとノーザンファームで飼養されていました。JRAでデビューした兄姉6頭のうち4頭が勝ち上がりを果たしており、まずまず堅実な血統。単勝オッズ28.3倍(6番人気)と前評判は高くなかったものの、今後が楽しみな一頭です。

■2020年06月06日 東京05R 芝1600m
【優勝馬】ウインアグライア(U指数76.4)
牝 父マツリダゴッホ/母ウインアルテミス 和田雄二厩舎
→ウインの所属馬で、募集価格は1200万円。ちなみに、所属するウインレーシングクラブのホームページでは、和田雄二調教師が出走直前に「動けませんね。追い切りを重ねていけば反応や動きが変わってくると思っていましたが、まったく変わってきません」「現状で勝ち負けは難しいですし、1頭でも頭数が少ないところでひとつでも上の着順を狙いたいというのが本音です」とコメントしていました(→ウインレーシングクラブ)。単勝オッズ109.3倍(8番人気)にとどまっていたのは仕方のないことだったと思いますし、POG、そして2歳戦の難しさを改めて実感した方も多かったんじゃないでしょうか。次走は8月15日のコスモス賞(2歳オープン・札幌芝1800m)を予定しているとのこと(→サンケイスポーツ)。実戦向きであることは証明済みですし、まだまだ別のところで驚かせてくれそうな気がします。

■2020年06月07日 阪神05R 芝1400m内
【優勝馬】アスコルターレ(U指数80.6)
牡 父ドゥラメンテ/母アスコルティ 西村真幸厩舎
→サンデーレーシングの所属馬で、募集価格は4000万円。母アスコルティはPOG期間中に2勝をマークした馬で、初仔の半兄アストンクリントンもデビュー2戦目で勝ち上がりを果たしました。祖母リッスンからはサトノルークスタッチングスピーチらが出ており、早熟性だけでなく将来性も兼ね備えていそう。引き続き注目しておきたいところです。

■2020年06月07日 東京05R 芝1600m
【優勝馬】サトノレイナス(U指数75.7)
牝 父ディープインパクト/母バラダセール 国枝栄厩舎
→2018年のセレクトセールで購買されており、価格は10800万円。母バラダセールは現役時代にアルゼンチンオークス1000ギニー(亜G1)やアルゼンチンオークスオークス(亜G1)などを、全兄サトノフラッグは2020年弥生賞を制しています。派手な勝ち方ではなかったものの、評判馬が無事に“第一関門”を突破し、ホッとしているプレイヤーは多いはず。今後は秋の東京開催を目標にするとのことで(→サンケイスポーツ)、順調ならば重賞戦線でも注目を集めることになるでしょう。

■2020年06月07日 東京06R 芝1400m
【優勝馬】グレイトミッション(U指数74.0)
牝 父ダイワメジャー/母アートスタジオ 菊川正達厩舎
→2019年の北海道セレクションセールで購買されており、価格は1458万円。半兄にJRA2勝のサウンドスタジオがいます。次走は7月18日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)となりそう(→サンケイスポーツ)。コース替わりがプラスに働くようならば、早いうちにポイントを上積みできそうです。

■2020年06月13日 函館05R 芝1000m
【優勝馬】リンゴアメ(U指数)
牝 父マツリダゴッホ/母マイネデセール 菊川正達厩舎
→母マイネデセールは2004年カンナステークスの勝ち馬。また、全兄マイネルギャルソンは2013年中京2歳ステークスで3着に食い込みました。仕上がりの早いタイプであることは血統からも明らか。この馬も次走は7月18日の函館2歳ステークスを予定しているそうで(→サンケイスポーツ)、引き続き期待できるんじゃないでしょうか。

■2020年06月13日 阪神05R 芝1200m内
【優勝馬】ヨカヨカ(U指数)
牝 父スクワートルスクワート/母ハニーダンサー 谷潔厩舎
→2020年のJRAブリーズアップセールで購買されており、価格は1122万円。半姉に2019年ひまわり賞2着のローランダーがいます。本馬も生産地は熊本県なので、8月29日に施行される九州産馬限定のひまわり賞(2歳オープン・小倉芝1200m)に出走可能。ロマンだけでなく、実利の面でも面白そうな一頭です。

■2020年06月13日 東京05R 芝1400m
【優勝馬】ノックオンウッド(U指数)
牡 父Frankel/母トゥアーニー 堀宣行厩舎
→シルクレーシングの所属馬で、募集価格は7000万円。母トゥアーニーは現役時代にカブール賞(仏G3)などを制しました。母の初仔ということもあり、JRAのレースに対する適性が気になるところだったものの、心配は無用と見て良さそう。しっかりマークしておきましょう。

■2020年06月13日 函館06R 芝1200m
【優勝馬】ラヴケリー(U指数)
牝 父カレンブラックヒル/母ダームドゥラック 高柳大輔厩舎
→2019年の北海道サマーセールで購買されており、価格は270万円。母ダームドゥラックは2011年ラベンダー賞を勝っています。次走は7月18日の函館2歳ステークスとなる見込み(→サンケイスポーツ)。決して注目度の高い血統ではありませんが、早熟性やコース適性の高さは証明済みと言えそうで、引き続き注目しておきたい一頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

ウインアグライアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 97ビュー コメント 0 ナイス 1

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

もうすぐ立冬(11月7日土曜)?そろそろこたつが恋しい季節となり、我が家でもストーブの準備?
日本の冬は西高東低の気圧配置で、日本海側は雨や雪が多く、太平洋側は乾燥して”カラッ、カラッ”。

我が懐は、季節に関係なく”空っぽ”?ですが、何か!?

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇)
金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第10期最終結果】
第10期(10月10日~11月01日)8日間(サウジアラビアRC~天皇賞秋)10戦

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3アルテミスSでは、7番ウインアグライア軸で勝負!
ワイド(7-2,5,6,9,14)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「アルテミスS」の軸馬ウインアグライア、先行2,3番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが伸びを欠き6着入線。優勝ソダシ(1人気)、2着ククナ(2人気)、3着テンハッピーローズ(3人気)で本命決着。反省点として、軸馬選択の失敗!? 2歳戦だけにルメール騎手騎乗馬(ククナ)を軸にすべきだった。ある程度、位置取りは先行から抜け出せる馬狙い!!


土曜、G2スワンステークスでは、16番ステルヴィオ軸で勝負!
ワイド(16-1,2,9,10,14)
結果は、的中! ただ、トリガミ…。

土曜「スワンステークス」の軸馬ステルヴィオ、先行5番手追走から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが2着確保。優勝カツジ(11人気)、3着アドマイヤマーズ(2人気)波乱決着!? 馬券はワイドでほぼ元返し!!反省点として、相手馬の選択!? さすがにカツジ(11人気)は、父ディープインパクト(母父ホワイトマズル/リファール系欧州)ぐらいしか血統でも強調材料はなく、選択まではできなかった。意外と、難解なレース!?


日曜、G1天皇賞秋では、9番アーモンドアイ軸で勝負!
馬連・ワイド(4-9) 
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「天皇賞秋」の軸馬アーモンドアイ、好位でレースを進め直線に入って抜け出し、最後は後方から追い上げてきたフィエールマン(5人気)に1/2馬身差をつけ優勝!! 3着クロノジェネシス(2人気)の本命決着。もう1頭相手馬ダノンキングリー(3人気)は12着惨敗…。反省点として、2頭軸馬は無理!? 先週の菊花賞(コントレイル、ヴェルトライゼンデ)で失敗しているのに、学習能力が無い!? 今回は、当てることより儲けることに絞った結果…残念。

【総 括】
週末、3戦2敗1引き分け みたいな感じ。何とも情けない結果、これが現実。さすがにこのペースで負け続けると、資金が底をつきそう!? 何とか、巻き返しを試みたいが、試行錯誤中??



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
【着別度数】単勝回収率/複勝回収率
京王杯2歳S=東京(芝)1400=【2-2-2-4】39%/76%
ファンタジーS=阪神(芝)1400=【2-2-3-3】29%/98%
AR共和国杯=東京(芝)2500=【3-2-1-4】72%/91%
みやこS=阪神(ダ)1800=【2-2-1-4】33%/74%

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G1天皇賞秋 (タイム1分57秒8)の回顧>
LAP(前半3F 36.5)
LAP(後半3F 33.6)
アーモンドアイ(1着)ルメール騎手のコメント
「ありがとうございます。あまりしゃべれない。信じられない。パフォーマンスです。今日は日本一になりました。もちろん、強い馬ですけど、毎回プレッシャーが重たいです。やっぱりG1・8勝を取りたかった。だから、(いつもより)もうちょっとプレッシャーきてた。でも、あらためてアーモンドアイはいい競馬した。最後きつかったけど、よく頑張ってくれました。今日はスタート前、とてもリラックスしました。ゲートの中も静かだったし、ゲートはすごく好スタートでした。(最後にフィエールマンとクロノジェネシスが迫ってきて)ちょっと怖かった。やっぱり、直線では1人で伸びてくれた。前の馬は結構早めにバテましたので、坂を上ってからちょっときつくなりました。外の馬がきましたので、心配しましたけど、アーモンドアイはメチャクチャ強い。よく頑張ってくれました。みんな競馬場でアーモンドアイを見たいですね。彼女はまだ走りたい。1回か、2回使えると思いますけど、それは調教師さんと馬主さんのチョイスですね。(次走も)はい、もちろん。いつも勝つ自信ありますけど、競馬はいつも難しい。いつも新しい馬がいるし、みんなアーモンドアイに勝ちたい。すごいプレッシャーです」。

<重賞ラップ分析実戦篇>
AR共和国杯 東京(芝)2500㍍(3歳OPハンデ)
<傾 向>
長距離のハンデ戦なのに、波乱になることが少ない。
<ポイント>
過去5年間、勝ち馬は3番人気以内。
また、馬券圏内に入った15頭中13頭が5番人気以内。
<注目馬>
ユーキャンスマイル(牡5、栗東・友道康夫)
GIで一度も掲示板(5着以内)を外したことがない。その安定性は魅力的で、GIIのここなら最重量の58㌔を背負っても好勝負必至。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(京王杯2歳S)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数5~6位"

ただし、指数値58~56に限定。
過去10年内(0-1-3-8/12)回収率87%
近5年内 (0-1-2-1/4)回収率162%

出現率が低いのが難点。今年は期待大!?

(ファンタジーS)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数4位"

ただし、指数値62~59に限定。
過去10年内(2-0-3-2/7)回収率153%
近5年内 (1-0-3-1/5)回収率172%

4年連続的中なので、今年は期待薄!?

(AR共和国杯)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数3位"

ただし、指数値66~63に限定。
過去10年内(2-1-1-1/5)回収率144%
近5年内 (1-0-1-0/2)回収率165%

出現率が低いのが難点。今年は期待薄!?

(みやこS)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数5~7位"

ただし、指数値55~54に限定。
過去10年内(0-2-2-4/8)回収率152%
近5年内 (0-0-2-2/4)回収率180%

的中率がやや低いのが難点。今年は期待薄!?

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

 DEEB 2020年10月31日() 17:37
恥ずかしい馬予想2020.10.31[結果]
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 5

東京11R アルテミスステークスGⅢ 2歳オープン(国際)牝(指定)
◎13 テンハッピーローズ…3着
○ 7 ウインアグライア…6着
▲ 6 ククナ…2着
△14 ☆ソダシ…1着
× 5 ☆ユーバーレーベン…9着
☆12 ハイプリーステス…16着
[結果:アタリ△ 複勝 14 140円]

京都 8R 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 3 メイショウマサヒメ…5着
○ 6 トモジャアルマンド…10着
×11 ☆ハニエル…4着
[結果:ハズレ×]

京都 9R 萩ステークス (L) 2歳オープン(国際)(特指)
◎ 2 ★ワンダフルタウン…3着
○ 7 レベランス…4着
▲ 3 シュヴァリエローズ…1着
× 6 ☆フォティノース…8着
[結果:アタリ△ 複勝 2 110円]

京都11R 毎日放送賞スワンステークス GⅡ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎14 アルーシャ…4着
○ 1 サウンドキアラ…10着
▲ 2 アドマイヤマーズ…3着
△16 ステルヴィオ…2着
× 9 カテドラル…7着
☆11 タイムトリップ…16着
[結果:ハズレ×]

福島 5R 障害3歳以上未勝利(混合)
◎ 5 クリップスプリンガ…2着
○ 4 ☆ブラックスピネル…中止
▲ 3 トキメキジュピター…1着
△ 9 カラル…4着
[結果:アタリ○ 馬連 3-5 1,650円]

福島 7R 3歳以上1勝クラス牝[指定]
◎12 レオハイセンス…10着
○ 9 ☆エヴァイエ…8着
▲ 6 ローランダー…1着
△ 3 トレッファー…5着
× 2 メメントモリ…3着
[結果:ハズレ×]

福島10R 二本松特別 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎10 フォワードアゲン…2着
○ 5 ☆クリノオウジャ…1着
▲ 4 イルーシヴゴールド…2着
△ 2 グレースオブナイル…7着
[結果:アタリ○ 複勝 5 160円、馬連 4-5 1,340円・5-10 360円]

福島11R フルーツラインカップ 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 ココロノトウダイ…1着
○14 ハーメティキスト…11着
▲13 トータルソッカー…5着
△12 ダンサール…9着
× 9 ☆ベレヌス…2着
[結果:アタリ○ 複勝 9 180円、馬連 1-9 720円]

福島12R 三陸特別 3歳以上2勝クラス牝[指定]
◎14 ストリートピアノ…5着
○ 5 ホウオウヒミコ…3着
▲ 4 パールデュー…1着
△ 6 リーピングリーズン…7着
×13 ☆バラーディスト…6着
[結果:ハズレ×]

今日は、午前中だけ仕事です、
昼からの競馬が当たるように、頑張って仕事します。
それにしても、淀に行きたいです。

[今日の結果:9戦3勝4敗2分]
ポチポチな結果でした。

[もっと見る]

 正義の魂 2020年10月31日() 16:37
よしほんの少しだが逆転プラス
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 2

京都5Rの、クローヴィスの複勝大勝負がハズレて、
今日は非常に苦しいスタートとなったが、
京都10Rのシークレットランの単勝で、
逆転ののろしを上げた。

そして京都メインで、アドマイヤマーズの
単勝でなく複勝にしたのが、功を奏し、
東京最終のリュウノゾロの単勝で、
ほんの少しだが逆転のプラスにできた。

ラジオのアナウンスで、東京最終の
リュウノゾロが交わされた、というように
実況を聴いたときには「無念」と思ったが、
なんと差し返してくれたとは。

このツキを、明日の天皇賞秋で、
あの馬が勝って、続けられることが
できれば、と思っている。

なお、土曜東京メインの馬券については、
ウインアグライアから買ったので、
ハズレとなったが、あまり多く
賭けずに良かったと思う。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ウインアグライアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  fc0703d559   フォロワー:4人 2020年8月15日() 00:40:32
wコロ、◉

ウインアグライアの写真

投稿写真はありません。

ウインアグライアの厩舎情報 VIP

2020年10月31日アルテミスステークス G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ウインアグライアの取材メモ VIP

2020年10月31日 アルテミスステークス G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。