ミッキーゴージャス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミッキーゴージャス
ミッキーゴージャス
ミッキーゴージャス
写真一覧
現役 牝4 黒鹿毛 2020年4月3日生
調教師安田翔伍(栗東)
馬主野田 みづき
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 9戦[5-0-0-4]
総賞金8,787万円
収得賞金4,300万円
英字表記Mikki Gorgeous
血統 ミッキーロケット
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
マネーキャントバイミーラヴ
ミッキークイーン
血統 ][ 産駒 ]
ディープインパクト
ミュージカルウェイ
兄弟 ミッキーキングミッキーマドンナ
市場価格
前走 2024/06/16 マーメイドステークス G3
次走予定

ミッキーゴージャスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/06/16 京都 11 マーメイドS G3 芝2000 16247.5213** 牝4 56.5 浜中俊安田翔伍 452
(+8)
1.58.6 1.435.9アリスヴェリテ
24/03/31 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 161121.21014** 牝4 56.0 M.デムー安田翔伍 444
(-6)
1.59.5 1.334.9⑨⑩⑭⑮ベラジオオペラ
24/01/13 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 147122.011** 牝4 54.0 川田将雅安田隆行 450
(+2)
1.57.9 -0.135.5⑩⑩④タガノパッション
23/11/11 京都 9 修学院S 3勝クラス 芝2000 16592.711** 牝3 53.0 川田将雅安田隆行 448
(0)
1.59.3 -0.235.0⑦⑦⑦⑤エアサージュ
23/09/24 阪神 9 夕月特別 2勝クラス 芝2000 11111.911** 牝3 53.0 川田将雅安田隆行 448
(0)
1.58.8 -0.134.1④⑥⑤⑤ヘネラルカレーラ
23/08/26 小倉 10 西海賞 2勝クラス 芝2000 10891.415** 牝3 53.0 斎藤新安田隆行 448
(+8)
2.01.1 0.136.0④⑤ピピオラ
23/05/21 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1861144.3914** 牝3 55.0 戸崎圭太安田隆行 440
(+4)
2.26.1 3.035.9⑭⑬⑮⑯リバティアイランド
23/04/08 中山 7 3歳1勝クラス 芝1800 10771.411** 牝3 54.0 戸崎圭太安田隆行 436
(-4)
1.49.5 -0.235.0アップトゥミー
23/02/19 小倉 5 3歳未勝利 芝2000 185103.811** 牝3 54.0 斎藤新安田隆行 440
(--)
2.04.2 -0.836.7⑤⑤④フォーチュンコード

ミッキーゴージャスの関連ニュース


毎年のように荒れる重賞として名高いマーメイドS。

今年もまた絶妙なメンバー構成とハンデだったことに加え、微妙な天気予報と日々変わる馬場傾向も手伝って、頭を悩ませた方も多かったと思う。


そんな予想作業の中で、どこかで必ず思考の中に入れておかなければならない……料理におけるスパイスのような存在だったのがアリスヴェリテだった。

大逃げという特殊な脚質を持つこの馬がここでも逃げられるのかどうか、そしてどこまで粘ってくるのか。50kgという極めて軽いハンデも含め、ここの評価を適切に行えたかどうかが今回の的中への分かれ目であった。

ちなみに筆者は、”逃げられるが、粘り切れない”という選択肢にベットした。(そして散った)

斤量が軽い逃げ馬の恐ろしさは、私たちファン以上に他馬の陣営も分かっているはず。戦前から大逃げを狙うことが分かっている馬を、そう簡単には粘り込ませないだろう……こう踏んだのだ。


しかし、「そんなことは百も承知!」と言わんばかりに、アリスヴェリテと鞍上の永島まなみ騎手は自分たちの競馬を貫くことを選択。同脚質のベリーヴィーナスには目もくれずにハナを奪うと、ラップを緩めることなく後続を置き去りにしていく。

1000m通過は58秒3とやや速めだったが、前走の同舞台でアリスヴェリテが刻んでいたのは、56秒8という今回を遥かに上回るハイペース。それを考えれば楽と言える流れだったかもしれない。


だが、見るからに思い切りの良いその走りは、強大な抑止力となって後続の動きを封じた。

遥か後方、スローな流れで団子状態となった馬群は3コーナーを過ぎても動くことを許されず、4コーナーから直線にかけてようやくバラける形。

そこから人気のエーデルブルーメや上がり馬のホールネスらが飛び出してくるが、前方のアリスヴェリテはすでにセーフティリードを確保。2馬身差まで詰めるのが精一杯だった。


ハンデ差こそあったものの、文字通り自らの手で初重賞のタイトルを掴み取ったアリスヴェリテ

その兄にはダート路線でガンガン飛ばすタイプの逃げ馬だったリアンヴェリテ、北海道2歳優駿を逃げ勝ち、皐月賞トライアルの若葉Sでも逃げて2着に粘ったキメラヴェリテらがいる、生粋の”逃げファミリー”の出身。初重賞制覇が大逃げによるものというのは、血統的には非常に”らしい”結果と言える。

とは言え、3歳以降は好位から無難に運ぶ競馬に徹しており、崩れはしないが弾けないという結果が多い馬だった。

そんな中で3走前に大逃げというきっかけを与えたのが、現在負傷で療養中の新人・柴田裕一郎騎手。本人も反省されていたように、経験不足ゆえの偶然の産物だったのかもしれないが、この時の大逃げと、前走の大逃げによる勝利がなければ、アリスヴェリテはここに出走していなかったはずだ。そして、バトンを引き継いだ永島まなみ騎手も、柴田騎手がとった戦法がベストと判断した。

兄たちから引き継いだ逃げの適性と、若いジョッキーたちが作り、引き継いだ大逃げという戦法。これらを完璧に活かした、本当に見事な勝利だったと言える。


一方で初重賞挑戦ながら1番人気という重責を担った2着馬・エーデルブルーメの走りも光った。

外枠の影響や道中固まった馬群もあり、終始外目を回る厳しい競馬になりながら、勝負所の脚色は目立っており、人気に違わぬ能力は見せたと言えるだろう。

現時点で5歳のクラブ所有馬ということで、残された現役生活は1年を切っているが、どこかで重賞タイトルを獲得しても全く不思議ないだけのインパクトは残した。


3着のホールネスも、3連勝の勢いが本物であることを証明。

これまではやや時計のかかる舞台でのレースが多く、時計の速い決着への対応が鍵になっていたが、1分57秒台で走破できれば上々すぎるくらいだろう。

父のロペデベガは今年、フランスダービー馬ルックドベガ、フランス1000ギニー馬ルーヒヤを同時に出すなど、かなり勢いのある種牡馬。本馬もOPクラスの力をしっかりと見せただけに、自己条件はもちろん、再度の重賞挑戦となっても期待が持てそうだ。


一方、重いハンデを背負った実績馬たちは苦戦を強いられた。

ミッキーゴージャスは道中の雰囲気こそ悪くなかったが、3~4角の挙動は鈍く、直線では伸びる気配がなかった。斤量や乗り替わりなど、普段と違う状況ではあったが、元々が勝つか負けるかという極端な戦績を刻むタイプ。それだけに次走以降一気に巻き返す可能性もありそうで、警戒は怠らないようにしておきたい。

コスタボニータは珍しく出遅れて普段と全く違う競馬になっており、2000mという距離が微妙だったことも考えると参考外の内容か。本質的にはマイル寄りの適性を持つイメージが強いだけに、一度マイル重賞における走りを見てみたい気がする。

それぞれ能力は確かなものを持つだけに、反撃を期待したいところだ。

【マーメイドS 村瀬プレイバック&次は買い】◎ミッキーゴージャス自分の競馬させてもらえず… 2024年6月17日(月) 09:24

マーメイドSの◎ミッキーゴージャスアリスヴェリテを意識して前で動かざるを得ず、末を失って13着。ハンデ56・5キロを背負い、自分の競馬をさせてもらえなければ大敗もやむなしだろう。

そのアリスヴェリテ。大逃げの形になったが、前走・2勝クラスのラップは前半3ハロン34秒5―5ハロン56秒8で、今回が34秒8―58秒3。道中で実に1秒5も〝緩み〟を作っていた永島騎手のペース配分は見事の一語だろう。別定や定量でどうかだが、〝名コンビ誕生〟に拍手を送りたい。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【マーメイドS】トップハンデのミッキーゴージャスは13着 浜中俊騎手「厳しい条件が重なりました」 2024年6月16日() 18:55

2番人気のミッキーゴージャスは、56・5キロのトップハンデもこたえて13着に敗れた。道中は離れた3番手を追走。勝負どころで鞍上が促しても前との差は詰まらず、直線では苦しくなった。浜中騎手は「逃げた馬は斤量も軽くて強いと思っていたので、近くで競馬をしたいと思っていたけど、最後は疲れてしまいました。斤量も重く、厳しい条件が重なりました」と振り返った。

[もっと見る]

【マーメイドS】トップハンデ56.5キロのミッキーゴージャスは13着 浜中俊騎手「最後は疲れてしまいました」 2024年6月16日() 18:22

6月16日の京都11Rで行われた第29回マーメイドステークス(3歳以上オープン、牝馬限定、GⅢ、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、永島まなみ騎手の4番人気アリスヴェリテ(4歳、栗東・中竹和也厩舎)が50キロの軽量を生かして逃げ切り、人馬ともに重賞初制覇を果たした。タイムは1分57秒2(良)。

トップハンデの56.5キロを背負ったミッキーゴージャス(2番人気)は、アリスヴェリテが軽快に飛ばす中、離れた3、4番手を追走。しかし、直線に入る前には手応えが怪しくなり、ズルズルと後退して13着に敗れた。先週の函館スプリントSサトノレーヴ)を制した浜中俊騎手だったが、2015年11月以来の2週連続JRA重賞制覇はならなかった。

浜中俊騎手「逃げた馬は斤量も軽くて強いと思っていたので、近い位置で競馬をしたいと思っていたけど、最後は疲れてしまいました。斤量も重く、厳しい条件が重なりました」

[もっと見る]

【マーメイドS2024ほか】回収率予報ニュース! 2024/6/16(日)版 2024年6月16日() 09:19


≪2024/6/16(日) 買ってはいけない G3マーメイドS、スレイプニルSほか≫

「買ってはいけない」とは・・・予測回収率が低く、文字通り馬券購入の際には避けることをおすすめする馬。
なお、予測回収率が高い馬は回収率予報官プロ提供予想内「一言コメント」および「コメント」欄に記載しています。

メインレースの単勝の予測回収率が低い馬です。
馬券購入の際には避けることをおすすめします。
(2022~23年実績:1,800件中/1着62件/払戻86,900円/回収率48%)

■函館11R 芝1200m 3歳上3勝クラス 15:25 UHB杯
 ② 60% 111.7倍(16) サニーオーシャン
 ⑪ 60% 4.2倍(1) ラキエータ

■京都11R 芝2000m 3歳上オープン 15:35 G3マーメイドS
 ④ 60% 7.1倍(2) ミッキーゴージャス
 ⑥ 60% 12.9倍(6) ホールネス
 ⑦ 60% 44.8倍(14) マリネロ
 ⑯ 50% 50.8倍(16) ファユエン

■東京11R ダート2100m 3歳上オープン 15:45 スレイプニルS
 ② 50% 123.5倍(16) シークレットラン
 ④ 50% 77.8倍(14) バハルダール
 ⑦ 50% 108.9倍(15) ヴァンドゥラン

・買ってはいけない 各レースの人気馬

各レースの出走馬で、単勝オッズ6.0以下かつ予測回収率60%以下の一覧です。
(2022~23年実績:1,383件中/1着210件/払戻76,850円/回収率56%)

函館01R ② 60% 3.1倍(1) メイショウコオロギ
函館02R ⑬ 60% 4.0倍(2) ドレッド
東京07R ③ 60% 5.2倍(2) カフェニクス
函館08R ⑨ 60% 4.6倍(3) ゴーインマイウェイ
東京08R ⑦ 60% 3.6倍(2) アルドール
函館10R ⑧ 60% 5.4倍(4) ラファドゥラ
函館11R ⑪ 60% 4.2倍(1) ラキエータ
東京12R ⑧ 60% 2.8倍(1) セントメモリーズ


≪2024/6/16(日) 単勝万馬券を狙え≫

対象レースの単勝の予測回収率90%以上の出走馬で最もオッズの高い馬です。
単勝以外の券種でも、この馬を絡めるとオトクですよ。
(2022年7月30日札幌11R、1着フォーワードアゲン/単勝払戻13,420円)

函館01R ④ 100% 79.0倍(12) ゴルトヴェーレ


※表は左から、レース、馬番、予測回収率、単勝オッズ、人気順、馬名です。
※オッズはデータ作成時点のものです。
※オッズや人気順が変わっても予測回収率は変わりません。

[もっと見る]

【マーメイドS2024】有名人の予想に乗ろう! 徳光和夫さん、大久保先生、霜降り明星・粗品さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2024年6月16日() 05:30


【徳光和夫】
◎⑮エーデルブルーメ
3連単1頭軸流しマルチ
⑮→①④⑤⑥⑨⑩
ワイド流し
⑮-⑧⑬

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑨コスタボニータ
○⑮エーデルブルーメ
▲④ミッキーゴージャス
△①ベリーヴィーナス
△⑧セントカメリア

【粗品(霜降り明星)】
◎⑮エーデルブルーメ
3連単フォーメーション
⑮→④⑥⑧⑨⑫⑬→①④⑥⑧⑨⑫⑬

【DAIGO】
注目馬
ミッキーゴージャス

【林修】
注目馬
アリスヴェリテ

【あの】
注目馬
ミッキーゴージャス

【鈴木淑子】
◎⑬アリスヴェリテ
馬連BOX・ワイドBOX
ベリーヴィーナス
ホールネス
コスタボニータ
アリスヴェリテ
エーデルブルーメ

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑭エリカヴィータ
複勝


【キャプテン渡辺】
◎⑧セントカメリア
単勝

馬連流し・ワイド流し
⑧-④⑫

【お兄ちゃん(ビタミンS)】
◎⑮エーデルブルーメ

【林健(ギャロップ)】
◎⑩ゴールドエクリプス

【恋さん(シャンプーハット)】
◎⑬アリスヴェリテ

【てつじ(シャンプーハット)】
◎②ジューンオレンジ

【浅越ゴエ】
◎⑫タガノパッション

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑫タガノパッション

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑬アリスヴェリテ

【浜田順平(カベポスター)】
◎④ミッキーゴージャス

【永見大吾(カベポスター)】
◎①ベリーヴィーナス

【佐野瑞樹】
注目馬
インザオベーション

【長岡一也】
◎⑮エーデルブルーメ
○④ミッキーゴージャス
▲⑥ホールネス
△①ベリーヴィーナス
△⑩ゴールドエクリプス
△⑬アリスヴェリテ
△⑭エリカヴィータ

【原奈津子】
◎⑫タガノパッション
○①ベリーヴィーナス
▲④ミッキーゴージャス

【中村愛】
注目馬
アリスヴェリテ

【舩山陽司】
◎⑫タガノパッション
3連複フォーメーション
⑫-④⑥⑧⑨⑬⑭⑮

【皆藤愛子】
◎⑮エーデルブルーメ

【高田秋】
◎⑨コスタボニータ

【川島明(麒麟)】
注目馬
エーデルブルーメ

【酒井一圭(純烈)】
◎⑨コスタボニータ

【ゴルゴ松本(TIM)】
注目馬
ホールネス
アリスヴェリテ
ワイドBOX・馬連BOX
ミッキーゴージャス
ホールネス
セントカメリア
アリスヴェリテ
エーデルブルーメ

【土屋伸之(ナイツ)】
注目馬
ベリーヴィーナス

【小木茂光】
◎③ピンハイ
3連単フォーメーション
③⑩⑮→①③④⑤⑧⑨⑩⑫⑬⑮→③⑩⑮

【守永真彩】
◎⑨コスタボニータ
3連複フォーメーション
⑨⑬⑮-⑨⑬⑮-①④⑥⑧⑨⑫⑬⑮

【福原直英】
注目馬
タガノパッション

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑧セントカメリア

【三代目 中村福之助】
◎⑮エーデルブルーメ

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑧セントカメリア

【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
アリスヴェリテ
タガノパッション
セントカメリア
コスタボニータ

【清水久嗣】
◎⑬アリスヴェリテ

【橋本マナミ】
◎④ミッキーゴージャス

【稲富菜穂】
◎⑩ゴールドエクリプス

【小泉恵未】
◎④ミッキーゴージャス

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑫タガノパッション

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑫タガノパッション

【栗林さみ】
注目馬
ベリーヴィーナス
エーデルブルーメ

【天童なこ】
◎⑮エーデルブルーメ

【横山ルリカ】
注目馬
エーデルブルーメ

【じゃい(インスタントジョンソン)】
注目馬
セントカメリア
ゴールドエクリプス
ホールネス
エーデルブルーメ

【三谷紬】
注目馬
アリスヴェリテ
ピンハイ

【目黒貴子】
◎⑥ホールネス

【木和田篤】
注目馬
マリネロ

【山本直】
◎⑬アリスヴェリテ

【米田元気】
◎⑮エーデルブルーメ

【中野雷太】
◎⑨コスタボニータ

※順不同

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミッキーゴージャスの関連コラム

閲覧 1,441ビュー コメント 0 ナイス 4


先週は東西でG2が行われた。

オールカマーローシャムパークが勝利。ルメール騎手らしい外からジワっと押し上げるスムーズな競馬で、最後は逃げ粘るタイトルホルダーを交わして抜け出した。これで函館記念に続く重賞2勝目。跳びが大きいので、函館芝2000mよりも中山芝2200mの方が合っていた。すぐにG1で…となるとまだ連戦への不安などもあり騎手の問題も出てくるだろうが、それでも将来性は間違いなさそうだ。

また、今年のオールカマーは負けた馬たちにも注目。

タイトルホルダーはまだ状態面で上積みがありそうだし、この日の馬場は決して内有利ではなかった。地力を証明した2着といえる。3着ゼッフィーロの操縦性の高さは相手強化への対応力を感じるもので、4着マリアエレーナも豊富なスタミナを示し、エリザベス女王杯なら、と思わせる内容だった。5着ガイアフォースセントライト記念を勝っているとはいえ現状は2000m以下の方が良さそう。相手関係を考えればやはりマイルの方が可能性があると思うので、マイルCS路線なら注目。6着ジェラルディーナは脚を余した印象で、こちらも馬場次第ではまだ巻き返しがある。

西の神戸新聞杯サトノグランツが久々の一戦を制したが、こちらは馬もさることながら、川田騎手がねじ伏せたという印象も強かった。川田騎手は先週の日曜だけで5勝。簡単に勝っているように見えるかもしれないが、先週阪神ダートの難しい馬場、難しい枠でも上手くリカバリーしていたし、接戦を制した神戸新聞杯ミッキーゴージャスで制した夕月特別も一瞬の判断力が光った。

以前は力強さの負の側面として荒々しさもあったが、今は本当に臨機応変、あらゆる状況に対応してくる。今夏の新潟や小倉でも、川田騎手がスポット参戦し多くの勝ち星を拾っていくシーンを見たが、今後もこれが日常になるのかもしれない。それだけ今の川田騎手にはスキがない。

データを見ても秋開催が始まり3週が過ぎたが、3週連続で川田騎手騎乗馬の複勝回収率はプラス。端的にいえば、

「川田人気を背負いながら、それ以上に馬の能力を引き出している」

という素晴らしい状況が続いているのだ。

それでは最後に先週からの狙い馬と、今週末の注目馬を。

【次走狙い馬】 9/23(土)中山12R サーマルソアリング 1番人気1着

好位抜け出し完勝、ちょっとモノが違う勝ちっぷりで重賞級! 派手な勝ちっぷりなのであえて挙げる意味もないかもしれないが、それを踏まえても好内容。バランスも良く不発も少ないタイプと見え、ラストも伸びるのでオープンまでは問題なく突破できるはず。順調に行ってほしい。

~今週末の注目馬~

今週はスプリンターズSから。

ピクシーナイト戸崎圭太騎手)

注目はピクシーナイト戸崎圭太騎手。
前走は開幕週の立ち回り戦で伏兵テイエムスパーダが逃げ切る流れ。後方からでは見せ場なく敗れたのも仕方ないが、直線モタれながらもギアが入ってからは鋭く伸びて復調気配を見せていた。一昨年制した際のような立ち回り勝負ではなく、末脚勝負でも対応できそう。馬場や枠順には左右されるだろうが、ハマればそろそろ一撃があるかもしれない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。


登録済みの方はこちらからログイン

2023年5月18日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック オークス2023  
閲覧 1,974ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月21日(日)東京11R 第84回オークス(3歳牝馬G1・芝2400m)




【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:桜花賞出走馬>(中5週)

リバティアイランド(1着、466kg(+4kg))<B><優先出走馬>
この中間は乗り込み量が少なめで、1週前もCWを単走といつもと違う感じの調整内容は気になるところ。それでも動きを見ると重心が低く回転の速い走りで、悪くは見えない。

コナコースト(2着、454kg(-4kg))<B><優先出走馬>
この中間もこれまで通り1週前にCWを長めから併せ馬で追われて先着。併走相手の鞍上とは体重差がかなりあったとは思うが、手応えも良く引き続き出来は良さそう。

ペリファーニア(3着、490kg(-6kg))<B><優先出走馬>
前走時は関西への輸送を控えた状況下、最終追い切りでも馬なりながら気分良く走らせていた。この中間は、1週前追い切りから抑え気味の内容となっていて、強くやる必要もないくらい馬体は仕上がっているのかもしれない。

ハーパー(4着、462kg(-4kg))<A><優先出走馬>
この中間も乗り込み入念で、1週前に強めに追われて併せ馬でも先着。日曜日にも坂路で好時計をマークし先着と、直前は馬なりで十分な仕上がり。

ドゥアイズ(5着、448kg(+2kg))<B><優先出走馬>
勝ちきれないところがあるが大崩れもない馬。1週前追い切りでは毛艶がピカピカで気合乗りも抜群に見せており、上積みが期待できそう。

シンリョクカ(6着、434kg(-6kg))<B>
この中間も南Wで良い時計が出ていて出来良好に映る。左回りでの追い切りの動きを見ると、特に気にするところもなく手応えも良く好印象。

ライトクオンタム(8着、428kg(±0kg))<B>
今回乗り替わりとなる田辺騎手が騎乗しての1週前追い切り。独特の走りをする馬で、追い切るよりもコンタクトをとることのほうを優先した感じの内容だったが、レース前に騎乗しておくことは人馬プラスになる。小柄な馬なので強く追う必要もなく、VTRを見てもいつも通りの走りで出来も悪くはなさそう。

エミュー(10着、418kg(+4kg))<D>
小柄な馬で使い詰めの状況。この中間は、中5週で関東での競馬となりしっかり乗り込まれているが、1週前追い切りの動きからは非力さがぬぐえず力強さは感じられない。

ラヴェル(11着、446kg(-2kg))<C>
桜花賞のコラムでも書いたが、この馬は右回りよりも左回りのほうがスムーズに加速することができるので、東京コースはプラス。休み明け3戦目での上積みも見込めそうで、前走以上の走りに期待がもてる。

キタウイング(12着、432kg(±0kg))<B>
重賞2勝馬だが調教で目立たない内容の時に好走している馬。関西でのレースの時には、早めに栗東入りして坂路でかなりの好時計をマークと、能力の一端を示していたと思うが凡走も多い。この中間は坂路、南Wで乗り込まれ平凡な内容といった感触だが、このような時にこそ激走することがあるので注意も必要。

ドゥーラ(14着、472kg(-4kg))<A>
ここ3戦はワンターンの競馬で、直線で伸びてきていないわけではないのだが、スタートも速いほうではないことから、息を入れるタイミングもなかなか作れずでこの馬の良さは出せていない。この中間、2週前は坂路、1週前がCWで一杯に追われてかなりの好時計をマークしていて、状態はすこぶる良さそう。鞍上が斎藤騎手に戻り人気は落ちそうな場面だが。距離延長でコーナー4つのコースとくれば巻き返せる要素は十分にあり。





<前走:フローラS出走馬>(中3週)

ゴールデンハインド(1着、486kg(+10kg))<A><優先出走馬>
この中間も、1週前に南Wを3頭併せで追われて大外を馬なりのまま楽に先着と、前走勝ちの勢いそのままといった感。

ソーダズリング(2着、470kg(±0kg))<B><優先出走馬>
月1ペースでレースを使われてきて今回は中3週となるが、1週前にはこれまで同様に坂路で追われた。単走馬なりも力強い走りを見せていた、引き続き好調をキープ。

イングランドアイズ(4着、432kg(+6kg))<D><抽選対象馬(1/4)>
この中間は坂路で目立つ時計はなし。前走時のパドックでは落ち着きがなく、間隔が詰まっての再輸送ということもあって、強めに追えないところあり。

キミノナハマリア(11着、492kg(+2kg))<C>
前走時の追い切りもそうだったが、1週前追い切りでも終い速い時計で回転の速い走りをアピールしているが、一方でバネのある走りではない。




<前走:その他のレース出走馬>

ヒップホップソウル(フラワーC:2着、490kg(-2kg)中8週)<B>
この中間も日曜に坂路、水曜に南Wと2週連続で好時計。1週前追い切りでは行きたがるところを抑えながらも楽に先着と、元気で勢いあり。

ミッキーゴージャス(1勝クラス:1着、436kg(-4kg)中5週)<A>
母はオークス馬。無駄がなくコンパクトにまとまった感じの馬体ではあるが、この中間もプール調教を多く取り入れられながらこれまでと同じような調整内容できている。1週前追い切りでは終い仕掛けられると一気に突き放してみせていて、仕上がりもかなり良い。

レミージュチューリップ賞:16着、506kg(-2kg)中10週)<C>
小柄な馬で、間隔を空けられたこの中間は2週前、1週前と強めに追われて時計自体上々なものを刻んできた。ただ、動きを見ると重い感じあり。

ウェイビー(矢車賞:2着、506kg(-2kg)中2週)<D><抽選対象馬(1/4)>
速い時計を出す厩舎だが、中1週となり軽めの調整で時計平凡。

クインズカムイ(未勝利:1着、468kg(-8kg)中3週)<D><抽選対象馬(1/4)>
この中間もプール調整が多く、1週前の坂路では3頭併せ(計測不能)で追われたが、物足りない動きだった。

メランポジューム(スイートピーS:8着、448kg(-2kg)中2週)<C><抽選対象馬(1/4)>
休み明けの2戦が関東でのレースで、中2週での再輸送となると、馬体維持優先となり強めに追えない。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ハーパードゥーラゴールデンハインドミッキーゴージャスの4頭をあげておきます。



◇今回はオークス編でした。
桜花賞から距離が800m延びるオークス。今回も過去5年の連対馬について、追い切り内容を調べてみました。すると、連対馬10頭のうち、最終追い切りを馬なりで追われていた馬が7頭、そしてそれを勝ち馬に絞ると5頭全馬が直前馬なりでの調整だったことが分かりました。1週前も含めて全体的に馬なり調整だった馬が多く、一方で強めに追われて連対した馬たちは1週前も最終追い切りも強めに追われていたとの傾向が見られています。
3歳牝馬にとっては長距離のレースということで、折り合い面を重視した調整が中心になっているように思います。というわけで、今週のオークスに関しては、折り合い重視のソフト仕上げ、をおすすめの調整パターンとして挙げさせていただきます。


オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。



[もっと見る]

ミッキーゴージャスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 3

 自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。

6月22日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

函館1R  ○⑨ワイルドゴーア

< 好勝負 >

東京3R  △⑥エコロカレン
東京8R  ○③ジューンベロシティ

京都9R  ◎⑤バンドマスター
京都12R △②テーオーダグラス

函館9R  △④ワンブランチ

< 上位争い >

東京8R  ◎⑩ブラックボイス
東京9R  ▲⑥リンドラゴ
東京10R △⑥コブラ
東京11R 注⑭コントラポスト

京都2R  ▲②アンリーベイビー
京都3R  ▲⑭カーロアヴァンティ
京都5R  注⑨メルキオル
京都7R  ○⑤リューデスハイム
京都11R  ⑭ハチメンロッピ
京都12R △①ロスティチェーレ

函館6R  △⑧アークドール

【 特注高確馬A 】

東京10R ◎⑪アッシュルバニパル
東京12R ◎⑪テウメッサ

京都1R  ◎④ショウナンザナドゥ
京都8R  ◎⑯スターターン

函館7R  ◎⑤ゴールドサーベル

【 特注高確馬B 】

東京1R  ◎⑭アオイミモザ

函館12R ◎⑧オーバーザドリーム

6月16日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

京都2R  ◎⑯メイショウソウタ 1着、1番人気
京都9R  ◎⑦スマートワイス 1着、1番人気

< 上位争い >

東京4R  ◎⑯アオイメルスイ 3着、5番人気

京都11R ○④ミッキーゴージャス 13着、2番人気

函館1R  △③タマモプルメリア 1着、6番人気

【 特注高確馬A 】

東京1R  ◎②ビートザレコード 1着、1番人気

京都1R  ◎⑮ミルミナーヴァ 1着、1番人気
京都4R  ◎④ダンツトレント 7着、1番人気
京都9R  ◎⑦スマートワイス 1着、1番人気

【 特注高確馬B 】

東京5R  ◎⑨プリティディーヴァ 1着、1番人気
東京9R  ◎⑤ヘデントール 1着、1番人気

函館3R  ◎⑤ノブリッキー 7着、1番人気
函館5R  ◎⑤ニシノラヴァンダ 1着、1番人気

本年までの実積

< 勝ち負け >

1着 67回  2着 53回  3着 36回  着外121回
勝率 24.2% 連対率 43.3%、複勝率 56.3%

< 好勝負 >

1着 157回  2着 111回  3着 91回  着外 360回
勝率 21.8% 連対率 37.3% 複勝率 50.0%

< 上位争い >

1着 244回  2着 210回  3着 184回  着外 863回
勝率 16.3% 連帯率 30.2% 複勝率 42.4%

 エソイフ 2024年6月17日(月) 16:37
マーメイドS 振り返り
閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 2

マーメイドSは6番人気のホールネスを◎で3着 勝ったアリスヴェリテも▲をつけていた 2着のエーデルブるーメはノーマークだったが2番人気のミッキーゴージャスを消せたのは良かったと思う

まとめ
1,3着が▲◎で決着 首差で馬連は取り損ねたがいい予想ができたと思う

[もっと見る]

 アカガエル 2024年6月17日(月) 02:33
アリスヴェリテの馬券は、何故、売れたのか?
閲覧 199ビュー コメント 0 ナイス 6

私も、指数を使い予想をしている人間ですから、

あの単勝の売れ方は、変だとおもいました。

それに伴う各馬券を、単勝人気と絡めて、

検証しましたが、変な偏りは無かったです。

アリスヴェリテは、あのマーメイドSの馬の中で4番人気として、

存在していたのです。他の馬との斤量差、

ミッキーゴージャスが、56.5kgに比べアリスヴェリテは、

50.0kgと恵まれてはいました。永島騎手への期待が、

それに上乗せされての結果だったのでしょうか?

答えを出すには、至りませんが、永島騎手のレースぶりには、

驚きました。これから、注目の騎手として、今迄以上に動向を、

注視していきたいと思います。

私は、知り合いの誕生日で馬券を購入し、

的中させることが出来ました。そんな運も実力のうちと言うことで、

勘弁して下さい。

そんな事もたまにはあるんですね。

知り合いに感謝です。

それにしても、不思議なレースでありました。

宝塚記念も当てられるといいです。そう、願っています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミッキーゴージャスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  YASUの小心馬券   フォロワー:38人 2024年1月12日(金) 12:25:54
愛知杯2024
瞬発戦では分が悪いタイプも、追ってバテない持続脚で目下連勝と上昇カーブ描いている。
好位から競馬ができるのもプラスで重賞にしては相手関係が楽で
鞍上川田なら有力視という存在も、重賞で昇級戦の馬に1倍台の
オッズは流石に腰がひける・・、1.7倍までの信頼感はないとして積極的に買いたくはなくなった。

ミッキーゴージャスの写真

ミッキーゴージャス
ミッキーゴージャス
ミッキーゴージャス

ミッキーゴージャスの厩舎情報 VIP

2024年6月16日マーメイドステークス G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミッキーゴージャスの取材メモ VIP

2024年6月16日 マーメイドステークス G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。