会員登録はこちら
カペラステークス G3   日程:2018年12月9日() 15:20 中山/ダート1200m

レース結果

カペラステークス G3

2018年12月9日() 中山/ダート1200m/16頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分08秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 2

コパノキッキング

セ3 55.0 柴田大知  村山明 480(+4) 1.10.2 3.6 1
2 6 11

サイタスリーレッド

牡5 56.0 津村明秀  池添兼雄 488(+2) 1.10.3 3/4 34.2 11
3 1 1

キタサンミカヅキ

牡8 58.0 森泰斗  佐藤賢二 530(+2) 1.10.4 クビ 5.7 2
ラップタイム 11.8 - 10.3 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 12.9
前半 11.8 - 22.1 - 33.4 - 45.2 - 57.3
後半 58.4 - 48.1 - 36.8 - 25.0 - 12.9

■払戻金

単勝 2 360円 1番人気
複勝 2 170円 1番人気
11 730円 12番人気
1 210円 2番人気
枠連 1-6 2,390円 9番人気
馬連 2-11 8,260円 32番人気
ワイド 2-11 2,900円 41番人気
1-2 500円 1番人気
1-11 3,560円 47番人気
馬単 2-11 12,060円 51番人気
3連複 1-2-11 18,840円 67番人気
3連単 2-11-1 89,030円 294番人気

カペラステークスのニュース&コラム

【古馬次走報】ダンビュライト、AJCCで連覇狙う
 ★チャレンジC4着ダンビュライト(栗・音無、牡4)は、AJCC(1月20日、中山、GII、芝2200メートル)で連覇を狙う。10着トリコロールブルー(栗・友道、牡4)は、白富士S(同26日、東京、OP、芝2000メートル)へ。 ★カペラS9着キングズガード(栗・寺島、牡7)は、放牧を挟んで黒船賞(3月21日、高知、交流GIII、ダ1400メートル)で始動する。僚馬で堺Sを勝ってオープン入りしたテルペリオン(牡4)は、佐賀記念(2月11日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)に登録。除外の場合は大和S(同17日、京都、OP、ダ1200メートル)へ。 ★リゲルS2着アサクサゲンキ(栗・音無、牡3)、6着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡5)は、京都金杯(1月5日、京都、GIII、芝1600メートル)に向かう。8着ロワアブソリュー(栗・須貝、牡5)は、東京新聞杯(2月3日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。僚馬でオクトーバーS5着アドマイヤアルバ(牡3)は、京都金杯と中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)の両にらみ。 ★師走S4着クイーンマンボ(栗・中竹、牝4)は、ベテルギウスS(28日、阪神、OP、ダ1800メートル)へ。 ★師走S6着コスモカナディアン(美・金成、牡5)、同7着マイネルバサラ(美・松山、牡5)は、ともにギャラクシーS(23日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。 ★中日新聞杯2着のショウナンバッハ(美・上原、牡7)は、中山金杯か、AJCC。同6着エンジニア(美・牧、牡5)は、白富士Sへ。 ★カペラS8着ハットラブ(美・菊沢、牝4)は、バレンタインS(2月10日、東京、OP、ダ1400メートル)が視野に。★ダンビュライトの競走成績はこちら
2018年12月13日(木) 05:01

 195

【カペラS】直線一気!キッキング重賞初V
 第11回カペラステークス(9日、中山11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1200メートル、1着本賞金3600万円  =出走16頭)柴田大知騎乗で1番人気のコパノキッキングが4コーナー14番手から直線一気の末脚で重賞初制覇。タイム1分10秒2(良)。「次走は根岸S(1月27日、東京、GIII、ダート1400メートル)の予定。その走りを見てフェブラリーSなども考えたい」と村山調教師。2番人気のキタサンミカヅキは3着だった。 ◆柴田大騎手(コパノキッキング1着) 「ゲートで落ち着き過ぎてスタートが良くなかった。後方からになったけど、直線はすごい脚だった。僕はまたがっていただけ」 ◆津村騎手(サイタスリーレッド2着) 「前走よりも状態はひと段階上がってきた。スタートもうまく出て、勝ちパターンだったが…」 ◆森泰斗騎手(キタサンミカヅキ3着) 「他馬よりも2キロ以上(58キロ)背負っていたので、しまいが切れなかった」 ◆大野騎手(タテヤマ4着) 「昇級戦でしたが、うまく内でロスなく脚をためられた」 ◆石川騎手(ヴェンジェンス5着) 「しまいはいい脚を使っているんですが…」★9日中山11R「カペラS」の着順&払戻金はこちらコパノキッキング 父スプリングアットラスト、母セラドン、母の父ゴールドヘイロー。黒鹿毛のセン3歳。栗東・村山明厩舎所属。米国産。馬主は小林祥晃氏。戦績8戦6勝。獲得賞金1億1079万8000円。重賞初勝利。カペラSは村山明調教師が2014年ダノンレジェンドに次いで2勝目、柴田大知騎手は初勝利。馬名は「冠名+キックする」。
2018年12月10日(月) 05:02

 219

【カペラS】サイタスリーレッドが逃げて2着善戦 津村「勝ち馬にあんな脚を使われては…」
 12月9日の中山11Rで行われた第11回カペラステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、柴田大知騎手騎乗の1番人気コパノキッキング(セン3歳、栗東・村山明厩舎)が大外一気の追い込みで重賞初制覇。タイムは1分10秒2(良)。 4カ月の休養明けで11番人気の低評価だったサイタスリーレッドが、激しい先行争いを凌いで前半3ハロン33秒4のハイペースで逃げると、直線に向いても粘りを発揮。最後は勝ち馬の猛烈な末脚に屈したものの、3/4馬身差の2着に善戦した。 津村明秀騎手「前走よりも状態は一段階上がっていた。ゲートをうまく出て、勝ちパターンだったが、勝ち馬にあんな脚を使われては…」★【カペラS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年12月9日() 19:41

 391

【カペラS】地方馬のキタサンミカヅキは3着まで 森泰斗「ポジションは良かったと思うが…」
 12月9日の中山11Rで行われた第11回カペラステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、柴田大知騎手騎乗の1番人気コパノキッキング(セン3歳、栗東・村山明厩舎)が大外一気の追い込みで重賞初制覇。タイムは1分10秒2(良)。 3着に善戦したJBCスプリントに続く中央参戦となった船橋競馬所属のキタサンミカヅキ(2番人気)は、最内枠から五分のスタートを切って中団の内で脚を溜めると、最後の直線で中を突いて渋太く脚を伸ばして3着。再び惜しい結果となった。 森泰斗騎手「前が速かったのでポジションは良かったと思うが、他馬よりも2キロ以上(58キロ)背負っていたので、しまいが切れなかった」★【カペラS】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年12月9日() 19:41

 337

カペラステークスのニュースをもっと見る >

【カペラS】追って一言
 ◆ウインムート・加用師 「状態は良くなっている」 ◆ヴェンジェンス・大根田師 「テンションを上げないように努めた。雰囲気はすごくいい」 ◆オウケンビリーヴ・安田隆師 「相手は強いが、1200メートルはいい」 ◆オールドベイリー・猿橋助手 「気合が前面に出ていた。力を出せる状態」 ◆キタサンミカヅキ・佐藤賢師 「仕上がりは順調で良い状態」 ◆キングズガード・寺島師 「調教駆けする馬と併せて負荷をかけた」 ◆コパノキッキング・村山師 「やれば動くタイプで、いい感じ」 ◆サイタスリーレッド・池添兼師 「ラストが少しかかったけど、動きはよかった」 ◆タテヤマ・渡辺師 「反応が良かったし、前走後も良くなっています」 ◆ダノングッド・村山師 「引き続き順調。中山では勝ち星もある」 ◆ナンチンノン・中竹師 「少し頭は高かったが、いい走りだった」 ◆ノボバカラ・天間師 「前走は落鉄や外枠が影響。体調は上向きだし、動きも良かった」 ◆ハットラブ・菊沢師 「落馬した前走(グリーンチャンネルC)のダメージがあったが、まあまあいい感じ」 ◆ヒカリブランデー・池上師 「中1週でもしっかり追った。叩いて良化している」 ◆ブラゾンドゥリス・藤田騎手 「直線での感触は良かったですし、いい走りをしてくれました」★カペラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年12月6日(木) 05:02

 906

【カペラS】オウケンビリーヴ、5歳迎え地力安定
 オウケンビリーヴ(栗・安田隆、牝5)は夏に盛岡のクラスターCを勝利。5歳を迎えて交流重賞で勝ち負けできるくらいに力をつけた。前走のオーバルスプリントは差し届かず2着。安田隆調教師は「1400メートルは少し長い感じ。今回は1200メートルが魅力だし、安定して走ってくれるから」と距離短縮で重賞2勝目を狙う。★カペラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年12月5日(水) 05:02

 504

カペラステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

12月9日 15:19更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv115 
360円 36,000円
Lv101 
500円 500円
Lv100 
500円 2,000円
Lv99 
500円 8,000円
Lv98 
170円 170円

的中情報をもっと見る >

カペラステークス過去10年の結果

2017年12月10日() 中山競馬場/ダ1200m 天候: 馬場:
2016年12月11日() 中山競馬場/ダ1200m 天候: 馬場:
1着 ノボバカラ 内田博幸 1:10.2 4.9倍 103.9
2着 ニシケンモノノフ 横山典弘 1 3/4 4.9倍 101.9
3着 コーリンベリー 松山弘平 1 1/4 3.2倍 100.6
2015年12月13日() 中山競馬場/ダ1200m 天候: 馬場:
1着 キクノストーム 内田博幸 1:09.7 7.6倍 99.6
2着 カジキ 柴田善臣 クビ 8.1倍 99.6
3着 マルカフリート 石橋脩 1/2 9.4倍 98.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

カペラステークスのデータ分析とレース傾向

コース図中山ダート1200m

12月のダート重賞では地方交流を含め唯一の1200m戦とあって多頭数になりやすい。だがこの路線の秋の大目標は前月のJBCスプリントであり、出走馬のレベルはやや落ちる。しかも舞台となる中山ダ1200mは2コーナーポケットの芝スタートでスピードに乗りやすく、なおかつ周回コース合流付近から向正面半ばまでは最後の直線の急坂と同程度の勾配を下るとあって前半からハイペースになりがち。さらに冬場は北風によりバックストレッチが追い風になることも先行争いを激化させ、時に大波乱を呼び込む要因となる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

カペラステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬ノボバカラ

2008年に新たに誕生したダート短距離重賞。記念すべき第1回(2008年)はビクトリーテツニーが初重賞制覇を達成。第7回(2014年)は本格化前のダノンレジェンドが12番人気の低評価を覆して勝利。2、3着にも人気薄を引き連れてきたことにより、3連単165万馬券の大波乱決着となった。

歴史と概要をもっと見る >

カペラステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年12月15日(
ターコイズステークス  G3
2018年12月16日(
朝日フューチュリティ  G1

競馬番組表

2018年12月15日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2018年12月16日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る