クリンチャー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2014年3月10日生
調教師宮本博(栗東)
馬主前田 幸治
生産者平山牧場
生産地新冠町
戦績19戦[3-2-2-12]
総賞金22,157万円
収得賞金3,400万円
英字表記Clincher
血統 ディープスカイ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
アビ
ザフェイツ
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
ミスシャグラ
兄弟 ワキノブレイブエステーラブ
前走 2020/02/29 仁川ステークス (L)
次走 2020/03/29 マーチステークス G3

クリンチャーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/03/29 中山 11 マーチS G3 ダ1800 -- 1612------** 牡6 57.5 石橋脩宮本博-- --------
20/02/29 阪神 11 仁川S (L) ダ2000 16247.332** 牡6 57.0 池添謙一宮本博496(+6)2.04.2 0.137.0⑩⑩⑪⑪ヒストリーメイカー
19/10/06 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 172341.689** 牡5 56.0 池添謙一宮本博490(-4)2.24.6 1.136.0⑧⑧⑥ドレッドノータス
19/09/01 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 184835.71312** 牡5 57.5 田辺裕信宮本博494(-2)1.58.4 0.935.1ユーキャンスマイル
19/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 127934.098** 牡5 58.0 三浦皇成宮本博496(0)2.12.5 1.736.4⑥⑦⑤⑤リスグラシュー
19/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 138129.2410** 牡5 58.0 三浦皇成宮本博496(+2)3.17.7 2.736.5⑧⑧⑪⑪フィエールマン
19/03/23 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1281213.957** 牡5 56.0 三浦皇成宮本博494(+4)2.35.3 1.136.0⑦⑦⑤⑤メイショウテッコン
18/12/23 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 161232.21115** 牡4 57.0 福永祐一宮本博490(--)2.33.8 1.637.5⑤④④ブラストワンピース
18/10/07 フラ 4 凱旋門賞 G1 芝2400 19--------17** 牡4 59.5 武豊宮本博--0000 ------エネイブル
18/09/16 フラ 5 フォワ賞 G2 芝2400 6--------6** 牡4 58.0 武豊宮本博--0000 ------ヴァルトガイスト
18/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17488.043** 牡4 58.0 三浦皇成宮本博488(+2)3.16.3 0.135.7⑦⑦④レインボーライン
18/03/18 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 11781.913** 牡4 56.0 武豊宮本博486(0)3.04.0 0.436.6④④レインボーライン
18/02/11 京都 11 京都記念 G2 芝2200 104410.541** 牡4 55.0 藤岡佑介宮本博486(+4)2.16.3 -0.236.1アルアイン
17/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 182430.9102** 牡3 57.0 藤岡佑介宮本博482(-8)3.19.2 0.340.2⑪⑪⑦キセキ
17/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 153410.749** 牡3 56.0 藤岡佑介宮本博490(+18)2.13.8 1.134.8ミッキースワロー
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 183530.2913** 牡3 57.0 藤岡佑介宮本博472(-4)2.28.1 1.234.3⑥⑤⑨⑨レイデオロ
17/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1881676.7134** 牡3 57.0 藤岡佑介宮本博476(0)1.58.1 0.334.8アルアイン
17/02/26 阪神 9 すみれS OP 芝2200 71112.051** 牡3 56.0 藤岡佑介宮本博476(-2)2.14.1 -0.735.8タガノアシュラ
17/01/28 京都 5 3歳未勝利 芝2000 1445244.8141** 牡3 56.0 藤岡佑介宮本博478(+2)2.00.8 -0.535.6ミッキーロイヤル
17/01/16 中京 5 3歳新馬 芝2000 1681634.41112** 牡3 56.0 丸山元気宮本博476(--)2.08.0 2.235.8⑩⑪⑩⑪タガノアスワド

クリンチャーの関連ニュース

日曜日に開催が予定されているマーチSの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
毎年のように荒れる難解なレースではあるが、指数上位馬は比較的安定しており、1~3位の総崩れは2019年の1度のみ。それ以外の年は、指数1~3位のうち最低1頭が馬券に絡んでいる。

指数1~3位

クリンチャー
タイムフライヤー
スワーヴアラミス

<ポイント②>
前走でG1出走、もしくはハンデキャップ競争以外のオープンクラスで5着以内だった馬が毎年のように上位を賑わせている。なかでも、指数6位以内にランクされていた馬の好走例が多い。

指数6位以内かつ条件を満たす馬

タイムフライヤー
スワーヴアラミス
ワイルドカード

<ポイント③>
波乱傾向の強いレースで、U指数ふたケタ順位の馬が毎年のように上位進出を果たしている。とりわけ、前走でハンデキャップ競争以外の非重賞戦または交流重賞に出走、かつ前走の4角通過順が5番手以内だった馬の活躍が目立つ。

指数10位以下かつ条件を満たす馬

メイショウワザシ
アシャカトブ



ウマニティ重賞攻略チーム

【乗り替わり勝負度チェック!】高松宮記念 この乗り替わりはイメージとは反対にプラスに作用! 2020年3月27日(金) 14:30

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) 新型コロナウィルス問題がなかなか収まる気配はなく、とうとうG1レースが無観客で開催されることになってしまいました。

新良(以下、新) 残念ですが、こればかりは仕方がないでしょう。我々はできることを粛々とこなしていくだけだと思います。

編 そうですね。幸い中央競馬は中止にはなっていませんので、事態の終息を願いつつ、いつも通り予想に励んでいきましょう。

新 気分が落ち込みがちなので、スカッと当てたいですね。

編 早速、春G1シリーズの幕開けを告げる高松宮記念の見解からお聞かせください。

新 ルメール騎手から池添謙一騎手にスイッチする⑧グランアレグリアを推奨します。この乗り替わりは、実はプラスに評価できるんです。

編 池添騎手はもちろんいいジョッキーです。G1実績も申し分ありません。でも、やはりルメール騎手からの乗り替わりとなると印象が……。

新 みなさん、そう思いますよね。でも、ルメール騎手は中京芝1200mでけっこう苦戦していて、2017年以降は勝ち星がありません。彼にしてみれば珍しい、苦手コースのひとつに数えられるでしょう。対する池添騎手は2012年のカレンチャンの勝利に代表されるように、このコースでコンスタントに結果を残しています。

編 鞍上の舞台適性を考えると、池添騎手のほうを上位に評価できると?

新 少なくとも、マイナスにはならないでしょうね。ルメール鞍上というだけで過剰人気が生まれますので、配当妙味という点においても、この乗り替わりは歓迎材料です。

編 なるほど~。池添騎手はビッグレースでの代打騎乗で何度も結果を残していますしね。

新 肝が据わっていますからね。心強いです。レッツゴードンキのように古馬になってスプリント路線で活躍する桜花賞馬はいますし、グランアレグリアの阪神Cの勝ちっぷりからはトップスプリンターの片りんが感じられました。あっさり勝ってもなんら不思議はないでしょう。

編 わかりました。ほかの重賞レースで狙い目があれば教えてください。

新 マーチSを取り上げます。このレースは16頭中13頭が乗り替わりですので、まさに腕の見せ所といえるかもしれません。

編 この記事タイトルも「乗り替わり」の看板を掲げていますから、落とせないレースですね!

新 それくらいプレッシャーをかけてくださったほうが気合いが入ります(笑)。私がこのレースで推奨したいのは、池添謙一騎手から石橋脩騎手に乗り替わる②クリンチャーです。

編 その根拠をお聞かせください。

新 池添騎手は阪神ダ2000mで2016年以降未勝利。苦手コースにもかかわらず前走は2着に持ってきましたので、馬に対して高い評価を与えることができます。今回の舞台となる中山ダ1800mにおける石橋騎手は、2019年以降の勝率が14.9%と乗れており、なによりマーチSは昨年勝っているレースです。好走条件は揃ったとみていいでしょう。

編 クリンチャー自身もダート2戦目で前進が見込めそうですしね。

新 芝を走っていたときは非根幹距離を得意にしていましたので、今回の200mの距離短縮はプラス材料と考えていいと思います。

編 了解しました。日曜日の2重賞はポンポンと連勝を決めたいですね!


★その他の注目乗り替わり★
土曜阪神11R ⑤ダノンアレー北村友一福永祐一
土曜中山11R ④レッドレオン北村友一藤岡佑介


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【マーチS】厩舎の話 2020年3月27日(金) 05:04

 ◆アシャカトブ・武藤騎手 「いい動き。重賞でも54キロなら」

 ◆クリンチャー・宮本師 「状態はいいし、中山は大丈夫。あとは1800メートルがどうか」

 ◆コマビショウ・南井師 「状態はいい。中山も合いそう」

 ◆サンマルデューク・小島良助手 「順調だが、ズブいし変わり身は…」

 ◆スワーヴアラミス・山田助手 「調整はうまくいった。中山は実績を残していて楽しみ」

 ◆タイムフライヤー・松田師 「前走後、トモに疲れもなく、マイナス面がありません」

 ◆テルペリオン・寺島師 「前々でしぶとさを生かせれば」

 ◆ナムラアラシ・牧田師 「調整は順調。展開が向くか、どうか」

 ◆メイショウスミトモ・南井師 「状態は変わりない。展開が合えば」

 ◆メイショウワザシ・南井師 「中山コースで走っているし、自分の競馬ができれば」

 ◆リアンヴェリテ・中竹師 「絶好調といえるくらい。行き切る競馬でどこまで」

 ◆ルールソヴァール・高木師 「脚元の不安で休ませたが、きっちり乗り込んでいる」

 ◆レピアーウィット・森助手 「中間もしっかり乗り込んできた。ゲート(の出)や砂をかぶることに課題はあるが、スムーズなら」

 ◆ローズプリンスダム・畠山師 「フワッと気を抜く癖を見せずいい動きだった」

 ◆ワイルドカード・木村師 「休養前と比べると少し物足りない」

マーチSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーチS】厩舎の話 2020年3月27日(金) 05:04

 ◆アシャカトブ・武藤騎手 「いい動き。重賞でも54キロなら」

 ◆クリンチャー・宮本師 「状態はいいし、中山は大丈夫。あとは1800メートルがどうか」

 ◆コマビショウ・南井師 「状態はいい。中山も合いそう」

 ◆サンマルデューク・小島良助手 「順調だが、ズブいし変わり身は…」

 ◆スワーヴアラミス・山田助手 「調整はうまくいった。中山は実績を残していて楽しみ」

 ◆タイムフライヤー・松田師 「前走後、トモに疲れもなく、マイナス面がありません」

 ◆テルペリオン・寺島師 「前々でしぶとさを生かせれば」

 ◆ナムラアラシ・牧田師 「調整は順調。展開が向くか、どうか」

 ◆メイショウスミトモ・南井師 「状態は変わりない。展開が合えば」

 ◆メイショウワザシ・南井師 「中山コースで走っているし、自分の競馬ができれば」

 ◆リアンヴェリテ・中竹師 「絶好調といえるくらい。行き切る競馬でどこまで」

 ◆ルールソヴァール・高木師 「脚元の不安で休ませたが、きっちり乗り込んでいる」

 ◆レピアーウィット・森助手 「中間もしっかり乗り込んできた。ゲート(の出)や砂をかぶることに課題はあるが、スムーズなら」

 ◆ローズプリンスダム・畠山師 「フワッと気を抜く癖を見せずいい動きだった」

 ◆ワイルドカード・木村師 「休養前と比べると少し物足りない」

[もっと見る]

【マーチS】追って一言 2020年3月26日(木) 05:03

 ◆アシャカトブ・武藤騎手 「いつも通りいい動き。重賞でも54キロなら」

 ◆クリンチャー・宮本師 「状態はいいし、中山は大丈夫。あとは1800メートルがどうか」

 ◆サンマルデューク・小島良助手 「順調だがズブさがきついし変わり身は…」

 ◆スワーヴアラミス・山田助手 「調整はうまくいきました。中山は実績を残していますし、楽しみですね」

 ◆タイムフライヤー・松田師 「前走後、トモに疲れもなく、マイナス面がありません。若干、控える競馬をした方がいいかも」

 ◆テルペリオン・寺島師 「良かったです。前々でしぶとさを生かせれば」

 ◆リアンヴェリテ・中竹師 「絶好調といえるくらい。この馬は展開に尽きる。行き切る競馬でどこまで」

 ◆ルールソヴァール・高木師 「脚元の不安で休ませたが、きっちり乗り込んでいる」

 ◆ローズプリンスダム・畠山師 「前に馬を置いての稽古だったが、フワッと気を抜く 癖を見せずいい動きだった」

 ◆ワイルドカード・木村師 「追うたびに良くなっているが、休養前と比べると少し物足りない」

マーチSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーチS】レース展望 2020年3月23日(月) 17:26

 中山では日曜メインにダートのGIIIマーチS(29日、1800メートル)が行われる。

 ダート転向6戦目となる今回、2歳時のGIホープフルSと合わせ、芝・ダート両重賞制覇を目指すのがタイムフライヤー(栗東・松田国英厩舎、牡5歳)。前走のフェブラリーSでは強豪ぞろいの中、強気の先行策から勝ったモズアスコットから0秒9差5着に踏みとどまり、地力を改めてアピールした。折り合い面の課題を克服するため、今回は実戦では耳の部分を覆うメンコを着用する予定。ハンデ57キロも想定内で、18日には栗東CWコースを6ハロン79秒3で駆け抜けるなど気配も良好なだけに、思い出の中山でタイトル奪取の可能性は十分ある。

 スワーヴアラミス(栗東・須貝尚介厩舎、牡5歳)は9月のオークランドレーシングクラブT(3勝クラス)を6馬身差で圧勝。オープン昇格後も2走前、今回と同じ中山9ハロンのポルックスSを4馬身差で快勝するなど、急激な本格化を遂げている。前走のアルデバランS2着後もここを目標に好調教を連発。58キロで快勝した実績もあり、57キロのハンデにも難なく対応できそうだ。

 メイショウワザシ(栗東・南井克巳厩舎、牡5歳)も着実に地力を強化。前走、同じ舞台の総武Sを武豊騎手を背に軽快に逃げ切った。オープン入りした昨夏以降、5着以下がない安定感は見事でハンデも背負い慣れた56キロ。再びマイペースに持ち込めれば勝機も十分だろう。

 ワイルドカード(美浦・木村哲也厩舎、牡6歳)はオープン入り初戦のペデルギウスSを3番手の好位からラスト3ハロン最速の35秒8の切れ味を発揮して快勝した。今回が13戦目とまだまだ良化の余地を残しており、ハンデも56キロならマークは必要だ。

 57・5キロのトップハンデは2頭。クリンチャー(栗東・宮本博厩舎、牡6歳)はダート初挑戦となった前走の仁川Sで後方11番手から、メンバー最速の3ハロン37秒0の末脚で半馬身差2着に食い込んだ。長らくスランプが続いたが、芝で菊花賞2着、京都記念優勝と実績は最右翼。ダート適性が証明されただけに怖い。もう一頭のリアンヴェリテ(栗東・中竹和也厩舎、牡6歳)はみやこS(13着)から4カ月半の休み明けでもあり、強調材料に欠ける。



マーチSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリンチャーの関連コラム

閲覧 1,509ビュー コメント 0 ナイス 4

菊花賞2019】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは菊花賞です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ
●U指数に関する書籍が発売されました! ⇒詳細はこちら


<ポイント①>
・U指数上位の高指数馬は素直に信頼できる。U指数98以上かつ指数1~2位は【3.1.1.2】で複勝率71.4%、複勝回収率97.1%。該当馬は3連系馬券の軸に向く。

<ポイント②>
・U指数も下馬評も低い馬は厳しい戦いを強いられており、U指数95以下かつ8番人気以下の馬は【0.1.0.61】という惨憺たる状況になっている。唯一の例外は、史上まれに見る極悪馬場で行われた2017年の2着馬クリンチャー(指数94.6、10番人気)

<ポイント③>
・堅軸の「U指数98以上の1~2位馬」を1列目、まったく期待できない「U指数95以下かつ8番人気以下の馬」を除いたそれ以外の馬(1列目が2頭の場合はこれも含む)を2~3列目に配置したフォーメーションを購入した際の馬連回収率160.2%、3連複回収率138.1%




花賞の予想U指数はこちら⇒(花賞重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2019年10月15日(火) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年10月15日号】特選重賞データ分析編(172)~2019年菊花賞~
閲覧 1,875ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 菊花賞 2019年10月20日(日) 京都芝3000m外


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2013年以降)】
○3着以内 [6-5-5-44](複勝率26.7%)
×4着以下 [0-1-1-46](複勝率4.2%)

 コース適性などに注目が集まりがちではあるものの、単純に前走好走馬が強いレース。大敗直後の馬は思い切って評価を下げるべきでしょう。なお、前走の着順が4着以下だったにもかかわらず好走を果たした2016年3着のエアスピネルと2017年2着のクリンチャーは、いずれも皐月賞で4着となった経験がある馬でした。

主な「○」該当馬→ヴェロックスザダルヒシゲッコウ
主な「×」該当馬→ニシノデイジーメイショウテンゲンレッドジェニアル


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が8戦以内」だった馬は2013年以降[6-4-6-50](複勝率24.2%)
主な該当馬→ヴェロックスレッドジェニアル

[もっと見る]

2019年8月28日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019新潟記念
閲覧 1,400ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月1日(日) 新潟11R 第55回新潟記念(3歳以上G3・ハンデ・芝2000m)

【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


レイエンダ(B)57.0
前走エプソムカップで初重賞制覇。そこからの休み明けとなるこの中間は、早めに入厩して乗り込み量も豊富で、坂路での時計もしっかり出ていて仕上りは良さそう。初の新潟競馬場となるが、前走かなり速い上がりタイムで走っていることから、今の新潟の馬場にも対応できそう。

ブラックスピネル(B)57.0
前走時のパドックでは、+4キロでも2走前と比べるとお腹のあたりがタップリとして余裕があるように感じた。この中間も坂路で乗り込まれ、1週前には併せ馬で強めに追われ先着と好時計が出ているので、あとは馬体が締まってくるようなら変わり身もありそう。

クリンチャー(E)57.5
これまでのレースを見ても最速の上りがダービーの34.3秒となっていて、力のいる馬場で実績のある馬。この中間も乗り込み量は豊富もいつもと同じような時計しか出ていない状況で、相手以上にハンデと馬場が強敵。

ユーキャンスマイル(A)57.0
右回りだと内にモタれてしまう馬で、前走の天皇賞でも悪い面が出てしまった。2戦2勝の左回りでも追い出されると右にモタれる面は出るが、伸び脚が違うので明らかに左回りの方がレースはしやすく、昨年夏の新潟でも勝ち鞍があってと相性は良い。今回休み明けとなるが、3週前から1週前までCWを長めから併せ馬で追われ好時計が出ていて、調教内容は文句なく、良い状態で出走できそう。

ダッシングブレイズ(D)56.0
今回と同じコースの新潟大賞典以来のレースとなるが、この中間はCWで入念に乗り込まれている。ただ全体的の前走時よりも終いの時計がかかっていて、切れる脚が使えそうな感じはない。

ダイワキャグニー(C)57.5
東京でのレースを多く使われてきている馬で、6勝すべてが東京コースでのもの。この中間は2週前、1週前とPコースで速い時計を出しているが、内めを回ってのものでこの馬としては時計がかかっているのでやや物足りない。速い時計には対応できそうだが、トップハンデと初の新潟コースがどう出るか。

カヴァル(B)54.0
現在3連勝中と勢いのある馬。新潟でも2戦2連対と相性は良い。この中間も坂路での調整。元々調教ではそれほど速い時計が出る馬ではなく、1週前に前走時と同じような時計が出せているので、調子落ちはなさそう。

ジナンボー(D)54.0
6月のジューンSからの休み明け。この中間は坂路で乗り込まれているが、終いの時計がかかっている印象。調子の良い時計はもっと時計の出る馬で、物足りない内容。

カデナ(B)57.0
ここ3戦福島、函館、小倉と好成績。北へ南へと移動距離がかなりあり疲れが心配ではあるが、この中間も1週前追い切りで終い速い時計が出ている。こちらが考えている以上に、調子をキープできている感がある。

サトノキングダム(A)54.0
休み明けを2回使われて2着、1着と好成績。この中間も3週前から3週連続坂路で好時計が出ていて、調子はかなり良さそう。勢いがありローテーションに軽ハンデ、コース適性と好走の条件は揃っている。

センテリュオ(A)53.0
前走マーメイドSからの休み明け。この中間は8月中旬にトレセンで時計を出し始めたが、すぐに坂路で速い時計が出せていて、牧場での調整がかなり良かったのではないかと思う。その後、1週前に坂路で一杯に追われて併せ先着。牝馬なので直前は馬なりでの調整で、終いしっかり伸びているようなら調整内容は万全。

フランツ(C)55.0
8月に入って坂路で毎週追い切られていて、乗り込み量は豊富。もともと速い時計の出る馬ではないので、この馬としては水準の時計で状態は悪くなさそう。

ショウナンバッハ(C)54.0
宝塚記念からの休み明けとなるこの中間は、函館競馬場で調整されている。調教では時計の出る馬なので、函館Wの時計はこの馬のものとしては物足りず、函館から新潟への輸送もあり条件は厳しい。

サトノワルキューレ(D)54.0
今回は3ヶ月半の休み明け。乗り込み量は豊富で時計は出ているが、1週前追い切りで一杯に追われている。休み明けで中間に強めに追われている時は好走実績がなく、使われてからの方が良さそう。

アクート(A)54.0
新潟は4戦3勝と相性抜群。近走、京都・中山で勝ち切れないレースが続いていたが、前走得意の新潟で久しぶりの勝利。この中間は1週前追い切りではそれほど目立つ時計は出してこなかったが、直前の日曜日に一杯に追われて速い時計を出してきており、ほぼ前走時同様の調整内容。小柄な馬で前走時のパドックでは仕上がりも良かったので、あとは最終追い切りで終いしっかり伸びる走りができていれば、かなり期待できそう。

ケントオー(E)55.0
今回は春の天皇賞以来の休み明け。鉄砲駆けするタイプではなく、この中間も坂路で乗り込まれているが終いの時計がかかっており、まだ仕上り途上といった感じ。

ゴールドサーベラス(C)54.0
2000mは3戦しているがすべて小回りコースでのもので、前走の七夕賞の4着が最高とコーナー2つの2000m戦は向きそうもない馬。ただこの中間は北Cコースで終いの時計が出ていて、調子自体は良さそう。

クラウンディバイダ(E)53.0
新潟では2戦して2度大敗。上りの時計もかなりかかっていて、向いている感じはない。この中間も特に目立つような時計もなく、ここは相手が強い。

コズミックフォース(E)56.0
休み明けの前走時はかなり入念に乗り込まれていて良い時計も出ていたが、後方からそれほど差を詰めることもなく9着。この中間はギリギリまで牧場で調整されていたのか、1週前に速い時計を出していない。余裕のある調整内容とは言えず、前走の反動が出て回復に時間がかかっているのかもしれない。

アドマイヤアルバ(D)54.0
休み明けの小倉記念を使われての叩き2戦目。この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着しているものの、時計的にこの馬としては物足りず、大きな変わり身は感じられない。

ロードマイウェイ(E)50.0
6月の東京開催で2連勝しての休み明け。この中間は、間隔がある割に調教の時計がかかっていて物足りない内容。



◇今回は新潟記念編でした。
今年の夏はウインズやパークウインズに出かける機会は少しあったものの、競馬場での現地観戦にはほとんど赴くことが出来ませんでした。それでも中央・地方・海外と、家にいながらパドックもレースも普通に観られ、馬券も買えてと、便利な世の中になったものです。暑いなか行われてきた夏競馬も、今週が最後。馬も人も大変だと思いますが、今年も最後は新潟競馬場で熱い夏競馬を楽しんできたいと思います。

それでは次回、セントライト記念編(予定)でお会いしましょう。

新潟記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年8月25日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年08月25日号】特選重賞データ分析編(165)~2019年新潟記念~
閲覧 1,831ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 農林水産省賞典 新潟記念 2019年09月01日(日) 新潟芝2000m外


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2016年以降)】
×12頭以下 [0-0-0-22](複勝率0.0%)
○13頭以上 [3-3-3-17](複勝率34.6%)

 近年は少頭数のレースを経由してきた馬が不振。13頭立てだった2018年も該当馬6頭がすべて4着以下に敗れています。もともと少頭数であればあるほど見た目の着順は良くなりやすいわけですし、レースを通じて掛かる負荷の大きさも、概ね出走頭数の多さに比例するもの。少頭数のレースにおけるパフォーマンスを過大評価しないよう心掛けたいところです。

主な「○」該当馬→カデナダイワキャグニーブラックスピネル
主な「×」該当馬→クリンチャーサトノキングダムジナンボー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2016年以降[3-3-1-13](複勝率35.0%)
主な該当馬→カデナジナンボー

[もっと見る]

2019年6月28日(金) 13:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/22~6/23)好調霧プロが32万超プラス収支達成で、4週連続週末プラス!!
閲覧 976ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、23(日)に阪神競馬場でG1宝塚記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1宝塚記念は、上位6頭までが単勝3倍台~8倍台に収まる上位混戦模様オッズの様相。中でも1番人気は、単勝3.6倍でキセキ。差なく同3.9倍でレイデオロが2番人気、以下は3番人気リスグラシュー、4番人気エタリオウ、5番人気アルアインと続く状況で発走時刻を迎えます。
注目のスタートは、各馬綺麗に出揃い横一線の態勢。とりわけ、スティッフェリオアルアインらが好発を決めて前々へと進んでいくと、押して押して最内からキセキもこれに加わって先団を形成。キセキが単独先頭を奪い切ると、ここで大外から意外な馬が勢いよく好位へ。意表を突く先行策をとったD.レーン騎手騎乗リスグラシュー、その馬はそのまま結局2番手に収まって積極的な競馬を選択。3番手以下は、スティッフェリオアルアインスワーヴリチャードクリンチャーレイデオロノーブルマーズタツゴウゲキ。後方からとなったエタリオウを挟み、ショウナンバッハ、最後方にマカヒキの態勢で2コーナーから向こう正面を目指します。
キセキ×川田騎手によるレースメイクで、前半1000mはマイペースの60秒0(良)。人気馬は、そのまま2番手でがっちりマークのリスグラシューを筆頭に、3番手アルアイン、4番手スワーヴリチャード、6番手にレイデオロエタリオウは変わらず後方3番手の追走で、キセキを目標に運んでいきます。
ここから緩やかにペースアップを図るキセキ。外を通って、スワーヴリチャードが3番手を窺う構えを見せ、内ラチ沿いではレイデオロも早くもムチが飛ぶ展開。前を行くキセキは1馬身ほどのリードをキープするように、さらに直線にかけて加速を増しながら11頭を引き連れ直線勝負へ。
迎えた直線、依然先頭で力強い伸び脚で悲願成就を目指すキセキに対し、2番手からさらに目立つ伸びを見せるD.レーン騎手騎乗のリスグラシューアルアインスワーヴリチャードらが3~4番手で続き、内ラチ沿いのレイデオロはやや苦しい伸び脚で後退。ここから突き放す一方の競馬を見せたのは、紅一点のリスグラシューでした。残り200mで馬体を併せたキセキを、まるで子ども扱いするかのようにパスすると最後はその差を3馬身差に広げゴール。昨秋のG1エリザベス女王杯に続き、G1・2勝目をあげています。2着にはキセキが入り、そこから2馬身差の3着には6番人気スワーヴリチャードが入っています。
公認プロ予想家では、馬侑迦プロ伊吹雅也プロきいいろプロnigeプロ夢月プロろいすプロ他計12名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
22(土)は函館1R3歳未勝利を仕留めると、以降函館2R3歳未勝利阪神4R3歳未勝利阪神7R3歳以上1勝クラス函館8R3歳以上1勝クラス阪神10R京橋特別とファインプレーを連発。そして迎えた東京11Rアハルテケステークスを◎サトノアッシュ(単勝129.4倍)から的中し、計17万40円を払戻すこの日最大のビッグヒットを記録! 23(日)には阪神3R3歳未勝利での◎○的中などの活躍を披露し、土日トータル回収率192%、収支32万4,890円の大幅プラスを達成、同時に4週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(土)函館4R3歳未勝利阪神4R3歳未勝利阪神11R垂水Sなどの好配当をマークし大幅プラス!23(日)にもG1宝塚記念阪神12Rリボン賞などを仕留め、週間トータルでは、回収率153%、収支23万5,390円プラスを達成しています。2週連続の大幅プラスを記録。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
22(土)は函館4R3歳未勝利で馬単1点勝負的中を披露し、17万8,000円払戻しのスマッシュヒット。23(日)にも阪神2R3歳未勝利での的中などを披露した先週は、回収率287%をマークし、収支12万1,920円を記録。3週前に続く大幅プラスを達成し、回収率トップに立っています。また同時に、3週連続の週末プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
22(土)は函館3R3歳未勝利での▲◎△的中など、的中率50%、回収率118%の好成績をマーク。翌23(日)には、阪神3R3歳未勝利や、阪神6R3歳以上1勝クラスの的中などで、連日のプラス収支を達成。土日2日間計65R提供で、トータル的中率46%、同回収率124%のハイアベレージをマークしました。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(259%)、セイリュウ1号プロ(192%)、【U指数】3連単プリンスプロ(182%)、ろいすプロ(106%)、蒼馬久一郎プロ(137%)、馬単マスタープロ(131%)、新参者プロ(106%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(106%)、馬っしぐらプロ(114%←3週連続週末プラス)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(106%)、くりーくプロ(112%)、馬侑迦プロ(110%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(105%)、覆面ドクター・英プロ(103%)、岡村信将プロ(102%)、きいいろプロ(100%←2週連続週末回収率100%超)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年6月19日(水) 16:50 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019宝塚記念
閲覧 1,774ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



6月23日(日) 阪神11R 第60回宝塚記念(3歳以上G1、芝2200m)


レイデオロ(C)3ヶ月
ドバイ遠征後のレースとなり状態面が気になるところだが、これまでの休み明けよりも1週(トレセンに)戻すのが遅い、もしくは戻してから速い時計を出すのが1週遅いという過程で、3ヶ月間隔が空いているということを考えるとその点は気になるところ。1週前の追い切りの動きを見ると直線の伸びは良かった。ただ、コーナーリングでの走りで前脚に力強さがないというか前に出ていない、脚が上がっていない走りに見え、その辺りが何となく引っかかる。あくまで、長く調教を見てきた者の感覚的な話でしかないのだが。

キセキ(B)3ヶ月
休み明けの前走時、昨年JC時のようなかなり良い動きと比べると、まだ動きが物足りない印象だった。それでも、レースではクビ差2着と能力の高さを見せてくれた。今回も間隔は空いたが一度使われたこともあり、1週前追い切りでは素軽さが出てきている。終いも前脚が前に真っすぐ伸びる走りになってきていて、前走からの上積みが感じられる動きだった。

アルアイン(D)3ヶ月
この中間も、3週前から坂路で時計を出していてトレセンでの乗り込み量は豊富。ただ2週前、1週前追い切りを見ると、大阪杯時のような軽快さがなく、モタモタして動きが重い感じ。

スワーヴリチャード(D)3ヶ月
ドバイ遠征後のレースということで、この中間は乗り込み量の割にいつもより控えめな調教過程。2週前、1週前と追い切りでは良い時のような首が前に伸びる走りではなく、首が高くなってしまう走りを見せていた。ドバイ遠征の疲れが残っているのかもしれない。

リスグラシュー(C)中7週
香港遠征後のこの中間は、2週前、1週前と坂路で追い切られた。1週前追い切りの動きを見ると、前にいた馬を避けるために馬場の真ん中に持ち出して併せて追われたという点をふまえても、時計ほど伸びきれていない印象を残した。

エタリオウ(A)中7週
この中間は中7週と間隔に余裕もあり、2週前、1週前とCWで追い切られている。今年3戦目で動きに素軽さが出てきた感じ。

マカヒキ(AA)3ヶ月
前走後、放牧には出さずすぐに乗りだして3ヶ月乗り込まれてきていて、かなり調教本数が多い。2週前追い切りで見せたチップの蹴り上げは、機関銃で撃っているかようなド派手さ。ほぼこの時点で仕上がっているとみて良さそう。1週前も単走で追い切られ終いの伸び脚が抜群に良く、ダービー馬の復活を目指す厩舎の執念を感じる調教内容。

クリンチャー(C)中7週
この中間は2週前、1週前とCWを長めから単走で追い切られ、力強い動きを見せており調子は良さそう。ただ、全体的に重心が高い走りになっている点は気になる。最終追い切りを坂路で沈み込むような走りで駆け上がってくるようなら、変わり身もあるかもしれないが。

ノーブルマーズ(D)中2週
今年は鳴尾記念から中2週での参戦となるが、前走時の追い切りの動きを見ても昨年のような勢いが感じられない。

ソールインパクト(―)回避して七夕賞に出走する予定。

スティッフェリオ(D)3ヶ月
この中間も坂路で乗り込まれてきているが、1週前追い切りの動きを見ると終いに伸びきれず。前走時と大きく変わってきている感じがない。

タツゴウゲキ(F)1年
昨年の宝塚記念から1年ぶりのレースとなる。この中間は、トレセンでの調教では強めに追われることもなく、1週前の追い切りでも終い伸びきれておらず、まだまだ本来の出来には遠い感じ。

ショウナンバッハ(E)中1週
使い詰めできていて、今回も中1週と厳しいローテーション。それでも、1週前に速い時計で追い切られていて、そこで見せた動きからは疲れは感じさせなかった。ただ、右回りでの成績不振に加え、1週前追い切りでも直線で内にササる面を見せていた点など、マイナス材料は多い。


◇今回は宝塚記念編でした。
JRS春のG1シリーズも最終戦、宝塚記念を迎えます。春G1といってもすでに夏競馬に突入していて、「初夏のG1」の肩書きのほうがしっくりきそうなくらいのこの宝塚記念
近年は異常気象で、安田記念週のように6月でも真夏よりも暑い日になったりして、人も馬も大変で天気のほうも競馬以上に予測がつかないのではないかと思います。昼間これだけ暑いと、JRAもナイター設備を整えて3場中1場でも2場でもナイター開催を行うことを考えても良いかもしれません。気温自体はそれほど変わらずとも、日差しがないぶん、まだ暑さはマシではないかと思います。競馬法や地方競馬との兼ね合いもあるとは思いますが、土曜の夜にナイターで宝塚記念なんてのもあっても良いのでは? どんな馬が集まるかは分かりませんが、テレビはゴールデンタイムでの放送となって盛り上がり、新しい競馬ファンの獲得にもなるのではないかと思います。
毎年イマイチ盛り上がりに欠ける宝塚記念ですので、この時期に開催するならこれぐらいの発想がないと変わらないのかもしれません。

それでは次回、七夕賞編でお会いしましょう。

宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリンチャーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 4

<指数的には、1頭抜けた形。堅めの決着か・・・・>

◎:⑩スワーヴアラミス
〇:⑦タイムフライヤー
▲:②クリンチャー
△:⑪リアンヴェリテ
△:⑫ワイルドカード
△:⑯アシャカトブ


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
⑩⑦→②⑪⑫⑯


 ◎は⑩スワーヴアラミスにしました。
 指数1位。
前走のアルデバランステークスは、2着でした。
その前走は2番手からの競馬でした、
距離はこれくらいが合っている感じはしますね。
上手く先行できれば、・・・・って感じですね。


 ○は⑦タイムフライヤーにしました。
指数2位。某スポーツ紙調教評価3位
前走のフェブラリーステークスは4着。
その前走は、直線半ばまで見せ場十分でした。
今回は、ダート千八ですが、ダート中距離で
結果が出ていない点は気になりますね。
後は鞍上次第ですかね。


 ▲は②クリンチャーにしました。
指数4位。某スポーツ紙調教評価2位。
前走は仁川ステークスで2着でした。
その前走は初ダートでいきなり結果を出しましたね。
適性の高さを示したと思います。
ダートになれた今回が真価が問われる一戦になりそう。
乗り替わりは気になるところです。


△以下では、⑫ワイルドカードに注目ですね
前走のベテルギウスステークスは1着でした。
連勝で重賞まで駒を進めてきました、
状態も良さそうで某スポーツ紙調教評価も1位。
初重賞挑戦でどきまでやれるか注目したいと思います。

 ブルー☆ギラヴァンツ 2020年3月28日() 22:50
3/29 単複王 No. 33 高松宮記念 No. 34 マー... 
閲覧 87ビュー コメント 0 ナイス 1

こんばんわ明日3/29単複王です
No.199 阪神 9レース 四国新聞杯(2勝クラス) 芝 2000m ◎ アルファライズ ◯ ウインラナキラ
No.200 阪神 10レース 武庫川S(3勝クラス) 芝 1600m ◎ アンドラステ ◯ ユニコーンライオン
No.201 阪神 11レース 六甲S(L) 芝 1600m ◎ ウーリリ ◯ サトノアーサー
No.202 中山 9レース ミモザ賞(1勝クラス) 芝 2000m ◎ アンサンブル ◯ ウインマリリン
No.203 中山 10レース 船橋S(3勝クラス) 芝 1200m ◎ メイショウキョウジ ◯ ビリーバー
No.204 中山 11レース マーチS(G3) ダート 1800m ◎ スワーヴアラミス ◯ タイムフライヤー
No.205 中京 9レース 大寒桜賞(1勝クラス) 芝 2200m ◎ ウインベイランダー ◯ ディアスティマ
No.206 中京 10レース 名古屋城S(3勝クラス) ダート 1800m ◎ グレートタイム ◯ マッスルビーチ
No.207 中京 11レース 高松宮記念(G1) 芝 1200m ◎ ダノンスマッシュ ◯ タワーオブロンドン
No.208 中京 12レース 鈴鹿特別(2勝クラス) ダート 1400m ◎ グレートウォリアー ◯ デルタバローズ
続いて
No.33 高松宮記念 ◎ ダノンスマッシュ ○ タワーオブロンドン ▲ グランアレグリア ☆ モズアスコット ダイアトニック
No.34 マーチステークス ◎ スワーヴアラミス ○ タイムフライヤー ▲ クリンチャー ☆ ワイルドカード メイショウワザシ
明日のメインレースは
阪神 11レース 六甲S(L) 芝 1600m
中山 11レース マーチS(G3) ダート 1800m
中京 11レース 高松宮記念(G1) 芝 1200m
です
六甲S(L) ◎ ウーリリ ○ サトノアーサー ▲ サトノフェイバー ☆ アイスストーム キョウヘイ
マーチS(G3) ◎ スワーヴアラミス ○ タイムフライヤー ▲ クリンチャー ☆ ワイルドカード メイショウワザシ
高松宮記念(G1) ◎ ダノンスマッシュ ○ タワーオブロンドン ▲ グランアレグリア ☆ モズアスコット ダイアトニック
https://youtu.be/vMxlAINA69g
よろしくお願いします

[もっと見る]

 オクトーバーサーティ 2020年3月28日() 21:16
マーチS応援馬券⁉️
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 2

がんばれ! クリンチャー⁉️

菊花賞2着の力を見せろ⁉️

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリンチャーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

クリンチャーの写真

クリンチャーの厩舎情報 VIP

2020年3月29日マーチステークス G3
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クリンチャーの取材メモ VIP

2020年2月29日 仁川ステークス (L) 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。