会員登録はこちら
大阪杯 G1   日程:2019年3月31日()  阪神/芝2000m

大阪杯のニュース&コラム

【古馬次走報】サングレーザー、大阪杯を目指す
 ★G1サラブレッドクラブのホームページが更新され、サングレーザー(栗・浅見、牡5)は大阪杯(3月31日、阪神、GI、芝2000メートル)を目指すことが発表された。また、ペルシアンナイト(栗・池江、牡5)も大阪杯を目標にするが、その前に金鯱賞(3月10日、中京、GII、芝2000メートル)を叩くプランが検討されている。
2019年1月16日(水) 05:01

 379

【古馬次走報】ワグネリアン、大阪杯を目標
 ★栗東・友道厩舎所属の主な馬は次の通り。神戸新聞杯優勝後、体調が整わず天皇賞・秋を回避したワグネリアン(牡4)は大阪杯(3月31日、阪神、GI、芝2000メートル)を目標にローテーションが組まれる。有馬記念10着マカヒキ(牡6)はドバイターフ(同30日、UAEメイダン、GI、芝1800メートル)とドバイシーマクラシック(同、芝2410メートル)に登録する。菊花賞2着エタリオウ(牡4)は日経賞(同23日、中山、GII、芝2500メートル)から天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)を目指すが、ドバイシーマクラシックとドバイゴールドC(3月30日、UAEメイダン、GII、芝3200メートル)にも登録する。万葉S2着ユーキャンスマイル(牡4)もドバイのこの2レースに登録する。 ★有馬記念4着ミッキーロケット(栗・音無、牡6)は天皇賞・春と宝塚記念(6月23日、阪神、GI、芝2200メートル)が目標。始動戦は京都記念(2月10日、京都、GII、芝2200メートル)が視野に。 ★菊花賞8着エポカドーロ(栗・藤原英、牡4)は中山記念(2月24日、中山、GII、芝1800メートル)で始動予定。引き続き戸崎騎手が手綱を取る。 ★スプリンターズS2着ラブカンプー(栗・森田、牝4)、4着ダイメイプリンセス(同、牝6)はともにシルクロードS(27日、京都、GIII、芝1200メートル)→夕刊フジ賞オーシャンS(3月2日、中山、GIII、芝1200メートル)→高松宮記念(同24日、中京、GI、芝1200メートル)のローテーション。2頭はアルクオーツスプリント(同30日、UAEメイダン、GI、芝1200メートル)にも登録する。 ★中山金杯を制したウインブライト(美・畠山、牡5)は中山記念で連覇を目指す。6着マイネルサージュ(美・鹿戸、牡7)は白富士S(26日、東京、OP、芝2000メートル)へ。16着ヤングマンパワー(美・手塚、牡7)は東京新聞杯(2月3日、東京、GIII、芝1600メートル)に進む。 ★京都金杯3着ミエノサクシード(栗・高橋亮、牝6)はサンケイスポーツ杯阪神牝馬S(4月6日、阪神、GII、芝1600メートル)が視野に。6着グァンチャーレ(栗・北出、牡7)は東京新聞杯へ。8着カツジ(栗・池添兼、牡4)は洛陽S(2月9日、京都、OP、芝1600メートル)、11着トゥラヴェスーラ(栗・高橋康、牡4)は六甲S(3月24日、阪神、OP、芝1600メートル)に向かう。★ワグネリアンの競走成績はこちら
2019年1月9日(水) 05:00

 1,007

アルアインは大阪杯目標
 マイルCS3着のアルアイン(栗・池江、牡4)は来春、大阪杯(3月31日、阪神、GI、芝2000メートル)を目指して調整することを池江調教師が11日、明かした。同師は「前哨戦を挟むかは未定ですが、大阪杯を目標にします」と明言。今春は0秒2差の3着だったレースで、皐月賞以来のGI制覇を目指す。
2018年12月12日(水) 05:02

 409

【古馬次走報】エアウィンザー、金鯱賞から大阪杯を予定
 ★チャレンジCで重賞初勝利を飾ったエアウィンザー(栗・中竹、牡4)は、金鯱賞(3月10日、中京、GII、芝2000メートル)から大阪杯(同31日、阪神、GI、芝2000メートル)を予定。 ★ステイヤーズS2着アドマイヤエイカン(栗・須貝、牡5)は、万葉S(1月6日、京都、OP、芝3000メートル)と日経新春杯(1月13日、京都、GII、芝2400メートル)の両にらみ。3着モンドインテロ(美・手塚、牡6)は、ダイヤモンドS(2月16日、東京、GIII、芝3400メートル)に向かう。 ★チャンピオンズC10着アスカノロマン(栗・川村、牡7)は、東海S(1月20日、中京、GII、ダ1800メートル)へ。
2018年12月7日(金) 13:06

 490

大阪杯のニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

大阪杯過去10年の結果

2018年4月1日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2017年4月2日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 キタサンブラック 武豊 1:58.9 2.4倍 108.5
2着 ステファノス 川田将雅 3/4 17.7倍 107.9
3着 ヤマカツエース 池添謙一 1/2 10.2倍 107.3
2016年4月3日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 アンビシャス 横山典弘 1:59.3 3.9倍 106.0
2着 キタサンブラック 武豊 クビ 6.2倍 106.0
3着 ショウナンパンドラ 池添謙一 1 1/4 5.9倍 104.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

大阪杯のデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝2000m

2017年からG1に昇格した大阪杯。各種データは今後大きく変動する可能性もあるので、参考程度にとどめておいていただきたい。阪神コースが改修された2007年以降の前走クラス別成績を検証すると、前走G1組(6勝を含む8連対)と前走G2組(4勝を含む10連対)が双璧である。加えて注目すべき点は、前年の有馬記念に出走していた馬が強いということ。なかでも最先着馬は【5.1.4.1】という、突出した成績をマークしている。これは覚えておきたい傾向だ。舞台となる阪神2000mは直線の坂を2回駆け上がるうえにコーナーもきつい。パワーだけでなく立ち回りの上手さも求められるコースである。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

大阪杯ステップレース

金鯱賞   G2 
2019年3月10日() 中京競馬場/芝2000m
2019年2月24日() 中山競馬場/芝1800m
2019年2月17日() 小倉競馬場/芝1800m
あと28日
2019年2月10日() 京都競馬場/芝2200m
あと21日

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

大阪杯の歴史と概要


2017年の優勝馬キタサンブラック

関西圏で親しまれていた歴史ある中距離重賞の「産経大阪杯」が2017年にリニューアル。G1昇格を果たし、春の中距離王決定戦の役割を担う「大阪杯」に生まれ変わった。第1回(2017年)は前年の年度代表馬にして、この年も連続してそのタイトルを獲得することになるキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名。G1としてのレース史に、新たな1ページを刻んだ。G2時代から大物の参戦が多いレースとしても知られており、歴代勝ち馬の欄には、第30回(1986年)のサクラユタカオー、第36回(1992年)のトウカイテイオー、第27回(1993年)のメジロマックイーン、第42回(1998年)のエアグルーヴ、第51回(2007年)のメイショウサムソン、第52回(2008年)のダイワスカーレット、第57回(2013年)のオルフェーヴルなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。その一方、第45回(2001年)は当時の絶対王者テイエムオペラオーが馬券圏外の4着に敗れ、第54回(2010年)は単勝1.3倍の支持を集めたドリームジャーニーが3着に取りこぼすなど、時に大番狂わせが発生することもある。

▼2017年はキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名した。

歴史と概要をもっと見る >

大阪杯昨年のBIGヒット予想家

去年の大阪杯を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年04月01日(日) 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 122 
3,750円 187,500円
Lv 87 
2,930円 146,500円
Lv 86 
2,930円 146,500円
Lv 97 

17,450円
350円
140,240円
 

17,450円
350円
140,240円
Lv 89 
17,450円 139,600円
Lv 83 

17,450円
17,450円
139,600円
Lv 121 
2,930円 87,900円
Lv 118 
17,450円 87,250円
Lv 105 
17,450円 87,250円
Lv 97 
17,450円 87,250円
Lv 97 
17,450円 87,250円
Lv 88 
17,450円 87,250円
Lv 89 

17,450円
17,450円
79,400円
Lv 85 

17,450円
3,750円
74,700円
Lv 96 

2,930円
2,780円
69,720円
Lv 104 

2,780円
640円
67,300円
Lv 96 

1,020円
300円
66,000円
Lv 96 

17,450円
2,780円
61,830円
Lv 80 

3,750円
1,020円
61,700円

大阪杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年1月20日(
アメリカジョッキーC  G2
東海テレビ杯東海S  G2

競馬番組表

2019年1月19日(
1回中山6日目
1回中京1日目
1回京都6日目
2019年1月20日(
1回中山7日目
1回中京2日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,047万円
6 マカヒキ 牡6
48,298万円
7 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
8 ブラストワンピース 牡4
43,851万円
9 レッツゴードンキ 牝7
42,556万円
10 ミッキーロケット 牡6
42,248万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
13,255万円
2 ダノンファンタジー 牝3
10,342万円
3 サートゥルナーリア 牡3
9,414万円
4 ニシノデイジー 牡3
9,100万円
5 ファンタジスト 牡3
8,779万円
6 グランアレグリア 牝3
5,845万円
7 クロノジェネシス 牝3
4,959万円
8 クラージュゲリエ 牡3
4,820万円
9 アドマイヤジャスタ 牡3
4,623万円
10 ヴァルディゼール 牡3
4,544万円
» もっと見る