クリンチャー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
クリンチャー
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2014年3月10日生
調教師宮本博(栗東)
馬主前田 幸治
生産者平山牧場
生産地新冠町
戦績18戦[3-1-2-12]
総賞金21,226万円
収得賞金3,400万円
英字表記Clincher
血統 ディープスカイ
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
アビ
ザフェイツ
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
ミスシャグラ
兄弟 ワキノブレイブエステーラブ
前走 2019/10/06 京都大賞典 G2
次走予定

クリンチャーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/10/06 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 172341.689** 牡5 56.0 池添謙一宮本博490(-4)2.24.6 1.136.0⑧⑧⑥ドレッドノータス
19/09/01 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 184835.71312** 牡5 57.5 田辺裕信宮本博494(-2)1.58.4 0.935.1ユーキャンスマイル
19/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 127934.098** 牡5 58.0 三浦皇成宮本博496(0)2.12.5 1.736.4⑥⑦⑤⑤リスグラシュー
19/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 138129.2410** 牡5 58.0 三浦皇成宮本博496(+2)3.17.7 2.736.5⑧⑧⑪⑪フィエールマン
19/03/23 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1281213.957** 牡5 56.0 三浦皇成宮本博494(+4)2.35.3 1.136.0⑦⑦⑤⑤メイショウテッコン
18/12/23 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 161232.21115** 牡4 57.0 福永祐一宮本博490(--)2.33.8 1.637.5⑤④④ブラストワンピース
18/10/07 フラ 4 凱旋門賞 G1 芝2400 19--------17** 牡4 59.5 武豊宮本博--0000 ------エネイブル
18/09/16 フラ 5 フォワ賞 G2 芝2400 6--------6** 牡4 58.0 武豊宮本博--0000 ------ヴァルトガイスト
18/04/29 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17488.043** 牡4 58.0 三浦皇成宮本博488(+2)3.16.3 0.135.7⑦⑦④レインボーライン
18/03/18 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 11781.913** 牡4 56.0 武豊宮本博486(0)3.04.0 0.436.6④④レインボーライン
18/02/11 京都 11 京都記念 G2 芝2200 104410.541** 牡4 55.0 藤岡佑介宮本博486(+4)2.16.3 -0.236.1アルアイン
17/10/22 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 182430.9102** 牡3 57.0 藤岡佑介宮本博482(-8)3.19.2 0.340.2⑪⑪⑦キセキ
17/09/18 中山 11 セントライト G2 芝2200 153410.749** 牡3 56.0 藤岡佑介宮本博490(+18)2.13.8 1.134.8ミッキースワロー
17/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 183530.2913** 牡3 57.0 藤岡佑介宮本博472(-4)2.28.1 1.234.3⑥⑤⑨⑨レイデオロ
17/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1881676.7134** 牡3 57.0 藤岡佑介宮本博476(0)1.58.1 0.334.8アルアイン
17/02/26 阪神 9 すみれS OP 芝2200 71112.051** 牡3 56.0 藤岡佑介宮本博476(-2)2.14.1 -0.735.8タガノアシュラ
17/01/28 京都 5 3歳未勝利 芝2000 1445244.8141** 牡3 56.0 藤岡佑介宮本博478(+2)2.00.8 -0.535.6ミッキーロイヤル
17/01/16 中京 5 3歳新馬 芝2000 1681634.41112** 牡3 56.0 丸山元気宮本博476(--)2.08.0 2.235.8⑩⑪⑩⑪タガノアスワド

クリンチャーの関連ニュース

 今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、エリザベス女王杯を徹底取材。GI勝ちした3歳馬の“2強”が強力だが、過去2年連続2着の6歳馬クロコスミアに注目。3度目の正直で好配ゲットだ!



 記者A 今秋の女王決定戦は、3歳馬2頭の一騎打ちやろ。

 記者B 僕は、ラヴズオンリーユーを上に取りたいですね。Q騎手は「矢作厩舎の近年のGI勝ち馬のリスグラシューや全兄リアルスティールと比べても、ラヴズが一番だと思いますよ」とべた褒め。連勝街道を突き進みそうです。

 記者C 逆にクロノジェネシスは叩き2走目で状態アップは間違いなしですが、それが悪い方に出るかも。X調教師は「先週の調教でかなり力んでいた。今週は我慢ができていたけど、行きたがる面はあった。今回は距離が延びてペースも緩くなりそうだし…」と折り合いを疑問視していました。

 記者D ちょっと待った!! ほんまに3歳馬でええんか? 過去2年連続2着のクロコスミアを忘れてへんか。Z騎手は「(藤岡)佑介(騎手)は、去年の京都記念クリンチャー)、京都新聞杯ステイフーリッシュ)で、同じような脚質の馬で勝っている。同舞台でいいイメージを描けるやろうし、テン乗りで思い切って乗れるのもプラス」と話していた。今年もペースが落ち着きそうやし、配当妙味も見込めるで。

 記者E 関東馬ではフロンテアクイーンを推奨します。V助手が「前走の最終追いは5ハロン過ぎあたりから力むところがあったけど、今回の最終追いはそういうところも見せなかった」とぽつり。距離が延びても対応できそうです。

 記者A ほな、まとめよか。本命はクロコスミア。馬連(6)-(11)(10)(2)(3)(4)(5)(8)(12)(16)&3連単2頭軸マルチ(6)(11)→(10)(2)(4)(8)(16)で勝負や!(大阪サンスポ)

【沢田康文の欧州リポート】来日希望デットーリに期待 2019年11月7日(木) 05:01

 5日のメルボルンCでランフランコ・デットーリ騎手(48)=イタリア出身、英国拠点=が騎乗停止処分を受けた。予定されていた今週末の日本での騎乗は流れたが、処分が解けた後は来日を希望しているといわれているので、そのときを待ちたい。

 “フランキー”の愛称で親しまれるデットーリ騎手は30年近く第一線を走り続け、世界で最も有名な騎手といえる。今年は自己ベストを更新する年間GI19勝を挙げる神懸かり的な活躍を見せている。GIは通算251勝。昨年の凱旋門賞でエネイブルが連覇したとき、クリンチャーに騎乗して道中、隣を走っていた武豊騎手がこう評していたのが印象深い。

 「エネイブルはかなり前向きな感じだったけれど、(ゲートから)出していってあのポジション(好位)でぎりぎりのところで抑えるフランキーは、改めてすごいと感じました」

 “彼だからこそ勝てた”という馬が、これまで何頭もいるのだろう。「フランキーが来るというのは、それだけ日本競馬が世界からも評価されている証し」と、武豊騎手は話す。

 陽気で明るく、ゴルフのタイガー・ウッズと同じように第一人者だけが持つ華がある。今回は初めて長期滞在しての騎乗で、その間は後輩のミルコ・デムーロ騎手の家にホームステイするという。JRAの競馬場でも、華麗なフライングディスマウントを見せてほしい。 (在仏競馬記者)

[もっと見る]

【沢田康文の欧州リポート】来日希望デットーリに期待 2019年11月7日(木) 05:01

 5日のメルボルンCでランフランコ・デットーリ騎手(48)=イタリア出身、英国拠点=が騎乗停止処分を受けた。予定されていた今週末の日本での騎乗は流れたが、処分が解けた後は来日を希望しているといわれているので、そのときを待ちたい。

 “フランキー”の愛称で親しまれるデットーリ騎手は30年近く第一線を走り続け、世界で最も有名な騎手といえる。今年は自己ベストを更新する年間GI19勝を挙げる神懸かり的な活躍を見せている。GIは通算251勝。昨年の凱旋門賞でエネイブルが連覇したとき、クリンチャーに騎乗して道中、隣を走っていた武豊騎手がこう評していたのが印象深い。

 「エネイブルはかなり前向きな感じだったけれど、(ゲートから)出していってあのポジション(好位)でぎりぎりのところで抑えるフランキーは、改めてすごいと感じました」

 “彼だからこそ勝てた”という馬が、これまで何頭もいるのだろう。「フランキーが来るというのは、それだけ日本競馬が世界からも評価されている証し」と、武豊騎手は話す。

 陽気で明るく、ゴルフのタイガー・ウッズと同じように第一人者だけが持つ華がある。今回は初めて長期滞在しての騎乗で、その間は後輩のミルコ・デムーロ騎手の家にホームステイするという。JRAの競馬場でも、華麗なフライングディスマウントを見せてほしい。 (在仏競馬記者)

[もっと見る]

【U指数的分析の結論!】菊花賞 高指数馬を素直に信頼!U指数も下馬評も低い馬は苦戦必至! 2019年10月20日() 09:30

G1開催週に公開されるコラム「U指数的分析」の内容をもとに、ピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2012年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
U指数上位の高指数馬は素直に信頼できる。U指数98.0以上かつ指数1~2位は【3.1.1.2】で複勝率71.4%、複勝回収率97.1%。該当馬は3連系馬券の軸に向く。

指数98.0以上かつ指数1~2位

ヴェロックス

<ポイント②>
U指数も下馬評も低い馬は厳しい戦いを強いられており、U指数95.0以下かつ8番人気以下の馬は【0.1.0.61】という惨憺たる状況になっている。唯一の例外は、史上まれに見る極悪馬場で行われた2017年の2着馬クリンチャー(指数94.6、10番人気)。

U指数95.0以下かつ8番人気以下
※8時00分現在の8番人気以下、かつU指数95.0以下

カリボール
ディバインフォース
メロディーレーン
ヴァンケドミンゴ
カウディーリョ
シフルマン
サトノルークス
ナイママ
タガノディアマンテ
メイショウテンゲン

<ポイント③>
堅軸の「U指数98.0以上の1~2位馬」を1列目、まったく期待できない「U指数95.0以下かつ8番人気以下の馬」を除いたそれ以外の馬(1列目が2頭の場合はこれも含む)を2~3列目に配置したフォーメーションを購入した際の馬連回収率160.2%、3連複回収率138.1%。

条件を満たす馬の馬連フォーメーション

⑬-①②④⑤⑦⑫⑮

条件を満たす馬の3連複フォーメーション

⑬-①②④⑤⑦⑫⑮-①②④⑤⑦⑫⑮



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【京都大賞典】レースを終えて…関係者談話 2019年10月7日(月) 05:08

 ◆浜中騎手(シルヴァンシャー3着)「(骨折による休み明けに加えて)一気の相手強化で前残りの展開を思えば、よく差を詰めています。今後にめどの立つ競馬はできました」

 ◆高倉騎手(ノーブルマーズ4着)「もう少し前に行ければよかったけど、馬の気持ちもありますからね。切れないので、4コーナー手前で動かせていければよかったのですが」

 ◆横山典騎手(エタリオウ5着)「休み明けの影響なのか、もうひとつ動かなかった。前走は仕方ないにしても、今回は負け方がよくない」※予定通り、次走はジャパンCへ。

 ◆大野騎手(ウラヌスチャーム7着)「集中して走れて、タイトな競馬でも気にすることなく走っていた。京都の外回りも経験できて、この後(エリザベス女王杯)につながる競馬ができたと思います」

 ◆池添騎手(クリンチャー9着)「初騎乗で詳しく分からないけど、いいときはもっと体を使えたと思う。それでもオッというところはあったし、状態が戻ればやれる」

 ◆三浦騎手(エアウィンザー12着)「理想の位置は取れたものの、3コーナーからバランスが悪くなった。休み明けの2400メートルも影響した感じです」



★6日京都11R「京都大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【U指数的考察】京都大賞典 指数1~2位が中心!低指数馬同士の決着は見込み薄! 2019年10月6日() 09:50

京都大賞典の近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
指数1位と2位は安定しており、毎年どちらか1頭あるいは両方が馬券に絡んでいる。

アルバート
グローリーヴェイズ

<ポイント②>
指数6位以下の馬が2頭以上3着入りしたケースはゼロ。穴を狙うにしても指数6位以下同士を組み合わせた馬券は控えめにしたほうが賢明。

指数6位以下

ノーブルマーズ
クリンチャー
エタリオウ
チェスナットコート
シルヴァンシャー
ドレッドノータス
パリンジェネシス
ウラヌスチャーム
アドマイヤジャスタ
リッジマン
レノヴァール
ウインテンダネス

<ポイント③>
3着入りした馬の最低指数は94.1。これを下回る馬の好走は期待薄。

指数94.1未満

パリンジェネシス
アドマイヤジャスタ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリンチャーの関連コラム

閲覧 1,413ビュー コメント 0 ナイス 4

菊花賞2019】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは菊花賞です。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ
●U指数に関する書籍が発売されました! ⇒詳細はこちら


<ポイント①>
・U指数上位の高指数馬は素直に信頼できる。U指数98以上かつ指数1~2位は【3.1.1.2】で複勝率71.4%、複勝回収率97.1%。該当馬は3連系馬券の軸に向く。

<ポイント②>
・U指数も下馬評も低い馬は厳しい戦いを強いられており、U指数95以下かつ8番人気以下の馬は【0.1.0.61】という惨憺たる状況になっている。唯一の例外は、史上まれに見る極悪馬場で行われた2017年の2着馬クリンチャー(指数94.6、10番人気)

<ポイント③>
・堅軸の「U指数98以上の1~2位馬」を1列目、まったく期待できない「U指数95以下かつ8番人気以下の馬」を除いたそれ以外の馬(1列目が2頭の場合はこれも含む)を2~3列目に配置したフォーメーションを購入した際の馬連回収率160.2%、3連複回収率138.1%




花賞の予想U指数はこちら⇒(花賞重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2019年10月15日(火) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年10月15日号】特選重賞データ分析編(172)~2019年菊花賞~
閲覧 1,793ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 菊花賞 2019年10月20日(日) 京都芝3000m外


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2013年以降)】
○3着以内 [6-5-5-44](複勝率26.7%)
×4着以下 [0-1-1-46](複勝率4.2%)

 コース適性などに注目が集まりがちではあるものの、単純に前走好走馬が強いレース。大敗直後の馬は思い切って評価を下げるべきでしょう。なお、前走の着順が4着以下だったにもかかわらず好走を果たした2016年3着のエアスピネルと2017年2着のクリンチャーは、いずれも皐月賞で4着となった経験がある馬でした。

主な「○」該当馬→ヴェロックスザダルヒシゲッコウ
主な「×」該当馬→ニシノデイジーメイショウテンゲンレッドジェニアル


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が8戦以内」だった馬は2013年以降[6-4-6-50](複勝率24.2%)
主な該当馬→ヴェロックスレッドジェニアル

[もっと見る]

2019年8月28日(水) 18:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019新潟記念
閲覧 1,277ビュー コメント 0 ナイス 5



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月1日(日) 新潟11R 第55回新潟記念(3歳以上G3・ハンデ・芝2000m)

【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


レイエンダ(B)57.0
前走エプソムカップで初重賞制覇。そこからの休み明けとなるこの中間は、早めに入厩して乗り込み量も豊富で、坂路での時計もしっかり出ていて仕上りは良さそう。初の新潟競馬場となるが、前走かなり速い上がりタイムで走っていることから、今の新潟の馬場にも対応できそう。

ブラックスピネル(B)57.0
前走時のパドックでは、+4キロでも2走前と比べるとお腹のあたりがタップリとして余裕があるように感じた。この中間も坂路で乗り込まれ、1週前には併せ馬で強めに追われ先着と好時計が出ているので、あとは馬体が締まってくるようなら変わり身もありそう。

クリンチャー(E)57.5
これまでのレースを見ても最速の上りがダービーの34.3秒となっていて、力のいる馬場で実績のある馬。この中間も乗り込み量は豊富もいつもと同じような時計しか出ていない状況で、相手以上にハンデと馬場が強敵。

ユーキャンスマイル(A)57.0
右回りだと内にモタれてしまう馬で、前走の天皇賞でも悪い面が出てしまった。2戦2勝の左回りでも追い出されると右にモタれる面は出るが、伸び脚が違うので明らかに左回りの方がレースはしやすく、昨年夏の新潟でも勝ち鞍があってと相性は良い。今回休み明けとなるが、3週前から1週前までCWを長めから併せ馬で追われ好時計が出ていて、調教内容は文句なく、良い状態で出走できそう。

ダッシングブレイズ(D)56.0
今回と同じコースの新潟大賞典以来のレースとなるが、この中間はCWで入念に乗り込まれている。ただ全体的の前走時よりも終いの時計がかかっていて、切れる脚が使えそうな感じはない。

ダイワキャグニー(C)57.5
東京でのレースを多く使われてきている馬で、6勝すべてが東京コースでのもの。この中間は2週前、1週前とPコースで速い時計を出しているが、内めを回ってのものでこの馬としては時計がかかっているのでやや物足りない。速い時計には対応できそうだが、トップハンデと初の新潟コースがどう出るか。

カヴァル(B)54.0
現在3連勝中と勢いのある馬。新潟でも2戦2連対と相性は良い。この中間も坂路での調整。元々調教ではそれほど速い時計が出る馬ではなく、1週前に前走時と同じような時計が出せているので、調子落ちはなさそう。

ジナンボー(D)54.0
6月のジューンSからの休み明け。この中間は坂路で乗り込まれているが、終いの時計がかかっている印象。調子の良い時計はもっと時計の出る馬で、物足りない内容。

カデナ(B)57.0
ここ3戦福島、函館、小倉と好成績。北へ南へと移動距離がかなりあり疲れが心配ではあるが、この中間も1週前追い切りで終い速い時計が出ている。こちらが考えている以上に、調子をキープできている感がある。

サトノキングダム(A)54.0
休み明けを2回使われて2着、1着と好成績。この中間も3週前から3週連続坂路で好時計が出ていて、調子はかなり良さそう。勢いがありローテーションに軽ハンデ、コース適性と好走の条件は揃っている。

センテリュオ(A)53.0
前走マーメイドSからの休み明け。この中間は8月中旬にトレセンで時計を出し始めたが、すぐに坂路で速い時計が出せていて、牧場での調整がかなり良かったのではないかと思う。その後、1週前に坂路で一杯に追われて併せ先着。牝馬なので直前は馬なりでの調整で、終いしっかり伸びているようなら調整内容は万全。

フランツ(C)55.0
8月に入って坂路で毎週追い切られていて、乗り込み量は豊富。もともと速い時計の出る馬ではないので、この馬としては水準の時計で状態は悪くなさそう。

ショウナンバッハ(C)54.0
宝塚記念からの休み明けとなるこの中間は、函館競馬場で調整されている。調教では時計の出る馬なので、函館Wの時計はこの馬のものとしては物足りず、函館から新潟への輸送もあり条件は厳しい。

サトノワルキューレ(D)54.0
今回は3ヶ月半の休み明け。乗り込み量は豊富で時計は出ているが、1週前追い切りで一杯に追われている。休み明けで中間に強めに追われている時は好走実績がなく、使われてからの方が良さそう。

アクート(A)54.0
新潟は4戦3勝と相性抜群。近走、京都・中山で勝ち切れないレースが続いていたが、前走得意の新潟で久しぶりの勝利。この中間は1週前追い切りではそれほど目立つ時計は出してこなかったが、直前の日曜日に一杯に追われて速い時計を出してきており、ほぼ前走時同様の調整内容。小柄な馬で前走時のパドックでは仕上がりも良かったので、あとは最終追い切りで終いしっかり伸びる走りができていれば、かなり期待できそう。

ケントオー(E)55.0
今回は春の天皇賞以来の休み明け。鉄砲駆けするタイプではなく、この中間も坂路で乗り込まれているが終いの時計がかかっており、まだ仕上り途上といった感じ。

ゴールドサーベラス(C)54.0
2000mは3戦しているがすべて小回りコースでのもので、前走の七夕賞の4着が最高とコーナー2つの2000m戦は向きそうもない馬。ただこの中間は北Cコースで終いの時計が出ていて、調子自体は良さそう。

クラウンディバイダ(E)53.0
新潟では2戦して2度大敗。上りの時計もかなりかかっていて、向いている感じはない。この中間も特に目立つような時計もなく、ここは相手が強い。

コズミックフォース(E)56.0
休み明けの前走時はかなり入念に乗り込まれていて良い時計も出ていたが、後方からそれほど差を詰めることもなく9着。この中間はギリギリまで牧場で調整されていたのか、1週前に速い時計を出していない。余裕のある調整内容とは言えず、前走の反動が出て回復に時間がかかっているのかもしれない。

アドマイヤアルバ(D)54.0
休み明けの小倉記念を使われての叩き2戦目。この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着しているものの、時計的にこの馬としては物足りず、大きな変わり身は感じられない。

ロードマイウェイ(E)50.0
6月の東京開催で2連勝しての休み明け。この中間は、間隔がある割に調教の時計がかかっていて物足りない内容。



◇今回は新潟記念編でした。
今年の夏はウインズやパークウインズに出かける機会は少しあったものの、競馬場での現地観戦にはほとんど赴くことが出来ませんでした。それでも中央・地方・海外と、家にいながらパドックもレースも普通に観られ、馬券も買えてと、便利な世の中になったものです。暑いなか行われてきた夏競馬も、今週が最後。馬も人も大変だと思いますが、今年も最後は新潟競馬場で熱い夏競馬を楽しんできたいと思います。

それでは次回、セントライト記念編(予定)でお会いしましょう。

新潟記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2019年8月25日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年08月25日号】特選重賞データ分析編(165)~2019年新潟記念~
閲覧 1,760ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 農林水産省賞典 新潟記念 2019年09月01日(日) 新潟芝2000m外


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2016年以降)】
×12頭以下 [0-0-0-22](複勝率0.0%)
○13頭以上 [3-3-3-17](複勝率34.6%)

 近年は少頭数のレースを経由してきた馬が不振。13頭立てだった2018年も該当馬6頭がすべて4着以下に敗れています。もともと少頭数であればあるほど見た目の着順は良くなりやすいわけですし、レースを通じて掛かる負荷の大きさも、概ね出走頭数の多さに比例するもの。少頭数のレースにおけるパフォーマンスを過大評価しないよう心掛けたいところです。

主な「○」該当馬→カデナダイワキャグニーブラックスピネル
主な「×」該当馬→クリンチャーサトノキングダムジナンボー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「馬齢が5歳以下」だった馬は2016年以降[3-3-1-13](複勝率35.0%)
主な該当馬→カデナジナンボー

[もっと見る]

2019年6月28日(金) 13:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/22~6/23)好調霧プロが32万超プラス収支達成で、4週連続週末プラス!!
閲覧 909ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、23(日)に阪神競馬場でG1宝塚記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1宝塚記念は、上位6頭までが単勝3倍台~8倍台に収まる上位混戦模様オッズの様相。中でも1番人気は、単勝3.6倍でキセキ。差なく同3.9倍でレイデオロが2番人気、以下は3番人気リスグラシュー、4番人気エタリオウ、5番人気アルアインと続く状況で発走時刻を迎えます。
注目のスタートは、各馬綺麗に出揃い横一線の態勢。とりわけ、スティッフェリオアルアインらが好発を決めて前々へと進んでいくと、押して押して最内からキセキもこれに加わって先団を形成。キセキが単独先頭を奪い切ると、ここで大外から意外な馬が勢いよく好位へ。意表を突く先行策をとったD.レーン騎手騎乗リスグラシュー、その馬はそのまま結局2番手に収まって積極的な競馬を選択。3番手以下は、スティッフェリオアルアインスワーヴリチャードクリンチャーレイデオロノーブルマーズタツゴウゲキ。後方からとなったエタリオウを挟み、ショウナンバッハ、最後方にマカヒキの態勢で2コーナーから向こう正面を目指します。
キセキ×川田騎手によるレースメイクで、前半1000mはマイペースの60秒0(良)。人気馬は、そのまま2番手でがっちりマークのリスグラシューを筆頭に、3番手アルアイン、4番手スワーヴリチャード、6番手にレイデオロエタリオウは変わらず後方3番手の追走で、キセキを目標に運んでいきます。
ここから緩やかにペースアップを図るキセキ。外を通って、スワーヴリチャードが3番手を窺う構えを見せ、内ラチ沿いではレイデオロも早くもムチが飛ぶ展開。前を行くキセキは1馬身ほどのリードをキープするように、さらに直線にかけて加速を増しながら11頭を引き連れ直線勝負へ。
迎えた直線、依然先頭で力強い伸び脚で悲願成就を目指すキセキに対し、2番手からさらに目立つ伸びを見せるD.レーン騎手騎乗のリスグラシューアルアインスワーヴリチャードらが3~4番手で続き、内ラチ沿いのレイデオロはやや苦しい伸び脚で後退。ここから突き放す一方の競馬を見せたのは、紅一点のリスグラシューでした。残り200mで馬体を併せたキセキを、まるで子ども扱いするかのようにパスすると最後はその差を3馬身差に広げゴール。昨秋のG1エリザベス女王杯に続き、G1・2勝目をあげています。2着にはキセキが入り、そこから2馬身差の3着には6番人気スワーヴリチャードが入っています。
公認プロ予想家では、馬侑迦プロ伊吹雅也プロきいいろプロnigeプロ夢月プロろいすプロ他計12名が的中をマークしています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
22(土)は函館1R3歳未勝利を仕留めると、以降函館2R3歳未勝利阪神4R3歳未勝利阪神7R3歳以上1勝クラス函館8R3歳以上1勝クラス阪神10R京橋特別とファインプレーを連発。そして迎えた東京11Rアハルテケステークスを◎サトノアッシュ(単勝129.4倍)から的中し、計17万40円を払戻すこの日最大のビッグヒットを記録! 23(日)には阪神3R3歳未勝利での◎○的中などの活躍を披露し、土日トータル回収率192%、収支32万4,890円の大幅プラスを達成、同時に4週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(土)函館4R3歳未勝利阪神4R3歳未勝利阪神11R垂水Sなどの好配当をマークし大幅プラス!23(日)にもG1宝塚記念阪神12Rリボン賞などを仕留め、週間トータルでは、回収率153%、収支23万5,390円プラスを達成しています。2週連続の大幅プラスを記録。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
22(土)は函館4R3歳未勝利で馬単1点勝負的中を披露し、17万8,000円払戻しのスマッシュヒット。23(日)にも阪神2R3歳未勝利での的中などを披露した先週は、回収率287%をマークし、収支12万1,920円を記録。3週前に続く大幅プラスを達成し、回収率トップに立っています。また同時に、3週連続の週末プラス収支を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
22(土)は函館3R3歳未勝利での▲◎△的中など、的中率50%、回収率118%の好成績をマーク。翌23(日)には、阪神3R3歳未勝利や、阪神6R3歳以上1勝クラスの的中などで、連日のプラス収支を達成。土日2日間計65R提供で、トータル的中率46%、同回収率124%のハイアベレージをマークしました。
 
 
 
この他にも、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(259%)、セイリュウ1号プロ(192%)、【U指数】3連単プリンスプロ(182%)、ろいすプロ(106%)、蒼馬久一郎プロ(137%)、馬単マスタープロ(131%)、新参者プロ(106%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(106%)、馬っしぐらプロ(114%←3週連続週末プラス)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(106%)、くりーくプロ(112%)、馬侑迦プロ(110%←2週連続週末プラス)、エース1号プロ(105%)、覆面ドクター・英プロ(103%)、岡村信将プロ(102%)、きいいろプロ(100%←2週連続週末回収率100%超)らが、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年6月19日(水) 16:50 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019宝塚記念
閲覧 1,701ビュー コメント 0 ナイス 9



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。



6月23日(日) 阪神11R 第60回宝塚記念(3歳以上G1、芝2200m)


レイデオロ(C)3ヶ月
ドバイ遠征後のレースとなり状態面が気になるところだが、これまでの休み明けよりも1週(トレセンに)戻すのが遅い、もしくは戻してから速い時計を出すのが1週遅いという過程で、3ヶ月間隔が空いているということを考えるとその点は気になるところ。1週前の追い切りの動きを見ると直線の伸びは良かった。ただ、コーナーリングでの走りで前脚に力強さがないというか前に出ていない、脚が上がっていない走りに見え、その辺りが何となく引っかかる。あくまで、長く調教を見てきた者の感覚的な話でしかないのだが。

キセキ(B)3ヶ月
休み明けの前走時、昨年JC時のようなかなり良い動きと比べると、まだ動きが物足りない印象だった。それでも、レースではクビ差2着と能力の高さを見せてくれた。今回も間隔は空いたが一度使われたこともあり、1週前追い切りでは素軽さが出てきている。終いも前脚が前に真っすぐ伸びる走りになってきていて、前走からの上積みが感じられる動きだった。

アルアイン(D)3ヶ月
この中間も、3週前から坂路で時計を出していてトレセンでの乗り込み量は豊富。ただ2週前、1週前追い切りを見ると、大阪杯時のような軽快さがなく、モタモタして動きが重い感じ。

スワーヴリチャード(D)3ヶ月
ドバイ遠征後のレースということで、この中間は乗り込み量の割にいつもより控えめな調教過程。2週前、1週前と追い切りでは良い時のような首が前に伸びる走りではなく、首が高くなってしまう走りを見せていた。ドバイ遠征の疲れが残っているのかもしれない。

リスグラシュー(C)中7週
香港遠征後のこの中間は、2週前、1週前と坂路で追い切られた。1週前追い切りの動きを見ると、前にいた馬を避けるために馬場の真ん中に持ち出して併せて追われたという点をふまえても、時計ほど伸びきれていない印象を残した。

エタリオウ(A)中7週
この中間は中7週と間隔に余裕もあり、2週前、1週前とCWで追い切られている。今年3戦目で動きに素軽さが出てきた感じ。

マカヒキ(AA)3ヶ月
前走後、放牧には出さずすぐに乗りだして3ヶ月乗り込まれてきていて、かなり調教本数が多い。2週前追い切りで見せたチップの蹴り上げは、機関銃で撃っているかようなド派手さ。ほぼこの時点で仕上がっているとみて良さそう。1週前も単走で追い切られ終いの伸び脚が抜群に良く、ダービー馬の復活を目指す厩舎の執念を感じる調教内容。

クリンチャー(C)中7週
この中間は2週前、1週前とCWを長めから単走で追い切られ、力強い動きを見せており調子は良さそう。ただ、全体的に重心が高い走りになっている点は気になる。最終追い切りを坂路で沈み込むような走りで駆け上がってくるようなら、変わり身もあるかもしれないが。

ノーブルマーズ(D)中2週
今年は鳴尾記念から中2週での参戦となるが、前走時の追い切りの動きを見ても昨年のような勢いが感じられない。

ソールインパクト(―)回避して七夕賞に出走する予定。

スティッフェリオ(D)3ヶ月
この中間も坂路で乗り込まれてきているが、1週前追い切りの動きを見ると終いに伸びきれず。前走時と大きく変わってきている感じがない。

タツゴウゲキ(F)1年
昨年の宝塚記念から1年ぶりのレースとなる。この中間は、トレセンでの調教では強めに追われることもなく、1週前の追い切りでも終い伸びきれておらず、まだまだ本来の出来には遠い感じ。

ショウナンバッハ(E)中1週
使い詰めできていて、今回も中1週と厳しいローテーション。それでも、1週前に速い時計で追い切られていて、そこで見せた動きからは疲れは感じさせなかった。ただ、右回りでの成績不振に加え、1週前追い切りでも直線で内にササる面を見せていた点など、マイナス材料は多い。


◇今回は宝塚記念編でした。
JRS春のG1シリーズも最終戦、宝塚記念を迎えます。春G1といってもすでに夏競馬に突入していて、「初夏のG1」の肩書きのほうがしっくりきそうなくらいのこの宝塚記念
近年は異常気象で、安田記念週のように6月でも真夏よりも暑い日になったりして、人も馬も大変で天気のほうも競馬以上に予測がつかないのではないかと思います。昼間これだけ暑いと、JRAもナイター設備を整えて3場中1場でも2場でもナイター開催を行うことを考えても良いかもしれません。気温自体はそれほど変わらずとも、日差しがないぶん、まだ暑さはマシではないかと思います。競馬法や地方競馬との兼ね合いもあるとは思いますが、土曜の夜にナイターで宝塚記念なんてのもあっても良いのでは? どんな馬が集まるかは分かりませんが、テレビはゴールデンタイムでの放送となって盛り上がり、新しい競馬ファンの獲得にもなるのではないかと思います。
毎年イマイチ盛り上がりに欠ける宝塚記念ですので、この時期に開催するならこれぐらいの発想がないと変わらないのかもしれません。

それでは次回、七夕賞編でお会いしましょう。

宝塚記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリンチャーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 173ビュー コメント 0 ナイス 3

━━━━ 10月6日(日) ━━━━


東京11R
毎日王冠(G2)

◎ 9番 ダノンキングリー
○ 3番 アエロリット
▲ 4番 インディチャンプ
△ 2番 ギベオン
△ 1番 ケイアイノーテック
△ 6番 ペルシアンナイト
△ 10番 モズアスコット

三連複軸1頭流し

軸:9
相手:1, 2, 3, 4, 6, 10

的中🎯三連複・3連単9-3-4 1,000円 なれどトリガミ。
---------------------------------------


京都11R
京都大賞典(G2)

◎ 4番 エタリオウ
○ 10番 ウラヌスチャーム
▲ 1番 ノーブルマーズ
△ 3番 クリンチャー
△ 6番 シルヴァンシャー
△ 9番 エアウィンザー
△ 16番 グローリーヴェイズ

三連複軸1頭流し

軸:4
相手:1, 3, 6, 9, 10, 16

大ハズレ~ 波乱も波乱。
---------------------------------------


新潟11R
信越S

◎ 6番 プールヴィル
○ 2番 アルーシャ
▲ 9番 デアレガーロ
△ 17番 リバティハイツ
△ 4番 キングハート
△ 5番 タイムトリップ
△ 12番 エントシャイデン

三連複軸1頭流し

軸:6
相手:2, 4, 5, 9, 12, 17

三連複🎯🎯   3連単は軸大ハズレ~ 軸は❷ BOX馬券なら的中🎯なんやけどな。




















2019年10月6日(日) *軸馬  >紐
レース レース名 殿堂馬(赤字馬番:軸候補) 発走時刻
東京9R 六社S >03 *06 07 09 11 13 14:35発走
軸マルチ的中 三連複6-7-13 9,090円・3連単6-7-13 36,420円 

東京10R グリーンチャンネルC(L) 01 02 09 10 *15 >16 15:10発走
⑤がない。大ハズレ~。

東京11R 毎日王冠(G2) 01 03 *04 06 09 >10 15:45発走
的中🎯三連複 3連単ハズレ~ トリガミレース。

東京12R 3歳以上1000万下 05 06 *11 >12 13 14 16:25発走
➇がない。ハズレ~

京都9R 清滝特別 01 02 *03 04 07 >08 14:25発走
⑨がないので大外れ~。

京都10R 藤森S 01 >03 04 08 09 *11 15:00発走
⑤がなし。大外れ~。

京都11R 京都大賞典(G2) 04 06 09 >10 13 *16 15:35発走
大ハズレ~ アウト❢

京都12R 3歳以上1000万下 01 >04 *06 09 10 14 16:10発走
三連複的中🎯 3連単はハズレ~。01の一頭軸マルチなら🎯。

新潟9R 3歳以上500万下 02 *03 04 09 13 >15 14:15発走
①がない。ハズレ ワイド4-9 730円

新潟10R 粟島特別 01 02 *04 05 06 >10 14:50発走
③がない。ハズレ~。ワイト゛4-10 360円

新潟11R 信越S(L) >02 *06 07 09 10 12 15:25発走
三連複的中🎯  3連単は一頭軸マルチなら的中🎯 15-10-6 64,160円

新潟12R 菅名岳特別 01 03 05 06 >12 *15 16:00発走

➉がない。ハズレ~。 ワイド6-15 820円

 ちんぺー 2019年10月6日() 10:28
10月6日(日) 重賞予想 
閲覧 156ビュー コメント 0 ナイス 11

毎日王冠は荒れる要素がないため、京都大賞典を予想する。

<京都11R 京都大賞典>
 レース判定を見ると、出走頭数が多いため、小波乱程度と想定する。
 馬連10位までが馬券圏内か。
 期待したい馬は、14番ダンビュライト、10番ウラヌスチャーム、03番クリンチャー。
 特に03番は馬連順位に比べ単勝・複勝で順位を上げており、期待したい。

[もっと見る]

 海外にいても競馬はや 2019年10月6日() 04:33
明日のレース
閲覧 97ビュー コメント 1 ナイス 8

毎日王冠

◎ダノンキングリー○アエロリットで堅そうなので、
馬連一点少額。ぶち込むならワイド一点。



京都大賞典

今年は人気馬に信頼おけず、荒れそう。

内枠有利、外枠の1番人気馬が危険。
ステゴ産駒、ハーツクライ産駒は京都割引。2番人気馬が危険。
キンカメ産駒もあまり戦績が良くない。3番人気も危険。

内枠に注意馬2頭。

◎アルバート 父アドマイヤドン
キタサンブラックの2着アドマイヤデウスと同父、京都2400の鬼

▲クリンチャー 父ディープスカイ
2018年の春天までは好成績、父からして特に長距離が得意な訳じゃなさそうだし、SS系なので京都も合いそう。元々力あるし、京都の2400は条件が好転するのでは。

○は4番人気で、3連勝中、1000万下でメールドグラースに圧勝したシルヴァンシャー

その下に、外枠のグローリーウェイズ、超良血エアウィンザー。



信越ハンデも毎年荒れるレース。
ここは2頭軸流し。

◎プールヴィル:
得意の1400に戻れば頭堅い
○トウショウドラフタ
過去3走、54kg1着/56kg5着/55kg5着と毎年好走


○は人気もなさそう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

クリンチャーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

クリンチャーの写真

クリンチャーの厩舎情報 VIP

2019年10月6日京都大賞典 G29着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クリンチャーの取材メモ VIP

2019年10月6日 京都大賞典 G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。