キミノナハマリア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
キミノナハマリア
キミノナハマリア
キミノナハマリア
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2020年4月8日生
調教師千田輝彦(栗東)
馬主浦野 和由
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績14戦[3-3-2-6]
総賞金6,806万円
収得賞金1,500万円
英字表記Kiminonawa Maria
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
シャドウマリア
血統 ][ 産駒 ]
ヴィクトワールピサ
パールシャドウ
兄弟 シャドウヴェール
市場価格1,320万円(2021セレクトセール)
前走 2024/04/20 福島牝馬ステークス G3
次走予定

キミノナハマリアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/04/20 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 165108.2614** 牝4 55.0 鮫島克駿千田輝彦 504
(0)
2.11.6 24.757.6⑩⑩⑬⑭コスタボニータ
24/02/10 京都 10 飛鳥S 3勝クラス 芝2000 128112.514** 牝4 55.0 武豊千田輝彦 504
(-2)
2.01.2 0.634.3エアサージュ
24/01/21 京都 9 北大路特別 2勝クラス 芝2000 10891.911** 牝4 55.0 武豊千田輝彦 506
(-4)
2.02.6 -1.035.8コイニョウボウ
23/11/04 京都 9 衣笠特別 2勝クラス 芝2000 10112.312** 牝3 54.0 鮫島克駿千田輝彦 510
(+4)
1.59.6 0.434.2④④ラスマドレス
23/10/14 京都 10 北野特別 2勝クラス 芝2000 8882.112** 牝3 54.0 武豊千田輝彦 506
(+12)
2.01.5 0.633.4④④④ヘネラルカレーラ
23/09/09 中山 11 紫苑S G2 芝2000 173511.364** 牝3 54.0 C.ルメー千田輝彦 494
(+2)
1.58.4 0.435.8⑥④⑥⑤モリアーナ
23/08/06 札幌 9 HTB賞 2勝クラス 芝1800 11672.113** 牝3 53.0 鮫島克駿千田輝彦 492
(+4)
1.51.6 0.136.2レイトカンセイオー
23/05/21 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 1824216.01718** 牝3 55.0 三浦皇成千田輝彦 488
(-4)
2.29.5 6.441.4リバティアイランド
23/04/23 東京 11 フローラS G2 芝2000 154610.6611** 牝3 54.0 鮫島良太千田輝彦 492
(+2)
1.59.9 1.035.0ゴールデンハインド
23/03/25 阪神 9 君子蘭賞 1勝クラス 芝1800 10773.011** 牝3 54.0 松山弘平千田輝彦 490
(+4)
1.47.0 -0.534.5ランスオブサウンド
23/01/05 中山 6 3歳1勝クラス 芝2000 10227.332** 牝3 54.0 鮫島良太千田輝彦 486
(-4)
2.01.0 0.236.0④④アヴニールドブリエ
22/12/10 阪神 9 エリカ賞 1勝クラス 芝2000 133350.693** 牝2 54.0 鮫島良太千田輝彦 490
(+10)
2.01.0 0.335.8レミージュ
22/10/01 中山 9 芙蓉S OP 芝2000 7775.225** 牝2 54.0 M.デムー千田輝彦 480
(+2)
2.05.0 0.634.7⑦⑦⑦⑤シーウィザード
22/07/17 函館 5 2歳新馬 芝1800 115546.381** 牝2 54.0 鮫島克駿千田輝彦 478
(--)
1.54.2 -0.336.5⑥⑦⑤ヒラリ

キミノナハマリアの関連ニュース

こんにちは!ROBOTIP開発プロジェクトメンバーの曹操です。

今回の担当は福島牝馬S G3です。軸馬選びに悩みそうなメンバー構成となりましたね。各馬の勝率差はどのようになっているでしょうか。

曹操ROBOTIPの基本設定は「競走馬」の能力指数を100%とし、適性は「距離適性」と「周回方向適性」のみを配合、補正は「斤量」「調教評価」「厩舎評価」の補正をONにします。

これによって弾き出された勝率予測は以下の通りです。

曹操ROBOTIPが弾き出した福島牝馬S全馬の勝率
(順位・馬番・馬名・勝率)
シンリョクカ    15.08%
エリカヴィータ   12.61%
コスタボニータ   11.45%
タガノパッション  10.24%
ウインピクシス   8.25%
フィールシンパシー 8.15%
ライトクオンタム  7.72%

グランベルナデット 5.77%
キミノナハマリア  4.70%
トーセンローリエ  4.15%
ファユエン     4.02%
ラリュエル     3.24%
エリオトローピオ  2.09%
ペイシャフラワー  1.40%
ピンクジン     0.63%
エミュー      0.49%

首位となったのは⑮シンリョクカですが、各馬の勝率差は僅かのようです。平均勝率(16頭立ての場合は6.25%)を上回る馬のみを馬券対象にするので、上位7頭がその対象です。

上位6頭の勝率の差を鑑みて隊列にすると以下の通りです。
  ⑮ > ②①⑪ > ⑧⑭⑬

馬券は、⑮シンリョクカを1頭軸にした3連複、合計9,000円で勝負します。

3連複(1頭軸ながし)
⑮-②①⑪⑧⑭⑬ 各600円

合計9,000円


**************************************
ROBOTIPは自分の競馬予想理論に従って6つの能力指数(競走馬・騎手・血統・調教師・馬主・生産者)と、5つの適性(距離・トラック・馬場状態・周回方向・G前の坂)を自由に配合して出走馬の勝率を予測するロボットです。
ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)すると無料でご利用頂けます。
⇒詳しくはこちらへ!
**************************************

【福島牝馬S2024】重賞データ分析 フィールシンパシー、シンリョクカら計5頭が、連対5項目を無傷クリア 2024年4月19日(金) 12:00


【前走距離】
福島で行われた直近9回(2014~2020、2022~2023年)の1~2着馬18頭の前走使用距離を確認すると、芝1800m、芝2000mの2通りに集約される。前走のレース内容を比較する際は、当時の距離もチェックしておきたい。

(減点対象馬)
ペイシャフラワー ⑫ラリュエル

【前走クラス】
福島で施行された直近9回の1~2着馬18頭の前走をクラス(レース格)で分けると、G3、OP特別、3勝クラス(旧1600万下)、2勝クラス(旧1000万下)の4組に絞られる。近年の傾向を重くみるならば、G1やG2からの参戦馬は扱いに注意したほうがよさそうだ。

(減点対象馬)
ファユエン

【前走着順】
前走の着順については、左回りの重賞なら問わないが、右回りの重賞であれば1桁、それ以外の場合は3着以内(回りの左右は不問)が理想。福島施行の直近9回において、この条件を満たしていなかった左回り重賞以外からの臨戦馬は、いずれも3着以下に敗れている。

(減点対象馬)
ピンクジン ④ペイシャフラワー ⑤トーセンローリエ ⑥エリオトローピオ ⑨エミュー ⑩キミノナハマリア

【近走成績】
福島施行の直近9回、G1 3着以内歴を有していた実績上位馬を除くと、近3走とも芝のレースで4着以下に敗れていた馬が、福島牝馬Sで2着連対圏入りしたケースはゼロ。該当馬は過信禁物とみるべきだろう。

(減点対象馬)
エリカヴィータ ⑤トーセンローリエ ⑥エリオトローピオ ⑧ウインピクシス ⑨エミュー

【距離実績】
福島で行われた直近9回の1~2着馬18頭のうち、17頭には芝1800mでの1着歴、もしくは芝1800mの重賞で2~3着かタイム差0秒2以内の善戦・好走経験があった。例外の1頭は、芝1800m戦未経験馬。芝1800mのレースに出走経験がありながらも、先述の距離実績をクリアしていない馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)
エリカヴィータ ⑤トーセンローリエ ⑬ライトクオンタム


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、①コスタボニータ、⑪タガノパッション、⑭フィールシンパシー、⑮シンリョクカ、⑯グランベルナデットの5頭。

フィールシンパシーを1番手に推す。福島施行の直近9回、【4.5.4.39】と馬齢別で最大シェアの5歳馬に該当。そのなかでも、前走が中山牝馬S、かつタイム差0秒3以内惜敗の関東馬は【1.1.1.0】という、優秀な成績を収めている。要注目の1頭だ。

福島施行の直近9回、前走が中山牝馬S、かつ1着かタイム差0秒1以内の惜敗馬は【2.3.1.3】。それに当てはまる、⑮シンリョクカを次位にピックアップ。ほか、①コスタボニータ、⑪タガノパッション、⑯グランベルナデットらに対する警戒も怠れない。

<注目馬>
フィールシンパシー ⑮シンリョクカ ①コスタボニータ ⑪タガノパッション ⑯グランベルナデット

[もっと見る]

【福島牝馬S】厩舎の話 2024年4月19日(金) 04:56

ウインピクシス・上原博師「ひと息入れて背腰の状態が良くなった。スムーズに自分の競馬ができれば」

エミュー・和田郎師「肺出血で休んでいたが、冬毛も抜けて日増しに体調はアップ」

エリオトローピオ・深山師「格上挑戦だが、しまいを生かせれば。福島も得意」

エリカヴィータ・国枝師「捉えどころがないけど、体調は良好」

キミノナハマリア・千田師「1800メートルはベスト。少しでも馬場が渋ればチャンスはある」

グランベルナデット・大竹師「状態は良さそう。早めに抜け出して押し切る競馬が理想」

コスタボニータ・杉山佳師「少し荒れた芝は合うし、距離、馬場を含めていいと思います」

シンリョクカ・竹内師「体重が減らなくなり、たくましくもなっている。楽しみ」

タガノパッション・武幸師「前走も悪い競馬ではなかったし、今回の方が条件はいいと思う」

ピンクジン・南田師「上のクラスが相手だが、福島は合っている」

ファユエン・勢司師「暖かくなるここまで待った。完璧ではないが、次につながれば」

ペイシャフラワー・高橋康師「一瞬の脚はあるので、コース形態は良さそう」

ライトクオンタム・武幸師「前走は馬場が悪かったが、3着に頑張った。いい馬場なら期待できる」

ラリュエル・田代厩務員「思ったより時計は出たけど、それだけ具合のいい証拠だと思う。気温(の上昇)とともに馬も良くなってきた」

[もっと見る]

【福島牝馬ステークス】特別登録馬 2024年4月14日() 17:30

[もっと見る]

【直撃取材!プロ予想家最速予想】秋華賞2023「夢月」「ジャンヌ」の狙いは!? 注目馬&妙味ある穴馬候補に迫る! 2023年10月12日(木) 11:00


毎週プロ予想MAXの予想家に週末重賞への見解、注目馬について取材、紹介する連載「プロ予想家最速予想」。第37回はジャンヌプロ・夢月プロの2名にお話を伺いました。早速、レースへの見解と注目馬を紹介していきます。


ジャンヌーラップ適性で人気薄の好走パターン、人気馬の凡走パターンを見破る!


出走各馬の得意なラップ、不得意なラップを照らし合わせ、期待値の高い馬を狙い撃ち!独自のラップ理論を武器に驚きの穴馬を推奨するジャンヌプロに秋華賞の予想についてお聞きしました。

リバティアイランド1強の構図と見る方が多いのかと思います。どうでしょうかね。

う~ん、基本的に1本被りする馬って嫌うんですよね。ただねえ、ちょっと無理じゃないですか。

―下手に穴を狙うなら、頭固定で相手を絞るような形がいいですかね。

馬券的にはやりたくないレベルですよ。

―(笑)。

来ないとしたらアクシデントレベルでしょう。こういうケースは1枠ないものと思って、ワイドを買ったりしますけどね。

―少しだけ不安要素を探ると、内回りに替わるのは問題ないですか。

問題ないでしょうね。前提として、京都が新しくなってから初の秋華賞なので、僕みたいにラップで予想する人間はやりづらいんですよ。ただ、見ていると、3コーナーからのロングスパートで、どちらかと言えば持続力を求められるレースが増えているなと。そのあたりから推測するしかないわけですね。

―それはリバティアイランドにとってどう作用しますか。

はい。話を戻すと、桜花賞がかなり強かったですよね。

―強かったです。驚きでした。

だから、オークスは走らないと思ってたんですよ。つまり、瞬発力特化型だと考えたわけですね。牝馬三冠は基本的に瞬発力が最も大事で、オークスが持続力寄り、秋華賞はその中間にあるとすれば、強いのは承知でうっかりがあるならオークスだろうと。ところが、オークスがさらに強かったんですよ。

―(笑)。

ということはですよ、桜花賞は適性が低いのにあのパフォーマンスだったという見立てをしたわけです。だから、京都コースのほうがより向いているはずです。

―おお。

もう少しいうと、アルテミスSで不利があったとはいえ、負けましたよね。あれも、リバティアイランドクラスなら、勝っていておかしくないんですよ。

―ああ、なるほど。あれはもう瞬発力の競馬ですもんね。

今回は下手な乗り方はしないでしょうから。

―となると、相手探しになりますかね。トライアルから、まずローズS組で評価している馬をお願いします。

マスクトディーヴァでしょう。前走は重い印を打っていたのですが、過少評価だったと思いますね。それ以前も普通に強い競馬をしていますから。

―毎回、外を回す競馬ですよね。

面白くないですけど、一騎打ちじゃないかと思っていて。

―リバティと2強ですか。

いや、リバティが抜けていますけど、ありきたりな表現ですが、リバティが横綱で、マスクが関脇。そのほかの馬は前頭みたいな。

―なるほど。紫苑S組はどうですかね。こちらで評価できる馬は。

まず、ローズSのほうがレベルは高いと思うんですよ。紫苑Sだと、反対に嫌いたい馬なら、モリアーナシランケド。これは誰が見てもそうだと思いますが、展開が向いただけとの疑問はつきますよね。

―では、前に行って2着のヒップホップソウルがいいですか。

そうなりますね。

―トライアル組なら西のマスクトディーヴァ、東のヒップホップソウル。春のG1組はどうでしょうか。オークス2着のハーパーは妥当に力上位ですかね。

ふつうに強いと思いますよ。ただ、そうなるとリバティにマスクトディーヴァハーパー……、予想する意味があまりないですよね。積極的には買いたくないですねえ。距離短縮も決してプラスではないでしょうし。

―危険な人気馬という感じではなく、絞って買うなら遠慮したいくらいですね。オークス3着、夏にクイーンSを勝ったドゥーラはどうですか。

ドゥーラは消そうと思っていたんですよ。オークスは展開が向いて、クイーンSでは本命を打ちましたけど、なんで本命を打ったのかちょっと覚えてない。

―たまにあるやつですね(笑)。

この馬、オークスで15番人気3着でしょう。この時、買っていた人は買っていいと思うんですよ。ただ、人気になってから後追いで買うのはどうよ、みたいな。穴なら一考なんですけど。

―上位勢はひととおりお聞きして、穴っぽい馬はちょっと厳しいですかね。

一応、キミノナハマリアは紫苑Sでいいレースをしていたと思いますが、出れるのかどうか?

―おそらく除外かと。

想定オッズくらいつくなら、買っても面白いと思うんですけどね。

―こちらは抽選対象ですが、コンクシェルはどうですかね。逃げたときまだ底を見せておらず、3走前の中京マイルの走りが印象的でハナに行けば面白いかなと。

たしかに面白いかもしれませんね。ただ、今回はみんなリバティアイランドを諦めると思うんですよ。勝ちに行くとしたら、ルメール騎手のハーパーくらいでしょう。だから、リバティを意識して踏み遅れることがないと。となると、残る率は低くなるかなと。

―最後にコナコーストついて一言お願いします。

コナコーストは距離じゃないですか。オークスも、不利はありましたが、もう少し伸びて良かったと思います。


取材後記:論理的でわかりやすく、馬券的な見通しが立ちますね。如何に絞るかとの戦いになりそうです。


夢月ー高精度の数値化が生み出す至高のデジタル予想


出走各馬の的確な能力比較と希少なデータで回収率を向上させる夢月プロに秋華賞についてお聞きしました。

―予想のポイントからお願いします。

三冠達成がかかるレースですから、やはり相当な人気を集めるリバティアイランドの評価をしっかりすることですね。この評価によって券種も大分変わると思うので、当たり前のことではありますが、まずはリバティアイランドをどうするかだと思います。

―大方、そのリバティアイランド1強の構図なのかと思います。仮にこの馬のウィークポイントや不安点を挙げるとしたら、どのあたりになるでしょうか。

トップスピードに乗るのが遅いところでしょうか。直線の短い京都内回りは決して得意ではないと思います。それでも勝ち負け出来るほどの地力の高さがありますけど、今までで一番走りにくいコースではありますよね。

―望み薄とはいえ他馬に逆転の目があるなら、そのあたりですかね。

そうですね。直線の短い京都内回りで、追い出しが遅れて馬群を捌けず脚を余すケースですね。

―そのケースで、台頭を期待できる馬はどの馬になりますか。

こうなると前に行けそうな有力馬は皆怖いです。差しが決まる展開なら地力が高いマスクトディーヴァでしょうか。

―展開もポイントになりそうですね。マスクトディーヴァはローズSをレコード勝ちからの参戦です。前走の内容は素直に評価できるでしょうか。

圧勝と言っていい走りでまだ余力まであったので、この馬はローズSの中だと別次元ですね。

―もう一方のトライアル紫苑Sは、春にG1を走った馬のワンツーとなりました。モリアーナヒップホップソウル、レース内容も踏まえ、どちらを評価するべきでしょうか。

ヒップホップソウルは、唯一前で粘っていますから、展開的に評価できますよね。楽な競馬ではなかったですし、しぶとさが目立ちました。先行力を活かせそうな枠を引ければ、妙味的にもいいと思います。

秋華賞マスクトディーヴァか、ヒップホップソウル、どちらを狙うべきでしょうか。

強かったのはマスクトディーヴァで間違いないと思いますが、マスクトディーヴァは今回京都内回りとの戦いになると思うので。これは難しいです……。

―軸はやはり、リバティアイランドになりますかね。

そうですね。オークスでは促した時の手応えが凄すぎました。圧勝だったのにもかかわらずまだ余力があったので非常に強い内容だったと思います。調教からはさらに成長が窺えますし、これは人気が被っても仕方がないですね。距離短縮に京都内回りでもたつく可能性もありますが、不安要素が重なってようやく負けるかなってレベルで軸としては信頼して良さそうです。

―調教も凄い走りでしたね。反対に人気サイドで危険に感じる馬がいればお願いします。

ハーパーです。長く脚を使うタイプなのでコース適性は噛み合っていないと思いますね。早めに仕掛けることになりそうで、難しい競馬になると思いますから人気するなら控えたいです。

―おお。この馬を馬券の対象から外せるのは大きいです。たしかにキレるイメージはないですね。穴馬っぽいところで期待できる馬はいるでしょうか。

ドゥアイズです。オークスはスタートでもう厳しすぎたので、展開が向かないのであれば大敗でも仕方ないですね。桜花賞では進路を探しながら全力で追えない走りで掲示板に入った地力の高さがあり、まだ見限れないと思います。近走は持ち味を活かせていない走りなので、もう少し前の位置で運ぶことに拘れば巻き返しがあるのではないでしょうか。

―ちょっとかわいそうな競馬が続いていますよね。かなりおいしいオッズになりそうですし、期待したいです。最後に挙げていただいた馬以外に注目馬がいればお願いします。

コナコーストです。オークスはスタートで挟まれた時点で厳しい競馬でした。本来は前に行ける先行力があり、舞台も合っていると思うので流れが向けば面白いと思います。


取材後記:リバティアイランドは別次元として、マスクトディーヴァの評価も高そうです。ハーパーの評価が低い点にも注目ですね。


以上、プロ予想家2名の秋華賞への見解と注目馬を紹介しました。リバティアイランドから買うなら、相手に上位人気をすべて買いたくないはずで、その取捨選択の一助になればと思います。


(文・垣本大樹)

⇒気になる最終結論は、レース当日のプロ予想MAXでチェック!(予想をアップする時間帯は予想家によって異なります。)
ジャンヌプロの最新予想ページはこちら
月プロの最新予想ページはこちら

※週末の枠順発表までは直前週結果ページへ遷移します。

[もっと見る]

【秋華賞】特別登録馬 2023年10月1日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

キミノナハマリアの関連コラム

閲覧 1,947ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月21日(日)東京11R 第84回オークス(3歳牝馬G1・芝2400m)




【登録頭数:21頭】(フルゲート:18頭)


<前走:桜花賞出走馬>(中5週)

リバティアイランド(1着、466kg(+4kg))<B><優先出走馬>
この中間は乗り込み量が少なめで、1週前もCWを単走といつもと違う感じの調整内容は気になるところ。それでも動きを見ると重心が低く回転の速い走りで、悪くは見えない。

コナコースト(2着、454kg(-4kg))<B><優先出走馬>
この中間もこれまで通り1週前にCWを長めから併せ馬で追われて先着。併走相手の鞍上とは体重差がかなりあったとは思うが、手応えも良く引き続き出来は良さそう。

ペリファーニア(3着、490kg(-6kg))<B><優先出走馬>
前走時は関西への輸送を控えた状況下、最終追い切りでも馬なりながら気分良く走らせていた。この中間は、1週前追い切りから抑え気味の内容となっていて、強くやる必要もないくらい馬体は仕上がっているのかもしれない。

ハーパー(4着、462kg(-4kg))<A><優先出走馬>
この中間も乗り込み入念で、1週前に強めに追われて併せ馬でも先着。日曜日にも坂路で好時計をマークし先着と、直前は馬なりで十分な仕上がり。

ドゥアイズ(5着、448kg(+2kg))<B><優先出走馬>
勝ちきれないところがあるが大崩れもない馬。1週前追い切りでは毛艶がピカピカで気合乗りも抜群に見せており、上積みが期待できそう。

シンリョクカ(6着、434kg(-6kg))<B>
この中間も南Wで良い時計が出ていて出来良好に映る。左回りでの追い切りの動きを見ると、特に気にするところもなく手応えも良く好印象。

ライトクオンタム(8着、428kg(±0kg))<B>
今回乗り替わりとなる田辺騎手が騎乗しての1週前追い切り。独特の走りをする馬で、追い切るよりもコンタクトをとることのほうを優先した感じの内容だったが、レース前に騎乗しておくことは人馬プラスになる。小柄な馬なので強く追う必要もなく、VTRを見てもいつも通りの走りで出来も悪くはなさそう。

エミュー(10着、418kg(+4kg))<D>
小柄な馬で使い詰めの状況。この中間は、中5週で関東での競馬となりしっかり乗り込まれているが、1週前追い切りの動きからは非力さがぬぐえず力強さは感じられない。

ラヴェル(11着、446kg(-2kg))<C>
桜花賞のコラムでも書いたが、この馬は右回りよりも左回りのほうがスムーズに加速することができるので、東京コースはプラス。休み明け3戦目での上積みも見込めそうで、前走以上の走りに期待がもてる。

キタウイング(12着、432kg(±0kg))<B>
重賞2勝馬だが調教で目立たない内容の時に好走している馬。関西でのレースの時には、早めに栗東入りして坂路でかなりの好時計をマークと、能力の一端を示していたと思うが凡走も多い。この中間は坂路、南Wで乗り込まれ平凡な内容といった感触だが、このような時にこそ激走することがあるので注意も必要。

ドゥーラ(14着、472kg(-4kg))<A>
ここ3戦はワンターンの競馬で、直線で伸びてきていないわけではないのだが、スタートも速いほうではないことから、息を入れるタイミングもなかなか作れずでこの馬の良さは出せていない。この中間、2週前は坂路、1週前がCWで一杯に追われてかなりの好時計をマークしていて、状態はすこぶる良さそう。鞍上が斎藤騎手に戻り人気は落ちそうな場面だが。距離延長でコーナー4つのコースとくれば巻き返せる要素は十分にあり。





<前走:フローラS出走馬>(中3週)

ゴールデンハインド(1着、486kg(+10kg))<A><優先出走馬>
この中間も、1週前に南Wを3頭併せで追われて大外を馬なりのまま楽に先着と、前走勝ちの勢いそのままといった感。

ソーダズリング(2着、470kg(±0kg))<B><優先出走馬>
月1ペースでレースを使われてきて今回は中3週となるが、1週前にはこれまで同様に坂路で追われた。単走馬なりも力強い走りを見せていた、引き続き好調をキープ。

イングランドアイズ(4着、432kg(+6kg))<D><抽選対象馬(1/4)>
この中間は坂路で目立つ時計はなし。前走時のパドックでは落ち着きがなく、間隔が詰まっての再輸送ということもあって、強めに追えないところあり。

キミノナハマリア(11着、492kg(+2kg))<C>
前走時の追い切りもそうだったが、1週前追い切りでも終い速い時計で回転の速い走りをアピールしているが、一方でバネのある走りではない。




<前走:その他のレース出走馬>

ヒップホップソウル(フラワーC:2着、490kg(-2kg)中8週)<B>
この中間も日曜に坂路、水曜に南Wと2週連続で好時計。1週前追い切りでは行きたがるところを抑えながらも楽に先着と、元気で勢いあり。

ミッキーゴージャス(1勝クラス:1着、436kg(-4kg)中5週)<A>
母はオークス馬。無駄がなくコンパクトにまとまった感じの馬体ではあるが、この中間もプール調教を多く取り入れられながらこれまでと同じような調整内容できている。1週前追い切りでは終い仕掛けられると一気に突き放してみせていて、仕上がりもかなり良い。

レミージュチューリップ賞:16着、506kg(-2kg)中10週)<C>
小柄な馬で、間隔を空けられたこの中間は2週前、1週前と強めに追われて時計自体上々なものを刻んできた。ただ、動きを見ると重い感じあり。

ウェイビー(矢車賞:2着、506kg(-2kg)中2週)<D><抽選対象馬(1/4)>
速い時計を出す厩舎だが、中1週となり軽めの調整で時計平凡。

クインズカムイ(未勝利:1着、468kg(-8kg)中3週)<D><抽選対象馬(1/4)>
この中間もプール調整が多く、1週前の坂路では3頭併せ(計測不能)で追われたが、物足りない動きだった。

メランポジューム(スイートピーS:8着、448kg(-2kg)中2週)<C><抽選対象馬(1/4)>
休み明けの2戦が関東でのレースで、中2週での再輸送となると、馬体維持優先となり強めに追えない。


※今回このコラムでの中間の状態からの推奨馬は、ハーパードゥーラゴールデンハインドミッキーゴージャスの4頭をあげておきます。



◇今回はオークス編でした。
桜花賞から距離が800m延びるオークス。今回も過去5年の連対馬について、追い切り内容を調べてみました。すると、連対馬10頭のうち、最終追い切りを馬なりで追われていた馬が7頭、そしてそれを勝ち馬に絞ると5頭全馬が直前馬なりでの調整だったことが分かりました。1週前も含めて全体的に馬なり調整だった馬が多く、一方で強めに追われて連対した馬たちは1週前も最終追い切りも強めに追われていたとの傾向が見られています。
3歳牝馬にとっては長距離のレースということで、折り合い面を重視した調整が中心になっているように思います。というわけで、今週のオークスに関しては、折り合い重視のソフト仕上げ、をおすすめの調整パターンとして挙げさせていただきます。


オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。






登録済みの方はこちらからログイン

2023年4月16日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2023年04月16日号】特選重賞データ分析編(354)~2023年フローラS
閲覧 1,753ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 サンケイスポーツ 賞フローラステークス 2023年04月23日(日) 東京芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の条件が重賞以外だった馬の、前走の着順ならびに前走の2位入線馬とのタイム差別成績(2019年以降)】
○着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.2秒以上 [2-0-1-7](3着内率30.0%)
×着順が2着以下、もしくは2位入線馬とのタイム差が0.1秒以内 [0-0-1-33](3着内率2.9%)

 前走の条件が重賞だった馬は2019年以降[2-4-2-15](3着内率34.8%)と比較的堅実。一方、前走の条件が重賞以外だったにもかかわらず3着以内となった3頭は、いずれも前走の着順が1着、かつ前走の2位入線馬とのタイム差が0.2秒以上でした。重賞を経由してきた馬と、前走を完勝した馬に注目するべきでしょう。

主な「○」該当馬→キミノナハマリアソーダズリングブライトジュエリー
主な「×」該当馬→アウフヘーベンクイーンオブソウルティファニードンナ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1勝クラス以上のレース”において3着以内となった経験がある」馬は2019年以降[2-4-3-23](3着内率28.1%)
主な該当馬→アウフヘーベンキミノナハマリアクイーンオブソウルティファニードンナ

[もっと見る]

2022年9月28日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年09月28日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(325)
閲覧 2,631ビュー コメント 0 ナイス 4



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、芙蓉ステークス・シリウスステークス・ポートアイランドステークス・スプリンターズステークスの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2022年10月01日(土) 中山09R 芙蓉ステークス
【前走の馬体重別成績(2016年以降)】
●470kg未満 [1-0-1-22](3着内率8.3%)
●470kg以上 [5-6-5-9](3着内率64.0%)
→大型馬に注目したい一戦。特別登録を行った馬のうち、前走の馬体重が470kg以上だったのは、アクラシアキミノナハマリアゴールデンハインドの3頭だけでした。


▼2022年10月01日(土) 中京11R シリウスステークス
【“同年、かつJRAのレース”において“着順が1着、かつ4コーナー通過順が4番手以内”となった経験の有無別成績(2018年以降)】
●あり [4-3-3-17](3着内率37.0%)
●なし [0-1-1-33](3着内率5.7%)
→年明け以降の戦績がポイント。しばらく勝ち切れていない馬、先行力がそれほど高くない馬は過信禁物と見るべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

キミノナハマリアの口コミ


口コミ一覧

悲報

 エソイフ 2024年4月20日() 19:30

閲覧 178ビュー コメント 0 ナイス 8

今日もまた悲しいお知らせが、、、

京都4R3着に入選したカズアブディーンに騎乗していた松山弘平ジョッキーががゴール板通過後落馬
京都市内の病院に搬送され頭部の負傷と診断された
会話はできる状態と重症ではないようだが心配だ

しかしさらに不運は続く
今日一番の注目レース 福島牝馬ステークス
逃げるウインピクシスを各馬が追いかけ最後の直線に入るところでシンリョクカがつまずき木幡初也ジョッキーが落馬 後ろにいたライトクオンタムに騎乗していた吉田隼人ジョッキーも落馬
近くにいたグランベルナベット、キミノナハマリアは大きく膨れるなど落馬はしなかったものの体勢を崩した
現段階では各ジョッキーの状況がわからないが重症化しないことを祈るだけである

今年に入ってからすでに、海外で活動していたステファノ・ケルキジョッキー 高知競馬の若手注目株だった塚本雄大ジョッキー たくさんのファン、競馬関係者に愛されていた藤岡康太ジョッキーが亡くなられている

とにかく全人馬が無事にレースを終えることを心から願っています

 エスプレッソ 2024年4月20日() 13:58
福島牝馬ステークス 予想
閲覧 126ビュー コメント 0 ナイス 0

今週はG1は中休みで、荒れることの多い福島牝系ステークスですね


福島牝馬Sの傾向として

・大型馬が強い(480キロ以上)

・5歳馬が強い

・前走中山牝馬S組(3着以内、3番人気以内、勝ち馬から0,3秒以内)が有力

・前走G3組が大半(中山牝馬Sが最多)
その他のレースでは愛知杯の負け組、京成杯の負け組などの巻き返しが多い

・サドラーズウェルズ内包馬(全弟フェアリーキングや叔父のヌレイエフ内包馬も有力)

・穴馬は父か母父が欧州型の重い血統を持っている
サドラーはもちろんですがロベルトやミルリーフなどを内包した2枠〜6枠の馬が穴を開ける事がある



予想
◎ ① コスタボニータ
血統的には少し軽い感じですが今回内枠で先行できるこの馬を本命にしたいと思います

○ ⑧ ウインピクシス
福島の成績は2-0-0-2で2回の着外の内一度は福島記念4着と適性はありそうです

▲ ⑪ タガノパッション
父キンカメに母父シンボリクリスエスとこのレースではどちらもよく走る血統です

△ ⑤ トーセンローリエ
母父はメイショウサムソンで今回唯一のサドラー直系
アネモネSではコンクシェルに勝利、早熟でなければ巻き返しがあってもおかしくないと思います

△ ⑥ エリオトロービオ
この馬も福島巧者で3-1-1-0とパーフェクト成績です

× ② エリカヴィータ
× ④ ペイシャフラワー (サドラー内包馬)
× ⑩ キミノナハマリア (500キロ程の大型馬)
× ⑮ シンリョクカ

消し 
⑯ グランベルナデット
大外枠の先行馬で展開は向かなそう
条件戦を勝ち上がったばかりで2番人気と妙味薄く今回は見送ります

[もっと見る]

 ちんぺー 2024年4月20日() 11:30
4月20日(土) 福島牝馬ステークス 
閲覧 179ビュー コメント 0 ナイス 2

◎01番 コスタボニータ
○16番 グランベルナデット
▲15番 シンリョクカ
△11番 タガノパッション
△13番 ライトクオンタム
△10番 キミノナハマリア
×06番 エリオトローピオ
×02番 エリカヴィータ
×05番 トーセンローリエ

荒れる要素が多く、大波乱になると想定する。

[もっと見る]

⇒もっと見る

キミノナハマリアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:3人 2023年11月4日() 14:40:35
佐賀のボンクラ息子が勝ち損ね。道理で川田が日本人リーディングの訳だ。ド下手の同類鞍上しか居ないのだから!あ~あ、だらしない日本人共!
1:
  HELPRO   フォロワー:3人 2022年12月10日() 14:43:04
良太、鞍上引退して調教師転身を図れ。他者に迷惑を掛けて好走しても騎乗数は伸びない。鞍上は弟が継ぐので佐賀に帰っても良い。

キミノナハマリアの写真

キミノナハマリア
キミノナハマリア
キミノナハマリア

キミノナハマリアの厩舎情報 VIP

2024年4月20日福島牝馬ステークス G314着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キミノナハマリアの取材メモ VIP

2024年2月10日 飛鳥ステークス 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。